宇野学園オカルト探偵部【人数制限あり】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:竜斗◆wo:2015/07/09(木) 17:46

初等部から高等部まである学校、宇野学園。
珍しい部活が多くある事でちょっと有名である。

例えば天体観測部、アニメ部やロボット研究部。
これらは珍しいだけで探せばある。
この学園にはこの学園にしかない部がある。

それがオカルト探偵部。

校内、校外で起きた心霊現象、超常現象などによる事件事故を解決する
異様で異質な部活。

>>2 ルール

>>3 pf

>>4 入部希望書

>>5 募集部員

【レス禁】

2:竜斗◆wo:2015/07/09(木) 17:48

〜ルール〜

・荒らし、なりすましはがん無視で。
・恋愛やシリアスや喧嘩は自由ですがやり過ぎ注意。
・トリップとロルはあっても無くてもOK。安価はゼッターイ←
・pf提出は一週間以内。期限をすぎたらキャラリセします。

3:竜斗◆wo:2015/07/09(木) 17:54

名前/藍島 竜斗

性別/男

年齢/15歳。高等部一年

性格/常にローテンションで無口。むしろ喋らないで筆談。仕方が無い場合は喋る。冷静かつ無表情だがオカルト関係の話にはすぐ食いつく。部室を私物化している状態で授業もサボって部室で寝ている事がある。神社の家の子だがただいま親が旅行中で悠々自適に暮らしている。

容姿/茶髪。目は藍色。制服は常時きっちり着ていて休みの日も制服。私服は少ない。

備考/一人称は俺。二人称はお前。オカルト探偵部の副部長

4:竜斗◆wo:2015/07/09(木) 17:54

コピー用
名前/

性別/

年齢/

性格/

容姿/

備考/

5:竜斗◆wo:2015/07/09(木) 17:56

募集部員

部長(一人)

副部長(主)

部員(五人まで)

依頼人は無制限

【レス禁解除!参加お待ちしております!】

6:◆3w:2015/07/09(木) 18:01

はんなりですいません。(軽くお辞儀

こんなのでも部長での参加って出来ますか(首かしげ

7:竜斗◆wo:2015/07/09(木) 18:03

>>6
【はんなり返しwpfお願いします】
『どんなのでも部長できるし。』(紙に書いて見せ

8:◆to:2015/07/09(木) 21:02

【部員で参加希望です〜。】

名前/乙巳 巴(ツチノトミ トモエ)

性別/女

年齢/16歳。高等部一年

性格/慇懃無礼な毒舌家、真実しか喋らないのがモットーな嘘つき。ただ占いの結果を喋る時は例外。だって本当かどうかわからないから。部室では本を読んでるか他の部員の運勢を勝手に占ったりして過ごしてる。家は結構な名家で金持ち、上に兄と姉が2人ずつ。

容姿/黒髪ロング、前髪は眉上で切り揃えてある。瞳は琥珀色でアーモンド型。色白で細身。普段は制服と黒のハイソックス。私服はアシンメトリカルでパンキッシュな洒落た服装が多い。

備考/一人称は私。二人称はあなた。もともと占い部だったが部員が自分一人で廃部寸前だったところを部長に拾われてオカルト探偵部に。得意占いはタロット。人と話す時に瞬きしないで相手の目を覗く癖があり、その様は蛇のようだと怖がられている。心臓の弱い人を金縛りにしてしまうことも。

【不備などあればなんなりと〜。】

9:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 06:51

 >>8
【不備無しです。絡み文をお願いします!】

10:巴◆to:2015/07/10(金) 17:20

>>9 / >>all
【快いお返事、感謝します。】

あとは、うーん…何を書くのだったかしら?
(部室のテーブルに50音が書かれた白い画用紙を広げ、なにやら悩ましげな表情浮かべつつ指先でくるくるとペンを回していて)

11:参加希望:2015/07/10(金) 18:37

依頼人で参加希望です

12:参加希望:2015/07/10(金) 18:47

〉〉11のものです
一応プロフ書いておきます

名前、河井 みやび

性別、女

年齢、15歳 高等部1年

性格、困ってる人を放って置けない優しい性格
おまじない、占いが大好き

容姿、茶色の色で長さは肘くらい目の色は薄いピンク

備考、家は有名会社の社長でお金持ち
最近、ある幽霊にストーカーされている
一人通称、私 二人通称、呼び捨て、君、ちゃん、さん、様

13:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 19:01

>>12
【不備無しです。絡み文をお願いします!】

14:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 19:02

>>10
・・・
(相手の後ろから無言でボールを投げつけ

15:巴◆to:2015/07/10(金) 19:21

>>14
ぁ…忘れてしまったわ、鳥居のマークを書くことなんて。!? (思い出し画用紙に向かって首を屈めたところで、投げつけられたボールが頭の上を過ぎって本棚にぶつかり)
あら…竜斗くん。もう少しでわたしに当てられたのにね。何かいい事でもあったの?
(振り返って相手の存在に気付くとちっ、と舌を鳴らしつつ、視線を貴方の目に向けて)

16:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 19:25

>>15
『さっきからこっくりさんするなら鳥居書けって見せてたのに気づかないから』
(上記を紙に書いて見せ

17:巴◆to:2015/07/10(金) 19:28

>>16
…うふふ、わたし頭の後ろにも目があるから知ってたわ。次からもそうやって教えてね
(ため息ついて怒りを抑え)

18:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 19:31

>>17
『やだ。教える義理無いし』
(上記を紙に書いて無表情にまま相手に見せ

19:巴◆to:2015/07/10(金) 19:37

>>18
竜斗くん凄くお喋りだから居たらすぐに気付くもの。そういうところ好きよ、わたし
(肩をすくめ前に向き直ると、貴方もやりたいんだったらこっちこないでねと誘って)

20:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 19:44

>>19
『今から部活動。こっくりさんしてる暇無い。』
(相手に紙を投げつけて

21:巴◆to:2015/07/10(金) 19:49

>>20
つまんない事言うのね。うちの部は放課後になるとお客様でいっぱいなのに
(舌打ちしつつもしぶしぶこっくりさんセットを片付けて)

22:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 19:53

>>21
『ていうかニュース見てない?殺人事件あったからその依頼なんだけど』
(紙と依頼書を見せ

23:巴◆to:2015/07/10(金) 19:59

>>22
もちろん毎日欠かさず見ているわ。…って、いきなり凄くしょぼい事件…っ!?
(引っ手繰るように依頼書を受け取り、じーっと眺めてはうちに頼むなんて相当、頭の冴え渡った依頼者さんねとごちて返し)

24:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 20:03

>>23
『依頼内容に文句付けるな。まあどうせ取り憑かれた云々だけど』
(紙を見せながら相手に頭をべしっと叩き

25:巴◆to:2015/07/10(金) 20:10

>>24
っ…文句の付け所がないわ。何より学生のただの本気でやってる部活にこんなしょぼい依頼を持ってくるなんて真っ当な判断ね。
(お返しに相手の顎を殴り返すも、タロットカードを取り出して占いの準備始め)

26:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 20:12

>>25
『じゃ、電話するから静かにしてて』
(紙を見せて携帯を取り出し

27:巴◆to:2015/07/10(金) 20:13

>>26
……
(カードを並べながら首肯して)

28:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 20:15

>>27
…もしもし。…うん、俺。部活動。
(電話の相手と話し始め

29:巴◆to:2015/07/10(金) 20:21

>>28
【月】の正位置…実態の見えない脅威…
(一枚目をめくり、目を細め)

30:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 20:22

>>29
…どうせ書類整理と雑用だろ。…うん、よろしく
(電話を切ってメモに何かを書き

31:巴◆to:2015/07/10(金) 20:44

>>30
正位置の【女帝】、純潔な愛、向上心
【戦車】、逆位置…暴走
【塔】の正位置、青天の霹靂
【吊られた男】の逆位置…怨恨…
(依頼書に貼られた犠牲者の写真に気を配りながら6枚中5枚までめくっていき)

32:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 20:46

>>31
……
(メモに何かを書き机にしまい

33:巴◆to:2015/07/10(金) 20:52

>>32
…【死神】、正位置。まだまだ続いちゃうみたい、ね
(最後のカードを相手の前に滑らせ、肩をすくめ)

34:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 20:54

>>33
『どうせいつもそうだし。被害者の家族に問題あり』
(相手に一度紙を見せてから最後の一文を付け加え

35:匿名さん:2015/07/10(金) 21:00

依頼人希望です

36:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 21:02

>>35
【pfお願いします!】

37:巴◆to:2015/07/10(金) 21:02

>>34
部長は…行けそうなの?
(カードを片付けながら神妙な顔で尋ね)

38:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 21:04

>>37
『知らない。まだ来てない』
(紙に書いて見せ

39:巴◆to:2015/07/10(金) 21:05

【いい所ですが入浴時間です。遅れます】

40:竜斗◆wo:2015/07/10(金) 21:08

>>39
【了解です。】

41:巴◆to:2015/07/10(金) 23:20

>>38
そう…部長がいないなんて最高ね
(しょげた様子で髪の毛を弄り)

42:匿名さん:2015/07/10(金) 23:59

【部員で参加希望です】

43:◆3w:2015/07/11(土) 00:01

【部長希望したやつです・゜・(つД`)・゜・】

名前:神嵜氷柱
性別:男
年齢:18の高3

性格:基本はマイペースで落ち着いている。何に関しても脱力しており生活面は酷い。人との距離感を上手く掴めず部員とも最小限しか関わりたくないと思ってる。が、何だかんだ言って部員の事は大事で庇ったり時に叱ったり。
また、自分の事にも部活のことも我関せずな状態で大丈夫かこいつと思わせる行動をとることも。

容姿:身長は160cm、髪は黒で少し長いので銀色のピンで留めている。いつも眠そう。服装は制服の場合、違うのはカーディガンを羽織っているところくらい。

備考)一人称「僕」二人称「お前、君、名字、名前」
いつもろうそくを持ち歩いてる名ばかりの部長。実は転校生であり、転校の理由は話したがらない。また、廃墟マニアであり、いわきつきの所へ自ら足を運ぶアホであり、情報収集が好きらしい。

【遅れて申し訳ございません!!不備ありますでしょうか……?】

44:巴◆to:2015/07/11(土) 09:09

>>43
【大事ないと思います。どうぞよしなに。】

45:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 13:50

>>41
『あっそ。』
(紙を投げつけて鞄に用意をし始め

>>42
【pfをお願いします!】

>>43
【不備無しです。絡み文をお願いします!】

46:巴◆to:2015/07/11(土) 14:03

>>45
竜斗くん一人だととても頼もしいわ
(ぶつぶつ言いながらも相手に倣って)

47:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 14:08

>>46
『ちょっと外行って依頼解消してくる。行く?』
(紙を見せて鞄を持ち

48:巴◆to:2015/07/11(土) 14:14

>>47
だって私、とってもあなたと一緒に居たいの
(部活なら仕方ないでしょとばかりに睨んで)

49:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 14:16

>>48
『嫌なら来なくて良い。ただし依頼の3分の2やらせる』
(紙を投げつけて出て行き

50:巴◆to:2015/07/11(土) 14:21

>>49
ここに居ても依頼はこなせるわ
っ…ちょっと、はやく先に行ってよ
(部室にメモ書きして急ぎ後に続いて)

51:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 14:23

>>50
…俺の家。一旦寄る。
(言葉を書いていた紙がなくなり渋々上記を言い

52:巴◆to:2015/07/11(土) 14:28

>>51
じゃあ…わたしは外で待っておくわね
片付けする時間くらいは待ってあげる
(嫌がらせする絶好の機会に薄く微笑み)

53:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 14:37

>>52
じゃなくて札取りに行く
(歩きながら上記を言い

54:巴◆to:2015/07/11(土) 14:45

>>53
学校から神社へはわりと近いわ
きっと喉は全然渇かないでしょうね
(お茶くらい出しなさいよと釘を刺し)

55:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 15:12

>>54
そんなに優しいやつに見えるなら言ってろ
(適当に上記を言い

56:巴◆to:2015/07/11(土) 16:07

>>55
ええ、竜斗くんはわたしにとても優しいわ
そういう性格がモテる要素なのでしょうね
(ちっ、と舌打ちしては抑揚なく吐き捨て)

57:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 16:10

>>56
茶は出さない。
(上記を言い自販機の前に立ち「ただしジュースは別」と続け

58:巴◆to:2015/07/11(土) 16:18

>>57
……前言は撤回しないわ、ありがと
(醒めた口調で言うも、物珍しそうにじーっと自販機を見据えて)

59:氷柱◆3w:2015/07/11(土) 16:37

【酉違うかもしれませんが氷柱本体です。参加許可感謝します、絡み文投下です】

ん……
(放課後、部室にも来ず何をしていたのだろう。数枚の紙を見て考え事をしながら部室に入ってきて)

>>オール様

60:巴◆to:2015/07/11(土) 17:37

>>59
……すぅ…すぅ…
(今日は珍しく自分以外に部室に誰もいない時間が長く続いたのと先日ようやく復調した冷房のせいか、いつもの定位置にて本を広げたまま気持ち良さそうに舟を漕いでいて)

61:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 19:46

>>58
あそ。
(適当なジュースを買って相手に投げ

>>59
『部長遅い。というか遅刻過ぎ』
(相手に上記を書いた紙を投げつけ

62:巴◆to:2015/07/11(土) 20:34

>>61
……信じられないくらい…普通ね…
(キャッチした缶ジュースに記された"炭酸ぜんざい"の商品名に絶句しながらも、一応鞄にしまってはまたふらりと歩き始め)

63:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 20:37

>>62
普通に美味しいし
(同じものを飲みながら上記を言い

64:巴◆to:2015/07/11(土) 20:43

>>63
わたし貧乏だからこんなものが市場に出回ってることも知っていたわ
(隣で躊躇なく飲みながら歩く相手を横目に照りつける日差しに嘆息しながら道を進み)

65:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 20:46

>>64
そ。ちなみに俺の親に普通の飲み物貰うつもりなら無理だから。
(適当な調子で上記を言い

66:巴◆to:2015/07/11(土) 20:49

>>65
知らないわ。竜斗くんが一人暮らししてることなんて
(前を向いたままにやりとして)

67:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 20:50

>>66
お前との会話めんどくさいな…。
(神社の鳥居をくぐって上記を言い

68:巴◆to:2015/07/11(土) 20:54

>>67
昔からみんな、わたしを正直者だと褒めてくれるわ
(狛犬に駆け寄って頭を撫でながら告げ)

69:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 20:57

>>68
だろうな。
(本堂の裏に向かい

70:巴◆to:2015/07/11(土) 20:59

>>69
竜斗くんがお喋りなのはどうして?
(相手についていきながら尋ね)

71:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 21:01

>>70
声、嫌いだから。
(裏の引き戸を開けて入り

72:巴◆to:2015/07/11(土) 21:03

>>71
そう。わたしも変だと思う、あなたの声
(埃っぽさにけほけほ咳しながら告げ)

73:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 21:04

>>72
あっそ。
(奥に入ってタンスの中をごそごそ漁り

74:巴◆to:2015/07/11(土) 21:06

>>73
……
(古びた祭具などを観察したりして待ち)

75:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 21:09

>>74
…あった。
(札とメモ帳を取り出してタンスを閉め

76:巴◆to:2015/07/11(土) 21:11

>>75
探し物、見つからなかったの?
(かわいい狸の信楽焼撫でながら告げて)

77:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 21:13

>>76
『これ。一枚持ってろ』
(メモ帳に上記を書いて見せ札を一枚渡し

78:巴◆to:2015/07/11(土) 21:18

>>77
…ご利益の無さそうなお札ね。この文字、なんて書かれてあるの?
(お札を手にとって裏返したり弄んだりしなして観察しながら首を傾げ)

79:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 21:22

>>78
『観自観自在寺。経の一文』
(上記を書いて見せ

80:巴◆to:2015/07/11(土) 21:24

>>79
……ここって神社じゃなかったかしら?
(寺、の文字を訝しそうに見据え)

81:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 21:26

>>80
『寺と神社の違いは祀るものだけ。その札は寺と神社の両方の加護があるっていう事』
(上記を書いた紙をめんどくさそうに見せ

82:巴◆to:2015/07/11(土) 21:35

>>81
そう。不便なものね、宗教って。
(制服の上着の中にお札をしまうと外に出て)

83:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 21:39

>>82
『俺はまだ依頼人のとこ行くけどお前どうする?』
(紙を見せて札をしまい

84:巴◆to:2015/07/11(土) 21:46

>>83
…わたしがコレ(札)貰った意味がわかったわ
今日は忙しいからこれで帰るわね
(あなたの真意測りかね首をこてんと傾げ)

85:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 21:48

>>84
『普通にお守り感覚で渡しただけ。』
(相手に紙を見せて歩き出し

86:巴◆to:2015/07/11(土) 21:59

>>85
竜斗くんがわたしに物をくれるなんて当たり前なのにそれが日に2回となると怖くないわ
(憎まれ口叩きつつクスリと微笑んで)

87:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 22:21

>>86
『物凄く失礼だな。俺でも人の心配する』
(むっとした顔で紙を見せ

88:神嵜氷柱◆3w:2015/07/11(土) 22:44

【おくれす申し訳ございません!!】


>>60

……?珍しいな、巴が寝てるなんて
(僅かに聞こえる寝息に気づき、てっきり違う人が寝てると思いきやそちらを見れば意外にも相手が寝ていて。本が広がる辺り、そのまま落ちたのだろうと考えるも思わず上記を呟き)

>>61

いてっ……
(入ってきて直後くらいになにかが頭に当たれば思わず上記を呟き。床に落ちた紙を拾い上げ読んでみれば、ああ、成る程、何て納得し相手の方を見れば
「こっちはこっちで調べものしてたんだよ」とだけ言い返し再び持っていた紙に視線を落とし)

89:竜斗◆wo:2015/07/11(土) 22:47

>>88
『ぶっちゃけた話部長が来ないと依頼溜まる』
(上記を書いた紙を見せ

90:巴◆to:2015/07/12(日) 15:05

>>87
貶してるのだけど。もっと怒りなさい?
(剥き出しの苛立ち、可愛い一面見せる貴方をからかいながら並んで鳥居をくぐり)

>>88
…ん…ぅ…、だれ……ちぃ兄…?
(微睡みの中ふと耳に触れた人の声にピクリと肩を揺らし。うっすら瞼開けて霞がかった瞳に貴方を写すと、頭が覚醒していないのか見当違いな相手を呼びかけてしまって)

91:竜斗◆wo:2015/07/12(日) 15:16

>>90

(面倒くさくなって紙に何も書かず歩き

92:巴◆to:2015/07/12(日) 15:35

>>91
もっと竜斗くんとイチャついていたいわ
依頼者の元へはゆっくりいきましょう
(腕時計確認しては歩く速度をはやめて)

93:竜斗◆wo:2015/07/12(日) 15:36

>>92
『はいはい』
【早歩きになり

94:巴◆to:2015/07/12(日) 15:42

>>93
…まだ着かないわ。絶対にここじゃない
(移動すること数十分、目的地に着いて)

95:れももん:2015/07/12(日) 16:14

【部員で参加希望です。】

96:巴◆to:2015/07/12(日) 16:23

>>95
【空いてますよ。プロフをどうぞ】

97:みやび◆Fo:2015/07/12(日) 16:52

……
(部のドアを叩こうか迷ってる)
〉〉all

98:巴◆to:2015/07/12(日) 17:03

>>97
…あら、お客さん?
ここはオカ探部じゃないわよ。帰って
(ドアを開けた先に女の子が立ち惚けているのに気付けば物珍しそうに見据えて)

99:れももん:2015/07/12(日) 17:06

名前/ 時永 詩乃(ときなが しの

性別/ 女

年齢/ 15歳 高等部一年


性格/テンションは少し高い感じで、いつも楽しそうな人。 “本当にあった怖い話”などは好きなのだが、そのあと怖くなって、一人でいることすら怖くなってしまう。普段の生活では、ずっと本を読んでいる。名前を呼ぶだけじゃ反応しない時もある。(無視しているわけじゃなくて、本の世界に入り込みすぎて、気づいていないっていう感じです。)そして本を読んでいる時は、集中しているため、無言。本は大体が怖い話か、恋愛小説。

容姿/ 紺色の髪を肩まで伸ばしている。真っ赤なカチューシャをしている。瞳の色は真紅。ぱっちり二重。制服は少しだらしない感じで、リボンがいつもだるだる。

備考/一人称→私
視界に入った人の守護霊などのその人についている霊が見える。

【不備ありますか……?】

100:みやび◆aU:2015/07/12(日) 17:06

【トリップ変えます】
そうですかありがとうございました
(ぺこりとお辞儀をし)
〉〉98

101:巴◆to:2015/07/12(日) 17:20

>>99
【わぁい、女の子だー!。…歓迎します】

>>100
……占い部に用があるなら入れてあげるわ
(相手の頭のてっぺんからつま先まで舐めるような視線で見据えた後、まるで誘拐犯のように貴女の手を引いて室内に招き入れ)

102:みやび◆aU:2015/07/12(日) 17:22

はっはぁ
幽霊の相談大丈夫ですが?
〉〉101

103:みやび◆aU:2015/07/12(日) 17:24

【書いてませんでした】
(不安を感じながらたずねる)

104:巴◆to:2015/07/12(日) 17:28

>>102
幽霊…貴女の後ろにいるお友達のこと?
(ティーパックの紅茶を差し出しながら貴女の背後をちらりと見て)

105:詩乃&◆kE:2015/07/12(日) 17:34

>>101

【許可ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ】





ふわぁ〜〜ぁ……。

(中庭のベンチで手にオカルト系の本を持ってうとうとしていて


>>all様

106:巴◆to:2015/07/12(日) 19:04

>>105

【(๑˃̵ᴗ˂̵)و うぇるかむ! 】


…、詩乃ちゃん…? ……
(偶々。通り掛かったところ気持ち良さそうにうたた寝している貴女見つけ、風に吹かれるようにゆぁらり_と近づくと頬にむにりと人差し指を押し当てて驚かせ)

107:詩乃&◆kE:2015/07/12(日) 19:26

>>106

ひぇっ⁉︎……巴、さん?

(飛び跳ねるかのようにして起きて、頬を突いたと思われる相手の方見て、相手の名前を言って

108:神嵜氷柱◆3w:2015/07/12(日) 19:48

>>89

【そういえば、備考の部分で書き忘れていた部分があったのですが、補足をするのはありでしょうか…?】

あのなぁ…僕だって印鑑押してないだけでちゃんと仕事はしてるんだよ。
(書かれた紙を見るなり少し不機嫌になりながらため息をつき、資料と思わしき紙をヒラヒラさせて)


>>90
?ちい兄って誰だちい兄って…
(相手が起きるのを待とうと思った矢先、何処かもごもごと相手の声が聞こえては聞きなれぬ、誰かのあだ名が聞こえ、間違われているのを察しつつ思わず首を傾げて上記を呟き)

109:巴◆to:2015/07/12(日) 20:37

>>107
わたしは乙巳巴ではないし宇野学園高等部1年ではないしましてやオカルト探偵部部員でもないわ。…それと、別にちゃん付けで呼んでくれなくても気にしていないわ
(不意打ちを受けて白黒している貴女の目を瞬きをせずじーっと見つめたままいつものように抑揚のない声で濁流のような嘘を吐き)

>>108
っ…!、…せんぱ…っ…、ちぃ兄…チーニーはわたしの前世のこ、恋人よ。お互いに愛し合っていたのだけれど最後は戦場で一騎討ちの末、双方相打ってしまったの…
(聞き覚えのある声にようやく貴方だと気がつけば顔が耳の先まで朱に染めてから、歯切れの悪い嘘を述べ。しばらくし自分の寝言を聞いていたであろう相手をすごい目で睨み)

110:神嵜氷柱◆3w:2015/07/12(日) 20:43

>>109

…そうかそうか、それはおめでたい事だ。
(相手の慌てように思わず内心驚きながらも面白かったのか少し笑っていて。
嘘だと分かっていながらもキッパリ言い切るのも罪悪に感じ持っていた紙で相手の頭を軽くパシパシしつつ上記を言って)

111:巴◆to:2015/07/12(日) 21:13

>>110
……氷柱先輩、私、先輩のお陰で今、最高の目覚めを味わえたわ。先輩に抱きついてこの晴れやかな気分を伝えたいくらいよ
(小気味よく頭を叩かれ上辺だけなんということもなさそうなクールな表情浮かべながら不意をついて相手のつま先、的確に小指の上をぐりぐりと右足で踏みつけて)

112:詩乃&◆kE:2015/07/12(日) 21:58

>>109

……あ〜分かりました、分かりました。んで?なんで私のほっぺたつついてたんですか?

(相手の嘘をサラーっと流し意地悪な顔でニヤリとして、そしてほっぺたをつついていた理由を聞いて

113:巴◆to:2015/07/12(日) 22:25

>>112

え…ぃや…詩乃ちゃんは赤の他人だから。風でスカートがめくれそうだったから起こした方がいいかと思ったの…
(急に意味深な笑み向けられては別に後ろ暗いことはしていないつもりだがなんとなく目を逸らして小首を傾げて)

114:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 12:38

>>94
……
(チャイムを押し

>>97
『邪魔。用ならはいれば良い』
(上記を書いた紙を見せ中に入ろうとし

>>105
………
(思いっきりデコピンし

>>108
【アリですよ!】
………
(子供の様にべーっと舌を出し

115:巴◆to:2015/07/13(月) 13:34

>>114

(さっと貴方の後ろに隠れて)

116:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 13:42

>>115
………『居ない。足音はしたから依頼対象は居る』
(相手に紙を見せて

117:巴◆to:2015/07/13(月) 13:49

>>116
足音…ポルターガイスト…ね
初対面の人とコミュニケーションが得意な私達にはかえって不都合だし今の内にやらないでおきましょう
(頷いて敷地へと不法進入して)

118:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 13:51

>>117
はぁ……
(溜息をついて着いて行き開いている窓等を探し頭上に見つけ

119:巴◆to:2015/07/13(月) 14:33

>>118
…さすが竜斗くん、目の付け所が違うわ
たしかにあの大きさならくぐれそうね
(相手の視線の先に開かれたままの小窓を見つけるも、高校生の自分達が通るには狭すぎるでしょとジト目で見据え。少し周りを見渡し郵便受けや前庭の小物を漁っていくと案の定、植木鉢の下に隠された合鍵を見つけて)

120:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 14:35

>>119
『俺小さいから入れるし。お先』
(紙を投げつけて普通に入って行き

121:巴◆to:2015/07/13(月) 14:38

>>120
チビって素敵ね。羨ましいわ
(体を折り畳んで入っていく貴方に肩をすくめつつ自分は玄関からお邪魔して)

122:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 14:42

>>121
………何か居た
(玄関方向に行こうとし子供を見つけて連れて来て

123:巴◆to:2015/07/13(月) 14:55

>>122
っ…ず、ずいぶんと顔色のいいお坊ちゃんね
この子がかつてこの家で(表向きには)事故で亡くなったっていわれてる養子の子かしら?
(真白な痩躯、此方を睨む黒々とした眼差しに背筋に悪寒が走り、また貴方から貰った守りの札がカイロのように熱くなるのを感じながら勤めて冷静に振る舞いつつ首を傾げ)

124:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 14:57

>>123
かもな。
(何故か懐かれたため頭を撫でながら上記を言い

125:巴◆to:2015/07/13(月) 15:03

>>124
かもな、って…
(抹殺対象と何故か仲良くなってる相手を呆れた風に見てため息ついて)

126:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 15:04

>>125
友達欲しいだけだ、こいつ。
(「早々に死んだから」と付けたし

127:巴◆to:2015/07/13(月) 15:08

>>126
友達欲しさに一人憑き殺すなんて可愛いわね
(壁にもたれて煙草を取り出し)

128:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 15:10

>>127
幽霊とは言えガキがいるのにタバコ吸わねえよな、当然。
(相手を見てジト目で上記を言い

129:巴◆to:2015/07/13(月) 15:27

>>128
あら、私だって大人よ?…どんな理由があっても人ヲ呪ワバ穴二ツ、その子はもう地獄行きと決まっているの。構ってあげるのもいいけれど早いとこ楽にしてあげたら?
(咥えた煙草に火をつけながら子供の幽霊を見据えてカードを切り。【死神】の逆位置、転換と再出発、のカードを引いて貴方に突き出すとはやく成仏させるように急かして)

130:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 15:29

>>129
何か勘違いしてるなら言う。成仏させにきたわけじゃ無えから。
(「仕事終わったし後は家帰るだけ」と続け

131:巴◆to:2015/07/13(月) 15:30

>>130
…じゃあ何しに来たの?
(もくもくと煙を吐き出しながら尋ね)

132:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 15:36

>>131
こいつが満足するまで相手するため。
友達欲しいんなら気が済むまで俺が遊んでやれば良いだけのことだ
(「気が済めば自分で成仏する」と付けたして

133:巴◆to:2015/07/13(月) 15:41

>>132
どっちも違うじゃない。わたし…終わる前に先に帰っておくわ。裏庭にはいかないわね
(肩を竦めて咥え煙草のまま貴方と幽霊を横切ってリビング奥に引っ込んで)

134:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 15:49

>>133
じゃ、置いてく。
(幽霊に掴まれたまま外に出て行き幽霊が出られると分かると家の方向に歩き出し

135:巴◆to:2015/07/13(月) 15:56

>>134
……
(幽霊が二度とこの家に戻ってこれないように鬼門を縮める風水術を施し。時間を見計らってから相手の住む神社に戻って)

136:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 15:59

>>135
………何で来てるんだお前は。
相手を見て(掃除していた箒を肩にかついで上記を言い

137:巴◆to:2015/07/13(月) 16:02

>>136
竜斗くんがちゃんとあの子が成仏させてないか確認しに来たのよ
(疲れた表情で相手を睨み)

138:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 16:04

>>137
そっちの部屋で同じ様なガキと遊んでる。
(「他にも何人か居るからな、ここ」と続け

139:巴◆to:2015/07/13(月) 16:13

>>138
…っ、賢いわね!なんでこんなことをするのか私にはわかるわ!
(ぎょっとした様子で相手の差した方向に眼をやって、問い詰めるように貴方に迫り)

140:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 16:16

>>139
……人に殴られて脅されて命令聞く気持ちはわかるか?
(ザッザッと葉っぱを掃きながら言い

141:巴◆to:2015/07/13(月) 16:27

>>140
地獄行きを延ばす事はあの子達の為になるわ
それに…よくないモノの溜まり場が更によくないモノを呼び寄せる可能性はゼロよ
(取り出した守護の札が真っ黒に焦げているのを貴方に見せ警告して)

142:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 16:30

>>141
で、わざわざご丁寧に言いにきたのか。
(皮肉混じりに上記を言い

143:巴◆to:2015/07/13(月) 16:38

>>142
…その甘さがいつか竜斗くんに返っていくことを祈ってるわ
(返答に眉を顰めると札を返し背を向けて)

144:竜斗◆wo:2015/07/13(月) 16:39

>>143
はいはい。
(気にすることもなく掃除を再開し

145:みやび◆2c:2015/07/13(月) 17:10

違います
(首を振って)
〉〉104

146:神嵜氷柱◆3w:2015/07/13(月) 22:38

>>111

じゃあ是非その抱きついて伝えたい気持ちを印鑑押す作業に回してくれていうか指踏むな折れる
(相手の言葉に今日見なさげにうんうんと頷きながら聞き流そうとするも指にかかる圧迫され傷む感覚に顔をしかめながら言って)

>>114
【ありがとうございます。

備考:霊感は部員ほど強くなく見えないが、霊から感じとれる負の感情や思念(本人は怨恨と言っている)は誰よりも感じとれ、少しではあれ物からも感じれるらしい】

そんなことされてもな…(思わず対応に困り)

147:竜斗◆wo:2015/07/14(火) 11:43

>>146
『部長に関しては悪意と悪戯心しか無い』
(上記を書いた紙を見せ

148:巴◆to:2015/07/14(火) 19:21

>>144/>>all
【切りよく終えられたので再投下します。】
……
(部室にて、ファッション誌の占い欄を読み解きながらリラックスしていて)

>>104
…そう、本当なのに。じゃあ、私たちに何をして欲しいのか教えてくれるかしら?
(冗談が通じない相手に舌打ちしつつ自身のティーカップに砂糖をこんもり入れかき混ぜながら尋ねて)

>>146
もちろんOKよ。先輩の助けになれるなんて光栄で嬉しいわ
(痛そうな様子にニッコリ微笑んで踏むのをやめると席を立ち2人分のお茶を沸かす準備に取り掛かりつつ、にべ無く断って)

149:巴◆to:2015/07/14(火) 19:23

【うぐっ…安価ミスです。2段目は>>145のみやびちゃんに、です。】

150:みやび◆2c:2015/07/14(火) 19:33

占いで幽霊の問題解決できるんですか?
(占いが好きなので目を輝かせて)
〉〉148

151:みやび◆2c:2015/07/14(火) 19:34

あっごめんなさいつい…
実は幽霊にストーカーされていてその幽霊が二度と出ないようにしてほしんです
(窓をチラチラ見ながら)
〉〉148

152:竜斗◆wo:2015/07/14(火) 20:02

>>148
部長こんにちは………ってお前か。
(気だるそうに入ってきて

153:巴◆to:2015/07/14(火) 21:48

>>150
できるわ。…私の力だけで充分…っ、…
ストーカー、ね…ふん…もう外にいらして?
見えていても決して"目"は合わせちゃダメよ
(紅茶を啜りつつ貴女の様子を観察しているとふと不自然に相手が目を窓へと向けているのに気づき鋭い声で忠告し)

>>152
素敵なご挨拶ね。こんにちは竜斗くん
(雑誌に顔を向けたまま返事して)

154:みやび◆2c:2015/07/15(水) 15:01

はい
(こくんとうなずき)
〉〉153

155:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 15:03

>>153
んー。
(面倒くさそうに入ってくる後ろにがっつり子供の霊がついて来ており

156:巴◆to:2015/07/15(水) 15:51

>>154
…彼はもう直接貴女に何かしてくるの?
(室内のカーテンを全て閉めながら尋ね)

>>155
…、私の見間違いだと思うのだけれどまさかあの子を連れてきていないの?
(お憑かれな様子の貴方に絶句して一体何を考えているのかと警戒した目で睨み)

157:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 15:52

>>156
連れてかないとメモ使って喋るの禁止って言われた結果。
(「そっち座っとけー」と幽霊に椅子に座らせ上記を言い

158:巴◆to:2015/07/15(水) 15:56

>>157
……そう。それはツイてるわね
(自分の側に近づかせないよう塩を撒いて)

159:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 15:58

>>158
無視して来ようとしたら泣かれたしほっとけなくなって;;
(普段の無表情を崩して苦笑いで上記を言い

160:巴◆to:2015/07/15(水) 16:05

>>159
感謝するわ。私、ショタコンだからこういう子を連れてきてくれて嬉しくて涙が出そうよ
(魔除けアイテムでバリケードを作りながら怒りを押し殺した表情で笑って)

161:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 16:07

>>160
ガキと女に泣かれるとどうも対応に困る
(お菓子の袋を幽霊に手渡しながら上記を言い

162:◆S2:2015/07/15(水) 16:07

【部員ってまだ空いてますか?】

163:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 16:09

>>162
【開いてます!入っていただける様でしたらpfお願いします】

164:巴◆to:2015/07/15(水) 16:17

>>161
万が一その子を私から遠ざけたりしたら竜斗くんのこと、もっと好きになりそうだわ
(人がゴキブリに餌を与えている瞬間を目の当たりにしてしまったような顔で相手を見据えては、霊の嫌うお香を探しに棚を漁って)

165:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 16:19

>>164
おい、あのおねーさん(笑)が抱きつきに来いって
(幽霊に上記を言い

166:みやび◆2c:2015/07/15(水) 16:23

そうです
追いかけ回したりあの世へ連れて行こうとしたりするんです
ええっとそちらの方は?
(竜斗を見て)
〉〉156

167:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 16:26

>>166
幽霊の子守中の副部長ー
(だらけた様子で上記を言い

168:みやび◆2c:2015/07/15(水) 16:36

河井みやびです
(ぺこりと頭を下げ)
〉〉167

169:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 16:37

>>168
ん。藍島竜斗だ。そっちに座ってる顔色が異常に悪いガキは俺についてきた幽霊。
(「名前は知らん」と椅子に座ってお菓子を食べている幽霊差して言い

170:みやび◆2c:2015/07/15(水) 16:39

ははっ
(苦笑いをして)
〉〉169

171:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 16:41

>>170
まあ害は無いと思うし俺の弟か何かとでも思っとけー
(やる気なさげに上記を言い机に突っ伏して欠伸し

172:みやび◆2c:2015/07/15(水) 16:56

弟………
(幽霊をみて)
〉〉171

173:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 16:58

>>172
俺の家、こういうの多いんだよ。今そいつ合わせて6人いる
(幽霊がお菓子を食べ終わったのを見て袋を捨てに行き上記を言い

174:みやび◆2c:2015/07/15(水) 17:01

幽霊がですよね?
(幽霊かなと疑問を持ち)
〉〉173

175:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 17:02

>>174
んー、そー。
(また机に突っ伏して上記を言い

176:みやび◆2c:2015/07/15(水) 17:05

幽霊を相手にできるってすごいですね
(と笑顔でいい)
〉〉175

177:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 17:07

>>176
俺がガキの時から友達はこいつらだけだからな
(眠そうに上記を言い

178:みやび◆2c:2015/07/15(水) 17:09

へえーっ幽霊が友達
なんだか心強いですね
( 微笑み)
〉〉177

179:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 17:10

>>178
別に。無理やり成仏させたくないだけ
(幽霊に膝に座られため息をつきながら上記を言い

180:みやび◆2c:2015/07/15(水) 17:11

優しいですね
(幽霊をチラリと見て)
〉〉179

181:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 17:13

>>180
そう言うわけじゃない。
(「誰でも殴られるのは嫌だろ?」と自己的な表現を言い

182:みやび◆2c:2015/07/15(水) 17:14

確かに嫌ですね
(幽霊をまたチラリと見て)
〉〉181

183:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 17:16

>>182
成仏は霊にとったら殴られて降伏させられるのと同じだ。そんな事したくない。
(視線が気になっている様子の霊を見て上記を言い

184:みやび◆2c:2015/07/15(水) 17:18

へえーっ【『』は心の中で】
『いい人がいて幸せでしょうね
この人たちならストーカーの幽霊退治してくれるよね』
(微笑ましい目でその幽霊を見て)
〉〉183

185:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 17:19

>>184
ってことで俺は寝る。
(幽霊を隣に座らせて突っ伏し寝出し

186:巴◆to:2015/07/15(水) 17:41

>>竜斗くん、みやびちゃん

成仏は霊にとって殴られて降服されるのと同じ、可哀想だからそれはやめる…ねぇ。……そんなのは自分の大切な人が霊によって酷い目に遭わされたことのない人間がいう生温い偽善だわ。人を殺した人間が死刑になるのと同じように悪霊は地獄行きになるべきなのよ
(眠ってしまった竜斗を見て吐き捨てるように告げてはタロットカードを取り出してみやびに取り憑こうとしている幽霊の真意を読む占いを始めて)

187:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 17:43

>>186
………
(無言で椅子を投げつけ

188:みやび◆2c:2015/07/15(水) 17:44

…………
(黙ってタロットを見て)
〉〉186

189:巴◆to:2015/07/15(水) 17:47

>>187
っ…!…あら…眠っていたの?
納得いったのなら黙ってなさいな
(論破してみなさいよと挑発して)

190:竜斗◆wo:2015/07/15(水) 17:49

>>189
そういうなら死んでみればいい
(冷たい目で上記を言い「はぁ……依頼人任せた」と続け幽霊を連れて出て行き

191:巴◆to:2015/07/15(水) 17:54

>>188
1枚目は【恋人】の逆位置、歪曲した愛情
(カードをめくり貴女に告げて)

192:巴◆to:2015/07/15(水) 18:07

>>190
生者に死は理解しえない…これは自然の摂理よ。死者には畏れと敬いで充分。それ以上の肩入れは貴方自身を彼岸へと引き込むわよ
(厳しい口調で告げるも、背を向けて行ってしまう相手を心配そうな目で見送って)

193:みやび◆2c:2015/07/16(木) 18:06

【ストーカーのプロフ書きます】
霧崎 純希
きりさき じゅんき
みやびが好きで告白したが振られてしまった
死んで霊になったのでみやびをあの世へ連れて行こうとしてる
みやびと同じ歳

194:神嵜氷柱◆3w:2015/07/16(木) 20:14

【何か大分進んでたので、改めて絡み文投下させて頂きます…!!】

んー…何だか厄介だな。
(部室にて、お茶片手にある依頼人の状況をまとめたプリント数枚に目を通していれば眉を潜めて上記をボヤいて)

>>オール様


書き込む 最新10 サイトマップ