美術館−ib−暗闇の先に見えたものは…

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:スレ主 ◆MqBc:2013/07/04(木) 00:23 ID:/cM

ようこそ。ゲルテナ美術館へと…
ここではibキャラクター、オリジナルキャラクターになりきるスレです。

少しずつストーリーを入れていって…途中ちょくちょくイベントを追加したり…できればいいんですが。

−注意−
*荒らさない。荒らしがあった場合は無視させていただきます。
*花びら100とか世界が終わりを告げても生きてそうな人はやめてね。
*確定ロルは控えめに…イベントで仕方ない場合もありますが。助けに入るのはいいですよー
*薔薇の色は被ってしまいそうならば複数の色をお使いください。
*一人につき1〜3役までにします。主が把握できなくなるケースもありますので。

名前
性別
年齢
性格
容姿
備考
バラの色
バラの枚数

本編にいるキャラクターについてはプロフは書かなくてもいいです。
次は主のプロフを書きます。

2:参加希望:2013/07/04(木) 00:49 ID:3oM

イブorメアリーいいですか?

3:スレ主 ◆MqBc:2013/07/04(木) 00:57 ID:/cM

【あぁそうそう、書き忘れてました。版権キャラクターとの知り合いなどそういった二次創作も可とします。使用者がいる場合は許可を取ってくださいね。】



名前:零無(ゼロム)
性別:男
年齢:16歳
性格:怖いものやちょっと変わったものが好きで興味があれば近づいていく
容姿:肩にかかる程度の黒髪で赤い瞳、黒いロングコート着用、銀色の十字架を模した首飾りをしている
備考:特に美術品などには興味は沸かないが、ゲルテナの作品にはなぜか惹かれる。そういったことから美術館に顔を出したらこうなった
バラの色:セルリアンブルー
バラの枚数:15枚
持ち物:アーミーナイフ



HP許容範囲は20とします。

【それでは募集します】

4:零無 ◆MqBc:2013/07/04(木) 01:00 ID:/cM

【おっと…募集かける前にいらっしゃるとは…
ストーリーはできる限りそれっぽくしたいですが良しとしますか。】
>参加希望者様

5:零無 ◆MqBc:2013/07/04(木) 01:12 ID:/cM

【絡み文投下】


……ここはどこだ…?見た感じは美術館だが…何か違うな…
(つい先程までいた美術館とは違う空間をなんのアテもなく歩き回る。)
>all

6:零無(主) ◆MqBc:2013/07/04(木) 01:30 ID:/cM

>>2両方使いたい場合…今はイブ、進んだらメアリーを追加という形でお願いしますね。
そして連投すいません】

7:イブ:2013/07/04(木) 02:08 ID:3oM

…………………((内心:迷子だ…どうしよう/うろうろ

(よろしくです)

8:零無(主) ◆MqBc:2013/07/04(木) 02:16 ID:/cM

……ん?
(自分のではない足音に気がつくとナイフを取り出し)

…誰だ?
(右手に握っているナイフを背後に隠しながら曲がり角から出る)
>イブ


【はい、よろしくお願いします。】

9:イブ:2013/07/04(木) 02:20 ID:3oM

………あ…((知らない男の人をみ、どうすればいいかわからず立ち尽くして

(おきていらしたんですね!!よかった←)

10:零無(主) ◆MqBc:2013/07/04(木) 02:30 ID:/cM

……女の子…?
(相手が人間であることを確認するとホッと一息つき)

あぁ…良かった、やっと人間に会えた……っておっととマズイ…
(背後に隠し持っていたナイフを慌てて折りたたんでしまう)
>イブ

【えぇ、起きてますよー?昼にはとてつもない睡魔に襲われるでしょうけど】

11:イブ:2013/07/04(木) 02:35 ID:3oM

…人間に………?…!(人間以外!ものがあるのかと驚き、そしてまた相手がナイフをもっていたことに驚きをかくせないようで)

(同じくです。学校は昼寝の場ですわ)

12:零無(主) ◆MqBc:2013/07/04(木) 02:40 ID:/cM

ああ…ゴメン。護身用とかに使ってる道具なんだけど…
(いきなりナイフを持ってるところを見られて少しマズかったなと思いながら)
>イブ

(電車で眠って乗り過ごしたら大惨事になりますが…)

13:イブ:2013/07/04(木) 02:43 ID:3oM

ごしんよう………((まだなににも遭遇していないため何の護身かわわからないがとりあえず危険な人ではないことをにんしきして)
…あなたも迷子…?

(終点までいっちゃますね…)

14:零無(主) ◆MqBc:2013/07/04(木) 02:48 ID:/cM

ん……っと…そうだね。迷子だ、ここがどこだか全然分からない。
(苦笑いをしてそう言う)

ところで君、薔薇…持ってるかい?
(ふと思い出したように聞き)
>イブ

(帰ってくるときに終点まで行ったことなら…)

15:イブ:2013/07/04(木) 02:50 ID:3oM

薔薇………?あ、……((ポケットにきれいなのでいれていたことを思い出して)
これ?…

(なにしてんすか!だめじゃないっすか!?)

16:零無(主) ◆MqBc:2013/07/04(木) 02:56 ID:/cM

良かった、持ってたか。
(相手がちゃんと薔薇を持っていたことにも安心して)

いいか?何があってもその薔薇は誰にも渡しちゃだめだ。薔薇の花びらもちぎったりしちゃダメだよ?
(先程まで安心していた表情が真剣な表情に変わり)
>イブ

【家に帰れたからそれで良しです。】

17:イブ:2013/07/04(木) 02:58 ID:3oM

(少々30分ほどおち。まてたらまっててください)

18:イブ:2013/07/04(木) 07:36 ID:3oM

(ちゃっかりおちてました…ごめんなさい)

19:イブ:2013/07/04(木) 12:26 ID:3oM

…うん。(正しいのきれいな薔薇にしかみえないが相手の真剣な顔をみて嘘をついているとはおもえず)
早くお母さんにあわないと…………(あたりをみわたし)

20:零無 ◆MqBc:2013/07/04(木) 19:48 ID:/cM

…お母さん…?親と来ていたのか…
(辺りを見渡すもそれらしい人物がいた形跡もなく)

困ったな…手がかりを探すしかないかぁ…
(少しの間どうするかを考え)
>イブ

21:イブ:2013/07/04(木) 20:58 ID:3oM

………一緒がいい……((相手の袖をギュッとにぎり、相手みあげ)
>零無

22:零無 ◆MqBc:2013/07/04(木) 21:14 ID:/cM

…!
そうだな…じゃあ君のお母さんが見つかるまで一緒に行こうか?
(しゃがんで相手の目線に合わせて笑顔で言う)
>イブ

23:イブ:2013/07/04(木) 21:49 ID:3oM

うん……(しかしまだ知らない人ということもあり、ちゃんと目をあわすことができなくて)
あ、名前……(名前をきいていないことを思い出してふと)

24:零無 ◆MqBc:2013/07/04(木) 22:01 ID:/cM

…ん?ああ、名乗ってなかったね。
(相手が名前、と呟いて思い出し)

俺は零無(ゼロム)っていうんだ。覚えておいてね。
(笑顔で言う)
>イブ

25:イブ:2013/07/04(木) 22:04 ID:3oM

ん、………私イブ…(何度か相手の名前を復唱し、)
零無…………よ、よろしく(うつむきかげんで)

26:零無 ◆MqBc:2013/07/04(木) 22:25 ID:/cM

…よろしくね、イブ。
(そう言うと立ち上がり、自分が来た道を見つめる)
>イブ

27:イブ:2013/07/04(木) 22:28 ID:3oM

えっと………出口出口…(相手みて)
そっち……なにかあった………?

28:零無 ◆MqBc:2013/07/04(木) 22:33 ID:/cM

…いや、少し先まで見ただけだからなんとも…
(まだ調べてないらしい)
>イブ

29:イブ:2013/07/04(木) 23:04 ID:3oM

………いってみよ?(相手を見上げ少し笑いかけ、しかし少しこわいのか相手の手をにぎり)

30:零無 ◆MqBc:2013/07/04(木) 23:33 ID:/cM

…そうだね…行ってみよう。
(イブの歩幅に合わせて調べてない場所を探しに行く)
>イブ

31:イブ:2013/07/04(木) 23:36 ID:3oM

あ、………(少しあるいているとなにもかざられていない花瓶をみつけて)……花瓶?(きょと)

32:零無 ◆MqBc:2013/07/04(木) 23:41 ID:/cM

[セルリアンブルー:15]

……薔薇となにか関係があるのかな…?
(花瓶の中を確認しながら)
>イブ

33:零無(主) ◆MqBc:2013/07/05(金) 23:55 ID:/cM

【上げておきます】

34:参加希望者:2013/07/06(土) 14:36 ID:0Gk

名前 ニーナ
性別 女
年齢 14歳
性格 自分が大好きで他人は2の次
しかし正義感は何故か強く若干無理をしてしまう面も
感情的になりやすく、案外泣き虫
容姿 金髪で肩まで伸ばしている。
いつもフードを被っていて、目は青く綺麗
顔は中の上程度で本人も容姿はあまり気にしていない
備考 背が小さい、本人は自称150cmといっている
(本当は145cmだが)気にしている
美術系統の仕事につきたいと思っているため休日は
美術館巡りをし、たまたまゲルテナ館に入ったのが運のつき
薔薇の色 灰色
薔薇の枚数 8枚(赤い服の女に触られ今は6枚)
【参加いいですか?】

35:零無(主) ◆MqBc:2013/07/06(土) 14:58 ID:/cM

【はい、いいですよ。場所は現在一番最初の花瓶の前です】
>参加希望者様

36:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/06(土) 15:18 ID:0Gk

【ありがとうございます】
>>all
なんなのよ…あの動く絵!(走ってきたのか息切れをおこしていて
…出口あるのかな、出れるのかな
(壁に寄りかかり、座りこんでしまい

37:零無(主) ◆MqBc:2013/07/06(土) 15:23 ID:/cM

…このあたりはまだ安全そうだな……ん?
(そうつぶやきながら周りを見渡していると人影が見え、警戒して折りたたんであるナイフをポケットの中で握りながら近づいてみる)
>ニーナ

38:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/06(土) 15:37 ID:0Gk

>> 零無さん
……(体を強ばらせ
何方ですか?人間ですか?化物ですか?
(怯えつつ話かけ

39:零無(主) ◆MqBc:2013/07/06(土) 16:15 ID:/cM

…そーだなぁ……美術品を見に来ただけの人間。
(相手は人間であることを理解するとナイフにかけていた手を離す)
>ニーナ

40:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/06(土) 23:15 ID:0Gk

【闇落ちすいません】
>>零無さん
……(無言で相手の顔を見つめ
あの、なんでこんなヘンテコなとこにいるのか分かります?
(意を決して駄目元で聞いてみて

41:零無(主) ◆MqBc:2013/07/06(土) 23:35 ID:/cM

いや、どうしてこんな場所に来てるのかは分からないな…
(苦笑いを浮かべてそう言う)
>ニーナ

42:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/06(土) 23:40 ID:0Gk

>>零無さん
…そうですか(目線を下に落とし
えっとここにいるのは、貴方と私だけですか?
後、お名前お伺いしてもよろしいでしょうか?
(おどおどしつつ丁寧な言葉で問いかけ

43:イブ:2013/07/06(土) 23:54 ID:3oM

…………((零無のうしろにかくれ
{わー!全然これなくてすいませんでした!!!}

44:零無(主) ◆MqBc:2013/07/07(日) 00:00 ID:/cM

【いえいえ。】

いや、今のところはイブと俺だけかな…
(後ろにいるイブに目線を送り)

俺は零無だ、一応覚えておいてくれ。
(笑顔で自己紹介)
>ニーナ、イブ

45:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/07(日) 00:29 ID:0Gk

>>零無さん
…私はニーナです(警戒心はとかず、睨みつつ
えっと、親子ですか?
見たところ、仲むつまじいようですが…

>>イブさん
…(身長的に目線が同じなことにショックを受け
イブさん、よろしくお願いします(と丁寧な言葉で返し

46:イブ:2013/07/07(日) 00:33 ID:3oM

…よっ…よろしく……((まだ零無のうしろでびくつきつつ
>>ニーナ

47:零無(主) ◆MqBc:2013/07/07(日) 00:35 ID:/cM

……いや?ここで偶然出会ったってだけだ。
(親子かと聞かれて即答し)
>ニーナ

48:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/07(日) 00:47 ID:0Gk

>>イブさん
ええ、よろしくお願いします
(礼儀正しく頭を下げ、挨拶し

>>零無さん
そうですか…(後ろのイブを見て
厚かましいと承知の上で頼みますが
私も同行させてもらえませんかね?
(頭を下げて言い

【落ちます、お相手感謝!】

49:イブ:2013/07/07(日) 00:52 ID:3oM

{お疲れ様です}
………これからどうする…?((不安そうに
>零無

50:零無(主) ◆MqBc:2013/07/07(日) 01:08 ID:/cM

別に…ここから出るには探索しなきゃいけないし、この先は危険みたいだからな…
(進むべき方向を見ながら)
>ニーナ

…ここにいるだけじゃ何も始まらないからな…進もう。
(ゆっくりと歩き始め)
>イブ

51:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/07(日) 11:13 ID:0Gk

>>零無さん
迷惑でしたら別に私は同行させてもらわなくて結構ですよ
(It's反抗期★気味にぶつぶつ言い

……(歩幅を合わせる気が無いらしく普通に歩いて

52:零無(主) ◆MqBc:2013/07/07(日) 20:55 ID:/cM

なら一緒に同行してほしいな。
(笑みを浮かべて言うが頭の中では少し気難しい子だなと考え)

…イブを置いてけないから気をつけてな。何かあれば呼んでくれよ?
(歩幅を合わせてくれない相手を心配してそう声をかける)
>ニーナ

53:零無(主) ◆MqBc:2013/07/08(月) 00:09 ID:/cM

【少し下がってきたので上げ】

54:イブ:2013/07/08(月) 00:11 ID:3oM

…………早くおうちにかえりたい…((ぼそっと
>零無

55:零無(主) ◆MqBc:2013/07/08(月) 00:17 ID:/cM

…分かってる。だから、なんとかしてここから出よう……な?
(イブの言葉を聞き取ると、相手の不安をなんとか和らげようと笑顔で言う)
>イブ

56:イブ:2013/07/08(月) 00:19 ID:3oM

………うん((まだ幼いせいかそうかんたんに不安はなくならず
でられなくなったらどうしよ………

57:零無(主) ◆MqBc:2013/07/08(月) 00:23 ID:/cM

…はは、大丈夫だって。諦めなければきっと出られるはずさ。
(心の中では自分も不安でいっぱいだが笑顔を絶やさずに)
>イブ

58:零無(主) ◆MqBc:2013/07/08(月) 20:02 ID:/cM

【少し下がってきたので上げ】

59:参加希望 ◆dOO2:2013/07/09(火) 16:43 ID:02Q

名前 エリザベス
性別 女
年齢 13
性格 ヤンデレ(?)
   薔薇が大好き。
   メアリー大好き。
容姿 ふわふわの茶髪を膝まで伸ばしていて、赤目。
   色白。
   血の色(赤)のワンピースを着ている。
   黒のニーハイに、茶色の厚底パンプス。
   常にアイスピックを所持。
   そのアイスピックは太ももの所に隠している。
備考 メアリーと同じく、美術館に住む娘。
   ゲルテナの絵画の作品。
   その為、メアリーとはとても仲が良い。
   一方、イヴ達とは仲が悪く、イヴを殺そうと企んでいる。
   それを隠してイヴに接触しようとする。
   メアリーと手を組んでいる。
薔薇の色 赤紫
薔薇の枚数 10枚
【薔薇は造花です】

60:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/09(火) 18:24 ID:0Gk

>>零無さん
…はい(馬鹿らしくなったのか素直に対応し

ちょっと奥を見てきますね、イブさん?いやイブちゃんと
待っていてください(パタパタと走りだし

61:零無(主) ◆MqBc:2013/07/09(火) 19:13 ID:aWI

【OK、プロフに問題なし。いらっしゃいませ。】
>参加希望者様

…何かあったらすぐ戻ってこい。無理だけはするなよ?
(奥へと走っていくニーナにそう言う)
>ニーナ

62:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/09(火) 20:26 ID:0Gk

はい!(走りだしたかと思えば例の唾野郎に阻まれ

畜生!この絵め!(絵の額を蹴飛ばし

63:零無(主) ◆MqBc:2013/07/09(火) 21:10 ID:aWI

おーい…?あんまり乱暴にしないほうがいいんじゃないか……?
(相手が走っていくや否やすぐに大きな音が聞こえてきたので少し追って呟く)
>ニーナ

64:エリザベス ◆dOO2:2013/07/10(水) 17:53 ID:02Q

…ありがと(小さくお辞儀
>>零無

メアリー?
メアリー、居ないのー?(辺りをキョロキョロ
(居ない事を確認)
もうっ、せっかく作戦会議しようと思ったのにぃ〜っ(悔しそうに

65:零無(主) ◆MqBc:2013/07/10(水) 18:47 ID:SJc

どうも……って君は…?
(いつの間にかいる相手に少し驚き)
>エリザベス

66:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/10(水) 19:31 ID:0Gk

>>63
>零無さん
あ、そのツバ踏まないことをおすすめします
(ツバを指さし、自分の散った薔薇を見せて苦笑いし

>>64
>エリザベスさん
えっと、どなた?(遠目から警戒して
メアリー…って?あっ、薔薇見せてください
人間なのかの通行手形として…
(不思議な容姿なので余計に警戒しつつ

67:零無(主) ◆MqBc:2013/07/10(水) 20:01 ID:SJc

……これに触れると触れた人の薔薇の花が散るのか…
って言うか大丈夫か?薔薇の枚数に余裕がなかったら俺が身代わりにでもなろうか。
(相手の薔薇の枚数が減っているのを見ると心配そうに言い)
>ニーナ

68:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/10(水) 20:07 ID:0Gk

>>67
>零無さん
どうやらそのようです(薔薇を手でいじくり回して
薔薇の枚数はまだ5枚ほどあるので大丈夫です
全部散ったら…とかは考えたくないですね
(苦笑いしつつ

69:零無(主) ◆MqBc:2013/07/10(水) 20:37 ID:SJc

…途中の絵に書いてあったか……そのバラ朽ちる時あなたも朽ち果てる…
(途中見かけた絵に書いてあったことを思い出し)

…そんなことにならないように俺が何とかしてやる…
(自分の薔薇を取り出して呟く)
>ニーナ

70:零無(主) ◆MqBc:2013/07/12(金) 22:45 ID:SJc

【上げ】

71:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/13(土) 16:09 ID:0Gk

>>零無さん
別にどうということないですし、零無さんはイブちゃんを
助けてあげてください。あの子はまだ幼いです。
恐らく、死も分かってませんし…
(薔薇を大切そうにポケットに戻して遠くを見つめ

72:零無(主) ◆MqBc:2013/07/13(土) 22:18 ID:SJc

…分かってる。
親と離れ離れになった小さな女の子を見捨てるような真似はしないって。
(苦笑いを浮かべながら)
>ニーナ

73:エリザベス ◆dOO2:2013/07/14(日) 14:35 ID:02Q

エリザベスよ(ニコッと笑い
貴方の名前は何?
>>零無

こんにちは、私はエリザベス。
メアリー?メアリーの事は知らなくていいわ。
…薔薇は、駄目(自分のバラを握りしめ、相手を睨むと
貴女がもしあんな変な奴らと同じようなのだったら、って考えたら…ね(苦笑い

貴女の名は何?
>>ニーナ

74:零無(主) ◆MqBc:2013/07/14(日) 16:20 ID:SJc

俺は零無だ。
…ところで君は美術館の中にいた人かな?
(ふと何となく聞いてみる)
>エリザベス

75:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/14(日) 17:35 ID:0Gk

>>72
>零無さん
正直びっくりしましたよ…
小さい女の子を連れた若い男性って犯罪臭凄い
しました。でも優しい方ですし今はもう安心です
(苦笑いしつつ、さぁいきましょうと声をかけ

>>73
>エリザベスさん
えっと、宜しくお願いします。(とことこと前に出てきて
あちらに他の人もいるので行きましょう
(連れていきます、と言い手をだし

76:零無(主) ◆MqBc:2013/07/14(日) 17:56 ID:SJc

…ちょっ…!?
(周りからそう見えてたのかと考え)

……そうだな、行くか。
(相手に行こうと声をかけられて進み始める)
>ニーナ

77:匿名さん:2013/07/15(月) 12:14 ID:yQs

そう。
零無…ね。

えぇ、そうよ。
美術館に住…いいえ、美術館は静かでとても好きなの(微笑みながら
もっと多くの作品を見てみたかったのに、急にこんな……(辺りを見て
>>零無

えぇ、よろしく(にこっ
え?そうなの?(と言いつつ手をとり
>>ニーナ

78:エリザベス:2013/07/15(月) 12:15 ID:yQs

【すみません
 間違えて名前入れるの忘れてました。
 >>77は私です】

79:零無(主) ◆MqBc:2013/07/15(月) 12:50 ID:SJc

そうか…それは残念だったな…
……それにしても何なんだろうな、ココは。みんな薔薇狙いみたいだけど…
(ため息をつきながら自分の薔薇を見て)
>ニーナ

80:ニーナ ◆W3YQ:2013/07/15(月) 13:33 ID:0Gk

>>76
はい!行きましょう
(ちょっと元気が出たらしく大きな声で返事をして
ところで花瓶ってどうやって使用するんですか?
(ふと問いかけて

>>77
ええ、行きましょう
(相手の手をとって軽く走りだし
そういえば貴方の年は?私は14歳よ
(ニコっと笑いかけて

81:零無(主) ◆MqBc:2013/07/15(月) 13:49 ID:SJc

…ん?……水が入っていれば自分の持っている薔薇を生ければいいんじゃないかな?
(相手の質問を聞くとそう答える)

…確かどこか水の入った花瓶なかったっけ…
(見かけたような気がしてそう呟く)
>ニーナ

82:参加希望 ◆m7Yw:2013/07/15(月) 18:26 ID:XZI

名前 ガルナ・マリーナ
性別 ♀
年齢 14
性格 暗闇が苦手 ましてやお化けも苦手。
とにかく、それ以外のことはポジティブにこなそうとする。
本来は笑顔を見せることが多いが今は笑うことが少ない。

容姿 バラ柄の白のパニエのワンピースに茶色のパンプスつま先部分に小さなリボンがついている。
上着は茶色の胸もとにリボンのついたボレロを羽織っている。
髪はメアリーより暗いクリームのような金髪。
胸元に隠していて見えないが写真を入れられるようなネックレスをしている。
目の色は深い青

備考
ネックレスの中には家族の写真が入っている。
薔薇の色 オレンジ
薔薇の枚数 10

83:零無(主) ◆MqBc:2013/07/15(月) 18:28 ID:SJc

【オッケーです。ようこそ。】
>参加希望者様

84:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/07/15(月) 22:19 ID:XZI

「ありがとうございます」
>スレ主様

85:零無(主) ◆MqBc:2013/07/16(火) 20:29 ID:SJc

…ん?また人か……?
(今いるメンバー以外の人の気配を感じてそちらを向き)
>ガルナ

86:零無(主) ◆MqBc:2013/07/18(木) 19:26 ID:SJc

【上げておきます】

87:零無(主) ◆MqBc:2013/07/20(土) 18:01 ID:SJc

【もう一度上げておきますね】

88:零無(主) ◆MqBc:2013/07/28(日) 19:52 ID:P.2

【誰も来ない…
上げておきますよー…】

89:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 15:40 ID:HcY

【…過疎…まだまだ上げます】

90:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/01(木) 17:58 ID:XZI

へっ…?あ、はい!
えっと…ガルナ・マリーナと申します
よろしくお願い致します…
>零無

「返信大変遅くなってごめんなさい!!」

91:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 19:45 ID:HcY

…よろしく、俺は零無だ。
(そう挨拶を交わすと微笑み)

ところで君は…美術館にいた人かな?
(『綺麗な瞳の色してるね』と笑で言い)
>ガルナ・マリーナ

92:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/01(木) 19:52 ID:XZI

よろしくお願いします!
あ!はい!そうです!
大きい絵を見てたら急に暗くなって
そしたら、今見たいな感じに…
えっ…//そうですかありがとうございます。>零無

93:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 20:12 ID:HcY

…そっか…大丈夫だった?
(相手が今まで一人でいたのだろうと考えそう心配し)

ところで…ココについては何か知らないかな…?
(ダメもとでこの場所について聞いてみて)
>ガルナ・マリーナ

94:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/01(木) 20:18 ID:XZI

ええ。何とか助かりました。
凄く怖かったけど…

?ここのことですか?
あまり知りません。
でも、ここに来たことはあります。
お爺さんと一緒に…
きっと、ここにある本棚を読めば分かるのでは?
何も役に立てなくてごめんなさい>零無

95:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 20:48 ID:HcY

……薔薇は大丈夫かい?
(何とかと聞いてふと相手の薔薇の心配をする)

…そうか。
それじゃあちょっとでも情報は多いほうがいいし…調べながら行こうか。
(相手の言葉を聞くと『役に立てる立てないじゃないよ。無事だっただけで十分。』と笑顔で言う)

>ガルナ・マリーナ

96:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/01(木) 20:54 ID:XZI

はい!薔薇は全然大丈夫です!
零無さんは大丈夫ですね…

そういえばさっきここにあったんですけど…
怖くて入れなかったんですよ…
本当、私、弱虫ですよね…
>零無

97:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 21:12 ID:HcY

…そうだね。今のところは…
(『これから先はどうなるかわからないけど』と苦笑いを浮かべて)

いや、いきなりこうゆう状況下に置かれたら本当に怖いよ。
(そう言うと扉に手をかけて『ついてくる時は自分が良いって言ってから来てね。』と言う)
……怖がってるだけじゃ何も始まらないっていうのも…事実だけどね…
(扉の先を警戒しながら突入するように入り『大丈夫だよ。』と声をかけ)

>ガルナ・マリーナ

98:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/01(木) 21:16 ID:XZI

そうですよね…これから先、何が起こるか…分からないですよね…

本当にすいません!
昔からお化けとか暗いところ苦手で…
あ、大丈夫ですか…
し、失礼しまーす…
>零無

99:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 21:31 ID:HcY

自信はないけど…少なくとも君たちの壁になる覚悟くらいは持ち合わせてるつもりだよ。
(部屋を見渡したあとにちゃんと相手の目を見て)

俺はお化けとかそういうのは大好きなんだけどね。…暗闇はどうもね、不安を煽られてしょうがない。
(苦笑いをしながら本棚に手をかけて)
………(黙読中)

>ガルナ・マリーナ


【風呂入るので一旦落ちます】

100:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/01(木) 21:37 ID:XZI

壁になる覚悟ですか…。
零無さんはかっこよくて優しいですね

お化け好きなんですか…
意外です…
あ、私も読まないと…
((黙読しはじめ
>零無

101:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 22:34 ID:HcY

かっこいい…と言うよりも…見方によっては死に急いでるだけだろうね。
(本を読みながらそうこたえ)

…俺一人…俺の身近にいる人たちの中で俺一人だけなんだ…
(苦笑いしながらそう言い、本を読んでいるとつい先ほど入ってきた扉の方から物音が聞こえ)

>ガルナ・マリーナ

102:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/01(木) 22:41 ID:XZI

え…なんかすいません…。

一人じゃないです!
私が居ます!上手く言えないけど、
私が今だけ傍に身近に居ます!
貴方は一人じゃありません!

!? 何か音がしましたよね…?
>零無

103:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 23:06 ID:HcY

謝る必要はないよ。
(笑顔でそう言い)

…今だけ…か。
…まあ……おかげで少し気が楽になった、ありがとう。
(笑顔を見せると本を棚に戻し)

さて…と、それじゃあ少し見てくるから。安全が確認できるまで出てこないでね…
(ポケットからアーミーナイフを取り出して逆さ持ちで扉に手をかける)
>ガルナ・マリーナ

104:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/01(木) 23:14 ID:XZI

なら、良かったです。

いえ!私は必ず!
今だけで無くても!忘れないですよ!
絶対に!!!

はい!分かりました!
ってナイフ……ですか…!!!
かっこいい…((目をキラキラとさせ
>零無

105:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 23:33 ID:HcY

…ありがとう。
それじゃあ…まずはここを出ようか。
(ドアノブを回して)

………
(扉を出るとすぐに音を立てないように扉を閉め、周りの探索を始める)

>ガルナ・マリーナ

106:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/01(木) 23:42 ID:XZI

あ…はい!
((本をすぐになおす

……………
(一緒について行き静かに歩く)
((絵画が動いたかた思い
いやっ………!!!
((思わず声をあげてしまう
>零無

107:零無(主) ◆MqBc:2013/08/01(木) 23:56 ID:HcY

……おっと…!?
(後ろについて来た相手の声に驚いて)

…大丈夫かい?
まだ安全確認ができてないんだけどなぁ……うわっと…!?
(相手の心配をするや否や絵画が落ちてきて)

………なんだろう…すごく嫌な予感がする…
(ナイフを構えながら落ちてきた絵画に近づいて)
>ガルナ・マリーナ

108:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/02(金) 00:03 ID:XZI

ごめんなさいごめんなさい。
一人じゃ不安で…

嫌もここ全体安全な場所じゃないってわかって…キャッ…!?

え……? 嫌な予感ですか……?
((絵画から離れ
>零無

109:マリーナ ◆m7Yw:2013/08/02(金) 00:08 ID:XZI

「充電ヤバイので闇落ちするかもです」

110:零無(主) ◆MqBc:2013/08/02(金) 00:12 ID:HcY

【了解です】

…まぁ…しょうがないね。
(苦笑いを浮かべて)

それもそうか、安全な場所なんてないのか。
(若干ため息混じりに)

……何の絵なんだろう……うわッ!?
(額縁に触れた瞬間に絵画から手が出てきて腕を掴まれ)

>ガルナ・マリーナ

111:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/02(金) 00:18 ID:XZI

本当にごめんなさい!

あの部屋でも怪しい本とかありましたから…
何出てくるか分かんないですからね…

!?ちょっ零無さんから離れて!
((額縁から出てきた手を踏んだりして
これでもか!((絵を蹴り飛ばす
>零無

112:零無(主) ◆MqBc:2013/08/02(金) 00:39 ID:HcY

仕方ないって、どこ行っても重苦しい空気だもんな。
(そう言って笑顔を見せ)

……く…っ!油断したな…
(薔薇を奪われてないか確認して)
これは…逃げないとな。道は…向こうだな。
(道を確認してる間に絵画から赤い服の女が完全に上半身を出して迫ってきて)

>ガルナ・マリーナ

113:ガルナ・マリーナ:2013/08/02(金) 18:40 ID:XZI

早く家に帰りたいです…
まぁ、慣れればここも楽しいですけどね…

っつ…!?何なんですか…!?
絵画から人が…え?逃げるんですね!
分かりました!
((逃げつつ後ろを見ると追ってきてる!
>零無

114:零無(主) ◆MqBc:2013/08/02(金) 19:03 ID:HcY

…そういうもんかな…?
(慣れれば楽しいと聞いてわからないといった表情を浮かべて)

……向こうの扉に…!!
(逃げ込む先を指差して)
……さぁ…こっちだ!
(後ろを振り向いて赤い服の女と少し距離が離れたのを確認すると扉を空けて相手が扉の先へと行くのを待ち)
>ガルナ・マリーナ

115:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/02(金) 19:10 ID:XZI

分からないですけど…
普段滅多に行けない場所ですから…

あ、あそこですね!
分かりました!
結構距離も離れてる良かった…
でも、安心できないですよね…
また来るかも知れないですから…
>零無

116:零無(主) ◆MqBc:2013/08/02(金) 20:09 ID:HcY

そうか。

……早く進もう。
(急いで扉を閉めてはナイフを折りたたみ歩き始め)
まだ…この先にもいるんだろうな…
(先ほどの出来事で若干余裕が無くなって)

>ガルナ・マリーナ

117:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/02(金) 20:14 ID:XZI

は…はい!
((急いで中に入り

にしても何で絵画が動くんでしょうか?
誰か操っている人物でも居るのでしょうか?
>零無

118:零無(主) ◆MqBc:2013/08/02(金) 21:34 ID:HcY

……まだわからないな…情報が少なすぎて…
(苦笑いしつつそう言い)

まぁ…上半身しか絵から出てないし…ドアノブに手が届かないことを祈ろう…
(ふと立ち止まって先程の扉を確認する、扉を叩く音が聞こえるが開く様子はなく)

>ガルナ・マリーナ

119:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/02(金) 21:41 ID:XZI

そうですか…一応、メモはしたりしてますが
でも、少なすぎですね…。

そうですね…。少しは休憩できそうです。
零無さん、飴入りますか?
((ポケットをガサゴソとあさり取りだし
>零無

120:零無(主) ◆MqBc:2013/08/02(金) 22:38 ID:HcY

【場所的にはギャリーと会うところかな…いないので自分が代わりで死にかけます。】

まだ…情報を集めないと…

だといいな…ありがとう。
(差し出された飴を受け取り)

……お…?花瓶だ。
(警戒しながら扉を開けると花瓶を発見し)

>ガルナ・マリーナ

121:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/02(金) 22:46 ID:XZI

「了解です。」
そうですね。

いえ!私に出来ることこのぐらいですから…
まだ沢山、あるので遠慮なくどうぞ。

あ、花瓶ですね。
私は大丈夫です。
零無さんが使って下さい。
>零無

122:ガルナ ◆m7Yw:2013/08/02(金) 23:06 ID:XZI

「落ちますね」

123:零無(主) ◆MqBc:2013/08/02(金) 23:35 ID:HcY

それでも十分、気が楽になるよ。
(笑顔を見せて)

…いや、今は大丈夫。
薔薇の花びらもちゃんと15枚あるからね……向こうに行ってみよう。
(自分の薔薇を確認すると進む方の扉を指差し)

>ガルナ・マリーナ

124:ガルナ・マリーナ:2013/08/03(土) 12:47 ID:XZI

そうですか。なら良かったです。

15枚もあるんですか…凄いですね。
あ、あそこの扉に入るんですね。
分かりました。

やっぱり、ここまだ慣れないな。((ボソッ
>零無

125:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 13:23 ID:HcY

…ここは…ほとんど何もない部屋だな…
(ゆっくりと扉を開けて部屋の中を見渡して)

この扉は…あれ?鍵がかかってるな…
(もう一つ目に付いた扉を開けようとするが鍵がかかっており)

……ん?何か言った?
(相手の呟きがよく聞き取れなかったようで)

>ガルナ・マリーナ

126:ガルナ・マリーナ:2013/08/03(土) 13:29 ID:XZI

そうですね…ここでは情報は得られないかな?
((少しシュンとして

え?鍵ですか?
じゃあ、探さないといけないですね。

いえ、独り言ですので気にしないで下さい。
大丈夫ですから。
>零無

127:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 13:43 ID:HcY

……本はないし…花瓶だけか…
(どこかに鍵や情報を得られそうなものがないか探し始め)

そうだなー…そういえばこの花瓶には水入ってないのか……あ、鍵あった。
(そう言いながら花瓶の中を覗き込むとなぜか鍵が入っており)

…そうか。
(なにを言ったのか気になったがまあいいかという感じで受け流し)

>ガルナ・マリーナ

128:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 13:53 ID:XZI

そうですね…
特に変わったものも無いですし。
ここが変わりすぎてるからそう思わないだけかも知れませんが。

え?鍵ありました?
あった場所が花瓶の中って…
なんか凄いですね((クスクスと笑い
>零無

129:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 14:11 ID:HcY

…だんだん何が変わってるのか分からなくなってきそうだな。
(苦笑いをしつつ花瓶から鍵を取り出して)

そうだな…
植木鉢の下とかならまだ分かるんだけどな…
(そう呟きながら鍵を使って)

>ガルナ・マリーナ

130:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 14:46 ID:XZI

そうですね…
気が可笑しくなりそうです。

そうですよね!
何で花瓶の中なんかに入ってたんでしょうね?
あ、新しい所ですね。
少し怖いですがワクワクします。
>零無

131:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 15:12 ID:HcY

……たぶん俺一人だったらヤバいかもしれないな…
(部屋の中を見渡すがここも何もない)

…さあね?全くわからないな。
(場所が場所なだけあって理解できず)

………ワクワク終了をお知らせしよう。
(壁にかかっている青い服の女の絵を指を差して)

>ガルナ・マリーナ

132:ガルナ・マリーナ:2013/08/03(土) 15:26 ID:XZI

そうですか…
まぁ、今は一人じゃないですから、
メアリーさんやエリザベスさんニーナさんも居るじゃないですか。
イブさんも。

扉開かない→探索→花瓶発見→水がない→鍵あるイエーイみたいにしようと
考えてたんじゃないですかね?

そんな酷い!!((相手の指を指した所を見
え?それってフラグですかね?
よく分からないですけど。
>零無

133:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 15:43 ID:HcY

…まぁ…そうだな…ん?メアリー…って…?
(ここまでで出会った人の中にいない名前を聞いて首をかしげる)

面倒なだけだな…正直とくに何の意味もないよな。それ。
(苦笑いをして)

さあどうだろうな?
……こいつは動くのかな…?
(正面に立ってジーッと絵を見て)

>ガルナ・マリーナ

134:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 16:11 ID:XZI

いえ、すいません。
なんでもないです。メアリーさんは居ませんよね。ごめんなさいね。

まぁ、そうですよね…。
なんかごめんなさい。

また、動いたらどうするんですか!!
しかもワッってきてワーってなる正面から見るなんて心臓に悪いです!
>零無

135:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 16:29 ID:HcY

?……まぁいいか…

なんで君が謝るんだ…?
(首をかしげながら)

…そうだな…それならいつ襲われてもいいように構えておけばいいんじゃないかな…
………?……動かないな…
(ナイフを片手に持ちながら絵を見続けるが一向に動く気配はなく)

>ガルナ・マリーナ

136:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 16:38 ID:XZI

すいません!何となくですから。
気にしないで下さい!

嫌、ナイフ持ってる時点で怖いですよ!
そこでグサッってやったら倍の仕返しとか来ますし!家族とか親戚とか!
・・・。全然動かないですね…
一回触れてみようかな…((絵に恐る恐る手を近付け
>零無

137:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 16:54 ID:HcY

分かった、気にしないでおくよ。

……
(ジーッと見続ける)

……あ。
(絵に触れようとする相手を止めようとした瞬間いきなり絵から手が出てきて相手の腕を掴み)

>ガルナ・マリーナ

138:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 17:33 ID:XZI

はい!その方がありがたいです!

「あ」ってどうしたんですか?
え…?
手がぁぁぁ!!!
ちょっ離せって!離せって言う言葉知らないのか!
>零無

139:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 17:43 ID:HcY

…くそ…この狭い部屋で…!!
(巻き込みそうなのでさすがにナイフを突き立てるわけにもいかず、青い服の女の腕に掴みかかりなんとか引き離す)

…コイツの足止めしておくから先に逃げろっ!
(相手にそう言うと既に青い服の女が上半身を出しており、両手で掴みかかってきたのを同じようにして止めて)

>ガルナ・マリーナ

140:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 18:01 ID:XZI

え…ですが…零無さんが…
足止めといっても零無さん…
もし、やられたらどうするんですか!
それだったら二人共一旦外出た方が良いじゃないですか!
>零無

141:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 18:15 ID:HcY

……分かった。…早く…扉を開けてくれ…ッ!
(襲いかかってくる青い服の女を止めながら言うが、だんだん余裕がなくなってきて)

>ガルナ・マリーナ

142:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 18:23 ID:XZI

あ、はい!((そういうと扉を開け
零無さん!開きました!早く来て下さい!
((先に外に出て相手が出たら扉を閉める用意をして
>零無

143:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 18:30 ID:HcY

よし……うぉおおッ!!
(青い服の女を部屋の端に突き飛ばすと急いで扉の方へと走り)

……これだけ離せば…間に合わないだろ……閉めていいぞ!!
(扉の外へ出ると相手にそう声をかける)

>ガルナ・マリーナ

144:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 18:44 ID:XZI

はい!分かりました!
((相手が出たのを見て扉を閉め
何とか抜けれましたね…
零無さん…薔薇は大丈夫ですか?
>零無

145:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 19:03 ID:HcY

……はぁ…そうだな…
(取っ組み合いからの全力逃走でだいぶ消耗しているようで)

…そうだ…薔薇……!?
(いつも薔薇をしまっているポケットを探る)

…ない…!?……嘘だろ……ぐ…ッ!?
(ポケットを全て探り、顔が青ざめる。しばらくすると突然崩れ落ちて膝をつく)

>ガルナ・マリーナ


【飯落ち、花火見てきます】

146:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 19:09 ID:XZI

えっ…?薔薇が無い…?
それってさっきの青い女の服に盗られたってことですよね…
…!?大丈夫ですか!零無さん!
私、取り返してきますから、零無さんはここに居てください。((と言うと走っていき
>零無

「了解です。ごゆっくり」

147:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 19:58 ID:HcY

…なるべく…早く…頼む…よ……痛ッ…!
(薔薇の花びらを引きちぎられる激痛に耐えながらそう伝える)

青い服の女:好き………嫌い………
(先程の小部屋で花占いをしている)

>ガルナ・マリーナ


【戻ってきました。】

148:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 20:13 ID:XZI

分かりました!((とにかく全速力で走り))
((さっきの女の部屋に入る

ちょっとその薔薇離しなさいよ!
((というと額縁の辺りを蹴る
そして離れたすきを狙って薔薇をとり
部屋から一目散に逃げる。

零無さん取り返しました…
((息を切らしながら走って戻ってき
>零無

149:参加希望 ◆3uWA:2013/08/03(土) 20:34 ID:sjQ

シイラ

20歳
性格 冷静沈着だが寂しがり屋
容姿 紺色の髪が腰まであって目は赤白いコートに赤いTシャツと黒いジーパン 靴は黒いスニーカー
備考 展内では隠していた黒猫を左肩に乗っけている やや小さめなカバンを持っていて色んな物が入ってる 展内で考え事をしていたらいつの間にか不思議な美術館に迷い混んでいた

バラの色 白
花弁の数 10(現在誤って自分で千切り9枚)

【入って良いでしょうか?
もし、不備がありましたらご指摘をお願い致します。】

150:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 21:31 ID:HcY

【3/15】

青い服の女:……
(突然引き返してきた少女の強行に何が起きたのか把握できず唖然として)


……ぁ…ありがとう……
(壁にもたれながらゆっくりと立ち上がり)

>ガルナ・マリーナ

151:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 22:22 ID:HcY

【はい、OKです。】
>参加希望者様

152:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 22:26 ID:XZI

とりあえず、花瓶で回復しないと倒れちゃいますから!
花瓶を探して回復しましょ!
話はそこからです!
ったく、なんなんですかね…
襲うなら私、襲えってーの!
零無さん襲うとかどんだけタチ悪いですかね…((少しあの女にイライラしており>零無

153:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 22:38 ID:HcY

……向こうの部屋に…水の入った花瓶が…あった…
(壁にもたれながらそう言うと花瓶がある部屋の扉を指差し)

……ちょっと…油断したなぁ…
まさか…ここまで勢い…よく…薔薇の花びらを持ってかれるとは…思わなかった……
…行こう…
(壁に手をついて若干ふらつきながらも歩き始め)

>ガルナ・マリーナ

154:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 22:52 ID:XZI

そうですか。なら、そこに向かいましょう!

そうですか…良ければ肩貸しますよ?
花占いなんて奇数とぐん数で決まるのに…
ったく、何なのライターあったら真っ先に焼きたいですね…((黒笑>零無

155:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 22:58 ID:HcY

いや……自分で歩いてくよ…
…ライター…か……
(ふと相手の表情を見て苦笑いをする)

………!
(後ろからガラスの割る音がして振り向くと青い服の女がガラスを突き破って追ってきていて)

>ガルナ・マリーナ

156:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/03(土) 23:25 ID:XZI

そうですか…

また…出ましたね…((絵に近付き
ねぇねぇ、これあげるから帰ってくれない?
((飴と服についていた花を渡し
>零無

157:零無(主) ◆MqBc:2013/08/03(土) 23:47 ID:HcY

……
(静かに相手と青い服の女のやりとりを見て)

青い服の女:……♪
(花と飴を受け取ると満足したように下の部屋へと戻り)

>ガルナ・マリーナ

158:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 00:18 ID:XZI

バイバ〜イ!((絵に手をふり

よし。皆、無傷で勝った。
まぁ、絵にも心はありますからね〜
さっき蹴り飛ばしちゃいましたけど…
あれで許してくれると良いな♪
>零無

159:零無(主) ◆MqBc:2013/08/04(日) 00:33 ID:HcY

……無傷…とは言えるのか…これは…?
(相手のやりとりを見ていて何がなんだかわからなくなったようで)

…花瓶…とりあえず…花瓶を……
(深く考えるのを一旦止め、花瓶を求めて扉を開ける)

>ガルナ・マリーナ


【落ちます。御相手感謝です。】

160:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 00:40 ID:XZI

じゃあ、一人軽傷。ということで
((苦笑い
そうですよ!貴方はまず回復が優先ですよ!
急いで!急いで!
>零無

161:零無(主) ◆MqBc:2013/08/04(日) 10:40 ID:HcY

……軽傷か…そのうち死ねる気がする…
(思考停止して呟き)

…なんにもいないし…急ぐ必要もないな。
…近いし。
(花瓶のところまで行くと薔薇を生ける)

>ガルナ・マリーナ

162:参加希望。 ◆PT3o:2013/08/04(日) 11:33 ID:H3c



【ギャリーさんってあいてますか……?】

163:零無(主) ◆MqBc:2013/08/04(日) 11:48 ID:HcY

【はいはい、空いてますよー】

>参加希望者様

164:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 12:42 ID:XZI

死ねるってなんでそんな発言するんですか!?

そうですね。
ほっ…とりあえず、今のところ薔薇は全員安全ですね…
((と呟くと安心し、一息つく
>零無

165:ギャリー ◆PT3o:2013/08/04(日) 14:27 ID:H3c




>>163
【ではギャリーさんで参加させていただきますね!】

166:零無(主) ◆MqBc:2013/08/04(日) 14:45 ID:HcY

…いや…薔薇の花びらが無くなるとこんなにキツイとは思わたかったからな…
(苦笑いしながら)

…はぁ……今度からはもっと注意しないと…
(元通りになった薔薇をしまって呟く)

>ガルナ・マリーナ

167:零無(主) ◆MqBc:2013/08/04(日) 15:09 ID:HcY

【どうぞどうぞ。】
>>165

168:ガルナ・マリーナ:2013/08/04(日) 15:10 ID:XZI

そんなに痛いんですね…
なら、もっと大切に扱わないと…いけないですね…
((自分の薔薇をそっと握りしめ

そうですね…。
ここにはもう、情報はないですから
次の場所に向かいませんか?
>零無

169:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 15:43 ID:jTI

【参加許可、ありがとうございます!】
>スレ主さん

【一旦落ちますが絡み文おいていきます】

…なんで、追いかけてくるの…!!(無個性に追いかけられながらも壁の両側に紐を結び歩いて離れて)
>ALL

170:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 16:09 ID:XZI

ん?あの子、人間だよね!
しかも何かに追いかけられてるけど
って、無個性じゃん!
おーい!
そこの子こっちだ!((相手を呼び
>シイラ

171:ギャリー ◆PT3o:2013/08/04(日) 16:11 ID:H3c





参加許可ありがとう。(ふふ、
宜しくお願いするわ。(青い薔薇持ち微笑んで。

172:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 16:16 ID:XZI

あれ?
あの…美術館に居た人ですよね…?
私、ガルナ・マリーナって言います!
一人でいるのは危険ですから一緒に行動しませんか?
>ギャリー

173:零無(主) ◆MqBc:2013/08/04(日) 16:25 ID:HcY

……そうだな…気を付けよう…
(もううんざりだという表情を浮かべて)

…情報はないが…人が見つかったな…
(新しく人を見つけたはいいものの、無個性を見るとため息をついて)

……ん…?あ、あれ?
…美術館にいた人……だよな…?
(たまたま印象に残る服装の相手を見るとそう問いかけ)
>ガルナ・マリーナ、シイラ、ギャリー

174:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 16:32 ID:XZI

本当に怖いですね…
さっきのは運良く帰ってくれましたからね…

そうですね…
あのうっとしい無個性はどうやって追い返します?

!そうですね…
やっぱり、仲間が沢山いる方が安心できますね…
>零無

175:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 17:43 ID:jTI

え…あぁ、うん…!(相手の方に行こうとすると無個性が紐にひっかかりこけ)
…よっしゃっ…!!(無個性をチラリと見ると嬉しそうにし)
>ガルナ

…同じように、こっちに迷い込んだ方?(相手を見ながら)
>零無

薔薇持ってるから…人ですよね?
作品じゃないよね?(相手と薔薇を見ながら)
>ギャリー

176:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 17:51 ID:XZI

大丈夫だった? 怪我してない?
あ、自己紹介がまだだったわね。
私はガルナ・マリーナ。
よろしくね?これあげる。((飴を渡す
>シイラ

177:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 17:54 ID:jTI

うん…一応、大丈夫
ガルナ・マリーナ…ね?
私は、シイラ…こちらこそよろしく
…ありがとう(嬉しそうに受け取り)
>ガルナ

178:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 18:05 ID:XZI

シイラって言うのね…
良い名前ね…。
良いのよ。気にしないで。
これから一緒に行動しましょ。
一人は危ないわ。
>シイラ

「落ちます!」

179:零無(主) ◆MqBc:2013/08/04(日) 18:05 ID:HcY

…運良く…っていうか和解だな…
(苦笑いを若干浮かべながら)

…向こうから見つかる可能性もかなり上がるけど気が楽になるね。
>ガルナ・マリーナ

そうそう。
……薔薇は…ちゃんと持ってるよね?
(つい先ほど薔薇を取られたせいで酷い目にあったため心配して)
>シイラ

180:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 18:07 ID:jTI

…そうね。一緒に行こう
因に、私は一人じゃなかったわよ?(笑いながら)
そういえば、ガルナは何歳?
>ガルナ
【了解です!】

181:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 18:08 ID:jTI

うん…持ってるよ
心配してくれてありがとう(ニコッと笑い)
>零無

182:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 18:09 ID:XZI

そうですね〜 喜んでくれてたから
良いとしましょうよ〜 ね?

じゃあ、行きましょうか。
わー!ドキドキする!
それにここ少し慣れましたし!
>零無

183:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 18:13 ID:XZI

うん!
え?そうだったの?ごめん…。
え?私は14歳。
今日はちょっと美術館で調べたいことがあったから来たの。
そしたら迷いこんじゃって…
>シイラ

「用事無くなったんでいれます」

184:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 18:18 ID:jTI

…別に問題無いから良いわよ(笑いながら)
それに、もう一人…性格には、もう一匹ここにいるし(肩に赤目の黒猫を乗せていて)
年下か…私は20歳よ…敬語使わなくて良いからね?
ふーん…調べものか…勉強?
>ガルナ

185:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 18:20 ID:jTI

>>184の『性格には』のところ『正確には』でしたね…すみません】

186:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 18:24 ID:XZI

そうですか…
あら、可愛い猫ですね…


いえ、レポートがあるので
今回のテーマは自由だったので…

へえ〜年上だったんですか…
確かにしっかりしてますからね…
>シイラ

187: ガルナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 18:25 ID:XZI

「宿題しますね」

188:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 18:28 ID:jTI

でしょ?(猫を撫でながら)
…熱心ね(相手を見ながら)
しっかりしてる…?
>ガルナ

189:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 18:28 ID:jTI

【了解です!】

190:零無(主) ◆MqBc:2013/08/04(日) 18:32 ID:HcY

まぁ…いいかな。

慣れる…か、これだけ人数いれば気も紛れるしな…じゃあ行くか。
(周りを見て笑顔で言い)
>ガルナ・マリーナ

そっか……花びらが欠けてるならそこにある花瓶に生けるといいよ。
(そう言って水の入った花瓶を指差して)
>シイラ

191:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 18:35 ID:jTI

ありがとう…でも、まだ一枚だけだし
危なくなった時に生けることにするよ(花瓶を見た後に言い)
>零無

192:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/04(日) 18:58 ID:XZI

そうですね!
人が多い方が気が紛れていいです。
それに少し楽しいです。
夜の学校探検みたいで。
>零無

193:零無(主) ◆MqBc:2013/08/04(日) 19:49 ID:HcY

…そうか、あんまり無理しないようにね。
ついさっき本当に死にかけてたからさ…俺が。
(苦笑いしながらそう言い)
>シイラ

ああ、そうだな。
……夜の学校探検…とは違うような気がするけど…
まぁいいか。
>ガルナ・マリーナ

194:シイラ ◆3uWA:2013/08/04(日) 21:48 ID:54w

うん…
…零無もね?(相手の話を聞いて心配そうに言い)
>零無

195:シイラ ◆3uWA:2013/08/05(月) 11:25 ID:54w

上げるね?

196:ガルナ・マリーナ:2013/08/07(水) 21:57 ID:XZI

でも、そう思っておけば楽しいものですよ!
お仲間さんが増えて良かった…
えっとここには情報が…無いか…。
>零無

197:零無(主) ◆MqBc:2013/08/07(水) 23:03 ID:MBQ

薔薇を直接奪われるとかそんなことがなければ大丈夫だよ…多分。
(若干自信なさげに呟き)
>シイラ

…そうだな。だんだん賑やかになってきたな。
で…えーっと……何もないな…一本道だし、先に進もうか。
(なにか有益な情報がないということを確認するとそう言って)
>ガルナ・マリーナ

198:ガルナ・マリーナ:2013/08/07(水) 23:07 ID:XZI

わー一本道ですか〜
一番怖い…
何か、前からわー!って来たら
戻らないと行けないのが憂鬱です…
まぁ、出てこないことを祈りますか…
>零無

「落ちます。お相手感謝です」

199:シイラ ◆3uWA:2013/08/08(木) 08:36 ID:54w

自信…無さそうだね(笑いながら言い)
追い掛けられた時に画鋲とかまけば大丈夫だろうし…(自分のバッグを探りながら)
>零無

200:零無(主) ◆MqBc:2013/08/08(木) 11:05 ID:MBQ

…見通しがいいから逃げやすくもあるな。
戻ることになるのは面倒だけど…
(なんとなく振り向いて後ろは大丈夫なのを確認)
>ガルナ・マリーナ

まあね…薔薇を直接持ってかれるのは二度とゴメンだ…
(そう呟き相手の画鋲を見て)
……絵画の女達には時間稼ぎくらいにはなりそうだね…ただ無個性にはどうかな…
>シイラ

201:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/08(木) 12:00 ID:XZI

そうですね…
しかし、デメリットもありますから…
少し不安です。
にしても長い廊下。
((ハァーと少し溜め息をつくと
早く次に行きたい…((とポツリと呟き
>零無

202:シイラ ◆3uWA:2013/08/08(木) 20:13 ID:54w

大丈夫、大丈夫…ロープとかもだってあるし…
両側にロープ張ってれば引っ掛かって転けるよ!(画鋲をなおすとロープをだし)
>零無

203:零無(主) ◆MqBc:2013/08/11(日) 21:53 ID:MBQ

…ま、大丈夫だろ。
(無理やりテンションを上げると扉に向かって歩く速度を少しだけ上げ)
>ガルナ・マリーナ

……仕掛ける時間…いや、予想して仕掛けておけばなんにも問題ないか。
(時間がないと言いかけたがよくよく考えてみてそう呟き)
>シイラ

204:ガルナ・マリーナ:2013/08/12(月) 16:29 ID:XZI

凄いテンションの上げ方上手なんですね…
((少し微笑み
…………………
((相手の歩く速さが少し上がったので
 自分も上げ
>零無

205:零無(主) ◆MqBc:2013/08/12(月) 19:23 ID:MBQ

まだ余裕があるからな、そのうちテンション上げるどころか狂ってくるかもな。
(笑みを浮かべながらそう言い)
……で、この先はどうなってるかな…
(扉のドアノブに手をかけて)
>ガルナ・マリーナ

206:シイラ ◆3uWA:2013/08/12(月) 19:59 ID:OZA

…接着剤とかもあるんだよ?(残り僅か
接着剤を出し)
>零無

207:ガルナ・マリーナ ◆m7Yw:2013/08/12(月) 20:47 ID:XZI

そうですね…狂うか…
分からないですよね…自分が狂ってるの。なんか怖いです…

よし!次の場所だ!楽しみ!
さっきみたいにすぐに終了にならないことを祈っておきます…
>零無

208:零無(主) ◆MqBc:2013/08/12(月) 21:33 ID:MBQ

……足りる…のかな?
(接着剤の残りの量を見てそう呟き)
まぁいいか…とりあえず足止めに使えそうな物があるのは心強いね…
>シイラ

狂ってる狂ってないなんて自分じゃ把握できないだろうしな。
(苦笑いをしながら扉を開けて)

……いや、扉と…無個性……男…があるだけだな。
(思ってた以上に狭い部屋で少々驚いて)
>ガルナ・マリーナ

209:ガルナ・マリーナ:2013/08/13(火) 22:27 ID:XZI

そうですね…
把握出来ないほどだから記憶にも残らない…それが怖い…

え…狭いですね…
しかも無個性との距離が近い…
嫌な予感がするのって私だけですかね…?((無個性と自分の距離を見ると薔薇をギユッと優しく握り締め
>零無

210:零無(主) ◆MqBc:2013/08/14(水) 12:02 ID:MBQ

ま、そんなことちょっとやそっとじゃならないだろうし……死ぬほどじゃないと…
(苦笑いをしながら部屋を見渡して)

……嫌な予感…ね。
そりゃあこんなに距離も近いし…しないわけじゃないけど…お?
(無個性の後ろに扉があるのを確認して)

>ガルナ・マリーナ

211:ガルナ・マリーナ:2013/08/14(水) 15:21 ID:XZI

そうですね…
ハァ~死ぬとか本当にね…
薔薇は結構デリケートなのに…
((溜め息をつきそう呟き

そうですよね!
あ…扉がありますね…
どうします?無個性の後ろにありますから…無個性割ります?どけます?
>零無

212:零無(主) ◆MqBc:2013/08/14(水) 22:40 ID:MBQ

そうだなー……なんだっけ…?精神の具現化…だったっけ?
(自分の薔薇を見て呟く)

……さすがに壊すのはマズイ…のかな…
(少し考えて無個性に近づき)

どかして…なにコレ…重い…
(そう言いながらも無個性を扉の前からどかして)
>ガルナ・マリーナ

213:零無(主) ◆MqBc:2013/08/21(水) 12:57 ID:qRg

【上げておきます】

214:ガルナ・マリーナ:2013/08/23(金) 22:54 ID:myw

怖いことが起こりすぎて忘れました。
((テヘッと舌を出し

まず壊せないですよね・・・。
((本気で壊そうとしてたらしく
凄い怪力なんですね。
((ぱちぱちと拍手し

零無

215:零無(主) ◆MqBc:2013/08/24(土) 00:00 ID:qRg

その割には平然としてるな。
(相手の様子を見ながら呟き)

……っと…これでいいかな…
(ある程度無個性をどかすと壁にもたれかかって息を整えて)
…いや、そんな怪力ってもんじゃないけど……
(拍手されるも微妙な表情を浮かべて)

>ガルナ・マリーナ

216:ガルナ・マリーナ:2013/08/24(土) 20:38 ID:myw

そうですかな?
((キョトンとしながら言い

なんで無個性って頭ないのに私達の事追っかけられるのでしょうか・・・?
((急に疑問に思い
そうですか・・・。分かりました・・・。

零無

217:零無(主) ◆MqBc:2013/08/25(日) 00:00 ID:qRg

…なんとなくそう見えるだけ…気にするな。
(まあいいやというような表情を浮かべてはそう言い)

んー……人間じゃないから?
(分かるわけがないのでテキトーにそう言って)
…んじゃ無個性どかせたし…行くか…
(扉に手をかけてそう言い)

>ガルナ・マリーナ

218:エリザベス ◆dOO2:2013/08/28(水) 08:00 ID:EzY

【お久しぶりです。旅行に行ったり夏休みの宿題やったりと忙しく
 来ることができませんでした(>_<)本当にすみません…。
 初対面の方は軽い自己紹介をして下されば幸いです。面倒であれば過去レス漁りますので^^】

219:ガルナ・マリーナ:2013/08/28(水) 11:43 ID:XZI

そうですか…分かりました…。
((コクッと頷き

そうですよね!人間が作ったのにね!
どうしてでしょう…
((うーんと考えて
そうですね!じゃあレッツゴー!
((なんかダンダンテンションが上がってきて
>零無

あれ…?貴方…美術館では見かけなかったけど…迷った人?
私…ガルナ・マリーナっていうの!
よろしくね!
((ニコッと微笑んで
>エリザベス

220:零無(主) ◆MqBc:2013/08/29(木) 15:34 ID:bn2

【お久しぶりです。
>>59 プロフ引っ張っときますね。】
…とりあえず色々あったけど…大丈夫かな?
(自分以外の人は大丈夫かと振り向いて)
>エリザベス

……むしろ作られたものだからこそ…ってか。
(しばらく考えていたが一息つくと「まぁいいや。」と呟いて)
それじゃあ…よっと…
(物音がしない程度に勢いよく開けて)
>ガルナ・マリーナ

221:零無(主) ◆MqBc:2013/09/08(日) 20:20 ID:SX.

【上げておきますよ】

222:零無(主) ◆MqBc:2013/09/26(木) 18:27 ID:msk

上げます

223:ギャリー ◆PT3o:2013/09/30(月) 17:28 ID:r1Y



お久しぶりかしら?上げておくわ。
絡みなしごめんなさいね。(しゅん、

224:零無 ◆MqBc:2013/10/01(火) 19:19 ID:msk

お久しぶりです。
何か会話文を出して頂ければ絡みますので、いつでもどうぞ。

225:青い人形:2013/10/05(土) 12:39 ID:19s

は い って も い い?

226:零無(主) ◆MqBc:2013/10/05(土) 17:39 ID:msk

[いいですよー。とりあえず絡み文落としておきますので]

……何にもないなぁ…
(その辺にあるものを見つめながら)
>all

227:青い人形:2013/10/06(日) 12:54 ID:19s

いっ しょ に あ そ ぼ う?

228:零無(主) ◆MqBc:2013/10/06(日) 17:07 ID:msk

「……うわ…っと…!?」
急に話しかけられて少し驚いて後ろに下がり
>青い人形

229:青い人形:2013/10/09(水) 19:57 ID:19s

かく れ んぼ しな い?

230:零無(主) ◆MqBc:2013/10/10(木) 21:10 ID:msk

「かくれんぼ…別に…いいけど……」
少しキョトンとしてそう言い
>青い人形


書き込む 最新10 サイトマップ