+誰も知らない御伽草子 【人数制限アリかも】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:覚醒ねむ◆Neko αirr:2015/11/08(日) 23:15


 概要、

 >>2 -制約

 >>3 -世界観諸々

 >>4 -募集内容及びコピペ用pf

 >>5 -pf

 
 >>6 -予備
   解禁迄レス禁止、

2:覚醒ねむ◆Neko αirr:2015/11/08(日) 23:40


 >>2 -制約

uno, このスレッドは『葉っぱ天国』運営により設けられた利用規約及びサイトポリシーに基づき構成されます。先述二項目に記載されたものを違犯した場合その軽度次第で規制依頼を出させて戴きます

II, 恋愛等は可能としますが過激な表現は避けてください。このスレッドではキスまでを許容範囲としますが、違犯と見なされた場合私に全責任を転嫁していただき構いません

III, 現在オリキャラ板ではIDが表示されません。故に成り済まし防止のため最低でも二文字のトリップを義務付けます

IV, ロル、安価は必須です。ロルの長さは自由ですが、あまりに短すぎたり感情模写が少なく読み取れなかったり等は注意させていただく場合が御座います。
  また、安価の際は  >>○○ 名前  等の様にしていただけると幸いです

V, 本体同士の恋愛や喧嘩は違うスレッドでしてください邪魔です。また、本体同士の会話は(/ /)や【】を着けてください

VI, 一人何役等は人数制限を設けるかが定まってからお伝えします。現時点では定まっていないので 予備 に書かせていただきます




 next, >>3 -世界観諸々

3:覚醒ねむ◆Neko αirr:2015/11/09(月) 22:24


 >>3 -世界観諸々


 いつの時代か、四方を山々に囲まれた土地があったと言う。
 
  あるとき人は、土地を横切る大河に寄り添って村を建てた。村は、交通は不便ながらも大河に支えられ栄えた。
  村は大河と共に名が知れ渡り、山を越えて観光に訪れる人もいたという。

 しかし、あるときを境に観光客は来なくなった。そして、村人が山を越えることすらも出来なくなった。
 外界と接触を絶たれた村は、蓄えていた米と肥沃な土地を生かしてそれなりの生活をするも、それ以来外界でこの村は存在しないものになった。

 同時期に『妖怪』なる者が村に現れたことは周知の事実。
 
 物語は、外界との壁を越えた一人の少女によって紡がれる___





  とまぁ、少々模写多いかなとか思いつつ書いてました
  簡単に纏めれば 『妖怪と特殊な少女が紛れ込んだ大河のある村』です、はい

 
 ではでは、こんな感じで  追記等は 予備 にて


 
     
           next,>>4 -募集内容及びコピペ用pf
     

4:覚醒ねむ◆Neko αirr:2015/11/09(月) 22:42


 >>4 -募集内容及びコピペ用pf



   それでは、募集内容が定まりましたので記載していきます
   キャラの年齢層が低い! 等はまぁ、ね 恋愛だとか絡み重視ですので
   それと、妖怪さんを選択する場合、明らかに異形すぎる妖怪のチョイスは避けて頂きたいです


   〜募集内容〜

 -外界から来た少女 (1人 / 15〜17歳)

 -村人♂ (4人 / 15〜20歳)

 -村人♀ (4人 / 15〜20歳)

 -妖怪♂ (5人 / 年齢不問)

 -妖怪♀ (4人 / 年齢不問)


   主は取り敢えず妖怪♀を貰います
   上記の表記はそれの一名を差し引いた上ですので妖怪♂との差はミスではないです





 では次に
 容姿についてなんですが、江戸時代だとか幕末とかを想像していただければと


  〜pf (人間用 / 少女含む)〜


 『名前』  和名、

 『性別』  選択次第、

 『年齢』  募集内容の範囲内で、

 『性格』  御自由に、

 『容姿』  服装から髪型等、

 『備考』  好きな物等、  一人称等は御自由に、




 〜pf (妖怪用)〜

 
 『名前』 一応和名で、

 『性別』 選択次第、

 『年齢』 外見年齢とかで、

 『種族』 何の妖怪か、

 『性格』 御自由に、

 『容姿』 人間用同様

 『備考』 容姿に同じく、

 

 以上です、
 コピペ用と書きましたが面倒なので書き方だけで





        next,>>5 -pf


 

5:覚醒ねむ◆Neko αirr:2015/11/09(月) 23:37


 >>5 -pf



ちょっと書くの飽きて来たので早めに書きます、



 〜主pf〜


 『名前』 結毬-yumari

 『性別』 ♀

 『年齢』 14とか15付近

 『種族』 九尾

 『性格』 妖怪の中では人間に親い感情を持ち合わせており、一部の人間とは物凄く打ち解けている。実は結毬本人は妖怪出現時から存在しているわけではなく、途中で生まれた。故に実際は外見年齢と実年齢は近しいのかもしれない。
 妖怪と言う自覚のせいか、人間に対して引っ込み思案な面があり、人間相手ではあまり意見しようとしない。また、その昔大人の人間に「忌むべき九尾の一族だから」という理由で蔑まれていたのも一因。故に大人との接触はほぼ拒否する。
 打ち解けた相手には素を晒け出し、それこそ14歳の少女の様に見えるほど。基本的に穏和で臆病な、妖怪らしくない性格なのだが、小さめの身長から子供扱いされるのは嫌。
 特徴としては、九尾の割に運動神経が鈍いが、足は速かったり、恋愛等に鈍かったりが主。また、行動原理が気紛れだとか暇潰しだったりと、結構精神的にも幼い方。無論本人は自覚していない。

 『容姿』 普段は艶のある黒髪で、腰の辺りまで伸ばしている。というか妖怪だからか勝手に伸びる。九尾として尻尾や耳を出しているときのみ、通常の白髪になるのが特徴。また、九尾状態発現の前後で、瞳が赤から黄金色に変わる。
 勝手に伸びる黒髪には花形の髪留めが付けられており、中々お気に入りの様子。
 服装では緋を基調に様々な装飾が拵えられた煌びやかな浴衣を愛用し、下駄も共に汚れるのは嫌う。浴衣に使う帯は黒。袖口はギリギリ手を覆い尽くさない範囲など、細かい拘りがある。
 九尾発現時は、先述の様に髪が白く染まり、九本の尻尾及び控えめな耳が生える。その状態ではある程度運動神経が向上し、狐らしく嗅覚や聴覚も向上する。目は元より良いせいか九尾状態による影響は不明。
 普段は衣服に隠れて見えないが、右半身に火傷の跡があるのも特徴。この火傷は昔大人の人間によって付けられたものだという。
 身長等の外見部分では、身長は150未満と低く、胸も皆無と呼べるレベル。本人は少しはあると主張するが多分気のせい。

 『備考』 好きなものは風車と甘いもの。 嫌いなものは大人と苦いもの




  大体こんなものでしょうか、
  別にこんな無駄に膨らませなくて良いですよ、
  ではでは、


   

    next, >>6 -予備

6:覚醒ねむ◆Neko αirr:2015/11/09(月) 23:39


 >>6 -予備


 まぁ、殆ど書くことないと思います
 取り敢えず書くこととすれば、>>2 -制約 に於ける未確定部分ですね
 確定しましたので此方で訂正致します


 
 、一人一役が原則とします。



    とまぁ、これくらいですかね、
    ではでは、以上です、



    
         レス解禁、
       next, Free,

7:   ◆fg sage:2015/11/10(火) 06:55






  ( / 外界から来た少女で参加希望です!  )

                         

8:覚醒ねむ◆Neko αirr:2015/11/10(火) 22:16


>>7

 (/ 了解です!、 出来れば3日以内にpf提出していただけると嬉しいです((* ´ω`)// )

9:ねむ◆Neko αirr:2015/11/11(水) 23:20


 (/ あげ、 /)


書き込む 最新10 サイトマップ