【恋愛+戦闘】***学園生活

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:主さん:2014/02/08(土) 02:00 ID:m-chc

入学者さん?珍しいね。
ここは人間や妖怪が通う「***学園」
え?学園名が見えない?大丈夫。そのうちわかるから。
さぁ。入るの?入らないの?
ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
はい。スレ主です。↑はプロローグてきなやつでございます。
*おりちゃ中での注意*
本体同士の恋愛、喧嘩はダメです
勿論のこと「ピー(H)」なのもだめです{Dキスハグまで}
死ネタ、グロ有ですが、怖すぎるのd(
>>2主のプロフィールなのでレス禁

2:主さん:2014/02/08(土) 02:15 ID:m-chc

「コピペ用プロフィール人間用」
名前 日本名でもカタカナでも可能
年齢 中学生〜高校生まで
性別 中間無し
性格 適当以外可
容姿 制服無し
武器 人間は5つまで
備考 あれば

「コピペ用プロフィール妖怪用」
名前 人間同様日本名 カタカナ可能
年齢 有り得ないの意外可能
性別 中間あり 不明結構
性格 適当以外可
容姿 制服無し 適当不可
種族 神、最強設定不可
魔法 1〜3こ(攻撃系1つ)
武器 0〜2つ
備考 あれば

はい。人間、妖怪はできる限り混ぜたいと思います。人間さんお願いします。

ちなみに役は一人3役まで。寮暮らしあり。(男女別れてます)
次こそ主プロフィール。
レス禁

3:主さん:2014/02/08(土) 02:39 ID:m-chc

名前:ユプシロン (本名 西雅 綺 にしみや あや)
年齢 14(中2)
性別 女
性格 天然だが上下関係に強い。
   常に敬語。いつも微笑んでいて癒し系。
   戦闘時は割りと冷静で、仲間や大切な人は身を投げ出してでも守る。
   たとえ敵でも大ケガしたら守りにいくようなお人好し
   好きなものは本、緑(色)、動物(特にハムスター)、歌、剣術。
容姿 肩少し下までの黒髪、深緑の目、薄緑のTシャツにグレーのパーカー、濃い緑のスカート、黒のスパッツ、スニーカー。腰に刀。たたんでいるが透けた緑の羽
種族 妖精
魔法 風(攻撃手段)幻(目くらまし)癒し(戦い後治療のため)
武器 日本刀(近距離)弓(遠距離)
備考 日本刀は師匠からもらったらしく、とても大切にしている。
   屋上や中庭が好きで、よくそこにいる。
   入っている委員会は生徒会で副会長をしているが、委員長に任せっぱなしだそう。


最後に委員会等の説明でレス禁

4:主さん:2014/02/08(土) 02:45 ID:m-chc

委員会は適当に作っていただいてokです。
ただし、委員長、学級委員長は早い者勝ち。もちろん生徒会もです

部活は、大体で決めます。はい。
適当ですみません。
ちなみに授業は無しです。

あと寮ですが、番号を書いていただくor番号順です。どちらでもいいですが、個人的には前者ですかね。
寮長は男子1 女子1 でお願い致します(副寮長可能)

ではレス解禁。

5:参加希望 ◆3Dqc:2014/02/08(土) 09:50 ID:l8o

【女子の寮長を予約しても宜しいでしょうか?】

6:流ヶ咲想途:2014/02/08(土) 10:13 ID:Q5U

【参加希望なんですが、生徒会長って妖怪でもOKですか?】

7:参加希望 ◆Gozk:2014/02/08(土) 13:24 ID:jBM

名前 雨宮 蓮 アマミヤ-レン
年齢 16(高1)
性別 男
性格 普段は少々煩いが戦闘時は冷静沈着。
誰にでも優しく接するが、一度でも敵と見なした者に対しては容赦しない。
責任感は強いく戦闘中に「仲間の死を見ても動じず仇をとる」がモットーである。
初対面でも同い年若しくは年下ならば最初からタメで話す。目上や年上には敬語を使う。
容姿 金髪の癖っ毛。
青い瞳で目はぱっちりしていて二重。
肌は色白で童顔(女顔)。
 長いジーンズに黒いフード付きトレーナー。
フードは常に被っている。
紫のスニーカーを履いている。
普段羽は魔法で見えない様にしている。
種族 吸血鬼ドラキュラ
魔法 攻撃...雷鳴の竜巻(ライトニングトルネ-ド)
   治療...癒しの竜巻(ホ-リ-トルネ-ド)
   応用...欺き隠す
武器 長剣2本
備考...非常に5感が優れており、目は半径5km以内なら見える。耳も同様。

男子寮長希望です

8:主さん:2014/02/08(土) 15:31 ID:chc

5様 予約ですか?分かりました! プロフィールいつでもどうぞー
6様 できれば人間さんがいいかと思いますが・・・。
   お任せしたいと思います。プロフィールどうぞー

7様 はい!OKです! 絡み文どうぞ!

皆様へ
主は急用ができてしまったので、2日留守にしますので、参加希望者の方はプロフィール書き逃げしてください(

9:主さん:2014/02/08(土) 18:45 ID:chc

はい。意外と早く帰れました。

--早い者勝ち役割表-----------------------------------------------------------------------------------

生徒会長 男子1名 女子1名
副会長  男子1名 女子決定
書記   男子1名 女子1名
会計   男子1名 女子1名

寮長   男子決定 女子1名(一応予約)

学級委員 それぞれ未定

委員長  それぞれ未定

部長   未定
副部長  未定

----------------------------------------------------------------------------------------------------

です!

10:>>5 ◆VESI:2014/02/08(土) 20:01 ID:l8o


名前 宮島 可憐(ミヤジマ カレン)
年齢 高校一年生
性別 女
性格 大雑把で姉御肌。男勝りで毒舌だがそれは愛故。少々ぬけていて、優柔不断だったりする。
容姿 Tシャツにジーパンで黒髪の前髪をピンで留めている。瞳の色は紫色(カラコン)。ストレートで髪を上に1つにまとめている
武器 拳銃・薬
備考 特になし

【今は簡単に書きましたが、後からちょっと詳しく書くのでお願いします】

11:主さん:2014/02/08(土) 20:15 ID:chc

10様了解です

皆様へ高校生限定にします! なので主プロフは精神年齢が14ということで・・・。(無理矢理ですみません。高1の設定にします

12: ◆HMXM:2014/02/08(土) 20:17 ID:./s

【女子生徒会長予約よろしいでしょうか…?】

13:z ◆yxaw:2014/02/08(土) 20:24 ID:WOA

【書記男子予約いいですか?】

14: ◆4utk:2014/02/08(土) 20:25 ID:J7c

名前 大塚 啓太
年齢 高3
性別 男
性格 少し面倒くさがり屋。それでも勉強はしっかりやる。男女誰にでも優しいし、結構フレンドリー。先輩後輩関係なし。みんなからも人気がある。だが、苦手な奴や嫌いな奴はとことん嫌ったりたまに嘘をつく。
容姿 自分のジャージを常に着ている。髪はぼさぼさ気味で、前髪をピンでとめている。身長はかなり高い方で筋肉も意外についてる。
武器 短剣
備考 口癖は「眠い」

【参加希望です】

15:主さん:2014/02/08(土) 20:59 ID:chc

12様 人間であればOKです プロフィールはお早めにおねがいします!
 
13様 OKです  プロフィールお早めにお願いします!

14様 OKです。 

16:蓮 ◆Gozk:2014/02/08(土) 21:28 ID:jBM

「じゃ、皆宜しくー。」
右手を控えめに上げるとニコッと笑いながら軽く挨拶をする

>all

17:主さん@西雅 綺:2014/02/08(土) 21:42 ID:chc

【絡み文、戦闘、恋愛は自由です!】

「よろしくお願いします」
ペコリとお辞儀をし挨拶して
>蓮さん

18:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/08(土) 21:48 ID:chc

【一応絡み文投下! 初めて会った設定でも、今まで知り合っているどちらでもどうぞ(】
「・・・。」
中庭で本を読んでいて
>ALL

19: ◆HMXM:2014/02/09(日) 10:45 ID:./s

名前*東 妃菜(あずま ひな)
年齢*18歳
性別*女
性格*明るく元気でいつもにこにこしている。戦いはあまり好まず自分からはやらないが売られた喧嘩は買う。本気になったときはものすごく強い。基本誰にでも優しいので周りからは信頼されていて友達も多い方。
容姿*栗色の少しふわふわした髪の毛が腰辺りまでありいつも下ろしている。瞳の色は澄んだ青色。服装はパステルカラーのパーカーにスカート、ニーハイソックスにスニーカーというコーデを好んでよく着ている。
武器*銃×2、日本刀、弓、手榴弾
備考*生徒会長。
一人称は私。二人称は貴方、〜さん、〜くん等色々。

【PF遅れてすいません!>>12です!不備ありましたらよろしくお願いします!】

20:主さん:2014/02/09(日) 14:51 ID:chc

19様 一応不都合はありません。でも武器が全部皆様と被ってるのもどうかt(いや、参加OKです

21: ◆HMXM:2014/02/09(日) 15:01 ID:./s

【おうふっ、マジですか;じゃあえーっと、銃、スタンガン、短剣、弓、日本刀でいいですか??】

>主様

22:主さん:2014/02/09(日) 15:57 ID:chc

21様
あややー。 かぶってるのは、弓 日本刀 短剣なんですよー(説明不足すみません

なんで、手榴弾、弓 スタンガン(銃×2)がお勧めですねw  なんでもどうぞw

23: ◆HMXM:2014/02/09(日) 18:17 ID:./s

【おーマジですか;;えーっとじゃあ、手榴弾、弓、スタンガン、銃、短剣でもいいでしょうか…?
短剣と弓はいれたい…です…;
わがまますいません><駄目でしたら大丈夫です!】

>主様

24:主さん:2014/02/09(日) 18:23 ID:chc

【19様 はい!OKです 此方こそわがまますみません・・・。】

25:緋滾 ◆ojTU:2014/02/09(日) 19:27 ID:F2I

名前¨火瀾 緋滾(かなみ ひたぎ)
年齢¨17歳
性別¨女性
性格¨冷静沈着で敵と分かればすぐ斬りかかる。
煩い奴が嫌い。結構無口で余計な事は喋らない。馴れ馴れしくされるのを嫌う。
容姿¨ は緋色の肩までの長さ、瞳は黄色
服装はワイシャツに黒いフード付きパーカー、下は赤い膝上3cmのスカートにニーハイ。
種族¨朱雀
魔法¨炎(黒い炎と普通の炎の2種類を操る攻撃系)
光(自分の前にシールドの様なものを作る防御系)
武器¨薙刀
備考¨生徒会書記 
一応朱雀なのでジャンプ力など高い。魔法を使えば飛べる(炎で)

【参加希望】

26:蓮 ◆Gozk:2014/02/09(日) 20:00 ID:jBM

「あぁ、よろしく」
相手のお辞儀に礼儀なってるな〜とか思いながらも決して表情にも口にも出さず

「お前、何歳?あと名前は?」

>綺

27:ユプシロン(西雅綺)@主さん:2014/02/09(日) 20:28 ID:chc

【25様 不都合ありません OKです】

「私は西…。ユ、ユプシロン!高校1年です!」
 少し口走り、ハッとして名前と学年を言い 
 >蓮さん

28:緋滾 ◆ojTU:2014/02/09(日) 20:38 ID:F2I

【ありがとう御座います!
絡み文出しますね!】

……(町の何処か高い所でPCを弄っていて

>all

29:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/09(日) 22:16 ID:chc

…生徒会の方が何していらっしゃるんですか?
(PCを弄っている人を見つけると、近くまで飛んでいき軽く微笑みながら話しかけて
 緋滾さん

30:ユプシロン(西雅 綺)@主さん:2014/02/09(日) 22:49 ID:chc

【皆様に質問です!戦闘は、何かのミッション(報酬・人間には盾あり)で…。みたいなのがいいか、自由にするかどちらがいいですか?】

31:東 妃菜 ◆HMXM:2014/02/09(日) 22:53 ID:./s

【ありがとうございます!えーっと、どっちもじゃ駄目ですかね…?私はどっちもがいいです!あ、絡み文出しますね!】

………、(生徒会室で仕事をしていて

>ALL

32:ユプシロン(西雅 綺)@主さん:2014/02/09(日) 22:57 ID:chc

【どっちも・・・。ですかー。皆さんの意見を聞いて決めてみます】

会長。何のお仕事ですかー?
(差し入れの袋を持ち、微笑みつつ首をかしげて
>妃菜さん

33:東 妃菜 ◆HMXM:2014/02/09(日) 23:06 ID:./s

先月の死亡者の確認と、再来月の入学者の確認ですよ〜
(相手の問いに笑顔で答えて

【会長は本名知ってる的なのダメですか…?駄目だったら全然大丈夫です!】

>ユプシロン

34:ユプシロン(西雅 綺)@主さん:2014/02/09(日) 23:06 ID:chc

【いったん落ちます】

35:東 妃菜 ◆HMXM:2014/02/09(日) 23:10 ID:./s

【了解です(`∀´ゞ】

36:ユプシロン(西雅 綺)@主さん:2014/02/09(日) 23:35 ID:chc

【おまかせしますねー】
死亡者?そんなの居ましたっけ?
(不思議そうに首かしげて
>妃菜さん

37:蓮 ◆Gozk:2014/02/10(月) 16:56 ID:jBM

「西....?」
相手が言いかけた言葉を気にしつつもすぐに言い換えた所を見て触れて欲しく無い事だと悟り敢えて何も聞かず

「俺は雨宮蓮。好きに呼んでくれて構わない。」

>綺

38:緋滾 ◆ojTU:2014/02/10(月) 17:05 ID:F2I

…別に、なにも(チラッと相手を見るがすぐにPCに目線を戻し

>ユプシロン

39:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/10(月) 17:21 ID:chc

「では、蓮君って呼んでもいいですかね?」
 微笑みながら念のために確認して
>蓮さん

「そうですか?ならいいですけど」
 と呟き。
>緋滾さん

40:緋滾 ◆ojTU:2014/02/10(月) 17:24 ID:F2I

……(ならいいと言われ数分黙っているが行き成りPCを閉じ「何か御用ですか」と少し首を傾げて聞き

>ユプシロン

41:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/10(月) 17:32 ID:chc

「いえ。たまたま先輩を見つけたので来てみただけなんです。」
 微笑みを崩さず上を言い。
>緋滾さん

42:緋滾 ◆ojTU:2014/02/10(月) 17:45 ID:F2I

そうですか…(相手が飛んでいるのを見ると「飛べるんですね」とクスッと笑い

>ユプシロン

43:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/10(月) 17:53 ID:chc

「これでも妖精なので」
 少し微笑み「背も小さいですし。」と呟き

44:緋滾 ◆ojTU:2014/02/10(月) 17:57 ID:F2I

妖精だったんですか…!(クスッと笑い「綺麗なはずですね」と呟いて

>ユプシロン

45:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/10(月) 18:01 ID:chc

「綺麗だなんて。あ、ありがとうございます」
 少し照れたように微笑み「低級でしたけどこれでも一応妖精です」と左記を呟き
>緋滾さん

46:緋滾 ◆ojTU:2014/02/10(月) 18:17 ID:F2I

どういたしまして…(ニコッと微笑みと相手から説明を聞き「そうですか…そう言えば名前お聞きしてませんでしてね」と言い

>ユプシロン

47:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/10(月) 18:20 ID:chc

「私ですか?ユプシロンと言います」
 と名を名乗り
>緋滾さん

48:緋滾 ◆ojTU:2014/02/10(月) 18:28 ID:F2I

ユプシロンさんですか…(と少し考えて「私は火瀾緋滾と言います」握手を求め

>ユプシロン

49:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/10(月) 18:33 ID:chc

「緋滾先輩ですか・・・。」
ニコッと笑い握手し
>緋滾さん

50:緋滾 ◆ojTU:2014/02/10(月) 18:54 ID:F2I

宜しく…(ニコッと微笑んで

>ユプシロン

51:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/10(月) 19:44 ID:chc

「よろしくお願いします」
此方も微笑み

>緋滾さん

52:主さん:2014/02/10(月) 22:05 ID:chc

【いきなりですが、戦闘をどうするか決めちゃいました。何事もなく50になったので・・・。
で、戦闘ですが、グループ制のミッションにしました!(仲間割れ有り)
グループですが希望があれば「○○さんと同じがいい」と言っていただければ嬉しいです。
大体は、人間様が2人(男女各御1人ずつ)妖怪様が3人(男性御1人女性御2人)と5人です。
なので主が1人追加します。はい。
男性追加して3:3で分けますので是非「○○と同じがいい」と言って下さ(
以上です(お辞儀)】

53:風吹冬華:2014/02/10(月) 22:59 ID:IVY

風吹 冬華
読みふぶきとうか
年 17
性格 ふだん少しおっとりしていて、好かれるキャラたが
戦闘になるとおそろしいほどクール
になるその豹変ぶりは雪女の中でも一番だと言われる
容姿水色のロリータ系の服に髪は金髪赤いリボンで二つにくくっている
りぼんは雪女になると色が青くなる
いつもロングブーツだがそれが本人には一番すぐれている
種族 雪女
魔法 大地のウォーターブレス 攻撃
防御 水の波紋
装備 拳銃二つ
備考 雪女の種族のため魔法はあまり多くなくその分
雪女の攻撃や防御が高い
ふだん雪女になるのはしない戦闘でも仲間があぶない時などしか変身しない
心を開いたひとの前のみためらわず、変身する
雲に乗れる

54:主さん:2014/02/10(月) 23:02 ID:chc

【53様参加OKです】

55:風吹冬華:2014/02/10(月) 23:13 ID:IVY

【ありがとうございます】

56:ユプシロン:2014/02/11(火) 16:04 ID:chc

【絡み分投下!】
「・・・。」
生徒会室で珍しく作業をしており
>ALL

57:流ヶ咲想途:2014/02/11(火) 16:58 ID:002

【遅れましたがプロフィールです!6の者です!】

名前 流ヶ咲想途 (りゅうがさき そうと)

性別 男

年齢 17歳

性格 笑顔を見せることはまずなく、冷静でクールな感じだが、仲間を大切にする
   気持ちは強く、自分はいつ死んでもいい覚悟はできている

容姿 黄色の長髪を後ろで結んでおり、目の色は右が赤、左はグレー、
   左目は実は失明しているので眼帯をつけている、顔つきは女子っぽい

種族 凶暴な狼の妖怪と人間の間に生まれた半妖

魔法 切り裂く光(手から光を出現させ、相手を切り裂く技、攻撃系)
   呪文結界(呪文を唱えて結界を張る、防御系)

武器 刀一本

備考 幼少期に家族を目の前で殺された過去があり、それから今のような
   性格になった、だが優しい

58:主さん:2014/02/11(火) 17:00 ID:chc

【はい!参加OKです!】

59:流ヶ咲想途:2014/02/11(火) 17:21 ID:002

【ありがとうございます!それと書き忘れですが役は生徒会長(男子)です、
絡み文出させていただきます!】

・・・・・(屋上から景色を眺めていて)

>>ALL

60:緋滾 ◆ojTU:2014/02/11(火) 17:27 ID:F2I

……(屋上に入ってきて「先客が居る…」と呟いて

>>59

61:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 17:34 ID:chc

「景色綺麗ですね」
といつの間にか隣に来ていて
>相途さん

62:流ヶ咲想途:2014/02/11(火) 17:55 ID:002

・・・どうも(相手に挨拶をして)

>>(すみません、なんて読むんですか?)

景色はいいものです・・・誰かを悲しませたり、傷つけたりしません・・・
(少し寂しげな顔をしながら、景色を眺めながら言って)

>>綺さん

63:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 18:02 ID:chc

「・・・確かにそうですね。あ、生徒会長ですよね?」
と少しさみしげな顔をし、ふと思い出したように相手に問い
>相途さん

64:流ヶ咲想途:2014/02/11(火) 18:06 ID:002

はい、生徒会長です・・・(景色を眺めながら言って)

>>綺さん

65:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 18:20 ID:chc

「あ、やはりそうでしたか・・・。いきなりすみません。私は、1年副会長のユプシロンです。」
と自分の予想が当たってた様子で少し安堵の様子を見せ、いきなり聞いたことに対して謝り、自分の名を名乗って。
>相途さん

66:匿名さん:2014/02/11(火) 18:22 ID:11g

名前 里螺 寄生(さとら よじょう)
性別 男
年齢 17
性格 あまり仲間意識をしてなくどんな時でも冷静・大人しそうに見えるが戦闘になると容赦無く痛めつける・恋愛に関しては、全く分からなく鈍い
容姿 白く長い髪に赤い瞳・いつも悪趣味な仮面を付けていて顔を見せないようにしている・左腕が何かに寄生されていて変色で気色悪く色んな形に出来て普段は、何も変形は、していないが皮膚の色が真っ黒になっている・制服の上には、体の何倍もある真っ黒のフード付きの上着をちゃんと着ずに上から被っている
種族 左腕を寄生されているが一応人間
魔法 寄生された左腕の形を攻撃用にする・寄生された左腕を防御用の形にする・回復の魔法
武器 寄生された左腕

【参加希望です】

67:主さん:2014/02/11(火) 18:25 ID:chc

【はい。参加OKです】

68:緋滾 ◆ojTU:2014/02/11(火) 18:28 ID:F2I

【ひたぎと言います!】

ど、どうも…(と少し頭を下げて

>>62

69:里螺:2014/02/11(火) 18:37 ID:11g

・・・雪だ
(校舎から出ると偶然、雪が降り始めた為、空を見上げていて)
>ALL

70:緋滾 ◆ojTU:2014/02/11(火) 18:47 ID:F2I

寒い…(と赤いマフラーを巻きながら校庭の見回りをしていて

>>69

71:里螺:2014/02/11(火) 18:55 ID:11g

! 人が来た
(相手に気付くと急いで悪趣味な仮面を付けて顔を隠して)
>緋滾

72:ユプシロン(西雅 綺):2014/02/11(火) 18:56 ID:chc

「わ。雪・・・。」
校庭の隅で普段は出さない羽を出してはしゃいでいて
>里螺さん 緋滾さん

73:里螺:2014/02/11(火) 19:08 ID:11g

・・・はしゃぐなら家に帰ってはしゃげ
(そう相手に言うと校舎の中へ入って行き)
>西雅

74:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 19:10 ID:chc

「ふぁ!?あ、すみません。」
と自分も校舎に入り
里螺さん

75:緋滾 ◆ojTU:2014/02/11(火) 19:14 ID:F2I

ぷっ…(と笑い少し振り向き「何あの仮面」と呟いて

>>71

積りそうだ…(と手を前に出し雪を掴むようにして

>>72

76:里螺:2014/02/11(火) 19:14 ID:11g

誰も怒ってないのに謝るな
(相手に向かって上記をめんどくさそうに言い)
>西雅

77:里螺:2014/02/11(火) 19:16 ID:11g

(相手の呟きを聞こえなかったフリをして)
何しているんだ?
(と、相手に尋ねて)
>緋滾

78:緋滾 ◆ojTU:2014/02/11(火) 19:23 ID:F2I

見回りですけど…(と相手の顔をジッと見て左記を告げ

>>77

79:里螺:2014/02/11(火) 19:30 ID:11g

へぇー、凄いね。こんなに寒いのに見回りなんて
(カイロを取り出し右手だけ温めながら上記を相手に言うと)
>緋滾

80:緋滾 ◆ojTU:2014/02/11(火) 19:55 ID:F2I

生徒会の仕事だから…(マフラーをギュッと掴みながらそう呟いて

>>79

81:蓮 ◆Gozk:2014/02/11(火) 20:07 ID:jBM

「別にいい。そっちは何と呼べばいい?」

此方も微笑んで

>綺

82:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 20:27 ID:chc

「え。いや、一応謝ったほうがいいと思いまして・・・。」
と申し訳なさそうにし
>里螺さん

83:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 20:28 ID:chc

「私は・・・。何でもいいです」
少し迷ったように言い結局何でもいいという結論に達し
>蓮さん

84:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 21:08 ID:chc

「はぁ…。」
と教室でため息をついていて。
>ALL

85:風吹冬華:2014/02/11(火) 21:52 ID:IVY

ガラッ
(教室のドアを開ける)
「どうしたんですか?ため息なんかついちゃって」
ユプシロンにといかける≫ユプシロン

86:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 22:01 ID:chc

【戦闘フラグ設立!】
「あ。いえ。少し妙なことがありまして。学校で、戦闘ミッションがあるんです。」
と机の中に入れていたプリントを出し
>風吹さん

87:風吹冬華:2014/02/11(火) 22:15 ID:IVY

【よろしくです】
え…?戦闘ミッション?
「そんなの始めて聞きますね」

88:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 22:26 ID:chc

「うーん。プリントには・・・。」
とプリントを読み上げ始め。

以下プリント内容
-----------------------------------------------------------------------------------------------
今回、我が***学園に戦闘ミッションを導入する。
なお、うちの学校は人間と妖怪が通っているので不平等になるべくならぬよう以下を義務付ける。
人間には武器を5つまで使用許可する。それに加え、盾を許可する。
妖怪には武器は最大3つまで、盾は許可しない。魔法もなるべく弱くすること。
ミッションはグループ制にする。グループは、2つのグループに分けたいと思う。
しかし、その中で仲のいい者同士などで細かいグループを作るのも1人での行動・仲間割れも許可する
殺し合いも一応許可するが、まぁ怪我のさせ合い程度がいいかと思われる。

以上だ
***学園理事長括弧 四杉
-------------------------------------------------------------------------------------------------

89:風吹冬華:2014/02/11(火) 22:33 ID:IVY

「えぇっ!なんか気になるなー
というか、なぜこんないきなり…」
≫ユプシロン

90:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 22:38 ID:chc

「わ、分かんないですけど。皆に知らせたほうがいいですね。」
とその紙を持ち、放送室に行き
>風吹さん

91:風吹冬華:2014/02/11(火) 22:42 ID:IVY

「ええ確かにこれはそうです」「でもやはりこれを見ても妖怪と人間は違う…」
ポツリとそんなことをつぶやいた
一瞬さみしいような瞳をして。
≫ユプシロン

92:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 22:45 ID:chc

「・・・でも、人間にしかできないこともあります。」
と微笑み
>風吹さん

93:風吹冬華:2014/02/11(火) 22:52 ID:IVY

「あぁ、!!わたしはへんなこと言っちゃっただってこんなにいいひとがいるんですから。」
「ありがとう」
(つられてわたしも微笑む)

94:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 23:04 ID:chc

「・・・。」
二コリと微笑み
>風吹さん

放送室
「皆さんにお知らせします。理事長の発案により・・・戦闘ミッションを開始します。詳しくは掲示板板を見ていただいたら分かります。
戦闘準備の説明をしますので少々お待ちください。」
とあの特有のメロディの後上を言い

>ALL

95:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 23:10 ID:chc

〜引き続き放送室〜
♪〜♪〜♪〜
「えっと、引き続きミッションについて放送します。人間には武器を5つまで使用許可する。それに加え、盾を許可する。
妖怪には武器は最大3つまで、盾は許可しない。魔法もなるべく弱くすること。
ミッションはグループ制にする。グループは、2つのグループに分けたいと思う。
しかし、その中で仲のいい者同士などで細かいグループを作るのも1人での行動・仲間割れも許可する
殺し合いも一応許可するが、怪我のさせ合い程度がいいかと思われる。
だそうですので、明日までに準備を進めてください。グループは・・・。決まり次第放送します。」
♪〜♪〜♪〜

96:風吹冬華:2014/02/11(火) 23:12 ID:IVY

「とうとうかあのすがたをみせないたいけないのか」
「さきに行っておくね。ユプシロンあたしは雪女だよ。
「あたしはひとの前でこの姿を見せるのは嫌いだけど
ユプシロンならだいじょうぶだと思うだからおなじチームなった時はよろしくね」
そう言ってかッッと一瞬でまわりが光に包まれた
光がなくなると、前には、本来の姿の冬華が立っていた。
≫ユプシロン

97:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/11(火) 23:23 ID:chc

【--------------------------------------------------------------------------------------
Aグループ(仮)
大塚 啓太さん
里螺 寄生さん
風吹 冬華さん
火瀾 緋滾さん

Bグループ(仮)
東 妃菜さん
西宮 綺
雨宮 蓮さん
流ヶ咲 相途さん
---------------------------------------------------------------------------------------

のグループです
グループに不都合があればコメントしてください。
一応明日スタートさせます。+落ちます】

98:風吹冬華:2014/02/11(火) 23:25 ID:IVY

【りょーかい】

99:緋滾 ◆ojTU:2014/02/12(水) 16:43 ID:F2I

【了解です。】

>>97

……(チーム表を見ながら無表情でブツブツ言っていて

>all

100:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/12(水) 17:05 ID:chc

「どうしました?」
と何か言っている相手にに問いかけ
>緋滾 さん

101:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/12(水) 17:15 ID:chc

【100突破感謝!】

「雪女ですか!私は妖精ですよ。残念ながらチームは離れちゃいましたけど、よろしくお願いしますね」
と少し吃驚し自分は妖精だと告げ少し残念そうにして。
>風吹さん

102:緋滾 ◆ojTU:2014/02/12(水) 17:20 ID:F2I

>>100突破おめでとうございます!】

いえ、チームの人の名前を暗記しておこうと思いまして…(チーム表を見ながら表情を崩さずにそう呟いて

>>100

103:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/12(水) 17:26 ID:chc

「なるほど・・・。あ、チーム違うんですね。残念です」
と残念そうにし
>緋滾 さん

104:緋滾 ◆ojTU:2014/02/12(水) 17:31 ID:F2I

そうですね…(少しさびしそうな表情になるが「また、今度何か一緒になるのを期待しましょう」ニコッと微笑み

>>103

105:流ヶ咲想途:2014/02/12(水) 18:13 ID:deY

【遅くなりましたがレス返しです!】

・・・可愛らしいお名前ですね、自己紹介が遅れました、
私は流ヶ咲想途といいます、よろしくお願いします・・・
(相手に自己紹介をして)

>>綺さん

【ありがとうございます!「ひたぎ」と読むんですね!】

あなたも、ここの景色が好きですか・・・?
(いきなり相手に質問し)

>>ひたぎさん

106:風吹冬華:2014/02/12(水) 18:28 ID:IVY

ユプシロン残念だねまた今度(≧∇≦)≫ユプシロン
ひたぎさん同じチームだね〜よろしくです!

107:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/12(水) 19:12 ID:chc

「ありがとうございます!相途さんですか。しっかりと覚えておきますね!」
 微笑み、相手の名前を数回繰り返し。
>相途さん

108:緋滾 ◆ojTU:2014/02/12(水) 19:50 ID:F2I

【はい!読みづらくてごめんなさい…】

はい…(相手が言う景色を見て左記を述べ「とても綺麗ですね」と呟いて

>>105

宜しくお願いします風吹さん(ニコッと微笑んで

>>106

109:流ヶ咲想途:2014/02/12(水) 20:10 ID:deY

・・・・・(わずかにクスッと微笑み)

>>綺さん

【いえいえ、教えてくださりありがとうございます!】

景色は素敵です・・・心が温まりますから・・・
(景色を眺め、心地よさそうな顔をして言い)

>>ひたぎさん

110:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/12(水) 20:55 ID:chc

「そういえば聞きましたか?今回の戦闘ミッションの報酬・・・。」
笑われたことに少しむっとしながらもそれを顔に出さず話をそらし
>想途さん

111:流ヶ咲想途:2014/02/12(水) 21:12 ID:deY

報酬・・・何ですか・・・?(いきなり真剣な顔になって聞いて)

>>綺さん

【遅くなりましたが100突破おめでとうございます!】

112:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/12(水) 21:15 ID:chc

「なんか、10万円+長期間のお休みだそうです!」
と嬉しそうに話し
>想途さん

113:流ヶ咲想途:2014/02/12(水) 21:24 ID:deY

もし10万円手に入れたら何に使います?
(嬉しそうな相手にいきなり聞いて)

>>綺さん

114:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/12(水) 21:43 ID:chc

「貯金です」
ときっぱり言い切り
>想途さん

115:風吹冬華:2014/02/12(水) 21:44 ID:IVY

「なんだって!?
ロリータ系の服かいほうだいじゃん!
きゃー絶対成功させるんだから、」
(意気込みながら)

116:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/12(水) 21:55 ID:chc

「いえいえ此方のBグループが勝つんですよ!負けませんから!」
とそんなことを言っているうちに音が鳴り

「えー。皆さん理事長です。今回のミッションの開始と、勝ちの説明をします。勝利するには、殺すかリタイアかのどちらかです。皆には***日戦ってもらうからねー。
たのしみにしてるよ。では、いつでもスタートしてねー」
とやけに楽しそうな声が聞こえ、なぜかコングの音が聞こえ

>ALL様

【戦闘開始フラグ設立!】

117:風吹冬華:2014/02/12(水) 22:01 ID:IVY

「なにを殺せばいいのかしらユプシロンしらない?」≫ユプシロン

118:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/12(水) 23:28 ID:chc

「もちろん。生徒ですよ。別チームの人ですけど」
と微笑みながら「私も対象になりますね」と付け加えて
>風吹さん

119:流ヶ咲想途:2014/02/13(木) 05:09 ID:ZB.

殺し合い・・・ですか・・・(悲しそうな顔をしながら「私はあなた方の護衛につきます」
と真剣な顔で言い)

>>綺さん、冬華さん

120:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 16:38 ID:chc

「チームに分かれてるので、想途さんは私と同じBグループです」
と真剣な顔の相手に言い
>想途さん

121:里螺:2014/02/13(木) 17:04 ID:11g

【闇落ちすいません
それと、レス蹴りをします】

何しているんだ?3人共?
(あまり興味が無さそうな表情だが3人に近づいていって)
>風吹、西雅、流ヶ咲

122:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 17:21 ID:chc

「ミッションが始まったんですよ。殺し合いの。」
というとグループ分けの紙と、ミッションについてのプリントを見せ
>里螺さん

123:里螺:2014/02/13(木) 17:39 ID:11g

大体分かったけど・・・
(2つの紙を見ながら言うと「別にこういうイベント要らなくね?」と、溜息を吐きながら言い)
>西雅

124:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 17:44 ID:chc

「でも、私が企画したんじゃないんですもん。」
と相手に言い
>里螺さん

125:里螺:2014/02/13(木) 17:47 ID:11g

それじゃ、作った人は、誰?校長?
(と、2つの紙を見るのを止めると窓から景色を見ようとして)
>西雅

126:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 17:54 ID:chc

「理事長です。まぁ。長期間のお休みと賞金10万円は流石の私も惹かれますけど」
と相手と同じように窓の外を見て
>里螺さん

127:里螺:2014/02/13(木) 17:57 ID:11g

俺には、金とか自由には、あまり興味無いけどね
(退屈そうに言いながら景色を見て)
>西雅

128:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 18:04 ID:chc

「そうなんですか?ならリタイアも可能ですよ?」
と微笑みながら言い
>里螺さん

129:里螺:2014/02/13(木) 18:08 ID:11g

・・・どんせリタイアとかしたら罰ゲーム的な事が待っているんだろ?
(苦笑いになりながら言い)
>西雅

130:流ヶ咲想途:2014/02/13(木) 18:12 ID:yfg

罰ゲーム・・・(何かを深く考えながら隠し持っていた日本刀を出し)

>>ALL

131:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 18:12 ID:chc

「まさか。すこーし、理事長室に行ってもらうだけだそうですよ」
と怪しげな笑みを浮かべ
>里螺さん

132:里螺:2014/02/13(木) 18:15 ID:11g

不吉な事を言いながら考えるなよ・・・
(少し困った表情になりながら相手に言い)
>流ヶ咲

(相手が言ったその先を想像すると急に青ざめて)
・・・その先は、考えないでおこう
(苦笑いになりながら言い)
>西雅

133:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 18:16 ID:chc

「あれ、想途さん日本刀なんて怖いですねぇ。」
と微笑み
>想途さん

134:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 18:18 ID:chc

「えー?そうですか?すこーしで済むらしいですよ?」
とやはり怪しげな笑みで言い
>里螺さん

135:流ヶ咲想途:2014/02/13(木) 18:24 ID:yfg

・・・・・(日本刀をしまい、どこかに去ろうとして)

>>ALL

136:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 18:26 ID:chc

「どこ行くんですか?危ないですよ」
と最後は小声になり
>想途さん

137:里螺:2014/02/13(木) 18:26 ID:11g

そのすこーしだけの時間が怖いんだよ・・・
(深い溜息を吐きながら)
>西雅

何処に行こうとするの?
(相手の肩を後ろから左手で触ると)
>流ヶ咲

138:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 18:28 ID:chc

「ふふ。冗談ですよ」
と微笑み
>里螺さん

139:流ヶ咲想途:2014/02/13(木) 18:36 ID:yfg

・・・日本刀に付いている血を、洗い流してきます・・・
(振り向かずにそのままその場から去って)

>>二人

140:里螺:2014/02/13(木) 18:40 ID:11g

・・・そうだ、お前確かBだよな?
(そう言いながら軽く笑っていて)
>西雅

・・・
(去った相手を追いかけずに無言で見送って)
>流ヶ咲

141:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 18:44 ID:chc

「なんで血がついてるの・・・?」
と少し疑問に思って小声で呟き「まぁいっかな。」と自分も戦闘準備をし
>想途さん

142:風吹冬華:2014/02/13(木) 19:27 ID:IVY

ふふっ楽しみだな〜

143:風吹冬華:2014/02/13(木) 19:32 ID:IVY

「さとらさんよろしくですとうかです」(笑顔でしゃべる)

144:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:03 ID:chc

「んー。でも血見るの嫌いなんですよねー。」
などとぶつぶつ言っておりしかししっかりと刀の準備はしており
>ALL

145:風吹冬華:2014/02/13(木) 21:05 ID:IVY

あらユプシロンそんなのじゃかてないですわよ
銃を準備しながら、
>ユプシロン

146:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:07 ID:chc

「あ、風吹さん!そうなんですか?まぁいざとなればシールドはるので」
などと言っており相手には視線を合わせず
>風吹さん

147:風吹冬華:2014/02/13(木) 21:10 ID:IVY

そっか〜シールドはれるものね。
わたしはもちまえの力を出すしかないけど
>ユプシロン

148:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:13 ID:chc

「でも銃があるじゃないですか」
と微笑み、さりげなく「私は羽を凍らせられたらひとたまりもありませんねぇ」などとしらじらしく言い
>風吹さん

149:風吹冬華:2014/02/13(木) 21:17 ID:IVY

ええ。銃は確かにあるわでもやはりまわりを凍らしてしまうと、まわりの銃は
もちろん、わたしの銃も凍ってしまうわ。
(残念そうにしながら
>ユプシロン

150:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:19 ID:chc

「あやや。残念ですねぇ。で、どうしますか?」
と残念そうにしながら、どうすると問いかけ
>風吹さん

151:風吹冬華:2014/02/13(木) 21:22 ID:IVY

秘策があるのよ。
(ニヤリと笑う
>ユプシロン

152:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:23 ID:chc

「へぇ。その秘策とは?と言っても所詮私は別チームですけどね」
と微笑み

153:風吹冬華:2014/02/13(木) 21:25 ID:IVY

あらそうだったじゃあだまってようかなー
(笑いながら>ユプシロン

154:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:29 ID:chc

「あやや。いらぬことを言ってしまいましたかね。まぁ私にも作戦くらいありますけどね」
とまったく残念そうにせず微笑み
>風吹さん

155:風吹冬華:2014/02/13(木) 21:33 ID:IVY

じゃあソロソロかな

156:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:34 ID:chc

「ほう?そろそろとは?」
と不思議そうに首をかしげて
>風吹さん

157:風吹冬華:2014/02/13(木) 21:39 ID:IVY

いやへんげしとこうとおもって
チョつとごめんね。
まぶしいかもだけど
カッッッッ!
(光で包まれる
>ユプシロン

158:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:45 ID:chc

「なるほどー。戦闘準備ってことですね」
とニコニコしていて「私に片割れがいれば・・・。」と聞こえないくらいで呟いて
>風吹さん

159:風吹冬華:2014/02/13(木) 21:49 ID:IVY

ええ。ん?どうかした?
>ユプシロン

160:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:50 ID:chc

「あ。いえ。戦闘するのかなぁと」
と少しギクッとしてすぐ微笑み
>風吹さん

161:風吹冬華:2014/02/13(木) 21:55 ID:IVY

するんでしょうね。そりゃ。
【おちます】

162:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/13(木) 21:57 ID:chc

「ほうほう。風吹さんを敵に回すとは。私勝てるんですかねぇ。」
と微笑みを崩さずに言い
>風吹さん
【了解です】

163:風吹冬華:2014/02/14(金) 18:14 ID:IVY

まぁ、おてやわらかに。そう言って去っていった
≫ALL

164:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 19:08 ID:chc

「風吹さんに言われてもなぁ。」
と言いつつ裏庭に行き
>ALL

165:風吹冬華:2014/02/14(金) 19:33 ID:IVY

一方、校舎にて
「ふぁー、退屈だな」

166:風吹冬華:2014/02/14(金) 19:34 ID:IVY

(165ALLさまです)

167:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 19:37 ID:chc

「まぁ。寒いよね。」
と雪の積もっている裏庭から校舎に行き誰かいるのを発見して物陰に隠れ
>風吹さん

168:風吹冬華:2014/02/14(金) 19:55 ID:IVY

だれかいるのを感じ、ふぅ…
息を吹くと
つららができあたりいちめんにとんでゆく
>ユプシロン

169:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 20:10 ID:chc

「うわ!」
風を吹かせつららを落とし
>風吹さん

170:風吹冬華:2014/02/14(金) 20:14 ID:IVY

あぁあんただったの
面白くなさそうに)
>ユプシロン

171:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 20:17 ID:chc

「なんですか。その面白く無さそうな顔は・・・。」
と悲しそうにして
>風吹さん

172:風吹冬華:2014/02/14(金) 20:20 ID:IVY

【雪女になってクールになっています】
いや、お楽しみがすぐにきてしまったからかなー
本気にさせてくれそうだし
>ユプシロン

173:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 20:22 ID:chc

「そんなことないですよ?弱いですからねぇ」
と微笑みながら言い
>風吹さん

174:風吹冬華:2014/02/14(金) 20:23 ID:IVY

じゃあやってみる?
ニヤリと笑い>ユプシロン

175:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 20:38 ID:chc

「あややー。風吹さんを敵に回すと怖そうですねぇ」
と言いながら刀を出していて
>風吹さん

176:風吹冬華:2014/02/14(金) 20:40 ID:IVY

そうこなくっちゃ
たちまち笑顔になる
お先にどうぞ!
という>ユプシロン

177:風吹冬華:2014/02/14(金) 20:41 ID:IVY

【いったん風呂おちしますまた帰ってくるね】

178:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 20:56 ID:chc

「えー。私からですかー。ではこれはどうでしょう?」
というと、大きな幻を作りその陰に隠れて「どーこだ!」と言い
>風吹さん

179:風吹冬華:2014/02/14(金) 21:01 ID:IVY

ふっと笑い空に向かっててをかざすと
雲を作り飛び乗る
そして幻をすべて凍らせて指を鳴らし
氷を砕き幻を打ち消す
「もっと楽しませてよ」
>ユプシロン

180:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 21:20 ID:chc

「あややー。見つかりましたかー。でも風は凍りませんよ?」
と微笑み、風の刃を飛ばし
>風吹さん

181:風吹冬華:2014/02/14(金) 21:24 ID:IVY

次々雲を作り飛び乗るがいっぱつだけ当たってしまった
>ユプシロン

182:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 21:27 ID:chc

「私は負けませんよ?」
と微笑みもう一度大量の刃を作り、自分と同じ姿の幻を10体作り、その刃を少しずつ投げて
>風吹さん

183:風吹冬華:2014/02/14(金) 21:32 ID:IVY

プツンとなにか音がした
「本気になったからには勝たないとねー」
ヒュオオオオオオー
突然大吹雪になり
風で攻撃すべてを打ち消す
>ユプシロン

184:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 21:35 ID:chc

「あややー。そうこられたら何もできませんねぇ。」
と微笑み「となると接近攻撃ですかねー。」と何か呟いており
>風吹さん

185:風吹冬華:2014/02/14(金) 21:38 ID:IVY

雲の上に飛び乗り、空気を凍らし上空からつららを落とす
たいりょーに>ユプシロン

186:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 21:42 ID:chc

「・・・なんか言ってくれないと怖いですよ?」
と言いつつ風ですべてさえぎり
>風吹さん

187:風吹冬華:2014/02/14(金) 21:44 ID:IVY

じゃあ羽‼
カチン‼凍らせる
>ユプシロン

188:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 21:46 ID:chc

「私の羽がそう簡単に凍ると思いますか?」
と言うと風で一瞬で溶かし少し遠いところに移動し羽をたたみ
>風吹さん

189:風吹冬華:2014/02/14(金) 21:49 ID:IVY

んーとかされちゃった‼てへぺろ
じゃあこれはー?
上空に作った氷を溶かし雨を降らせる

190:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 21:53 ID:chc

「むー。私の羽はすぐ乾きますから。それに雨なんて風にはかなわないんです」
と言うと雨の方向を風で変えて
>風吹さん

191:風吹冬華:2014/02/14(金) 21:56 ID:IVY

やってみないとわかんないのよー?
パチン指を鳴らし雨を凍らせ自然に落下させる
チョつとは量も増えたし、至近距離になったでしょ?

192:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 21:57 ID:chc

「氷も軽ければ私の風で飛ばしますから」
と言い風を強めて吹き飛ばし
>風吹さん

193:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:02 ID:IVY

おー感心感心!
可愛いわねー
んじゃこれは?
どでかい氷を作り

落下させ
地上二穴を開ける
>ユプシロン

194:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:04 ID:chc

「怖いなぁ。私も本気出したいんですけどねぇ。」
と言いながらため息を吐き
>風吹さん

195:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:07 ID:IVY

なぜ本気が出せないと思う?
>ユプシロン

196:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:09 ID:chc

「さぁ。どうしてでしょう?」
と微笑み「貴女に1人で勝負なんて挑めないですね。」
>風吹さん

197:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:12 ID:IVY

そうねわかってないならね
でもあたしもまだできるきがする自分自身。
今日は中止よ中止
>ユプシロン

198:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:13 ID:chc

「あやや。残念ですねぇ。まだこれを使ってないのに」
と言うと腰から刀を取り出し
>風吹さん

199:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:16 ID:IVY

あんたにそれは無理よ
まだ本気を出してないんでしょ
あたしを倒すなら本気を出してもらわないと
>ユプシロン

200:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:19 ID:chc

「あややー。だって、私が本気を出してもほめてくれる人がいないんで。でも、風吹さんには本気を出せそうですね」
と言うとそっと刀を出し「師匠」と呟き

>風吹さん

201:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:22 ID:IVY

へっそうなの
まぁ今日はもういいわわたしが納得いかないし

202:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:24 ID:chc

「あやや。残念せっかく本気を出せると思ったんですけどね。」
と少し真顔になりすぐ微笑み
>風吹さん

203:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:25 ID:IVY

それに本気出されても、リタイアするだろうしさ
>ユプシロン

204:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:26 ID:chc

「・・・いえ。互角です。それにきっと私が負けてしまうでしょう」
と真顔で言い
>風吹さん

205:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:26 ID:IVY

今日は一時休戦で
ねぇラーメン食べない?
おなかすいてきちゃった>ユプシロン

206:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:28 ID:chc

「いいですね。私もおなかが減ったところなんですよ」
と微笑み
>風吹さん

207:あいるん:2014/02/14(金) 22:30 ID:IVY

いいお店があるのよねー変げをとく

208:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:31 ID:chc

「へぇ。そうなんですか?」
とニコニコして
>風吹さん

209:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:33 ID:IVY

うん。屋台なんだけどさ、いっぱいにちょうどいいのよ
あの店>ユプシロン

210:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:34 ID:chc

「へぇー楽しみですね」
と嬉しそうにして
>風吹さん

211:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:36 ID:IVY

あっちなみに、雪女の17さいは成人なのよ>ユプシロン

212:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:38 ID:chc

「え!そうだったんですか!妖精は15歳なら人間では14歳です」
と話し

>風吹さん

213:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:39 ID:IVY

へーそうなんだ今日はおごるわよ
>ユプシロン

214:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:40 ID:chc

「え。いやー。出しますよ!」
とお財布を出し
>風吹さん

215:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:43 ID:IVY

ごん‼頭をグーで殴りこういう時は素直に聞いておくのがいいのよ
>ユプシロン

216:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:44 ID:chc

「あ、ありがとうございます」
と殴られたところをさすりぺこりとお辞儀し
>風吹さん

217:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:45 ID:IVY

さぁたべましょ>ユプシロン

218:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:47 ID:chc

「はい!いただきます!」
とラーメンを食べ始め
>風吹さん

219:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:49 ID:IVY

ふふっ「あなたたちはまだそれでいいのよ可愛らしいんだから」
と聞こえないよう言った>ユプシロン

220:ユプシロン 西雅 綺:2014/02/14(金) 22:49 ID:chc

【落ちます!お相手感謝でした!また戦闘よろしくお願いします!】

221:風吹冬華:2014/02/14(金) 22:50 ID:IVY

【いえいえこちらこそありがとうおやすみー】

222:西雅 綺:2014/02/15(土) 04:01 ID:chc

名前 西雅 亜蓮
年齢 16(高1)
性別 男
性格 普段はおっとりしているが戦闘時には冷静になる。
   極度のシスコンで危険な目にあわせるやつは容赦しないらしい。
容姿 白のYシャツに黒の7分丈のズボン。金髪を後ろで束ねている少しだけ上に髪が跳ねている
種族 妖精
魔法 火(攻撃系)シールド(守り)闇(目くらまし)
武器 曲刀、ボウガン
備考 綺の義理兄で転校してきた。

【起きてしまったのでついでに兄キャラ投下ー。いつまでも保管はできない…。】

223:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 16:52 ID:chc

【一応絡み分投下〜】
綺「あー。暇だ。」
と校内をぶらぶらしており
>ALL

224:風吹冬華:2014/02/15(土) 17:40 ID:IVY

あっユプシロン嬉しそうにん駆け寄っていく
この人だれ?亜蓮をみて
>ユプシロン亜蓮

225:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 17:47 ID:chc

綺「あ、昨日はごちそうさまでした!あ、えっとこっちは、」
とぺこりとお辞儀した後亜蓮を指し紹介しようとして
亜蓮「あ、はじめまして。西雅亜蓮です」
紹介をさえぎり二コリと微笑んで名前を言い
>風吹さん

226:風吹冬華:2014/02/15(土) 18:38 ID:IVY

よろしくねあたしは風吹冬華
まぁ関係としては敵かなユプシロンの。
あれ?でも亜蓮くんて苗字がおなじだよね。
(ふしぎそうにしながら
>ユプシロン亜蓮

227:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 18:47 ID:chc

亜蓮「綺の兄です。よろしくお願いしますね」
と微笑み

綺「理事長によると私と同じチームならしいです。」
と少し嬉しそうにし「これで本気が出せる」と呟き
>風吹さん

228:風吹冬華:2014/02/15(土) 18:54 ID:IVY

「へー敵か〜まぁあなたもお手柔らかに
お願いいたしますね
えとじやあわたしはこれで弱い人たちを倒しにいかないといけないので…」
ニンマリ微笑み
>ユプシロン亜蓮
【ためでいいよー】

229:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 19:26 ID:chc

亜蓮「なら僕とお手合わせ願えますか?」
と微笑み
【んー。このままでいかせてもらいますw】
>風吹さん

230:風吹冬華:2014/02/15(土) 19:55 ID:IVY

「あらあなたは強いじゃない
あたしはおチビちゃんを倒しにいくんだから」
残念そうに
>ユプシロン亜蓮【あたしはためでもいいかな?いまさらだけど

231:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 19:56 ID:chc

亜蓮「あれ?僕は初めてですよ?」
と微笑みながら言い
>風吹さん
【いいですよー!】

232:風吹冬華:2014/02/15(土) 20:02 ID:IVY

「いかにも強そうなんだけどな〜
軽くならいいけど…」
【ありがと〜
(あいまいに答える
>ユプシロン亜蓮

233:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 20:11 ID:chc

亜蓮「弱いですよー?」
とニヤリと笑い
綺「亜蓮ずるい。私もしたいのに。」
頬を膨らませ
>風吹さん

234:風吹冬華:2014/02/15(土) 20:33 ID:IVY

うーんじゃあ二人ともあいてしてあげる
とくべつだよまぁウォーミングアップかな!?
>ユプシロン亜蓮

235:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 20:35 ID:chc

綺「わぁーい!亜蓮も来たし。これで本気出せますね」
と無邪気に笑い
亜蓮「よろしくお願いします!」
とぺこりとし
>風吹さん

236:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 21:02 ID:chc

綺「そちらからどうぞ」
と微笑み
亜蓮「風吹さん強いらしいですからね。本気でいきますよ」
と真顔になり
>風吹さん

237:風吹冬華:2014/02/15(土) 21:59 ID:IVY

かっけんげする
じゃあざぁー雨を降らしそのあとこおらせ地面全体を凍らせる

238:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 22:06 ID:chc

綺「私たち飛べますよ?」
と微笑むと羽を出し飛んで

亜蓮「では僕の番ですかね?」
と言い周りを暗くし何も見えなくする

>風吹さん

239:風吹冬華:2014/02/15(土) 23:00 ID:IVY

ふーんといい自分自身をこおりでおおう
>ユプシロン亜蓮

240:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 23:08 ID:chc

綺「あー。これじゃ私には無理だぁ」
と暗闇の中で笑い
亜蓮「氷かぁ。」
といたずらっぽく微笑み火を出して
>風吹さん

241:風吹冬華:2014/02/15(土) 23:15 ID:IVY

「おおっとびっくりんーじゃあこれは?
氷で壁を作る日の攻撃がきたところで
水にする」
クスクス笑う
>ユプシロン亜蓮

242:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 23:19 ID:chc

綺「亜蓮の攻撃が効かないねー。」
と言い風の刃を送り
亜蓮「むー。」
といい、ボウガンを手に取り放ち
>風吹さん

243:風吹冬華:2014/02/15(土) 23:25 ID:IVY

「あー〜それがあるのか
んじゃあ、いっけ〜い
といい雲であたりを埋め尽くす
姿が見えなくなる」
>ユプシロン亜蓮

244:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 23:34 ID:chc

綺「私の風なめないでくださいね」
風をおこし雲を晴らす

亜蓮「で、僕のボウガンと」
と言いボウガンを適当に放ち
>風吹さん

245:風吹冬華:2014/02/15(土) 23:39 ID:IVY

ボウガンを凍らせる
風吹を起こし風をあやつりにくくする少し焦ったわ」
と言いながらも、笑顔でしゃべる
>ユプシロン亜蓮

246:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 23:43 ID:chc

亜蓮「ボウガン使い物にならないなぁ」
と言うと火で氷を溶かす
綺「…私から風をとると何が残ると思います?」
とにっこりと笑いながら言い。

「やばい本気で怒った・・・。」
と亜蓮は小さく呟き

>風吹さん

247:風吹冬華:2014/02/15(土) 23:49 ID:IVY

拳銃をとりだし
かちゃり
準備をする
ニヤリと笑う
>ユプシロン亜蓮

248:西雅 綺/亜蓮:2014/02/15(土) 23:53 ID:chc

綺「あーあ。銃だよ亜蓮」
とめんどくさそうに言い
亜蓮「あ、うん。大丈夫だよ」
と言うとシールドを大きく張り「わぁ。敬語がなくなってる。マジだな」と呟き
>風吹さん

249:風吹冬華:2014/02/15(土) 23:58 ID:IVY

「じやあこっちも」と言いシールドをはる
ばキューン
(拳銃の音>ユプシロン亜蓮

250:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 00:00 ID:chc

綺「シールドはれるんだ。」
とボソッと言い幻を作り「これは凍れませんよ?」と笑い

亜蓮「まったく。危ないことはしちゃダメだよ?」
と言いつつまた暗闇にして
>風吹さん

251:風吹冬華:2014/02/16(日) 00:06 ID:IVY

「あー二人同時はきつかったかなー!
まあ、(氷を作りあたりすべてに突き刺す
どうにかしないとな」
>ユプシロン亜蓮

252:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 00:10 ID:chc

綺「・・・夢妖剣」
ボソっと呟くと姿を消し

亜蓮「氷は溶かせばいいからね」
と大きな声で言い

>風吹さん

253:風吹冬華:2014/02/16(日) 00:18 ID:IVY

「あつそっか〜いいこと思いついた
とりあえずシールド貼ってるから向こうは攻撃できないし」
というと
(常に火が使えなければいいんだからと考え
強い風吹と雨を降らした
そして
あたり一面にもう一度つららを突き刺す)
>ユプシロン亜蓮

254:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 00:22 ID:chc

綺「・・・そっか。シールド。なんとかして剥がさなきゃ」
ぼそりと呟き近くにつららが落ちてきて「うわ!」と大声を出してしまい

亜蓮「シールドか。」
と言うとボウガンを放ち

>風吹さん

255:匿名さん:2014/02/16(日) 08:22 ID:IVY

ボウガンが命中しなきゃ意味ないわ」
と言い風吹と雨をつよくする
(そしてこんどは二倍のつららをおとす)

256:風吹冬華:2014/02/16(日) 08:24 ID:IVY

【ごめんなさい間違えました名前 風吹冬華です】

257:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 17:22 ID:chc

綺「つららと吹雪、それにシールドが厄介ね。なんともならない。」
とぶつぶつ言っており
亜蓮「ならこっちのシールドを消そう。」
と言うとシールドが消滅し

>風吹さん

258:風吹冬華:2014/02/16(日) 18:18 ID:IVY

「へーそうくるかでもあなたたち二人だからわたしはくずさない
たたかいにはひきょうさも必要では?」
>ユプシロン亜蓮

259:参加希望:2014/02/16(日) 18:50 ID:chc

綺「なら・・・1人なら?」
ニヤリと笑い姿を消して
亜蓮「1対1なら崩しますよね?」
と言いまた闇に戻して
>風吹さん

260:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 18:58 ID:chc

【上私です!】

261:風吹冬華:2014/02/16(日) 19:14 ID:IVY

うーんどうしようかなー
などと言いながら、
シールドを崩す

>ユプシロン亜蓮

262:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 19:18 ID:chc

綺「んー。此処は亜蓮に譲るかなぁ。」
と言い
亜蓮「此処は綺野がいいと思うけどなぁ。」
と言いつつ暗闇の中声のした方向にボウガンを撃ち

263:風吹冬華:2014/02/16(日) 19:30 ID:IVY

ボウガンを放つ音が聞こえ、あたりにつららをどはす
そして吹雪を吹かせる
>ユプシロン亜蓮

264:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 19:35 ID:chc

綺「むー。吹雪なんかに私の風は負けないんだから。」
 と微笑みながら風の刃をどこからか飛ばし

亜蓮「つららは困るなぁ。」
  とため息をつき
>風吹さん

265:風吹冬華:2014/02/16(日) 20:12 ID:IVY

じゃあ強くしようといい風吹と雨を降らした風吹はつよめで
>ユプシロン亜蓮

266:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 20:16 ID:chc

綺「床凍らせられたらひとたまりもない。」
と呟き弓を振り絞り矢を飛ばし

亜蓮「これじゃあ何も見えない」
と言い闇を解除し

>風吹さん
 

267:風吹冬華:2014/02/16(日) 22:20 ID:IVY

矢を音でよけると明るくなったから
つららを放つ
無言で
>ユプシロン亜蓮

268:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 22:26 ID:chc

綺「おっと。やっぱり暗いままのが良かったかな?」
と避けながら問い
亜蓮「暗いままだと何が起こるかわからいし怖いからなぁ」
と言いつららを避けて
>風吹さん

269:風吹冬華:2014/02/16(日) 22:34 ID:IVY

うーんと言いへんげをとく
「もうここらへんでいいでしょう
ころすつもりわないわそれにただのてあわせよ
これわね」
といい雲に乗る)
>ユプシロン亜蓮

270:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 22:39 ID:chc

綺「むしろ殺してくれてかまいませんけど。」
 と雲に乗った相手を見上げ「私も本気ではなかったですし。刀も使ってないし」と呟き

亜蓮「手合わせですか。」
 と微笑み
>風吹さん

271:風吹冬華:2014/02/16(日) 22:49 ID:IVY

「とにかく弱い子達をたおさないといけないからきょう
はおしまいよ」
少しずつ進みながら)>ユプシロン亜蓮

272:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 22:52 ID:chc

綺「私たちはデザートですかね。」
 とぼそりと呟き
亜蓮「はい。ありがとうございました。」
と2人そろって頭を下げて
>風吹さん

273:風吹冬華:2014/02/16(日) 22:56 ID:IVY

「案外楽しかったわありがとう」
微笑むあと
「遅くなったけど」と言いチョコレートをふたりに
わたす
>ユプシロン亜蓮

274:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 22:58 ID:chc

綺「ありがとうございます!」
と嬉しそうにもらい
亜蓮「ありがとうございます」
お辞儀をしてもらい
>風吹さん

275:風吹冬華:2014/02/16(日) 22:59 ID:IVY

【落ちます】

276:西雅 綺/亜蓮:2014/02/16(日) 22:59 ID:chc

【了解しました】

277:風吹冬華:2014/02/17(月) 18:55 ID:IVY

じゃあまた今度といいさっていく
>ユプシロン亜蓮

278:西雅 綺/亜蓮:2014/02/18(火) 22:27 ID:chc

綺「暇ですねー。」
 と校内をうろついていて

亜蓮「・・・」
教室で何かしていて
>ALL


書き込む 最新10 サイトマップ