魔法使いの世界 【人数制限・・・だろうか】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:主:2014/03/01(土) 17:46 ID:.wQ

はい、このスレの主でっす
題名どおり魔法使いです

ルール
ロルは20文字以上 安価必須 荒らしむり
掲示板ルール守ろう なりきれるキャラは管理できるまで
一週間でキャラリセ(理由あるときは言ってね)
恋愛はまぁ・・・Dキスまでで行きすぎなし
ケンカも行き過ぎないように(死ネタ?あかんよ)
みんな平等に絡もう

>2は世界観
>3はプロフ だから

レス禁止

2:主:2014/03/01(土) 17:53 ID:.wQ

此処は魔法使いが住んでいる
人間と同じで個性がある・・・
学校?そんなものはない・・・
あるのは・・・・・・・・・・・
・戦闘所(戦闘するところ)
・家(家は個人に一個だけ二人で住むのもよし)
・魔法の館(魔法を強化できる)
・コラシオン(食堂)
・ヤラカマテア(遊園地で動物園、水族館、映画館など設備)
・ヤマカタダ(怪物が生息する危ない場所)

だな・・・この町を変えるのも良いぞ?
主に言ったらそれを増やしてやろう・・・
ただし一人、一つまでだ・・・

3:主:2014/03/01(土) 18:06 ID:.wQ

プロフ

名前(読み方も!)
性別(オカマとか面白いけどなしで)
年齢(30歳まで)
性格(2行以上)
容姿(同じく)
魔法(風とか岩とか火とかね)
備考(何でも)

主のプロフ
名前:山風 夕菜 (やまかぜ ゆうな)
性別:女
年齢:10歳
性格:大人しいが戦闘するときは元気 細かくてちょっとした
   ことで腹が立つ 面倒見が良く お姉さんっぽい
   男が苦手で男を見ると固まってしまう
容姿:ひじまであるロングでふわふわ 髪色は白 目は水色
   目はたれ目 いつもお気に入りのヘアゴムを手首につけている
   戦闘するときは髪を手首につけてるゴムで一つにまとめる
魔法:水 (主に水を手の中から発射したり出来る)
備考:此処の町の代表で昔は「戦闘の神」と呼ばれるほど
   強かっただが幼馴染が亡くなり、戦うのを嫌がっている
   どうしても戦うときは戦う

【レス禁解除です】

4:参加希望 ◆9tDA:2014/03/01(土) 18:37 ID:Ufw


名前:冬至 司 (トウジ ツカサ)
性格:人をからかう事が好きで高飛車な弱S。
   仲間思いな面も有り実は寂しがり屋だったりする。心配性であるとか。
   いつも機嫌が良く笑っている。陽気。鈍感。
容姿:青が掛かった黒い髪で長めストレート。
   吊り上がった目つきの悪い目で瞳の色は青。
   蒼いシャツに真っ黒いロングコートを羽織り黒いジーパンを履いている。
魔法:影 (黒い邪気を発射したり影自体になれたりなど)
備考:問題児で有名な悪戯人。街では厄介者だと噂が立っている。
   それが原因で一人が多く寂しいらしい。

[参加希望です!ご検討お願いします!]

5:山風 夕菜:2014/03/01(土) 18:39 ID:.wQ

【オッケーです!絡み文お願いします!】

6:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 19:30 ID:noM


【闇落ちすみません!;絡み文投下します!】

はーあ…平和だな……
(街中で何処か民家の屋根で寝転がって居ては盗った林檎かじりつつ呟き
>ALL

【上げ落ちです!】

7:山風 夕菜:2014/03/01(土) 19:51 ID:.wQ

よし、今日も練習です!
(相手が屋根にいるのを知らずに「風の魔法!」と叫びながら
 強風を発生させて
>司

8:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 20:08 ID:B2.

うぁっ!?
…いっつ〜、何事だよ…?
ん?お前は…
(見事に風に飛ばされ地面に落下しては首さすりつつ相手見つけては言い
>夕菜

9:山風 夕菜:2014/03/01(土) 20:13 ID:.wQ

ひぃぃ!?
(落ちてきた相手を男子だと認識すると一瞬で固まり
>司

10:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 20:18 ID:58w

【プロフ書き忘れにて追加です!;
性別:男 年齢:16】

…よ、よお。
え?何かしたか、俺…
(相手の反応に首傾け不思議そうにしては立ち上がり近寄って
>>夕菜

11:山風 夕菜:2014/03/01(土) 20:22 ID:.wQ

【あ、気づいてなかったです←】

ひゃ〜!ち、近寄らないで!?
(後ずさりしながらも固まり時々、うずくまるがやっぱり固まって
>司

12:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 20:38 ID:Ufw

ちょ…っ、何なんだよ……
俺、何かしたか?
(相手が怯えるのでとりあえず立ち止まるがムスッと頬膨らませては問い掛けて
>夕菜

13:山風 夕菜:2014/03/01(土) 20:40 ID:.wQ

な・・・・・何もしてませんっ
(相手に聞こえるか聞こえないかくらいの声でそう言うと
 「も・・・だめ」と呟きぶっ倒れ←
>司

14:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 20:45 ID:Ufw

え?悪い聞こえなかっ…
お、おい…!?大丈夫か!?
(返答が聞こえなかったのか問い返せば言い終わらない内に相手が倒れたので慌てて掛け寄り軽く肩揺さぶって
>夕菜

15:& ◆VVes:2014/03/01(土) 20:47 ID:fKM

いれてください

16:山風 夕菜:2014/03/01(土) 20:49 ID:.wQ

ううう・・・
(倒れた直後「男子は苦手なんです・・・」とだけ言うと
 青ざめた表情でうなり
>司

【プロフ書いてください!15様】

17:& ◆VVes:2014/03/01(土) 21:07 ID:fKM

【わかりました】
名前:椎名りんね(しいなりんね)

年齢:16
性別:女
性格:明るい。好きになった相手にはがんがんいく。
迷惑かけたくないから悩みごとを一人で抱え込んでしまう。
容姿:腰まである長いストレートな髪。スタイル抜群。
瞳は藍色。制服をうまく着こなしている。
魔法:緑(自然のちからを借りることができる。
備考:頭脳明晰で容姿端麗。そして有名会社のお嬢様で、転校生。
【いいですか?】主様

18:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:09 ID:.wQ

【オッケーです!】
>17様

19:りんね& ◆j0UE:2014/03/01(土) 21:13 ID:fKM

【よかった】

20:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:16 ID:.wQ

【じゃ・・・これに絡んでください!】

ふぅ・・・魔法の館に、行こう
(そう呟くと歩き出そうとするが「あ、忘れ物!」と大声を出し
 家に向かって走り出して
>All

21:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 21:18 ID:Ufw

な、何だよそれ……
仕方ないから我慢しろよー…?
(相手の言葉に苦笑浮かべては青ざめた顔を心配そうに覗き込み軽々と相手を姫抱きして
>夕菜

>>17[よろです!^^]

22:& ◆j0UE:2014/03/01(土) 21:19 ID:fKM

【あっはい】
はあ...魔法の館にいこうかな(といってあるいていると前から人が来るのに気付き...
夕奈さん

23:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:24 ID:.wQ

ふええ・・・何か浮いてる・・・
(目を開けてないので相手に気づかないが浮いた感覚で
 驚き
>司

うわ!?・・・っと
(走っていると相手とぶつかりそうになるが危機一髪で
 止まって
>りんね

24:& ◆bCws:2014/03/01(土) 21:26 ID:fKM

きゃっ(というと来た人がどこかであったような気がしてきて「あなたどこかであったような」という
佑奈さん

25:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:28 ID:.wQ

え・・・?そうですか?
(考え込むと「す、すみません!分かりません!」と思いっきり
 頭を下げ
>りんね

26:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 21:29 ID:Ufw

よっ、と……
…ったく、大丈夫か?
(屋根に上がり民家を蹴って進めば穏やかな草原に相手を下ろし寝かせてやって
>夕菜

27:& ◆bCws:2014/03/01(土) 21:30 ID:fKM

そうですか(というと「私の勘違いかしら」といっていなくなった
夕奈さん

28:& ◆bCws:2014/03/01(土) 21:33 ID:fKM

あなた、司さん?(と木の上で言うと「司さんですか?」ともう一回きく
司さん

29: ◆oAF6:2014/03/01(土) 21:33 ID:ZVU

名前/月影十夜(つきかげ とおや)
性別/男
年齢/18
性格/結構穏やかな性格の持ち主で、常に、という程ではないが柔らかな表情をしているのが多い
    且つ仲間思いな性格だが優男ではなく怒る時は怒る
容姿/紺色の髪の毛で前髪は目に少しかかる程度 瞳は黒目の平らで眼鏡を掛けている
    薄い茶色のコートと、黒いズボンを着こんでおり
魔法/炎(暗い所を照らしたり、飛ばしたり、一般生活でも活用できる)
備考/読書が好きな性質なようで、魔法に関するものに限らず種類の豊富な本を持ち歩いている

【プロフはこんなで宜しいですか?参加希望です】
》主様

30:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:33 ID:.wQ

うわ!?
(下ろされると目を開け「何ですか?ここ!」と叫ぶと相手を見て
 「男・・・・・」と固まり
>司

あ!あの・・・
(と話かけると「さっき魔法の館いこう・・・とか言ってなかった?」
 と微笑みながら聞き
>りんね

31:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:35 ID:.wQ

【良いですよ!】
>29様

32:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 21:36 ID:Ufw

ん…?あ、ああ…司は俺だぞ。
お前…は?
(相手に気付き体起こせばこくりと頷き返答し相手の顔凝視するも首傾げ問うて
>りんね

33:& ◆bCws:2014/03/01(土) 21:36 ID:fKM

ええ、そうだけど...(キョトンとした顔で「それがどうしたの?」ときく
ゆうなさん

34:& ◆fVwA:2014/03/01(土) 21:38 ID:fKM

私はりんねです。あなたのことはしっていました。(と真面目なかおで言う
司さん

35:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:38 ID:.wQ

じゃ・・・一緒に行かない?
(嬉しそうに言いながら「私も行くところだったの!」と
 にこにこ笑いながら
>りんね

36:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 21:39 ID:Ufw

うお…そんなでけえ声出さなくても…
んだよ、そんなに俺が嫌か…?
(相手の叫び声にビクッと体揺らしては次いで硬直する相手にムッとしすねたように言い
>夕菜

37:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 21:41 ID:Ufw

ほーぅ…すげえな、情報屋みてえだ。
俺は知らなかったよ、すまんな…
(相手の言葉に目丸くし感心したようにうんうん頷いては言い
>りんね

38:& ◆bCws:2014/03/01(土) 21:42 ID:fKM

べつにいいけど...(キョトンとした顔で「あなたも?」とたずねる
ゆうなさん

39:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:44 ID:.wQ

ち・・・ちが、違うんですっ
(思いっきり後ずさりしながらも顔を伏せて「お、男が苦手なんです」と
 話すも相手を見ると固まり
>司

40:& ◆j0UE:2014/03/01(土) 21:44 ID:fKM

知らなくて当然でしょう(というと「だって私はここにきたばかりなのですから」という
司さん

41:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:45 ID:.wQ

うん、そうなの!
(「じゃ早速行こうか」と言いながらも「忘れものが・・・」と言いながら
 焦りだし
>りんね

42:& ◆fVwA:2014/03/01(土) 21:47 ID:fKM

あの...(というと「わたしがとっていきましょうか」という
ゆうなさん

43:月影十夜 ◆oAF6:2014/03/01(土) 21:48 ID:ZVU

【参加許可感謝です!】
》主様

ふぁ…眠い…やっぱり夜遅くまで魔法書読んでたせいかな
(街中のベンチらしき椅子に座り込み、本片手に大きめの欠伸をした後に
まだ眠気が残ったような表情浮かべながら「…魔法の館行こうかな」と呟いており)

【宜しくお願いします!絡み文の投下しておきます】
》All様

44:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:49 ID:.wQ

え?・・・いや悪いですから自分で取ってきます!
(と言うと走り出し一分後、息を切らせながら戻ってきて
 「さ、さぁ行こう」と笑顔で
>りんね

45:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 21:50 ID:Ufw

何でまたそんな倒れる程にまで……
(困ったように溜め息吐き出しては相手安心させようと少し離れた場所にどっかりと座り込んで

来たばっかりでよく俺の名前なんざ知ってたなあ。
(相手の発言に更に感心し感嘆の声上げては興味深そうに呟いて
>りんね

46:& ◆j0UE:2014/03/01(土) 21:51 ID:fKM

月影さんね(「一緒に魔法の館にいきませんか?」というと「あっゆうなさんもよ」
十夜さん

47:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:51 ID:.wQ

う・・・男・・・
(普通に通り過ぎようとするが相手を見てしまい男だと認識すると
 固まり
>十夜

48:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 21:51 ID:Ufw

[>>45の上記は夕菜様宛てです!]

49:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:54 ID:.wQ

す、すいませんっ
(頭を深く下げると「これからもっ・・・迷惑かけるかも、しれませんが・・・
 友達になってっくれませんでしょうか・・・」と言うとしゃがみこみ
>司

50:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 21:54 ID:Ufw

ふあぁ…眠……
ん?お前は確か…えーっと……
(あくび浮かべ歩いて居ては相手の前通りすがり見つけて声掛けつつ相手の顔見詰め考え込み
>十夜

[初めまして、宜しくです!絡みますね!]

51:& ◆fVwA:2014/03/01(土) 21:54 ID:fKM

ええ(「行きましょ」といって「月影さんもいきますか」ときく
佑奈さん、とうやさん


ええ(「私のうちにあるデータの山にあなたの情報もありました」という
司さん

52:山風 夕菜:2014/03/01(土) 21:58 ID:.wQ

魔法の練習しないとっ
(と気合を入れながら言うが「失敗したら・・・」と妄想しだし
>りんね

53:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 21:59 ID:Ufw

え…?と、友達っ?
…成る成る!勿論だ!!
(一瞬驚き硬直するもパァッと目輝かせ激しく頷いては手差し出して
>夕菜

い、いよいよ情報屋だな。
(感心しつつも苦笑混じりに呟けば機嫌良く笑い声上げ
>りんね

54:山風 夕菜:2014/03/01(土) 22:01 ID:.wQ

えーと・・・有難う御座います
(「友達だから大丈夫」と呟くが相手の顔を見るとやっぱり
 固まって
>司

55:& ◆j0UE:2014/03/01(土) 22:02 ID:fKM

情報やですか(と浮かないかおして「はあ」とため息をつく
司さん

56:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 22:03 ID:Ufw

あ……そっか、すまん、苦手だったんだよな…
(固まる相手見れば慌てて手を引っ込め悲しそうにしゅんと俯き溜め息吐いて
>夕菜

57:& ◆j0UE:2014/03/01(土) 22:05 ID:fKM

司さんあの(といいかけてくちをふさぐ
司さん

58:山風 夕菜:2014/03/01(土) 22:05 ID:.wQ

え・・あ、えっと
(落ち込んだ相手を見て「可愛い・・・」と呟くが何か対策は
 ないものか・・・と考え「そーだ!」と思いつき
>司

59:りんね& ◆j0UE:2014/03/01(土) 22:06 ID:fKM

【お風呂落ち】

60:山風 夕菜:2014/03/01(土) 22:07 ID:.wQ

【了解です】
>りんね本体様

61:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 22:09 ID:Ufw

ん…?何?
(相手が言いかけた事が気になるのか微笑みつつもじれったそうに問い掛けて

な、何だよ…?
(思い付いた仕草見せる相手に思わず問い掛けては不思議そうに首曲げて
>夕菜

62:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 22:10 ID:Ufw

[了解、いtrです]
>>りんね本体様

63:月影十夜 ◆oAF6:2014/03/01(土) 22:12 ID:ZVU

ん?君は…?初対面かもしれないけどよくオレの名前知っていたね
隣に居るのが夕菜さんか、丁度向かおうと思ってた所なんだ
(2回瞬きをしては、声のした方へと顔を向け
相手の隣に居る人物に視線寄越しながら立ち上がり)

》りんね

ど、どうしたの君…急に固まって…あ、もしかしてオレの顔に何かついてる!?
(急に固まったのを見れば、心配そうな顔で近づいては
男という理由で動かなくなった事に気付かずに上記のように言えば、此方は驚いた顔を浮かべ)

》夕菜

……?どうかしましたか?
あ、それとも以前何処かでお会いしたことがあるとか…
(此方も相手の顔を見詰めるも、特に見知った相手ではないと確認すれば
眼鏡の位置を直しながら控えめに問いかけ)

》司

64:山風 夕菜:2014/03/01(土) 22:12 ID:.wQ

えと・・・私は男の顔を見るとダメなんでっ顔を伏せとくと大丈夫です
(と言うと顔を伏せ始め「目を見なければいいんで」と恐る恐る
 相手に近づこうとして
>司

65:山風 夕菜:2014/03/01(土) 22:14 ID:.wQ

ち、近づかないで・・・
(と言いながら後ずさり「な、何もついてませんっ」と言うと
 顔を見てしまいまた固まって
>十夜

66:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 22:17 ID:Ufw

あー…いやっ、悪い、勘違いだったか。
(相手の顔散々眺め回した挙げ句頬掻きつつ結論述べては「ところで其れは?」なんて本見て尋ね
>十夜

……そんなに俺が嫌かよ…
(子供のように頬膨らませすねた素振り見せてはそっぽ向いてしまい
>夕菜

67:山風 夕菜:2014/03/01(土) 22:19 ID:.wQ

ち、違うんですって
(「私は男の人が苦手なんです、別に個人で嫌にはなりません」と
 焦って言うがダメかな・・・と落ち込み
>司

68:山風 夕菜:2014/03/01(土) 22:19 ID:.wQ

【落ちます!】

69:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 22:21 ID:Ufw

[了解!お相手感謝です、]

じゃあ…慣れようぜ、俺も努力するからさ。
(落ち込む相手見てはそっと近寄り頭に手を乗せポンポン撫でてみて
>夕菜

70:りんね:2014/03/01(土) 22:25 ID:fKM

【ただいま】
はあ(というと急にたおれた
司さん

71: ◆gLHE:2014/03/01(土) 22:27 ID:MRU


名前 雅野 佑梨 ( みやびの ゆうり )
性別 女
年齢 16
性格 明るく好奇心旺盛。基本的に人懐き良く表情豊かで寂しがり屋。
   人を信じやすい一面あり時折騙されることあり。微ツンデレだか自覚なし。
容姿 胸に掛かる辺りまで伸びた茶髪は普段結うことなく下ろしており、
   二重の瞳は若干たれ目。背は平均より僅かに低く小柄で華奢な体型。
   服装は白ブラウスにベージュの短パン、黒ニーハイにカーディガン。
魔法 氷 (水さえあれば凍らすこと出来、寒い所では霰等降らすこともできる)

参加希望なんですか宜しいでしょうか?

72:りんね ◆Luss:2014/03/01(土) 22:30 ID:fKM

【いいと思います。でも主様がいないので仮参加でどうですか?】
71

73:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 22:33 ID:Ufw

[主様がたった今落ちてしまい居ないので仮で良いと思います、アバウトですみません><]
>>71参加希望者様

うぉっ…ちょ……!!
おい大丈夫か!?
(瞬時に相手受け止めては必死に揺すって呼びかけて

[落ちです!お相手感謝]

74:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/01(土) 22:37 ID:Ufw

[>>73下記はりんね様宛てです><;]

75:りんね ◆Luss:2014/03/01(土) 22:38 ID:fKM

はあ、はあ(と呼吸してるが顔が青くなっていっている
司さん

76:雅野 佑梨 ◆gLHE:2014/03/01(土) 22:38 ID:MRU


>>72
【了解です、仮参加にしておきますね!】

>>73
【わざわざ有り難う御座います、仮参加にさせて頂きますね!
 落ち了解です、また絡める機会あれば宜しくお願い致します。】

>>ALL
【仮参加の身ですがALL出しとくので絡んで下さると嬉しいです。
 普段から時間無いため稀にしか来れませんが宜しくお願い致しますね、!】


っ、…何で上手く行かないのかな…
( 水の入ったコップ手で触れれば一瞬にして凍るも外面だけであり中に穴開けては水出、溜め息溢しながら椅子に座り呟き溢しては手上にかざし「魔力、弱いのかな…?」なんて呟きながら目伏せて。 )

77:月影十夜 ◆oAF6:2014/03/01(土) 22:40 ID:ZVU

え…分かった、けど…大丈夫?
(どこか怯えた様子と帰ってきた言葉で微妙にショックを受けたようだがなんとか持ち直し
やはり心配であるようで、穏やかな口調で伺い)

》夕菜

…これは魔法についての本だよ 沢山の魔法について詳しく載ってるんだ
(相手の言葉が気になっていた様子だったが敢えて追及はせずに
「オレが使う炎の魔法も」と続けながら、文字や写真の載るページ側を向けながら答え)

》司

【今日は落ちます、お相手感謝でした!】

78:りんね ◆Luss:2014/03/01(土) 22:46 ID:fKM

雅野ゆうりさんですね(にっこりと笑って「こうすればできるわよ」という
ゆうりさん

79:山風 夕菜:2014/03/02(日) 07:31 ID:.wQ

【71様オッケーです!】

69
わかりましたっ
(頭を撫でられてるのがわかるとビックリするが顔を見ていないので
 固まることなく「頭を撫でるくらいなら良いみたいです!」と言い
>司

だ、大丈夫ですっ
(相手の顔を見ていないからか落ち着いてきて「顔をみなければ良いんでっ」と
 言うと少し目線を上げて
>十夜

80:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 08:18 ID:Ufw


おい…!!どうしたんだよ!?
く、苦しいのか?どこか痛いか?
(相手が弱って行くので嫌な予感がしては焦ったように呼び掛けて
>りんね

おー、氷の魔法か。
…って、駄目だなそりゃ。
(相手の行動一部始終を見ていては手を振りつつ近寄り水浸しな様を苦笑浮かべて言い
>佑梨

ほーぅ、すげえな此は…
館からでも取って来たのか?
(相手の差し出した其れ眺め感心してはふと魔法の館思い問い掛けて
>十夜

顔見なけりゃ…って、
まだ俺の顔知れてねーの?
(目線が上がり落ち着きを戻す相手を見てはホッと安堵の溜め息吐き苦笑い零して
>夕菜

81:山風 夕菜:2014/03/02(日) 08:21 ID:.wQ

いや、ちらっとは見たことは・・・あります
(と言うが「でもずっと見てたら固まりますから・・・」と
 言いずっと顔を伏せていて
>司

82:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 08:31 ID:Ufw


む……それ結構傷付くんだぞ…
もう何が何でも慣れさせてやるからな…っ!
(相手の言葉に不機嫌そうに眉潜めるも不意に立ち上がってはニッ、と笑い掛けて述べ
>夕菜

83:山風 夕菜:2014/03/02(日) 08:33 ID:.wQ

え?・・・あ、はい!
(相手の言葉を聞くと笑顔になり「そんなこと言われたの初めてです」と
 呟き
>司

84:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 08:40 ID:Ufw


ここまで苦手とは珍しいからなあ…
そうだ、嫌うのは男に何かされたからとかか?
(数秒唸り何か手は無いかと考え込んでは閃いたかの如く急に問い出して
>夕菜

85:山風 夕菜:2014/03/02(日) 08:43 ID:.wQ

え?・・・・・まぁ
(問われたことを聞くと一瞬固まったが元に戻り焦りながらも
 一応、答えて
>司

86:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 08:46 ID:Ufw


ふむ……、
何されたかとか…言えるか?
(相手の反応を伺いつつ硬直しないよう気遣いつつ更に問うてみて
>夕菜

[良い所ですが落ちです!お相手感謝、]

87:山風 夕菜:2014/03/02(日) 08:52 ID:.wQ

い、言わないとだめですかっ?
(普通を保とうとするが思い出すだけでイヤなのかちょっと声が
 震えていて
>司

【了解です!此方こそお相手感謝です!】

88:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 10:11 ID:Ufw


あっ…いや……
無理に言う必要はねえけど…その、出来たら教えて欲しかったかな、なんて。
(相手の異変に気付けば慌てて否定するように手を振り苦笑しつつ困っては頬掻き呟いて
>夕菜

89:雅野佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 10:17 ID:MRU


え…?あ、そうなの…?
( 僅かに目丸くさせキョトリとしつつ首かしげるも言われた通りやっては上手くやること出来、目輝かせながら相手見詰めては「まぁ、……有り難う」なんて。 )

>りんね


っ、…そんなの、分かってる…
( 相手の発言にふい、と顔逸らしうつ向いたままそう述べては僅かに悲しげな表情浮かべ、水に触れたまま氷掴んでは其のまま割り、「どうしようかな…」なんて呟いて。 )

>司

90:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 10:28 ID:Ufw


ほら、水持って、こうして…
中心から凍らせて行けば少しの魔力で…、
(コップ拾い上げ水汲み直し相手の手取り
握らせてはなんとなく楽しそうに言い
>佑梨

91:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 10:36 ID:MRU


……!わ、本当だ…凄いっ、…
( 相手に手握られては僅かに驚き見せるも相手の言った通りになっては目輝かせ嬉しげに薄笑み浮かべ、「何時、知ったの…?」なんて相手見上げては問い掛けて。 )

>司

92:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 10:41 ID:Ufw


んー、何時…っつか、勘だな。
(嬉しそうな相手見れば此方もつられて笑み浮かべつつ問い掛けに考え込むも苦笑し適当な返答述べて
>夕梨

93:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 10:43 ID:Ufw

[>>92変換msです、佑梨様宛てです!;]

94:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 10:45 ID:MRU


そう……まぁ、とにかす有り難う…感謝しないこともない…かも、…
( 返答述べる相手に素っ気なくそう述べるも相手見詰めたまま僅かに言いにくそうにしては御礼述べるも何処か遠回りな言い方で。 )

>司

95:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 10:49 ID:Ufw


クスッ、どう致しまして。
にしても練習か?偉いのな、
(明らかにぎこちない相手の礼に思わず笑み漏らし言えばふと凍った水に視線向け問うて
>佑梨

96:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 10:54 ID:MRU


だって、マトモに制御も出来ないから…練習しなきゃ上手くならないでしょ…?
( 相手の問い掛けにそう答えながら頬緩め笑み浮かべては相手見るもふと思えば「そういえば、名前知らない…教えてほしいな、」なんて述べつつ首こてりとかしげて。 )

>司

97:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 10:57 ID:Ufw

あははっ、そうだな、その調子じゃ。
あぁ、そう言えばだな。俺は司、冬至司だ。
(からかうように笑い声上げ言っては遅れた自己紹介に気付けば慌て言い
>佑梨

[少し放置します、また返しますね!]

98:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 11:04 ID:MRU


うっ、…煩いなぁ、…
( 相手のからかうような発言に片頬膨らませつつ拗ねたような表情浮かべてはそう述べ、相手の自己紹介聞いては「あ、えっと…私は雅野佑梨です、」なんて此方も自己紹介して。)

【了解です!】

>司

99: ◆yxaw:2014/03/02(日) 11:32 ID:WOA

名前:月水 理樹 (ゲツミズリキ)
性別:男の子
年齢:16
性格:明るく陽気な奴。いつも元気でハイテンション。そのせいでたまに引かれる(喜怒哀楽が激しい。
容姿:黒い髪の毛は天パらしくクルクルとカールしていて、その髪を耳まで伸ばしている。瞳は青いカラコンをしている。カラコンを外すと髪と同じく黒く、眼鏡をしないとぼやけて見えないらしい。服装は動きやすくシンプルなのを好む。
魔法:風(風を自由に操り飛んだりできる)
【参加希望です!不備等ありましたら】

100:りんね ◆Luss:2014/03/02(日) 11:43 ID:fKM

おはようございます(ねむたそうに

101:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 11:50 ID:MRU


【主様不在の為、仮参加してはどうでしょうか?】

>>99

102:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 12:00 ID:IjM

宜しくな、佑梨。
ところでお前の実力というか、一度魔力を見てみたいんだが…。
(にっ、と無邪気に笑み浮かべて見せてはふと興味津々に相手の魔法について話を振ってみて
>佑梨

>>99[僕も同じく仮参加をお勧めします!]

103:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 12:16 ID:MRU


別に良いけど…ん…何すれば良いかな
( 相手の発言に数度頷きそう述べるも何をすれば分かりやすく伝わるかイマイチ思いつかず呟き溢しながら考えていて、ふと相手見ては「凍らすだけで良いの…?」だなんて。 )

>司

104:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 12:22 ID:IjM

俺に全力でかかって来てくんね?殺す気で。
(なんとなく冗談めいた口調で有るが真顔で腕広げて見せ
>佑梨

105:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 12:25 ID:MRU


っ、…!や、やだっ…!
( 相手の発言に吃驚しながら即答して相手見ては首ふるりと左右に振り「何言ってるか分かってるの…?」なんて儚げに問い掛け乍両手胸元で握りしめて。 )

>司

106:りんね ◆Luss:2014/03/02(日) 12:27 ID:fKM

司、私もやっていいか?(凄くキラキラした目で「いいか?」と聞く
司さん

107:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 12:29 ID:WOA

【では仮参加でいかしてもらいますね。わざわざありがとうございます。】
>>101様 >>102

【絡み文投下しておきますね】

んーっ、暇だなーと
(と伸びをしながら木の枝にまたがりつつ欠伸をしていて。誰かいないものかとキョロキョロ見渡し)
>ALL様

108:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 12:33 ID:IjM


お、おぅ…そんなに嫌なら……
えっと、じゃああの大木で。
(相手の否定様に此方も目を丸くし苦笑い浮かべては傍の大きな木見上げ言い
>佑梨

え、え?やるって…俺を?
(理解して居ない様子見せおろおろ辺り見回しては自分指差して
>りんね

109:りんね ◆Luss:2014/03/02(日) 12:34 ID:fKM

誰だ!(木に自分以外のひとがいることに気付き「男?」ときく
理樹さん

110:りんね ◆Luss:2014/03/02(日) 12:37 ID:fKM

そうだぞ!!(相手を指差し「お前以外にだれがいる!!」と強気でいう
司さん

111:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 12:40 ID:IjM

ん?お前そんな所で何やってんの?
(相手の木の傍通りすがりふと気付いては話し掛けてみて
>理樹

112:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 12:42 ID:MRU


【是非絡まさせてもらいますねー!
 来れる日少ないですが宜しくお願い致します!】

ん、誰…?
( 偶然にも相手が上に居る木に持たれかかっており、ポッキー加えたまま相手の声聞こえては上見上げつつ問い掛け乍首かしげて。 )

>理樹


ん、分かった……
( 相手の発言に頬緩め安堵の表情浮かべては薄笑み浮かべ、大木に触れては目瞑り意識して中から凍らせていき。 )

>司

113:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 12:43 ID:IjM

お、おう…いいぜ。
どうぞ何時でもかかって来な。
(若干渋々頷けば少しやる気に溜め息吐き出し顔上げては笑いかけ言い
>りんね

114:参加希望:2014/03/02(日) 12:44 ID:LN2

【まだ入れますか?】

115:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 12:46 ID:WOA

あー?うん、男だけど
(と相手に誰だと聞かれればきょとんとした表情になり、辺りをキョロキョロ見て。男?と聞かれればこくりと首をたてにふり男とこたえ)
>りんねさん

ん?特に?
(と相手に話しかけられると相手のほうをむくと特に何もしていないと答えて。「僕、暇なんだよね、相手してくれない……かな?」と付け足すように早口でいえば笑みを作り))
>司さん

116:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 12:47 ID:IjM

お、いい調子じゃん。
(徐々に白く凍って行く木見上げ感嘆の声上げては楽しそうに
>佑梨

117:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 12:51 ID:IjM

[>>114様、主様不在なので仮参加で宜しいと思います]

え?お、おう…いいぜ、少しなら…
(一瞬首傾げるも理解してはこくりと頷き少し身構えつつ述べ
>理樹

118:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 12:52 ID:WOA

【いえいえっ。絡みありがとうございますっ全力で返しますね←】

ん……?
(と此方も相手に気づいたらしく木の下を覗きこむようにして相手を確認して「君こそだーれ?」と相手の顔を不思議そうに眺めたまま首をかしげて下に降りてきて「僕は月水理樹だよ、りーくんって呼んでいいよ←←」となんとも図々しい事を言いつつ微笑んで))
>佑梨さん

119:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 12:56 ID:WOA

やったね、あ、何したい?
(とガッツポーズをすると相手に何をしたいかと聞いて。相手が身構えてるのをみるとあははっと笑い「大丈夫、いきなり襲ったりはしないよ…?多分」とつぶやいて((
>司さん

120:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 13:00 ID:MRU


っ、……
( 僅かに苦しげな表情浮かべるも平常心保ったまま木を凍らせており、暫くしては全体凍り手離しては魔力の使い過ぎ故かふらついて。 )

>司

【ぜ、全力で!?そんなっ、適当で良いんですよ!】

わっ、……私?私は雅野佑梨…まぁ宜しく…
( 相手が下りて来ては僅かに驚きの表情浮かべつつ相手見、つられるように笑み浮かべつつ此方も名前述べ、相手の発言聞いては「えっと、…りーくん?」なんて僅かに恥ずかしそうに相手の名前復唱して。 )

>理樹

121:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 13:07 ID:IjM

な、何って……手合わせだろ…?
(身構えを緩めては不思議そうに首傾け苦笑零しては呟いて
>理樹

122:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 13:09 ID:IjM

おっとと…大丈夫か?
やるじゃん、お前。
(よろめく相手に慌てて肩持ち支えては誉めるように明るい声色で言い
>佑梨

123:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 13:13 ID:WOA

【いや、全力でこれなのに適当だとロルが壊滅的になるんです←←】

そっか。よし、ゆーちゃんだ
(と相手の名前を聞くと少し悩むように間をあけてやがて思いついたように顔をあげるとゆーちゃんというあだ名をつけてきて←←相手がりーくんと言ったのを聞けば嬉しそうに笑みを浮かべて「そう、りーくんっ」とこくこくと首を縦にふり嬉しいのか何回もりーくんっなんて歌い←)

>佑梨さん

124:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 13:18 ID:WOA

え、手合わせなの?
(と木の枝にぶら下がり左右に体をぶんぶんと揺らしながらのべて「別にいいんだけどさあー」と付け足すように早口でそういえば相手を見つめて「君、なんの魔法なのかなーって。」と相手に微笑みながら首をかしげて)
>司さん

125:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 13:22 ID:IjM

あ、え?違ったのか?
えっと…俺の魔法はだな…
(噛み合わない返答に目丸くし苦笑浮かべるも己の魔法について問われば不意に足元から影の邪気を放ち手頃な範囲を真っ暗に染め上げて見せ
>理樹

126:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 13:25 ID:MRU


大丈夫……多分、
( 相手に支えられれば体制整えつつ軽く謝りながらそう述べては相手の発言に嬉しげに笑み浮かべ、「頑張ったもん、」だなんて。 )

>司

【私の全力なんてもっとヤバイので大丈夫ですよ((】

え、!?ゆー…ちゃん?
( 初めてつけられたアダ名に僅かに頬赤らめつつ「何かそれ、…恥ずかしい」なんて述べ目逸らすも嫌そうな表情無く、勝手に歌う相手に「りーくん、って呼ばれるの、好きなの…?」なんてキョトリとしつつ問い掛けては首こてりとかしげて。 )

>理樹

127:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 13:37 ID:WOA

わーっ、凄い、凄い。
(と一瞬目を丸くするがすぐに笑みを浮かべてすごいなんていいつつ手を叩き「よし、暇だし、もう手合わせでいっか。決定←」と勝手に決めると手を離して浮いてみせ「僕は風の魔法だよん」とテンション高めにそうのべて)
>司さん

【私ほどロルが下手な人は居ませんから大丈夫ですって(】

え……駄目?
(と相手がそっぽをむいてしまったのでくるりと相手の顔が見える位置へと移動しつつそうのべて相手の表情を見れば「嫌じゃないんだーっ」なんて安堵のため息をつきつつそうのべて相手にりーくんと呼ばれるのが好きかと聞かれればうーんとうなれば「なんか仲良くなれたみたいですきだよ?」なんて笑みを浮かべつつそうのべて(
>佑梨さん

128:参加希望:2014/03/02(日) 13:39 ID:LN2

>>117様ではそうさせていただきます。プロフ書きます。↓】

名前:闇皇 聖夜 (あんこう せいや)
性別:男
年齢:7
性格:泣き虫。泣くと魔法が発動することが多々。強がり。年上を敬う気持ちは全くではないがないに近い。優しく、みんな思い。悪戯っ子。怒るとヤバイく、町一つ破壊する勢い。
容姿:銀髪に黒と金のオッドアイ。肌は血が巡っていないと疑うような白さ。サスペンダー付のズボンにフードつきのトレーナーに黒いマントを羽織って、マントのフードを被っている。
魔法:光と闇
備考:幼いながらもすごい魔力を持っている。

>>114の者です!仮参加させていただきます!】

129:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 13:45 ID:IjM

ああ、頑張った頑張った。
でもまあ無理も禁物だから休んでなよ。
(ポンポン頭撫でてやり微笑みかけてはそっと相手座らせ大木の処理をしようと立ち上がって
>佑梨

ほー、すげえ、浮いてんじゃん。
っしゃ、手合わせな、決まりっと!
(宙に居る相手を見上げ感心しては不意に真剣な表情浮かべ地を蹴り飛び上がっては相手に邪気を被せるように影を放って
>理樹

130:雅野 佑梨 ◆P7B6:2014/03/02(日) 14:04 ID:MRU


【いや、私より下手な人は居ませんよ!
 そちらはロルが上手すぎてめちゃくちゃりーくん可愛いじゃないですか!】

う、…別に、良いけど…
( なんてぽそりと述べつつ相手移動してきては驚きからかキョトンとしつつ数度瞬きして、安堵の溜め息つく相手に思わずクスリと笑み溢して。笑み浮かべながらそう述べる相手に「そっか…」なんて述べつつ君らしいな、なんて思っていて。 )

>理樹

うん、休んどく…
( 相手の発言に頷きながら頭撫でられては心地良さそうに笑み浮かべつつ撫で受けており、無意識の内に立ち上がる相手の服袖掴んでしまうもハッとしては直ぐ離して相手見。 )

>司

131:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 14:14 ID:IjM

ん?な、何?
(腕に抵抗感じ相手が掴み離した事に気付いては微笑みつつどうしたのかと思い優しい声色で尋ねて
>佑梨

132:聖夜 ◆0P6Y:2014/03/02(日) 14:18 ID:LN2

【絡み文書くので絡んでやってくれたら光栄です。↓】

ぅーん……ここはぁどこぉお……(ヤマカダダで迷ってしまったらしく、泣きそうなのをこらえて「うもぉ……だぁれぇかああ!!!」と涙を浮かべて叫び
>>all

133:聖夜 ◆0P6Y:2014/03/02(日) 14:23 ID:LN2

【うわぁ、>>132訂正です。ヤマカタダ×ヤラカマテヤ○】

134:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 14:24 ID:IjM


[初めまして?かな、宜しくお願いします!絡みますね、]

何だ何だ、どうしたー坊主。
迷っちまったのかー?
(泣き叫ぶ声を耳にしてはどこからか現れ相手見つけると後ろから話し掛けて
>聖夜

135:聖夜の:2014/03/02(日) 14:38 ID:LN2

【多分初めましてです。こちらこそよろしくお願いいたします!】

うわはぁっ!!((いきなり後ろから声を掛けられびっくりして泣き出してしまい「お゛にいざんだれ」といいながら聖夜の足元に魔法陣が現れ
>>司

136:聖夜 ◆0P6Y:2014/03/02(日) 14:39 ID:LN2

【わぁ、勝手に書き込まれてしまってトリップが……】

137:聖夜 ◆0P6Y:2014/03/02(日) 14:44 ID:LN2

【入って早々すいません。親がそろそろやめなさいと言うので落ちます。すいません。】

138:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 14:48 ID:IjM


んー?俺は司だ。冬至司。
こんな所で迷ってねえで…外行こうか?
(魔法陣に一瞬驚きの表情浮かべるも相手を
安心させようと優しく言い聞かせ微笑み言い
>聖夜

139:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 14:49 ID:IjM

[了解です!お相手感謝です、]

140:山風 夕菜:2014/03/02(日) 16:42 ID:.wQ

88
あ、すいません・・・
(いつもどおりに戻るがちょっとだけ顔を
 しかめて
>司

【えーと、参加希望を出されたかた!オッケーでっす!】

141:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 16:49 ID:IjM


い、いやいや。大丈夫だよ、気にするな。
…ん?どうした?
(苦笑し否定するように手を振っては顔をしかめる相手に気付いては覗き込みつつ心配そうに尋ねて
>夕菜

142:山風 夕菜:2014/03/02(日) 16:51 ID:.wQ

えと、男に何かされたこと他の人に言わないで下さい・・・
(顔を伏せながらも「お願いしますね」と深く頭を下げて
>司

143:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 16:57 ID:IjM

お、おう…勿論言わねえけど……
(相手の反応に心配しつつこくりと頷けば「無理しないで誰にでも頼れよ?」なんて笑いかけては述べて
>夕菜

144:匿名さん:2014/03/02(日) 16:59 ID:vOw

名前:空音 つばさ(そらね つばさ)
性別:女
年齢:16歳
性格:男勝りであり、普通の女の子よりも気が強い。
  運動神経がよく、勉強は苦手。スポーツ少女。
  男勝りではあるが、幽霊は怖い。可愛いものは好きなど女の子らしい一面を持つ
  思ったことははっきりと言う。恋愛に関しては、すぐ自分の気持ちに気づくが、すぐ想いを告げることができずにいる
  笑うときは、笑う。泣くときなく…と、表情豊か。
容姿:髪は、白に近い水色の肩ぐらいまでの髪でツインテールにしている。
  瞳はスカイブルー。
  グレーの腰までのTシャツに、黒が強調でピンクが少し入っている胸ぐらいまでのジャケット。
  濃い水色の短パンに、黒色の靴下。白色のスニーカー
魔法:風(強い風も弱い風も操ることができ、風で雨雲を呼んで雨を降らすことも可能)
  雷(相手に雷を落として、攻撃する)
  (それぞれの魔法で、剣を作ることができる)

【参加希望です】

145:山風 夕菜:2014/03/02(日) 16:59 ID:.wQ

あ、はい
(ちょっと迷いながらも「じゃ気が向いたら・・・頼ります」と
 目線を少し上げにこっと微笑み
>司

146:山風 夕菜:2014/03/02(日) 17:00 ID:.wQ

【オッケーっす!】
>144様

147:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 17:02 ID:IjM

あぁ、お互い仲良くやろうぜ。
(にっ、と子供じみた無邪気な笑み見せては言い、ふとあくび浮かべ「にしても眠いな…」なんて間の抜けた声出して
>夕菜

148:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:03 ID:vOw

【ありがとうございます!】
>>146

【それでは絡み文投下です!】
ふぁあ…。
(欠伸をしながら、魔法の館から出てきて「さーてと…、まずは家に帰って寝るとしますか」とつぶやきながら、寝不足でフラフラしながら歩いていて←
>>ALL

149:山風 夕菜:2014/03/02(日) 17:05 ID:.wQ

そうですかね・・・?
(相手が眠そうにしているのを見ながら「寝たっけ?」と
 呟きながら首をかしげ
>司

150:山風 夕菜:2014/03/02(日) 17:06 ID:.wQ

あのっ大丈夫ですか?
(フラフラしている相手にぶつかりそうになりながらも、心配そうに
 相手に近づき
>つばさ

151:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:09 ID:vOw

大丈夫、大丈夫。
(相手に微笑みながら、上記を言うが顔には日々の疲れがたまっていて
>>150

152:山風 夕菜:2014/03/02(日) 17:10 ID:.wQ

いや、全然・・・大丈夫に見えませんけどっ?
(相手の顔を見ながら「あ、家まで送りましょうかっ?」と
 聞き
>つばさ

153:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:13 ID:vOw

いいよ。大丈夫。
(遠慮して、相手の誘いを断るが、今にも倒れそうな状態で
>>152

154:山風 夕菜:2014/03/02(日) 17:15 ID:.wQ

いや・・・送ります!
(目が本気になりながら「家、何処ですか?」と聞きながら
 歩き出し
>つばさ

155:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:16 ID:vOw

山の中。
(サラリと自分の家の場所を言って、スタスタと歩いて言って
>>154

156:山風 夕菜:2014/03/02(日) 17:18 ID:.wQ

や・・・山?
(相手の言葉に驚くが何故か嬉しそうな顔をして
 「じゃ行きます!」と言ってついて行き
>つばさ

157:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:20 ID:vOw

ん?あんた、行くんだ?
(一緒に行くという発言に驚きながら、相手の方へ振り返り上記を言って
>>156

158:山風 夕菜:2014/03/02(日) 17:24 ID:.wQ

行くよ!
(いつもより気合が入っており「さ、行こう!」と微笑み
>つばさ

【落ちです】

159:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:26 ID:vOw

う、うん。
(といつの間にか、一緒に行くという流れになっており「…ま、いいか」と小さく呟いて、歩き出して

【了解です】
>>158

160:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 17:30 ID:Ufw


あぁ…最近夜より昼が眠くてな……
夜行性にでも成ったのか…
(大きく欠伸しては呟き襲う睡魔にたまらずその場に寝転がっては「少し寝る…」なんてうとうとし出して

ん…?お、おい、お前…大丈夫か?
(館の付近ベンチで林檎をかじって居てはふらつく相手見つけギョッとし慌てて声掛けて
>つばさ

[初めまして!宜しくです!絡ませて頂きますね、]

161:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:31 ID:vOw

大丈夫だって…。
(相手が男子ということで素っ気無く返すが、今にも倒れそうな状態で
【ありがとうございます!】
>>160

162:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 17:31 ID:Ufw

[>>160上記は夕菜様宛てです!;]

163:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 17:35 ID:Ufw

…たく、無茶すんなよ。
家、どこ?送るよ。
(相手の言葉に苦笑浮かべふと思い付いた表情浮かべては不意に相手抱き上げ地を蹴り飛び上がって館の屋根に降り立てば問い掛けて
>つばさ

164:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:37 ID:vOw

え…、ちょ!!何すんのさ!
(いきなり抱き上げられたことに、しかも男子なので顔を赤くして「…山の中」とぼそっと自分の家の場所をつぶやき
>>163

165:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 17:43 ID:Ufw

無理してる奴見ちまった以上見過ごせねえよ。
(にっ、と微笑みかけて上記述べては相手の返答聞き「山?一人でか?」なんて心配気に言いつつ屋根の上を走りつつ山に向かって
>つばさ

166:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 17:46 ID:MRU


ううん、何でもないの…
( 相手に問い掛けられては首左右に振りつつそう述べ、目伏せながら「引き留めて御免、」なんて付け足すように述べうつむいて。 )

>司

167:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:46 ID:vOw

山の中で、ひっそりと暮らしてるの。もともと、人と関わるの苦手だしね。
(相手に抱き抱えられているのも慣れたらしく、山で住んでいる理由を相手に話して
>>165

168:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 17:54 ID:Ufw

そう、か?気遣わなくていいからな?
(俯く相手を気にしつつ優しい笑み浮かべ言えば背を向け大木に向け邪気を放っては木を影と化し消し飛ばして
>佑梨

ほう…苦手か。成る程。
よっと…この辺りだよな。どっち行きゃいい?
(何かに納得しては山中に降り立ち相手を抱き直してはどこか何て問い掛けて
>つばさ

169:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:56 ID:vOw

左にまっすぐ行って。しばらくすれば、小屋が見えてくると思うから。
(左の方を指さしながら、上記を言って。そのあと、やはり疲れがたまっていたのか相手に体を任せて
>>168

170:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 17:58 ID:Ufw

りょーかいっと。
無理してたんだなあ、ったく。
(体預けて来る相手に慌てたように走り出しては苦笑しつつ「お疲れ様」なんて微笑みかけて
>つばさ

171:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/02(日) 17:58 ID:MRU


寂しい、だなんて考えないようにしなくちゃ…
( 相手背を向ければポツリと呟きつつ拳握り、座って休憩したまま木を影と化して消し飛ばす相手見ては僅かに驚きに目丸くさせ「凄い…」だなんて呟き。 )

>司

172:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 17:59 ID:vOw

…。
(腕を組んで、相手の微笑みを見ないように顔を背けるが心配されたことが嬉しかったのか頬を少しだけ赤く染めて
>>170

173:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 17:59 ID:WOA

うふふっ、誉めてくれてありがとさん
(と嬉しそうに微笑むと相手の様子をじーっと観察しており相手が一緒真剣そうな顔を見るとすこし身構えて「これなに?」と邪気を見るときょとんとして(
【はい、本体が間違った反応とりそうで怖いだけです(←←】
>司さん

【いや、居ますってここに((キリッ←いや、無理やり長くしてるだけなんで;もう文章めちゃくちゃですし((オワタ】

んじゃゆーちゃん。
(ともう一度ゆーちゃんというあだ名を呟けば相手の反応をもう一度確認して。そっかと呟く相手にそうだよと首をかくかくと縦に降りつつ笑顔でいい「あーあ。何か暇ーっ、じゃんけんしない?」と急にじゃんけんしようと言い出して(
>佑梨さん

【今更ですが絡みますっ】
ちょっ、おーっ←←
(とフラフラ歩く相手の真ん前からぶつかってきて←←「ごめんなさいーっ」とあやまって((
>つばささん

174:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 18:03 ID:vOw

【どうぞ、どうぞ!】
別に…、大丈夫よ。
(相手とぶつかり、少しよろめくが歩いて行って、しかし、やはり疲れがたまっていたのは道の端の方で座り込み
>>173

175:りんね ◆Luss:2014/03/02(日) 18:05 ID:fKM

おーい(手をあげてぶんぶん振って「何してるのだ?」ときく

176:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 18:09 ID:Ufw

影を糸状に造形した物だよ。
(冷静に返答しつつ相手を影糸で縛り上げ固定しては相手めがけて具現化した黒い邪気の剣を振り上げて
>理樹

[あるあるですよw、ところで間違いならあれなんですが夕さん?]

お!有った有った。本当に山ん中だな…
(数分走った後小屋見つけてはどこか嬉しそうに駆け寄り扉の前で「ほら、着いたぞ」何て相手そっと下ろしてやり
>つばさ

ふぅ、あ、本当だ。すっげー魔力使うんだな。
(大きく溜め息吐き出し木の有った場所見詰めつつ肩の力抜き笑い乍呟いて
>佑梨

177:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:09 ID:.wQ

159
ねぇ・・・寝不足なの?
(相手の顔を覗き込みながら心配そうに聞きながら歩き
>つばさ

160
えぇ!?家で寝ましょうよ!
(相手が寝るとか言ったので驚いて相手の顔を見てしまい
>司

178:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 18:12 ID:fKM

あれ新入りがいる?(不思議そうなかおして「よろしくね」と笑顔で

つばささん

179:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 18:12 ID:Ufw

めんどくせえよ〜…
(相手視線には気付かなかったのか気だるそうにごろんと寝返り打っては殆ど眠りに付きつつ微かに呟いて
>夕菜

180:空音つばさ ◆GF7E:2014/03/02(日) 18:13 ID:vOw

…ありがとう。
(珍しく、相手に感謝の言葉を述べて「あたしは、空音つばさ。あんたは?」と自分の名を名乗り、相手の名前を聞いて
>>176

まあね…。
(フラフラとしながらも、スタスタと歩いていこうとして
>>177

【落ちます!お相手感謝でした】
>>ALL

181:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:15 ID:.wQ

・・・だ、ダメですよ!
(固まりかけたが相手をどうにかしようと相手をつつき
>司

182:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:16 ID:.wQ

や、山の中だったら・・・私の家来ます?
(きょろきょろしながら「ね、そうしましょう」と
 顔を覗き込みながら言い
>つばさ

【了解です!此方こそお相手感謝です!】

183:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 18:17 ID:fKM

ふう(ため息ついてもう一度「はあ」とため息をつく
司さん

184:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 18:17 ID:Ufw

いーえ。
(無邪気に笑って見せては礼に返答し、名を問われては「俺?俺は冬至司だ、宜しくな、つばさ。」何て嬉しそうな微笑み浮かべて言い
>つばさ

[了解!此方こそです、]

185:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 18:21 ID:Ufw


んん……
(つつかれては小さく唸り寝息立てつつ徐に相手の方へ向くように寝返って
>夕菜

な、悩みでも有んのか?
(溜め息連発する相手に不思議そうな表情見せ首傾けては問い掛けて
>りんね

186:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:23 ID:.wQ

うわわわ!
(相手がこっちを向くように寝返ったので驚き思いっきり
 後ろに倒れてしまい
>司

187:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 18:27 ID:fKM

うん...(顔を伏せ「聞いてくれる?」ときく


ゆうなちゃん、一緒に練習しない?
ゆうな

188:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 18:27 ID:WOA

影……棒……ふーん
(と相手の言葉に一瞬きょとんとするがやがて面白そうに相手を見てこくりとうなづき「おっとと。」と影糸をふりはらおうとして((
【あー……お菓子大好き、スーパーお馬鹿は私でしょうね……((あと炭酸がダメなやつ((】
>司さん

やっぱり何処かいたいんじゃ…
(と相手を心配そうに見つめると相手をじろじろと見つめて「痛いの痛いの僕に飛んでけ、してあげるよ?」と言って))
>つばささん

189:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 18:32 ID:Ufw


ス-…ス-……
(心地良さそうに寝息立てつつ相手の方を向いていて((←
>夕菜

あ、ああ。勿論だよ。
(うんうん頷き聞く体制に成っては「何でも相談乗るって、」何て笑いかけ言い
>りんね

危ねえぞ、そんなに呑気じゃ。
(ガッ、と相手の胸ぐら掴み首元に影の剣あてがえば勝利にうっすら笑み浮かべつつ言い
>理樹

[キャラ濃いっすねww]

190:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:36 ID:.wQ

うう・・・
(目をつぶりながら「これだけは、イヤだったけどっ」と言いながら
 台風並みの風を発生させて相手の直撃させ
>司

191:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 18:36 ID:fKM

ありがとう。あのね...(いいかけて口を塞ぎ「やっばいいや」という

192:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 18:38 ID:WOA

まあ、本気になれば……ね?
(と呑気と言われればこちらも微笑みながら呟いて「呑気ってよく言われるんだけどそうかなー」なんて考えこむようにして言い))
【こ、こんなキャラしかできない訳では無いですからねっ!?ちゃんと「僕お菓子だーいすきっ」とか言う奴以外にもできますからっ((必死←】
>司さん

193:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 18:39 ID:fKM

夕奈ちゃんは風の魔法だったよね。(しゃがみこんで「そうだよね」ときく
夕奈

194:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:41 ID:.wQ

は、はい!
(微笑みながら「下手ですけど・・・」と言いながら「練習しないと・・・」と呟き
>りんね

195:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 18:42 ID:Ufw


んっ…え!?
うっわ、ちょ…!!
(宙に浮いた自分に気が付き目が覚めては慌てて着地し寝起きの回らない頭で辺り見回して
>夕菜

え?何だよ。無理しなくていいんだぞ?
(言い掛けた物が気になるのかじれったいそうに再度問い掛けて
>りんね


[ここいらで落ちます!お相手感謝です!]
>>all

196:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:45 ID:.wQ

ああ・・・すいません
(風を止めながら「本当にすいません」と言い落ち込みながら
 「使っちゃたよ・・・」と呟き
>司

【了解です!お相手感謝】

197:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 18:46 ID:fKM

一緒に練習する?(しゃがみこんで「いや。しよう」という
夕奈

いいよ(と顔をそむけ「たいした話じゃないし...」という

198:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 18:48 ID:Ufw


[返し忘れすみません!;]

ここまで突きつけられても平然としてっからじゃねーの?
(機嫌良く笑い声上げつつ影を消滅させ地面に降り立っては言い
>理樹

199:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:48 ID:.wQ

い、いいの?
(驚いた顔をするが「うん、やろう!」とニコニコして
>りんね

200:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 18:50 ID:fKM

うん(にっこり笑顔で言うと「まず夕奈ちゃんの実力みせて」という
夕奈

201:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:52 ID:.wQ

え・・・と、全力で?
(実力という言葉を聞くと焦りながら聞き
>りんね

202:& ◆fVwA:2014/03/02(日) 18:53 ID:fKM

【ご飯落ち。8時ぐらいに続きを】
夕奈

203:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:55 ID:.wQ

【了解です!】
>りんね

204:山風 夕菜:2014/03/02(日) 18:57 ID:.wQ

【自分も落ちます】
>All

205:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 20:14 ID:fKM

【了解だよ】
夕奈

206:山風 夕菜:2014/03/02(日) 20:17 ID:.wQ

【復活です】
>All

207:& ◆bCws:2014/03/02(日) 20:20 ID:fKM

【おかえり】
夕奈

208:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 20:25 ID:WOA

あーそうかもね………
(と相手の言葉に納得しつつそう呟いて「……きゃあ、こわい…?」なんて苦笑まじりに呟いて←←)
【全然大丈夫です^^*】
>司さん

【絡んでない人あてに絡み文投下しますね】

あーれー?
(と何か探しているのか困ったようにキョロキョロと何か探しており「あーれっ」と呟いて((
>ALL様

209:山風 夕菜:2014/03/02(日) 20:27 ID:.wQ

【おう、ただいま(女子っす】
>りんね

う・・・男がいる、しかもキョロキョロしてるっ
(目を合わせないようにしながら通り過ぎようとして
>理樹

210:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 20:28 ID:fKM

何探してるの?(人がいるのに気付き「あたしも一緒にさがしてあげようか?」ときく
理樹

211:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 20:35 ID:WOA

……?
(と相手を見つけると近づいてきて相手の手を掴み「ねー」としゃべりかけて((
>夕菜さん

あ、いいの?
(と相手の言葉に嬉しそうに微笑んで「えっとねー、あそこからキーホルダー落としちゃって」と上の窓を指差し))

>りんねさん

212:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 20:38 ID:fKM

もちろん(キョロキョロとさがしだして「どの辺におとした?」ときく
理樹

213:山風 夕菜:2014/03/02(日) 20:39 ID:.wQ

うわぁぁ!?
(今までで一番早く固まり「手を離して後ろ向いて・・・」と
 高速で呟き
>理樹

214:& ◆fVwA:2014/03/02(日) 20:41 ID:fKM

夕奈ちゃん落ち着いて。(あわあわしながら「深呼吸しな」と背中をたたきながら
夕奈

215:山風 夕菜:2014/03/02(日) 20:43 ID:.wQ

無理無理無理無理
(高速で首をふり「この人何処かにおいて・・・」と最後の力を
 振り絞って言い←
>りんね

216:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 20:45 ID:fKM

夕奈ちゃーん(あわあわしながら「どうしよ、どうしよー」という
夕奈

217:山風 夕菜:2014/03/02(日) 20:46 ID:.wQ

ちょ・・・どいて・・・
(「ちょっと・・・向こういって・・・」と言いながら
 顔を伏せて
>りんね

218:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 20:47 ID:WOA

えっとね……そっちのー
(と草がぼうぼうと生えている方を指差して「あっちの方……」と))
>りんねさん

あ、え?
(と驚いたようにつぶやいてくるりと手を離し後ろをむき言う通りにして)
>夕菜さん

219:山風 夕菜:2014/03/02(日) 20:50 ID:.wQ

ふぅ・・・すいませんでした
(顔を伏せながら「あ、もう普通にして大丈夫ですよ?」と
 いいながら「本当にすいませんでした」ともう一度謝り
>理樹

220:& ◆fVwA:2014/03/02(日) 20:52 ID:fKM

あー(指を差している方にいって「あったよ」という

うん。(どいて「夕奈ちゃんしっかりしてね」と心配そうにいう
夕奈

221:山風 夕菜:2014/03/02(日) 21:03 ID:.wQ

ありがとね
(相手がどいたのを見るとほっとしたように「風の空間!」と言うと
 風が吹きはじめ夕菜の周りに来ると空間が出来て
>りんね

222:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 21:03 ID:fKM

【あげ】

223:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 21:06 ID:fKM

うん(にっこり言うと「じゃあ練習する?」ときく
夕奈

224:山風 夕菜:2014/03/02(日) 21:11 ID:.wQ

あ、うん!
(話かけられると我に返って焦って空間を粉々にしながら
 うなずき
>りんね

225:りんね& ◆j0UE:2014/03/02(日) 21:16 ID:fKM

よし!(にっこり笑いながら「じゃあさっきのつづきからね」
夕奈

226:山風 夕菜:2014/03/02(日) 21:18 ID:.wQ

了解!
(と言うと考え初めて数分経つと「どうしよっかな〜」と
 呟き
>りんね

227:りんね& ◆j0UE:2014/03/02(日) 21:20 ID:fKM

ねえ(しゃがみこみ「あたしからやろうか?」ときく
ゆうな

228:りんね& ◆j0UE:2014/03/02(日) 21:29 ID:fKM

【おちた?】
ゆうな

229:山風 夕菜:2014/03/02(日) 21:35 ID:.wQ

【アイス食べてた←】

うん!
(うなずきながら「どんなのが出来るんだろ・・・」と
 楽しみにしながら
>りんね

230:& ◆j0UE:2014/03/02(日) 21:37 ID:fKM

【寒い時期のアイスは格別だからね】
うん(プレッシャーを感じながら「よし。巨大樹ででこい」とさけぶ
夕奈

231:山風 夕菜:2014/03/02(日) 21:47 ID:.wQ

おお!すごっ
(尊敬の目で見ながら「巨大樹・・・」と呟いて「すごいな〜」と
 相手を凄くほめて
>りんね

232:りんね& ◆j0UE:2014/03/02(日) 21:53 ID:fKM

ふふ(笑いながら「この巨大樹はねーまだ秘密があるんだよー」とにやにやしながら
夕奈

233:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 21:54 ID:Ufw


ふあぁ…ったくもう、お前の魔法癖には困るなぁ…
(なんて呑気に目こすりつつ苦笑い浮かべ言えば飛ばされた場所から相手の場所へ戻り座り込んで
>夕菜

大した話かじゃなくて、お前が心配だから言ってんだぞ?
(優しく言い聞かせぽふっ、と頭撫でてやっては「で…、何が有ったんだ?」と真剣な声色で問うてみて
>りんね

何で疑問系なんだ……
(ぺしん、と軽く相手の頭にチョップ落としては思わず笑い声上げ「でも、まあいンじゃね?個性的で、」なんて微笑みかけ言って
>理樹

234:りんね& ◆j0UE:2014/03/02(日) 21:56 ID:fKM

何かあった訳じゃないの(曇った顔で「私、髪型で性格がかわるの」という

235:山風 夕菜:2014/03/02(日) 21:57 ID:.wQ

そ、そうなの!?
(好奇心の目で相手を見ながら「どんなの!?」と相手に聞き
>りんね

あはは・・・
(苦笑いしながらも「そ、そんなに強いですか?私の魔法」と
 相手に聞きながら顔を伏せて
>司

236:りんね& ◆j0UE:2014/03/02(日) 21:59 ID:fKM

うん!!(相手に返事して「この巨大樹はいろんなものにかわれるの」という
夕奈

237:山風 夕菜:2014/03/02(日) 22:00 ID:.wQ

す・・・すごいね!
(相手を尊敬の目で見ながら「例えばどんなの?」と相手に聞き
>りんね

238:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 22:03 ID:Ufw


……へ?ど、どういう事…?
(理解出来なかったのか首曲げ不思議そうに眉潜め乍再度問い掛けてみて
>りんね

あぁ、まあ…威力は有るがコントロールが成ってねえな。
(相手の魔法思い出し唸って考え込めば困ったような苦笑零しつつそうアドバイスしてみせて
>夕菜

239:りんね ◆Luss:2014/03/02(日) 22:04 ID:fKM

例えばー(悩んで「ブランコとか」という
夕菜

240:山風 夕菜:2014/03/02(日) 22:05 ID:.wQ

そ、そうですか・・・
(何故かほっとしながらも「昔はコントロール出来たのにな・・・」と
 呟き
>司

241:山風 夕菜:2014/03/02(日) 22:05 ID:.wQ

え?すご・・・
(驚きながら「私は風だからさ・・・」と羨ましそうに相手を
 見て
>りんね

242:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 22:07 ID:Ufw

ははっ、そうなのか。
その魔力でコントロールが効けば最強だな。
(機嫌良く笑い声上げればコートのポケットに手を入れつつ羨ましそうにぽつりと呟いて
>夕菜

243:理樹 ◆yxaw:2014/03/02(日) 22:08 ID:WOA

【闇落ちすみません><;勉強してました((】

ん、別にいいんだけどさ。
(と相手の方へ顔を向きを変えると笑みを浮かべて「……なんで固まったの?」と相手に顔を近づけじーっと見つめて))
>夕菜さん


本当に?
(と相手の方に駆け寄って首をかしげて聞きじーっと相手を見つめて))
>りんねさん

仕方ないじゃんーっ
(とチョップをされるとされたところを押さえて上記を呟いて。そして付け足すように「んじゃあ……怖いよー、離してっ!!とかどう?」と女の子が言いそうなセリフを自信ありげに呟いて相手の言葉を聞けば「そっかな。」なんて相手につられるように微笑んで呟き))
>司さん

244:りんね ◆Luss:2014/03/02(日) 22:09 ID:fKM

えっと(考えると「私きのうとキャラ違うでしょ」ときく

245:山風 夕菜:2014/03/02(日) 22:10 ID:.wQ

まぁ・・・そうですね
(苦笑いで言いながら最強という言葉に反応しながらも正常を保ち
>司

246:山風 夕菜:2014/03/02(日) 22:11 ID:.wQ

うあ!?
(もう一度固まり「か、顔・・・近づけないでください!」と
 目を閉じて言い
>理樹

247:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 22:13 ID:Ufw


[いえいえ、勉強お疲れ様です><]

おー……いいじゃん、それ。
(一瞬相手を男だと忘れ不覚にも見詰めてしまっては笑いかけ楽しそうに言い、「あぁ、そう言う奴が悪いとかねえし、個性は個性だよ。」なんてどこか見つつ呟き
>理樹

248:りんね ◆Luss:2014/03/02(日) 22:15 ID:fKM

うん(顔をしたに向け「そんなに見つめないで。照れるから」と顔を赤くして
理樹

249:山風 夕菜:2014/03/02(日) 22:15 ID:.wQ

【落ちッス】

250:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 22:16 ID:Ufw


あ、あぁ!そう言えば…!
(相手がそう言うので思い返してみては納得したように手を打ちうんうん頷き
>りんね

ん?最強は駄目…か?
(相手がどこか暗いので何がいけなかったのかと慌てふためき優しく問い掛けて
>夕菜

251:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 22:17 ID:Ufw

[了解!お相手感謝です、お休みなさい^^]
>>夕菜本体様

252:りんね ◆Luss:2014/03/02(日) 22:19 ID:fKM

落ち

253:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 22:20 ID:Ufw

[同じく了解です!、お相手感謝]
>>りんね本体様

254:理樹 ◆yEIo:2014/03/02(日) 22:28 ID:WOA

……なんで?
(と顔を近づけたまま不思議そうに首をかしげて「何?もしかして男苦手?」と首をかしげて))
【落ち了解です】
>夕菜さん

え、ごめん
(と目線をずらして呟いて「で?あった?」と相手のことをチラッチラッと見て))
>りんねさん

だよねー
(と満足気にうなづけば「よし、リベンジする!!」と急に言い出して←←個性は個性だよと言う相手の目線がこちらではなかったのできょとんとするがすぐたちなおり「ん、でも僕本気になると変わるかもだよ?」と))
【ありがとうです】
>司さん

255:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 22:34 ID:Ufw

おおっ、リベンジか!受けて立つ…っ!
闘いに個性が出る事も有るっつーしなあ、本気で来いッ!!
(なんてやる気満々に相手に振り返り目輝かせ賛成しては早速と言わんばかりにコートを脱ぎ影を纏い始めて
>理樹

256:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/02(日) 22:43 ID:Ufw


[ここいらで落ちますね、お相手感謝です!、]

257:山風 夕菜:2014/03/03(月) 17:27 ID:.wQ

いや?ダメじゃないんですが・・・
(頬をかきながら「昔のこと思い出すんで・・・」とぶつぶつ呟き
>司

はい、苦手なんです・・・って顔、顔!
(相手の顔を思わず殴ってしまい「あ、すいません!」と高速で謝り
>理樹

258:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 17:34 ID:Ufw

そ、そうなのか…えと、その…
悪かった…嫌な事思い出させて……
(散々慌てては申し訳無さそうにしゅん、とうなだれ呟くような声量で小さく謝罪述べて
>夕菜

259:山風 夕菜:2014/03/03(月) 17:36 ID:.wQ

だ、大丈夫ですって!
(慌てながら言い「忘れかけてますから!」と笑顔で言い
>司

260:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 17:42 ID:Ufw

…そう、か?ならいいんだが…
(相手の言葉に疑いつつも顔上げぎこちなく微笑んで見せれば「お前は本当に苦労人なんだな、」なんて苦笑混じりに呟いて
>夕菜

261:山風 夕菜:2014/03/03(月) 17:46 ID:.wQ

まぁ・・・ある意味そうですね
(苦笑いで相手の言葉にうなずき「それより暇ですね」といきなり
 言い
>司

262:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 17:52 ID:Ufw

そうだなぁ……まあ平和はいい事だが…、
(相手の発言で退屈さに気が付けば同意するように頷き返し「どこか行くか?」なんて相手伺いつつ笑いかけて
>夕菜

263:山風 夕菜:2014/03/03(月) 17:57 ID:.wQ

何処でも良いですけど・・・
(地図を取り出し「何処行きます?」と相手に問いながらきょろきょろして
>司

264:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 18:01 ID:Ufw

んー、まあ本当に何処でも良いんだよなぁ。
(ケラケラ笑っては相手の取り出した地図を真横から不意に覗き込んでは「何か食う?奢るよ、」と誘うような口調で
>夕菜

265:山風 夕菜:2014/03/03(月) 18:05 ID:.wQ

あ、良いんですかっ!?
(ぱっと明るくなり「私、金欠なんですよ〜」とニコニコしながら言い
>司

266:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 18:10 ID:Ufw

ははっ、騙し屋もそうは儲からねえけどな。
(嬉しそうな相手に此方もつられ明るく笑っては伸びを一つし気怠そうにゆっくりと立ち上がって
>夕菜

267:山風 夕菜:2014/03/03(月) 18:14 ID:.wQ

では行きましょうか!
(と言いながら「歩くんですか?」ときょろきょろしながら相手に問い
>司

268:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 18:39 ID:Ufw

いや、走って行く。
(言い終えるや否や木に飛び上がっては「屋根を走れば一瞬だぜ。」と無邪気に笑いつつ見下ろし言い
>夕菜

269:& ◆0hko:2014/03/03(月) 19:32 ID:fKM

【こばんはー】

270:山風 夕菜:2014/03/03(月) 20:11 ID:.wQ

すごいですね!
(相手を関心しながら「私は無理なんで・・・」と言うと「風の浮き輪!」と
 言うとふわふわ浮いて
>司

271:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 20:15 ID:Ufw

さっきみてえに使い過ぎて倒れんなよ?
(冗談混じりに笑って言い掛ければ強く木を蹴り上げ脚力一つで屋根や木を飛び進んで行き
>夕菜

272:& ◆0hko:2014/03/03(月) 20:20 ID:fKM

たすけてーーーー!!(と叫んで「おろしてー」とさけぶ
司さん

273:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 20:23 ID:Ufw

なっ、何だ何だ…!?
(うとうと居眠りに入って居ては相手の叫び声に飛び起き辺りを見回して
>りんね

274:山風 夕菜:2014/03/03(月) 20:27 ID:.wQ

すごっ
(ふわふわと飛びながら相手を追いかけながら相手を見て尊敬して
>司

275:& ◆0hko:2014/03/03(月) 20:33 ID:fKM

ここだよー(泣きながら叫んで司の真上にある木のてっぺんにいて「降りれなくなっちゃったよー」とさけぶ

276:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 21:51 ID:Ufw


[遅レス済みませんっ!;]

逃げ回ってっと…自然と身に付いちまうモンだよ。
(呆れ困ったような苦笑い浮かべては順調に屋根を突き進み目的地の傍に飛び降り大きく音を立て着地しては一息吐き
>夕菜

おわ……たっけえ…
どうやって登ったんだ…ったく、
(声の先見上げては苦笑し困り果てつつも地面蹴り上げ相手の直ぐ目の前へ飛び上がっては「大丈夫か?降りられる?、」なんてなだめるように優しく尋ねて
>りんね

277:& ◆0hko:2014/03/03(月) 21:59 ID:fKM

魔法の練習してて巨大樹の練習してたら一緒にあがっちゃったの
(泣きながら「司おろしてー」とさけぶ

278:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/03(月) 22:08 ID:Ufw

こんなでっけえ木…、
ったく、しゃーねえな。
(少し感心の声漏らすも呆れたように笑い零し「ほら、おいで。降りるぞ。」なんて腕広げてみせ
>りんね

279:山風 夕菜:2014/03/04(火) 06:48 ID:.wQ

へぇ〜・・・そんなもんなんですか〜
(風の魔法を弱らせ着地して「はぁ〜・・・疲れました」と一言呟き
>司

280:冬至 司:2014/03/04(火) 12:59 ID:Ufw

…大丈夫か?お前さっきの魔法といい使い過ぎたんじゃ……
(相手の方へ近寄りつつ心配そうに述べては「無理はすんなよ?」なんてそっと頭撫でてやり
>夕菜

281:山風 夕菜:2014/03/04(火) 20:06 ID:.wQ

は、はい!
(頭を撫でられ思わず顔を上げそうになるが顔を伏せたままキープし「大丈夫ですよ!
 慣れてるんで!」と笑いながら言い
>司

282:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/04(火) 20:16 ID:8j6

そ、そうか?
遠慮し無くて良いからな。
(わしゃっ、と撫で微笑み掛けては「よしっ、行くか、」と笑い室内に入って行き
>夕菜

283:山風 夕菜:2014/03/04(火) 20:20 ID:.wQ

はい!
(相手について行きながら室内に入って行き「何にしよう・・・・」と
 呟き
>司

284:りんね ◆Luss:2014/03/04(火) 20:25 ID:fKM

こんにちは

285:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/04(火) 21:43 ID:Ufw

ははっ、何でも好きなモン食いな。
(悩む相手見ては可笑しそうに笑い「まあ、日頃の礼っつか…世話ン成ってるからな。」なんて照れくさそうに頬掻いて呟き
>夕菜

286:山風 夕菜:2014/03/04(火) 21:48 ID:.wQ

え?私何かしましたっけ?
(相手に世話になってると言われ「私のほうがお世話になってますよ〜!」と
 微笑みながら言い
>司

こんにちはっ!
(ニコニコしながら言っては「何してるんですか?」と質問して
>りんね

287:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/04(火) 21:55 ID:Ufw

何時も…ほら、えっと…
(ぶつぶつとはっきり言え無いで居てはじれったそうに顔しかめ「友達だから、さ。」なんて俯き呟いて
>夕菜

288:山風 夕菜:2014/03/04(火) 21:58 ID:.wQ

そうですね!
(何のためらいもなく笑顔で言い「さ、何か食べましょうか!」と
 言い
>司

289:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/04(火) 22:03 ID:Ufw

んー……俺はタルトと珈琲だけで良いよ。
(席に座りパラパラ適当にメニュー捲れば何時ものセットを淡々と決めつつ相手にもメニュー見せてやり
>夕菜

290:山風 夕菜:2014/03/04(火) 22:06 ID:.wQ

そうですね・・・じゃパフェとオレンジジュースで!
(とすぐに決めて「あ、パフェ大盛りで」と呟きながらメニューを
 ペラペラめくり
>司

291:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/04(火) 22:09 ID:Ufw

クスッ、はいはい、了解。
(相手が付け足した言葉につい笑み漏らし店員にそそくさと注文伝えては「腹減ってたのか?」なんて発言の意を尋ねて
>夕菜

292:山風 夕菜:2014/03/04(火) 22:09 ID:.wQ

【落ちます、お相手感謝です!】

293:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/04(火) 22:14 ID:Ufw

[了解!、此方こそ^^]

294:山風 夕菜:2014/03/05(水) 06:53 ID:.wQ

いえ、いつもこのくらいは食べますよ?
(と言いながら欠伸をして「魔法を使ったりしてるんでお腹が減るんです」と言い
>司

295:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/05(水) 07:16 ID:esY

あぁ、成る程な。
(納得したように頷き笑えば「俺も無駄に使っちまうからなあ」なんて苦笑浮かべて居ると注文品が来て
>夕菜

296:りんね& ◆WVOE:2014/03/05(水) 17:23 ID:fKM

司さんそれはどうしろということですか?(頭に?浮かばせながら「まさか飛び降りろってことじゃないですよね?」と顔を青くして言う

297:山風 夕菜:2014/03/05(水) 20:14 ID:.wQ

あ!来ましたね〜
(と言うとすぐにスプーンを出して「よし、食べますか・・・」と気合満々で
>司

298:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/05(水) 20:51 ID:mzc

ちげーよ、降ろしてやるから。
(苦笑しつつ否定しては徐に相手を抱き抱え大樹から飛び降り滑空して
>りんね

よっぽど腹減ってたんだな、
(可笑しそうに笑い声上げカップに口付け一口珈琲啜り一息つけば溜め息吐き出し
>夕菜

299:山風 夕菜:2014/03/05(水) 20:56 ID:.wQ

・・・どうしたんですか?
(もぐもぐ食べながらも溜め息をついた相手を見て飲み込み相手に上記を聞き
>司

300:& ◆0hko:2014/03/05(水) 21:10 ID:fKM

にゃーーーー(とびおりたことなんてないからすごい怖がって「はやくおろしてー!」さけぶ
つかさ

301:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/05(水) 21:26 ID:nc6

…え?
あっ、いや…別に何もねーよ?
(相手の方見上げ一瞬聞き返すも微笑し否定しては何も無かったように「そういやお前って何処に住んでんの?」なんて笑って問い
>夕菜

じっとしてろ、大丈夫だからな。
(ぽふぽふ相手の背中擦り笑っては足場に実体化した影張り巡らせふわりと着地して
>りんね

302:りんね& ◆WVOE:2014/03/05(水) 21:28 ID:fKM

こわかったー(地面に足をつけようと思ったらガクンとたおれる

303:山風 夕菜:2014/03/05(水) 21:29 ID:.wQ

えっと・・・ね
(考えながら思いつき「ヤマカタダっていう怪物いる場所ありますよね?
 あの奥です」と言い
>司

304:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/05(水) 21:42 ID:Ufw

うおっ!?お、おい!?
(不意に倒れた相手を反射的に受け止め慌てて地面に寝かせてやれば何度も名前呼び必死に呼びかけて
>りんね

ぶッ…ヤッ、ヤマカタダ!?
(思わず珈琲吹きそうに成りむせ返れば目丸くし叫ぶように言い「だ、大丈夫なのかよ…一人だろ?」なんて心配げに呟いて
>夕菜

305:山風 夕菜:2014/03/05(水) 21:45 ID:.wQ

大丈夫ですよ?
(真顔で言いながら「あそこって怪物じゃなくて妖怪もいるけど幽霊とか
 でもみんな優しいよ?」と言い
>司

306:りんね ◆Luss:2014/03/05(水) 21:47 ID:fKM

んっ...(相手に呼び掛けられたのでゆっくり起きはじめる。

307:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/05(水) 21:49 ID:Ufw

そ、そうなのか…?大丈夫そうなら良かったが……
(不安そうにタルト口に運びつつ呟いては「俺、昔に其処でひでー目に遭ったからなぁ……」なんて苦笑しぼそりと言い
>夕菜

308:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/05(水) 21:51 ID:Ufw

おいおい…、無理し過ぎだよ、お前……
(呆れ困ったように溜め息吐き出せば再度「大丈夫か?どこか痛い?」なんて心配性めいた口調で←
>りんね

309:& ◆Y.eI:2014/03/05(水) 21:53 ID:fKM

魔法使い過ぎた...(ボーッとしながら「大丈夫」という

310:山風 夕菜:2014/03/05(水) 21:53 ID:.wQ

そうなんですか?
(首をかしげながら「私、ヤマカタダから出たことないんで・・・
 出てきたのも三ヶ月前ぐらいです・・・」パフェを全部食べて
>司

311:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/05(水) 22:00 ID:Ufw

はは……そうだろうな、どっかで休むか。
(予想と相手の言葉が合えば苦笑零しつつ何処かへ移動しようと相手をそっと背中におぶり
>りんね

いや…ほんと、あそこは苦手なんだよ。
(最後の一口味わいつつ珈琲啜っては困ったように笑い乍言い「んじゃさ、今度遊びに行って良い?、」なんてわくわくしてはふと問うて
>夕菜

312:山風 夕菜:2014/03/05(水) 22:02 ID:.wQ

うん、いいですよ?
(嬉しそうにうなずき「一人だけ紹介したい子がいるんですよ!」と
 言い
>司

313:山風 夕菜:2014/03/05(水) 22:08 ID:.wQ

【落ちますお相手感謝です!】

314:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/05(水) 22:10 ID:Ufw

紹介?いいぜ、勿論。
(不思議そうに首傾けては気になるのか「誰?そいつ。」なんて興味深そうに問い掛けて
>夕菜

[早いですがここいらで落ちます!お相手感謝です、]
>>all

315:山風 夕菜:2014/03/06(木) 06:45 ID:.wQ

一言で言うと・・・
(考えながら「私が目を合わせられる男の子・・・ですかね?」と首をかしげて言い
>司

316:山風 夕菜:2014/03/06(木) 18:59 ID:.wQ

【上げます】

317:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 19:19 ID:5PI

ほお、成る程?
(ぴくりと反応し低く呟いては然程しつこく問わずに淡々と珈琲に口を付けて
>夕菜

318:山風 夕菜:2014/03/06(木) 19:21 ID:.wQ

え?
(相手の反応を見れば「私、何かしました?」と焦りながら聞き
>司

319:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 20:05 ID:IjM

いや?別に何も。
(殆ど棒読みに上記述べてはカップ置きテーブルに幾らかの現金を置き「よし、帰るか。」なんてさっさと立ち去ろうと歩き始めて
>夕菜

320:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:12 ID:.wQ

え?あ、はい!
(そそくさと立ち上がり「え・・・と、今から行きます?ヤマカタダ」
 と相手に聞き
>司

321:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 20:13 ID:fKM

こんばんは
夕奈&司

322:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:14 ID:.wQ

こんばんは!
(笑顔で挨拶しながら「何してるんですか?」と聞き
>りんね

323:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 20:15 ID:IjM

ん、そうするか…どうせ暇だしな。
(可笑しそうにケラケラ笑っては相手の意見に同意し頷きつつヤマカタダへと向きを変えて
>夕菜

324:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 20:16 ID:fKM

えっ?(聞かれたので「うーんとね...あっ魔法練習中かな」焦ったかおでいう
夕奈

325:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:17 ID:.wQ

あ、先に行っていいですか?みんなが驚くとダメなんで
(と言いながら魔法を使おうとし「行っていいですか?」と
 何回か聞き
>司

326:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:17 ID:.wQ

そうなの?
(首をかしげながら言い「じゃ一緒にやる?」と微笑みながら聞き
>りんね

327:& ◆avvA:2014/03/06(木) 20:20 ID:fKM

うん(そういうと「いつも練習ばっかだから、今日は練習試合しよ」笑顔で言う

夕奈

328:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:22 ID:.wQ

れ、練習試合?
(苦笑いしながら「な、何それ?」とガタガタ震えながら聞き
>りんね

329:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 20:23 ID:IjM

よっす。
(挨拶されれば此方も手を上げ返事しふと「何やってんだ?、」なんて軽く問うてみて
>りんね

あぁ…いいよ、勿論。
ゆっくり追い付く。
(ぎこちなそうにこくりと頷けては逆の方を向き徐に地を蹴りどこかへと去って
>夕菜

330:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 20:23 ID:fKM

えっ(ビックリした顔で「まさか知らないの?」ときく
夕奈

331:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 20:26 ID:fKM

うん(疲れた顔で「体力あげてたのだ」という

332:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:27 ID:.wQ

?じゃ、行ってますね〜
(と言って「風の移動!」と言うとすぐにヤマカタダに移動して
【あ〜と・・・今から男子、今だけ追加しますね自分のキャラに】
>司

ま・・・まぁ
(頬をかきながら「はは・・・」と笑い「どんなの?」と聞き
>りんね

333:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 20:29 ID:fKM

うーんとね(考えながら「お互いの魔法でぶつかり合うってかんじかな」頬をポリポリかきながら
夕奈

334:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:31 ID:.wQ

そ・・・そっか
(相手の言葉を聞けば「・・・やっぱり」と呟きながら「やるの?」と
 聞き
>りんね

335:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 20:35 ID:fKM

しってるじゃん(ワクワクした顔で「いつも練習しかしてないからね。やりたいじゃん!!」という
夕奈

336:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:38 ID:.wQ

え・・・まぁ
(はぁ・・・とため息をつくと「ね・・・いつから此処の町にいたっけ?」
 と相手に聞き
>りんね

337:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 20:41 ID:fKM

ふふ(相手にしつもんされたので「いつからって誰が?」と不思議そうに
夕奈

338:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:44 ID:.wQ

り、りんねちゃん・・・
(目を逸らしながら「いつから、いたの?」ともう一度聞きながら
>りんね

339:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 20:45 ID:IjM

おー、そりゃ感心だな、偉い偉い。
(疲れた様子の相手に苦笑しつつ誉めては「俺も付き合おうか、」なんて少し得意げに
>りんね

ふぅ…久々で警戒しちまうな……、
(数十分後ヤマカタダに歩み入りうろうろと適当に進みつつ辺り見回し呟いて
>夕菜

[どうぞどうぞ、了解です!、]

340:& ◆0hko:2014/03/06(木) 20:49 ID:fKM

えっ(不思議そうなかおして「いつからっで...なんで?」ときく
優な

ありがとう(疲れながらも相手が付き合ってくれるといったので「いいの?」ときく

341:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/06(木) 20:49 ID:MRU


【すいません、レス蹴りしますね!
 ALL置いとくので絡んでくれたら嬉しいです】


ん、何…君も眠いの…?
( 木陰に腰を降ろし目伏せていれば何処からか温もり感じ目開け、自身の身体にすり寄る猫にクスリと笑み浮かべ抱き抱え乍そう呟いてはまた目伏せて。 )

>ALL

342:山風 夕菜+α:2014/03/06(木) 20:51 ID:.wQ

夕菜:久しぶりだね!
(と司に気づかず見知らぬ男の子と目を合わせながら言い

???:そ、そうだね〜
(とまどいながらも嬉しいのか返事をして
【この男子、幽霊なんで足が透けてます←】
>司

343:山風 夕菜:2014/03/06(木) 20:52 ID:.wQ

いや・・・
(目を伏せながら「戦いたいんなら・・・答えてね」と相手に言い
>りんね

344:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 20:54 ID:IjM

あぁ、勿論。
お前の為にも、それに俺の為にも成るしな、
(にっ、と無邪気に笑って見せては早速と言わんばかりに黒いオーラを放ち
>りんね

よ。
猫か、ここいらは平和で良いな。
(どこから共無く上空に現れすとっ、と地に足付け少し距離の有る場所からそう声掛けて
>佑梨

345:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 20:54 ID:fKM

何?(相手が目を伏せたので「なんで目伏せたの?」と除きこんでいう

346:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 20:57 ID:fKM

【上の夕奈宛です】

347:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 20:57 ID:IjM

……よう、来たぞ。
そいつ、逝ってんのか。
(足の透けた男子見つけ相手に声掛けつつ歩み寄れば苦笑し言い
>夕菜

348:& ◆bCws:2014/03/06(木) 21:01 ID:fKM

司...(黒いオーラをみて「うひょおー」とさけぶ

349:山風 夕菜+α:2014/03/06(木) 21:02 ID:.wQ

えっと・・・
(顔を上げて「ま、いいからさ・・・いつから?」と相手を見て聞き
>りんね

夕菜:あ、来たんですね!この子です!
(と言いながら男の子を紹介して「あ、幽霊ですけど気にしないで
 ください」と言い

???:えーと、僕は優斗っていいますっ!
(ぺこっとしながら自己紹介して「宜しくお願いしますね?」と笑顔で
 言い
>司

350:りんね ◆Luss:2014/03/06(木) 21:05 ID:fKM

?(きかれたので「いつから練習試合するか?」ときく
夕奈

351:山風 夕菜:2014/03/06(木) 21:09 ID:.wQ

あ・・・
(ため息をつき「いつから此処の町にいたの?」と相手に聞き
>りんね

352:佑梨 ◆tupI:2014/03/06(木) 21:12 ID:MRU


ん、平和じゃない所もあるんですか…?
( 相手の発言聞こえては猫抱き締めたまま相手見詰め首こてりとかしげては相手に聞こえるような声で問い掛けて )

>司

353:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 21:14 ID:IjM

いつでも相手に成ってやるが…、掛かって来るか?
(相手の反応に妖艶に笑えば余裕そうにオーラ広げて
>りんね

お、おう。
(笑顔向けられては此方もぎこちなく返し「冬至司だ、宜しくな。」と同じく名乗り
>夕菜+α

354:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 21:16 ID:IjM

そりゃあ…危険な事だって有るだろ。
(声上げ機嫌良く笑っては一変したように真顔に成り「……俺とかな、」なんて苦笑して
>佑梨

355:山風 夕菜+α:2014/03/06(木) 21:19 ID:.wQ

夕菜:無事に来れてよかったです!
(と言いながら「みんな、出てきていいよ?」と言うと周りから怪物や
 幽霊、妖怪などが出てきて

優斗:司くんか〜・・・宜しくね?
(相手の名前をしっかり覚えると「夕菜とはどういう関係?」と
 にこっと笑いながら聞き
>司

356:& ◆bCws:2014/03/06(木) 21:20 ID:fKM

それじゃあ(こっちもしんけんなかおして「いくよ」という

357:佑梨 ◆tupI:2014/03/06(木) 21:26 ID:MRU


司とかが……?
( 相手の発言に不思議そうな表情浮かべつつ首かしげては問い掛けるような声出し、僅かな不安からか猫強く抱き締めていて。 )

>司

358:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 22:19 ID:Ufw

おっわ……!!
……そう、なのか。
(一瞬出て来た者らに驚き目を丸くするも安堵したように息吐き出し「楽しそうで何よりだな、」なんて微笑みかけ呟き
>夕菜+α

あぁ、何時でもどーぞ。
(こくん、と頷けば余程余裕なのか殆どよそ見しつつ笑い気だるそうに構えて見せて
>りんね

あ、いや…俺ってまあ独りだからな、危険物扱いで。
(可笑しそうに声上げ笑っては困ったように呟き相手の腕の中に居る猫を微笑ましそうに見詰めて
>佑梨

[遅レス済みません!;]
>>all

359:佑梨 ◆tupI:2014/03/06(木) 22:29 ID:MRU


あ、あぁ…そうゆうことね…
( 相手の発言に安堵の表情浮かべつつ薄笑み浮かべてはそう述べつつ相手見、猫に視線向ける相手に「触る…?」なんて僅かに首かしげながら問い掛けて。 )

>司

360:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 22:35 ID:Ufw

え?あ…う、うん……
(相手の問い掛けに一瞬不思議がるも直ぐに頷き返し相手の隣に腰掛けてそっと猫に触れてみて「あったかくて…柔らかい、」と思わず表情緩め笑み零して
>佑梨

361:佑梨 ◆tupI:2014/03/06(木) 22:51 ID:MRU


ん、可愛い…でしょう?
( 相手の発言に表情綻ばせ嬉しげに笑み浮かべてはそう述べながら猫愛しそうに見詰めるも相手に視線うつしては「そういえば、どうして此処に…?」なんて問い掛けて。 )

>司

362:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/06(木) 22:57 ID:Ufw

通り掛かったらお前が居たからな、
本当に暇な馬鹿なんだよ、俺は。
(己に呆れつつ苦笑い漏らせば猫に目を落とした侭問われた事に返答し「生き甲斐っつーか、人生無駄にしてる気がするよ…ったく、」なんて情けなそうに呟き
>佑梨

[ここいらで落ちです、お相手感謝!]

363:山風 夕菜+α:2014/03/07(金) 06:55 ID:.wQ

夕菜:とても楽しいですよ!
(怪物たちを見ながら「何で襲うようになったんでしょうか・・・」と呟き

優斗:・・・さぁ、どうしてだろうね〜
(司をチラッと冷たい目で見るがすぐに夕菜に笑顔を見せて「僕にもわかんないよ〜」と言い
>司

364:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/07(金) 18:11 ID:Ufw

俺は良いと思うぜ、
怪物が守ってくれてんだろ、此処を。
(優斗の目線を自然に逸らせば二人が話す事に柔らかい笑み浮かべ声明るめて言い
>夕菜+α

365:りんね ◆Luss:2014/03/07(金) 18:14 ID:fKM

司(目が点になって「手伝ってくれるの」ときく

366:聖夜 ◆0P6Y:2014/03/07(金) 19:06 ID:LN2

【全然来れなくてすいません。絡み文です。↓】

んぬーーー(魔法書とにらめっこをしていて「んふーーーーん」顔をしかめて言い、数分後「うぬっはーーーーっ」といって魔法書をぶん投げて
>>all

367:山風 夕菜+α:2014/03/07(金) 19:44 ID:.wQ

夕菜:守ってくれるのは良いんですけど・・・
(考えながら「けが人が毎年出るんですよね〜・・・」とため息をつきながら言い

優斗:・・・けが人?
(首をかしげながら「久しぶりに聞いたね、その言葉」と懐かしそうに言い
>司

368:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/07(金) 19:46 ID:1oA

【いえいえ^^絡ませて頂きますね、】

よ、ちび。
何やってんだ?
(ふざけたように声掛けては相手の様子に苦笑浮かべ投げられた魔法書拾い上げて
>聖夜

369:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/07(金) 19:52 ID:1oA

怪我人?
人間がか?
(此方も首傾け眉を潜めては問い掛け「まあ、何にしろ元気で良いじゃねえか、」なんて笑いかけて
>夕菜+α

370:山風 夕菜+α:2014/03/07(金) 19:55 ID:.wQ

夕菜:人間っていうか・・・魔法使いもですし・・・
(と呟きながら「ま、私はそんなことなかったですけどね〜」と言い

優斗:・・・まぁね
(微笑みながら「元気なほうが良いよ!」と司に同意して
>司

371:理樹 ◆yxaw:2014/03/07(金) 20:04 ID:WOA

【最近来れなくてすみません……絡み文置いてきます】
ふあーっ
(と眠そうに目をこすりつつあくびをして「だれかこれ処理してくれないかな」なんて目をこすりつつ大量に買いすぎたお菓子を見てためいきをはき))
>ALL様

372:聖夜 ◆0P6Y:2014/03/07(金) 20:06 ID:LN2

よぉ!って笑うな、ちび言うなっっ!!((頬をプクーーとをふくらませ「こんどちびって言ったら痛い目に遭うよっ!」と言って
>>司

373:聖夜 ◆0P6Y:2014/03/07(金) 20:06 ID:LN2

【お風呂落ちです。】

374:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/07(金) 22:32 ID:Ufw


本当、元気で良いなぁ、
コイツらが魔法使いを襲って追い返せるって…すげえよ。
(感心したようにうんうん頷き二人の笑みに此方も笑い返しては「お前達も魔法が?」なんてふと問うて
>夕菜+α

よっす。…って、なんだこりゃ、すげえ量……
(相手見かけ手を振って近寄れば傍の大量に置かれた菓子に目を丸くしては其れら指差し問い掛けて
>理樹

[いえいえ、絡ませて頂きます!、]

ははっ、そりゃ良いや、
(相手の発言と反応にケラケラ笑い声上げては膨らんだ頬をつつきつつ「で?コレ何?」なんて魔法書を指先でくるくる回してみせ問い掛け
>聖夜

375:山風 夕菜+α:2014/03/08(土) 07:53 ID:.wQ

夕菜:まぁ・・・そうですね
(考えながら「頑張ったら私が魔法のコントロール出来るんですけど・・・・」と呟き

優斗:そうだね〜
(ニコニコしながら「夕菜が風の魔法を使えば僕達も風を使えるし夕菜が火の魔法を使えば僕達も火を使える」
 と長い説明をして
>司

376:理樹 ◆yxaw:2014/03/08(土) 10:38 ID:WOA

【絡みありがとうですううう((】
でしょっ、すごいでしょ。一緒にどうです?
(なんて大量のお菓子を見つめると苦笑して相手の手を引き隣に座らせようとして。「ちょっと買いすぎちゃいまして。」と呟きつつお菓子の山からグミを10個ほど取り出せば相手の手のひらにバラバラと落として「処理手伝ってくださいな」と自分も山からチョコをだしつつ笑顔を浮かべ))
>司さん

377:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/08(土) 16:47 ID:Ufw

本当、何時も思うんだが……
お前…夕菜って魔法が使えない、のか?
(不思議がった様子で首を傾けては二人の会話にふと疑問を呟いては不安そうで居て
>夕菜+α

おわ、本当すげえ量…
(手にグミの重みを感じつつ其れらを口に入れ美味しそうに顎動かし「何をどうやったらこんなに買うんだよ?、」なんて苦笑して
>理樹

378:山風 夕菜+α:2014/03/08(土) 16:55 ID:.wQ

夕菜:つ、使えますよ!
(苦笑いで「ま、一応ですけどね・・・」とブツブツ言いながら

優斗:そうだよ〜
(ドヤ顔で「夕菜はね〜昔は・・・もご」と夕菜に口を押さえられ
>司

379:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/08(土) 22:57 ID:Ufw

?、どういう事だ?
(理解不能なようで眉潜めつつ首傾け疑問符浮かべては二人をきょろきょろと交互に見やり問うて
>夕菜+α

380:山風 夕菜+α:2014/03/09(日) 07:28 ID:.wQ

優斗:いやいやいや・・・・ねぇ?
(それほど先ほどの夕菜の口を押さえるのが痛かったのかほとんど涙目で

夕菜:使えますよ!
(自分では笑顔で言っていると思っているが思いっきり目は笑っていなくて
>司

381:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/09(日) 10:19 ID:Ufw

使える、のか?
(未だ不思議そうに相手らを見詰めては「じゃあ少し見せて貰おうか、」なんて楽しそうに笑い言ってみせて
>夕菜+α

382:山風 夕菜+α:2014/03/09(日) 18:36 ID:.wQ

夕菜:は・・・はぁ!?
(相手に言われた言葉を聞き「な、何でですか?」と目を泳がせながら言い

優斗:ははっそうだよね〜
(笑いながら「此処で発動しちゃ山がふっとぶ」といった瞬間、夕菜に横腹を殴られ
>>381

383:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/09(日) 19:39 ID:Ufw


何だ何だ〜?、まさか制御が効かないのか〜?
(からかうようにケラケラ笑いつつどうしても魔法を使わせたいのか不意に「ほら、絶体絶命。」なんて真顔で呟きつつ具現化させた影の刀を夕菜の首に突き付けてみて(/おい
>夕菜+α

384:匿名さん:2014/03/09(日) 19:40 ID:0lQ

ゆたま

385:山風 夕菜+α:2014/03/09(日) 19:44 ID:.wQ

夕菜:・・・はぁ
(顔を上げると目が赤色になっており←「風の竜巻!」と叫ぶと地面に
 穴があいて相手を風でおして穴に落とすと「はい!閉じる!」と
 言うとちょっとずつ閉まっていき←(スイマセン

優斗:あ〜あ・・・からかっちゃダメじゃん
(ヘラヘラしながら言うと目を細めて「でも夕菜は手加減してるね」と
 安心しながら言い
>司

386:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/09(日) 19:52 ID:Ufw


うお、すげえな…
ッ……!!
(落とされ徐々に閉まって行く地面を見上げて居ては自ら影に成りフッと地面に染み込んで穴の外へ飛び出し元に戻れば「ちゃんと使えんじゃん。」なんて余裕そうに笑い
>夕菜+α

387:山風 夕菜+α:2014/03/09(日) 19:55 ID:.wQ

夕菜:・・・・・
(無言で魔法を止めると「大丈夫ですか?」と一言だけ聞き

優斗:大丈夫だよ
(にこっとすると「この男が危なかったら僕が助けるし」と言い
>司

388:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/09(日) 22:17 ID:Ufw

大丈夫大丈夫、
にしてもすげーなぁ。
(苦笑浮かべ否定的に手を振っては優斗の発言に「ほぉ?助けるって、お前も何か出来ンのか。」なんて興味深そうに目を輝かせて
>夕菜+α

389:山風 夕菜+α:2014/03/10(月) 07:07 ID:.wQ

夕菜:そうですよ?
(優斗を見ながら「この子は昔、一緒に練習したことがありますから」と言い

優斗:うん!
(手を振りながら「僕って夕菜よりは弱いけど結構強いんだよ〜」とニコニコしながら言い
>司

390:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/10(月) 07:52 ID:F2M

ほお、成る程。
差し詰幽霊魔導師って所か、
(理解したようにうんうん頷き言えば「やっぱ風属性の?」と更に問い
>夕菜+α

391:山風 夕菜+α:2014/03/10(月) 19:53 ID:.wQ

優斗:違うさ、風と悪だよ〜
(ニヤっとすれば「悪ってね結構、便利なんだよ〜」といいだすと夕菜のところに行き「昔、夕菜に
 かけて見たけど・・・面白かったね〜」と言うと笑い出して

夕菜:そうだっけ?
(優斗の言葉を聞いていると「そんなこと、あった?」と考えながら言い
>司

392:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/10(月) 20:37 ID:Ufw

悪?聞いた事ねえ魔法だな。
(眉潜めてこて、と首傾けて呟けば「で、其れどんな魔法なんだ?」と相変わらず興味持ち←
>夕菜+α

393:山風 夕菜+α:2014/03/10(月) 20:45 ID:.wQ

優斗:悪の魔法はね〜
(ククっと笑いながら「その魔法をかけた相手を好きなように出来るん
 だよ〜」と言うと思いっきり笑い

夕菜:・・・ああっ!
(優斗が魔法も説明をしている途中に声を出し「思い出した・・・
 あれね」とブツブツ言いはじめ
>司

394:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/10(月) 21:55 ID:Ufw

ほーぉ、感情をいじる魔法か……なかなか面白そうじゃねーか。
(ケラケラ笑い言葉返せば「そんで夕菜は誰を好きに?」なんて爆笑こらえつつ続きを問い掛けて
>夕菜+α

395:山風 夕菜+α:2014/03/10(月) 22:04 ID:.wQ

優斗:ははっそれがね・・・
(笑いをこらえながら「それは・・・うぐっ」と言っている途中で
 夕菜に腹を殴られ

夕菜:言ったらマジでどうなるか分かってる?
(もうキャラが壊れてきており優斗を黒笑みで見ながら「言っても
 良いけどさ・・・生きてられるかな?」と指をボキボキと((怖い
>司

【落ちます〜夕菜が怖い】

396:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/10(月) 22:10 ID:MRU


【レス蹴りすいません!絡み文置いときますので絡んでくれたら嬉しいですー…】


っ、……どうしよ…
( 保健室で横になりながら頬赤くさせており時折咳き込みながら38度を越えた体温計見て思わず投げ捨ててしまい、呟きながら近くにいた猫抱き締めては自身の魔法で体温下げようとしていて。 )

>ALL

397:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/10(月) 22:12 ID:Ufw


何だ何だ、気になるじゃねーか。
(ますます興味が湧き目を輝かせて身を乗り出しては指鳴らす夕菜に「生きてられるか…ってか、優斗って死んでんじゃねえのかよ?」なんて吹き出しそうに((/おい
>夕菜+α

[了解!夕菜最高ですww]

398:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/10(月) 22:21 ID:Ufw

[お久しぶりです!もう絡んじゃうぜひゃっh((うるせ]

いっつ〜……くそ、厄介な…
(荒々しく戸開け保健室に入室して来れば相手に気付き「あれ?佑梨…?何やって……」なんて心配そうに驚いた表情浮かべ
>佑梨

399:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/10(月) 22:27 ID:MRU


【わわっ、有り難う御座います!毎度毎度こんな奴に絡んで頂き感謝です!】

あ、えっと……何もないよ、…
( 相手保健室に入ってきては戸惑い隠せずにいるも平常心保ったまま誤魔化すように笑み浮かべそう述べるも頬未だに赤く僅かにフラフラとしつつ相手の横通り抜け保健室から出ようとして。 )

>司

400:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/10(月) 22:38 ID:Ufw

おっと、そうには見えねんだが?
(真顔で呟き冷静に相手を引き止め不意に額同士を触れ合わせては「…酷ぇ熱だな、横ン成れ、辛いだろ。」なんて心配そうに優しく背中押してやり
>佑梨

401:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/10(月) 23:08 ID:MRU


っあ、……大丈、夫……
( 相手の発言に僅かに首左右に振りつつ強がるかのようにそう述べるも油断したためかフラついてしまえばそのまま相手の方に倒れ混んでいきき。 )

>司

402:山風 夕菜+α:2014/03/11(火) 06:51 ID:.wQ

>>397
夕菜:大丈夫ですよ・・・
(ニヤっとしながら「私も悪の魔法を使えば優斗をもう一回●したりできるんで・・・」と
 ヤバイことを言いながら指を鳴らすのをやめ

優斗:はっはは・・・
(苦笑いしながら「昔もこんなことあったな〜・・・」と思い出していきながら、だんだん
 涙目になっていき
>司

403:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/11(火) 19:46 ID:4ZY


うぉっ、おいおい、大丈夫か…?
無理もいい加減にしろって……
(不意に倒れる相手を咄嗟に抱き受け止めては出来るだけ動かさないように姫抱きにしベッドに寝かせてやり
>佑梨

……えぇ!?
優斗殺したのって…
(一瞬沈黙し何かを悟って叫べば何処か恐怖の目で夕菜を凝視し
>夕菜+α

404:山風 夕菜+α:2014/03/11(火) 19:51 ID:.wQ

夕菜:・・・へ?
(司に恐怖の目で見られているのを気づくと「い・・・違いますよ!?」と
 慌てて

優斗:あはは・・・
(苦笑いで「夕菜はそんなことしないよ・・・殺されかけたことはあるけど」と
 後半は消え入りそうな声で言い
>司

405:りんね& ◆RsrM:2014/03/11(火) 20:00 ID:Iy6

おひさー(手をぶんぶんふりながら

406:山風 夕菜:2014/03/11(火) 20:02 ID:.wQ

久しぶり!
(久しぶりに見た相手に近寄ると「会いたかったよ〜」と笑顔で言い
>りんね

407:りんね& ◆RsrM:2014/03/11(火) 20:04 ID:Iy6

うん!(相手を見つけ「私も会いたかったー」と笑顔で言い
夕奈

408:山風 夕菜:2014/03/11(火) 20:06 ID:.wQ

そうだ!
(思いついたように顔を輝かせれば「何処か一緒に行こうよ!」と言い
>りんね

409:& ◆RsrM:2014/03/11(火) 20:09 ID:Iy6

うん!(顔を輝かせながら「私、友達とどこか行くのはじめて」と言い
夕奈

410:山風 夕菜:2014/03/11(火) 20:13 ID:.wQ

私もだよ!
(驚きながらもうなずき「じゃ何処に行こうか?」と相手に聞き
>りんね

411:ツ閉悶j繧薙ュ ◆Luss:2014/03/11(火) 20:17 ID:Iy6

譛ャ蠖?(隨鷹。斐〒縺縺縺ェ縺後i縲後〒繧らァ驕翫ウ縺縺上↑繧峨≠縺セ繧翫≧縺斐°縺ェ縺縺ィ縺薙m縺ォ縺」縺ヲ縺繧上l縺ヲ繧九阪→險縺
螟募・

412:繧翫s縺ュツツュ ◆Luss:2014/03/11(火) 20:20 ID:Iy6

竊醍ァ√〒縺

413:りんねkuro:2014/03/11(火) 20:21 ID:Iy6

ごめん

414:山風 夕菜:2014/03/11(火) 20:26 ID:.wQ

【文字化けか〜別に良いよ!】

415:りんね ◆Luss:2014/03/11(火) 20:28 ID:Iy6

【本当にごめんねー。またあるかもしれない】

416:山風 夕菜:2014/03/11(火) 20:34 ID:.wQ

【大丈夫だよ!慣れてるから】

417:りんね ◆Luss:2014/03/11(火) 20:41 ID:Iy6

【うん。話続けよ。迷惑かけました】

418:山風 夕菜:2014/03/11(火) 20:43 ID:.wQ

【うん】

419:りんね ◆Luss:2014/03/11(火) 20:48 ID:Iy6

本当?(相手も同じということがわかったので「行くのが楽しみだね」と言い
夕奈

420:山風 夕菜:2014/03/11(火) 20:49 ID:.wQ

そうだね!
(地図を見ながら「まずご飯でも食べる?」とニコニコしながら聞き
>りんね

421:りんね ◆Luss:2014/03/11(火) 20:55 ID:Iy6

うん(一緒に地図をみて「お腹減ったね」と言い
【ちょい風呂落ち。このまま落ちるかも】
夕奈

422:山風 夕菜:2014/03/11(火) 20:58 ID:.wQ

そうだね〜
(にこっとして「じゃあ、行こうか!」と歩き出して
>りんね

【了解!】

423:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/11(火) 21:09 ID:Ufw

[遅レス済みません;]

あ、あぁ…なら良かった……
(ホッとしたように安堵の溜め息吐き出しつつ呟けば「じゃあ何で死んじまったんだ…?」なんて恐る恐る小さな声量で
>夕菜+α

424:山風 夕菜+α:2014/03/11(火) 21:12 ID:.wQ

【大丈夫っすよ!】

優斗:僕は覚えてないよ〜
(ヘラヘラしながら「夕菜は知ってるよね?」と思い出しながら言い

夕菜:あ〜・・・はい
(考えながら「私と遊んでたんですよ」と懐かしそうに言い
>司

425:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/11(火) 21:16 ID:Ufw

うんうん、それで?
(興味深そうに話の続きを問うては聞く体制へと腕を組み聞き入って
>夕菜+α

426:山風 夕菜+α:2014/03/11(火) 21:19 ID:.wQ

夕菜:で、魔法の練習してたら・・・
(腕を組みながら「私の風の魔法が優斗のところに行って・・・」と
 思い出しながら言い

優斗:お〜そっか!
(懐かしそうに「あのときも僕、夕菜に殺されそうになったっけ・・・?」と
 呟き
>司

427:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/11(火) 21:26 ID:Ufw

良く死にかけるんだな、お前は……
(呆れ困ったような苦笑零しつつ言えばじれったそうに「それで死んだ…訳じゃねンだろ?」なんて問い
>夕菜+α

428:山風 夕菜+α:2014/03/11(火) 21:29 ID:.wQ

優斗:ははっ
(笑いながら「僕、いっつも夕菜に助けられてたからね」と言い

夕菜:ま・・・簡単に言えばそうね
(考えながら「ま・・・うん」と一人でうなずき
>司

429:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/11(火) 21:33 ID:Ufw

直接的では無いが殺しちまった、で良いのか?、
(シリアスぶった雰囲気を醸し出して呟けば二人をジッと見比べつつどこか微笑み見せて
>夕菜+α

430:山風 夕菜+α:2014/03/11(火) 21:35 ID:.wQ

優斗:ん?
(眠たそうな目でキョロキョロしていて

夕菜:う〜ん・・・
(首をかしげて「ちょっとだけ・・・おしいです!」と言い
>司

431:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/11(火) 21:43 ID:Ufw

おしいって……なら何だ?
(相手が言うので考え込むも大した結論に結び付かずに眉潜めては不思議そうに問い掛けて
>夕菜+α

[済みません、早いですが落ちです!何時もお相手感謝です]

432:山風 夕菜+α:2014/03/11(火) 21:47 ID:.wQ

優斗:あ〜男の人がいたね〜
(腕を組み鼻歌を歌いながら「そういえば〜そうだね〜」と歌いだし

夕菜:私が優斗に魔法をかけたら
(顔をしかめながら「おっさんが来たんですよ」と口が悪くなりながら
>司

【了解です、此方もこんなツマンナイ奴に相手してもらい
 ありがとうございます!】

433:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 00:27 ID:MRU


【流れやすいですが一応返しときますねー!】


ん、……御免…
( 顔色悪くさせつつ姫抱きされている中相手見詰めては何処か儚げにそう述べ、ベッドに寝かされては僅かに咳き込んで。 )

>司

434:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 05:49 ID:Ufw

おっさ…はぁ?
(相手らの言葉に思わず聞き返しては此方も薄く嫌気が差した表情浮かべて疑問に首を傾けて
>夕菜+α

辛えなら言えって、全然頼って良いんだからさ。
(困ったような苦笑零しつつ微笑みかけそう述べてはそっと相手に布団掛け「大丈夫か?何か欲しい物とか…、」なんて傍らで心配気に
>佑梨

435:山風 夕菜+α:2014/03/12(水) 06:47 ID:.wQ

優斗:良く覚えているね〜
(ニコニコして「僕はそんなに覚えてないよ〜」と言い

夕菜:で、そのおっさんにも風の魔法が当たって・・・
(と言いながら「で、優斗とおっさんは近くにあった海に落ちたんですよ
(すべて思い出したように「あ、その海も私が魔法で作ったんです」と
 当たり前のように話し
>司

436:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 06:59 ID:MRU


うん、……有り難う、…
( 儚げにそう述べつつ緩く笑み浮かべては相手見、僅かに考えるも何も浮かばず首左右に振りながら「え、と…何もいらない…司が居てくれたらそれで良いよ…?」だなんて。 )

>司

437:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 18:09 ID:Ufw

何かシュールな絵図だな……
(相手の話に耳傾けつつ想像してみては苦笑浮かべ思わず呟いて
>夕菜+α

あ、あぁ…何でも言って呉れて良いからな。
(相手の発言に一瞬目を丸くし硬直するも微笑みかけ頭撫でてやりつつ心配げに言い
>佑梨

438:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 18:23 ID:MRU


あ、でも…
( 頭撫でられては心地良さそうな表情浮かべつつ嬉しげに笑み浮かべるも心配気な表情浮かべては「迷惑掛かっちゃうし、…やっぱ駄目かな…」なんて呟いてはしゅんとして。 )

>司

439:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 18:32 ID:Ufw

そんな事ねえよ、大丈夫。
(優しい声色に微笑み漏らしつつ言えば欠伸浮かべ目こすり「俺も寝て良い…?、」なんてとろけた表情で相手の傍らに倒れ込んで
>佑梨

440:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 18:43 ID:MRU


ん、良いよ…?
( 優しい声色に安堵の表情浮かべつつ傍らに倒れ込む相手にクスリ笑み浮かべながらそう述べては隣のスペース空けてそう述べ。 )

>司

441:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 18:50 ID:Ufw

悪いな…少しだけ……、
(うとうとと殆ど寝かけつつ小さく呟けば直後瞼下ろし心地良さそうに寝息立て始めて
>佑梨

442:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 18:54 ID:MRU


おやすみなさいです、…
( 寝息立て始める相手に薄笑み浮かべつつそう述べては相手見詰め、「可愛らしい寝顔だなぁ…」なんて呟いては相手の頬ツンツン、とつついてみて。 )

>司

443:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 19:01 ID:Ufw

ん、……
(頬つつかれピクリと反応するも肩上下させつつ子供の様に眠りこけて居て←
>佑梨

444:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 19:06 ID:MRU


っ、……可愛い…!
( 僅かに咳き込みつつ相手の様子に目きらりと輝かせ嬉しげに笑み浮かべつつそう呟いては相手見詰めるも次第に睡魔襲って来、相手の隣に寝転んではそのまま目瞑って。 )

>司

445:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 19:13 ID:Ufw

っん…ぁ……?
寝過ぎたか……?
(数十分後ビクリと体揺らし不意に身体起こしキョロキョロ見回せば寝ぼけたように呟いて
>佑梨

446:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 19:17 ID:MRU


ん、ぅ……
( 起きている相手の様子等知らず静かに寝息立てて寝ており、時折瞼震わせつつ相手の服袖握ったまま寝ているも僅かに悲しげに表情歪め。 )

>司

447:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 19:21 ID:Ufw

……佑梨?
(ふと相手の方振り向き様子に気が付いてはこて、と首傾げつつ心配そうに前髪撫でてやり
>佑梨

448:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 19:31 ID:MRU


ん、……
( 相手に前髪撫でられては緩く笑み浮かべるも何処か悲しげな様子浮かべており掴んでいる手の力込めては眉間に皺寄せ何か耐えるようで。 )

>司

449:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 20:08 ID:IjM

う、うなされてンのか……?
(おろおろ慌てては取り敢えずなだめようと相手撫で続けてやり「大丈夫かー…?」なんて呼びかけて
>佑梨

450:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 20:16 ID:MRU


っ、……ん、…
( 相手に撫で続けられれば徐々に落ち着き取り戻していき呼び掛けに僅かに肩震わせるも寝息立てて静かに寝ており、暫くしてはうっすら目開けて。 )

>司

451:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 20:20 ID:IjM

あ……佑梨ー…?
お、おはよ、…大丈夫か?
(相手の目が覚めたのに気が付くと手は止めずに顔覗き込んで心配気に言い
>佑梨

452:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 20:27 ID:MRU


あ…うん、……大丈夫、…かな?
( 相手に問い掛けられては僅かに曖昧にそう述べるも相手に撫でられては安心からか涙腺緩み思わずポロリと涙溢れて。 )

>司

453:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 20:31 ID:IjM

え…ちょっ、…どした!?
ゆっ、佑梨…!?
(相手が泣き出してしまい焦ったように落ち着き無くせば必死の思いで背中さすってやり「どうした…?嫌な夢でも見たか…?、」なんてそっと問うて
>佑梨

454:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 20:39 ID:MRU


え、あ、ゴメン、なさいっ……
( 焦る様子の相手にぼやける視界の中迷惑掛けたと分かれば咄嗟に謝るも涙止まらず、自身の目、手で擦りながら相手に背中擦られつつ問い掛けられては恐る恐るこくりと頷いて。 )

>司

455:山風 夕菜+α:2014/03/12(水) 20:45 ID:.wQ

>>437
夕菜:そうですか?
(首をかしげながら「小さい頃はいろんな魔法使えたんですけどね〜」と呟き

優斗:・・・夕菜
(苦笑いで「魔法のこと言っちゃ駄目って前言われてなかった・・・?」と言い
>司

456:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 20:54 ID:IjM

そ、そっか……辛かったな…
(肯定の返事にしつこく問う事を控えひたすらになだめるよう背中撫でては「俺は大丈夫だからゆっくり落ち着け、な。」なんて笑って見せて
>佑梨

お前、今と昔でどうやら色々と変わったらしいな。
(話を聞いて居れば思った結論を口にし特に表情浮かべず真顔で「聞いちゃ駄目だたか?」と優斗の方に目をやって
>夕菜+α

457:山風 夕菜+α:2014/03/12(水) 20:56 ID:.wQ

優斗:うん、僕は良いけど・・・
(夕菜をチラッと見て「夕菜に殺されないなら・・・」と控えめに言い

夕菜:・・・なっ
(司の言葉を聞くと髪を逆立て「な・・・何言ってんですか?」と
 聞き返し
>司

458:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 21:10 ID:IjM

[誤字済みません;←]

仲が悪いんだか良いんだか分かんねーな、お前らは。
(ケラケラと可笑しそうに笑い声上げては続きを聞こうと「それで?優斗と…おっさんはどうなったんだ?、」と。
>夕菜+α

459:山風 夕菜+α:2014/03/12(水) 21:17 ID:.wQ

優斗:そのまま・・・ボチャンで
(考え込み「そしたらこんな体に」クルクル回って言い

夕菜:あ、そうね
(優斗を見ながら「私、優斗を助けようと竜巻起こしたんだっけ?」と
 首をかしげながら言い
>司

460:りんね ◆Luss:2014/03/12(水) 21:39 ID:Iy6

夕奈ちゃん、どこいく?(明るい笑顔で「早くいこ」と相手をせかすように言い
夕奈

461:山風 夕菜+α:2014/03/12(水) 21:41 ID:.wQ

食堂いこっか
(歩き出しながら「いこいこ」と言い
>りんね

462:りんね ◆Luss:2014/03/12(水) 21:43 ID:Iy6

うん!(ぱァっとして「食堂行くのはじめて」と言い
夕奈

463:山風 夕菜+α:2014/03/12(水) 21:46 ID:.wQ

そうなんだ〜
(考えながら「おすすめとか教えてあげるね!」と笑顔で言い
>りんね

464:りんね ◆Luss:2014/03/12(水) 21:49 ID:Iy6

うん。(笑顔で「まず、食堂って何?」と言い
夕奈

465:山風 夕菜:2014/03/12(水) 21:50 ID:.wQ

えっとねご飯を食べるところだよ!
(ニコニコしながら「おいしいんだよ〜」と言い
>りんね

466:りんね ◆Luss:2014/03/12(水) 21:51 ID:Iy6

レストランみたいな?(相手のにこにこが写って「おいしいんだ」にこにこしながらと言い
夕奈

467:山風 夕菜:2014/03/12(水) 21:53 ID:.wQ

そうだね〜
(「レストランより安いけど、おいしいんだ〜」と言いながら
>りんね

468:りんね ◆Luss:2014/03/12(水) 21:54 ID:Iy6

へえ。(目を輝かせながら「はじめてだから楽しみ」といい
夕奈

469:山風 夕菜:2014/03/12(水) 22:03 ID:.wQ

そうだね
(歩いていると目的地に着き「此処だよ!」と言いながら入って
>りんね

470:りんね ◆Luss:2014/03/12(水) 22:15 ID:Iy6

ここが食堂...(驚きながら「想像してたのとちがう」といい
夕奈

471:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 22:25 ID:Ufw

も、ものすごい…話だな。
(話の内容思い返しつい苦笑浮かべて呟けば「死んでも仲が良いってのは羨ましいな、」なんて明るめな笑顔向けて
>夕菜+α

472:りんね ◆Luss:2014/03/12(水) 22:26 ID:Iy6

司さん(真剣な顔して「いきます」といい

473:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/12(水) 22:35 ID:Ufw

あぁ、思いっきり来い、殺す気でな…っ!!
(クスリと笑み零し刹那構えた侭全身に力込め魔力のオーラをより大きな物にし挑発的に言い
>りんね

474:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/12(水) 23:00 ID:MRU


んっ、……有難う、…っ
( 相手の優しさに思わずすがってしまいそうになりつつ嗚咽交じりにそう述べては暫くの間涙流しているも徐々に落ち着き戻してきては赤くなった瞳ごしごしと強く擦り出して。 )

>司

475:山風 夕菜+α:2014/03/13(木) 06:51 ID:.wQ

>>470
そうなんだ〜
(店内に入りながら「さ、入りなよ」と相手を手招きして
>りんね

夕菜:そうですね〜
(ニコニコしながら「ストレス発散に使えますんで優斗は」と、とんでもないことを言い

優斗:あはははは・・・・
(夕菜の言葉を聞くと笑うだけしかないと思いずっと笑っていて
>司

476:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/13(木) 15:42 ID:Ufw


大丈夫大丈夫、…お前の方こそ大丈夫か?
(何とも無い様に笑顔向けつつ返答し落ち着いて来た相手見てはホッと安堵して
>佑梨

何気にひでえな……
(此方も可笑しそうに笑み返しつつ呟いては「優斗はとんでもないドMだな、」なんて微笑して
>夕菜+α

477:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/13(木) 17:26 ID:Acg



……うん、もう大丈夫…
( 問い掛けられては僅かに肩ピクリと震わせつつ何処かぎこちない笑み浮かべながらそう述べては平常心保とうとし、「もう本当に…迷惑ばかり掛けて駄目だなぁ、……私、」なんて呟いては自身の手強く握っていて。 )

>司

478:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/13(木) 17:30 ID:Ufw

…そんな事言うなって、何も迷惑じゃねえよ。
(力込められている相手の拳を上から手で包んでは微かに濡れた相手の目元そっと拭ってやり
>佑梨

479:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/13(木) 17:42 ID:Acg


っ、……本当、に…?
( 相手の手上から包むようにして触れられては手に込められていた力抜け、目元拭われてはうっすらと笑み浮かべつつ心配げな表情浮かべ乍首こてりとかしげては恐る恐る問い掛けて。 )

>司

480:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/13(木) 17:52 ID:Ufw

何の為に嘘言うんだよ、本当だって。
(機嫌良く笑い声上げつつ困ったように頬掻いて呟けば「気にしなくて良いから、な。」なんてにっ、と無邪気に笑いふと立ち上がって
>佑梨

481:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/13(木) 18:08 ID:Acg


なら良かった…
( 笑い声上げる相手に僅かに驚き見せるも次紡がれた言葉に安堵の表情浮かべながら呟くように述べ、表情綻ばせ緩くへらりと笑み浮かべつつふと立ち上がった相手にキョトリとして。 )

>司

482:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/13(木) 19:15 ID:yIo


簡単な物しか出来ないが…、
(医務室のキッチン使いココア淹れてやれば相手の前のテーブルにカップ置き「少し体暖めな、寝汗もかいたろうし」なんて微笑みかけ言い
>佑梨

483:山風 夕菜+α:2014/03/13(木) 19:51 ID:.wQ

優斗:ど、ドМ!?
(相手の発言に驚きながら「ぼ、僕そんなんじゃないし」と首を横にブンブン振り

夕菜:私はSじゃ、ありませんよ!?
(考えながら「優斗はМですよ、私はSではないです」ときっぱり言い
>司

484:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/13(木) 20:46 ID:Acg


わっ、……有り難う…
( 相手から受けとれば嬉しげに笑み浮かべつつさまし乍恐る恐る一口口に含んでは「ん、美味しい…」なんて呟きつつ頬緩めており。ふと相手見ては「一口、要る?」なんて問い掛けて。 )

>司

485:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/13(木) 21:00 ID:IjM

あはは、Sは特する事が結構有るんだぜ?、
(からかうように笑いつつ人差し指立てて言えば「良かったなぁ、いじめて貰えて」なんて優斗の肩バシバシ叩き((おい←
>夕菜+α

え…じゃ、じゃあ……貰う、
(相手が喜んでいるのを見やればホッと嬉しそうに表情緩め不意に分けて呉れると言われては目丸くするも思い切ってこくり、と頷き
>佑梨

486:山風 夕菜+α:2014/03/13(木) 21:03 ID:.wQ

優斗:な・・・何言って・・・
(顔真っ赤で「ぼく、嬉しくないよ!?」と一生懸命否定して

夕菜:得?
(首をかしげながら「いや、しないです」ときっぱりと言い
>司

487:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/13(木) 21:11 ID:IjM

得しない…か。じゃあ夕菜はノーマル、って事だな。
(夕菜の発言に数秒考え込みニヤリと笑み浮かべては呟いて「嬉しい癖にー嘘つかなくて良いって!」と優斗いじり倒して
>夕菜+α

488:山風 夕菜+α:2014/03/13(木) 21:14 ID:.wQ

夕菜:ノーマル?
(考えながら「ま、それで良いです」と納得しながら言い

優斗:嘘ついてないよ〜
(ニコニコして「夕菜は何で司に敬語なの〜?」と話題を変えようとして
>司

489:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/13(木) 21:26 ID:Acg


ん、…どうぞ…?
( 思いきってこくりと頷く相手見ては僅かにクスリと笑み浮かべつつ相手見上げ、両手でコップ持っては相手に差し出して。 )

>司

490:りんね ◆Luss:2014/03/13(木) 22:01 ID:Iy6

わぁー(めを輝かせながら「メニューってあるの?」といい
夕奈

あのさ...(一歩下がって「やっぱり司カラ来て」といい

491:山風 夕菜:2014/03/13(木) 22:05 ID:.wQ

うん!
(にこっとしながら「結構あるよ!」と言いながらメニューを見せて
>りんね

492:りんね ◆Luss:2014/03/13(木) 22:19 ID:Iy6

こんなにあるんだ...(驚きと感動の目で「すごい」とぼそっと言い
夕奈

493:山風 夕菜:2014/03/14(金) 06:42 ID:.wQ

そうでしょ?
(微笑みながら言うと「じゃ私はパフェ大盛りとオレンジジュースにしようかな」と言い
>りんね

494:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/14(金) 07:15 ID:d5k


え?あ、あぁ…そういや敬語だな。
(相手らの話題に自分も気になりつつ同じように問い掛けて
>夕菜+α

ん、……さ、さんきゅ、
(ぎこちなく差し出されたカップ受け取れば相手チラチラと横目に見ながら一口啜り「……お前の味でもするかと思った、」なんて笑い
>佑梨

そうか?んじゃ…
(相手が言えば頷き勢い良く飛び掛かり
>りんね

495:りんね ◆Luss:2014/03/14(金) 07:24 ID:Iy6

私は...(考えながら「夕菜ちゃんと同じもので」と言い
夕菜

よっ(よけながら「さすがだね」と言い

496:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/14(金) 14:03 ID:Ufw

おらっ、どうした、来いよ?
(刹那相手の四肢に影を伸ばし四方に縛り付け拘束すれば挑発するように笑い声上げて見せて
>りんね

497:りんね ◆Luss:2014/03/14(金) 17:17 ID:Iy6

じゃあ...(木の壁と、巨大樹を出し「巨大樹は剣に、壁は大きくなれ」と言い

498:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/14(金) 18:03 ID:Acg


な、っ……何言って、…!
( 相手の発言に思わず動揺隠せずそう述べながら頬赤くしては近くにあった枕握り顔うずめ、チラリと相手見て。 )

>司

499:りんね ◆Luss:2014/03/14(金) 18:06 ID:Iy6

ゆうりちゃん(にこっと笑って「こんにちは!久しぶりだね」と言い
ゆうり

500:りんね ◆Luss:2014/03/14(金) 18:27 ID:Iy6

ゆうなちゃん(真面目な顔して「大きいパフェってどのくらいの大きさ?」と言い
ゆうな

501:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/14(金) 19:06 ID:Ufw


うぉ…厄介だがこの程度じゃ…なぁっ!!
(一瞬驚き怯んだように硬直するも相手の体影で強めに縛り上げてみせて
>りんね

何ってお前が口付けたカップじゃん?
(相手の反応に何処か笑い上げ返答しては「ほら、返すよ」なんてカップ差し出して((デリカs
>佑梨

502:雅野 佑梨 ◆tupI:2014/03/14(金) 19:18 ID:Acg


あ、うん、久しぶりだね…!
( 相手に声掛けられては予想外だったのか驚き見せるも薄笑み浮かべてはそう述べて。 )

>りんね


いや、確かにそうだけど……
( 何故か笑う相手にキョトリとしつつ頬赤らめたまま差し出されたコップ受け取っては「んー、…司って天然…?いや、でも…」なんて呟いていて。 )

>司

503:& ◆Y.eI:2014/03/14(金) 19:38 ID:Iy6

うーん...(考えながら「びっくりした?」と言い
佑梨

ひっかかった!!(大きな声で「それはあたしが木で作った偽物だよ」と言い

504:山風 夕菜+α:2014/03/14(金) 21:02 ID:Ay.

夕菜:良いじゃないですか?
(きょとんとしながら「どうでも良いですよ」と言い

優斗:だめだよ〜
(にやっとすると「司だけ敬語とか可哀想だよ〜」と言い
>司

高さ・・・10センチぐらいじゃない?
(と言うと「早く食べたいな〜」と楽しみそうに言い
>りんね

505:りんね ◆Luss:2014/03/14(金) 21:11 ID:Iy6

10p...?(プルプルしながら「10pなんて...楽に食べれる」と言い
夕奈

506:山風 夕菜:2014/03/14(金) 21:13 ID:Ay.

そうだよね〜
(にこにこしながら「50センチにしたら良いのに・・・」と呟き
>りんね

507:りんね ◆Luss:2014/03/14(金) 21:15 ID:Iy6

50pも楽にいけるよ(ニコッと笑顔で「夕奈張、何pまでいきる?」と言い
夕奈

508:山風 夕菜:2014/03/14(金) 21:21 ID:Ay.

そうだね〜
(考えながら「いくらでも、いけるよ?」と言い
>りんね

509:繧翫s縺ュ ◆Luss:2014/03/14(金) 21:23 ID:Iy6

縺倥c縺ゑシ趣シ趣シ(讌ス縺励◎縺縺ォ縲檎ァ√→蜍晁イ縺励h笙ェ縲阪→隨鷹。斐♀縺ァ險縺
螟募・

510:りんね ◆Luss:2014/03/14(金) 21:26 ID:Iy6

ノウ

511:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/14(金) 22:34 ID:Ufw


て、天然?何処が…?
(相手の呟き聞こえたのかビクリと肩揺らせば不満そうに眉潜めつつ低い声色で問うてみて、
>佑梨

擬態魔法か。やるじゃねえか、
(辺りに広がる相手の魔法見上げ見渡せすれば感心しつつも相手に攻撃次々仕掛けて
>りんね

あぁー、本当だ、俺だけ敬語じゃん。
(優斗の発言でそうだと気付いてはうんうん頷きつつ「距離感じて嫌だなあー」なんてからかうように棒読みで←
>夕菜+α

512:山風 夕菜+α:2014/03/14(金) 22:36 ID:Ay.

夕菜:な・・・
(考えながら「タメで良いんですか?」と聞いて

優斗:へへへ((
(笑っていると「夕菜の本章知ったら・・・うん」と夕菜に睨まれ
 強制終了
>司

【落ちます!】

513:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/14(金) 22:39 ID:Ufw

タメの方が良いんだよ、距離感感じるじゃねえか、
(相手らの会話見笑って言えば「無理にとは言わねえけどさっ?」なんて人差し指立て
>夕菜+α

[了解です、お休みなさい]

514:山風 夕菜+α:2014/03/15(土) 07:14 ID:Ay.

夕菜:じゃあ・・・タメで
(真顔で言うと「敬語って・・・めんどくさいから」とぼそっと言い

優斗:ははは〜
(ニコニコしながら「夕菜のキャラが・・・」と呟き
>司

515:りんね ◆Luss:2014/03/15(土) 12:20 ID:Iy6

まだまだ(相手の後ろにまわり「これでどうだ!!」と攻撃しながらいい

516:冬至 司 ◆9tDA:2014/03/15(土) 18:02 ID:Ufw

面倒なら何で使ってたんだよ、面白いな、
(可笑しそうに笑いつつも嬉しそうで「夕菜のキャラ?がどうかしたのか?」なんて首傾けて
>夕菜+α

っとと、あぶねえなあ。
(間一髪すれすれで相手の攻撃避しつつ此方も攻撃仕掛け「終わったな、」なんて呟きニヤリと笑って
>りんね

517:りんね ◆Luss:2014/03/15(土) 20:15 ID:Iy6

かわした?!(驚きながら相手がにやけてるのに気づき「何にやけてんの?」と言い

518:山風 夕菜:2014/03/16(日) 10:54 ID:Ay.

【スイマセン、葉っぱに来ないと思うから此処のすれ主誰か
 やってくれませんか?それじゃさようなら】


書き込む 最新10 サイトマップ