【 本擬人化 】陽 だ ま り 古 書 堂 .

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1: prologue◆Uo:2014/10/19(日) 20:27 ID:GVk





 変わりゆく時の中で変わらないもの
 陽だまりに置かれた、そんな日常。



>>2*概要と約束
>>3*世界観と募集キャラ
>>4*プロフの書き方




2: prologue◆Uo:2014/10/19(日) 20:37 ID:GVk





 観覧感謝です。ゆるーいふいんき(←なぜか変換できない)のスレを作りたくてこうなりました。
 人数指定も特に無いので、ゆっくりしていらして下さいね。*

 さてと、ルールです。一応お約束はあります、笑

*掲示板の基本的ルールは守りましょう。ネチケのある人を求めます!

*安価は必須。誰だかわかんないもん! 笑

*ロールは行動の分かる範囲必ずお願いします。

*恋愛は3L可です。愛は性別をも越えます(何)

*ですが露骨なキャラ狙いや行き過ぎはやめてたもう進ぜます。

*あくまでほのぼの推奨スレという事を念頭に···!

*そうです!ほのぼの。皆で仲良くのほほんとやりましょうッ



 ここを読んだ証として、pf提出の際は好きな色をご記入くださいな!

3: prologue◆Uo:2014/10/19(日) 20:55 ID:GVk




 忙しない都会を少し離れた処にある、古ぼけた古書堂 。
 1日に物好きな客が来るか来ないか。そんな閑古鳥が鳴く様な場所で、本達は埃を被るばかり。

 ある日、主人はとうとう店を閉めようと思い、最後に心を込めてひとつひとつの本を、埃を払い綺麗にしました。

  すると、まばゆい光が古書堂を包み込み−−

      −−気が付くと、そこには人の影。

   陽だまりの古書堂で繰り広げられる、少し不思議なお話。


  【 募集キャラ 】

 *擬人化された本*
  小説、古典、童話、哲学書、辞書となんでもアリです。
  実在する本(これは著作権が切れたものにして下さい)又は、自分で創った本のどちらかでお願いします。
  年齢、性別問いません。本の中の人物をモチーフにしたとかでも面白そうですね!

 *物好きなお客様*
  此方は人間です。常連さんだと嬉しいな。
  変人求む!(笑)




  因みにわたしは店長をやります。
  基本的に無気力な奴ですがどうぞよしなに··*

4: prologue◆Uo:2014/10/19(日) 21:00 ID:GVk





名前 ( その本にあった名前であれば、和洋問いません/物好きさんも同じく! )

性別

年齢

性格

容姿 ( 折角なので、ありえない髪や瞳の色設定は両者おっけーに! )

備考 ( 本の方は、ここで本の説明をお願いします。 )




  不備は無いかな…?それではスタート!需要願う、。笑

5:  ロリたん(     ◆MY:2014/10/19(日) 21:06




【  参加希望なのですが、!一人何役まで可能でしょうかー!  】

6:桃◆u2:2014/10/19(日) 21:08 ID:Pzg

【物好きなお客様で参加希望です!】

7:◆qLs:2014/10/19(日) 21:10 ID:nkc

【参加したいですー!】

8: prologue◆Uo:2014/10/19(日) 21:16 ID:GVk




( /あ、ロリたまだ←
  今のところ1人一役が望ましいです(*^^*) )

>>5


( /了解しました。プロフ提出待っておりますね! )

>>6-7

9:桃◆u2:2014/10/19(日) 21:26 ID:Pzg

名前 守山光(もりやまひかり)
性別 女
年齢 14
性格 本を全力で愛す、ツンデレな常連客。毎日のように本を読みに来る。普段はなぜかまわりにばれないように、店に入ってきて、中で静かに読む。恥ずかしいことが書いてあったりすると、表情が変わる。口調は男っぽい。恋愛には鈍感で、本以外に好きになる人は今まででいない。

容姿 茶色いくるくるした天然の膝くらいの長い髪の毛。白い音符柄のリボンを飾っている。目の色は赤いため、それを隠すためにカラーコンタクトの茶色を入れて、眼鏡をかけている。服装は、ワンピースにパーカーを羽織っている。好きな色は、紫なのか、着る服の色は紫が多い。
備考
一人称 私、あたし、僕
二人称 君、あんた、名前、あだ名

【不備等はありますか?】

10:桃◆u2:2014/10/19(日) 21:28 ID:Pzg

【やばっ!書き忘れた。
好きな色 紫
でお願いします!】

11:片桐 佑真:2014/10/19(日) 21:29 ID:S1E

名前 ( その本にあった名前であれば、和洋問いません/物好きさんも同じく! )

性別

年齢

性格

容姿 ( 折角なので、ありえない髪や瞳の色設定は両者おっけーに! )

備考

12:  ロリたん( ◆MY:2014/10/19(日) 21:30




【  じゃあアリスちゃんみたいな子で参加しちゃいますっ!性格はいろいろと変えちゃいますねん!(  】

13: prologue◆Uo:2014/10/19(日) 21:31 ID:GVk




名前 望月 恭( もちづき きょう )

性別 おのこぢゃ(、

年齢 不詳( 見た目は20代である )

性格 常に無気力で、出来れば面倒事には避けたく思う消極的な人。いつも埃臭い店の奥で蔵書を読み耽っているか寝ているかのどちらかで、彼の周りに積まれた本は高々としている。よって無愛想。表情が無いわけでは無いが薄く、話し掛けられないと此方からは用の無い限りは永遠に会話はない。そんな彼であるが、本の事は昔から大好きな様で、唐突に人になった彼等に少し興味は示している様。

容姿 まるで脱色しきったかの様な白髪は、長らく切っておらず首元まであり、また前髪も目元を覆うレベルには長い。前髪を拭った先の黒い瞳は常に怠そうなのである。適当なシャツとパンツの上には、いつも深緑の色褪せたエプロンを着用。身長180糎。わりと高い。

備考 一人称は俺。二人称は人によって様々だが基本的に呼び捨てかアンタ呼ばわり。古書堂の5代目主人だが、4代目とは血がつながっていないらしい。






 うわわ、笑

14:匿名さん hoge:2014/10/19(日) 21:31 ID:S1E

【ひゃあああああっ!!私ってばなんて事を……!! >>11はミスですごめんなさいっ・゜・(つД`)・゜・
途中送信すみません……(´;ω;`)】

15: 神の子あんなちゃん、 ◆q.:2014/10/19(日) 21:34 ID:RBU






(/わー、!楽しそう!童話かどうか分からないけど人魚姫ちゃんとかって大丈夫でしょーか、!)

>主様

16: prologue◆Uo:2014/10/19(日) 21:34 ID:GVk




( /不備無しですよ(*^^*)宜しくお願いしますね!
   それでは、絡み文お願いします* )

>>9


( /アリスちゃん(((o(*゚▽゚*)o)))待っておりますね! )

>>12


( /狽ヌうかお気になさらず(´`*)! )

>>14

17: prologue◆6.:2014/10/19(日) 21:35 ID:GVk




( /ありがとうございます!確か童話だった筈…!(笑)待っておりますね! )

>>15

18:桃◆u2:2014/10/19(日) 21:36 ID:Pzg

【ありがとうございます!投下します!】

………こ、こんにちは……(こそこそと隠れながらいつも通り挨拶して中に入っていき)
>>all

19:光◆u2:2014/10/19(日) 21:41 ID:Pzg

【わわっ!さっそく名前間違えた!ごめんなさい!!】

20: 望月 恭◆pk:2014/10/19(日) 21:45 ID:GVk




( /絡み文ありがとうございます(^^、
   あとね、一応スレ内では使用キャラ名で居てほしいのです壁|ω・) )



···

( 古書堂の1番奥。今日も今日とて古ぼけた小説を読み耽っており。相手の気配にちらりと目線を向けるも、直ぐに本へと視線おとして。 )

>>18

21: 望月 恭◆pk:2014/10/19(日) 21:46 ID:GVk




( /あっ直してくれてた這煤A>>20の本体会話気にしないで下さい〜汗 )>>19

22:光◆u2:2014/10/19(日) 21:48 ID:Pzg

……よし。(誰もいないと勘違いしたのか、いつもの席に行き本を読み出して)
>>店長

23:匿名さん hoge:2014/10/19(日) 22:13 ID:iXY

名前 黒野 道(くろの おさむ)

性別 男

年齢 200前後

性格 とにかく陰湿でひねくれており、何かと意地の悪い嘘を吐いたりなど、悪逆非道の限りを尽くす性悪人間。もとい、性悪本。人の困った顔や苦痛な表情等を見るのが大好きで、それは本人も自覚している。
息をするように嘘や迷惑を掛ける行為がやめられない事で怒られたりなども当然するが、それも何とも思わないという。
たまに意味の分からない独り言を呟く事もあり。

容姿 耳からうなじにまである髪は8対2の割合で黒髪が多く、右と左で黒と白が別れている。
服装は主に黒い衣服が多く、極力肌を見せないようにと指先が見える程度の袖の長い服を選び、革で作られた廃れた古いローブを羽織っている。
目の色はワインレッドで、指には銀の指輪がいくつもついている。

備考 ざっくりと言えば黒魔術全般の古典。しかし、古いだけあって破れた部分や文字が薄く消えかけているページもあり、その部分が髪の毛の白い部分へと出ている。
一人称「俺」 二人称「あなた」「あんた」「お前」

【な、なんだか凄くアレで性格も自分でハッキリと区切れていないようなキャラクターが出来てしまったのですが……参加、宜しいでしょうか…?
因みに、私の好きな色は水色だったりしますっ!】

24: 望月 恭◆A6:2014/10/19(日) 22:14 ID:GVk




···あ。

( 暫くしたのち、読み終えた本をパタリと閉じて何時もの様に積み上げると、本の塔は中々の高さになっており。グラグラと不安定気味な其れは、彼が立て直そうかと手を掛ける前に、静かな空間に似つかない音を立てて崩れて。 )

>>22

25: prologue◆A6:2014/10/19(日) 22:17 ID:GVk




( /黒魔術書くん(*゚▽゚)!とっても素敵だと思います*
  宜しくお願いしますね(*^^*)それでは絡み文お願いします! )

>>23

26:黒野 道:2014/10/19(日) 22:32 ID:iXY

>>25
【ありがとうございますっ!では、早速絡み文を…っ!】

>>ALL
……そっちの道危ないよ?こっち来てももっと危ないけど……(誰も居ない場所で積んだ分厚い本の上に座りながら頬杖を付き、足をぷらぷらと揺らして楽しそうに笑めば積みに積まれた崩れかけた本の山を指差してにこにこと人が来るのを待ち続け)

27: 望月 恭◆A6:2014/10/19(日) 22:51 ID:GVk




( /絡み文ありがとうございます(^^! )


···なんじゃこりゃ。

( 読み終えて積み重なった本を戻そうと、数冊抱えて其方へ向かい。すると相手の居る状況に出くわし、思わず上記をぽつり。 )

>>26

28:黒野 道:2014/10/19(日) 23:01 ID:iXY

>>27
…ん?んー……ふふ、知ってる、知ってるよ……うん(相手の気配と声を感じとればバッと相手に目を遣り、「いっつも見てる。知ってるよ…あなた」と、本の山から降りて相手に近づけばそっと相手の眼球に触れるか触れないかの距離で指を指し)

29: 望月 恭◆A6:2014/10/19(日) 23:19 ID:GVk




わ、な、なんなんだアンタ···

( 流石に眼球スレスレで指を差されると、表情の薄い彼も少し驚いて目を見開いて。一歩後退りすると、やや警戒するように相手見やり。 )

>>28

30:黒野 道:2014/10/19(日) 23:30 ID:iXY

>>29
本が人間になったのかもしれないねぇ…あなたはどっちだと思うのかなー…ふふ(わざとらしく笑いながら指していた指を下げ、自らの髪の白い部分を愛しげに撫でながら「黒魔術なんて本があるんだから、本が人間になってもおかしくないかもねぇ……ふふ」と、妙な笑みを浮かべながら更に相手に詰めより)

31: 望月 恭◆A6:2014/10/19(日) 23:44 ID:GVk




もしかして…を信じるなら、あの、本棚の1番右端にあった黒魔術書…か?

( 黒魔術と聞くと思い当たる蔵書があったらしく。それまで詰め寄られては後退りして逃げていたが、ぴたりと足を止めると相手指差し問いて。 )

>>31

32:黒野 道:2014/10/19(日) 23:57 ID:JpU

どうだろうねぇ…もしそうだったとしても、やだなぁ…。ずぅっと独りだったあの本が俺なんだったら、悲しいなぁ……(否定はしないが肯定もせずに緩く笑めば悲しげな表情を一切せずにそう呟き、そのまま「ねぇ、信じちゃうのかなぁ?」と、赤い目を大きく開けて問い掛け)

33: 望月 恭◆A6:2014/10/20(月) 00:15 ID:GVk




ん···ごめん、良い答え浮かばねーわ。

( 相手の瞳に、なんとなく捕らえられたかの様に動けなくなり。その問には正に半信半疑といった状況であるからか、困った様に少しだけ眉下げるとフイと相手から瞳逸らして。 )

>>32

34:黒野 道:2014/10/20(月) 00:26 ID:S1E

>>33
んふ、ふ……ううん、だろうなぁ…って、思ってたんだよ…困るよねぇ?曖昧に言われても……。
あなたには世話になったから正直に言うと、あなたの思ってる通りだから……俺はその本で間違い無いから安心し……いや、出来ない?(にひ、と一瞬一際笑みを強く浮かべればそっと相手から離れ「俺っていう存在が居るんだし、この店は続けてよ」と、埃の被った本に息を吹き掛けて遊びながら)

35:篠原 実羽:2014/10/20(月) 00:34 ID:tm.






名前 篠原 実羽 Shinohara Miu

性別 女 ♀

年齢 15 歳

性格 優しい笑顔をよく見せ誰に対しても優しく公平に接することからか自然と彼女の周りには沢山の友達が集まってくる。ほわんとした部分もあり友達の相談を受けることが多々あるようで割と頼れる存在。しかしおっちょこちょいで何もないところでも躓いたりしてしまうところも。本が大好きで本のことになると夢中になり読み始めれば時間をも忘れてしまうほど。

容姿  黒色の髪の毛を胸辺りまで綺麗に伸ばしており毛先をくるんと内側に巻いていてさらさらというよりはふわふわとした髪質。顔立ちは綺麗というよりも可愛らしい顔立ちをしており実年齢よりも幼く見られることが多々ある様子。身長153cmと小柄で体重もそれに伴い軽めで色白。私服の方はおしゃれでスカートやワンピースといった女の子らしい服装を好み色はパステルカラーのような淡い色を好んでよく来ている。

備考  一人称 私 二人称 君/あなた/⚪️⚪️くん/さん
敬語が基本。

【参加希望です/ 好きな色は 白色とピンク色です/何か不備がありましたらなんなりと!】




  不備は無いかな…?それではスタート!需要願う、。笑

36: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 00:49 ID:GVk




店か······、ん。でも、魔術書君も、此処に居るより他の書店に行った方が楽しいんじゃねーの?
此処は古臭いし静かだろ、それに埃が多い···

( ううむ、と少し考えたのだが、やはり店は閉める方向へと矢印が向いている様で。ふっと舞った埃に、やや自嘲気味にはふりと苦笑して。 )

>>34

( /かわいい··!宜しくお願いしますね(*^^*)
不備無しですので、絡み文お願いします! )

>>35

37:篠原 実羽:2014/10/20(月) 00:53 ID:lLw



” 望月 恭 さん ”

【ありがとうございます ‼︎ / 了解致しました。 絡み文出させて頂きます/】



……

(/ 静かにドアを開ければいつものように本屋に入ってきて 本棚に目をやると本を一冊一冊手に取りながらまじまじと見つめ何やら考えているようで 何度も取り出したり戻したりと繰り返していて。)

38: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 01:11 ID:GVk




( /絡み文ありがとうございます(^^! )


···

( 相手が来店した事など全く持って気付かず、店の奥で読みかけの本を持ったまま、椅子の背もたれに身を預けぐうぐうと鼾をかき乍眠りこけており。 )

>>37

39:黒野 道:2014/10/20(月) 02:00 ID:S1E

>>36
この古臭さがすきなんだよ、この埃とか…タンポポの種みたいで、ふわふわするしなぁ…。それに、こんな古くてボロボロで縁起の悪い本なんて、どっかのえげつなぁい所しかなさそうだし…?(埃を見つめながら幸せそうに笑めば視線を相手に向け、自分を捨てる気なのか?と、自分が本である事を手玉に取り)

>>37
悩んでるなら、これとこれ……これなんて人気だよぉ…?ぜぇんぶ、死んだ人間の話だけど…(珍しい客に興味が惹かれたのか、座っていた本の上から降りて相手に近寄れば小さな相手の届かない場所にある本を手に取り、一つずつ相手の頭の上へと置いていって)

40: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 02:23 ID:GVk




それ、此処がえげつないトコって事じゃないか

( くす、と少しだけ冗談めかしく笑い。まんまと手玉に取られると、う、と言葉に詰まり。そしてバツの悪そうに「 ···わかったよ、少しだけ閉店は先延ばしにしてみる 」と。 )

>>39

41:黒野 道:2014/10/20(月) 02:48 ID:S1E

>>40
良かったよ……。多少汚れてもここなら気にならないし、ここ気に入ってたから…本当に、閉店されたら居場所無くなっちゃう所で……(本の気持ちも考えてくれたようで。と、満足そうに目を細めれば「名前……俺、いる?」と、今後の事を考えたのか、そう問い掛け)

42: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 03:10 ID:GVk




そんな、焼いて捨てるワケじゃないんだから···え、名前?
あるなら知りたいけど···、

( 名前と聞くと、どうやら本のタイトルとはまた別の様な物と見たらしく、しかしあまり理解していなさげに首傾げ。 )

>>41



( /明日学校なのにこの時間まで起きちゃったよいこのわたしェ···
  寝落ちします、お相手感謝でした(*´∀`*) )

43:黒野 道:2014/10/20(月) 03:26 ID:S1E

>>42
だって…ね?今は人間だし、本の名前の通りに黒魔術なんて呼ばれたら、俺も嫌だし……自己紹介も出来ないしぃ…。本とは別の名前、考えてたんだよー…(こちらの説明も足りなかったか。と詳しく伝えれば「それとも俺、黒魔術っていう名前の方が良いのかなぁ…」と、分かりやすい程に嫌そうな顔で指をふらふらと空で動かして)

【お疲れ様ですっ、付き合わせてしまって申し訳ない…汗
おやすみなさい、良い夢を(*´-`)】

44: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 14:16 ID:GVk




わ、わかったよ···で、どんな名前なんだよ。黒魔術のクロとか?

( あからさまに嫌な顔されては断る事なんて出来ず、それと少しの興味から名前を尋ねて。そして此方が今パッと思い付いたらしい単純な名前ひとつ挙げてみせて。 )

( /狽「ややや、楽しくてつい寝るのが億劫になっちゃっただけなのですよ(;´∀`) )

>>43


( /ひー(´;ω;`)端末を取り上げられ何時来れるか分かんない状態です、
   pf提出して下さる方は、わたしの承認無しで参加して頂いて大丈夫です! )

45:黒野 道:2014/10/20(月) 16:47 ID:vFk

>>44
そんな風に簡単に決められると、愛されてないって感じちゃうなぁ…。やっぱ、黒魔術なんて嫌われる存在だもんなー…?(相手のネーミングセンスに目を細めてグッと顔を近づければ光の無い目で見つめ、後に相手から離れて自分の親指を鋭い歯で切り、裾から腕を出して自らの腕に血で文字を書けば「黒野、道…。そのまんまでしょー?」と、名前を書いた腕を相手に見せて)

【ややっ、それはなんともありがたいっ!私も楽しくてすぐ覗きにきちゃいますっ、笑
では、長々とお話をして場所を取ってしまうと申し訳ないので、背後はこれにてっ(しゅば)】

46:光◆u2:2014/10/20(月) 17:31 ID:Pzg

ひぁっ!?(あまりにも驚きすぎてしりもちをつくと、音がしたほうをガタガタ震えながら見て)
>>24

47: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 19:26 ID:GVk




あ、いや。そんなつもりじゃ無かった······て、血···おま、血··!
名前は後で聞くから、ちょっと待ってろ!

( あまり好評では無かったらしいクロという名前に、少々申し訳なさげにぽりぽりと頬掻き。紅い血で染められた其れ見ると、珍しく慌ててパタパタと奥に戻り救急箱を捜し始めて。 )

( /そう言って頂けてわたしも嬉しいです(*^v^*)
   了解しました、それではわたしもドロンです!/返信不要 )

>>45


···ごめんね、驚かせちゃったかな。

( 一通り本を積み上げなおすと、相手の声した方向かい。一応読書の空間を邪魔してしまった事は謝っておこうととりあえずはぺこりと頭下げ。 )

>>46

48:光◆u2:2014/10/20(月) 19:28 ID:Pzg

あ、いえいえ。おきになさらず。(と言うと、ここの店って落ち着いてていいですよね?と珍しくニコッと笑い話し)
>>47

49: きなこ ◆R.:2014/10/20(月) 19:42 ID:GVk



ああ、それ埃臭いって事だよ

( 此方は表情一つ変える事無く淡々とそう告げると、近くの本棚から数冊抜き取りまた奥に戻ろうと踵を返して。 )

>>48

50: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 19:43 ID:GVk



( /名前間違えました恥ずかP。゚(゚^o^゚)゚。望月です。 )>>49

51:匿名さん:2014/10/20(月) 19:45 ID:x2M

(参加希望です)

52: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 19:51 ID:GVk




( /了解しました、待っておりますね! )

>>51

53:黒野 道:2014/10/20(月) 21:17 ID:S1E

>>47
えー、折角書いたのに……大袈裟で、いつも見てたあなたとは大違いだなぁ…。俺、書かれる為に生まれてきたのにさぁ……(出していた腕に付いた血をぺろりと舐めて消せば長い袖の服で隠し、ポタポタと流れ落ちる血を全く気にせず、本そのものだった頃から見ていた相手様子とは全く違う慌てた姿にうっとりとした目で楽しそうに見つめて)

>>18

んーん……どうしてそんなにこそこそしてるのか、知りたいなぁ……(ひょこ、とどこからともなく現れれば良い遊び相手が見つかったと目を細めて薄く笑い、あからさまに隠れている様子の相手に後ろから声をかけて)

54: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 21:44 ID:GVk




うるさいな、血なんて久々に見たんだよ。少しくらい驚くわ。
···ごめん、これで勘弁。止血くらいしかならないだろうけれど、

( ガサゴソとそこここを探すものの、普段寝るか読書かするだけの空間に都合良く救急箱等ある筈が無く。くそ、と声を漏らすと着用しているエプロンの裾をびりり、と破き。無造作乍らも出来た臨時包帯を、せめてもと相手に巻こうと。 )


>>53

55:匿名さん:2014/10/20(月) 22:08 ID:x2M

名前 天月 臭(あまつき しゅう)

性別 男

年齢 15

性格 全体的に大人しく引っ込み思案で物事で遠慮勝ちだがポジティブ思考が凄まじい。色んな物に興味が惹かれるのは、良いがすぐ飽きてしまう為、ちゃんとした趣味は読書ぐらいしかない。友達が少ない。本を読むのも好きだが新しい本の臭いを嗅ぐ事が本の一番の使い方らしい。

容姿 意外に手入れされているサラサラ感がある黒髪におっとり目の白の瞳。服装は、平日はちょっと崩れかけている制服姿で休日は、白いシャツに紺色のジャケット、緑のボトムスで靴は、茶色の運動靴を履いている。身長は、170pと平均的。

備考 1人称「僕」2人称「君、〜君」

(>>51の者です。不備考は、ありませんか?)

56: 望月 恭◆N.:2014/10/20(月) 22:12 ID:GVk



( /不備無しですよん!宜しくお願いしますね(*^^*)
  それでは、絡み文お願いします! )

>>55

57:篠原 実羽 :2014/10/20(月) 23:04 ID:tm.



” 望月 恭 さん ”



(ぐっすりと鼾をかいて眠る相手に気づいたようでちらりと目をやれば 近づいて行き相手を少しの間見つめると自分が羽織っていた茶色のカーディガンを相手の背中にかければ 起こさないようにとゆっくり離れて行き再び先ほどの位置に戻って。)


” 黒野 道 さん ”

そうなんですか … !

(おすすめの本を頭の上に乗せられることに少し違和感を感じたものの 相手が勧めてくれる本を頭の上から取りながら本のタイトルをちらちらときらきらと目を輝かせながら見ると自分のての上に次々と重ねていき )

58:天月 臭◆uPM:2014/10/20(月) 23:04 ID:x2M

(参加許可ありがとうございます)

・・・
(分厚い小説を何冊か持つと近くに置いてあるテーブルにドンッと置くと椅子に座って黙々と読み始め。最初は、まだ襲われなかったものの段々と眠気に襲われ始めて目を擦って覚めようとするがうとうとと寝そうになっていて)
>>all

59:篠原 実羽 :2014/10/20(月) 23:54 ID:tm.



” 天月 臭さん ”

【/絡ませていただきますね ‼︎】


わわ…‼︎

(此方のほうも何冊かの本を手にとってもう片方の手に積んでいたのだが小さい手には限界がありついにその重さに耐えられなくなったのか積み上げていた沢山の本がバサバサと音を立てて床に落ち 小さく驚いた声をあげて)

60: 望月 恭◆N.:2014/10/21(火) 00:26 ID:GVk




···ん、なにこれ。

( −−暫くして目が覚めたらしく、ぼやける視界を擦り乍何か暖かみを感じたようで、体を起こすとぱさりと何かが落ち。それは相手のカーディガンで、誰のだろうと不思議に思いつつそれを拾って。 )

>>57


( /絡み文ありがとうございます(^^! )

······

( 相手の眠気戦争を他所に、此方は読み掛けの本を手に持ったまま夢の世界。ぐうぐうとかく鼾は静かな店内で異質とも言える様。 )

>>58

61:黒野 :2014/10/21(火) 00:32 ID:5aU

>>54
……えー、古いエプロンの一番汚れやすい袖部分なんてバッチいの……傷口に菌が入っちゃったらどうする?ねぇ、責任は…さぁ?(そこまでするのか、と素直に指を差し出すも、口を尖らせながら文句を言えば更に迷惑を掛けようと血の垂れる指を右左に動かして)

>>57
わあ、小さい手だね……あなたもこういうの好き?俺と同じだね…ちいさくて、ぽわんとしてるのに……ね?(怖がらせようとしたのが裏目に出れば少しがっかりするも、そういった部類の本が好きな分では相手に興味を惹かれたのか、そのまま本一冊手に取り、少し屈んでちいさな相手を愛し気な笑みで見つめ)

>>58
……ふふ、眠いなら帰りなよー?ここ、お化けとか出るし…人間の本も出てきちゃうよ…だから、ね?(後ろから肩を人差し指でトントン、と軽く叩き、冗談のようにぽそぽそと相手の耳元で呟けば目を細め、薄く笑って)

62: 望月 恭◆N.:2014/10/21(火) 00:45 ID:GVk




煤Aバッチぃっておま···
 ······ああああ、もう!近くの薬局なんて俺は知らないんだからな!

( 困った様に下向いてガシガシと頭掻くと、自棄の如く財布をひっつかんで外へ飛び出して。しかし長らく日陰での暮らしを営んできた故に外の陽射しはあまりにも眩しく感じられ「 うわあああ 」と断末魔。/ェ )

>>61

63:黒野 道:2014/10/21(火) 01:01 ID:5aU

>>62
……楽しすぎて、壊れそう…(相手の一人芝居にも見える行動を目で追い、勝手に叫び始めた相手を店の中から眺めれば驚きと愉快さに目を真ん丸にし、楽しんでいるの感じられない声色で上記を述べれば「エプロンで良いのにね、血も止まってきたし……それに、ばい菌なんて…俺は本だから」と、外に出て笑みながら相手へ伝え)

64: 望月 恭◆N.:2014/10/21(火) 01:21 ID:GVk




···今は人間なんだろ、えーと、黒··野···ナントカさんよ···

( 地面に手を着き息を切らす彼にとっての幸といえば、人通りの無かった事であろう。なんだかエプロンの裾が今になってあっさりと認められたのが悔しいのか、少しだけムッとすると上記。 )

>>63

65:黒野 道:2014/10/21(火) 02:56 ID:5aU

>>64
くろの、おさむ。少し変わったのにしてみたんだよね…ふふ、初めて名前を見た人は、くろのみち…って読んじゃいそ。…ね、あなたが怪我しちゃう前に、おいでおいでー…(少し怒っているような表情にふふ、と口角を上げ、自分もあまり日には慣れていないのか、すぐに部屋の中に入れば焼け死んでも知らないぞ。と、手を差し伸べずに言うだけ言って手招きちょいちょあ)

66:  宮代 鈴   ◆KY:2014/10/21(火) 05:14 ID:RBU




名前 : スカイ=マーガレッド

性別 : ♀、

年齢 : 不明(見た目としては20代前後)

性格 : 健気な可愛げのある女の子らしいカマトトを演じる猫かぶりな性格。中身としてはとても肉食系で積極的で挑発的らしい。おませさんでお洒落に気を使うなどの女子スキルが高いものの、口が達者でとても口が悪く、人を弄ぶのが趣味らしくドSな要素を持つと言われている。その割りには単細胞でよく暴力沙汰も起こしたりするという非常に危険な性格らしい。しかし、好奇心旺盛で子供っぽい部分があったり喜怒哀楽が激しいらしい。ドライで思った事をすぐ口に言うタイプ。

容姿 : 赤がかった肩に付かないぐらいの長さの髪に黒い髪のメッシュが交じった髪型。前髪はバラバラに切られていてたまに前髪を上げていたり茶色いウェーブのかかったウィッグを被っていたりするんだとか。瞳の色は淡い水色で、肌は褐色系統。目はつりあがっているものの、大きくて八重歯が特徴的。全体の顔つきは年齢相応。特徴としては胸が比較的大きい(らしい)。服装は肩だし白と黒のボーダーニットシャツにショートパンツの組み合わせや白いワンピースが主らしいが、素を出さない時は花柄の服を着るんだとか。身長171cmと長身。

備考 : 一人称「 私 」、二人称「 ○○、○○さん、(名字)、 」など。
本としては淡い水色のカラーが表紙の童話「 人魚姫 」である。この物語の主人公と正反対の性格をしているのは、王子様に選ばれなかった悲しみや憎しみなどの憎悪が膨らんでこんな性格になってしまったんだとか。

(/人魚姫で予約した者です、!不備があればなんなりと、!

67:篠原 実羽:2014/10/21(火) 17:31 ID:tm.



” 望月 恭 さん ”

…おきましたか ? おはようございます

(しばらくの間は相手が起きたのに気づかないでいたがようやく気づけば相手の方に体を傾けると上記を 可愛らしい笑顔で述べれば すぐにまた本の方へ視線を移して。)


” 黒野 道 さん ”


私は本全般なんでも好きですので

(相手に好きなのかと聞かれれば上記を答え 相手が自分の身長に合わせて屈んでくれているのに気づくと少し背伸びをしてみて 自分を見つめる相手ににこりと微笑んでみて。)

68:黒野 道 hoge:2014/10/21(火) 19:08 ID:Keg

>>67
そっか……なら、俺も好きになってもらえるのかな…。ね、俺の存在…認めてもらえるかなぁ…(なんでも好きだと言う相手に少し興味を無くしかけるも、背伸びをして目線を合わせようとする謙虚な相手の様子に笑みを浮かべてその場に座れば相手にとっては意味がわからないであろう言葉を続けて「いつも隅っこなんだ…ふふ、嫌いな場所でもないんだけどね?」と)

69:篠原 実羽:2014/10/21(火) 19:29 ID:tm.




” 黒野 道 さん ”


… なにがですか ??

(相手の言葉にきょとんとした表情を浮かべれば 小さく首をこてりと傾けながら上記を述べ 再び続く相手のよくわからない発言にまたしも首を傾げてみて)

70:黒野 道:2014/10/21(火) 20:02 ID:Keg

俺さ、本なんだよ…だから、ここの事昔から見てたんだ。でもさ、一つも触られなくて……んー、ふふ…俺も、この手に取られたら良いのになー……って(意味深な事ばかりを言い、曖昧な言葉を並べながら本を持つ相手のちいさな手を人差し指摘まめば、羨ましいな。と笑んで)

71:篠原 実羽:2014/10/21(火) 20:17 ID:tm.



” 黒野 道 さん ”

本 …???

(相手の言葉に驚いた表情を浮かべると不思議そうに上記をポツリと呟き 相手の言葉が何処か寂しげに聞こえたので本を優しく近くに置くと 自分より背が高い相手を背伸びしながらなでなでと頭を撫でてみて。)

72:黒野 道:2014/10/21(火) 21:19 ID:Keg

>>71

……ん…ふふ、憎たらしくらいに優しいね、あなた…。…ううん、今は良いかな、知られなくて。知りたいなら教えるけど…信じてもらえないだろうな……(目を細めて不適に笑みながら相手を見つめ、嫌みを込めた言葉を言いながら撫でられ続ければ「暖かいね、手…」と)

73:篠原 実羽:2014/10/21(火) 21:36 ID:tm.



” 黒野 道 さん ”


いえ そんな 。

(相手の優しいんだねという言葉に 首を横に振りながら上記述べ 手が暖かいと言われれば可愛らしい笑みを浮かべながら『そうですか?』と言い)

74:  ereim  ◆K.:2014/10/21(火) 21:38 ID:Cik



(/ もし空いていたらなのですが、赤ずきんちゃん伽羅の女の子で参加させていただいても宜しいでしょうか、? )

75:黒野 道:2014/10/21(火) 21:51 ID:Keg

>>73
純粋だから、かな…。意地悪したくなるなぁ、そんな笑顔見せられたら…(立ち上がり、相手に顔を近づけて髪を軽く掻き上げるようにそっと頬へ触れればそのまま目を細め、光の薄い真っ赤な目で見つめながらぎゅう、と相手の頬を摘まんで)

76: 望月 恭◆N.:2014/10/21(火) 21:56 ID:GVk




( /不備無しですよ!宜しくお願いしますね(*^^*)
   それでは、絡み文お願いします! )

>>66


( /空いておりますよ(*´∀`*)待っておりますね! )

>>74


( /なんだかとっても忙しいゆえ、お返事遅れますごめんなさい…!
  しかし前にも書いた様に、わたしの承認無しの参加で大丈夫です(*^^*)
  体力が回復したらレス返しまふ。。ヾ(:3ヾ∠)_ )

77:篠原 実羽:2014/10/21(火) 22:07 ID:tm.



” 黒野 道 さん ”

やめてくだひゃい

(頬をぎゅーっとされれば少し変な言葉になりながらも上記を述べ 相手の顔が近づいたことで 顔が赤くなりつつあり 照れているのか少しした向き加減でいて。)

” 望月 恭 さん ”

【/ 回復のほうお待ちしております ‼︎】

78:黒野 道:2014/10/21(火) 22:40 ID:Keg

>>76
【無理せずマターリ、体調にはお気をつけて下さいね´`】

>>77
ふふ…かぁわいいな、可愛いな……恥ずかしい?それとも、怖い?どっちかな…(相手の頬から手を離し、赤面した相手の表情にうっとりと笑みを深めれば「怖がらなくても何もしないよ」と、平気で嘘を吐いてうつ向いた相手の頭に手を乗せて)

79:篠原 実羽:2014/10/21(火) 22:44 ID:tm.



” 黒野 道 さん ”

か 可愛いなんて … そんなことないです!

(可愛いという言葉にさらに顔が真っ赤になり 俯きながら首を横にブンブンと振りながら上記を少し早口で述べ 相手の質問な対しては 『恥ずかしいです』と語尾は消え行ってしまうような小さい声でポツリと呟いて)

80:黒野 道:2014/10/22(水) 00:08 ID:S1E

>>79
…謙遜しても、真っ赤なままだとかわいいままだよ……ほら、ヤだったら恥ずかしいの我慢しないと、俺が困っちゃうなぁ…?そんな顔して照れられても…(相手の顔を覗き込み、顔を真っ赤にして照れた表情が堪らないと虚な目で見つめ「止めて欲しい…?ねぇ、俺が怖いかなぁ?」と)

81:篠原 実羽:2014/10/22(水) 00:10 ID:uEY



” 黒野 道 さん ”

む〜っ。

(相手の言葉に頬っぺたを少し膨らますような仕草をするも顔が赤いのは直らないらしくあたふたしていて 相手が怖い?と聞いてくれば『怖くないですよ!』と答えればその後ににこりと微笑んで)

82:黒野 道:2014/10/22(水) 00:24 ID:S1E

>>81
…ふふ、このほっぺ…食べたくなるね、りんごみたいに美味しそうで……、んー?……嬉しい、そうやって、見た目で判断せずに誰でも好きになれるの。…ううん、あなたの見る目が無いのかなぁ…(笑みを崩さずに愛しいものを見る目で相手の頬を見つめ、物騒な発言をした後、ほのかに赤らんだままの頬をつんつんと頬突きながら皮肉をこめた言葉を口にして)

83:参加希望です!◆R.:2014/10/22(水) 05:12 ID:hRQ

名前 庭葉 洋治郎 (ニワバ ヨウジロウ)

性別 男

年齢 外見20程度 実年齢66歳(1948.5/2発行)

性格
やや自信家で理屈っぽいが、実のところ人間関係がだらしない。
男女共に友好がある。
外見に気を使ったり、可愛いものが好きだったりと女々しい一面も。
それ故女子の気持ちはわかったりわからなかったり。
何かを指摘されると、言い訳するかネガティブになるかのどっちか。
思考が中途半端に一般人なので、『おいお前ちょっと空気読め』って言いたくなる発言も

容姿
焦げ茶の綺麗に整えられた短髪、上一つ開けた学ラン。
学生帽と下駄。 顔は外見年齢相応に中性的。
172cm

備考
太宰治『人間失格』
一人称「俺」 初対面は敬語、慣れたら徐々にタメ
時々将棋してたり、酒飲んでたり、その辺で寝てたりします。((

84:天月 臭◆uPM:2014/10/22(水) 06:17 ID:x2M

(絡んでいただき感謝です)

・・・!!
(本が落ちた音に驚き周りをきょろきょろすると相手が本を落したらしくそのおかげで眠気が覚めて。相手の本を一冊拾うと「大丈夫?」と、声を掛けて)
>>59

す、凄いね〜・・・
(うとうとしながら相手の鼾を聞いていたがそれが不思議と段々と子守唄に聞こえてきて途中で完全に落ちてしまって。)
>>60

へぇー・・・そうなんだー・・・僕も見てみたいなぁー・・・
(本当に寝むる寸前で首がこくんこくんと、首が傾いているのに対して相手から肩を軽く叩かれたり耳元で呟かれても全く寝る寸前の状態が変わらなく上記を凄い呑気そうに言っていて。)
>>61

85:篠原 実羽:2014/10/22(水) 07:50 ID:tm.



” 黒野 道 さん ”

… 誰でもって訳じゃ…

(相手の言葉に少し黙ってしまうも続けて言葉を述べ しかしその言葉は消えいるように小さい声で述べられ語尾はほとんど聞こえずにいて 頬っぺたをツンツンとされれば相手を見上げ。)


” 天月 臭 さん ”

あ すみません …

(此方も本が落ちてしまえば その場にしゃがみ落ちた本を拾えば綺麗に積んでいき 相手がひろってくれた一冊の本を受け取ればにこりと微笑んで『ありがとうございます』とやさしい笑顔で述べて)

86: 望月 恭◆N.:2014/10/22(水) 15:13 ID:GVk




( /化学とか言ふわけのわからない言語に悩まされておりましたが、無事に回復致しました!
  遅れちゃってごめんなさい、レス返してゆきますね(*´∀`*) )


−−

くろの、おさむ···ああ、”おさむ”を道って書くのか。

( いやいや死ぬかよ··なんてぽそりと言い乍も、結局耐えられないのでとりあえずはのそのそと店先に入り。ふう、と屋根の下の慣れた日陰に安堵の息を吐くと、改めて相手の名前確認。そして納得したようにほうほうと頷いて。 )

>>65

あ、うん···おはよう、ございます。

( 相手の笑顔見れば、少々呆気にとられた様に目をしぱしぱ、明らかに年下相手なのに思わず語尾に敬語付け足して。そして、さっき拾ったカーディガンと相手を交互に見、ツンツンと相手の肩つつけば「 これ、アンタの? 」と。 )

>>67


( /太宰治だ(*゚∀゚*)
  宜しくお願いしますね(*^^*)それでは絡み文お願いします! )

>>83


−−お客さん、店閉めるよ。

( それから時間が経ち、辺りは暗くなりほうほうと鳥の声が遠くから聞こえてきて。そろそろ店を閉めようかと腰を上げると、本持って夢世界の相手発見。起こさないと、と相手の体ゆさゆさ。 )

>>84

87:天月 臭◆uPM:2014/10/22(水) 18:32 ID:x2M

どういたしまして
(上記を無表情のままで言い返しながら本を渡すと。椅子から立ち上がりボキボキと背骨が鳴る音がしながらストレッチをすると自分が読もうとしていた本を返しに行こうとして)
>>85

そうだ!盆栽をしよう!
(と、ぐっすり寝ていたはずなのに急に意味が分からない事を言いながら立ち上がって。そうすると本を在った場所にへと一冊ずつ急いで返しに行き)
>>86

88: 望月 恭◆N.:2014/10/22(水) 21:10 ID:GVk



!?

( 唐突なる叫びにびくり!と肩震わせ。頭の上にはハテナが浮かぶ勢いで、呆気にとられた様にポカーンと立ち尽くして。 )

>>87

89:黒野 道:2014/10/22(水) 22:01 ID:LNQ


>>84
ねーぇ、……ねーぇ? 困ったな、寝られたら、困るなぁ……(このまま相手を放置していても良いが、本が相手の涎で汚れてしまっては困ると相手の読んでいた本をどかして目の前へ座り、相手の顔へ手伸ばせば鼻とくちを手で塞いで息が出来ない状態にして)

>>85
んん、ふふ…聞こえないよー…?もっとおっきな声で言って、ね?それか、顔言葉が聞こえる距離まで行こっか……(見上げてくる相手を見下ろしながら目を細め、今度は相手に触れず、本棚の前で喋る相手を目だけで追いやる形にすれば自分の耳を近付けて)

>>86
それで、あなたは…なんだったっけ?…顔は知ってるのに、名前、は……(落ち着いた様子の相手に首をかしげ「友達とか居ないみたいだから、名前…呼ばれる事ってあんまりないよね…ん?」と、嫌みを含めた目でじぃっと見つめて)

90:篠原 実羽:2014/10/22(水) 22:50 ID:tm.



” 望月 恭 さん ”


あ…はい ‼︎

(相手に挨拶を返されると此方はにこりと微笑み 肩をツンツンと突つかれれば相手のほうに体を傾け質問に対し上記を頷きながら述べて。)


” 天月 臭 さん ”




(本を返しに行く後ろ姿を暫く見つめていたが すぐに本のほうに目をやれば再び本を選び続け 何冊かを手に取れば近くの椅子に座り鞄から黒縁のメガネを取り出してかけると本のページを捲りだし。)


” 黒野 道 さん ”

もーっ!

(再び顔を近づけられたことの恥ずかしさと相手の言葉への戸惑いから顔を真っ赤にしながら上記を述べると同時に再び頬っぺたをぷぅっと膨らませると再び相手から視線をそらして)

91: 望月 恭◆N.:2014/10/23(木) 00:09 ID:GVk



······望月 恭だよ。

( 友達がいない。図星ではあるがなんとなく認めなくないそれに、ぐぬぬ、と拳握り。しかしそれを抑えると、はふりと1つ息を吐いて自分の名前を言って。 )

>>89


あ、なんていうか、その···コレ、どうも。

( 相手と確認すると、ずいっとカーディガンを差し出して。普段このような事はされた事がなかったものだから、反応の仕方に困りしどろもどろになり乍上記。 )

>>90

92:篠原 実羽:2014/10/23(木) 00:18 ID:tm.



” 望月 恭 さん ”

いえ…勝手なことしてしまって…

(しどろもどろとする相手に対し此方の方は上記を申し訳なさそうにしながら述べると すみません と付け足して。)

93:黒野 道:2014/10/23(木) 02:45 ID:H.s

>>90
意地悪じゃないよ?聞こえないから近くに行っただけ…それも恥ずかしいなら、あなたと会話が出来なくなるなぁ……(そうなると寂しいから、と呟きながら顔を離し、再び顔を赤くする相手に忙しいね、と言って顔を離せば頬に手を添え「この顔、好きだな…」と幸せそうに相手を見つめて)

>>91
うん、知ってるよー…ふふ、ずっと見てきたから…ね?俺が友達だろ…って、ずっと言いたかったよ…(先程の言葉とは変わって相手の名前を知っているとあっさり言ってしまえばわざとらしい笑みを浮かべ、相手の両手を取りながらこれは嘘じゃない。と、再び怪しい言葉を吐いて

94:篠原 実羽:2014/10/23(木) 08:10 ID:tm.




” 黒野 道 さん ”


え !

(相手がもうお話はできないと言うとその言葉にびくりとして相手を見上げ 頬を触りながらの言葉には顔を真っ赤にしながら『可愛くなんて…』と呟いて)

95:庭葉 洋治郎◆R.:2014/10/23(木) 11:20 ID:hRQ

>>all
ん〜……
(本の山影に隠れて、将棋の本を片手で巡りながら、将棋を打っていてボーッとしており

96:篠原 実羽:2014/10/23(木) 22:04 ID:tm.



”庭葉 洋治郎 さん ”

…ここ いいですか ?

( 相手が座る椅子の向かい側の椅子を手で差し少し首を傾げながら相手に尋ね 片手に持っていた本を机の上によいしょと置き相手を見ればにこりと微笑んで相手の返答を待っている様子で )

97:庭葉 洋治郎◆R.:2014/10/23(木) 22:47 ID:hRQ

>>96
はい? ああ、構いませんけど。
(声を掛けられて顔を上げると、次に机に置かれた本を見て、特に断る理由もないので柔らかに笑むと椅子を示して

98:篠原 実羽:2014/10/23(木) 22:59 ID:tm.



” 庭葉 洋治郎 さん ”


では 遠慮なく


( ありがとうございますと軽く会釈すると椅子に座り机の上に置いた本から一番上に置かれた一冊の本を取ればパラリと1ページ巡って。)

99:庭葉 洋治郎◆R.:2014/10/23(木) 23:10 ID:hRQ

>>98
……何読んでるんですか?
(将棋の本を器用に片手で捲り、ほとんど一人ごとのようにそういって

100: 望月 恭◆N.:2014/10/24(金) 13:15 ID:GVk



あ、いやそんな···

( 本意ではない捉えられ方をしてしまった様で、逆に此方の方も申し訳なくなり。言葉に困りオロオロし乍ぺこり頭下げて。 )

>>92


に、にわかに信じ難いなあ··

( 先程から手の上で転がされる様に騙され続けているので、あまり信じてはいない様。取られた両手をじとりと胡散臭げに見て。 )

>>93

えと···ウチ、将棋なんてあったっけ。

( パチパチと将棋の打つ音に違和感を抱き、何かあったのかと重い腰を上げて。そこで相手の存在見ると、やや不思議そうに首傾げ。 )

>>95

101:篠原 実羽:2014/10/24(金) 17:55 ID:tm.




” 望月 恭 さん ”

本 お好きなんですか ?

(戸惑う相手見れば 話題を変えようと思ったのか上記を微笑みながら問いかけてみて こちらの方はもっていた何冊かの本を重くなったのか再び持ち直して。)

102:庭葉 洋治郎◆R.:2014/10/24(金) 18:00 ID:hRQ

>>100
ん…… ああ、私が持ち込んだんです。 ダメでしたか?
(相手の声に立ち上がり、振り返ると帽子をとって薄く笑い

103:篠原 実羽:2014/10/24(金) 23:59 ID:tm.



” 庭葉 洋治郎 さん ”


あ、これですか ? みます ?

(相手の問いかけに本に落としていた視線を相手に向けて にこりと微笑みながら上記述べれば 本を相手のまえに差し出すようにして )

104:庭葉 洋治郎◆R.:2014/10/26(日) 09:44 ID:hRQ

>>103
ん、どうも。 ……何の本ですか? これは
(将棋の本を置いて、軽く笑んで相手の本を手に取ると、中をペラペラと捲って


書き込む 最新10 サイトマップ