【オリナリ】 禁断の恋 【1対1】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 03:33 ID:KcQ

いらっしゃいませ、クリック有難うございます.
此処はいわゆる"禁断の恋"というジャンルでなりきる場所です.
教師と生徒、主と従者、姉と弟…等々、禁断の恋に憧れた事はありませんか?
誰かに見つかってはいけない焦りとそれでも相手を愛したい気持ち.
さまざまな思いが交差する恋に、ドキドキしたことはありませんか?

此処はそんな禁断の恋に惹かれた方たちの為の場所です。

>>2 注意
>>3 テンプレート
>>4 最後に

2:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 03:34 ID:KcQ

@ 注意 @
・題名にもあるように、此処は一対一で"主"とナリをする場所です。
→男女攻め受け主従者姉兄妹弟、貴方が望むとおりにさせていただきます。

・禁断の恋以外の恋はご遠慮ください(判断基準は各々にお任せします)

・3Lの許可はしておりますが、行きすぎるのは禁止です

・荒らし行為はお断りしております

・基本的に時代や場所はごっちゃになっています。ファンタジーでも現代でも、お好きにどうぞ。

・ハーレムや逆ハーレムはご遠慮くださいませ

・オリナリですので版権キャラは禁止とさせていただきます

その他、気になることがありましたら御気軽に申しつけください。

3:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 03:35 ID:KcQ

@ テンプレート @

参加くださる場合は以下のテンプレートに必要な事項をご記入ください

―――――
キャラの名前/性別/年齢:○○/○○/○○
希望するシチュエーション:
3Lのうち希望するもの:
此方のキャラに希望すること:(性格や見た目等ご記入ください)
此方とそちらのキャラの攻め受け:そちら/○○ 此方/○○
―――――

その他、不明な点がありましたらお気軽に申しつけください。

4:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 03:37 ID:KcQ

@ 付けたし @

テンプレートには

希望する時代や国:例)昭和時代の日本、18世紀イギリス、戦乱の絶えない国など

も合わせてご記入くだされば幸いです。

@ 最後に @

長くなりましたが、此処まで読んでいただきありがとうございました。
拙いロルを回す主ですが、出来る限り皆様に楽しんで頂けるよう善処しますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

5:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 08:50 ID:KcQ


お早うございます、
誰も居らっしゃらないようなのであげておきます、
失礼しました。

6:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 09:13 ID:KcQ

@ ルール追記 @

・ロルの長さは自由ですが、返答に困る応答はお控えください。
→例)うん(ニコッ / そうだねー(にこにこ / だね!(にへら /等
・禁断の恋とありますが、主定義では"見つかってはいけない恋"ですので、恋愛禁止という状況下での恋愛も許可致します。
→例)敵国のキャラと恋に落ちる、彼氏持ちの子とお互い恋に落ちてしまう、等

その他、不明な点等ありましたらお気軽に申しつけください。

@ @

貴方の参加を心よりお待ちしております(キリッ/おい、

7:参加希望者 ◆k.:2014/04/02(水) 09:24 ID:BcU

(/素敵スレ…!!是非参加させて頂きたいのですが、此方のキャラの性格や容姿等をプロフに記入する必要はありませんか?)

8:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 09:40 ID:KcQ

ふおっと…遅くなりました、

>>7

参加希望有難うございます。
そうですね、ルール記載漏れですね…ううむ。
性格や容姿はご記入いただけると有り難いです。

9:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 12:02 ID:KcQ


…今日は少し寒いようだ。( 柔らかな春の日差しが眩しいある一日。肩に小鳥を乗せた男は自前の黒髪を軽く揺らしながら、ゆっくりとした喋りで独白めいた言葉を零す。
それは今日のような暖かい日にそぐわない言葉であり、肩に乗った小鳥は男の言葉を否定するように一鳴きした後ふるりとその小さな体を震わせている。
男の座る茶色いベンチに座るものは誰もおらず、ざわつく木々が空を眺める男の顔に影を作っては消し去る工程をただただ繰り返していた。)

…誰か、私の隣に座る方はいないだろうか…。( はふりと、男は小さなため息を零した。風がただ通り抜けていくだけとなっている男の隣の席は、別段特等席と言うわけでもない。
先日女にフラれたばかりの男が一人さびしくベンチに座っている姿を見て、世の中の人々はどう思うのだろうか。奇しくも此処はカップルの通りが多く、男は注目の的となっている。
四方八方から注がれる視線。時折聞こえてくる笑い声。男は其れを耳に入れて、そして軽く首を横に振る。その行動はまるで言葉を聞きたくないとでも言っているかのごとく。)

…誰でも、いいのだ。( 男は最後に、そう呟いた。そして徐々に下がっていた目線をまた上に押し上げ、ゆったりと流れゆく白い雲を見つめ出す。
果たしてこの口下手という言葉が似合う男に、念願の彼女というものはできるのだろうか。それは誰にも想像できないことである――― )

―――――

上げさせていただきます、

10:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 14:01 ID:KcQ

@ ルール追記 @

・そちらのキャラの性格容姿等のご記入はご自由とさせていただきます
→面倒な方は記入していただかなくても結構ですが、ご期待に添えぬ形となることをご了承くださいませ。
・原則1人につき1キャラですが、なりきりの途中でシチュエーション等変更頂いても構いません。
→その際、時代や此方のキャラは一括して新しいモノとなりますことを前提にお願い致します。

@ 上げ行為について @

何度か主が上げていますが、回数制限等ありましたら御指摘の程宜しくお願い致します。

@ キャラについて @

そちらの希望するキャラをとことん書いてくださればそれを元に主がなりきらせていただきます。
口調などをより詳しく記入してくだされば、その口調で頑張りたいと思っております。
但し、版権キャラを例に出すのはお控え頂ければ幸いです。主はあまりアニメに精通しておりません。

@ @

ルール >>2 >>6
テンプレート >>3 >>4

11:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 17:15 ID:KcQ


―――――

上げさせていただきます。
こうも誰も来ないと恥ずかしいというか寂しいというか…。
何か御不満の点でもあるんでしょうか、うわそうだったら消え去りたいレベル((
一対一って割と人気ないんでしょうかねぇ…?楽しいですよー
誰か来てくださるといいんですけど、このまま埋もれる予感が…。

―――――

12:匿名さん:2014/04/02(水) 17:23 ID:sd2

キャラの名前/性別/年齢:青咲桜雨(aosaki sakura)/女/18歳
希望するシチュエーション:お嬢様と平民男子の禁断の恋
3Lのうち希望するもの:NL
此方のキャラに希望すること:クール系キャラでたまにドS。生徒会長。
此方とそちらのキャラの攻め受け:そちら/受け(たまに責め) 此方/責め

【これでOKですかね…?】

13:参加希望 hoge:2014/04/02(水) 17:28 ID:3N6

キャラの名前/性別/年齢:渡辺 百香/女の子/15歳
希望するシチュエーション: 弟と姉の禁断の恋
3Lのうち希望するもの: NL
此方のキャラに希望すること:可愛いツンデレ男子
此方とそちらのキャラの攻め受け:そちら/受け 此方/攻め

【これでいいですか?】

14:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 17:30 ID:KcQ

>>12

 ふお…!いらっしゃいませせせ…!
 設定有難うございます!それで大丈夫ですよ。
 お嬢様と平民男子、承りました!
 場所は学園で宜しいのでしょうか?指定する場所がありましたら、お申し付けください。
 それと絡みロル投下ですが、どちらから行きましょう?
 設定を頂いたのに更に質問してしまい申し訳ございませんorz ≫
 

15:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/02(水) 17:32 ID:sd2


【学園でOKですよ!じゃあ、私の方から絡み文投下させてもらいますね!】

>>14

16:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 17:33 ID:KcQ

>>13

≪ いらっしゃいませ!設定有難うございます、それで大丈夫ですよ!
  ツンデレ男子、シスコンで(違)頑張らせていただきますね。御希望とは違う所がありましたらご指摘くださいませ。
  場所はどこにいたしましょう?家でしょうか、外でしょうか。
  絡みロル投下もどちらから行きましょう…?
  設定を頂いたのに更に質問してしまい申し訳ございませんorz ≫

17:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 17:43 ID:KcQ

>>15

≪ わかりました!では絡み文投下宜しくお願い致します!
  拙いロルですが、ご満足いただければ幸いです。 ≫

18:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/02(水) 17:44 ID:sd2


【了解です!】

お嬢様…って言ってもそれほど良い暮らしではないわねー…。(屋上に入ってくればフェンスに寄りかかって家での生活を振り返り、ため息をつきながら左記をつぶやいていて

>>17

19:momoka hoge:2014/04/02(水) 17:51 ID:3N6

>>16
家でよろしくお願いします!!
じゃあそちらから絡み文お願いします!!

20:伊勢 良介 ◆0.:2014/04/02(水) 17:56 ID:KcQ

…おや、( 風通しのいい屋上。暖かな日差しを受けながら読書をしてから何時間経っただろうか。空はすっかり夕暮れ時で、部活に入部している部員たちの声が夕焼け空に良く映える。
まるで青春ドラマのワンシーンのようなそれに今更感銘を受けるまでもないが、屋上の扉が開く音によって集中力が切れてしまってはこれ以上本を読むことも叶わない。
丁度キリのいいところで栞を挟みつつ、ぱたんと本を閉じてから扉の方を見やった。そうして、冒頭の驚いた声を出す。 )

青咲じゃないか。( 独り言のようにそう呟いてから、フェンスへと一直線に向かう女子の姿を目で追う。ここからじゃ死角になってあっちから此方の姿は見えないだろう。
ならば此方の独り言も聞こえないというわけで。いっそ少しばかり観察してみるのもおもしろそうだと目論んでは暫く観察しようと本を傍らに置いたところで、聞こえてきた溜息と声。 )

……お前、そこで何をしているんだ。( はぁ、と此方も溜息をつきながら相手の前に姿を現した。片手に本を持ちながら相手に近づき、少し距離を置いたところで立ち止まる。
腕を組んで相手を見やっては、先ほど聞こえてきた言葉に脳内で引っかかりを覚えつつ、それを追求するのはまた今度にしようなどと場違いな事を考えて。一先ず、相手の反応を待つのが先だ。)

>>18

―――――

口調が行方不明ですが、一応男の子っぽい口調で大丈夫ですかね…?
敬語とかお好みがあればお申し付けください。

伊勢 良介(イセ リョウスケ)/18/男
:普段は眼鏡をかけたクールを気取っている生徒会長、女慣れはしていない為恋愛事には耐性無し
:表情に出るタイプなので喜怒哀楽が割と分かりやすい。
:必要以上にいじられた時はドSとなり、いじった奴を逆にいじり返すことも多々。

こんな感じで宜しいでしょうか?

21:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/02(水) 18:00 ID:sd2


【設定、大丈夫ですよー!…というか、想像していた人物とそっくりです!】

え…?…ってなによ、驚かさないでよね。(相手に話しかけられ驚いた、と言っておきながらさほど驚いているようではなく片方の頬を膨らませながら左記を言って「ただの気分転換よ」と、風になびく髪を抑えて綺麗な夕焼けを見ながら答えて

>>20

22:参加希望者 ◆k.:2014/04/02(水) 18:03 ID:BcU


キャラの名前/性別/年齢:クレア・ホロウェイ/♀/19歳
性格:ぼんやりしている事が多く感情の起伏が少ない。口数は多くないが言葉は素直。甘やかされて育った為か行動は自由奔放で好奇心旺盛。表情に感情が出やすい為、分かりやすい。
容姿:胸の下辺りまでの金色の髪に黄色に近い薄緑色の瞳。あまり華美な服装は好まない。身長は157p程度。
希望するシチュエーション:貴族(此方)と使用人(主様)。孤児だった主様キャラを此方キャラが気に入って拾い、現在は主従関係。お互い思い合ってはいるものの恋人同士ではなく、此方がぐいぐい押していく内に抑えきれなくなって…という感じだと嬉しいです。
3Lのうち希望するもの: NL
此方のキャラに希望すること:年は近いが精神年齢は少々高めで面倒見の良い落ち着いた青年。身分の差から思いは受け取れないと感じている。
此方とそちらのキャラの攻め受け:そちら/攻め気味偶に受け 此方/受け気味偶に攻め
希望する時代や国:中世ヨーロッパ


(/>>7の者です。返答有り難うございました。改めて参加希望させて頂きます!色々と書いてしまいましたが大丈夫でしょうか…?)

23: ◆Fk:2014/04/02(水) 18:09 ID:Gx6


(/ここって……怪盗と平民女子ってシチュエーションってアリなのでしょうか………?)

24:渡辺 奏:2014/04/02(水) 18:11 ID:KcQ


うん、そうだね( つまらない学校がやっと終わった。友達とか彼氏とか彼女とかの話題であふれかえった学校にいるのは少し苦手で、話だけ合わせているのも正直辛い所がある。
けれどそんなことが言えるはずもなく、今も只々帰る方向が一緒の友達数人の話題に相槌を打っていたところ。聞いてさえいない話の相槌を打つのって意外と難しいかも。
でも徐々に徐々に見えてきた我が家に終始仏頂面だった俺の顔にも笑顔が宿る。そうすれば友達の一人が「やっと笑った!」なんていうものだから、また仏頂面に戻るんだけど。)

じゃぁ、俺此処だから。またね、気をつけて。( 家の前にある小さな門の向こうに立ち、去っていく友人たちに手を振りながら別れのあいさつをかける。何度繰り返したかわからないこの行動、ちょっと無駄かもしれない。
けれどそんなことも言えるはずがなく、友人たちの姿が小さくなったのであれば溜息を一つ吐き捨てて。門をしっかり締めてから鞄からあらかじめ出していた家の鍵を扉に差し込んだ。)

ただいまー( 扉を開けて玄関に体を滑り込ませる。そのまま後ろ手で扉を閉めればついでに鍵もちゃんとかけて、重い荷物を廊下に置きながら家の中に響き渡るくらいの声量でただいまと言った。
靴箱を見る限り姉ちゃんはもう帰ってきているらしい。見慣れた靴にまたくすりと笑みをこぼしては、玄関で姉ちゃんが来るのを待っていようか。)


>>19

――――――

ううむ、ご期待に添えているのか心配です…!
なんか違うな?という点がありましたらどうぞご指摘くださいませ。

渡辺 奏(ワタベ カナデ)/男/14歳
:人付き合いが何かと上手い世渡り上手な子。でも家に帰ると素の自分に戻るタイプ、
:まだ姉離れができなかったりシスコンが入り混じっているが、年頃の所為か姉には少しツンツンしてしまう
:姉に対する恋心を自覚してはいるが、それを伝えようとは思っていないらしい

こんな感じで宜しいでしょうか?

25:伊勢 良介 ◆0.:2014/04/02(水) 18:23 ID:KcQ


驚かせるつもりは毛頭ないが。( ふい、と女子生徒から視線を外す。驚かさないで、なんて苦情が来たのであれば此方も驚かせるつもりはなかったと弁明しておいた。
別段嘘というわけでもない上にそもそも最初から居たのは此方。むしろ青咲の登場に驚いたのは俺の方だと主張したいくらいだが、いいやそれはやめておこう。)

気分転換、か。( 膨らんでいた片方の頬は突く前にしぼんでおり、その代わり言葉を発するために口が開閉する。頬を膨らませるなんて子供っぽいことを。なんて考えながら、返ってきた言葉を復唱した。
気分転換で屋上に来るやつなんて早々いない気もするが。実際のところ此処に良く入り浸っている訳でもないために統計はとれないものの、と真剣に考えたのは少し間違いだったかもしれない。
青咲の前から少しずれてまた前に歩き出せば、落下防止用のフェンスを手を伸ばして掴んだ。がしゃんと鈍い音を耳に入れながら、青咲の隣に失礼した。 )

気分転換は大事だからな。ゆっくりしていけばいい。( 我ながらなんと口下手なことだろう。阿呆らしい言葉だと溜息を吐き捨て隣にいる青咲に目をやれば、夕焼けに染まった髪をなびかせるその姿に少し見入ってしまった。
無論直ぐに目を逸らしたが。気づかれてはいないだろうか、と焦りによって引き起こされた激しい動悸を悟られないように、フェンスの向こうにある夕日に少しばかり目をやった。確かに気分転換にはいいかもしれない、と。 )

>>21

―――――

え、本当ですか?それなら良かったです…!
いやもうドキドキしてました( 
では改めまして、どうぞこれから宜しくお願い致します!

26:momoka hoge:2014/04/02(水) 18:24 ID:3N6

>>24

おぉ!おかえり我が弟よ〜!((とふざけて笑いながらパタパタと
玄関まで走っていって
 ____________________

ありがとう御座います!
ぴったりです!!ありがとう御座います!

27:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/02(水) 18:26 ID:sd2


【はい!よろしくお願いします!】

…家に帰りたくないなー…(相手が自分の隣にいることに勘付いて、夕焼け空から夜の空に変わっていくのを見ながら左記をため息混じりにぼそっと呟いて

>>25

28:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 18:29 ID:KcQ


>>22

≪ 設定把握致しました!細かな設定で此方も何かと想像しやすくて助かりますー…!
  色々書いていただけた方が宜しかったりなんだりで。ご期待に添えるようなナリを目指しておりますから。
  中世のヨーロッパとはこれまた専門知識を問われそうですね…!ですが負けませんよ((違う
  始まりの場所、それと絡みロル投下はどちらから行くかはどういたしましょう?
  設定をお書き頂いたのに更に質問させていただいて申し訳ございませんorz ≫


>>23

≪ ええ勿論です!それが"他者にばれてはいけない恋"でありましたら、是非! ≫  

29: ◆Fk:2014/04/02(水) 18:31 ID:Gx6


(/それならば…怪盗の方が世界的に有名な大怪盗……で大丈夫でしたら参加希望しても良いですか…?)

>>主様

30:渡辺 奏 ◆0.:2014/04/02(水) 18:36 ID:KcQ


ちょ、ちょっと姉ちゃん。廊下で走るのやめてって言ったでしょ。( ばたばたと走ってくる姉ちゃんに持ち上げようとしていた荷物をどさりと落とせば、フローリングの床で姉が足を滑らせてしまわないかと危惧して。
しかし其れを危ないだの何だの言うのは少し気恥ずかしくて。俺の声に反応してくれた姉ちゃんに嬉しさ半分複雑さ半分の声で文句を吐き捨てた。
別にこういうことが言いたいわけじゃないけど、この年にもなってお姉ちゃん危ないよ、なんて言うのはプライドが許さないってやつだろうか。近辺の家に聞こえていたら凄く恥ずかしい。)

全く…。せっかく姉ちゃんが好きなお菓子買ってきてあげたのに。( 「走るようじゃあげれないね。」と言葉を付け足してふんっと顔を逸らした。姉ちゃんの笑顔が見たくて買ってきたお菓子、あげなければ本末転倒。
勿論ちゃんとあげる気はあるけれど、やっぱり素直にあげるのは恥ずかしいから。何かと理由をつけて姉ちゃんを釣ってみるしか俺には方法がない。いい加減素直になりたいけどさ、恥ずかしいんだ。)

>>26

―――――

其れは良かったです…!
凄くドキドキしてました…。
では改めまして、どうぞ宜しくお願い致します!

31:伊勢 良介 ◆0.:2014/04/02(水) 18:43 ID:KcQ


…何故だ?( すっかり日も落ちて、あんなに活気づいていた部活もだんだんと終わりを告げていく。疲れたーやら何やら雑音のような声が聞こえる以外は、一気に学園は静寂に包まれてしまった。
その静寂の最中で、しかも隣にいる女子生徒の呟きは拾いたくなくても拾ってしまうほど鮮明に耳に入ってくる。帰りたくない、なんて声が聞こえたならばその理由を尋ねる訳だが。
フェンスから伝わる冷気は暖かな日差しによって上昇した体温を落ち着かせていく。もう春とはいえ、夏と言うわけではなく。 )

帰らなければ風邪をひくかもしれない。( まさかずっと此処にいるつもりではないだろうと冗談半分に風邪のことを話題に出すが、もし青咲がそのつもりならその場合俺はどうすればいいのだろうか。
一緒に此処で居る訳にもいかない。帰る家があるのならば、そこに無理矢理でも送り届けるべきだろうか。――もやもやと黒い塊が頭の隅にできては、青咲の返答次第で其れを打破できるかもしれないと一先ずそれを捨て置いて。
鈍色のフェンスから横に居る青咲に目をやれば、「無断外泊は校則違反だからな」と先にくぎを刺しておくか。 )

>>27

32:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 18:48 ID:KcQ


>>29

≪ 此方が世界的に有名な大怪盗、でしたら申し訳ありませんがそちらのキャラの立ち位置次第となります。
  "大怪盗に狙われた家の娘"など、大怪盗と敵対する位置にいるのであればそれは大歓迎です。
  ですが、"大怪盗の素顔を知っている幼馴染"などは禁断的要素が見つからないために、お断りさせていただく場合があります。
  お手数をおかけしますが一度どのようなシチュエーションがお教えいただいても宜しいでしょうか? ≫

33:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/02(水) 18:51 ID:sd2


お嬢様って言ってもそんな優雅な暮らしじゃないわ。(相手の冗談にため息をつき、フェンスから離れてその辺を歩きながら左記を述べて「私は養子だったから…親と暮らせるのは一人ぼっちの頃の私にとっては夢だった。けど、その夢が叶って正直嬉しいけど…なんか、鎖に縛られてるような生活でさ…」と関係のない相手に辛そうな顔で自分の愚痴をぶつけて「…なんてね。私の愚痴の付き合わせちゃってごめんね、さ、帰りましょう。夜道は危険だもの早く帰らなきゃ」と辛い顔から早変わりして悪戯っ子の表情で左記を言って

>>31

34:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/02(水) 18:55 ID:sd2


【落ちます!恐らく20時半以降に来ると思います。お相手感謝でした!】

35:伊勢 良介 ◆0.:2014/04/02(水) 19:07 ID:KcQ


…。( 何かを言おうとして、口を噤んだ。この状況下で青咲に何か言えるほど口がうまくない俺が言ったところで、何気ない一言で終わらされてしまうのがオチだろうか。
いやその前に、儚げな雰囲気を醸し出す青咲に恥ずかしながら、その、見惚れていたから口がうまく回らない。
お嬢様という立場にいる青咲が愚痴を零すことにお嬢様なりの苦難があるのだな、と内心で納得しながら、青咲の話が終わるまで口をつぐんでおくことにした。)

…辛いのならば無理する必要はない。( なんてね。とおどけてみせる青咲の姿に噤んでいたはずの口が自然と動いた。舌を回し言葉を紡いでいく。
フェンスから離れた青咲に向けていた目線を外し、すっかり夕闇の色に染まった空を見上げる。青咲の苦難が空に吸い込まれてしまえば青咲は楽になるのだろうか。)

捌け口は必要だ。愚痴を溜めこむのはあまり良くない。( 空から相手に目線を戻せば、悪戯っ子なんて言葉が似合いそうな表情に軽くため息を吐いた。
無理をして倒れた経験が過去に一度ある俺だから言えることだ。無理は良くない、青咲と目を合わせて真剣にそう告げる。無理をするくらいならいっそ、)

…その、なんだ。生徒会室なら一泊くらいは、できるが…。( 帰りたくない場所に帰ったところでストレスがたまるのは目に見えていること。ならば、備え付けのソファや冷蔵庫のある生徒会室に招待しておこう。
放っておけないというか、親近感というものだろうか、これは。などと阿呆なことを考えるのは止して、眼鏡を押し上げれば本を片手に屋上の扉へと近づく。
「無理強いはしない。」と一言伝言のようなものを青咲に残し、俺は先に屋上を出た。向かう先は無論生徒会室。いつもの歩調で静かな廊下を歩きながら、夕食のメニューでも考えてみようか。)

>>33

―――――

了解しました。先にお返事かえさせていただきますね!
お相手感謝でしたーノシ

36: ◆Fk:2014/04/02(水) 19:14 ID:Gx6


>>主様

(/遅れてしまいすみません……!えっと……少し変更させてもらってもよろしいでしょうか……?後、世界的に有名は無しで……日本で女性に人気な世界的とは言えないけど日本では知らないものはいない大怪盗で。えと、シチュエーションはとある大怪盗を追っている刑事の娘がその大怪盗が現れると噂されていた美術館に行き偶然にもその怪盗と会い、その怪盗に一目惚れした……という話でも良いですかね……?)

37:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 19:19 ID:KcQ


>>36

≪ いえいえ、ゆっくりで大丈夫ですよ。ゆっくりのんびりいきましょう。
  設定変更把握致しました。なんだか恐れ多い役についてしまったような気がしないでもないです(ガクブル/←
  その設定でしたら条件にも当てはまっておりますので大丈夫ですよ!
  では、お手数をおかけしますがテンプレート(>>3 >>4)をご記入いただいても宜しいでしょうか…? ≫

38:V t ◆Fk:2014/04/02(水) 19:37 ID:Gx6


(/良かったです……ダメかと思ったので(ホッ/←
分かりました…!今から記入させてもらいます…!

キャラの名前/性別/年齢:望月柚子(モチヅキユヅコ)/♀/17
希望するシチュエーション:日本で有名な大怪盗とその怪盗を追う刑事の娘との禁断の恋
3Lの内希望するもの:NL
此方のキャラに希望するもの:見た目は女の子受けが良い、いわゆるイケメンに性格はちょっと変態だが優しく心配性でお宝は奪っても戻さない我慢強いちょっと照れ屋な男子。
此方とそちらのキャラ攻め受け:そちら/受け 此方/責め

これで宜しいでしょうか…?)

39:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 19:47 ID:KcQ


>>38

≪ いえいえ駄目なことなんてありませんよ…!正に禁断の恋ではありませんか。
  むしろ代表されるくらい……とまぁ、ここらへんでおいておき。
  設定把握致しました。ご希望された怪盗とは細部が違っているかもしれませんが、気になる点がありましたら気軽にご指摘くださいね!
  では、場所の設定と絡みロル投下ですが、場所は美術館、でしょうか。
  絡みロルはどちらが投下致しますか?
  設定を頂いたのにさらなる質問申し訳ございませんorz ≫

40:望月 柚子 ◆Fk:2014/04/02(水) 19:50 ID:Gx6


(/え、本当ですか…!?ありがとうございます……!(キラキラ←
いえいえ、あまり似ていなくとも気にしませんよ……!
はい、場所は美術館でお願い致します…!絡みロルは、私からでもよろしいでしょうか…?)

>>主様

41:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 19:54 ID:KcQ


>>40

≪ お礼なんて恐れ多いといいますか恐縮といいますか(わたわた
  そうですか…?ううん、そう言っていただけると幸いです!あまりにもひどい場合は御遠慮なく言ってくださいね、
  場所把握致しました。では、絡みロルお先にお願い致します! ≫

42:望月 柚子 ◆Fk:2014/04/02(水) 20:04 ID:Gx6


(/本当に思ったことなので……!
分かりました、そういうときは遠慮なく言わせてもらいますね(←)
分かりました……!)

怪盗さんが来る日って……今日だっけか………(友達が急に来れなくなったので一人で美術館に入り辺りをキョロキョロ見回していると厳重な警備だな…と思うとお父さんが言っていた事を思い出して上記を述べるとだからか……、と思い呟くと刑事がたくさん居るところを除いてみると綺麗な絵が見えて「綺麗……これ、どれだけするんだろ……」と思いながら除いたままで呟いて

>>41

43:クレア・ホロウェイ ◆k.:2014/04/02(水) 20:07 ID:BcU


>主様

(/返事遅くなってしまい申し訳ありません;

そう言って頂けて嬉しい限りです!
此方も負けませんよ…と言いたい所ですが、中世ヨーロッパについての知識は皆無に等しいかと思われますorz ですので矛盾点等ありましたら何なりと申し付けて下さい。

それから設定の追加というか補足なのですが、主様キャラを此方キャラが拾ってから既に数年経過している、という事でお願いします。

絡みロルは主様の指定が特になければ、場所は家で此方から始めさせて頂こうと思いますが宜しいでしょうか?)

44:望月 柚子 ◆Fk:2014/04/02(水) 20:09 ID:Gx6


(/すいません……!ご飯&勉強落ちしますね……!)

>>主様

45:斎条 高人 ◆0.:2014/04/02(水) 20:42 ID:KcQ


さてさて、どうやってお宝を頂こうか。( 月明かりが眩しい闇夜。お目当ての美術館の屋根に優雅に座り、紅茶を一口頂いた。膝に座る黒猫は尻尾を揺らし、にゃぁと一鳴きする。
カップをソーサーに置いてその下に白いメッセージカードを潜り込ませれば、黒猫を一度撫でてから膝から下ろし、さてと、と立ち上がった。
お宝は私の真下にある。警備をしたって無駄、とにやり笑って。懐中時計が示す時刻、長針が右に軽く振れた。 )

ゲームスタート、たっぷり楽しませてくださいね。( 懐中時計を胸にしまえば、警備が一番薄い場所を思い出す。突き当たりの、倉庫の部屋。美術館内の地図を思い出せば、屋根の上から倉庫の位置に移動して。
服の中から爆弾を取り出せば導火線に火をつけて、そこに置いてさっさと自分は美術館の入口に移動。その道中、背後で鳴り響いた轟音に気がついた警備員が屋根を見る前に、すとりと着地し首を後ろに手刀を入れて気絶させた。
地面に倒れ伏す二人の警備員には目もくれず。柱の陰に隠れて刑事諸共敵が全てあちらに集中したのであれば、入口から堂々と失礼しようか。
道中会った警備員は全て気絶させていく。簡単だね、今日のお宝はもうゲットしてしまうかもしれない。)

…さて、と。( 私の後ろに連なる警備員の列にくすくすと笑いをこぼして。さぁそこの角を曲がればお目当ての品が直ぐそこにある。そう、直ぐそこにあるんだ。
早くこの手に収めたい気持ちがあふれ返っては私の足を早くして、直ぐに体は絵画の方へと向かっていく。
そして角を曲がったその瞬間。目に入ってきた光景に希望の光は閉ざされ代わりに絶望がまき散らされた。)

…お嬢さん、こんな夜に何をしているのかな。( にこりと、なるべく刺激しないように柔らかい物腰で絵画の前にいる少女に声をかける。少女は先ほどの騒音に気が付いていなかったのだろうか。どうやら絵画の虜になっていたようだが。
一般の客だろうか、それとも警備員や刑事の娘だろうか。頭の中でぐるぐると推測しながら、しかし顔色は一切変えず笑顔を保ち続ける。
こつりと足音を響かせて、少女が何かしようものなら直ぐに気絶させれるように少女との間合いを詰めておこう、なんて。 )

>>42

―――――

っと、遅くなりまして…!
落ち了解です、返信だけしておきますね。

斎条 高人(サイジョウ タカト)
:日本全国のお宝を狙う大怪盗、日本人だが顔のホリが深いのは祖父母に海外の人がいたから。遺伝、
:コレクターとしてお宝採集をしているが、それを邪魔する奴は誰であろうと許さないタイプ
:一般人としての高人は変態気質を持ち合わせているが、優しい上に心配性のお母さんみたいな奴
:我慢強いのが長所、溜めこんでしまうのが短所である

こんな感じで宜しいでしょうか…?
遅くなりまして、

46:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 20:47 ID:KcQ


>>43

≪ ふおおおおお…!すいません此方も遅くなりましたorz

  ああ、すいません此方もあまり中世のヨーロッパには詳しくないんです…!
  知ってるのあれです、教科書で習ったくらい(( 矛盾点等は気にしません、楽しくやることをモットーにいきましょう!
  ですのでどうか可笑しいところがありましたらスルーか御指摘お願い致します(ガクガク

  数年立っている、と。それなら気兼ねなく話せますね。既知設定了解いたしました。
  お気づかい感謝いたします。

  わかりました、ではお手数をおかけしますがそちらからお願い致します。 ≫

47:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/02(水) 20:50 ID:sd2


【ただいまーっです!】

…。あら、結構いい生徒会長じゃない。(相手の言葉を聞いて、先に屋上から出ていく相手を見送り数秒ぼーっとしていたがクスッと笑い左記をいい、自分も相手の後を追いかけて屋上から出て行って

>>35

48:御巫 ◆0.:2014/04/02(水) 20:59 ID:KcQ


――――

ぐはっ…すいません、姉にパソコン奪われそうです…!
23時頃戻ると思います。返信はどうぞご自由に。
主不在の際の参加希望は誠に勝手ながら保留とさせていただきます。
それでは、一時離脱です。申し訳ございません。

――――

49:クレア・ホロウェイ ◆k.:2014/04/02(水) 21:24 ID:BcU


>>46

( 今までにこれ程すんなりと起床出来た事があっただろうか。そう自らに問いたくなる位には珍しく寝覚めの良い朝、二度寝に突入する暇もなく冴えてしまっている目を擦りながらゆっくりと上半身を起こす。少しだけ開いたカーテンへと視線を向ければ、外から差し込む日の光に目を細めて。 )

_…驚くかな、早起きしたって知ったら。
( 何時もならば起こされても起きない自分が朝日が射し込む頃に、それも自ら起きたとなれば彼も驚かざるを得ないだろう。もしかしたら褒めてくれるかもしれない。
そんな事を思い浮かべれば自然と頬は緩み、完全に眠気は消えたようで意気揚々とベッドから抜け出す。軽く身なりを整えて鏡で自分の姿を一度じっと見つめ、可笑しな所がない事を確認すれば静かに自室の扉を開いて。 )



(/了解です、お互い楽しくが一番ですね…!此方も学校で習った程度しか知らないので恐らく指摘しようにも出来ないかと←

では、絡みロル投下させて頂きますね。小説風ロル久々に使うので可笑しな事になっていないか不安ではありますが、改めて宜しくお願いします!)

50:望月 柚子 ◆Fk:2014/04/02(水) 21:33 ID:Gx6


(/やっと勉強が終わりましたので返信しますね……!こちらこそ遅くなりすいません……!)

え…えと……その……すいません……!つい見とれてしまって………( 複数の警備員が倒れていくのにも気付かずにぼーっ、と絵に見とれていると突然声をかけられ誰かな、と思いながら恐る恐る振り向くと柔らかい微笑みを向けている人物がおり美形だなー、と今度はそちらに見とれているとハッ、と我に帰ると慌てながらも上記を述べて

(/うぎゃぁぁぁ……!!凄く良いです……!そんな感じでokです!!)

51:momoka hoge:2014/04/02(水) 21:56 ID:o/c

うわっ!((と転けて「へへっ!」と笑って


いやぁだっ!!((と泣きそうになりながら叫んで「ごめん〜」と
そのうち泣き出して
>>30

52:伊勢 良介 ◆0.:2014/04/02(水) 23:10 ID:KcQ


( 既に屋上から去った後、青咲の言葉など聞こえずに暗い廊下を歩んでいく。照明がちかちかと瞬いては暗い廊下を照らしているが、どうにも頼りなく思える。
最も、この時間は教員も居ないだろうし、いるとすれば俺と青咲と事務員のお爺さんだけだろう。何かにつけてお菓子をくれる事務員のお爺さん。子供扱いされているのだろうか。
窓の外に見える暗闇は夜ということを表しており、その暗闇に映える黄色がやけに眩しく見えた。)

さて、何を振る舞うか。( 生徒会室の扉を開け、中の電気をつける。白色の蛍光灯は二、三度瞬いた後に暗かった室内を明るく照らしはじめた。
直ぐに来るであろうから扉はあけっぱなしにしておき、まずはコンパクトにおさまっている冷蔵庫を開ける。生徒会室では生徒会役員が泊りがけで仕事することも多く、その為に飲み物や軽い軽食などは一通りそろっている。
目に入ったお茶のペットボトルを一つ掴んでは冷蔵庫の扉を閉めて、隣の食器棚の前へと移行した。此方も同様の理由から、一通りの食器が揃えられている。
茶色くシンプルな食器棚の扉を開けてカップを二つ手にとっては、ふさがった両手で閉めることも叶わず食器棚の扉はあけっぱなしとなっている。
後で閉めなければ、と考えてから中央の机にカップを二つ置き、ペットボトルのお茶を其れになみなみ注いでいく。)

…紅茶のほうが良かったか。( 二つ目のカップに注ぎ終わったとき、ふと自分の好みと青咲の好みが違うことに気がついた。女性は紅茶が好きだと聞くが、それならば紅茶のほうが良かったかと思案する。
然しそれも青咲がこの部屋に入ってくるとき聞けばいい話。もし紅茶を注文された場合は、この二つの緑茶は俺が飲むことにしよう。 )

>>47

――――

おかえりなさいですー。
お待たせしました!

53:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/02(水) 23:13 ID:sd2


えっと…生徒会室はこっちの方ね。(と廊下を歩きながら左記を呟きながら歩いていて「…夜の学校って不気味ね…」夜の学校に泊まるなど初めてのことなので誰もいない校舎を見ながら呟き生徒会室の扉の前まで来て

>>52

54: ◆aM:2014/04/02(水) 23:24 ID:pVY


【3L可能と書かれていたのでBのLで参加希望なんですが嫌でしたら書き直しますので!】


名前 レイリス /♂ /17辺り…
性格 穏やかでありヘタレ。戦時は自ら其処に出向く程信頼しているも時折騙されること有。
   押しに弱く折れやすい。やっぱりヘタレ((。表情豊かであり甘いもの好き。
設定 国同士の戦乱が続く世代で、皇子( 当方 )と敵国である異国の皇子( 貴方 )
3L  BのL((←
希望 悪戯好きだが優しい一面も。欲深く欲しい物はどんな手を使っても掴み取り、潰したい国はとことん潰す俺様気質多い皇子←
攻受 当方/受け 主様/攻め

55:トバイアス・ウェルズ ◆0.:2014/04/02(水) 23:47 ID:KcQ


…ふぅ、( 積み重なった洗濯物を抱えて移動しながら、一つ息を吐いた。溜息でも安堵の意でもなく、ただ少しばかり息を吐きたくなっただけ。そんな適当な理由で吐かれた息は空気に乗り何処かへ漂うことだろう。
それを見送ることもできず、今日も今日とて忙しなく屋敷内を行き交う人々におはようの挨拶を告げて。うん、いつも通りの光景だ、と少しだけ安心した。
変化がないことはいいことだと言い聞かせながらある一室の前を通ったところで、ふと足を止めてしまった。そういえばと思いだす。あの方はまだ寝ているのだろうかと。)

起きていらっしゃるのでしょうか…。( 洗濯物を抱えたままでは少しばかりノックしにくいが、ノックをせずに声をかけるなどそんな無礼は許されないこと。曲がりなりとも主と従者。
洗濯物を片手で支えてから扉をノックしようとしたその瞬間。僕の手を弾くように音も無く開かれた扉に驚く間もなく、洗濯物が崩れないようにと二、三歩程下がる。無論、洗濯物は両手で押さえたまま。
扉の向こうに見えた主。見慣れたその姿に安堵する半面、軽く身なりを整えた状態の主が出てきたことに驚愕する。…まさか、)

お早うございます、クレア様。( 喜ばしい考えが頭を支配しようとするが、その前に先ずは主への挨拶をしなければ。そう考えたが早いか、口は動き挨拶の言葉を紡いでいく。
洗濯物を持った状態で大変失礼だが、朝の挨拶の後にはゆっくりと頭を下げ丁寧な礼を。 )

>>49

――――

お待たせしました!
最早中世の雰囲気など微塵もないロルになってしまいましたがー…いやもう、本当にすいません。
足元にも及ばない拙いロルで申し訳ない限りですorz

Tobias Welles トバイアス・ウェルズ/男/10代後半
:数年前、孤児だったところを拾われて以来、相手の従者として屋敷に住まわせてもらっている。
:過去の経験から自ずと精神年齢が高く、面倒見の良い落ち着いた青年になる。年相応の反応を見せることは極稀
:主従という型にはまっている以上、主との恋は無理だと考えている模様。

ほとんど引用ですが…。こんな感じで宜しいでしょうか?

56:斎条 高人 ◆0.:2014/04/02(水) 23:58 ID:KcQ


( 少女の視線が絵画から外れ、此方へと向く。私を見つめるその瞳はどことなく神秘さを秘めているような気がしたが、今はそれより絵画。
一刻も早く少女を退かせて絵画を貰っていかなければ、爆発一回で引きとめられる時間などたかが知れている。嗚呼、どうしましょう。と頭を抱えるのは内心だけ。
表面は笑顔を繕いながらも、足は確実に少女に歩み寄っていく。 )

…おや、貴方のような方に見惚れていただけるとは、恐縮です。( だが少女がぼーっと私を見続けているのであれば、少しばかり眉をひそめて足を止め、何か?と問いかけようとした。
然し私よりも先に発された少女の声。その声が告げる内容に一度瞠目して見せれば、眉を顰めていたことも目を丸くしたことも忘れ去り、再び柔和な笑みを浮かべて言葉を紡ぐ。
それは本心からか、それともただの建前か。少女が知ることではありませんね。 )

所で、貴方は帰らなくてもよいのですか?…今日は怪盗が出るようで。( 危ないですよ、と軽く首を傾けて少女に問うた。やや強引と思われるかもしれないが、私にはあまり時間がないのだ。
と言っても、少女がそんなことを知るはずもない為に、少女の気分次第で私の今日の仕事が成功するか失敗するかが決まってしまうのだ。嗚呼、厄介だ。)

>>50

――――

お待たせしました!
あ、これで大丈夫ですか?なら良かったです!
改めましてどうぞ宜しくお願い致しますね!

57:御巫 ◆0.:2014/04/03(木) 00:02 ID:KcQ


―――

先にお返事させていただきますね。

>>54

いらっしゃいませ!BのL希望、承りました!
設定も把握致しました!
敵対関係にある設定ですが、始まりの場所はどこにいたしましょう?
それと、絡みロルの投下はどちらがいたしますか?
設定を頂いたのにさらなる質問申し訳ございませんorz

58:渡辺 奏 ◆0.:2014/04/03(木) 00:10 ID:KcQ


あ、言ったそばから、姉ちゃんは…!( フローリングの床に滑りこけた姉ちゃん。俺が注意した傍からこけるんだから、何かの力が作用しているのかと一瞬疑ったよ。
まぁそんな馬鹿なことはなく、姉ちゃんはただこけただけ。…全く、姉ちゃんってば危なっかしくて目が離せない。これじゃ此の先どうなるのかな、と想像したくもない未来を想像した。
ふるりと首を横に振りそんな想像も吹き飛ばせば、えへへと呑気に笑う姉ちゃんに溜息を吐いた。鞄を肩に掛けると靴を脱いで靴箱に入れる。そのまま廊下にあがれば、呑気に笑っている姉ちゃんの頭をこつん、と叩いた。)

ちょ、本気にしないでよ。( 姉ちゃんの為に買ってきたお菓子を姉ちゃんにあげないなんてそんなことは絶対にあり得ない。けれどそれを真に受ける姉ちゃんが可愛くて、ちょっといたずらしたくなる。
けれどその悪戯によって泣き始めた姉ちゃんに俺が慌てると、鞄のポケットに入れていたお菓子を姉ちゃんの手に握らせた。
「御免、これで許してよ」と姉ちゃんの頭を撫でながら言ってみる。これで泣きやんでくれるかな…? )

>>51

――――

おまたせしました!

59:伊勢 良介 ◆0.:2014/04/03(木) 00:16 ID:KcQ


遅い。( カップ二つ分減った緑茶の残りを冷蔵庫に戻し、食器棚を閉めたところで扉の方に目を向けて、その向こうに青咲が居るのであれば眉をひそめて一言。
幾ら俺の後に来たとしても遅い。なんて自己観点を相手に押しつけながら、溜息を一つ吐き捨てる。)

早く中にはいれ。( どうしてこうもきついセリフしか言えないのだろうかと自分を卑下しながら、扉の方へと足を進める。青咲がまだ扉の向こうにいては、扉が閉められない。
ノブに片手をかけつつ相手の手を掴んで中に引き入れては、廊下の冷気がこれ以上はいらない内にさっさと扉を閉めておこう。寒いのはあまり好きじゃない。
そして青咲の手を掴んだままテーブルの前に移動すると、二つのカップに入った緑茶を見ながら 「緑茶で良かったか」 と尋ねた。 )

>>53

60:望月 柚子 ◆Fk:2014/04/03(木) 00:17 ID:Gx6


へっ………?あ……わ、私見惚れてましたかね……?( 相手を少し見すぎたのかそう言われると、首をかしげてそう問いかけてしまい柔和な微笑みを浮かべられると一瞬ドキッ、としたがそんな事はあまり気にとめないようにしよう。と思いながら何故か深呼吸をしてしまい )

あ……その………私、その怪盗がどうやってお宝を盗みに来るのかちょっとした楽しみで来ちゃったんです……( 目の前の相手が首を傾けて問いかける相手にえへへ、と笑いながらも時計を気にしながら述べると「そろそろ来る時間なのに……怪盗さん…お父さんも張り切ってるからなぁ…来なかったら……」自分の腕時計を見るとそれは怪盗が来る時間ピッタリなのだが中々現れないので溜め息をついて相手の前でそう呟き )

>>58

(/遅くなってしまい、すみません………!
はい、本当にグッジョブです!!!!((
はい、こちらこそ改めて宜しくお願い致します!!)

61:レイリス ◆aM:2014/04/03(木) 00:17 ID:pVY


【うわぁあ!拒否されなくて良かったです…!( 目きらりん← )
 始まりの場所ですか…戦場に出向いていた所でバッタリ、とか
 戦い避ける為に貿易をしようと此方の国に招いた、とかしか思いつきません…((
 初回苦手な故申し訳ありませんがそちらからにしてもらっても宜しいでしょうか?
 さらなる質問なんて全然オッケーですよ、!此方の我が儘な設定ですので嫌になりましたら何時でも言って下さい、!】

>主様 ( >>57

62:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/03(木) 00:36 ID:sd2


え、ええ…緑茶は好きよ。(異性にしかも同年に手を掴まれるのは初めてなので少し驚いて戸惑いながらも左記を言って「…で、生徒会長さんはどうするの?自分の家に帰るの?」と近くにあった椅子に座り緑茶を飲むと、相手に顔を向けて問いかけて

>>59

63:斎条 高人 ◆0.:2014/04/03(木) 00:52 ID:KcQ


ええ、とても。見惚れられていたとは自負していますが。( 私に見惚れいていたことに自覚がないらしい少女が首をかしげるのであれば、私は相反して首を縦に振る。
自分で自分を褒めているようで見惚れていることをいうのは少し気分が悪いが、今は気分が悪いのどうので我儘を言っている場合ではない。
此処まで時間に追い詰められるのは初めてだ。とその原因を作った少女に苛立ちさえ感じながら、止めていた足を再度動かした。 )

…へぇ。それはいけませんね、危険が伴うかもしれないというのに。( 少女は私を見に態々美術館までやってきたらしい。楽しみだなんて言われては、盗むことを失敗するわけにはいかない。
――嗚呼そうだ、いっそ少女と危険な駆け引きをするのも悪くない。取り出した懐中時計で時刻を確認すれば、まだ大丈夫だ。警備員はきっと落ちてきたティーカップとソーサーにビックリし、屋根の上を捜索していることだろう。
懐中時計をしまって、今一度少女と対峙する。少女に勝てばお宝を入手、負ければそのまま檻の中。楽しいゲームじゃないですか。

――失礼、申し遅れました。私、世を騒がす大怪盗で御座います。( 頭に何時ぞや乗せた白いハットを手にとって。優雅に一礼して見せれば、さぁ少女の反応が楽しみだ。)

>>60

64:御巫 ◆0.:2014/04/03(木) 00:58 ID:KcQ


――――

>>61

拒否だなんてそんな!此処は禁断の恋であれば何でも受け入れるところですよ((
ううむ…そうですね、皇子自ら戦場に出向くとはなんたる危険!
ということで、此方としては貿易でそちらの国による方面が好ましいのですが…どうでしょう?
いや、此方のキャラの設定見る限りは戦場で暴れまわっていそうですが((
分かりました。では最初に出会う場所を決め次第ロル打たせていただきますね ≫

65:御巫 ◆0.:2014/04/03(木) 01:01 ID:KcQ


――――

っと…すいません、母親ストッパーが来てしまいました…。
これ以上はどうにも怒られてしまうので、朝方辺りにまた出現しますね。
中途半端な部分で止めてしまい申し訳ございませんでした。
青咲さんはリアルタイムで行ってましたが、流れからしてリアルタイムは難しそうなので春のある日の夜、ということで宜しいでしょうか…?
申し訳ございません、色々強引で。
それでは、お先に失礼いたします。遅くまでお付き合いいただきありがとうございました!ノシ

―――

66:青咲桜雨 ◆9tk:2014/04/03(木) 01:02 ID:sd2


【あ、はい!了解です!自分もここまで起きてたら明日起きれないんで…wでは、私も落ちますね!お相手感謝でした!】

>>65

67:momoka hoge:2014/04/03(木) 01:07 ID:o/c

いてっ!((と叩かれれば「へへー!」なんてにへらと笑って

ありがとっ!((とピタリと泣き止み手に握ったお菓子を見つめて、
頭を撫でられれば微笑んでいて

>>58

68:レイリス ◆aM:2014/04/03(木) 01:07 ID:pVY



【 何て心の優しき方なのかしら、!嬉しすぎて涙腺緩むわっ、…((←
 どちらでも全然オッケーですよーっ、!寧ろそっちの方が安全かと←
 ……皇子らしい振るまい出来るか不安ですけd((
  格好いい感じを想像したらそうなりました((完全私得です、スイマセン…←
 本当に有り難う御座いますーっ、!】


>主様 ( >>64

69:望月 柚子 ◆Fk:2014/04/03(木) 01:08 ID:Gx6





そ、そうだったんですか……!( 問いかけた答えが相手から帰ってくると予想外の返事が帰ってきた模様で流石に恥ずかしかったのか顔を少々赤らめてそう言い「えと……すみません…」ぺこり、とお辞儀をしながら謝罪して。足を動かす目の前の相手に少し不思議だと思いながらそのまま見ているだけで何も言えず )

危険……ですか……?( 自分が相手の問いに答えると、相手が危険、と言うワードを出すので首を傾けて思った事を口に出したが、さっきから相手から何かを思う様に感じたのか少し不思議そうに見ていたが。
取り出した懐中時計で時刻を確認する行動が見えたのであの人もあんな事を言いながら怪盗さんが出てくるのを楽しみにしているんじゃないか、と思いながら口に出そうとすると、相手が白いハットを手にとり優雅にそう言うと案の定驚いてしまい「あ、貴方が……怪盗…さん…?」今気付いたかの様な口振りで言うと警備の人は……と思い後ろを振り替えるも屋根の上に行くぞ、と言う声が聞こえたので警備の人も呼ぶに呼べず緊急事態になってしまい )

>>63

70:クレア・ホロウェイ ◆k.:2014/04/03(木) 01:46 ID:05g


>>55

え…
( 開いた扉の直ぐ側、まるで今にも部屋へ入ろうとしていたかのような位置に誰かが立っていた。それが分かると同時に間の抜けたような声を出し、ゆっくりと視線を上げれば其処に居たのは自分のお気に入りである彼。)

お、はよう、トバイアス。
( 予想外の事態に瞬きを繰り返していると何時もと変わらない様子で挨拶をされる。言葉に詰まりながらもつられるように返事をすれば、漸く自分の置かされている状況を理解した。私の考えていたドッキリは不発に終わってしまったのだ。 )

…それだけ?
( 思い浮かべていたシナリオ通りに事が運ばなかった為か、彼が驚く素振りを見せなかった事が癪だったのか。恐らくそのどちらもであろう。不機嫌そうな声で問いかけじぃっと見つめたかと思えば、微かに頬を膨らましてそっぽを向いてしまい。 )



(/お気になさらず、中世要素が欠片も無いのは此方も同じですから!←
いえいえ、素敵なロル有り難うございます。美味しく頂いておりまs((

プロフも有り難うございます!全然大丈夫ですよ。寧ろ此方の希望ばかり取り入れて頂いて嬉しい限りです…!)

71:レイリス ◆aM:2014/04/06(日) 23:00 ID:pVY


【迷惑かもしれないけど上げとくな、?】


書き込む 最新10 サイトマップ