漫画 アニメ ゲームに対する規制が強まっています

葉っぱ天国 > アニメ > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:T.J:2008/03/22(土) 05:08 ID:AU6

★★★★”日本ユニセフ協会”の、卑劣な表現規制に反対しましょう!!★★★★

 日本ユニセフ協会が11日、東京で記者会見を開いて発表したところによると
同団体のキャンペーンにおいて、児童ポルノの被害から子どもたちを守るために今の法律を
改正し、児童ポルノを所持すること自体を禁止して処罰の対象とすることや、実写だけ
でなくアニメや漫画、ゲームなども規制の対象とすることなどを求めています。 

この日本ユニセフの方針は、被害者のいない"架空のフィクション”までも束縛し、
表現の多様性を著しく拘束する、”すべての表現者に対する卑劣な恫喝行為”です!!

一度制限された表現は、通常二度と規制が緩まることはなく、永遠に「魔女狩り」の
ごとく「罰せられる対象」を求めて規制はエスカレートしていきます。

また一旦規制ができてしまえば、「あの作品もそうだ」「これも抵触するだろう」と、無限の
不幸の連鎖を産み出し、過去の名作が次々と封印されます。しかしその文化的損失に対し、
日本ユニセフ協会をはじめ、関係者は誰一人責任を取ることはないでしょう。

また為政者の舌先三寸で「適法」と「違法」の境界線が敷かれてしまいます。
これは規制を推進する任意団体による「袖の下によるお目こぼし」を促し、
パチンコ産業のような新たな利権構造の温床となります。

★今一度、皆さんに問いかけます★
「アニメや漫画・ゲームなどの表現の規制は、”誰の手による、何のための規制”なのですか?」
「規制を行うことで、得をするのはいったい”誰”ですか?」
「たかがフィクション、と創作物を軽んじてはいませんか? タブーを増やすことが文化の向上ですか?」
「フィクションにも”人権”ならぬ、侵されざる”作品権”があるのではないですか?」

2:T.J:2008/03/23(日) 04:08 ID:AU6

皆さん、ご存知でしょうか?
現在、児童ポルノ規制という「美名」を隠れ蓑にし、不当捜査 並びに 不当処罰を可能とする法案が、成立しようとしています。
現行の児童ポルノ法は、元々は児童を「性的虐待」から救うために制定された法律なのですが。
この法律を改正すると称して、「不当捜査・処罰」の推進に利用できるようにするという動きが起こっているのです。
表面的な美名に騙されず、このような動きには断固反対すべきです。
以下に問題点とそれへの望ましい対処を簡潔にまとめます。

問題点
@「「児童」とは18歳に満たない者をいう」(二条一項)は広汎過ぎ。
A「児童ポルノ」が「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を
興奮させ又は刺激するもの」(二条三項三号)は漠然過ぎ。
B単純所持罪は危険過ぎ。
  ↓
愉快犯や脅迫犯等のネタにしやすく、普通に個人や企業にとって脅威。
犯罪認定の範囲が広すぎる上に、陥れ・冤罪が起こりやすいから、
誰でもあっさり犯罪者。
処罰は免れても、逮捕即犯罪者扱いの日本の社会風土のせいで、社会的にはアウト。
過去の合法行為の産物を所持することで「遡及処罰」される恐れもあります。
  ↓
これを防ぐには(対処方法?)
@「児童」を性的同意年齢に達していない「13歳未満」に限定する。
(児童=チャイルド≠ティーン)
A「児童ポルノ」を児童の「性的虐待」の副産物である記録物に限定する。
(ポルノ≠ヌード&ソフトエロチカ)
これは、あまり気が進まないのですが・・・、
B単純所持罪ではなく「購入罪」を導入して、改正法施行以後の購入を処罰する。
(過去の合法物に対する遡及的処罰を防げ、捜査処罰に口座のやりとり・メールログ等が
必要となるので陥れ・冤罪を抑制できる)

またもう一つの問題として、漫画・アニメ等の創作物への規制の動きがありますが、これは@とAの問題点をさらに重大化させるものであり、これにも断固反対すべきだと思います。


書き込む 最新10 サイトマップ