【 ファンタジー 】 The world of the magic ! 【 置きレス推奨 】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 00:06 ID:UNc




此処は、世界の裏の裏側にきっとある異世界 .


その扉が開く時、貴方は一歩踏み出しますか ? .


>>2:ルール
>>3:世界観
>>4:募集キャラ
>>5:PF届の書き方

2: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 00:14 ID:IWo





観覧感謝です、!

基本はゆるーく進行して行きたいと思いますが、いくつか規約を…。


†安価、ロール必須。
特にロールは40文字以上を推奨。行動が解るよう書いて下れば大丈夫です!

†一人一役です。

†3L可能。百合薔薇バッチ恋です( にこっ/ )
但し、行き過ぎ、特定の相手にしか絡まない等はやめてください。

†皆仲良く!( 笑.



どれも基本的な事ばかりなので大丈夫だと思います。
それでは、ルールを呼んだ証として、PF提出の際に何処かに「Fantasia!」とご記入下さいな!

3: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 00:21 ID:OMY




舞台は世界の裏の裏側にある、魔法の世界。

魔法使い様と狼人間さんが共存しており、時に契約を結んでみたり、時に対立してみたり。



案外自由にやっているみたいです。



( /やべ、世界観の説明そんなに書けないぞ…、 )



と、とにかくファンタジーでアンティークな世界だと思ってやって下さいな、!(

4: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 00:40 ID:KAg




とはいえ、人数制限を掛けている訳ではありません、!



◆魔法使い様◆
其の名の通り魔法使い。
狼人間さんを使い魔にする事が出来る主人。ヒエラルキー高い。すごい。
使える魔法の属性は下記の通りで、ひとつだけ。

† 氷 炎 花 風 空 †

ざっくりと書いたので、詳しい内容は自分でどうぞ、!

(例:風を選ぶなら、嵐を巻き起こす程度…とか、)
被り有です、!
故に最強設定はやめて下さいね。


◆狼人間さん◆
狼の耳と尻尾を持つ人間さん。もふもふ。
魔法は使えないが、身体能力はずば抜けている。すごい。また、人間と狼の姿を自由に変えることが出来る。

自由気ままにしているのも良いが、魔法使い様の使い魔になる「契約」をすると、主人の魔法を一部使う事が出来る様になるよ、!



※使い魔の契約が出来るのは、魔法使い様一人につき狼人間さん一匹までです、!

5: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 00:47 ID:VRE




◆魔法使い様のPF◆

名前:( 名字有の洋名 )
年齢:( 16〜30程度推奨 )
性別:
性格: (性格、容姿は共に
容姿: 詳しくお願いします。 )
属性:( 使える魔法の説明もご記入下さい、 )
備考:



◆狼人間さんのPF◆

名前:( 名字無の洋名 )
年齢:( 〜1000歳程度まで無制限.笑 )
性別:
性格: ( 性格、容姿は共に
容姿: 詳しくお願いします。 )
備考:




私は狼人間さんをやらせて頂きます、。
それではスタート、!

6:◆tA:2014/06/01(日) 01:06 ID:cfs



【 これって、あの例のスレですよn((/←
 基本休日祝日位しか来れませんが良ければ魔法使いで参加して良いでしょうか…?
あ、♂も魔法使い出来ますよね、…? 】

7: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 01:20 ID:QvQ




(/そうです、例の.笑

私も平日は夜しか来れない様な状況なので、まったり行きましょう^^*

勿論です、!男魔法使い様大歓迎ですよー! )

>>6

8:匿名さん:2014/06/01(日) 01:20 ID:d9g

名前: アディス・リアナ

年齢: 16歳

性別: 女

性格: 常に明るく、周りを引っ張って行くような目立つ存在。
少し恥ずかしがり屋な部分もあれば、目立ちたい、という積極的な部分もあったりする。
喜怒哀楽が激しく、いつも色々な表情をしていたり((
でも、人間としてとてねも優しく、人に気遣いが出来る。
魔法使いとしては新米だが、魔力は普通より少し強い位。
魔法としては、防御より攻撃を優先し、グイグイいく(((


容姿:赤混じりのオレンジ色の髪の毛をポニーテールに縛っている。
瞳の色は、透き通っていてとても綺麗な薄茶色。
服装は、短めのピンクと黒のレース柄のマントをつけている。
中は、黒いフリルが付いたワンピースをきていて、靴は茶色いブーツ。
身長は154cm、体重は39kg。

備考:服装としては魔法使いというより魔女っぽい((
小さい頃に両親を無くし、今は一人。

【参加希望です、!】

9: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 01:23 ID:tzs




(/可愛らしい魔法使い様の参加、ありがとうございます!
ですが、>>2のルールをよくお読みになってみて下さい、!;
それと、>>4にある魔法の属性をお選び下さいませ〜^^* )

>>8

10: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 01:35 ID:cYg




名前: ティティ
年齢: 253歳、
性別: 男
性格: 明るく自由気ままで非常に楽天的。基本的に考え方が単純で幼く幼稚。一言で言えばバカ。それ故か、きっと魔法使い様と契約を結んでも忠誠を誓った様な態度にはならないのだろう。じゅ、純粋とも言えるのかもしれない。体力バカなので有り余る体力でひたすら他人を振り回す迷惑な狼さん。
容姿: 明るい金色の大きな狼の耳と尻尾に、耳と同じ色のハネ気味の髪。後ろ髪が少し長いらしく雀の尻尾の様に一つで結っている。童顔気味の顔立ちで、瞳の色は月の色。服装はまるで布の様な白いシャツにグレーのハーフパンツ、そして裸足。非常に野性的である。身長は164cmとやや小さめで、狼というより犬である。(/
備考: とても自由である。主人はそこまで執着していないが、魔法には少し憧れがあるらしい。



(/寝落ちする前にとりあえず私のPFを…、

11:◆wg:2014/06/01(日) 07:57 ID:x9M



名前 リルギナ
年齢 206歳
性別 ♀
性格 基本冷静かつ無表情でずる賢い。ものの、のみこみがはやく知的。人柄の好き嫌いが激しく、主に怠けているものや、異常に明るすぎる者が苦手であり、近寄りがたい存在。人を見分けるめがあるため、認めた魔法使いには忠実であり命をかけて守る程、同じ種族の者にも信頼を寄せている。ずる賢いため色々な手口はやりなれている様子。タイミングを見計らい、攻撃したり他の自分を偽るなどやられる側からしては余計な知識も多く詰まっている。毒舌家な一面も度々見られるが、その挑発に乗ってしまうとヒートアップし、はてには本勝負。
容姿 灰色に所々紺が混ざった色の耳と尾に、紺色の髪。ストレートロングで辺りまでの長さ。前髪は顔の輪郭までの長さで左右に流している。二重のつり目で瞳は紅色。
赤黒い血のあとと左腕のところに切り込みが入った(爪で裂かれたあとがついた)灰色のインナー。短い(太股上部)ダメージジーンズ着用。腰に紺色の薄いパーカーを巻き付けている。
少し高めの背丈。
備考 一人称『私』『俺』二人称『貴様』『お前』『<名前>』…等
群れを作りたがらない一匹狼。

【参加希望です。】

12:◆Ew:2014/06/01(日) 08:01 ID:x9M

>>11 

『Fantasia!』

13: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 08:32 ID:ubU




(/わああ、素敵な狼さんの参加ありがとうございます!
合言葉もばっちりです(*^^*)

それでは、絡み文投下をお願いします! )


>>11-12

14:リルギナ◆Ew:2014/06/01(日) 08:49 ID:x9M


【『素敵』だとは…恐縮です…((汗】
>>13 主様


…((目を細め草木生い茂る森の中うろついてい、辺りを警戒しているのかゆっくりと足を進めながらも睨みきかしており。一本の大きな気の回りぐるぐるまわれば上を見上げ、一番したの枝に飛びのり深いため息つけば寝そべって。
>all

15: ティティ ◆wg:2014/06/01(日) 09:01 ID:VRE




(/いえいえ、本当に素敵ですよ、
絡ませて頂きますね、!)

うー……よく寝たー…、あ、!

( 森の中、木の下でぐうぐうと昼寝をしていた様で。ぱちんと鼻提灯が割れて起き、大きく伸びをしながら辺りを見渡すと、何処からか木の葉の擦れる音がして。誰かいるのだろうか、暇をもて余していた彼は構ってもらう気満々で。音のした木方向まで走ると、上にいる狼さんを見上げ、手をぶんぶん振りながら「 おーい!何してるのー! 」と叫んで。 )

>>14:リルギナ

16:匿名さん:2014/06/01(日) 09:25 ID:cTE

名前: リリアン・アリス
年齢: 16歳。
性別: ♀
性格: 大人しめであまり人にぎゃーぎゃーいくタイプではなく1人で空を見ていることの方が多い。しかし多人数でいるのが嫌いと言うわけではなく、話しかけられれば笑顔で話す。優しい笑顔を多く見せにこにこしている。怒るところは誰にも見たことがなくなにを考えているか分からない少し謎が多い少女。ふわふわとしていてドジな面もあるが時には凄く真面目な顔を見せることも…。
容姿: 黒い長く伸ばした髪の毛を緩く巻いており目はパッチリと大きく何処か幼い少女を感じさせるような顔立ち。身長は147cmと低く、陶器のように透き通る白い肌にピンク色の頬。細身のスタイル。
白を好み、よく着ている。しかしフリルが付いたものは着用せず、魔法使いではなく妖精のよう。
属性: 花の魔法使い。周りをお花畑にしたり枯れた花を元に戻したり、それと同様人間も落ち込んでいればその人を和ませたりすることができる。
備考: 一人称 私 二人称 名前さん、貴方
fantasia

【不備はございますでしょうか?】

17:リルギナ◆Ew:2014/06/01(日) 09:51 ID:x9M


チッ…
((眠りにつこうとしていたところ、邪魔をされたために小さく舌打ちすれば上半身起こして相手に鋭い睨みきかせて。うるさい奴だと内心思いながらも再びうつぶせに寝そべれば深いため息もらし『うるさい。貴邪魔をするな…。』眉間にしわよせてぎちぎちと歯ぎしりのおとたてれば唸るようにどす黒い声で相手にいい放ち。瞼閉じて寝る体制つくるも、わざと人がいない静かなところを選んだために相手がいると気が散るようで片方の目だけ開ければ相手見『失せろ。』等と口に出して。
>>15

18: Fantasia . ◆wg:2014/06/01(日) 09:52 ID:OMY




(/かわいい魔法使い様の参加ありがとうございます!
合言葉もばっちりです^^*

それでは、絡み文投下をお願いします、! )


>>16

19:リリアン・アリス:2014/06/01(日) 10:13 ID:YEg

【ありがとうございます!可愛くは無いです!】

……。
(なにを考えているのかぼうっとしたような表情で歩いていて、ふと花壇を見つければちょこちょこと近寄って行き綺麗…。と少しため息交じりに呟けばお気に入りの紺色の鞄から白いカメラを取り出し、写真を撮ろうとシャッターを切り。暫くすれば花壇の近くにある、ベンチに腰掛けなにやら空を見上げていて)
→all様

20:ティティ ◆wg:2014/06/01(日) 14:45 ID:tzs




え、ええー……、
なんでだよー!?、

( なんとなく不機嫌気味にある相手に、自覚が無い様で困った様にこてりと首を傾げ。そして何を思ったか相手の居る木の上まで登るとまじまじと相手見やり。するとようやく相手は休暇を取ろうとしていたらしい事を理解して、「あ、もしかして邪魔しちゃった?」と訊ね。 )

>>17:リルギナ



何してんのーっ?

( 暇をもて余し、其処らをふらふらと放浪していると綺麗な花壇にたどり着き。狼と言えど美的感覚はあるらしく、その光景にうっとりと見とれていると彼方に相手を見つけ。何をしているんだろうと相手を目で追う内に、撮ったカメラの内容が気になった様で、ぽてぽてと尻尾を振りながら近付くと相手の座るベンチの後ろから話し掛けて。 )

>>19:リリアン

21:リルギナ◆Ew:2014/06/01(日) 15:09 ID:xxE


うるさい!黙れ!
((相手の声耳に入れば冷静さ保ってた先程とは一変し大きな声で相手に上記怒鳴り付ければ再び睨み。登ってきた相手見れば起き上がり心底怒ったような顔で相手見れば低い唸り声あげて身を縮め。訪ねられれば『ああ…さっきから邪魔するなと言っていたが…。』眉間にしわよせて細い目で相手見『ふんっ、早くしないとここから蹴り落とすぞ…。』喧嘩する気満々なのか腕組み始め。
>>20


チッ…
((花の近くを音たててとぶ蜂をお構い無く退けてずかずかと歩いていれば集団となって仕返しに来たために花壇近くの木の下で蜜蜂と格闘してい。自分と対格差のありすぎる蜂を仕留めるのは難しいようでごろごろと地に寝そべり必死に蜂を追い払おうとしていて。ふと花壇に目をやればベンチに座る相手がいたためチャンスだと思ったのか起き上がり、スピード加速させて相手に近づき助け求めるように相手のまわりぐるぐるまわって。
>>19

22: ティティ ◆wg:2014/06/01(日) 16:37 ID:tzs




ちょ、わああ、!
蹴り落とさないで、!

( 相手の喧嘩腰な態度に慌てて驚いた様に声を上げて。必死に否定を意味しようと、両手を大袈裟にぶんぶんと大きく振って。
そういえば相手は寝ようとしていたな、とふと思い出すと、とっておきを思い付いた様に「そうだ、此処より昼寝にとっておきの場所があるんだ!」と相手の腕を持つとぴょん、と木から飛び降りて走り出して。/ )

>>21:リルギナ

23:リルギナ◆Ew:2014/06/01(日) 16:48 ID:xxE


っ…お、おいっ…!
((相手の発言に余計な御世話だ。などと呆れきらしつつ欠伸していれば相手が自分の腕持って急に地で走り出したためについて行けず声荒くしながら上記述べ。荒い呼吸で息切らしつつ『急に、…走り出すとは…どういうことだ…。私は、寝る体制だった、んだぞ!?』などと眉間にしわよせ走りながら辛そうな顔浮かべつつも相変わらず皮肉を途切れ途切れに口に出し。
>>22

24:ティティ ◆wg:2014/06/01(日) 17:11 ID:qb6




細かい事は気にしないでっ、!

( パッと後ろを振り返ると、相手に笑顔で上記を答えて。そして、「君も狼さんだ、これぐらい余裕で着いてこれるよね!」と御構い無しに、走り出すスピードは緩まるどころか、ますます加速するばかりで。風を切りながら、木の葉をざわめかせながら走り続け、そうして辿り着いたその先は、小さな洞穴の様になっており、とても静か場所で。 )

>>23:リルギナ

25:リルギナ◆Ew:2014/06/01(日) 17:33 ID:xxE


ッ…ウエッ…
((目的地についたとこで膝に両手当てて荒い呼吸を整えはじめれば『貴様あぁ…!!』ぎりぎりと歯ぎしりの音だしてどす黒い声で叫び、唸り始めて。反動つけて相手にとびかかれば『このっ、私と御前は違うんだぞ。少しは気を使え!』相手を睨み眉間にしわよせてじゃれるように暴れており。
>>24

26:ティティ ◆wg:2014/06/01(日) 18:55 ID:Pg.




わー!怒らないで!怒らないで!

( 予想以上に息を切らしていた相手に目を丸くしたのも束の間、唐突に襲い掛かられたので此方からの攻撃に遅れてしまい。それでもぺしぺしと相手の尻尾を掴んだりして反撃をしつつ、なんとか宥めようと「ごめんよ、ごめんってばー!、」と謝罪を口にしてみせて。 )

>>25:リルギナ

27:紅葉◆DU:2014/06/01(日) 19:34 ID:F2I


【男魔法使い予約です。
plは近々出しますね】

28:リリアン・アリス:2014/06/01(日) 19:34 ID:4Yo


→ティティ

え…?
(急に現れた相手に驚いたようで少し裏返ってしまった声をあげ、何してるの?ときかれれば写真を…と始めての相手で緊張しているのかしどろもどろになりながら答えて。)

→リルギナ

…??
(花壇に見とれて写真を撮っていたら急に蜂の群れと相手が自分の周りをくるくる回っているのに驚き不思議そうにするが、蜂が怖くて何故か頭を抱えながら小さい体をさらに小さく縮こませて)

29:リルギナ◆Ew:2014/06/01(日) 19:40 ID:xxE


はあ、…疲れた。
((反撃され再び頭に血がのぼり低い声で唸るも相手の謝罪の言葉耳にすれば一息ついて上記のべ。その場にゆっくり座り込めば『ふんっ。許してやらなくもない…。』等と腕を組みながらそっぽ向いて偉そうに言い。『…で、ここは何処だ?』辺り見回せばそっぽ向いたまま、ちらっと相手見。
>>26

30:リルギナ◆Ew:2014/06/01(日) 19:45 ID:xxE



チッ…
((相手の縮こまる様子見れば使えないなとでも言いたいのか顔しかめ舌打ちし。再び相手のまわりぐるぐるまわりながらも大きな低い唸り声で蜂を追い払えば相手に近寄り『蜂…いなくなったぞ。』自分を助けてくれなかったことをねにもっているのかぶっきらぼうに述べ。
>>28

31:リリアン・アリス:2014/06/01(日) 19:53 ID:Rac



え…?
(ぶっきらぼうに述べる相手に怖がりながら、蜂がいなくなったことをきょろきょろと辺り見て確認すればふぅっと安心したような息を吐き、相手見て助けてくれたと思ったのかありがとうございますとお礼をいいぺこりと小さくお辞儀すると、にこりと可愛らしく幼さの残る笑顔をみせて

→リルギナ

32:ティティ ◆wg:2014/06/01(日) 21:41 ID:ikA




あ、はじめましてだったね!
僕は通りすがりの狼さんだよ、!

( 緊張気味の相手に気が付くと、にへ、と笑い大袈裟に両手をぶんぶんと振りながら自己紹介にも満たない紹介をしてみせて。ずい、とカメラを覗き込むと、「どんなの撮ったの?」と興味津々気に訊ねて。 )

>>28:リリアン



ふう……た、助かった、

( ひとまず相手が落ち着いた様子を確認すると、安心した様に息を吐き、ほっと胸を撫で下ろして。相手に此処を訊ねられると、自信満々に「たまたま見つけた秘密の場所なんだー、!」と両手を広げて。そして、ぼふん!と金色の狼…というかパッと見ると犬に見える狼になれば、「こんな感じで寝ると、ひんやりして気持ちいいんだよー」と洞穴の中で丸くなってみせて。 )

>>29:リルギナ

33:リリアン・アリス:2014/06/01(日) 21:44 ID:Iwk


→ティティさん


お花の写真ですよ。
(なにを撮ったのかと尋ねられればにこりと微笑みながら上記述べ興味津々に自分が持つカメラを覗いてくるのを見ると相手に見やすいようにカメラを向け、こんなかんじです。と再び微笑んで言い嬉しそうににこにこと微笑んでいて)

34:ティティ ◆wg:2014/06/01(日) 23:37 ID:sno




わああ、綺麗だなあ、!
これ、あの花壇のだよね?

( 見せて貰ったカメラの写真に、うっとりと見とれる様に感嘆の声を漏らし、思わず金色の尻尾をふりふり振って。そうして思い出した様に花壇の方を振り返っては訊ねてみせて。狼だからか単にバカだからなのか、滅法機械に弱いこの狼はううむ、と唸りつつ「君、写真撮るの上手いんだねえ」と関心しており。 )

>>33:リリアン

35:リリアン・アリス:2014/06/02(月) 00:04 ID:ru.



はい!そうです!
(にこにこと嬉しそうに微笑みながら上記述べ、先日撮った空の写真や違う場所の花の写真などを次々と相手に見せ珍しく写真についてたくさん話していき、いつもはみせないとびきりの笑顔をみせていて)

→ティティさん

36:リルギナ◆Ew:2014/06/02(月) 16:52 ID:xxE


ふ、ふんっ。別に、私はなにもしていないし、御前に礼を言われても嬉しくないからな…。
((相手の言葉に頬赤く染めて。正直内心、嬉しいのだろうが、威張りながら腕を組み上記のべれば顔を背け。ちらちらと相手に目配せし『う、嬉しくなんて… 嬉しくなんてないんだからな…。』ぼそぼそと唱えるようにそんなこと呟きつつも緩く尻尾ふっていて、等の本人は全く気づかず。
>>31


…そ、そうか…。
((相変わらず元気な相手に驚きを見せつつ、なんとなく返事して、その場にちょこんと座り。また、変わった相手の姿に戸惑い隠せず眉間にしわ寄せ相手の体まじまじと見、くんくんと相手の臭い嗅ぎつつも『お前…自分の姿見たことあるのか…?』言いづらそうに苦笑いしながら述べれば右耳掻くように触って。目のやり場に困るのかやたらと目泳がせ。
>>32

37:ティティ ◆wg:2014/06/03(火) 22:25 ID:ikA




わああ、!凄い!凄いや!、

( 相手の見せてくれた写真にいちいち目を輝かせたり、時に珍しい写真を目にすると目を丸くしたり、相手の話にうんうんと相槌を打ったりとその表情は何時にも増してクルクルと変化を遂げ。それに同調するかの様に金色の狼の尻尾がふりふりと振れて。 )

>>35:リリアン


自分の姿?
んー、直接見たことはあんまり無いけど、今は狼でしょ、?

( なんとなく自分を見る目が泳いでいる気がする相手の問い掛けに、何を今更と云う風にこてりと首を傾げ。そして、あれ、僕臭かった?と少し焦った様に自分の体をくんくんと嗅いでみるもののあまり分からなかったようだが、そんな事はひとまず気にしないと言った様に「さ、さ!君も元の姿で寝転んでみなよー!」と笑顔で促して。/ )


>>36:リルギナ

38:リリアン・アリス:2014/06/03(火) 22:42 ID:s9w



→リルギナさん
尻尾触れてますよ。
(にこにこと微笑みながら焦りながら言う相手に上記述べれば相手の反応にくすっと微笑して、可愛いな。なんて言いながら相手見、こちらも嬉しそうな表情をして。)

→ティティさん
そんなすごいものじゃないですよ。
(相手が予想以上に褒めるので恥ずかしくなり顔を赤くしながら否定し、それに付け加えでも、綺麗でしょと嬉しそうに写真をみながら述べ。暫くすればこんなくらいですと、一通りの写真をみせ終わればカメラをお気に入りの鞄に直し相手を見つめればにこっと可愛らしく幼さの残る笑顔で微笑んで)

39:リルギナ◆wg:2014/06/05(木) 15:57 ID:fGo


あ、あぁ…そうだな…。お、狼かな…?
((相手の言葉に少々焦りぎみでたらたらと汗溢す様子見せつつ戸惑いながら上記述べ。『別に…臭くはないが。何か…森の葉っぱの臭いがする…。』などと再び相手の臭いかぎ呟いて。相手の言葉に『ああ?』等と変な声漏らし、嫌そうな顔しつつ『…っ、はあ…しょうがないな…』相手の笑顔目にすれば断るわけにもいかず、クイクイと顔ふり、相手に後ろを向けとでも言いたいのかそんな仕草し。
>>37


は…?な訳あるか…な訳…
((などと鼻で笑い相手の言葉信用していないようで。微かに聞こえる風切る音で苦笑いし、恐る恐る自分の尾を見れば相手の言葉通りふっているためギッと尾を睨みひたすら追いかけ。勿論自分の尾など、掴めることなく、おもいきり息切らしているところ相手の言葉耳に入り。『…今…可愛いって言いました…?』敬語になりつつ黒いオーラむんむん出して。
>>38

40:ティティ ◆wg:2014/06/06(金) 21:30 ID:qb6





んーん、凄いよー、!
見せてくれてありがと、!
んー、僕も何かお返しが出来たら良いんだけど…、

( にへら、と笑えば大袈裟すぎるくらいにぶんぶんと両手と尻尾を振って上記を言い。そしてお礼に何かをしようかとうーん、と頭を抱えて考えて。肩から提げていた布製の鞄をガサゴソと漁ってみるも、出てきたのは蛇の脱け殻や団栗など到底お返しにならないものばかりで。「えへ、女の子はこんなのいらないよねー…、」と苦笑して。 )

>>38:リリアン


ね、でしょー、?


( 相手の戸惑いに首を傾げつつ、さほど気にしていない様でえっへんと狼らしく(/?)ぽんと自身の胸を叩いて。「ああ、ずっと走ってたから森の匂いが移っちゃったのかも、!」と若干臭くなかった事に安堵しつつそう言い、「君もおんなじ様な匂いがすると思うよー」と此方も相手に鼻を近付けふんふん嗅いで。「え、ええ?わ、わかったよ」と相手の仕種にハテナを浮かべてつつ、いそいそと後ろを向いて。

>>39:リルギナ

41:>>8の者です。:2014/06/06(金) 21:36 ID:9q2

【すいません、訂正おくれました、!
 「Fantasia!」

 これで大丈夫でしょうか、??
 許可がおりましたら、絡み文投下いたしますね^^】

42:アディス・リアナ◆PSI:2014/06/06(金) 21:44 ID:9q2

【oh,属性わすれていました、すみませんorz←

 属性:炎・風
 
 効果:炎は手から出し、炎に触れたものはほとんどの物は焼きつくせる。
 だが、魔力が弱く、魔法が強力なので、長時間戦闘には向かなかったり。
 
 風では、周りに風を巻き起こし、空を飛べたりする。
 竜巻や暴風を引き起こせる。
 風に関しては魔法自体の力が弱いので、あまり魔力は消費しない。
 回復魔法なども使えるが、これに関しては魔力の消耗が激しい。

 風と炎を合体させることもできるが、途中で魔力切れしてしまうほど


 これで大丈夫ですか?】

43:ティティ ◆wg:2014/06/06(金) 22:06 ID:VRE




(/合言葉はばっちりです(*^^*)!
あと、魔法の属性は1つだけでお願いします…;;

お手数お掛けします((T_T)) )

>>41-42

44:アディス・リアナ◆PSI:2014/06/06(金) 22:09 ID:9q2

【じゃあ、炎属性でお願いします!】

45: Fantasia . ◆wg:2014/06/06(金) 22:24 ID:R3c




(/了解しました(^^ゞ
それでは、絡み文お待ちしております、! )

>>44

46:アディス・リアナ◆PSI:2014/06/06(金) 22:32 ID:9q2



むー、なんでこんなに魔力が弱いんだろーなぁ・・・(ベンチに座り、はあ、とため息つけばいきなり立ち上がり自分の手見つめながら魔力を込め、小さい炎ぼっ、と出せばきょろきょろと周りを見渡し、魔力を一本の樹にぶつけてみて←←

【絡み文投下いたしました!】

47:ティティ ◆wg:2014/06/06(金) 22:40 ID:QvQ




…えっ、ななな何!?、

( 最早犬に近い狼の姿で鼻提灯を膨らませながらすうすうと寝息を立てて寝ていると、後ろから何かぶつかる音が聞こえて。不幸なことに、丁度相手が火を放った木の後ろで昼寝をしていた様で、チリリとその金色の尻尾の先が焦げると慌てて飛び起きて、わあわあと騒ぎながら燃え移る火から必死に逃げ惑い。/ )

>>46:アディス

48: Fantasia . ◆wg:2014/06/06(金) 23:34 ID:ikA




( /今宵は暇なので上げてみたり、←

全力で参加募集しておりますので、興味を持ってくれた観覧者さんは是非是非是非、! )

49:リリアン・アリス:2014/06/06(金) 23:42 ID:AcI

【レス蹴らして頂きます!すみません!】

…んー、ここはもっとこうするべき…。
(白いグランドピアノの前に座っていて白い鍵盤に手をおけば楽譜をじっと見つめて上記述べればふぅと一息つき、再び引き始めて。演奏が終われば一息つき、お気に入りの紺の鞄から可愛らしいポーチを取り出しその中からペンを出せば何やら楽譜に印を書き入れたり文字を書いたりしていて。ふと時計見上げればもうこんな時間かとポツリと呟き荷物まとめてピアノの前を去ろうとしていて。)

→all

50:ティティ ◆wg:2014/06/07(土) 00:01 ID:R3c




(/レス蹴了解しました(*^^*ゞ )


こんにちは、この前の写真の人ーっ、!

( 何処からか聴こえるピアノの音色を狼の耳をゆさゆさしながら聴いており、其れにつられるがままに音のする方へと走ってゆき。走っている内に、より速く走れる様にと姿は狼…と云うより犬に自然と変身しており。ようやく音源の源へ着き相手の目の前に尻尾をひらひらさせながら姿を現した時の其れは、毛先に葉っぱが付いていたりと色々汚ない有り様で。 /Σ )

>>リリアン:49

51:リルギナ◆Ew:2014/06/07(土) 09:36 ID:fGo


…すまん、はっきり言わせてもらうがお前が狼に見えない。
((相手の様子うかがいつつ、頭を悩ませたあげく気を使うどころかズバッと上記述べてしまい。『そうかもしれんな…。』ずっと走ってたから…などという相手の論に賛成しつつ、自分のにおい嗅ぎはじめた相手に戸惑い見せ。やはり彼女も女性という分類に入っているようで小さな悲鳴あげれば『や、やめろ。変態。』などと冷静を装いつつ眉間にしわ寄せ。相手が後ろ向いたところで『ふぅ〜…』などと少し声漏らしつつもしばらくたてば『良いぞ。』なんて相手に声かけ。
>>40


チッ…なんだ?
((久しぶりの眠りにつこうとしていたところ楽器の音が響いてくれば『うう…』なんて唸りながら耳を塞ぎ、寝返りをうつもやむことのない音色に腹がたってきたようで近くまで走れば音色の聞こえてきたらしい部屋の窓へ飛び乗ろうとし。だが、急にやんだピアノの音に耳を疑い驚きのあまり綺麗に足から着地したも、地に落ちてしまい。もう一度かがみながら窓に飛び乗れば部屋の中にずかずかと入ってゆき。
>>49

52:リリアン・アリス:2014/06/07(土) 11:02 ID:JpU



ティティさん。

え…?
(今までかなり集中していたので、いきなり大きな声で呼ばれて驚いたのか気の抜けたような声を出し、声がする方にくるりと回転し見るとそこには相手がいて。相手を見つければにこりと可愛らしい笑顔で微笑み、どうなさったんですか?と首をこてりと傾げて相手に尋ね。)


リルギナさん

…。
(相手が 部屋に入ってくるのには気づいておらず。ふと思い出したような表情をすれば自分の鞄の中で何かを探し始め、ないない…。と小さく呟きながら再びさっきいた場所に戻り。辺りをくるくるとしたを向きながら周り何かを探しているようで。)

53:リルギナ◆Ew:2014/06/07(土) 12:08 ID:fGo


…何探してるんだ…?
((相手の様子伺いつつ、自分に気づいていないとわかったのか小さな声で上記呟き。『おい、…。』 いつもの不機嫌オーラ出しながら口を尖らせ相手に話しかけ『ふんっ…手伝ってやっても良いぞ。』頬を赤くし目線を相手からそらしつつも腰に手をあて、相変わらず偉そうに述べて。ひきつった目の凛々しい狼になれば相手の臭いあてにし探すのかくんくん、と臭い嗅ぎはじめ。
>>52

54:リリアン・アリス:2014/06/07(土) 12:14 ID:4DI



えっと…。大事な指輪をなくしてしまって…。
(相手に気づけば寂しそうな困ったような表情をすれば上記を述べて、再び探し始めて、あ!と大きな声をあげれば相手の方をむき。自分の手のひらの中を見せるように広げると見つかった指輪があり。それを嬉しそうに自分の細い指にはめて。にこりと微笑めばありがとうございましたと述べて)

55:ティティ ◆wg:2014/06/07(土) 22:46 ID:ubU




え!?、
ひど、酷いよ、僕も狼だよー、!


( え。と一瞬ぴたりと動きを止めて固まって。そして直ぐにぽこぽこと頭から湯気を出すかの様にギャンギャン騒ぎはじめて。「へ、変態!?」とその言葉に異議を示しつつも、相手の反応等から色々察した様で、小さくごめん、と漏らすとパッと離れて。相手からお返事が来ると、「はーい、」とくるりと彼方を振り返り。 )

>>52:リルギナ


んーん、特に用は無いんだけどね、
ピアノの音につられて来ちゃった、!

( 普通手をひらひらさせるところなのだろう、生憎狼さんの姿なので代わりに尻尾をひらりと挨拶代わりに振りながら相手に近付いて。そうして「よいしょ、!」とぼわん、という効果音付きで、狼少年の姿へと変わると、にへら、と笑いながら上記述べて。 )

>>53:リリアン

56:リルギナ◆Ew:2014/06/08(日) 09:17 ID:fGo


はあ…せっかく狼になったのに、意味なかったではないか。礼を言われても私は何もしていないからな…。
((相手の態度に不服そうな顔をして部屋のすみに座ってい。『…でも、まさかお前が指輪とはな。』先日まで花の写真をとっていた少女が指輪を…などと変な妄想を浮かべているようでケラケラ笑いながら相手を見。『まあ、良いや私は帰って再び寝るとするよ。』やたらと再びを強調しつつ狼人間の姿に戻れば窓のふちに手をかけべーっ、なんて舌出せばぴょんっと窓飛び越えて地に着地し。
>>54


…すまん、私にだって悪気はないんだ。ち、ちゃんと悩んだんだ…その結果、お前に真実を…
((相手の怒りように若干焦り見せおどおどしつつ上記述べて。『お前が…狼?…なのはちゃんとわかってるんだ。』彼女は本当は犬か狼か等と変なことに頭使わせているようで。その場の空気が悪くなってしまうためか離れた相手に『…別に。す、少し驚いただけだ。…だから謝るな。』ちらちらと相手に目配せしつつ述べて。最初は物陰から、ちらっと顔のぞかせ辺りをうかがっていたものの灰色に紺が混じった狼の姿で相手の前へ出てきて。
>>55

57:リリアン・アリス:2014/06/08(日) 09:23 ID:.SU



そうですか。
(などと少し嬉しそうな、何処か悲しそうな表情をして、上記述べてにこりと微笑み『そんなに上手に弾けないんですけど』など少しかなしそうに述べて)
→ティティさん


指輪がどうかしましたか?
(なんて相手の言葉に疑問を持ったのか首をこてりと傾げれば相手に尋ね。指輪を嬉しそうに見つめてにこにこと微笑んでいて)
→リルギナさん

58:ティティ ◆wg:2014/06/08(日) 19:55 ID:sno




し、真実って…、!

( がーん、と効果音が付くかの様に目に見えてガッカリすれば、「そ、そりゃあ僕小柄な方ではあるけどもさ…、」前足で床にぐるぐると円を書いていじけはじめ。その悪い空気に翻弄される様に「う、うん」と彼にしては随分とぎこちない返事を返して。パッと振り向いた先の、狼さんになった相手をじろじろ見ていたが、本来この洞穴へ来た目的を思い出した様で「さ、どうぞどうぞ!」とささっとその場から少し退いて相手に場所を開けてやり。 )

>>56:リルギナ



そーかな?、
僕、ピアノは分かんないけど綺麗だったと思うよー、!

( どうやら上記の言葉に他意は無いようで、きょとりと首を傾げ。なんだか少し悲しそうに見える相手の元気をなんとか取り戻したいと思ったらしい、しかし特に何も浮かばなかった様で、相手の肩をぽんぽん叩けば、「そんな悲しそうな顔しないでよー、!」とにへら、と笑ってみせて。 )


>>57:リリアン

59: Fantasia . ◆wg:2014/06/08(日) 20:31 ID:R3c




( / ずっと書き忘れちゃったと気になっていたんですが、狼さんと魔法使い様の契約は異性間だけでなくて大丈夫です、!

また、恋愛の方も契約を交わした者同士のみと言うわけで無く、狼さん×狼さんや、魔法使い様×魔法使い様でもばっち恋でする、!


てなわけで、キャラ募集中です、笑 )

60:リリアン・アリス:2014/06/08(日) 20:37 ID:YEg


→ティティさん

ありがとうございます!
(褒められるとにこりと嬉しそうに微笑んで、相手を見れば『そろそろ行こうかな』なんて呟けば楽譜やペンなどを鞄に綺麗に直して、服を整え。)

61:ティティ ◆wg:2014/06/08(日) 22:02 ID:pYE




良かった、元気出た?出た?、

( にこりと微笑んだ相手の表情を、何度も何度も覗き込みながら伺って。暫くする事も無かったので僕にも弾けるかなあ、と恐る恐る端の鍵盤に指を置き、出てきた低い音にびくりと尻尾を立たせたりしていたところ、相手が身支度を始めたので「あ、帰るの?」と振り返り。 )

>>60:リリアン

62:リリアン・アリス:2014/06/08(日) 22:34 ID:HeQ



出ました!
(にこりと微笑み嬉しそうに上記述べて。ピアノの音が聞こえればくるりとピアノの方に向き直り、『ピアノ弾いて見ますか?』なんて首をこてりと傾げて尋ねて。)

→ティティさん

63:リルギナ◆Ew:2014/06/09(月) 17:31 ID:fGo


ん〜?別に…。
((地におりつつも、窓から顔覗かせ。にやにやと不適な笑み見せつつも相手の問いにはきちんと、答えず。相手の指輪見つめ『それ、誰からもらったんだ?』再びにやにやしながら述べて。
>>57


…すまん…。
((言った後から、困ったような、申し訳無さそうな顔しながら顔したに向け若干上目になりつつ目線をあげて相手見。相手がいじけ出せば『…本当、悪いと思ってるんだ。』眉間にしわ寄せ深いため息つき。相手のぎこちない返事に耳ぴくぴくと動かし『…だからだな〜…その…前言撤回だ。』おどおどしつつもきっぱりそう述べ。
相手に狼になった自分の姿じろじろと見られればむっ、とした顔しもじもじしなじめ、ここで再び変態よばわりするのもありだが、せっかくなので相手が開けてくれた場所にちょこんと座り、若干遠慮気味ながらも寝そべればくるっ、と丸まって少しずつ尻尾ふり。
>>58

64:リリアン・アリス:2014/06/09(月) 18:56 ID:JpU


…これは…、大切な人…ですかね…、

(何かを思い出すような悲しそうな表情をして上記述べて、『探してくれてありがとうございます!』と少し悲しい笑顔で相手を見ながら述べて)


→リルギナさん

65:ティティ ◆wg:2014/06/09(月) 22:32 ID:BgU




よかった、!

( 相手のその言葉を聞けば、ぱっと明るく笑って。こうかな、とぎこちなく指を動かして、とても音楽とは云えない音にぐぬぬ、と手を焼いていると相手から声が掛かったので、「え、ええ、!? いや良いよ!僕弾いた事無いし、!」と慌てて鍵盤から指を離してそう言って。 )

>>62:リリアン



……僕、ビッグになるよ…、

( 尚もぐるぐると地面に円を描いていたが、なんだか申し訳無さそうな相手に此方まで申し訳無くなり。そして考えはあらぬ方向へ走り、重々しく上記を宣言して。「う、うん、撤回ね、撤回、!」と此方も振り切った様に、大きな声で何度も撤回を繰り返して。
自分も端の方で丸くなれば、尻尾が振れている相手に気付き、「ね、落ち着くでしょー、!」と自慢気に言って。 )

>>63:リルギナ

66:リリアン・アリス:2014/06/10(火) 21:10 ID:4Yo


弾いたことなくても弾けますって。
(にこにこと満面の笑みを浮かべて上記を力強く述べれば、再びピアノの前にすわり、自分の隣にくるように手招きをして)

→ティティさん

67:ティティ ◆wg:2014/06/10(火) 21:34 ID:BgU




そ、そうかなあ…、?

( そう言われると断るに断れず、言われるがまましどろもどろと申し訳無さそうな足取りで相手の促すところまで行って。そうして、大きな深呼吸を一つすると、ぎくしゃくとぎこちない動きで鍵盤に指で触れ、どうすればいいの?と言わんばかりの瞳で相手見つめ。 / )

>>66:リリアン

68:天宮さくら:2014/06/10(火) 21:42 ID:rFI



えっと、まずこれが『ド』です。
(柔らかい口調で上記述べれば白い鍵盤を一つ指差し相手の手をそこに導くと『押して見てください』と可愛らしい笑顔を浮かべながら述べて)

→ティティさん

69:リリアン・アリス:2014/06/10(火) 21:43 ID:rFI

【↑リリアン・アリスです。】

70:ティティ ◆wg:2014/06/10(火) 21:51 ID:KAg




Σ、音出た、!

( おそるおそるそっと鍵盤に触れた指に力を入れて押すと、出てきたその音にわあ、と歓声を上げて。「出た、音出たよー、!」と大袈裟にきらきらした瞳で相手と鍵盤を交互に見比べて。 ← )

>>68:リリアン

71:リリアン・アリス:2014/06/10(火) 22:06 ID:HeQ


この横が『レ』ですよ。
(嬉しそうにはしゃぐ相手みて、此方も嬉しそうな表情をしてにこにこと頷けば上記述べて、)

→ティティさん

72:ティティ ◆wg:2014/06/10(火) 22:51 ID:Whc




わー、すごいすごい、!

( なんだか楽しくなってきた様で、さっきとは違い軽やかな手付きでぽーん、と鍵盤を押して音を鳴らすと、先程とは違う音が出た事にまたも目を輝かせて。二つの指で交互にドとレを押して、「わあ、違うねー、!」とはしゃいで。 )


>>71:リリアン

73:リルギナ◆Ew:2014/06/11(水) 16:07 ID:fGo


な、大切な人…?
((こてん、と首傾けよくわからないとでも言いたい顔浮かべれば『教えろ』なんてぶっきらぼうに言いつつも尻尾振り。ありがとうなんて言われれば『別に…。私は何もしていない。』などときっぱり述べて。
>>64


ビッグ…?
((相手の発言耳にすればぽかーん、とした顔し、間抜けな声で上記、口から漏らせば、ケラケラ、笑い出して。『ぷっ、はっ…』なんて堪えようとするも中々出来ず。
“撤回”なんて、何回も繰り返し口に出す相手に何を返せば言いか分からず、だんまりで。おもい空気に耐えられず、思わず遠吠えしてしまい。
自慢気に言う相手に対しては『…だが、これは…』なんていいかけるも、無理矢理口塞ぎ『嗚呼、そうだな。』などと素直に返し。
>>65

74:参加希望◆Oc:2014/06/11(水) 18:05 ID:spg

名前:セラ・リンクス
年齢:18歳
性別:男
性格:基本は無口で他人とはあまり話したがらない。だが、嫌いという訳ではなく一人でいる方が落ち着くらしい。他人と馴れ合うのには慣れてなく、冷たく当たってしまうこともあるが本人的に悪気がある訳ではない。かなり冷静でどんな時でも落ち着いた表情をしており、的確な判断をすることができる。動物が好きといった意外な一面もある。
容姿:透き通るような緑の瞳で金髪。長さは肩より少し上まで伸ばしてある。服装は魔法使いっぽくはなく、上はグレーのシャツに紺色のパーカーを着ており、下は青いジーンズに茶色いブーツを履いている。身長は175pくらい。いつもパーカーのフードを被っており顔はよく見えない。
属性:風 自由自在に風を操ることができ、目を瞑っていても風を感じることで相手の位置や行動がわかったりする。攻撃に使う時には風を一点に集中させ大きな風を相手に当てて飛ばしたり等ができる。
備考:一人称は「俺」で、二人称は「お前、あんた、呼び捨て」などいろいろである。
風の魔法を使いこなし、強くなるために毎日修行を行っている。

「Fantasia!」


【素敵なスレだったので参加希望出させていただきましたっ。不備がありましたらご指摘ください!!】

75:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 20:45 ID:sno




もー、笑わないでよねー、!

( ふふん、と胸を張っていたが、相手に笑われるとぷくく、と頬を膨らませて相手を軽くポカポカ叩いて。
沈黙の流れていた空間に、当然相手の遠吠えが聞こえたものだから、「え、ななな何!?、」とバクバク鳴っている心臓を必死で押さえて。
素直に認めてくれた相手に満足そうに目を細めると、「それじゃおやすみ、!」と早々に言い、すやすやと眠りにつきはじめ。 )

>>73:リルギナ


( /素敵だなんて滅相も無い(;´`.笑

素敵な魔法使い様の参加ありがとうございます、!
合言葉もばっちりです(*^^*)

それでは、絡み文投下お願いします、ゞ )

>>74


---


( /今見返したら>>27さんを見落としてた…申し訳ありませんしにますウイッス(つд;*) )

76:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 20:55 ID:Cck

【参加許可ありがとうございますっ。では絡み文置いておくのでよろしかったら絡んであげてください!!】


…ん、今日はやけに静かだな(大きな木の下で腕を組みながら目を瞑って風の音を聞いていると、いつもより静かな音だったのでそう左記を呟くと「まぁ、その方が落ち着くが…」と目を瞑ったまま言い)

>>all

77:リリアン・アリス:2014/06/11(水) 21:14 ID:peU



→ティティさん

楽しいでしょう?
(相手が楽しそうにはしゃぐのを見れば嬉しそうににこにこと微笑みながら上記述べて『他の鍵盤も押して見てください。』と尚も嬉しそうに述べて。)


→リルギナさん

…。
(内容を教えろと言われればどういうわけか口を閉じてしまい泣くのを我慢するような表情をしてそれを隠すようにじっと下を見て俯いていて。)


→セラさん


…。
(たまたまその近くを散歩していたらしく、魔法使いとは思わせないような妖精をイメージさせる可愛らしい格好をして歩いておりふと、相手の近くのベンチに座り。)

78:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 21:24 ID:R3c




( /絡ませて頂きます、! )


ん、だあれ?

( 相手が座り込んだ気の上では、丁度狼( むしろ犬である、 )姿で虫を捕らえて遊んでいた様で。誰か来た、と察知すればひょい、と尻尾を木の枝に器用に巻き付け、ぶらん、とぶら下がった状態で相手を見やり。 / )

>>76:セラ



えへへ、すっごい楽しいや、!

( にぱぱ、と笑みを零すと、相手に言われるがままに他の鍵盤を次々に押してゆき、違う音が鳴る度に相手に振り返り。すると黒鍵にも目がいった様で、「 これも押して大丈夫、? 」と相手に尋ねて。 )

>>77:リリアン

79:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 21:33 ID:Zdw

誰か来たのか…?(木に寄りかかったまま片目を開けると相手が視界に入り「な、んだ…あの格好は」と見たことのない様な服装をした相手に驚きながら左記を呟いて)

>>77


ん…?犬…いや狼か(ぶらんとぶら下がりながら此方を見てくる相手をチラリと見ると左記を呟き「名乗る必要はない…」と冷たい態度で顔を逸らし)

>>78

80:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 21:37 ID:sno




うん、狼さんだよ、!

( こんにちは、とぶら下がったまま手をひらひらさせて挨拶してみせて。「 え、な…なんかごめん、なさい 」となんとなく冷たい態度の相手にどの様に接したら良いのか分からず、とりあえずはおずおずと謝って。 )

>>79:セラ

81:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 21:44 ID:Cck

ぐっ…お前が謝る必要はない(相手が謝罪をしてくれば少し罪悪感が生まれ、謝罪をしきた相手をチラリと見ながら左記を述べて。ふと思い出したかの様に自分のポケットをあさり「これ、いるか…?」と謝罪を込めて相手に林檎を差し出し)

>>80

82:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 21:53 ID:tzs




え、そ、そうなの?、

( そんな相手を見ると、上記言っては不思議そうに首傾げ。そんな中、案外悪い人じゃないのかも、なんて頭の片隅では思っており。差し出された林檎が視界に入れば途端にぱああ、と目を輝かせ「 欲しい欲しい、欲しいー、! 」と勢いよく木からべしゃりと落ちて。 )

>>81:セラ

83:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 21:58 ID:Cck

そんなにはしゃぐな、まったく…(木から落ちる相手を見るとやれやれと言った表情をしながら左記を呟いて。相手の反応を見ると「そんなに果実が好きなのか…」と呟く様に言い)

>>82

84:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 22:07 ID:j66



えへへー、大好き、!

( いてて、と頭をさすさすと擦り、体に付いた葉っぱを大雑把に払いながら相手の言葉ににへら、と笑顔で答えて。そして「あと、蛇のぬけがらと虫とチョコレートも好きだよ、!」と色々付け足して。 )

>>83:セラ

85:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 22:13 ID:2Rw

そう、か…(相手がいろいろと話してくればふと我に返り、何故こんな自然に話しているのかと思い「これを受け取ったらさっさと何処かへ行け」と林檎を押し付けるとフイッと顔を逸らし)

>>84

86:リリアン・アリス:2014/06/11(水) 22:23 ID:AMY


→ティティさん

えぇ。大丈夫ですよ!
(そう答えれば楽しそうにする相手に微笑みかけながら上記述べて、『どこ押しても大丈夫です、』と付け加えて)


→セラさん

…。
(椅子に腰下ろせば太陽と風の気持ちよさにうとうととし始めてしまい、そのままこくりこくりと首を揺らして。)

87:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 22:24 ID:R3c




う、うん…わかったよ、
あ、でも食べてからで良い、?

( 尻尾を振りながら色々話していたのだが、相手が顔を剃らしてしまうとしゅん、と尻尾が垂れて。上記言いながら、そうだ、と思い付いた様に林檎を半分に割ると、「そうだ、一緒に食べようよ、!」と片割れを相手に差し出して。 )

>>85:セラ

88:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 22:28 ID:QvQ




ほへー、凄いねピアノって、!

( そう言いながらたまたま側にあったミ♭の黒鍵を鳴らし、えへへ、と笑えば「僕、黒鍵の方が好きかもー、!」とか言って。そうしてハッと思い出したように、「あ、そうだ、帰らなくて大丈夫?、」と尋ねてみせて。 )

>>86:リリアン

89:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 22:33 ID:HCE

あんなところで寝て、大丈夫なのか…?(うとうとしている相手の様子を見ていると首を傾げながら左記を呟いて。少し心配になったのか「しばらくの間は見張っておいてやるか…」と風の音を聞きながら左記を呟いて)

>>86


別に全部食べてしまってもいいんだぞ…?(相手が林檎を半分にして渡してくれば自分なんかに気を使わなくていいと思いながらも林檎を受け取り左記を呟いて)

>>87

90:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 22:40 ID:rew




え、良いよー、!
ほら、わけあった方が美味しい、なんて言葉もあるしさ、!

( 気なんか使ってない、とでも言うようにぶんぶんと顔を横に振れば、ぼわん、!と音を立て人間の少年の姿に変身して。どうやら果実類は此方の姿の方が美味しく頂ける(気がする)らしく、「いただきまーす、!」としゃくしゃくかじり始めて。 )

>>89:セラ

91:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 22:50 ID:HCE

そうか…、それじゃ一緒に食べるとしよう(相手の意見を聞くとコクリと頷きながら左記を述べて。相手が人間の姿に戻るのをチラリと見ながら林檎をかじり、美味しそうに食べる相手を見ると満足げな表情をし)

>>90

92:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 23:07 ID:IWo




ふぉひひへ、!

( 夢中で林檎をしゃくしゃくかじり、頬いっぱいを林檎で満たせば、幸せそうに言葉にならない言葉を言って。そうしてあっという間に食べ終わりごくん、と最後の一口を飲み込めば、種と芯だけになった其れを土の中に埋めようと穴掘りだして。 / )

>>91:セラ

93:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 23:13 ID:.q6

喜んでくれたならよかった…(自分も林檎を食べ終わり口許を拭きながら左記を呟いて。相手のいかにも動物らしい動きを見ると自然に手を伸ばし、相手の頭を優しく撫でていて)

>>92

94:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 23:25 ID:NkE




これ埋めたら、林檎の木にならないかなー…って、Σうわあ、!?

( ふんふんとまるで前足を使う様に手で土を掻き出していると、突然頭に何か触れた感触を覚え。唐突の事に驚いて尻尾を逆立たせるも、相手が自分を撫でてくれていたと理解すれば安心した様に尻尾を振って。 )

>>93:セラ

95:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 23:29 ID:BG2

…っ!?すまない…(相手の頭に自分の手が置かれていることに気付けば慌てながらその手を引き相手に背を向けながら左記を述べて)

>>94

96:リリアン・アリス:2014/06/11(水) 23:35 ID:JpU


→ティティさん

私は大丈夫ですよ!
(にこりと微笑んでそう述べれば相手に『貴方の方は大丈夫ですか?』などと首をこてりと傾げて尋ねて。)

→セラさん

…。
(そのままベンチでこくこくと寝てしまい。暫くしてぱちっと目を開ければ何やら男の人が数人立っていて、『可愛い』などと絡まれており。)

97:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 23:35 ID:UNc




え、別に謝らなくて良かったよ、!?

( 相手の謝罪を否定するかの様に両手を大きくぶんぶん振れば、「ちょっとびっくりしちゃっただけだから、ね!」と宥める様に付け足して。 )


>>95:セラ

98:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 23:41 ID:bmg




僕は暇だから大丈夫だけど…、

( 寝たい時は木の上で寝て、遊びたい時はおもいっきり遊ぶというあまり宜しくない野性的な生活をしているため、ごにょごにょと言葉を濁しつつ。そして「でも、リリアンは女の子だし、遅くまで外に居たら危ないよ、?」と少し不安そうに言って。 )

>>96:リリアン

99:天宮さくら:2014/06/11(水) 23:45 ID:JpU



私は、女の子だけど大丈夫です!
(なんて根拠も無いような、説得力の無いことを述べるも、その笑顔はにこにことほほえんでいて)

100:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/11(水) 23:55 ID:XhI

なっ、しまった!?(風の音を聞いているとそのまま眠ってしまい、気付けば相手の周りに人が集り絡まれているを見て慌てて相手に近付いて)

>>96


そう、か…すまなかったな…(相手が自分を許してくれれば静かに目を瞑りながらもう一度謝罪をし「それじゃ、な…」と言って立ち上がり)

>>97

101:ティティ ◆wg:2014/06/11(水) 23:56 ID:VRE




Σそうなの、!?

( えええ、とにわかに信じがたい様な目で相手を見やり。そうして「僕よりちっちゃいし、なんか心配なんだけどなあ」と思わず思っていた事を口をすべらせてしまい。 / )

>>99:リリアン

102:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 00:04 ID:sno




ええ、あ、うん、!
じゃあまたね、!

( 何度も謝罪をする相手を、律儀な人だなあ、なんてぼんやり思っており。相手が立ち上がると、行っちゃうんだ、と少し寂しさを覚えるも、尻尾と手をぱたぱたと振れば「またね、!」とへらりと笑って。 )

>>100:セラ

103:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 00:17 ID:XhI

あぁ、またいつか…(振り返らずに相手に軽く手を振って歩き始め「まいったな…」と少し困った表情をしながらも左記を小さく呟いて)

>>102

104:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 00:33 ID:cYg




あはは、林檎くれたし親切な人だったなー、!

( 遠ざかる相手の後ろ姿を見ながらそう呟いて。林檎でお腹いっぱいになったからか、単に眠いだけか、体を木に預けるとそのまますうすうと昼寝をし始めて。 )

>>103:セラ

105:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 00:38 ID:XhI

そう言えば、まだ名を聞いていなかった…(相手と別れしばらくしてから足を止めて、相手の名前を聞いていなかったことを思い出し「まだいるだろうか…」等と左記をブツブツ呟いており)

>>104

106:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 00:48 ID:Whc




……えへ、えへへ…、

( 木の下で、なんとも古典的に鼻提灯をぷくく、と膨らませながらすやすやと寝ており。何やら夢を見ているのか、とても幸せそうな笑みを浮かべ、時々変な笑い声の寝言を発して。 )

>>105:セラ

107:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 00:54 ID:Zs.

風に聞いてみよう…(少し悩んだ後、目を瞑り自分の魔法を使い相手がまだ先程の場所にいるかを調べ始め「ん…、まだいるが…寝ているのか?」と魔法を使うのをやめると取りあえず来た道を戻ることにして)

>>106

108:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 01:09 ID:ikA




……ん、?……、

( さわさわと吹いた風が頬を掠め、何だろうかと少し目を覚まし。しかし何事も起こらない様なので、2、3回瞬きをすればまた元の様にすうすうと寝息を立てて夢の世界へと戻ってゆき。 )


>>107:セラ

109:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 01:14 ID:WbI

さて、と…いたか…(さっきまでいた場所へと戻ってくると辺りを見渡すと相手が視界へと入り左記を呟いて。そのまま相手に近付き「やはり寝ている、か…」と少し困った表情をしながら木に寄り掛かると腕を組み始め、どうやら相手が起きるのを待つことにし)

>>108

110:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 01:22 ID:/UM




……Σ、わ、さっきの人、!

( 彼も一応狼、近くに気配を感じればぴく、と耳が動き、びっくりした様にガバッと飛び起きて。隣に先程までいた相手を確認すると、「わあ、戻ってきてくれたの?それとも、お昼寝したくなった?」と尻尾振り。 )

>>109:セラ

111:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 01:28 ID:WbI

あぁ、いや…。か、勘違いするな、別にお前に会いたくて戻ってきた訳じゃないぞ(相手から問われればいつもは冷静だが少し取り乱し顔を逸らしながら左記を述べて。ここに戻ってきた理由を思い出し「そう言えばお前、名は?」と左記を問い掛けてみて)

>>110

112:リルギナ◆Ew:2014/06/12(木) 16:22 ID:fGo


【…少し勿体ない気もしますが、レス蹴りさせて頂きます。】


うう…
((いつもの人間の姿と違う狼の姿になりながら、森の草の上ごろごろしていて。時々“ぐるる、”となる腹の音に頭悩ませ不機嫌オーラだしながら、立ち上がってふらふらという足取りで歩き出せば、実のなる木のしたで恨めしそうに木の実を見。優れた身体能力そなえつつも、腹が空きすぎてとろうにも取れないようで「クゥン」なんて聞いたことのない弱々しい声出せば木にぐったりと寄りかかって。
>all

113:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 16:46 ID:LE.

【絡ませてもらいますねっ】


あれは…狼、か…?(魔法の修行を終え帰り道の途中弱っている一匹の狼を見つけ、しばらくの間木の陰で相手の様子を見ており「ん…、木の実を取ろうとしているのか」と状況を把握すると風の魔法を使い木を風で揺らして木の実を落としてあげ)

>>112

114:リルギナ◆DI:2014/06/12(木) 17:08 ID:fGo


…うっ
((落ちてきた木の実、見事頭にあたり少し眉を下げむすっ、とした表情浮かべるも腹が空いていたのでそんなこと気にせず。くんくん、とにおいをかいだ後、ぱくっ、と木の実口に加えればその場にまるまって頬張りはじめ。すぐに食べ終われば流石に運良く、自分の場所にこのタイミングで木の実が落ちて来るのは変だと思ったのかぴょんっ、と軽々木の枝に上れば再び木の実口にし、辺り見回して。
>>113

115:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 17:48 ID:7Xs

…(相手が無事木の実を食せたことに安堵していると、相手が辺りを見渡しているのに気付くと「しまった…感ずかれたか?」と大きな木の陰に身を潜めながら左記を呟いて)

>>114

116:リリアン・アリス:2014/06/12(木) 20:54 ID:4DI



→セラさん


…!
(男の人に囲まれるのは苦手らしく、こまったような顔をしているが相手の方は『早く遊ぼ』なんてひたすら絡んで来ていて)

→ティティさん


…。
(小さいなんて言われれば相手と並んで身長を確認し。手でアタマを抑えれば少し悲しそうな顔をしていて。暫くすれば可愛らしい笑顔を浮かべ、『大丈夫』と述べ。)

→リルギナさん


どうしたんですか…?
(木にもたれかかる相手見れば近づき声をかけて。お腹のなる音を聞けば鞄の中を何やらごそごそと探し。鞄の中からいつも大好きで持ち歩いているちょこれーとを一つ取り出せば相手に渡して)

117:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 20:59 ID:BgU




あ、じゃあお昼寝しに来たの、?

( 目を逸らす相手に不思議そうにこてりと首傾げながら上記尋ね。ふと尋ねられると、「僕はティティだよー、!」とへらりと笑って簡単な自己紹介して、貴方は?と相手見やり。 )

>>111:セラ


( /レス蹴り了解です、ゞ
絡ませて頂きますね、! )

Σ、わわ、どうしたの、!?

( ふんふんふーん、と鼻唄歌いながら人間の姿で森の中をぶらぶらと散歩していると、フラフラの相手を見掛けて。慌てて駆け寄れば「大丈夫?生きてる!?、」と安否確認をするらしく相手の頬をぺちぺち叩いて。 / )


>>112:リルギナ

118:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 21:02 ID:R3c




Σあわわわ、!
なんかごめん、ごめんね、!

( 自分の軽々しい発言で若干表情を曇らせてしまった相手に、慌てて身振り手振り使いながら謝って。そしてふと思い付くと、「そーだ、!僕が家まで送ってあげるよー、!」名案とばかりに言えば狼の姿に戻り。 )

>>116:リリアン

119:リリアン・アリス:2014/06/12(木) 21:09 ID:ru.




あ、気にしてないんですよ!気にしてなんか…。
(首をぶんぶんと振りそれに加え手もぶんぶんと振れば、慌てた様子で上記述べ。送ってくれるといえば『え、そんな…!』などまたしても首を振ってそう述べ。)

120:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 21:26 ID:Pg.




う、うん、気にしないでね、!

( あわあわと此方も両手大きくぶんぶん振って、フォローのつもりなのか「ぼ、僕もよく狼に見えないって言われるけど元気だから、ね、!」とか人指し指立て言ってみせて。尻尾振りながら四足歩行でぺたぺたと相手の前を歩き出せば、「ほら、これでも一応狼だしさー、!」と得意気に。 )

>>119:リリアン

121:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 22:05 ID:xSY

おい、お前達…多人数で女性を囲って恥ずかしくないのか?(相手が男に囲まれているのが放っておけなかったらしく、左記を述べながら止めに入って)

>>116


そんなことお前に教える必要ないだろう…(続けて相手に問われれば顔を逸らしたまま左記を述べて。相手の名前を知ると「ティティか…いい名前だな。俺はセラ・リンクスだ…。よ、よろしくな」と少しぎこちないが此方も自己紹介し)

>>117

122:リリアン・アリス:2014/06/12(木) 22:08 ID:wRM



→ティティさん

そ、そうですよねー!
(なんて此方もあたふたしながら上記述べ相手の行動にけたけたと珍しく声を出して笑っていて。)

→セラさん

…!?
(止めに入って来た相手にさらに驚き。その目にはじんわりと涙が滲んでいて、それを我慢するように口をぎゅっととじていて。)

123:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 22:31 ID:VRE




んー、それもそっかあ…、

( 確かにその言葉通り、自分には特に権限も無いので、それ以上の追求はしないらしい。「セラ、!わかった、覚えたよ!よろしくねー!」と尻尾振りながら言えば、挨拶の証に握手をしようとずい、と手を差し出して。 )

>>121:セラ



Σひょえ、!?

( 珍しく声を上げて笑う相手に、驚いて思わず変な声を上げて。しかしなんだか此方もつられてきたようで、「あはははは、!」と意味も無くげらげら笑いだして。 / )

>>122:リリアン

124:リリアン・アリス:2014/06/12(木) 22:33 ID:wRM

→ティティさん

はぁ…。
(笑が治まれば一息つき、お腹を抱えて、『あー、面白すぎですよ!』なんて述べれば、いつもの笑顔を浮かべて)

125:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 22:35 ID:kp2

すまないが、お前達には消えてもらうぞ…(相手の表情を横目で不思議そうに見ると、周りにいた男達を退かす為に風の魔法を使い遠くへ飛ばして「これでひと安心だな…」と頷きながら左記を呟いて)

>>122

126:リリアン・アリス:2014/06/12(木) 22:37 ID:wRM



…っ…。
(相手の魔法に驚きながらも、涙はたまったままで悲しそうな表情をしながらも『あり…がとうござ…います』と震え声で述べて)

→セラさん

127:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 22:39 ID:ptY

あ、あぁ…(相手に握手を求められれば此方もスッと手を出し相手の手を握り。今していることが、ふと自分らしくないと思えば「やれやれ…」と肩を竦めながら左記を呟いて)

>>123

128:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 22:40 ID:pYE




そうだね、!よくわかんないけど面白かったよ、!

( 正直相手につられて笑ったので、その根源はよく分からなかったものの、相手の表情に何時もの笑みが表れたのを見ると何処か安心した様にへらりと笑って。 )


>>124:リリアン

129:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 22:45 ID:Whc




えっへへー、!

( にへら、と笑えば握られたその手を思いっきり上下にぶんぶん振って。そうしてふと思い立った様に「それじゃあ、僕はまたお昼寝するけれど、セラも一緒にどうかな?」と尋ねてみせて。 / 不摂生、Σ )

>>127:セラ

130:リリアン・アリス:2014/06/12(木) 22:48 ID:Rac


ですよね!
(なんていつにも増して楽しそうに話し、にこにこと微笑めば眠くなって来たのかふわぁと小さい欠伸を一つ。)

131:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 22:51 ID:kp2

ん…?まぁ、お前は暖かさそうだからな…一緒に昼寝くらいならしてやってもいい(相手から昼寝をしようと誘われると相手の尻尾を優しく撫でながら左記を述べて)

>>129

132:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 22:54 ID:ptY

【すいません、見落としてましたっ】


何故泣いている…?(相手が涙を流している理由がわからなかった様で首を傾げながら左記を述べて。相手からお礼を言われれば「別に礼を言われる様なことはしていない」と顔を逸らしながら左記を呟いて)

>>126

133:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 23:03 ID:tzs




わあ、眠いの、?

( 小さなあくびを一つした相手を見ると、なんだかあくびが移った様で此方もふわあ、と口に手をあてると一つして。そうして、んー、と腕を上げて体を伸ばすと「なんだか眠くなってきたねー、」と苦笑して。 )

>>131:リリアン



本当に!?、
じゃ、おやすみー、!

( てっきり断られると思っていたらしく、ぱああ、と嬉しそうに目輝かせて。尻尾を撫でられると気持ち良さそうに目を細め、そして段々とウトウトしてきて。 )

>>132:セラ

134:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 23:13 ID:Cck

フッ、可愛いものだな…(相手のウトウトした表情を見ていると自分の動物好きが出てしまい、そのまま相手の頭を軽く撫でて)

>>133

135:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 23:19 ID:pYE




えへへー………、

( そうこうしている内に、すっかり意識は夢の世界へと行った様で。寝言なのか何なのか、撫でられると小さくふふふ、と笑って、鼻提灯をぷくく、と膨らませるとすうすうと寝息を立てており。 )

>>134:セラ

136:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/12(木) 23:35 ID:Sd2

俺はなにをしているんだ…(相手の頭を撫でる手を止めると、ふと我に返って左記を呟き。相手がぐっすり寝てしまうと「さて、と…暇になったな」と左記を呟くとゆっくり目を閉じ風の音を聞き始め)

>>135

137:ティティ ◆wg:2014/06/12(木) 23:46 ID:VRE




Σ……、!

( 一方此方は夢の中で巨大な毛虫からひたすら走って逃げ回るという大変な事態に陥っている様で。すやすやと安らかに眠るその頭の中は結構えげつない状態である。故に時折びくり、!と大きく肩を震わせて。 )


>>136:セラ

138:リリアン・アリス:2014/06/12(木) 23:47 ID:ESk


→セラさん
【大丈夫です!】

怖…かった…。
(震える声で述べて涙をぽろぽろと流し、震えている手を自分で抑えるように握っていて。相手にお礼を言われることはしてないと言われれば首をふるふると振り『助かったから』なんて述べて)

→ティティさん

はい…!
(欠伸を一つすれば相手見、同じく欠伸をしているのに気づきまたしても微笑めば再び欠伸を一つふわぁとして小さく白いてで目を幼い子供のようにすりすりと擦って)

139:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 00:02 ID:MW6

ん…?悪い夢でも見ているのか…(相手が時折ビクリとすれば首を傾げながら左記を述べて。その様子を少し楽しみながら見ており、相手の頬へ手を当てて)

>>137


そう、か…。だがもう安心していい(相手の怯えている様子を見ると珍しく笑みを見せながら左記を述べて。相手が助かったからと言えば「俺は集団であの様なことをする奴に腹が立っただけだ、お前を助けようだ等と思ってやったわけじゃない」と冷たい言葉で返答し)

>>138

140:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 00:13 ID:ubU




うー、でも人間の女の子がこんなところで寝ちゃったら、風邪引いちゃうよ、!

( そのまま寝てしまおうかとも思ったが、ぱちんと自分の頬を叩いて目を覚まして。一応相手を気遣っているらしく、起きて起きてと相手をゆさゆさ揺さぶって。 )

>>138:リリアン



う、ううー……

( 夢の中では逃げ疲れて息を切らしており、その隙を付いて毛虫に追い付かれた様で。そのまま逃げる間もなく足からむしゃむしゃと捕食され始めて。そんな夢を見ているものだから、寝言で少し呻いた声を出して。 )

>>139:セラ

141:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 00:32 ID:fZQ

大丈夫…なのか…?(相手の表情を見ると流石に心配になり相手の頭を優しく撫でながらその様子を見続けて)

>>140

142:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 00:47 ID:/UM




……うわああああ、!

( 捕食されて捕食されて、遂に首許まで捕食されたところで思わず叫び、その声で起きて。そして辺りを見渡し、相手をちらりと伺えば「ゆ、夢……?」と、混乱している様で。 )

>>141:セラ

143:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 00:55 ID:Un2

かなりうなされていたが…悪い夢でも見ていたのか?(相手がやっと目を覚ませば心配そうな表情をしたまま相手をジッと見ながら左記を述べて)

>>142

144:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 01:07 ID:UNc




…っでっかい毛虫に追い掛けられたあああ、!

( ぼーっとしている内にようやく相手の顔を認識したようで、段々意識がはっきりしてくると、夢の記憶が蘇ってきて。よっぽどえげつなかったのかわあああ、と相手にギャンギャン泣き付いて。 )

>>143:セラ

145:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 01:22 ID:aWs

…っ!?(相手が急に泣き付いてくれば驚いた表情をしながらも相手の頭を優しく撫でながら「よしよし…」となだめる様に左記を呟いて)

>>144

146:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 01:34 ID:OMY




僕足から食べられたんだよ、バリバリって、!

( ぐしぐしと涙を腕で拭いながら、身振り手振り、効果音も使っていかに夢が恐ろしかったかを必死に説明して。上記の他にも色んなことを言っており、要約すると「死ぬかと思った」らしい。 )

>>145:セラ

147:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 01:43 ID:1Yo

わかったわかった、もう大丈夫だ…(相手が必死に説明をしてくればやれやれという表情をしながら軽く流すようにぽんぽんと頭を叩きながら左記を述べて)

>>146

148:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 01:50 ID:BgU




暫く毛虫とは遊べないや…、

( ぽんぽんと頭叩く相手を見上げて。わあわあと泣けば随分落ち着いた様で、ぐす、と鼻水を啜れば、みっともなく泣き張らし赤くなった目許をコシコシと両手で擦って。 )

>>147:セラ

149:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 01:58 ID:1Yo

まったく、お前は可愛いな…(相手の子供っぽい仕草を見ると、大きく溜め息を吐いた後に相手の頬に手をピタリと当てながら左記を述べて)

>>148

150:リルギナ◆DI:2014/06/13(金) 17:04 ID:fGo


ヴゥ…
((微かに聞こえる相手の声に耳ぴくぴくさせ、新しい木の実口にくわえ木からおりれば警戒したように身を低くして。物凄い顔で辺り睨み牙見せながら唸れば辺りぐるぐると屈みながら歩き。しばらくすれば相手見つけず、木の根にゆっくりと座り辺りきょろきょろと見回すも、ぐったりと地に顔を付け、近くに木の実おき、目を閉じて。
>>115



((渡されたチョコレートに目をうつし、少し舐めて見るも狼だからか甘い味は苦手なようでペッ、と嫌そうな顔して舌を出し相手睨んで。牙出せば少し唸り木へ体を擦り。取れ、とでも言うように相手へ目配せすれば木を見上げ木の実に目をうつし。はあ…と少し溜め息つけば落ちる筈もないが木へガンッ、という音と共に突進し。
>>116


((頬叩かれればギッ、と相手睨み。今にもとびかかりそうなたいせいでもあるが、再びふらふらと相手避けて歩きはじめ。どきどき、足挫いて転んだりと色々重症なようでか弱い声出しながら木の根に座り、ぐったり、と寄りかかって。いつもなら、今頃相手にとびかかって、戯れているところなのだろうがこの状態では、出来るはずもなく。
>>117

151:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 17:19 ID:WbI

ふぅ…気付かれてはない、か…(相手が警戒心を剥き出しに辺りを見渡しているのを見ると、内心ヒヤヒヤしながらも左記を呟いて。そのままジーッと木陰から相手の様子を見続けて)

>>150

152:リルギナ◆DI:2014/06/13(金) 17:24 ID:fGo



((どきどき耳ピクピクと動かすも眠りについてしまったようで。最近眠りにつけていなかったのか「スゥ…スゥ…」と微かな寝息たてて気持ちよさそうにしてい。次第に隠れていたらしき虫が気の回りに戻ってきて。蝶が彼女の耳にとまり。
>>151

153:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 17:28 ID:lAQ

寝ている、のか…?(スゥスゥと寝息をたてながら気持ち良さそうな表情をしている相手を見ると首を傾げながら左記を呟いて。相手が寝ていることを確信すれば相手の所まで歩き、近くに座っては相手の顔をジーッと見て)

>>152

154:リルギナ◆DI:2014/06/13(金) 17:33 ID:fGo


んんっ…
((ピクピク、と耳動かし上記漏らし、少し顔しかめるもころんっ、と寝返りうって。早々悪夢でも見ているのか少し唸り声あげて目頭に涙ためて何回か寝返りうち。
>>153

155:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 17:38 ID:Zdw

ん…、嫌な夢でも見ているのか…?(相手が唸り声をあげると少し心配になり、優しく頭を撫でてやると「これぐらいしかしてやれないな…」と複雑な表情をしながら左記を呟いて)

>>154

156:リルギナ◆DI:2014/06/13(金) 17:46 ID:fGo


んっ…
((頭の違和感に薄目で上見れば相手がいることに気付き。いつものようにとびかかるかと思いきや、相手の温もりが心地よかったのか喉ならして。彼女自体も相手が気の実を落としてくれたと気づいているのか気持ち良さそうな顔すれば相手に体すり寄せ。
>>155

157:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 17:51 ID:Shc

…っ!?な、なんだ…嫌がらないのか?(警戒心剥き出しだった相手に体をすり寄せられれば驚いた表情をしながらも左記を呟いて。そのまま相手の頬にそっと手を当ててみて)

>>156

158:リルギナ◆DI:2014/06/13(金) 18:21 ID:fGo



((相手の言葉にむっ、とした表情浮かべ、べーっ、と舌だしつつも頬に手をあててきた相手に怒りもせず。頬に当てられた手に顔埋めれば少し相手の腕舐めて見て。灰色の尻尾左右に振り。
>>157

159:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 18:31 ID:7Xs

ん…、なんだ、擽ったいぞ(相手が腕を舐められたのもあるが、相手の毛が自分の肌にあたり擽ったくなり少し笑いながらも左記を述べて。相手の頭をぽんぽんと叩き「お前は人懐っこさそうな顔はしてないが…」と少し疑問に思いながらも左記を呟いて)

>>158

160:リルギナ◆DI:2014/06/13(金) 18:38 ID:fGo



((相手が擽ったいなんて言えば、先程よりしつこく相手の腕舐めて、悪戯したときの子供のように少し舌だして、分かりにくいが笑って見せて。“人懐っこそうな顔はしていない”なんて言われれば顔で判断されたのに不満をもったようでふいっ、とそっぽ向き。
>>159

161:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 18:43 ID:xKg

な、や、やめろっ!?(相手がさらに自分の腕を舐めてくれば慌てた表情をしながら左記を言って。相手が機嫌を損ねてそっぽを向けば「なんだ…、気を悪くしたのなら謝るが…」と首を傾げながら左記を述べて)

>>160

162:リルギナ◆DI:2014/06/13(金) 19:05 ID:fGo


やだ…。
((なんて、先程まで全然声を出していなかったくせにぼそっ、と上記述べて。相手が自分が不機嫌になった理由をわかっていないことに気づけば『外見だけで選ぶなんて酷い。それに、誰にだってするわけないだろ。お前が優しいからやってるんだ…。』なんてむすっ、として述べて。
>>161

163:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 20:50 ID:QvQ




え、かわいくないよ、!?

( 当てられた手に擽ったそうに目を細めるが、特に嫌がる様子は見られず。彼にとって可愛い=女の子の定義が成り立っているらしく、相手の言った事がさも可笑しいというかの様にケラケラ笑うと、「やだなあ、僕は男の子だよー、」と言って。 )

>>149:セラ



Σうう、ごめんなさ…、……?

( キッと睨まれれば攻撃されてしまう、と早口に謝ろうとして。しかし予想とは反対にふらふら歩き始めた相手を驚いた様に目を丸くして。何時もとは様子が全く違う相手に、流石にやばいんじゃないかと心配になってきた様で、うんうんと頭を悩ませた末に木の上の木の実に目が行き。ようやく察した様で、「あ、お腹空いてたり、!?」と木に登って木の実をもいで相手に口許に差し出して。 )

>>150:リルギナ

164:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 21:18 ID:Cck

そう、か…すまなかった…(相手が機嫌を損ねた理由を口にすれば申し訳なさそうな表情で左記を言って謝罪をして。相手が優しいからやっていると言えば「そうだったのか…気付いてやれなくて悪かった」と相手をギュッと抱き、再び謝罪をし)

>>162


そう、か…。で、ではなんて言ったらいいのか…(相手がケラケラ笑いながら否定をすれば顎に右手を当て困った表情をしながら左記を述べて。相手が男の子だと言えば「そ、それはそうだが…」と苦笑いをしながら左記を呟いて)

>>163

165:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 22:01 ID:ubU




え、んー……何だろ、?

( 可愛い、に替わる言葉は何か無いものかとうんうん唸りながら考えてみるも、元々語彙力の少ない頭の中から良い言葉が浮かぶ筈も無く。にへら、と笑えば「えへへ、わかんないや、!」と。/ )

>>164:セラ

166:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 22:24 ID:xSY

ない、だろ…?(笑う相手を横目でみながら左記を述べて。その後相手の頭に手を置いて「俺は小さい頃から動物が好きでな…動物といる時が一番の至福な時と言っていいくらいだった」と少し恥ずかしそうな表情をしながらも左記を述べて)

>>165

167:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 22:38 ID:ikA




そうなんだ、!

( 確かに無いね、と諦めた様に頭ぽりぽりと掻いてへらりと笑い。その言葉を聞けば少し意外、と言った様に相手を見たが、直ぐににこにこと嬉しそうに目を細め、「ありがとう、たまにそう言ってくれる人間がいるから、僕も人間が大好きだよ、!」なんて言ってみせて。 )

>>166:セラ

168:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 22:50 ID:pgo

そう、か…。なら良かった(相手の返答を聞くと嬉しそうな表情で微笑み左記を呟いて。ふと我に返れば「何故、俺はこんなことを言っているんだか…」と自分に呆れながら左記を述べて)

>>167

169:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 23:00 ID:sno




なんでだろうね、!

( 相手の呟きを聞いて此方もこてりと首を傾げ。当然相手の心内状況は解る筈も知れる術も無いので、「まあ、深く考えないで良いんじゃないかな、?」なんて彼らしいといえば彼らしい、なんともお気楽な答えを返してみせて。 )


>>168:セラ

170:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/13(金) 23:37 ID:Q02

フッ…確かに気にする様なことでもないか…(相手が相手らしい返答をしてくれば微かに笑いながらも左記を述べて)

>>169

171:ティティ ◆wg:2014/06/13(金) 23:53 ID:sno




んー、!暇になっちゃったね、!

( くああ、と大きく伸びをすれば同調する様に尻尾もぴん、と立たせて。流石に再び眠りには付けないらしい彼の1日は殆んど寝るか遊ぶかの2択なので、ふう、と息を吐けば「ねえ、何かして遊ぼうよ、!」と相手見やり。 )

>>171:セラ

172:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/14(土) 00:24 ID:pgo

172あぁ、いいだろう…(相手に一緒に遊ぼうと誘われれば頷きながら左記を言って。と言ってもやることが思い付かず「お前はなにかしたいことはあるか?」と左記を問い掛けて)

>>172

173:ティティ ◆wg:2014/06/14(土) 00:44 ID:pYE




んー、そうだなー…、

( 問い掛けられると、ふむ、と口許に手を宛がってうんうんと考えて。お昼寝はたっぷりしたし、毛虫と遊ぶのは今は避けたい。森の中で暴れ回るにも、相手は同じ狼では無いなので勝手が違うのだろう。こうして指折り一つ一つ消去していくと結果何も浮かばなかった様なので、「浮かばないや、君が決めて、!」とそのまま問い返して。 )

>>172:セラ

174:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/14(土) 01:01 ID:fZQ

そうだな…森の中をゆっくり探索でもするか?(相手に質問し返されれば、考えた結果それぐらいしか思い付かず首を傾げながら左記を相手に問い掛け)

>>173

175:ティティ ◆wg:2014/06/14(土) 16:27 ID:j66




んー!わかった、!

( 普段は横目も触れずに走り回っている森の中を、たまにはゆっくりと散策してみるのも良いだろう。ふむ、とそう考えた末に、相手の提案ににへら、と笑って頷けば賛同して。 )

>>174:セラ

176:リリアン・アリス:2014/06/14(土) 17:36 ID:s9w



→セラさん

でも…。ありがとうございます…。
(相手の言葉に少し戸惑い。暫く俯くがすぐに相手を見てにこりと可愛らしい笑顔で微笑みお礼を述べて。『助かりました』と付け加えて。)

→ティティさん

いえ…!私は魔法使いですから。
(自分は大丈夫と言うことを主張するように述べて、ふわぁと再び欠伸を一つすれば目を閉じて眠りにつく体制になり。ふと思いつくように体起こせば『ティティさんも寝てください』なんて微笑みながら述べて。)

177:リルギナ◆DI:2014/06/14(土) 19:02 ID:fGo



((くちもとに差し出された木の実に目をうつせばくんくん、とにおい嗅いでぱくっ、とひとつ口にし。大きな一口頬張りながら相手の顔見れば『…ひゅまんな…。』などと少し聞き取りづらい話しかたするも、どうやら、謝罪と御礼もかねて“すまん”と発しているようで。食べ終われば、少しふらふらしつつも、木の枝へ飛び乗り、木の実ひとつ落として『…御礼だ。』なんて頬赤くし、照れながら言って。
>>163


別に…、謝るな。
((ふいっ、と顔そらして気にしていないような素振り見せれば、申し訳なさそうにしている相手に、此方も気を使ってしまい。相手に抱かれれば少し照れたように赤くなり、怒っている訳ではないが、頬ふくらまして目線そらし『…ただ単に、見た目で判断されるのが嫌なだけで、謝れとは言ってない…。』なんて、ぼそっ、と呟けば、くんくん、と相手のにおい嗅いで。
>>164

178:ティティ ◆wg:2014/06/14(土) 21:11 ID:NkE




魔法使い様だったの…、!

( その言葉を聞けば、ぴたりと動きを止めて目を丸くして。えー、!と思わず大きな声を挙げて驚けば、さっきまで襲い掛かっていた眠気なんてのは何処かの果てへ飛んで行った様で。瞳をきらきらさせると「ね、ね、何の魔法使えるの、!?」と相手にぐぐぐ、と近付いて。 )

>>176:リリアン


うん、うん、!
大丈夫…、?

( 相手が何を言っているのかは分からないが、とにかく木の実は食べてくれたので安心した様にほう、と息を吐いて。差し出しされた木の実に、にへらー、と笑い「わ、ありがとー、!」と受け取ったが、相手がまだ少しふらふらしているのを見れば、少し考えた末に木の実を半分に割って。そうしてその片割れを差し出せば、「もうちょっと食べて、フラフラだよ…?、」と心配そうに促して。 」

>>177:リルギナ

179:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/14(土) 21:23 ID:/PY

じゃ、行くか…(そう言って立ち上がれば体を軽く伸ばし相手の手を引っ張り「取り敢えず、あっちに進もう」と歩きながら左記を述べて)

>>175


べ、別に俺は礼など…(相手から顔をフイッと逸らしながら左記を言いかけたが、微かに見えた相手の笑みに言葉が詰まり「あ、あぁ、気にするな…」と照れ臭そうに言って)

>>176


お前みたいないい奴を見た目で判断するなんて…馬鹿だな、俺は…(申し訳なさそうなな表情をしままま相手を抱いたまま左記を述べると「どう詫びをすればいいか…」等といろいろ考えており)

>>177

180:リリアン・アリス:2014/06/14(土) 21:30 ID:HeQ



お花の魔法です!
(なんて、近づいてくる相手に戸惑いながらもにこにこの可愛らしい笑顔のままで上記述べればすくっと起き上がって、萎れたお花の前に立ち。魔法をかけるような仕草すれば花はすぐに元気になり。また泣いてるこの前に立てば頭よしよしとなで再び魔法をかけるような仕草すればその子を笑顔に変えてみせて。)

→ティティさん

いえいえ…!
(少し遠慮気味で述べれば相手見て再び微笑み。ふと何かを思い出したように強張った表情になったかと思えば相手の方に倒れる形になって、そのまま相手の腕持ち崩れ落ちればはぁはぁと呼吸が荒くなっていて。)

→セラさん

181:ティティ ◆wg:2014/06/14(土) 21:52 ID:R3c




れっつらごー、!

( 意気揚々と上記言いながらに引っ張られていない、反対側の腕を上にえいえいおー、とあげて。相手の促した方向へ足を進めると、「向こうには何があったっけなあ…、」なんて思い出そうと呟いて。 )

>>178:セラ


わー、!凄いや、!!

( その魔法の数々を目の当たりにすれば、信じられないよ、と言った具合に目を丸くして。そうしてゆっくりと目の前の事実を噛み締め確認すれば、見開いたその目をいっそうきらきらとさせ、「本当に魔法だーっ、!」とはしゃいで。 )

>>179:リリアン

182:リルギナ◆DI:2014/06/14(土) 21:54 ID:fGo


あぁ、…大丈夫だ。
((少しにこやかな笑み溢し。相手が笑って受け取ったのを見ればぐっ、と背伸びして顔しかめながらも上の木の実取り。一口くちにして、相手へ目線うつせば木の実差し出されていたため、食べている途中の木の実口にくわえ、飛び下りて。ゆったりとした足取りながらも、相手に近寄れば地にくわえていた木の実おいて。心配そうにいう相手の言葉、耳に入れば『ん…。』なんて短く返事して、木の実の片割れ受け取って。
>>178

183:リルギナ◆DI:2014/06/14(土) 22:11 ID:fGo


き、気にするな…。
((相手の表情見れば、この気まずい雰囲気におどおどし始め。相手の顔ちらちらと見ながら上記述べれば、『お前は馬鹿ではないし、慣れているから良いんだよ。俺は…。』なんて相手庇うような発言し。また、いつまでも自分を抱いている相手には『…悪いが、いつまで続くんだ…?この体勢は…。』少し頬赤く染めてぼそっ、と呟けば相手見。“詫び”なんて言葉聞こえれば『わ、詫びなど…いいんだ。』少し遠慮気味で目を泳がせながら述べて。
>>179

184:ティティ ◆wg:2014/06/14(土) 22:25 ID:ubU




良かったああ…、

( 相手の笑顔を垣間見ると、安心した様に此方もへらりと笑ってみせて。うんうん、と置かれた木の実を見れば、握った掌を胸の前でぶんぶんさせて、「いっぱい食べて元気になるんだよー、!」と、まるで田舎のお婆ちゃんが孫に制限無くご飯を寄越す時の様な言い様で促して。/表現ェ )


>>182:リルギナ

185:リリアン・アリス:2014/06/14(土) 22:27 ID:ru.



大したことないですけど。
(相手に褒められれば、すこし頬をピンク色に染め目線を逸らしながら、首を振り上記述べて。)

→ティティさん

186:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/14(土) 22:43 ID:/PY

ん…っ!?どうかしたのか!?(相手が急に崩れ落ちれば驚いた表情をしながら左記を述べると相手に目線を合わせて「どこか痛むのか?」と心配そうな表情をしながら左記を言って)

>>180


元気でいいな、お前は…(相手の元気な表情を見れば微かに微笑みながら左記を述べて。相手が何があったかと言えば「俺は初めて行くからな、さっぱりわからない…」と苦笑いをしながら左記を述べて)

>>181


すまない…、だがもう少しだけこのままじゃダメか…?(相手がいつまでこの体勢でいるのか聞いてくれば先程より強く抱きながら左記を述べて。相手が詫びはいらないと言えば「そう、か…。だがお前を傷付けてしまったことは詫びらなければ俺の気が済まされない…」相手から顔を逸らしながら左記を述べて)

>>183

187:リリアン・アリス:2014/06/14(土) 22:45 ID:aOI



…。

(息がだんだんと正常に戻ってきて。しかし相手の腕に強くしがみついたままで、相手を見上げて。)

→セラさん

188:ティティ ◆wg:2014/06/14(土) 23:11 ID:qWY




んーん、それでも凄いや、!

( 相手が照れれば照れるほど、此方はすごいすごいと両手をぶんぶんしてその驚きを表現して。そして「僕には出来ないもんー、」と当たり前である其れを苦笑しつつ言って。 )

>>185:リリアン



元気が無かったら狼さんなんてやってられないよー、

( 契約をしていなければ魔法を使う事が出来ない彼にとっての唯一の取り柄が元気であり、わりと其れをあっけらかんと言ってみせて。「んー、でも僕も忘れちゃったし、なんか冒険みたいだね、!」とまるで未知なる地への冒険へ足を踏み込む時の様に、心をわくわくさせて。 )

>>186:セラ

189:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/14(土) 23:50 ID:1Yo

ん…?どうしたんだ?言ってくれなきゃわからないぞ…?(相手の呼吸が整って落ち着くと首を傾げながら左記を問い掛けて。その後首を傾げたまま「立てるか…?」と相手に手を差し伸べながら左記を言って)

>>187


そういうものなのか…(相手が元気がなければやっていけないと言えばその発言に対し苦笑いをしながら左記を呟いて。相手が冒険みたいだとわくわくしていると「フッ…そうだな」と微かに笑みを見せながら左記を言って)

>>188

190:ティティ ◆wg:2014/06/15(日) 00:15 ID:Pg.




それが、んー、えっと、自然の摂理…みたいな、?

( 頬をぽりぽりと掻けば"自然の摂理"なんて何処かで聞いた言葉を、あまり深く意味も知らない癖に少しかっこつけて使ってみせて。るんたるんたとスキップをしてみせれば、相手振り返り「冒険って僕おとぎ話でしか知らないから楽しみだなあ、!」と。 )

>>189:セラ

191:リリアン・アリス:2014/06/15(日) 11:30 ID:13k



ありがとうございます!
(尚も照れながら。お礼を述べてにこりと可愛らしい笑顔で相手見て微笑み。『魔法久振りに使いました』なんて少し体力使ったのかそう述べて、、)

→ティティさん


男の人は苦手だった…ので…。
昔あったことを思い出してしまいました。
(なんて振り絞るような声でふるふると上記述べ、それに付け加えて『ごめんなさい』と謝ると、パッと相手から手を離して立とうとし。しかしふらふらして直ぐによろけてしまって。)

→セラさん

192:リルギナ◆DI:2014/06/15(日) 12:10 ID:fGo



((相手の言いようにあまりしっくりこないようでこてん、と首傾ければぱしっ、と相手の頬軽く叩いて。『なんか…、嫌だ。その言い方気持ち悪い。』なんていつもの調子に戻ればニヤッと笑って。相手から受け取った木の実口にすれば『おみゃえも、食びぇろ…』木の実を頬張り過ぎたために、よくある、喋る猫のような口回しになりつつも相手のことを気づかってか照れながらもそんなこと述べて。
>>184


…別に…良いけど。
((相手の発言に最初は驚き、断ろうとしていたも、強く抱かれれば諦め、上記述べれば慣れてきたのか、少しずつ頬の赤みも減ってきて。詫びはいらないと断ったものの、相手がどうしても…という様子なのでまた、諦めた様子で『…、わかったけど、別に…詫びなんて、何でも良い。何だって、私は気にしないから。』ぼそっと相手の耳元で納得したように述べ。
>>186

193:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/15(日) 12:39 ID:Df2

そ、そうか…(相手が難しい言葉を使えば内心意味をちゃんとわかっているのか疑いながら左記を呟いて。相手がスキップする姿を見れば「そんなにはしゃぐことでもないだろう…」と微かに笑みを見せながら左記を呟いて)

>>190


そうだったのか…(相手が男性を苦手だったことを知れば少し驚いた表情をしながら左記を呟いて。相手がふらつけば「取り敢えず、あの木の下で休んだらどうだ?」と近くにあった木を顎でしゃくりながら左記を提案してみて)

>>191


ありがと、な…(相手がこのままの体勢を許可してくれれば少し照れ臭そうな表情をしながら左記を述べて。相手が詫びは何でもいいと言えば少し困った表情で「そうだな…、なにか欲しいものとかはないか?」と何をすればいいかわからなくなり、取り敢えず相手が欲しいものを問い掛けてみて)

>>192

194:リリアン・アリス:2014/06/15(日) 13:01 ID:B9I


…はい。

(相手の言葉に小さく頷くも。ふらつく足元にうまく立ち上がれないようで困ったような表情をして。)

→セラさ?

195:リルギナ◆DI:2014/06/15(日) 13:02 ID:fGo


ん、別に…。
((そっけなく返事返すもいつの間にか、相手の腕の中で狼人間へ戻ってしまい、『狼だとあの体勢はきついんだ。』などと言い聞かせるように呟けば相手見。自分の欲しいものを聞かれれば『…特にない。』考えるそぶり見せるもきっぱり述べ。『私には、この身体能力が備わってるからな…。』なんてどうやら頭の中には“魔法”という案も上がっていたようだが、とうにその案は捨てた様子で。
>>193

196:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/15(日) 14:09 ID:VSM

仕方ない…ほら、早く乗れ(相手が立てないことに気付けば溜め息混じりに左記を述べ、相手の前で後ろ向きでしゃがみ。どうやらおんぶをしてくれる様で)

>>194


あぁ、それもそうだな…(相手の姿が戻ると相手の発言に軽く頷きながら左記を述べて。相手が特に欲しいものがないと答えれば「そう、か…。では詫びは俺なりに何か考えておこう」と少し考える時間が欲しいらしく左記を述べて)

>>195

197:リルギナ◆DI:2014/06/15(日) 14:34 ID:fGo


…他人の温もりをこんなに感じたのは初めてだな…。
((頷く相手見れば、安心したように聞こえるか聞こえないかくらいの小さな声でぼそっ、と上記述べ、嬉しそうに笑って尻尾振り。“考えておく”なんて言われれば『…ん、でも、別に、思いつかなかったらいらないからな。』などとやはりまだ詫びのことを気にしているようでふいっ、とそっぽ向きながら述べて。
>>196

198:リリアン・アリス:2014/06/15(日) 14:40 ID:146



え…でも重いですよ…!

(なんて少し顔赤らめながらそう上記述べながら、申し訳なさそうな表情をしていて。同時に首と手をぶんぶんと振りながら相手を見て、)

→セラさん

199:ティティ ◆wg:2014/06/15(日) 15:44 ID:rew




そうなんだ、!

( 疲れ気味にも見える相手の肩に手をやり支えてやれば、「わわ、もしかして疲れさせちゃった、?」と相手の表情覗き込み、若干申し訳無さそうに眉を下げ、こてりと首傾げて。 )

>>191:リリアン


Σあう、気持ち悪…、!?
ひ、ひどいよー、!!

( いてて、と叩かれた頬を抑えると、早速相手の言葉への反論を始めて。しかしなんとなく調子が戻った様に見える相手に、此方もくふふふ、と軽く笑みを零しながら。相手の気遣いはよく分かった様で。何を調子に乗ったのやらからかう様に「何言ってるか分かんないよリルギナちゃん、!」と笑いながら此方もしゃくしゃくと木の実を一口かじり。/ )

>>192:リルギナ



で、自然の摂理ってなあに?、 ←

( さらりと使ってみたは良いものの、なんだか分からないまま使うのもどうかと思ったらしく。結局けろりと頭にハテナを浮かべて相手に尋ねてみせて。くふふふ、と笑みを零せばはしゃぐのをやめる様子は無く、「だって初めてなんだよー、!」と相手振り返り。 )


>>193:セラ

200:リルギナ◆DI:2014/06/15(日) 16:58 ID:fGo


ふんっ…事実だ。
((反論始めた相手にべーっ、と舌だして此方も相手に対抗し。自分に酷いこといわれたのにも関わらず笑みこぼす相手に不信感もちつつ『…何笑ってんだよ。』此方も少し笑いながら頬ふくらまして。からかわれれば眉間にしわよせ、不機嫌オーラ、むんむんだし『あ…?挑発してんの…?』怖い顔してゆっくりとした足取りで相手に近づき、にやっと笑み浮かべ。
>>199

201:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/15(日) 21:56 ID:e2Q

ん…?なにか言ったか?(相手がボソッと何かを言えば不思議そうな表情をしながら首を傾げ左記を問い掛けて。相手が思いつかなかったらいらないと言えば「あぁ、だがなるべく何かしらの方法でお詫びしたいと思う」と苦笑いをしながら左記を言って)

>>197


ん?別になんの問題もない(相手が自分は重いと言えば此方は特に気にしていないようで、「日々修行を積み鍛えてはいる、別に気にする必要はないぞ?」と左記を述べて)

>>198


あぁ…確か昔に読んだ本だと自然が持っている逆らえない法則…だったような気がするな。すまない、少し曖昧だが(相手にどういう意味か聞かれれば顎に右手を当て思いだしながら左記を述べて。相手がはしゃぐのを止める様子がないのを見ると「まぁ、確かにそうだが…」と少し困った表情をしながら左記を言って)

>>199

202:リリアン・アリス:2014/06/15(日) 22:24 ID:DQQ



疲れてませんよ。

(ほんとは少し体力を使ったようだが相手を心配させぬようにこりと笑顔を見せ、答えて。暫くすると体力回復したようで、太陽の光と風を浴びて気持ち良さそうににこりと微笑んでいて。)

→ティティさん

修行…?

(相手の言葉に少し疑問持ち首をこてりとかしげて上記述べ。ふわりと軽い体を相手の背中に乗せれば申し訳なさそうに『すみません』なんて申し訳なさそうに謝って。安心したように相手の背中に顔をくっつけすやすやと眠ってしまい。)

→セラさん

203:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/15(日) 22:45 ID:xUg

あ、あぁ…別に気にするな(相手が首を傾げ疑問に思っていると苦笑いをしながら軽く流して。相手が背中に乗り直ぐ様眠りにつけば「なんだ、軽いじゃないか…っと、寝てしまったか」と少し困った表情をしながら左記を呟けば相手を起こさない様にゆっくりと歩いて)

>>202

204:リリアン・アリス:2014/06/15(日) 22:52 ID:.SU



…。

(すうっと可愛らしい寝息を立てながら眠っていて。暫くすれば体制を変えたのかごそごそと動き。小さく『ふにゃー。』なんてわけの分からない寝言を呟いて。)

→セラさん

205:ティティ ◆wg:2014/06/15(日) 23:31 ID:Zow




Σ事実じゃないもん、!

( 相手の言葉に大きく反対する様に、両手と尻尾をぶんぶんと大袈裟に振り。尚もにへ、と笑みを浮かべながら「くふふ、別にー、!」と曖昧な答えを寄越して。相手の不機嫌オーラに気付いてしまえば( あ、しまった、! )とぎくりと笑みを固まらせ。しかしもう手遅れであり、相手は近付いてきており。「わー、!してない!してないよ、!」と飛び上がれば、思わず後ろへ一歩退いて。 )

>>200:リルギナ



そーなんだ、!
…あるえ、ちょっと僕、意味間違えた…?、

( 相手の返答を聞けばふむふむ、と頷いて。そうしてふと気付いた様に、その言葉の意味と照らし合わせてはうーん、と頭悩ませて。不意にぴたりと動きを止めれば、「それとも、たまには落ち着こうか?、」と問い掛けて。 )

>>201:セラ



そっかあ、良かった、!

( 安心した様にへらりと笑みを浮かべると、此方も柔らかに降り注ぐ太陽の光を浴び、んー、!と爪先で立って大きく伸びをしてみせて。 )


>>202:リリアン

206:リリアン・アリス:2014/06/15(日) 23:34 ID:IhY



気持ちいいですねー。

(なんてポツリと呟くように述べ、にこりと微笑み。思い出したように鞄をごそごそと探り。大好きなチョコレートを二つ取り出すと一つは自分の口に含み。頬っぺたを膨らましたままもうひとつを相手にどうぞと言う風ににこりと優しい笑顔を浮かべながら手渡して。)

→ティティさん

207:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/16(月) 00:18 ID:vq.

フッ、まるで猫みたいだな…(相手のおかしな寝言を聞くと微かに笑いながら左記を呟いて。木の下まで着けば相手をソッと下ろし木に寄り掛からせ「さて、と…どうしたものか」と言って相手の様子を見ており)

>>204


フッ、カッコつけて難しい言葉を使おうとするからだ(相手の発言を聞くと相手を馬鹿にするかのように鼻で笑いながら左記を述べて。相手が落ち着こうか問い掛けてくれば「いや、お前は元気でいた方がいい気がする…」と苦笑いをしながら左記を呟いて)

>>205

208:ティティ ◆wg:2014/06/16(月) 00:35 ID:BgU




、チョコレートだあ、!

( そうだねー、なんて同調する様に此方ものんびりと答えてみせて。差し出されたそのチョコレートを見れば、ぱああと瞳輝かせて。くれるの?くれるの?と何度も尋ねながら其れを受け取ると、「チョコレートなんて、100年と6ヶ月ぶりだよー、!」なんてうきうきと言って。 )

>>206:リリアン



だって、かっこよくなりたかったの……、

( 相手の言葉に尤もです、とでもいうかの様にしゅんとなり。同調するかの様に耳と尻尾もしゅんと垂れると、言い訳染みた上記を言って。苦笑いしつつの返答を受ければ、そうかな?と首傾げるも、「んじゃあ、はしゃいじゃうよー、!」と跳び跳ねてみせて。 / )

>>207:セラ

209:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/16(月) 00:53 ID:xKg

かっこよくは…、当分無理だと思うぞ?(相手の落ち込む姿をジーッと見ると微かに笑いながら左記を呟いて。相手が再びはしゃげば「やはりお前はその方がいいな…」と満足げな表情をしながら左記を言って)

>>208

210:ティティ ◆wg:2014/06/16(月) 01:11 ID:qb6




Σ、ええー、!なんでさ、!?

( 相手の言葉聞けば、不服と云った様にパッと顔を上げればぷく、と頬膨らませて。えへへー、と相手の言葉にへらりと笑えば、ふと思い付いた様に、「そうだ、セラも思い切ってはしゃいじゃおうよ、!」と誘い掛けて。 )

>>209:セラ

211:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/16(月) 01:16 ID:HCE

お前はかっこいいと言うよりか、可愛らしいからな(相手が膨らませた頬を人差し指で押しながら左記を述べて。相手に自分もはしゃげばと問われれば「俺が、か…俺にはそんなこと無理さ」と肩を竦めながら左記を呟いて)

>>210

212:ティティ ◆wg:2014/06/16(月) 01:48 ID:sno




それは、こっちの姿の話でしょっ、!

( 其の言葉聞けば、違う違う、!とぶんぶん首を振って、ぼわん、と狼の姿に変身してみせて。肩を竦めた相手に「ええ、どうしてー、?」と口を尖らせて尋ねてみせて。 )

>>211:セラ

213:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/16(月) 02:07 ID:kNw

まぁ、狼の姿も可愛いが…(相手が狼の姿になれば頭を優しく撫でながら左記を述べて。相手がどうしてと問い掛けてくれば「俺にはそんな元気はないんだ…。それに俺はお前みたいにそんな明るくないだろう?」と苦笑いをしながら左記を述べて)

>>212

214:リルギナ◆DI:2014/06/16(月) 16:45 ID:fGo


…別に。
((相手に問いかけられるも、何も知らないような顔しては、目を泳がせ。“別に”といってるわりにはまだ、嬉しそうにぶんぶん、尻尾振って頬赤くし。苦笑いしながら論を述べる相手にむすっとした顔向けて『…だから、良いってば、無理やりそんなの考えてくれなくたって。』ぶっきらぼうにそんなこと述べれば『今ので…十分……ら』続きがありそうな発言ぼそぼそともじもじ、しながら言い。
>>201


…はいはい、じゃ、そういうことにしておくから。
((切れの悪い言い方すれば、馬鹿にするようで鼻で笑って見せて。相手の曖昧な答えと態度にむっ、とした顔して『…このっ、教えろよ!』むきになれば前のように相手にとびかかれば相手の両頬引っ張って。“挑発してない”なんて相手に言われるも『…ん?なんか…言った?』作り笑い浮かべ一歩退いた相手に二歩近づき、『あれ…逃げるの?』ニヤニヤしつつも先程の笑み浮かべ。
>>205

215:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/16(月) 17:30 ID:wkw

なんか顔が赤いが…、熱でもあるのか?(相手の顔をジーッと見ると頬が赤かったのを見ては相手の額に手を当てながら左記を述べて。相手がぼそぼそと何かを言えば「どうかしたのか…?上手く聞き取れなかったんだが…」と首を傾げながら不思議そうに左記を言って)

>>214

216:リルギナ◆DI:2014/06/16(月) 18:50 ID:fGo


…っ…ね、熱なんてない!
((相手の手が額に触れれば上記述べ、あからさまに否定し。むっ、とした表情顔に浮かべ、頬ふくらまし、腕組んで。頬赤くしたままそっぽ向きつつもちらちら、と相手へ目配せし、べーっ、と舌だして見せて。“うまく聞き取れなかった”などと言われれば、相手が、自分をからかって言っていないとわかっていつつも、顔しかめ、少し相手睨み『前言撤回。私が、何も言っていなかったことにしろ。』なんてぶっきらぼうに命令口調で言い。

>>215

217:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/16(月) 19:46 ID:Zkw

そ、そうか…。まぁ、それだけの元気があるなら大丈夫だろう(相手が熱などないと言い舌を出してくる様子を見ればからかうように笑いながら左記を述べて。相手が命令口調で言ってくれば「了解した…」と頷きながら言いつつ、相手の表情見ては「だが、何を怒っている…?」と首を傾げながら左記を言って)

>>216

218:ティティ ◆wg:2014/06/16(月) 21:57 ID:Zow




Σ、ううー…、

( 撫でられると気持ち良さそうに目を瞑るも、ぱちりと瞳を開ければ「 で、でも遠吠えできるよ、! 」と何の基準になるのやら、あおーん、!と遠吠えしてみせて。相手の苦笑いに、そっか…と一時は納得した様子。しかし「 Σなんか、僕ひとりすっごいはしゃいでるみたいじゃん、! 」とふと気付いては唐突になんだか気恥ずかしくなり。 )

>>213:セラ



わーい、ありがとー、!

( 根が馬鹿であるからか、相手から馬鹿にされているなんて全く気付いていない様で。言葉をその通りに受け取ると、にへらー、と満足気に笑って。Σ、わわわ、と飛び掛かられ頬を引っ張られると言いたい事も言えず、「ひひゃひひょー、!」と言葉にならない言葉を発して。二歩近付かれれば此方もまた二歩退いて。しかし相手にそんな事を言われてはこのまま逃げるのも格好が付かない。そこでしどろもどろに顔ぽりぽりと掻きながら「 に、逃げないけどー…、戦ったらどっちか死んじゃうじゃん、? 」と。 )

>>214:リルギナ

219:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/16(月) 22:09 ID:Ges

フッ、やはり動物とは可愛いものだな…(相手が遠吠えをすれば相手の頭から手を離し、小さな声でボソッと左記を呟いて。相手の気恥ずかしそうな様子を見ると「だがお前の明るい姿を見ると、何故だか俺も元気になれる気がしてな…」と微かに笑みを見せながら左記を述べて)

>>218

220:リリアン・アリス:2014/06/16(月) 22:24 ID:2V.



え…!

(相手が口にした言葉に少々固まるも、直ぐに笑顔を取り戻し『美味しいですよ!』とにこにこ嬉しそうに微笑みながら述べ。)

→ティティさん


…にゅー…。

(すやすやと眠るも幸せそうな表情をしながら上記呟き全く起きる雰囲気せず。時折体の向きを変える程度しか動かないでいて。)

→セラさん

221:ティティ ◆wg:2014/06/16(月) 22:25 ID:KAg




Σ、そこはかっこいいって言ってほしかったな…、 ←

( 相手の呟くのが耳に入ると、がーん、とがっくりして。どうやら渾身のかっこいい遠吠えだったらしく、ブツブツと上記呟いて。相手の言葉聞けば驚いた様に目を丸くして、だけど、「 えー、気のせいだよきっと、! 」なんてへらりと笑ってみせて。 )

>>219:セラ

222:ティティ ◆wg:2014/06/16(月) 22:36 ID:ikA




んぇ、?

( えへへー、!と至福の表情でぱくりとかじりつくと、その舌先を溶ける甘さに思わず身を震わせて。すると相手の驚いた表情に気付いた様で、「 え、どーしたの、? 」ときょとりと不思議そうに首傾げて。 )

>>220:リリアン

223:リリアン・アリス:2014/06/16(月) 22:39 ID:2V.



いえ。

(何もないと言う風に首をぶんぶんと振れば此方ももう一つチョコレートを出し自分の小さい口にほいっと放り込めばにこっと微笑み嬉しそうにしていて。)


→ティティさん

224:ティティ ◆wg:2014/06/16(月) 22:56 ID:R3c




そっか、!

( あまり深くは追求しないタイプらしく、口の中でころころと甘いチョコレートを転がしながら、そう返答して。そうして思い出した様に、「ね、ピンク色のチョコレートって知ってる、?」と唐突に相手に問い掛けて。 )

>>223:リリアン

225:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/16(月) 23:12 ID:w7w

起きる様子はないな…。暫くこのままにしてやるか…(相手が起きる様子がなければ左記を呟き、相手の隣に座って目を瞑り)

>>220


す、すまなかった、かっこよかったぞ…?(相手の返答を聞けば少し申し訳なさそうな表情をしながら流石を言って。相手が気のせいだと言えば「そう、かもな…気のせいだということにしておこう」と頷きながら左記を述べて)

>>221

226:ティティ ◆wg:2014/06/16(月) 23:31 ID:NkE




Σわああ、ごめんね、!
気ィ使わなくて大丈夫だよ、!?

( 相手の申し訳無さそうな其れを聞くと、変に気を使わせちゃったなあ、と後悔したらしく慌ててぶんぶんと両手を振って謝って。相手の返答にうん、!と頷けば、どうやらずっと歩いてきた道をもうすぐ抜けそうな予感。「ね、ね、もうすぐ何処かに着くね、!」とそちらを指差して。 )

>>225:セラ

227:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/16(月) 23:38 ID:D1s

いや、俺の方こそ…その、す、すまなかった(相手から謝られれば少しぎこちないが顔を逸らしながら左記を述べて。相手の発言を聞くと「ん…、あぁ、そうだな」とあまり興味のなさそうな表情をしながら左記を呟いて)

>>226

228:リルギナ◆DI:2014/06/17(火) 16:44 ID:fGo


むう…。
((からかう様な言い方されればふてくされたように顔しかめてそっぽむき、頬ふくらまして。どうしても、言い返したいのか『…元気なんかじゃ…ないもん。』なんて言葉つまりながらも目を泳がせ意味深な言葉発し。相手に“了解”などと言葉にされれば一息つくも何故自分が不機嫌なのかわからない相手に問われれば『…別に…怒ってるんじゃないもんっ。』意地張りながらも述べて。
>>217


…馬鹿。さっきの台詞で喜ぶ奴なんて、そうそういないぞ。
((相手の態度にはあ…、なんて深いため息ついて、少し呆れたように苦笑いし、少しとげのある言葉投げかければ、相手が満足気に笑えば、少し不機嫌になり、むすっ、とした顔で頬ふくらませ。分かりにくい言葉相手の口から発せられれば『なんて言ってるかわかりませーん。』なんてべーっ、と舌だして、相手の頬つねる手を緩めて。
二歩下がる相手に一歩近づけば“戦ったらどちらかが死ぬ”なんて言う相手に『…別に、戦うなんて言ってないし…本気だす訳ないし…ね?』にこにこ作った笑み浮かべながら首傾けて。
>>218

229:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/17(火) 19:54 ID:MW6

まったく、可愛い奴だな…(ふてくされ頬をふくらましている相手の表情を見ると小さな声で左記を述べながらふくらんだ相手の頬を人差し指で押してみて。相手が怒っているわけじゃないと言えば「俺には怒っているようにしか見えないんだが…、気のせいか?」と首を傾げながら左記を問い掛け)

>>228

230:リリアン・アリス:2014/06/17(火) 20:48 ID:JV.


ピンクー?

(知らないらしくこてりとくびかしげて興味津々のように目をきらきらと輝せてみを乗り出すようにして上記述べれば『食べてみたい!』なんて言い。)

→ティティさん

…。

(すやすやと眠り続けるが段々と相手の方に倒れて行き最終的に肩にもたれかかってしまい、心地よさそうにしながらまたしても寝続け。)

→セラさん

231:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/17(火) 21:19 ID:J3Q

なっ…!?(相手が自分の肩にもたれかかってくると驚いた表情をしながらびくりと肩をあげると「お、起こすわけには…いかないしな…」と少し困った表情をしながら左記を述べ、暫くこのままにすることにし)

>>230

232:リリアン・アリス:2014/06/17(火) 21:26 ID:trg



ん…。

(相手が肩をあげたことで少し顔が浮くがすぐにもたれかかりさっきよりも深くもたれかかってしまったようで。)

→セラさん

233:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/17(火) 21:29 ID:w7w

ぐっ…ち、近いぞ…(相手がさらにもたれかかってくれば困った表情をしながら左記を言って、相手を横目でチラチラと見ており)

>>232

234:リリアン・アリス:2014/06/17(火) 21:34 ID:trg



はいー。

(なんて答えたのかただの寝言なのかよくわからないけど上記を口にすればふふっと微笑んでいて。)

→セラさん

235:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/17(火) 21:42 ID:w7w

な、なんだ…!?(相手が返事をし微笑んでいれば驚いた表情をしながら左記を言って「まさか、お前起きているのか…?」と顔を覗き込んでみて)

>>234

236:リリアン・アリス:2014/06/17(火) 21:51 ID:wRM



…。

(起きていないらしく、何やら楽しい夢をみているようですやすやと幸せそうな顔をしていて。)

→セラさん

237:リルギナ◆DI:2014/06/17(火) 22:02 ID:fGo


【…すみません。土曜日あたりまで来れないので、レス返すのに大分、時間がたってしまうと思われます。もしかしたらレス蹴りする場合もあるかもしれませんが、その時は御了承ください((汗】
>主様 <all>

238:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/17(火) 22:18 ID:VTk

やれやれ、困ったものだ…(相手が寝ているのを確認できればやれやれと肩を竦めながら左記を述べて。暫く目を瞑っていると此方も眠くなりウトウトと首を揺らし)

>>236


【はーい、了解しましたっ】

>>237

239: Fantasia . ◆wg:2014/06/17(火) 22:33 ID:/UM




( /了解しました(*^^*ゞ
レス蹴り等は基本的に寛大主義なので、どうかお気になさらず、!
それでは、またリルギナちゃんに会える事をお待ちしております、! 笑 )

>>237



( /すいませんorz、連日の疲れによりレスを遡る気力が無い故、蹴らせて頂きます…、 )


Σ、雨だー、!

( 雲行きの怪しい空の下。最初はポツポツと小雨で気に留めていなかったものの、次第にざあああ、と雨は勢力を増してきて。それまで人間の姿で珍しく街中を、特にあてもなく散歩をしていたのだが、傘なんて持っていなかった為にこれでは風邪をひいてしまう、となんとか雨風の凌げる様な場所を慌てて走りながらつ捜して。ようやく辿り着いたのは赤い屋根の付いた小さなお店の前で、とりあえず一時は此処で雨宿りをしようと落ち着いて。早くやまないかなあ、なんてふるふると髪に付いた水滴を散らしながら思っており。 )


>>おーる様、

240:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/17(火) 22:51 ID:QMs

【了解しました、よくわからないですがお疲れ様です】


くっ…雨か、降る前に買い出しはしておきたかったが仕方ないな(自宅から出て食料を買いに行く途中で雨が降ってきたので左記を呟けば直ぐ様雨宿りができる場所を探し、近くにあった建物に行けば見知った顔を見かけ「お前は…ティティ…?なぜお前がこんなところに…?」と不思議そうな表情をしながら左記を問い掛けて)

>>239

241:リリアン・アリス:2014/06/17(火) 23:01 ID:KJ6



…!

(何を思ったのかぱちりと目を開け。ふわりと起き上がれば相手の肩にもたれかかっていたのにきづき『すみません』と申し訳なさそうに謝り。)

→セラさん。


雨…。

(雨が振り出せば可愛らしい白色の傘を取り出しさして。ふと相手見つけるとてくてくと近寄って行き『こんにちは。』なんて話しかけてみて。ふと相手が濡れていると思えばもう一つ小さい傘を取り出しどうぞと言う風に手渡して。)

→ティティさん

242:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/17(火) 23:25 ID:QMs

あぁ、いや…謝らないでくれ(相手が申し訳なさそうな表情をしながら謝罪をしてくれば顔を逸らしながら左記を述べては「悪いが俺は寝させてもらう…」と左記を言ってゆっくり目を閉じて)

>>241

243:リリアン・アリス:2014/06/17(火) 23:28 ID:DQQ



ありがとうございます

(相手の言葉に安心したように胸をなで下ろせば、にこりと微笑み『どうぞどうぞ』と述べ目を閉じて眠る相手みて何故か幸せそうな顔をしてにこりと微笑み。)

→セラさん

244:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/17(火) 23:33 ID:QMs

ん…(寝る前に相手をチラリと見てはフードを深く被り寝顔が見えないようにしては静かに寝息を立てながらぐっすりと寝ており)

245:リリアン・アリス:2014/06/17(火) 23:38 ID:DQQ



…。

(相手を起こさないように、自分が来ていて白いカーディガンをふわりと相手にかけ。何かすることを考えているのかなにやらきょろきょろしはじめ。ふと花壇があればその周りに近寄り写真を取れば元の位置に戻り、写真を見返したり空を見上げたりとぼんやりしていて。)

→セラさん

246:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/17(火) 23:46 ID:J3Q

ん…、ん?(暫くしてから目が覚めては自分にかかっていた白いカーディガンを見ると相手のものだとわかり「これは、お前のものか…。そ、その…ありがとう…な」と相手から顔を逸らしては照れ臭そうな表情で左記を述べて)

>>245

247:アリス IA0:2014/06/18(水) 04:46 ID:JiU

名前 アリス
年齢 19歳
性別 女
性格 暗い。どんなことでも、悪い方向に考えてしまう。とにかくネガティブ思考。
身長 172.6cm
体重 34.2kg
容姿 背は小さく、ヒョロヒョロしていて弱っちい。いつも泣き目。
服装は、ボロボロの奴隷服のような物を着ていて脚にはアザがついている。
いつでも片手には本を持っていて木の上で一人読書をしている。
後ろ髪は、かたあたりまである。前髪は、目の辺りまである。(金髪)
目の色は、すんだ青。
備考 一人称 私
二人称 あなた 「名前」さん
あまり群れは作らない。(魔法使いを、恐れている)自分をぐいぐい引っ張ていってくれる狼を探している。
口癖 「あっ....えっと....」

248:リリアン・アリス:2014/06/18(水) 07:51 ID:rFI



いえいえ…!

(お礼を言われれば何時ものように可愛らしい笑顔を見せて浮かべ上記述べれば、『よく寝れました?』なんて問いかけてみて。)

→セラさん

249:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/18(水) 17:10 ID:7Xs

あぁ、お陰様でな…(相手から良く眠れたか問われればフードで隠れてはいるが微かに笑みを見せながら左記を述べて)

>>248

250: ティティ / Fantasia . ◆wg:2014/06/18(水) 21:07 ID:84s



セラ、!

( する事も無いので、その店のショーウィンドウを物珍しそうに爪先立ちをしながら覗き込んでおり。するとそこへ見知った声が自分の名を呼んだものだから、驚いた様に振り返り。手をひらりと振れば、「奇遇だね、こんな処で会うなんて、!」とへらりと笑って。 )

251: ティティ / Fantasia . ◆wg:2014/06/18(水) 21:08 ID:84s




( 途中送信ワロチ...)

252:ティティ ◆wg:2014/06/18(水) 21:13 ID:IWo




( /チクショー!慣れないですウォークマン、!>>250はセラさん宛です。 )


わあ、こんにちはー、!

( 相手に話し掛けられると、へらりと笑って此方も挨拶して。手渡された傘を見れば、「え、良いよ、大丈夫、!」とぶんぶん首を振って其れを拒んで。またいつ何処で会うか分からない相手に対して、どうやら返せなくなるかも、とある一定の気を使っているらしい。 )

>>241:リリアン



( /素敵な…狼さんですよね?参加ありがとうございます、!
ですが、一つ足りない忘れ物が…、汗 )

>>247

253:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/18(水) 21:24 ID:YZ2

あぁ、本当に奇遇だな。こんなところでお前に会えるとは思ってなかったな(相手が自分の名前を呼び此方に手を振ってくれば軽く手を振り返しながら左記を述べて。相手に近付くと不思議そうな表情をしながら「お前もこんなところに来るんだな、森にしかいないと思っていたが…」と左記を述べて)

>>250

254:ティティ ◆wg:2014/06/18(水) 21:44 ID:R3c




えへ、僕もたまには都会に来るんだよー、

( えへん、と何を得意気にするのか分からないが胸を張ってみせて。どうやら特に意味も無くただフラフラしていただけの様で、「でもまさか、こんな雨に巻き込まれるなんて思ってなかったよ、」と止む気配の無い雨を見ては苦笑して。 )

>>253:セラ

255:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/18(水) 22:13 ID:jyE

あぁ、雨が降るなど聞いていなかったしな…(苦笑いをする相手を見ては同感するように頷きながら左記を呟いて。降り続ける雨見ては「はぁ、参ったな…」と溜め息を吐きながら左記を述べて)

>>254

256:ティティ ◆wg:2014/06/18(水) 22:32 ID:BgU




雨やだなー…、

( ざあああ、と降りしきる雨の音に消されて聞こえなくなりそうなくらいの声量で、上記をぽつりと呟いて。どうやら湿気で尻尾や狼の毛がうねる事や、その他色々な憂鬱な事を気にしている様で。 )

>>255:セラ

257:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/18(水) 22:40 ID:YZ2

この雨だと止みそうにないな…(勢いよく降る雨を見続けては肩を竦めながら左記を呟いて。テンションの低い相手を横目で見ると「雨の日はあまり元気がないみたいだな…」と苦笑いをしながら左記を呟いて)

>>256

258:ティティ ◆wg:2014/06/18(水) 22:55 ID:tzs




なんか、雨の日は気分が下がっちゃうんだよねー、

( 相手にそう言われると、苦笑しながら上記を言って。そして聴覚は雨音に殆んど支配されている退屈なこの時間に、うんざりした様にんー、!と大きく腕を上げて体を伸ばして。 )

>>257:セラ

259:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/18(水) 23:05 ID:2Rw

そう、か…。確かにわからなくもないが(苦笑いをしながら返答する相手を見ると頷きながら左記を言って。体を伸ばす相手をチラリと見ては「これじゃ、暫く動けないな…」とフードをとり困った表情をしながら左記を述べて)

>>258

260:ティティ ◆wg:2014/06/18(水) 23:12 ID:qb6




でしょー、
なんでだろうねえ、?

( 自分にもこの気分の起伏は謎らしく、うーん、と不思議そうに首を傾げ。その言葉を聞くと、思わず苦笑が込み上げて、そしてふと「今から帰っても、多分洞穴はびしょ濡れなんだろうな…」と今夜の寝床の心配が浮かび。 )

>>259:セラ

261:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/18(水) 23:17 ID:MXY

さぁ、なんでだろうな…(不思議そうな表情をする相手を見ると肩を竦め首を傾げながら左記を言って。相手が寝床の心配をすれば「だったら俺の家に来ればいい…」と左記を提案をしてみて)

>>260

262:ティティ ◆wg:2014/06/18(水) 23:35 ID:sno




わかんないよねー、

( 疑問が浮上したまま上記を零し、また暫く考えたあと「まあ、そういうもんなんじゃないかな、?」という根本的には何も解決していない結論に至り。相手の言葉を聞けばぱっと表情を明るくして「え、いいの、!?」と相手振り返り。 )

>>261:セラ

263:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/18(水) 23:44 ID:HUA

フッ、お前らしい結論だ(相手がそういうものだと言えば、どこか嬉しそうな表情をしながら左記を呟いて。相手が表情を明るくさせいいのかと問い掛けてくれば「あぁ、別に構わないが…」と苦笑いをしながら左記を応えて)

>>262

264:ティティ ◆wg:2014/06/18(水) 23:53 ID:Zow




えへ、結局なんにも分かってないけどねー、!

( そうしてけろっとした顔で、あっけらかんと上記を言ってみせて。相手にぺこぺこと頭を下げれば、「わー、お願いします、!騒がないから、騒がないから、!」と懇願して 。/ )

>>263:セラ

265:リリアン・アリス:2014/06/18(水) 23:58 ID:FAU



なら良かったです…!

(なんて本当に嬉しそうな表情をし可愛らしい笑顔でにこりと微笑み上記述べ。ふと近くの花壇見つめ、枯れている花見つければてくてくと近寄り何やらおまじないのようなものを言い、手をしゅっと上に振ると花が元気になり。それを見届ければ相手がいる方へ戻って来て。)

→セラさん


大丈夫ですか…?

(此方も心配しているようで傘を直すか直さないか迷っているようで。でもっと考え直すと『風邪引いちゃったらダメですし』なんてポツリと呟くように述べ再び傘を相手の前に差し出して。相手の顔みれば遠慮はいらないとでも言う風ににこりと微笑んで。)

266:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/19(木) 00:08 ID:HUA

気にするな、俺は一人暮らしだから家には俺以外は誰もいないからな(相手がぺこぺこ頭を下げれば相手の頭を軽くぽんぽん叩きながら左記を述べて。その後相手に「自分の家のようにくつろいでくれても構わない」と苦笑いをしながら左記を言って)

>>264


お前も魔法が使えるのか…(相手が此方へ戻ってくれば小さな声で左記を呟いて。相手をジーッと見ては「お前は花の魔法が使えるみたいだな…」と目を瞑りながら左記を問い掛けて)

>>265

267:リリアン・アリス:2014/06/19(木) 21:22 ID:B9I



→セラさん

えぇ。
お前もって事は貴方も?
(と返事をすれば優しい口調で上記述べ、相手をじっと見つめれば首をこてりと傾げて尋ね。『花の魔法ですよ。』なんて相手の言葉に何故か嬉しそうな述べて。)

268:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/19(木) 21:26 ID:1Yo

あぁ、風の魔法が使えるが…(相手から貴方もと問われれば話している途中で言葉が詰まって。その後、少し間を開けると「まだまだ未熟だがな…」と小さな声で左記を呟いて)

>>267

269:リリアン・アリス:2014/06/19(木) 21:42 ID:IhY



そーなんですか…!

(なんて少々驚いて見せてにこっと微笑めば『風の魔法良いですね!』なんて嬉しそうな表情をしながら述べ。)

→セラさん

270:ティティ ◆wg:2014/06/19(木) 22:00 ID:OMY




え、良いの…、!?

( 差し出された傘をおずおずと受け取れば、その表情にはじわじわと笑みが広がって。そうして90度以上ぺこぺこすれば、「わああ、ありがとう、すっごい助かったよー、!」と全力でお礼して。 )

>>265:リリアン



そ、そーなの、?

( 気にしなくてもいい、と相手には言われたものの、狼さん同士でじゃれあうのとはまた訳が違う訳で。ぶんぶん首を振れば「んーん、なるべくじっとしとくから、ちっちゃくなってるから、!」と宣言して。 )

>>266:セラ

271:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/19(木) 22:01 ID:fbo

お前に風の何がわかるというんだ…?(相手に気安く風の魔法を良いと言われれば相手を睨みながら左記を述べて)

>>269

272:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/19(木) 22:03 ID:fbo

お前はいつもの様にしていればいい…(相手が気を使い大人しくしていると言えば首を横に振り左記を述べて「お前が静かだったらこっちが調子狂うしな…」と苦笑いをしながら左記を呟いて)

>>270

273:ティティ ◆wg:2014/06/19(木) 22:13 ID:ikA




散らかるよ、!? ←

( 相手の気遣いはとても嬉しいものの、一応忠告とでもいうかの様に上記を述べて。しかし内心はるんたるんたと相手の家へお邪魔するのがとても楽しみらしく、尻尾が揺れていて。 )


>>272:セラ

274:リリアン・アリス:2014/06/19(木) 22:23 ID:146



え…。
すみません。

(相手に睨まれれば小さい体を更に小さく丸めて、怯えるようにふるふると震えれば、上記を震える声で述べ。ちらちらと相手見れば、したを向いて俯いてしまい。)

→セラさん

275:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/19(木) 22:42 ID:1Yo

ん…、それは困るが…(相手に散らかると言われれば腕を組み苦笑いをしながら左記を述べて。相手の尻尾が揺れているのが気になるのか、チラチラと相手の尻尾を見て)

>>273


す、すまない…(普段他人と接することがないのでコミュニケーションが上手く取れず相手を傷付けてしまったことを悪く思い顔を逸らしながら謝罪をし)

>>274

276:ティティ ◆wg:2014/06/19(木) 22:51 ID:VRE




でしょ、?

( 苦笑しながらそう言えば、「でもね、大人しくしとくから大丈夫、!」と親指ぐっとしてそう付け足して。ふいに尻尾への視線に気が付けば、ん?、と不思議そうに後ろを振り返り。 )

>>275:セラ

277:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/19(木) 22:57 ID:fbo

悪いな、変に気を使わせてしまって…(相手が大人しくしてると言えば申し訳なさそうな表情をしながら左記を呟いて。相手が後ろを振り返れば相手をジーッと見たまま内心「あの尻尾を枕にして寝たら気持ち良さそうだ…」等と考えており)

>>276

278:ティティ ◆wg:2014/06/19(木) 23:10 ID:UNc




良いの、僕泊まらせてもらう身だし、!

( 相手の表情を伺えば気にしないで、とでも言いたげに「 だって、ま、マナー?だし、? 」と付け足してみせて。あまりにもじーっと見つめられるものだから、変に体の力が入ってしまうもので。おずおずと「 ぼ、僕の尻尾なんか変かな…?、 」と聞いてみて。 )

>>277:セラ

279:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/19(木) 23:27 ID:fbo

そう、か…?そう言ってくれるとありがたいな(相手の発言を聞くと首を傾げながらも左記を述べて。相手が自分の尻尾が変か聞いてくれば「あっ、いや、な、なんでもないぞ!?気にするな」と取り乱しながら左記を述べて)

>>278

280:リリアン・アリス:2014/06/19(木) 23:28 ID:13k



…。いえ…

(怯えてしまったのか少し後退りしまだ震えてる声で上記述べて。再度相手の顔見れば『ほんとにごめんなさい。』と小さく呟くように何回も繰り返して。)

→セラさん

281:ティティ ◆wg:2014/06/19(木) 23:33 ID:OMY




んーん、泊まらせて貰うもん、当たり前だよー、!

( 当然、という様に上記を言えば、身をふるふると震わせて「 びしょ濡れの洞穴で寝るの、辛いんだよねー、 」と苦笑して。珍しく取り乱す相手の様子に、気にしない事等出来る筈がなく、「え、ええー…、」と間抜けな声を上げれば尻尾気にして。 )

>>279:セラ

282:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/19(木) 23:49 ID:fbo

お前が謝る必要などない…(相手がまだ自分に謝ってくれば顔を逸らしたまま左記を言って「俺が悪いんだ、俺が…」と下を向きながら左記を呟いて)

>>280


そうか、お前はいい子だな…(相手の発言を聞くと頭をわしゃわしゃと撫でながら左記を言って。相手の表情を見ると「ほ、本当になんでもない…ぞ」と先程より少し落ち着いた様子で左記を述べて)

>>281

283:ティティ ◆wg:2014/06/20(金) 00:27 ID:VRE




えへへー、

( 頭撫でられると、褒められた褒められたー、!と、得意気に目を細めて。そっか…、?と首傾げるも、あ、と思い付いた様に「 あ、もしかしていつもよりうねってるとか、? 」と尻尾見ながら言って。 )

>>282:セラ

284:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/20(金) 00:41 ID:fbo

いい子と言っても、狼は俺より何年も長く生きてるんだな…(相手の頭から手を離せばふと思ったことを口にしてみて。相手が尻尾を気にしているのを見ると「いや、そうではなく…だな」と言いづらそうに左記を呟いて)

>>283

285:アリス IA0:2014/06/20(金) 20:40 ID:8EY

はあ.....疲れた... (雨のふる森をてくてくと、進んでいく。ずぶ濡れの、尻尾を見つめ、『どうしよう......』と呟いて)

286:ティティ / Fantasia . ◆wg:2014/06/20(金) 21:22 ID:Zow




とはいえ、ものの200年くらいじゃない、?

( 彼にとってここ数十年間程は同じ日々で、然程長く感じなかったらしく。当たり前、といった様に首を傾げ。自分の思惑とはどうやら違った様なので、思いきって「 噛み付いたりとかしないから、教えてよ、! 」と尋ねて。 )

>>284:セラ


雨だねー…、

( 突然の雨に、急いで一時的にでも身を匿える場所を探しており。すると自分と同じ狼さんがいたものだから、思いきって声をかけてみて。「 濡れちゃうと大変だよね、 」なんて付け足せば苦笑してみせて。 )


( /┗(^o^;)┓>>252はお読み頂けたでしょうか?妾とても気になるであります )

>>285:アリス

287:アリス IA0:2014/06/21(土) 07:36 ID:GzM

えっ!?あの........そうですね........へへ(驚いた表情をしながらも、嬉しそうに笑う。こんなにおだやかな気持ちになれたのははじめてだと)

288:アリス IA0:2014/06/21(土) 07:39 ID:GzM

【すみません!さっきの文、おかしなところがあります!!!本当にすみません。】

289:リルギナ◆DI:2014/06/21(土) 08:33 ID:fGo



【どうしようかと悩んだ末、今回、レス蹴りは控えるという結果に至りましたが、一応絡み文を投下させていただきまふ((】

290:アリス IA0:2014/06/21(土) 08:41 ID:mF2

ぎゃああー!すみません。
えっとそうですね。私は狼人間さんです。
あっ、あと最後に「Fantasia! 」ですね!!!


忘れ物が多くてすみません(汗)
今後ともよろしくお願いします!!

291:リルギナ◆DI:2014/06/21(土) 09:14 ID:fGo


んんっ…何するんだ。
((ふくらんだ頬おされれば、眉間にしわよせチラッ、と相手見、上記述べて。相手の言葉耳に入ってはいないようで相手の指、払うようにぶんぶん、顔振り。怒ってないと言う自分にたいして言葉を発する相手には『…怒ってない…別に、私の話が聞こえてなくたって、喜んでもらいますよ?お詫び。』やはり少しむっ、とした顔で反抗するような態度で言えばふいっ、とそっぽむき。
>>229


ふふんっ…。
((今日は、何やらご機嫌な様子で尻尾ふりながらまちに近い森のなか、ぺちゃぺちゃ、と音をたてて先程まで雨が降っていたらしく、水溜まりの多い道歩いており。楽しそうに鼻唄うたっていたのもつかの間、地を見ていなかった為に石につっかかって転び、水溜まりに顔から突っ込んでしまい。ぶくぶく、と音たてながら空気口から漏らしていて。
>all

292:アリス IA0:2014/06/21(土) 09:33 ID:IpE

......大丈夫?狼さん...?
(先程まで雨が降りしきっていた森も少しずつ晴れていき、太陽が顔を出してきた。ずぶ濡れの尻尾をいじりながら、歩いていると、パシャンッと、音がし、うしろを振り向くと強そうな狼が、こけて水溜まりに顔をつっこんでいた。)

293:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/21(土) 11:15 ID:bQE

ん…、あれは狼か…?(森で魔法の修行をしていれば雨が降ってきてしまい修行を中止して大きな木の下で雨宿りをしていれば一匹の狼が濡れながら歩いているのを見ると少し心配そうな表情をしながら左記を呟いて)

>>285


200年…か、俺たち人間は200年も生きられはしないからな。少し羨ましい…(相手の発言を聞くと降り続ける雨をじっと見ながら複雑そうな表情で左記を述べて。相手に教えてと言われれば「あぁ、いや、その…だな、や、やっぱり言うのは恥ず、かしい…ぞ」と言おうと努力はしたものの、恥ずかしくなってフードを深く被って顔が見えない様にしながら左記を呟いて)

>>286


す、すまない…(相手の表情を見ると申し訳ないなさそうな表情をしながら左記を言って相手が首を振り、指を振り払えば少し落ち込みながら下を向いて。相手の様子を暫く黙って見ていると「んー…、やはり怒っている様にしか見えん…」と首を傾げながら左記を呟いて)

>>291

294:リルギナ◆DI:2014/06/21(土) 11:19 ID:fGo


うぐっ…
((相手の声はあまり聞こえていない様子で、もう息が続かなくなってきた為に水から顔出せばぜぇぜぇ、という荒い息整えてその場に倒れこみ。『はあ…はあ、折角機嫌が…良かった、と…言うのに。』まだ少し途切れた言葉発しつつも機嫌が良いのは自覚していたようで、ぶるぶる、と身震いすれば空見上げ。相手見つければ警戒したように、眉間にしわよせ屈んで。『…誰だ。』声のトーン下げつつ睨むように相手見。
>>292

295:リルギナ◆DI:2014/06/21(土) 11:31 ID:fGo


…謝るな。
((相手の表情と態度見れば、此方も申し訳なさそうな表情浮かべ、目線をしたに下げて。落ち込む相手見れば『何故、落ち込んだ表情をしているのか知らんが…そのような顔をするな。…似合わないぞ。』まったくの自覚なしだが、一応相手を気遣っているようで、ちらちら、と目配せしながら相手見。怒っていると言う相手にあきれをきらしたようで『…はあ、もうどうでもういい。詫びもいらぬ。』少しため息つきつつも苦笑い浮かべ。
>>295

296:リルギナ◆DI:2014/06/21(土) 11:33 ID:fGo


>>295

【安価訂正。
>>293

297:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/21(土) 11:36 ID:7Xs

べ、別に落ち込んでなどいない…(相手から気遣い混じりの発言を聞くと慌てながらバッと顔を上げて左記を述べて。相手の呆れた表情を見ると「そんなこと言うな…、詫びは必ずやする」と少し自信がなさそうな表情をしながらも左記を述べて)

>>295

298:リルギナ◆DI:2014/06/21(土) 11:46 ID:fGo


嘘つけ…、顔にかいてある。
((勝ち誇ったようなドヤ顔うかべ、ニヤニヤ、しながら相手見『何故落ち込んでいるんだ?』こてん、と首傾け、考えるような仕草するも、良くわからないようで。自信がなさそうな相手の態度見れば『そんなに詫びに拘るな。悩む程のことじゃないだろ。何でもいんだよ。』少し大雑把な気もするようだがそう口に出せば再び苦笑いうかべて。
>>297

299:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/21(土) 11:51 ID:vq.

そ、そんなこと言えるわけ…そ、そもそも落ち込んでなどいないと言っただろう!?(相手から何故落ち込んでいたのか問われれば珍しく取り乱し相手から顔を逸らしながら左記を述べて。相手からなんでもいいと言われれば「だ、だが…欲しいものもないのだろ…?何をしてやればいいかわからないんだ」と力のない声で左記を述べて)

>>298

300:リルギナ◆DI:2014/06/21(土) 12:09 ID:fGo


何をそんなに取り乱して…
((相手の見たことのない態度に笑いながら上記述べれば『言えるわけない…とは、やましいことでもあるのか?』なんてニヤニヤ、しつつも首傾け相手見。“何をすれば”なんて述べられれば『何でも…って、さっきもいったよね。例えば、花とか、小物とか食べ物とか…欲しいのはないんだから、何でもいんだよ』なんてクスクス、と笑いながらも述べてみて。
>>299

301:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/21(土) 12:20 ID:7Xs

そ、そんなんじゃ…ない…ぞ。お、俺をからかうな(相手からやましいことでもあるのかと言われれば首を振り、相手にからかわれればフイッと顔を逸らしながら左記を述べて。相手の発言を聞くと、ふと思い出したかのように「だったら…これをやる。ある方から貰った大事な物だ」そう言って首にはかけていないポケットから出したネックレスを相手の首にそっとかけて)

>>300

302:アリス IA0:2014/06/21(土) 12:24 ID:so.

私はえっと....アリ...ス...アリスです......
(おどおどしながら、泣きそうな表情で答える)

→リルギナ

303:リリアン・アリス:2014/06/21(土) 18:09 ID:ru.




【レス蹴らして頂きます!申し訳ございません/】

…。

(何処かの部屋に入りピアノの前に座って真剣な顔つきで楽譜と睨めっこしていて。ふぅっと一息大きくつけば、にこりと微笑みピアノを引き出し。暫くして弾き終われば再び一息つき、可愛らしいピンクのお花柄のポーチからペンを取り出し、楽譜に何やら描きたして。)

→all様

【ルールはお読みになられましたか?主では無いのですがルールのロル40字以上というのは守って欲しいです。】

→アリス本体様

304:アリス IA0:2014/06/21(土) 18:24 ID:CnY

【リリアンさんでしたっけ。教えてくれてありがとうございます。今すぐ訂正しますね。本当にありがとうございます。】

305:アリス IA0:2014/06/21(土) 18:40 ID:rAQ

私は.....えっと 、アリ...ス...アリスです。
((いきなり、耳に入ってきた声に驚きながらも、名前を口にする。相手はぜいぜいと、息を切らしていた。どうやら石につまずいた様子で、服は泥だらけだった。

306:ティティ ◆wg:2014/06/21(土) 19:49 ID:BlI




( /おうふ…とても進んでる。
土曜パワーすごいぜ。半端ない。
ごめんなさい、頂いたレスは蹴らせて頂きます…、;
絡み文はまた後程〜、ゞ



個人的に、ロールは情景と自身の行動を詳しく文にすれば余裕で40は越えられると思いますよ。

大丈夫、わたしもオリキャラ板が無かった時代では"(にこっ"とか使ってましたもん!(にこっ/ )

307:アリス IA0:2014/06/21(土) 19:53 ID:baY

えっ...... あれって魔法使い...?
(雨に濡れながら歩いているとこちらをじっと見つめる魔法使いらしき人を発見。上記を呟いた直後、脚が、がくがくと音を出し震えていた。怖いという感情で、心がうめつくされ、その場にヘナヘナと座り込んだ。)

→ セラ•リンクス

308:アリス:2014/06/21(土) 20:12 ID:9ZM

【ありがとうございます。ちょっと40文字事件でへこんでたけど、元気が出
ました!ではさっそく、(ニコッ/)】
何回もしつこく書き込んですみません。
あっあと E-mail変えたので、ご了承くださいです。

リリアン様本体 、 ティティ様本体 本当にありがとうございました!

309:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/21(土) 20:38 ID:aWs

ん…、なんだこの音は…(退屈そうな表情をしながら町を歩いていれば綺麗な音色が聴こえ、首を傾げながら左記を呟いて。音のする方へと進んで行くと見知らぬ部屋がありその部屋の隙間から覗くと見覚えのある顔が視界に入り「あいつは確か…」と思い出そうとしており)

>>303


…ん、怯えているのか?(ジッーと相手の様子を見ていると相手が震えながらその場に座りこんでしまい、不思議そうな表情をしながら首を傾げ左記を呟いて)

>>307

310:リルギナ◆DI:2014/06/21(土) 20:46 ID:fGo


別にぃ…。からかってなんかないけど…。
((嘲笑うかのように吹き出して笑い始め。『ん〜?やましいことはないんだよね?…じゃあ、教えてくれるかな。』少し柔らかい口調でそらす相手の顔覗きニヤニヤし。ネックレス首にかけられれば『…良いのか?大事な物なのだろう?』なんて少し眉したに下げて自分の首もとちらっ、と見。
>>301


ふああ…。
((どうやら最近、いつにもなく上機嫌な日が続いているようで、大きな欠伸しながらもゆったりとした足取りで尻尾振りながら歩いていれば、転けてしまい。すりすり、と額擦りながらもいつの日かのように微かに聞こえる心地よい音色に足進ませ。本人いわくピアノの音が聞こえてきたらしき部屋に飛び込めば笑みうかべながらも尻尾振って相手見。
>>303


アリス…。可愛らしい名だな。
((警戒心剥き出しにしていたものの、泥のついた服が気になるのかあっさり返してしまい。“ウゥ…” なんて少し唸り声上げ泥のついた服をぱたぱた、と上下に引っ張り揺らしてみせて。何をしても取れない為に深いため息ついて、心底落ち込んだようで、目線したに下げて。
>>305

311:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/21(土) 20:55 ID:aWs

お、教えられるか…そんなこと(相手から顔を覗き込まれれば目線を逸らし少し困った様な顔をしながら左記を述べて。相手からもらってもいいか問われれば「いいんだ、俺にそれを持つ資格はないしな…。そ、それにお前に持っていて欲しい…からな」と相手から顔を逸らしながら左記を呟いて)

>>310

312:アリス:2014/06/21(土) 21:31 ID:aOg

あっあの.....よかったら家に....きま...来ませんか..?その、服とか洗わなきゃだし....
(汚れてしまった服を見ているその子を見ていると何だか可愛そうになってきて思わずその言葉を口にしていた。今まで、家族も、友達もいなかった私に初めての、友達ができるチャンスなんだと思うと嬉しかった。)

→リルギナ

313:アリス:2014/06/21(土) 21:39 ID:/8M

えっ!?何....なんだこれ...周りが見えなく..なって..
(座り込んで相手を見ていると、具合が悪くなって来て、しまいには、視界が狭くなりその場に倒れた。自分はこのまま雨に打たれて死ぬのだろうか....。そんなことを考えていたらし
自然とこんなことばを口にしていた。『お願い。助けて....助けて。』

→セラ•リンクス

314:アリス:2014/06/21(土) 21:42 ID:/8M

【すみません。さっきの文間違っていました】しまいに
× し自然と
○ 自然と

315:アリス:2014/06/21(土) 21:42 ID:/8M

【すみません。さっきの文間違っていました】
× し自然と
○ 自然と

316:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/21(土) 21:54 ID:xJ2

…っ!?(暫く様子を見ていると相手が倒れ込み、なにやら口にしていることに気付くと慌てながら相手の方へと向かい「おい、どうした!?しっかりしろ」と心配そうな表情をしながら左記を問い掛けて)

>>313

317:リリアン・アリス:2014/06/21(土) 23:50 ID:JV.



→セラさん

…。

(相手の存在に全くといって良いほど気付いておらず集中しているのかピアノに向かい、いつもはあまり見せない真剣な表情をしながら楽譜になにか書き込んでいるようで。)

→リルギナさん


…!
大丈夫ですか?

(暫くは相手に気付いてなかったらしいがふと後ろを振り返ったときに気づき、相手見て転んだ形跡を見れば上記を心配そうに述べ、何やらごそごそとポーチの中を探すと絆創膏を一枚取り出して相手に手渡し。)

318:リルギナ◆DI:2014/06/22(日) 05:01 ID:fGo


…ぶー、……別に良いし…。
((最初は相手の発した言葉にブーイングかますも、中々口を開こうとしない相手に間を開ければ拗ねてしまい。むすっ、とした不機嫌な表情でチラッ、と相手見るも、その困った表情に悲しげな笑みうかべ。自分の問いにかえってきた言葉を耳にすれば『資格?』などとぼそり、と呟くも“持っていて欲しい”なんて言われれば、ぎゅっ、とネックレス握り、嬉しそうな表情で『ありがとな。……大切にする』なんてだんだん声小さくなりつつも述べて。
>>311


…だ、だが、家が汚れてしまうぞ。今、泥だらけな私を入れてしまってはな…
((眉をさげ、心配そうな顔し、述べて見て。だが、やはり泥だらけは回避したいようでその場でうずうず、し、時おり尻尾をあげたり、さげたりし上下に揺らして。そのとき、ふと、何か思い出したのか『家にホースはあるな?』等と相手にとい。どうやらホースを繋いで、水をあててもらい、家には入らずに綺麗になる…という魂胆のようできらきら、と瞳輝かせ。
>>312


…あ、すまんな。
((相手から絆創膏手渡されれば、ニッ、と少し笑い。早速絆創膏張ろうと傷口に触れるも、『…痛っ。』などとあまりの痛さに声を出さずにはいられず、うるうる、と少し涙目になりながら相手見。もう一度挑戦試みるも、結果はまったく変わらず同じで。
>>317

319:アリス:2014/06/22(日) 05:42 ID:S5I

ありがとう....
(それまでずっと魔法使いとは狼人間を襲い、喰らう危険な生物と、思っていた。だけど違ったみたいだ。この人は、いい人だ。そう、考えると、上記が自然と言葉になっていた。)

→セラ•リンクス

320:アリス:2014/06/22(日) 05:51 ID:S5I

へっ!?ホ、ホースですか?....いや、遠慮しなくても..うっと..その....洗った服乾かしたり、違う服に乾くまで着替えなきゃだし...?
(相手は、遠慮しているようで、家に入るのを避けたいようだ。いや....事実として、ホースはあるのだが、すっごーく短い。それに、相手が嫌がらないのなら、できるだけ、一緒にいたいと、そう、思った。)

→リルギナ

321:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/22(日) 09:41 ID:XsU

ん…、邪魔はできないな(ドアを開けようとしたが珍しく真剣な表情をしていた相手を見ると自分が入ったら邪魔になると考え左記を呟きながらその場を立ち去ろうとして)

>>317


…ん、どうした?そんな顔をして(相手をチラリと見れば悲しげな笑みを浮かべている相手に不思議そうな表情をしながら左記を問い掛けて。相手が大切にすると言ってくれれば「あ、ありがと…な」と顔を逸らしつつフードを深く被って照れた表情を隠しながら左記を述べて)

>>318


馬鹿、今はそんなこと言ってる場合ではないだろ!?(相手からお礼を言われればそれどころではないといった表情をし、相手を抱きかかえながら急いで自宅を目指して)

>>319

322:アリス◆/s:2014/06/22(日) 11:21 ID:Hyc

はは....でも、嬉しかったから......
(相手は慌てている様子で、なんと言って良いのか、分からず沈黙が続いた。そうしてずっと運ばれているうちに、なんとか開いていた目もだんだんと閉じて行き、意識も薄れていった。安心しきってしまっていたのだ。)

323:アリス◆/s:2014/06/22(日) 13:03 ID:LoE

【→セラ•リンクス】↑

324: ティティ ◆wg:2014/06/22(日) 23:38 ID:Zow




( /良かったら絡んでやって下さいな、 )


ふんふふーん、!

( ふんふん、と鼻歌を歌いながら今日も暢気に少年の姿で森を散歩しており。すると、ふと森の外れに出た様で。おお、と鼻歌を止ませ前を見上げれば、其所には若干古ぼけた洋館が聳えており。この辺りは魔法使いも狼も寄り付かない筈なのに、どうしてこんなところに建っているのだろうかと不思議に思いながら其れをぼんやりと見ており。 )

>>おーる様、

325:リリアン・アリス:2014/06/22(日) 23:46 ID:FAU



→セラさん

…。

(相手に気づいていない様子で楽譜に向かってペンを走らせていた様だが描き終わったのかぴたりと手を止めれば、ポーチにペンを直し鞄をもち振り返ると相手が見えたので遠くから『こんにちは』と話しかけて見せて。)

→ティティさん

…あら…こんにちは。

(洋館を眺める相手をふと見つけ、上記述べればじっと見つめる相手見て『どうかなされましたか?』なんて問いただしてみて。此方の方はにこりと微笑みながら普段とは違う魔法使いっぽい黒色の服を着用しており。)

326: ティティ ◆R.:2014/06/22(日) 23:53 ID:QvQ




あれれっ、今日はなんか雰囲気違うね、!

( 唐突に後ろから、それも人気の少ないこんな場所で声を掛けられたものだから、驚いてびくりと肩を震わせ。しかしよく知る声だったので後ろを振り返れば、いつもとは違う雰囲気の相手がいて。普段妖精の様な彼女を見慣れていた為か、目をぱちくりさせて上記言って。 )

>>325:リリアン

327:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 00:00 ID:QoA

はぁ、はぁ…つ、着いた…(息を切らしながら自宅のドアをバンと開け、急いで入ると取り合えずベットの上に寝かせて。暫くしてから「家まで連れてきてしまったが、よかったのだろうか…」と首を傾げながら左記を呟いて)

>>322


ぐっ…、ま、迷ってしまった(まだよく知らない森の中を困った表情をしながら足を進めて行き左記を呟いて。辺りを見渡して「どこなんだ、ここは…。ん、アイツは!?」とガクリと肩を落としていると見知った顔を見付け驚いた表情をしながら左記を述べて)

>>324


あ、あぁ…。こ、こんにちは…(相手から挨拶をされれば少しぎこちないが顔を逸らしながら挨拶を仕返して。相手へと目線を戻せば「綺麗なピアノの音が聴こえたから来てみたら、お前だったとはな」とフードで隠れているものの笑みを見せながら左記を述べて)

>>325

328: ティティ ◆R.:2014/06/23(月) 00:08 ID:qWY




セラだ、!
わあ、君も迷ったの、?

( 背後からよく知る声を聞けば、驚いた様に振り返って。ひらりと手を振れば上記を尋ねてみせ、それから少し声をすぼめて「 どうにも不気味な処に辿り着いちゃったから、一人じゃなくて良かったよー、 」なんて言って。 )

>>327:セラ

329:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 00:16 ID:UHg

なっ!?ば、馬鹿を言うな!?お、俺が道に迷うなど…(相手に此方も道に迷ったのかと問われれば相手からフイッと顔を逸らしながら左記を述べて。相手のいう洋館を見つめては「確かに不気味なところだな…」と少し興味深そうに左記を呟いて)

>>328

330: ティティ ◆R.:2014/06/23(月) 00:32 ID:j66




そうだよね、セラが迷う訳無いもんね、!

( 相手の言葉を聞けば納得した様に頷いて、とても純真な瞳で相手見るとへらりと笑って。「 なんか出たりして…、? 」とやや不安気に尻尾を揺らしながらその視線の先にある館をじ、と見やり。 )

>>329:セラ

331:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 00:46 ID:QoA

あ、当たり前だ…(相手が純真な瞳で此方を見てくれば少し動揺しながら左記を述べて。相手をチラリと横目で見れば「もしかして怖いのか?」とからかう様にクスリと笑いながら左記を問い掛けてみて)

>>330

332:ティティ ◆R.:2014/06/23(月) 00:59 ID:Whc




ねー、僕なんか散歩してたら辿り着いちゃったんだもん、

( 相手の心情知ってか知らずか、対比する様に自分の経緯を話せば「 間抜けだよねー、 」なんて苦笑して。「 そ、そ、そんな訳ないじゃん、!? 」と明らかに目が泳ぎながら其れを否定して。しかし尻尾は正直で、その動揺から緊張した様にぴん、と立って。 )

>>331:セラ

333:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 01:10 ID:QoA

…っ(相手が道に迷ってここにたどり着いたことを間抜けと言えば、此方が馬鹿にされてる気分になり相手の頭を軽く叩き。相手の尻尾をジーッと見ては「それじゃ、あの中に行って見てきてくれないか?気になって仕方がないんだ。あぁ、勿論一人でな」と相手の反応を楽しむ為か左記をからかう様に笑いながら述べて)

>>332

334: ティティ ◆R.:2014/06/23(月) 01:21 ID:NkE




Σ、あいてっ、!
な、何ー、!?

( 唐突に頭叩かれた為、その理由も分かっていない様で頭抑えながらぽこぽこ湯気出すように不服気な様子。その言葉を聞けばどうやら墓穴を掘ってしまった事に気付いたらしい、「 えっなんで僕が…、 」とぴしりと固まって。 )

>>333:セラ

335:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 01:28 ID:UHg

あぁ、蚊が止まってたから、な…(相手の不服気な様子を横目でチラリと見ると叩いた理由を適当に考えながら述べてみて。相手がぴしりと固まれば「ほら、怖くないんだろ?早く行ってきてくれないか?」と相手を催促しながら左記を述べて)

>>334

336:ティティ ◆R.:2014/06/23(月) 01:35 ID:BlI




蚊!?

( ぽこぽこ出していた湯気をぴたりと止ませると、「 蚊なんて飛んでたっけ…、 」と不思議そうにきょろきょろと辺り見渡してみせて。とて、と踏み出した一歩はとても重く、「 き、気になるんなら一緒に行こうよー、 」とうじうじ言いながらうー、と唸って渋り。 )

>>335:セラ

337:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 01:40 ID:QoA

あ、あぁ、飛んでたぞ(相手が辺りをキョロキョロ見渡せば根拠もなしに頷きながら左記を述べてみて。相手が一緒に行こうと言ってくれば「何故だ…?もしかして一人で行くのは怖いのか?」と相手をどんどん煽りながら左記を問い掛けて)

>>336

338:ティティ ◆R.:2014/06/23(月) 01:45 ID:qWY




そっか、じゃあありがと、!

( 正直眼は良い方なのでその真偽は確かでは無いのだが、そこまで相手を疑う事はしないらしくにへ、と笑って上記言って。「 やー、怖いっていうかー、怖いんじゃなくってー…、 」としどろもどろ濁して言うものの、どんどん言葉に詰まってきて。 )

>>337:セラ

339:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 01:51 ID:UHg

れ、礼には及ばない…(相手を騙したことに対して若干の罪悪感が生まれ顔を逸らしながら小さな声で左記を述べて。相手が言葉を詰まらせれば「それともなんだ…?俺と離れるのがそんな嫌なのか?」と冗談混じりにクスリと笑いながら左記を問い掛けてみて)

>>338

340:ティティ ◆R.:2014/06/23(月) 02:05 ID:KAg




Σ、うわ、ほんとに蚊だ、!

( ナイスタイミングというべきか、森の方からぶーん、と忌々しい蚊が寄ってきて。気付けば「 噛まれるのやだやだー、! 」とか言いながらぶんぶん払って。なんだか相手の言う其れをそのまま言い訳にしてしまうのはなんとなく腑に落ちないので、「 〜、違うよ、!あ、や、違わないんだけど、違うー、! 」とかよく分からない事をきゃんきゃん吠えて。 )

>>339:セラ

341:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 02:16 ID:QoA

まったく…(相手の様子を見ているとやれやれと言った表情をしながら風の魔法を使って蚊を遠くへと飛ばしてやり。相手がよくわからないことを言えば「もういい、取り合えず俺はあの洋館が本気で気になるから見てくるぞ…」と言うと舘に向かってどんどん進んでいき)

>>340

342:リリアン・アリス:2014/06/23(月) 15:02 ID:Iwk



今日は少し…。
(何処か寂しそうな表情を残し、上記述べれば直ぐににこりと微笑み『貴方は?』なんて首をこてりと傾げて問いただして見せて。相手が自分の服に疑問を持っていると思えば魔法を使ってお花の冠を作り頭に乗せて。)

→ティティさん


まだまだですけど…。
(綺麗な音色という褒め言葉に少し照れ笑いを見せ、少し恥ずかしそうに俯けば上記のべそれに付け加えて『もっと上手くならなきゃ』なんて述べてみて。鞄の中からチョコレート取り出せばパクリと口の中に放り込み幸せそうな笑みを浮かべて。)

→セラさん

343:リルギナ◆DI:2014/06/23(月) 16:47 ID:fGo


だ、だがな…。
((相手の言葉に少し揺れるもふりふり、と頭左右に振れば『だ、駄目だ。汚いから入れては駄目なんだ。』自分にも相手にも言い聞かせるように両手で耳塞ぎながらうずくまって『やめろ…やめろ…』なんてぼそぼそ、と同じ台詞繰り返しながら述べていて。
>>320


へ…?あ、いや…何でもない。
((全く自覚していなかったのか相手の言葉聞けば間抜けな声だしつつも、ぎゅっ、と目を閉じてふりふり、と顔左右にふれば苦笑いして。頬掻きながらもうつむき。顔隠す相手に違和感感じ、不思議そうな顔しながら『…どうした?顔隠して…。具合でも悪いのか…?』少し心配そうに曇った表情うかべれば眉さげて。
>>321

344:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 19:36 ID:D1s

フッ、その時はまた聴かせてもらおうか…(相手がもっと上手くならなくてはと言えば微かに笑みを見せながら左記を呟いて。相手が鞄からチョコレートを出して食べると「どうした、そんな幸せそうな顔をして…。甘い物ばかり食べていたら太るぞ?」と女性に対してデリカシーのないことを首傾げながら述べて)

>>342


本当か…?(苦笑いをする相手を見るとぐいっと顔を近付けながら左記を問い掛けてみて。相手の心配そうな表情を見ると「い、いや…なんでもない…。気にするな」とフードを取り笑みを見せながら左記を言って)

>>343

345:アリス◆/s:2014/06/23(月) 20:30 ID:mmQ

えっ?!どういう....ああそっか....
(一瞬自分がどこにいるのか分からなくなり、大声を出してしまった。自分が座っているベットは、先程の魔法使いのものらしい。.......!?ということはここは魔法使いの部屋!?頭の中がぎゅ
ぐしゃぐしゃになってもう一度ベットに寝なおした。)
→セラ•リンクス

346:アリス◆/s:2014/06/23(月) 20:37 ID:mmQ

いや...いいんですよ!えっとー....むしろ来てほしいくらいです!!!
(相手はやはり入るのを避けたいようだった。だが『やめろー』と言っているのにかんしては入るのを避けたい人(?)の発言とは思えなかった。そんなことを考えて照れくさそうに上記を述べた私だった。)
→リルギナ

347:ティティ ◆R.:2014/06/23(月) 22:46 ID:IWo




え、何、今の何、!?

( ふわりと蚊が追い払われると、目をぱちくりさせて。そういえば相手の魔法を直接見たことは無かったので、払われていった蚊と相手を交互に見てはとても驚いている様子。勿論館の中へ入るのは怖いのだが、こんな処に一人で残されるのもわりと怖い。「Σ、お、置いてかないでー、!」と相手に慌てて走って追い付いて。 )

>>341:セラ



少し…、?

( 相手の寂しげな表情に、理由が見つからずこてりと首を傾げ。ぽりぽりと頬を掻くと、若干照れ臭そうに「 えへへ、散歩してたら辿り着いちゃって…、 」なんて言って。相手の魔法にぱああ、と目を輝かせていたが、いつもの雰囲気に少し近付くと「 わあ、可愛くなったね、! 」と言ってへらりと笑い。 )

>>342:リリアン

348:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/23(月) 23:19 ID:XQk

ん…、また寝てしまったか(相手が大きな声を出したため様子を見に来たが、相手が寝ているのを見て静かに左記を呟いて。その後暫く相手の様子を見ていると「まぁ、大丈夫そうだな…」と安心した表情をしながら左記を呟いており)

>>345


さぁ、な…。俺にもわからん…(相手が驚いた表情をしながら此方を見てくるとしらばっくれた表情をしながら左記を述べて。相手が後ろから走って付いてくると「どうした、怖いんじゃなかったのか?」とからかう様に笑いながら左記を問い掛け)

>>347

349:リリアン・アリス:2014/06/23(月) 23:41 ID:JpU



→セラさん

勿論です

(なんて相手の言葉ににこりと微笑み述べて。太ると言われれば『失礼ですよ…!』なんて口をぷくぅと膨らませ相手をじっとみて。)

→ティティさん

可愛くなんて…!

(少し頬を桜色に染めて上記のべ、さらにいつもの洋服に戻ろうと魔法をかけお花柄の白とピンクのワンピースに変えて靴も可愛らしいサンダルになり、花の魔法使いならぬ、花の妖精のような格好で、)

350:ティティ ◆R.:2014/06/24(火) 00:04 ID:bmg




そっかあ、!
じゃあもしかしたら、何処かで魔法使い様が風を起こしたのかもね、!

( うふふ、と軽く笑うと上記述べるも、気付いていないらしいのか別に相手の事を言った訳では無いらしい。「 Σ取り残される方がよっぽど怖いよ、! 」と、先程まで必死に否定していた怖がっているという其れをあっさり認めてしまって。 / )

>>348:セラ


わああ、やっぱりお花の魔法使い様なんだねーっ、!!

( ふわふわと妖精の様に変わってゆく相手を見ては、何処か納得した様にうんうんと頷いて。しかし、ふと気になった様で「 あ、でも洋服変えちゃって大丈夫なの…? 」と。先程の寂しげな表情が気になるらしい。 )

>>349:リリアン

351:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/24(火) 00:30 ID:WOI

ん…?なにか気に触るようなこと言ったか?(相手が失礼だと言って頬を膨らませれば不思議そうな表情をして首を傾げながら左記を問い掛け)

>>349


あぁ、そうかもな…(相手の発言を聞くとコクリと頷きながら左記を呟いて。相手が怖いと言えば「ん…、やはり怖かったのか…よしよし」と相手を煽りながらも頭を優しく撫で左記を述べて)

>>350

352:ティティ ◆R.:2014/06/24(火) 01:09 ID:Pg.




ぐぬぬぬ…、

( うっかり認めてしまった事を少し不服気にぐる
る、と唸ってみるも、もう今更否定しても遅いと観念した様でとりたて何も言わず。そうこうする内に扉の前で、ちら、と相手を見ると「 ほ、本当に入るの…?、 」と最後の問答を投げ掛けて。 )

>>351:セラ

353:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/24(火) 01:22 ID:97A

あぁ、気になるだろ?(相手に本当に入るのか問われると同然といった表情をしながら左記を言って。相手を横目で見ては「そんなに怖いなら無理に来なくてもいいじゃないか…」と首を傾げながら左記を問い掛けてみて)

>>352

354:ティティ ◆R.:2014/06/24(火) 01:36 ID:ikA




そりゃ気になるけど…、

( 何やらうじうじ俯いていたが、ううう、と観念した様にパッと顔を上げて。取り残される方がよっぽど怖いらしく、「 ぼ、僕は君が一人じゃ危ないだろうからと思って着いて行くんだからな、! 」と謎の理由を持ち出して強がって。その勢いのまま、えーい!と扉を開けて。 )

>>353:セラ

355:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/24(火) 02:06 ID:WOI

ぐっ…か、可愛い(相手が少し強がりながら心配だから自分に付いて行くと言う謎の言い訳を言えばボソッと小さな声で左記を呟いて。相手が扉を開ければ「やはり中は広いな…」と洋館内を見渡しながら左記を呟いて)

>>354

356:リルギナ◆DI:2014/06/24(火) 16:33 ID:fGo


ひっ…!
((相手の顔自分に近づけば驚いた様子で目を丸くし上記口から漏らして。相手からの問い掛けには、ぎくり、とするも『…な、何でもないって…、ほんと…。』なんて目を泳がせ、頬を赤くしながら述べて。相手の笑みうかべた表情見れば安心したように胸撫でおろして『…心配させるな。』此方も少し笑みうかべながら述べ。
>>344


ほ、ほんとか…?
((“むしろ来てほしい”なんて言葉耳に入ればぱああっ、と明るい表情に変わり始め。報われた顔で相手見上げれば、『…女神がいる。』なんて現実味のない言葉使わないの彼女が初めてそんな言葉呟いて。はっ、とした顔すれば立ち上がり『…で、では、言葉に甘えさせてもらう。』なんて照れ臭そうに述べて。
>>346

357:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/24(火) 16:38 ID:WbI

少し怪しいが、本人が大丈夫って言うなら大丈夫だろう…(暫く相手をジーッと見ていたが相手が大丈夫だと言うなら大丈夫だと思い左記を述べては相手から顔を離して。相手が心配させるなと言えば「ん…、心配してくれたのか?」とからかう様にクスリと笑いながら左記を問い掛けてみて)

>>356

358:アリス◆/s:2014/06/24(火) 19:51 ID:NgE

......あの人が助けてくれたんだ......いい人..なのかな?
(寝なおそうとした私だったが、どうにもこうにも寝付けなく、薄目で起きていた。もっとも相手はそれにきずいていなかったが。相手は自分を見るとやれやれという顔をし、奥にひっこんでしまった。それを見ていると、ずっとここにいるのも、迷惑な気がした。私はまだぐわんぐわんいっている頭をおこし、魔法使いのところへ向かった。

359:アリス◆/s:2014/06/24(火) 20:10 ID:bzw

め...女神...?
((来てほしいと、言った瞬間、相手の表情がパアッと変わった。その上『女神がいる』なんてことまで言い出した。見た目と発言のギャップに驚きながらも、じゃあ...と相手を案内。家の前に連れてきた。

360:ティティ ◆R.:2014/06/24(火) 21:46 ID:y6.




Σ、可愛くないよ!今可愛い要素何もなかったよ、!


( 其の呟きが聞こえると、とんでもないと言った様に上記返して。最早薄暗いその館に相応しくない騒ぎ様である。相手の若干後ろから着いてくると、「 そうだね、誰かいる気配は無いんだけど…、 」と、耳をピクピクさせ辺りの気配を警戒して。 )

>>355:セラ

361:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/24(火) 22:45 ID:XhI

…ん、もう起きても大丈夫なのか?(飲み物でも用意をしようとしていたら相手が来たので少し心配そうな表情をしながら左記を問い掛け「もう少し寝ていたらどうだ?」と提案してみて)

>>358


いや、まぁ…き、気にするな(相手をジーッと見ていると相手が可愛い要素がなかったと言い、それに対して何かを言おうとしたが特に反論はせずに左記を呟いて。相手が誰かいる気配がないと言えば「フッ、ならお前ここに住んだらどうだ?」と冗談混じりに左記を問い掛けてみて)

>>360

362:ティティ ◆R.:2014/06/24(火) 23:04 ID:cYg




うー、わかった……

( うーん、と理解出来ず首を傾げたが、渋々了解をしてみせて。其れを聞くと、冗談じゃない、!とでも言った様に「 こんなところ、安心して寝れないよ、! 」と尻尾の毛をシャーッと立たせてそう言って。 )

>>361:セラ

363:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/25(水) 01:12 ID:xUg

フッ、冗談だ…(相手が尻尾の毛を立たせながら安心して寝れないと言えばからかう様にクスリと笑いながら左記を述べて。相手を脅かそうと「おい、お前の後ろ…何かいるぞ?」と言いながら風の魔法を使い、風で相手の近くにあった壺を落として)

>>362

364:リルギナ◆DI:2014/06/25(水) 17:57 ID:fGo


私を疑っているのか…!?
((怪しいとまで言われてはもう、うまく誤魔化すしかなくぶんぶん、と相手指差しながら腕上下に振って。怒ったような態度見せるも『…だいたい…お前は…顔が近い!』などと思い出してか少し頬赤くしつつ説教始めるようにいい始め。からかうような言葉に忽ち顔赤くして『別に…心配などしていない。お前のことなど心配するものかっ…。』なんて拘りつつ意地張って腕組ながら述べ。
>>357


…っ、大きな家であるな。
((相手の家見ては瞳輝かせきょろきょろと辺り見回し。彼女自体、他人の家に招かれたことはないようで興味津々な様子を見せ。尻尾激しくふりながら相手の家のまわりぐるぐる、まわっては家見上げという行動繰り返し。『…うむ。はやくいれてはくれんか。』先程の遠慮気味な態度とはうって変わってはやく中に入りたいようで相手の顔と家のドア交互に見て。
>>359

365:ティティ ◆R.:2014/06/25(水) 19:16 ID:IWo




まったくもー……、Σうぎゃあああッ!!?、

( やめてよねー、なんてお小言をぽつぽつと言おうとしていたその時、誰も居ない筈なのに唐突に壺が落ちたものだから、思わずぎゃあ、と声を挙げて飛び上がり。そのまま口をぱくぱくさせると、落ちた壺指差して相手見やり。 )

>>363:セラ

366:アリス◆/s:2014/06/25(水) 20:30 ID:Z/M

えっ?!あ....いや...め..迷惑になっちゃ困りますし...。
((相手は自分を心配してくれているのか、もう少し寝ていることを提案してきた。だが、迷惑になっては困ると、思った私は『はは...』と苦笑。ふと、近くの鏡をのぞくと、真っ青な、自分の顔がうつっていた。
→セラ•リンクス

367:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/25(水) 20:33 ID:wkw

別に疑ってるわけでは…(相手が此方に指を差しながら疑っているのかと問われれば少し困った表情をしながら左記を述べて、相手に顔が近いと説教をされれば「それは悪かった…、そんなに嫌だったのか?」と謝罪をしながらも少し落ち込んだ表情で左記を問い掛けてみて。相手が腕を組みながら此方の心配をしていないと言えば「そう、だな…それが普通だ」と相手から目を逸らし複雑そうな表情をしながら左記を述べて)

>>364


そんなに驚くことでもないだろ…(相手が予想通りの反応をすれば手を口に当てて笑いを堪えながら左記を述べて「やはり怖いんじゃないのか?」と相手をジーッと見ながら左記を述べて)

>>365

368:アリス◆/s:2014/06/25(水) 20:55 ID:0Rg

えっ?!あっ!すいません...鍵..鍵.......あれ?...あっ、あった!
((相手は家の周りをクルクルと回って、ドアをチラチラと、見ていた。その姿をジッーと見ていた私だったが、今は相手を早く家に入れてやらねばと、鍵を探し始めた。だが鍵が見つからずしばらく鍵..鍵..とうなっていた。鍵がみつかり鍵穴にさし、ガチャという効果音つきでドアを開ける。
『本しかありませんが..』と呟いた。

369:ティティ ◆R.:2014/06/25(水) 21:33 ID:qb6




だだだ、だって、!壺、壺!、

( 完全にびくびくとビビリながら、壺を指差している手をぶんぶんと振って。「 怖――くない、怖くないよ、! 」とうっかり口走りそうになったものを慌てて否定すると、紛らわせるかの様にあははは、!なんて大袈裟に笑い声を出してみせて。 )

>>367:セラ

370:リルギナ◆DI:2014/06/26(木) 16:54 ID:fGo


あ、怪しいといっただろう…?
((相手の言葉と困った表情見れば上記やわらかめにいうもやはり、感情は押さえられないようで、ちらちら、と相手の様子うかがいつつ述べてみて。落ち込んだ表情の相手に“嫌だったのか”なんて問われるもなんと言っていいかわからず『嫌…とは言ってない…、思ってもいない…。それは、事実…だから…。』などと、それだけはわかってて欲しいなんて言うように述べて。複雑な表情うかべる相手には『…信じたのか?今の言葉…』なんて少々意味深な言葉述べて。
>>367


っ…!
((相手の家へ足踏み入れれば新しい世界へでも入ったかのように瞳輝かせ、長い髪の毛なびかせて。初めて他人の家に入るこの複雑な感情に一度まぶたとじ、大きく深呼吸して。『素敵ではないか…。』本しかないなんていう相手の呟き聞き取れば少し鼻で笑うもそんなこと述べて。

【…例のスレにはあまり書き込めないかも…。荒しに巻き込まれた可能性がある…((涙
by クロ】
>>368

371:アリス◆/s:2014/06/26(木) 20:43 ID:UQE

っ!?い、いや怖がっては...い、いなくもないですけど....
((相手からの予想外の言葉に驚いた表情を見せる。しかしやはり具合が悪いようで、「ほ、本当に良いんですか...?」と質問。肩をすくめ、涙目で、相手をじっと見つめて。
→セラ•リンクス


えっ!?あ、ありがとうございます。へへ...
((相手が自分の家をほめてくれたことに喜び、お礼を言う。しばらく「へへ...」と笑っていたが、服のことを思いだし、パタパタとい う効果音つきで、タンスの方へかけていく。
「今服出しますね」と、相手に喋り。
【荒し..?例のスレ、のぞいて見たけど、いなっかたよ。1ー5は、アリス本人だし...byアリス】

372:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/27(金) 16:06 ID:YZ2

すまないな、少しからかい過ぎた(相手がビクビクと怯えながら指をぶんぶんと振れば苦笑いをしながら左記を述べて。相手が怖くないと大袈裟に笑いながら言えば「フッ、ではそういうことにしておこうか…」と相手をからかう様に鼻で笑いながら左記を述べて)

>>369


あ、怪しいとは言ったが…(相手から怪しいと言ったと問われれば困った表情をしたまま相手をチラリと見ながら左記を述べて。相手が嫌ではないと言えば「そ、そうか…ならよかった」と嬉しそうな表情で微かに笑みを見せながら左記を呟いて。相手に今の言葉を信じたか問われれば「信じるもなにも、事実だろ…?」と苦笑いを浮かべながら左記を言って)

>>370


別に俺はお前が嫌じゃないなら、好きなだけここにいてもいいが…(相手の顔を少し困った表情をしながら見ると、腕を組みながら壁へ寄り掛かり微かに笑みを浮かべながら左記を述べてみて)

>>371

373:リルギナ◆DI:2014/06/27(金) 16:46 ID:fGo


…私もこのような家が欲しいな。誰にも見つからないような森の奥に。
((ぼそっ、と呟きつつも、気を紛らわすために『高望みし過ぎか。』なんて一人で苦笑いし。“服を出す”と言われるも相手の性格と自分の性格が正反対なため、変な服を着させられないかとはらはら、しつつ、緊張の面持ちで。
>>371


…むっ…怪しいといったが……何?
((問い詰めるようにぐぐっ、と相手に近づき、人差し指たてれば相手の口もとにむけて。眉間にしわよせれば頬ふくらましむすっ、とした顔し。嬉しそうな表情する相手には、安心したように笑みこぼすも、相手のその表情に疑問うかび『…その様な表情は、全然良いのだが…、何故この流れで嬉しそうな表情してるんだ?』こてん、と首傾けそんな疑問投げ掛けて。“事実”なんていう相手には『事実じゃない……かも、しれないだろ。』などと頬赤くしながら曖昧な言葉発し。
>>372

374:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/27(金) 16:58 ID:7Xs

いや、だから…その、だな…(相手から問い詰められれば相手から目線を逸らし頬を掻きながら左記を言って。相手から何故嬉しそうな表情をしているかと聞かれれば「べ、別に嬉しそうな表情などしていない」と少し慌てながらも左記を述べて。相手が事実じゃないかもと曖昧な発言をすれば「いいんだ、そんな気を使わなくても…別に気にしてない」と、ふと空を見上げながら左記を述べて)

>>373

375:リルギナ◆DI:2014/06/27(金) 17:37 ID:fGo


…なんだ?言ってみろ。馬鹿になどせん。
((なかなか言い出さない相手に、先程よりは少し柔らかい口調し、聞き出そうとするも近づいた体勢は変わらず。慌てて自分の発言否定する相手に『何をそんなに慌てている。していたぞ…嬉しそうな顔。』相手が否定する意味がいまいち分からず眉間にしわよせ首傾けて。“気を使うな”や“気にしてない”なんて言われるも、頬ふくらまして『私は気を使ってなどいない。他人を心配するなどとそんな優しい行為はしない。私は心配していた。』なんてあきれきらして口に出し。
>>374

376:リルギナ◆DI:2014/06/27(金) 17:40 ID:fGo


【誤字訂正。
他人を心配するなどと
正しくは、他人に気をつかうなどと】

377:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/27(金) 18:10 ID:YZ2

別に…なんでも、ないぞ?(相手から馬鹿にしないから言ってみろと言われたものの相手から目線を逸らしたまま左記を言って。相手から再び嬉しそうな表情をしていたと言われれば「き、気のせいだろ」と左記を言うと、やはりそのことを否定し続けて。相手が自分を心配していたと言うと「ほ、本当に言っているのだとしたら…お前が始めてだな、俺を心配してくれた奴なんて」と相手の発言に少し驚いた表情をしながら左記を述べて)

>>375

378:リルギナ◆DI:2014/06/27(金) 18:48 ID:fGo


…むっ、私に話せないことなのかっ!
((言葉を濁らして行く相手に腹がたち、気づいた時にはもう遅く、相手を怒鳴るような口調になってしまい、その場に立ちつくして。やはり否定する相手には『気のせいではない。私はこの目で見た。何を誤魔化している。』ふっ、と鼻で笑いつつもそんなこと述べて。驚いた表情の相手とその発言に目を丸くし『…、私の言っていることは本当…だが…、心配されたことがないとはどういうことだ?』なんて暗い方に思考まわらせ不安げな表情うかべれば眉間にしわよせ。
>>377

379:アリス◆/s:2014/06/27(金) 19:06 ID:KwQ

.....!?ええっ!?あっいや本当に本音ですか!?い、いや迷惑なら迷惑と言っていただ........うう......。
((人と接する事になれていないせいか、無駄に焦ってしまった。大声で『本当に本音ですか!?』などと叫び、そのあとで、少し騒ぎすぎたと、反省。焦りまくる自分に比べ、クールで落ち着いている彼を見て、オーラの違いを感じ、小さな声でうなった。

→セラ•リンクス

服ー服ー。....................................これだと...似合わない。...これも......ダメ。あっ!あれは.....洗濯中。うーん...。
((相手に似合う服を探していたのだが、どうにもこうにも、良い服が見つからずしばらくタンスとにらめっこしていた。
ライトブルーの、エプロンドレスや、ロリータ系のフリフリドレス。服はあるが、彼女に、似合うかと言ったら、絶対違う。しかしずっとこうして
にらめっこしている訳にもいかないので、自分の服の中でもまだましましな服を選んだ。

→リルギナ

380:ティティ ◆R.:2014/06/27(金) 22:12 ID:tzs




そうだよー、僕はもう死ぬかと思ったよ、!

( ぷんすことご立腹の様に上記を言ってみたりするものの、謝ってはくれたのでそれ以上は何も言わないらしく。「 そうそう、そういう事だから、! 」なんてうんうんと大袈裟に頷いて、相手越そうと大股でずんずん先へ進み。 )

>>372:セラ

381:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/27(金) 23:12 ID:E6g

何をそんな怒っているんだ、お前は…(相手が怒鳴ってくれば首を傾げ不思議そうな表情をしながら左記を述べて。相手に誤魔化していると言われれば「ご、誤魔化してなどいない…う、嘘をつくな」と明らかに動揺しながら左記を言って。相手にどういうことだと問われれば目を瞑り「どういうって、そのままの意味だ。俺はずっと一人で生きてきた、そしてこれからも…。いや、ずっとではないか…三年前に…っと、少し喋りすぎたか」と途中まで言いかけたが話す必要がないと思い苦笑いをしながら左記を述べて)

>>378


ここで嘘を言っても仕方ないだろ、勿論本音だ…(相手が焦りながら本音か聞いてくれば当たり前といった表情をしながら左記を述べ「ん、そうだ、とりあえずは体調が良くなるまではいるといい」と左記を提案してみて)

>>379


フッ、流石に死なれては困る…(相手が死ぬかと思ったなどと言えば鼻で笑いながら左記を述べ相手の頭をぽんぽん叩き。相手が先へ進めば「やれやれ…」と苦笑いをしながら呟きその後を歩いて)

>>380

382:ティティ ◆R.:2014/06/28(土) 01:28 ID:tzs




えへへ、冗談だけどね、

( 自分の頭をぽんぽん叩く相手をくいっと見上げると、にへ、と冗談めかしに笑って上記言って。暫くずんずん進んでいたのだが、薄暗いこの空間であまりにも相手と遠く離れてしまうのは流石に怖いので、時折ぴたりと足を止めると後ろを伺ってみせて。 )

>>381

383:リルギナ◆DI:2014/06/28(土) 09:14 ID:fGo


うう…
((中々かえってこない相手に暇もてあまし、眉をしたに下げれば上記口から漏らし。そんなことしつつもやはり服のことはまだ、気がかりで『はあ…、絶対変な服くる…。もう、このまま帰りたい。』なんて不安げな表情でネガティブなことに頭まわらせ。
>>379


…私は……、
((なんて上記いいかけるも『別に…何でもない。怒鳴ってすまなかったな。』などと下向きながらぼそっ、と述べて相手に背を向け。動揺した態度で“誤魔化してない”と言われても、それは勿論説得力がないわけで『私は嘘など、ひとつもついていない。嘘をついてるのはお前だ。』なんてびしっ、と相手に人指し指むけ。相手の過去耳に入れば悲しそうな顔うかべ、途中で話すのをやめた相手には『…聞きたい。…聞かせて欲しいが、嫌なら良い…。それに、前はどうであろうと今、お前はひとりではないだろ。』
>>381

384:アリス◆/s:2014/06/28(土) 09:15 ID:Xwc

...........や. ..やっぱりあなたは、良い人ですね。......私とは全然違う...。
((しばらくのあいだ、恥ずかしくて、うつむいていた私だったが、相手の心優しい言葉を耳にし、顔を少しだけ上げた。
自分以外のほかの生き物を助けたり、面倒を見ることが私に出来るだろうか。自分はいつも助けてもらう側で、助け
たことが、一度でもあっただろうか。そんなことを考えていたら、自然に上記が言葉になっていた。この人は、私を
助けてくれた。私も、何か恩返しをしたい。
顔を上げ『これは私の義理の叔母から教えてもらったものです。』と言う。意識を自分に集め、目を凝らす。相手の心に癒しを与える おまじないを、ひさしぶりにやってみた。『どうですか?何か変わりましたか?』

→セラ•リンクス

385:アリス◆/s:2014/06/28(土) 09:24 ID:wbg

これでいいですか?
((ズボンの方が相手には似合いそうなので、ズボンを選んだ。七分丈の黒いズボン。上は、肩だしの、ポンチョ型の服。
相手に服を見せ、上記を話し、不安げな顔をして。

→リルギナ

386:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/28(土) 11:07 ID:UHg

勿論、冗談でなければ困るが(相手が冗談だと言って笑えば左記を言いながら此方も微かに笑みを見せ。相手がどんどん進んで行き、急にピタリと止まって此方を振り向けば「一人で行くのが怖いなら最初から後ろにいればいいのにな」と苦笑いをしながら左記を呟いており)

>>382


…ん?(相手が何かを言い掛ければ首を傾げながら相手じっと見つめ、相手が謝ってくれば「別にお前が謝ることはない、それに気にしてないしな」と言いながら背を向ける相手をぎゅっと抱き。相手が嘘をついているのは此方だと正論を言えば「うぐっ…し、知るか」と言いながら相手からフイッと顔を逸らして。相手からの返答を聞くと「ありがとな、確かに今はお前がいてくれている…。大した話じゃないが…三年前に俺に魔法教えてくれた師匠がいてな」と懐かしげな表情しながら左記を話し始め)

>>383

387:リルギナ◆DI:2014/06/28(土) 11:44 ID:fGo


え…、うう…
((ロリータ系やゴシック系が来るかと思いきや、予想外のものが来たため安易の声もらし、嬉しそうな顔するも、自分のイメージとは違う服がきたために少しうなって。だが、ロリータ等を着せられないのは幸運だと思い直し、着ることにしたようで『ま、まあ…いいんじゃないか…?服をきるところへ案内してくれ。』なんて苦笑いしつつも述べて。
>>385


…いや、何でもない…。
((首をかしげ此方を見る相手にぼそっ、と上記述べ。“気にしてない”なんていう相手の台詞に『…そ、うか。なんか、すまないな。』なんて、少しやわらぐも、急に抱かれれば肩震わせ、目を丸くし。相手に背を向けていたために何がおこったのか一瞬わからず驚いた表情見せるも、理解した瞬間頬赤く染めて。とぼける相手には『…意味がわからんな。まあ、人間にもやましいことがひとつふたつあるってもんか…。』などとことを終わらせようと勝手に決めつけ。
相手が話し始めれば何か物語をきく幼い子供のように瞳輝かせ『師匠がいたのか…。』なんて呟いて。
>>386

388:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/28(土) 11:57 ID:MXY

…そうか(相手がなんでもないと言えばこれ以上追求はせずにコクりと頷き左記を呟いて。相手が再び謝ってくれば「だから気にしていないと言っただろ」と相手を抱いたまま左記を述べて。相手が勝手に決めつければ「ち、違う!!なにを勝手に決めつけているんだ」とかなり取り乱しながら左記を言って。相手を横目でチラリと見れば話を続け「物心がついた時には俺は師匠といた…だから自分の親がどんな奴か、兄弟がいたのかすらわからない…が、そんなことはどうでもよかった。師匠さえいてくれればそれで…」とどこか寂しげな表情をしながら左記を言って)

>>387

389:アリス◆/s:2014/06/28(土) 12:28 ID:g4g

あっ!はい。こっちです。
((嫌がられると、思いきや相手の反応は普通だった。言われるがままに案内。
二階の自分の部屋の前に連れていき『着替え終わったら言って下さい。』と
告げ、その場を立ち去った。
→リルギナ

390:アリス◆/s:2014/06/28(土) 12:29 ID:CAw

あっ!はい。こっちです。
((嫌がられると、思いきや相手の反応は普通だった。言われるがままに案内。
二階の自分の部屋の前に連れていき『着替え終わったら言って下さい。』と
告げ、その場を立ち去った。
→リルギナ

391:アリス◆/s:2014/06/28(土) 12:33 ID:/Xc

【すみません同じの二回送ってました!】
→リルギナ本体様

392:アリス◆/s:2014/06/28(土) 12:38 ID:2x2

....?えっとじゃあお言葉に甘えさせていただ.......いていいんですか?
((自分での判断にかなり苦しんだが、結局、もう少しいることにした。しかし、本当に迷惑じゃないのかと
心配になり、聞き直した。
→セラ•リンクス

393:リルギナ◆DI:2014/06/28(土) 17:56 ID:fGo


……何も言わないんだな…。
((自分の発言にたいして口を出さない相手の優しさが改めて身に染みたようで、ぼそっ、と上記呟けば、自分の腕に顔埋めて。“気にしてない”なんて再び相手の口からでてくれば『…知ってるけど、謝らないと私の気がすまないんだ。』なんて自分を抱く相手の腕ぎゅっ、と掴み、少し無愛想に述べ。取り乱し発言する相手に吹き出して笑い『…ぷ、ふっ…私は冷静であるというのに、お前はっ…』なんて笑いを堪えきれないようで腹をおさえ。
相手の過去話真剣に聞いており、時おり悲しげな表情うかべる相手目にすれば『…もう良い…、悲しい顔のお前は見たくない』なんて顔をそらして。
>>388


…お、おう…。
((相手へ返事返せば、相手が去ったのを確認し、もう一度渡された服をまじまじと見て。『…こんなん、着れるんだろうか…。』なんて本音がぼそっ、とでてしまい、驚いた表情で口塞げばそそくさと服着始め、数分たてば『…っ…着終わったぞっ!』なんて大声で言い。
>>390

394:アリス◆/s:2014/06/28(土) 18:56 ID:pDs

.......に、似合ってますよー!はは.......。
((相手が着替え終わったのを確認し、へやにはいる。案の定相手はブスッとした顔で鏡を見つめていた。この空気をなんとかせねばと、上記を述べたが、逆効果。用意していた言い訳とは別に、うさんくさい言い訳が口から出てきた。
相手から、汚れてしまった服を受け取り、下の階へ移動。『そこのテーブルで待っていてください』と言い、後から『あ!本は勝手に読んで良いですよー』と
付け加え、洗濯機の方へかけていった。

→リルギナ

395:リルギナ◆DI:2014/06/28(土) 19:52 ID:fGo


…やはり、似合わない…。
((自分の着ている服、ひらひら、と仰がせ深いため息つけばテーブルの近くの椅子に腰掛け真剣な顔つきしつつも彼女の目線は何処かに一定していて。本棚にあるアルバムらしきものに手をのばすも届かず、だるそうに椅子からたてばそのアルバムらしきものに触れ、かたかたと音をたてながらも敷き詰められた本からするっ、と抜けば中身見ようとカバーに手をかけて。カバーをとろうとするも、なかなかとれず、時おりむすっ、とした顔見せつつも、中身を見たいという一心に、その行動に熱中し。
>>394

396:アリス◆/s:2014/06/28(土) 20:31 ID:oVA

服、洗って........ん?.....................ぎゃああああああっー!?
((服を洗濯機にかけ、戻って来ると、何かをしていた。一瞬何をしているのか分からず首をかしげ、見ていたが、
それが義理の叔母の日記だということにきずき大慌て。『ああっ!?ダメーダメー!やめてっー』と叫び、駆けつける。
確か...あれには、雨のひ、私が家の前に捨てられたことから、叔母が死ぬ日までの、ストーリーが........。
あれを見られたら....捨てられた子供なんだと思われたくない。そう、私は雨の日義理の叔母に拾われた、すてご。
親の顔も、兄弟が居たのかも覚えていない。覚えているのは、4歳からの記憶だけ。そんなことで頭がいっぱいになった。
→リルギナ

397:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/28(土) 20:51 ID:aWs

どうせ独り暮らしだしな、別に問題ないぞ?(相手に再びいても大丈夫かと問われれば問題ないといった表情しに頷きながら左記を述べて)

>>392


ん…、何か言ったか?(相手がボソリと何かを呟けば不思議そうな表情をし首を傾げながら左記を問い掛けて。相手が謝らないと気がすまないと言えば「フッ、お利口さんだな…」と鼻で笑いながら相手の頭をぽんぽん叩き左記を述べて。相手が笑ってくれば「な、何を笑っている…」と少しムスリとした表情をしながら左記を言って。相手の発言を聞くと「ありがとう…始めてだ、こんなに優しくしてもらったのは…」と今の表情を見られたくないらしくフードを深く被りながら左記を言って)

>>393

398:アリス◆/s:2014/06/28(土) 21:20 ID:DR2

.....私と同じ.......独り暮らしなんですね......はは....。
((相手からの予想外の回答に少し驚いた。自分も同じ独り暮らしだったから、少しビックリした
『私は3年前に叔母が亡くなって...。それからは.....』相手の言葉を聞いているうちに自然と、
自分も喋っていたが、叔母が亡くなってからのことを思い出そうとした所で、頭がつぶれそうになり、
頭を抱え座り込んだ。

→セラ•リンクス

399:リルギナ◆DI:2014/06/29(日) 08:18 ID:fGo


うっ…煩いなあっ…!
((相手の大きな悲鳴に右腕で右耳塞ぐも左手ではきちんとその日記をつかんでいて。相手の口からでた“ダメ”、“やめて”で見てほしくないのはわかったが、見るなと言われれば見たくなるという、よくある言葉が頭にうかび、『やましいことは、無さそうなのにな。』なんてぼそっ、と呟き、『…ん、やだね。見たいもん。』なんて日記抱えてうずくまり。
>>396


…言った…。改めて思ったよ…、お前は優しい…って…。
((不思議そうな表情で問いかける相手に微笑みながらも、珍しく、素直に述べて。相手の発言には『…お利口さん、なのは今だけだ。』なんて、述べ相手に軽く頭叩かれれば一度きゅっ、と目を閉じるもうっすらと開けて心地良さそうにし。ムスッ、とする相手見、その発言耳に入れば『ふっ…お前一人だけが、焦ってるのが面白くてな。』なんて今も笑い堪えきれないようにぷっ、と吹き出して笑い。
“ありがとう”なんて言葉耳にすれば『…私だって、優しいところはあるん、だからなっ。』なんて、照れたように頬赤くしてふいっ、と顔背けて。フードで顔隠す相手見れば『…どうした…?』なんて覗きこもうとして。
>>397

400:アリス◆/s:2014/06/29(日) 08:39 ID:IbA

ああああーやめっー!!!
((相手は、『....ん、やだね。見たいもん。』と呟き、日記を開けてしまった。それを見た私は、大慌てで、
日記を取り上げようとする。しかし、足元の本につまずき、転ぶ。相手はどうなったのかと、顔を上げると、
すでに日記を読んでいた。
→リルギナ

401:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/29(日) 09:31 ID:SY.

独り暮らしは別に苦ではないんだけどな、たまに寂しくなるものだ(相手も独り暮らしだと知れば少し驚いた表情をし苦笑いをしながら左記を述べて。相手が頭を抱え座り込めば「だ、大丈夫か!?」と慌てながら相手に近付いて心配そうな表情で左記を問い掛け)

>>398


俺が優しい…?それは違うと思うが(相手から優しいと言われれば微かに照れた表情をしながらも左記を述べて。相手がお利口なのは今だけと言えば「ずっと利口なら可愛いんだけどな…」と相手の頭から手を離してボソリと左記を呟いて。相手の返答を聞くと「う、うるさい!!お、俺は冷静だ…」と力のない声で左記を言ってみて。相手の言葉に苦笑いするも相手から顔を覗かれれば「な、なんでもない!!」と言いながら相手から顔を逸らして)

>>399

402:アリス◆/s:2014/06/29(日) 09:52 ID:TxA

私.....だ、大丈夫で...すよ。
((叔母が死んでから、3年。ずっと独りだった。でも思いきって外に出てみた。そしたら優しい魔法使いや、狼人間が
話しかけてくれた。頭を抱えながらも、上記を呟き。苦笑いをした。そして、『私は、親の顔を知りません。』
何て自分の過去を話し始めた。
→セラ•リンクス

403:リルギナ◆DI:2014/06/29(日) 10:32 ID:fGo


ふむふむっ…。
((顎に手をあて、真剣に読む素振り見せるも、実はあまりよくわかっておらず。時おり『…ん…?』という声をだし、最終的には『…何がなんだか…さっぱりわからん。だから、読物は苦手なんだ…。』なんて幸運にも彼女は飽きてしまったようで。
>>400


ん…?何を言うんだ…?お前は十分優しいではないか…。
((相手の言葉に眉を下げ、眉間にしわよせ不服そうな表情をし、上記述べて。手を離しつつ相手が呟けばうまく耳に入らずとも、『…なんだ?私の愚痴でもいったか…』なんて目を細め疑うように相手見。“自分は冷静だ”なんて隠しきれない嘘をつく相手には『私的には素直な奴の方が好きなんだけどな…。はあ、残念だ。』なんてわざとらしく、相手にぎりぎり聞こえる声で囁き。あきらかに動揺し、自分から顔そらす相手にしゅん、とした態度見せれば相手との距離をおいて。
>>401

404:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/29(日) 11:12 ID:HxY

そう、なのか…似てるな、俺と…(相手が三年前に祖母を失ったことと親の顔が知らないことを知れば、どこか自分に似ている様なところがあり、複雑な表情をしながら左記を呟いて)

>>402


いや…人から優しさを貰ったことがない俺が、優しいわけないだろ?(相手の言葉を聞くと、少し考え苦笑いをしながら左記を述べてみて。相手に愚痴でも言ったかと問われれば「さぁ、な…なんて言ったか忘れた」と相手から顔を逸らしながら左記を言って。相手が素直な奴の方が好きだと言えば「俺はお前のことが好きなんだけどな…はぁ、残念だ」と相手に対抗するかの様に左記を言って。相手が自分と距離を置けば「ん…、どうしたんだ?」と自分では理解しておらず不思議そうな表情をしながら左記を問い掛けて)

>>403

405:アリス◆/s:2014/06/29(日) 11:13 ID:STg

......ほっ。よかった....。じゃあその、日記は本棚に......
((慌てて日記を取り上げようと必死になっていたが、相手は日記の意味が分かっていないようで、
?という顔をしていた。やれやれと、相手から日記を取り上げようとするが、相手は自分の3倍
程あろう力で日記を引っ張る。「離してくださいよー」と、喋るも、相手はムスッとした表情で
日記を引っ張る。相手が離さないならばと、自分もぐいぐい引っ張ろうとした時、日記から、
手紙のような物が落ちた。
→リルギナ

406:アリス◆/s:2014/06/29(日) 11:21 ID:/uE

.......3歳の時、私は叔母の家の前に捨てられていたそうです。叔母って言っても、全く血は繋がってないんですけどね。
((自分の発言を聞いた相手は、自分と似ていると、呟いた。頭を上げ相手の顔をじっと見る。
なんだかこの人には、過去を話してもいい気がして、話してみた。自分が叔母の家の前に捨てられて
いたことから、叔母が死に、独りぼっちになった事まで。
→セラ•リンクス

407:リルギナ◆DI:2014/06/29(日) 11:51 ID:fGo


そんなの…関係無い。お前が優しいのは事実だ…、私が言うんだから本当だろ。
((そんなことはない、と相手の発言へ反論するように、ふりふり、と首左右に振って上記述べ。誤魔化す相手には『お前は何でもかんでも誤魔化すな…。』なんてむすっ、とした顔で呆れたように述べて。反抗するような態度の相手が述べた発言聞けば、忽ちご機嫌になり、ちぎれそうなほど尻尾をふりふり、と振れば『私のことを好きと言ったっ…。』なんて感激の笑みこぼして。不思議そうな表情で問いかける相手には無愛想な態度とり、ちらっ、と相手の様子うかがうも口からは何も発さず。
>>404


…ん…?
((相手と引っ張りあっていた日記からおちた手紙らしきものを上記ぼそり、と呟き、拾えば『手紙…?』なんてこてん、と首傾けながら述べて。拾った手紙を光に照らしてひらひら、と透かすも決して開けようとはせず、相手へ『手紙…落ちたぞ。もしかしたら、遺言かもな…。』なんてうかない表情しつつも手渡して。
>>405

408:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/29(日) 12:14 ID:LE.

まったくの他人を引き取ってくれたお前の祖母は随分とお人好しだったみたいだな…(相手の話を聞いていると相手が言う祖母は血が繋がっていないと知れば目を瞑りながら左記を述べて)

>>406


ありがと、な…。嬉しいぞ…(自分がいくら否定しても相手は優しいと言ってくれたことに対して笑みを見せながら左記を言って。相手の呆れた表情を見ると「仕方ないだろ…、あんなこと素直に言えたら苦労しない」と苦笑いをしながら左記を呟いて。相手の表情を見ると「そ、そんなに嬉しかったのか?」と少し驚いた表情をしながら左記を問い掛けてみて。相手が何も言わなければ「なんだ、言ってくれないとわからないぞ?」と首を傾げながら左記を問い掛けて)

>>407

409:リルギナ◆DI:2014/06/29(日) 12:26 ID:fGo


…ふ、ふんっ。私は真実を言っただけだがな…。どういたしまして…だな。
((なんて相手から“嬉しい”という言葉聞けただけで照れたように頬赤くして、それを見られたくないがためにふいっ、と顔そらし。また、相手が何か言えば『…次は何をいったんだ…。』なんて眉間にしわよせ不機嫌な表情で呟き。驚いた表情でといかける相手見れば『…嬉しい。』なんてぼそっ、と呟き。ぶんぶんっ、とふっている尻尾の勢いはとまらず。自分が何も発しないことにたいして問いかける相手の言葉聞けば『何でも…ない、もんっ。』なんて拗ねたような態度とりつつ瞳はうるうる、していて。
>>408

410:アリス◆/s:2014/06/29(日) 12:52 ID:zrk

えっ!?ゆゆゆ遺言..?その....それ貸して下さいっ!!
((落ちてきた手紙を見て遺言といった相手の言葉に驚く。慌てて相手から手紙を取り上げようとするが、身長差が激しく
とどかない。ピョンピョン飛ぶも、圧倒的な身長差は、埋まらず。貸して下さいよーと、20回ほど言った所で、やっと
手紙をゲット。中を開けてみると、地図のような物が入っていた。
→リルギナ


そうですかね.....?怒ると結構怖かったです。
((相手は不思議そうな顔で話しかけてきた。私は笑いながら上記をの述べ、スッと、立ち上がる。
そして、首にぶらさがっていたネックレスをはずし、『これ、叔母のかたみなんですよ。』
と語りかけた。
→セラ•リンクス

411:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/29(日) 20:32 ID:Un2

何故顔を逸らすんだ?(相手がどういたしましてと言いながら顔を逸らせば首を傾げながら左記を問い掛け。相手から何を言ったのかと問われれば「それは…秘密だ」と相手から顔を逸らしたまま左記を述べて。相手が嬉しいと小さな声で呟けば「そう、か…それはよかった」とまだ少し驚いた表情をしたまま左記を呟いて。相手の表情を見ると「な、何か気に触る様なこと言ってしまったのか…?」と少し慌てながら左記を言って)

>>409


時には本気で叱ってくれるのも、また優しさだと思うがな…(相手が怒ると怖かったと言うと自分なりの解釈をしてみて左記を述べて。相手がネックレスを祖母の形見だと言えば「形見、か…」とボソリと左記を呟いて)

>>410

412:リルギナ◆DI:2014/06/30(月) 18:45 ID:fGo


あ、遺言じゃ…なかったな…。
((へへ、と苦笑いすれば頬掻いて。その、落ちた地図を拾えば『なんだこれ…?宝の地図では、ないしな…。』なんて、その地図開いて、人差し指と親指でつまみ、ひらひら、と揺らせばそんなこと述べて。ううん、なんてうなり声上げ他人事にしては、悩んでいて。
>>410


…うぬぬっ。私だって…一応っ…だが、女なんだぞ。少しは、察してくれんか、鈍感。
((相手から問いかけられるも、こたえられるはずもなく、むすっ、とした顔で相手ちらっ、と見れば、上記述べて。『照れてる…、なんて言えるわけないじゃないか…。』なんて呟いて。秘密などと、自分に何も教えてくれない相手のその態度に『…じゃあ、私だって秘密だ。』なんて腕組み、顔背ければそんなこと言ってみて。相手の驚いた表情目にすれば『何を驚いてるんだ…?』なんて首傾け。少し慌てる相手見るも、『…何も教えてくれないから…何でも、秘密にするからっ…。』なんて相手が自分に何も教えてくれないことを気にしているようで。
>>411

413:セラ・リンクス◆Oc:2014/06/30(月) 20:08 ID:kNw

それじゃ、まるで俺が空気を読めてない奴みたいじゃないか…(相手に鈍感だと言われれば少しムスリとした表情で左記を呟いて。相手の呟きを聞くと「なんだ、可愛いところあるじゃないか」と笑いながら言って相手の頭をぐしゃぐしゃと撫でて。相手が此方に対抗して秘密だと言うと「うぐっ…そうきたか」と困った表情で左記を呟いて。相手に何故驚いているのか問われれば「いや、俺に好かれて嬉しいと言ってくれる奴がいるとはな…」と少し照れ臭そうな表情をしながら左記を述べて。相手からの返答を聞くと「まったく、そんなことか…。好きな奴に素直に好きだと伝えられるわけないだろ、そんなことが出来たら苦労などしない」と相手から顔を逸らしながら左記を述べて)

>>412

414:アリス◆/s:2014/06/30(月) 20:48 ID:vEQ

....叔母は...3年前、悪い魔法使いから....私を守ろうとして....。
((叔母の形見を見せると相手は『形見、か...』と呟いた。ネックレスを見ていたら、何となく、あの日のことが、
よみがえってきた。あの日、叔母は悪い魔法使いから私を守ろうと、でも、私を守って自分が死んでしまった。
その日のことが脳裏から離れない...。焼き付いている。
→セラ•リンクス

んー、なんか見覚えあるような....。
((相手が拾い上げ、ヒラヒラさせている地図は、いつかどこかで見たような気がした。
しばらく考える。数分後、『ああっっー!!!』と大きな声を出し、相手に、『煩い..』
と言われると、『すいません...』と呟き、こっちこっち!と言わんばかりに、走り出して。
→リルギナ

415:リルギナ◆DI:2014/07/01(火) 16:57 ID:fGo


…むうっ…、別にそうとは言ってないだろ…。
((相手の呟き聞き取れば、此方もムスッ、とした表情うかべ、上記述べて。“可愛い”なんて言葉使われれば『…か、可愛いところなどないっ!』なんて徐々に顔赤くして行けばそんなこと述べて、頭乱暴に撫でられれば『…ううっ、』なんてぎゅっ、とまぶたをとじれば唸って。また、相手の呟き聞き取れば、嬉しそうに鼻で笑い『…ふっ…、そうきたぞ…。』なんて勝ち誇ったように腰に手をあて、胸はって。自分のといにこたえた相手の返事きけば『…いないとでも…、思ってたのか?…優しい性格で損することはないぞ。』なんて親指ぐっ、と立てて。
顔そらし発言する相手見、いまいち、まだ、相手の口にしたことが理解できてないようで『…ん…、どういうことだ…?』なんて、こてん、と首傾け眉間にしわよせて。
>>413


…お、おいっ!
((相手が急に走り出せば目を丸くし、驚いて。面倒臭そうに深いため息つくも、ついて行かない訳にはいかず、大きな声で、相手とめようと上記述べるも、相手追いかけようと軽く走りだして。『…スピード緩めて欲しんだけどなあ…。』なんて、呟きつつも彼女の走るスピードは速くなり。
>>414

416:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/01(火) 18:13 ID:kp2

悪い魔法使い、か…(相手の過去話を目を瞑りながら静かに聞いていると、少し気になった様で腕を組みながらボソリと左記を呟いて)

>>414


まぁ、別にいいんだが…(相手がそうとは言っていないと言えばどうでもよさそうな表情をしながら左記を呟いて。否定をしながらも顔を赤くする相手見ては「お前のそういうところが可愛いんだ」と笑みを見せながら左記を言って。相手の勝ち誇った表情を見れば「な、なんかムカつくな…」と目を瞑り不機嫌そうな表情をしながら左記を呟いて。相手の発言を聞くと「そ、そうなのか…?」とまだ少し照れた表情をしながら左記を述べて。相手に問われれば「二度も言わせるのか、お前は…」とやれやれといった表情で肩を竦めながら左記を言って)

>>415

417:リルギナ◆DI:2014/07/01(火) 18:56 ID:fGo


…なんだ、その顔。先程までは気にしてたくせに…。
((なんて、どうでもよさそうな相手のその表情に再度むすっ、とした表情うかべ、眉間にしわよせれば上記述べ。“そういうところが可愛い”なんて顔赤くしていることを指摘されれば『…ど、どういうところだ…。』なんて、少し取り乱して焦ったように言い。反抗してこない相手見れば次こそはと『…勝ったな…。』なんて、自慢気に鼻で笑って。“そうなのか”なんて照れた表情しつつも疑うような体勢の相手に『…むう、余程のことでなければ私は嘘をつかんぞ。』なんて少し自信ありげに言ってみて。
相手の発言耳にするも全然内容が頭に入ってこず、『…しょうがないだろ…。わからんものはわからんのだ。』なんて不服そうに述べて。
>>416

418:アリス◆/s:2014/07/01(火) 20:27 ID:UXI

この地図、家の地図だったみたいです。暖炉の所に、赤い印が付いていて.....。
((勢い良よく走りだし、目的地に着くと、息を切らしながら上記を述べて。
そして、地図を見て、『暖炉になにが....』と呟いて、暖炉をのぞきこむ。
すると、暖炉がゴゴゴッーという効果音つきで動き始めた。
しばらく、見ていると、地下(?)への階段のような物が現れた。
→リルギナ

でも...私が悪いんです。あのとき『最近は魔法使いがうろついてるから、出ちゃダメだよ』って
言われていたのに...。
((相手は、真剣な表情で自分の話を聞いていた。私は話を続けた。『あのとき外に出ていなかったら』と、
申し訳なさそうに呟いて。その直後溜め込んで我慢していた涙があふれてきた。
→セラ•リンクス

419:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/02(水) 12:37 ID:CwY

ん、そんな顔してたか…?(相手の発言を聞けば自覚はなかったらしく首を傾げながら左記を問い掛けて。相手の取り乱した様子を見れば「まぁ、自分では気付けないだろうな」と腕を組みながら左記を呟いて。相手が鼻で笑えば「べ、別に悔しくなんかないしな、どうでもいい…」と明らかに悔しそうな表情をしながら強がって左記を言って。相手が自信あり気に嘘はつかないと言えば「では、何故今まで俺に他人が寄って来なかったんだ…」と首を傾げながら左記を呟いて考えており。相手がわからないんだから仕方がないと言えば「実はお前の方が鈍感なんじゃないか?」とからかう様に笑いながら左記を問い掛けてみて。)

>>417


後悔したって仕方がない、もうあんたの祖母はいないんだ(相手が涙を流せば相手から顔を逸らしながら冷たく左記を言い放って「だから生かしてもらったその命を大事にしろ、それがあんたの祖母への償いだ」と真剣な表情をしながら左記を述べて)

>>418

420:アリス◆/s:2014/07/02(水) 15:57 ID:WII

.......わかってます。.......私だって変わりました。ずっと家に引っ込んでたけど、
外に出て、ちゃんと、お友だち作りました。『それだけ』って言われるかもですけど
でも頑張りました。
((相手の冷たい一言に、一瞬ムッとするも、涙をぬぐい、相手をジッーと見る。
そして、クルッと後ろを向き、上記を述べて、また相手の方を見て、
『あれ?私、自己紹介しましたっけ?私アリスです!』と、笑顔で述べて。

421:アリス◆/s:2014/07/02(水) 15:59 ID:WII

【↑ →セラ•リンクス】

422:リルギナ◆DI:2014/07/02(水) 19:30 ID:fGo


い、家の地図か…。
((なんて、相手の言葉に反応し、家見渡して上記述べ。階段現れれば『…うわっ。』なんて、大きな声だして後退りし。『…階段…?』なんて、呟けば“行こう”と相手の腕掴めば、ぐいっ、と引っ張って。
>>418


…、してた…。自分でわからないのか…?
((相手の問いかけ耳にすれば、不思議そうな表情で答えれば、こちらからも問いかけ。相手の呟き聞けば『…ふんっ、当たり前だ。自分の性格が可愛いとか思う奴はナルシストかぶりっこだけだな。』なんて眉間にしわよせ述べて。強がる相手見れば『…強がって…。』なんてにやにや、笑って。“何故”なんて、呟く相手には『…ん?…それは私にも分からんな。』なんて考えた仕草見せつつもそんなこと述べて。“鈍感”なんて言われれば『…なっ、鈍感だと!?た、例え鈍感だったとしても…まだ、いい方だと思うぞ。告白されて気づかないなんていう者とは違うからな。』なんて、本当に自覚なしで。
>>419

423:アリス◆/s:2014/07/02(水) 20:44 ID:UW.

そそそ、そうですね。
((相手はいきなり自分の腕を引っ張ってきた。いきなりのことに、驚くも、
上記を述べて、階段を降りていく。しばらくすると、ゴシックホラーを、
思わせる部屋が待っており、あまりの怖さに声をもらす。『ゴシックホラーですね...』
なんて呟いて。
→リルギナ

424:セラ&◆po:2014/07/04(金) 13:57 ID:nRk

そうか、お前も頑張ってたんだな(相手の返答を聞くと相手の頭に手を置きぽんぽんと叩きながら左記を述べて。相手が名前を名乗れば「そう言えばまだお互い名前を言ってなかったな。俺はセラ•リンクス、よろしくな」と微かに笑みを見せながら左記を言って)

>>420


あぁ、全然…(相手にわからないのかと問われれば首を傾げながら左記を述べて。相手の発言を聞くと「フッ、確かにな…」と苦笑いをしながら左記を呟いて。相手の発言が聞こえると「つ、強がってなどいない…」と相手からフイッと顔を逸らしながら言って。相手をチラッと見ると「もともと一人だったからな、誰も近寄らないのも当たり前だ」と頷きながら左記を呟いてみて。相手の発言を聞くと「それならお前は相当鈍感ってことか…」と微かに笑いながら左記を述べて)

>>422

425:、、、:2014/07/04(金) 16:19 ID:k4g

、、、

426:リルギナ◆DI:2014/07/04(金) 16:30 ID:fGo


…なんだこれ。子供を脅かす為のものではないか。
((なんて、然程驚いた様子でもなく、呆れたようにふっ、と鼻で笑えば先頭きってずんずん、と進んで行き。しばらくすれば、グロテスクな血だらけの人形が見えてきて。
>>423


はあ…。まあ、良いがな…。意図的に作った表情では、ないようだし。
((相手の返答に深いため息つきつつも、諦めたように上記ぼそり、と呟いて。相手の発言耳にすれば、『…そうだ。だから、これで良いんだ。』なんて、ふんっ、と鼻で笑って腕を組み。“強がってない”なんて否定する相手見れば、『…では、何故顔をそらす…?説得力がないぞ。』なんてニヤニヤ、した笑みはやまず。自分見れば、呟いた相手に『…お前が話しかければいい話なのにな。』なんてさらっ、と言い。“相当鈍感”なんて言われれば『…何を!?…第一な…私は告白などされたことがないっ。だから、鈍感と言う分類には属さないんだ。ほら、もう一度先程のことを言ってみろ。』なんてびしっ、と相手指差して。
>>424

427:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/04(金) 16:46 ID:nRk

な、なんだかよくわからんが…悪かったな(溜め息を吐く相手を見ると不思議そうな表情をしながらも謝罪を述べて。相手がこれでいいと言えば「確かにな、お前はそのままでいて欲しい」と相手をじっと見ながら左記を述べて。相手に説得力がないと言われれば「だ、黙れっ…」と否定することはやめない様で。相手の発言を聞くと「そんな簡単に出来たら苦労などしない」と目を瞑りながら左記を呟いて。相手に先程のことを言えと言われれば「お前は告白されたことがないんじゃなくて気付いていないだけなんじゃないか?も、もう一度言うなんて出来るか」と少し慌てながら左記を言って)

>>426

428:アリス◆/s:2014/07/04(金) 18:48 ID:4Fs

セラ....セラリンクス.....。どっかで、聞いたことがあるような...?
((自分が自己紹介すると、相手も名前を教えてくれた。お友だちになれるかも!と、
はしゃぐ。しばらくニコニコしていたが、棚から妙にはみ出しているノートが気になる
ようで、ノートを真っ青な目で、じっと見つめて。
→セラ•リンクス

....。ぎゃああああ!! ななな、なんだコレええ!
((ゴシックホラーを思わせるその部屋は、細い通路に、赤い絨毯(じゅうたん)と、いかにもな、演出だった。
途中、なりやまない電話や、怪しく燃える暖炉の火などにうおっ!?と、驚くも、すたすたと、 進んでいく。
相手は楽しげだが、自分はすでに、放心状態だった。真っ青な顔で『うう....なにこの部屋....』なんて、
呟いて。
→リルギナ

429:リルギナ◆DI:2014/07/04(金) 20:30 ID:fGo


何故謝る…。…私は、然程気にしておらん。
((理由が分からず、謝罪する相手目にすれば眉間にしわよせつつ、ふいっ、と顔背ければ上記述べて。じっ、と見られつつ、発言されれば、『…め、面と向かっていうでない…。』なんて照れたように頬赤くしては、そんなこと述べて。否定するのを中々やめない相手見ればむすっ、とした顔うかべ、口からは何も発さず、じっ、と相手見。目を瞑りつつ、発言する相手には『…話しかけることなんて、簡単だ。口があるんだからな。』なんて自分のくちもとに手をあてて。また、慌てた様子みせる相手には『…馬鹿ではあるまいし、気づかないことはないっ。』なんてきっぱり述べれば『…先程は言えたのに…、今は言えないのか…。教えてくれんなら泣いてやる。』なんて不服そうな表情で。
>>427


なんだ…?怖いのか?
((なんて、先程から叫び声をあげる相手ちらっ、と見れば不思議そうな表情で述べて。『…こんなん、ただの子供騙しのおもちゃだろ?』なんてニヤニヤしながら笑い。『…どうせ、作り物なんだしさ…。』なんて、先程から相手が驚いているのを失礼にも、馬鹿にしていて。突然うーん、なんて悩み始めたかと思えば『しかし…何故こんなところに?』なんて、ぶつぶつ、呟いていて。
>>428

430:アリス◆/s:2014/07/04(金) 20:53 ID:4Fs

こここ、怖いわけないじゃないですかああ!
((時々、叫びながら、通路を歩いていると、相手がにやにや笑いながら見てきた。
『ビビりだって思われたくないな。』と思っていると、相手が『怖いのか?』と、
聞いてきた。焦りに焦って、うさんくさい言い訳が口から飛び出す。一人でギャーギャー
騒いでいると相手が『何、取り乱しているんだ?』と聞いてきた。
→リルギナ

431:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/04(金) 21:33 ID:nRk

ん…?俺に似た名前の奴なんていたのか(相手が自分の名前を聞いたことがある気がすると言えば首を傾げ少し気になった様な表情をしながらもボソっと左記を呟いて)

>>428


そうか、ならいいんだが…(相手が顔を逸らしながらも気にしていないと述べれば少し安心した表情をしながら左記を呟いて。照れた様子の相手見ては「顔を逸らしながら言っても文句言われるのに、顔を逸らさなくても文句言われるのか」)

432:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/04(金) 21:52 ID:nRk

【途中送信申し訳ないです…>>431の続きです】

(と苦笑いを浮かべながら左記を述べてみて。相手をチラッと見ては「な、なんだ?」と何故むすっとしながら見られているのか分からず首を傾げながら左記を問い掛けて。相手の発言を聞くと「口があればどうにかなるのか?問題はそこではないだろう…」と目を瞑ったまま左記を言って。相手が泣いてやるなんて言えば「な、泣かれては困る…。だ、だから…その、す、好きだと言ったんだ…お前に」と途切れ途切れになりながらも恥ずかしそうに左記を述べて)

>>432

433:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/04(金) 21:55 ID:nRk

【す、すいませんっ。安価ミスです>>432>>429宛です】

434:アリス◆/s:2014/07/04(金) 22:11 ID:4Fs

い、いや....。似た名前じゃなくて、私の友達が『セラ』って言ってたような....。
((相手は気になるという顔でこちらを見ていた。実際自分でも、はっきり覚えている訳じゃない。
だが、確かにどこかで聞いた名前だ。頭を抱え、『あれ....?』何て、呟いて。
→セラ•リンクス

435:リルギナ◆DI:2014/07/05(土) 08:17 ID:fGo


嘘をつくな…。怖いくせに…。
((なんて、ニヤニヤした笑みはとまらず『…取り乱すとは、嘘をかくそうとしている証拠だ。』なんてびしっ、と相手へ人指し指で指せば、“きまった”なんてふふん、と鼻で笑い胸はっては相手見。
>>430


だ、だがな…。無意識でその様な表情をするというのは…異常だぞ。
((なんて相手の発言聞くも、考えるように、眉間にしわよせれば腕を組みつつ、上記述べて。苦笑いうかべつつ、何げに鋭いこと言った相手見れば、『…ぬっ…気分だ気分っ。』なんて、少々我が儘な発言し。相手にむすっ、としていることに関しての質問されれば『…。』と黙ったままで、じっ、と不機嫌そうに相手見る目は変わらず。目を瞑り、中々の発言する相手には『…では、何が問題だ…。』なんて、不思議そうに、首こてん、と傾ければそんなこと述べて。恥ずかしそうにする相手の発言聞けば、一瞬“ん?”なんて、訳のわからない顔して。やっと相手の口にした、言葉の意味がわかれば、頬真っ赤に染め『こ…これは…、なんと返せば………』なんて、告白された記憶がない彼女は、相手にどう言えば良いのか全くわからず、戸惑った表情で、取り乱し。
>>431-432

436:アリス◆/s:2014/07/05(土) 08:38 ID:gz2

えええー、貴方って、そういうキャラだったんですかー。
((取り乱していると、相手が指差し、ニヤニヤとした表情でこちらを見てきた。
それに同様して、その場にヘナヘナと座り込もうとするが、足元の血だらけ
アンティークドールのせいで座れない。一方、相手の表情は変わらず、ニヤニヤ
とこちらを見ていた。相手の性格が予想外で、思わず上記が口から飛び出る。
しかし相手は、待ってはくれず、スタコラと先へ進んで行くので、仕方なく、
自分も、ついていった。時々、『ひぎゃああああっー』何て、大声出して。
→リルギナ

437:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/05(土) 09:44 ID:lfg

セラって俺じゃなくて別の人かもしれないな(相手の返答を聞くと顎に手を当てて暫く考えていたが、相手とは先程知り合ったばかりなので自分ではないと左記を述べてみて)

>>434


そうなのか、俺にはよくわからんな(相手に異常だと言われれば首を傾げながら左記を述べて。相手が我が儘なことを言えば「お前は相当の気分屋だな」と苦笑いをしながら左記を呟いてみて。相手が不機嫌そうな表情のまま此方を見てくると「な、何か言ったらどうなんだ?」と困った表情をしながら左記を言って。相手にどういう問題か聞かれれば少し間を開け「…気持ちの問題、だろうな」と横目で相手見ながら左記を呟いて。相手の反応見ると「こ、断ってくれていい。俺はお前に気持ちを伝えたかっただけだから…」とそっぽ向きながら左記を述べて)

>>435

438:アリス◆/s:2014/07/05(土) 10:45 ID:FIQ

と、とどかない......。
((しばらく考え込んでいたが、結論は違う人ということで、話しは終わった。
話す話題がなくしばらく黙っていたが、ふと、ノートのことを思いだし、
棚の方へスタスタ歩いていく。棚から妙にはみ出したノートは、狼のなかでは、
まだ幼い彼女の、好奇心をくすぐってくる。ノートを取ろうと、手をのばすも、
身長が低い彼女には取ることができず、『ううー』と声をもらしながらも、
取ることは諦めず、真っ青な目でノートを見つめて、『あと10センチ身長があれば...』
なんて呟いて。
→セラ•リンクス

439:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/05(土) 10:59 ID:lfg

ん、あんなノート棚にあったか…?(相手がはみ出たノートの方に行くと首を傾げながら左記を呟いて。相手がノートを取ろうと必死になっていると「これで取れるか?」と相手を抱っこしながら左記を問い掛けて)

>>438

440:アリス◆/s:2014/07/05(土) 11:26 ID:34o

ひいっ!?
((ノートを取ろうと、背伸びしたり、ジャンプしたりしていると、いきなり体が浮いた。
突然のことに驚き、声をもらすも、ノートはしっかりつかみ、『取れましたっー』と、
相手に喋る。取ったノートを開いて見ると、クレヨンで描いたと思われる、謎の円が一つ。
セラさんが描いたのかな?なんて考えつつ、『なんだこれ?』と呟いて。
→セラ•リンクス

441:リルギナ◆DI:2014/07/05(土) 11:29 ID:fGo


はあ…。いつになったら終わるんだ…。
((流石に長い時間、同じような場所を歩いていれば飽きてくるもので、深いため息つきながら、先程よりは進むスピード緩めては怠そうに上記呟いて。『…結局、何なんだ…此処…?』入って見たのは良いものの、特に利益をえるわけでもなく、彼女に取ってはただの子供騙しの建物としか思えないようで、相手に問いかけ。
>>436


…まあ、良い。その内、薄々気づくだろう…。
((なんて相手の発言聞けば小さな声で、独り言呟いて。呟かれた相手の言葉耳にし『…ふんっ、すまなかったな。気分屋で。』なんて、拗ねたようにそっぽ向き。困った表情の相手目にするも、先程の相手の発言で“黙れ”と言われてしまったために、口は開かず、引き続き相手じっ、と見て。“気持ちの問題”だと呟く相手見れば、『…まあ、話しかけなくとも、お前が私にしたように人助けとか、してればそれなりに人は寄ってくる。』なんて、自分でうんうん、と頷きながら述べてみて。自分から顔をそらし、述べる相手見れば、『…ここまで言っておいて、断れとは自分勝手ではないか。私にだって気持ちはあるんだ。』なんて呟いて遠回しに返事を返すように『…嫌いじゃない。』なんて述べ。
>>437

442:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/05(土) 11:57 ID:lfg

なんだそれは…?俺が描いた記憶はないが(相手がノートを開けば自分でも描いた覚えのない様なものが描かれており不思議そうな表情で首を傾げながら左記を呟いて)

>>440


ん、何か言ったか?(相手が何か呟けば首を傾げながら左記を問い掛けて。相手が拗ねてしまえば「まぁ、俺はそんなお前も含めて好きだが…」とそっぽ向いた相手を見ながら左記を呟いてみて。相手にじっと見続けられれば「な、なんなんだ?」とまだ不思議そうな表情をしながらも左記を言って。相手の返答を聞くと「ん、何のことだ?」と助けたことに関してはしらばっくれており。相手が嫌いじゃないと言えば「そうか…。今はその言葉だけで嬉しい、ありがとう」と少し照れながらも微かに笑みを見せお礼を述べて)

>>441

443:アリス◆/s:2014/07/05(土) 11:59 ID:ywg

っ!?扉が......
((長く続く通路に、二人とも飽きていた。もう、帰ろうかと思ったその時、
真っ赤な壁から、扉が現れた。いきなりのことに、驚き、『うわあっ』
と声をもらすも、扉を開け中へ入る。扉の中に待っていた景色は、
予想以上の物だった。『地下に町が.....あったなんて.....。』
→リルギナ

444:アリス◆/s:2014/07/05(土) 12:07 ID:ywg

そ、そうなんですか...。じゃあこれは.....?
((先程見つけた、謎のノートには、円が描いてあった。だが、セラさんは、描いた覚えがないと
いっている。他にも何か描いていないかと、ページをペラペラめくっていると、最後のページに、
『セラへ』と書いてあった。どうやら手紙のようで、勝手に読むのも悪いと思った彼女は、
『セラさんあてですよ』と言いノートを渡した。
→セラ•リンクス

445:リルギナ◆DI:2014/07/05(土) 12:35 ID:fGo


何でもない…。
((相手に問いかけられるもふりふり、と顔横に振れば上記述べ『…そう言えば、』なんてお互い、名前を教えあっていないことを話し始めて。呟き発言する相手見れば『…す、好き…とか、簡単に言うな。…恥ずかしい。』なんて、相手から目線そらしつつ頬掻きながら述べて。相手の言葉には、『…黙れっていったから…。』なんて、ぼそっ、と呟き。とぼける相手見ては『…む、何なんだその態度はっ。』なんて、むすっ、とした表情で相手見ては言い。何か勘違いをする相手見、『…そ、そういうことじゃ、なくて…。嫌いじゃない、というのは…、つまり…その…、』なんて、目を泳がせてしどろもどろにいい始め。
>>442


っ…。
((流石に急に扉が現れれば目を丸くし、驚いた表情みせるも、相手が中へ入って行けば、続いて足踏み入れ。扉の中のその景色目にすれば、眉間にしわよせ『…こんなことあるのか?……何故こんなところに…。』なんて呟いてはずんずん、とまた、先頭きって、歩いて行き。
>>443

446:アリス◆/s:2014/07/05(土) 12:50 ID:7aY

ああっ!待ってー!
((地下にあった町を目にすると相手はすたこらと、先に行ってしまった。
急いで相手の元へ走っていく。地下にあったその町は、人はいないが、
店が立ち並び、不思議な感じだった
→リルギナ

447:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/05(土) 14:47 ID:lfg

俺…宛に…?(相手の発言を聞くと驚いた表情をしながら左記を言ってノートを手に取り「いったい誰が…」と思い当たる人物が浮かばない様で左記を呟いており)

>>444


あぁ、そう言えばお前の名前まだ聞いてなかったな(相手の発言を聞くと相手の名前を聞いていなかったことに気付き左記を呟いて。相手が恥ずかしいと言えば「それはすまなかった」と笑いながらも左記を謝罪をして。相手の返答を聞くと「それで本当に黙る奴があるか…」と苦笑いをしながら左記を呟いており。相手の表情を見ると「何のことだか記憶にないんだが」と肩を竦めながらしらを切って。相手の様子を見ると「ん、なんだ?どう言う意味だ…?」と不思議そうな表情をしながら左記を問い掛けて)


>>445

448:アリス◆/s:2014/07/05(土) 14:56 ID:pFM

............?誰が書いたかは、書いてないんですか..?
((相手はノートを手に取ると、不思議そうな顔で『いったい誰が...』と呟いた。
それを聞いて、上記を問いかけ、首をかしげる。相手がノートを開くと、
目、輝かせ、『何て書いてたんですかっ!』なんて問い、尻尾ブンブンふって。
→セラ•リンクス

449:リルギナ◆DI:2014/07/05(土) 16:51 ID:fGo


…店だっ。店。
((なんて、その町の光景に目を輝かせ、楽しそうに上記述べて。人気がないにも関わらず、今はそんなことは眼中に無いようで。ぴょんぴょん跳ねながら店を見てまわっては、やっと人がいないことに気付き『…先程から人が見当たらんな…。』なんて、眉間にしわ寄せ、その光景に少し警戒しており。
>>446


…む、一生私を“お前”と呼ぶ気か…。
((“そう言えば”なんて言う相手見れば、自分から言い出したにも関わらず、むすっ、とした表情で上記述べれば『…リルギナ…。』なんて、か細い声で名前述べ。笑いながらも謝罪する相手見れば『…わ、笑うなっ。』なんて、むすっ、とした表情しつつも、少し頬赤くして。苦笑いし呟く相手には『…此処に、いるぞ…。』なんて腕組み、不機嫌オーラだして。しらを切る相手には、口に出さなくとも、軽く睨み。自分の言いたいことがわからない相手に問いかけられれば『…そ、その…き、嫌いの反対だ。反対っ!』なんて口に出すのが恥ずかしいのかそのようにのべて。
>>447

450:アリス◆/s:2014/07/05(土) 18:29 ID:Hj6

.....迷宮....?
((人気のない町をしばらく歩いていると、1つの高い建物があった。その建物を見た瞬間、
昔好きだった、物語のことを思い出した。少年が、迷宮に行くお話しだ。好奇心をくすぐられ、
いてもたってもいられず、『行きましょう!』なんて、大声を出し、入り口へ向う。
『楽しいな...!』なんて呟いて。
→リルギナ

451:アリス◆/s:2014/07/05(土) 18:47 ID:Fvo

【訂正します ×向う ○向かう】

452:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/05(土) 22:38 ID:lfg

あぁ、いや…字が消えかかっててよく読めないんだ(相手に何が書いてあったかなんて目を輝かせながら問い掛けられれば少し困った表情をしながら左記を言って)

>>448


リルギナか…。いい名だな(相手が名前を名乗ればボソっと左記を呟いて「俺はセラ・リンクス。まぁ、本名かは知らんが」と、此方も名前を名乗れば苦笑いをしながら左記を言って。相手の不機嫌そうな表情見れば「そんな顔するなって…」と言いながら相手の頬に手を当ててみて。相手の発言聞けば「そ、そうだな。まぁ、素直でいいんじゃないか…?」と顔を逸らしながら左記を述べて。相手に睨まれれば「そんな怖い顔するなよ」と苦笑いをしながら左記を言って。相手が嫌いの反対だと言えば「ん…?つまりはどう言うことだ?」と首を傾げたまま左記を問い掛けて)


>>449

453:リルギナ◆DI:2014/07/06(日) 07:02 ID:fGo


…なんだ…?急に…。
((相手の楽しそうな表情と先程とは違うその声に不思議そうな顔すれば、ぼそり、と上記呟き。『中々のものだな…。』なんて、迷宮らしき建物の入り口につけばその大きな建物を腰に手をあてつつも、下から見上げ。『…此処に…、入るのか…?』なんて、扉の方を指差せば相手を見。
>>450


…そ、それは………ありがと、な…。
((なんて微かな声ながらも“いい名だな”と言われ、少々照れた様子で上記述べ。“本名かは知らない”なんて言う相手に首傾け『…どういう意味なんだ…。』などと呟くも、『…セラ。』なんて、相手の名前ボソッ、と呟いて。頬に手をあてられれば、驚いた表情するも『…む、何してるんだ…。』なんてじっ、相手見つつ低い声で問いかけて。顔をそらし述べる相手に納得できる訳がなく、『…なっ、なにが “ 素直でいいんじゃないか…? ” 、だ!そんなこと1mmも思ってないであろう…?』なんて、息継ぎすることなく、問い詰めて。怖い顔するなと言われるも『…出会った場所と出来事を忘れるとは…、最低だな。』キッ、と軽く相手睨む目は変わらずで。
自分の言っている意味が伝わっていない様子の相手見れば『…っ…、馬鹿っ!鈍感っ!………先程から…す、好きだと…言っているのだ…!』なんて頬真っ赤にし、大事な部分の時の声は少し小さめで。
>>452

454:アリス◆/s:2014/07/06(日) 07:44 ID:FKg

えええっー!読めないんですかあっ。
((期待して、相手をみていたが相手のまさかの『読めない』という一言に、
膝から崩れ落ちる。しかし、内容を見ることが諦め切れないようで、
『ちょっとかして下さいっ!』なんて言ってみて。
→セラ•リンクス

.......これってゴールありますかね?
((迷宮らしき建物に心、踊らせていたが相手の『此処に入るのか』という、
一言にはっとなる。高いこの迷宮には、入り口がある。でも、出口が見当たらない。
心配になり、相手に上記を問いかける。『死の穴?』とか『死霊の館かもっ!』
なんて馬鹿なこと言ってみて。
→リルギナ

455:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/06(日) 09:54 ID:lfg

師匠が俺をセラって、呼んでた。だから師匠がつけた名前なのかもな(相手の呟きが耳に入れば苦笑いをしながら左記を言って。相手に何をしていると問われれば「いや、なんとなく触れたくなった」と手を離しながら左記を述べて。相手に問い詰められれば「いやそんなこと…ない、ぞ?」と顔は逸らしたまま左記を言って。相手に最低だと言われれば「そう、だな…。確かに俺は最低な奴だと思う」と頷きながら言って。相手の発言を聞くと「ん、なんか最後の方が聞こえなかったのだが…」と頬を掻きながら左記を述べて。)

>>453


ん、お前に読めるか…?(相手に貸せと言われれば首を傾げながらも左記を問い掛け「確かに内容は気になるな…」と、顎に手を当てながらそんなことを呟いており)

>>454

456:リルギナ◆DI:2014/07/06(日) 10:29 ID:fGo


馬鹿を言うな…。確かに、出口は見当たらないが、言ってみる価値はありそうだな…。
((なんて、相手の問いかけや発言にも動じず、むっ、とした表情で再び、迷宮らしき建物見上げれば、ふっ、と鼻で笑い。ずかずか、と扉まで歩いて行けば、『…思ったよりも大きい扉だな…。それに重い…。』などと、呟きつつ、体重かけては扉あけようとしていて。『…お前も、手伝え…。』なんて、流石に一人では、重い扉は開けぬようで。
>>454


…そうなのか…。で、では、“リンクス”は、どうなんだ…?
((苦笑いしつつも、述べる相手の言葉聞けば、不思議そうな表情で上記問いかけ。“触れたくなった”なんていう相手には『…ずいぶん、急だな。しかも、意味深…。』なんて、考えこむような素振り見せれば、そう呟いて。また、顔をそらしながらも、“そんなことはない”なんていう相手には『…正直に言えっ。』なんて、びしっ、と指差して。“最低”などと言われたのにも関わらずあっさり認める相手見ては『…なんだ…。自覚…しているのか…。』なんて少々悲しげな顔しつつ、述べて。自分が頑張って恥ずかしさに耐えながら言ったにも、関わらず相手に伝わらなかった為に『…もう、いい……。』なんて諦めてしまい、ひとめではわからないが、最終的にうずくまっては、静かに泣き出して。
>>455

457:アリス◆/s:2014/07/06(日) 10:41 ID:7dY

....!あっ!クレヨンって、油の固まりだから、水をはじくんですよ!
((相手に『お前に読めるか?』と言われ、一瞬固まるも、クレヨンの性質を思いだし
大きな声を出す。相手に、上記を喋り、『ちょっと待っててください』なんて言えば
家飛び出し、近くの雑草むしって、『桶(おけ)かなんかあります?』と語りかけ。
→セラ•リンクス

458:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/06(日) 11:23 ID:lfg

リンクスは師匠の名だ…、俺にとって師匠は家族でもあったからな(相手に問われれば目を瞑りながら左記を呟いて。相手に急だと言われれば「ダメだったか…?」と、首を傾げながら左記を問い掛けて。相手に正直に言えと言われれば「正直もなにも本当のことだからな…」と少し困った表情をしながら左記を呟いて。相手の発言を聞くと「まぁ、事実だしな…」と当然といった表情で左記を言って。相手の様子を見ると「な、なんだ⁉︎何故急に泣き出している…?」と慌てながら左記を述べて)

>>456


あぁ、風呂桶なら風呂場にあったと思うが…(相手から問われれば不思議そうな表情で首を傾げながら左記を言って「だが、何をする気だ…?」と首を傾げたまま問い掛けて)

>>457

459:リルギナ◆DI:2014/07/06(日) 11:59 ID:fGo


…そうか…。
((相手の発言に静かに納得するも、『…今、師匠とやらは何処に…?』なんて、家族同然だったものが相手と居ないのは可笑しいと感じたようで。相手の問いかけには『…駄目ではないが…、』なんてしどろもどろに述べて。“本当のこと”などと呟く相手見れば、『…聞きたいことはやまほどあるんだが、信じてもいいのか…?』なんて、少々疑う姿勢でありつつも、そう述べて。事実などと、自分の言ったことに反抗しない相手見れば『…本当に、覚えていないのか…?』なんて眉したに下げ悲しげな表情で問い。相手の慌てた態度知らず、『…私だって…』なんて言い出しの言葉発するも、それ以上は何も言わず。
>>458

460:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/06(日) 12:26 ID:lfg

さぁな、突然姿を消した。そのネックレスだけを残してな…(相手から問われれば相手が付けているネックレスを顎でしゃくりながら左記を言って。相手の返答を聞くと「ならいいじゃないか、今のうちに触れておきたいんだ…」と相手の頭に手を置きながら左記を小さな声で言って。相手の発言を聞くと「あぁ、信じてくれるならそうしてもらいたいな」と相手をチラッと見ながら左記を述べて。相手の表情を見ると「覚えている、さ…。お前、いや…リルギナがこんな優しい奴だとは最初は思わなかった。だって木の実を落としてやったのに警戒心剥き出しで睨んでくるんだからな」と最初に会ったことを思い出しながらクスリと笑いながら左記を言って。相手の様子を見続けていると「泣かないでくれ、俺が悪かった」と言いながら優しく相手を抱いて)

>>459

461:アリス◆/s:2014/07/06(日) 13:56 ID:kTM

こうしてー!
((桶を借りれば、その桶に、すりつぶした雑草と水を入れ、色水を作る。
そして、手紙が書いてあるページを色水に浸す。
『油は水をはじくから、書いてあるものがうかびあがってくるはずっ』なんて語りかけ。
→セラ•リンクス

は、はいっ!
((手伝えと言われれば慌ただしく扉の前へ走って行って、扉を全力で押す。
しかし、彼女の腕力は、ウサギより強い位のものなので、手伝いにならない。
2人とも疲れてきた時、扉がゴゴゴッーと音をあげ開いた。
→リルギナ

462:◆DI:2014/07/06(日) 15:55 ID:fGo


そうか…。では、今…どこにいるかもわからないんだな…。
((なんて呟けば、自分の首にぶら下がったネックレス包み込むように両手で握り。小さな声で発言する相手ちらっ、と見ては、聞き取れなかった為に『…何か、言ったか…?』なんて不思議そうに述べ。“信じて欲しい”などと言う相手見れば『…じゃあ、信じる…。』なんてあっさり口にし。相手の口から“覚えている”という言葉聞こえれば、ぱああっ、と顔明るくするも、笑いながら当初出会ったときの自分を語られては顔を赤くし『…む、語るなっ。』なんて、やめさせようと、両手で相手のくちもと軽く抑え。優しく抱かれれば、少しは落ち着くも、やはり同じことを口にするのは恥ずかしいようで、顔赤くしながらも、下を向けば黙ってしまい。
>>460


あ、開いたぞっ!
((先程までは、疲れきって『はあ…はあ…。』などと荒い息づかいをしていたも、扉が開くのを目にすれば、苦労したかいがあったと、ぱああっ、と明るい表情うかべれば大声で上記述べて。『…で、では、参ろうっ。』なんて、相手の腕握りぐいっ、と引っ張ればずんずん、進んで行き。
>>461

463:リリアン・アリス:2014/07/06(日) 16:04 ID:.SU


【中々来れなくてすみません。レス蹴りさしていただきます。絡み文置いときますので良かったら絡んでやってください。】

……。

(なにを考えているのかぼやーっと遠くの方を見つめていて。いつになく寂しげな表情をしており、時折ふぅっとため息つけば肩を落とし。周りを自動車や自転車がたくさん通るも気にも止めずずっと一点を見つめていて。)

→おーる様

464:アリス◆/s:2014/07/06(日) 16:06 ID:iww

わあっ!すごーい!
((扉が開くと2人とも笑顔になった。『迷宮かあ.....』なんて呟いていると、
行きなり腕を引っ張られ、中に引きずりこまれる。中に入ると、また扉があった。
なんともファンタジックな世界に心、踊らせ、期待膨らませ、走り出した。
→リルギナ

465:アリス◆/s:2014/07/06(日) 16:10 ID:iww

......な、何してるの?
((家から結構離れた、町の中。久々に散歩でもしようかと水筒を持ち、歩いていた。
すると、一人の女の魔法使いらしき人が、ずっと何処かを見ていた。勇気を出して、
声をかけてみる。
→リリアン•アリス

466:リリアン・アリス:2014/07/06(日) 16:30 ID:B9I



あら…?こんにちは。

(見慣れない顔にこてりと首傾げ。しかし、何をしているのかと尋ねられれば少し戸惑った様で。とりあえず挨拶だけはしておかないとと思ったのかにこりと優しい笑顔浮かべながら挨拶をして。)

→アリスさん

467:アリス◆/s:2014/07/06(日) 16:49 ID:img

こっ、こんにちは.........。 道路に何か落ちてたの?
((いきなりの挨拶に驚くも、ちゃんと挨拶は返す。人との会話になれていないせいか、
若干、ぎこちない挨拶だった。道路をじーと見ていた相手に上記を質問し『ああっ!言いたくないなら言わなくても...』
なんて取り乱して。
→リリアン•アリス

468:リリアン・アリス:2014/07/06(日) 17:17 ID:LcE



いえ…
(答えたくないのか相手の質問に答えることなく上記だけを述べ首を横に小さく振ればまだ上の空なのかどこかぼやーとしている様で。)

→アリスさん

469:アリス◆/s:2014/07/06(日) 19:17 ID:TsY

...ご.....ごめんなさい....。
((取り乱していたが相手の『いえ....』という一言に反応し静かになる。
人とあまり会話したことのない彼女は怒られたと勘違いし、謝った。
『す、すみません.........。か、帰りますね...。』なんて語りかけ。
→リリアン•アリス

470:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/07(月) 14:10 ID:9nA

なるほど、その手があったか(相手がとった行動を見ると感心した様子で左記を呟いて「それで、なんて書いてあるんだ?」と首を傾げながら左記を問い掛けて)

>>461


きっと俺が弱かったから呆れてしまったんだろうな、あの頃魔法は苦手だったから…(相手の呟きを聞くと笑っているが、どこか悲しそうな表情をしながら左記を言って。相手から問われれば「いや…、なんでもない」と笑みを浮かべながら言って。相手があっさり信じれば「ありがとな…」と嬉しそうな表情をしながら左記を述べて。相手に口塞がれれば「ん…、なんだ恥ずかしいのか?」とからかう様に笑いながら左記を問い掛けて。相手が落ち着いたのを確認すると「ほら、笑え」と言いながら相手の頬を軽く引っ張って)

>>462


ん…、アイツは確か…(気分転換に外出をしようと外へ出たところ、見覚えのある顔が視界に入れば左記を呟いて相手に近づいて行き)

>>463

471:リルギナ◆DI:2014/07/07(月) 15:32 ID:fGo


…またかよ…。
((走り出した相手見れば “はあ…”と深いため息つき、がっくり、肩落とせば上記呟き。『…急に走り出すなっ。』なんて、大声で叫べば、此方も、追い付くようにと走り出して。見事相手の場所まで追い付けばぐいっ、と手首掴み、引っ張って。
>>464


………それは、違うんじゃないか…?
((悲しげな表情見れば、此方も眉を下げそんな表情しつつも、黙り混んで考える素振り見せれば静かに上記述べ。相手の言葉聞けば『…む、またそうやって…。』なんて、むすっ、とした表情で述べ、相手じっ、と見。嬉しそうな表情で礼を述べる相手目にすれば照れたように頬赤くし『…別に…たいしたことしてないし。』なんて顔背けつつ言い。問いかけられれば『……っ…は、恥ずかしいに決まってるだろっ。』なんて、最初は言葉につまって黙ってしまったも、素直に述べて。頬引っ張られれば『…んーっ…。』なんて声出すも『…一度だけしか言わないから、良く聞けよ。』などとまだ、頬引っ張られつつも、真剣な顔つきで。
>>470


…おっ…。久しぶりに見る顔だな。
((ふふんっ、と鼻うた、うたいながら、スキップしつつ上機嫌で足進めていれば、何故だかぼーっ、としている相手見つけ、上記述べながら駆け寄れば『…またあったな…。魔法使い。』なんて、話しかけて。
>>463

472:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/07(月) 16:55 ID:9nA

どうだろうな、師匠は弱者が嫌いだったし…(相手の発言を聞くと苦手をしながら左記を述べてみて。相手の表情を見ると「本当になんでもないんだ、気にするな」と笑いながら言って誤魔化して。相手が大したことはしていないと言えば「それでも、俺は嬉しかったんだ」と頬を掻きながら言って。相手の返答を聞くと「フッ、だが事実を言っているだけだぞ、俺は」とニヤッとしながら左記言って。相手の真剣な表情見れば「あ、あぁ…。なんだ?」と不思議そうな表情しながら手を離し左記を言って)

>>471

473:リルギナ◆DI:2014/07/07(月) 17:17 ID:fGo


…む、強いものの師匠になったって、つまらんだろう…?
((相手の発言耳にすればむすっ、とした表情で上記のべて。“何でもない”なんて、明らかに誤魔化そうとする相手見れば、『…ずるいではないかっ。これでもな、私は素直なんだぞ。』なんて、相手へびしっ、と指差して述べ。“嬉しい”なんて、言葉聞こえれば『…その言葉…、私も嬉しいぞ…。』なんて顔そらしつつ恥ずかしそうに言い。ニヤッ、と笑みうかべる相手見ては、『…じ、事実だからなんだと言うのだ。恥ずかしいものは、恥ずかしいんだ。』なんて焦りつつ言い。相手の返答聞けば、恥ずかしそうに、ふいっ、と顔そらすも相手の目を見れば、『…先程、私に好きと言ってくれたな……。その…、私も…同じ気持ちだ。』なんて、あえてその言葉は口にせずとも、顔赤くしながら述べて。
>>472

474:アリス◆/s:2014/07/07(月) 20:39 ID:inA

解読難関、難関....。
((相手になんと書いてあると聞かれれば、難しい顔し、ノートとにらめっこする。
『んー?あっ!...いやあ....違う違う..。』なんて独り言、言っては、頬に手、あて。
→セラ•リンクス

ぎゃうっ! 何するんですか!
((勢い良く、ご機嫌に走り出せば、相手に手首捕まれ、上記述べ。
相手は不機嫌オーラを出しており、『エッ!?』なんて呟けば、
『?』という顔して。
→リルギナ

475:リリアン・アリス:2014/07/07(月) 22:47 ID:ru.



→アリスさん

あら、お帰りになられるんですか…?
(まだ上の空なのかぽけーっとしつつも相手に上記述べ。特に言い返す言葉が思いつかなかったようで、相手を引き止めることができずにいて。)


→セラさん

…。
(ぽけーっとしているせいか近づいてくる相手にも気づいていないようで未だに一点を見つめており。相手がいるにもかかわらずふぅっと小さいため息を一つ。)


→リルギナさん

あら、こんにちは。
(相手に話しかけられれば、一点を見つめていた視線を相手の方に移し、いつもの優しい笑顔でにこりと微笑めば柔らかく上記述べ、小さくぺこっとお辞儀すれば上記に加え『お久しぶりです。』なんて言い。)

476:ティティ ◆R.:2014/07/08(火) 17:01 ID:ikA




( / 1週間立ってもスレが続いていた事に、わりと感激 .笑

定期試験の為長らく来れなかった故、頂いたレスは蹴らせて頂きます、;

絡み文投下しておくので、良ければ絡んでやって下さいな、! )



あつい … 、

( 容赦なく降り注ぐ太陽の光の、その暑さにすっかりバテてしまった様。何時もの五月蝿さはまるで無く、ぐでーん、と地面にだれており。しかしそれではいけないと流石に思ったらしい。せめてもの避暑にと近くの木の下まで這う様にして近付くと、その木陰にまたぐで、とだれて 。/Σ怠惰 )

>> おーる様 、

477:リルギナ◆DI:2014/07/08(火) 17:33 ID:fGo


…勝手に進むな…。それとも、一人で突っ走って私とはぐれた方が良いのか…?
((むすっ、とした表情で相手の腕掴みつつ低い声で上記述べれば、つかんでいた手を離して。『…物珍しい場所に入って気が浮くのは仕方ないことだが、せめてハプニングにならないように気を付ける努力はしろ。』なんて、いつにもなく、真面目な表情で。
>>474


…ん、久しぶりだ…。
((相手へ答えるようにニッ、と歯を見せながら笑みうかべれば上記述べて。『…先程から、ぼーっ、として、いつものテンションでは無いようだが、何かあったか…?』いつもと違う相手の様子にこてん、と首傾ければ、心配そうに述べて。
>>475


…暑い…。
((最近は木下で過ごしていたために、暑いという感覚は薄れていて。改めて日光のしたにたって見れば暑いと言うことが見に染みてよくわかり、憎たらしそうに太陽睨めば上記呟いて。たまたま木の前通りかかったものの、相手のその今までとはまったく違う様子に目を丸くして『…大丈夫か…?何だかお前も、いつもと違うな…。』なんて、苦笑いうかべつつ、話しかけて。
>>476

478:ティティ ◆R.:2014/07/08(火) 17:50 ID:Whc




うー、こうも暑いと元気出ないー…、

( 相手の気配を伺うと、片耳をひょこ、と立ち上げ、ちらりと相手を見やり。何時もなら相手の気性なんてお構い無しにじゃれに行くところだが、生憎本日はそんな体力も無い様で。ひらりと挨拶で手を振る代わりに尻尾をぱたぱたと振ってみるも、すぐにへにゃりとだれて。 )

>>477:リルギナ

479:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/08(火) 21:02 ID:9nA

まぁ、そう…だが(相手の発言を聞くと頷きながら左記を言うが、まだ浮かない表情のままで。相手にずるいと言われれば「悪いな、俺はお前と違って素直じゃないんだ」と苦笑いをしながら左記を述べて。相手が嬉しいと言えば「何故お前まで嬉しいんだ?」とクスリと笑いながら問い掛けてみて。相手の表情を見ると「わかったわかった、この話はやめよう」と目を瞑りどこか楽しそうな表情をしながら左記を言って。相手の発言を聞くと一瞬不思議そうな表情をしながらも「えっ、と…それはつまり…」と驚いた表情をしながら左記を言って)

>>473


やはり読めないか…(相手が頑張って読もうとしているのを静かに見ていると、相手の独り言耳にしては少し残念そうな表情をしながら左記をポツリと呟いて)

>>474


どうしたんだ、溜め息なんて吐いたりして…(相手が自分が近くにいることに気付いていないのをしれば、暫く様子を見ており相手が溜め息を吐けば不思議そうな表情をしながら顔を覗き込み左記を問い掛けてみて)

>>475


うぐっ…、なんて暑さだ…(いつもの様に魔法の修行を終えて自宅に戻ろうとするが、あまりの暑さに額の汗を拭りながら左記を呟けば近くにあった木で一休みしようかと木に向かうと見知った顔が視界へと入り「ティティ…?なんだか久しぶりだな」と驚いた表情をしながらも左記を述べて)

>>476

480:ティティ ◆R.:2014/07/08(火) 21:26 ID:sno




や、やあ、久しぶりだねー…、

( うー、とだれていたところ、自分の名を呼ぶ声を聞いたのでふと顔を上げて。見上げた先にはよく知った顔が驚いた表情をしており、上記言いながらへらへら笑ってみせるも、やはりなんとなく何時もより気の抜けた様で、挨拶代わりにぱたぱたと振った尻尾も、すぐにへたりこんでしまい。 )

>>479:セラ

481:リルギナ◆DI:2014/07/09(水) 15:54 ID:fGo


…ふ、ふん、私にとっては好都合だがな…。
((なんて、ふふん、と笑って見せるも相手のうかないその調子に少し寂しさ覚え『……なんだ…?私がお前を気遣っているだって…?そんなことは、ないぞ…。』などと、相手が返さずとも、少しは気をのらせようと、ひとりでぶつぶつ、いっており。次第には、飽きてきたようにぐでーん、とした姿勢で『…暇だ…。』なんて、ため息つきつつ、呟いて。
>>478


…む、そのような顔をするな…。
((相手のうかない表情見ては、むっ、とした顔で相手の両頬ぐいっ、と引っ張り。苦笑いしつつ、発言する相手目にすれば『…ううー。』なんて、相手の言葉に言い返せなくなり。相手に問いかけられるも、『…何でもない。分からぬのなら知らなくても良いことだ。』なんて、無愛想に言い。相手の楽しそうな表情見ては『…なっ…、なんだその顔…っ。世で言うSか…!?ドSか!?』なんて、ぶんぶん、と相手へ指差そうと出した腕、上下にふって。驚いた表情しつつも、最後まで言い切らない相手見れば『…そうだ、そういうことだ!……なんだ?それとも、ふられた方が良かったか?』なんて、先程言ったことを誤魔化すように言い。
>>479

482:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/09(水) 19:07 ID:lz.

どうかしたのか、あまり元気がない様だが…(いつも元気な相手の様子が少しおかしかったため、不思議そうな表情をしながら首を傾げ左記を問い掛けてみて)

>>480


…っ⁉︎す、すまないな…(相手から頬を引っ張られれば一瞬驚いた表情をするが、直様謝り。言い返せない相手の様子を見ると「素直になるというのは難しいことだからな…」と苦笑いをしながら左記を呟いて。相手の返答を聞くと「なんだ、教えてくれたっていいだろう?」とむすっとした表情をしながら左記を言って。相手の発言を聞くと「フッ、さぁな…」と鼻で笑いながら呟いて。相手にふられた方がよかったかなんて問われれば「いや、ありがとう…。大好きだ、リルギナ…」とお礼を言いつつ相手をぎゅっと抱いて)

>>481

483:アリス◆/s:2014/07/09(水) 19:51 ID:2mI

【すみません!宿題に追われてしまって....。でもレス蹴りまではいかないので、
よろしくです!】

ええっ?!
((相手を怒らせたと勘違いししょんぼりしていたが、相手の一言に驚く。
『お、怒ってないんですか.....?』なんて問いかけて。
→リリアン•アリス

だ、大丈夫...?
((家付近の森の中。散歩していると、一匹の狼が木の下でぐったりしていた。
熱中症かと驚くも、違うことに気づき、ほっとする。しかし心配なようで、
上記問いかけて。
→ティティ

........すみません..。ちょっと焦りすぎました。
((相手にしかられ、しょんぼりする。そのあと、相手をじっーと見て、
『へへ...』なんて笑うと、『見た目的に、本能で突っ走るって感じなのに...以外としっかりしてますね。』
なんて失礼なこと、ぶちかまして。
→リルギナ

...が、がっかりしないで下さいっ!!
((読めない事を知ると相手はがっかりした様子で、ノートを見ていた。
なんだか罪悪感を感じ、必死に相手なぐさめようとする。しかし、
会話があまり得意でない彼女はてんぱってしまたようで..。
→セラ•リンクス

484:ティティ ◆R.:2014/07/09(水) 21:06 ID:BgU




え、心配してくれてるの?、

( 相変わらず好戦的な彼女にあはは、と苦笑を零して。暫くぐう、と地面に伏せていたのだが、何やら相手のブツブツ呟くのがしっとりと汗で濡れた耳に入ってくる様で、気になって耳をそばだてていると、相手から聞くには珍しいといえる言葉が出てきたので、え、と驚くと、意外そうに顔を上げて。 )


>>481:リルギナ



いや、もう、暑くて溶ける……、

( うー、と力無く唸りながら途切れ途切れに答えて。今こそ木陰の中に居るものの、少し外へ出ると容赦無く太陽の恵みが降り注ぐ暑さであり。彼の金色の髪からぽたりと汗が落ち地面を濡らすと、額を拭って顔を上げて。そうしてへら、と笑うと「こう暑い時にはしゃいだら、熱中…ね、ねっちゅうナントカで倒れちゃうんだよね……」と溜め息を吐いて。どうやら熱中症という単語は出てこなかった様子。 )

>>481:セラ


うー、大丈夫……
……じゃない、かも…、

( ふと声を掛けられると、よろよろと相手を見上げ。其れが知った人物だと認識すると、あんまり不格好なところは見られたくないなあ、なんて思うもわりと大丈夫では無かった様で。立ち上がる事もままならなかった様で、それを示しているかの様に、狼の耳と尻尾がへろへろと力無く垂れており。 )


>>483:リリアン

485:リルギナ◆DI:2014/07/10(木) 15:31 ID:fGo


…別に…、謝る必要はない。
((謝る相手見るも、ふいっ、と顔そらせば相変わらず、無愛想に上記述べて。苦笑いしつつ、呟いた相手の言葉聞けば、『…そ、それはそうだが…、努力という選択もあるんだし…。』なんて、ちらちら、と相手の様子うかがいながらも、ぶつぶつと口にして。むすっ、とした相手の表情見るも、『…しょうがないだろ…。なんと言えばいいか、私にも分からんのだ。』などと、眉間にしわよせれば述べて。鼻で笑う相手見ては、『…むー…。S…。』なんて、不服そうに言い。相手に面と向かって“ 大好き ”なんて、言われればかああっ、と顔を赤くして『…やっ、やめろ…。』などと、か細い声で言い。
>>482


…今、なんか言った…?
((相手の失礼なその発言耳にすれば、作り笑いうかべつつ上記述べ。目は笑っていなく、背後からむんむん、と不機嫌オーラ出せば、『…あれ…?はぐれたい…?…死にたい…?』なんて、もう怒りなんて言葉であらわせるものではなく、ある意味ホラーであり。
>>483


…し、心配など…、 していない…。これは、その、…あれだ…。あれ…。
((相手から問われた言葉耳にすればびくっ、と肩震わせて。おどおど、しつつ、冷や汗かきながらも、ふいっ、と相手から顔そらせば、上記述べ。だが、心配していないという、理由は中々思い付かず、目を泳がせながら、誤魔化すように『…あれだ…。』や『…ほ、ほらっ…。』なんて、繰り返し言うも、相手にはわかるはずがなく。だんだん冷や汗と共に苦笑いするようになって行き。
>>484

486:リリアン・アリス:2014/07/10(木) 16:24 ID:Tvw

【レス蹴りばかり申し訳ないのですがレスを読み返す元気が無いので蹴ります!】


…。

(いつも様に白を基調とした可愛らしい服をきており頭には向日葵の花飾りを乗っけていて。なにやらにこにこしながら花壇を見つめている様で。)

→おーる様

487:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/10(木) 17:29 ID:tkQ

まぁ、いいさ…このノートのことは忘れよう(相手からがっかりするなと言われれば仕方ないといった表情をし、苦笑いをしながらノートを棚へとしまって左記を述べて)

>>483


なるほど、確かに今日は異常なほど暑いからな…(相手から元気がない理由を聞くとおおよそ予想はついていたものの頷きながら左記を言って。相手の様子をじっと見ては「なんだか違和感があるな、いつも元気なお前がこうだと…」と苦笑いをしながら呟いてみて)

>>484


そう、か…(相手から顔を逸らされれば引っ張られていた頬を触りながら左記を呟いて。相手の発言を聞くと「確かにそうだな、では努力はしてみよう」とこくりと頷きながら左記を言って。相手からの返答を聞くと「まぁ、別にいいが…」と少し気になった表情をしながらも左記を述べて。相手をチラッと見ると「なんだ、それならMの方がよかったか?」と冗談混じりに問い掛けて。相手からやめろと言われれば「いや、暫くこのままだ…」とクスリと笑いながら言ってみて)

>>485


ん…、お前は確か(魔法の修行へと行く途中見知った顔が視界へと入れば首を傾げながら左記を呟き「そんなところで何をしているんだ?」と問い掛けてみて)

>>486

488:リリアン・アリス:2014/07/10(木) 17:39 ID:.SU



→セラさん

あ、セラさん…!
(声をかけられれば、視線を相手に向け、にこりと微笑めば上記述べ何をしているのかと聞かれれば『花壇を見てました!』なんていつにも増して嬉しそうにのべて)

489:ティティ ◆R.:2014/07/10(木) 20:02 ID:rew




えー、何々?、

( 当然この馬鹿な狼に理解が出来ている筈が無く、何処かしどろもどろな態度の相手を見ると不思議そうにぷすぷすと笑いながら上記尋ねて。よいしょよいしょ、と肘を駆使して半身を起こし、頬杖を付く体勢を作ると、によによと相手眺めて。/ )

>>485:リルギナ




( /レス蹴り了解しました、ゞ )

こーんにーちはっ、

( ふらふらと宛ても無く散歩をしており。燦々と降り注ぐ陽射しに、嗚呼今日も暑いなあなんて額の汗を拭いながら歩いていたところ、よく知る相手を見つけ。後ろからととと、と近付くと、やあ、と右手をひらひらさしながら声をかけて。 )


>>486:リリアン



でしょう…?、
うー、元気が出ないー…、

( さすがにこのままではいけない、とヨロヨロしながらゆっくりと上体をよいこらせと起こしてみせて。髪からぽたぽた落ちる汗の雫を指で掬うと、上を見上げて。そして、あまりにも強すぎる陽射しに思わず苦笑して。

>>487:セラ

490:リルギナ◆DI:2014/07/11(金) 16:54 ID:fGo


…相変わらず、今日も楽しそうな表情をしているな…。
((蜂との格闘は毎回のようで、狼の姿になりながらも、唸り声あげながらまとわりついてくる蜂を追い払おうと必死になっており。だが、花壇の辺りに近づけば、忽ち蜂は花のみつ吸いはじめて。「ふう…。」なんて一息つけば、花壇を見つめている相手見つけ。のろのろ、と近づいて行けば、苦笑いしつつ上記述べて。
>>486


…、痛かったか…?
((頬触る相手ちらっ、と横目で見ては、上記述べ。自分の発言にたいして、“ 努力はしてみる ”なんてかえってくれば、『…くれぐれも、無理はするなよ…。』なんて、顔背けつつ、言ってみて。気になった表情する相手見るも、言葉であらわすのは、中々、本人も難しいようで、『…うう…。じゃあ…、考えておくから…また今度な…。』なんて、話そらすように苦笑いすれば、そう述べて。“ Mの方が良かったか…? ”などと、問いかけられるも、まに受けてしまい、『…Mは嫌だ。面倒くさい。』なんて、むっ、とした表情で述べて。“ このまま ”なんて、言葉耳に入れば『…うぅ…。』などと、恥ずかしそうに両手で顔おおい隠しては声漏らして。
>>487


…と、とにかくだ、何も心配など…、していないんだからなっ。
((自分の述べたことを理解できていないことと、変な笑みうかべては聞く体勢に入る相手見ては、ぎょっ、とした表情で後ずさりすれば、『…うっ…。』などと、声漏らし、若干眉間にしわよせ。体勢を整えて、一息つけば、先程のように相手の問いかけ否定するように、改まっては上記述べて。
>>489

491:アリス◆/s:2014/07/11(金) 18:56 ID:3t6

ひいいっー。ごめんなさい!ごめんなさい!
((失礼な事を言ってしまったかと、考えていると、相手から不機嫌オーラが出ていた。
あまりのホラー感に声をもらす。『ゆ、許して下さい!』なんて土下座かまして。
→リルギナ

.....なんか...すいません...。
((相手は苦笑いしながらノートを棚に戻すと椅子に座って、ため息をついた。
その姿が祖母の日記を読み返しては、棚に戻してため息ついていた、自分と
かさなり、心が悲鳴をあげているような気がした。
→セラ•リンクス

492:ティティ ◆R.:2014/07/11(金) 23:44 ID:cYg




…ほぇ、なんかびっくり、!
なんかリルギナちゃん丸くなった?、

( くふふ、と頬杖付きながらによによしていたのだが、相手の返答聞いて驚いた様に目を丸くして。理解はしていないのだが、相手の寄越した否定が完全に否定では無いのでは、なんて思ったりして。思えば、初めて会った時は不機嫌丸出しで襲い掛かってきた彼女の態度は随分と穏和になった気がするので、これは近状何かあったなと意外そうに上記言って。/ )

>>490:リルギナ

493:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/12(土) 23:59 ID:tkQ

あ、あぁ…。それは見ればわかるのだが(相手からの返答を聞くと苦笑いをしながら左記を言っては「何故、そんなににやけながら見ているんだ?」と不思議そうな表情で首を傾げながら左記を問い掛けてみて)

>>488


流石のお前も、この暑さには敵わないか…
(いつもの元気が出ていない相手を見ては此方も苦笑いをしながら左記を呟いて「どこか涼しいとこにでも移動するか…?」と思いついたことを提案してみて)

>>489


ん…、いや別に痛くはないが(相手から痛かったかなどと問われれば頬から手を離しながら左記を言って。相手から無理はするなと言われれば「あぁ、だが少しは無理をしなきゃ厳しそうだ」と苦笑いをしながら左記を述べて。相手から後でと言われると「それじゃ、楽しみにしておこう…」と微かに笑みを見せながら左記を言ってみて。相手の返答を聞くと「フッ、冗談だ…。それにMとかSとか…俺にはわからん」と肩を竦めながら述べて。相手の様子を見ると「嫌なら離れるが…」と首を傾げながら問い掛けてみて)

>>490


別にお前が謝ることはない…(相手が謝罪をすれば目を瞑りながら左記を言って「お前は俺の為に必死でやってくれただろ、そんなお前を責めるなんてできるわけがない」と微かに笑みを見せながら左記を述べて)

>>491


【すいません、今月いろいろと忙しくてたまにしか来れなさそうです…。ですが、レス蹴りはなるべくしない様にしますので…。ということでよろしくお願いいたしますっ】

494:リルギナ◆DI:2014/07/13(日) 06:49 ID:fGo


……土下座までされたら…、怒る気も失せる…。
((土下座する相手見ては、呆れたように「はあー…。」と深いため息ついて。ふいっ、と顔背ければ、ぶつぶつ、と唱えるような口調で上記述べてみて。相手から反応がないと困るからか、『い、いいから、いくぞっ。』なんて、ぐいっ、と腕引っ張れば、再び足進めて。
>>491


…うっ、煩い!
((相手の発言耳にすればびくっ、と肩震わすも、むっ、とした表情で上記言い返しては『…私は、どうもこうもしていないし、変わってないっ!』なんて、少し意味深な言葉発して。しばらく考える素振り見せれば『…第一…私には、丸くなったとか、わからん…。』などと、目を泳がせながら、ぶつぶつ、と呟くように同じ言葉繰り返して。
>>492


…そ、そうか…。
((自分の問いにたいして、“ 痛くない ”などと、返ってくれば、ほっ、と胸撫で下ろすも、片手差し出せば相手の頬に触れてみて。相手の言葉聞けば『…別に、お前の人格が変わって欲しいとか、私は思っていないし、そこまでするほどのことではない…。』なんて、眉下げれば、心配そうに述べて。“ 楽しみにしておこう ”なんて、返ってくるも、内心、考えても絶対言えないと感じているようで、おどおど、した様子見せ。“ 冗談 ”だと言われれば、むっ、とした顔するも、MもSもよくわからないという相手の言葉耳に入れば、わからない方が穏和だと感じ、口を挟まず。“ 嫌なら離れる ”という言葉耳にすれば、珍しく最初は拒んでいたも、ゆっくりと相手の背中へ手をまわしては、相手の服をぎゅっ、と掴み。
>>493

495:ティティ ◆R.:2014/07/13(日) 08:27 ID:QvQ




うー…僕そんな屈強じゃないからね…、

( 大きな狼の耳をぺたりとへたれさせてしまうと、力無くへらへらと笑みを零して。正直移動するだけの力が残っているか否かは分からないが、折角の相手の提案なので、「え、どこ…?、」と、むくりと心無しか重い体を起こして。 )


>>493:セラ



Σひぇ、!
んーん、絶対変わったよー、!

( 相手のその意味深気な口振りの否定を流石に見抜いたらしく、少しびくりと肩を鳴らすもびし、と相手指差して上記を高らかに言って。お話に気が乗ってきたのか、先程まで暑い暑いと苦しんでいた様子は最早無くなっており。相手の態度をぷすぷすと愉快そうに笑いながら見やると、「なんかね、ちょーっとだけ優しくなったの!」と告げてみせて。 )


>>494:リルギナ

496:リルギナ◆DI:2014/07/13(日) 08:42 ID:fGo


…なっ、何を根拠にそんなことっ…。
((むっ、とした顔で反抗するように相手の言葉否定すれば自分に向けられた相手の指を軽くはらって。“ 優しくなった ”などと、言われるも、自分の性格がどんなものかも分からない彼女には『…や、優しくなんてない…。第一、お前には優しくしたことない……と思う。』なんて、途切れ途切れに言葉発することしかできなく。
>>495

497:アリス◆/s:2014/07/13(日) 08:56 ID:gnk

そ、そうなんですか..?
((相手が『お前は俺の為に必死でやってくれただろ』なんて言えば『?』という顔し、
首かしげ、上記を述べる。しかし、彼女の好奇心はまだ、おさまらないようで、
『ほかにも、探してみよっ!』なんて呟けば、ピョンッとジャンプし、歩きだして。
→セラ•リンクス

おっと...。
((いきなり腕引っ張られれば、上記呟き、歩きだして。しばらく進むと、建物の中とは
思えない、雪、降る部屋が待っており、『おおっ』なんて呟いて。
→リルギナ

498:ティティ ◆R.:2014/07/13(日) 16:36 ID:tzs




えへ…なんとなく、?

( うー、と払われた指先は行き場を無くし、ふらふらとさ迷っていたがやがて諦めた様にするすると引っ込めて。なんだかんだ目に見える根拠なんてものは無いのだから、こてりと首傾げて。そっかあ、と相手の言葉聞けば僅かに嘆息を漏らし。そこでふと思い付いた様にぴょん、と尻尾立てると「あ、もしかして恋でもしたんでしょ、!」なんて当てずっぽうに言ってみせて。/謝謝謝謝謝。!  )


>>496:リルギナ

499:リルギナ◆tc:2014/07/13(日) 16:57 ID:fGo


…ゆ、雪…!
((この季節に雪など降ることはないため、驚いた表情で目を丸くすれば、『…この猛暑の中、雪とは…なんと快適な部屋だ。』なんて、きらきら、と瞳輝かせば、雪へとダイブして『…お前もこい。』などと、言ってみて。予想以上に雪は深く、柔らかいため、歩きやすいといえるものでは、なかったも、その快適さに歩き心地が悪いなどという些細な感情は失せて。
>>497


何が “ えへ… ” だ!
((相手のその態度にむっ、とした表情うかべれば、先程の相手のように此方も相手へびしっ、と指さして。相手から“ 恋 ”なんて言葉が出てくるなんて予想もしていなかった為に、目を丸くすれば、ほんのり頬赤くして『…こ、こ、恋など…しておらん…。…恋などと言うものにうつつ抜かして生きている方が恥だっ…!』なんて、誤魔化して見るも図星だった為に、思った以上に取り乱して。
>>498

500:ティティ ◆R.:2014/07/13(日) 18:08 ID:Pg.




ΣΣうー!他意は無いもん!、

( 先程相手にした事をそのまま返されると、びくりと小さく肩を揺らすも、負けじとぴょんぴょん飛び跳ねて上記の意見を主張して。実のところ適当に口走っていた其れに相手が意外な反応を示したものだから、ええええ、と驚いて「え、図星!?」と口許に手をあてて。 )

>>499:リルギナ

501:リルギナ◆tc:2014/07/13(日) 18:26 ID:fGo


…じゃあ、言う必要など無いだろっ。
((此方も反抗するように眉間にしわよせて腕を組めば『…まったく、先程 までは静かだったと言うのに…。』なんて、「はあ…」と深いため息つきつつ、呆れたような顔をして。事実であるも、“ 図星 ”なんて、言われ、言い返さないはずもなく『…ううー。別に…図星…と言うわけでも…。』なんて、目を泳がせつつ、しどろもどろに呟いて。
>>500

502:アリス◆/s:2014/07/13(日) 19:14 ID:BWM

ひゃうっ、冷たっ!
((相手に来いと言われ、自分も雪にダイブしてみる。しばらく、ニコニコ
していたが、10秒後、雪の冷たさに気づき、声をあげる。そして真っ白い狼の姿
になると雪の上でジャンプしてみて、また、人の姿に戻ると、『白い狼って珍しいんですかね?』
なんて問いかけ。
→リルギナ

503:ティティ ◆R.:2014/07/13(日) 19:17 ID:j66




Σあ、確かに…、!

( そう言われてしまうと納得した様に頷いてしまい。へらりと笑う其処には最早大人しかった面影は見えない様で、「なんか、元気になっちゃったー、」とあっさり言ってのけて。「すごいすごーい!リルギナちゃん恋してるんだー、!」と口許に手を宛がいながら、きゃあきゃあとまるで女の子の様にはしゃいで。/ )

>>501:リルギナ

504:リルギナ◆tc:2014/07/13(日) 19:39 ID:fGo


んー…。どうだろ…。
((相手の問いかけに考えるような素振り見せれば『…まあ、私は普通のありがちな狼の毛色だがな…。』なんて、灰色に紺が混じった色の狼の姿になってみては、くるっ、とその場で一周して。先程の白い狼の姿思い出しては『狼と言うより…豺のようだな…。』なんて、のべてみて。
>>502


…馬鹿か…。
((ふっ、と鼻で笑いつつ、呆れたように上記呟くように述べて。のんきに述べる相手見ては、『…相変わらず、のんきだよな…。何かふわふわしてるっていうか…。』なんて、感心し、ほめているのか、ほめていないのか曖昧ないいようで。『…はしゃぐな…、女か…。』なんて、突っ込めば『…お前に、恋とか…分かるのか…?』相手のいつもの態度からして、経験が浅そうに見えるようで気まずそうにしつつも、聞いてみて。
>>503

505:ティティ ◆R.:2014/07/13(日) 19:52 ID:pYE




馬鹿じゃない!…事は…無いかも、

( ぷんすこと頭からぽこぽこ湯気出しながら反論しかけるも、馬鹿な事は事実なので徐々に情けない語尾に変わり。「ふわふわ…は分かんないけど、うん。毎日暇だからねー、」なんてのほほんと笑って。恋かあ、と少し考えたあと、パッと相手を見て自信満々に「ふふん、あんまり分かんないよ、!」と答えて。 )

>>504:リルギナ

506:アリス◆/s:2014/07/13(日) 20:02 ID:BWM

んー。亡くなった叔母は、若干、赤毛混じりでしたね..。母の毛色は...。
((珍しいのかと聞くと、相手は少し考え、珍しいという結論を出した。それをきいて、
上記をのべると、尻尾ふって、辺り見回し、『それにしても、迷宮なのに敵とか来ませんね』
なんて呟けば、遠くのドラゴンのような置物に気づき、『あれ、なんですかね?』なんて問いかけ。
→リルギナ

507:アリス◆/s:2014/07/13(日) 20:19 ID:BWM

ひゃうっ、冷たっ!
((相手に来いと言われ、自分も雪にダイブしてみる。しばらく、ニコニコ
していたが、10秒後、雪の冷たさに気づき、声をあげる。そして真っ白い狼の姿
になると雪の上でジャンプしてみて、また、人の姿に戻ると、『白い狼って珍しいんですかね?』
なんて問いかけ。
→リルギナ

508:アリス◆/s:2014/07/13(日) 20:29 ID:BWM

【すみませんっ。違うの送っちゃいました。507の書き込みは気にしないでくださいっ!】

509:リルギナ◆DI:2014/07/14(月) 18:29 ID:fGo


なんだ…。自覚しているのか…。
((否定すると思っていたも、認める相手見ては、つまらなそうに上記述べて『…自覚してないほど馬鹿だと思ってたんだけど…。』なんて、呟いてみて。『…暇人か…。ま、嫌いじゃないがな…お前の性格…。』なんて、薄笑みうかべて。相手の発言に苦笑いうかべれば、『…それは、自信ありげに言うことなのか…?』などと、相手に問いかけるように呟いて。
>>505


敵…?なんだ…?…狼か?
((“ 敵が来ない ”と言われるも、敵という存在自体のイメージが浮かばず、こてん、と首傾けては上記呟いてみて。問いかけられれば『ドラゴン…?』なんて呟いては駆け寄ってみ。『…なんか、嫌な予感がする…。』なんて、ドラゴンの置物をじっ、と見つめてはぐるぐる、と置物のまわりをまわってみて。
>>506

510:アリス◆/s:2014/07/14(月) 20:49 ID:4Sc

わあっ! なんだこれっ!弓...?
((しばらくドラゴンの置物を見ていると、足元の☆マークが光だした。
黙って見ていたが、だんだんと形になっていくその光はどうやら、
弓のようだった。驚きながらも、上記を呟く。弓の近くには、手紙
があって、そこには『これで戦いなさい。』と書いてあった。
弓を手に取ると、置物が青く光だし、みるみるうちに、本物のドラゴン
になった。
→リルギナ

511:ティティ ◆R.:2014/07/14(月) 21:28 ID:Whc




失礼な、僕はちゃんと自覚してる馬鹿だよ、!

( 相手の呟きを聞くとえへんと胸を張り、とても胸を張って言える内容でない上記言って。わりと嫌悪されているとばかり思っていた為、少し驚いた様に「えへ、ありがとー!」とへらり笑い。「うー…多分これに自信は持っちゃダメだと思う…」とバツの悪そうに唸るも、「で、誰?誰?」と瞳をきらきらさせ、しきりに相手に問い掛けて。/ )

>>509:リルギナ

512:ティティ ◆R.:2014/07/16(水) 12:00 ID:Pg.




うー、暇だから上げるー、( 尻尾ぱたぱた。 )

新規さんもまだ募集してるんだからねっ、 (/

513:リルギナ◆DI:2014/07/16(水) 16:03 ID:fGo


………うわ…、面倒…。
((相手の行動黙って見ていたも、手紙にかかれたその内容にううぇ…、とした表情すれば、上記述べて。『…私は、絶対やらないからな…、そんなこと…。』なんて、述べれば近くの岩に腰かけてひらひら、と片手振ってみ。『…頑張れ。』などと、親指上にたてて、顔の前に出しニパッ、と笑った後ぐでーん、と横になって。
>>510


…ふっ、胸張って自覚している馬鹿だと言うよりだったら、胸張って天才だと言った方が格好がつくのにな…。
((胸張って発言する相手見ては、小馬鹿にするように鼻で笑えば上記述べて。自分のした発言に笑みうかべる相手には相変わらずの言いようで『…幼稚だということは除いてな…。』なんて、ニヤニヤしながら述べてみて。『…言ってもわからんかも、知れないと思うが…。』などと苦笑いしつつ、呟けば『…セ…』なんて、いつもの荒い気性とは裏腹に恥ずかしそうに最初の文字だけ言って。
>>511

514:妖怪ウォッチ ◆R.:2014/07/16(水) 16:52 ID:Zow




ぐ、ぐぬぬ…、!

( 相手の言うことに、それも一理あると納得。しかし認めなくなかったりする事もあり、うー、と唸り声を挙げて。「よ、幼稚ー!?ぼ、僕これでも100歳は越えてるんだぞー、!?」とかぷんすこと頭から湯気出して。ぴょんぴょん反論して。普段はありえない程馬鹿な癖に、何故かこういう事はピンと来たらしく、「わかった、セラだね!」と人差し指を立てて言ってみせて。/ )

>>513:リルギナ

515:ティティ ◆R.:2014/07/16(水) 16:53 ID:bmg




( /あっ名前間違えた(^o^)しぬ )>>514

516:リルギナ◆DI:2014/07/16(水) 17:17 ID:fGo


なんだ…。言いたいことがあるなら言ってみろ。
((相手の態度ににやっ、と笑えばこてん、と首傾けつつ上記述べてみて。『…私だって、200は越えている…。』ふんっ、と腕組めば述べて、べーっ、と舌を出してみ。相手が、その名前(人物)を知っているとは思っていなかったために少し驚いた表情するも『…あ、あっていないこともないが…。』などと、今更ながらもしどろもどろに述べ。
>>514

517:ティティ ◆R.:2014/07/16(水) 18:09 ID:BgU




Σあうう……、

( 反論の術が見つからず、ぐぬぬぬと頭を抱えながら口ごもり。ぬぐぐー!と尻尾ばたばたさせながら「ぼ、僕だって200は越えてるよ!」と腕をぶんぶん振って。くふくふと堪えきれない笑いを零しつつ、「くふふ、セラなんだ、セラなんだー!」とにやにやしながら相手見やり。/ )

>>516:リルギナ

518:アリス◆/s:2014/07/16(水) 20:29 ID:hDA

ええっ!私一人ですかっ!!
((相手が面倒と言い、休憩に入ってしまえば、焦った顔みせながらも、急いで弓持ってみて。
『できるかな....?』なんて呟けば、糸をググッと引っ張り、目標に合わせ手をはなす。
思いの外楽しかったようで、ドラゴン相手にまんべんの笑みで。
→リルギナ

519:リルギナ◆DI:2014/07/17(木) 17:03 ID:fGo


…なんだ…先程から、“ ぐぬぬ… ”とか“ あうう… ”とか、意味のわからないこと言うな…。
((内心は相手からかっているも、真剣な面持ちで呆れたようにため息つけば上記述べて。自分の目の前で振る相手の腕おさえて動き止めれば『…私は、205は越えているぞ。』なんて、ふんっ、と笑ってみるも、彼女の年齢は206の為、少しばかり焦っていて。『…に、にやにや…、するなっ。』むすっ、とした表情で頬赤く染めつつも相手指させばそう述べて。
>>517


……。
((だらしない格好し、寝そべりつつも、やはり少しは相手の様子気になるようで、閉じた目の片目開け薄目で見れば、その光景に少し驚くも『…なんだ、案外楽しそうではないか…。』なんて、拗ねたように呟いて。どうやら彼女は、気弱な相手の事だから、怯えて矢など射てないと思っていたらしく意外だったようで。
>>518

520:アリス◆/s:2014/07/17(木) 20:43 ID:Nac

.....おおっ...! 倒したあ...!
((一生懸命に弓を放っていればいつの間にか、ドラゴンは消えていた。
消えたドラゴンのかわりに残ったのは、蒼く光る宝石の様なもので、
その宝石はとても大きかったが、軽かった。宝石を抱え、上記を述べる。
勢い良く走りだそうとするが、ついさっき言われた、相手からの注意の
一言を思いだし、『倒したですよー!』なんて変な口調で言い放ち。
→リルギナ

521:ティティ ◆R.:2014/07/17(木) 21:53 ID:IWo




Σうー…、反論の言葉が見つから、ない…です、

( 動きを遮られいよいよ誤魔化す事が出来なくなった様で、上記の言葉は段々と尻すぼみになってゆき、彼にしては珍しく敬語を付けて。先程まで100年単位と大きかったのに、突如として5年がちょこんと挙がってきたものだから「急に細かくなってない!?」とツッコんでみせて。ひゅーひゅー、と出来ない口笛を吹きながら「ふふふ、乙女だねえ!」とさぞかし楽しそうに相手の周りをぴょんぴょんと跳ねて。 )

>>519:リルギナ

522:リルギナ◆DI:2014/07/19(土) 22:28 ID:0QI


【…インターネットの調子が悪くてレスを返せませんでしたが、明日返します。とりあえず上げです。】

523:リルギナ◆DI:2014/07/20(日) 08:49 ID:0QI


……まぐれだな…。当たりどころが悪かっただけだ。
((倒したと騒ぐ相手見ては大きな声で言うことをうせるも苦笑いしつつ体勢戻して、立ち上がればぼそっ、と上記述べて。『…その程度の石をお前が持ち上げられるとは…、何か変だな…。』なんて、むっ、とした顔で宝石睨めば相手の近くへよってみて。宝石じっ、と見るもあまりわからない為に『少し貸してくれ。』なんて、手を差し出しては述べて。
>>520


……で、何か言ってやりたいところだが、話の結末は何処へどういけばいいのか、検討もつかん。
((相手の言葉耳にしては、何か一言言ってやりたいところだが、なんと発すれば良いのか全くわからずで、考えこむように顎に腕あてては上記呟き。『…なっ、い、いいんだよっ!』流石に彼女も焦ってきては言葉もつまってきて『…で、では、250は越えているのか…?』少しハードルをあげつつ、問いかけて見るも、顔をしかめて聞きたくないような表情し。むすっ、とした表情で相手見ては『…煩い、キモい…。お前の方が乙女では、ないのか。』なんて、とげのある言葉相手へ放てばべーっ、と舌をだし。/謝!
>>521

524:アリス◆/s:2014/07/20(日) 09:37 ID:BIc

あっ! はい!
((何やら、相手がボソボソ言っているのを聞けば、『ぷうー』なんて呟き、
『少し貸してくれ』と言われれば、上記呟いて、宝石を渡して。
→リルギナ

525:ティティ ◆R.:2014/07/21(月) 01:34 ID:qWY




よーし、じゃあ無かった事にしよう、!

( これは好都合、とへらへら笑いながらすかさず上記を提案し、色々と至らなかった自分の思考を無かったことにしようと目論んで。う、うん、と相手の焦るのに不思議そうに首を傾げつつ「えへ、当たり前だよー!」とにこやかに言って。とても失礼な其れを聞くと、「キモくないよ!それに、リルギナちゃんの方が乙女だーいっ!」と、ぷんすこしながら此方も舌出して。/ )

>>279:リルギナ




( /あああ、対応遅れてごめんなさい(;´д`)
大変な環境の中上げ感謝でした、! )
>>278

526:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/21(月) 11:55 ID:rp2

【しばらくの間来れなくてすいませんでした。レス蹴りしない様にすると言っておきながらレス蹴りします、代わりに絡み文置いておくのでよろしかったら絡んでやってくださいっ】


ふぅ…。なんだか今日は疲れたな、早めに帰るとしよう(いつものように魔法の修行をしていると少し体調が悪いのか、いつもより早く帰ろうとしていると一匹の子猫を見つけ「か、可愛い…。持ち帰りくらいだ…」と呟きながら子猫に近付き頭を撫でたりと幸せそうな表情をしながらじゃれており)

>>all様

527:ティティ ◆R.:2014/07/21(月) 12:40 ID:UNc




( /!?壮大に色々と安価間違えてた>>525 )


---


( /レス蹴り了解しました(´∇`)ゞ )


あ、セラだー!、

( ひゅーひゅー、と出来ない口笛を練習しながら散歩していると何やら見知った影を見て。そこには普段あまり表情を表に出さない相手が、珍しく幸せそうに猫と戯れていたものだから、意外そうに目を丸くして。そういえば以前彼は昔から動物が好きだと言っていたっけ、なんて思い出して納得しつつ、ひらひら手を振りながら後ろから声掛けて。 )

>>526:セラ

528:リルギナ◆DI:2014/07/21(月) 12:55 ID:0QI


…ん…、
((宝石受け取りまじまじと見ては『……こんな軽い宝石などあるものなのか…?』なんて怪しい目で宝石見つめれば『…投げてわれなかったらいい話だな…。』などと呟き、相手に声をかけることもなく、片手で軽々と宝石持ち上げれば向こう側の壁に向かって宝石思いきり投げてみて。思いのほか、よくとんだようで此方から向こうの壁までは結構の距離があったようだが、簡単に届いて。
>>524


…ん〜…、それは、駄目だ…。
((少し考えた素振り見せ、唸りをあげるも何を察したかきっぱり、断って。『…あ、当たり前なのか…。』何を競っているのか、悔しそうな表情うかべれば『…私は、206だ。』なんて目泳がせつつ述べてみて。『…ふんっ、私が乙女であろうと、お前は乙女と言われたからには完全なる男ではなく、女よりなんだからだな…。』などと、意味不明な言葉発しつつ話はだいぶ脱線していて。
>>525


……。
((暇そうにごろごろと寝頃がっていたのもつかの間、聞き覚えのある声が耳に入れば、声が聞こえてきたらしき場所に走り出して。若干息をきらしつつも、ようやく辿りついたかと思えば固まってしまい。どうやら後ろから相手に話しかけようと手を伸ばしたようだが、相手の様子に何故だかむすっ、とした顔うかべては相手に触れるはずだったその手も引っ込んで。
>>526

529:ティティ ◆R.:2014/07/21(月) 13:22 ID:bmg




うー!なんでー!

( しめしめうまくいった、なんて思っていたところを断られたものだから、不服げにぷく、と頬膨らませて。「そうなんだ、リルギナちゃん意外に若かったんだね!」なんて悔しがる相手をしぱしぱ瞬きして見やり、何気に失礼な事を言ってのけて。「え、ええー…!?」と相手の理論が理解出来ず、ぐるぐると悩ませた脳は着地点を見つける事が出来ず。 )


>>528:リルギナ

530:◆JI:2014/07/21(月) 14:51 ID:4Zc




名前:シロ・アルバート
年齢:18歳
性別:男
性格:スキンシップの激しいマイペース野郎。頭はいいのか悪いのか…はぐらかしたりするのは得意だけど嘘は好きじゃない、魔法使いであるも契約を結んだ場合くっついて離れないし言うことなんでも聞く犬のようになるぐらい誠実だが逆に言えば執着心のつよい焼きモチやきでもあるのでめんどくさい…((えっ!?((勉強好きで運動も好き、誰も相手をしてくれないときは一人で読書していることも多々。遠慮?なにそれ美味しいの状態
容姿:サラッとした髪質の金髪で毛先は手入れしていないので外バネ気味、前髪は目にかからないように適度にわけ瞳は透き通るような水色で若干釣り目、日焼けしない体質で肌は白め、身長は180cmの細身だがそれなりに筋肉もついている。体質で体温が低いため人間としての体温を守るため常に長袖長ズボン、色合いは青や黒を好んできていて藍色のマフラーを付けている。
属性:氷の魔法使い、空気中の物質を凍らせたり…取り敢えず凍るものがあれば基本何でも凍らすこと可能…、時には酸素を凍らせたりとたまに酷い。
備考:一人称「俺」二人称「呼び捨て」女性にはちゃんの時もある。
   体温が高くてくっついてても怒らない人狼を男女問わずお探し中

「fantasia」

(/参加希望です、魔法使いの方がたぶん割合多いのに…空気読めませんでした!不備等ありましたら書き直します。)

531: fantasia .  ◆R.:2014/07/21(月) 15:03 ID:QvQ




( /素敵な魔法使い様の参加ありがとうございます(*^^*)

Σ割合なんてお気になさらず参加してくれて良いのに…、笑
それに、なんだかんだ割合は保たれてるので大丈夫ですよ\^^/

それでは不備はありませんので、絡み文をお願いします、ゞ )


>>530

532:リルギナ◆DI:2014/07/21(月) 18:21 ID:0QI


…ん…?なんだ…?不満でもあるのか…?
((なんて、彼女からしてみれば所詮断っただけのことで不服そうな表情うかべる相手が不思議に思えて。『…なっ、失礼なっ!私が老け顔だとでもいいたいのか!?』なんて、むすっ、とした表情でいい放つも『…ふんっ、50越えた爺には言われたくないけどね。』などと、此方も失礼な言葉で言い返して。『…女っぽいのか、女々しいのか…。あ、おねえか…?』なんて、相手よそにぶつぶつと呟きつつ失礼な発言していて。
>>529

533:シロ・アルバート◆JI:2014/07/21(月) 19:19 ID:fy2



>>531 主様

(/素敵だなんて勿体無いお言葉…ありがとうございます(*´∀`*)
 
 そう言っていただけると助かります、これからよろしくお願いいたします。)



>>ALL

……あぁ、寒い(誰かに相手をしてもらおうとキョロキョロ探していれば、太陽が出ていたものの雲が出てきて体温が異常に低い自分にとってはそれすらも辛く、太陽が出てるから大丈夫かと何時もより薄着で出てきてしまったが為に、もう動くことすら億劫になってきて木にもたれかかるようにして座りこみ、持っていた魔法書見ながら地面に木の枝で落書き始め、)

(/絡みずらかったら書き直しますので、気軽にお申し付けください!)

534:ティティ ◆R.:2014/07/21(月) 19:41 ID:y6.




不服しか無いよー!

( 折角うやむやにしてしまえるとほくそ笑んでいたものなので、ぶんぶん腕上下に振って。え、そんなつもりじゃ、と弁明しようとするも、「じ、爺じゃないもん!ならリルギナちゃんは婆さんだよ!」なんて低レベルな口論で返してみせて。相手が何やら失礼な事をぶつぶつ言い始めたので、「僕そんな趣味ないよ!」と慌てて否定して。 )

>>532:リルギナ



( /此方こそ宜しくお願いします、ゞ
絡ませて頂きますねー! )



わあ、やっと涼しくなってきたー…、

( 太陽が雲に隠れた事で少しましになった陽射しに、ふう、と汗を拭いながら息を吐いて。特に何もしていない癖に、休憩でもしようかなあなんて木の下へへろへろと近付いて。すると地面に誰か何やら書いているものだから、何だろう?とそっと後ろから覗きこみ。 )

>>523:シロ

535:リルギナ◆DI:2014/07/21(月) 19:53 ID:0QI


…ふう…。涼しい…。この季節はどうも苦手でな…。
((背伸びしつつ、ぶらぶら歩いていれば突然の天候の変化に少し機嫌良くなり、嬉しそうに上記呟けば苦笑いうかべて。ぶつぶつ呟きつつ、しばらく歩いていたも、人の気配感じとれば足の動きぴたっ、ととまり、少し警戒するようにあたり見回して。音をたてないように歩きだせば前方に人かげ見えてきて。気づかれないようにと相手のいる木の後ろにまわり、顔覗かせては様子うかがって。
>>533

536:リルギナ◆DI:2014/07/21(月) 20:04 ID:0QI


何故だ…?何か企んでいたのか…?
((怪しげな目で相手じろっ、と見てはむっ、とした表情で上記述べて。『…ふんっ、何が婆さんだ。私とお前は何十歳も離れていると言うのにな…。』相変わらずむすっ、とした顔で述べればふいっ、と顔そらして。流石の彼女も不機嫌をとおりこして黙りこんでしまい。『…恋の話になると急に女の分類に入るくせに…。何が“ そんな趣味はない ”だ。』なんて、相手の否定はね返して。
>>534

537:ティティ ◆R.:2014/07/21(月) 21:01 ID:Whc




た、たたた企んでなんか……!、

( ぎく、と体の動きを止めると盛大にどもりながらそれを否定して。「う、ううー…心は少年だもん!」とか苦しい状況の中でたのは最早精神論へと発達している様子。「ち、違うよ、人の恋愛の話を聞くとただワクワクしちゃうだけ!」なんて、焦った様に理由を言いなんとかおねえ論(/笑)を否定して。 )

>>535:リルギナ

538:アリス◆/s:2014/07/21(月) 21:05 ID:W/Y

【わあ。朝見た時は、あんまり進んでなかったのに......。
休日パワー凄いっー!なんか、遅れをとっちゃた(>_<)】

わあ.....凄い....。
((平気な顔をして、宝石を持ち上げていたのだが、実は重かったようで、
相手に宝石渡せば、『ふう....』なんて声、もらして。しばらく、休憩
していたが、相手の様子を見ようと、立ち上がる。ひょいっと、宝石
持っている相手見れば上記呟き。
→リルギナ


ほ、本好きなの?
((この時期にしては、暑苦しい、真っ赤なマフラー着けて、歩いていた。
ふと、近くの木を見ると、見知らぬ青年がおり、上記をといかけてみる。
マフラーの先いじっては、相手をチラチラ見て。
→シロ•アルバート
(私の文、読みずらいかもしれませんが.....。読みずらかったら、教えて下さい。)

539:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/21(月) 21:29 ID:rp2

なっ、ティティ⁉︎ど、どうかしたのか?(聞き覚えのある相手の声が聞こえると慌てて後ろを振り少し動揺しながら左記を問い掛けて)

>>527


うぐっ…懐かれてしまった(どうやら戯れていた子猫に懐かれてしまった様で自分から離れようとしない子猫に少し困った表情をしながら左記を呟いていると、後ろから気配を感じ振り向くと見覚えのある相手が視界へ入り「リルギナ?何故そんなところにいるんだ…?」と不思議そうな表情をしながら左記を問い掛け)

>>528


ん…珍しいな、いつもは人はいない筈なんだが…(いつもは自分が休んでいた木に人がもたれ掛かっているのを見ると首を傾げながら左記を呟いては相手が読んでいた本が気になり相手に近付き「その本…どこで手に入れた?」と顔をぐいっと近付けながら唐突に質問して)

>>533

540:ティティ ◆R.:2014/07/21(月) 21:49 ID:y6.




えと、見掛けたから声掛けただけだよ…?、

( 相手がやけに動揺した様子で此方を振り向いたので、え、と此方もなんとなく戸惑って。別に他意は無かった為、不思議そうに上記答えると子猫に近付いて「わあ、かわいい!」なんてにこにこしながらくしゃくしゃと子猫の頭撫でて。 )

>>539:セラ

541:アリス◆/s:2014/07/21(月) 22:33 ID:mgM

で、でも、がっかりしてたから....。
((『お前が謝る必要はない』と言われれば、少しホッとした表情をみせるも、
やはり、心配なようで、上記述べ。しばらく沈黙が続けば、『うっううー』
なんて、涙目でうなって。
>>493 →セラ•リンクス

542:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/21(月) 22:35 ID:rp2

そ、そうか…(相手の返答を聞くと頷きながら左記を呟いて深呼吸をし少し落ち着いて。相手がくしゃくしゃと子猫の頭を撫でると「おいティティ、もっと優しく撫でてやらなきゃ怯えてしまうだろう」と何故か少しむすっとしながら左記を述べて)

>>540

543:ティティ ◆R.:2014/07/21(月) 22:50 ID:tzs




え、そ、そうなの!?、
僕、こうされたら嬉しいけどなあ…、

( 相手が何を動揺していたのかはこれ以上尋ねない様で。むすっと言われると不思議そうに上記言って首傾げつつも素直に子猫を撫でる手付きを緩め、「ごめんね、」と喉元をふわふわ触りながら子猫に謝って。 )

>>542:セラ

544:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/21(月) 23:16 ID:rp2

な、何故泣きそうになる?(相手が泣きそうな表情をすると慌てながらも少し困った表情をしながら左記を問い掛け「俺が何かしてしまったのか?」とブツブツ呟いており)


>>541


まだ小さいんだ、優しく触れてやらなきゃな…(相手がこうされたら嬉しいと言えば目を瞑りながら左記を言って。子猫に謝る相手をチラッと見ては「狼が子猫に謝るってのもなんだか面白いな…」とクスリと笑いながら左記を呟いて)

>>543

545:ティティ ◆R.:2014/07/21(月) 23:49 ID:pYE




そっかあ、ちっちゃいもんね、

( 納得した様にふんふんと頷くと、言われた通り先程とは違い優しい手付きで子猫をふわりと撫でてやり。ふとそう言われたものだから「えー、なんでさ?」なんて、首を傾げて笑ってみせて。 )

>>544:セラ

546: fantasia .  ◆R.:2014/07/22(火) 01:13 ID:rew




( /合宿に散って参りますので、本日から四日間はお留守にさせて頂きます…、汗 )

547:リルギナ◆DI:2014/07/22(火) 07:03 ID:0QI


…“ た ”が多い…。企んでいたのが丸見えだ。
((相手の否定するその態度に確信もってはふっ、と鼻で笑いつつ上記述べて。『…まあいい、500越えているよりは増しだ…。』なんて、相手の論を完全にスルーすれば呟いて。『…それはお前だけであろう…?男という種も女と同じように恋の話で騒ぐのか…?』どうやら相手と他の男の人を比較しているようで。
>>537


…あ、投げてしまったが…、
((なんて先程宝石を此方からは物凄い離れている壁に投げてしまい、相手はそれが視界に入っていなかったようなので一応いってみて。『…お前も狼人間なんだし、気にくわないのならとってきてくれても構わんが…。』なんて、何か言われそうだと慌てて述べてみて。
>>538


…別に…。
((今日はいちだんとむすっ、とした不機嫌な顔で相手からふいっ、と顔そらしては上記述べて。『…持ち帰ればいいではないか、どうせ飼い主もいないようだし…。その猫がいる方が寂しいなどという気も紛れるだろ。』なんて、つんとした表情でぶっきらぼうに述べればふいっ、と顔をそらしていたものの、次は相手へ背を向けて。
>>539

548:アリス◆/s:2014/07/22(火) 08:36 ID:s52

わ、私が日記を出したから........。
((『なぜ泣きそうになる』なんて聞かれれば、相変わらずの涙目で上記述べ。
相手がブツブツ言っているの聞けば、真っ青な目、こすって。
>>544 →セラ•リンクス


あっ、そういえば.....名前、聞いてなかった!
((『あ、投げてしまったか』なんて、言葉耳にすれば、『...!?重くないの....?』
なんて問いかけて。『重くない』なんて返答反ってくれば、おっきな目をして。
しばらく、驚いて、黙っていたが、KYな (空気が読めない)彼女は相手の名前が気になり、
上記問いかけ。
>>547 →リルギナ

549:シロ・アルバート◆JI:2014/07/22(火) 11:12 ID:fy2





雲滅べ、マジで寒いんだよもぉ…

( あぁと気温が下がることによって身震いしながら声を上げ、誰もいないし寒くなるわでイライラ募りストレス発散するように地面に魔法陣殴り書き、ふと視線感じ振り向けばもふもふと暖かそうな相手のしっぽ見てぱぁと表情明るくすれば相手の了承なしに尻尾に飛びつき。/おい!?)


>>534 ティティ




暇すぎて腹すいてきた…

( はぁとため息交じりに上記愚痴れば空見上げあまりにもイライラしていて無意識にキッと睨めば簡易魔法発動してふわっとその場に冷気が漂い、しまったという表情浮かべあまりの寒さに凍え、と同時に落書き使っていた木の枝折れ他に枝がないか探すため後ろ振り向けばこちらの様子伺う相手に一瞬驚くもぱぁと表情明るくし)


>>535 リルギナ




えっあぁ、好きだよ暇つぶしにはちょうどいいし、
( 本に集中していたため相手が近づいていることに気づかず、声を掛けられて気づき驚くも笑み浮かべて相手の質問に答えれば、赤のマフラーが目につき「珍しいねこの時期にマフラーって、俺も人のこと言えないけど」と自身の藍色のマフラー触り、)

(/全然大丈夫ですよ!こちらこそ誤字脱字が多いと思うのですみません、)

>>538 アリス



んーどこだったけ?……あっだめだ、今俺の家本だらけで何をどこでとかごちゃになってて、
( いつの間にか近づいていた相手に戸惑うも、相手の質問にんーと首を傾げ本であふれかえった自分の家思い浮かべ思い出そうとするも無理で、相手の肌暖かそうだななんて触りたい衝動に駆られ相手の頬にアイスみたいに冷たい手当てながら「なんならこれ貸すけど?」と笑み浮かべて)


>>359 セラ

550:リルギナ◆DI:2014/07/22(火) 12:14 ID:0QI


な、名前はともかくだ…、
((名前聞かれるも、自分への返答が返ってきていない為に苦笑いうかべつつ上記述べ『…で、取りに行くのか、行かないのかはっきりしろ。』なんて、まだ空中をまっている宝石指さしてはそう述べて『…名前はそのあとだ。』などと少しきっ、とした表情で相手見。
>>548


……。
((気づかれないようにしていたも、此方振り向かれれば驚いたように目を丸くしびくっ、と肩震わせ。相手の明るい表情目にすれば脳内に何やら似たような仕草をするある人物の顔浮かびあがり、しかめた顔でぶんぶん頭横に振ってははっ、と我に返り。少し遅けれど覗かせていた顔を両手でおおい再び木に隠れては木の根もとにしゃがみこんで。
>>549

551:アリス◆/s:2014/07/22(火) 12:34 ID:huc

そ、そうなんだ。私も本、好きだよ。
((相手の返答を聞き、上記を述べる。いつもなら、おどおどしている彼女だが、
この人は例外なようで、にこにこと、ほほえましい顔をし、『この時期にマフラーって珍しいね』
なんて、言われれば、『へへ....』と、曖昧な返事返し。
>>549 →シロ•アルバート


んー?....行きま.....。
((相手に『行くのか行かないのかはっきりしろ』と言われれば、上記呟き、毛先いじって。
しばらく、悩んだが、結局、取りに行くようで、『待ってて下さい』なんて語りかけ、
勢い良く走りだし。
>>550 →リルギナ

552:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/22(火) 13:06 ID:rp2

いや、なんとなくだ…(相手がなんでと言いながら笑えば、特に意味もなく発した言葉だったため苦笑いをしながら左記を言って)

>>545


いや…まぁ、それはそうだが(相手の発言も一理あると顎に手を当てて左記を呟くが相手の不機嫌そうな表情見ると「なんか怒っていないか…?」と不思議そうに首を傾げながら問い掛けてみて)

>>547


べ、別に気にしてなどいない…(相手の表情が変わらないのを見ると少し慌てながら左記を言って「だからお前も気にするな」と頬をポリポリと掻きながら述べて)

>>548


そ、そうか…(相手の返答を聞くと少しがっかりしながら目を瞑り左記を呟いていると、急に頬に触れられ「な、な、なに触ってるんだ⁉︎て言うか、やけに冷えてるな」とかなり驚きながらも相手の手の冷たさに首を傾げ相手の手に触れてみて)

>>549

553:アリス◆/s:2014/07/22(火) 13:19 ID:OYg

それ.....、くせなの?前もやってた。
((『別に気にしてなどいない』なんて言われれば、表情も少し変わっていった。
完全にいつものペースに戻ると、キョロキョロと辺りを見回し始め、先程、
相手が頬を掻いていた事を思い出せば、上記問いかけ。
<<552 →セラ•リンクス

554:アリス◆/s:2014/07/22(火) 13:22 ID:OYg

【↑間違えましたっ ! ! <<552 じゃなくて >>552 でした。】

555:シロ・アルバート◆JI:2014/07/22(火) 15:32 ID:fy2




!?…俺もしかしてなんかまずいことした?

(ぶんぶんと頭を振る姿にうれしそうな表情のまま頭に?浮かべるも急に顔隠し、しゃがみこむ姿に驚くも相手が怖がらないようにあまり慌てず近づけば相手の顔覗き込み、)


>>550 リルギナ



本当?本が好きな仲間が増えるのは嬉しい

(本が好き言葉とにこにことした相手の表情につられへらへらとした表情を浮かべ、相手の曖昧な答えは気にしないようにして「俺究極の寒がりで冷え性なんだよね」とおちゃらけ、)



>>551 アリス




あっでも俺本は貰うか少し特殊なとこ行って買うかの二択だから!

(がっかりした相手の姿に果たしてこれで少しでも相手の気分を上げられないかと言葉かけ、あまりにの驚きようにケララケラ笑いながら「反応可愛いね」なんて述べ、冷えてると手に触れられれば「なんか魔法の影響で俺究極の冷え性なんだよねーなんなら君が暖めてくれる?」と冗談ぽく述べ、)



>>553 セラ

556:リルギナ◆HY:2014/07/22(火) 15:39 ID:0QI


…軟弱かと思っていたが、意外と走れるもんだな…。
((相手が勢いよく走り出せば、驚いたように目を丸くし、相手見るも途端に感心したように頷けば上記呟いて。『…だが、無駄な話をし過ぎたせいで宝石が壁にぶつかりそう何だがな…。』なんて、少し苦笑いうかべつつ腕組めばみどころだと、じっ、と相手の様子うかがって。
>>551


…ふんっ、別に怒ってなどない。
((明らかに怒った不機嫌な態度であるも、あからさまに否定して見せれば『…誰が怒るものか…。』なんて、ぶつぶつと言っており。かたかたと左足を揺すり、いつもとは比べ物にならないくらいのむすっ、とした顔でちらっ、と相手の様子横目で見、うかがってはあたり見回して。
>>552

557:リルギナ◆HY:2014/07/22(火) 15:47 ID:0QI


…べ、別に…。
((顔覗きこみれれば、驚いたように目を丸くするも、自分の顔を覆っていたその手は裏返って相手に向けられて。距離を置こうと相手の肩、軽くぐっ、と押すも相変わらずつん、とした表情で相手から目線そらせば少し取り乱したように上記述べて。『…なんだ、身に覚えでもあるのか…?』なんて、相手の言葉に少し反応し耳をぴくぴくと動かしつつ述べてみて。
>>555

558:アリス◆/s:2014/07/22(火) 15:56 ID:.s6

わあ....。仲間だあ...。
((『本が好きな仲間が増えるのは嬉しい』なんて言葉耳にすれば、
目、輝かせ、上記述べ。『俺、究極の寒がりで冷え性なんだよね』
と言われれば、『だから、マフラーしてるの...?』なんて問いかけ。
>>555 →シロ•アルバート


ぎゃあああっ ! ?
((宝石を追いかけ、壁の方まで走って行く。宝石は今、どのあたりにあるかと、
上をみあげると、何やら、怪しく点滅中。それに驚き、上記述べては、相手を見て。
>>556 →リルギナ

559:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/22(火) 18:04 ID:rp2

ん…あぁ、癖なのかは知らないが(相手から指摘されると頬から手を離して首を傾げながら左記を呟いては相手の表情が変わっているのを見ると一安心したのか小さく溜め息を吐いて)

>>553


そ、そうなのか…?まぁ、探すの面倒だし借りるとしよう(相手の発言を聞くと首を傾げながら左記を述べては相手から大人しく本を借りることにして。相手から可愛いと言われると「か、可愛いか…そ、それは初めて言われたな」と驚いた表情のまま言い、相手から暖めてくれと言われれば「暖めるのは無理かもな、炎の魔法使いにでも頼んだらどうだ?」と顎に手を当てながら提案してみて)

>>555


ど、どうかしたのか?いつもと様子が違うような気がするが…(相手からの返答を聞くといつもとは違う相手の表情を見ると少し困った表情をしながらも左記を問い掛けて。相手が辺りを見渡していると「なんだ、何かいるのか?」と気になった表情をしながら左記を言って)

>>556

560:アリス◆/s:2014/07/22(火) 18:26 ID:1tI

癖....。
((自分の顔色が変ると、相手はやれやれと、言わんばかりに、ため息をついた。
それを見て、自分もため息をついてみる。小さな声で上記呟いては、首、かしげて。
>>559 →セラ•リンクス

561:リルギナ◆HY:2014/07/22(火) 18:42 ID:0QI


…点滅…、
((宝石の様子見れば少し考え込むものの『…ということは宝石ではないな…。』なんて、少しため息つきつつも『その宝石の高さまで跳んで、思いきり蹴ろ。』なんて、今の宝石は速度が遅くなっている様子であり、爆弾という可能性も有り得るために少し大きめの声で指示して。
>>558


…すまんが、これがすの私でな…。
((いつもなら良心で相手が困った表情をすれば大抵はやめるものの、今回は相手などお構いなしにつんとした態度で上記述べては近くの木にもたれかかって腕を組み。『…別に…。帰ろうか悩んでただけだから。』むすっ、とした顔をすることもなく完全なる無表情でぼそっ、と述べては再度辺り見回して。
>>559

562:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/22(火) 18:59 ID:rp2

そういえば体調の方はもう大丈夫なのか?(相手を見るからに前よりも少し元気になっている様な気がし、首を傾げながら相手に問い掛けてみて)

>>560


そうか…すのお前が見れてよかったんだか、よくないんだか複雑な気持ちだな(相手のつんとした態度を見ては苦笑いをしながら左記を呟いて。相手の表情が無表情になると「やはり怒っていないか…?何か気に障る様なことをしたなら謝るが」と首を傾げながら問い掛けて)

>>561

563:アリス◆/s:2014/07/22(火) 19:09 ID:/nE

け、蹴る ! ?
((点滅を始める、もはや、宝石ではないものを目の前に戸惑っていると『蹴れ』
というまさかの、指示がきた。驚いて、上記を述べるが、爆発するよりマシだ
と思った彼女は、勢い良くジャンプ。しかし脚は届かなかったようで、スパイクを
打つように、手のひらで爆弾を打つ。弾き飛ばされた爆弾は、岩の影で、『チカチカ』
という効果音とともに、勢いをまし、点滅していた。
>>561 →リルギナ

もう、大丈夫ですよ!
((相手に『体調はどうか』と聞かれれば、笑顔で上記述べ、勢い良く立ち上がって、
"にかっ"と、笑ってみて。
>>562 →セラ•リンクス

564:リルギナ◆HY:2014/07/23(水) 11:57 ID:k2g


……やはり鈍感だな…。
((少しむっ、とした顔で呆れたようにため息つけば上記述べて。相手に問いかけられるも、『…謝るとか、そういう生温いのは、要らない。…それに、私の態度が気に触るようなら言ってくれ。』なんて、先程よりは表情やわらいだものの、相手とは目線あわせようとはせず、ずっと背をむけていて。
>>562


…爆弾……、?
((激しく点滅する宝石見ては、いぶかしげな顔するも、彼女は相手が宝石を蹴った直後爆発するとふんで、指示を出したのであって、激しく点滅を繰り返すのは予想外出会ったが、爆弾の可能性は充分あるので、相手へ駆け寄れば『…逃げるぞ。』なんて、囁きつつ宝石の様子うかがっては走りだし。
>>563

565:アリス◆/s:2014/07/23(水) 12:09 ID:JxA

待ってー !
((いきなり『逃げるぞ』なんて言われれば上記述べ、追い付くために走りだし、
少し進んだところで、後ろをふりかえれば、爆弾が『ボッカーン』なんてわざとらしい
効果音出して、爆発し。
>>564 →リルギナ

566:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/23(水) 16:24 ID:rp2

そうか、それは良かった(相手が最初に会った時よりも元気になれば満足そうな表情をしながら笑い左記を述べて。ふと疑問に思ったのか「そういえばお前の祖母は魔法使いに殺されたと言ったな、俺も魔法使いだが憎くないのか?」と首を傾げながら問い掛けてみて)

>>563


鈍感か、自分でもよくわからないがお前が何度も言うならそうなのかもな(相手に呆れた表情で鈍感だと言われれば目を瞑り珍しく反論せずに左記を述べて。相手が気に触る様なら言えと言うと「それはないな。俺はお前と…リルギナと話せるだけで幸せだ、それだけはわかって欲しい」と相手の目を見ながら左記を言って)

>>564

567:アリス◆/s:2014/07/23(水) 16:46 ID:R.U

全然!あなた....セラさんはいい人だから!
((相手に『憎くないのか?』なんて聞かれれば"にかっ"と笑い、上記述べ。
しばらく、ニコニコとほほえましい顔をしていたが、窓の外になにか、
動く物があることに気づくと『なんだ、アレ。』なんて呟いて、窓の方に
歩いて行き。
>>566 セラ•リンクス

568:リルギナ◆HY:2014/07/23(水) 17:46 ID:k2g


はあ…、なんなんだこの迷宮は…。
((見事爆発すれば走る速度緩めてだんだんと止まって行き。完全に止まったところで後ろ振り向いては深いため息ついて疲れたようにその場に座り込めば上記述べて。大抵のことでは疲れた様子見せない彼女も流石に体力を大幅に消耗してしまったようで、動きたくないと駄々を捏ねる子供のように両足伸ばしては上下にばたばたふって。『動きたくない…。』なんて、呟き。
>>565


…な、なんだ、今日はやけに素直ではないか…。
((相手のいつもと違うようなその態度に心配そうな表情うかべつつ上記述べて。相手のその言葉に少し驚いた表情するも『…ふ、ふんっ。別に、心の底から嬉しいとか思ってないからな…。』なんて、囁くような小さな声で述べれば無表情だったその顔もだいぶ緩んできて。恥ずかしそうに目線そらしつつもフニャ、っと口許緩めてはしゃがみこんで。
>>566

569:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/23(水) 18:05 ID:rp2

俺がいい人か、本当にそう思うか?(相手が自分をいい人だと言うと肩を竦めながら左記を問い掛けてみて。相手が窓の方へと歩いて行けば不思議そうに後を歩き「ん、何かいたか?」と窓を覗きながら左記を問い掛け)

>>567


ん…、あぁ。どっかの誰かさんに素直になれと言われたのを思い出してな(相手が心配そうな表情でやけに素直だなんて言えば相手をチラッと見てはクスッと笑いながら左記を述べて。相手からの返答を聞くと顎に手を当て「これがツンデレとかいうヤツなのか…?」とブツブツ呟いており)

>>568

570:アリス◆/s:2014/07/23(水) 19:01 ID:5n2

え.......?
((相手が『疲れた』なんていって、その場に座り込めば、見た目とのギャップに驚き、
上記述べ。しばらく、目を丸くして、キョトンとしていたが、相手が言いたいことは、
"休みたい"という事だと分かると『ああっ ! そ、そうですよね!い、いやあ...つ、疲れますねえ...はは...。』
なんて言って、自分もその場に座り込み。
>>568 →リルギナ


んー..... ? なんだろう...。
((気になって、窓の外を見ていると、相手が『ん?何かいたか?』と、問いかけてきた。
それに、答えようと、つま先立ちで窓の外を必死になって見ると、何やら、うごめく
茶色い、大きな物があった。驚いた彼女は『く、熊あ ! ?』なんてバカな事言って。
>>569 →セラ•リンクス

571:シロ・アルバート◆JI:2014/07/23(水) 19:22 ID:fy2




いや…身に覚えは全くないんだ、

( 顔を隠していた相手の手が自分の肩をぐぐっと押すも距離感がおかしいので?と首かしげるも少しだけ離れて、つんとした表情の相手ににこにことした笑浮かべて取り乱した相手の声はあまり気にせず、ピクピクと動く耳に目が言ってしまうも身に覚えでもあるのかと聞かれれば珍しく真顔で真剣に答え、)

>>557 リルギナ


うんそうだね、寒くて過ごせれれないから

( あははと苦笑い浮かべてて「でも周りからみたらびっくりだよね夏なのにマフラーって」と付け足して、)

>>558アリス


あっそう?じゃあはいどうぞ

(借りるとするよとの言葉によかったと内心思いながらもはいっと本を閉じれば渡して、可愛いなんて初めて言われたと聞けば「そうかなぁでも女子に人気ありそう…」とまじまじと相手の顔を見て、炎の魔法使いにでも頼んだらと言われれば「周りにいないんだよね…ちなみに君はなんの魔法使いさん?」がくっと項垂れれるもぱっと顔を上げ首かしげながら問いかけ、)

>>559 セラ

572:リルギナ◆HY:2014/07/23(水) 19:54 ID:k2g


…それは、私である…。遠回しに言うな…。
((なんて、先程まで不機嫌だったはずだが、相手の一言とその態度で簡単に相手にたいする態度が変わってしまい。少しむすっ、とした顔しつつ相手に指差せば上記述べて。相手の呟き耳に入っては『…なっ、私にはデレの要素は含まれておらん。』なんて、つんは認めるも、普段時おりデレているという自覚をもっていないようでむっ、とした顔しては述べてみて。
>>569


…むう…、迷宮とはこんなに疲れるものなのか…?
((なんて、不服そうな顔で呟けばぐちぐち文句をいい始めて。『…ドラゴンとか、もはや私達と共存していないではないか…。狼人間と魔法使いが住むこの世界に何故一匹ドラゴンがいるんだ。』なんて、今の彼女の態度は明らかに子供であり。ため息ついては大の字に寝転がって。
>>570


…あ、そう…。
((今まで出会った中で一番個性的だと思っていた人物をはるかにこえたものだから、苦笑いうかべつつそっけなく上記口にして。『…出会ってすぐに言うのも変だが……、な、なんか…、個性的だな…。』大体思ったことは何でも口にしてしまう彼女であるが、初対面だからと少し気を使い少し言葉を丸めつつ述べてみて。今までならば初対面の相手にはきつくあたっていたも、何故か今回はあまり警戒していないようで。
>>571

573:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/23(水) 19:59 ID:rp2

く、熊…?そんなのが家の近くにいるワケ…ない、と、信じたいが(相手からのまさかの返答に驚いた表情をし、少し不安そうな表情しながら左記を途切れ途切れで言っては確認の為に窓を開けることにし)

>>570


ん…と、こういう時は、あ、ありがとう…って言うんだよな?(相手から本を受け取れば少し恥ずかしそうな表情をし顔を逸らしながら小さな声でお礼を言って。相手から女子に人気ありそうと言われれば「そ、そうなのか…?それも初めて言われたが…」と首を傾げながら左記をブツブツ呟いており。相手からなんの魔法使いか問われると「ん…、なんの魔法使いだと思う?」と悪戯っぽくクスッと笑えばわかる筈もないことを問い掛けてみて)

>>571

574:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/23(水) 20:07 ID:rp2

なんだ、バレてしまったのか。リルギナは凄いな(相手に遠回しに言うなと言われれば棒読みで左記を言った後、くしゃくしゃと相手の頭を撫でて。相手がデレはないと否定すれば「あぁ、まぁ…ツン八割のデレは二割くらいだからな」と顎に手を当てながら左記を呟いて)

>>572

575:アリス◆/s:2014/07/23(水) 20:36 ID:chg

そうだよね。マフラーって冬の物だもんね ! !
((『夏なのに、マフラーって』なんて、言われれば、笑顔で上記述べ、
相手の顔、のぞきこんで、『今も寒いの?』なんて、問いかけて。
>>571 シロ•アルバート

おばあちゃん、何で、こんなの作ったんだろ.....。
((相手が迷宮に愚痴をこぼしているのを聞けば、『全くです...。』なんて呟いて、
しばらく、考えてから、上記述べ。
>>572 リルギナ

あれって、"クマのぷうさん"というやつですか?
((確認のため、窓、開ければ、背伸びして窓をのぞきこんで、上記述て、相手見て。
しばらく、沈黙が続いたが、自分が変な事言っているのに気づけば、『ぎゃああ』
なんて取り乱して。
>>573 セラ•リンクス

576:リルギナ◆HY:2014/07/24(木) 11:29 ID:k2g


うう…、ほんとはそんなこと思ってないくせに……。
((棒読みで述べる相手見てはむすっ、とした表情するも、頭撫でられれば目線そらして。『…しょうがないだろ。』呟かれた相手の言葉耳に入れば少しむすっ、とした、ふくれた表情でそう述べるも『…なんだ…、デレの確率を増やせとでも言うのか…?』なんて、相手ちらっ、と見つつ口にして。
>>574


………。
((ぱっちり開いていた、その目も時間がたつにつれてだんだん閉じてきて。どうやら寝転がっているうちに眠くなってしまった様で寝ないようにと眠気に襲われ目を閉じるも頑張って開いてと繰り返していて。『…眠い……。』なんて呟き少々ぐったりとした態度みせつつも、葛藤していて。
>>575

577:アリス◆/s:2014/07/24(木) 11:42 ID:fHg

ね、眠い ! ? ここで寝たら死にますよっ ! !
((相手が"眠い"なんて言えば、驚いた表情で上記述べ、しかし、彼女も
眠かったようで、"寝ちゃおうかなあ.."なんて、呟いて。
>>576 →リルギナ

578:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/24(木) 12:04 ID:rp2

…(相手の発言に言葉を失い暫く沈黙していたが、顎に手を当てながら「き、きっと疲れているんだな…。そ、そうに違いない」と頷きながら左記を呟いており)

>>575


フッ、悪いな。少しからかってしまった(相手の表情を見ては相手の頭から手を離しクスッと笑いながら左記を言って。相手から問われると少し考えたが「いや、別に俺はなんだっていい…」と肩を竦めながら左記を述べて)

>>576

579:アリス◆/s:2014/07/24(木) 12:20 ID:fHg

.........。
((相手が『きっと疲れているんだな』なんて言えば、真顔で窓の外見つめ、そこで
うごめく物が、茶色い、普通の熊だとわかると、"ぷーさんじゃないなら一体..."
なんて呟いて。
>>578 →セラ•リンクス

580:リルギナ◆HY:2014/07/24(木) 12:54 ID:k2g


…なんで死ぬんだ…。死にはしないだろ。
((なんて、いぶかしげな顔うかべ相手じっ、とみては上記述べるも『何だ…、永遠に眠るということか、?』なんて、馬鹿にしたようにへらっ、と笑ってみせるも眠気が覚めてしまったようで『…はあ、もういいや。次進もう。』なんて、少々残念そうな顔するも立ち上がってはそう述べて。
>>577


…む、悪いと思ってないだろ…。
((眉間にしわよせむっ、とした顔で頬ふくらましては上記述べ、相手の両頬くいっ、と引っ張って。『…じゃ、じゃあ…、できるかわからんが、できたらデレを一割増やしてやる…。つんの割合は減らないがな。』なんて、述べれば小さく笑ってみせて。
>>578

581:アリス◆/s:2014/07/24(木) 12:59 ID:7WQ

ええ ! ? あっ、はい...。
((いきなり『次へ進もう』なんて言われれば、上記述べ、なんだか、不機嫌そうな相手の
顔見れば、"怒らせちゃったかなあ..."なんて呟いて。
>>580 →リルギナ

582:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/24(木) 13:34 ID:rp2

それにしても珍しくな、こんなところに熊がやって来るとは…(相手の呟きに苦笑いをすると窓の向こうに普段はいない熊をじーっと見ながら不思議そうな表情で左記を呟いて)

>>579


んー…いや、少しは思ってる…かもな(相手から頬を引っ張られると顔をしかめながら曖昧な返答を言って。相手の発言を聞くと「あ、あぁ…ありがとう」と苦笑いをしながら言い、相手が小さく笑えば「ん、やっと笑ってくれたな」なんて言いながら此方も笑みを見せ)

>>580

583:アリス◆/s:2014/07/24(木) 14:15 ID:x7.

お家に熊さん来ないんですか?
((『こんな所に熊がやって来るとは...』なんて、呟き耳にすれば、不思議そうな顔で
上記述べ、後から、付け足すように"私の家は森の奥だから、熊も狐も狸も来ますよー"
なんて、語りかけ。
>>582 →セラ•リンクス

584:リルギナ◆HY:2014/07/24(木) 14:22 ID:k2g


……ここは、何もないみたいだな…。
((時おり相手の様子見つつしばらく無言であるいていたも、ある部屋について。中へ入ってみるもあたりは一面真っ白で何もなく、ただ広い空間だけがひろがっていて。あたりきょろきょろ、見回しては眉間にしわよせいぶかしげに上記述べ。考えている暇もなく、音がしなかったために気がつかなかったが、あいていたはずの扉は既にしまっており。
>>581


…思ってるんじゃなくて、思ってるかも、なんだろ……?
((先程と同じようにむっ、とした顔すれば少し軽くしつつも相手の頬さらに引っ張って。相手の態度目にしては『…なんだ、?…嫌ならデレを一割減らして、つんを一割増やすが…。』なんて、少しむっ、とした顔をしつつ相手見ては述べて。相手の言葉で自分がついさっきまで怒っていたことを思いだしては『…い、今のは、わざとだ、わざと…。』なんて、誤魔化すように言い。
>>582

585:アリス◆/s:2014/07/24(木) 14:35 ID:x7.

さあ...そろそろ此処は出ましょうか...。
((部屋に、何もなかったため、上記述べ、部屋をあとにしようとする。
扉の前に行くと、扉は閉まっており、不思議に思うも、扉を押す。
しかし、扉は開かず、"あれえ..."なんて、呟いて。
>>584 →リルギナ

586:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/24(木) 16:19 ID:rp2

そうなのか、いいな…狐(相手が森の奥だから動物がいっぱい来ると言えば狐にだけ反応してはボソッと左記を呟いて)

>>583


わ、悪かったって。やっぱリルギナ怒ってるだろ(相手が頬を離さなければ少し慌てながら謝り、相手の表情を見ると首を傾げながら左記を問い掛けて。相手の発言聞くと「いや、遠慮しておこう」と肩を竦めながら述べて。相手がわざとだと言えば「なんだ、お前は笑ってた方が可愛いと思うがな」とからかう様に笑いながら言って)

>>584

587:シロ・アルバート◆JI:2014/07/24(木) 16:29 ID:fy2




あっやっぱなんか不快にさせちゃったかな?…

( 個性的との相手の言葉に「それよく言われる〜あとは変とか!」と特に気にする様子はなくむしろ話し相手が出来たことにより気分はウキウキで、と思いきや急に表情を先ほどのほわほわしたものから慌てたような表情に変え首かしげながら上記を述べて、)

>>572 リルギナ


もうっだから反応可愛いな!!そんな反応されたら又なんか貸したくなる!

(己が渡した本受け取れば恥ずかしそうに小さくお礼述べられればふわぁと声を上げ可愛すぎると笑い堪えながら身悶え←((/えっ…。)初めて言われたと聞けば「みんな恥ずかしがって言えなかったんじゃない?あっでも綺麗だから女装いけそうだね」と初対面であるも何とも失礼なこと親指立て平気で述べ、なんの魔法だと思うと問で帰ってきたので「んー中々意地悪、そういうの嫌いじゃないけど!…じゃあ空とか?」と笑ながら、)

>>573 セラ


君が俺に話しかけてくれたおかげで少しはましになったよ

( 冬物だもんとの言葉にうんうんと頷き、顔を覗き込まれ今も寒いのと問いかけられれば軽く首を横に振り大分マシになったと伝えて、)

>>575 アリス

588:リルギナ◆HY:2014/07/24(木) 17:29 ID:k2g


…ん、どうかしたか…?
((あたり見回していたために気づかなかったものの、相手が何やら呟いたのに気がつけば扉の方に振り向き上記問いかけて。『…ホラー、?心霊現象…、?』なんて、ひきつった笑みうかべつつ扉開けようと押したり叩いたりしてみるも中々空かずあはは、なんて作り笑いうかべ。
>>585


…別に怒ってない…。最初よりは、機嫌がなおったんだから感謝してよね。
((なんて、相手の問いかけに否定気味に答えつつも、相手の頬を掴む手は、退こうとせず。相手の態度で機嫌が良くなったものを何やらないことにしようとしていて。『…もう、面倒くさいから今のままでいいや。』なんて、今までの話はなんだったのか、前よりだいぶマイペースになっていて。相手の言葉耳にするも、いつもなら取り乱したり否定したりするものを今回は何故か素直で『ありがと、な…。』なんて、若干頬赤らめつつ述べて。
>>586


…あ、いや…別に、不快じゃない…。
((少しまわりと違う相手の態度に驚いた表情見せるも意外と相手に興味を持っているようで。相手の言葉否定するように頭左右に振って見せつつ、上記述べては『…ここに来るまで、暇だったから不快にはならない、むしろ他人…っていうか…個性的な君の話を聞けるから楽しい。』少々目を泳がせ、考えながら言葉を発しつつ、素直に述べて。
>>587

589:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/24(木) 17:30 ID:rp2

そんなに、可愛いって言われると少し照れてしまうな…。そんなことより、この本を貸してくれたお礼がしたいのだが(相手が再び可愛いと言えばフード深く被りながら左記を言い、その後何かお礼がしたいと問い掛けてみて。相手に女装が似合いそうだと言われれば「それは喜んでいいことなのか?」と首を傾げながら問い掛けて。相手の返答聞くと「空、か…。少し近いかもな」と答えは教えない様で)

>>587

590:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/24(木) 17:41 ID:rp2

あ、あぁ…よくわからないが感謝しておこう(相手の発言に対して少し疑問に思ったが考えるのをやめ、一応礼を言って。相手が今のままでいいやと言えば「そう、だな…。俺も今のままでいて欲しい」と頷きながら述べて。相手が珍しく素直に礼を言ってくると「えっ、あぁ…。どういたしまして…」と相手の表情に見惚れながら言って)

>>588

591:リルギナ◆HY:2014/07/24(木) 17:55 ID:k2g


…と、とにかくっ…、私は怒ってない。
((明らかに自分自身、変なことを口にしていたのは気づいていたが、相手がつっこんでこなかったものだから、若干取り乱し、焦りつつ上記述べ。『…お…、セ…、セラも、今のままじゃなきゃ駄目だからな。』相手に名前を教えてもらった後も、数回しか口にしなかったその名前を口にしつつ述べて。本人は見惚れた状態だと気づいていないも『…な、何故此方をじっと見ているのだ…。』目線そらし、おどおどした様子見せつつ述べて。
>>590

592:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/24(木) 18:45 ID:rp2

そ、そうか…。ならよかった(相手が取り乱しているのを不思議そうに見ては苦笑いをしながら左記を述べて。相手が久しく自分の名前を言えば「どうした?急に名前で呼んだりなんかして…」と少し驚いた表情をしながら左記を言い。相手から何故見ているんだと問われると「あっ、いや…な、なんでもない」と顔を逸らしながら言って)

>>591

593:アリス◆/s:2014/07/24(木) 18:54 ID:zK6

狐、好きなの?
((相手が『いいな、狐』なんて呟けば、上記述べ、しばらく考えてから、"思いついた!"と、
言わんばかりに、ポーチから、何かを取りだして、外に駆け出して行く。相手に"こっちこっち"
なんて言って、手招きして。
>>586 セラ•リンクス

それは良かった!
((相手に"大分ましになった"なんて言われれば、"にこっ"と笑って、上記述べ、後から、
付け足すように "肌、白いね。私と似てる"なんて語りかけ。
>>587 シロ•アルバート

.......ど、どうしよう...。
((開かなくなった扉を目の前に、上記述べ、へなへなと、座り込もうとすると、
身に付けていた、形見のネックレスから、"いつまで、くたばっている気だ!"
なんて、声がして。
>>588 リルギナ

594:リルギナ◆HY:2014/07/25(金) 16:10 ID:k2g


…なんで苦笑いなんかするんだ…?“ よかった ”のだろう…?
((相手様子見ては少し心配した様子みせつつ不思議そうに上記問いかけて。『…別に……。…いつもセラは私を名前で呼んでくれているのに私は相変わらず“ お前 ”と言っているのが気になってな。』なんて、照れくさそうにそっぽ向いてはそう述べて。『…なっ、何でもないとはなんだ、何故顔を逸らす…。』なんて、少しむっ、とした表情うかべ。
>>592


…なんとか出たいが、少しの力で開くものでは無さそうだな。
((なんて、困ったように顎に手をあててはうーん、なんて考えこんで。『体当たりで開くものなら簡単で良いのだが…、』などと、ぶつぶつ呟きつつ鈍い音とともに扉を蹴っていて。相手には聞こえたエックレスからのその声も彼女には聞こえなかったようで、ひたすら開けようと扉いじっていて。
>>593

595:アリス◆/s:2014/07/25(金) 16:18 ID:Y9I

ごごご、ごめんなさいっ !
((ネックレスから聞こえた声に驚いて、上記述べる。しかし、相手には、声が聞こえないようで、
ネックレス片手に、"この声、聞こえないの?"なんて、問いかけ。
>>594 リルギナ

596:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/25(金) 19:17 ID:rp2

ん、なんだ?急に外に出たりなんかして(相手が急に外に駆け出して行けば不思議そうに首を傾げ左記を呟いて、相手が手招きすると不思議そうな表情のまま外へと出て)

>>593


ん…いや、気にするな(相手が何故苦笑いをするのか問い掛けてくればただ一言気にするなとだけ言って。相手からの返答を聞くと「そうか、なんか気を使わせてしまってすまないな」と少し申し訳なさそうな表情で言って。相手のむっとした表情見るも、見惚れていたなんて到底言えるわけもなく「いや、本当になんでもない、ぞ」と相手と顔を合わせずに左記を述べて)

>>594

597:アリス◆uI:2014/07/25(金) 19:48 ID:oLA

これ、動物を集めるための笛なんですよ!
((相手が外に来れば、笛、片手に、上記述べ、思いっきり、笛を吹いて。
笛が"ピッー"なんて音出せば、森にいた、狐やら、鹿やら、猫が集まって来て。
>>596 セラ•リンクス

598:アリス◆uI:2014/07/25(金) 19:52 ID:oLA

(すみません...。トリップ間違えました.....。)

599:ティティ ◆R.:2014/07/25(金) 22:12 ID:NkE




( /合宿疲れたマヂ無理。。
蹴らせて頂きます、ごめんなさい、;

絡み文投下しておくので、良ければ絡んでやって下さいな、! )


わあ、きのこだ、!


( 暑い陽射しを避けようと森の中をふらふらと散策していると、ふと木の根本に鮮やかな色のそれを見つけて。明らかに怪しげな鮮やかさなのだが、思わずひとつ手に取りふんふんと匂うと、なんとなく芳しいかほりがしたのかうっとりと目を細め。そうして他の木にも無いだろうかとあちこち捜しはじめて。 )

>>おーるさま、

600:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/25(金) 23:42 ID:rp2

そんな物があるのか、と言うかかなり集まってきているな(相手の説明を聞くと感心した表情で笛をじーっと見ては、周りに集まって来た動物たちに少し驚いた表情をしながら左記を述べて)

>>597


【合宿お疲れ様ですー、では絡ませてもらいます】

ん、あれは…ティティか?今度は何をやっているんだ…(気分転換に森の中を歩いていると見知った顔が視界に入り、相手と会う時には必ず何かやっているので少し離れたところで相手の様子を見ており)

>>599

601:ティティ ◆R.:2014/07/26(土) 00:12 ID:y6.




そーいえばこれ、食べれるのかなあ?

( 夢中になっていた為相手の気配には気付かなかった様子、あちらこちらと捜し回っているうちに両手いっぱいにきのこを収穫して。一息着こうかと木の下に腰を下ろせばなんだかお腹空いたなあ、なんてぐるるる、と鳴った腹の虫にふう、と溜め息を吐いて。そうしてふと思い立った様に赤、青、黄色と明らかに食用にしてはいけない色のきのこを見つめ。 )

>>600:セラ

602:アリス◆/s:2014/07/26(土) 07:08 ID:pnA

【お久しぶりです!早速、絡ませていただきますねっ。】

....何してるの...?
((軽い運動がわりに、散歩をしていたら、同じ種族の子が、何かをしているのに気づき、
近寄って行けば、上記述べ。
>>599 ティティ


私の叔母は、森の守護神だったそうで...。
((相手が感心しているのを見れば、上記述べ、後から、付け足すように
『叔母は狩り人とかから動物を守れる位凄い人だったんだけど、私は動物と仲良くする位しか...。』
なんて言って、動物の中にいた、真っ黒な猫に、"見かけない顔...。新人さんかな....?"と話しかけ。
>>600 セラ•リンクス

603:リルギナ◆HY:2014/07/26(土) 09:33 ID:k2g


…んー、聞いてなかった…。
((なんて、若干適当に述べるも“ どうにかして扉を開けたい ”という面持ちは変わらぬようで。ペースは緩まることなく、むしろ早くなっていっているようで『…手伝え。』なんて相手に述べ。もっと、鍵とか思い付かないものなのかずっと扉蹴っていて。
>>595


…気にするもん…。
((むっ、とした表情で素っ気ない態度とる相手見ては呟くように上記述べ。相手ちらっ、と見ては驚いた表情しつつも『…何故そのような表情をしておる…。私は気をつかった訳ではない…。』なんて、曇りのない表情で述べて。“ 顔をそらすなど、やましいことがあるに違いない ”と思い『…此方を向け…、セラ…。』なんて述べて。
>>596


【…何かちょっと心配ですが…、絡ませて頂きます…。】

……、
((太い木の枝にだらしない格好で寝そべっており。ちらちら、とこまめに自分の上の葉見渡しては、むっ、とした顔して。どうやら寝ようとしているようだが、幼虫が気になるようで、中々寝れずにいるも、何やら聞き覚えのあるその声に反応しては見下ろして『…また、何か変なことをしているな…。』なんて、ため息ついては立ち上がり、上にあった虫食いが酷い木の実を相手めがけて思いきり投げ。
>>599

604:アリス◆/s:2014/07/26(土) 09:50 ID:7T.

.......えっ ! あっ、はいっ !
(("ぼけっー"としていて、相手の声が時間差で耳に入り、驚いた表情で上記述べ。
しかし、扉は一向に開かず、"鍵、探した方が早いんでしょうかね...?"なんて、声をもらして。
>>603 リルギナ

605:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/26(土) 10:23 ID:rp2

まさかそんな物食うんじゃないだろうな?(暫く相手の様子を見ていたが、心配になり相手に近付くと微かに笑みを見せながら左記を問い掛けてみて)

>>601


へぇ、そうなのか(相手の説明を聞くと驚いた表情をしながら左記を呟いて。近くにいた狐の頭を撫でながら「うぐっ…こんなに動物が周りに…。ど、どれも可愛い…」と周りを見渡しながら左記を呟いて)

>>602


そんな顔するな、気にする様なことじゃない(相手の表情を見るとやれやれといった表情で左記を述べれば相手の頭優しく撫でて。相手が気を使ったわけじゃないと言えば「そ、そうなのか…?」と少し驚いた表情をしながら左記を呟いて。相手にこっちを向けと言われれば「な、なんだ…?」と不思議そうな表情で相手を見て)

603

606:アリス◆/s:2014/07/26(土) 10:48 ID:7T.

.....なんか、意外......。
((動物目の前に、興奮している、相手見れば、上記呟き。先程、狐に妙に反応していた事思い出せば、
"狐、触らないの?"なんて言って、狐を抱き上げて、相手に差し出して。
>>605 セラ•リンクス

607:ティティ ◆R.:2014/07/26(土) 12:58 ID:Zow




えーっとね、きのこ探してるの、!

( 夢中になって探しているうちに手で抱えるにはいっぱいになっており。丁度その時同じく狼さんである相手に話し掛けられたものだから、得意気に上記言うとひとつ蛍光色の様な黄色いきのこを手に取り相手に見せて。 )

>>602:アリス


Σはうっ!

( ふんふんと芳しいかほりにつられるままにきのこ狩りをしていた為か相手の気配には気付かなかった様で、投げられた木の実が見事に頭にヒットすると情けない声を挙げて飛び上がり。それ故2、3個落としてしまったきのこを腰を屈めて拾いつつ、木の実の主をきょろきょろと探すと相手が居たものだから、「痛いよ!何するのさー!」とぷんすこしながら近付いて。/ )


>>603:リルギナ



食べるよー!、

( どこからともなく現れた相手に少し目を丸くしたものの、投げ掛けられた問いにはへらりと笑いながら当然と言った様に上記を答えて。どうやら此奴の基準は"良い匂いかどうか"らしくふんふんと鼻にきのこを押し付けると「だって、こんなに良い匂いなんだもーん、」と。 )

>>605:セラ

608:アリス◆/s:2014/07/26(土) 18:43 ID:1Lo

食べれるの...?
((『何してるの』と、質問すれば、蛍光色のキノコ見せ、"キノコ採り"なんて言うものだから、
心配になり、上記述べ。
>>607 ティティ

609:ティティ ◆R.:2014/07/26(土) 20:04 ID:84s




んー、わかんない、?

( 相手に問われると、首を傾げて曖昧な答えを寄越して。ただ芳しいかほりだけを便りに集めていた為大丈夫か否かなんて全く分からない癖に、「すっごく良い匂いがするんだよー」なんて気楽そうにへらへら笑っており。)


>>608:アリス

610:アリス◆/s:2014/07/26(土) 20:16 ID:rOY

........危険な気がするのは、私だけかなあ...。
(("すっごく良い匂いがする"なんて言われれば、相手の顔と、蛍光色のキノコ、見比べて、
上記述べ。
>>609 ティティ

611:ティティ ◆R.:2014/07/26(土) 23:58 ID:y6.




心配ないなーい、!

( 気にも留めずお気楽にへらへらと笑っており。そうして思い立った様にひとつ手に持っていたきのこを相手に差し出せば、「君にもひとつあげるね!」と相手にもこの芳しさをきっと分かってもらおうとにこりと笑って。 )


>>610:アリス

612:ティティ ◆R.:2014/07/27(日) 11:30 ID:OMY




暇だし上げておくねーっ!( ぴょんぴょん、 )

613:リルギナ◆HY:2014/07/27(日) 13:00 ID:k2g


鍵など何処にあるというのだ…。
((相手の声耳に入ってはしかめた顔で上記述べて。『第一、この様な白い部屋であったら、鍵などすぐに見つけれるだろ。』なんて、足の動きぴたっ、と止め、若干息乱れつつ前屈みになって辺りみまわしてはため息ついて。
>>604


うう……。
((不満げな顔で相手じっ、と見上記唸りつつ、頭撫でられれば目線逸らして。相手の驚いた表情目にすれば『何故驚く…。私は、自分の意思でやったことであって、気を使ってなどいない。』なんて、薄笑みうかべつつふいっ、と顔そらして。相手が此方を向けばガシッ、と両手で相手の顔挟んで動かないようにすれば『…私に隠し事をしているのか…?』などと、頬ふくらましつつ述べ。
>>605


……、
((見事に当たれば嬉しそうに笑みうかべ木の枝からぴょんっ、と飛び降りて『…ふぅ…、楽しかったな。』なんて、呟いて。相手が持つきのこ見ては『…なんだその色……、明らかに食用じゃないよな…。』などと、眉間にしわよせ異物を見るような目でそのきのこ一点へ目線うつし、少し後退りして。
>>607

614:アリス◆uI:2014/07/27(日) 16:51 ID:.EY

えっ! ? あ、ありがとう...?
((キノコをもらえば、キノコを見つめ、苦笑い浮かべ、上記述べ。後から、付け足すように、"で、これ、どうするの?"
と聞いて。
>>611 ティティ


んー?、どこだろ?
(("鍵など、何処にある"なんて言われれば、なんとも言えない表情して、ふと、足元見れば、"Drink Me(ドリンク•ミー)"
と書いてある、ボトルが転がっていて。
>>613 リルギナ

615:ティティ ◆R.:2014/07/27(日) 20:25 ID:84s



んーん、でも良い匂いがするよ、!

( 何やら満足気な相手にむーっとむくれるが、言い合いをしても恐らく相手には負けるのでこれ以上は言及しないで。相手に一歩下がられると、そうかなあ?なんて首傾げてふんふんときのこの匂いを嗅いでみせて。 )

>>613:リルギナ


食べる…とか、?

( 当然といったようにそう応えるも、相手の反応などからなんとなく不安にはなってきたようで、語尾は最早疑問符が付属しており。 )

>>614:アリス

616:アリス◆/s:2014/07/27(日) 20:33 ID:l9c

死んじゃうかも...。
((あからさまに毒を持っているキノコを、食べようとしている相手に、心配そうな、表情で上記述べ。
"心配..."なんて呟いて。
>>615 ティティ

617:ティティ ◆R.:2014/07/27(日) 21:07 ID:KAg



え、死――!?、

( それを聞くと、びくくく!と肩を震わせて。持っていたきのこのその蛍光色に大きな瞳を揺らし、相手とそれを交互に見比べると、「やだやだ、まだ死にたくなーい、!!」と首をぶんぶんと横に振って。 )

>>616:アリス

618:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/27(日) 21:12 ID:.w6

意外か…?(相手に意外だと言われれば首を傾げながら左記を言って「こんな俺にだって近寄ってきてくれる動物たちは大好きだけどな」と言っては近くにいた猫を優しく撫でて。相手に狐を渡されれば「やっぱり可愛いな、狐…。あまり近くで見たことはなかったが…」と呟きながら狐を抱きかかえて)

>>606


俺は食べない方がいいと思うぞ…?(相手がキノコの匂いを嗅ぎ、食べると言うと目を細めてはキノコをじーっと見ながら左記を述べて)

>>607


何故不満そうな顔をするんだ?(相手の表情を見ては不思議そうな表情をしながら左記を問い掛けてみて。相手が自分の意思でやったと言えば「いや、少し嬉しくてな…」と少し照れ臭そうに笑いながら言って。相手に顔を挟まれ問い掛けられれば「い、いや…。隠し事と言うか、なんて言うか…な」と目線は相手と合わせずに困った表情をしながら左記を言って)

>>613

619:ティティ ◆R.:2014/07/27(日) 21:54 ID:j66




えっ

( 相手の言葉を聞いた頃には時すでに遅し。ぱく、と一口かじりついたままぎぎぎ、と相手の方へ首を向けるとそのままぴたりと固まって。徐々にゆるゆると表情を青ざめさせると、「どどど、どーしよう!!!」とわあわあ騒ぎ始めて。/ )

>>618:セラ

620:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/27(日) 22:27 ID:.w6

お、落ち着け…。まだ毒があると決まったわけではない(相手がどうしようと騒いでいるとまだ食べていない方のキノコを手に取りじーっと見ては「ティティ、お腹は痛くないか?」と相手をチラッと見ながら問い掛けてみて)

>>619

621:ティティ ◆R.:2014/07/27(日) 22:40 ID:84s




う、うー!わかんない!

( 頭の中は軽くパニック状態で、問われた状態もよく分からない様でぐるぐると目を回し、あわあわと手をぶんぶん振りながら上記答えて。/ )

>>620:セラ

622:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/27(日) 23:09 ID:.w6

落ち着けって、俺がなんとかしてやる(パニック状態の相手の頭に手を置き相手の顔をじっと見ては微かに笑みを見せながら左記を言って)

>>621

623:ティティ ◆R.:2014/07/27(日) 23:25 ID:84s




ほ、ほんと、?

( 泣きそうになりながらオロオロと自分の頭へ手を乗せた相手を見上げて。ひとまず言われた通り落ち着こうと、すぅ、とひとつ大きく息を吸い込んで。 )

>>622:セラ

624:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/28(月) 00:19 ID:.w6

あぁ、約束する。お前に死なれちゃ困るからな(相手に本当かどうか問われると強く頷きながら左記を言ってはこの後どうするか考えて「そもそもこのキノコ…まず毒が入っているかわからないな。試しに俺も食うか」と本気か冗談かわからない様なことを呟いて)

>>623

625:ティティ ◆R.:2014/07/28(月) 00:31 ID:84s




うー、信じるよ…、!?

( じと、と見つめながらもひとまずは相手に任せてみて。とんでもないものを拾い食いしてしまった、なんて後悔していると相手がそんな事を言うものだから、「だめだめ、ダメー!!」と手をぶんぶん振りながら制そうとして。 )

>>624:セラ

626:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/28(月) 01:57 ID:.w6

あぁ、任せろ…(相手から信じると言われれば特に策はないものの自信満々に左記を言って。相手が自分の言葉を真に受ければ「フッ、冗談だ。しかしどうしたものかな、このキノコ間違いなく毒キノコだ。前に本で見た、一時間もすれば全身に毒が回り死に至ると…」とキノコを見つめたまま冷静に説明し始めて)

>>625

627:アリス◆/s:2014/07/28(月) 08:30 ID:zIQ

それでも、食べたいの?
((相手が、"死にたくない"なんて言っているの聞けば、苦笑い浮かべ、上記述べ。
他にも危険なキノコはないかと、辺り見回し。
>>617 ティティ



.....あのこ、耳が.....。
((楽しそうに、動物を抱える相手を、にこにこと見ていたが、ふと、あることが気になって、後ろを振り返ってみる。
すると耳が切れたウサギが背後にいて、驚いた表情で上記述べ。
>>618 セラ•リンクス

628:ヨウカズ◆R.:2014/07/28(月) 08:38 ID:snQ

【ええと、参加希望です……! 大丈夫ですかね?;】

629:リルギナ◆HY:2014/07/28(月) 09:07 ID:OD.


…何これ……?
((自分も目線を下に向けてみては何やらボトルが落ちていることに気付き上記呟きつつ、つまむようにボトル持てば自分の目線の前に持ってきてはこてん、と首傾けて不思議そうにボトル見つめるも、何かわかるわけでもなく眉間にしわよせては、もとの置いてあった場所にボトル戻して。
>>614


…確かに…。
((匂いに関しては納得したように思えるが流石に見た目は納得できるようなものではなく、『…と、とにかく…、そのきのこ、食べたらぶっ殺すっ。』なんて、相手指差してはむっ、とした顔で述べ『…きのこ食べて殺されるか、食べないで殺されないか…。どっちが良い…?』なんて、少し焦った様子見せつつも相手に問い。
>>615


…何でもない…。
((相手の問いかけには、こたえず頭左右にふりつつ上記述べて。“ 嬉しい ”などと耳にはいっては『…それは良かった…。』なんて、いつにもなく優しい表情で微笑んでは相手見て。相手の困った表情視界にしっかりと入りつつも『…私に言えないほどのものなのか…。』なんて、眉下げては不服そうな表情顔にうかべつつ述べて。
>>618

630:リルギナ◆HY:2014/07/28(月) 09:13 ID:OD.


【人数制限は、無いので参加できると思います。PFを提出してみてはどうでしょうか…?】

>>628

631:ヨウカズ◆R.:2014/07/28(月) 09:16 ID:snQ

【そうですか、ありがとうございます!】

632:アリス◆/s:2014/07/28(月) 09:23 ID:oxQ

ええええっ ! 戻しちゃうんですかっ。
((ボトル持ち上げ、中身を飲むのかと思いきや、もとの位置に戻したため、驚いた表示で、上記述べ。
→リルギナ

633:ヨウカズ◆R.:2014/07/28(月) 09:28 ID:snQ

【ええと、今のところ比率はどうなってるのでしょうか?
 魔法使いで参加したいと思ってるのですが、比率が偏っているようでしたらやめとこうかな、と……】

634:アリス◆/s:2014/07/28(月) 09:33 ID:oxQ

【今のところ、
魔法使い...セラ•リンクス、リリアン•アリス、シロ•アルバート
人狼(?)...リルギナ、ティティ、アリス
という感じで、3:3。つまりは、平等なので、魔法使いでも、大丈夫だと思いますが...。】

635:ヨウカズ◆R.:2014/07/28(月) 09:47 ID:snQ

【うわあぁわざわざありがとうございます!
 そうなんですか……では、一応魔法使いでpf書こうと思います】

636:参加希望:2014/07/28(月) 10:00 ID:snQ

名前:クレオメ・ローズマリー

年齢:17歳

性別:女

性格:
口調は強気で態度も堂々としているのだが、実は怖いのが苦手でガラスハート。
が、すぐに泣いてしまうことはあっても、大事な人のためなら意地でも逃げない。
人が良いので何かと巻き込まれやすい苦労人。
成績も運動もそれなりにこなす優等生だが、箒の移動に慣れていたせいか転びやすい。
何かと面倒事がやってくる不幸体質。
出来ない事でもなかなか断れない。 そして困る。
友達がいない訳じゃないんですよ((

容姿:
若干ツリ目がちの赤目に、セミロングの緩くウェーブした金髪。
赤黒い魔女帽には、黒レースのリボンが結んである。
ふくらはぎまである紅いワンピース(袖は長袖)の上に、フリルのついた黒いエプロン。
靴は焦げ茶のブーツ。
首に小さい十字架の付いた銀のネックレスを下げている。

属性:炎

備考:
一人称「俺」 「〜なんだ/〜だぜ」
泣き虫がばれるのが恥ずかしくて、なるべく強気に見せようとした結果がこれだよ!!((
幼い頃から魔法の才能に恵まれていて、友達にもせがまれるたび自慢していた。
だが魔法に頼り過ぎた結果、友達に怪我をさせてしまう。
それ以来自分からも周りからも関係をつくる事を避けていたのだが、
(登校中)箒で飛ぶ自分より、自力で飛んで追い越していった梵天丸に興味がわき…
なあなあで友達になりますた←
バイトは彼女と同じ所のファミレスのみ。
胸の内を離せるのは彼女くらいのもんだとかそうでもないとかその辺の猫にも喋ってるとか()

samplevoice
「おう、何してんだお前ら?」
「無理無理無理ぃぃ!! そういう話本当にやめろよな!? 本当にお化け出たらどうするんだよ!!」

【魔法使いで参加希望です!Fantasia!】

637:参加希望:2014/07/28(月) 10:06 ID:snQ

【>636 あ…… すみません、色々ミスったので書きなおします…】

名前:クレオメ・ローズマリー

年齢:17歳

性別:女

性格:
口調は強気で態度も堂々としているのだが、実は怖いのが苦手でガラスハート。
が、すぐに泣いてしまうことはあっても、大事な人のためなら意地でも逃げない。
人が良いので何かと巻き込まれやすい苦労人。
成績も運動もそれなりにこなす優等生だが、箒の移動に慣れていたせいか転びやすい。
何かと面倒事がやってくる不幸体質。
出来ない事でもなかなか断れない。 そして困る。
友達がいない訳じゃないんですよ((

容姿:
若干ツリ目がちの赤目に、セミロングの緩くウェーブした金髪。
赤黒い魔女帽には、黒レースのリボンが結んである。
ふくらはぎまである紅いワンピース(袖は長袖)の上に、フリルのついた黒いエプロン。
靴は焦げ茶のブーツ。
首に小さい十字架の付いた銀のネックレスを下げている。

属性:

ローズバーストとかいう炎をまとった茨がまとわりついてくる痛暑いオリジナル魔法があります。

備考:
一人称「俺」 「〜なんだ/〜だぜ」
泣き虫がばれるのが恥ずかしくて、なるべく強気に見せようとした結果がこれだよ!!((
幼い頃から魔法の才能に恵まれていて、友達にもせがまれるたび自慢していた。
だが魔法に頼り過ぎた結果、友達に怪我をさせてしまう。
それから友達をつくることに憶病になってるとか((
胸の内をその辺の猫に喋ってるとか(周りから見ると軽く引く)

samplevoice
「おう、何してんだお前ら?」
「無理無理無理ぃぃ!! そういう話本当にやめろよな!? 本当にお化け出たらどうするんだよ!!」

【魔法使いで参加希望です!Fantasia!】

638:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/28(月) 12:28 ID:BbM

ん、ウサギか…。可哀想だが俺にはどうすることもできないな(相手の背後にいたウサギを見ては自分に治療出来る様な魔法はない為目を瞑りながら左記を述べて)

>>627


そう、か…(相手がなんでもないと言えばこれ以上は何も聞かずに左記を言って。相手の表情見ては「今日のリルギナはよく笑うな…」と笑みを見せながら左記を述べてみて。相手に言えないものなのかと問われると「いや、言えない…わけではないが」と目線は合わさないまま左記を言って)

>>629

639:ティティ ◆R.:2014/07/28(月) 17:31 ID:rew




…って死ぬの!?、

( 安心した様にほーっと息を吐いたのも束の間、冷静に説明し始めたそれにえええ、と声を挙げて。どうやら先程の冗談のようには無さそうなので、口をぱくぱくさせて説明を聞いていて。 )

>>626:セラ


んーん、食べたくない…!、

( そう問われるとふるふると首を振りそれを全力で否定してみせて。辺り見渡しはじめた相手に、もしかしてこれも、なんて自分の手元に大量にある蛍光色や鮮やかな色のきのこ達へ視線を落として。 )


>>627:アリス


Σ物騒な、!

( 相手のその物騒な言い様にびく、と肩を震わせて驚くも、こくこくと首を縦に振っては「わ、わかったよ!食べないよー!」と素直に従うようで、その辺りの木の根元にそっときのこを置いて。 )


>>629:リルギナ


( /わわわ技名かっこいい…!( ぱああ←

参加ありがとうございます!
不備は無いので、絡み文お願いします(*^^*) )

>>637



( /対応して下さった方もありがとうございました(*^^*) )>>

640:クレオメ・ローズマリー:2014/07/28(月) 17:45 ID:snQ

【有難うございます! 中二臭いかと思ってましたw 宜しくお願いします!】

>>all
なあ……俺、どうしたらいいんだろうな……(膝抱えて黒猫に話しかけている

641:アリス◆/s:2014/07/28(月) 18:03 ID:wvY

ハンカチでも、着けてあげましょうか。
(("どうすることもできない"なんて言われれば、難しい表情し、しばらくしてから、上記述べ。
>>638 セラ•リンクス


......捨てたら?
((キノコを見つめる相手見て、"やっぱり食べたいのかなあ"なんて思ってしまい、そのけっか、
心配になり、上記述べ。
>>639 ティティ


【絡ませていただきまふ...。】
何してるの... ?
((猫に話かける、見知らぬ人見つければ、不思議そうな顔で上記問いかけ。首をかしげて。
>>640 クレオメ•ローズマリー

642:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/28(月) 19:39 ID:snQ

>>641 アリス
いやぁ何って相談できるのお前くらいしか…… うわぁああぁぁーーっっ!!?(無意識に振り返ると相手に気付いて、見上げると同時に尻餅をつき、猫は逃げていって←
なっ、な何だお前っ!? いいっいい何時から見てた!(震える指で相手指し、上ずった声で問い掛け

643:ティティ ◆R.:2014/07/28(月) 19:56 ID:j66




何やってるの、人間さん!、

( ひょこひょこ鼻唄を歩いて散歩をしていると、何やら黒猫に話し掛けている人物を見かけ。その姿から何か悩んでるのかな、なんてふと思い、後ろからそっと近付くとぽんぽん、と肩を叩いて話し掛けて。 )

( /中二病万歳ですよ!笑
あの、一応ルールですので、ロルは40文字以上が嬉しいかな、なんて…(^^;) )

>>640:クレオメ



うん、そーするね…、

( 名残惜しそうに手に持ったきのこをじーっと見つめていたものの、相手の言うことは妥当なので素直に従って。近くの木の根元にきのこをそっと置くと、一応…なんて、手を合わせて。 )

>>421:アリス

644:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/28(月) 20:31 ID:snQ

>>643 ティティ
【あ……!二つ目の方全然達してませんね、すみません……(°ω°`;;】

ヒイッ!?
いやいやいやっ何もおかしなことはして、な……?
(いきなり肩を叩かれたので驚いたが、涙目になるのを堪えて恐る恐る振り返ってみると、変わった外見を持つ相手にぽかんとして。

645:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/28(月) 20:44 ID:BbM

いや、そこからが問題でな…。その本に食べてしまった時の処置が書いてあったんだが…(相手の発言を聞くと首を横に振り片手で頭を抑えながら左記を言って「何一つ思い出せない…」と困った表情をしながら呟いて)

>>639


なんだアイツ…猫に話し掛けているのか?(退屈しのぎに外を歩いていると見知らぬ顔が視界に入ると歩いていた足を止めて、相手が独り言を言っているのかと思いきや猫と話していたのを見て上記を呟きながら様子を見ており)

>>640


あぁ、そうだな。気休めにはなるかもしれない(心配そうにウサギをじーっと見ていると相手がハンカチを着けると意見し、そうに同意する様にこくりと頷きながら左記を述べて)

>>641

646:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/28(月) 20:51 ID:snQ

>>645 セラ
やっぱり、怖いよ……また怪我させたらって思うと、人前で魔法使えないし……
エセ魔法使いって言われても仕方ねぇや。な?
(相変わらず猫を撫でたりしながら語りかけている。口角は上がっているものの、目が何処か寂しげで、応える訳もないのに同意を求めて

647:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/28(月) 20:54 ID:BbM

お、おい、あんた…。あ、頭大丈夫か?(猫に向かって同意を求めている相手を見ると心配になったのか相手に近付き、本人は自覚していない様だが失礼なことを相手に言って)

>>646

648:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/28(月) 20:59 ID:snQ

>>647 セラ
わ、っ!? あ、あぁ……。
っ、だ、大丈夫だが……何処から見てた?
(ぱっと立ち上がると目を丸くして、途端に汗をかき、しばらく口をぱくぱくさせていたが、唾を飲み込んで恐る恐る質問し

649:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/28(月) 21:03 ID:BbM

大丈夫なら良かったが…(相手からの返答に安心した様にため息を吐いて、相手から何処から見てたと問われると「い、いや…ついさっきから…かな」と少し曖昧な返答をして)

>>648

650:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/28(月) 21:34 ID:snQ

>>649
あ、当たり前だろ…… ん、そうか。なら良かった!
(ずれた帽子を正しながらムッとして、「ついさっき」と言われれば、傷つけるだのエセ魔法使いだののくだりは聞かれて無いと思い、腰に手を当てて安心したように笑い

651:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/28(月) 21:45 ID:BbM

そ、そうか…(相手の安心した表情を見れば苦笑いをしながら左記を呟いては「それじゃ、俺はこれで…」と言うと相手の前から立ち去ろうとして)

>>650

652:ティティ ◆R.:2014/07/28(月) 21:52 ID:qWY




( /いえ、此方も厄介なルールでごめんなさい(つд;*) )


え、そ、そんなに驚く!?、

( 予想以上に驚かれた為、なんだかこちらもびく、と肩を震わせてしまい、彼女に異質と思われているその狼の耳はぴん、と緊張した様に立って。 )

>>644:クレオメ


ちょ、ええええ―――!、

( 其れを聞くとがびーん、と固まって、その少し後に思わず上記を絶叫して。最早森中に響き渡る声であっただろう。ぜえぜえと息を切らしながら「ほんとに何も覚えてないの!?」と必死に問い掛けて。 )

>>645:セラ

653:アリス◆/s:2014/07/29(火) 08:46 ID:LSc

えっ!い、いつから.....。
(("いつから聞いていた"なんて聞かれれば、困った表情し、上記述べ。後から付け足すように、"なあ、俺どうしたらいいんだろうな。の辺りからかなあ..."なんて述べて。
>>642 クレオメ•ローズマリー


.........キノコ好きなの?
((捨てたキノコに手をあわせる相手見て、不思議な表情し、上記述べ。辺りを見回し、食べれる物はないのか探してみて。
>>643 ティティ


よし。これでOk!
((ウサギの耳にハンカチ巻き付ければ、立ち上がって、上記述べ、"にこっ"と笑って。後から付け足すように"他の子は皆元気かなあ...."なんて呟いて。
>>645 セラ•リンクス

654:リルギナ◆HY:2014/07/29(火) 08:46 ID:OD.


…あ、これ…、飲むものだったのか…。
((実は彼女は全く、何も理解できていなかったようでボトルと相手交互にみてはこてん、と首傾けて『……お前が飲んでいいぞ。』なんて、再びボトル拾っては相手に差し出して。一見譲るというようにも見えるが、ただ単に面倒くさいようで。
>>632


…セラはいつも深く聞こうとは、しないよな…。私と正反対だ…。
((苦笑いうかべては、相手へ視線うつすも、すぐにそらして。『…ん…、いつもむすっ、とした表情だし…。笑ってた方がいいだろ。』なんて、口にしているときは目線泳がしていたものの、再び笑みうかべ。相変わらず、目をあわせようとしない相手見ては少し頬摘まむも『言えなくはない…のだな。じゃあ、言うのみだな。』なんて、急かすように述べ。
>>638


…………んー、いい子だ…。
((しばらく固まって相手の様子見ていたものの、何を考えてか笑みうかべながら上記述べては相手の頭ぽんぽん、と叩くように触れて『…やっと、お前も素直に人の言うことをきくようになったか…。』なんて、親でもあるまいし変な口調で若干失礼な言葉含みつつも述べて。
>>639

655:アリス◆/s:2014/07/29(火) 08:56 ID:LSc

えっ!どどど、毒味 ! ?
(("お前が飲んで良い"なんて言われれば、パニックになって上記述べ。しばらくボトルを見つめてから、"無理無理無理、絶対無理っ !"なんて言って。
>>654 リルギナ

656:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/29(火) 09:25 ID:snQ

>>651 セラ
お、おう…… ん? お前も魔法使いなのか?(去っていこうとする相手に手を振るが、ふと相手に魔力を感じたのか、ぽつりと話し掛けて首をかしげ。

657:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/29(火) 09:46 ID:snQ

>>652 ティティ
あ、ああ悪い……。
……ていうかその耳凄いなー、どうなってんの?
(相手も驚いたとわかると、申し訳無さそうにうつ向いて髪をいじり、聞かずにはいられなかったのか相手の耳を指し

>>653 アリス
さっ…最初の方からじゃないかぁ……!
(相手の台詞を聞けば、自分が語りかけ始めた頃からだとわかり、顔を赤くして頭をかきむしり

658:リルギナ◆HY:2014/07/29(火) 09:56 ID:OD.


別に、毒味とか……そういうのじゃない…。
((相手からの返答に深いため息ついて再びボトル下におけば『それに、飲まないのかと私に聞いたと言うことはお前は私に毒味して欲しかったのだろ…?』と相変わらずの口調で問いかけ。しばらく考える素振り見せた後、『とにかく中身を出せば良いのだから、飲まずとも捨てれば良い。』なんて蓋開けては、中身を出そうとして。
>>655

659:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/29(火) 10:15 ID:BbM

あぁ、いや…家に帰れば本はあるし助かると思うが(相手に問い掛けられれば自分の家のある方を眺めて「問題は毒が回るまでに間に合うかどうか…」と少し困った表情をしながら左記を呟いて)

>>652


見たところ問題なさそうだな…(相手の発言を聞くと自分も気になり辺りを見渡すが特に変わった様子の動物はいない様で安心した表情をしながら左記を述べて)

>>653


しつこい男は嫌われるってどこかで聞いたからな(相手の発言を聞くと微かに笑みを見せながら左記を述べて。相手からの返答を聞くと「まぁ、それもそうだが…。俺はどんなリルギナだって好きだぞ?」と首を傾げながらも左記を言って。これ以上誤魔化すのは無理だと思い相手の目を見ながら「リルギナ、お前の表情に見惚れていたんだ」と少し恥ずかしそうにしながらも言って)

>>654


ん…?そうだが、それがどうかしたのか…?(歩いていた足を止め後ろ振り向いては少し不思議そうな表情をしながら首を傾げ左記を問い掛けて)

>>656

660:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/29(火) 10:32 ID:snQ

>>659 セラ
! や、やっぱり……! あ、俺もなんだよ。炎の魔女。
(予測が当たって少し顔を綻ばせると、空中に腕を伸ばして箒を取りだし、手のひらにほわりと炎を浮かべてみせ

661:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/29(火) 10:43 ID:BbM

炎か…(相手が自分も魔法使いだと言えば相手に近付き、じーっと相手の顔を見ては「それで、俺が魔法使いだからどうしたというんだ?」と首を傾げながら左記を問い掛けて)

>>660

662:アリス◆/s:2014/07/29(火) 10:54 ID:UMU

ひいっ。ごめんなさいごめんなさいっ。
((いきなり怒鳴られれば、泣き目で上記述べ、そのあともずっと"ごめんなさい、ごめんなさい"なんて呟いていて。
>>657 クレオメ•ローズマリー



ちょちょちょっ ! !なにしてるんですかっ。
((相手が中身を捨てようとすると、慌てて上記述べ、ボトルを奪い。"じゃあ、私が....."なんて呟いていて、中身飲み干し。
>>658 リルギナ



良かった......。
((動物が元気だと知ると、笑顔で上記述べ、"にこっ"と笑って。"私にできる事はこれくらいですから....."なんて言って。
>>659 セラ•リンクス

663:リルギナ◆HY:2014/07/29(火) 11:57 ID:OD.



…セラはそんなの気にしなくていい…。
((相手からそのような言葉が聞けるとは思っていなかったようで驚いた表情で相手見ては上記述べて。相手の言葉耳にはいっては『…ほんと、セラは……よく普通にそんな言葉使えるよな…。』なんて、少々感心したようす見せつつも恥ずかしそうに頬赤らめ。相手の表情目にしつつも、状況が理解できていないようで、『……あ、…えっと……。』なんて、おどおどしており。
>>659


…最初からそうするべきだったな……。
((相手の飲みっぷりに驚いた表情見せるも奪われたことにたいしてむっ、とした表情うかべては『…飲んだって飲まなくたって中身がなくなれば言い話なのだろ…?』なんて、ぶつぶつ、文句いっており。
>>662

664:アリス◆/s:2014/07/29(火) 12:14 ID:PrY

うぐっ、なにこれ苦いっ。
((飲み干したビンの中身は思いの外苦く、上記述べれば、"これ、飲む必要ありました?"なんて、言って、"水うー"
なんて、唸って。
>>663 リルギナ

665:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/29(火) 14:32 ID:BbM

いいんじゃないか?俺にはそんな優しいことなんて出来ないからな…(相手がこれぐらいしか出来ないと言えば相手をじっと見て首を傾げ、苦笑いをしながら左記を呟いて)

>>662


何故だ?気にしなかったら嫌われてしまうだろ?(相手が気にしなくていいと言えば不思議そうな表情で相手を見ては首を傾げ。相手によくそんな言葉を使えるなと言われれば「なるべく伝えられる時に伝えておかなきゃな…俺もいつ死ぬかわからないしな」と苦笑いをしながら左記を言って。相手の様子を見ると「なんだ、言えて言っておいてその反応は」と少しむすっとしながら左記を問い掛けて)

>>663

666:アリス◆/s:2014/07/29(火) 15:21 ID:fAA

セラさんは十分優しいじゃないですか。
(("俺にはそんな優しい事出来ないからな"なんて言葉耳にすれば、驚いたような表情し、上記述べ。
>>665 セラ•リンクス

667:ティティ ◆R.:2014/07/29(火) 16:55 ID:Zow




んー、特に好きってワケじゃないんだけどね、

( 土の地面へぽてりと倒れてしまったきのこへちらりと視線をやると、えへへ、と苦笑して。どうやらやたら取った末に結局棄ててしまったことに、ほんの少しだけでも罪悪感を感じているようで。 )

>>653:アリス


えっへへー、進歩だよ進歩!、

( 相手の其れを失礼とも感じずに素直にわぁい褒められたあ、なんて受け入れてしまい、尻尾をふわふわと振りながら得意気にふふん、と鼻を鳴らして胸を張ってみせて。 )

>>654:リルギナ


え、どうって…普通に耳だよ!?、

( 相手から尋ねられると、当然といった様に答えに困り。狼の自分にとってはわりと普通のことなのだが、そう考えてみれば異質なのかな?なんて、頭上でぴょこぴょこしている自分の耳に触れて。 )

>>657:クレオメ



走ろう、!!

( 一応本自体はあるのだと分かると、相手の答えを聞くや否や直ぐ様視線の向こうへ向かおうとして。だが魔法使いと狼では身体能力の差がきっと少なからず生ずるだろう、「はい、乗って!」と腰を屈めると、おんぶの体勢を作って相手に促して。/ )

>>659:セラ

668:アリス◆/s:2014/07/29(火) 17:00 ID:bKM

.......大丈夫だよ...。キノコは、生命力強いし...(?)
((相手の表情は、出会った時より暗く見え、落ち込んでいるようにも見えた。相手を励ますように、笑顔で上記述べ。
>>667 ティティ

669:ティティ ◆R.:2014/07/29(火) 17:59 ID:/UM




そーなの、!?

( 相手のその言葉を聞くと、ぱああ、と瞳を明るくして。よかったあ、なんて少しの罪から解放されたようにほう、と息を吐いて。尻尾をぱたぱたと振れば「よかったああ、」なんていつものへらりとした笑顔に戻り。 )

>>668:アリス

670:リルギナ◆HY:2014/07/29(火) 18:29 ID:OD.


私が捨てようとしていたのを無理矢理止めて口にしたのは誰だ…。
((相手の様子みてはふっ、と鼻で笑い上記述べて『…飲む必要はないと判断して…捨てようとしたのにな…。私はお前に飲めと一言も言った覚えはない。』なんて、いつにも増してきつい口調で言い放ち。
>>664


いちいち相手の顔色うかがって嫌われないようにして、自分の聞きたいことを聞けないなんて私は絶対無理…。
((脳内で想像してか上記言い終われば目を瞑って顔を左右に振り。相手の言葉耳に入れば目を丸くし驚いた表情で相手見『…ま、まるで先がもう長くないという老人のようだな…。そんなこと言うな…“ 死 ”なんて考えるなよ…。』赤く染まった頬は一瞬にして戻って悲しげな表情うかべては眉間にしわよせ、そう述べて。『…すまん…な。
…あ、ありがと……?』何を言えばいいかわからず、一応お礼してみて。
>>665


…冗談立ったんだが……。
((相手の態度に苦笑いうかべては頬掻くもま、いいか、なんて、鋭くつっこむことはなく『…それはそうと、あのようなきのこを食べようとは正気ではないな…、腹が減っていたのか…?』などと褒めていたのもつかのま、“ 正気ではない ”と本当にお腹が空いていたからか結論がでていないものの少し失礼な言葉口にして。
>>667

671:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/29(火) 20:09 ID:6ck

俺が優しい、か…。理解は出来ないがありがとな(相手が自分を優しいと言えば首を傾げながらも、少し間を空け相手をチラッと見ながら相手にお礼を言って)

>>666


ティティ、急ぐ必要などない。一気に家まで飛ぶからな、しっかり掴まっててくれ(相手が腰を屈めばその横に止まり相手の手をガシッと掴めば上記を言って。どうやら風の魔法でそのまま家まで飛ぶ様で)

>>667


そ、それはそうだが…俺はリルギナに嫌われたくない(相手の意見を聞くと下を向きながら力のない声で左記を言って。相手の表情を見れば「すまない、な…。なるべく長生きする努力はしたいと思う」と相手から顔を逸らしながら言って。相手からお礼言われれば「な、何故礼を言うんだ…?」と首を傾げながら左記を問い掛け)

>>670

672:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/29(火) 20:33 ID:snQ

>>661 セラ
えっ? あ、いや……何の魔法を使うのかなって。
(相手を呼び止めてしまったと思って少しうつ向き、箒をいじりながら少し早口に応えると、眉を下げた顔を上げ


>>662 アリス
い、? いや、いいって!
……俺が変なことしてたんだし。
(相手の反応にテンパって、おろおろと様子を伺い、泣いたのは自分のせいだと解ると苦笑しながら言って。


>>667 ティティ
へぇ〜。 他種族の人、初めて見たんだぜ……
(見慣れない耳とその動きを食い入るように見つめ、本当に付いているのだと解ると、ぽつりと呟いて

673:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/29(火) 20:45 ID:6ck

そんな顔しないでくれ、別に急いでいたわけじゃないしな…(相手の表情を見れば相手に気を使わせてしまったと思い少し申し訳なさそうな表情をしながら左記を言って、相手の問いには「風…。風だ、俺の魔法は」とあまり言いたくなかった様だが一応答えて)

>>672

674:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/29(火) 20:59 ID:snQ

>>673 セラ
そ、そうか…? なら、良かったんだけど……
風、かぁ。 んー…… 良かったら、何かして見せてくれたりするか……?
(急いてた訳じゃないと聞くと、少し安心したのか顔を綻ばせ、自分とは違う属性の魔法と聞いて見たいなと思い

675:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/29(火) 21:14 ID:6ck

な、なにか…と言われてもな(相手に何かして見せてと言われれば唐突な質問に少し焦り上記を呟いて「お、お前から先に見せろ」と考える時間を稼いで)

>>674

676:シロ・アルバート◆JI:2014/07/29(火) 21:53 ID:BhU




(/最近来れなくてすみません!!本当勝手なんですけどレス蹴らしてもらいますもしよければ絡み文に絡んでいただけると幸いです、)


んー今日は本当晴れてて幸せ〜

(雲一つないかんかん照りの晴天の空の下、ベンチに腰掛ければ先ほどコーヒーショップで買ってきたホットのブラックコーヒ飲みながら凍えなくていいということは本当に素晴らしいとつぶやきながらほのぼのと本を読んでいて、)


>>ALL様

677:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/29(火) 22:02 ID:6ck

ん、アイツは確か…(一人で家にいても退屈なため暇潰しにと外へと出て暫く歩いたところで以前本を貸してくれた相手を見つけ相手へと近付くと「また会ったな、え、えーと…」と名前を呼ぼうとしたが、まだ名前を聞いていなかった為目線を逸らし困った表情をしており)

>>676

678:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/29(火) 22:05 ID:snQ

>>675 セラ
えぇっ!? あ、う……わかった。じゃあ……昔作ったやつを。
(自分にまわってくると思って無かったのか、自分を指して驚いたが、自分から聞いたのだからそれもそうだと思い、キョロキョロと見渡すと枯草の山を見つけ

すー、はー…… よし、じゃあやるぞ!
(枯草の小山に向き直り深呼吸すると、威勢良くそう言って。
腕を下に垂らし、あやとりをするように指先を内巻きに動かしながら目の前まで持っていくと、火種を抱えた茨がまとわりついてきていて

…… ローズブラーーストっっ!!
(手首同士を合わせて勢い良く前へつき出すと、炎を纏った茨が噴き出し、花開くように四方に茨を広げると枯草を包み込むようにして燃え盛り

679:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/29(火) 22:11 ID:snQ

>>676 シロ
【絡ませていただきます!←】

ふんふふん、ふ〜 よっ……とお、っ!?とと……
(空から鼻唄混じりに箒で地面に降りてくると、着地時につんのめって慌て、止まると肩を落として帽子の位置を直し、コーヒーショップ屋に駆け寄って「ええと……ミルクティー、アイスで!」と注文しており

680:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/29(火) 22:11 ID:6ck

す、凄いな…、なにもそんな凄い技を見せてくれなくてもよかったんだが(相手が迫力のある技を出してくれば驚いた表情をしながら左記を言って、内心「こんな迫力のある魔法見せられたらやりづらい…」なんて思っており)

>>678

681:ティティ ◆R.:2014/07/29(火) 22:24 ID:qWY




え、へへ…実は、3日くらい何も食べてなくて、

( 相手の苦笑いにも気付くことなく、勘違いしたままその話は終わったようで。相手からそう問われると、少々言いづらそうにへへ、と薄ら笑いを浮かべながら上記言って、恥ずかしそうに「だから、すっごくおいしそうに見えたんだよねー」なんて付け足して。 )
>>670:リルギナ



え、なにそれ、!

( え、と驚いて後ろを振り向いて。毒に犯されている状態ではあるものの、空を飛ぶなんて初めてなものだから、少し期待混じりに屈めていた腰を上げ、言われた通り相手にぎゅっと掴まって。 )

>>671:セラ


ほんと?えへへー、

( 初めてだなんて言われたものだから、なんだか得意気な気分になってきたようで。くふくふと笑いながら尻尾をぱたぱたと振って「尻尾もちゃんと動くんだよー!」なんて得意気に主張してみせて。/ )

>>672:クレオメ



( /レス蹴り了解です、ゞ
絡ませて頂きますね、! )

ああああ暑い…!

( 一方此方はこの炎天下に悩まされているようで。尻尾も元気なくふらふらとそこいらを歩いており。そこでふと視界に入った相手がなんとも幸せそうにホットのコーヒーなんて飲んでるものだから、「君、暑くないの!?」なんて驚いたように尋ねて。 )

>>676:シロ

682:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/29(火) 22:34 ID:6ck

そ、そんなにくっ付くのか…(相手がぎゅっと掴まってくればこんな状況にも関わらず大好きな動物にくっ付かれて少しおどおどとしており)

>>681

683:ティティ ◆R.:2014/07/29(火) 23:05 ID:Whc




ごめん、ほんとはリルギナちゃんが良いだろうけど、ちょっと我慢してね、!

( そういえば相手と彼女についての関係を先日伺ったことを思い出し、からかい混じりに上記言ってみるも此方としては命が懸かっているので気を抜くことは少しも許されない様で、謝りつつも掴んだ手はそのままで。/ )

>>682:セラ

684:参加希望:2014/07/29(火) 23:53 ID:HoM

参加希望です!

685:Fantasia . ◆R.:2014/07/30(水) 00:08 ID:84s



( /ありがとうございます、pf提出お願いします(*^^*) )

>>684

686:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/30(水) 07:38 ID:snQ

>>680 セラ
そ、そうか……? って、え? あ……。
そうなのか!? わ、悪い…親にしか見てもらってなかったから、そのっ加減が解らなくて、変なの見せらんねぇなって……!
(誉められて嬉しくはあったが、簡単なもので良かったのだと知ると、頭を下げて涙声で弁論をして

>>681 ティティ
わぁ〜、本当だ! いいなぁ、可愛くて。 ええと…… ねこ?
(尻尾の動きを見ては、また明るい声を上げて、耳と尻尾を交互に見ては、何の種族なのだろうと思いながら

687:アリス◆8c:2014/07/30(水) 08:43 ID:Tpg

はは....。
((励ますためにテキトーに言った、嘘を相手はすっかり信じてしまったようで、今度は逆に自分が罪悪感を感じていて。
>>669 ティティ


苦い、苦い...。うえええ。
((ビンの中身の苦い液体はやたらと苦い物で、後味が口から離れず暴れまわっていると、今度はクッキーが足元に現れ、
"これじゃまるで、おとぎ話だよ..."なんて呟いて。
>>670 リルギナ

......?
(("理解はできない"なんて言われれば、不思議そうな顔して、首をかしげ、"んー?"なんて呟いてみて。
>>671 セラ•リンクス


ごめんなさい....。
((まだ罪悪感を感じていて、うつむきながら、上記述べ、"怒ってないの...?"なんて涙目で聞いてみて。
>>672 クレオメ•ローズマリー


【絡ませていただきまふ...。】

あっ ! この前の魔法使いだ...。
((水筒にお茶を入れて、散歩していたら、この前木の下で会った人が、偶然にも居たものだから、"ねーねー"なんて言って、相手の方へかけていき。
>>676 シロ•アルバート

688:リルギナ◆HY:2014/07/30(水) 09:05 ID:OD.


私がセラを嫌うことはない…。
((相手の言葉にため息ついては、相手の顎くいっ、と上げ自分の方へ向ければ上記述べて。相手の言葉を耳にするも、言葉の意味を上手く理解することができないようで『…私は今の状況が全く理解できない……。』なんて、震えた声で述べて。相手に問われれば『…え、っと…あー、なんとなく…?』なんて、苦笑いうかべつつ述べ。
>>671


やはり森の方が涼しいな……。
((何をしに来たか森から出てきたのは良いものの、木などまともにたっているところはなく怠そうに上記述べつつふらふら、と歩いており。時おり歩いている人がさす日傘の中に入っては、なんとか日かげをみつけ移動していて。人通りの少ない道を進んでいたものの、何やら飲み物を口にしている者がいたため近づいて行き。
>>676


そうか…。
((自分の思っていたことが見事当たったため、ニッと笑みうかべるも上記述べては『…そこら辺の木の実でも良かったと言うのに…。森の中だと食べ物など沢山あるだろ…?』なんて、呆れたように述べ。近くの大きな木へ近づいては見上げ『…木の実がある…。腹が減ったのなら自分で取ってこい。』などと上指差して。
>>681

689:リルギナ◆HY:2014/07/30(水) 09:15 ID:OD.



……はあ…。
((ボトルからクッキーが現れるまでの一部始終を見終われば深いため息ついて。『…もう付き合ってられない…。何が迷宮だ。』なんて呟いては再び扉を物凄い勢いで蹴り出して。『…結局は見つからないんでしょ…、鍵。』などとだいぶ諦めた様子をみせて。
>>687

690:アリス◆/s:2014/07/30(水) 09:36 ID:xow

食べよ...。
((目の前に現れたクッキーを食べてみる。すると、クッキーの中に鍵が入っていて、"うわああ、なにこれ ! ?"
なんて大声出して。
>>689 リルギナ

691:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/30(水) 11:38 ID:6ck

な、な、何故それを知ってるんだ⁉︎(相手の発言を聞くと驚いた表情をしながら左記を問い掛け、あまり時間もないので答えを聞かないまま魔法を使い、下から強風が吹きそのまま勢い良く浮いて)

>>683


何故謝るんだ?あんたの魔法は素晴らしいと思う、だから自信持っていいと思うぞ(相手が頭を下げれば首を傾げ不思議そうな表情で上記を述べて「そもそも加減をしろなんて言ってなかったしな」と目を瞑りながら呟いて)

>>686


あ、いや…気にしないでくれ(相手の表情を見ては少し慌てながら左記を言って「それより、この動物たちを戻す方法もあるのか?」と少し気になった様で問い掛けてみて)

>>687


リルギナ…ありがとう

692:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/30(水) 11:45 ID:6ck

【すいません、途中で書き込んじゃいましたっ】

リルギナ…ありがとう、嬉しいよ(相手からの返答を聞くと一瞬驚いた表情をするが、すぐ様笑みを浮かべれば上記を言って。相手の発言を聞けば「気にするな、大したことじゃない…」と苦笑いをしながら相手を見て。相手がなんとなくと言えば「それじゃ、俺もなんとなく…どういたしまして、とでも言っておこうか」と微かに笑いながら左記を言って)

>>688

693:アリス◆/s:2014/07/30(水) 16:28 ID:JyY

ありますよ!
((戻す方法を聞かれれば、今度は、違う笛を出して、思いっきり吹いてみて。
すると、先程まで、大量にいた、動物たちが、ぞろぞろと帰って行き。
>>691 セラ•リンクス

694:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/30(水) 18:04 ID:snQ

>>687 アリス
? 当たり前だろ、どうして私が怒ることになるんだ?
(怒ってないかと聞かれれば、原因となるようなことは何もなかったので、不思議そうにきょとんとして

>>691 セラ
……。 それなら、……良かったんだぜ。
(ぽかんとした顔を上げると、ふっと緊張がほぐれて笑い、腰に手を当て、明るい声で少し得意気に言い

……あっ! ひ、火ぃ消さないとぉっ!!
(ハッとして枯れ草が燃えたままだったことを思い出し、慌てて駆け寄って踏みつけはじめ

695:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/30(水) 18:20 ID:6ck

なるほど、戻す方の笛もあるのか…(相手が笛を吹き周りにいた動物たちが帰って行くのを見ると感心した様に左記を述べては「なかなか便利だな…」と呟いて)

>>693


い、意外とおっちょこちょいなのか…?(慌てて火を消しに行く相手をその場で立ち止まったまま眺めていると、首を傾げ苦笑いをしながら左記を呟いており)

>>694

696:アリス◆/s:2014/07/30(水) 19:19 ID:dTg

ううー...。
(("どうして私が怒る事になるんだ?"なんて言われれば、困ったような顔で唸って、相手見上げ。
>>694 クレオメ•ローズマリー


でも、不便な所もありますよ...。
((苦笑いしながら、上記述べ、"前に、戻す笛と、呼ぶ笛を間違えて、動物にもみくしゃにされました..."なんて、言って。
>>695 セラ•リンクス

697:クレオメ・ローズマリー:2014/07/30(水) 20:45 ID:snQ

>>695 セラ

あぁ〜もーっ! もっと水魔法の勉強しとくんだったーっ!! あヅっ!?
(火を消しながら自分の不勉強を悔いて泣き言を言い、勢いに任せて最後に手で叩き消したが、当然火傷をして

>>696 アリス
え、あ…… も、もしかして……俺、怖かったか?
(自分の方を見てくる相手に、もしかしたら先程の大声に驚いたのかと思い、自分を指して

698:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/30(水) 21:00 ID:6ck

フッ、少し羨ましいが…それは大変だっただろうな(相手の発言を聞くと笑みを見せながら左記をボソッと呟き「その笛ってどこで手に入るんだ?」と首を傾げながら左記を問い掛けて)

>>696


だ、大丈夫か?(相手が火を手で消し火傷をすれば急いで相手に駆け寄り「ちょっと手を見せてみろ」と言いながら相手の手をグイッと引っ張り)

>>697

699:クレオメ・ローズマリー:2014/07/30(水) 21:10 ID:snQ

>>698 セラ
ふぃー、消えた消えた……っえ゛っ!? え、ちょっち待て待て!これくらい放っといても治るから……!
(ようやく消えて、満足気に身体を起こしたが、いきなり手を掴まれて動揺し、顔を赤くしてあいてる手を横に振り

700:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/30(水) 21:41 ID:6ck

いや、早めに冷やしておかないと…(相手が放っておいても治ると言えば首を横に振り左記を述べて、相手の表情を見れば「どうした?顔が赤いが…熱でもあるのか?」と少し心配そうな表情をしながら問い掛けて)

>>699

701:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/30(水) 21:46 ID:snQ

【700おめです!!!('ω' Ξ 'ω' Ξ 'ω')】

>>700 セラ
や、でも今水とか氷とか無いし…… はあっ!?それは、たっ……多分!火の近くに居たから暑かったんだ、うん!大丈夫大丈夫……
(言い訳を考えて反論していたところ、顔色を指摘されて火の熱のせいだといって何度か頷き

702:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/30(水) 21:56 ID:6ck

確かに…だが本当に大丈夫なのか?(相手が水や氷がないと言えば頷き、心配そうに左記を問い掛けて。相手が火の近くにいたせいだと言えば「ん…、確かに熱はなさそうだな」と相手の額に手を当てながら左記を呟いて)

>>701

703:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/30(水) 22:29 ID:snQ

>>702
まぁちょっとヒリヒリするけど……大した事じゃないって!

あ、当たり前だろ……炎の魔女なのに熱に負けるとかお笑いだろ……
(少し腕をさすったが、大丈夫だと笑いかけて、熱は無さそうと言われて、赤い顔を冷まそうと冷静になって

704:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/30(水) 23:04 ID:6ck

そう、か…ならいいが(相手が大丈夫だと言えば少々気にはしていたが火傷のこと気にしないことにして。相手の発言を聞けば「フッ、確かにな…」と笑いながら左記を呟いて)

>>703

705:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/31(木) 06:35 ID:snQ

>>704 セラ
お、おう…… あ。 お前の名前って何て言うんだ?
やっ、火傷はセーフだよな!!
(相手に気を使わせるのも悪いので、話題を変えようと名前を聞き、確かにそうだと言われれば、火傷セーフ等と同意を求めて苦笑いし

706:リルギナ◆HY:2014/07/31(木) 08:50 ID:UqM


………、
((ちらっ、と相手見るもその様子に気づかなかったようで『…なんだ…、大きな声を出すな…。…クッキーから鍵が出てきた訳でもあるまいしな…。』などと、述べており。壁を蹴る足はとまることはなく。
>>690


…なんせ私は大好きなのだからな…。
((相手の言葉耳に入っては、ふいっ、と顔背けるも上記述べて。此方もこたえるように相手見るも『…気にする…、気にしないわけがない、あんなこと急に言われてっ……。』なんて、いつもの口調とはだいぶ違うものの、強ばった表情しつつも涙目で。自分にあわせてくれる相手見ては『…セラは全く私と違うな…。ある意味優しい…。』などと、笑みうかべ。
>>692

707:アリス◆/s:2014/07/31(木) 09:06 ID:fnQ

怖い訳じゃ.....
(("怖かったか ?"なんて聞かれれば、上記述べ。後から付け足すように、"私、悪いことしたのかなあって..."なんて、
申し訳なさそうに言って。
>>697 クレオメ•ローズマリー


売ってるんじゃなくて、作るんですよ。
(("どこに売っている?"なんて聞かれれば、笑顔で上記述べ、"あっ、今度、作りましょうか?"なんて、相手に問いかけてみて。
>>698 セラ•リンクス


い、いや、かかか鍵が.....。
(("クッキーから、鍵がでてきた訳でもあるまいしな.."なんて言われれば、慌てて上記述べ、"これ!これ!"なんて言えば、相手に鍵見せて。
>>706 リルギナ

708:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/31(木) 13:08 ID:snQ

>>707 アリス
ん、お前は……何も悪いことはしていないぞ?
(少し予想外だったのか首をかしげてそう言うと、申し訳なさそうにしている相手ににっと笑いかけて

709:セラ・リンクス◆Oc:2014/07/31(木) 14:55 ID:7Ug

ん…?セラ・リンクス(相手から名前を聞かれればボソッと自分の名前を呟いて。相手に同意を求められると「セーフ…ということにしといてやろう」とクスッと笑いながら左記を言って)

>>705


ストレートに言われると照れてしまうな…(相手から大好きだなんて言われると頬をぽりぽりと掻きながら左記を呟いて。相手の表情を見れば「本当になんでもないんだ…、だからそんな顔するな」と無理に笑顔見せれば相手の頭をぐしゃぐしゃと撫でて。相手の発言を聞くと「リルギナだって優しいだろ?俺は優しくされたのはリルギナが初めてだったんだからな…」と首を傾げながら左記を述べて)

>>706


つ、作るのか…(相手からの返答を聞くとガクッと肩を落とすが、相手が作ろうかと問い掛けてくれば「ぜ、是非お願いしたい」と相手の手をぎゅっと握りながら左記を言って)

>>707

710:リルギナ◆HY:2014/07/31(木) 15:48 ID:UqM


…鍵!?
((壁しか視界に入っていなかったために気づかなかったものの、鍵を目にしては大きな声で上記述べ。「…でかしたっ、アリス!」なんて、興奮していたからか相手の背中を強めに叩いてしまい。どちらにしろ鍵は見つかったとたいして気にしていないためか、鍵穴に鍵をさすこともせずただ、喜んでいて。
>>707


私だって同じだ…。セラはいつもストレートに言ってくるからな…。
((苦笑いうかべつつ上記述べれば『…ま、まあ…少しは恥ずかしいが…嬉しいからいいんだけど…。』なんて、目線泳がせつつ述べ。頭撫でられるも聞いてしまっては、落ち着くはずもなくそわそわしていて。相手の言葉耳に入っては『…ありがと…、でもセラの方が私の何倍も優しい…。』なんて、嬉しそうに笑みうかべ、述べて。
>>709

711:アリス◆/s:2014/07/31(木) 16:50 ID:tIg

....そうなの..?
(("何も悪いことはしていない"なんて言われれば、戸惑った表情し、上記述べ。"なら、良いんだけど...."なんて言って。
>>708 クレオメ•ローズマリー



えっ、あっ、はいっ !
((いきなり手を握られれば、"うえいっ ! ?"と変な声を出し、言葉の意味が分かれば、上記述べ。
>>709 セラ•リンクス

ごふっ !あはは....。
((背中を叩かれれば、咳き込み、苦笑いをする。後から、"鍵さしますよー"なんて言って、ガチャガチャと
鍵穴をいじり。
>>710 リルギナ

712:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/07/31(木) 17:12 ID:snQ

>>709 セラ
ふ〜ん……セラ、か。 俺はクレオメ・ローズマリーだ、ええと……宜しくな、セラ!
(相手の名前を頭の中で復唱しながら頷くと、自分の名前を言って、ちょっと迷ってから手を差し出して、セーフと言われればホッと溜め息をつき


>>711 アリス
お、おう。 えっと、お前も……魔法使い?
(歯切れ悪く同意すると、相手をじーっと眺めながら、魔法使いなのかと聞きだして、首かしげ

713:アリス◆/s:2014/07/31(木) 20:13 ID:vnU

違うよ!私は白い狼!
((にっこり笑い上記述べれば、"ぽわん"という効果音つきで、白い狼の姿になり、相手を見つめ。
>>712 クレオメ•ローズマリー

714:クレオメ・ローズマリーaj4:2014/07/31(木) 20:36 ID:snQ

>>713 アリス
白い狼……?? ぅわ、っ!?
(白い狼と聞いて首をかしげたが、効果音に驚いて腰を抜かすと、「痛たた……」と腰をさすり、目の前に現れた狼に「え……?」と口をあけ

715:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/01(金) 00:40 ID:7Ug

フッ、俺は本当のことを言ってるだけだ…(相手にいつもストレートに言ってくると言われると目を瞑りながら左記を言って「それにリルギナの反応も面白いしな…」と悪戯っぽく笑いながら呟いて。相手の様子をじーっと見ては「気にしすぎだ、俺はリルギナの前からいなくなったりしないさ」と相手を落ち着かせる様に左記を言って。相手の発言を聞くと「ど、どうした?今日のリルギナはやけに素直だな。最初は不機嫌だったが…」と顔をグイッと近付けては首を傾げながら左記を呟き)

>>710


こ、これでいつでも動物たちと…(相手から了承を得ると幸せそうな表情で左記を呟いては「そう言えば、その笛で狼は寄ってこないのか?」と気になったことを問い掛けてみて)

>>711


あ、あぁ…よろしく、な(相手の名前を聞き相手から握手を求められると少しぎこちないが此方も手を前に出し相手の手をぎゅっと握って)

>>712

716:参加希望:2014/08/01(金) 07:40 ID:HoM

(遅くなりました、>>684のものです

名前…サラ・リヴィア
性別…女
年齢…17
性格…あまり女の子らしくない。わりと明るくて、優しい。
容姿…腰くらいまでの白に近い金髪を、右に寄せた一つの三つ編みにしてる。目は透明な水色。服装は少しフリルがついている白ブラウスに、少しゆるめの膝までの黒ズボン、黒のショートブーツ。
属性…氷。氷を飛ばす(操る?)だが、ごくたまに相手を氷づけにする。後の方は、通常の魔法より疲れるので、できる回数が少ない。
備考…一人称が僕。二人称は貴方、〜さん、呼び捨て。
一人称が僕ということに特に深い理由はない。「私」で喋るのが何となく嫌で、かといって「俺」も嫌だから。

「Fantasia!」

(不備があれば…
名字は分からなかったので名前サイトから良さそうなのを選びましたw
あとロルって必ず40文字以上じゃないとダメですか??

717:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/01(金) 08:43 ID:snQ

>>715 セラ

へへ……やっぱ、嬉しいもんだな。
(手を握って貰えて安心したのか、ほっと肩を下ろし、小さな子供のように無邪気にわらって言い

718:アリス◆/s:2014/08/01(金) 09:08 ID:5XY

..........?
((相手が驚いて、腰を抜かすと、キョトンとして、首をかしげて、狼の姿のまま、"大丈夫?"なんて問いかけて。
>>714 クレオメ•ローズマリー



んー?、頭の良い狼は寄ってこないけど、私みたいに馬鹿な狼は寄ってくると思う...。
(("狼は寄ってこないのか?"なんて聞かれれば、しばらく考えこんで、上記述べ、後から、"大丈夫...だよね.."なんて呟いて。
>>715 セラ•リンクス

719:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/01(金) 09:36 ID:snQ

>>718 アリス

ああ……。 えっ、その声……さっきの女の子?
もしかして……った、他種族なのか?
(狼が喋ったことも驚きだったが、声が先程まで話していた少女と同じ声だったので、より目を丸くしてしまい、他種族なのかと聞き

720:◆iE:2014/08/01(金) 09:40 ID:qZg


( /  狼人間さんで参加希望したいです。

>>主様

721:アリス◆/s:2014/08/01(金) 10:51 ID:5XY

....そうだよ !
((狼の姿から、人間の姿に戻ると、上記述べ。後から付け足すように、"私は狼人間!人狼だよ!"なんて言って。
>>719 クレオメ•ローズマリー

722:クレオメ・ローズマリー:2014/08/01(金) 10:56 ID:snQ

>>721 アリス
人狼!? わあ〜、変身できるんだ……!
あ、俺は魔法使いのクレオメ・ローズマリーって言うんだ。
(人間の姿に戻った時は先程よりは驚かなかったが、あまり見かけないので相手をじーっと眺めて、箒を担ぎ直して自己紹介し

723:アリス◆/s:2014/08/01(金) 11:12 ID:5XY

私は、アリスだよ!
((自己紹介されれば、自己紹介を返して。"クレオメ•ローズマリーか....."なんて呟けば、"ニックネームはマリーだね!"
なんて、勝手にニックネーム決めて。
>>722 クレオメ•ローズマリー

724:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/01(金) 11:26 ID:snQ

>>723 アリス
ま、マリー? はは、そんなふうにアダ名で呼ばれるのは……照れるな。
(自分の名前をアダ名で呼ばれて、嬉しいやら照れ臭いやらで頬を赤らめて頭をかきむしり

725:アリス◆/s:2014/08/01(金) 11:59 ID:5XY

あっ!そうだ!
((しばらく、"えへへ"と笑っていたが、何かを思いだし、上記述べれば、"自然は好きですかー?"なんて聞いて。
>>724 クレオメ•ローズマリー

726:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/01(金) 13:00 ID:snQ

>>725 アリス
ん、自然か? 好きだぞ!
賑やかな街も好きだけど、自然は安心できて落ち着けるし。
(自然が好きかと聞かれれば好きだと答えて、自分の家の周りや近くの街の事を考えながら話し

727:アリス◆/s:2014/08/01(金) 14:42 ID:Wgs

なら、良かった!
(("好き"という言葉が返ってくれば、にっこり笑って、上記述べ。狼の姿になれば、"背中に乗って!"なんて言って。
>>726 クレオメ•ローズマリー

728:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/01(金) 14:56 ID:snQ

>>727 アリス
え、ぇえっ!? いや、でも俺……多分重いし……!!
(相手の言葉に驚いて声が上ずり、そういうのに憧れはあるものの、体重や相手への不安や心配があり

729:アリス◆/s:2014/08/01(金) 15:41 ID:Wgs

だいじょーぶ !
((相手が"俺は重い"なんて言っていれば、上記述べ、強引に背中に乗せ、森の中を駆け抜けて、とある場所に向かい。
>>728 クレオメ•ローズマリー

730:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/01(金) 16:01 ID:snQ

>>729 アリス
へっ、ちょ……!? っ……!!
(乗せられると、不安や心配を気にしている間もなく、箒より気持ちいいかもしれないな、とか思いながら相手にしがみついていて

731:アリス◆/s:2014/08/01(金) 16:33 ID:EBk

どーですか?意外と良いでしょー!
((いつもは、知らない人とあまり喋らないのに、今日に限っては、良く喋るようで、楽しげな顔で、
森を駆け抜けて言って。
>>730 クレオメ•ローズマリー

732:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/01(金) 16:50 ID:snQ

>>731
お、おうっ! 森のいい匂いがするし…… ところで、どこに向かってるんだ?
(帽子を押さえながら前を見ていると、自然に笑顔になっていて、相手に何処へいっているのかと聞き

733:アリス◆/s:2014/08/01(金) 17:15 ID:EBk

蒼い湖!
(("何処に行くのか ?"なんて聞かれれば、上記述べ。しばらくすれば、その、湖が見えてきて。
>>732 クレオメ•ローズマリー

734:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/01(金) 17:21 ID:snQ

>>733 アリス
蒼い湖……? あ!あれかっ?
(蒼い湖と聞いて、そんな名前の湖あっただろうか……と思っていると、目の前に湖が見えてきたのでそれを指して

735:アリス◆/s:2014/08/01(金) 18:26 ID:evo

着きました!
((相手を下ろせば、人間の姿に戻り、湖見つめ、"きれいですねえ..."なんて言って、近くに落ちていた、葉っぱを、
水に浮かべ。
>>734 クレオメ•ローズマリー

736:リルギナ◆HY:2014/08/01(金) 18:43 ID:UqM


ふう…、疲れたな…。
((先程、ずっと壁を蹴っていたためか流石の彼女もため息ついては床に寝転がって上記述べ。大の字になり寝ていたものの、床を転がり始めて『…アリス…、なるべく早めにな…。今更、鍵穴に鍵がはまらないとか言うなよ。』なんて、笑みうかべつつ、ふざけて言ってみて。
>>711


…なっ、
((自分の反応が面白いと口にした相手見ては恥ずかしそうに頬を赤くしては上記口にし『…わ、私だって、本当のことを言っているっ。』なんて、何に対抗したいのかむきになって。相手の言葉耳にすれば『…本当…だな…、いなくなったら許さないから…。』なんて、少し安心した様子見せては目をごしごしと擦って。顔を近づけてくる相手見ては驚いたように目を丸くし、目のやり場に困ってしまったようで目線泳がせては『…え、えっと………、わ、悪い…?』などと、発言する言葉はいつもと同じもののだいぶ取り乱していて。
>>715

737:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/01(金) 18:50 ID:snQ

>>735 アリス
よ、っと。 おお……!
(相手の背から降りると、綺麗な湖に思わず感嘆の声を上げ、相手の横にしゃがんで水面を眺め、「そうだなぁ……」と微笑み

738:アリス◆/s:2014/08/01(金) 19:53 ID:UmA

んー.....、開いたっ ! !
((鍵穴から、ガチャッと、音が聞こえれば、上記述べ、扉を開ける。しかし、扉の向こうは、入って来たときと、全然違う、風景になっていて。
>>736 リルギナ


良いですよね!自然!
((手を広げて、上記述べれば、湖の回りを、クルクルと走り回り。3周目に入ったところで、バランスを崩し、湖にダイブしてしまい、溺れかけて。
>>737 クレオメ•ローズマリー

739:ふぁんたじあ、 ◆R.:2014/08/02(土) 09:17 ID:HSo




( /えーと…折角素敵なキャラさんなので、もう少し性格を詳しく書いてほしいかなー…なんて、
ほ、ほら、深みのあるキャラの方がきっとなりきりも楽しいですし(*^O^*) )

>>716


( /参加ありがとうございます(*^^*)
PF提出お待ちしております、! )

>>720



( /うへー、あまり来れなくてごめんなさい、;
レス蹴りさせて頂きます…最早置きレススレじゃない\(^o^)/ )

740:◆EQ:2014/08/02(土) 10:31 ID:qZg

( / え、えと…>>720の者ですっ……多分、!( こら、


名前 イネッジル ーinezziruー

年齢 1734歳( / 微妙…←

性別 ♂( /信じるか信じないかは貴方次d( ←

性格 天然だけど温厚で感情表現豊かで物静かな女の子らしい少年( /ェ
昔から、というか今でも男の子とは思えないほどかなりの引っ込み思案でひかえめでいつもおどおどしているような子 初対面の人だとまともに話すことができず、いつもこんがらがってしまう
何にたいしても鈍くて、覚えが遅い かなりストレートに言わないと伝わらなく、複雑な話(事)などは苦手
かなりの天然でドジ 何事も真面目に取り組んでいるも、今まで成功した物事などは少なく、なれてできるようになるまでには相当時間がかかる
いつも、笑顔でい、通常時は感情の起状はあまりないのだが、悩みごとを溜め込んでいたりしてくると泣いたり起こったりと少しばかり起状が激しくなる。
お人好しな性格が多々あるも、男の子なのに泣キ虫なためよく同族にバカにされるらしい。(

容姿 身長・体重 [ 155.7cm・54.9kg ]
身長は男の子ながらもやや小さく、「 チビ 」などと同族バカにされることが多く、心の中ではムキになるもペコペコすることが多く体重はやや重め。
薄いオレンジ色がやや多めに入っているやや濃いめの茶色がメインになってある髪色をしており、長さは首に届いているか届いていないかぐらいであるもののストレートにちょいと、とんがったくらいであるものの前髪はストレートにのばして右に寄らしており少々長めである。耳は髪とは違った焦げ茶色の耳であるものの内面の方はちょっとした濃いめのクリーム色であるらしい。
服装などは黒色のシャツを一枚着ており、白色のパーカー(チャック・フード無し。)の様な物を上に着ているも、肘の数cmくらいのばしており手首には届かないほどの長さに巻いている。ズボンなどはジーンズを着用しており、特に青と黒の様な定番色を好んであるものの時々深緑色を選ぶときも。ジーンズの上には耳と同じ色のふさふさと気持ち良いほど非常に触り心地の尻尾が着いている。靴などはあまり履いていなく、裸足の時が多めであるも時々ブーツの様なものを履くらしい。
顔立ちは童顔なところありつつも女の子らしい少々可愛いような顔をしており、女の子に間違われる。←

備考 イメージミュージック&イメージキャラクター(名前)「 <ボカロアルバムから引用> 」
一人称「僕」二人称「キミ.○○.様.さん.ちゃん.くん」
imagevoice「 まふまふ様 」
lines 「 お、女の子じゃないですからねっ!勘違いは……ふえぇ……すみません… 」←
狼人間

英語翻訳↓
imagevoice=イメージボイス(声)
lines=台詞

( /キャラクター想像していただければ、と思い↑を書かせていただきましたっ、!不備あればーっ、!

741:◆EQ:2014/08/02(土) 10:33 ID:qZg


( /お、おうふ…>>740
忘れておりました…「Fantasia!」

742:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/02(土) 13:26 ID:snQ

>>738 アリス
っ、う!? アリスっっ!!
(相手の姿を微笑ましく眺めていたが、湖に落ちて溺れるのを見ると反射的に空中から箒を取りだし、相手の名前を叫んで飛んでいくと、上から手をさしのべて「つかまれ、……早く!」と涙声になって言い

743:アリス◆/s:2014/08/02(土) 13:45 ID:pNE

わぷっー。
((相手の手に捕まろうとするが、自分の手が濡れているため、滑って上手く、掴めない。
しばらく、もがいていると、今度は、湖の下にある、長い草に足が絡まり、下に
引っ張られる。"ギャーギャー"と叫んでは、足を動かし。
>>742 クレオメ•ローズマリー

744:ふぁんたじあ、 ◆R.:2014/08/02(土) 15:11 ID:ZEE




( /可愛らしい狼さんの参加ありがとうございます、!
不備なしおっけーですので、絡み文投下お願いします(*^^*) )

>>740

745:イネッジル◆EQ:2014/08/02(土) 15:52 ID:qZg


( / 年齢変えてもいいですかねっ…?「1734歳」→「214歳」に変えさせていただきます、すみませんっ……!

746:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/02(土) 16:00 ID:snQ

>>743 アリス
うっ……く アリス! 大丈夫、俺が引っ張るから……
(相手が掴むのは無理だと思い、自分から相手の手首を掴んで、深呼吸すると「大丈夫だから……!」としっかりした声で

747:アリス◆/s:2014/08/02(土) 18:32 ID:AqM

あ.......ありがとう.....。
((引き上げてもらえば、咳き込みながらも、上記述べ。地面に、座り込めば、"うおえっ、苦じい..."なんて言って。
>>746 クレオメ•ローズマリー

748:サラ・リヴィア:2014/08/03(日) 00:39 ID:HoM

739さん

(/あー、すみません…性格書き直します

性格…女の子だが、普通の女の子っぽくない。あまり周りに流されず、サバサバしてる。でもわりと明るくて優しい。特に友達など信頼出来る関係になれば、その人のことは大切にする。社交的ではないが、知らない人に話しかけられたらちゃんと答える。基本的にあんまり怒らない。


(/性格書くのが苦手なもので…

749:リルギナ◆HY:2014/08/03(日) 11:14 ID:UqM



…、最悪…。
((鍵があったと喜んでいた彼女も扉の向こうの景色目にしては上記述べ、寝転がったまま黙りこんでしまい。「…せっかく……、鍵を見つけたのに…出れると思ってたのに…。」なんて、全く口調も違ううえにまるで自分が鍵を見つけたなどという口回しで呟く、キャラ崩壊状態に陥っており。
>>738

750:fantasia. ◆R.:2014/08/03(日) 16:34 ID:PeE


( /若返りましたね笑
勿論大丈夫ですよヾ(@⌒ー⌒@)ノ )

>>745


( /ありがとうございます(´,,•ω•,,)♡
お手数おかけしました、もう不備は無いので、絡み文投下お願いします、! )

>>748

751:リルギナ◆HY:2014/08/03(日) 20:23 ID:UqM



【上げますねー、!】

752:アリス◆/s:2014/08/03(日) 20:28 ID:bKg

.......わあ...。
((しばらく、扉の前でくたばっていたが、いきなり、ムクッっと起き上がれば、目を丸くして、上記述べ。
>>749 リルギナ

753:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/03(日) 23:12 ID:7Ug

【返信遅れて申し訳ないです…】


嬉しい…のか?(相手の無邪気な笑顔を見ると、首を傾げ不思議そうな表情をしながら左記を言って「俺には理解出来ないが…」と首を傾げたまま左記を呟いており)

>>717



フッ…まぁ、どっちにしろ狼なら大歓迎だがな…(相手の曖昧な返信を聞くと笑みを見せながら左記を述べて「勿論、お前が来てもな」と相手を見ながら付け足して)

>>718


そういう反応が面白いんだ(相手の反応を見てはクスクスと笑いながら左記を言って、相手が本当のことを言っていると言えば「そうか、ありがとな…」と言いながら相手の頭をくしゃくしゃと雑に撫でて。相手に本当かどうか問われれば「あぁ、約束する…」と小さく頷きながら左記を言って。相手の様子を見ては「いや、ただいつもと違うな、と思っただけだ」と相手をじっと見たまま左記を述べて)

>>736

754:アリス◆/s:2014/08/04(月) 08:44 ID:rfc

本当に動物が好きなんだねぇ.....。
(("狼なら大歓迎"という言葉を耳にすれば、笑顔で上記述べ。さらに、"勿論、お前が来てもな"なんて言われれば、
目を丸くして、硬直して。
>>753 セラ•リンクス

755:ティティ ◆R.:2014/08/04(月) 21:23 ID:84s



( /全く来れなくてごめんなさいヽ(;▽;)ノ
絡み文投下しますので、良ければ絡んでやってくださいな、! )


ふふふーん、!

( 天気の良い昼下がり、ふんふんと上機嫌に下手くそな鼻歌なんて歌いながらぶらぶらと森の中を歩いており。普段と同じく狼人間の姿なのだが、その右手にはふわふわと空中へ風に靡く赤い風船を持っており。 )

>>おーるさま、

756:クレオメ・ローズマリー◆R.:2014/08/04(月) 22:11 ID:snQ

>>747 アリス
はぁ、はぁ…… あ! だっ、大丈夫かアリス?水飲んだのか?!
(ぺたんと座って安堵したのも束の間、相手が蒸せたのを見て水を飲んだのかと思い、顔を伺い

757:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/05(火) 00:06 ID:7Ug

フッ、動物なら何が来ようと構わないさ…(相手の発言を聞くと当然といった表情をしながら左記を述べて、相手の表情を見ると「まぁ、冗談さ。気にしないでくれ」とクスリと笑いながら言って)

>>754


ん…、はっ!寝てしまっていたのか…(森の中にある大きな木に寄り掛かりながら寝てしまっていた様で、慌てて起き上がると見知った顔が少し遠くに見え「あれは、ティティ…だよな、何か手に持っている様だが」と暫く様子を伺っており)

>>755

758:リルギナ◆H2:2014/08/05(火) 07:48 ID:hPc



疲れる……。
((深いため息ついて上記述べ、ぐったりとした様子で床に寝そべっていたものの、急に勢いよく立ち上がれば深呼吸して。やっと先に進むかとおもわれたもつかの間「私は、帰る、!!」なんて、いい放ち来た道を戻ろうと歩きだすがドアの向こうが先程と違う景色だと言うことを忘れていたようで。
>>752


……、
((撫でられては少し嬉しそうに笑みうかべたものの、撫でかたの問題だったようで「か、髪が乱れる…。」なんて、呟いてみて。「…絶対だ。私も…そばにいる。」などと口にしつつも、少し恥ずかしそうで。相手に見られていることが気になるのか「そ、そうか…。」なんて、口にし顔そらして。話題を変えるように「セ、セラの瞳は綺麗なんだな…。」などと、少し目線戻しながら述べ。
>>753


……、なんだ…、?
((誰にも見つからないような森の茂みに隠れ狼の姿で昼寝をしていたようだがなりやまぬ鳥の声で目をさまして、茂みから少し顔を覗かせ辺りきょろきょろ、と見回していれば中に浮く赤い物体見つけて。どうやら彼女は興味をもった様子で目を輝かせては物体の方向に走り出したものの、まさか浮かせている主が相手だと思っていなかったようで急ブレーキかけて。
>>755

759:イネッジル◆EQ:2014/08/05(火) 08:49 ID:qZg


( / 参加許可、年齢変化、感謝です、絡み文投下させていただきますっ!


この木って僕にでも登れるのかなぁ……

( 誰も居ない森林で本をぼーっ、としながら読んでいたものの、近くにあった大きい木を何故かキラキラした瞳で見つめるものの本の続きが気になるものなのでじーっ、と本を見ているもののやはり木が気になるのか本に栞をはさんで近くに置けば、自分が木に登れないことを知っているためか木の幹をちょっとだけさわれば憧れのような目で木を見つめれば上記を述べて

>>ALL様、

760:アリス◆/s:2014/08/05(火) 09:00 ID:c2k


あっ!この前の!
((久々に散歩をしていたら、ふわふわと浮いている、赤い風船を見つけたものだから、風船の近くに来てみて。
>>755 ティティ


うん....、ちょっと、蒸せたかも....。
(("蒸せたのか?"なんて聞かれれば、咳き込みながらも上記述べ。後から付け足すように"大丈夫、大丈夫...."と
言っていたも、途中で、倒れてしまい。
>>756 クレオメ•ローズマリー


は、はい.....。
(("気にしないでくれ"なんて言われれば、上記述べ、不思議そうな表情で、首をかしげ。
>>757 セラ•リンクス


ねぇっ、ねぇっ、あれ!
((相手は疲れて、帰りたい素振りを見せていたが、彼女は、違ったようで、上記述べれば、目の前に広がった、
プールを指差し。
>>758 リルギナ

761:アリス◆/s:2014/08/05(火) 09:02 ID:c2k

何してるの....?
((見知らぬ相手が、何かをしているのを見つければ、不思議そうな顔で、上記述べて、駆け寄っていき。
>>759 イネッジル

762:リルギナ◆H2:2014/08/05(火) 09:04 ID:hPc



予想以上に暑かったな……。
((町中にでていたのか、ふぅ、と息をはいては何やら飲料水が入ったボトルを何本か抱えて、汗を拭いつつも森の中ぶらぶらと歩いており。あたりきょろきょろと見回しながら歩いていたも、見なれない相手を視界にとらえれば木を見つめていることに疑問をもちつつ首をかしげ、一旦足をとめたものの再び歩き出せば「何やってるんだー、?」なんて、少し大きな声出しつつも相手に問いかけてみ。
>>759

763:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/05(火) 10:18 ID:7Ug

リルギナも意外と髪とか気にするんだな…(相手が髪が乱れると言えば少し驚きながら左記を呟いて。相手の発言を聞くと「そ、そうか…ありがとな」と相当嬉しかったらしく少し間を空けながら左記を述べて。相手から瞳が綺麗だなんて言われれば「そうか?まぁ、きっと親もこんな瞳の色だったんだろうな」と瞳閉じながら左記を言って)

>>758


あ、暑い…あの木の下まで行って涼むとしよう(気分転換に外へ出て森の中を歩き回っていたが、あまりの暑さに耐えきれなくなり近くにあった木を目指し歩いていると見知らぬ顔が木の近くにいるのを見ると「見ない顔だな…それに木を見詰めている様だが、何かあるのか?」と不思議そうな表情するも左記を呟き、相手に近付き)

>>759


そ、それより…笛って直ぐに作れるものなのか?(相手の不思議そうな表情見ると少し慌てながら話題を変えようと話を少し前に戻し、首を傾げ左記を問い掛けてみて)

>>760

764:アリス◆/s:2014/08/05(火) 10:22 ID:YcQ

.......今、作りますか?
(("直ぐに作れる物なのか?"なんて聞かれれば、上記述べ、"作るなら、道具取って来ますけど..."なんて言って。
>>763 セラ•リンクス

765:ティティ ◆R.:2014/08/05(火) 10:37 ID:pYE




Σうぎゃああああ、!

( 遠くに相手の気配を感じた様で、声でも掛けようかな、なんてぱたぱたと尻尾を振りながらかけてゆき。すると運の悪いことに足元をはっていた毛虫に気付き、毛虫には多少悪い思い出があるためわたたたた、とふためいた拍子にびたーん!、と転んで。怪我なんて普段からしているから気にはしないものの、持っていた風船がふわふわと手から離れていっているものだから、大声を挙げて慌てて起き上がり。  )

>>757:セラ


あ、リルギナちゃん!、
みてみて、貰ったんだよー、!

( 走ってきたのにも関わらず唐突に急ブレーキをかけた相手の行動に目をしぱしぱさせて頭にハテナを浮かべたが、特に気にせず手をひらひらさせてやっほー、なんて軽く挨拶して。そうして手に持つ赤い風船がふわふわと風に靡けば、同調させる様に尻尾をふわふわと風に靡かせて。 えへへ、なんて笑みを浮かべると得意気に上記を言ってみせて。 )

>>758:リルギナ



なーにしてるのっ!、

( 木の幹に登り悠々と昼寝を謳歌していたところ、小鳥の囀りで目が覚めた様でうー!、と気持ち良さそうに体を伸ばして。さて何をしようかと覚醒しきらない脳をぼーっとしていると、下のほうからふと何か気配を感じて。何だろう?、と葉陰からそっと顔を覗かせると自分と同じく狼少年がいたものだから、ぱっと顔を明るくして木からぴょんと降りて話し掛けてみせて。 )

>>758:イネッジル


あー、きのこの子、!

( あの時の、と声を掛けられると思い出した様に相手指差して。どちらかといえば"きのこの子"と提唱されるのは自分の方だろうに、そんな事は気付いていないようで。ふわふわ空へ浮かぶ風船をみてみて、と言ったように靡かせると、笑みを綻ばせて「貰ったんだよー!」と得意気に話して。 )

>>760:アリス

766:アリス◆/s:2014/08/05(火) 11:49 ID:YcQ

キノコ...。
(("キノコの子"なんて言われれば、なんとも言えない顔をして、上記呟き、"これ貰ったの!"と言われれば、
"そうなんだー。"なんて言って。
>>765 ティティ

767:ティティ ◆R.:2014/08/05(火) 12:35 ID:84s



?うん、?

( なんとも言い難い表情をする相手に、何かしちゃったかなあ?、なんてまるで自覚無しの様で、不思議そうにこてりと首を傾げて。嬉々と糸を引き寄せ風船を抱きしめると、「浮くんだよ、すごいでしょー、!」なんて笑顔で言って。 )
>>766:アリス

768:アリス◆/s:2014/08/05(火) 12:46 ID:YcQ

.....うん..、浮くよ...。
((風船抱き締め、"うくんだよー"なんて、自慢げに言う相手を、真顔で見つめ、上記述べれば、付け足すように、"そんなに抱き締めると、割れちゃうよー"なんて言って。
>>767 ティティ

769:リルギナ◆H2:2014/08/05(火) 13:16 ID:hPc



プール…。
((声かけられるも驚くことはなく目にした光景を口にしただけで、たいして態度は変わらずで。「プールがあるから、泳いだからって出れる訳じゃないだろ。そんな迷宮あるものか。」なんて、あきれたように相手見ては、光景が変わることを期待して一回扉を閉めて。
>>760


思うほど私はそんなに、がさつではない。
((相手の言葉にむっ、とした表情うかべ不機嫌オーラだしつつも上記述べて。「反応が薄いと言った此方からしては恥ずかしいのだが…。」なんと返せばいいのかわからず目を泳がせていて。まさか相手が親族に関する返事を返してくるとは思わず「…すまん。」申し訳なさそうに謝って。
>>763


誰に貰ったんだ…、?
((“ 失敗した ”なんて、悔やんでいたのもつかの間、相手が口にした言葉耳に入っては少し考え始め風船をくれる人というものを彼女は想像できないようで、首かしげながらも上記呟くように口にして。しばらくして風船に再び目をやり「それ、浮くんだろ、?だったらその物体たくさん集めればお前、空を飛べるぞ。」などと、何をしたいのか笑みうかべてはそう述べて。
>>765

770:アリス◆/s:2014/08/05(火) 13:39 ID:YcQ

あああー、プールに入れば、扉があったかもしれないのにぃ..
((相手が扉を閉めれば、上記述べ。しばらく黙っていたが、時間が気になり、時計を探し始め..。
>>769 リルギナ

771:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/05(火) 17:18 ID:YYc

あ、いや…今度でいい、気になったから聞いてみただけだ(相手からの返答を聞くと手を横に振りながら左記を呟いて「道具取りに行くのも面倒だろうしな」と苦笑いをしながら左記を述べて)

>>764


な、何故あんなとこで転ぶんだ?(相手に近付こうと思った直後相手が此方に気付き近付いてくると急に転び首を傾げながら左記を呟いていると、相手が手に持っていた風船が相手から離れて行くのを見ると「何か手に持っていると思ったら風船だったのか…」とその風船を眺めたまま左記を呟いており)

>>765


そ、そうなのか、知らなかった(相手が不機嫌になっているのに気付くと小首を傾げ左記を呟いて。相手の発言を聞くと「わ、悪い…嬉しくてな」と少し慌てながらも左記を述べて。相手が謝ってくると「な、何故謝るんだ…?」と少し驚きつつ、不思議そうな表情をしながら左記を問い掛け)

>>769

772:イネッジル◆EQ:2014/08/05(火) 17:39 ID:qZg


ふえぇっ、!え、えと…あの…ですね、この木に登れるかどうか気になってしまって……す、すみません…

( 見知らぬ相手が自分に駆け寄ってきながら何かを問いかけられたためか、相手が怖いのかわからないが、大きなリアクションをしながら驚いておればさささっ、と相手から少々離れれば手を何故かもじもじさせておれば上記を若干震え気味の声で相手をチラッ、チラッと二回ほど見ておれば述べだして

>>761

う~ん……届きそうな気がするんだけど…やっぱり無理かなぁ、

( 幹を触っていた手を一旦離せば、木の周りをぐるぐると何回か回っておればじーっ、と見ながらも届かないかもしれない、と心の中でちょっとだけ思えば一回ため息をついて上記をぽつり、と悲しそうにつぶやけば相手の存在に気付かないまま木を見ていると後ろから少々大きめな声で自分に問いかけてくる声が聞こえたものなのでそーっ、と後ろを振り向くと自分と同じ狼人間がいるもので一応問いかけには答えた方が良いと思い、『えと…こ、この木に登れるかどうかと……す、すみません…』小さくそう呟けばぺこぺこ、としはじめて

>>762

773:リルギナ◆H2:2014/08/05(火) 18:33 ID:hPc



馬鹿言うな…。
((相手の発言に苦笑いうかべては人指し指で相手の額を押して。「…いつ、開ける、?今すぐ、?10秒、?100秒、?」なんて、質問したのはいいものの10から100までの間がなく、彼女は面倒くさいからとばしたようだが選択肢は“ 今すぐ ”か“ 十秒 ”か“ 100秒 ”の三つしかないようにも思え。
>>770


……まあ、いいよ。
((相変わらずむっ、とした顔で頬ふくらませつつも「男だから分からなくて当然か。」なんて、あっさり許して。少し慌てる相手目にしつつも、「…そ、そうか。…嬉しい…か。」なんて、相手が嬉しいと感じることをまたひとつ学んだようで。「い、いや…、このような話は…、」などと、いいかけるも「じゃあ逆に、セラはこういう話…していいのか、?」なんて、問いかけられたにも関わらず、こちらからも問い。
>>771


変な奴…。
((“ すみません ”などと、何故か謝罪の言葉を使う相手見てはしかめた顔をし、相手の態度を見てからの一言は酷いもので、しかめた顔すれば上記呟くも「…登れるだろ、お前も私と同じ種族なのだからな。」なんて、相手と接する気はあるようで。また、“ 変な奴 ”などと呟いたのにはもうひとつ理由があるらしく、狼人間は身体能力のいい種族な為“ 登れるかどうか ”というその言葉は意味不明としか認識することができないらしく、引っ掛かってしまったようで。
>>772

774:ティティ ◆R.:2014/08/05(火) 23:20 ID:84s



知ってたの!?、

( 真顔である相手とは対照的に、目をぱちぱちさせて驚いて。どうやら風船が浮くのは魔法か何かかと信じていた様子である。ぎゅーっと抱きしめていたが、其れを聞くと「え、やだやだー!」と慌てて風船からパッと手を離して、すると糸ごと離してしまったのか、ふわふわと風船が空の彼方へ向かおうとして。/ )

>>768:アリス


んー、知
( ふむ、と首傾げて差出人を思い出そうと試みたが、風船にばかり目が行っていた為相手の顔を覚えていなかったらしく、なんだか適当な答えを寄越して。相手の其れを聞くとぱっと瞳輝かせ、「えっ、なにそれ
やりたい!」なんてぴょんぴょん飛び跳ねてみて。 )

>>769:リルギナ

どどど、どうしよー!、

( 慌てふためいているものだから、相手の呟きは耳に入らなかった様で、どんどん高く空へ向かおうとする風船へえいえいっと飛び跳ねたりしてみるも当然届かなくて。そうして絶望的な瞳で相手見やり、えへへ…なんて乾いた笑み浮かべて。 )

>>771:セラ


登れば良いじゃん!、

( やけに自身なさげだったりやたらぺこぺこ謝っている相手に、不思議そうにこてりと首傾げて。自分が登っていた木は普通に登れる様な高さであるが、幾分か小柄である相手にとっては大きく見えるのかなあ、なんて思ったらしく、「あんまり大きい木じゃないし、大丈夫だよ!」なんてへらりと笑いながら言ってみせて。 )

>>772:イネッジル

775:サラ・リヴィア:2014/08/06(水) 07:40 ID:FVc

>>750

はい、分かりました、絡み文です


暇だなぁ…誰か何かしようよ…(屋外に出てみれば左記を言い、軽く欠伸をし。誰もいないのが分かっているが、誰かいることを期待し、辺りを見回してみるが、誰もいない。はぁー、何で誰もいないんだろう…とため息まじりに、小さな尖った氷を一つ放ってみて。

776:ティティ ◆R.:2014/08/06(水) 12:34 ID:84s




狽、ぎゃっ、!

( ふんふんふーん、と下手くそな鼻歌なんて歌いながらそこここをぶらぶらと散歩しており。天気の良い日なものだから、丁度良く降り注ぐ太陽の光にうー!と気持ち良さそうに伸びをして。すると唐突に頭上から氷が降ってきたものだから驚いてピョッと軽く飛び跳ねて。幸い当たりはしなかったものの、何々!?とあたふた周りを見渡して。)

>>775:サラ

777:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/06(水) 17:07 ID:YYc

な、なんだ…今日のリルギナはやけに優しい…(いつもと違いあっさりと許してくれた相手じーっと見ては左記を呟いて。相手の発言を聞くと「まぁ、な…嬉しくないわけがないが」と苦笑いをしながら左記を述べて。相手から問われると「あぁ、別に…?」と不思議そうな表情をしたまま左記を言って)

>>773


そんなに大事なものなのか?だったら…(相手の表情見ては離れて行く風船をじーっと見て、相手の大事な物だと思い風の魔法を使い風船を自分の方へと持って行き相手に近付き「ほら、これ…お前のだろ?」と相手に風船を渡し)

>>774


ふぅ、修行も終わったし…これからどうするか(魔法の修行も終わり退屈そうな表情をしながら歩いていると上から尖った氷が落下して来たのを見ては「誰かいるのか…?」と首を傾げながら左記を呟いて)

775

778:リルギナ◆H2:2014/08/06(水) 17:40 ID:hPc



……はあ、…
((相手の適当な答えかたにしかめた顔をするも上記のとおりため息ついては空を飛ぶことについて食いついてきた相手に笑みうかべるも「頑張れ、風船は自力で集めるしかないが、お前なら出来る。」なんて、言い出した本人は手伝う気もなく相手の肩へ両手ぽんっとおいてはそう述べて。

>>774


……、
((何故かびしょびしょに濡れた狼の姿でうつむきがちに歩いていれば、一歩踏み出した足もとの地面に恐らく相手が放ったらしい氷がささり、最初は突然のことで何があったかわからなかったものの、その氷見つめてはむっ、とした不機嫌な表情に変わり、辺りきょろきょろと見回して。

>>775


…そ、そんなに見るな。
((相手に見られていることに気がつけば両手で顔を隠しつつ上記述べて。相手の言葉にこくこくと頷きつつ「そ、そうか…。他には何かあるか、?」なんて、どうやら自分にされて嬉しいことを聞いているようで。自分が考えてるよりも然程家族の話は気にならないようで少し驚いた表情で相手見。

>>777

779: ティティ ◆R.:2014/08/06(水) 19:35 ID:84s



わわわわ、ありがとうー!、

( これではいけないなあ、なんて表情作ろうと頬をぐにぐにさせていると、自分の手元へ飛んでいった筈の風船が戻ってきて。驚いたように目をパチパチさせると、徐々に死んでいた瞳をきらきらさせ、わあああ、と歓声をあげて。)

>>777:セラ


え、ちょ、僕1人でやるの!?、

(顔をしかめた相手にえへへえ、と軽く苦笑いしてみせて。なんだかやる気のなさげな相手に、ええーっと不服げな声を漏らして。どうやら一緒に飛びたいらしく、しきりに「一緒にやろうよー!」と手をぶんぶんして。)

>>778:リルギナ

780:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/06(水) 22:03 ID:YYc

何を恥ずかしがってるんだ…?(相手が両手で顔を隠せば首を傾げ相手見たまま左記を問い掛け。相手から他には何かあるかなんて問われると「言っておくが、俺はリルギナと一緒にいられるだけで嬉しいんだ。何かしてくれなくたっていいんだぞ?」と微かに笑み見せながら左記を述べて。相手の表情を見ると「なんだ、そんな驚いた様な顔して」と不思議そうに相手見ながら左記を言って)

>>778


フッ、礼には及ばないさ…(相手からお礼を言われれば微かに笑いながら左記を述べて。その後、少し気になったのか「ところで、それどうしたんだ?」と風船をじーっと見ながら問い掛けてみて)

>>779

781:サラ・リヴィア:2014/08/06(水) 23:24 ID:FVc

>>776 ティティ

…あっ!(氷をはなった後、短く悲鳴が聞こえたので、誰かに当たったか、と心配そうに辺りを見回せば、相手がいて。近寄り
ごめん、大丈夫…?(相手に走って近寄り、申し訳なさそうな表情で、今の氷僕のです!本当にごめんね!と言いながら


>>777 セラ・リンクス

あれ、人いた!いないと思ったけど…ってごめん大丈夫?怪我ない?(相手の方に近寄れば人に気づき、さっきまで人の一人もいなかったので少し目を見開き、驚いたように。そんなことに気を取られていて、相手の心配をするのを忘れていて、気づいた途端に少し早口で焦ったように聞き

782:サラ・リヴィア:2014/08/06(水) 23:33 ID:FVc

リルギナ

あー、ごめんね!それ僕の!大丈夫!?(相手の方に走れば不機嫌そうな相手を見つけ少し青ざめつつ、とりあえず謝り、怪我をしていないか心配そうに聞き、本当ごめんね…ともう一度あやまり。

783: ティティ ◆R.:2014/08/07(木) 09:59 ID:84s



えっへへー、貰ったんだー、!

(さも大切そうに糸をたぐり寄せ、なでなでと愛でる様に丸い風船を抱き寄せて撫でると、くふくふと得意気な笑みを漏らしながら上記を言ってみせて。)

>>780:セラ


あー、びっくりした…、

(バクバクと鳴る心臓を押さえつけながら、ほーっと疲れた様にため息を吐いて。謝りながら近付いてきた相手に何か注意の1つでもするべきかとも考えたが、あまりにも申し訳なさそうに謝ってくるものだから、「んーん、全然大丈夫だから!」とわたわたフォローして。)

>>781:サラ

784:アリス◆/s:2014/08/07(木) 10:24 ID:oQ.

【最近来れなくて、すみません。レス蹴りさせていただきます。あと、明日から、一週間位、親戚の所に行くので、
書き込めないかもしれません。出来れば、ケータイ、PC等を借りて、書き込もうと思います。本当に申し訳ございません。】

785: fantasia.◆R.:2014/08/07(木) 10:29 ID:84s




(/了解しました╰(*´︶`*)╯)

>>784

786: ティティ◆R.:2014/08/07(木) 16:28 ID:84s


うー、暑い…(ぐてん、)
暇だし上げるねー、!

787:リルギナ◆H2:2014/08/07(木) 17:11 ID:hPc



は、はあ、!?やるわけないだろ。
((相手だけをはめようと思っていたものの、そう簡単にうまくいかないようで相手の言葉に動揺しつつも上記述べては「面倒くさいから嫌だ、私はやりたくない。」なんて、どうしてもやりたくないようで、やれない口実を作ろうと必死になっており。

>>779


そんなに私の顔を見るな。
((相手の問いかけには正確に答えられていないものの、思っていることを口にしてみて。相手の何かしてくれなくてもいい、という言葉耳にはいってはすぐさま「やだ、私がただいるだけじゃ嫌。」なんて、むっとした表情しつつも述べてみて。「何でもない、気にしないでくれ。」なんて、表情もとに戻しては顔左右に振りつつも述べて。

>>780


別にいい。
((相変わらずむすっ、とした表情で上記述べては危険なめにあう前に極力関わらないようにしよう、と相手に背を向けては「戻るか…。」なんて、ぼそりと呟き、歩き出してはまだ濡れている体を見、身震いして。)

>>782

788: ティティ◆R.:2014/08/07(木) 19:31 ID:84s



なんでさー、!
…あ、

( 不服げにぷくーっと頬を膨らませて何か良い誘いの言葉は無いものかと唸っていたが、ふと察した様にあ、と声を上げて。途端ににやにやしだすと、くふくふ笑う口元を抑えながら「わかった、怖いんでしょー、!」とからかうように言ってみせて。/)

>>787:リルギナ

789:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/09(土) 00:15 ID:rCs

あぁ、別に怪我はないが…(どこか焦っている相手から早口で大丈夫かと問われると不思議そうに相手見やりながら上記を述べて、その後少し気になったのか「何故、氷など降らしたんだ?」と相手をじーっと見ながら問い掛けてみて)

>>781


そんな物貰って嬉しいものなのか…?(相手が得意気に笑いながら貰ったと述べれば理解できないといった表情をしながら相手を見やり問い掛けて)

>>783


わ、わかった…(相手から見るなと言われれば小首を傾げながらもコクリと頷き左記を述べて。相手の発言を聞くと「そ、そんなこと言われてもな…」と少々困った表情をしながら左記を苦笑いしながら言って。相手から気にするなと言われれば「あ、あぁ…大丈夫なら良かった」とまだ不思議そうに相手見てはいるが左記を述べて)

>>787

790:ティティ ◆R.:2014/08/09(土) 12:51 ID:84s



もっちろん、!

( 何を当然、と言った様に上記をそう答えて。どうやらふよふよと浮遊するそれが幾分か気にいったようで、ふわふわと風に靡くそれにつられて尻尾をはたはたと揺らすと、「だって浮くんだよー!」と瞳をきらきらさせて。)

>>789:セラ

791:リルギナ◆H2:2014/08/10(日) 08:49 ID:hPc



そ、そうだ。怖いんだ、私は。
((本当は違うと言いたいところであるが、悪戯らしきものが失敗してしまう可能性があるため、若干顔ひきつらせつつも相手見ては上記口にし、「だから、一人で頑張れ。」なんて、笑み浮かべつつ再度相手の肩にぽんっと両手を軽くおいて。

>>788


セラも素直になったものだな。
((優しくなったといわれたことを思い出しては両手を外し、相手を見ては頷きながらも上記呟いて。困った表情の相手目にしつつも「だから、教えてくれ。」なんて、珍しく相手をじっと見てはそう述べて。不思議そうに見る相手をちらっと見ては何やら決心したようで極力触れない方がいいと判断したらしく相手へ目を移しては笑み浮かべて。)

>>789

792:ティティ ◆R.:2014/08/10(日) 11:18 ID:84s



えー、まさかリルギナちゃんともあろう狼さんが?、

( 嘘だあー、なんて相手の其れを信じていないようで、唐突に相手を過大評価し始めて。肩に置かれた手を見やると、「2人で飛んだら怖くないよ、多分!」なんてにぱ、と、笑って。/)

>>291:リルギナ

793:リルギナ◆H2:2014/08/11(月) 08:58 ID:hPc



もういいっ、!
((相手の粘り強さに圧倒されたようでため息つきつつも上記述べては「風船で空など飛ばない、私もお前も。だから、何かするなら他の事をしよう。」なんて、面倒くさくなったのか、もともと体が浮くほどの風船を集めるのは無理だと思っていたのか、事を放り出しては次の事をしようと相手に持ちかけて。

>>792

794:ティティ ◆R.:2014/08/11(月) 12:28 ID:84s



あっ、投げた!、

( 遂に放り出した相手にあっと声を挙げたが、これ以上しつこくすると怒られてしまうかもしれないのでそれ以上は言及しないで。というより、「空飛べないんだ...、」と、その事に着いてショボンとしている様子。ともあれ違う事と促されたものだから、しょんぼりと俯いていた顔を上げるとうーん...と口許に手を置いて考えて。)

>>793:リルギナ

795:リルギナ◆H2:2014/08/12(火) 10:52 ID:hPc



そんなに空が飛びたいなら飛ばせてやらんこともないが…、
((相手の様子ちらっ、と見ては此方も少し考えたそぶりを見せつつ上記述べ「まず、一つめの方法は少し痛いとは思うが多分、少しの間だったら空を飛べると思うぞ。」などと、若干頷くような仕草しつつも、そう述べてはどうやら相手を思いきり蹴る方法と、相手が座っている板の反対側に大きな石をおく方法らしく、わかりやすくする為か地面にその二つの絵をかいてみて。)

>>794

796:上条当麻◆Oc:2014/08/12(火) 15:57 ID:BI2

そ、そうだな…子供は貰って喜ぶもんな(相手の瞳を見ると直ぐに顔を逸らしては少し間をあけて、ちゃっかり相手を子供扱いし)

>>790


そう、なのか…?自分ではわからないな(相手に素直になったと言われれば首を傾げ左記を言って。相手に問われると「そう言われてもな…、直ぐには思い付かん」と顔をしかめながら述べて。相手が笑うと「笑ってるリルギナは…やっぱり可愛いな」と相手じっと見たまま言って)

>>791

797:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/12(火) 15:58 ID:BI2

【すいません、上のセラ・リンクスですっ】

798:アリス◆/s:2014/08/12(火) 18:57 ID:h6w


【帰ってまえりましたぁ ! ! 絡み文出しまーす!】


寒い.....。

((ギラギラと太陽の照りつける、森の中、気温は、30度を越えているのに、真っ白な顔で上記述べ。

>>おーる様

799:リルギナ◆y.:2014/08/14(木) 17:03 ID:hPc



うむ、わからないか…。
((相手を見ては考えるように自分の顎に手を添え、上記を口にし「まあ、そのうち分かるだろう…。」などと、証明するのも無理な話なので、前と変わったところがあれば、その時に口にしようとそう述べて。すぐには思い付かないと返ってきては「そうか…、じゃあ思い付いたときに教えてくれ。」なんて、思い付かないことにたいして少し頷く様子見せつつも口にし。相手の言葉に若干顔赤らめつつ「素直すぎだ…、」なんて、呆れた様子見せつつも笑み浮かべており。

>>796


……、
((気温は30度を越え、獣のため暑苦しい厚い毛をまといながらもその暑さに耐えられず森にある湖で水浴びをしており。水から目を出しつつも、口からぶくぶくと泡を出したりし、体の半分以上は全て水に浸かっていて。木々の隙間から何やら人のを見つけては怠そうに水からあがりつつ、少し近寄って見るもののまだ相手だとは気づいてはいなく。)

>>798

800:アリス◆/s:2014/08/14(木) 21:13 ID:.8.


寒っ !?

((しばらく歩いていれば、森の湖の近くまで来ており、湖からの冷たい風に反応して、上記述べれば、体をさすって。

>>799 リルギナ

801: ティティ ◆R.:2014/08/15(金) 01:54 ID:84s




う、宿題...、( ぱたり。/ )


---


本当っ!?、

( そもそも空を飛ぶこと自体に憧れを抱いていた為、相手の言葉を聞くとぱっと顔を明るくさせて。少し痛い方法、なんて気にも留めず期待に胸を膨らませながら相手が地面に描いた絵に目を落として。そうして、え、と表情固まらせ。二つ目はテコの原理(/...ですよね?、汗)をよく分かっていないので一先ず置いておくとして、一つ目はどう見てもあまり宜しくない方法であることは察したらしく、「いや、これはちょっと遠慮しとく!」と両手ぶんぶん振って拒否を表して。 )

>>795:リルギナ


煤A僕子供じゃないぞ、!

( ちゃっかり子供扱いされている事がどうにも納得いかないらしく、不服気に唇尖らせて上記言って。ぽん、と自分の胸を叩くと「これでも一応リルギナちゃんより年上なんだよ、!」と知人の狼の名前を出してはふふん、と唸ってみせて。 )

>>796:セラ



(/ おかえりなさいでーす、ヾ(@⌒ー⌒@)ノ )

うー...今日も暑いなあ、...

( 太陽の光が燦々と降り注ぐ炎天下の中、暑さに少し弱いのかフラフラと力の無い足取りでそこいらを歩いており。ぽそりと億劫そうに空を見上げながら呟いたその声は少々掠れ気味で、それが喉がカラカラに渇いていたことを示させて。そうだ、森の奥の泉で水分補給をしよう、と森の中へ入っていったところ、この暑さに合わないリアクションをしている相手を見つけて。色々驚きつつも、その声色から心配になったのかとたたた、と駆け寄り、「アリスちゃん、大丈夫?」と声を掛けてみて。 )



>>798:アリス

802:アリス◆/s:2014/08/15(金) 09:00 ID:b4Q

(ただいまでーす!毎日宿題に追われる生活です...。)

う....、え...あぁ....。

((相手に声をかけられれば、返事はするも、意識は何処か遠くにあって、上記述べれば、手をヒラヒラさせつつ、
"君は....、天使かな...、?"なんて、馬鹿な事言って。

>>801 ティティ

803: ティティ◆R.:2014/08/15(金) 15:34 ID:84s




(/ わたしも宿題に追われて困っておりますヽ(;▽;)ノ )


煤Aホントに大丈夫!?
僕は天使じゃなくてティティだよ、!

( 何処か上の空である相手とその言動に、あわあわと心配そうに慌てて。ひらひらと振られた手をきゅ、と手を添えてやるとその冷たさにひゃっ、と思わず情けない声を出して驚いて。そういえば顔も真っ青である相手に、どうしてこうなったものかと小首を傾げ、「あ、風邪引いちゃったとか...?」と、おずおずと尋ねてみせて。 )


>>802:アリス

804:リルギナ◆42:2014/08/16(土) 07:46 ID:hPc



【 テコの原理であってるでございます( 】


…遠慮するな、これが一番遠くまで飛べる方法なんだ。
((どうやらわざと意地悪している訳ではない様子で、相手の態度にこてりと首かしげては描いた絵を見て、少しむっとした顔をし木の棒でその絵の上にくるくると円を描きつつ上記述べては、相手の方をちらっと見「じゃあ、こっちはどうなんだ、?」なんて、隣の絵に目線を移し木の棒でつんつんとつつきつつ、そう問いかけてはその絵にもくるくると円を描き始めて。)

>>801

805: ティティ ◆R.:2014/08/16(土) 19:05 ID:84s




(/ オオオオ良かったでございますヽ(;▽;)ノホッ )

そのまま天国まで飛ばされそうな気がするんだけど…、

( それでも一つ目の方法は善処しておくらしく、上記を不安気にぽそりと呟いて。クルクルと描かれる円に同調するように目線を着いていかせるも、やっぱり理解できない様子。ぴ、と指指すと「これどーやってやるの?」と尋ねてみせて。 )


>>804:リルギナ

806:リルギナ◆42:2014/08/16(土) 19:22 ID:hPc



【 すみませんですーm( _ _ )m 】


これはだな……、
((相手の呟きは聞こえなかったようで不思議そうな顔で相手を見るものの、二つ目の方法について尋ねられれば説明しようと上記述べて話しだすものの「ここにお前が乗ってだな…、でここに石を落として……、」なんて、こそあど言葉で説明しており、一応その木の棒で説明している部分をさしているものの、わかりにくいもので。

>>805

807: ティティ ◆R.:2014/08/16(土) 19:29 ID:84s




(/ えっ、なんで謝るんですかヾ(・ω・`;)ノ笑 )

ふんふん、ほうほう…、

( 食い入る様に地面に描かれたそれを見つめながら、相手の説明に相槌を打ちながら聞いていて。しかしますます分からなくなった様で、「リルギナちゃんせんせー、やっぱりわかりません!」とぴしっと手挙げて。/)

>>806:リルギナ

808:リルギナ◆42:2014/08/16(土) 19:59 ID:hPc



【 まわりくどく、わかりにくかったようなので…(( > д < )) 】


はあ…、
((自分の説明の仕方が悪く、こうなってしまったものをまるで相手がものわかりの悪い者だとでもいうように呆れた顔してはため息つくものの、相手に先生と言われてはその気にならない訳でもないようで「…まず、しっかりと固定された支点を用意する、それに木の板を置いて板の端ににお前を置くんだ、ここまではわかるな、?」なんて、棒で絵をさしつつも説明し始めて。)

>>807

809: ティティ◆R.:2014/08/16(土) 21:15 ID:84s



(/ いえいえ、わたしが阿呆なだけですよ( ̄▽ ̄;)笑 )

うー、ここまではわかる、!

( 呆れられた様にため息をつかれると、嗚呼僕ってほんと馬鹿なのかなあ、と苦笑を漏らして。今度はしっかりと相手の言葉と絵を必死に頭の中で合致させようと地面に手をついて見やり。するとそこまではなんとか理解できたらしく、こくりと頷いて肯定し。 )


>>808:リルギナ

810:リルギナ◆42:2014/08/17(日) 10:42 ID:hPc




【 そんなことないですよー、! アワワ \(´д ` ;=; ´ д`)ノ アワワ 】


……、それでだな…
((自分の口にしたことが理解されたとわかれば、ほっとした表情で胸を撫で下ろし相手見ては理解できるということに少し安心したようで上記述べ、「お前が座る反対側の板は、今お前の重さで浮いている状態なんだ。そこに、はるかにお前より重い岩を落とすことで多分飛べる…。」なんて、実際にはやっていないことから、少し不安げな固い表情しつつも、絵を見てはそう説明し。)

>>809

811: ティティ ◆R.:2014/08/17(日) 18:56 ID:84s



(/ んなお気になさらずww笑
今学期の…英語の評定も…ギリギリだったので(遠い目) )


へー、すごい!
やってみようよー、!

( どうして自分が飛ぶのか、その理由は結局分からないままだったが、兎に角やってみたくなった様で、うきうきとした瞳で「 よーし、じゃあ石を探しにいこー、! 」と期待に満ち満ちた声でえいえいおー!、と。 )

>>809:リルギナ

812: リルギナ ◆42:2014/08/17(日) 19:28 ID:hPc




【 にょ……、た、多分…次はいけますよ、!きっと(汗 応援してるんで、頑張ってくださいっ、(`^´ゝピシッ
…最近、皆さん来ませんね。アリスちゃんはタブレットの充電器が故障したらしく……、 】


あ、ああ…。
((相手の言葉に少し苦笑い浮かべつつ上記述べるものの、実は飛ばした後のことを考えておらず、どうすればいいものかと悩んでいるようで「ティティ…、」なんて、今になってから何故そうするのかはわからないが初めて相手の名前を口にしつつも、一応相談しておこうと相手を呼び止めて。)

>>811

813: ティティ ◆R.:2014/08/17(日) 20:15 ID:84s



(/ 応援ありがとうございますヽ(;▽;)ノ
ですねえ、夏だからですかね、汗汗
あららら、ご愁傷様です…、 )

ん?、

( パッと立ち上がって、さあ石を探しに行こうと手についた砂埃をパンパンと払い意気込んでいたところ、やけに神妙に自分の名を呼ばれて。はじめて自分の名を呼ばれたことに驚いて少し目を見開くも、「 なあに、?」と小首傾げ。 )

>>812:リルギナ

814: リルギナ ◆42:2014/08/18(月) 15:48 ID:hPc




【 いえいえ、^^
うーん、夏ですか…、秋になればくるんですかね( 】


その…、
((小首傾げる相手をちらっ、と見ては言いづらそうに目線下にむけ泳がせて上記を口にしたものの「永遠に飛べるわけでもないから…、落ちてきたお前をどうしようかと悩んでいるのだが…。」なんて、少し言葉たらずな言い方であるも問いかけてみて。

>>813

815: リルギナ ◆42:2014/08/20(水) 08:58 ID:hPc




【 上げてみる……、 】

816: ティティ、 ◆R.:2014/08/20(水) 18:41 ID:GVk




(/ ひーんヽ(;▽;)ノウォークマン取り上げられてました!
お返し遅れてごめんなさい、!謝謝
上げありがとうございましたッ! )


あっ…!、

( そのような考えは全く無く、鳥若しくは飛行可能の魔法使いが飛ぶ様なものをイメージしていたらしく、はたと気がついた様に身を固まらせ、「 ど、どーしよう… 」とぽつり。 )


>>814:リルギナ

817: リルギナ ◆42:2014/08/21(木) 16:59 ID:hPc



【 全然、大丈夫でございますよー、!! 】


何かバネになるものはないのか…、?
((相手の態度ちらっと見ては顎に手を当て、考えるような素振り見せては上記述べ「大きな布でも良いのだがな。」などと、諦めたような面持ちで顎に手を当てたまま目線をしたに向けて。

>>816

818: リルギナ ◆42:2014/08/22(金) 20:44 ID:hPc




…うむ…、上げるぞ。( ぷくっ、 )

819: ティティ◆R.:2014/08/22(金) 21:54 ID:GVk



(/ なんかもう上げありがとうございますヽ(;▽;)ノヽ(;▽;)ノ )

バネ、…布…?。


( 相手が口にした言葉を反復して繰り返すと、不思議そうにうーん、と首傾げ。唐突に出てきた2つのワードに関連性を感じられないらしく、「何に使うの?」と尋ねて。 )

>>817:リルギナ



(/ 過疎っちゃってるし、思い切って新種族とか出そうかな…笑 )

820: リルギナ ◆42:2014/08/22(金) 22:05 ID:hPc



【 いえいえー、大丈夫ですよー、!

…し、新種族でございますか、!?
は、話の構成はどうなってしまうのでしょうか……。 】


…お前が落ちてきたときに、直接地面にあたらないようにするやつだ。
((先程の話からして、話題は変わっていないのだが相手はわかっていない様子で少し苦笑い浮かべては上記述べ、「お前が怪我をしない為だ、だからどうにかして考えろ。」なんて、少々無茶なことを口にしてみて。

>>819

821: ティティ◆R.:2014/08/22(金) 22:15 ID:GVk



(/ 新種族は、吸血人形さん…みたいなのを考えていたり、笑
あっ、構成…( ̄▽ ̄;)!! そ、そこは一緒に考えましょう!、←
一応下に詳しく考えてる事つらつらしてみますねーヾ(@⌒ー⌒@)ノ )



煤Aなるほど!クッションって事だよね?、

( ほうほう、と理解した様にぽん、と手を打って頷いて。なんだかんだ自分の事を考慮してくれているので、ほへー、と相手を眺めながら「リルギナちゃん、意外になんか優しいね!」と余計な一言を追加して。 / )

>>820:リルギナ


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.


◆吸血人形さん◆

偉大なる人形師に造られた、感情という呪いを掛けられた人形さん。
生きる事も死ぬ事も出来ない人形の呪いを解いて人間になる為には、魔法使い若しくは狼人間の血を吸う事が必要−−、

因みに吸った血の人間の能力は1/3をコピーできる。


断じて蚊ではない!


(/ グタッた…\(^o^)/ )

822: リルギナ ◆42:2014/08/22(金) 22:31 ID:hPc



【 わ、私なんかが役にたてるのか…、

才能有りすぎです、天才(  
吸血人形さん何かかっこいいです、! では、ちょっと質問を…、偉大なる人形師さん、って無限に人形作っちゃった系でしょうか、? 場合によっては人数制限必要になると思いますが…、 】


…あ、もしかしていらない、?
((相手の一言が結構きたらしく、明らかに目が笑っていない状態で作り笑い浮かべては上記述べ「それとも、飛ぶ前に怪我したい…、?」なんて、少し不良まじりな発言を相変わらずの笑み崩さずに述べてみて。

>>821

823: ティティ◆R.:2014/08/22(金) 22:43 ID:GVk



(/ 役に立ちますよ!(小並感)

天才だなんてそんな…アホな妄想が過ぎただけです\(^o^)/

人数制限はしたくないので、無限っちゃ無限ですかね…?
多分そんなズコズコ作った訳では無さそうですが、そんなどばどば人が来るとは予想してないです\(^o^)/笑 )


あっごめんなさい、いる!いりますー! 、

( 相手の笑っていない目から察したらしく、はたと口を抑えると慌てて否定。生物本能的危機を感じ取り、プルプル震えながら「 ぼ、僕痛いのきらーい、てへっ 」なんて今更茶目っ気を作ってみて。 )

>>822:リルギナ

824:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/23(土) 02:53 ID:FoA

【こんな時間ですいません。お久しぶりです、暫く来れなくて大変申し訳ありませんでした!えっと、レスは蹴らせてもらいますね。代わりに絡み文置いておきますのでよろしかったら絡んでくれると嬉しいです】


ん…。寝てしまっていたのか、俺は(大きな木に寄り掛かりウトウトしながら休んでいたところ寝てしまったようで、目をゴシゴシ擦れば「随分長い夢を見ていた気がするが…全く思い出せん。…というかもうこんな時間なのか」片手で頭を押さえては首を横に振って、時計見ては溜息混じりに呟き)

>>all

825: リルギナ ◆42:2014/08/23(土) 08:56 ID:hPc



【 いやいや、天才ですよ、!

吸血人形さん……、私だったら絶対入りますよ、! 予想してないっていう考え方じゃなくて、来てほしいっt( 殴/すみませんっ、

人数の件…、了解しましたっ、! 】


そうか……、じゃあ何とかしろっ、!
((先程の優しさというものは何処へ飛んでいったか相手をビシィッ、と指差しては上記述べ、直後に何か思いついたらしくぽんっ、と手をうっては「…葉っぱだ、葉っぱをありったけ集めてこい、」などと、先程と同様、命令口調でそう述べて。)

>>823



【 わあ、お久しぶりですー、! 絡ませて頂きますねー、 】


…セラ…、
((木の一番低い所にある幹の根本に狼の姿でちょこんと座り「暇だな…、」などと呟いては葉っぱの上にいる虫を観察し始めては、何やら随分小さい声が耳に入り。辺りが静かだったからか彼女には聞こえたようで、耳をぴくぴくと動かしては地へ飛びおり、辺りを見回しては相手を見つけ控えめに名前を呼んでみ。

>>824

826:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/23(土) 09:31 ID:FoA

【少し用事があったもので…本当にすいません。あっ、絡みありがとうございます!】


ん…?リルギナ、か?あれは…(見知った顔が視界に入れば目を凝らしながら首を傾げ相手の名を呟き。少し間を開けると両手を叩き「どうした…?こっちへ来い」と微かに笑み見せながら言って)

>>825

827: リルギナ ◆42:2014/08/23(土) 10:37 ID:hPc



【 いえいえ、そんなに謝らなくても大丈夫ですよー。 】


…久しぶり、だな…、
((手を叩くのに関しては少しむっ、とした表情を浮かべ止まっていたものの、その表情と言葉に反応し若干尻尾を揺らしつつ相手に近づき、膝辺りでくんくんと相手のにおいを嗅いでは隣に座り込み此方も笑み浮かべては上記述べて。

>>826

828:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/23(土) 15:04 ID:FoA

【ありがとうございます、そう言ってもらえると助かります!】


あぁ、そうだな…。フッ、寂しかったか?(相手じっと見ては首傾げ、相手の頭を優しく撫でればいたずらっぽく笑い)

>>827

829: ティティ◆R.:2014/08/23(土) 15:06 ID:GVk




(/ お久しぶりですヾ(@⌒ー⌒@)ノ
蹴り了解です、絡ませて頂きますね!、 )


…ばあ!、

( ふんふんと下手な鼻歌を歌いながらそこいらを歩いていると、木の下で眠る相手を見つけて。おや珍しいと目を丸くしてまじまじと見つめている内に、寝起きを驚かせてやろうと悪戯心が働いて。そうして木の幹からぶら下がって相手が目を覚ますのを待っていたが、中々起きないものだから段々退屈してきて、自分も寝てしまおうかと思ったところへ声が聞こえたものだから、慌ててぴょんと降り立ち両手広げながら上記言って。 )

>>824:セラ

(/ いやん照れますよ!(、
本当ですか(((o(*゚▽゚*)o)))
あ、でもどうやって宣伝しよう…、 )

は、はひー、!

( びし、と指差されると思わず軍の兵士の様にぴしりと右手で敬礼さえもして返事をして。どうやら葉っぱ?、と首を傾げるという考えも無くなっていた様で、言われた通りに森の中へと葉っぱを探しに走ってかけてゆき。−−そうして、暫くすると両手に抱えて落ち葉を拾ってきたようで、腕の隙間からはらはらと葉っぱが落ちて。 )

>>825:リルギナ

830: リルギナ ◆42:2014/08/23(土) 15:16 ID:hPc



【 呟きスレとか使っちゃいます…、? 】


うむ…、
((葉っぱが落ちたのはあまり気にせず、相手が持ってきた量の葉っぱを見ては上記を口から漏らし、少し考えるような素振りを見せては「……少し足りないような気もするが、狼の姿になれば大丈夫だろう…、」なんて、顎に手を当てつつそう口にしてはそこに置け、とでも言うように自分の目の前の地面を指差して。

>>829

831: ティティ◆R.:2014/08/23(土) 15:44 ID:GVk




(/ なるほど(ノ*°▽°)ノ )

ほいさっ!、


( 言われた通りに相手の前に落ち葉をぼすん、と置くと、相変わらず犬の様な狼の姿へぽふりと変身して。わーいわーい、と落ち葉の中へダイブしたい感情を抑えながら、「 よーし、次は石と板だね! 」と意気込んで。 )


>>530:リルギナ

832: リルギナ ◆42:2014/08/23(土) 15:53 ID:hPc



【 さ、さりげなく…呟くとか(  】


石は…なんとか用意できると思うが…、
((相手の言葉に頷くものの、再び考えるように顎に手を当て目線を下に向けては上記を呟き。どうやら、安定する綺麗な形の板はないと考えているようで「板など…、あるのだろうか…、」なんて、眉間にしわをよせ呟き。

>>831

833: ティティ◆R.:2014/08/23(土) 16:31 ID:GVk




(/ 高度Σ(゚д゚;) )

板……、

( ぐるりと辺りを見渡して、何か板…と言わずともせめて代用できるようなものは無いかと考えて。そういえば板と言えば木のイメージがあるらしく、ちらりと森の方を見やり。 )

>>532:リルギナ

834: リルギナ ◆42:2014/08/23(土) 16:38 ID:hPc



【 そういえば種族が増えたらしいよー、…的な、?( 下手くs(  】


ティティ…、まず石を決めることにしようか…、
((どうやら板の代わりとなるようないい木が見つかっても、石が重すぎては折れてしまう可能性があり、もともこもないと考えたらしく、自分も森の方へ目を移すものの相手を見ては上記を口にし。)

>>833

835: ティティ◆R.:2014/08/23(土) 19:50 ID:GVk




(/ 成程成程…!┤'-'*├ )


そーだね、!

( 森から目線をパッと放すとにへ、と笑って。 ふむ、と腰に手を当て擬似仁王立ちの様な体勢を作ると、「 僕より確実に重い石かあ…岩とか?」なんて問い掛けてみせて。 )

>>834:リルギナ

836: リルギナ ◆42:2014/08/24(日) 08:43 ID:hPc




…うむ、岩だな…、
((相手の問いかけにこくりと頷きつつ上記を述べては「…見つけても、どうやって持っていくかが問題なんだが…、」なんて、顎に手を添えつつ、またひとつ考えなければいけない問題を増やして。

>>835

837:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/24(日) 10:50 ID:FoA

【絡みありがとうございます!】


ん、どうしたティティ?(相手が視界に入るもなんの反応もなしにこてんと小首を傾げ「久しぶりだな、元気だったか?」などと問いかけ)

>>829

838: リルギナ ◆42:2014/08/24(日) 10:58 ID:hPc



【 見落としすみませんっ、! 】


…まあ、な…、
((恥ずかしそうに目を逸らしては、頬を膨らましつつも素直に上記を口にし「…何してたんだ、?」などと、顔をあげては相手を見、自分に会うまでのことと先程のことをかねて問いかけてみ。)

>>828

839: ティティ ◆R.:2014/08/24(日) 10:58 ID:GVk



え、普通に持つんじゃないの?、

( どうやらよっこらせ、と担いで持っていけるだろうなんて想像しているらしく、また一応狼なので運べる力くらいはあるのではないかとも考えているらしく。不思議と当然が混ざった様な表情で小首傾げて。 )

>>836:リルギナ


あ、うー…元気だよー…。

( 驚いてもくれなかったので、目をぱちくりして少しの間戸惑ったのち、しゅーんとがっかりした様に項垂れて。上記で元気だよー、なんて言いつつもその物言いからは全く覇気さえも感じられなく。 )

>>837:セラ

840: リルギナ ◆42:2014/08/24(日) 11:04 ID:hPc



…いや、
((相手の言葉に少し顔をしかめては上記を口にし「…自分より重いんだ、ちょっと重いな…、くらいじゃすまされない、つぶれるぞ。」なんて、どうやら相手とは違って明らかに自分より重い岩を運ぶことは不可能に近く、ましてや相手は高く飛びたいが為に相当な重さのものを選ぶのではないかと考えており。

>>839

841: ティティ ◆R.:2014/08/24(日) 11:08 ID:GVk



煤Aそーなの!?、

( 潰される。そのワードを聞けばぶるるる、と思わず身震いし自分の両腕を思わず抱えて。すると改めて案が無くなったものだから、「 うー…どうしよ… 」と頭を抱えながらうんうんと唸って。 )

>>340:リルギナ

842: リルギナ ◆42:2014/08/24(日) 11:13 ID:hPc



…森には申し訳ないが、丸太を作って運んでみるのはどうだ、?
((頭にひとつの案が上がったらしく、上記を口にしては右手を顎にあて右肘を左の手で押さえつつ「たくさんの丸太の上にその岩をのせて転がしながら運ぶ方法だが、」なんて、少し顔をしかめながらも述べてみて。)

>>841

843:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/24(日) 11:24 ID:FoA

【あっ、お気になさらずです!】


素直でよろしい…(そう言いながら相手の頬を人差し指でつつき。相手からなにをしていたかと問われては「…いろいろ、だな」と少し間をあけながら述べて)

>>838


なんだ、その割りには元気そうじゃないな…(少し不思議そうな表情で相手じっと見ていたが次第に心配になり「どうかしたのか?」と自分のしたことに自覚なしに問いかけて)

>>839

844: リルギナ ◆42:2014/08/24(日) 11:36 ID:hPc



…ん、
((相手に頬をつつかれては、此方も負けじと相手の頬を引っ張ったりつねったりしており。「…いろいろ…、?」なんて、自分の問いに関する相手の言葉を耳にしては不思議そうに首を傾げるもあまり聞かないようにしてい。

>>843

845:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/24(日) 12:22 ID:FoA

む…なにをする(頬をいじられるとむっとした表情しながら相手見て。相手の表情見ては「ん、あぁ。ちょっとした用事だ。まぁ、大したことじゃないさ」と微かに笑み見せながら述べて)

>>844

846: リルギナ ◆42:2014/08/24(日) 12:48 ID:hPc



…セラだって私の頬をつついただろ、?
((にやにやとした笑みを浮かべつつ此方も相手を見ては上記述べ、つんつんと相手の頬をつつき。「…そうか、なら良いが…、私はティティと遊んでいたぞ。」なんて、相手の事情については深く聞かなかったものの、次は自分の話を始めて。

>>845

847:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/24(日) 13:01 ID:FoA

仕返しというわけか…(されるがままに頬をつつかれながらむすっとした表情で呟いて。相手の発言を聞くと「ティティと?まぁ、あいつといると楽しいからな。退屈はしないだろう」少し意外といった表情しながらもコクリと頷き)

>>846

848: リルギナ ◆42:2014/08/24(日) 13:41 ID:hPc



…ん、そうだな。
((相手の言葉に頷きつつ、むすっとした顔を見ては「セラも仕返しすればいいではないか、」なんて、少し鼻で笑いつつ口にして。「嗚呼、とても私より年上だとは思えん。」なんて、目を伏せつつ述べて。)

>>847

849:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/24(日) 13:49 ID:FoA

ん、して欲しいのか?(相手の発言を聞いてはこてんと小首を傾げながらも問いかけてみて。相手の顔見ながら話聞いていると「…ん?ティティの方が年上だったのか」と少し驚いた表情しながら呟いて)

>>848

850: リルギナ ◆42:2014/08/24(日) 14:09 ID:hPc



別にどちらでもいいぞ、?セラがむすっとしてたから言っただけの話だ。
((少々頭を傾けながらも相手の問いにうっすらと笑み浮かべつつ上記述べては人間の姿に戻り。驚いた表情の相手を見ては「…私は老けてない、彼奴が子供なだけだ。」なんて、つんとした表情で顔を逸らしつつ口にし。

>>849

851: ティティ ◆R.:2014/08/24(日) 15:42 ID:GVk



あー、なるほど、ゴロゴロして運ぶ作戦!、

( ぽん、と手を打つと納得した様に頷き、妙な作戦名を付けてみせて。少しの間考えて、「 僕の為に木切っちゃって良いのかなあ… 」なんてたはは、と申し訳なさそうに笑み零して。 )

>>842:リルギナ



うー、…セラって意外とにぶちんさんだよね、

( まさか驚かせた事事態に気が付いてないんじゃないか。心配そうに尋ねる相手を見てはそんな考えが浮かび。「んーん、大丈夫!」と答えた後、ぽつりと上記呟いて。/ )

>>843:セラ

852:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/24(日) 21:26 ID:FoA

それじゃ、ちょっとだけ仕返しだ…(クスリと笑ってそう言っては相手の額に軽くデコピンして。相手の発言聞けば「ん…?別にリルギナが老けてようが老けていまいが俺はどうでもいいが…」と首傾げながら述べて)

>>850


そうか、ならよかった。少し心配してしまったぞ?(ふぅ、と安心したように息を吐いては首傾げながら相手じっと見て。相手の呟き聞いては「んー、そうか?自分ではわからないものだな」と顔をしかめながら述べて)

>>851

853: リルギナ ◆y.:2014/08/24(日) 22:06 ID:hPc



もう少しクールな作戦名を考えられないものか…、
((相手によって名付けられた作戦名に苦笑いを浮かべては上記をぼそりと口にし。相手が発言した時の木を切るという言葉に反応しては「……どうやって木を切ればいいんだ…、」などと額に手を当てつつそう述べて、一難去ってまた一難とはこういうことらしく。

>>851


……ん、仕返しとはずいぶん小さなものだな、
((仕返しと聞いては何やら痛いことを想像したらしく、目を閉じるものの額に相手の指先が触れては目を開きつつ相手を見、上記を口にして。「…なっ、断じて私は老けてなどいないぞっ、!!」相手の発言耳にしてはむすっとした表情をし頬を膨らましつつ述べて。

>>852

854: ティティ ◆R.:2014/08/24(日) 22:55 ID:GVk




やだなー、僕はいつでも元気だよ!、

( にへら、と冗談めかしに笑うとひらひらと手を動かしてみせて。どうやらほんの少しの悔しさは募るらしく、「 むー!絶対にぶちんだよ! 」とむくれた後、「 だって驚いてくれないもの…! 」と呟く様に付け足して。 )

>>852:セラ


うー…うー……、無理!、

( うんうんと唸ってクールガイな名前を考えてはみたものの、奴の語彙力では足りなかったらしく直ぐにへら、と笑って諦めて。あっ…とまたも固まると、「 そ、空を飛ぶ事ってこんなに大変だったんだね…!」と改めてため息はふり。  )

>>853:リルギナ

855:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/25(月) 01:11 ID:FoA

んー、仕返しが思いつかなくてな…(苦笑いしては頭をぐしぐしと掻いて「それとも、痛くして欲しかったか?」と相手じっと見ながら首傾げ。相手の発言聞くと「気にするな、リルギナ。俺はお前が老けていても大好きだぞ?」と自分なりにフォローしたつもりなようで)

>>853


フッ…それもそうか(相手の発言聞くと目をそっと閉じながら呟いて。相手の呟き耳にしてはやっと状況を理解したらしくハッと相手見つめては「わ、わー…ビックリした」と自分でキョトンとしながらも今更わざとらしく驚いて)

>>854

856: リルギナ ◆y.:2014/08/25(月) 17:30 ID:hPc



……よし、岩のところまで材料をもってくことにしよう、
((相手の言葉を耳にしては此方も深いため息つき、少々疲れたような表情しつつ、手をぽんっ、とうっては上記を述べて。「…じゃ、じゃあ、予定変更でまず、すべての材料を集めようか。」なんて、全くやる気の見られない表情でへなへなした様子見せつつ。

>>854


…ふんっ、私はマゾではない…、そんなの要らん、
((相手の問いには考える暇もなく、むっ、とした顔で目を逸らしつつも上記口にして。「そういう問題では…ないんだっ、本当に私が老けていると思っているのか、?」なんて、相当腹がたったらしく眉間にしわよせつつ少々睨むように相手を見。

>>855

857:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/25(月) 18:53 ID:FoA

そうか、ならよしておこう(相手の表情見ては苦笑いしながら左記を呟いて。相手に睨まれながら問われると「んー…どうだろう、な。顔は老けてないんじゃないか?性格は大人っぽいが」と相手じっと見つめながら述べて)

>>856

858: リルギナ ◆y.:2014/08/25(月) 19:00 ID:hPc



…な、なんだ、?やる気だったのか、?
((自分の発言を聞いてからの相手の言葉に少し驚いた表情浮かべては、上記を口にし。自分が期待したような言葉が返ってくれば「…うむ、どうだろうな、は余計だが…私は老けてないっ、!!」なんて、キリッとした顔で述べて。

>>857

859: ティティ ◆R.:2014/08/25(月) 19:46 ID:GVk



煤I、驚いた?驚いた驚いた!?、

( 相手のわざとらしい驚き様を見てはパッと表情を明るくしてはピョンピョン跳ねながらそう尋ねて。単純というか何と云うべきか、先程までのしゅんとした様子は最早微塵もなく、得意気ににまにましており。 )

>>855:セラ

はーい、了解!、

( ぴし、と右手で敬礼の様子を見せると、持ちやすい様にと少年の姿に変えて先程置いた葉っぱをがさりと持ち直し。「 えーと、板と…」と指折り考えていたものの、なんだか申し訳なくなったのか「 てへへ…なんか僕の我侭に付き合わせちゃってごめんね? 」と苦笑して。 )

>>856:リルギナ




(/ リルギナちゃん本体様、呟きスレでの宣伝ありがとうございましたッッ!!ヽ(;▽;)ノ!! 
  リルギナさんテライケメン…(トゥンク/) わたしも見習います_:(;'Θ' ;;」 ∠):_ )

860:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/26(火) 13:21 ID:FoA

返答…しだいではな(相手の表情見てはクスッと笑いながら左記を述べて。相手の発言を聞くと「そうだな、老けてない老けてない」と聞き流すようにこくこく頷き)

>>858


あぁ、心臓が止まるかと思ったほどだ(相手に驚いたか問われては相手の顔をじっと見て胸に手をあてて、コクリと頷きながら上記述べて)

>>859

861: ティティ◆R.:2014/08/26(火) 21:03 ID:GVk



狽サ…それは困るけど、

( そんなに!?、と何故か此方が驚いて目を丸くして、しかし流石に心臓が止まってしまっては困るので、俯き加減に上記言って。そしてパッと顔を上げると「 やー、でも止まっちゃわなくて良かった! 」なんてへらりと笑い。 )

>>860:セラ

862: fantasia . ◆R.:2014/08/26(火) 21:21 ID:GVk



◆吸血人形さん◆

偉大なる人形師に造られた、感情という呪いを掛けられた人形さん。
大きさも人形さん。ローゼンメイデンをイメージして頂ければ、。
生きる事も死ぬ事も出来ない人形の呪いを解いて人間になる為には、魔法使い若しくは狼人間の血を吸う事が必要−−、

因みに吸った血の人間の能力は1/3をコピーできる。


(/ 一応正式に新種族追加しておきます、!
  新規さん超超超募集中です、笑 )

863:Anna◆q.:2014/08/26(火) 21:34 ID:SgY






(/うひー、!参加希望です、!)

864: fantasia . ◆R.:2014/08/26(火) 21:41 ID:GVk




(/ うひー、!ありがとうございます!
  プロフ待っております(((o(*゚▽゚*)o)))☆ )

>>863

865:Anna◆q.:2014/08/26(火) 21:58 ID:SgY






(/うひー、!参加希望です、!)

866:Anna◆q.:2014/08/26(火) 21:58 ID:SgY





(/れ、連没………!?すみませんんっ、!)

867: fantasia . ◆R.:2014/08/26(火) 22:03 ID:GVk




(/ とりあえずうひーしたのは理解したゾ☆  お気になさらずヾ(@⌒ー⌒@)ノ )

>>アンナちゃんたそ〜

868:Anna◆KY:2014/08/26(火) 23:49 ID:SgY




名前:ルターシャ

性別:♀

年齢:推定16歳ぐらい

性格:見栄っ張りで少し自己中な筋金入りの天然ちゃん。全ての行動が行き当たりばったりで、考えて行動するという事はしない。裏表のない性格なのだが、純粋でバカ正直なせいかそれとも生まれつきの天然のせいか約束事をすぐに忘れる。面倒くさがり屋の気分屋でもあり、喜怒哀楽が激しい。また、テンションの差も激しく怒ると手に負えないのだとか。勉学面などではかなりの秀才、つまりが頭がいい。厨二病だったりする。

容姿:赤紫の艶のある髪が腰辺りより少し伸びてるストレートロング、前髪は作ってないのでかなり伸びている。瞳の色は青色と黄色の仕様でオッドアイ。顔立ちは顔の彫りが深く、目が大きいのでフランス人形のような顔立ちである。服装は薄い紫色のノースリーブワンピースを着ているがほぼだぼだぼジャージを着ている。

備考:吸血人形さん。一人称「私」二人称「○○さん、○○」
前髪を垂れせば貞子の出来上がり並みに髪が生えている。

(/不備等あればなんなりと、!

869: リルギナ ◆y.:2014/08/27(水) 16:14 ID:hPc



【 いえいえ、前から決めていたことですから^^  …ですが、効果は…あまりなかったようで…、
リルギナちゃんには私も憧れというものを抱いていたり、; ; 】


…別に、気にするな、言い出したのは私だからな。
((相手の謝罪の言葉に少し目を見開くものの、瞼を閉じて考える様子を見せては再度相手を見上記を口にして「…それより、早く材料を集めるぞ。日が暮れてしまう。」なんて、話題をすり替えるように述べては相手の後ろへまわり背中をぐいぐいと押しつつ歩き出して。

>>859


誰がなんと言おうと…、セラにはそんなこと出来ぬだろう、
((彼女の中での相手の印象は、やはり優しいというものらしく、相手の言葉に小首傾げては上記を口にしてみ。「…適当だな、」なんてむっとした表情で、さらりと発言した相手へ向けて述べてみせ「……だが、明らかに私の方がセラより寿命が長い…、考えたくはないがな。」などと、顔を逸らしつつ呟いて。

>>860

870:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/27(水) 18:49 ID:FoA

ん…困るのか?ティティは俺が死んだら困るのか?(相手が困ると言えば少し意外といった表情しながら相手をいれて見ては首を傾げて上記を問いかけ)

>>861


さぁ、どうだろうな…いや、少なくともリルギナにはできないか…(相手の発言には最初は曖昧に応えるも、肩を竦めながら上記述べて。相手をチラッと見ては「そうだな、だが俺の方が確実に早く逝ける…。俺にとっては苦じゃないさ」と冗談混じりに呟き)

>>869

871: fantasia . ◆R.:2014/08/27(水) 19:22 ID:GVk



( /おおおおpfシートを作り忘れていた中提出ありがとうございますヽ(;▽;)ノ!
  pfの方は不備無いのですが、ひとつなんというかアレがぬけております…!、 )

>>868

872:Anna◆KY:2014/08/27(水) 21:13 ID:SgY




(/ひええええ、!!Fantasiaー!

>主様

873: fantasia . ◆R.:2014/08/27(水) 22:00 ID:GVk




(/ ありがとうございます、お手数おかけしましたヽ(;▽;)ノ
  それでは、絡み文投下お願い致します(*^^*)! )

>>582

874: リルギナ ◆y.:2014/08/29(金) 18:44 ID:hPc



…セラは人に痛みを与えることは出来ないと思うが…、私でなくてもな。
((自分には、と口にされるものの、少々首を傾げてはそれを否定するように上記を口にしてみ。「…私にとっては苦だ。…自分だけ生きてるなんて耐えられん。」などと、此方も相手の呟きを聞き取れば眉間にしわよせ、眉下げつつ述べて。

>>870

875:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/30(土) 04:18 ID:6Xc

フッ、そんなに俺が優しいヤツに見えるのか?リルギナが思ってる程、俺はいいヤツじゃないさ…(相手からの返答聞くと、鼻で笑っては目線逸らしつつ呟いて。相手の発言聞くと「冗談だ…と言っても事実なのが寂しいな。だから前になるべく長生きすると言ったろ?」とどこか寂し気な表情しながら述べて)

>>874

876: リルギナ ◆y.:2014/08/30(土) 06:16 ID:hPc



……信じがたいな、
((相手の言葉はまだ信じられないようで、眉間にしわよせつつ相手を見ては上記を口にし。お互いの寿命について、長生きすると言われたものの、やはり変わらぬことに対しては「…わかっているが、生きてて苦なのは変わらないんだ。」なんて、相手の表情目にしつつも目線を下げてはそう言い放ち。

>>875

877:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/30(土) 22:17 ID:6Xc

まぁ、信じてくれなくてもいいが…なぜ俺がそんなにいいヤツに見えるんだ?(相手の発言聞くと不思議そうに首を傾げながら問いかけてみて。相手の表情見ては「先のことなんて後で考えればいい。今こうして話していれるんだから、今を大切に…だな」と目を閉じながら言って)

>>876

878: リルギナ ◆y.:2014/08/31(日) 08:13 ID:hPc



私が空腹に襲われたときのこと、覚えているだろ、?
((相手の問いかけに笑み浮かべては目を伏せつつ上記を口にして。いまだに悲しげな表情しているものの「…嗚呼、そうだな…、」なんて、相手の言葉にたいして述べつつ「私を撫でてくれないか…、?」などと、少々珍しいとも言える言葉を相手に目線を移しつつ口にしてみて。

>>877

879:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/31(日) 09:47 ID:6Xc

あぁ、懐かしいな。覚えている…が、あ、あれは…その気まぐれで…(相手からふいっと顔を逸らせば慌てたように上記述べて。相手から要求されると「なんだ、急に…?甘えたくなったのか?」と不思議そうに首傾げるも相手の頭に手を置くと優しく撫で始めて)

>>878

880: リルギナ ◆y.:2014/08/31(日) 10:10 ID:hPc



気まぐれか…、残念だな、
((相手の態度を見ては笑み浮かべるものの、眉を下げ相手を見てはわざとらしく上記を述べてみて。「そうだ、甘えたくなったんだ、悪いか…、?…今を大切にと言っただろ、」なんて、前から口にはしていなかったものの、相手に撫でられるのが好きらしく目を閉じて。

>>879

881:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/31(日) 11:02 ID:6Xc

あ、いや…。気まぐれ…というか、その…だな(相手の発言聞けば頬をぽりぽりと掻きながら少し困った表情して。相手からの返答聞くと「そうか、やけに素直だな。まぁ…俺は好きだがな、素直はヤツは」と笑み見せては撫で続けながら言って)

>>880

882: リルギナ ◆y.:2014/08/31(日) 11:36 ID:hPc



……なんだ、?自分の口から言ってくれないとわからないぞ、?
((流石に相手の心中までは読み取ることが出来ず、相手を見るもその困った表情にこてりと小首傾げては上記を口にして。「……じゃあ、今までの私は好きじゃなかったのか、?」なんて、むっとした表情しては少し顔を逸らして。

>>881

883:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/31(日) 11:54 ID:6Xc

うぐっ…気まぐれじゃなくて、心配だったというか…放って置けなかったというか…(片目閉じては少し恥ずかしそうな表情しながらも上記述べて。相手の表情見ては「いや、そういうワケでは…。だいたい、俺は狼は好きだぞ…?」と何か違う返答してみて)

>>882

884: リルギナ ◆y.:2014/08/31(日) 12:05 ID:hPc



…ほら、優しいではないか、
((相手の様子にクスリと笑み浮かべつつ上記を述べては「…私がセラを好きな理由は沢山あるが、そのうちには優しいというのも入っているんだぞ、」なんて相手の気を紛らわせるように口にして。「…今は性格の問題だ、」なんて、少々脱線しつつある返答をした相手を見。

>>883

885:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/31(日) 12:29 ID:6Xc

ん…。それは俺もさ、リルギナの優しいところに惚れたんだ俺は(相手の返答聞くと少し頬を赤らめては首を横に振って上記述べて。相手の発言聞けば「あぁ、性格か…。そうだな、確かにリルギナは素直じゃないな。だが、素直になれないとこがまた可愛いんだ…本当に癒される」相手じっと見てはぎゅっと抱きついて)

>>884

886: リルギナ ◆y.:2014/08/31(日) 12:41 ID:hPc



…ありがとな…、
((相手の言葉に笑み浮かべ上記述べるものの、相手の頬をつんつんとつついては「赤くして…、可愛いな、」なんて、再度クスリと笑いつつ述べて。「……きゅ、急にどうした、!?」などと、相手の言葉に返答する隙もなく驚いた様子で相手を見ては頬を真っ赤に染め。

>>885

887:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/31(日) 12:50 ID:6Xc

か、可愛いとか言うな!その、なれてないんだ…そういうのは(相手から頬をつつかれればまだ少し赤い頬を隠すようにフード深く被って。相手の様子見てはいたずらっぽく笑い「今を大切に…だからな。今のうちにこうしておかなきゃと思って…だ」ともう一度ぎゅっと抱きしめればそっと相手から離れて)

>>886

888: リルギナ ◆y.:2014/08/31(日) 12:59 ID:hPc



…そうか、?セラは意外と積極的だと思うが…、
((フード被る様子を見てはむっとした顔するものの、相手の言葉にたいしては口許押さえつつ笑み浮かべ、上記を述べて。相手の笑みに両手で頬を隠しては「…私は癒し系ではないと思うんだがな、」なんて、先程相手の言葉にたいして返答出来なかったものの、そう呟いては離れた相手を見、仕返しのつもりであるのか此方からも抱き締めてみて。

>>887

889:セラ・リンクス◆Oc:2014/08/31(日) 13:19 ID:6Xc

言うのと言われるのとだと…その、いろいろ違くてだな(相手の発言聞けばフードから顔をチラッとだけ見せてはボソッと呟いて。相手が否定をすると「俺にとっての癒しではあるんだ、少なくともな…っ!?」相手から目線を離した時に抱き締められると途中で言葉が切れてしまうも素直に抱き受けて)

>>888

890: リルギナ ◆y.:2014/08/31(日) 17:04 ID:hPc



いや、セラは結構…好きだとか言ったり、抱き締めたりとかするよな、
((どうやら相手が言うような受けや攻めの方ではなく、相手自体の自分にたいしての態度が積極的だと言いたいようで少し考えるような素振りを見せては上記を述べて。相手の言葉を一応きちんと聞いていたようで「癒し…か…、この私がな…、」なんて、自分ではあまりぴんとこないらしく抱き締めたままであるも曇った表情しており。

>>889

891: やっこ◆R.:2014/08/31(日) 19:25 ID:GVk


 …本体は宿題に追われて中々来れなかったって言いたげだけど、追われる原因はずーっとゲームしてたからなんだからね!
  返す余力が無いから蹴らせてね、ごめんなさい。( ぺこり。 )


---


えへへー、これで焼き芋が出来るよー!、

( るんたるんたと嬉しそうにスキップしながら森の中へと入ってゆき。にこ、と目を細めた彼のその両手一杯に抱えられたそれは、先程たまにお世話になるらしい農夫から貰った芋で、どうやら焼き芋でもしようかな、なんて企んでいる様子。 )

>>おーるさま。

892: ティティ◆R.:2014/08/31(日) 19:26 ID:GVk



(/ な、名前奴〜〜…、ティティです。 )>>891

893:セラ・リンクス◆Oc:2014/09/01(月) 11:54 ID:6Xc

あ、あぁ…。嫌…なのか?(相手の発言聞くと小さく頷き首を傾げながら聞いてみて。相手の表情チラッと見ると「あぁ、かなり癒されてるぞ?一々可愛いからな、困ったものだ」と苦笑いしながら述べて)

>>890


ん…あれは、ティティか。何か大量に持っているようだが…なんなんだ、あれは(木に寄り掛かり珍しく読書していると聞き覚えのある声が耳に入り、辺りを見渡せば見知った顔が視界に入り上記をボソッと呟いて)

>>891

894: ティティ ◆R.:2014/09/01(月) 23:10 ID:GVk



んしょ、…あ、セラだー!、

( 一息吐くとぽすん、と結構な量の芋をその場へ置いて。そうして焼き芋をする為の落ち葉を集めに行こうかと近くの木に目をやったところ、本を片手に相手が居たので、ぶんぶんと手を振りながら相手の名を呼び。 )

>>893:セラ

895: リルギナ ◆y.:2014/09/02(火) 17:33 ID:hPc



…疲れたな、
((激しい運動でもしたのかぐったりとした様子で木に寄りかかって上記を述べつつ息をととのえておれば、うっすらとしているものの相手の姿を目にし「…ティティか、…今日も馬鹿げた事をやるのか、?」なんて少々失礼であるもふと思ったことを問いかけてみ。/謝

>>891


…嫌、ではないが、恥ずかしくないのかと思ってな、
((相手の言葉に考えるように顎に手をあてては少々唸りつつ上記を口にして。「…私は可愛いという分類に入るものなのか、?」なんて若干であるものの頬を赤らめ顔をふいっと逸らしつつ、相手に目を向けてはやはり自分ではよくわからぬようで相手にそう問い。)

>>893

896: ティティ ◆R.:2014/09/02(火) 19:08 ID:GVk




煤A馬鹿とは失礼しちゃうよー!

( ぽす、と芋をその場へ置き、さあて落ち葉を集めに行こうかと屈めた腰を上げると相手にそう言われ、ぽこぽこと頭から湯気を出しながら頬膨らませて。 )

>>895:リルギナ

897: ティティ ◆R.:2014/09/04(木) 19:46 ID:GVk




あっげとっくよー!( ぴょんぴょん )
新種も既存新種もまだまだ募集中だかんね!

898: リルギナ ◆y.:2014/09/06(土) 09:58 ID:qBo




…なんだ、?事実だろ、
((膨らまされた相手の頬を指先で押しては小馬鹿にするように笑み浮かべつつ上記を口にし、芋へと目線を向けてはその場でしゃがみこんで「今日はまとも…らしいな、」なんて前言撤回するようにちらっと相手見ては述べて。

>>896

899: ティティ ◆R.:2014/09/07(日) 12:12 ID:GVk




う、うう…言い返せない自分が憎いー!、

( 事実と云われればそれ以外言い様が無いものだから、くうう!と悔しがって。しかし前言撤回を喰らうとにへら、と笑い「ね、リルギナちゃんも焼き芋食べよー!」とお誘い。 )

>>898:リルギナ

900: リルギナ ◆HY:2014/09/08(月) 18:08 ID:qBo




……しょうがない、一緒に食べてやる

( 相手の誘いに普通に答えればいいものの、最近身に付いてきたツンデレというものが滲み出てきてしまったようでふいっと顔を逸らしては少々上から目線であるもつんけんした態度で上記述べ「…返答無用だ、早く食べたいのだからな」なんて口を出せれまいと続けるように述べて。)

>>899

901:神様:2014/09/08(月) 18:43 ID:eSY

女神
魔女
天使来て

902: リルギナ ◆HY:2014/09/09(火) 17:21 ID:qBo




上げるぞ、

皆が来てくれないと寂し…、なっ、何でもない( 赤面/ふいっ、 )

903: ティティ ◆R.:2014/09/09(火) 22:30 ID:GVk



ふふふ、リルギナちゃん寂しかったんだー!( によによ/殴 )
とりあえず上げ感謝だよ!


え、ホント!?

( 

返答を聞くと途端にぱあああ、と瞳輝かせ。なんだかんだ最近丸くなって来た相手のツンデレに、何かからかってやろうかとする余裕は残念ながら与えられなかったので、少し言葉詰まり気味に返事をすると「じゃあ、まず落ち葉を拾うの手伝ってほしいなっ!」と促して。 )

>>902:リルギナ

904: リルギナ ◆HY:2014/09/12(金) 17:55 ID:I72




【 あわわっ、気づかぬうちにロルの所が…、まあ良いや(

レス返遅れてしまい、すみませんっ 】


…私がか、?

( 普段、ほとんど木の実しか食べない彼女は初体験である様子。また、先程から食べることばかりを考えていたらしく相手の言葉にこてりと首傾げては、少々しかめた顔をし上記を口にして「私がそんなことしなきゃいけないなどとはな、」なんて一人称強調しつつもやる気がないわけでは無いようでため息ついては一枚ずつ拾い始めて。)

>>903

905: きなこ◆R.:2014/09/13(土) 20:23 ID:OWU




( /お気になさらずヾ(@⌒ー⌒@)ノ
  返事が遅いのはわたしもですので…笑 )


勿論だよー!働かざるもの、えーっと、ナントカっていうでしょ?

(  まさか疑問系で返されるとは思ってもいなかったもので、理解しやすい例え言葉を使い論じようと上記、しかし言葉は最後まで覚えていなかった様子。それでも落ち葉を拾い始めた相手を見兼ねると、此方も腰を屈めては拾い始め。 )

>>904:リルギナ

906:ゆずゆず:2014/09/14(日) 22:48 ID:FVc

(吸血人形で参加希望ですぞー

907: fantasia . ◆R.:2014/09/15(月) 09:01 ID:GVk




( /ァ”ッ名前間違えてた。。 )>>905


( /有難うございます!わーい久しぶりの参加希望さんにわたしはウッホホイウッホホイしてます!
  素敵な吸血人形さん待ってますねッ☆ )

>>906



ほへー!上げるよー!( ぴょんこぴょんこ )
まだまだ参加者さん募集中だかんねッ!

908: リルギナ ◆Oy.:2014/09/15(月) 19:00 ID:jig




ふんっ、そんなのもわからぬのか

( 相変わらずちまちまと一枚ずつ落ち葉拾いつつも、相手が結局最後まで言えなかったことわざについてふっと鼻で笑って見せては上記述べ「 働かざるもの食うべからず、だ 」なんて知っていて当たり前であるはずが、相手が言えなかったことで調子にのっているのかドヤ顔で。)

>>905

909:ゆずゆず:2014/09/15(月) 23:47 ID:FVc

(/吸血人形で参加希望のものです

名前…アシュリー
性別…女
年齢…15、6位
性格…優しく、友達思いだが、どこか謎めいた部分があったり。
用心深く、慎重な一面もあるが、少し天然な部分がある。
初対面の人とは大体わりとすぐに打ち解けることができるが、社交的ではない。
チョコレートが好きらしい。
容姿…胸位までの桃色の髪は少し巻いていて、ふわっとしている。髪の毛が邪魔な時などは下の方で二つに結んでいることも。
目は赤で、ぱっちりとしているが少したれている。色は本人はあまり好きでないらしい。
服装はフリルがあしらわれているワンピースに、茶色の皮のショートベスト。
備考…吸血人形。
一人称は私。二人称はあなた、名前〜さんなど。敬語を使うことが多い。
「fantasia!」


(/不備ありますか…?

910: ティティ ◆R.:2014/09/16(火) 21:35 ID:GVk




ぬ、ぬう…!
違うよ!ちょっぴり物忘れしてただけだよ! (/

( 相手が其の言葉を知っていた事がなんとなく悔しく感じ、しかしなんとも見苦しくも弁論はしてみせて。そして気が付けば手が止まっており、また相手もちまちま拾っているためこのままでは日が暮れてしまうだろう。なんとか早く気を奮い立たせようと、「ね、落ち葉拾うの競争しよーよ!」と持ち掛けて。 )

>>908

( /吸血人形さんだああ!( はふはふ、/
 不備など御座いませんッ!参加有難うございます(*^^*)
  それでは、絡み文投下お願い致します☆ )

>>909

911: リルギナ ◆Oy.:2014/09/18(木) 18:07 ID:qBo




ま、その様なことわざの前半でも覚えていたのだからな…褒めてやる

( 相変わらず上から目線であるものの、かなり相手を下に見ていたらしく感心したように上記を述べては相手へ近づきぽんぽんと軽く頭に触れて。競争しようと持ちかけられた当初、あまり乗り気ではなかったらしくしかめた顔をしていたものの、断って逃げているなどと言いぐさをつけられてはたまったもんじゃないと「 勝つのは私に決まっている、それでもやると言うなら受けてたつぞ 」なんて胸張りつつ。)

>>910

912: ティティ◆R.:2014/09/18(木) 20:29 ID:GVk



えっへへー、当然だよー!

( 珍しく相手から褒められると、まさか格下に見られているなんて知らずにふふんと得意気に鼻鳴らして。相手の返答を聞くや否や「はい決定、じゃスタート!」と早口で開始を宣言。単に負けたくないのか相手の勝負心を煽るつもりなのか、直ぐに屈み込めばせっせと落葉拾い始め。/せこい\(^o^)/ )

>>911:リルギナ

913: リルギナ ◆Oy.:2014/09/20(土) 08:20 ID:qBo




…お、おいっ

( 準備する間も与えず始めてしまった相手を驚いたように上記口にしつつ見るものの、説教のような言動はなんとか抑え込み自分に都合の良い解釈をしたようで「 ズルありか… 」なんて木の上にのぼって行っては木の実取り始め、数個たまったところで相手に投げつけ、どうやら相手が拾うのを妨げついでに水の泡にしたい様子。)

>>912

914: きっとキラキラの恋だから!◆2k:2014/09/20(土) 17:29 ID:GVk




にゃっははは…Σって痛ッ!
な、なにするのさー!?

( してやったりと口角をにやりと上げたのも束の間、相手から投げ付けられた木の実はコツンと自身の後頭部に見事ヒットし、思わず情けない声を挙げて。そして先程の自分の行いはまるで完全に棚上げ、キッと相手を見上げて。 )

>>913:リルギナ

915: ティティ◆R.:2014/09/20(土) 17:31 ID:GVk




( /名前間違えたしにたい☆彡.。
  ティティさんは別にキラキラも何もしてません!!!!!>>914

916: リルギナ ◆Oy.:2014/09/22(月) 17:13 ID:qBo




ズル……、ありなんだろ、?

( 仁王立ちし、ニヤリと笑って見せては相手を見下ろして上記述べ、ビシィッと指差しては「 今更言い逃れようなんぞ…、バカな考えは捨てろよ 」なんて偉そうにふっと鼻で笑いこてりと首傾げては自分の隣にあった気の枝へぶら下がる木の実とっては座りこんで、相変わらず相手見下ろしながらも口にし始めて。)

>>914

917: ティティ◆R.:2014/09/23(火) 18:58 ID:GVk




うぐぐ…スタートダッシュのアレかあ。
良いさ、正攻法でも勝ってやるもんねー!

( ズル、と言われると先程の其れが頭に浮かんだ様で、してやられたと言った様に軽くため息、もしかしたら少し悔い改めているのかもしれない。しかしふんぬっと鼻を1回鳴らすと上記をそう宣言、そしてぽふりと狼の姿へ変身。果たしてまだ芋の事は頭に残っているだろうか、がるるる、と戦意(とはいえ内容は落ち葉拾いなのだが)を示して。 )

>>916

918: リルギナ ◆Oy.:2014/09/24(水) 15:50 ID:qBo




ふん、やっとやる気になったのか

( 相変わらず木の実を食しているものの、ちらりと相手を横目で見下ろしては上記述べ、ニヤリとした笑み浮かべつつも立ち上がって再度仁王立ちして見せては「 お前がやる気を出してるんだ、私もそうするとしようではないか 」なんて上から目線でありながらも、狼の姿に変身しては腰を屈めて勢いよく飛び上がり地へ着地して。)

>>917

919: ティティ◆R.:2014/09/24(水) 21:48 ID:GVk




Σ、おおうっ、なんか戦いっぽくなってきたー!

( すとん、と唐突に降り立ちた相手に少し驚きヒュッと息を吸い込んだが、なんだかそれっぽくなった雰囲気に俄然やる気が漲っていた様で、ふふふ、とそれっぽく口角を上げて。それでは改めてスタートを切りたい様で、「 じゃあ改めましてっ!よーい…どんっ! 」と今回は其れらしく公平に宣言し、同時に徒競走の旗を上げる様に前足で風を切り。 )

>>918:リルギナ

920: リルギナ、 ◆Sys:2014/09/28(日) 11:59 ID:qBo




……、

( あんなにやる気がなかった彼女は言葉も口にしなくなる程、落ち葉広いの競争に熱中しているようで、相手がスタートを切ったとともにそれなりのスピードを出しながら茶色や橙色に染まった場へ走って行けば、少々はふはふしながらも落ち葉をすくうようにして口で加えてはスタートを切った場所に戻って行き、今拾った分の落ち葉を置いては再度同じように口にくわえて落ち葉を集めており。)

>>919

921: ティティ◆R.:2014/09/30(火) 21:32 ID:GVk






( 此方もスタートを切ったその後は真剣そのものらしく、せかせかとそこここの落ち葉を口に加えては走り、を繰り返し。--暫くした後にふと相手の方を見ると、其れなりのスピードで落ち葉を集める彼女が。負けてられない、と意気込みつつ、確実に溜まってきた落ち葉に本来の目的であった焼き芋を思い出し。この様子ではもうすぐだろうかなと、くふふと思わず笑みを零したのち、また集める作業へと戻り。 )


>>920:リルギナ


お返事遅くなってごめんだよ!( ぺこり )

922: ティティ◆R.:2014/10/04(土) 20:35 ID:GVk




上げとくねー!
新規さんも募集中だよん!( にぱぱ )

923: リルギナ、 ◆Sys:2014/10/05(日) 08:22 ID:LTI



ティティ…まだなのか、?

( 暫くは気力があったようで、負けるまいと頑張って落ち葉拾っていたものの、何周目かしたところで口にくわえていた落ち葉を積まれているところへおいてはちらりと相手を見、どうやらもう飽きてきた様子でやる気もなくなってきたらしく、はあとため息つきつつだらんと尻尾を下げては上記を述べて。)

>>921

924: ティティ◆R.:2014/10/06(月) 12:24 ID:GVk



んー…もう良い具合かな?

( そう声を掛けられるともう良い様な気がして。口に咥えた落ち葉を置くのを最後にぼふりと人間の姿に戻り。「 さ、じゃあ次は火を起こさなきゃだね! 」と次のステップへ参る様だが、如何せん火を起こすのは中々に大変な事は心得ているらしく、何か期待する様な目で相手見やり。/ )

>>923:リルギナ

925: リルギナ、 ◆Sys:2014/10/10(金) 17:46 ID:HWM




遅れてすまんな…( 目線下げ、 )



なんだ、?

( 相手の視線にこてりと首傾げてはさっぱりなようで上記ぽそりと口にし、しかめた顔で相手を見、考えていたもののその意味がやっとわかった様子。だが満更でもないようで「 …は、私はやらんぞ。何せ今後の大切な未来があるからな。 」なんて焦り気味に述べ、後退りしては木をよじのぼり。どうやら身の危険をおかしてまで焼き芋をしたいとは思わない様子、少々火を怖がってるらしく。)

>>924

926: ティティ◆R.:2014/10/11(土) 19:13 ID:GVk




大丈夫だよー!
この頃はゆるゆる進行だからねー( にひ、 )


えー!

( 早々と木の上に登ってしまった相手に口尖らせて。しかし意外にも諦めは早く、「僕だってあと100年くらいは生きる予定なのにー」なんてブツブツ言いながら、木の板に棒でゴリゴリする手法で火起こし始め。如何せん不器用なので中々炎は見られず、あれあれ?と顔近付けたところでボッと炎が上がり。/這這這這這 )

>>925

927: リルギナ、 ◆Sys:2014/10/12(日) 13:30 ID:HWM




おいっ、!

( 寝転がってくつろぐ姿勢で相手を見下ろしながらもその様子を眺めていたものの、最初は危なっかしいと思いつつそこまで気にしていなかったようで時おり目線をはずしたりしていたが顔付近で炎が上がったのを目にしては飛び起きて人間の姿になり、木をおりては相手の肩をガシッとつかんで引きはなそうとぐいっと強めに引っ張って。)

>>926

928: リルギナ、 ◆Sys:2014/10/14(火) 13:22 ID:HWM



上げるぞ…( ふいっ、 )

929: ティティ◆R. hoge:2014/10/14(火) 21:57 ID:GVk



這狽あああ、お留守ごめんだよ!( ぺこぺこ )





わ、わああああ〜、焦げちゃうかと思った〜…

( 急いで引っ張ってもらった事もあり、幸いにも前髪の先が黒く焦げた程度。当の本人はといえば何が起こったのか理解できておらずポケッとしており、ちりちりの焦げ目から漂う煙にケホケホとむせており。/ )


>>927

930: ティティ◆R.:2014/10/14(火) 21:58 ID:GVk




藩゚ョッ、hogeてた!

931: リルギナ、 ◆Sys:2014/10/15(水) 13:57 ID:HWM




別に、気にしてないから謝らなくても良いぞ( ちらり、 )



…馬鹿っ、!何やってんだお前は、!

( 危機感感じられぬその態度に堪忍袋の緒が切れたらしく、キッとした睨むような鋭い目付きで相手を見ては少々強めに手首掴みぐいっと上へ引っ張って。何事も適当で他人事に思い、時おり相手を小馬鹿にする彼女であったがさすがにいつもと今では話が違うというようで眉間にしわよせつつ酷く怒り狂った表情で上記口にして。)

>>929

932: ティティ◆R.:2014/10/18(土) 21:29 ID:GVk




あわわわ、感謝だよ( 眉下げ、




わわっ!えっ、えっと…!

( 手首掴まれると驚いた様に声挙げて。しかし何より驚いたのは彼女の見た事の無い様な怒り様で。思わず一瞬の間を置いてしまい、しかしこの雰囲気はぼんやりしてはいけないと察し、次に続く言葉をあたふたと探して。 )


>>931



魔法使いさん最近ご無沙汰だし、思い切って二役目追加しちゃおうかなあ…( うむむ )
リルギナちゃん本体さんに相談してみるるるよ!←

933: ティティ◆R.:2014/10/18(土) 21:33 ID:GVk




( /良く見たらルールに一人一役書いちゃってたよ自分呪います。・:(゚^o^゚):・。 )

934: リルギナ、 ◆.ISys:2014/10/24(金) 16:43 ID:9FM




今回は此方の方だな、遅れてすまない( 背後ちらり、ため息はぁ、 )


はぁ、…もういい、退け。

( 相手の様子に一度目を閉じ深呼吸しては再度相手を見、その眼差しは先程とは違って呆れもまじりつつも優しいものでため息ついては上記述べ、小さな炎をちらりと見ては「 あとは私がやるから、直接手を出すような真似はやめろよ 」なんて。)

>>932


【 とりま、ルールはもう今更変えれないのでpart2までいってから変更してはどうでしょうか、? 】

935: リルギナ ◆.ISys:2014/10/26(日) 14:56 ID:9FM



上げ、

936: ティティ◆R.:2014/10/27(月) 20:59 ID:GVk




そして今回は僕でした、
毎回ホントにごめんなさい···うー、悪気は無いんだよ( へこり )


うへー、なんかごめんね···

( それ以上怒ることの無かった相手に、やや申し訳なさそうに眉下げ。焦げた髪を触るとちりちりと焦げ屑となり、それを風の赴くままに飛ばし乍ふと相手の背中見やり、「 リルギナちゃんって、やっぱり優しいね ··· 」とぽつり。 )

( /成る程(*°▽°)!
  やけど、このスレpart2需要ありますかね。。(´;ω;`)? )

>>934

937:アリス◆L/s:2015/01/04(日) 15:36

しばらく来られなくてすみません(汗)
けっこう間があいちゃったので、レス蹴りしまふ..。

938: fantasia.◆R.:2015/01/04(日) 20:05



( /わあ、お久しぶりです!
大分下がってしまっていたにも関わらず、また来て下さった事に凄く感謝です(*^^*)
蹴り了解ですゝ” )

>>937

939:アリス◆L/s:2015/01/05(月) 13:08

いえいえ
こちらこそです、!!
お相手感謝です、!!

絡み文出すので、お相手お願いしまふ、、、。





暇だなー
((自宅のベランダで、足をぶらぶらさせては、上記述べ。小鳥が近づいて来れば、「暇なの」
  なんて、友達ぶった口調で、話しかけ。( ← 完全に痛い子ですね(笑))

                              >>おーる様

940:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/06(火) 21:33

【な、懐かしい…じゃなくて、しばらく来れなくてすいませんでした。と、自分もレス蹴りさせていただきますねっ!代わりに絡み文置いておくのでよろしかったら絡んでやってください!】

今日も外は冷えているようだな…(いつも通り森に魔法の修行をしようと思ったが、予想以上の寒さに頬をぽりぽりと掻きながら上記呟いて。しばらく考えると「今日は気分転換に街を回るか、息抜きも大事だしな…」と自分に言い聞かせるように言うと少し厚着をしながら自宅を出て退屈そうな表情しながらも街を歩いており)

>>all様


【と、絡ませていただきますっ!】

ん、アイツは確か…誰だ?まったく思い出せん(たまたま相手の自宅付近を歩いていると相手が視界へと入り、顔をしかめながら上記呟いて。その後相手へと近付くと「ん、と…なんだかよくわからんが、お前を見たことがあるような気がするんだ。そっちは俺に見覚えあるか?」と首を傾げながら問いかけてみて)

>>アリス

941:  リルギナ  ◆o.:2015/01/07(水) 09:14




【  失礼ながら放置気味でした。申し訳ないです。; 大分時間がたってしまいましたが、絡みはどうしましょうか、?続行、また蹴りはティティくん本体様に任せます。  】

>>936


【  絡みます、!  】


…ア、アリス。

( 以前、相手の家に来たことがあったためか、同じようにかなり暇していた彼女は木々を触りにおいを嗅ぎと多少寄り道しながら相手の家へと向かい。家まで行く程の付き合いは今までそうそうなかったらしく、初めての感覚に少々照れくさそうにしつつ、ベランダにいる相手見つけては名前呼び。まぎらわす様に相手と地を交互にちらちらと見。 )

>>939 アリス


【  絡みますね、!  】


…うむ、そろそろ新しい服が欲しいな。

( あまり森を出ることがない彼女が何か買い物だろうか、手を後ろで組みつつぶらぶらと歩いていて。すれ違い様に綺麗な服を着た女の人がふと目に入り、その場で自分の服装を見直した後、考えるように顎に軽く手を添え目線下げては上記ぼそり。自分とは逆方向、つまり向き合うように歩いているも相手には全く気づく様子はなく。 )

>>940 セラ

942:アリス◆L/s:2015/01/07(水) 13:13






.....はい、わかりますよ

((相手の顔をジッーっと見たのち、上記述べ。しばらく黙り込むも、何か思い出したように手をポン
  と、たたくと、「約束どうり、笛をつくりました」と言って、キツネの絵が刻まれた笛を差し出して。

                                >>940




......あっ、!!

((相手の顔を見た瞬間、大声を出したかと思うと、いきなりばたばたと暴れ始め、しまいにはベランダから
 落ちてしまって。

                                   >>941

943:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/07(水) 18:49

【絡みありがとうございますっ!】

夕飯は…どうするか。冷蔵庫の中が絶滅しているからな、とりあえず食材いを…(外に出たのはいいもののまったく計画を立てないで飛び出したせいか相当退屈なようで、腕を組みながら夕飯のことを考えていると見覚えのある顔が視界へと入り一瞬固まり。その後、しばらくして「ん、と…リルギナ、か?」と相手に近付き首を傾げながら問いかけて)

>>941


やはりそうか、俺も見覚えはあるんだが…(相手からの返答に少し安心しつつも、自分の記憶が曖昧な為少し申し訳なくなり言葉に詰まるっているようで。相手から笛を受け取ると「こ、これは…あぁ、あの時のっ!?久しぶりだな、身体の方はもう大丈夫なのか?」と、以前笛を作るように頼んでいたのを思い出しどこか懐かし気に問いかけてみて)

>>942

944:  リルギナ  ◆o.:2015/01/07(水) 21:32




……だ、大丈夫か、?

( 助けようと走り出した時にはもう遅く、悲惨な姿を見たくないが故に反射的に目を瞑り耳塞ぎつつ顔をそらしてしまったものの、片目ずつゆっくりと細く目を開け相手を確認した後、相手にそろそろと近づいて行けば苦笑い気味に手を差し出し上記述べ。 )

>>942 アリス


【  いえいえ、お久しぶりですね。  】


私の顔も忘れてしまったのか…、セラ。

( 相手に声をかけられれば、しばらく見ていなかった顔に少々驚いた様子で相手同様硬直するものの、会えた嬉しさで口許緩ませ。しかし、むっと拗ねた様で悲しそうな表情浮かべては上記小さく口にし「 すまん、用事があるんだ。…じゃあな。 」なんて避ける様に先程の発言にたいしての返事を聞く事もせず、服を買うのに戻ろうとし。 )

>>943 セラ

945: ティティ ◆N.:2015/01/07(水) 23:08




( /それでは絡ませて頂きますね! )


待てー!···あれれ?アリスちゃんだー!やっほーアリスちゃん!

( 何か追ってはあはあと息を切らし乍走っていると、偶然彼女の宅へとたどり着いた様で。ベランダに見覚えのある姿を見つけると、手をぶんぶんと空へ振り彼女の名前を呼んでみせて。 )

>>939

( /ホントに懐かしい(笑)また来て下さって嬉しいです(*^^*)蹴り了解しました、それでは新しく絡ませて頂きますね! )

焼き芋焼き芋〜。あ、セラだー!

( ほかほかと冬の白い息に混じって湯気を出す、古紙に包まれた焼き芋を持ってルンルンと歩いており。すると前方に見知った姿を見つけた為、芋片手に手を振り乍近付いて。 )

>>940


( /お気になさらず!また来て下さって嬉しいです(*^^*) わたしとしてはどちらでも構いませんが、此処はいっそ心機一転としちゃいましょうか!  )

>>941

946:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/07(水) 23:12

【そうですね。なかなか来れなくて…。と少し遅いですが、あけましておめでとうございますっ。】

い、いや…えーと、すまない(相手の悲しげな表情を見ると、視線を逸らし返す言葉も見つからずただ何と無く謝罪をして。相手が避ける様に自分の前から立ち去ろうとしては「ん、もう行ってしまうのか…。その、用事が終わったらでいいんだが…また、会えないか?」と、少し控えめながら相手を引き止め、不安そうな表情をしながらも問いかけてみて)

>>944

947:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/07(水) 23:22

【長い間来れなくてすいませんでしたっ…またこうして会えてよかったです。と、少し遅いですがあけましておめでとうございますっ!】

ん、ティティ…かっ!?(聞き覚えのある声が耳に入ってくると、目を細めながらじーっと見つめ。その後、驚いた表情をしながら上記述べて相手に近付き「久しぶりだな、元気だったか?」と、あからさま元気そうな相手の様子を見て、心配する必要もないかと内心思いながら問いかけ)

>>945

948:  リルギナ  ◆o.:2015/01/07(水) 23:42




【  そうですね。とりあえず今日は返し落ちさせて頂くので、明日私の方から絡み文だします、!  】

>>945


【  人それぞれ事情はあるので、無理はしないでくださいね。 あけましておめでとうございます。今年も楽しく出来れば良いですねー、!  】


その様な顔をするな。

( 久しぶりに会えたというのに、気まずいというだけの理由と自分の言動せいで相手を不安にさせているのだと思うとやはり息苦しくなるようで眉を下げ少々苦しそうな表情で相手を視界にとらえては上記ぼそり。そして大分唐突だが、少し目線下げつつ間をあけては「 セラ、…お前と一緒に買い物がしたい。 」なんて。 )

>>946 セラ

949:アリス◆L/s:2015/01/08(木) 13:30




もう、大丈夫ですよ、!!

((笛を渡したとたんに、相手の反応が変化し、少々驚きつつも、何とか笑顔を作っており、体調の
 ことを聞かれると、キョトンとしつつも上記述べ。

                  >>943



うう、すみません...。

((相手に手を差し伸べられれば、素直に手を握り、上記述べ。立ち上がると、スカートの裾を、
 何度かはらい、「お詫びにお茶でもいかがでしょう...。」と言って。

                               >>944


あっ、毒キノコの子だ....。

((相手に声をかけられれば、手を振り返して上記述べ。後から、なぜ、「毒キノコの子」なんて
 失礼な事を言ったのだろうと反省して。

                                >>945

950:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/08(木) 16:03

【そう言ってもらえるとありがたいです。ですねっ、今年もよろしくです!】

ん、わかった。すまないな…また会えて嬉しいよ(相手の発言聞いてはチラッと相手の顔見て、頭をぐしぐしと掻きながらぼそりと謝罪をし、少し間を開けてから笑顔で上記述べて。相手から唐突に買い物に誘われては少し戸惑いながら「え、と…別に構わないが。なにか買う予定だったのか?」と少々不思議そうに相手見て首を傾げながら問いかけ)

>>948


そうか、よかった。初めて森で出会ったときには君が急に倒れて驚いたよ(相手の返答を聞くと安心した表情をしながら胸を撫で下ろし、初めて会ったときのことを思い出しては懐かし気に上記述べて。その後、しばらくして渡された笛を見つめると「確かこれは…吹くと動物が寄ってくるんだよな。それにしても、よく覚えていたな…笛を作る約束なんて」と少し驚いた表情をしながら呟いて)

>>949

951:  リルギナ  ◆o.:2015/01/08(木) 16:49




うむ、別に良いが…。本当に大丈夫なのか、?

( 相手のお詫びのお茶の提案には、きょとんとした表情浮かべつつ承諾するものの、やはり相手の様子が少々心配なのかキョロキョロと目を泳がせ頬かいては心配そうにベランダから落ちたことについてたずね。 )

>>949 アリス


【  此方こそよろしくお願いしますー、! ( 蹴り可 )  】


…会いたかった、ぞ。

( 買い物のことはさりげなく棚に置きつつ相手を見、目線落としと繰り返した後、照れくさそうに顔そらしては上記述べ、まぎらわすように手をいじりニシシと笑ってみせ。そして本題へ戻り、相手からの問いについては「 服を買おうと思ってな。できればこのネックレスにあうものが良いな。 」なんて首に下がる相手から貰ったネックレス握りつつ。 )

>>950 セラ


【  ティティくん宛に絡み文投下させていただきますねー、!  】


うむ…、これは旨いな。

( 艶だった真っ赤な林檎を口にくわえては手に持つ大きな袋に入った新鮮な果物あさりつつ森の中歩いており。どうやら街で買い物をしてきた帰りらしく、上記ぶつぶつと口にしながらも先程重さに耐えられず開いてしまった穴から果物がこぼれ落ち短い道になっていることに気づかずに。 )

>>ティティ

952:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/08(木) 18:52

ん、そうか。随分と久しぶりだが、あまり変わっていないな…少し背が伸びたか?(相手の言葉と表情に安心したのか、ふぅと息を吐きながら胸を撫で下ろし。その後相手をジロジロと見ては、相手の頭に手を置くと首を傾げながら上記述べて。相手の返答を聞くと少し驚いた表情で「ほう、リルギナも服とか気にする様になったのか…少し意外、だな。ん、まだ持っていてくれたんだな…」と、ネックレスを握っている相手の手を嬉し気に見つめながらぼそりと呟き)

>>951

953:  リルギナ  ◆o.:2015/01/08(木) 19:10




…わからん。…私はまだ背が伸びるのだろうか。

( 自分の頭におかれた相手の手を不思議そうに見つつ、わざわざ身長を測ることなどそうそうしない為よくわからぬようで。また、寿命が長い故に日々身長が伸びてしまうと大変だと不安そうに上記口にし。「 き、気にするようになったのではない。飽きてきたからという事であって… 」なんて気にくわない点でもあったらしく、おどおどしつつ述べ、ふふんと胸を張りネックレス強調して。 )

>>952 セラ

954:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/08(木) 19:38

ふむ、確かに悩ましい問題だな。いつか、身長差が開いてしまうのか…牛乳でも飲むとしよう(相手の頭から手を離しては顎に手を添え、うーんと唸りながら真剣な表情で上記呟いて。相手の様子を笑み浮かべながら見ていると「まぁ、女の子だしな…オシャレもいいとは思うぞ」と、こくこく頷きながらも相手の話を聞き流し。相手が強調してきたネックレスをどこか懐かし気に見ては、微かに笑み見せて)

>>953

955:  リルギナ  ◆o.:2015/01/08(木) 20:03




…大丈夫だ。そ、そんな事には絶対にならん。

( 相手の牛乳ネタにむぅと不機嫌そうな表情浮かべつつ、変な冷や汗流しては上記述べ “ 200は生きているがそんなに長身でもないし… ” なんて言い聞かせるもやはり不安な様で。相手の言葉に必死に言い返そうとするも「 …そ、そんな事はどうでも良いんだ。行くぞ、! 」なんて出るはずだった言葉を飲み込み、ネックレスの思い出に浸る暇もなく相手の手首掴んで。 )

>>954 セラ

956:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/08(木) 20:35

ま、冗談だ。久々にリルギナの困った顔が見たくてな(相手の慌てた様子を満足気に見ては機嫌良さそうに一人笑っており、そんなに気にするなと一言。相手に手首を掴まれては少しバランス崩しながらも相手に引っ張られながら付いて行き「そんなに慌てなくても大丈夫だ、時間はたっぷりあるぞ?」と、少し不思議そうに首を傾げながら辺りの店に目をやり呟いて)

>>955

957:  リルギナ  ◆o.:2015/01/08(木) 20:49




…セラは意地悪だ。

( いつも然り気無く人をいじってくる相手に不服そうな表情浮かべては笑っている相手の頬を両手で強めにつまみつつ上記述べ。状況をあまり理解出来てない様子の相手を見ては肝心な時に鈍いんだから、と苦笑いしつつ「 セラに選んで欲しい、な。 」なんて歩く速度合わせ顔を見られないようにと逸らしながら控えめに口にし。 )

>>956 セラ

958:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/08(木) 21:06

い、痛いぞっ。普通に痛いぞっ?(相手から強めに頬を引っ張られては満足気な表情は一切なくなり若干涙目になりながらも相手の頬をペチペチと軽く叩きながら上記述べて。相手の発言が耳に入ってくると、こてんと小首を傾げ「ん、俺が選ぶのか?ふん、いいだろう。俺に任せておけ」と、何故か選ぶ気満々な様子で相手の今着ている服をじーっと見ており)

>>957

959:  リルギナ  ◆o.:2015/01/08(木) 21:43




わ、私だってな…

( 言い返してやろうと軽く叩かれているだけにも関わらず片手頬から離し、叩くその手をガシッと掴んでは上記口にするも相手が涙目だった為、渋々手を離しては口を閉じ。自信ありげな発言後、服見られ苦笑しつつ「 同じテイストのものでなくても別にいいぞ、? 」なんて手で相手の視界を遮りながら。 )

>>958 セラ

960:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/08(木) 22:43

ん、なんだ?言いたいことがあるなら言った方がいい、怒らないから言ってみろ(相手が何かを言い掛けては眉を下げ、引っ張られた頬をさすりながらため息混じりに問いかけてみて。相手から視界を遮られては腕を前で組みながら「んー…こういうのが着てみたい、というのはないのか?女の子の服を選んだ経験がないからな、なかなか難しい問題だ」と、深刻そうな表情で左記を述べて)

>>959

961:  リルギナ  ◆o.:2015/01/08(木) 22:59




……全然、何でもない。

( 相手の口回しに宥められた子供になったような気分になりつつも、自分がやったように強くつねるのとは違い、ちょっと軽く頬を叩かれた事くらいで言い返すことは出来ないと今更ながら気づいたらしく適当に言葉を並べただけの上記述べ。その深刻そうな顔にむっとして考えるも「 …特にないな。セラが私に着てみて欲しいと思える服にしたらどうだ、? 」なんて結局提案しかできなく。 )

>>960 セラ

962:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/08(木) 23:55

そうか、ならいい…(相手の返答を聞いては少し不満気な表情見せるも、それ以上は追求することはなく小さな声で上記述べて。相手からの提案を聞くと相手の顔をじとっと見て「リルギナに着てほしい服、か…。いっそのこと、このまさに女の子が着るような服はどうだ?」と、服屋に指差すとそこにはフリフリの服が店の前に出ており)

>>961

963:  リルギナ  ◆o.:2015/01/09(金) 07:48




……に、似合うのなら別に…

( 指差されたフリルの服を見ては顔をひきつらせ片手で口許押さえては相手に見られぬようにと顔逸らし黙りこむものの深呼吸した後、逸らしたまま頬掻きつつ上記述べ。しかし、気持ちに逆らえず話をそらそうと「 そ、そういえばセラは何しに来たんだ、? 」なんて多少強引に相手に腕絡ませては引き。 )

>>962 セラ

964:アリス◆L/s:2015/01/09(金) 13:02





魔法使いとお喋りしたのは、初めてでしたので....

((以前の話をされると、急に焦りだし、「あ、あのときはっ、ほほほ、本当にありがとうでした」
 なんて、カミカミ口調でお礼を言い。笛の特性について聞かれると、「はい。キツネとか、山猫
 とかが、よく来ます。」と自慢げに述べるも、「約束をよく覚えていたな」といわれると、少し
 うつむき、上記のべ。

 【 長文すみません (汗) 】                  >>950 セラ・リンクス様




だだだ、大丈夫ですっ

((ベランダから落ちたことを相手が心配していると察した彼女は、質問に即答し、ぴょんと跳ねて、
 元気であることをアピールしようとするも、着地に失敗し。

                                 >>951 リルギナ様
 

965:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/09(金) 17:31

フッ、冗談だ。まぁ…リルギナならなんでも似合うとは思うがな(またもや相手の反応を楽しむために軽く冗談を言っていたようで。相手の反応を見ては満足気な表情で冗談だと告げ、少し間を開けてはぼそりと上記述べて。相手から何をしに来たのか問われては「あぁ、俺か…?ん、まぁ…気分転換だな。毎日修行ばかりしているからな、たまには街に出て暇を潰すのもいいかと思っただけさ」と、特に用事はないと苦笑いしながら述べて)

>>963


【いえ、大丈夫ですよー。】

あぁ、辛い過去もあったみたいだしな…どうだ?少しは魔法使いへの意識も変わったか?(相手から礼を述べられては「気にするな」と一言述べ、魔法使いである自分と問題なく話せている相手が少し気になったのか首を傾げながら問いかけてみて。相手に笛の説明されては「なるほど、これで好きな時に動物と戯れられるわけか…。ありがとな」と、興奮しがちにブツブツ呟きつつ、うつむいた相手不思議そうに見ながらも礼を述べ)

>>964

966:  リルギナ  ◆o.:2015/01/09(金) 17:55




お前…、嘘が下手なんだな。

( 彼女自信も顔にでてしまう為、あまり嘘をつくのが得意ではないのだが、うまく着地できなかった相手を真顔で見てはストレートに上記述べ、呆れた様にため息ついては他人の家にも関わらずグイグイと引っ張り家の中へ入り。 )

>>964 アリス


…前よりも意地悪になっているな。

( 2度にもわたり相手の冗談にまんまとのせられた自分を呪いつつ困ったように苦笑しては上記述べ、先程と同様、次は相手の頬の片方だけをつねって。自分と違い、相手は特に用がないという事を知れば「 そうかそうか。じゃ、悪趣味な事してないで、私の服選びに付き合ってくれ。 」なんて絡めた腕をほどきつつフリルの服はとりあえずスルーし。 )

>>965 セラ

967:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/09(金) 18:56

そうか?俺はもともと意地悪さ、前と変わらんだろう(相手に前より意地悪になったと言われては小首をこてんと傾げながらも悪戯っぽく笑ってみせ。片頬を引っ張られているが、先ほどので麻痺しているのかあまりリアクションはせず。相手の発言聞いては「悪趣味で結構さ。ま、リルギナの服選びに付き合うのは別にいいが…選ぶのが俺でいいのか?」と、何故が此方が少し不安そうな表情しながら問いかけてみて)

>>966

968: ティティ◆N.:2015/01/09(金) 19:19




( /ですね!あ、此方も遅ばせながらあけましておめでとうございます! )

久しぶりだね、僕はこの通り元気だよー!…うー…でも寒いね!

( にへら、と口元に笑みを浮かべそう答えたその時、ヒュッと冬の風が吹いて。肌を刺すような冷たさに思わずぶるる、と身震い。焼き芋を頬にぴとりとくっつけると、はふりと苦笑して。 )

>>947

んん、毒キノコ…?わー!わー!まだ覚えてたんだ、そんな事!

( はて?とそのワードに首を傾げ。すると段々と幾らか思い出してきた様で。些か黒歴史の様に感じられ、かああ、と顔を林檎の様に真っ赤に染めると、バタバタと両手をはためかせて。 )

>>948

( /絡み文ありがとうございます!それでは絡ませて頂きますね(*´`*) )

わ、おいしそー!…あれ?あれれ…?

( 丁度狼姿で散歩していた頃。相手の落とした果実がこつん、と前足に当たり。ふと前方を見ると其れはなんだか連なっている様なので、落し物かそれとも何かの道しるべかな、なんて考え乍ぽふりと少年の姿に変化すると、果実を拾い乍沿って歩いて行き。 )

>>951

969:  リルギナ  ◆o.:2015/01/09(金) 19:48




前より度が増したと言っているんだ、!

( 相手の笑みに少々言葉がつまるも、むっとした表情浮かべては強気に上記口にして。以前は涙目になったはずの頬のつねりも効かず、いかにも不機嫌そうな顔しては手を移動させ、相手の手の甲の皮膚をつね。不安そうな表情に口角あげては「 セラに選んで欲しいんだ。私が素直なうちにいうことをきけ。 」なんて “ に ” を強調しつつ述べ。 )

>>967 セラ

970:  リルギナ  ◆o.:2015/01/09(金) 20:09




ふう…、少し休むか。

( 疲れてきたのかズルズルと果物が入った袋を引きずり、多少果物が多く入っていたためか穴から抜けていっている事にいまだ気づかず、腰に片手当て大きな木の前でピタリと止まっては上記述べ。木の根本に座ろうと後ろ振り返ってはあるはずの無い果物が落ちてい、気づくのが遅かったとため息ついて。 )

>>968 ティティ

971:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/09(金) 21:22

ん、お前が元気じゃなかったら違和感しかないからな(相手の表情を見ては相変わらずの笑顔に一安心したのか、ふぅと息を吐きながら上記述べて。相手の寒そうな様子見ては「あぁ、確かに寒いな…困ったものだ」と、苦笑いしてはマフラーをぐっと上にあげて左記を述べて)

>>968


別にいいだろ、リルギナの困った表情見るのもなかなか楽しいんだ。まぁ、そんな嫌なら慎むが(相手の強気な口調での発言聞いては少しむすっとしながら相手じとっと見て。相手につねる位置を変えられては「っ!?こら、痛いだろうっ」と、つねられた手を引きながら述べ。相手の返答には首を傾げながらも「命令口調なのは気に入らないが、そんなに選んで欲しいなら選んでやるさ。それじゃ、先ずはあの店だな」と、こくりと頷きながら服屋へとスタスタ歩いて行き)

>>969

972:  リルギナ  ◆o.:2015/01/09(金) 22:19




…セ、セラだから許してやってるんだぞ。

( むすっとした表情の上に見られるものだから、強気で居たものの少々甘さが出てしまい、おどおどしつつも相手から目線逸らしては上記ぼそぼそと口にし。また、子供を叱る様な言い方をする相手にむすっとした表情浮かべつつ、渋々はなし。先を進む相手の隣へ小走りで行けば「 変なのは選らんじゃダメだからな、! 」なんて。 )

>>971 セラ

973:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/09(金) 23:05

そうか…ありがと、な。相変わらず優しいんだな、リルギナ(自分だから許してくれていると言われては照れくさそうな表情で頬をぽりぽり掻き、礼を述べては相手の頭に手を置きぽんぽんと叩き。相手が大人しく手を話せば満足気にこくこく頷き。隣に来た相手を横目で見ては「俺が選ぶのだったらなんでも、いいんだろ?…なんてな、任せとけ。しっかりいいヤツ選んでやるさ」と、クスクス笑いながら店の中へと入って)

>>972

974:  リルギナ  ◆o.:2015/01/10(土) 00:05




そ、そうでもない…ぞ、?

( 優しく叩かれた事に後押しされ、久しぶりに頬ほんのりと赤く染めては多少言葉つまり唸るものの、動揺した様に目を泳がせつつ顔逸らしては“ 優しい ”という言葉に対し控えめに上記述べ。小馬鹿にする様なその笑みに「 …やはりちょっと意地悪になったな、! 」なんて不服そうな表情でむきになりつつ相手につづき店へ足踏み入れ。 )

>>973 セラ

975:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/10(土) 01:02

前に優しいって言ったときも否定したな、確か…。ん、照れてるのか?(相手の返答が前に聞いたときと同じだったのを思いだし笑み浮かべな、相手の頬が赤くなっているのに気づいては悪戯っぽく笑いながら上記述べ。少し振り向いては相手をチラッと見て「まぁ、そんなに気にするな。それより服だろ?」と、軽く受け流しては突然歩く足を止めて)

>>974

976:  リルギナ  ◆o.:2015/01/10(土) 09:32






て、照れてなどない、!

( 見透かした様な笑みに図星だからか顔強ばらせ。頬赤く染めたまま、分かりやすく動揺しおどおどした様子でありつつも、むっとした顔で相手見ては上記述べ全面否定し。受け流された事にたいしては腑に落ちない様子でむっとしていたも、店内見回し歩いておれば相手が急に足を止めた為、軽く相手の背中にあたりつつ「 んっ、どうしたんだ、? 」なんて。 )

>>975 セラ

977:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/10(土) 16:07

素直じゃないな、相変わらず…。顔に出てるぞ、顔に(相手が明らかに照れている様子を見せながらも否定をしてきたのを見て、前から変わっていないと思いクスクス笑いながら上記述べて。相手にどうしたのかと問われては「今とても大事なことを思い出した…が、そんなことより服選びが優先だ」と、顔をしかめながら左記を述べては再び足を進め、辺り見渡し服を探しており)

>>976

978:  リルギナ  ◆o.:2015/01/10(土) 16:58




で、出てるわけ無かろう、!…セラの見間違えだ。

( 本人はあまり自覚が無かったらしく、言われては少々驚いた表情見せるも相手に笑われてしまった事で恥ずかしくなったのか不機嫌そうな顔し上記述べ。顔に出ていると言われたのを気にしてか、相手の目元を手でおおっては自分の頬引っ張ったりしており。服は今絶対欲しい訳でも無い故、相手の腕掴んでは「 大事な事なのなら、そっちを優先すべきだ。 」なんて真面目な表情で。 )

>>977 セラ

979:アリス◆L/s:2015/01/11(日) 13:39





貴方のおかげで、見える世界が広くなりました。

((魔法使いに対しての思いを聞かれれば、「はい。魔法使い=悪いというイメージは、無くなりました」
 といい。笛の特性について聞かれれば、「山猫、狐とかが、よくよって来ます」と述べ、そのあとに、
 ボソリと上記呟き。


                               >>965 セラ・リンクス様



はい。下手なんです...。

((「嘘が下手だ」と、少々痛いところを突かれれば、うつむいて上記述べ。相手にグイグイと引っ張られ
 室内に入れば、「すみません。」と謝罪して。

                               >>966 リルギナ様






【書き込み数、千到達まで、もうすぐですね。リルギナ本体様から、ティティ本体様が、このスレの
 part2を立てるか否か、迷っていらっしゃるとお伺いいたしました。わたくしとしましては、是非
 立てていただきたいところです。今後もよろしくお願いいたします、!】


うん。覚えてた。

((「まだ、そんなことを覚えていたのか」と言われれば、キョトンとしつつも上記のべ。相手が
 取り乱し始めれば、高速で頭を下げて「ごめんね、ティ、ティティ...君」といい。

                                  >>968 ティティ様

980: ティティ◆N.:2015/01/11(日) 16:05




なんでこんなに落ちてるんだろう…?…あ!リルギナちゃーん!!

( 果実を拾いその道を進んでゆき、しかし此れは一体何なのか、と不思議そうに首を傾げながら。段々手に持つそれも両手に抱える程になった頃、ふと果実の落し物はピタリと止んだので、あれと顔を上げたところ前方には見知った姿が。両手は塞がれているため、せめてと声だけは馬鹿でかく彼女の名前を呼んで。 )

>>970


冬だもんねー…ふふふ、でも、そんな冬こそコレが美味しいんだよ!

( 此方も寒い寒いと身を竦めながら白い息をほう、と吐いて。そして同じように白く、だけどほこほこと暖かい湯気の立つ新聞紙にくるまれた焼き芋を、ばばーん!と大袈裟な効果音が付きそうなくらいのテンションで高らかに掲げ上げると、ふふん、となんだか得意気に相手を見やり。 )

>>971


( /わあ〜ありがとうございますヽ(;▽;)ノ!Part2を求めて頂いて凄く嬉しいです!相変わらず不甲斐ない所ばかりですが、ではPart2も立てさせて頂きますね。此方こそ宜しくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ )

もう忘れちゃっていいんだよ〜…

( たははと、苦笑を零しながらも、あまりにも謝られるのでもうそこまでは気にしていない様子。ぽりぽりと頬を掻きながら、上記を付け足して。そうして改めて彼女の家であろうこの場所をキョロキョロと見渡すと、「 へ〜、ここがアリスちゃんの家なんだね! 」と。 )

>>979

981:アリス◆L/s:2015/01/12(月) 13:18








【 不甲斐なくなんかないですよ、!! これからもお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 】


わ、わかった。忘れマス ( ←棒読み )

((「忘れていいんだよ」なんて言われれば、カチカチの表情で、上記述べ。「ここがアリスちゃんの
  家なんだね」と、言われれば、表情は変えずとも、先ほどよりは柔らかい声で「はい。自宅です」
  といい。

                               >>980 ティティ様

982:  リルギナ  ◆ok:2015/01/13(火) 09:15




……ここは私が命令でもした方が良いのか。

( 相手に謝られてばかりでお茶をする話は何処へ行ったか、中々行動しようともしないため、少々困ったように相手ちらちらと見ては首の後ろへ手をまわし擦りつつも考える様に目線下げ上記ぼそり。 )

>>979 アリス


…煩い、馬鹿。

( すぐ目の前にいるにも関わらずの相手の言動にむっとした不機嫌そうな表情浮かべては軽く睨む様な目で見、上記ぼそり。また、少々不思議な相手の言動にも慣れ始めて来た頃で然程その声に反応する事はなく。相手の手元の果実みやり、まだ自分が落としてしまった気づいていない様で「 どうしたんだ、それ。 」なんて指差し述べ。 )

>>980 ティティ

983:  リルギナ  ◆ok:2015/01/13(火) 09:23




【  >>982 : 脱字があったので一部訂正しますね。  】


( ー
相手の果実みやり、まだ自分が落としてしまったものだと気づいていない様で「 どうしたんだ、それ。 」なんて指差し述べ。 )

>>980 ティティ

984:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/13(火) 16:25

【何日か空いてしまい申し訳ないです、今日のところはまだ忙しいので明日にでもレス返せたらなと思いますっ。】

985:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/14(水) 16:39

そうだな、俺の見間違えかもしれない…(相手に目元を隠されて見間違えだと言われてはクスクス笑いながら頷いて上記を述べて。相手に腕を掴まれ、真剣な表情をされては「あぁ、いや…大事と言っても今直ぐに行くわけじゃない。それに、リルギナのことより大事なことなんて俺にはないさ」と、少し苦笑い気味に述べては相手の肩をぽんぽんと叩いて)

>>978


お、俺のおかげ?俺はなにもしてない、君自身が気付けただけさ(相手に自分のおかげで視野が広くなったと言われては首を横に振って否定をして。相手に笛の説明されては感心した様に頷き「なるほど…凄い笛だな。これはどういった仕組みになっているんだ?」と、自分が持っている笛をいろいろな角度から見ては首を傾げながら問いかけて)

>>979


ん、焼き芋…か。そういえば、しばらく食べていないな(相手の手にある見るからに暖かそうな焼き芋を見てはポツリと上記呟いて。相手が寒いからこそ美味しいと言えば「そう、なのか…?味なんていつ食べても変わらんと思うが…」と、首を傾げてはうーんと唸り、不思議そうな表情しながら呟いて)

>>980

986:  リルギナ  ◆ok:2015/01/15(木) 17:37




…絶対思ってないだろ。

( 相手の発言聞くも、その笑い様では納得いくはずなく。さらに増した、いかにも不機嫌そうなむすっとした表情浮かべては呆れたようにため息一つ、口尖らせつつ上記述べ。普段なら照れる所も今回ばかりはどうも腑に落ちない様で「 嬉しいが、事によっては優先させるべきものが変わってくる。今すぐじゃなくともな。 」なんてひく気は全くないらしく、相変わらず似合わぬ真面目な表情で。 )

>>985 セラ

987:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/15(木) 21:04

思ってるさ、俺の見間違えだ(相手の明らかに不機嫌オーラみてはわざとらしく目をゴシゴシ擦り、引きつった笑顔で上記を述べて。相手の真面目な表情をジッと見てはポリポリと頬を掻き「リルギナが思ってるほど、大した用事じゃない。だから気にするな、これが終わった後でも間に合う」と、相手の両頬をぐーっと引っ張りながら述べて)

>>986

988:  リルギナ  ◆ok:2015/01/16(金) 17:26





見え見えだぞ、セラ。

( あまりにも相手がわかりやすい反応をするものだから吹き出す様に笑っては控えめに笑み浮かべつつ、からかう様に相手見、上記述べて。引っ張られた頬の痛みは然程のものではないはずだが、珍しくポロポロと大粒の涙流しては「 痛い。…痛いよ。 」なんて誤魔化す様に口角上げ、多少の口調の崩れはあるものの、泣き笑いしており。 )

>>987 セラ

989:アリス◆L/s:2015/01/16(金) 18:19




あぁっ、!?

((色々とやっているうちに、お茶の話をすっかり忘れていた事に気付いた彼女は、上記述べ、
 起き上がって、キッチンに向かえば、あわあわと慌て気味で紅茶を入れ始め。

                            >>982


....不思議です

((「俺はなにもしていない」などと言われれば、首を傾げ、ボソリと上記呟けば、再び笑顔に
 戻り。笛のことについて聞かれれば、「動物が好む、高くて、響きのいい音が出るように
 調節してあるんです。たしか笛の名前は...卯月(うづき)だった気がします。」と、笑顔で答え。

                                 >>984

                             

990:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/16(金) 20:59

わ、笑うなっ。だけど、安心した…てっきり怒っているのかと思ったぞ?(からかう様に笑う相手見てはむすりとした表情しながら顔を逸らし。その反面相手が笑ったことに、ふぅと息を吐きながら安心しており。珍しく相手が泣いているのを見ては慌てながら「わ、悪いっ!?そんなに痛かったのかっ!」と、バッと直ぐ様手を離し優しく頬をなぞり心配そうな表情しながら問いかけ)

>>988


不思議、か…?まぁ、何にせよ俺はなにもしてないがな(不思議と言いながら首を傾げる相手をジッと見ては此方も首を傾げて上記を述べて。相手から笛のことを詳しく説明されては「動物の好む音、か…単純だが奥が深いな。この笛には名前もあるのか…」と、こくこくと頷きながら左記を述べては、再び自分の持っている笛をじーっと見つめて)

>>989

991:  リルギナ  ◆ok:2015/01/16(金) 23:06




…別に怒ってはいないが。

( 逸らされた顔を両手で挟み、自分の方へ向かせては相手の頬を口の方へ寄せたり離したりし遊びつつ、こてりと小首傾げ不思議そうに上記ぼそり。ヘラリと笑いつつ涙ぬぐっては「 そこまで痛くはなかったぞ。心配するな。 」なんて今のは何だったのか、少々誤魔化している様にも見えるが頬をなぞる相手の手を掴んでは、その手で自分の両頬を口許に寄せむぅとした顔になっており。 )

>>990 セラ

992:  リルギナ  ◆ok:2015/01/16(金) 23:15




【  見落とし申し訳ないです。;  】


私も手伝うぞ。

( 慌ただしい相手の様子に苦笑しつつ、仕方ないなと呆れた様にため息漏らし相手の方へ近づいて行っては両手腰にあて、上記述べ。どうやら呆れはしたものの、わりとやる気がある様子。ふふん、と胸はり立ちつつ辺りじっくりと見回し。 )

>>989 アリス

993: fantasia.◆N.:2015/01/16(金) 23:36




( /スレが終わりそうだったので、part2を作っておきました〜。
  → http://ha10.net/test/read.cgi/chara/1421417727/l50
  このスレに参加してくれて、本当にありがとうございました(*^^*)
  色々と迷惑をお掛けした事もあると思いますが、こうやってpart化目前までこれてとっても嬉しいです!
  特に、今の今まで参加して下さっているリルギナちゃん、セラ君、アリスちゃん達とその各本体さんにはわりとガチめにお礼が言いたいです(;_;)。
  今後も宜しくお願いしますm(_ _)m
  そしてレス返遅れてますごめんなさい! )

994:桐山 奏◆IA:2015/01/17(土) 00:58

【わぁ凄く入りたいです】

995:  リルギナ  ◆ok:2015/01/17(土) 09:38




【  最近は続かないスレが多いので私も嬉しいばかりです。
お礼は要りませんよ。ここまでこれたのは、私達を惹き付ける様な素敵なスレを作った主様のおかげだと思ってますので、!
レス返の遅れは然程気にしてませんよー、!此方こそよろしくお願いしますо(*^▽^*)о  】

>>993 主様。

996:セラ・リンクス◆Oc:2015/01/18(日) 10:34

かなり不機嫌オーラ出てたぞ、さっき…って、やめろ(不思議そうに首を傾げながら怒っていないと言う相手をジッと見ては上記ぽつり、その後自分の頬で遊んでいる相手の手を掴んで。相手の表情見ては先ほどまでとの違いに驚き「それなら何故珍しく涙なんて流したんだ、リルギナが泣くなんて珍しいぞ?」と、少し心配した表情で述べては相手の頬をぐりぐりと押し)

>>991


【お礼なんてとんでもないっ、自分が言いたいくらいですよー!part2楽しみです、自分の知らない間に人形さんが出ていたとは…。
まぁ、今後ともよろしくお願いいたします!】

>>993

997:◆IxxI:2015/01/18(日) 11:01



【 新スレが始まってからで良いので吸血人形を予約させて戴きたいです。 】

998: fantasia.◆N. hoge:2015/01/18(日) 11:18



( /ごめんなさい、返信の気力が無いので新しいスレで絡み文出させて頂きます(;_;) )

---


( /参加希望ありがとうございます!種族は如何なさいましょう? )

>>994

( /そう言って頂けて本当に嬉しいです!いやだ恥ずかしい(*/´△`\*)(ぁ、
  ありがとうございます、でも次レこそは誠実なレス返を心掛けます…(笑)今後も宜しくお願いします! )

>>995

( /ありがとうございます!実はリルギナちゃん本体さんと相談したりしてたんです(笑)
  今後も宜しくお願いします! )

>>996

( /参加希望ありがとうございます!それでは新スレにて、素敵なPFお待ちしていますね! )

>>997

999:  リルギナ  ◆ok:2015/01/18(日) 15:33




…ふ、不機嫌なのと怒ってるのは違うんだ、!

( 相手との間に流れる微妙な空気に気をまぎらわせようと頬で遊んでいたものの、言い返されるわ手を掴まれるわで息詰まり、眉間にしわよせては上記むっとした表情で述べ。相手の行動により、むぅとした表情浮かべつつ目線下へ下げては「 服買ったら、もう当分セラには会えなくなっちゃうだろ…。 」なんて違う意味で用事の事が少々気がかりであった様子。 )

>>996 セラ

1000:アリス◆L/s:2015/01/19(月) 19:52





【 1,000、おめです。今後ともよろしくお願いいたします。 】

                         >>ティティ本体様





6歳の時に、おばあちゃんから習ったんです
((相手が笛を眺めては、関心している様子を見ると、嬉しそうに微笑み、上記述べ。
 あたりをキョロキョロと見回しては、「今日は動物がたくさんいそうだなー。」
 なんて、呟いて。

                          >>990 セラ・リンクス様





【 いえいえ。大丈夫ですよー。見落としミスなんて気にしないでっ(汗) 】

あっ、ありがとうございますっ、!
((相手が手伝いにきてくれれば、またも必死に頭を下げ、上記述べ。
 ふと、この前会ったとき、相手の名前を聞きそびれたことを思い出し、
 「わたしは、あ、アリスといいますっ。あ、あなたの名前はなんでしょうかっ」
 と、カミカミ口調で名前を問い。

                        >>992 リルギナ様



           

1001:1001:Over 1000 Thread

このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。


書き込む 最新10 サイトマップ