泡沫の夢【シリアス / 置きレス推奨】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 00:21 ID:dhs



姉から受け取った短剣を捨て、泡になる事を選んだ人魚姫。


彼女の姉たちは海へ投げ入れられた短剣を手に妹の死を嘆き悲しんだ。
やがてその恨みは全て魔女へと向けられ、姉たちは短剣で魔女を殺めた。

しかし魔女は最後の力を振り絞り、己に魔法をかける。次こそは己の愛した人と対等に生きたいと──


魔女も地上の人間に恋をした、哀れな海の女に過ぎなかったのだ。


暫くレス禁
>>2 ルール・注意事項
>>3 世界観
>>4 キャラクター説明
>>5-6 主要キャラpf見本
>>7 主プロフ

2:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 00:24 ID:dhs

( ルール )
T. 荒しなりすまし等迷惑行為は厳禁
U. トリップ、安価必須
V. ロルは100字以上必須(終止形ロル、確定ロル、無駄な記号の使用等禁止)
W. 恋愛は3L可(裏行為禁止)
X. 本体会話では【】、(/)の使用必須
Y. キャラリセは1ヶ月
Z. キープは3日間可能
[. 仮参加不可、プロフ提出必須
\. キャラ同士の喧嘩、多少の戦闘はありですが本体同士は仲良く(死ネタ、過度の暴力禁止)
]. ルールを守れない方、常識のない方は主の判断でキャラリセ等の対処をさせて頂きます


( 注意事項 )
当スレでは一部人数制限をさせて頂きます。また、人数制限のキャラクターは性格や生い立ち等が予め設定されております。苦手な方はご注意下さい。
スレの特性上、中・上級者様向けではありますがルールをきちんと守って頂ければ初心者様も歓迎致します。但しロルやトリップ等の用語の意味が分からない方は此処で聞くのではなく、ご自分で調べてから参加希望するようお願いします。
ロルは100字以上必須ですが、台詞や心情ロル等で字数稼ぎをしていると感じた場合は注意させて頂きます。注意しても直らない場合はキャラリセとなりますのでご注意下さい。

3:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 00:25 ID:dhs

( 世界観 )
人魚姫が泡になってから約100年後の世界。中世ヨーロッパのような雰囲気の国が舞台です。
生まれ変わった人魚姫の登場人物たちを主要キャラとしていますが、人魚は登場しません。
前世での因縁と現世での人間関係との間で苦悩しながらもそれぞれの生き方を見つけていく、というシリアス傾向をメインとします。シリアスな雰囲気になり難い場合はストーリー進行の為のイベント等も考えております。
恋愛は誰として頂いても構いませんが、早すぎる恋愛展開はご遠慮下さい。恋人になる場合は必ず本体様同士で相談し、両者同意の元でお願い致します。


─セラフィナ王国─
海に囲まれた円形状の島国。島の中心に王家の者が住まう城があり、そこから円形上に外へ行くにつれ階層が下がる。貴族、聖職者、軍人、商人、農民等の身分の違いはあるものの貧困層は殆どいない。多くの民は階層関係なく支え合って暮らしているが一部では身分差別や人身売買、奴隷の使用等を行っている者も存在する。建物は白を基調としたものが多く、国の至る所に水路が走っている。


─ストーリー─
王子様を助ける人魚姫の姿を見つけた魔女は、その様子を岩影から眺めていた。そこに1人の青年が現れ魔女に声をかけた。魔女は見られてしまったと焦ったが、青年は目が殆ど見えずその姿をはっきりと確認することは出来なかった。その青年に心を奪われた魔女は己の醜い声を隠すため、声が出せないふりをして毎日浜辺で彼の話を聞くようになる。そうしている内に青年も次第に魔女へ思いを寄せていった。
魔女はどうにかして彼と話をしたいと願うようになった。そんな時、美しい声を持った人魚姫が魔女の元へと現れる。魔女は人魚姫から声を奪い、自分の声を人魚姫のものへと変え青年に会いに行った。しかし、声の出せる魔女を青年は毎日合っていた少女だとは認識できなかったのである。
命が尽きるその瞬間、魔女は己に魔法をかけ祈った。次に生まれる時は海の中でしか生きられない人魚でもなく、魔法を使うことの出来る魔女でもなく、愛した人と共に生きられる人間になりたいと。強い思いによってかけられた魔法は、様々な者を引きずり込む事になった。
そして100年後、再び彼らは出会う。それぞれの思いを抱えた、前とは別の人間として。

4:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 00:28 ID:dhs

( キャラクター説明 )
名前は洋名のみ、容姿はあまりにも奇抜でなければ髪色等はご自由にどうぞ。但しジャージやミニスカート等世界観に合わない服装は禁止です。
また、下記のようなキャラクターや別スレで使用したキャラクターを使い回すといった行為はご遠慮下さい。
過度の美化・低身長・最強設定・完璧設定・人嫌い・気弱キャラ・無口キャラ等


─主要キャラ─
童話「人魚姫」に出てくる登場人物たちの生まれ変わり(一部オリキャラあり)。予め性格や生い立ちが決められていて、空白欄の名前と容姿を埋めて頂く形となります。原型を留めていれば多少の付け加えや一人称、口調等の変更は可能です。基本的に1人1役ですが参加人数が少ない場合は変更の可能性もあります。予約制です。詳しくは>>5-6参照。


─人数無制限キャラ─
主要キャラの前世には全く関係がなく、現世でのみ知り合ったキャラクター。基本的に王族以外であればどんな身分でもOKですが、1つの身分や性別に偏りが出ないようにして頂けると有り難いです。また、特殊能力や悲壮な過去の設定は許可出来ません。予約の必要は御座いません。


─人数無制限キャラpf例─

名前:(洋名のみ)
年齢:(15歳以上)
性別:
身分:
性格:(詳しく)
容姿:(詳しく)
備考:

5:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 00:30 ID:dhs

( 主要キャラpf見本 )
『』は前世の台詞、「」は現世の台詞です。


@『王子様を殺すなんて、出来ないわ』
「大丈夫?怪我は…ないみたいだね」

名前:
年齢:20歳
性別:♂
生まれ変わり:前世は泡になった人魚姫。現世では上流貴族の御曹司。
性格:お人好しで朗らか。前世の性格を受け継いでいるらしく、好奇心旺盛で誰にでも心優しく接するが前世の記憶は全くない。他人を疑ったり妬んだりが苦手で自分より他人を優先させる事多々あり。
容姿:
備考:海が好きでよく浜辺を散歩している。本人も知らないが海と深い関わりがあり、彼の感情が海の状態を大きく左右している。戦いは好きではないが得意。
関係:Aを海で拾い、彼女と接していくにつれて記憶が少しずつ戻り始める。B、Eとは幼馴染み。Dとは海好き仲間。


A『あの人に会いたい。だけど、こんな声じゃ無理ね』
「ごめんなさい。私、貴方を傷つけた」

名前:(主)
年齢:19歳
性別:♀
生まれ変わり:前世は人魚姫から声を奪った魔女。現世では物心ついた頃から奴隷として生きていた。
性格:大人しく自己主張は弱いが意志は強い。元々前世の記憶があり魔女だった時の行いを悔いている。その反動で人を傷つける事を嫌う。奴隷時代は殆ど軟禁状態だった為、少々世間知らずで頭が悪い。
容姿:
備考:人魚姫から奪った声を持っており、小さな能力ではあるが声に癒しの力がある。
関係:奴隷の暮らしから逃げ出してきた時に@と出会い拾われる。Iとは親友。後々、@から記憶についての相談を受け彼が人魚姫だと気づき、罪悪感に苛まれる。


B『探しているんだ、あの日助けてくれた子を』
「俺が、この国を変える。誰ひとり悲しむことなく暮らせる国に」

名前:
年齢:22歳
性別:♂
生まれ変わり:前世は人魚姫に救われた王子。現世でも国の王子。
性格:正義感が強くしっかりしているが、少々我が儘で意地っ張り。国の事を第一に考えており、人身売買等の汚い行いを許せない。前世の記憶は所々あるが今の自分には関係のない事だと割り切っている。
容姿:
備考:デスクワークより体を動かす方が好きらしく、変装をして城を抜け出し町へ行くことも度々。剣の扱いが上手く、少々好戦的。
関係:@、Eとは幼馴染みのような関係。Hの正体を知らないまま彼の表向きの店の常連となっている。


C『王子様、貴方が探していた娘は私ではありません』
「ねえそこの人!林檎、買っていかない?」

名前:
年齢:18歳
性別:♀
生まれ変わり:前世は王子と結婚した娘。現世では町で八百屋を営む平民の娘。
性格:元気で明るく怖いもの知らず。持ち前の人懐っこい性格のおかげで今では市場の看板娘である。喜怒哀楽がはっきりしており、思ったことは直ぐ口に出してしまうタイプ。前世の記憶は全くない。
容姿:
備考:町の裏道や隠し通路等について詳しい。武術が得意で男一人くらいなら余裕で放り投げる事が出来る。
関係:Dとは幼馴染みで弟のように思っている。町で出会ったIに何かと世話を焼いている(振り回している)。


D『どうしてあの子がこんな目に…』
「最近、海が荒れてるんだ。まるで泣いてるみたいに」

名前:
年齢:17歳
性別:♂
生まれ変わり:前世は人魚姫の姉(長女)。人魚姫の死を最も悲しんでいた。現世では漁師の息子。
性格:素直で真っ直ぐな性格。何事にも全力で取り組み、前向きな考え方をする。前世の記憶の中でも特に人魚姫についての記憶を偶に夢で見るが、それが記憶だと気づいていない。
容姿:
備考:海が大好きでよく親の手伝い以外でも海へ行く。海の変化に敏感であり、徐々に海の声を聞くことが出来るようになる。
関係:自分と同じく海好きの@とは良い友達。Cの幼馴染み。

6:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 00:32 ID:dhs

(主要キャラpf見本)

E『あの子は本当に彼の事が好きだったのね』
「今度こそ、幸せになってくれると良いのだけれど…」

名前:
年齢:21歳
性別:♀
生まれ変わり:前世は人魚姫の姉(次女)で人魚姫の唯一の理解者。現世では優秀な神官が多く生まれる家の一人娘。
性格:穏やかで大人びており、何時も一歩引いた所から見守るタイプ。おっとりしており感情の変化は緩やかだが意外に計算高い面も。前世の記憶は全てあり、全員の生まれ変わりについても把握している。
容姿:
備考:幼い頃から占いの才能があり、今では国の行く末を占う神官に任命される程に。しかし、力を悪用されない為に国について占う時以外は一切使わないようにしている。
関係:@、Bとは幼馴染みのような関係で今度こそ@が幸せになる事を願い見守っている。


F『やっぱり、恋なんてしない方が良かったのよ』
「何度教えれば覚えて下さるのですか?さあ、もう一度ですよ」

名前:
年齢:24歳
性別:♂
生まれ変わり:前世は人魚姫の姉(三女)。人魚姫の死によって恋に対して恐れを抱いていた。現世では有名な学者の息子。
性格:冷静で厳しいが忠誠心は人一倍強い。頼まれると断れない性分。一度任された事は徹底的に行うタイプで、意外にも熱血。前世の記憶は全くないが、昔から恋愛に対して臆病らしい。
容姿:
備考:数年前からGの家に仕えている。主に教育係等を任される事が多く、別の家の御子息に勉強を教えに駆り出される事も度々。頭も良いが剣の腕もそこそこ。
関係:Gの教育係。最近はAに勉強を教えに行くことも。


G『私があの子の仇を取る』
「まだ分からないの?貴方が諦めたら何も叶わないのよ」

名前:
年齢:20歳
性別:♀
生まれ変わり:前世は人魚姫の姉(四女)。最も魔女を恨んでいた。現世では下流貴族の娘。
性格:気が強くプライドが高い性格で自分にも他人にも厳しい。言葉はきついが話す内容は筋が通っており、曲がった事が嫌い。元々の頭脳は決して高くはなく典型的な努力家。前世の記憶は所々あるがあまり気にしていない。
容姿:
備考:密かに学者を目指しており努力を惜しまない。護身術程度であれば戦闘も可能。
関係:Fとはお互い憎めない関係。Hの本性を知っており、心底嫌っている。その為A、Iには少々同情的。


H『嘘よ。あの子が死んだなんて、絶対に信じないわ』
「あーあ、もうバレちゃったんだ。つまらないなぁ」

名前:
年齢:22歳
性別:♂
生まれ変わり:前世は人魚姫の姉(五女)。最も人魚姫に執着し、その死を直視出来なかった。現世では裕福な商人の息子として生まれ変わった。
性格:傲慢で執着心が強い歪んだ性格。にこやかな表情とは裏腹にその言動は強引で我が儘。言い方を緩めれば駄々をこねる寂しがり屋な子供。前世の記憶はないが徐々に戻っていく。
容姿:
備考:表向きは武器商人だが裏では人身売買オークションのオーナーも務めている。剣術、武術共に得意であり非常に好戦的。趣味は不思議な力を持った者を奴隷として集めること。
関係:Aの元主人でIの主人。記憶が戻るにつれAが人魚姫だと知り、彼女を取り戻そうとする。後々、Dの力に気付き興味津々に。


I『君は誰?…彼女は声が出せないんだ。君は違うよ』
「_…私、自分が不幸だなんて思った事、一度もない」

名前:
年齢:19歳
性別:♀
生まれ変わり:前世は魔女と恋に落ちた青年。現世では軍人の家の娘。
性格:ぼーっとしている事が多い不思議ちゃん。喜怒哀楽が表情に出難く口数も少なめ。前世の記憶は殆どないが大切な人がいた事のみ覚えている。食べる事と寝る事が好き。
容姿:
備考:水を操る力を持っており、気味悪く思った家族に捨てられ奴隷として生きることに。操れると言ってもマジック程度の力。Aとは違い監禁状態ではないが身分と能力は隠すように言い聞かされている。
関係:Hの奴隷でA、Hに懐いている。町で出会ったCを面白い人間だと思っている。

7:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 00:35 ID:dhs

( 主pf )

A『あの人に会いたい。だけど、こんな声じゃ無理ね』
「ごめんなさい。私、貴方を傷つけた」

名前:リリス・クルーエル
年齢:19歳
性別:♀
生まれ変わり:前世は人魚姫から声を奪った魔女。現世では物心ついた頃から奴隷としていきていた。
性格:大人しく自己主張は弱いが意志は強い。元々前世の記憶があり魔女だった時の行いを悔いている。その反動で人を傷つける事を嫌う。奴隷時代は殆ど軟禁状態だった為、少々世間知らずで頭が悪い。
容姿:臍の辺りまで伸ばされた黒髪は軽い癖のある猫毛で普段は下ろしている。瞳は深い紺色でくりくりとした二重。身長は158p。長らく外に出ていない為肌は不健康とも取れる程白く、お世辞にも肉付きが良いとは言えない。服装は白や青等のエンパイアドレスを着る事が多く、髪にはドレスに合うリボンの髪飾りを付けている。
備考:人魚姫から奪った声を持っており、小さな能力ではあるが声に癒しの力がある。一人称は「私」。二人称は「貴方」、「呼び捨て」等。愛称はリリー。
関係:奴隷の暮らしから逃げ出してきた時に@と出会い拾われる。Iとは親友。後々、@から記憶についての相談を受け彼が人魚姫だと気づき、罪悪感に苛まれる。


(/始まりは@がAを拾った数日後から。関係欄に記入のないキャラは初対面同士、人数無制限キャラ同士は既知設定、初対面設定どちらでもお任せ致します。
此処まで長々と読んで頂き、有り難うございました。質問ご意見も随時受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!)

レス解禁

8: 参加希望 。  ◆A2:2014/04/04(金) 00:44 ID:u9s



( / これはもしや相談スレで仰っていたスレでは…!?

  とうとう出来上がったのですね、是非参加させて下さいっ!
  7のkeepをお願いしたいのですが、構いませんか? )


 

9: ◆tA:2014/04/04(金) 00:48 ID:pVY


【 素敵スレ発見、…!
 8keepしてもらっても宜しいてしょうか、? 】

10:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 00:51 ID:dhs


>>8

(/参加希望有り難うございます…!!

御名答です、漸く出来上がりました!
7keep承りました。pfお待ちしておりますね!)

11:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 00:55 ID:dhs


>>9

(/有り難うございます。そう言って頂けて嬉しい限りです!
8keep承りました!pfお待ちしております。)

12:参加希望 ◆76:2014/04/04(金) 00:58 ID:0lQ

【素敵スレ発見したぐふふ←
5予約したいです!!】

>>スレ主様

13:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 01:02 ID:dhs


>>12

(/参加希望有り難うございます!
素敵だなんて…むふふ((

5keep承りました。pfお待ちしております!)

14:参加希望 ◆Ug:2014/04/04(金) 01:10 ID:QIY

[4keepいいですか?]

15:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 01:15 ID:dhs


>>14

(/参加希望有り難うございます。
4keep承りました!pfお待ちしております。)

16:リリス・クルーエル A/主 ◆k.:2014/04/04(金) 09:54 ID:dhs


あ、あれ?此処さっきも通ったのに…
( 数日前に案内して貰った町を探索する為1人で屋敷を出てきた所までは良かったものの、未だ見慣れない風景に目を奪われ道を確認する事も忘れて歩くこと数分。既に己にはどの道も同じにしか見えなくなっており、不安げに眉を下げキョロキョロと辺りを見渡しては見覚えのある家を見つけ首を傾げて。平民の家が並ぶこの町では似通ったデザインの建物が多い為同じに見えているその家も実は先程見たものとは別であるが、そんな事を知る由もなく困り果てた様子で遂に足を止めて )


(/募集上げついでに絡み文投下しておきます!
人数制限ありのキャラクターで参加許可が出た方は名前の横に番号を表記するようお願いします!記入漏れ申し訳ありません;)

17: ◆AY:2014/04/04(金) 13:34 ID:QBg

《はじめまして!ステキ過ぎ世界観に一目惚れしちゃいました
宜しければ10の娘さん予約させてください!》
>>スレ主様

18:主。 ◆k.:2014/04/04(金) 14:19 ID:dhs


>>17

(/はじめまして!お褒め頂き光栄です…!!
参加希望有り難うございます。10の予約承りました!pfお待ちしておりますね。)

19: 参加希望 。  ◆A2:2014/04/05(土) 20:59 ID:u9s




F


『やっぱり、恋なんてしない方が良かったのよ』
「何度教えれば覚えて下さるんですか?さあ、もう一度ですよ」


名前:ユリウス=ヴィリエ
年齢:24歳
性別:♂

生まれ変わり:前世は人魚姫の姉(三女)。人魚姫の死によって恋に対して恐れを抱いていた。現世では有名な学者の息子。

性格:冷静で厳しく口下手なのか毒舌だが忠誠心は人一倍強い。頼まれると断れない性分。一度任された事は徹底的に行うタイプで、意外にも熱血。前世の記憶は全くないが、昔から恋愛に対して臆病らしい。

容姿:身長186糎と長身であり華奢。 前世の名残であるふわふわした焦げ栗色の髪は首筋より少し上ぐらいまで。 左耳朶に十字架のピアス。 仕事中は基本フレーム大きめな縁の細い眼鏡を着用している。
   立襟タイプのジャボ付き白ブラウスに臙脂のショートコート、コートと同色のリーデンロングパンツ。茶色のショートブーツは長期間使い続けているせいか薄らと汚れが見られる。基本白手袋はいつでも着用。

備考:一人称はボクや俺など適当に使い分け、二人称は名前に"さん"付け、または呼び捨てなど。基本誰に対しても敬語を使用。
   数年前からGの家に仕えている。主に教育係等を任される事が多く、別の家の御子息に勉強を教えに駆り出される事も度々。頭も良いが剣の腕もそこそこ。

関係:Gの教育係。最近はAに勉強を教えに行くことも。
 



( / >>8の者です、!取り敢えず想像で書いてみましたが、中世の服装ってこんなもので宜しかったでしょうか…?
  その他も不備等あればなんなりと宜しくお願い致します、! )



 

20:主。 ◆k.:2014/04/05(土) 22:03 ID:yP2


>>19

(/pf提出有り難うございます。服装は中世の雰囲気からあまりにも外れていなければ基本的にどんな物でも構いませんよ!私もあまり詳しくないので←
不備は御座いませんので宜しければ絡み文投下お願いします!)
  

21: ◆AY:2014/04/06(日) 11:55 ID:QBg

I『君は誰?…彼女は声が出せないんだ。君は違うよ』
「_…私、自分が不幸だなんて思った事、一度もない」

名前: アプサラス
年齢:19歳
性別:♀
生まれ変わり:前世は魔女と恋に落ちた青年。現世では軍人の家の娘として生まれたが…。
性格:ぼーっとしている事が多い不思議ちゃん。喜怒哀楽が表情に出難く口数も少なめ。前世の記憶は殆どないが大切な人がいた事のみ覚えている。食べる事と寝る事、あと踊ることが好き。
容姿: 淡い水色の髪で肩につくくらいのショートボブ、後ろの髪を直接蝶結びにした変わった髪型。結び目を触られると超痛いらしい、蝶だけに。瞳は琥珀色、普段はたれ目でなんか眠そう。身長は155cm、年齢より幾分幼そうな顔立ち。よく食べよく寝てよく遊んでるためか、いたって健康体。白いワンピースの上にイルカの意匠が施された舶来品のベールを纏い、サンダルを履いている。おおよそ奴隷らしくない装いだが一応、主人の名前が刻まれた鉄製の足枷をはめさせられている。
備考:水を操る力を持っており、気味悪く思った家族に捨てられ奴隷として生きることに。操れると言ってもマジック程度の力。Aとは違い監禁状態ではないが身分と能力は隠すように言い聞かされている。 ちなみに名前は今の主人につけられたもの。愛称はサラス。
関係:Hの奴隷でA、Hに懐いている。町で出会ったCを面白い人間だと思っている。

>>17のものです、うーん…H様に懐いているってことは奴隷だけどそんなに酷い扱いは受けてないのかな?とか色々妄想した結果こんな子になっちゃいました…、不備等あればなんなりとぉ(←》

22:主。 ◆k.:2014/04/06(日) 12:43 ID:yP2


>>21

(pf提出有り難うございます!不覚にも蝶の件で笑ってしまいました←
そうですね、Hは奴隷としてこき使っているというよりコレクションとして集めて側に置いている感じだと思って頂ければ…
不備は御座いませんので宜しければ絡み文投下お願いします!)

23: ◆tA:2014/04/06(日) 23:41 ID:pVY


 『私があの子の仇を取る』
 「まだ分からないの?貴方が諦めたら何も叶わないのよ」


名前 ルシア=イリアス
年齢 20歳
性別 ♀

生まれ変わり 前世は人魚姫の姉(四女)。最も魔女を恨んでいた。現世では下流貴族の娘。

性格 気が強くプライドが高い性格で自分にも他人にも厳しい。寂しがり屋だが無自覚。言葉はきついが話す内容は筋が通っており、曲がった事が嫌い。元々の頭脳は決して高くはなく典型的な努力家。前世の記憶は所々あるがあまり気にしていない。

容姿 亜麻色の髪は肩よりも下位まで伸びておりストレート。瞳は二重で僅かに垂れ目がちの群青色。顔立ちは至って普通であるも何処か幼い雰囲気を漂わせている。貰い物の十字架のネックレス付けている。服装はドレス等多いも家の中ではラフな服装は多く、親の好み故に自身の好みとはかけ離れているらしい。身長154糎であり小柄で華奢。その為か胸囲つるぺt((←

備考 密かに学者を目指しており努力を惜しまない。護身術程度であれば戦闘も可能。

関係 7とはお互いに憎めない関係。9の本性を知っており、心底嫌っている。その為2、10には少々同情的。


>>9です、!中世ヨーロッパに関して知識非常に薄いですが不備等あればなんなりと、!】

24: ◆Fk:2014/04/06(日) 23:56 ID:Gx6


[面白そうなスレ発見です……!6keepさせてもらってもよろしいでしょうか…?]

25:主。 ◆k.:2014/04/07(月) 00:05 ID:oZ6


>>23

(/pf提出有り難うございます。大丈夫ですよ、主も中世ヨーロッパに関しての知識は皆無に等しいですから!←
不備御座いませんので宜しければ絡み文投下お願いします。)


>>24

(/参加希望有り難うございます!Ekeep承りました。pfお待ちしておりますね。)
 

26:主。 ◆k.:2014/04/07(月) 00:05 ID:oZ6


>>23

(/pf提出有り難うございます。大丈夫ですよ、主も中世ヨーロッパに関しての知識は皆無に等しいですから!←
不備御座いませんので宜しければ絡み文投下お願いします。)


>>24

(/参加希望有り難うございます!Ekeep承りました。pfお待ちしておりますね。)
 

27:主。 ◆k.:2014/04/07(月) 00:15 ID:oZ6


( 主要キャラクター )
@ 募集中
A >>7 リリス=クルーエル / 主
B 募集中
C >>14様keep
D >>12様keep
E >>24様keep
F >>19 ユリウス=ヴィリエ
G >>23 ルシア=イリアス
H 募集中
I >>21 アプサラス


(/現在の参加者様、keep状況一覧です!万が一抜けている方がいらっしゃいましたらご指摘下さい。
>>26が何故か連投になってしまいました;申し訳ないです…
>>12様と>>14様は明日中にpf提出して頂けなかった場合keep解除となります。)
 

28:主。 ◆k.:2014/04/07(月) 00:24 ID:oZ6


(/>>27にミスがありました。既に日付が変わっておりますので、keep解除となるお二人のpf提出期限は明日中ではなく今日迄の間違いです。)

29:主。 ◆k.:2014/04/11(金) 00:10 ID:OwA


(/上げておきます)
 

30: ユリウス=ヴィリエ / F  ◆A2:2014/04/11(金) 02:09 ID:xEI




( / 遅くなってしまってすいません;改めまして参加許可有難うございます。
 見たところ未だ人があまり居られないようなので自分の絡み文は投下せず主様のものに絡ませて頂きますね、! )



>>16 クルーエルさん


 …、
( 今日もいつも通りに勤めを終えイリアス家の屋敷から辿る家路の途中の行き付けの店に寄り夕食の材料となるもの揃えつつ研究漬けになっているのであろう父に早く食事をさせなければと急ぎ足に店を出て。そこで道行くものとは何処となく違う雰囲気醸し辺りを見回す相手に気づけば何処かで見たことのあるような顔だと緩く首傾げ相手をじっと観察しており少ししてやっと相手が最近また教育を任されることになった娘であることに気づき迷子にでもなっているのだろうと大凡の予想つけつつ紙袋抱えつつ相手に近づいて行き「…こんなところで何をしていますか、」と溜息交じりに話し掛けて )



 

31:リリス・クルーエル A/主 ◆k.:2014/04/11(金) 19:19 ID:wCM


>>30 ユリウスさん

(/絡み有り難うございます!元々置きレス推奨スレですから遅くなるのは全然構いませんよ^^ 気長にお待ちしておりますので。
洋名設定なので此方は馴れ馴れしくも名前呼びにさせて頂きましたが大丈夫でしょうか…?)


ユリウスさん…!
(先程まで周りには人が居なかった筈の場所から突然聞こえた声に驚き、軽く肩を跳ねさせては恐る恐る声の発生源の方向へと顔を向け其処にいたのが見知った人物である事を確認すると助かったと言いたげに目を輝かせ困惑から強張っていた表情を和らげて。
「えと、実は道に迷ってしまって、」知り合いに声をかけて貰えた事で心細さからは解放されるも冷静に思考を巡らせれば、出会って少ししか経っておらずその上紙袋を持っている事から用事があるのではないかと推測出来る相手にこのまま頼ってしまって良いものかと考えてしまうと、徐々に声は小さくなり視線も行き場を失ったかの如く伏し目がちになりながらさまよわせていて)
  

32:ルシア=イリアス ◆tA:2014/04/12(土) 01:58 ID:pVY


【絡み文置いとくので絡んで下さると嬉しいです…!】

……どうしようかしら、届かないわ…
( 本買おうと勝手に一人で出歩いてしまえば辺り見回しつつ本選んでおり、欲しい物見付ければ背伸びしつつ手伸ばすも当然乍届く事なく僅かに溜め息吐いては上記呟くも他人に頼れる筈無く諦めようと去ろうとしていて。 )


>ALL

33:ルシア=イリアス / 8 ◆tA:2014/04/12(土) 02:04 ID:pVY


【ハンネに番号付けて無くてすいません…!忘れてました…((←】

>>32

34:リリス=クルーエル A/主 ◆k.:2014/04/12(土) 08:52 ID:wCM


>>32 ルシアさん

(/絡ませて頂きますね!番号は此方の記載漏れですから大丈夫です。お手数をおかけして申し訳ないです;)


_わ、ごめんなさい!
(屋敷を一人出て町を歩いていると書店が目に留まりその前で思わず立ち止まり。拾われてから数日間勉強なるものに励んできた甲斐あって漸く文字を理解する事が出来るようになっていた為、壁にびっしりと本が並ぶ光景は最早己にとって知識欲を擽る魅力的なものにしか思えず引き寄せられるように中へ入って。未だ難しい本は読めない事などすっかり忘れて目を輝かせ乍本を眺め前方を確認することもせずにふらふらと歩いていれば不意に己の隣から声が聞こえて我に返り、ぱっとそちらを向いてはぶつかっても居ないのに反射的に頭を下げ謝罪の言葉をかけて)
 

35:ルシア=イリアス/ 8 ◆tA:2014/04/13(日) 22:43 ID:pVY


え、……?別に、貴方は何もやっていないのだから、謝らなくても良いのよ…?
( どうしようか悩んでいたも突然隣から聞こえてきた謝罪に思わずそちらに顔向け、頭を下げている相手に初対面な為か優しく上記述べ乍僅かにオロオロとしては「ね、?」だなんて。自身の声で我に返った相手ふと思い出しては文学に興味有るのかと考え、「貴方、…此処に来るの初めて…?」なんて首緩く傾け乍問い掛けて。 )

>>34 リリスさん

36:リリス=クルーエル A/主 ◆k.:2014/04/14(月) 21:49 ID:9v2


>>35 ルシアさん

あ、そ、そうですよね。ごめんなさい…
(優しげな声で諭されれば自分の言動が今更ながらに恥ずかしく思えてきたらしく、微かに頬染め相手と同様に少々狼狽えては言い聞かされた所であるにも関わらず再び謝罪を述べ。質問を投げかけられた途端に表情明るくさせこくこくと数回頷いて見せては「はい、此処は素敵な場所ですね…!」なんて感動示すかの如く目を輝かせていて)
 
 

37: ユリウス=ヴィリエ / F  ◆A2:2014/04/14(月) 23:04 ID:H1.





>>31 リリスさん

( / 有難うございます、!
 全然大丈夫ですよ!では此方も親しみを込めて便乗させて頂いても構いませんでしょうか…!? )


そんなことだろうとは思ってましたよ。アナタの屋敷からかなり遠出しているようですし

( 自身の予想通り相手が迷い子であるということに確証持てばひとつ溜息吐き小さく頷いて何所か嫌味交じりにじとりと相手見詰め、その後何か思い出したように顎に手を当て緩く首傾げては「屋敷の者に街を案内させたと聞きましたが…単なる噂だったようですね、」なんて更に追い打ち掛けるように呟き意図的な言動なのかシニカルな笑みを口許に薄らと浮かべて / 謝ぁぁぁぁ、!(
迷っている相手見つけ話しかけてしまった以上屋敷まで送り届けるのが務めだと考えるも手元に抱えた食材に視線やればこういう時に限って其れは重いもので、此れを抱えた儘少し距離のある相手の屋敷まで歩くのは拷問だと感じ暫く考えた後「…一度僕の自宅に戻ってからなら、"安全に"屋敷まで送り届けますが」なんて妙に"安全に"という単語強調しながらどうするかというように小首傾げ相手見詰めて )




>>32 ルシアさん

( / 遅くなってしまいましたが、絡ませて頂きますね! )


( 相手の屋敷へ向かう途中でふと本屋の看板に目が留まれば、そういえば現在使用している教書が終わり間近だということ思い出し買ってから向かっても遅くはないと躊躇いはなく本屋の扉開け。何度か来たことのある場所な為に大体の本の位置は把握しており迷い無く教書の置いてあるコーナーへ辿り着き適当に何冊か手に取れば会計へ向かおうとするも、その途中で相手の姿見つければ足を止め学習時間迫っているというのに何故此処に居るのかという疑問抱えつつ近づいて行って。
そして相手が高い場所にある本に手を伸ばしていること気づけば助けることも無くその様子斜め後ろから観察しており、諦めかけたところで仕方ないというように溜息吐き自身にとってはそう高くない位置にあるその本手に取り相手に差し出し乍口許だけ僅かに笑み作り下記述べ )

…こんな時間に、何をしてるんですか?




 

38:ルシア=イリアス / 8 ◆tA:2014/04/15(火) 01:00 ID:pVY


ん、……誰かに教えて貰っているの…?
( 途端に表情明るくさせる相手に僅か乍安堵の表情浮かべるも文学知識持っている者多くない為か思わず上記問い掛けてしまい。「そうね、私も数回しか来た事が無いのだけれど、とても良い所だものね…」なんて相手の発言に肯定するように述べては先程届かなかった本の存在ふと思いだし、近くにいた為か欲しかった本指差しては「一つ聞きたいのだけれど…あの本、取れるかしら…?」なんて首緩く傾け乍問い掛けて。 )


>>36 リリスさん


ッ、__!ユリウス、…さん…
( どうしようかと考えている間に本取られては思わず振り返り、予想外の相手に思わず名前呟くように述べるもハッとしては無理矢理さん付けをして。差し出された本受け取っては相手見上げつつ御礼述べ、問い掛けに書き置き残しておいたものの無断で出てきた為か僅かに気まずそうな表情浮かべ、「本が欲しかったから来ただけよ、…時間には遅刻せず家に着けるわ…」なんて述べては目線僅かに逸らすも時間迫っている中相手此処に居る事に疑問持てば下記問い掛けて。 )

……貴方こそ、此処で何してるのよ、?


>>37 ユリウスさん

39:リリス=クルーエル A/主 ◆k.:2014/04/17(木) 12:09 ID:Yg.



>>37 ユリウスさん

( /そう言って頂けて良かったです。
どうぞどうぞ、是非便乗してやって下さい!← )


あ、違います!お屋敷の人は一度案内して下さったんですけど、私が方向音痴なのに1人で出てきてしまって…
( 相手の言葉から己の状況は尋ねるまでもなく予想されていた事が分かり、返す言葉もなく苦笑い浮かべていればお世話になっているお屋敷の人に疑いが向けられ慌てて両手を振って弁解していると自分自身が発した言葉で改めて反省したのかしゅん、とうなだれ )

ほ、本当ですか?是非お願いします…!
( 一度相手の自宅へ帰ってからであれば道案内をしてくれると申し出る相手に漸く救いが見いだせたようで、まるで神でも拝むかのように両手を組みきらきらと輝かせた視線向け大袈裟とも言える程深々と頭を下げ。上げた顔には思わず笑みが浮かび、安心したと同時に相手の様子を確認出来る余裕が戻ってきたらしくその腕に抱えられた荷物を見つめては「あの、良かったら何か持ちましょうか…?」なんておずおずと控えめではあるものの、手を小さく広げ手伝いを申し出て )



>>38 ルシアさん


はい、ユリウス=ヴィリエさんという方に…ご存知ですか?
( 相手の質問に己に勉学を教えてくれる事になった人物から先日教えて貰った名前を口に出しながらも、その風貌から考えれば恐らく貴族以上の階級であろう相手であれば知っているかもしれないと考え首を傾けて。不意に1つの本を示され其れを見上げ一度手を伸ばしてみるも、相手とそう変わらない身長しかない自分にも其処には届かず申し訳なさそうに手を下げ自分では力になれない事を述べようと視線を本棚から下げると相手の向こう側に木製の台らしき物が目に映り「あ、あれを使うのはどうでしょう…?」と其方を指さし提案してみて )

 

40:主。◆k.:2014/05/12(月) 07:48 ID:KSg



久しぶりに上げてみます


 

41:主。◆k.:2014/06/08(日) 17:41 ID:New





(!)お知らせ


( /参加者の皆様、お久しぶりです。
この度、此処とは別の場所でこのスレのリメイク版のようなものを作ることに致しました。その際、参加者様の考えた名前等をそのまま使うということは致しませんのでご安心下さい。
もし、どこかでまた同じようなスレを見つけられてもパクリ等では御座いませんので、温かい目で見守って頂ければ幸いです。そして参加して頂ければ主は歓喜しまs(( 殴


このスレはこれにて終了とさせて頂きますので、これ以降のロルの遣り取りはご遠慮下さい。短い間ではありましたが、こんなにも主の趣味丸出しなスレに参加して頂き本当に有り難うございました! )



 
 


書き込む 最新10 サイトマップ