瑞◆MIZU/j3v.s


#つぶやき【3時間】

落ち
700
個人の感想
クソ笑えるわ
痛かった

#ガールズトーク【4時間】

>>320
たまにいるぞ
>>331
やほー
>>332
久しぶり〜♪
おぉ!お疲れ!
うん!頑張れ!

#つぶやき【4時間】

きゃめ、>>214は気にしないで。チェーンメールだと思う

あと、卒音殿に伝言を…
「私、鍵付き行けなくなったかも…画面が止まって、ホームに戻ってしまう……」

これを卒音殿に…

#日記【4時間】

今日も先輩と合同授業!同じクラスで授業を!嬉しい!
2018/01/18(木)

今日も先輩と合同授業!スキーだった。だけど、一度も先輩に会えなかった…
2018/01/17(水)

今日はテストがあった。一応簡単だったけど、良い点数を取ってるか凄く不安…
2018/01/16(火)

今日は先輩と合同授業…嬉しかった!

#メモ帳・作業記録【4時間】

麻生 悠
Yu Aso

誕生日 1月2日
性別 男
性格 やんちゃ
特技 スポーツ
趣味 ゲーム
得意科目 体育
苦手科目 社会、算数、国語
クラブ アウスポクラブ
委員会 体育クラブ

悠メモ
悠は結の弟!雪とユカリと同じ年!

#つぶやき【6時間】

チェーンメールだから気にしないで。私も来た。

#つぶやき【6時間】

>>9
アスちゃんが一番のりだよ!
>>10
うん!ありがとう!頑張る!
>>11
ありがとうございます!
>>12
ありがとう!
>>7
ありがとう!
どうぞ!
自己紹介

名前 瑞
性別 女
性格 完全に男子(たぶん)
好きな○○ アニメ、読書、絵を描く、葉っぱ、図書室、自分の部屋、友達
嫌いな○○ ぶりっこ、私の嫌いな奴、トマト、勉強(何それ美味しいの?)、習い事、クソBBA
つぶやき2

11
http://ha10.net/talk/1511420636.html
12
http://ha10.net/talk/1512046613.html
13
http://ha10.net/talk/1512979427.html
14
http://ha10.net/talk/1513484721.html
15
http://ha10.net/talk/1514033270.html
16
http://ha10.net/talk/1514526469.html
17
http://ha10.net/talk/1515144627.html
18
http://ha10.net/talk/1515663724.html

※間違ってたらごめんなさい!

#つぶやき【6時間】

もしかして、チェーンメールのさくらさんのこと?

#小説【10時間】

「ユカリ…どうして暗い顔してるの?」

楓は首をかしげた。

「だって…肝試しって怖いじゃん…」

「なんで?」

私は下を向いて言うと、楓はしつこく聞いてきた。

「幽霊出そうだし…」

私はまた下を向いて言った。

「やだな〜!幽霊なんて嘘だよ!」

「そうだよ!きっとストレスがたまってるからだと思うよ!」

「そ、そうかな……」

『あはは!』と元気よく笑う、楓達…私は少しあきれた顔をした。

「皆さんおはようございます!」

食堂に向かい、椅子に座ると、先生が元気よく挨拶をしてきた。

「今日の朝食はサンドイッチです!」

次々と机にサンドイッチが置かれていく。

「置かれた班から食べてくださいね〜!」

先生は移動をしながら言った。私達は手を合わせて、「いただきます」と言った。

#小説【10時間】

第20章ー夢&カイトのカップル誕生!?ー

「え!?」

私は、カイト君がまさか告白をするなんて…とびっくりしていた。

「あ…ごめんね。」

「ううん!」

これは夢?現実?どっちなんだ……

「えっと…」

「あ!返事だよね!」

やっべぇ!返事考えないと!私も一応好き…でも、カイト君ファンクラブから…睨まれる可能性が……!

「わ、私もカイト君のことが好き!」

私は目をギュッと閉じて、勇気を出して返事をした。

「ほ、本当に…?よかったぁ!」

カイト君はびっくりした表情からみるみるうちに、笑顔になっていた。

「カイト君ファンクラブからは…」

私はあわあわとしながら言った。

「俺から説明しとく!」

「あ、ありがと…」

私はふんっ!とぷいっと後ろを向いて言った。あぁ…絶対にカイト君を傷つけてしまった……

#つぶやき【1月17日】

言い忘れてた!新スレおめでとうです!

#つぶやき【1月17日】

>>517
なら良かった!心配したよ〜!
受験が近いのに…受かるように祈ります……
インフルエンザ!?だ、大丈夫!?お大事にね…

#○○だけど質問ある?【1月17日】

あげます……

#○○だけど質問ある?【1月17日】

>>469
無さそうなイメージがありました…

いえいえ!全然気にしてませんよ!こっちが早くおめレスをしなかったのが悪かったので気にしないでください!
コンプレックスとかありますか?

#つぶやき【1月17日】

>>811
ありがとう
>>926
ガチだよ〜
おもろいよ!

#つぶやき【1月17日】

新スレおめでとうございます!

#つぶやき【1月17日】

俺は俺だーー!!!

#つぶやき【1月16日】

>>381
描いた絵が動くやつ。
何枚も何枚も描いて、それを合わせると動く。
>>378
ありがとう!
>>379
うごメモ

#小説【1月16日】

「あの子誰?」

星子ちゃんは首をかしげて聞いてきた。

「私のお姉ちゃん」

「お姉ちゃん居たんだ!」

星子ちゃんは羨ましそうに目を輝かせて私を見た。

「今日応援団以外の運動会の係を決めるのか〜!」

星子ちゃんはニコニコしながら言った。

「あるの?」

「うん!ちなみに私は応援団!」

星子ちゃんは自慢をするように言った。

「そうなの!?スゴい!」

私は目を輝かせて星子ちゃんを見た。星子ちゃんって運動神経良さそう!

「どんな係があるの?」

私は首をかしげて星子ちゃんに聞いた。

「それは授業でのお楽しみだよ!」

星子ちゃんはウィンクをしながら言った。

#小説【1月16日】

「よし!梨依ちゃんができるようになったってことで!いきなりだけど、全部通してやってみようか!」

葉月先輩はニコニコしながら言った。すると、みんなは楽器を用意して準備をした。

「んじゃ、先生お願いします!」

先生が指揮を始めると、さっそくトランペット!

〜〜〜〜〜〜〜♪
〜〜〜〜〜〜〜♪ 〜〜〜〜♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

何分か立つと、演奏が終わった。みんなは息切れをしている。

「みんな初めてなのに上手!ちょっとバラバラだから気をつけてね!」

葉月先輩はニコッと笑いそう言った。
部活が終わると、私達は一緒に昇降口に行った。

「うちらこっちだから。じゃあね!」

みずとみっさー、私と小雪と2組に別れて、解散した。

「夕方なのに空青いね〜」

私は周りの空を見渡してにっこりしながら言った。

「だね〜!」

小雪はこくりこくりとうなずきながら言った。
HN一覧サイトマップ