[Free!アニメ2部決定祝い企画!]鼬川高校水泳部!<改>

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:雛:2014/06/28(土) 23:10 ID:FKM

どうもぉ〜〜!
鼬川高校水泳部(イタチカワコウコウ)の改です!!!!
前回は大分グダグダで終わったのでまた1から部員を募集です!!
ではでは私のプロフィール!!(>< )//
名前 櫻木 実季(さくらぎ みき)
性別 女
年齢 15歳
学年 1年生
性格 明るくて誰でも喋りかけるたまに荒い………
容姿 髪は短くよく赤のピンで前をとめている
 
名前 荒川 海人(あらかわ かいと)
性別 男
年齢 15歳
学年 1年生
性格 普段は大人しい実季の事に敏感
容姿 髪は天然で髪がちょい茶色
 
以上です!
上の通り1人2役までとなってます!
(出来れば男女で……)
ではでは……start!!!

2:雛:2014/06/28(土) 23:37 ID:FKM

つ枯れた

3:騎士:2014/06/29(日) 01:56 ID:2Bs

参加希望です…プロフは後で上げます

4:優輝:2014/06/29(日) 10:17 ID:FKM

了解です!!

5:騎士:2014/06/29(日) 19:21 ID:VaI

プロフ
名前:名波 霧葉(ナナミ キリハ)
性別:女
学年:1年生
性格:少し?天然でおっちょこちょいでドジッ子
容姿:長めのみつあみをして眼鏡をかけている…前髪はぱっつんとして眉にかかるくらいの長さ

名前:秋山 朱弥(アキヤマ シュウヤ)
性別:男
学年:3年生
性格:ややこしい事になると頭が回らない、そんなに勉強が得意ではないが泳ぐのが得意
容姿:あごぐらいの青紫系の髪でコンタクトがないと見えないが眼鏡をかけたくないこだわりがある

こんな感じですがよろしいですか?

6:匿名さん:2014/06/29(日) 19:53 ID:FKM

[>>5さんokです!!]

7:騎士:2014/06/29(日) 21:06 ID:Lp6

【ありがとうございます。これからよろしくお願いします】

8:匿名さん:2014/06/29(日) 21:11 ID:FKM

[よろしくでーすw]
みき「うわぁ〜〜やっとついた……」
かいと「いきなり走るからだろ?」
みき「早く行きたいんだもん!軽音部に!!」
かいと「わかってるって………」
みき「だ、誰か居るかな?失礼しまーす」
((と言って軽音部の部室を覗く
>>all

9:騎士:2014/06/29(日) 22:11 ID:LmM

霧葉「えっと確か軽音部はこの辺に………きゃっ」
朱弥「うわぁ…おいどいてくれないかな?」
霧葉「ごっごめんなさい…今どきますね」
朱弥「ん?誰か居る?」

(朱弥君が軽音部に居た時に三人が来た)
>二人

10:みき&かいと:2014/06/29(日) 22:33 ID:FKM

み「あの子変な先輩に絡まれてね?」
か「え?ホントに?あ、ホントだ…」
み「か弱い子に何してねん!!」((ドロップキック炸裂w

11:霧葉/朱弥:2014/06/29(日) 23:06 ID:MDE

朱弥「痛ってーな…いきなりドロップキックかますな」
霧葉「あっ…あの………」
(状況がつかめない霧葉)
>実季 海人

12:みき&かいと:2014/06/29(日) 23:15 ID:FKM

み「君大丈夫か?ケガないか?」
か「………」((ただ突っ立ってる状況
み「うっせー!モテないからって下の子に手をだすなよ?」((ビシッと指を差して言う
>>11

13:朱弥/霧葉:2014/06/30(月) 03:44 ID:0ko

朱弥「お前、何か勘違いしてないか?俺は別にこいつを襲おうなんてこれっぽっちも思ってねーよ」
霧葉「あっあの、ありがとうございます…だけどこの人の言うことはあってます…私が転んでこの人の上に乗っかっちゃっただけですから」
(少し顔を赤く染めて)
>実季&海人

14:kaede◆/I:2014/06/30(月) 19:52 ID:F2I

名前:夏樹 葎(なつき りつ)
性別:女
年齢:17歳
学年:2年生
性格:ズボラで大雑把な性格。自分以外の事は鋭い。
容姿:山吹色に近い茶髪のショート。前髪を赤いカチューシャで上げている。瞳の色は髪とほぼ同じ薄い茶色。

名前:雪村 透也
性別:男
年齢:18歳
学年:3年生
性格:クールな外見だが、かなりの天然で個性的。英語と体育は完璧だが他の教科は駄目駄目。水泳に拘りがある。
容姿:整った黒髪で瞳は鋭い赤紫色。何故か水着がとても似合う。

【参加希望】

15:実季&海人:2014/06/30(月) 20:02 ID:FKM

み「それ女の子に失礼!」((また指をさし
か「すいませんでした!!」((と頭を下げ
み「そっか……ならいいよ」((と笑い
み「もー勘違いするような事をしないの!」
>>13
[>>14さんokです]

16:朱弥/霧葉:2014/07/01(火) 00:41 ID:VcM

朱弥「所でお前らは何しに此処(軽音部)に来た」
霧葉「私は……ピアノを弾きに来たんですが…そしたら貴方がいてこんなことに」
>実季&海人

【kaedeさんこれからよろしくお願いします】

17:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 17:18 ID:F2I

【宜しくですっ!
絡み文出しておきますね。】

葎「ねぇ〜、もうこんな時間だよ?帰ろ〜よ」(プールにぷかぷか浮いている透也に問いかけて
透也「もう少し…」(そう言いつつも全然上がろうとせず
葎「それもう8回目だよ〜。今日見たいドラマあるのに〜」(そう言えばその場にしゃがんではぁと溜息ついて

≫ALL

18:朱弥/霧葉:2014/07/01(火) 17:47 ID:9dA

朱弥「そう言えばプールに誰かが泳いでたな」
霧葉「もしかして水泳部の人でしょうか?」
朱弥「皆で行ってみるか」
>実季&海人 霧葉

19:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 18:01 ID:F2I


透也「ぷはっ…」(水面から顔を出して左記を言い
葎「おっ、やっと上がったの?じゃあかえr(バシャンッ)ちょっと!」
透也「……気持ちいい」

≫18(?)

20:霧葉/朱弥:2014/07/01(火) 18:06 ID:9dA

霧葉「私はここで待ってます」
>朱弥

朱弥「じゃあ俺一人で行ってくるか…」
(しばらく歩きプールにたどり着く)
朱弥「お前らは此処で何をしてるんだ」
>お二人さん

21:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 18:09 ID:F2I

葎「っ!?ほら、人来ちゃったじゃん!」
透也「……煩い」(←不機嫌だが泳ぐ

≫朱弥

22:朱弥:2014/07/01(火) 18:15 ID:G5Q

朱弥「へぇ…まだまだの泳ぎだな」
(相手を挑発するように言う)
【ちなみに男の子の方の漢字の読み方を教えてください葎ちゃんはひらがながふるってありましたが男の子の方にはありませんでしたので出来れば教えてください】

23:kaede◆/I:2014/07/01(火) 18:18 ID:F2I

【あっ、すみません…。男の子の方は(ゆきむら とうや)といいます。】

葎「えっ…」(挑発だよね…!そーなんだよね!?)
透也「……」(バシャンッ←許可を得たので泳いで

≫朱弥

24:騎士(朱弥):2014/07/01(火) 18:19 ID:G5Q

付け足し
(このスレとは関係ない話ですが)
【kaedeさんは魔法の国のアリスをやっていますよね?(違ったらごめんなさい)そちらの方もやりませんか?】

25:朱弥:2014/07/01(火) 18:23 ID:G5Q

朱弥「俺と勝負しろ!…俺は3年の朱弥だ」
(上を脱ぎ、下はいつでも泳げるように水着を履いていた)
>透也君

26:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 18:27 ID:F2I

【りょーかいです。】

透也「ッ!…いいだろう」(そう言えばプールから上がって相手の前まで来て

葎「えっ!?」

≫朱弥

27:朱弥:2014/07/01(火) 18:33 ID:G5Q

朱弥「勝負は簡単だ、自分の好きな泳ぎで3往復するだけの簡単なルールだ…もし此処で俺が負けたら今さっきの言葉は取り消してやる…もしお前が負けたら俺の許可なく泳ぐな」
(凄く怖い顔で相手を見る)
>透也君

28:kaede◆/I:2014/07/01(火) 18:41 ID:F2I

透也「…種目は?」
(条件をのめば上記を尋ねて

葎「ちょっ、透也本当にやるの!?」

≫朱弥

29:朱弥:2014/07/01(火) 18:47 ID:0KU

朱弥「種目はだな…………おいそこの女!!お前が決めろ」
>葎ちゃん

30:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 18:50 ID:F2I

葎「えっ!?私!?(ん〜、あっちの朱弥っていう人には不得意な物はなさそうだし…)じゃあ、フリーで」

透也「…じゃあ、始めよう」
(と言えば台に立って

≫朱弥

31:朱弥:2014/07/01(火) 18:57 ID:0KU

朱弥「いいだろう…じゃあ始めるか」
(朱弥も台に立つ)
>透也君

32:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 19:05 ID:F2I

葎「じゃ、じゃあ始めます!…セット!」(そう言えば笛を口にくわえて、ピッと吹き

透也「っ…」(笛が鳴れば直ぐにプールに飛び込み

【結果はどうします?】
≫朱弥

33:朱弥:2014/07/01(火) 19:09 ID:e9w

朱弥「ちっ…」
(少し遅れて飛び込む)
【そうですね…途中(2往復)で朱弥が足をつり棄権ということで最終的に透也君の勝ちで】

34:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 19:13 ID:F2I

【じゃあ、その場面まで飛ばしますね。】

透也「っ…」(2往復目なり少し疲れを見せるが全力で泳ぎ続けて

葎「凄い…二人とも勝ちを譲ってない。朱弥先輩も遅れたのにあのスピード…」

≫朱弥

35:朱弥:2014/07/01(火) 19:19 ID:e9w

朱弥「ぐっ……(こんな時に足が)」
(顔を少し歪めスピードが落ちていく)
>葎 透也

36:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 19:21 ID:F2I


透也「っ…!?(足をつったのか!?)」
(ゴールに着けば急いで引き返して相手の手を取り陸まで泳いで

≫朱弥

37:朱弥:2014/07/01(火) 19:30 ID:.qk

朱弥「ありがとな…ふぅ情けねぇな、自分で勝負を仕掛けときながら自分は足をつるって…でもまぁお前の勝ちだ、良かったな」
>透也

38:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 19:33 ID:F2I

透也「いや、この勝負はお前に預ける。」
(そう言えば相手に手を差し出して、『またやろう』と言って

葎「……」
(二人を見ているとクスッと笑って

≫朱弥

39:朱弥:2014/07/01(火) 19:41 ID:VaI

朱弥「!?フッ…ありがとな…後先輩には敬語を使え」

40:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 19:43 ID:F2I

透也「…オレ三年だけど。」

葎「ぷっ…あはははははwww透也年下って間違えられてるぅぅwww」

≫朱弥

41:朱弥:2014/07/01(火) 19:47 ID:R8M

朱弥「!?////いっ…今のは気にするな」
(照れながら「年が一個下だと思ってつい///」と言う)
>透也

42:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 19:50 ID:F2I

透也「き、気にするな…(可愛いなコイツ←)」
葎「wwwwwww」←笑い過ぎて声が出ない
透也「お前も笑うな///!」

≫朱弥

43:朱弥/霧葉:2014/07/01(火) 19:59 ID:Ogg

霧葉「先輩、ここにいたんで…きゃあ……」ツルッ
朱弥「えっ?まさか……」
バシャーン
(また水のなかに入ってしまった…しかも透也と葎を巻き込んで)

44:葎/透也◆/I:2014/07/01(火) 20:01 ID:F2I

透也「うぐっ…」
葎「えっ…」
(巻き込まれてプールに落ちてしまって、透也は急いで女子二人を助けて(だって服が…ねぇ?)

45:kaede◆/I:2014/07/01(火) 20:28 ID:F2I

【……?】

46:kaede◆/I:2014/07/01(火) 20:35 ID:F2I

【落ち】

47:実季&海人:2014/07/01(火) 20:54 ID:FKM

「あぁ〜〜〜目の前にプールがあるのに……泳げないなんて………」((泣きそうになりながらプールサイドに居る
海人「お前が早く宿題終わらせないからだろ………」((呆れかえりながら言う
>>all

48:朱弥/霧葉:2014/07/02(水) 19:22 ID:ij6

霧葉「あぁ!!ごめんなさい」
(めっちゃペコペコしながら謝る)
朱弥「はぁ…」
(ため息をつきながら「また濡れちまったじゃねーか」と言い霧葉の頭をコツンと叩く)
朱弥「所でお前らは着替えあるのか?」
(するっと↑を言う)
>霧葉 葎

49:葎/透也◆/I:2014/07/02(水) 19:37 ID:F2I

【絡みます】

葎「透也速過ぎ!」
透也「…ん?」
(二人ともダッシュでプールにこれば相手たちを見つけて)

≫実季,海人

葎「あ〜、ベチャベチャ…」
(服を見ながら上記を言い)
透也「大丈夫か?葎。」
(葎にタオルを上げながら言い。)

葎「あっ、大丈夫デスッ!」
(びしっと敬礼して←)
透也「お前等も使え」
(無表情でタオルを二人に渡して)
≫朱弥,霧葉

50:朱弥/霧葉:2014/07/02(水) 19:47 ID:ozU

霧葉「本当にごめんなさい」
>皆さん
朱弥「ありがとな」
(タオルを受け取り頭をふく)
>透也
霧葉「このまま乾くのを待ちます!!」
(ドヤ顔で言い張る)
朱弥「それじゃあ濡れて風邪引くだろ…俺の着替えを貸してやるから服を取り替えてこい」
>霧葉 葎
【もしもの為に着替えを沢山持ってきていたと言う意味です】

51:葎/透也◆/I:2014/07/02(水) 19:51 ID:F2I

葎「だ、大丈夫だよ?」
(そう言えば霧葉にニコッと笑顔を送って)
≫霧葉

透也「脚はもう大丈夫か?」
(と心配そうに朱弥に尋ねて)
≫朱弥

透也「じゃあ、お前は俺のを貸してやる。」
(と無表情で葎に言い)
葎「おっ、今日はやけに優しいね〜」
(透也を馬鹿にしながら言い)
≫朱弥,霧葉

52:朱弥/霧葉:2014/07/02(水) 20:01 ID:HzI

朱弥「あぁ、なんとかな…心配をかけたな」
>透也
霧葉「それなら良かったです、私おっちょこちょいだからすぐに転けたりするんですよ」
>葎
霧葉「自己紹介が遅れました…私は名波霧葉です。」
朱弥「じゃあ俺も改めて、秋山朱弥だよろしく」
>葎 透也
霧葉「良いんですか!?」
朱弥「ないよりかはマシだろ?」

53:葎/透也◆/I:2014/07/02(水) 20:09 ID:F2I

透也「そうか…ならよかった。」
≫朱弥

葎「いえ、私も良くあるし…ほらっ元気出して!」
≫霧葉

葎「夏樹葎デスッ!宜しくねっ」
透也「葎、煩い…。俺は雪村透也。」
≫霧葉,朱弥
葎「霧葉ちゃんっ!着替えに行こうよ!」
(透也から着替えを借りれば霧葉に上記を言い
透也「…はぁ、疲れた。」
(プールに足だけ浸かりながら上記を呟いて

54:霧葉/朱弥:2014/07/02(水) 20:14 ID:cEA

霧葉「はい」
(霧葉も朱弥から着替えを借りて葎と一緒に着替えに行く)
>葎

朱弥「いってら…はぁ、俺も疲れた(色んな意味で)」
(透也の隣に座り足だけをつける)
>透也

55:葎/透也◆/I:2014/07/02(水) 20:23 ID:F2I

葎「じゃあ、いこっか!」
(霧葉の手を引いて更衣室に向かって

≫霧葉

透也「……。お疲れ。」
(葎に軽く手を振って見送れば、光る水面をジッと見て

≫朱弥

56:霧葉/朱弥:2014/07/02(水) 20:40 ID:rS6

霧葉「胸大きいんですね」
(いきなり女子トークを始める)
>葎

朱弥「お前もな」
>透也

57:葎/透也◆/I:2014/07/02(水) 20:47 ID:F2I

葎「そーかなぁ?でも、霧葉ちゃんも大きい方だよぉ?」
≫霧葉


透也「年中女子と居れば大体の男はこうなるだろうな…」
≫朱弥

58:霧葉/朱弥:2014/07/02(水) 20:52 ID:6n6

霧葉「そうでもないよ」
>葎

朱弥「まぁそうだよな」
>透也

59:葎/透也◆/I:2014/07/02(水) 20:56 ID:F2I

葎「いやいや、いい胸してるよ←」
≫霧葉

透也「はぁ…もう少し泳ぐかっ!」
(と言えばタオルを投げてプールに飛び込んで

【まだ、水着の設定ですよね?】
≫朱弥

60:霧葉/朱弥:2014/07/02(水) 21:04 ID:x9k

霧葉「よく他の人は胸を揉みますよね」
(ちゃっかり凄い事を聞く)
>葎

朱弥「そうだな…泳ぐか」
>透也
【まだ水着ですね】

61:葎/透也◆/I:2014/07/02(水) 21:06 ID:F2I

葎「えっ…////」
≫霧葉


透也「やっぱり…水の中が一番落ち着くな…」
(プールにぷかぷか浮きながら上記を言い
≫朱弥

62:朱弥/霧葉:2014/07/02(水) 21:11 ID:x9k

朱弥「お前は泳ぐのが好きなのか?」
(逆さに浮きながら↑を言う)
>透也

霧葉「中学の時に友達によく「霧葉大きいね」と言われて揉まれました」
>葎

63:葎/透也◆/I:2014/07/02(水) 21:13 ID:F2I

透也「あぁ…泳いでいると何故かとても落ち着く…」
≫朱弥

葎「そんなことが…!?」
≫霧葉

64:葎/透也◆/I:2014/07/02(水) 21:13 ID:F2I

【落ちです。お相手感謝!】

65:霧葉:2014/07/02(水) 21:15 ID:x9k

【了解です♪】

66:葎/透也◆/I:2014/07/03(木) 15:36 ID:F2I

【こんにちは!】

67:霧葉/朱弥:2014/07/03(木) 16:26 ID:lEA

【よろしくです】

68:葎/透也◆/I:2014/07/03(木) 16:49 ID:F2I

【宜しくデス。昨日の返レスお願いしてもいいですか?】

69:霧葉/朱弥:2014/07/03(木) 16:58 ID:uqg

【了解です↓返しスレ】
霧葉「そうなんですよね////」(照れながら)
>葎

朱弥「俺もだな…泳いでると落ち着く」
>透也

70:葎/透也◆/I:2014/07/03(木) 17:06 ID:F2I

葎「あっ、早く着替えないと!二人とも待たせてるしっ」
(そう言えば急いで着替えて
≫霧葉

透也「…何故かお前とはとても気が合う様だな。そういえば、お前は何組だ?俺は3-Aなんだが…
≫朱弥

71:騎士:2014/07/03(木) 17:24 ID:IfQ

霧葉「そうですね…このまま二人を待たせるわけにはいきませんね」
>葎

朱弥「3-Aだと!?同じクラスだったのか」
(「気づかなかったし、そう言えば透也って名を聞いたことあったな」と言う)
>透也

72:葎/透也◆/I:2014/07/03(木) 17:43 ID:F2I

葎「よしっ、終わった!」

≫霧葉

透也「なっ…」
(少し固まるが、数秒すれば顎に手を当てて「そういえば、朱弥って居たような」と心の中で呟く

≫朱弥

73:朱弥/霧葉:2014/07/03(木) 17:59 ID:J2k

朱弥「お互い気づかなかったと言う事か…でも凄いよな初めてでこんなに気が合うなんてな」
>透也

霧葉「私も終わりました」
>葎

74:葎/透也◆/I:2014/07/03(木) 18:08 ID:F2I

葎「じゃあ、行こうか」
≫霧葉

透也「はぁ、身近にこんな強い奴が居たのに…ん、あぁそうだな。」
≫朱弥

75:朱弥/霧葉:2014/07/03(木) 18:20 ID:rkk

霧葉「はい」
>葎

朱弥「特にクラスの奴には興味なかったが透也は別だな」
>透也
【しばらく落ちます…また戻ってきます】

76:葎/透也◆/I:2014/07/03(木) 18:24 ID:F2I

葎「ん?あれ二人は〜」
(とプールに戻ってこれば、プールの中には目がいかず周りを見回して

≫霧葉

透也「それは有り難いな…」
≫朱弥

【りょーかい】

77:朱弥/霧葉:2014/07/03(木) 19:18 ID:dLU

霧葉「………居ませんね………ってわぁ!!ビックリしました」
(プールの中を見て驚く)
>葎 透也 朱弥

朱弥「あいつら戻ってきたか」
>透也
【ただいまです】

78:葎/透也◆/I:2014/07/03(木) 19:27 ID:F2I

葎「えっ…うわっ!てか、またプール入ってたの?」
≫朱弥(透也も)

透也「一瞬にして煩くなった…(ボソッ」
≫朱弥

79:霧葉/朱弥:2014/07/03(木) 20:07 ID:cy6

朱弥「何か言ったか?」
>透也

朱弥「あぁ、気持ちいいからな」
>葎
【遅れました】

80:葎/透也◆/I:2014/07/03(木) 20:10 ID:F2I

葎「そんなに気持ちいいんですか?」


透也「なんでもない…朱弥着替えに行こう。」
(そう言えばプールから上がって
≫朱弥

81:朱弥:2014/07/03(木) 20:13 ID:cy6

朱弥「解った…と言う訳だから少し待っててくれ」
>透也 葎 霧葉

82:葎/透也◆/I:2014/07/03(木) 20:16 ID:F2I

葎「うん、二人ともいってらっしゃい!」
≫朱弥 透也

透也「………」
(更衣室に行けば、話す話題が無く無言で着替えて
≫朱弥

83:朱弥:2014/07/03(木) 20:21 ID:cy6

朱弥「………………所で透也は葎の事好きなのか?」>透也
(着替えながら質問する)

84:透也◆/I:2014/07/03(木) 20:29 ID:F2I

透也「なっ…//何を言っている!?」
(相手に質問されれば顔を赤くしながら上記を言い)
≫朱弥

85:朱弥:2014/07/03(木) 20:36 ID:cy6

朱弥「いや、よく一緒にいるからまさかなと思って」>透也

86:透也◆/I:2014/07/03(木) 20:43 ID:F2I

透也「……正直、分からない。一緒に居るのは単に仲が良いというだけで、今までそれ以上とは考えた事ない。」

≫朱弥

87:朱弥:2014/07/03(木) 21:03 ID:cy6

朱弥「成る程な…悪いな突然変なことを聞いて」
>透也

88:透也◆/I:2014/07/04(金) 17:42 ID:F2I

透也「別にいい…。てゆうか、お前はどうなんだ?霧葉とはどうゆう関係だ?」

≫朱弥
【昨日は落ちてしまって申し訳ないですっ】

89:朱弥:2014/07/04(金) 18:50 ID:SsI

朱弥「俺とあいつは今さっき軽音部の中で会ったばっかりだ」
(「それ以外に関係はねーよ」と言う)
>透也
【大丈夫です♪】

90:透也◆/I:2014/07/04(金) 18:52 ID:F2I

「へぇ…何かつまんねぇ…」

≫朱弥

91:朱弥:2014/07/04(金) 19:09 ID:2cU

朱弥「つまんねーってなんだよ」

92:透也◆/I:2014/07/04(金) 19:16 ID:F2I

透也「もう少し良い展開でもあるのかなと思ったのに…」

93:朱弥:2014/07/04(金) 19:20 ID:rZY

朱弥「悪かったないい展開がなくて」

94:透也◆/I:2014/07/04(金) 19:23 ID:F2I

透也「はぁ、まぁいいや。どーせ、朱弥には一生良い展開は来ないんだろーね」
(と着替え終われば上記を述べて更衣室を出て行って)

≫朱弥

95:朱弥:2014/07/04(金) 19:26 ID:KiQ

朱弥「それはどういう意味かな透也君?」
(軽く頭に怒りマークをつけて言う)
>透也

96:透也◆/I:2014/07/04(金) 19:30 ID:F2I

!?…なんでも(つい、口が滑った…)

≫朱弥

97:朱弥:2014/07/04(金) 19:40 ID:KiQ

朱弥「ふぅ…知り合って間もなく卒業するんだろうな、俺達」
(歩きながら↑を言う)
>透也

98:透也◆/I:2014/07/04(金) 20:05 ID:F2I

透也「何だよ行き成り…。だが、偶然同じ大学に行くかもしれないじゃないか。」

≫朱弥

99:朱弥:2014/07/04(金) 20:10 ID:T4Y

朱弥「…そうだな、もしかしたら同じ大学かもな」
>透也

100:透也◆/I:2014/07/04(金) 20:20 ID:F2I

透也「まぁ、もし違う大学でもお前の事は忘れない…」
≫朱弥

101:朱弥:2014/07/04(金) 20:27 ID:T4Y

朱弥「…何か照れるじゃねーか/////」
>透也

102:透也◆/I:2014/07/04(金) 20:31 ID:F2I

透也「…顔が赤いぞ。どうした。」←天然

≫朱弥

103:朱弥:2014/07/04(金) 20:49 ID:T4Y

朱弥「べっ///別に何でもねーよ////…てか顔近けぇーよ」
>透也

104:透也◆/I:2014/07/04(金) 20:51 ID:F2I

透也「ん、そうか?いや、でも熱があるかもしれん…」
(そう言えば、相手のおでこに自分のおでこを当てて熱を計り

≫朱弥

105:朱弥:2014/07/04(金) 20:56 ID:T4Y

朱弥「おっおい別に熱はねーよ」
(男にこんな事された事なかったから少し照れている)
>透也

106:透也◆/I:2014/07/04(金) 20:58 ID:F2I

透也「……まぁ、良いか。体調が悪くなったら言えよ。」
(と相手に告げればプールに向かって
≫朱弥

107:朱弥:2014/07/04(金) 21:10 ID:BD.

朱弥「……………(何か調子狂うじゃねーか)」
(とりあえず透也についていきプールに行く)
>透也

108:葎/透也◆/I:2014/07/04(金) 21:14 ID:F2I

葎「あっ!やっと来た!」

透也「待たせたn(殴り)いっ」
(言葉を述べようとするが途中で葎に腹を殴られて)

葎「待たせたなじゃないわよ!何分待たせるつもり!?」
≫朱弥/霧葉

109:kaede◆/I:2014/07/04(金) 21:17 ID:F2I

【落ちです。今日は有難う御座いました。】

110:葎/透也◆/I:2014/07/05(土) 19:41 ID:F2I

【こんばんわデス。誰か居ますか?】

111:葎/透也◆/I:2014/07/06(日) 15:22 ID:F2I



(/上げ)


書き込む 最新10 サイトマップ