【ファンタジー】 La ville d'une fée 【一部人数制限有り】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:アホ主◆9tk:2014/10/17(金) 20:06



好奇心で訪れた祠。そこで出会ったのは――……


「 へぇ、貴方が私を呼んだの? 」


「 き、君は……? 」


「 私は、妖精っ! 街の守護精だよ! 」


「 よ、妖精!? 」



この2人が出会ったとき、物語の歯車は回りだす。


>>2 rule
>>3 story
>>4 character
>>5 profile

2:アホ主◆9tk:2014/10/17(金) 20:12


※スレタイの文字化けは無視しておいてください

【 rule 】 



◆ 管理できるのならば基本的に一人何役でも大丈夫です!


◆ ロル、トリップはご自由に。でも、安価は必須ですよー。


◆ 荒らしは無視。


◆ 喧嘩、恋愛等はやりすぎないのならどうぞ。あ、本体同士は禁止ですよ?


◆ 一部、人数制限がありますが早い者勝ちとさせていただきます。


 

3:アホ主◆9tk:2014/10/17(金) 20:17


【 story 】

舞台となるのは平和な街、ラフィーネ。

街の中心には、大きな城が建っていてその周りに住民たちの家が建っています。

さて、この街ではとある昔話をよく耳にします。

それは――ラフィーネの守護精のことです。

子供時代によく聴かされていたこのお話。ラフィーネを守護している妖精の話。

そこで、この妖精が、住処にしている祠が街のどこかにあるというのです。

その祠を、街の城に住んでいる心優しき王子が探しに出かけたのです。

そして、王子がその祠を見つけ、覗き込んでみると――……いきなり光り出しました。

その光が収まって王子が目を開けた時には、目の前に透き通るような羽を持った妖精が浮かんでいたのでした。


この物語は、王子と妖精が出会った数日後から始まるのです。

4:アホ主◆9tk:2014/10/17(金) 20:29


【 character 】

― メインcharacter ―

「 俺は、街の誰もが誇れるような街を作りたい 」

 街の平和を願う王子。ある日、祠で妖精と出会う。剣術が得意。



「 ずっと待ってたの。私の隣にいてくれる人間を 」

 街の守護妖精。ある日、祠で目覚め王子と出会った。魔術を得意とする。


― サブracter ―


街で店を開いている住人や、城の執事など基本的に何でもアリです。

人物の種族なども、なんでも自由なのでお好きなように人物設定をしてください!w

5:アホ主◆9tk:2014/10/17(金) 20:51


【 profile 】

名前 : ( 洋名 )

年齢 : ( 17歳以上 )

性別 : ( 中間や不明はなし )

性格 :

容姿 :

種族 :

武器 :

備考 :


【 アホ主のprofile 】


名前 : シルヴァ・ホワイト

年齢 : 20歳

性別 : ♀

性格 : 非常に真面目で、自分にも他人に対しても厳しく、正義感あふれる性格をしおり、努力家。まあ、ともかく大雑把に言ってしまえばタイプはカッコイイ系女子で、クールな面もある。でも、意外に他人の面倒見が良いらしく年下になつかれるのが多いらしい。しかし、口調までもが男勝りになってしまったようで街の同世代の男子たちからは、少し距離を置かれているが自分自身、男子が嫌いなのでそっちのほうが嬉しい、と呟いていた時もあるらしい。並外れた運動神経を持ち、尚、頭も良いので女でも頼りにされる面もある。しかし、恋愛に関しては非常識らしい。更に、厳しめな雰囲気を漂わせているだけあって顔を赤くしているときは、ギャップの差が激しすぎで誰もが驚く。 

容姿 : 黒髪のセミロングで瞳は琥珀色。パッチリとしているものの怒るときは無論つり上がっている。普段は、仕事をしているので珍しい茶色のエプロンのようなワンピースを着ているものの他の時では、膝ぐらいまでのズボンを履いて、シャツを着ており、おしゃれに関しては全く関心がないらしい。獣人族で、その中でも猫に属する種族であるために黒の耳としなやかな尾が生えている。で、無論触られたら感触があるので、触ったら容赦なく蹴られますのでご注意を((

種族 : 獣人族( の中でも猫に属する種族 )

武器 : 主に短剣か拳←

備考 : 一人称は私。二人称はお前であったり、苗字呼び捨て、名前呼び捨てで初対面に対してはさん付けをすることもあり、年下にはちゃん、君付けをしている。imagecharacterは会長はメイド様!の「鮎沢美咲」imagevoiceは「藤村歩様」  
家は、雑貨屋を営んでおり一日のうち半日は家で、働いている。




えー、以上で終了です。

それではレス禁解除です。

6:◆R.:2014/10/17(金) 20:55 ID:hRQ

【参加希望です!】

7:◆IM:2014/10/17(金) 20:59 ID:sKU

【サブキャラで参加希望です!】

8:アホ主◆9tk:2014/10/17(金) 21:02


(/ 了解しました。pfをお願いします )

>>6-7

9:◆i2:2014/10/17(金) 21:05 ID:7C2

【妖精とサブキャラで参加希望です!】

10:アホ主◆9tk:2014/10/17(金) 21:14


(/ OKですよ。pfをお願いします)

>>9

11:◆qLs:2014/10/17(金) 21:17 ID:Vyc

【 サブキャラで参加希望です! 】

12:◆IM:2014/10/17(金) 21:30 ID:sKU

名前:レイ・ノーベラント
年齢:19
性別:♀
性格:大人しく、ニコニコお姉さんキャラ。そのため人付き合いもよく、回りからは頼られている。だが、本人は他人は嫌いらしく、自分意外どうでもいいらしい。女子力は高く、運動神経もよい。頭は悪い。
大人しい性格とは裏腹に案外喧嘩好きで、裏ではよく喧嘩してきてボロボロになっていることも。
怒らせると危険と言われているらしいがあまり本人は気にしていないらしい。
極度の甘党。甘いものでつられることもしばしば。ニコニコしているのは全て苦笑い。
容姿:黒い腰までの髪の長さに、白い毛先。髪はいつも耳にかけている。目は少々たれ目で紫。服装は胸元を大胆に開けた白のヒラヒラワンピース。赤いサンダルをはいている。
背中には大きな傷跡がありそれを隠すように、セーターを着用している。
ワンピースの下には武器をしまっている。
どこかに鎌をしまっている。
左手にはブレスレットをしており大切にしている。
店の中ではお盆を必ず持っている、髪をひとつにくくっている。
種族:死神
武器:鎌と銃
備考:
一人称「私」二人称「あなた」
飲み屋の看板娘であり、マスターが居ないときの代理をしている。
年上年下関係無く素を知られればため口。
cvは日高里菜様。

>>7の者です。】

13:◆R.:2014/10/17(金) 22:32 ID:hRQ

名前 :クロウ・レター(crow・letter)

年齢 :外見は17(実年齢45)

性別 :女

性格 :
飄々としたマイペースな少女(笑)。
常ににやにやした薄ら笑いを浮かべているポーカーフェイス。
飛ぶのが好きなスピード狂であり、飛ぶことを抑制されると、あからさまに嫌な顔をする。
たまに配達や副業(?)のネタ探し中に、
スピードを出しすぎて何かにぶつかって、自ら仕事を増やしたりしている。
翼は彼女の一番の自慢で、顔や心臓より大事な部位らしい。
それ故翼に何かあると、いつもの調子が嘘のようにナイーブになる。
大きい翼で目立つが、本人は目立つのを嫌がるため、
せめてかぎ爪や鱗の生えた手足を隠している。
思ったことをストレートに言うのは、信頼されてるか、下に見られてるかのどちらか((

容姿 :
やや横長の、飄々とした金色の目。
全体的にくせっけな黒髪ボブヘア。 長いM字前髪で、サイドの髪は内巻き。
髪は二段に癖があり、上は外側、下は内側にゆるく癖がついている。
赤いキャスケットを被り、白い鼻緒の一枚歯の下駄をはいている。
白い半袖シャツの上に、前を開けたデニムのベスト。
黒ベルトを通した赤チェックスカートの下に、ボリュームのある短い黒ドロワースをはいている。
白い長足袋と黒アーマー。
翼は烏の塗れ羽色で、広げると左右それぞれ1.8mもある。
斜め掛けのベージュの鞄を持っていて、入ってるのは手紙やデジカメや両親の写真。

種族 :黒い翼の鳥人

武器 :大きな翼による突風。 時々弓矢

備考 :
一人称「私」 基本敬語さん。
職業は郵便屋だが、それを隠れ蓑にパパラッチをしているとかなんとか。
時々寝不足になっている。 お酒はぐいぐい行ける方。

>>6の者です!】


書き込む 最新10 サイトマップ