妖怪あふれる戦国時代で恋愛しませんか?

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:主:2013/12/22(日) 15:42 ID:D8Y

この世界は妖怪が住む戦国の世・・・・君はこの世界で生きていけるかな?

ルール
・一人2役
・恋愛OK。ただし行き過ぎは注意
・戦闘OK。ただしやりすぎはダメ。死ネタなし
・荒らしはダメ
・安価、ロルは必須

なりきる役
巫女(1人)←主がやります
黒巫女(1人)
半妖(女:1人・男:2人 合計3人)
妖怪専門の退治屋(男:3人・女:2人 合計5人)
妖怪(何人でも)
村人(何人でも)

です。

プロフィール
名前 必ず和名で
年齢 (10歳以上)
性別
種族
性格
容姿
武器
備考

2には世界観などを書くのでレス禁ですよ

2:主:2013/12/22(日) 15:47 ID:D8Y

ここは戦国の世で、舞台はごく普通の村

ここには一人の巫女と村人が住んでいる

遠くの森には黒巫女が住んでおり

時々、妖怪専門の退治屋が村に来る時がある

村には巫女が貼っている結界があるからか、妖怪は滅多に入ってこない

けど、時々巫女の力が途切れることが有り妖怪・半妖が入ってくる


次は主のプロフなのでレス禁です

3:主:2013/12/22(日) 15:55 ID:D8Y

名前 純麗(すみれ)
年齢 18歳 
性別 女
種族  巫女(人間)
性格 クールな性格で、人間や子供達良い心を持ったものには優しく、邪なものには冷たい
容姿 黒髪を結っていて、巫女服
武器 弓矢
備考 とてつもない霊力を持っていて、妖怪たちはそれに恐れて命を狙ってくる
   そのはずなのに新月になると霊力が弱くなる(弱点)


次は戦国の世の掟?のようなものです。まだレス禁です

4:主:2013/12/22(日) 16:01 ID:D8Y



1、村人たちは一生懸命仕事に励み、時には急速もとれ

2、退治屋は、人を守るため命をかけて戦え

3、半妖は村から追放せよ

4、巫女は村に結界を張れ

5、妖怪と人間の恋を禁じる

6、巫女、恋を禁じる


恋愛系の掟には従わなくてもいいですからねwww

それではレス禁解除です。

わからない単語があれば聞いてくださいねー

5: ◆rIlQ:2013/12/22(日) 16:03 ID:udU

【女の半妖を貰いたいのですが】

6:純麗:2013/12/22(日) 16:03 ID:D8Y

【OKです】

7:参加希望 :2013/12/22(日) 16:04 ID:d2E

【半妖の男役で入っていいですか?】

>>主様

8:純麗:2013/12/22(日) 16:06 ID:D8Y

【OKですよー】

9:狐斗:2013/12/22(日) 16:11 ID:ZPI

【男の半妖で参加してもよろしいでしょうか?】

10:純麗:2013/12/22(日) 16:12 ID:D8Y

【OKです。半妖の募集はこれで終了します】

11:¶ ◆uqvA:2013/12/22(日) 16:14 ID:G0.

【黒巫女を予約】

12:純麗:2013/12/22(日) 16:15 ID:D8Y

【予約OKです。これで黒巫女の募集終了です】

13: ◆rIlQ:2013/12/22(日) 16:20 ID:udU

名前 桔梗(ききょう
年齢 17
性別 女
種族 半妖
性格 常に冷静 仲間や謎めいている人が好きで敵は興味なし
容姿 灰色の髪 赤い瞳 耳を隠すために黒い布で覆っている 黒や紫の着物 裾を紐で縛っている
武器 小刀 牙
備考 化け狼で半妖のためか姿は人間にちかい 何故か狼の耳だけが普段、露になっている 嗅覚 聴覚に優れている
【不備はないでしょうか…?】

14:純麗:2013/12/22(日) 16:21 ID:D8Y

【いいですよー】

15:÷ ◆uqvA:2013/12/22(日) 16:23 ID:G0.

【黒巫女を予約してた者です。さっそくプロフを書きますね】

名前 神崎 愛(かんざき めご)
年齢 16
性別 女
種族 黒巫女
性格 かなり毒舌で気に入らなかったらすぐ武器を出す口よりも手が出る人
   でも困ってたら助ける
容姿 黒い巫女服 紺色の腰まである長髪
武器 薙刀(たまに太刀)

16:純麗:2013/12/22(日) 16:24 ID:D8Y

【いいですよ】

17:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 16:25 ID:udU

【ありがとうございます】
>主様

18:狐斗:2013/12/22(日) 16:28 ID:ZPI

【参加許可ありがとうございます!】

プロフィール

名前 狐斗 (こと)

年齢 11歳

性別 男

種族 狐の半妖(狐の妖怪と人間の間に生まれた子供)

性格 人間と和解したいと思っているが、臆病すぎて人前に出れない

容姿 薄く黄色みがかった髪の毛に狐の耳がちょこんと生えている、年齢とは裏腹に
   凄く小さく(身長134cm)声もかなり高い、だが年頃なので恋愛感情はある

武器 巫女だった母から譲り受けた弓矢

備考 狐の半妖と人間(巫女)の間に生まれたが、掟を破った罰により両親を目の前で
   幼くして殺された

19:純麗:2013/12/22(日) 16:29 ID:D8Y

【OKですよ】

20:純麗:2013/12/22(日) 16:39 ID:D8Y

【じゃ絡み分出します】
村人「おはようございます、純麗様」

おはよう(と微笑み

(・・・・今日は新月。私の霊力が衰える日だ。・・・・・何事もなければいいが・・)
>ALL

21:威綱:2013/12/22(日) 16:43 ID:d2E

名前 威綱(いづな)
性別 ♂
種族 白面金毛九尾(要するに九尾の狐ですw)
年齢 16歳
性格 自分勝手でかなりの自信家。あと喧嘩好き。口調は気だるげで口癖は「ダルイ」「めんどくせぇ」
   など…。しかしは根は言い奴で優しい
容姿 銀髪の少し長めの髪形で少しクセッ毛。自分の意思で本来の九尾の姿になることも可能
武器 喧嘩はまぁ強いほうなので武器と言う武器は持ってない
   あえて言うなら己の拳←

【参加許可有難う御座います!PFこれで大丈夫ですかね?不備とかないでしょうか?】

22:純麗:2013/12/22(日) 16:44 ID:D8Y

【OKです】

23:威綱:2013/12/22(日) 16:48 ID:d2E

【有難う御座います!絡み文投下した方がいいでしょうか?
それとも>>20に絡んだ方が宜しいでしょうか?】

>>主様

24:純麗:2013/12/22(日) 16:50 ID:D8Y

【どっちでもいいですよー。あと純麗の年齢、みなさんに合わせて16歳にしますw】

25:神崎愛 ◆uqvA:2013/12/22(日) 16:51 ID:G0.

今宵は……新月ねぇ…(クククとキセルを吸いながら相手の横に来て“貴女にとって最悪の日、何もなかったら良いわね”と呟き
>純麗

…………(社の前でキセルを吸いながら立っており
>all

26:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 16:52 ID:udU

【絡みます】

はあ…((と溜め息をつきながら村の結界ぎりぎりのところにたっており
>純麗さん

27:狐斗:2013/12/22(日) 16:53 ID:ZPI

・・・・・(見つからないように、木陰から見ている)

>>純麗さん

28:純麗:2013/12/22(日) 16:53 ID:D8Y

お前が、何かを仕掛けてくるようだったら私は容赦はしない(とそのまま歩いて行って
>愛

29:匿名さん:2013/12/22(日) 16:54 ID:5YI

【陰陽師って退治屋に入りますか?
アリなら男で希望です】

30:威綱:2013/12/22(日) 16:54 ID:d2E

【それでは>>20に絡ませて頂きます!宜しくです】

あ〜…つんまんねー…。なんか面白い事ねーかな…?(村の近くの木の上に
ダルーンと気だるげにもたれふわぁと欠伸しながら上記の台詞言って

>>純麗

31:純麗:2013/12/22(日) 16:55 ID:D8Y

・・・・・・
(結界の近くに・・・気配がするな)
>桔梗

・・・・・・
(半妖か)
>狐斗

32:純麗:2013/12/22(日) 16:56 ID:D8Y

【陰陽師は・・・別ですかね。けどその他で入ってくださってもいいですよ】
>29

・・・・そこで何をしている、半妖
>威綱

33:神崎愛 ◆uqvA:2013/12/22(日) 16:57 ID:G0.

でも、貴女今日は……月に一度の霊力が弱まる日でしょう?私に勝てるのかしらね……(そういって空を見上げ、その時キセルの煙が空に舞い
>純麗

34:狐斗:2013/12/22(日) 16:57 ID:ZPI

・・・・・(見つかったと思い、さらに隠れようとする)

35:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 16:58 ID:udU

よし、入る…か((結界をこえれば走りだし
>純麗さん

36:純麗:2013/12/22(日) 16:59 ID:D8Y

・・・・そうであるならば、私は全力を尽くしてお前の相手をするまでだ
>愛

・・・・・隠れても無駄だぞ
>狐斗

37:純麗:2013/12/22(日) 17:00 ID:D8Y

・・・・・入ったか(気配を感じ
>桔梗

38:威綱:2013/12/22(日) 17:00 ID:d2E

あー…ねみぃ(木の上で眠そうにふわぁと欠伸してると
煙管を咥えた女性がいるので人間の姿で木の上からダイナミックに飛び降り
「お前…何してんだ?」と相手に近づきながら話しかけ

>>愛【絡ませて頂きます!】

39:威綱:2013/12/22(日) 17:03 ID:d2E

あ?…別に何してようがお前には関係ねーだろ?(木の上からダルそうな顔で
相手を見て

>>純麗

40:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 17:04 ID:udU

巫女様っ((あっという間に相手の場所に付けばクスッと笑い
>純麗さん

41:神崎愛 ◆uqvA:2013/12/22(日) 17:04 ID:G0.

随分な自信だこと……立派ねぇ(からかうように笑って相手を見
>純麗

何してる……?
ハッ、見れば分かるでしょ?(冷たくいい放ってキセルを吸い続け
>威綱

42:純麗:2013/12/22(日) 17:04 ID:D8Y

人に危害を加えること以外なら・・・見逃してやろう
>威綱

43:純麗:2013/12/22(日) 17:06 ID:D8Y

いい加減にその無駄なからかいをやめたらどうだ?
>愛

44:威綱:2013/12/22(日) 17:08 ID:d2E

な〜…お前はなんか食いモン
持ってね?(相手の話を無視して「腹減ったんだよ」とお腹を鳴らしながら相手をじーっと見て

>>愛

興味ねーっつの(相変わらずダルそうな声音で

>>純麗

45:ルイ:2013/12/22(日) 17:09 ID:i1g

妖怪って空いてますか?

46:匿名さん:2013/12/22(日) 17:09 ID:5YI

>>29の者です。その他なら陰陽師でも良いということでしょうか、?】

47:純麗:2013/12/22(日) 17:09 ID:D8Y

なら用はない(と立ち去ろうとし
>威綱

48:狐斗:2013/12/22(日) 17:11 ID:ZPI

ひっ・・・(怖がりながら、身をすくめる)

【上のは36宛てです】

49:純麗:2013/12/22(日) 17:11 ID:D8Y

【そういうことですね】
>49

【半妖は空いてませんが、妖怪なら無制限なので空いてますよ】
>ルイさん

50:純麗:2013/12/22(日) 17:12 ID:D8Y

私に何か用か?
>狐斗

51:威綱:2013/12/22(日) 17:15 ID:d2E

おいっ!ちょっとお前待ちやがれ(木からシュタッと降りて
相手をゆっくり追いかけると「腹減った←」と相手に食べ物要求して

>>純麗

52:匿名さん:2013/12/22(日) 17:16 ID:5YI

【了解しました、今時間が無いので後でプロフ書きに来ます】

53:純麗:2013/12/22(日) 17:17 ID:D8Y

・・・・私の家に少しだけだが食料があるが・・・来るか?
>威綱

54:狐斗:2013/12/22(日) 17:17 ID:ZPI

ひっ・・・こ、殺さないで・・・!(怖がりながら、半泣き状態で言う)

>>純麗さん

55:純麗:2013/12/22(日) 17:18 ID:D8Y

・・・・・私は邪な心を持ったものしか敵対心は持たない
>狐斗

56:威綱:2013/12/22(日) 17:19 ID:d2E

おっ!マジか!(瞳を輝かせ
行く、行く(ニカッと笑いながら「お前意外と良い奴だな!」と言い

>>純麗

57:純麗:2013/12/22(日) 17:20 ID:D8Y

・・・・ついてこい
>威綱

58:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 17:20 ID:udU

>>40
>純麗さん

59:純麗:2013/12/22(日) 17:22 ID:D8Y

【すみません、見逃してました】
・・・・・・半妖か
>桔梗

60:ルイ:2013/12/22(日) 17:22 ID:i1g

スミレ様>【ちゃんと読んでませんでした…すみません!】
名前:神埜池 涙
読み:シンノイケ ルイ
年齢:人間年齢11歳
性別:女
種族:鬼と狼のハーフ
性格:冷静で大悪魔
容姿:髪は、右半分より少ないくらいが黒色で、あとは水色 お尻の上くらいまであり軽く巻いている(自然)
   右目は赤で左目は青 目つきが悪い 嗤うと牙が見える
   身長=143cm
服装:黒が多い 貝殻のネックレス(?)を付けている
武器:特になし
備考:心が黒く染まると髪の毛も黒に染まっていく
   鬼の血もまざっているため、完璧なオオカミになれない

61:狐斗:2013/12/22(日) 17:22 ID:ZPI

ほ・・・本当・・・?(半泣き状態で)

>>純麗さん

62:純麗:2013/12/22(日) 17:22 ID:D8Y

【いいですよーー】

63:純麗:2013/12/22(日) 17:23 ID:D8Y

・・・・私は、嘘はつかない
>狐斗

64:威綱:2013/12/22(日) 17:24 ID:d2E

〜♪(上機嫌に鼻歌を歌いながら相手の後を着いていき

>>純麗

65:純麗:2013/12/22(日) 17:25 ID:D8Y

・・・・(神社に入っていって
>威綱

66:ルイ:2013/12/22(日) 17:25 ID:i1g

【ありがとうございます!】
all>・・・(きょろきょろ見回しており

67:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 17:27 ID:udU

【いえ】

半妖ですが…?((相手の一言がきに触ったのか膨れて
>純麗さん

68:狐斗:2013/12/22(日) 17:27 ID:ZPI

・・・・・(安心したのか、尻尾を振りながら相手にそっと抱きつく)

>>純麗さん

69:純麗:2013/12/22(日) 17:30 ID:D8Y

・・・・・なんのようだ?
>桔梗

・・・・・(その場所に座る
>狐斗

70:威綱:2013/12/22(日) 17:30 ID:d2E

うわぁ…!?(神社に入ると急に九尾の姿になってしまい
驚く

>>純麗

おい…お前何やってんだ?(九尾の狐の姿で若干にガン飛ばしながら相手に話しかけ/謝

>>ルイ

71:ルイ:2013/12/22(日) 17:31 ID:i1g

いづな>・・・御前、人間じゃないな。妖怪か?(相手をにらみつつ

72:純麗:2013/12/22(日) 17:32 ID:D8Y

・・・・・ここの霊力が強すぎたようだな
>威綱

73:威綱:2013/12/22(日) 17:33 ID:d2E

まぁ…な。半妖だよ(そう言うと人間の姿になり

>>ルイ

74:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 17:33 ID:udU

何のようもないよ?((当たり前とでも言うようにきょとんとした顔で相手を見『巫女様に会いに来たの』と告げ
>純麗さん

75:純麗:2013/12/22(日) 17:34 ID:D8Y

・・・・巫女は私だが・・・
>桔梗

76:ルイ:2013/12/22(日) 17:35 ID:i1g

いづな>半妖か・・・それは面白い(鬼の姿になり(つのがはえるだけ)

77:威綱:2013/12/22(日) 17:35 ID:d2E

…ったく妖力が安定しねー(イライラして

>>純麗

78:純麗:2013/12/22(日) 17:36 ID:D8Y

・・・・ならば、ここの霊力を少しだけ弱めよう(とめをつぶりしばらくすると霊力が弱くなり
>威綱

79:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 17:37 ID:udU

知ってるよ?やっぱり可愛い((と相手のまわりをぐるぐる歩きながらまじまじと見
>純麗さん

80:純麗:2013/12/22(日) 17:38 ID:D8Y

・・・・・。
>桔梗

81:威綱:2013/12/22(日) 17:38 ID:d2E

ああ、白面金毛九尾っていう妖怪のな
お前は…何だ?鬼か?(相手をじーっと見つめ

>>ルイ

82:狐斗:2013/12/22(日) 17:39 ID:ZPI

・・・・・(無言のまま、尻尾を振るのをやめ、抱きついたまま泣き出す)

>>純麗さん

83:威綱:2013/12/22(日) 17:40 ID:d2E

そんなこともできんのかよ。巫女様っていうのはよお(面白そうに見て
…お、戻った、戻った(再び人の姿になると「サンキュー」と言って

>>純麗

84:ルイ:2013/12/22(日) 17:40 ID:i1g

いづな>鬼と狼の間の妖怪。(オオカミの姿になってみせ
    この神社、はいっていいの?(指をさし

85:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 17:42 ID:udU

む…((くんくんと優れた嗅覚で相手のにおいをかぎ
>純麗さん

86:威綱:2013/12/22(日) 17:43 ID:d2E

ややこしいな(難しそうな顔で
さぁ?いつもは霊力が強くて入れそうにないけど
今日は弱いだし…入れるじゃね?(霊力を感じ取り

>>ルイ

87:純麗:2013/12/22(日) 17:43 ID:D8Y

・・・・どうした?
>狐斗

霊力を操ることができぬと破魔の矢が撃てん
>威綱

・・・・・なぜ匂いを嗅ぐ?
>桔梗

88:ルイ:2013/12/22(日) 17:45 ID:i1g

いづな>じゃあハイル。(そういうと神社の中に入り

89:威綱:2013/12/22(日) 17:47 ID:d2E

はぁ〜ん(へぇ〜)
つーか、そんなのはいいから早く飯くれよ!!(謝

>>純麗

90:純麗:2013/12/22(日) 17:48 ID:D8Y

・・・・今からつくる(と小屋の中に入る
>威綱

91:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 17:48 ID:udU

巫女様の匂いを覚えてるの((嗅ぎ続けながらも言い『私狼の半妖だし』とつけたし、
>純麗さん

92:純麗:2013/12/22(日) 17:49 ID:D8Y

なぜだ?
>桔梗

93:威綱:2013/12/22(日) 17:50 ID:d2E

おいおい、妖力が安定してねーんだから
何が起こるか分からないぜ?(と言いつつも「ま、面白そうか」と言い相手の後を追いかけ←

>>ルイ

94:威綱:2013/12/22(日) 17:52 ID:d2E

おう!
早く作れよ〜。腹減ってんだからよぉ(偉そうにへらっと笑い/檄謝

>>純麗

95:ルイ:2013/12/22(日) 17:52 ID:i1g

いづな>はいはーい。(と軽い感じでそう言い
って御前もくるのかよ(神社に入り

96:参加希望:2013/12/22(日) 17:53 ID:4rA

【妖怪専門の退治屋、女空いてますか?】

97:威綱:2013/12/22(日) 17:53 ID:d2E

あ?勿論!!(ニカッと笑い
面白そうじゃねーか(ワクワク

>>ルイ

98:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 17:54 ID:udU

え〜…((何も考えずに行動していたようで『仲良くなった印?』と言い
>純麗さん

99:純麗:2013/12/22(日) 17:54 ID:D8Y

・・・・・できたぞ(と野菜が入ったお粥?のようなものを持ってきて
>威綱

100:純麗:2013/12/22(日) 17:55 ID:D8Y

・・・・そうか
>桔梗

101:ルイ:2013/12/22(日) 17:55 ID:i1g

いづな>・・・ナンか…きたねぇなぁー・・・(あたりを見回し

102:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:00 ID:udU

ええ…納得?((次は自分が納得出来ないようで一人で悩みだし
>純麗さん

103:純麗:2013/12/22(日) 18:00 ID:D8Y

・・・・ひとまずな
>桔梗

104:威綱:2013/12/22(日) 18:01 ID:d2E

…何だ?これ(出されたご飯を凝視してクンクン匂いかぎ←
これ…ほんとに食えんのか?(相手をじーっと見て

>>純麗

ああ、もっと綺麗な感じかと思ったけど
意外と汚ねぇな…(同じように周りを見渡し

>>ルイ

105:純麗:2013/12/22(日) 18:02 ID:D8Y

・・・・・私だっているもこれを食べてるぞ(と自分は先に食べ
>威綱

【あ、純麗の料理の腕は普通なので!ご安心ください←】

106:威綱:2013/12/22(日) 18:04 ID:d2E

…(相手の食べてる様子を見て「おい…旨いか?←」と聞き

>>純麗

107:純麗:2013/12/22(日) 18:05 ID:D8Y

・・・・普通だ
>威綱

108:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:07 ID:udU

まあいいや…ちょっと待ってて((そう言えば狼に戻って走りだし結界を抜け森へ向かったようで
>純麗さん

109:純麗:2013/12/22(日) 18:08 ID:D8Y

・・・・。(黙って待っていて
>桔梗

110:威綱:2013/12/22(日) 18:08 ID:d2E

普通かよ!!
…じゃあ食う!(左記の台詞言うとおそるおそるご飯を口の中に運び

>>純麗

111:純麗:2013/12/22(日) 18:10 ID:D8Y

・・・・・(無言で食べていて
>威綱

112:威綱:2013/12/22(日) 18:12 ID:d2E

まぁ…旨い(食べた感想を述べて
でも…肉がいい←(食べながら

>>純麗

113:ルイ:2013/12/22(日) 18:12 ID:i1g

いづな>・・・私たち、神を祭るというのに・・・(少し怒り気味で

114:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:13 ID:udU

…((走りながら戻って来、体が血だらけになっており牙むき出しでうさぎをくわえていて
>純麗さん

115:純麗:2013/12/22(日) 18:13 ID:D8Y

・・・・私は、基本・・肉は食べない
>威綱

116:純麗:2013/12/22(日) 18:13 ID:D8Y

・・・・私は、基本・・肉は食べない
>威綱

117:純麗:2013/12/22(日) 18:15 ID:D8Y

・・・・狩り・・か
>桔梗

118:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:17 ID:udU

…((こくこくと首を上下振り頷けばうさぎを地面におき、人間に戻って
>純麗さん

119:純麗:2013/12/22(日) 18:18 ID:D8Y

それで・・・・その兎はどうするのだ?
>桔梗

120:威綱:2013/12/22(日) 18:21 ID:d2E

しょがねぇよ…此処では妖怪は邪魔者だからな…
それに人間は現金で薄情だ…(ふぅとため息吐き

>>ルイ

は!?嘘…だろ(信じられないといった顔で
お前…よく死なねーな

>>純麗

121:純麗:2013/12/22(日) 18:22 ID:D8Y

野菜と米だけで十分だ
>威綱

122:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:23 ID:udU

食べるしかないよね…ほら((とうさぎを指せばもうすでに血だらけで
>純麗さん

123:純麗:2013/12/22(日) 18:23 ID:D8Y

・・・・受け取ることはできない
>桔梗

124:狐斗:2013/12/22(日) 18:26 ID:ZPI

あ・・・うさぎさん・・・(ひょこっと現れ)

>>皆さん

125:威綱:2013/12/22(日) 18:27 ID:d2E

質素な生活だな…
巫女さんだからどんな生活をしてるかと思えば…(相手をじっと見て

>>純麗

126:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:27 ID:udU

何で…?((不思議そうな顔をしながらも口調は少し強めで
>純麗さん

127:純麗:2013/12/22(日) 18:28 ID:D8Y

巫女だからといって・・・高貴な生活はしていない。村人と同じ生活をしているだけだ
>威綱

私は、こういうものは受け取らない
>桔梗

128:威綱:2013/12/22(日) 18:30 ID:d2E

…っせーな(九狐の姿で草原に昼寝をしてたら相手が急に現われたので
起きてしまい欠伸しながら煩いぞ!と言いたげな顔で相手を見て/謝

>>狐斗

129:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:33 ID:udU

まあ、しょうがない…((悲しそうな顔でうつむきつつうさぎを木の根にそっと寄せて
>純麗さん

130:威綱:2013/12/22(日) 18:34 ID:d2E

はぁ〜ん…なるほど…な(そう言うと思いついたような顔で
懐から林檎と蜜柑を出し「ん…やるよ」と相手に差し出し

>>純麗

131:純麗:2013/12/22(日) 18:37 ID:D8Y

・・・けど、気持ちだけなら受け取っておく(と少しだけ微笑み
>桔梗

・・・・・いいのか?
>威綱

132:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:40 ID:udU

…ふふ((と嬉しそうに顔を歪めながら相手を見
>純麗さん

133:威綱:2013/12/22(日) 18:41 ID:d2E

…ああ(コクッ頷くも何故か急に恥ずかしくなり
「別にお前のためじゃないぞ!ただ住処に沢山あるから邪魔なんだ!」と慌てて
言って←

>>純麗

134:純麗:2013/12/22(日) 18:42 ID:D8Y

・・・・・・(すぐ無表情になって
>桔梗

・・・・もらっておく(と微笑んでいて
>威綱

135:狐斗:2013/12/22(日) 18:44 ID:ZPI

【絡み文出してもいいですか?】

136:威綱:2013/12/22(日) 18:45 ID:d2E

おう。貰っとけ(左記の台詞言うと若干嬉しそうに相手に
蜜柑と林檎を渡し

>>純麗

137:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:46 ID:udU

そう言えば…私の他に妖怪とか半妖っているの?((まだ自分の仲間と出会ったことがないらしく
>純麗さん

138:参加希望:2013/12/22(日) 18:46 ID:4rA

名前 吉野 新羅 (ヨシノ シンラ)
年齢 16
性別 女
種族 妖怪専門の退治屋
性格 いつもニコニコと笑っている、楽観的性格。
   自らの祓魔の腕に自信を持っている。
容姿 和服。西洋かぶれらしく、時折シルクハットを被っている。
武器 脇差しと呪術。
備考 退治屋の家系だからなったものの、
   本当は西洋菓子の職人になりたかったんだとか←

139:純麗:2013/12/22(日) 18:48 ID:D8Y

【OKですよーー】
・・・・ああ、いるぞ
>桔梗

・・・・・(受け取る
>威綱

140:威綱:2013/12/22(日) 18:50 ID:d2E

ちゃんと食えよ?(相手を少し睨みながら
腐らせるんじゃねーぞ?食いモン粗末にする奴は
俺ァ許さねーからよ

>>純麗

141:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:51 ID:udU

い、いるの!?((驚いた表情をしつつも瞳を輝かせ
>純麗さん

142:純麗:2013/12/22(日) 18:52 ID:D8Y

わかっている
>威綱

いるぞ、あと2人ほどな
>桔梗

143:威綱:2013/12/22(日) 18:52 ID:d2E

【一応>>128で絡んだんですけど…駄目でしたかね?】

>>狐斗本体様

144:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/22(日) 18:56 ID:udU

…会いたい((相手を期待の目でじっと見つめ
>純麗さん

145:威綱:2013/12/22(日) 18:56 ID:d2E

よぉーし腹も膨れて眠くなってきたし
ちっと(ちょっと)寝るか…(欠伸をすると九尾の姿になり床に寝そべり
寝ようとして←

>>純麗

146:狐斗:2013/12/22(日) 18:57 ID:ZPI

【どう返せばいいかわからなかったです、すみません】

147:威綱:2013/12/22(日) 18:59 ID:d2E

【そうですか…。此方こそ返しにくい返事出してしまいスイマセン…】
>>146

148:吉野 新羅:2013/12/22(日) 19:00 ID:4rA

【ありがとうございます!!】

>>主様


【絡み文投下しますんで、絡んでいただければ嬉しいです。】

成程…異国には、こんなに美しい食べ物があるのか…。
(何処から仕入れたのか、片手に西洋の料理書を持っていれば
団子を食べながら見ていて)

>ALL

149:威綱:2013/12/22(日) 19:02 ID:d2E

…(人の姿で相手が食べている団子をじーっと
食べたそうな目でチラチラと見ていて

>>新羅

150:吉野 新羅:2013/12/22(日) 19:12 ID:4rA

…、(視線の感じ、上目で相手を確認すれば立ち上がり
「コレ、あげるよ。」と相手の口に団子当てて笑い)
君も、お菓子とか好きなの?(本を開けば再び座り、そんな事を尋ねて)

>>威綱

151:威綱:2013/12/22(日) 19:15 ID:d2E

え!?マジ…でか?(相手をじーっと見て
あ?俺はお菓子と言うか…食べ物が好きだな(ニッと笑うと
「だから食いモン粗末にする奴は許さない…」と怒って

>>新羅

152:吉野 新羅:2013/12/22(日) 19:30 ID:4rA

…何?(相手の視線に気付けば、首を傾け尋ねて)
ふは、単純。けど、同感かな。
(くす、と笑えば、目を閉じそう述べ、「君、名前は?」と尋ねて)

>>威綱

153:威綱:2013/12/22(日) 19:36 ID:d2E

…これほんとに食っていいのかよ?(団子と相手を交互に見つめながら
単純って…(ムッとするも相手が同感と言うと「ならオメーも単純だな」と言い
…(自分は半妖なので名前を名乗っていいものなのか戸惑うも「…威綱だ」と最終的には
名乗ってしまい

>>新羅

154:吉野 新羅:2013/12/22(日) 19:44 ID:4rA

勿論。(にこ、と笑い、人差し指立てれば「私の祓魔呪術が
込められてるから、魔除けには最適だよ。」なんて述べて←)
まぁね。(ふふ、と笑っていれば、「けど、妖の匂い携えてる
君よりは、単純じゃないよ?半妖君?」と述べて)
ん、威綱ね。(首を傾け確かめれば、「私は、新羅。)と笑って)

>>威綱

155:純麗:2013/12/22(日) 20:21 ID:D8Y

・・・・・(村の外で妖怪退治をしていて
>ALL

156:ルイ:2013/12/22(日) 20:25 ID:i1g

【すみません!おちてました!m(__)m】
スミレ>・・・(様子を眺めていて

157: ◆p0ng:2013/12/22(日) 20:30 ID:Oq6

名前 安倍 秀明 ((Abeno Syumei
年齢 20
性別 男
種族 その他
性格 冷たい言動が多いが、それなりに良心は持っている。
   人の心を感じ取ることが得意である。悪戯好き。
容姿 黒髮は短くも長くもなく、ちょうどいいところで切り揃えている。
   真っ白な狩衣を着用している。懐中鳥帽子と扇子は客が居る時にのみ着用。
武器 占術や呪術など。
備考 最近村に越して来て、陰陽屋を行い始めた。


>>52の者です。不備があればなんなりと…】

158:威綱:2013/12/22(日) 20:34 ID:d2E

いっただきまーす(お団子を食べようとするも相手の言葉を聞いて
若干気まずそうな顔をして
!?・・・な、なんで分かったんだ?
俺・・・まだ言ってない・・・よな?(相手を驚愕したような目で見ており
ん・・・宜しく頼むぜ。新羅(コクッと頷き

>>新羅

159:純麗:2013/12/22(日) 20:41 ID:D8Y

・・・・・・(相手に弓矢を向け
>ルイ

【OKです】

160:吉野 新羅:2013/12/22(日) 20:43 ID:4rA

巫女さん、今日も妖怪退治ぃ?
(余裕そうな笑みを携え現れれば、そんな事を述べており)

>>純麗


…冗談、だよ?
(ぷ、と吹き出せば、そのままケラケラと笑っていて
「君が半妖だって事には気付いたけど、祓魔対象じゃないもん」と
余裕そうな笑みを浮かべながら述べて)
その髪、匂い、あとは…気配。なにもかも、君の周りは異質だからね。
(ニコニコと笑っていれば、「それに私、祓魔師だから。」と述べて←)

>>威綱

161:純麗:2013/12/22(日) 20:44 ID:D8Y

・・・・退治屋か
>新羅

162:吉野 新羅:2013/12/22(日) 20:51 ID:4rA

ご名答。(短く述べれば指を鳴らし、退治された妖怪見れば
「こんなに殺しちゃ、私の遊び道具がなくなるじゃん。」
なんて述べながら土地を浄化しており)

>>純麗

163:ルイ:2013/12/22(日) 20:52 ID:i1g

スミレ>・・・神殺しか。(相手を見て笑い

164:純麗:2013/12/22(日) 20:54 ID:D8Y

・・・・仕方がないだろう。ここの土地のものに退治してくれと頼まれたのだから
>新羅

・・・・お前か(と弓矢を降ろし
>涙

165:狐斗:2013/12/22(日) 20:57 ID:ZPI

【こんばんは!】

・・・・・(ばれないように、隠れながら追ってきて)

166:ルイ:2013/12/22(日) 20:58 ID:i1g

スミレ>うっす。君、わかっているよね。私が神だということを。(「天界からおとされたから鬼になっただけなんだけど。」と説明して

    妖怪をいじめすぎだよ。人類は(といいながら背伸びして

167:純麗:2013/12/22(日) 21:00 ID:D8Y

私は、邪な妖怪しか退治はせん。さっきは気配で身構えてしまっただけだ
>涙

168:吉野 新羅:2013/12/22(日) 21:01 ID:4rA

駄目だなぁ。もっと共存性を強調しなきゃ。
(足元の妖怪の屍を持てば、「それに、この祓魔方法は
惨すぎる。もっと美しく、ね。」と述べ、札を貼り)

>>純麗

169:ルイ:2013/12/22(日) 21:02 ID:i1g

スミレ>それならよし。(と偉そうに言い←
【おちます!】

170:純麗:2013/12/22(日) 21:02 ID:D8Y

・・・・・。
(やはり・・・霊力が衰えてるせいなのか・・・・、私地震の問題なのか・・・)
>新羅

171:吉野 新羅:2013/12/22(日) 21:08 ID:4rA

…どうかした?黙り込んじゃって…。
(相手の様子に疑問を抱けば、キョトンとした様子で首を傾けて)

>>純麗

172:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/22(日) 21:10 ID:Oq6

【有難うございます、では絡み文投下させていただきます】

っと…、
(店の看板を表に出してはふうっと息吐き、
「これで一先ず出来上がりか…」と呟いてはまた店の中へ入って行こうとして

>>ALL

173:純麗:2013/12/22(日) 21:10 ID:D8Y

・・・・いや、なんでもない
>新羅

174:狐斗:2013/12/22(日) 21:13 ID:ZPI

・・・・・?(店の前で、不思議そうな顔をしながら)

>>安倍さん

175:吉野 新羅:2013/12/22(日) 21:14 ID:4rA

…何この店?闇業者?
(ふらっと現れれば、店主がいるのに気が付かず
『ブラック企業?』などと失礼な台詞を述べており)

>>秀明


…(相手の様子に暫く考え込むも、「…ふーん。」と短く納得し)

>>純麗

176:狐斗:2013/12/22(日) 21:16 ID:ZPI

・・・・・!(他に人がいるのに気づくと、慌てて隠れる)

177:吉野 新羅:2013/12/22(日) 21:19 ID:4rA

…あぁ、出てきなよ。祓わないからさ。
(相手の気配に勘づけば、「そこ、隠れてるでしょ?
半妖の子。」と相手に視線配り)

>>狐斗

178:純麗:2013/12/22(日) 21:24 ID:D8Y

・・・・・・(黙ったままで
>新羅

179:吉野 新羅:2013/12/22(日) 21:33 ID:4rA

…(相手が黙り込めば、此方も黙り)

>>純麗

180:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/22(日) 21:35 ID:Oq6

ん?…こんにちは、
(相手の視線に気づいては振り返り、隠れた相手のところまで行ってはニコッと笑い

>>狐斗さん


これはこれは…大層な言いがかりですね
(相手の言葉聞いては店に入ろうとした足止めそう笑っては、
振り返り相手の方向いては「私はこの陰陽屋の主で安倍秀明と申します」と少し頭下げ

>>吉野さん

181:狐斗:2013/12/22(日) 21:37 ID:ZPI

こ・・・こんにちは・・・(怯えながら、少し泣きそうになる)

182:吉野 新羅:2013/12/22(日) 21:41 ID:4rA

陰陽…って事は、私と同業者か。
(少し驚いたように目を見開けば、「秀明…って」と
呆れたように苦笑して「私は祓魔師、吉野 新羅です。」と
いつものような笑みを浮かべながら自己紹介し)

>>秀明

183:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/22(日) 21:51 ID:Oq6

こんにちは、キツネくん
(相手の反応に何故か満足そうな笑み見せつつ、
「キミはこの村の住人…かな、?」と首傾げて

>>狐斗さん


ほうほうほう…祓魔師ですか…
(相手の言葉に手を顎に当て意味深に笑い頷いては
名前について笑っている相手見ては「…なぜ笑っているのですか、?」と苦笑浮かべて

>>吉野さん

184:狐斗:2013/12/22(日) 21:57 ID:ZPI

は・・・はい・・・この村の住人です・・・(少し泣き始める)

185:ルイ:2013/12/22(日) 22:04 ID:i1g

【わりこみ絡みぶんだしますw】
狐斗>・・・。(相手を後ろから軽くチョップして

186:純麗:2013/12/22(日) 22:06 ID:D8Y

【純麗が硬すぎるので裏の性格を追加しますw
 裏の性格 やんちゃで元気良すぎ。表とはギャップがありすぎる←
ですwww】
>ALL

187:吉野 新羅:2013/12/22(日) 22:06 ID:4rA

まぁ、本当は西洋菓子の職人になりたかった、
祓魔の技術を持つ、ただの西洋かぶれなんだけどね。
(「西洋菓子はお好き?」と述べれば、相手にクッキー投げ渡して)
だって、それじゃまるで『阿倍 晴明』の真似事だよ。
(顎に手を添えれば、ニコニコと笑いながら相手を見て)

>>秀明

188:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/22(日) 22:17 ID:Oq6

じゃあ案内して回ってくれないか
(相手の涙指で拭ってはそう述べ、「是非キミに案内して欲しい、」と相手見つめ

>>狐斗さん


ほう…
(相手の言葉にゆっくり頷いては投げられたクッキー受け止め、それ見つめており)
残念ながら真似事ではございません
(相手の言葉にそう笑っては、「正真正銘、安倍家の血を受け継いでおります」とぺこり頭下げて

>>吉野さん

189:吉野 新羅:2013/12/22(日) 22:24 ID:4rA

あ、ごめん。お団子とかの方が好きだった?
(ふと思ったのか、そう述べれば「そうだよね!! まず日本では見ない
ような得体の知れない物、渡されても困るよね!!いやでも…」
と、自問自答しており←)
…(暫く相手の言葉にフリーズすれば、ようやく理解したのか
「嘘!!?」と言葉を発し、驚いて)

>>秀明

190:狐斗:2013/12/22(日) 22:25 ID:ZPI

・・・!?(チョップされたことを凄く驚き)

>>涙さん

・・・・・!(相手が近すぎて驚き、木陰に隠れてしまう)

191:純麗:2013/12/22(日) 22:26 ID:D8Y

・・・・・陰陽師か・・
(神社に戻ろうとしていたところに神社を見つけ、足取りを止めそうつぶやき
>ALL

192:ルイ:2013/12/22(日) 22:27 ID:i1g

コト>え?ちょいちょい(鬼の角が生え

   同い年なんだから、仲良くしようよ(「可愛い」といい相手を抱きしめ

193:狐斗:2013/12/22(日) 22:43 ID:ZPI

角・・・怖いです・・・(少し泣きながら体を震わせている)

>>涙さん

194:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/22(日) 22:47 ID:Oq6

いや…クッキー、でしたよね?
(相手の言葉に首振ってはそう問いかけ、袋開けては開け口に鼻近づけ匂いかいでみて
本当です、一応
(苦笑い残しそう述べては、「本名は"しゅうめい"でなく"ひであき"と読みますが」と

>>吉野さん


…、初めまして
(相手に気づいては足を止め振り返りそう述べて、
「巫女姿…ここらには神社があるのですか、?」と首傾げて

>>純麗さん

195:純麗:2013/12/22(日) 22:53 ID:D8Y

・・・・ああ、はじめまして・・
(と挨拶をし「そう、ここの村の奥の方の方には神社がある」と答え
>秀明

196:狐斗:2013/12/22(日) 22:53 ID:ZPI

【絡み文出します!】

・・・・・うっ・・・ううーっ・・・!(山にいたら、猟師の仕掛けた罠に足を挟まれて血が出ている)

>>何方か

197:吉野 新羅:2013/12/22(日) 22:55 ID:4rA

え?あぁ、うん。クッキー。
(心配そうに首を傾け、眉を下げれば「味は保証するぞ!!」と
言葉とは裏腹に自信無さげな態度で)
へぇー…ヒデアキ…か。
(まだ驚きが隠しきれず、唖然としながら短くそう述べれば一転し、
くす、と笑みを携え「君、面白いな。気に入った!!」と上から目線に)

>>秀明

198:ルイ:2013/12/22(日) 22:58 ID:i1g

コト>・・・え?あぁ、私鬼だった。(「じゃあこれでどう?」といい狼の耳と尻尾を出し

199:吉野 新羅:2013/12/22(日) 22:59 ID:4rA

【見逃しすみません!! 絡ませていただきます。】

面白いよねー、この辺。色んな所にお社があってさ。
(ニコニコと笑みを浮かべながら、ふと背後から現れ)

>>純麗


…誰か居るのか?
(薬草を採りに山に入れば、喚き声に気づいて)

>>狐斗

200:純麗:2013/12/22(日) 23:00 ID:D8Y

・・・そうだな
(「昔は、とてものどかなところだったが・・・今はこんなにも賑わっている」と微笑みながらつぶやき
>新羅

201:吉野 新羅:2013/12/22(日) 23:07 ID:4rA

うん。私によく合う町になったよ。
(ニコニコと笑っていれるも、「でも、そのせいで参拝者は減って、
今はこんなに苔だらけだよ…。」と、一転して儚い笑みを浮かべ、
社の苔や落ち葉を払って)

>>純麗

202:狐斗:2013/12/22(日) 23:09 ID:ZPI

狼さん・・・?(不思議そうな顔をしながら、相手を見つめ)

>>涙さん

・・・!(いきなりの人の声に驚く)

>>新羅さん

203:純麗:2013/12/22(日) 23:09 ID:D8Y

・・・・確かにな
(「ここに訪れる村人が減ったせいなのか・・・社が汚れてきている・・」と、ホウキを持ち、あたりの落ち葉を掃き始めて
>新羅

204:ルイ:2013/12/22(日) 23:16 ID:i1g

コト>うん。私、鬼と狼のハーフの妖怪なの

205:狐斗:2013/12/22(日) 23:23 ID:ZPI

・・・・・(尻尾を振りながら、耳をぴくぴくとさせて相手をじーっと見る)

>>涙さん

206:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/22(日) 23:24 ID:Oq6

ふふ…では、いただきます
(クッキー一つ手にとっては押し頂いて、サクっと一口食べてみて
はい、
(相手の言葉にそう頷いて、気に入ったと言われては「光栄です、」と苦笑浮かべて

>>吉野さん


【さっきのレスってどうなったんでしたっけ…?!((((;゚Д゚)))))))】

>>狐斗さん


ほう…神社、ですか
(相手の言葉にそう頷いては、
「では、今度また御参りに伺わせていただきます」と笑って

>>純麗さん


【一旦落ちます!!また帰ってきます、】

207:純麗:2013/12/22(日) 23:28 ID:D8Y

・・・・・ああ、楽しみにしている
(相手が伺わせてもらうというと嬉しいからか微笑み
>秀明

208:吉野 新羅:2013/12/22(日) 23:47 ID:4rA

…半妖…か。
(草を掻き分け姿を見れば、相手の姿にピクリと反応するも
傍に寄り、黙って枷を外して)

>>狐斗


儚いものだね、人の心情は。
(ふ、と溜め息吐けば空を見て、「共存は出来ないのかな」なんて
自嘲するように笑いながら述べており)

>>純麗


ど…どう、かな…?
(おどおどとした様子で相手を見つめて)
そういやさぁ、秀明は、妖怪と共存って出来ると思う?
(店先の看板の前にしゃがみ、目を向ければ、唐突に尋ねて)

>>秀明

209:純麗:2013/12/22(日) 23:49 ID:D8Y

・・・・そうだな(同じように空を見上げ「共存か・・」とつぶやき
>新羅

210:吉野 新羅:2013/12/22(日) 23:54 ID:4rA

…(ふ、と笑えば、「なんてね馬鹿馬鹿しい!!そもそも私は、
しんみりしたのは嫌いだしね!!」と、あっけらかんと笑い)

>>純麗

211:純麗:2013/12/22(日) 23:56 ID:D8Y

・・・・(いきなりあっけらかんと笑い出した相手に苦笑し)
>新羅

212:吉野 新羅:2013/12/23(月) 00:00 ID:4rA

…まぁ、どう変えていくかなんて運命の自由だよ。
(ケラケラと笑っているも、一瞬悲しげに目を伏せ呟いて)

>>純麗

213:純麗:2013/12/23(月) 00:03 ID:D8Y

【落ちます】

214:安倍秀明 ◆LTZM:2013/12/23(月) 02:42 ID:.cg

はい。では早速明日の夕刻に、
(相手の言葉に頷いてはそう笑って、「では、」と小さく頭下げ

>>純麗さん


うん…美味しい、
(相手の言葉に頷いては口許押さえつつそう述べ笑って、
共存できるかと聞かれては「…なぜそんなことを聞くのですか、?」と興味ありげに笑い首傾げて

>>吉野さん

215:吉野 新羅:2013/12/23(月) 03:33 ID:4rA

本当ですか!!?
(ぱっ、と顔上げれば驚いたように目を丸くし、よほど嬉しかったのか
「良かったぁ…」と、安心したように穏やかに微笑んでいて)
だって私、嫌いな妖怪(ヤツ)しか祓魔したくないしさ。
(むす、と唇尖らせば、「祓魔の瞬間は好きだけど、その妖怪が
イイコならむしろ遊びたいし…。」と、視線を横に流しながら呟いて)

>>秀明

216:狐斗:2013/12/23(月) 10:21 ID:ZPI

【安倍さんの言うレスとは「案内」を迫るレスのことですか?(間違っていたらすみません)
あのレスには190?で返したんですが・・・「>>安倍さん」を付け忘れてました!
もしかしたら、そのせいかもです、すみません】

あ・・・ありがとう・・・(少し怯えながら、相手の顔を見てお礼を言う)

>>新羅さん

217:吉野 新羅:2013/12/23(月) 10:58 ID:4rA

…ん。
(にこ、と穏やかに笑えば、相手を安心させようと軽く撫で、
「何で罠に填まってたんだ?」と首をかしげながら問い)

>>狐斗

218:狐斗:2013/12/23(月) 11:13 ID:ZPI

お墓参りに・・・来たの・・・そしたら、足挟まれて・・・
せっかく集めた木の実も、どっかいっちゃったの・・・(相手に泣きながら抱きつく)

>>新羅さん

219:吉野 新羅:2013/12/23(月) 11:41 ID:4rA

そっか…。(眉を下げ撫でれば、相手に向かってしゃがみ
「でも、木の実ならまた探せば良い。私も手伝うから。
それからお墓参り行こう、ね?」と笑いながら相手の目を見て)

>>狐斗

220:匿名さん:2013/12/23(月) 12:16 ID:U.A

名前 霊郭 死至 (れいかく しし)
年齢 18
性別 ♂
種族 妖怪専門の退治屋
性格 冷静で冷たく妖怪専門の退治屋なのに妖怪や半妖怪を好んでいる・巫女や同じ妖怪専門の退治屋の人らは、大嫌い・
村人の手伝いをよくする
容姿 白の髪の色で髪は、以外にもながく腰まで伸びている・純血した目に白の瞳・両腕が黒く変色している・いつも貴族らしい
服を着ている
武器 人間と戦う時は、火縄銃で妖怪を退治する時は、何か書かれているお札
備考 武士の家から生まれてきたが「才能がある!」っと言われてそれから退治屋になった・村人には、結構人気

【参加希望です】

221:ルイ:2013/12/23(月) 12:51 ID:i1g

コト>・・・(相手を撫でて

222:狐斗:2013/12/23(月) 13:07 ID:NG2

ありがとう・・・(涙をポロポロ流しながら)

>>新羅さん、涙さん

223:吉野 新羅:2013/12/23(月) 13:14 ID:4rA

あぁ。
(短く述べれば相手の涙を指で拭い、
「男の子なら泣くな、半妖。」と笑い掛けて)

>>狐斗


【仮参加なさっていれば大丈夫だと思います!!】

>>220

224:ルイ:2013/12/23(月) 13:17 ID:i1g

コト>泣くな(相手を抱きしめ

・・・御前本当に11歳か?

225:狐斗:2013/12/23(月) 13:52 ID:NG2

うん・・・(半泣き状態で)

>>新羅さん

えっ・・・(少しショックを受けて)

>>涙さん

226:ルイ:2013/12/23(月) 14:01 ID:i1g

コト>男でしかも11歳そんなに泣いててもどうにもならないぞ(呆れ
   もう泣かない、約束できる?

227:狐斗:2013/12/23(月) 14:17 ID:NG2

泣きたくなくても・・・泣いちゃいますよ・・・(その女の子の様な高い声を、初めてまともに出して)

>>涙さん

228:霊郭 死至:2013/12/23(月) 14:21 ID:U.A

【仮参加ですけど絡み文を出します】

寒くなったなぁー・・・・
(そう言いながら火縄銃を持ちながら森を散歩する)
>ALL

229:ルイ:2013/12/23(月) 14:21 ID:i1g

コト>私がついてるから、泣きそうになった時は私に頼るがよい(相手のあたまを撫で

【落ちます!】

230:狐斗:2013/12/23(月) 14:27 ID:NG2

うん・・・(狐耳をピクピク動かしながら)

>>涙さん

【了解です!】

ひっ・・・(火縄銃を見て、すごく怯えながら)

>>死至さん

231:霊郭 死至:2013/12/23(月) 14:33 ID:U.A

ん?
(声がしてきょろきょろと辺りを見回す)
>狐斗

232:狐斗:2013/12/23(月) 14:40 ID:NG2

う・・・うぅ・・・(怖さのあまり、泣き出しそうになる)

>>死至さん

233:霊郭 死至:2013/12/23(月) 14:42 ID:U.A

何処だ?子供か?
(そう言いながら声がする方へ行く)
>狐斗

234:狐斗:2013/12/23(月) 14:45 ID:NG2

あ・・・ああ・・・・(怖くて、まともに声が出せなくなる)

>>死至さん

235:霊郭 死至:2013/12/23(月) 14:47 ID:U.A

あっ!
(狐斗を見つけて)
>狐斗

236:狐斗:2013/12/23(月) 14:54 ID:NG2

い・・・いやだ・・・死にたくない・・・殺さないで下さい・・・(泣きはじめる)

>>死至さん

237:霊郭 死至:2013/12/23(月) 14:56 ID:U.A

何だお前?
妖怪か?人間か?
(そう近寄りながら質問する)
>狐斗

238:狐斗:2013/12/23(月) 15:07 ID:NG2

は・・・半妖・・・です・・・(泣きながら)

>>死至さん

239:霊郭 死至:2013/12/23(月) 15:10 ID:U.A

へぇー、半妖怪かー
俺は、初めて見たなー
(真っ黒に変色した手で狐斗の耳を触る)
>狐斗

240:狐斗:2013/12/23(月) 15:14 ID:NG2

ひゃうっ・・・(すごく怯えながら、触られないように耳を手で押さえる)

>>死至さん

241:吉野 新羅:2013/12/23(月) 15:15 ID:4rA

よし、だいぶ泣き止んだね。
(ふ、と笑えば、「いきなりは無理でも、君なら強くなれるよ。」
と立ち上がりながら述べて)
あ、さっき『お墓参り』って言ってたけど…誰か亡くなったのか?

>>狐斗


…スー…。
(近くの寂れたお社で、穏やかな表情で寝ていて)

>>死至

242:霊郭 死至:2013/12/23(月) 15:17 ID:U.A

どうしてそんなに怯えているんだ?
(顔を近づかせながら)
>狐斗

何しているんだ?
(軽く相手の頬を叩き)
>吉野

243:吉野 新羅:2013/12/23(月) 15:25 ID:4rA

…んー…?
(片目を薄く開けば、ゆっくりと起き上がり
「寝てただけだよ」と欠伸しながら伸びており
目を擦っては「あれ、君誰ー?」と呑気に問い)

>>死至

244:狐斗:2013/12/23(月) 15:25 ID:NG2

お父さんと・・・お母さんのお墓参りなの・・・
僕がまだ小さかった頃に、村の人達にばれて目の前で
銃で撃たれたの・・・お父さんは狐の妖怪で、お母さんは巫女さんだったの・・・

>>新羅さん

だ、だって・・・銃怖いもん・・・

>>死至さん

245:吉野 新羅:2013/12/23(月) 15:28 ID:4rA

そうなんだ…。
(悲しげに眉を寄せれば、「けど、それなら尚更笑ってなきゃ。
ご両親、君の泣き顔は見たくないと思うよ。」と再び撫でて)

>>狐斗

246:狐斗:2013/12/23(月) 15:39 ID:NG2

うん・・・(尻尾を振りながら、相手にそっと抱きつく)

>>新羅さん

247:吉野 新羅:2013/12/23(月) 15:46 ID:4rA

ふ、君は甘えたがりだな。
(くすくすと笑っていれば、「私に弟はいないけど、
君のような弟が居れば楽しそうだな。」と述べていて

>>狐斗

248:狐斗:2013/12/23(月) 16:07 ID:NG2

・・・・・(気持ちよかったのか、眠くなり始めて)

>>新羅さん

249:狐斗:2013/12/23(月) 17:22 ID:NG2

【誰かいますかー?】

250:霊郭 死至:2013/12/23(月) 17:35 ID:U.A

【すいません、用事のせいで落ちていました】

霊郭 死至だ
(名前を言うと相手から少し距離を置いて)
>吉野

あぁ、これか
(そう言うと銃をしまい)
>狐斗

251:ルイ:2013/12/23(月) 17:38 ID:i1g

all>・・・(屋根の上にいて

252:霊郭 死至:2013/12/23(月) 17:40 ID:U.A

起きろーー!そこの野郎ー!!
(屋根の下から大声で叫び)
>ルイ

253:ルイ:2013/12/23(月) 17:42 ID:i1g

シシ>ぬわっ(吃驚して耳と尻尾がでて

   なによ・・・

254:霊郭 死至:2013/12/23(月) 17:45 ID:U.A

此処の住民が困っているだろうが
(住民の方へ指さし)
>ルイ

255:ルイ:2013/12/23(月) 17:46 ID:i1g

シシ>はぁ?どうでもいいし(立ち上がると鬼の角が生え

256:ルイ:2013/12/23(月) 17:49 ID:i1g

だるっ(又寝転び

257:霊郭 死至:2013/12/23(月) 17:49 ID:U.A

もう1回言おっか?住民が困っているから邪魔にならない所で寝ろって言っているんだよ!
(少しイライラし始め)
>ルイ

258:ルイ:2013/12/23(月) 17:51 ID:i1g

シシ>なんで困るのよ・・・理由を教えてもらわないとどけない(真顔で

259:霊郭 死至:2013/12/23(月) 17:54 ID:U.A

屋根とか壊れる心配があるからそうだ
(そう言いながら家の近くにある木に登り始め)
>ルイ

260:ルイ:2013/12/23(月) 17:55 ID:i1g

シシ>ふぅ〜ん・・・って何登り始めてんのよ!(オオカミの姿になり

261:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:00 ID:U.A

別に・・・それじゃさっさと降りろ!
(そう厳しい感じで言う)
>ルイ

262:ルイ:2013/12/23(月) 18:01 ID:i1g

シシ>はいはい・・・(すると隣の隣の隣の屋根に飛び移り寝て

263:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:03 ID:U.A

アイツ・・・
(かなり怒っていてそうするとお札を出して何か唱えている)
>ルイ

264:ルイ:2013/12/23(月) 18:05 ID:i1g

シシ>・・・ギアオフ。(そういうと自分の周りにシールドが出て

265:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:07 ID:U.A

・・・
(そう言うとお札の力で自分が浮いて)
>ルイ

266:ルイ:2013/12/23(月) 18:08 ID:i1g

シシ>・・・(相手を見て少し笑っていて

267:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:10 ID:U.A

解!
(そう言うと右腕がごうごうと燃え始め)
>ルイ

268:ルイ:2013/12/23(月) 18:13 ID:i1g

シシ>・・・(右手を見ていて

269:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:16 ID:U.A

・・・
(一気に近づき)
>ルイ

270:ルイ:2013/12/23(月) 18:19 ID:i1g

シシ>・・・積極的だね。(鬼の角が生えると空を飛び相手の後ろに行って

271:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:22 ID:U.A

残念♪
(そう言うと背中から鬼の手が出てきてルイを捕まえようとする)
>ルイ

272:ルイ:2013/12/23(月) 18:25 ID:i1g

シシ>鬼の手?(「ごつい」などと変なことを言い出し避けて

   相手の髪の毛を引っ張り(「めずらしい」と言って笑い

273:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:32 ID:U.A

・・・
(何かブツブツ言うと自分の髪の毛が相手の手を捕まえて)
>ルイ

274:ルイ:2013/12/23(月) 18:34 ID:i1g

シシ>・・・んー(何か考えて

   髪の毛がちぎれたら可哀そうだからそのままにするか・・・(といい相手の近くに行き「なに?」といい

275:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:38 ID:U.A

(ニコッとすると燃えている手で相手の首を掴み)
とっとと去れ
(と、言う)
>ルイ

276:ルイ:2013/12/23(月) 18:40 ID:i1g

シシ>やだ(笑顔でそういうと相手の顔に手をかざし水をぶっかけて

277:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:42 ID:U.A

うっ・・・
(そう言うと燃えていた腕が修まっていき目を擦り始める)
>ルイ

278:ルイ:2013/12/23(月) 18:44 ID:i1g

シシ>・・・(相手の額に人差指を当てると光が出て、鬼という文字が記され

279:狐斗:2013/12/23(月) 18:46 ID:NG2

・・・・・(木陰から、二人が何かしているのを見ている)

280:ルイ:2013/12/23(月) 18:47 ID:i1g

コト>・・・(相手に気付きピースする

281:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:48 ID:U.A

何しやがった!
(そう言いながら相手と距離をとる)
>ルイ

282:狐斗:2013/12/23(月) 18:50 ID:NG2

・・・・・?(首を傾げる)

283:ルイ:2013/12/23(月) 18:51 ID:i1g

シシ>焼印。(呪文を唱えると大きな鑑が出てきて

コト>・・・(クスッと笑い

284:狐斗:2013/12/23(月) 18:54 ID:NG2

二人とも、喧嘩しちゃ駄目だよ・・・

285:霊郭 死至:2013/12/23(月) 18:55 ID:U.A

何だそれ?また、呪われろってか?
(軽く笑いながらお札を取り出す)
>ルイ

286:ルイ:2013/12/23(月) 18:55 ID:i1g

コト>これは喧嘩じゃない、大丈夫だから…(相手のもとへ行き

287:狐斗:2013/12/23(月) 18:58 ID:NG2

ほんと・・・?ほんとに喧嘩じゃない・・・?(不安な顔をしている)

288:ルイ:2013/12/23(月) 18:59 ID:i1g

シシ>なんなの?次は、(コトの方を見て

289:ルイ:2013/12/23(月) 19:00 ID:i1g

コト>大丈夫(相手を抱きしめ

290:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/23(月) 19:17 ID:mTk

【あ、それです…!!有難うございます、m(_ _)m】

…、
(木陰に隠れてしまった相手見ては
一瞬キョトンとするも直ぐに口許押さえクスリと笑っており、
「それは拒否と受け取ればいいのか、?」と首を傾げて

>>190 狐斗さん


ですが…少し硬いのでは?
(相手の反応見て頷き微笑むも少し首傾げてはそう述べ、しかしハッとしたような顔しては
「あ…ごめんなさい、初めて食べたのに生意気なこと言って。忘れてください」と苦笑浮かべて

>>215 吉野さん

291:純麗:2013/12/23(月) 19:54 ID:D8Y

・・・・・(滝に打たれて、身を清めていて
>ALL

292:狐斗:2013/12/23(月) 19:54 ID:NG2

・・・・・(落ち着いているが、内心抱きしめられてすごく照れている)

>>涙さん

だって・・・村の人達・・・怖いもん・・・(怯えながら)

>>安倍さん

293:狐斗:2013/12/23(月) 19:58 ID:NG2

・・・・・(相手をじーっと木陰から見ている)

>>純麗さん

294:純麗:2013/12/23(月) 20:06 ID:D8Y

・・・・・(よほど集中しているのか相手の気配に気づかず
>狐斗

295:狐斗:2013/12/23(月) 20:14 ID:NG2

・・・・・(小声で「冷たくないのかな・・・?」と言って)

>>純麗さん

296:純麗:2013/12/23(月) 20:16 ID:D8Y

・・・・・・(そのままの状態でいて
>狐斗

297:狐斗:2013/12/23(月) 20:23 ID:NG2

・・・・・(近くにいた小鳥を眺め始める)

298:狐斗:2013/12/23(月) 20:42 ID:NG2

・・・冷たい(水に少し手を入れて)

>>純麗さん

299:純麗:2013/12/23(月) 20:47 ID:D8Y

・・・・・お前は・・(つぶっていた目を片方開けて
>狐斗

300:吉野 新羅:2013/12/23(月) 20:57 ID:4rA

ったく…一応此処、山ん中だぞ?起きろ。
(困ったように苦笑すれば、相手の肩叩き)

>>狐斗


ふーん。あ、私吉野 新羅ね。
(短く紹介すれば、社から足を投げぷらぷらと振っていて
距離を置かれれば「えー、離れるって酷ぉーい」と
ケラケラと笑いながら冗談めかして述べていて←)

>>死至


そっか、分かった。
(相手のアドバイスを真剣に聞いていれば、「いや、今度は混ぜ方も
忠実に再現する!」と嬉しそうに笑い、相手に謝られれば「今まで散々
『西洋かぶれ』って罵られてきたから、その方が良い!!」と笑っていて)
あの、さ…良かったらだけど、また作ったら貰ってくれないかな?
(言いづらそうにそう述べれば、「また、正直な感想が聞きたいんだ」
と照れ臭そうに眉を寄せ、視線を横に流して)

>>秀明

301:狐斗:2013/12/23(月) 21:25 ID:NG2

あ・・・その・・・えっと・・・こんにちは・・・(頭をぺこりと下げ)

>>純麗さん

・・・う・・・うう?(寝ぼけている)

>>新羅さん

【↑意味不明なことになってますね、よく見ると】

302:純麗:2013/12/23(月) 21:27 ID:D8Y

・・・・なにをしている?(と滝から離れて
>狐斗

303:霊郭 死至:2013/12/23(月) 21:35 ID:U.A

少し治療をするだけだ
(そう言うとお札で怪我している所を治す)
>ルイ

何で自己紹介をしなきゃいけないの?
それと、社近くで普通に寝ていたら普通人から避けられるぞ?
(そう言うと山奥へ行こうとする)
>吉野

304:吉野 新羅:2013/12/23(月) 21:37 ID:4rA

…祓うぞ?
(起こそうと考えたのか、にや、と黒い笑みを浮かべれば
相手にとって恐ろしいだろう言葉を呟いて)

【そうですねww まぁ、面白いので大丈夫ですよ!!←】

>>狐斗

305:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/23(月) 21:39 ID:mTk

…此処か、
(神社に着いてはキョロキョロと相手探し始めて

【滝って何処に有りますか…?!】

>>純麗さん


ほう…なぜそんなに怖がるんだ、?
(相手の言葉聞いては興味深いというようにそう笑って

>>狐斗さん



そうですか、
(相手の言葉聞いてはそう笑い、貰ってくれないかと聞かれては頷いて
「私で良いのなら有難く頂戴しましょう、」と微笑んで
ほうほう…なかなか面白い考え方ですね
(相手の言葉に手を顎に添えつつそう笑っては、「しかしながら私は無理だと考えます」と無理を強調してはそう述べ、
「何故なら人間が勝手だからです。全てを自分たち人間基準に考え、妖達を悪いものと良いものに分けてしまう。
そんな勝手を、果たして妖達は許してくれるでしょうか」と付け足すように述べては笑っており

【ごめんなさい、後者のほうのレスは前回のです汗
見落としてました…】

>>吉野さん

306:吉野 新羅:2013/12/23(月) 21:44 ID:4rA

第一の解答、私が知りたいから。というか、知らないのが嫌だから?
第二の解答、避けられても、自分から関わるから平気。
(余裕そうな笑みを携えていれば、「君ももっと、関わりを持った
方が良いよ?私みたいにさ、」と相手に付いていき←)

>>死至

307:純麗:2013/12/23(月) 21:44 ID:D8Y

【村から離れた森の中・・・ですかね】
>秀明

308:霊郭 死至:2013/12/23(月) 21:52 ID:U.A

つまり簡単に言うとお前は、新手のストーカーか変態か?
(そう言うと十分に距離をとり)
>吉野

309:吉野 新羅:2013/12/23(月) 21:56 ID:4rA

【大丈夫です!! 気付いてませんでしたから←】

良いのか!!?(ぱっ、と顔を上げれば、嬉しそうに笑っていて
「やっぱり良い奴だね、秀明!!」と爛々と述べて)
…やっぱり、そうだよね…。
(睫毛を伏せれば、悲しげに溜め息吐いて着物で口元隠し
ふと「…秀明は、何で陰陽屋してるの?」と憂いを帯びた視線で問い)

>>秀明


えー、酷いなぁ。
(言葉とは裏腹に、ケラケラと軽く両手を広げて笑っていれば、
「じゃあその追跡者が、もし君に興味を持ち始めてたら…君、
どうする?」と、余裕そうに笑いながら訊いて)

>>死至

310:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/23(月) 22:19 ID:mTk

【ですよね、神社の中なわけがないですよね←】

居ないか…
(相手居ない事確認してはため息吐いて神社をあとにし、
村を抜け相手のいる森の中入っていき

>>純麗さん


【良かったのか、良くなかったのか…笑】

ええ…有難うございます、
(相手の問い返しに小さく頷いては
相手のテンションに苦笑いしつつも礼を述べ、
ええ、だから人間が考えを改めない限りは無理ですね
(悲しげな相手見ても淡々とそう述べては笑っており、
何故陰陽師をしているかと聞かれては「さあ…何故でしょうね、?」と微笑みつつ首傾げて

>>吉野さん

311:ルイ ◆zS6.:2013/12/23(月) 22:49 ID:i1g

コト>・・・照れるなよ(相手を撫で

シシ>・・・ふぅ〜ん(「何処で休もっかな」といい歩いていき

312:純麗:2013/12/23(月) 23:00 ID:D8Y

・・・・・・(もう清めは終わったのか着替え、帰ろうとしていて
>秀明

313:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/23(月) 23:40 ID:mTk

あれ、貴方は…神社の巫女さんではありませんか、
(キョロキョロと辺り見回しつつ歩いていては相手見つけそう述べては、
「こんにちは」と頭下げて

>>純麗さん

314:純麗:2013/12/23(月) 23:45 ID:D8Y

・・・・・この前の・・・
>秀明

315:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/23(月) 23:52 ID:mTk

陰陽屋の主で、安倍秀明といいます
(相手の言葉に頷いてはそう述べ少し頭下げ、
「先程神社に行ってみたら貴方がいなかったので今日は諦めようかとも思ったのですが。
こんなところで会えるとは、運命ですかね、?」と悪戯な笑み浮かべてはそう述べて

>>純麗さん


【一旦風呂落ちしますっ、】

316:吉野 新羅:2013/12/23(月) 23:55 ID:4rA

君みたいな偏見をもたない人、初めて会ったな。
それに君…なんか、感情が一定だ。
(先程から笑みを絶やさない相手に疑問を抱いたのか、そう述べれば
「君の周りは、皆そうなのか?」と尋ねて)
私は、ただ家督を継げと言われてなっただけだけど…正直、私は
この業が嫌いだ。(自嘲するように笑っていれば、「秀明は嫌じゃ
ないのか?」と相手に尋ねて)

>>秀明

317:純麗:2013/12/23(月) 23:58 ID:D8Y

私は、純麗だ。よろしく頼む
(「・・・・そうか。それは悪かったな」とわざわざ神社を訪ねてきてくれたのに
自分がいなく悪く思ってるようで)
>秀明

318:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/24(火) 02:55 ID:.W2

一定なんかじゃないですよ。
私だって人間ですから悲しんだり怒ったり、時には取り乱したりだってします
(相手の言葉に困ったように笑ってはそう述べて、
「それに…こんな変わり者の私の周りに人なんていませんから、」と自嘲するように笑っては、
相手の問いかけに睫毛伏せるも直ぐに視線相手へと戻し「安倍家の血を継ぐ者である限り、
この鎖は私を離すことはありません」と淋しげに述べて

>>吉野さん


はい、よろしくお願いします
(相手の言葉に頷いてはそう述べて、
相手に謝られては首横に振り「いやいや、全然大丈夫ですよ。いつでも行ける距離ですし、」と笑って

>>純麗さん


【返し落ちです*】

319:狐斗:2013/12/24(火) 07:44 ID:NG2

え・・・?いえ・・・あの・・・えっと・・・(少し戸惑い)

>>純麗さん

・・・!!!(木陰に大急ぎで隠れて涙目になる)

>>新羅さん

だ・・・だって・・・(言うのも少し怖がりながら)

>>安倍さん

320:吉野 新羅:2013/12/24(火) 16:31 ID:4rA

…それは、安心したけど…。
(相手の言葉に切なげに眉を下げれば、「…なら、私が近くにいる。
周りに何もないなら、私が君の居場所になるよ! だから…友達になろう?」
と、相手の言葉を否定するように首を振りながら尋ね述べて)
…私達の鎖は、いずれ外れる。いや、消える、といった方が正確かな?
(ふとそう呟けば、「こんなに多くの妖が、日々殺戮されているんだ。
全滅まで、時間はそう遠くないさ。」と、苦し紛れに笑って)

>>秀明


ははっ、そう簡単に遊び相手を祓魔しないよ。
(相手の様子を面白そうに見ていれば、
「家まで送るよ。お家は何処?」と手招きし)

>>狐斗

321:狐斗:2013/12/24(火) 17:25 ID:dZE

僕に・・・お家はありません・・・お父さんとお母さんが
撃たれた日に・・・燃やされました・・・(泣きながら言う)

>>新羅さん

322:ルイ ◆zS6.:2013/12/24(火) 17:26 ID:i1g

コト>又泣いてる(後ろからそう言い

323:狐斗:2013/12/24(火) 17:37 ID:dZE

なんで・・・僕には幸せが来ないの・・・?(そう言うと、泣きながら倒れる)

324:ルイ ◆zS6.:2013/12/24(火) 17:48 ID:i1g

コト>あっ(相手を支え

325:狐斗:2013/12/24(火) 18:18 ID:dZE

う・・・ううう・・・(相手に抱きつきながら泣く)

326:ルイ ◆zS6.:2013/12/24(火) 19:18 ID:i1g

コト>・・・今日だけだぞ(こちらも抱きしめ

   泣け、気がすむまで泣けばよい

327:吉野 新羅:2013/12/24(火) 19:49 ID:4rA

え…じゃあ、今まで何処に住んでたんだよ?
(首を傾け、相手に尋ねて)

>>狐斗

328:狐斗:2013/12/24(火) 20:16 ID:dZE

あたた・・・かい・・・お母さんみたい・・・(安心し始める)

>>涙さん

最初は街の方に出てみましたが、半妖という理由で、虐待を受けたりしたので
近くを転々と野宿していました

>>新羅さん

329:ルイ:2013/12/24(火) 20:26 ID:i1g

コト>・・・(抱きしめたままで

330:吉野 新羅:2013/12/24(火) 20:32 ID:4rA

…なら、寝ている間は人の姿をしていれば良い。
もし来ないのなら、それは君がまだ未熟だからだ。違う?
(わざと厳しい口調で述べれば、じっと相手に視線を流し)

>>狐斗

331:狐斗:2013/12/24(火) 20:55 ID:dZE

僕・・・人間の姿になる方法・・・知らないの・・・
ごめんなさい・・・(相手の顔を見ながら)

>>新羅さん

332:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/24(火) 20:59 ID:M0s

だって、何ですか?
(相手の言葉聞いてはからかうように笑っており

>>狐斗さん


…有難うございます、
(友達になろうという相手の言葉にそう苦笑浮かべては
「しかし、それはお断りさせていただきます」と頭下げて)
妖が消えても、人が消えない限り私が放されることはありません
(相手の言葉聞いてはそう苦笑浮かべ、
「理由は一つ。人は呪いや祟りを信じていて、
いつの時代もそれは変わらず陰陽の力を頼る者がいるからです」と

>>吉野さん

333:吉野 新羅:2013/12/24(火) 21:15 ID:4rA

じゃあ、今までずっと妖怪の姿で居たのか?
(困ったように眉を寄せれば、そう述べて)

>>狐斗


…そっ、か。
(気まずそうに目線を落とせば、「…ちなみに、何でだよ?」と
軽く相手を見上げて)
…せめて、皆妖を見れれば、嫌な奴だけじゃないって分かるのに…。
(自分の無力さに腹立ち、眉を寄せ唇噛み締めればそう述べて)

>>秀明

334:狐斗:2013/12/24(火) 21:17 ID:dZE

僕・・・村の人達に・・・殺されちゃう・・・(泣きながら)

>>安倍さん

335:ルイ:2013/12/24(火) 21:18 ID:i1g

コト>なら・・・御前私と住めよ。(話を聞いていて

336:狐斗:2013/12/24(火) 21:53 ID:dZE

う・・・うん・・・(少し悲しそうな顔をして)

>>新羅さん

【まあ、半妖なので小さな男の子に狐耳と狐尻尾が生えているだけですしねw】

で・・・でも・・・僕、迷惑かけちゃうから・・・

>>涙さん

337:ルイ:2013/12/24(火) 22:05 ID:i1g

コト>ってか私も家ないし。一緒にいるだけでもちがうぞ?

338:狐斗:2013/12/25(水) 15:48 ID:q1k

でも・・・やっぱりできないよ・・・
ごめんなさい・・・

>>涙さん

339:ルイ:2013/12/25(水) 16:10 ID:i1g

コト>そっか。でも、何かあったら言えよ?(といいその場を去り

340:狐斗:2013/12/25(水) 16:14 ID:q1k

うん・・・ありがと・・・

341:禄岳:2013/12/25(水) 16:14 ID:U.A

食事とかは、自分でしてね
(そう言うと自分の家へ向かい)
>ルイ

342:禄岳:2013/12/25(水) 16:15 ID:U.A

【間違えて違うスレに書き込みました!すいません!】

343:ルイ:2013/12/25(水) 16:30 ID:i1g

コト>(・・・心配だな。)

344:狐斗:2013/12/25(水) 16:50 ID:q1k

あ・・・そうだ・・・これ、どうぞ・・・(相手に木の実を渡す)

>>涙さん

345:ルイ:2013/12/25(水) 16:59 ID:i1g

コト>え?木の実?

346:狐斗:2013/12/25(水) 17:26 ID:q1k

うん・・・少しだけど、お礼・・・
心配してくれてありがと・・・(初めて少し笑顔を見せる)

>>涙さん

347:ルイ:2013/12/25(水) 17:35 ID:i1g

コト>・・・お礼なんていいのに・・・。(相手を抱きしめ
   ありがとう。

348:狐斗:2013/12/25(水) 17:53 ID:q1k

・・・暖かい(尻尾を振りながら)

>>涙さん

349:ルイ:2013/12/25(水) 17:56 ID:i1g

コト>・・・っ(相手を抱きしめたまま目から涙がこぼれ

350:吉野 新羅:2013/12/25(水) 18:01 ID:4rA

…そう、だったんだ…。
(気まずそうに睫毛を伏せれば、「…無理を言って悪かったな。」と
謝り、「私の家は皆祓魔師だし…どうしよう、」と悩んでいて)

>>狐斗

351:狐斗:2013/12/25(水) 18:13 ID:q1k

えっ!?ど、どうしたの!?泣かないで・・・(相手の涙を指で拭き取って)
木の実・・・嫌いだった・・・?(申し訳なさそうな顔をして)

>>涙さん

大丈夫、自然やお花さんいっぱいだし・・・(少し無理をして)

>>新羅さん

352:吉野 新羅:2013/12/25(水) 18:18 ID:4rA

…仕方ないね。(腰に手を当て、軽く溜め息吐いて)
知り合いを手掛かりに宿探してやるから、暫く待ってな!!
(相手を指差し指示すれば、そう述べ里へ走り出して)

>>狐斗

353:ルイ:2013/12/25(水) 18:19 ID:i1g

コト>・・・違う。(相手の頬にキスをして
  
   いいやつだなぁー・・・とおもったとたん、涙が出ちゃった…。

354:狐斗:2013/12/25(水) 18:45 ID:q1k

ま、待ってください・・・!

>>新羅さん

う・・・うう・・・(キスをされて赤面する)

>>涙さん

355:ルイ:2013/12/25(水) 19:02 ID:i1g

コト>・・・(抱きしめたままで

356:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/25(水) 19:14 ID:M0s

さあ…何故でしょうね、
(相手に何故かと聞かれては相手見つめ
楽し気にそう笑っていて)
自分を責めたって仕方の無いことです。
(相手の言動にそう答えては、
「全ては無能で愚かな人間のせいなのですから」
と先程とは打って変わり冷たい口調でそう述べて

>>吉野さん


そんなの行ってみないと分からないだろう
(相手の言葉聞いてはそう述べて、
「それに俺といれば何の問題も無い」とニヤリ微笑んで

>>狐斗さん

357:吉野 新羅:2013/12/25(水) 19:15 ID:4rA

すぐ戻るから!!
(早そこから離れているようで、遠くから声を響かせて)

>>狐斗

358:吉野 新羅:2013/12/25(水) 19:40 ID:4rA

…?
(相手の言葉に、心配そうに眉を下げ首をかしげれば、
「…言ってくれなきゃ、分かんない…」と不満そうに唇尖らせ)
え…?
(二重人格のような相手に驚き、目を見開けば
「秀明…なのか?」と訝げに首を傾けて)

>>秀明

359:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/26(木) 02:34 ID:ECU

貴女の知らなくて良い事ですから、
(クスリと笑っては上記述べて、「あらあら、可愛いお顔が台無しですよ」と
少し屈んで不満そうな相手と視線合わせればそう笑って
私ですが…どうかなさいましたか、?
(相手の問いかけにそう笑っては首傾げており、

>>吉野さん


【闇落ちごめんなさいです…!!】

360:狐斗:2013/12/26(木) 09:26 ID:i6M

【絡み文投下します!】

・・・・・(手に止まった小鳥を眺めている)

>>皆さん

361:桔梗 ◆rIlQ:2013/12/26(木) 10:11 ID:/Ec

【絡みます】

む…((木の上から辺りを見回していたようで相手を見つければそっと後ろから近寄り
>狐斗さん

362:吉野 新羅:2013/12/26(木) 11:22 ID:4rA

【大丈夫ですよ!! わざわざありがとうございます。】

…そんなお世辞は良いよ。
(諦めたように軽く溜め息吐けば、そう述べ、困ったように眉下げて
笑い、「なら、私に出来る事なら何でも言ってよ。出来る事なら、
秀明の力になりたいしさ」と心配そうに首を傾けて)
い、いや…そりゃそうだよね!!
(軽く相手から目を逸らせば、「ただ…さっきの言葉、今までの秀明
とは思えない程冷たかったな、って…」と寂しそうに呟いて)

>>秀明


あ、居た。半妖ー!!
(相手を見つければ呼び、「近所の社の管理員が、『社になら
住み着いても良い』ってさ!!」と叫びながら駆け寄って)

>>狐斗

363:狐斗:2013/12/26(木) 13:47 ID:i6M

・・・?(誰かの気配を感じて、辺りをキョロキョロ見渡す)

>>(えっと・・・すみません、読めません)

ほ、本当・・・?

>>新羅さん

364:吉野 新羅:2013/12/26(木) 14:04 ID:4rA

あぁ。
但し、向こうには「お前は良い奴で、絶対に里へ危害は加えない」
って言ってるから、悪さはすんなよな?
(相手に視線を合わせれば、注意を促して)

>>狐斗

365:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/26(木) 14:20 ID:/Ec

君は誰…?((相手の目の前に現れればクスクスと笑いそう告げ
>狐斗さん
【『ききょう』と読みます】

366:狐斗:2013/12/26(木) 15:45 ID:i6M

僕、悪さなんてしないよ?(そう言うと、「ありがとう、大好き」と言って抱きつく)

>>新羅さん

お・・・お姉ちゃん・・・誰・・・?(いきなりだったので、怯えながら木陰に隠れる)

>>ききょうさん

【ありがとうございます!】

367:吉野 新羅:2013/12/26(木) 16:00 ID:4rA

うん。(にこ、と微笑めば相手に手を差し出し、
「まず、里に降りよう。暫くは結界張って、皆に見えないように
するから。おいで。」と述べて)

>>狐斗

368:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/26(木) 16:05 ID:/Ec

半妖だよ…狼のね((相手の行動に驚きつつも近づき自己紹介をし『で、貴方は?』と問い
>狐斗さん

369:狐斗:2013/12/26(木) 16:14 ID:i6M

うん(そう言うと、手を握り「暖かい」と言って)

>>新羅さん

狐の・・・半妖です・・・

>>ききょうさん

370:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/26(木) 16:22 ID:/Ec

半妖…!初めてあった、私と同じ…半妖に((と言えば嬉しそうに微笑み、狼になると相手のまわりをぐるぐるまわって歩き
>狐斗さん

371:狐斗:2013/12/26(木) 17:09 ID:i6M

ひっ・・・(狼の姿に怯え)

>>ききょうさん

372:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/26(木) 17:47 ID:/Ec

怖がりだなあ…何もしないよ?((クスクスと笑いながら相手を見、『匂いを嗅ぐだけ』と告げれば匂いを嗅ぎはじめて
>狐斗さん

373:狐斗:2013/12/26(木) 18:11 ID:i6M

うぅ・・・(少し後ずさりして)

>>ききょうさん

374:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/26(木) 18:15 ID:/Ec

覚えた…けど、なんで後ずさり?((不思議そうに首を傾けつつもその行動に悲しみを感じているのかしゅんとした顔になり
>狐斗さん

375:狐斗:2013/12/26(木) 20:10 ID:i6M

ご・・・ごめんなさい・・・でも、狼さんの姿の時
ちょっと怖いし・・・驚いちゃって・・・(少し泣き始める)

>>ききょうさん

376:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/26(木) 20:16 ID:/Ec

な、泣かないで…((と困った表情になりつつ相手の背中をさすり
>狐斗さん

377:吉野 新羅:2013/12/26(木) 21:28 ID:4rA

…(暫く歩けば、小さな社の前に着き「ちょっと狭いけど、
此処が今日から君の家。後で布団とかあげるから、好きに使いなよ」
と手を放し、社の中へ案内して)

>>狐斗

378:狐斗:2013/12/26(木) 22:09 ID:i6M

大丈夫です・・・ごめんなさい・・・

>>ききょうさん

ここが・・・今日から僕の家・・・(かつて暮らしてた家を思い出して)

>>新羅さん

379:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/27(金) 08:11 ID:/Ec

…君って狐になれるの?((相手の顔を覗きこみ興味津々な顔をしつつも優しく話しかけ
>狐斗さん

380:吉野 新羅:2013/12/27(金) 08:33 ID:4rA

布団とか洗面器とか、必要そうなモンは持ってきたから。
(いつの間に取りに行ったのか、最低限の家財道具を持ってくれば
ボーッとしている相手に後ろから話し掛け)

>>狐斗

381:狐斗:2013/12/27(金) 10:24 ID:336

狐にはなれないの・・・ずっとこの姿のまんま・・・

>>ききょうさん

あっ、ありがとうございます(嬉しそうな顔をすれば、相手にそっと抱きついて)
一つ・・・聞いてもいいですか・・・?(相手の顔をじっと見て)

>>新羅さん

382:吉野 新羅:2013/12/27(金) 10:28 ID:4rA

うん、何?
(相手から離れれば、やはり西洋かぶれらしく
椅子や机を持参しており、それらを並べながら尋ねて)

>>狐斗

383:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/27(金) 10:39 ID:/Ec

へ〜…((と言えば『可愛い』と呟き、相手の耳を指先で軽くなぞり
…半妖って他にもいるんだよね…?((嬉しそうな悲しそうな曖昧な表情でうつむきながら相手にとい
>狐斗さん

384:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 10:43 ID:i1g

【割り込み絡み分出しまーすw」】

桔梗&コト>なにやってんの?(狼の耳と尻尾が出ていて

385:霊郭 死至:2013/12/27(金) 11:24 ID:U.A

・・・
(川原の近くで何か筆で紙に書いている)
>ALL

386:吉野 新羅:2013/12/27(金) 11:30 ID:4rA

…何してんの?
(そっと背後から近寄れば、バレないように相手の後ろに
しゃがみ、近くから話し掛けて)

>>死至

387:霊郭 死至:2013/12/27(金) 11:34 ID:U.A

札作りだよ
(そう言うと出来た札を見せ)
>吉野

388:吉野 新羅:2013/12/27(金) 11:38 ID:4rA

あれ、吃驚させたかったんだけどなー。
(一旦立ち上がり、相手の近く座れば
「札?」と相手の札見て)

>>死至

389:狐斗:2013/12/27(金) 11:43 ID:336

その・・・時々会いに行ってもいいですか・・・?

>>新羅さん

ふぇっ・・・!?う・・・うぅ・・・耳・・・

>>ききょうさん

あ、狼のお姉ちゃんだ

>>涙さん

390:霊郭 死至:2013/12/27(金) 11:44 ID:U.A

妖怪など退治する時に使う札ですよ
(そう言いながら紙にすらすらと文字を書き)
>吉野

391:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/27(金) 11:51 ID:/Ec

面白い…((とクスクス笑い相手の表情を見ながら楽しんでいるようで
>狐斗さん

ん?誰?((相手の耳と尾を交互に見るが頭が回転せず上記を述べて
>涙さん

392:狐斗:2013/12/27(金) 11:56 ID:336

うぅ〜・・・(少し恥ずかしそうに赤面して)

>>ききょうさん

393:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/27(金) 12:04 ID:/Ec

もう、可愛い!((相手が赤面になればそうのべて頬を優しくつねり首を左右に振っていて
>狐斗さん

394:狐斗:2013/12/27(金) 12:22 ID:336

うぅ〜・・・(少し涙目になって)

>>ききょうさん

395:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/27(金) 12:35 ID:/Ec

も〜…泣き虫だなあ…((と少し笑いつつも相手の頭にそっと手をあて優しく撫でてあげ
>狐斗さん

396:狐斗:2013/12/27(金) 12:39 ID:336

・・・・・うぅ(少し安心して、耳をぴくぴくさせ始める)

>>ききょうさん

397:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/27(金) 12:43 ID:/Ec

ふふ…((相手の様子を見、微笑みながらも撫で続けており
>狐斗さん

398:吉野 新羅:2013/12/27(金) 12:49 ID:4rA


(ピク、と一瞬顔を強ばらせれば、「い、いや…私が会いに来るよ。」
と、少し苦笑しており)

>>狐斗


ふーん…(興味津々に札を見ていれば、
「札ってこうやって作るんだ…っていうか、意外と字、綺麗だよね。」
と、じっと相手の手元を見ており)

>>死至

399:霊郭 死至:2013/12/27(金) 12:53 ID:U.A

十年前から書いとったからな
(札を作りながら)
>吉野

400:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 12:56 ID:i1g

桔梗>私は妖怪だ。鬼と狼のな。(「でも、ハーフだから鬼だったら角が生える、狼なら耳と尻尾だけだけど」と苦笑いして

コト>・・・(微笑み相手を撫でて

401:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 12:59 ID:i1g

all>・・・(屋根の上で寝ていて

402:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/27(金) 13:01 ID:/Ec

おお…何か親近感わくなあ…((と相手の姿をまじまじ見、『匂い…』と口にすれば匂いを嗅ぎ
>涙さん

403:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 13:02 ID:i1g

桔梗>・・・?(「狼か。」とにおいをかがれながらそういい

404:桔梗 ◆Yg/I:2013/12/27(金) 13:08 ID:/Ec

そう、狼((と言い、狼に変われば『よし、覚えた!』の一言で人間に戻り
>涙さん

405:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 13:24 ID:i1g

桔梗>・・・(微笑み

406:吉野 新羅:2013/12/27(金) 13:26 ID:4rA

ふーん…。
(相手の手元見つめれば、「どうも細かい作業は苦手だよ…」と
眉を下げれば軽く笑って述べ)

>>死至

407:霊郭 死至:2013/12/27(金) 13:35 ID:U.A

・・・少し気になったんだがお前は、どんな退治の仕方なんだ?
>吉野

408:吉野 新羅:2013/12/27(金) 13:56 ID:4rA

え、私?
私は、脇差し(妖等)でぶった斬ったり、
何か訳の分からない言葉(呪術式)言って消滅させたり、かな?
(自分でもよく分かっていないようで、足をぷらぷらと揺すりながら
述べれば「本当は、西洋菓子の職人になりたかったんだけどねー。」
と、シルクハット出せば述べて)

>>死至

409:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 13:57 ID:i1g

・・・(村人に「どけ!」と注意されているがそれも聞かず寝ていて

410:霊郭 死至:2013/12/27(金) 14:01 ID:U.A

自由だな、お前
(呆れながら)
>吉野

おらっ!行くぞ
(相手の首元を掴み)
>ルイ

411:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 14:04 ID:i1g

シシ>んぁ?(「痛いし。なんでだよ。」と鬼になりそういい

412:霊郭 死至:2013/12/27(金) 14:06 ID:U.A

違う所で寝ろ
(そう言いながらルイを地面へ突き落とす)
>ルイ

413:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 14:08 ID:i1g

シシ>はいはい(とそのままその地面で寝始め

414:吉野 新羅:2013/12/27(金) 14:10 ID:4rA

けどさぁ、今の世は西洋かぶれに優しくないよー?
(苦笑しながら帽子被れば、「家が祓魔の一族じゃなかったら
こんな生業立ててないってー。」と溜め息吐いて )

>>死至

415:霊郭 死至:2013/12/27(金) 14:18 ID:U.A

少しついて来い!
(相手の首元を掴みながら連れて行く)
>ルイ

へぇー、そうなんだー
(全く興味無さそうな反応で)
>吉野

416:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 14:19 ID:i1g

シシ>うぇ〜(ジタバタさせながら連れて行かれ

417:吉野 新羅:2013/12/27(金) 14:24 ID:4rA


(相手のつまらなそうな反応見れば、暫く見て
「クッキー食べる?」と小袋差し出し)

>>死至

418:霊郭 死至:2013/12/27(金) 14:25 ID:U.A

(村から結構離れた森へ連れて行き)
此処なら寝てもいい
(そう言うと首元を離し)
>ルイ

419:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 14:27 ID:i1g

シシ>・・・ココ嫌い(戻ろうとして

420:霊郭 死至:2013/12/27(金) 14:27 ID:U.A

毒が入ってないなら
(クッキーを1つ取り)
>吉野

421:霊郭 死至:2013/12/27(金) 14:30 ID:U.A

此処なら村人を困らさないから
(そう言うと何処かへ行こうとする)
>ルイ

422:吉野 新羅:2013/12/27(金) 14:30 ID:4rA

え…?
(クッキーを取った相手に驚いたようで、
目を見開いて)

>>死至

423:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 14:32 ID:i1g

シシ>・・・村人がなんだよ、しょせんタダの人だろ(と言い森の奥へ行き

424:霊郭 死至:2013/12/27(金) 14:40 ID:U.A

(クッキーを食べて)
普通に旨い
>吉野

妖怪と村人が一緒に住める時代は、いつなんだろう・・・
(かなり悲しそうな表情で見送る)
>ルイ

425:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 14:41 ID:i1g

シシ>・・・そんなの無理に決まってんだろうが(と大声でいい

426:霊郭 死至:2013/12/27(金) 14:44 ID:U.A

(ルイに近づいて)
お前は、妖怪と村人が一緒に住む時代が嫌なのか?
>ルイ

427:吉野 新羅:2013/12/27(金) 14:48 ID:4rA


(驚いたように目を見開いていれば、ひとつ息吐き
「気持ち悪いとか、思わないのか?」と尋ねて)

>>死至

428:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 14:48 ID:i1g

シシ>あたりまえだ。人間なんて・・・大嫌いだ!!!(涙を抑えながらそう叫んで

429:課倉 根螺:2013/12/27(金) 14:50 ID:U.A

人から何か貰って気持ち悪いって思うはずがないだろ
(笑いながら)
>吉野

430:霊郭 死至:2013/12/27(金) 14:55 ID:U.A

俺は、妖怪などは、人間よりも好きだがな
(相手の頭を撫でながら)
>ルイ

【429  名前ミスwwww】

431:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 14:57 ID:i1g

シシ>・・・(髪の毛が黒くなっていき

432:霊郭 死至:2013/12/27(金) 15:03 ID:U.A

俺は、少し用事があるから行くわ
(そう言うと森の奥へ行き)
>ルイ

433:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 15:04 ID:i1g

シシ>・・・ブッ殺す(黒笑みを浮かべ大通りに行き

434:霊郭 死至:2013/12/27(金) 15:06 ID:U.A

待て!
(札を使ってルイの動きを封じる)
>ルイ

435:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 15:08 ID:i1g

シシ>・・・ッ!(動きがとまり

436:吉野 新羅:2013/12/27(金) 15:09 ID:4rA

…お前、良い奴だな。
(安心したように、穏やかに笑って)

>>死至

437:霊郭 死至:2013/12/27(金) 15:14 ID:U.A

(相手の前に立ち)
とりあえず怒りを静めろ
(そう言うと札を破り封印を解く)
>ルイ

そうか?
(そう言いながらクッキーを食べる)
>吉野

438:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 15:16 ID:i1g

シシ>無理だ・・・!(といい呪文を唱えると、まわりの草花が枯れ近くにいる虫や動物たちが死に

439:吉野 新羅:2013/12/27(金) 15:19 ID:4rA

そりゃそうだよ。
クッキーなんて得体の知れない物、他の人なら
踏み潰されて終わりだもん。
(相手の発言に驚いたようで、身を乗り出して述べて
「今まで食べてくれたの、貿易商と秀明と君くらいだよ」と
嬉しそうに笑っており)

>>死至

440:霊郭 死至:2013/12/27(金) 15:19 ID:U.A

どうして怒っているんだ?
(札を使いながら言う)
>ルイ

441:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 15:21 ID:i1g

シシ>そんなの…。(ぶるぶると震えながら

442:霊郭 死至:2013/12/27(金) 15:24 ID:U.A

大丈夫か?
(相手に近寄りながら)
>ルイ

443:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 15:27 ID:i1g

シシ>近寄るな!!!お前も人間だろ!!!軽々しく・・・(とその場に崩れ込み

444:霊郭 死至:2013/12/27(金) 15:29 ID:U.A

それじゃ俺が死んで妖怪になってやろうか?
(くすっと笑いながら)
>ルイ

445:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 15:33 ID:i1g

シシ>・・・(無言になり光になりその場から消えて

446:霊郭 死至:2013/12/27(金) 15:38 ID:U.A

やっぱ妖怪と人間は、一緒に暮らせねえのかな・・・
(かなり落ち込みながら)
>ルイ

447:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 15:41 ID:i1g

シシ>・・・(完全オオカミの姿で森の奥の方にいて

448:霊郭 死至:2013/12/27(金) 15:47 ID:U.A

・・・
(ルイを黙って見送る)
>ルイ

449:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 15:53 ID:i1g

・・・(人間の姿で街を歩いていて

450:霊郭 死至:2013/12/27(金) 15:56 ID:U.A

・・・
(黙って尾行する)
>ルイ

451:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 15:57 ID:i1g

シシ>・・・?(何か気配を感じ後ろを向く

452:霊郭 死至:2013/12/27(金) 16:00 ID:U.A

・・・
(建物の中に入り隠れる)
>ルイ

453:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 16:03 ID:i1g

シシ>・・・気のせいか。(そういうと気味の悪いマンションに入り

454:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 16:05 ID:i1g

【マンションと言うか建物ですw】

455:霊郭 死至:2013/12/27(金) 16:07 ID:U.A

・・・
(ルイが入った後に自分も入る)
>ルイ

456:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 16:11 ID:i1g

シシ>・・・んー。ただいま。(と部屋の中に入る=そこには何体もの死体が

457:霊郭 死至:2013/12/27(金) 16:14 ID:U.A

!?・・・
(表情は、かなり驚いているが声は、一切出していない)
>ルイ

458:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 16:16 ID:i1g

シシ>・・・(相手を部屋に引き込み床に押し倒して
   ほう・・・備考とはズルイ手を…(と黒笑みを浮かべ

459:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 16:19 ID:i1g

458>【尾行です←

460:霊郭 死至:2013/12/27(金) 16:19 ID:U.A

尾行をして何か問題でも?
(無表情になりながら言う)
>ルイ

461:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 16:21 ID:i1g

シシ>よくやってくれるよ。本当に(指をならし部屋を密室にして

462:霊郭 死至:2013/12/27(金) 16:21 ID:U.A

【返信気付かなかった  orz】

見た目を和風にしてみたら?
(そう言いながらクッキーを食べている)
>吉野

463:霊郭 死至:2013/12/27(金) 16:22 ID:U.A

・・・
(黙って起き上がり)
>ルイ

464:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 16:24 ID:i1g

シシ>・・・生きるか死ぬか、どっちにする?(めを金色にして相手をにらみ

465:霊郭 死至:2013/12/27(金) 16:27 ID:U.A

ぶっ・・・あはははは!!!!
(急に笑い出して)
>ルイ

466:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 16:28 ID:i1g

シシ>・・・煩いし(と耳をふさぎ

467:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 16:29 ID:i1g

【おちます!また7:00すぎくらいに・・・】

468:霊郭 死至:2013/12/27(金) 16:32 ID:U.A

いひひひひひひ!!!
(まだ、大笑いする)
>ルイ

【OK】

469:狐斗:2013/12/27(金) 16:47 ID:336

ほ、本当に・・・?本当に来てくれる・・・?(不安そうな顔になり)

>>新羅さん

470:純麗:2013/12/27(金) 16:52 ID:D8Y

【最近来なくてすみません!参加希望の方は本参加でいいですよ!】

・・・・・・・(妖怪退治をしたあとなのか、森の中を歩いていて)
>ALL

471:狐斗:2013/12/27(金) 16:58 ID:336

あ、あの人は・・・(木陰からヒョコッと現れ)

>>純麗さん

472:狐斗:2013/12/27(金) 18:53 ID:336

【絡み文出します!】

・・・・・(森で鳥の頭を撫でている)

>>何方か

473:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 19:39 ID:i1g

シシ>あーあこりゃだめだ。煩い(そういうとその場に座り込み

474:ルイ ◆kPw.:2013/12/27(金) 20:04 ID:i1g

コト>・・・わっ!(後ろから驚かし

475:狐斗:2013/12/28(土) 06:42 ID:yF2

ひっ・・・!う・・・うぅ・・・(泣き出しそうになる)

>>涙さん

476:ルイ:2013/12/28(土) 12:00 ID:i1g

コト>うわっ御免御免!!(と慌てて

477:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/28(土) 12:16 ID:m9I

【レス見失ってしまいましたので、レス蹴りさせていただきます汗
いつ絡めるかわかりませんが絡み文置いておくので、絡んでくれると有難いです】

ん…今日も何も無いな…
(狩衣の袖に双方の手を入れのんびりと村内散歩していては、
平和が一番だとは分かりつつも溜息まじりに上記呟いており

>>ALL

478:狐斗:2013/12/28(土) 12:21 ID:yF2

う・・・ぅぅ・・・(相手に抱きつく)

>>涙さん

あ、こんにちは

>>安倍さん

479:ルイ:2013/12/28(土) 12:32 ID:i1g

コト>・・・(相手のあたまを撫で

480:狐斗:2013/12/28(土) 17:25 ID:yF2

狼のお姉ちゃん暖かい・・・(安心した顔で)

>>涙さん

481:ルイ:2013/12/28(土) 20:24 ID:i1g

コト>・・・(微笑むがその後「鬼でもあるけどね」と言い

482:狐斗:2013/12/28(土) 21:44 ID:OkE

・・・!(一瞬ビクッとして)

>>涙さん

483:ルイ:2013/12/28(土) 22:29 ID:i1g

コト>・・・大丈夫よ、私はあなたを襲ったりしない。妖怪は好きだもの。(と微笑み

484:安倍秀明 ◆x7X6:2013/12/29(日) 00:13 ID:LhY

【絡み有難うございますm(_ _)m】

ん?ああ、キミか。キツネくん
(相手に声かけられればゆっくりと振り返って上記述べふわりと微笑み、
「ていうか…村内に出て来ても平気なのか?」と思いついたように述べては苦笑気味に首傾げて

>>狐斗


書き込む 最新10 サイトマップ