僕と契約して魔法少女になってよ!

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:スレ主:2013/07/13(土) 16:28 ID:0Gk

「僕と契約して魔法少女になってよ!」
はい、気にせずルールいきます
*最強(某まどか氏)さんがいるので最強設定はなし
*恋愛はペア制で、キャラ狙いの方は即退場でお願いします
(一応公式で男も魔法少年になれるといっています)
*いくら死にたくなくてもグリフシード×∞とか
原作の雰囲気を壊すものはやめてください
*公式のキャラも使用可です(え?時系列?なにそれ美味しいの?)
*基本的にキャッキャうふふ進行でお願いします
*主もこれる時間が限られているので皆さん良識ある行動でなりきってください
*荒し、だめ、絶対(きたらアク禁か無視などで)
*本体同士の恋愛と喧嘩は禁止
*本体同士の会話は【】使用でお願いします

以上のルールがOKという方はお入りください!
また、あまり知識がない方も遠慮せずにどんどんどうぞ!

>>2にプロフの書き方をかくのでレス禁でお願いします

2:スレ主:2013/07/13(土) 16:36 ID:0Gk

プロフ書き方(原作キャラはいりません)

名前
性別
年齢
性格
契約理由
能力
ソウルジェムの色
恋愛許可
備考
一言

>>3にスレ主書くのでレス禁

3:スレ主:2013/07/13(土) 16:55 ID:0Gk

名前 秋山 薫(カオル☆マギ((殴)
性別 女の子
年齢 16歳(高校二年生 基本的高校生でお願いします)
性格 お金大好き、凄くがめつい← 
   いつも皆の真ん中にいてヘラヘラしてる
   ただ、考え事をしている時は理論的に
契約理由 頭が良くなりたいと願った
     勉強面で親を心配させたくなかったため
能力 相手の攻撃のタイミングを計算する
   また、素面で頭がよくなる
ソウルジェムの色 濃い純色の黄色
恋愛許可 できれば、ちょっと…
     一応OKですが
備考 金髪でブレザー(制服)を着ている
   魔法少女の時は茶色いブーツに薄い黄色のキャロット
   白いワイシャツもどきに羽織った黄色を混ぜた緑のガーディガン
   黄色のファーがついたピンドメで髪をとめて武器はムチ(純色の黄色)
一言 「まぁ、その、なんだ。よろしく頼むよ」

4:スレ主:2013/07/13(土) 16:56 ID:0Gk

【それでは解禁です!】

5:参加希望:2013/07/13(土) 16:58 ID:xAU

みきさやかください!、ちなみによく分かりません((殴
恋愛はおkだったりします!

6:秋山 ◆W3YQ:2013/07/13(土) 17:00 ID:0Gk

>>5
ミズキサヤカだったかと、全然おKですよ!
絡み文投下お願いします
後で返信します

すいません、落ちます

7: ◆3Z0g:2013/07/13(土) 17:00 ID:snE

【非似になる確率が高いですが、マミさん貰ってもよろしいでしょうか?】

8:スレ主:2013/07/13(土) 17:04 ID:0Gk

>>7様構いませんよ!
よかった落ちる前に見つけられて…】

9: ◆3Z0g:2013/07/13(土) 17:06 ID:snE

【ありがとうございます!来る回数は事情により少ないと思いますがよろしくです!
 すいません、用事落ちします】

10:秋山(スレ主) ◆W3YQ:2013/07/13(土) 17:43 ID:0Gk

【一応all出しときます】
>>all
おっかしーなぁ…ソウルジェムが反応してんのに
魔女がいないなんてなぁ〜…
(そっと手のひらでソウルジェムを包み
人混みの中を注意しつつまた歩き始め

11:参加希望 ◆ENsg:2013/07/13(土) 22:08 ID:eho

名前:湊 知畝【ミナトチセ】
性格:優しくとても活発、でも少しおっちょこちょい←
性別:女子
年齢:15(高校一年)
契約理由:判断力を早くしたい
能力:相手の気配(魔女、魔法少女両方)を見ていなくても
自分の半径30mに入ると気づく
武器:加速(リニア)ライフルエネルギー充填型(使い捨てではない。)
備考:普段は制服を来ているが、
   魔法少女時は、軍服にスカートと言う姿で、
  色は赤地に黒線、髪は黒で、瞳は真紅。
一言:「よろしく〜…」


>>6
【みずきじゃなくて漢字が美樹なので、みきですよ!】

12:秋山 ◆W3YQ:2013/07/13(土) 22:50 ID:0Gk

>>11様訂正ありがとうございます!
プロフに不備はないので参加OKです。絡み文をできれば投下するか
私に絡んであげてください←】

13:知畝 ◆ENsg:2013/07/13(土) 22:52 ID:eho

【ありがとうございます!】


っ……!
(自分の能力で気配を察知して、
人混みの中の一人を見て
>秋山さん

14:秋山 ◆W3YQ:2013/07/13(土) 23:02 ID:0Gk

>>13

…へ?(目が合ったためキョトンとして
あ、こんにちはー…?(なんとなく手を振り

15:知畝 ◆ENsg:2013/07/13(土) 23:04 ID:eho

ちょっとこっちに来て…!
(と言い路地裏につれていき
>秋山さん

16:秋山 ◆W3YQ:2013/07/13(土) 23:06 ID:0Gk

>>15
ほへ?(意味がわからないよ!という顔で←
あのぅ、私探してる人?いや物?あるんですけど…
(魔女のことをぼかして伝えて

17:知畝 ◆ENsg:2013/07/13(土) 23:12 ID:eho

君…魔法少女でしょ……?
(と相手を見て微かに笑いながら
>秋山さん

18:秋山 ◆W3YQ:2013/07/13(土) 23:16 ID:0Gk

…っ!(バッとソウルジェムを取りだし

【すいません、落ちます】

19:知畝 ◆ENsg:2013/07/13(土) 23:21 ID:eho

いや、何もしないから落ち着いて…
(と言い相手を落ち着かせようとして
>秋山さん

20:秋山 ◆W3YQ:2013/07/14(日) 10:35 ID:0Gk

>>19
いきなり路地裏に連れてこられてそんな言葉そうそう信じないわよ

…で、なんですか?(キョロキョロとして魔女を探しつつ

21:参加希望:2013/07/14(日) 11:37 ID:UP6

河元胡華/Coca Kohmoto
14歳(中2)
女子
性格明るくて前向き。少しおっちょこちょいな一面も。
契約理由判断力を身につけたい
能力 眼から破壊光線を出し爆破させる
武器 毒華舞乱銃(どっかぶらんじゅう/毒華*を出し敵を倒す)
備考普段は自身が通っている華の宮中学の制服か花柄のワンピだが,魔法少女の時は白シャツに茶色のもんぺというちょっと昭和なスタイル。髪色は赤茶色で瞳色は茶色。一人称は私

【不備があったら教えてください。】
*毒を持った植物

22:秋山 ◆W3YQ:2013/07/14(日) 11:46 ID:0Gk

【契約理由がかぶっているので、そこを変えてくだされば
プロフに不備はないのでいいですよ!】

23:参加希望:2013/07/14(日) 11:54 ID:UP6

【契約理由 行動力を身につけたい】

24:秋山 ◆W3YQ:2013/07/14(日) 11:58 ID:0Gk

>>23どうぞお入りください!
絡み文投下か、私に絡んでください】

25:河元胡華:2013/07/14(日) 12:06 ID:UP6

【絡み文とーか】
始めまして‼私の名前は河元胡華。よろしくね‼
⇒ALL

26:参加希望:2013/07/14(日) 14:36 ID:02Q

【杏子貰っていいですか?】

27:秋山 ◆W3YQ:2013/07/14(日) 17:11 ID:0Gk

>>26様どうぞ!】
>>25
えっと、それは私に言ってるのかい?
(苦笑いしつつ頬をポリポリとかき

28:秋山 ◆W3YQ:2013/07/14(日) 17:52 ID:0Gk

【あげときますねー(*^×^)】

29:湊 知畝 ◆ENsg:2013/07/14(日) 19:35 ID:eho

連れてきた理由は…
最近魔法少女の数が激減してるんだ……
原因は分からないけど、減少スピードが激しいんだよ……
そこで、手を組まないかって言うこと
>秋山さん

30:河元胡華:2013/07/14(日) 19:56 ID:UP6

うん。
カササッ!(ゴキが秋山さんの足元にいて
あっ‼「秘技・毒華舞乱害虫殺草(どっかぶらんがいちゅうさっそう)!」(ゴキが死ぬ
⇒秋山さん

31:湊 知畝 ◆ENsg:2013/07/14(日) 20:00 ID:eho

ふぅ……
(と言うとグリーフシードを回収して
>all

32:秋山 ◆W3YQ:2013/07/14(日) 21:58 ID:0Gk

>>29
へぇ、その口ぶりからすると貴方は魔法少女なのね
…そうなの?(相手の情報に眉をひそめ
一番考えられるのは強力な魔女がきた位かしら
最近魔女が多いのは狩る魔法少女がいないからね…
いいわ、その話乗った(すると相手に握手を求めて
私の名前は秋山 薫。貴方は?

>>30
いぎゃあああああ!(足元のゴキブリにビビり
…はあはあ、って何で私の名前知ってるの?
(ふと疑問に思ったのか問いかけ

33:秋山 ◆W3YQ:2013/07/14(日) 22:05 ID:0Gk

【公式キャラの方のためにも一応all出しときます】
>>all
キュウベエに聞いたけどここら辺に魔女狩りの
プロ達がいるんだよね…?一応挨拶にきたけど
大丈夫かなぁ…?(不安げに周りを見回し

34:湊 知畝 ◆ENsg:2013/07/15(月) 06:50 ID:eho

協力な魔女か……
それともうひとつ…同士討ちも考えられるよ…

私は湊 知畝、よろしくね…
(と言い相手の手を握り
>秋山さん

さぁ…私に言われても…
私だって初めて会うんですから…
>秋山さん、all

35:秋山 ◆W3YQ:2013/07/15(月) 10:57 ID:0Gk

>>34
はい、これで契約完了ね
(握手している手に力を込めて
同士討ちはあんまり考えたくないね…
ここの街は一応はそこそこの数の魔女がいるし
グリフシードの奪い合いは考えられないんだけど…
(理由がよくわからないという顔をして

36:湊知畝 ◆ENsg:2013/07/15(月) 12:55 ID:eho

うん……
(というと此方も強め
でも噂は聞いたことはあるんだよね……魔法少女狩り…
(と呟いて考えるような顔をして
>秋山さん

37:参加希望:2013/07/15(月) 18:54 ID:79w

名前:三日月 沙羅々 ミカヅキサララ
女子
性格:メガティブで弱虫で
泣き虫基本友達ができない
契約理由:弱虫な自分を変えたい
能力:手から強力な激流をだす
備考:赤い髪をおだんごにして瞳は黄色
いつもは、制服だが魔法少女の時は、
ピンクのフリルのついたシャツに白のパニエ
というかなり女の子らしい服装武器は弓
【参加希望です!不備があれば言ってください】

38:湊 知畝 ◆ENsg:2013/07/15(月) 20:19 ID:eho

上げます

39:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 16:57 ID:0Gk

>>37様どうぞ!】
>>36
まぁ、グジクジ言ってても仕方ないですし、私はぼちぼち魔女探しに
戻りますけど貴方はどうするんですか?
(手元のソウルジェムの反応を見つつ相手に問い

40:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 16:59 ID:eho

まぁ、共同戦線ってことで同行出来るなら
させてもらいますけど…?
(と相手を見ながら言い
>秋山さん

41:河元胡華:2013/07/16(火) 17:09 ID:UP6

噂だよ。私の学校の。
「カオルマギっていう女性を三回みると呪われる」
っていう噂。
で,偶々貴方だったわけ。
カオルさん御免ね。私の学校が変な噂作っちゃって。
⇒カオルさん

42:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:10 ID:0Gk

>>40
構いませんよ、しかし貴方の武器は?
相性とかもありますしね
(自身の武器のムチを出してみせて

43:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 17:12 ID:eho

武器はこれです。
(と、ライフルを取りだし
>秋山さん

【絡み文投稿!】

ふぅ…………
(と一息をつくとGSを回収して
>all

44:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:13 ID:0Gk

>>41
そんな噂が…(青い顔になり
まぁ、確かにムチで魔女叩いてる姿は
怖いとか言われたことがあるけれども…
とりあえず、よろしくね
(ため息をつきつつ、手を出し握手を求め

45:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:17 ID:0Gk

>>43
なら別に相性が悪そうでは無いしいいですよ。
…というより、まず魔女探しを進めないと
反応はあるのになぁ…って魔女の結界の歪みがあるわ!
いきなりで悪いけどいきましょう!
(とりあえず自分は飛び込み

46:河元胡華:2013/07/16(火) 17:17 ID:UP6

よろしく。(握手をして
この噂の事どう思う?悪かったら,全校代表として謝るよ。
(宿題落ち)
⇒カオルさん

47:HR ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:19 ID:0Gk

>>46
是非とも謝ってください。代表として
…てかなんでそんな噂が(とぶつぶつ呟き
【落ち了解です!】

48:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 17:20 ID:eho

分かってます!
(と言い変身して飛び込み
>秋山さん

49:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:20 ID:0Gk

>>47は私です】

50:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:23 ID:0Gk

>>48
それ!(自身も変身して

とりあえず使い魔から倒すべきかしら…
(ムチを構えて歪んだ路地裏を走り抜け

51:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 17:25 ID:eho

取り合えず私がやっちゃうので本体を叩いてください!
(と言うと「十時と二時と三時の方向から二体ずつ…」
と確認し迎撃態勢になり
>秋山さん

52:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:28 ID:0Gk

>>51
了解!(そういうと魔女に向かって走りだし

そおおおおれっ!(とりあえず一発重い攻撃を叩き込んで

53:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 17:31 ID:eho

数が多い……
(と言いながらも使い魔を掃討して
時々本体に攻撃をして
>秋山さん

【公式キャラっておりマギetcもですか?
そこのところがわからないのです…】

54:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:37 ID:0Gk

【プリズムでもかずみでもまどかでも
魔法少女シリーズならOKの予定です】
>>53
避けるのが面倒臭いわね
(本体は若干怯んでる間に広範囲に弾く攻撃を使い魔に仕掛けて

とりあえず本体をしっかり叩かないとね!
(ムチをもう一本出して両方で叩き

案外、しぶといわね…(息を切らしつつ攻撃を続けて

55:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 17:40 ID:eho

減らない……こうなったら
(と2つの銃をひとつにし本体に射ち

その魔女胸に古傷みたいなのありますよ!
(と言うと確かにあり
>秋山さん

【了解です】

56:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:43 ID:0Gk

本体に一斉攻撃ね、了解!
(相手の切り替えを見て

これでトドメだぁ!(相手の古傷に力業で叩きこんで

………やったかしら(魔女の動かない姿を見て

57:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 17:45 ID:eho

終わった………?
(と魔女をみてから相手をみて
>秋山さん

58:秋山 ◆W3YQ:2013/07/16(火) 17:49 ID:0Gk

…ぽいわね(魔女の浄化する姿を見て

グリフシードゲットね、とりあえず協力代として
はい、どうぞ(相手の手にグリフシードを握らせ

【落ちます!お相手感謝!】

59:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 17:51 ID:eho

いや、私はまだ在庫残ってるし…それに…
(と言い相手に返し
>秋山さん

60:河元胡華:2013/07/16(火) 18:03 ID:UP6

華の宮高校生が貴女の事を呪われると言って申し訳ありませんでした‼(頭を下げ
何かね・・・。

[一ヶ月前]
A介:たっ・・・大変だぁ(教室にBダッシュで入り
K実:A介どうしたん?
A介:隣のクラスのT也が死んだ。
K実:嘘・・・。何でなん?
A介:カオルマギっていう女性を三回見たらしい。
胡華:カオルマギ・・・か。
A介:みんな。カオルマギっていう女性を三回みると呪われるぞ。注意しろ‼
一同:はぁい。

ってワケ。
⇒カオルさん

61:沙々羅 ◆yxaw:2013/07/16(火) 18:04 ID:79w

【参加許可ありがとうございます!絡み文
投下します!絡んでくれたら嬉しいです】

…ふー。
(髪を撫でながら溜息をつきうえを見上げて
とぼとぼと歩き出し)
>ALL様

62:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 18:15 ID:eho

つっかれたぁ……
(と言い路地から出てきて
>沙々羅

63:沙々羅 ◆yxaw:2013/07/16(火) 18:22 ID:79w

…っ。
(そう言って後ろに下がるが敵ではなさそうなので
「魔法少女…?」と距離をたもちながら聞き)
>湊さん

64:知畝 ◆ENsg:2013/07/16(火) 18:26 ID:eho

ん?そうだけど……?
(とあいてから距離を取りつつ言い
>沙々羅

65:沙々羅 ◆yxaw:2013/07/16(火) 18:38 ID:79w

…疲れたって…何かしてきたの?
(後ろにさがる足をとめ相手の目をじーとみながら)
>湊さん

66: ◆GLWM:2013/07/19(金) 23:39 ID:7lI

名前 @笹風りと(sasakaze)
性別 @男
年齢 @17歳
性格 @基本的に無口でクールな少年。しいて言うなら男版ほむr((殴
一見冷たいように見えるが、内は意外に熱かったりする。
契約理由 @病気の姉を治してあげたいという思いから契約した。
能力 @自分の存在を瞬時に消せる。
ソウルジェムの色 @透き通った灰色。
恋愛許可 @勿論大丈夫です。
備考 @姉と自分の二人暮らし。魔法少年になったときの衣装はYシャツのようなものに灰色のベスト、
紫色のかぼちゃパンツに黒いタイツ、そして茶色い革靴。武器はライフルのようなもの。
一言 @「宜しく、お願いします…」

【是非入れて頂きたいです(*´Д`)】

67:秋山 ◆W3YQ:2013/07/20(土) 09:43 ID:0Gk

>>66様どうぞ! あげ落ちです】

68:笹風りと@kisimen0519:2013/07/20(土) 21:50 ID:ssE

@秋山さん

【ありがとうございます!これから宜しくお願いします;】

@ALL

僕の名前は笹風りと。
これから宜しく(そう冷たい声で言うと無表情で頭をペコリと下げる)

69:悠李 ◆ENsg:2013/07/20(土) 21:57 ID:eho

私は湊 悠李だよ、宜しくね…
(と此方も無関心なようでアクビをして
>りと

70:笹風りと ◆1LaQ:2013/07/21(日) 18:25 ID:h8Y

@悠李


…うん。宜しく頼むよ…
(変わらず無表情のままで相手の方も向かずに小さく言う)

71:秋山 ◆W3YQ:2013/07/21(日) 21:27 ID:0Gk

>>59
え、いいの?私貰っちゃうよ?
というより、私が誘ったんだし貴方が一回目貰うのが
義理ってもんじゃない?
(笑いかけて、相手の手の甲にポンと置いて
今後も、宜しく頼むわ(去り際にピースをし

>>60
全くよ!?私、人は殺してないわ!
というより、魔女しか殺してないわ!?
(モウッといい、膨れっ面で

>>61
え…?!
(自身のソウルジェムの反応を見て、相手を凝視し
ねぇ、貴方魔法少女?
(人混みのなかをトテトテと駆けてきて

>>68
ええ、此方こそ宜しくお願いするわ。
(相手の表情とは裏腹に屈託のない笑顔で返し

72:巴マミ ◆JHlI:2013/07/21(日) 21:28 ID:k3M

【全然来れなくてすいません!!
 絡み文投下です!!】

はぁ……(ため息をつきながらも魔女を探すためトボトボと歩いており

>ALL

73:秋山 ◆W3YQ:2013/07/21(日) 21:34 ID:0Gk

>>72様、いえ大丈夫ですよ!
そういう私もこれる日が少ないですし…】

>>72
うーん…(下を向いて歩いており
あっ!? す、すみません!?
(ボーッとしていた為か相手にぶつかり
あ、ヤベっ
(ソウルジェムを落としてしまい急いで拾って

74:巴マミ ◆JHlI:2013/07/21(日) 21:40 ID:k3M

いえいえ、大丈夫…よ(ぶつかった相手を見てはそう述べ、ソウルジェムを見れば僅かに驚いたように目を見開き、パッと微笑んでは「これからは気を付けてね」と言って

>秋山

75:秋山 ◆W3YQ:2013/07/21(日) 21:45 ID:0Gk

>>74
あ、ありがとうございます
(パッと頭を下げて、反省の意を述べて
え、えっとお名前お伺いしても宜しいでしょうか?
(同じ学校の制服な為余計緊張しており
【落ちます、お相手感謝!】

76:巴マミ ◆JHlI:2013/07/21(日) 21:49 ID:k3M

どういたしまして…えっと、マミ…巴マミ(ニコッと笑いながらそう言えば握手を求めようと片手を差し出して

【了解です、此方こそ御相手感謝】
>秋山

77:悠李 ◆ENsg:2013/07/21(日) 22:20 ID:eho

まぁ、そうだね…
(と言い自身のSGを浄化させ
>秋山さん

すいませ〜ん!
(と相手に声をかけて
>巴さん

78:笹風りと ◆GLWM:2013/07/22(月) 14:08 ID:Yng

>>71秋山さん

ああ…こんな僕だけど、力になれることがあったら言ってくれても構わないよ。

(少し照れたようにそっぽを向き頭を掻きながら言う)


>>72巴さん

…君、もしかして、巴マミさん?

(後ろ姿を見かけると珍しく自分から話掛ける)

79:笹風りと ◆94/o:2013/07/24(水) 00:22 ID:vIo

@おーるさま

【すみません、トリップ変えますね;】

80:秋山 ◆W3YQ:2013/07/24(水) 18:01 ID:0Gk

>>76
えっと、私は秋山薫です。よろしくお願いします。
先輩…ですよね?
(相手の握手に反応してサッと手をだし、握り

>>77
まぁ、そういうもんだよ。義理とか感謝は
(自分のソウルジェムを眺めつつ、顔を上げ
…魔法少女チームとかつくらない?魔法少女狩りが
本当ならば人数は多い方がいいでしょ?
(少し神妙な顔持ちになって

>>78
うん、よろしくね。じゃあ期待しちゃうからね!
(ニコニコ笑いつつ、手を出し握手を求め

81:杏子:2013/07/24(水) 18:24 ID:yQs

【参加許可、ありがとうございます!
 早速絡み文投下させて頂きます^^】

あーあ、暇だ……(たいやきを頬張り
>>all

82:知畝 ◆ENsg:2013/07/24(水) 18:50 ID:eho

確かに良いね、じゃあ何か見つけたら
携帯で教えてね
(といいメアドをメモしたものを渡し
>秋山さん


よっと…あ、
(と結界を出られたのを見られて
>杏子

83:知畝 ◆ENsg:2013/07/26(金) 21:22 ID:eho

あげますね

84:杏子 ◆ZRpE:2013/07/27(土) 22:37 ID:yQs

【すみませんトリップつけるの忘れてました】

>>知畝
あんた……魔法少女?
(むしゃむしゃ食べる手を止め、相手を睨み

85:知畝 ◆ENsg:2013/07/27(土) 22:38 ID:eho

なんでばれたかなー…
(と棒読みで言い
>杏子

86:杏子 ◆dOO2:2013/07/28(日) 13:48 ID:yQs

>>知畝
はぁ…また増えたのか……
(再びたい焼きの入った箱へ手を戻し

87:知畝 ◆ENsg:2013/07/28(日) 13:49 ID:eho

増えた……?その言葉から察するに
ベテランって訳か…
>杏子

88:知畝 ◆ENsg:2013/07/30(火) 11:04 ID:eho

あげますよ!

89:知畝 ◆ENsg:2013/07/31(水) 17:51 ID:eho

誰もこないですねぇ…
age←

90:参加希望 ◆MqBc:2013/08/01(木) 01:20 ID:HcY

名前:鎌崎霧斗【カマサキ キリト】
性別:男
年齢:17歳
性格:初対面の人と話すのが苦手で少しだけ心配性、変身がトリガーで戦闘中には人が変わったように好戦的になる。
契約理由:両親の離婚がきっかけで妹に心配をさせたくなかったから
能力:闇を操ると同時に闇に溶け込むことができる
ソウルジェムの色:エメラルド色
恋愛許可:構いませんよ
備考:妹、母親でマンションに住んでいる。魔法少年に変身時は黒ロングコートを中心として暗闇に溶け込めるような服装。首に剣を模したネックレス。武器は大鎌


【参加希望です。知識あんまりないどころかほぼ無知です、ハイ。】

91:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 01:22 ID:k3M

【お久しぶりですー!!】

>>90
 今は主がいないので、仮参加でよろしいと思います
 見た感じ不備はなさそうなので】

92:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 01:35 ID:HcY

【では失礼して仮参加ということで絡み文落としますね。】

…暇だな。
(ガムを噛みながら呟き)
>ALL

93:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 01:41 ID:k3M

眠……(ふぁ、と欠伸をし、キョロキョロとしながらフラフラと歩いており

>霧斗

94:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 01:48 ID:HcY

……?
(ふと周りを見渡すと一人の人物に目が止まり足を止める)

>巴マミ

95:巴 マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 01:55 ID:k3M

ん……?(相手の存在に気付き、相手を見れば僅かに微笑み、軽くお辞儀をしながら「どうも…」と述べて

>霧斗

96:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 02:03 ID:HcY

…!
(相手がお辞儀をするのを見ると反射的にこちらもお辞儀をして)
……巴マミさん…ですか?
(どこかで見覚えがあるなーと少し考えたあとにそう問いかけ)
>巴マミ

97:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 02:09 ID:k3M

正解…!(相手の発言を聞けばクスッと笑いながらこくり、と頷き、見慣れない顔だったのか「えっと…君、名前は?」と、問いかけ

>霧斗

98:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 02:22 ID:HcY

…自分は鎌崎霧斗っていいます。
(名前を聞かれると少しだけ間を空けてから名乗る)
……それにしても何かないものですか……おっと…
(ポケットからソウルジェムが落ちかけて奥に押し込みながら)

>巴マミ

99:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 02:29 ID:k3M

ん、よろしくね(ニコッと微笑めば、握手をしようと片手を差し出して
……んー、さぁ…?(飴玉ポケットから出せば「いる…?」と相手に一つ差し出し、ソウルジェムを見れば、僅かに驚きながらもすぐに微笑んで

>霧斗

100:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 02:41 ID:HcY

はい、よろしくお願いします。
(こちらも握手をするために片手を差し出す)
…まあ…せっかくのんびりできるんですから、まったり過ごしますか…あ、いただきます。
(あははと笑うと相手に差し出された飴玉を受け取り)

>巴マミ

101:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 02:47 ID:k3M

そういえば、久しぶりに見たよ…(クスッと笑いながら握手を見れば「君みたいな男の子」と言って
そうだねーっ…!(ニコッと笑いながらのほほん、としつつ飴玉を口に含み、相手を見れば「何か趣味でもある…?」と、問い掛けて

>霧斗

102:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 02:56 ID:HcY

…?どういう意味ですか?
(相手の言葉の意味がわからないようで首をかしげ)
趣味……ゲームとか…かな。
(特にはまっていることも無くてよくやっていることを言い、飴玉を口に含む)

>巴マミ

103:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 03:04 ID:k3M

違う、多分初めてか…(勝手に一人でブツブツ言っており、相手の発言を聞けば「……魔法…少年…?」と、僅かに間をあけてうつむきがちで言って
そうなんだ…(クスッと笑えば「皆そうゆうの好きだよね…まぁ私もだけど」と、述べて

>霧斗

104:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 03:11 ID:HcY

……そんなに珍しいですか?男で契約を交わしていることが…
(相手の発言を聞き取り、キョトンとしながら)
そうなんですか。……自分は特にホラーものが好きです。
(自分も好きだという発言を聞くとノリに任せてジャンルも答えて)

>巴マミ

105:巴 マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 03:18 ID:k3M

あまり見たことないかな…?(キョトン、としつつも「まぁ性別なんてそんなに気にしなくていいんだけどね…」と述べて
そうなんだ…!(目を輝かせながら何故か拍手をしており、相手を見れば「怖いけどいいよね…」と言って

>霧斗

106:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 03:21 ID:k3M

【眠気がヤバイので落ちさせていただきます
 遅くにお相手感謝です!!】

107:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 03:32 ID:HcY

そうですね……性別なんていちいち気にしてられないです。
(あははと笑いながら言う、本人も全く気にしてないようで)
おー…分かってますね、突然の恐怖に襲われる…それが逆にクセになりますねぇ…
(変わらず笑顔で話していたものの、途中から若干裏の性格が、表情がうっすらと表れ)

>巴マミ

108:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 03:34 ID:HcY

【お相手ありがとうございました!】

109:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 09:21 ID:eho

【お久しぶりです!】
>>巴マミ本体さま


【絡み文投下!】

………………
(と高い鉄塔の上で町を見下ろしていて
>all

110:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 15:39 ID:HcY

……?なんだ……?
(何となく空を見上げたときに人影が見えたような気がして目を細めてジーっと見る)
>知畝

【仮参加中ですがよろしければ…】

111:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 16:45 ID:eho

あれは……?
(と鉄塔が100mあるため魔法少年か一般人か判別できず
>霧斗

112:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 20:06 ID:HcY

…遠くて確認できないなぁ…
(とりあえず何しているのか気になり近づいていく)
>知畝

113:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 20:10 ID:k3M

気にしたら負けよ…(クスクス笑いながらそう述べて
……そうだね(ニパッと微笑み、相手を見れば相手の頭を何故か撫で始めて

>霧斗

【お久しぶりですー!!】
>知畝本体様

114:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 20:37 ID:HcY

…気にする余裕もないですよ。
(戦闘経験があるようで苦笑いして)

……!…マミさん…?
(急に頭を撫でられて驚き)

>巴マミ

115:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 20:40 ID:k3M

……そうだね(ぎこちない笑顔を浮かべつつ、相手を見ては「戦闘……好き…?」と、問い掛けて
あ、ごめんっ…!(ハッとしては、オロオロしつつ相手の頭から手を離そうとして

>霧斗

116:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 21:04 ID:HcY

どうですかね…どっちかというと好き…かな。
(『戦闘中の記憶は薄れちゃって…』と微妙な表情で)
……いや、別にいいんですけどね…
(若干照れながらいつもどおりの笑顔に戻り)

>巴マミ

117:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 21:08 ID:k3M

そっか……(僅かに寂しそうな表情をするも、相手の発言を聞けば「そっか…大変だね」と言い、「寂しくないの…?」と、問い掛けて
ならよかった(相手を見れば、ホッとしつつもニコッと微笑み

>霧斗

118:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 21:24 ID:HcY

…寂しい…?どうして…?
(相手の問いかけに疑問を抱き)

でも少し…恥ずかしいというか何というか…
(どうも慣れてないようで)

>巴マミ

119:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 21:30 ID:k3M

……一人だから(僅かにうつ向きながらそう述べれば、「なんか変なこと言ってゴメンね…?」と、僅かに苦笑しつつそう述べ
じゃあ恥ずかしくなくなるために慣れよう!(と、いきなり言い出せば相手の頭をまた撫で出して←

>霧斗

120:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 21:33 ID:eho

近づいてくる……?
>霧斗

【絡み文投下!】
はぁ…暑い…
(といいながらベンチに座っており
私服姿で帽子を深く被っているので顔が見えず
>all

121:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 21:39 ID:HcY

ああ…そういう事ですか。
…そりゃまあ寂しくないと言えば嘘になりますね…でも、贅沢は言ってられない…というか言いたくない。
(若干追い詰められてるような言い方になってしまい、相手の言葉を聞くと『いいんですよ、本当に…』とどうやらテンションが下がっているようで)

…慣れるって…ちょっと…?!
(またいきなり頭を撫でられて驚くも抵抗する気はなくて『いつもこんなかんじなんですか?』と照れながら聞いて)

>巴マミ


【風呂落ち、また戻ってきます。】

122:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 21:44 ID:k3M

暑い…(アイス片手にベンチに座れば、相手に気付いて「暑くない…?」と声をかけて

>知畝


強いね…(ニコッと笑いながら「私は…あまりそうやって考えられないから…」と言い、テンションが下がっている相手を見ては、髪を乱すようにワシャワシャと撫でて

んー…いつもはもっと落ち着いている…かな?(相手を撫でたままクスッと笑い、「ほら、何事にも慣れが必要って言うでしょ…?」と、いきなり言い出して

>霧斗

【すいません、風呂落ちです……】

123:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 21:51 ID:eho

いえ、大丈夫です…
(と言いその後、「…あなた魔法少女ですね…?」といい
>巴さん

124:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 22:06 ID:k3M

【携帯から書き込みしまする←】

ん、当たり…!(僅かに驚くも、すぐにニコッと笑い「貴方も…だよね…?」と、問い掛けて

>知畝

125:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 22:11 ID:eho

はい、そうですよ……?
>巴さん

126:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 22:24 ID:HcY

…人か……何してたんだろう…
(無表情でそのまま近づいていき)
>知畝

んー…考え方が定着してるだけだと思うなぁ…
(だんだん気にしなくなってきたようでいつもの調子に戻り)

そりゃあ慣れも必要ですけど……まぁ、貴方みたいにフレンドリーな人と話せるだけでモチベーションが上がるからいいんですけど…
(そう言いつつもすでに慣れたらしく笑顔を浮かべながら)
>巴マミ

127:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 22:25 ID:k3M

……そっか…(ニコッと笑えば、「最近多いなぁ……」と呟き

>知畝

128:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 22:28 ID:eho

いえ…最近は減ってますよ…
>巴さん

男………?
>霧斗

129:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 22:32 ID:k3M

そうなの……?(キョトン、としつつ首をかしげればそう述べて

え、フレンドリーかな…?(本人は無自覚のようで、キョトン、としつつも相手の笑顔を見れば此方もニパッと笑い

>霧斗

そうなの…?(首をかしげながら「それにしては最近よく会うよ…?」と、首をかしげながらそう述べて

>知畝

130:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 22:35 ID:eho

あれは幻影ですね…
私の能力は相手の魔力を察知して魔法少女か一般人か
見分ける魔法なのでよく分かります…
最近近辺で魔法少女が魔法少女を襲う事件が多発していて、
それで、いま私は調査してるんです…
>巴さん

131:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 22:42 ID:k3M

そうなの……(相手の発言を聞けば僅かに考えるような仕草をして。「どうしてそんなこと…」と、驚いた表情をしつつそう述べて

>知畝

132:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 22:44 ID:eho

色んな事でも思い付けるよ…
例えば魔法少女が多くなったのをきっかけに、
GSの取り分が少なくなるから殺した…とかね…
>巴さん

133:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 22:51 ID:k3M

なっ……!(相手の発言を聞けば、顔を真っ青にしつつ驚いた表情をして、「嘘、でしょ……」と、呟いて

>知畝

134:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 22:55 ID:eho

よくあることだよ…
そう言えば、この間魔力が高い子とあったよ…
>巴さん

135:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 22:58 ID:HcY

…どうも初めまして…ところで何を見てたんですか?
(相手との距離が近くなった所で笑顔で問いかける)
>知畝

そうです…普段の生活も結構苦しくて…
(苦笑いをして)

自覚してないんですね…会ったことないですよ。マミさんみたいにフレンドリーな人に。
(相手が自覚してないことに気づくがまぁいいやという雰囲気で)
>巴マミ

136:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 23:04 ID:eho

どうも……私は…あれを…
(と前を指すとそこには何かの映像が空に浮かんでおり
>霧斗

137:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 23:05 ID:k3M

名前は……?(キョトン、としつつも僅かに興味を持っているようで相手に問いかけて

>知畝

そう、なんだ……(僅かにうつむきながらも相手の頭を撫でて

え、そ、そうなんだ……(僅かに驚いたような表情をしつつ、嬉しそうに微笑み、「でも、君みたいに優しい魔法少年に会ったのは初めてだよ…」と、小声で述べて

>霧斗

138:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 23:07 ID:eho

知畝……港 知畝
>巴さん

139:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 23:11 ID:k3M

ん……(相手の頭を撫でつつ、「……大丈夫かな…」と、何処かを見つつ呟き

>知畝

140:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 23:13 ID:eho

【あ、間違えた!>>138のTAKE2】

確か…杏子…
>巴さん

141:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 23:18 ID:HcY

……?あれは?
(相手が指差した方を見て何の映像なのか問いかけ)
>知畝

…まあ慣れたら慣れたで気にもならないですけどね。
(相手がうつむいてるのを見て笑顔でそう言う)

…ありがとう。
(相手の言葉を聞くと笑顔でお礼を言う)
>巴マミ

142:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 23:21 ID:eho

分からない…何回打っても何も起こらないし
>霧斗

143:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 23:26 ID:k3M

杏子……(名前を聞けば、僅かにうつむきながら呟き

>知畝

ん……(僅かに寂しそうな表情をしつつ相手を見ては何故かしゅんとして

いえいえ……(クスッと笑いつつ「誰でも笑顔が一番っ……!」といきなり言って

>霧斗

144:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 23:28 ID:eho

どうしたんです?
>巴さん

145:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 23:33 ID:k3M

……へ…?(相手の発言を聞けばハッとして、「ううん、何もないよ…」と、ぎこちなく笑いつつ述べて

>知畝

146:知畝 ◆ENsg:2013/08/01(木) 23:35 ID:eho

なら良いですが…
>巴さん
【三つのスレを行き来するのは疲れるとで
一時ここを抜けますね!】

147:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 23:42 ID:k3M

なんかごめんね…?(僅かにしゅんとしつつそう述べれば、相手の頭を撫でて

【了解です】

>知畝

148:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/01(木) 23:48 ID:HcY

……ん〜…まぁ、そのうち何か進展があるんじゃないかな…?
(眺めながら)
>知畝

慣れって怖いですよねー……マミさん…?
(相手の様子が少し違うのに気づいて声をかける)

…それもそうですね。
(笑顔で返答してポケットから携帯電話を取り出してメール確認)
>巴マミ

149:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/01(木) 23:55 ID:k3M

…あ、ごめん…(ハッとすれば、焦りながらもぎこちなく微笑み

あの子も笑ってるかな…(相手から視線をそらせば僅かに呟いて

>霧斗

150:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/02(金) 00:06 ID:HcY

……何か…込み入った事情があるみたいですね…?
(相手の様子を見て首をかしげ、そう呟く)

……あの子……?
(携帯電話をしまって相手の呟きを聞くと無意識に問いかけ)
>巴マミ

151:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/02(金) 00:14 ID:k3M

そんな大したことじゃないから…気にしないで…(僅かに焦りながら笑いつつ、そう述べれば「ね…?」と言って

…え、あ、うん、何でもない、の…(ハッとして、僅かに相手から目をそらせば途切れ途切れで焦りつつ述べて

>霧斗

152:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/02(金) 00:30 ID:HcY

…そう言うのなら気にしませんが…
(気にするなと言われて気にしないようにして)

……まぁ…言いたくない、とか思うことを聞くような真似はしないです…
(相手の様子を見てそう呟く)

>巴マミ

153:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/02(金) 00:38 ID:k3M

うん、なんかごめん…(僅かにうつむきながら悲しそうに笑って

ごめんね……優しいんだね…(相手を見れば、僅かにクスッと笑って

>霧斗

154:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/02(金) 01:02 ID:HcY

……マミさんが謝る必要はないですよ。詮索するような発言をした自分が悪いんですから…
(相手の様子を見てそう言う)

誰にだって言いたくないこととかありますから…
(少々気持ちが沈んでいるようでぎこちなく微笑み)

>巴マミ

155:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/02(金) 01:11 ID:k3M

いや、私が悪い…(「変なこと勝手に言ったのは私だし…」と、慌てながらもそう述べて

そっか……(僅かにニコッと微笑み、相手を見れば相手の頭を軽く撫でて

>霧斗

156:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/02(金) 15:31 ID:HcY

…あー…もう止めよう…この話。誰が悪いかなんて無いですよ…
(気が滅入ってきたようで誰が悪いかなんて話もうやめようと)

……ところでいつまで撫でてるんですかね…?
(とは言うがとくに気にしている様子は無く)

>巴マミ

157:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/02(金) 18:42 ID:k3M

そうだね……(相手の発言を聞けば僅かに驚きながらもクスッと笑って

んー…(ニコッと笑い乍「なんか撫でてると私が落ち着くの…」と、急に言い出して

>霧斗

158:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/02(金) 19:37 ID:HcY

それじゃこの話は終わりっと……
(話の流れを切ると話題が浮かんでこないらしく何かないか考えて)

……何か分かるような気もするけど…
(なにか違和感を感じるが「まぁいいか。」と割り切り)

>巴マミ

159:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/02(金) 19:39 ID:k3M

なんかないかなぁ……(話題を探していれば、眠たくなったのか手でおさえながら欠伸をして

でしょ…?(クスクスと笑いながらも相手から手を離せば「楽しかったー…」と、述べて

>霧斗

160:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/02(金) 20:50 ID:HcY

……さすがに…こう何もないと暇だなぁ…
(とりあえず何かないかと考えるがやはり何も浮かばず空を見上げる)

……そりゃまあ…妹がいるもんですからね…
(そう言ったあとに相手の発言を聞くと「楽しかった…って…」と呟き)

>巴マミ

161:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/02(金) 21:01 ID:k3M

んー…そうだね…(ボーッとしながら述べ、近くにあった椅子に座り、持たれかかればウトウトとし始め

そうにの……?(キョトン、としつつも僅かに首をかしげ、「結構楽しいもんだよ…?」と、ニコッと笑いながら述べて

>霧斗

162:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/02(金) 22:13 ID:HcY

……お昼寝でもします?
(相手が椅子に座ってウトウトしてるのを見てそう言い)

…んー…あんまり考えたことなかったなぁ…
(色々と考えながら呟き)

>巴マミ

163:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/02(金) 22:37 ID:k3M

んー…でも、そう間に…(何かを言おうとすれば、限界が来たのか相手の服の裾を僅かに掴んで目を閉じ、寝て

そっか……(相手の発言を聞けば、キョトン、としつつもクスクスと笑い

>霧斗

164:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/02(金) 23:16 ID:HcY

……仕方ないですね…
(自分の袖を掴んだまま相手が寝てしまい、相手を起こすのも気が引けるため隣に座る)

……よく考えてみると普段から周り見る余裕とかがないなぁ…
(苦笑いを浮かべて)

>巴マミ

165:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/02(金) 23:46 ID:k3M

んん……(僅かにピクリ、と肩を動かせるものの、袖を掴んだまま微かに微笑みながら寝ており

そ、うなの……?(キョトン、としつつ僅かに驚きながらも「ちゃんと見ないと何も変わらないよっ…」と述べて

>霧斗

166:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/03(土) 00:11 ID:HcY

……もう少し小さい頃…妹もこんな感じで寝てたっけな……
(そっと相手の寝顔を見て思い出に浸り微笑む)

…そうですね……見えてないってことに気づけたんだし、変えますよ。
(若干俯き気味だったが「きっと変えれるはず。」と思い切って口に出してみる)

>巴マミ

167:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/03(土) 00:27 ID:k3M

んぅ……(キョトン、としたり、ニパッと微笑んだりしつつ規則正しい寝息を立てつつ寝ており

うん、その意気込み的なのが大事…(相手の発言を聞けば、「頑張って…」と、述べつつニコッと微笑んで

>霧斗

168:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/03(土) 01:12 ID:HcY

………
(しばらくして相手の寝顔を見るのを止めて、ただボーッとする)

…まあ…やることは普段とあんまり変わらないけど……その中で意識を変える。
(相手の微笑みを見て、言葉を聞くとそう言って)

>巴マミ

169:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/03(土) 01:18 ID:k3M

ん……(寝息を立てながら寝ていれば、僅かにずるずると椅子からずり落ちていき

うん、少しでもそうやって意識していくのって大切だよね…(僅かに考えるような表情をしてはニパッと微笑んで、「私もこれからもっと意識しよ…」と呟いて

>霧斗

170:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/03(土) 01:40 ID:HcY

…!……おっと…
(ふと相手が椅子から落ちそうになっているのに気がつくとそっと支えて)

…目標もできて気が少し楽になった。…マミさんと話せて良かったよ。
(普段通りに笑うと笑顔でそう言う)

>巴マミ


【落ちます、お相手感謝です。】

171:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/03(土) 01:45 ID:k3M

っ……(僅かに表情を強ばらせるが、相手に支えられたことが分かったのか微かに微笑んで

え…?私と話せて良かったの…?(相手の話を聞けば、僅かに驚いた表情をしつつもキョトンとして

【了解です、御相手感謝です】

>霧斗

172:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/03(土) 11:00 ID:HcY

……起こして…ないよね…?
(相手の表情の変化を見てそう小さく呟き)

……誰かとゆっくり話すことも少ないから、なんだか楽しかったし。
(嬉しそうに笑みを浮かべて)

>巴マミ

173:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/07(水) 19:45 ID:k3M

んぅっ……(僅かにピクリ、と肩を動かせつつも僅かに微笑みながら寝息をたてて寝ていて

そっか…私も、久しぶりにゆっくりと話せてよかった…(うつむけば僅かに悲しそうな表情をするも、顔をあげればニパッと微笑んで

【遅くなってすいません!!】

>霧斗

174:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/08(木) 15:22 ID:MBQ

……起こしてない……っと…
(相手を起こしてないということを確認するとホッと一息ついて)

……ところでお腹すいてない?
(思い出したようにそう聞くと「なにか食べたいものがあればおごるよ?」と言い)

>巴マミ

175:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/11(日) 01:45 ID:IuU

っ…(僅かに目を開ければ、ウトウトとしつつも僅かにキョロキョロとしており

えっ……いいの?(相手の発言を聞けば、僅かに嬉しそうに目を輝かせるが、ハッとしては遠慮気味に問い掛けて

>霧斗

176:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/11(日) 17:21 ID:MBQ

……よく眠れたかな?
(相手の目が覚めたかと思うとそう声をかけて)

遠慮しなくていいよ、少しくらい高くたって構わないからさ。
(普段通り微笑みながらそう言い)

>巴マミ

177:スレ主:2013/08/11(日) 18:09 ID:.O6

[合宿や夏期講習で中々これませんでした…
参加希望の方はどうぞ参加してください!]

178:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/11(日) 18:14 ID:IuU

うん……(こくり、と頷きつつも僅かに寝ぼけながら目をゴシゴシと擦って

んー…紅茶とお菓子…(目を泳がせつつ考えながらも、思い付いたように表情を明るくさせつつそう述べて

>霧斗

【わー!?お疲れ様です!!】
>スレ主様

179:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/11(日) 21:25 ID:MBQ

【正式参加許可ありがとうございます。あとお疲れ様です。】
>スレ主様

…そっか。
(そう言いながら微笑んで)

…紅茶とお菓子……どこのお店がいいかな…?
(相手の要求を聞くといい店がないか考えて)

>巴マミ

180:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/11(日) 21:27 ID:IuU

なんか迷惑かけた……?(キョトン、としつつ首をこてん、とかしげながら問い掛けて

何処がいいんだろう…(いつもは家で食べたりしているためあまり詳しくなく、キョトンとしつつそう述べて

>霧斗

181:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/11(日) 21:59 ID:MBQ

…いや、迷惑なんてかかってないよ?
(首をかしげる相手に微笑みながら)

…えーっと……ちょっと待ってね…
(そう言うとポケットから携帯電話を取り出して、近くに何か良い店はないか探し始めて)

>巴マミ

182:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/11(日) 22:19 ID:IuU

そう…ならよかった(僅かにホッとしつつもそう述べれば、ニパッと微笑んで

や、やっぱりいいよ…?(相手の服の裾を掴んで引っ張れば、遠慮気味にそう述べて

>霧斗

183:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/11(日) 22:53 ID:MBQ

……
(相手が微笑むのを見るとこちらもニコッと微笑み)

…ん?…どうして?
(相手に服を引かれて遠慮されると首をかしげて)

>巴マミ

184:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/11(日) 22:57 ID:IuU

魔女達…出なかった…?(ハッとしてな恐る恐る問い掛けて

いや、だって…(僅かに慌てつつ「迷惑かけてるじゃない…」と、うつむきながら述べて

>霧斗

185:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/11(日) 23:31 ID:MBQ

…出てないよ、もし出てたら起こしてるよ。
(相手の問いかけに少し苦笑いを浮かべてこたえ)

…俺は迷惑だなんて思ってないからね?
(一瞬キョトンとするもすぐ微笑み、そう言う)

>巴マミ

186:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/12(月) 03:24 ID:IuU

そっか、そうだよね……(相手の発言を聞けば僅かに苦笑しつつ何故かうつむいて

でも…(僅かにオロオロとし、「わざわざ店まで探してもらっちゃってるし…」と、僅かにうつむきながら述べ、相手の表情を見れば僅かにホッとして

>霧斗

187:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/12(月) 10:44 ID:MBQ

……狩る?
(相手がうつむいているのを見るとそう一言呟いて)

外食するときなんて大体こんなもんだからね…
(そう言い微笑むと近くに店を見つけたようで)

>巴マミ

188:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/14(水) 18:58 ID:IuU

……へ…?ごめん、何か言った?(ボーッとしていたようで相手の話を聞いていなく、ハッとしては申し訳なさそうな表情をしつつ相手を見て

そう、なの…?(僅かに慌てるが、相手の発言を聞けば微かにキョトン、として、相手が微笑めば、つられるように此方も微笑んで

>霧斗

189:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/14(水) 23:06 ID:MBQ

…あはは、いや何でもないよ。
(一瞬だけ殺意の隠れた表情をしていたものの笑いながらそう言い)

そうだね。調べる前にそう決めちゃうから…どこで食べるかは後で調べるんだよね…
(そう言うと携帯電話の画面を相手に向ける、すぐ近くにあるオシャレな店の写真が画面に写されており)

>巴マミ

190:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/21(水) 21:07 ID:qRg

【上げておきますね】

191:巴 マミ ◆TFmQ:2013/08/22(木) 19:13 ID:IuU

【暫くの間来れなくてすいません!!
 自宅の方が巻き込まれていまして…
 レス蹴りします、すいません!!そして絡み文投下します】

はぁ…(ため息をつきつつ近くにあった椅子に座れば、表情を暗くしつつ僅かにうつむいており

192:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/22(木) 20:37 ID:qRg

……お?
(特に意味もなくうろうろしていると相手を見かけて近づいていき)
こんなところでどうした?マミさん。
(相手の様子を見るなりそう問いかけて)
>巴マミ

193:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/22(木) 20:42 ID:IuU

っ…!なんだ、霧斗か…(相手の声を聞けば僅かにビクリ、と肩を震わせるが、相手が分かれば僅かにホッとしたような表情をし、「本当、私って駄目だなぁ…」と、呟いて

>霧斗

194:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/22(木) 20:55 ID:qRg

…?…んー…どうした?マミさんらしくないな。
(相手の発言を聞くと首をかしげてキョトンとして)
>巴マミ

195:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/22(木) 20:59 ID:IuU

私、人を助けることばかり考えてて…魔女、倒せなかったの…(うつむきながら「助けれたんだけど、一緒にいた人巻き込んじゃったし…」と述べて

>霧斗

196:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/22(木) 21:19 ID:qRg

……ふむ…まあ、誰だってうまくいかない時くらいあるよ。
(うつむく相手を見てそう言い)

じゃあ二人で行けばいいんじゃない?
(微笑みながら)

>巴マミ

197:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/22(木) 21:21 ID:IuU

でも…(僅かに顔を上げれば、泣きそうな表情をしつつ「出来るだけ巻き込みたくないの…」と述べて

え……?(相手の発言に驚きながら「でも、迷惑かけるし…」と、僅かに慌てながら述べて

>霧斗

198:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/22(木) 22:00 ID:qRg

…分かるよ、それ……けど場所とか状況によっては不可能に限りなく近い場合もあるしね…
(相手の言葉に同意すると苦笑いをしながら)

…迷惑とかそんなの俺には関係ないって。
(アハハと笑いながら「魔女いたら呼んでね。」と)

>巴マミ

199:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/22(木) 22:04 ID:IuU

うん…分かってる…(僅かにこくり、と頷きつつそう述べて

え…?(相手の発言を聞けば僅かに首をかしげ、「あ、うん…」と、頷きながら述べ

>霧斗

200:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/22(木) 22:42 ID:qRg

…巻き込むどころか……助けられなかったこともあったな…
(近くの椅子に座るとため息をついて)

…まあ…なんの見返りも無しに言ってるわけじゃないんだけどね…
(一旦落ち着いてそう呟き)

>巴マミ

201:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/22(木) 22:44 ID:IuU

そう、なんだ…(相手の発言に僅かに戸惑いつつもそう述べて

何が欲しいの…?(キョトン、としつつ僅かに首をかしげれば、そう述べて

>霧斗

202:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/22(木) 22:59 ID:qRg

んー…ちょっとヘマってね…今度見つけたら確実に斬り潰す…
(抑えてはいるが黒笑を浮かべて)

そうだな…グリーフシード、それか家の近くに結界があるからそれを潰すの手伝ってもらいたい…かな。
(ほかのことは別に考えてないようでそう言うと笑みを浮かべて)

>巴マミ

203:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/22(木) 23:02 ID:IuU

そっか……(相手の黒笑を見れば僅かに肩をビクッ、と震わせつつ苦笑してそう述べて

グリーフシード…ならあるけど…(僅かに考えるような表情をすれば、キョトン、としつつそう述べて

>霧斗

204:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/22(木) 23:22 ID:qRg

…おっと……いかんいかん…
(ハッと我に返って)

……んー…まだ戦えるかな…
(相手の言葉を聞くと自分のソウルジェムを取り出して見て)

>巴マミ

205:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/22(木) 23:29 ID:IuU

良かった…(相手が我に返れば、僅かにホッとしつつ微かに微笑んで

二回くらいならこれ、いけるよ…(と言いつつ相手の前にグリーフシードを差し出して

>霧斗

206:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/23(金) 00:07 ID:qRg

…なんだか…最近多いなぁ……
(とりあえず深呼吸してポケットから飴を取り出すと口に含み)

…魔女狩ってグリーフシード手に入れたらちゃんと返す…でいいかな?
(相手がグリーフシードを差し出すのを見てそう言い)

>巴マミ

207:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/23(金) 17:56 ID:IuU

……?何が…?(キョトン、としつつ僅かに首をかしげつつ相手が口に含んだ飴をじーっと見ていて

そのまま貰っていってもいいよ…?(微かに笑いつつそう述べ、何かを考える仕草をしつつ「まぁ、好きにして」と述べて

【遅レスですいません!】

>霧斗

208:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/23(金) 20:49 ID:qRg

…んー…なんか意識が薄れたりすることが…
(そう言ってポケットからもう一つ飴を取り出すと差し出して「いる?」と聞いて)

いや、貰った分はちゃんと返す。
(差し出されたグリーフシードを手に取ると「ありがとう。」と言って微笑み)

>巴マミ

209:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/23(金) 22:06 ID:IuU

そうなの…!?(驚いたような表情をしつつそう述べれば、「大丈夫なの…?」と、相手に問い掛けて。いる?、と言われればこくり、と頷きつつ「いる…」と、述べて

そっか…(相手の発言を聞けば僅かにクスッと笑い、相手を見ては「どういたしまして…」と、述べて

>霧斗

210:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/23(金) 23:08 ID:qRg

大丈夫だと思うけどねー…
(曖昧な返事を笑いながら返すと飴を相手に差し出して「はい、どうぞ。」と)

……ところでマミさんが戦ってた場所はどのあたりかな…?
(ふと思いついたようにそう問いかけて)

>巴マミ

211:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/23(金) 23:48 ID:IuU

そう…?ならいいけど…(相手を見詰めては不安そうな表情をして。相手から飴を貰えば、「ありがとう…」と言いつつ僅かに微笑んで

あそこの、五階建てのマンションの近く…(薄茶色のビルを指差しつつ僅かに震えながらそう述べて

>霧斗

212:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/24(土) 00:11 ID:qRg

…特になにもなければそれでいいんだけどさ。
(そう言いながらも少しだけ困ったような表情を浮かべて)

……あの場所か…まだいるのか…?
(相手が場所を指差すとその方向をみてメモを取り)

>巴マミ

213:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/24(土) 00:14 ID:IuU

ん…?(キョトン、としつつ僅かに首をかしげながら相手を見て

多分、まだいると思う…(こくり、と頷きながらそう言えば、僅かにうつむいていて

>霧斗

214:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/24(土) 00:33 ID:qRg

…俺、会話の途中でなにか変なこととか言ってない?
(少し苦笑いを浮かべながらそう聞いて)

そうか…なら逃げられる前に狩っちまうか…
(メモをしまうと魔女のいる場所へと歩き始めて)

>巴マミ

215:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/24(土) 00:39 ID:IuU

多分…言ってない?(キョトン、としつつ思い出そうとするが、あまり思い出せなかったのか疑問系になりつつそう述べて

え、あ、うん…(ハッとしては僅かに慌ててつつ相手についていくように歩き始めて

>霧斗

216:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/24(土) 00:55 ID:qRg

そうか…それなら良かった。
(言ってないという言葉を聞くと安心して)

さて…と…どう戦うかなー…
(歩きながらすでに魔女とどう戦うかを考え始めて)

>巴マミ

217:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/24(土) 00:58 ID:IuU

何か言ってたら悪いことでもあったの…?(相手を見れば僅かに首をかしげつつ問い掛けて

ん……(僅かにうつむきながら何かを考えていれば、何かにつまずいて相手の背中にぶつかって

>霧斗

218:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/24(土) 01:25 ID:qRg

…何ていうかさ…相手を傷つけるようなこと言ってたりしたら…って。
(苦笑いを浮かべながらそう言って)

…おっと……!?
(急に後ろから相手がぶつかると少し驚くと同時によろめいて)

>巴マミ

219:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/24(土) 01:33 ID:IuU

意外とそうゆうの、心配するのね…(相手の発言を聞けば僅かにクスッと笑って

っ…ごめん(ハッとしては僅かにうつむきながら謝罪し、次はぶつからないように相手と微妙な距離をとって

>霧斗

220:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/24(土) 13:21 ID:qRg

意外って…なんだよ?
(少しむっとしてそう言い)

いや…別にいいけど…
(相手の様子を見てはまた何か考えながら歩いて)

>巴マミ

【闇落ちすいません…】

221:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/24(土) 13:28 ID:IuU

印象が少し冷たい感じだったから…(ムッとする相手を見れば付け足すように「でも、今のを見たら優しい感じがする…」と述べて

ならよかった…(相手の発言を聞けば僅かにホッとして

【大丈夫ですよっ】
>霧斗

222:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/24(土) 15:12 ID:qRg

…あれ…そういう風に見られてたのか…
(そう見えるとは思ってなかったようで苦笑いをして)

…そろそろかな…
(目的地に近づくとそう一言呟いて)

>巴マミ

223:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/25(日) 00:23 ID:IuU

うん…(こくり、と頷きながらそう言えば、「私がそうやって勝手に見てただけだから、気にしない方がいいよ…」と述べて

うん…そうだね(表情を暗くさせつつそう言えば、僅かに手が震えていて

>霧斗

224:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/25(日) 01:43 ID:qRg

…んー…まあ、いいか。
(しばらく黙り込んだ後に笑顔でそう言って)

…さっさと狩るか……
(普段の明るさと比べると不気味なまでに低い声でそう一言呟いてふと相手の表情を見れば心配した様子で「大丈夫?」と聞いて)

>巴マミ

225:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/25(日) 01:48 ID:IuU

え、あ…うん(相手の低い声を聞けば僅かに驚いたような表情をして。曖昧に答えれば、震えている手を握りしめながら「大丈夫…」と述べて

>霧斗

226:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/25(日) 02:23 ID:qRg

……そうか…それならもう行こう。
(相手の大丈夫という言葉を聞くと目的地に着いたようでそのまま歩いて)

>巴マミ

227:巴マミ ◆TFmQ:2013/08/30(金) 23:04 ID:IuU

うん…(僅かに頷きながらそう述べれば、相手についていくように歩いて。「いつ来てもここは嫌な所だなぁ…」と、何かを考えつつ小声で呟いて

>霧斗

【遅レスになってしまいすいません…!!】

228:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/08/31(土) 17:17 ID:bn2

…確に…いい場所なんて言えないし…気味の悪い場所だな。
(何かを探すようにキョロキョロと周りを見渡して)

>巴マミ

229:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/09/26(木) 18:36 ID:msk

[上げます]

230:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/14(月) 18:54 ID:5SI



【全然来れなくてすいません…!!
 上げ&絡み文投下しておきますので良ければ絡んでやってください】

っ…ここ何処だっけ…ゲホッ(魔女との戦闘を終えて帰ってくるも息切れしつつ辺り見回し、風邪を引いているのかうっすらと頬赤く染めつつも咳き込みながらフラフラと歩いていて。

>ALL

231:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/14(月) 19:59 ID:msk

[お久しぶりです。]
……(ヘッドフォンをしながら歩いているとどうも顔色の優れない相手を見かけて「大丈夫?」と問いかけ
>巴マミ

232:参加希望です ◆rweA:2013/10/14(月) 20:03 ID:3is

名前:夜阪 美琴(よざか みこと)
性別:女
年齢:14歳
性格:おしとやかで常に敬語。ただし一度こうと決めたらそれを曲げようとしない。
俗に言うアニオタ。ボカロも好きらしい。
契約理由:好きなアニメのヒロインになりたい(とあるの御坂○琴さん)
能力:電気を操れる。あの必殺技(超電磁砲)も使える。
ソウルジェムの色:薄い緑
恋愛は・・・微妙?
備考:茶髪のセミショートに茶色の目。魔法小女時は黄色のショートドレスに緑のパンプス。
首に緑のマフラーを巻いている。
普通の時はだいたい赤のチェックのミニスカに黒いフード付きのパーカー。
武器は基本レイピア。

【参加希望です!】

233:主 ◆ENsg:2013/10/14(月) 20:26 ID:HEI

【okです!どうぞ!】
>>232

234:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/14(月) 20:47 ID:5SI


【お久しぶりです!!】

っ……へっ!?あ、うん、大丈夫…?(咳き込みながらもボーッとしていれば声掛けられ驚き、曖昧になりつつもそう述べれば僅かに目逸らして。

>霧斗

235:美琴 ◆rweA:2013/10/14(月) 20:48 ID:pTw

【ありがとうございます!絡み文投下しときますね!】

はあ・・・今回も手下かぁ・・・(グリーフシードを落とさずに消え去る敵を見て落胆
そろそろ無いと困るなあ・・
>ALL

236:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/14(月) 21:19 ID:msk

…そんな咳き込みながら曖昧に言われてもね…(相手をジッと見て
>巴マミ

……あれ…先を越されたかな…(音楽を聞きながら反応元に来てみたもののさきをこされ
>美琴

237:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/14(月) 21:23 ID:5SI



そんな落胆しないで……?(いつの間にか相手の隣に居れば落胆する相手見ては苦笑しつつも慰めるように優しく述べて。

>美琴

本当に大丈夫、だから……ゲホッケホ…(珍しく作り笑い浮かべつつもそう言えば僅かにフラ、とよろめきつつも悟られないようにまた歩き始めて。

>霧斗

238:美琴 ◆rweA:2013/10/14(月) 21:29 ID:Klk

ありがとうござ・・・・ってええ!?(いつの間にか隣に来ていた人影にビックリし
>マミさん

あ、倒しちゃいました〜手下でしたよ〜(ぱたぱたと力なく手を振り
>霧斗さん

239:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/14(月) 21:37 ID:msk

……ふぅん…?大丈夫なら大丈夫でいいけど…(やはり心配のようで相手を視界に入れ続け
>巴マミ

……ちっ…使い魔か…(先ほどとは違う低い声で呟き
>美琴

240:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/14(月) 21:40 ID:5SI



ん……?とうしたの…?(驚く相手見詰めてはキョトンとしつつこてんと首をかしげ、「私何かしたかな…」と、呟きつつも顎に手添えては考え始めて。

>美琴

えと……何か御免ね…?(相手見ては僅かに苦笑しながら述べ、順調に歩いているのも束の間、目眩がしてよろめいては倒れそうになって。

>霧斗

241:美琴 ◆rweA:2013/10/14(月) 21:42 ID:Klk

ですけど、魔女の手がかりを見つけたので一緒に行きませんか?
>霧斗さん

242:美琴 ◆rweA:2013/10/14(月) 21:43 ID:Klk

いや・・・いきなり人が来たらビックリしますよ〜
・・・あなた、巴・・・・マミさん?ですか?
>マミさん

243:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/14(月) 21:48 ID:msk

……おっとと…(倒れそうになる相手を見て慌てて肩を支える
>巴マミ

……お、マジか。是非是非。(魔女の居場所へ一緒に行こうと言われるとさっきより明るい感じでそう言って
>美琴

244:美琴 ◆rweA:2013/10/14(月) 21:52 ID:4.E

じゃ、すぐ近くみたいですし、行きましょうか!
>霧斗さん

245:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/14(月) 22:13 ID:msk

近くなのか……少しは楽しめるかな…(なにか考えながらそう言い
>美琴

246:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/14(月) 22:24 ID:5SI



えぇ、巴マミだけど……それがどうかしたの?(相手が自信の名前を知っていることに僅かに驚きつつもキョトンとしては相手を見つつ首かしげて。

>美琴

ごめ、ん……(先程より頬赤くしつつもケホ、と咳をすれば相手見ながら謝罪し、ぼやける視界に異変を感じれば目を擦って。

>霧斗

247:美琴 ◆rweA:2013/10/14(月) 22:25 ID:JNM

このビルの屋上ですね・・まあ、急ぎますよ!(壁にくっつき駆け上がる
>霧斗さん

248:美琴 ◆rweA:2013/10/14(月) 22:28 ID:JNM

ああ、前共闘したことのある、赤い槍使いの魔法少女さんがあなたの事教えてくれたんです!
「見滝原に行くなら頼りにしても良い」って!
>マミさん

249:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/15(火) 06:17 ID:msk

……本当に大丈夫か…?(相手の様子を確認するなり携帯を出して地図を確認して
>巴マミ

……はははッ…今回は魔女どんな奴かなァ…(地面を蹴れば黒い霧のようなものを纏い、目を赤く光らせながら空を飛んでビルの屋上へ
>美琴

250:美琴 ◆rweA:2013/10/15(火) 16:58 ID:Ri.

なかなかにぐろい奴だと良いかな〜と私は思います!(屋上に着き辺りを見回す
・・・ありました!
>霧斗さん

251:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/15(火) 19:07 ID:msk

……さて、と…楽しませてくれよ…?(人が変わったように黒笑みを浮かべながら大鎌を取り出して
>美琴

252:美琴 ◆rweA:2013/10/15(火) 19:11 ID:cFE

来ます!(ぱたぱたと風景が変わって魔女の結界へ
・・・大っきい・・・(無意識にレイピアを握りしめる
>霧斗さん

253:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/15(火) 19:26 ID:msk

……さあさあ…楽しませてくれよぉォッ!(相変わらず黒笑みを浮かべながらそう叫ぶと同時に特攻して
>美琴

254:美琴 ◆rweA:2013/10/15(火) 19:35 ID:hZY

援護します!(とってきた砂鉄の束で敵を縛り付ける
>霧斗さん

255:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/15(火) 19:48 ID:msk

…アハハハハ…ッ!!(凄まじい勢いで切りつけると勢いを維持したまま上へ、さらに落下と同時に回転をかけて切り刻む
>美琴

256:美琴 ◆rweA:2013/10/15(火) 20:03 ID:UJM

あ、一発ぶち込むんでよけて下さい!(ゲーセンのコインを取り出す
>霧斗さん

257:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/15(火) 20:10 ID:msk

……あ?いいぜ…構わずブチ込めんでこいよ…(避ける動作を見せずそのまま切り刻んで
>美琴

258:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 02:22 ID:5SI

赤い槍使い……杏子…?(相手の発言に考える表情すれば名前をポツリと呟き、僅かにクスッ、と笑いつつも「そっか…」と、述べて。

>美琴

…大丈、夫……(相手の発言に苦しそうに表情歪めつつそう述べ壁に持たれかかったまま両手で顔覆えば咳き込んでいて。

>霧斗

259:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 06:03 ID:msk

…え〜っと……マミさんの家は…近くにあるのか?(とりあえずここで話しているよりはやく休める場所に行かせようと
>巴マミ

260:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 06:55 ID:5SI



……へっ…?あ、うん、近くにあるよ…(手で顔覆いつつも目瞑って寝ようとしており、相手の発言聞けば肩ビクッと震わせつつ顔上げればこくり、と頷きつつそう述べて。

>霧斗

261:美琴 ◆rweA:2013/10/16(水) 07:20 ID:grI

当たっても知りませんよ!?(と言いながらもコインを構え、ピン、と上に放った後ものすごい速度で
コインを魔女に向け飛ばす
>霧斗さん

多分そうだと思います・・・本当に強かったですよあの人は・・・・(考え考えしながら
>マミさん

【急落ちすまないです】

262:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 07:31 ID:msk

…じゃあ家まで送るけど…しっかり休みなよ?(家は近いと聞くとそう発言して
>巴マミ

263:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 07:44 ID:5SI



確かに杏子は強いものね……(僅かに悲しそうに笑いつつもそう言えば「私より強いかも…」と、呟いて。

>美琴

えっと…大丈夫…だよ…?(相手の発言聞けば左右に首振りつつそう述べるがやはり咳き込んでおり、「魔女狩りしないといけないし…」と、うつ向きながら呟くように述べて。

>霧斗

264:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 07:47 ID:msk

…ちっ…思ったよりも早く終りそうだな…(コインが飛んでくるのを確認すると舌打ちをして黒い霧のようになって相手の隣まで移動して
>美琴

265:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 08:19 ID:msk

ん〜…魔女狩りは俺が引き受けるからさ、ゆっくり休みなよ。(相手の様子を見ながら心配して
>巴マミ

266:美琴 ◆rweA:2013/10/16(水) 09:30 ID:9Ns

・・・・どうかしました?(首をかしげながら
>マミさん

良いじゃないですか〜また探せば良いんですし(コインが直撃、魔女が霧散し結界が消える
>霧斗さん

267:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 09:59 ID:msk

…そうだな…(結界が消えると目の色が変わり、あくびをして「……終わった?」と戦闘中とは全然違う普段の性格に戻り
>美琴

268:美琴 ◆gV0Q:2013/10/16(水) 10:08 ID:Bsc

はい!(グリーフシードを拾いニッコリと笑う
・・・これどうします?
>霧斗さん

269:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 10:20 ID:msk

ん…?ああ…まだ予備があるからいいかな。それあげるよ。(相手が拾ったグリーフシードを見てはそう言い
>美琴

270:美琴 ◆gV0Q:2013/10/16(水) 10:45 ID:CXg

ありがとうございます!(ぺこりとお辞儀をし
いや〜実はちょっとだけやばかったんですよ〜
>霧斗さん

271:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 11:22 ID:msk

んー…まあ、別に…魔女倒すの手伝っただけだし…言ってくれれば予備も出したよ。(感謝されるようなことはしていないと言って
>美琴

272:美琴 ◆rweA:2013/10/16(水) 12:49 ID:JiM

いえ〜さっきのは人がいないと無理・・・・とは行きませんけど
きつかったはずですから!
>霧斗さん

273:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 14:30 ID:msk

そうか……俺はどうも魔女と戦う時に少し遊んで時間をかけるんだよな…(一応自覚はしてる
>美琴

274:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 14:42 ID:5SI



……いい、行く__っ…(驚いたような表情しつつも相手の発言に首を左右に振りつつそう述べるも、足の力が抜ければへた、と床に座り込んでしまって。

>霧斗

ううん、何もないよ……(杏子のことを考えつつも相手の発言にハッとすれば首左右に振りつつ薄笑み浮かべて。

>美琴

275:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 16:43 ID:msk

…いや、まず体調を整えないとな…?(床に座り込んでしまった相手に近づき「立てるか?」と問い
>巴マミ

276:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 17:01 ID:5SI



でも……その分貴方に迷惑かけちゃうし…(目そらしながらもうつ向けば悲しそうな表情しつつ述べ、相手の問いかけに立とうと試みるも完全に力が抜けてしまっており、首を左右に振って。

>霧斗

277:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 17:11 ID:msk

大丈夫、迷惑だなんて思わないし…慣れてるから。(相手が自力で立てそうにないと判断すると「やっぱり家まで送ってくよ。」と手を差し伸べる
>巴マミ

278:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 17:14 ID:5SI



慣れててもッ……(相手の発言に己の手握って拳作りつつ「もし、もし死んでしまったらどうするの……!」と、付け足すかのように言えば相手の手を掴んで。差し伸べられた手を見ては恐る恐る相手の手握って。

>霧斗

279:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 17:36 ID:msk

……いや…慣れてると言うよりも…楽しんでるのかな。(少し何かを考えるようにすると「でもまぁ…今は一緒に戦ってくれる人もいるから心配ないよ。」と言い、相手が自分の手を掴むのを確認するとそのまま引き上げて背負う
>巴マミ

280:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 17:43 ID:5SI



でも……って、え…?楽しんでる…?(相手の発言聞けば顔上げながら呟き、自分には到底出来ない行動だな、と思いつつも相手見れば「ならいいけど…」と、述べつつもやはり不安は拭いきれていないのか心配そうな表情していて。相手に背負われれば驚いて僅かに悲鳴上げるが相手の体温に安心して僅かに微笑んで。

>霧斗

281:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 18:47 ID:msk

…楽しんでるよ…たぶん。(全部分かるわけではないので曖昧になってしまい、「…ところでマミさんの家ってどの辺?」と相手を相手の家の場所を聞いて
>巴マミ

282:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 18:50 ID:5SI



そっか……(僅かに羨ましそうに相手見詰めつつも薄笑み浮かべればそう言って、相手に自宅の場所聞かれれば「えっと…ここ、右に曲がったらすぐそこ……」と、周り見回しつつ咳き込みながらそう述べて。

>霧斗

283:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 19:39 ID:msk

…なるほど…じゃあすぐ行こうか。(相手の家の場所を聞くとゆっくり歩き始めて
>巴マミ

284:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 19:46 ID:5SI


本当にごめんなさい……(がっくりと肩落としつつも相手の服の裾僅かに掴みながら謝罪していて、ハッとしては「でも…近くにいたら風邪、うつっちゃわない…?」と、問いかけて。

>霧斗

285:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 20:24 ID:msk

別に謝らなくてもいいよ。(そう言って微笑み、相手の問いかけを聞くと「大丈夫、風邪にはなりにくいから。」と言って
>巴マミ

286:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 20:28 ID:5SI



そうなの…?なら良かった……(相手の発言聞けばホッとしつつも赤く染まっている頬緩めてニパッと微笑んで。相手の腕僅かに掴みつつも重くなっていく瞼閉じて。

>霧斗

287:美琴 ◆rweA:2013/10/16(水) 20:43 ID:NsA

・・・・・(心配そうに黙って見つめる
>マミさん

それもいいんじゃないですか?
じらすと怒って攻撃が単純化する魔女もいるみたいですしね〜(自分のソウルジェムを浄化しながら
>霧斗さん

288:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 21:02 ID:msk

……え〜と…こっちだな…(教えてもらった通りに進み
>巴マミ

289:知畝 ◆ENsg:2013/10/16(水) 21:05 ID:HEI

【武器を銃から長双剣に変えさせていただきます!】

はぁ…はぁ……
(と膝をつき血を流しながらも前の魔女を見ていて
>all

290:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/16(水) 21:46 ID:msk

いやー…俺の意思で遊んでるわけじゃないんだけどな…(苦笑いをしながらそう言って
>美琴

アッハハハー…さあ今日も楽しませてくれよー…!(魔女の反応を追ってきたらしく、黒笑いをしながら近くまで来て
>知畝

291:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/16(水) 21:53 ID:5SI



どうしたの…?黙って……(黙っている相手見詰めてはキョトンとしつつこてんと首をかしげていて。

>美琴

んっ……(安心したのかいつの間にか規則正しい寝息立てて寝ており、僅かな揺れに肩震わせるも心地良さそうにしていて。

>霧斗

貴方、大丈夫…!?(膝をつく相手見ては驚きながらも駆け寄り、相手を魔女から距離置けば「休んでいていいよ…?」と、心配そうに相手見詰めて。

>知畝

292:知畝 ◆ENsg:2013/10/16(水) 21:56 ID:HEI

!?
(と相手をみて驚き
>霧斗

ありがとう…ございます…
>巴

293:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/17(木) 06:01 ID:msk

……んで…こっちか。(ふと相手を見れば寝ていることに気づき、相手を起こさないようゆっくりと歩き
>巴マミ

…あ…?知畝じゃないか…大丈夫かよ?(普段とは違う雰囲気で特攻しようとしていたが相手に気づいてそう声をかける
>知畝

294:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/17(木) 06:33 ID:5SI



ティロ・フィナーレ!!(敵の攻撃避けつつ技名と共に大量攻撃をし、息上がりつつ敵倒したと分かればホッとしつつ相手見、「大丈夫だった…?」と、問いかけて。

>知畝

寒……(すぅすぅと寝息立てて寝ているが、ふと呟けば僅かに震えつつ相手の方にすがりつくようにして暖かさ求めていて。

>霧斗

295:美琴 ◆rweA:2013/10/17(木) 15:46 ID:Dco

いや・・・なんか凄く痛そうな顔をしていて・・・
>マミさん

どういう事ですか?(首をかしげつつ
>霧斗さん

もう終わってたみたいですね・・・(魔女の気配を感じ、急いで来たものの、すでに敵が倒されていて少し残念そうに
>知敏さん

296:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/17(木) 16:56 ID:msk

…そうか…季節が季節だし……配慮が足りてなかったな…(寝ている相手の呟きを聞くとハッとして腰に巻いてた上着を相手が起きないように解いてそっとかける
>巴マミ

んー…っとだな…一言で言うけどさ。俺、二重人格なんだよ。(苦笑いをしながらそう言うと「ほら、戦ってる最中と全然違うだろ?」と
>美琴

……あー…いっけねぇ…マミに先を越されちまったな。(ふと振り返ると魔女がすでに倒されているのを見てなんだか残念そうにそう呟いて
>知畝、巴マミ、美琴

297:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/17(木) 17:01 ID:5SI



え…?そんな顔してたの…?(相手の発言にキョトンとしつつも驚きを隠せないようで。キョトンとしていたのも束の間急にオロオロとし始めれば「私のせいで…何かご免なさいね…」と、言いつつがっくりと肩落としていて。

>美琴


んぅ……(先程までとは違く暖かくなれば無意識にも頬緩めて僅かにニパッと微笑んでおり、咳き込みながらも時折辛そうな表情しているが相変わらず起きる気配有無で。


そんな残念そうに呟かないでよ…(相手の呟き聞けば悪いことをしてしまった気分になり肩落としつつそう述べて。

>霧斗

298:知畝 ◆ENsg:2013/10/17(木) 17:48 ID:8.U

ありがとうございます………
>巴、美琴、霧斗

299:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/17(木) 18:12 ID:msk

……家に着いても起きてくれなかったらどうしよう…?(相手が寝てるのは別にいいとして家に到着してからのことを考えるとどうしようかと悩み
>巴マミ

アッハハハ…!悪いね、ついつい口に出ちまった。それじゃあな。(そう言うと目を閉じて、再び開ければ元の状態に戻ってあくびをすれば「あー…終わったか…」と呟き

いやいやー…別に俺は魔女を追ってきただけだよ。(微笑みながらそう言って「もう片方のが…」と小さく呟き
>巴マミ、知畝

300:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/18(金) 21:03 ID:5SI



っ……やっ……(相手の服の裾また掴めば僅かに手震えつつ苦しそうな表情しており、時折寝言呟きながら首左右に振っており。

……?霧斗…二重人格?(相手の様子見ては僅かに考え込み、相手に近づいてはじっと見詰めつつ僅かに首かしげながら問いかけて。


>霧斗

301:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/18(金) 22:08 ID:msk

……?大丈夫か…?(もう少しで家に着くが、相手の寝言や動作を見れば心配して

…んー…?ああ…うん、そうだよ。(若干寝ぼけているように目をこすると相手の問いかけを聞いてそう答える

>巴マミ

302:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/19(土) 01:06 ID:5SI



一人ッ……やっ…(途切れ途切れで寝言言いつつも悲しそうな表情しており、魘されていればいきなり目開け、ポロポロと涙溢しながら相手の背中で溜め息ついており。

嘘……凄いっ…!(パァアと表情明るくさせつつも相手の両手握ればいきなりそう述べ、へら、と笑いつつも相手見詰めれば「いいなぁ…」と、呟いて。

>霧斗

303:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/19(土) 19:30 ID:msk

……大丈夫か?(家の前に到着すると同時に相手が起き、先程までのことを思い浮かべて心配そうに声をかける

…そうかな…?(相手の呟きを聞けばよくわからないといった反応をして「大暴れした後に戻ったときとか酷く疲れたりするけど…」と

>巴マミ

304:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/19(土) 19:55 ID:5SI



ゲホ…大丈夫……(相手の背中にすがりつくようにしたまま力なくそう言えば「くしゅっ」と、手で口元押さえながら小さくくしゃみして。手で目擦りながら服の袖で涙拭いており、泣きつかれてしまったのか涙拭いた直後またウトウトとし始め、瞼閉じて。

うん…私は凄いと思う…(こくり、と頷きながらも頬緩めては柔らかく微笑み。相手の発言聞けば僅かに苦笑しつつも「大暴れ出来るならいいじゃない…」と、述べて。

>霧斗

305:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/19(土) 21:06 ID:msk

……そうか、ところで到着したけど…どうする?(相手の家に到着したがまた相手がウトウトしているのを見るとそう問いかけ

…んー…でもね、もう片方がは戦闘狂っていうのかな…知り合ってなかったりすると斬りかかるかもしれないからね…(なにか思い出したのかそう言いながら苦笑いを浮かべて

>巴マミ

306:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/19(土) 21:11 ID:5SI



どうしようね…(仄かに頬赤く染めたままうまく働かない頭で考えようとするも、相手の両肩掴みながらいつの間にかまた寝ていてしまって。

それは大変だね……(相手の発言聞けばつられるかのように苦笑しつつもそう述べ、「でも、それって本当の自分の現れかもね…」と述べれば仄かに笑っていて。

>霧斗

307:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/20(日) 10:28 ID:msk

……ちょっと気が引けるけど…このままにするのも悪いし…(小さく呟くと鍵が掛かっているのか確認するために扉のドアノブに手をかけ

…まあ…ね。(相手の言葉を聞くと何か考えるようにして「…なんか間違ってはいないけど俺がバーサーカーだって聞こえるな…」と呟いて

>巴マミ

308:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/20(日) 10:37 ID:5SI



ん……あ、鍵ある…(ウトウトしながら寝ぼけながも相手の首もとで呟けば片手でポケットの中まさぐり、相手の元に差し出して。

ま、まぁとにかく二重人格は良いな、ってことで…!!(相手の発言聞けば苦笑しつつも勝手にまとめようとしていて←

>霧斗

309:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/20(日) 19:28 ID:AG6

…おっと…お邪魔するよ…何かごめんね。(鍵を受け取り扉を開けるとそう言う妹がいるとはいえ、他の人の家に二人でくるのは気が引けるようで

…?まあ…魔女退治の時は気分に流されたりしないから便利っちゃ便利なのかな…?(相手が話をまとめると話に流されてそんなことを言って

>巴マミ

310:巴マミ ◆TFmQ:2013/10/25(金) 22:19 ID:5SI



んぅ……(そんな相手の様子お構い無しに睡魔に負けそうになれば瞼閉じようとしているが、先程見た悪夢思い出せば無意識の内に体震えており。)

……そうだね…(相手の発言に僅かに悲しそうな表情して儚げに述べて。

>霧斗

311:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/10/26(土) 06:57 ID:AG6

……大丈夫?(部屋を見て綺麗に片付けてあるな…なんて思っていると相手が震えているのに気がつき、そう声をかける

…魔女退治はもう片方が楽しんでるけどさ…俺自信は何がしたいんだろうな?(魔女退治でなにか思い出したように呟く

>巴マミ

312:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/11/05(火) 16:03 ID:R0E

【上げますよ】

313:巴マミ ◆TFmQ:2013/11/21(木) 16:58 ID:abk


【暫くの間来れなくてすいません!これからも来るのが稀になってしまいますが、一応レス返ししときますね!】

ん、……大丈夫…(相手の首元に顔埋めては儚げにそう述べ、先程よりも赤くなっている頬に気付くことなく「御免ね、…」なんて呟いて。)

それは……分かんないよ、多分…(不安そうな表情浮かべては顎に手添えて考えるも思い付かないのか曖昧にそう述べては僅かにうつ向いて「自分の心に聞いてみるのが一番良いかもね、」なんて言って。)

>霧斗

314:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/11/30(土) 13:24 ID:R0E

【あああ…書き込みがあったのに気付かなかった…すいません。】

……そっか…大丈夫か。(相手が大丈夫と答えるのを聞くと少し安心したような笑みを浮かべてベッドの方に歩いて

…俺は…俺一人の犠牲を出してでもこの街が少しでも平和になればいいと思ってる…(相手の言葉を聞きながら、自分は何がしたいのか考えると少し間を開けて口を開いてそう言う

>巴マミ

315:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2013/12/09(月) 18:18 ID:R0E

【上げますね。】

316:巴マミ ◆JHlI:2014/01/04(土) 03:26 ID:abk


【遅くなってしまい申し訳ございません!
 あと、明けましておめでとう御座います!】

色々と…迷惑掛けて御免…本当に御免ね…( 弱音吐くかのようにポツリと儚げに謝罪述べつつも表情悲しげに歪めるも熱上がってきては僅かに辛そうに荒く呼吸し始め。 )

そっか、……やっぱりそう思うよね(相手の意見に薄笑み浮かべながらもそう述べ、「一人も犠牲が出ない方法、無いのかな…」なんて無意識の内に呟き。 )

317:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/04(土) 12:37 ID:Ue6

【お久しぶりです、待ってました。
それから明けましておめでとう御座います。】

…止めてくれって、俺は迷惑だなんて思ってない…ん?なんか熱上がってきてるな…ちょっと待ってて。(相手をベッドの上に寝かせれば額に手を当てて、少し熱が上がっていることを確認すると台所へ行き

ん〜…そうだなぁ…犠牲が出ない方法か…出さないようにするにしても犠牲はつきものって言うし、最小限にしか抑えられないかもな…その最小限が俺一人で済むなら安いモンなんだがな…(恐らく無意識であろう相手の呟きを聞き取ると少し考えたあとに呟くようにそう言う

>巴マミ

318:巴マミ ◆TFmQ:2014/01/04(土) 16:21 ID:abk


【待ってましたなんてっ…本当に有難う御座います!】

ん、分かった……( 相手にベッドに寝かされれば体温に染みる心地よい冷たさに薄笑み浮かべており、何処かトロンとした目で相手見ては返答述べつつ軽く頷き。)

そう…だよね、やっぱり犠牲は付き物だよね…( 相手の呟き聞いては何処か悲しそうに笑い作り儚げにそう言うも付け足すように「でも、霧斗には犠牲になってほしくないな…」なんて言うも僅かに瞳にはうっすらと涙溜まっており「本当に、何無茶なこと言ってるのかしら…」なんて自分に問い掛けるかのように。)

>霧斗

319:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/04(土) 18:23 ID:hbk

【いえいえ、スレ立てしたけど2つ誰も来なくなって壊滅してるのに比べたら…】

……おまたせ。(しばらくしてタオルと水の入った入れ物を持ってきて、濡れタオルを絞って相手の額にのせる

…すぐにどうこう…って訳じゃないんだから、無理に気にすることはないような気がするけど…(相手の表情を見るなり呟くようにそう言っており

>巴マミ

320:参加希望 ◆4TBk:2014/01/05(日) 00:58 ID:d2E

【キュウべぇで参加希望です!既にいましたら鹿目まどかで
参加希望します!!!】

321:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 01:15 ID:hbk

【最近スレ主様が来ていない+キュウベぇ希望者がいらっしゃらないようなので大丈夫じゃないかと…】

322:参加希望 ◆4TBk:2014/01/05(日) 01:20 ID:d2E

【そうですか。教えて頂きありがとうございます
それでは、仮参加させて貰います!!】

323:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 01:29 ID:hbk

【はい、絡み文出しておきますね。】

…ん…なんかねぇかなぁ……(飴玉を口に含みながら人通りの少ない場所を歩いていて
>ALL

324:巴マミ ◆TFmQ:2014/01/05(日) 01:32 ID:abk



あ……ごめ、ん…
( 僅かに涙目に溜めてはぼやける視界の中相手見詰め謝罪ポツリと述べるも濡れタオルのせられては心地良さそうに。)

今考えて気にしなきゃ…時は直ぐに去ってしまうからね…
( 何処か寂しげな表情浮かべてはそう言うも「まぁ、霧斗の言う通りなんだけどね……でも、少し焦っちゃった…」だなんて。)

>霧斗

325:キュウべぇ ◆4TBk:2014/01/05(日) 01:42 ID:d2E

やぁ……久しぶりだね。鎌崎霧斗。
((いつの間にか相手の目の前で首を傾け尻尾を揺らしながら
座っていて

>>霧斗【絡み文感謝です】

326:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 02:03 ID:hbk

……謝んなくてもいいから…ゆっくり休みなよ。(微笑みながら相手の頭を撫でて

…気にしすぎても始まらないし…なんにしても俺のやり方は変わらないと思うけどな…(少し考えるとそう小さく呟いて

>巴マミ


…んー…?おーキュウベぇか…久しぶりだな。(少しボーッとしていて気づくのが遅れたが相手に声をかけられればいつも通りに手をひらひらと振って

>キュウベぇ

327:巴マミ ◆TFmQ:2014/01/05(日) 02:31 ID:abk


ん、……有り難う…
( 相手に頭撫でられれば嬉しそうに薄笑み浮かべつつも相手の服袖握ってはそのまま目閉じて。)

別に変わらなくても良いんだけど…
( 僅かに何やら考えながらもそう言っては「自分を大切にしてね…」なんて。)

>霧斗

328:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 02:58 ID:hbk

……(微笑みながら相手が眠りにつくまでずっとそばにいて

まあ、そうだな…妹に心配かけるわけにはいかないからねー…(相手に自分を大切に、と言われるといつも通り微笑んで

>巴マミ

329:キュウべぇ ◆4TBk:2014/01/05(日) 12:43 ID:d2E

よいしょっと…
(相手の肩に素早く駆け上がりながら上記の台詞漏らし。肩にのると相手の顔を覗き込む
ような感じで「此処で何をしてたんだい霧斗?」と相手に聞いて

>>霧斗

330:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 13:23 ID:hbk

…別に…俺はいつもどおりに魔女を探してただけだよ。(相手が肩に乗るとなるべく揺れないように歩き始め、何をしているのかと聞かれれば答えながら歩いて
>キュウベぇ

331:キュウべぇ ◆4TBk:2014/01/05(日) 14:48 ID:d2E

ご苦労様。君たちのお陰でエネルギーの回収も順調に進んでるよ!
(相手の肩にのりながらにこっと笑みを浮かべ(←)ふと思い出したような感じで
「そういえば、君達にとって重要なはずの情報を知らせに来たんだ。君はもう聞いてるかな…?」と聞いて

>>霧斗

332:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 15:30 ID:hbk

そいつはどうも…別にお前らのためにやってるわけじゃないけどな…(相手の言葉を聞けばフッと笑って

…んー…?なんの情報だ?(重要な情報が届いているかと聞かれると何の事かわからないといった様子で

>キュウベぇ

333:キュウべぇ ◆4TBk:2014/01/05(日) 15:53 ID:d2E

何にしても君達のおかげでこの宇宙の寿命を伸ばすためのエネルギーは着実に溜まってるんだ。
君達には感謝しなくていけないね…
最近、此処数ヶ月の間で魔法少女、少年の数が激減してるんだ。理由はよく分かっていないが、
どうやら少女同士の縄張り争いが原因だとボクは予想してる…(肩から周りをキョロリと見渡し自分の予想を相手に伝えて

>>霧斗

334:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 16:32 ID:hbk

そうか…(とりあえず相手の言っていることは聞いているが口に含んでいる飴玉を転がしていて

…同士討ち…か。なんともぞっとしねぇ話だな…(相手の話を聞きながら魔女を探すために歩いて

んー…そうだなぁ…魔女の数に対して魔法少女、少年が多かったりするんじゃねぇか?グリーフシードだって魔女から手に入れなきゃならないし…(ソウルジェムが微かに反応しているのを見ながら自分なりの憶測を話せば片目が赤色に変化し「ようするに契約者への注意、忠告だろ?」

>キュウベぇ

335:美琴 ◆W94g:2014/01/05(日) 18:59 ID:3yM

【お久しぶりです…。来れなくてすみません!絡み置いてきます】

転校かぁ…。面倒くさい…(見滝原中の制服にスクールバックを持ち怠そうに道を歩いていて
>ALL

336:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 19:17 ID:hbk

【どうもお久しぶりです。】

……ほー…でも制服、似合ってるじゃん?(いつからか分からないがいつの間にか隣を歩いていて
>美琴

337:美琴 ◆W94g:2014/01/05(日) 19:54 ID:OxE

似合ってるとは思えないけどなぁ・・・っていつの間に?(何気なく答えた後隣を見て驚いたようにそう言って
>霧斗

338:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 20:04 ID:hbk

ん…ついさっき見かけたから声かけようかと思ってさ。(あははと笑いながら
>美琴

339:美琴 ◆W94g:2014/01/05(日) 21:57 ID:dS.

気づかなかった…(少し呆れたように相手に釣られ笑い
>霧斗

340:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 22:05 ID:hbk

そりゃあ少なからず気づかれないように意識してたからな。(ポケットからお菓子を取り出しては「食うか?」と聞いて
>美琴

341:美琴 ◆W94g:2014/01/05(日) 22:14 ID:dS.

何処の槍使いの真似?まあ、頂くけど(苦笑をこぼしつつ相手から菓子を受け取り
>霧斗

342:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 22:27 ID:hbk

…ん…全然考えてなかったな…本人がいたらちょっと怖いかな…(本人は全然意識してなかったようで相手に言われると気がつき苦笑いを浮かべ
>美琴

343:美琴 ◆W94g:2014/01/05(日) 23:07 ID:dS.

別に気にしないんじゃないかしら?(だってそのお師匠さんは必殺技を真似たら大喜びだったし。と貰ったお菓子を口に放り込みつつ言い
>霧斗

344:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/05(日) 23:29 ID:hbk

…そうかぁ…?でも今のを本人に聞かれるのは少し気恥ずかしいというかなんというか…(と言いつつもあははと笑いながらお菓子を食べて
>美琴

345:巴マミ ◆TFmQ:2014/01/06(月) 00:07 ID:abk


ん、………
( 服袖掴んだまま暫くしては規則正しい寝息聞こえてきており、手が離れないように時折寝返りうっていて。)

……妹、かぁ……家族が居るっていいなぁ…
( 相手が発言した言葉聞いては僅かに自身の手握り、うつむいては寂しさ含んだ声色で呟いて。)

>霧斗

346:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/06(月) 00:29 ID:hbk

「……一先ずこれでよし…と。」
相手がちゃんと眠りに就いたのを確認すると一息ついて看病して

「…あ…そうか…」
相手が一人暮らしだということを思い出すと迂闊だったと頭の中で反省してふとなにか思い出し

「…そうだ、たまに親が仕事で家を空けることがあるんだ…よければだけど…妹を連れてっていいかな?」
ふと思いついただけなのでちょっとあれかな…などと思いながらもそう聞いて
>巴マミ

347:巴マミ ◆TFmQ:2014/01/06(月) 01:02 ID:abk


んっ、はっ……
(眠りについているも時折辛そうな声上げては苦しげに表情歪ませて。)

良、いの……?
(相手の予想外の発言に動揺しながらも僅かに嬉しげに表情綻ばせており、「うん、是非連れてきてよっ……」なんて明るい声色で。)

>霧斗

348:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/06(月) 01:15 ID:hbk

「…一人じゃないからな…大丈夫…」
相手が魘されているのを見ていると無意識のうちに相手の頭を撫でてそう言っており

「良かった…ていうか助かるな…最近俺の家の近くを使い魔がよく通りかかるから…怖いんだよ。」
相手が連れて行ってもいいと言ってくれて少し安心して

>巴マミ

349:巴マミ ◆TFmQ:2014/01/06(月) 01:37 ID:abk


ん……霧…斗、…
(苦しげに表情歪ませるも相手に撫でられては僅かながら表情柔らかくなり、切なげに儚く相手の名前呟き。)

そっか…大変なんだね…
( 相手の発言に僅かに反応しては悲しげな表情浮かべつつも「最近一部の地域で凄く多発している所もあるらしいからね…」なんて呟くも相手の安心気な表情見ては薄笑み浮かべ。)

>霧斗

350:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/06(月) 02:35 ID:hbk

「…だいぶ…落ち着いてきたかな…」
相手の表情を見ながらそう呟いていて

「…で、その多発してる場所の一つが俺の家の近くなんだよなぁ…時々使い魔が路地裏とかに出てくるときがあるから…」
安心したような表情を浮かべていたも近くに使い魔が出てきた時のことを思い出すなり苦笑いをして

>巴マミ

351:巴マミ ◆TFmQ:2014/01/06(月) 02:50 ID:abk


っ……ん…
( 相手の服袖掴んでいた手僅かにきゅ、と強く力籠めては枕に顔埋めつつ急に咳き込み始めて。)

そっかぁ…結構危険地なんだね…
(苦笑混じりにそう言いながらも「結構近くだったんだなぁ…」と呟き、相手見詰めては「ん、楽しみにしてるね…」なんて控えめに述べ。)

>霧斗

352:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/06(月) 03:19 ID:hbk

「…ちょっと余裕ないけど…少しくらいならいいか…」
自分のソウルジェムを見て小さくため息をつくと相手の治療のために撫でている手から少し魔力を流して

「ああ、近いうちに連れて行くからね…話してたら心配になってきたから…俺はもう家に帰るよ。」
そう言っていつものようにあははと笑い、手をひらひらと振りながら帰っていき

>巴マミ

353:巴マミ ◆TFmQ:2014/01/06(月) 03:30 ID:abk


っ……ぁ…
( 撫でている手から微弱な魔力感じては僅かにピクリと反応するも直ぐに大人しくなっては時折咳して。)

そう、気を付けてね…
(相手の様子に僅かに薄笑み浮かべながらも相手見送っては「また寂しくなっちゃった…」なんてその場でうつむいて。)

>霧斗

【落ちます!御相手感謝です!
 いつこれるか分かりませんがこれからも宜しく御願いします】

354:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/06(月) 04:08 ID:hbk

「…ん…もう少しすれば良くなるだろう……」
相手に魔力を流し終えてもう一度自分のソウルジェムをみれば「…魔女と戦うにも…これは…辛いかな…」と小さく呟いて

「…あれ…そうだ、忘れてた。これ渡しておかないとな…頼むよ。」
家に帰る途中、相手に渡し忘れているものがあるのに気がつくと紙を握りしめる。


「……っと、全く…戦うための魔力に余裕がないって言ってるくせによ…ほら、これ…電話番号書いといたから。」
ついさっき去っていってしまったが、変身後の姿で相手の近くの足元から黒い霧のような状態で出てきては人の形をとり、人切れの紙を差し出す。
目は赤色、もう片方の人格が届けに来て。

>巴マミ

【いえいえ、こちらこそお相手感謝です。
待ってますので。】

355:巴マミ ◆TFmQ:2014/01/06(月) 08:16 ID:abk


ん、…うっ…
(相手の呟き知ってか知らずか僅かに肩震わせては恐る恐る目開け、ポケット指差しては「使、う…?」なんて。)

あ、ありがとう…
(見慣れない姿で出てきた相手見詰めてはキョトンとしているも人切れの紙受けとれば嬉しげに微笑みながらももう片方の人格に御礼述べて。)

>霧斗

【朝余裕があったので返しておきますねっ】

356:美琴 ◆W94g:2014/01/06(月) 13:24 ID:1L2

【急堕ちすまないのです】
確かにそうかもね・・・。(此方もニコニコと笑いつつ歩を進め
>霧斗

357:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/06(月) 21:01 ID:hbk

「……いや…いいよ、大丈夫。」
先ほどの呟きが聞こえていたのかと少し驚いたものの、優しく微笑みかけては首を横に振って

「…ん…まあ、なんだ…家電と携帯電話…両方書いてあるから。何かあればいつでも電話かけてきていいってよ。」
相手に電話番号の書いてある紙を渡し終えると「それじゃあ、またな。」と言いながら手を振り、影に溶け込んでいくようにその場から去り

>巴マミ


「…だよな…ん?アレ、使い魔かなんか近くにいねぇか…?」
ソウルジェムが反応したような気がして小さくつぶやき
>美琴

358:鎌崎霧斗 ◆MqBc:2014/01/17(金) 21:43 ID:xy2

【上げます】


書き込む 最新10 サイトマップ