超能力訓練学校【人数制限無し】

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:◆/I:2016/01/05(火) 14:40



普通の学校のようで普通では無い学校
ここは全寮制超能力訓練学校。


>>2 規約

>>3 世界観

>>4 pf

>>5 pfの説明

>>6 学校内、寮内の説明

>>7 余白



【レス禁です】

2:◆/I:2016/01/05(火) 15:02

ー規約ー
・なりすまし、荒らしなどの人の迷惑になる行為は厳禁です

・ロル、トリップ、安価は必須です。ロルの長さは問いませんが確定ロルは禁止です

・恋愛(3L可)やシリアス、喧嘩は有りですが本人同士とやり過ぎは禁止です

・↑は兄弟喧嘩程度ならOKです

・一人につき三役まででお願いします。キャラの管理は自分でして下さい

・完璧設定、最強設定、過度の天然設定などは禁止です

・数人でレスを回す場合は相手方に許可を取ってからして下さい

・中の人同士の会話は【】や(/)等を使用して下さい

・戦闘スレではありません。死ネタや死ネタに繋がるレスは禁止です

3:◆/I:2016/01/05(火) 15:16

ー世界観ー

そこまで遠くない未来の話
世界には『超能力者』と言われる子供が多く居た

手から火や水を出し自由に操る少女、人の心を読む事ができる少年。
周りにある物を破壊する力を持つ子供まで居た
中には動物の姿になれたり物を浮かばせたり、とその力の種類は多い

原因などは至って不明だがとある年を境に不思議な力を持つ子供達が産まれ出した
その力を『超能力』と言いその力を持つ子供を『超能力者』と呼んだ

最初の内は超能力者は少なく普通の家、普通の学校で過ごしていた
段々とその人数は増えていき、力によっては人を殺傷する超能力者達が現れた
やがて一般の学校や家庭では上手く暮らせず超能力による事故も増えて行った

超能力者は子供が多いため力のコントロールができない場合もある
その答えに辿り着いたある国は一つの学校を建てた

6歳から18歳の学生と言える年齢の超能力者専門の学校
そこで能力の訓練をして社会に馴染める様にする場所

一般人は立ち入り禁止である全寮制の超能力訓練学校

その日常生活とは他とは違う、不思議なものになる

4:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 15:46

ーpfー
名前/瀬文 翔

読み/せぶみ しょう

性別/男

年齢/17歳

学年/高等部一年生

性格/明るいお調子者。ムードメーカーともトラブルメーカーとも言える常時テンションの高いお祭り馬鹿。先輩や後輩、初対面の相手にも馴れ馴れしく話しかけるので人によってはかなり迷惑。もちろん同級生にも絡む。意外にも人の気持ちを考える方で能力を乱用して人の気持ちを読みそれに応じた態度で接する世渡り上手だが頭は良くない。軽いブラコンで休み時間も食事中も授業中であっても優と居たいと豪語する。

容姿/耳の下辺りまでの長さで切っている青味がかった黒髪。目は鮮やかな青色。見た目はほとんど優と同じだがいつも楽しげなのでどちらかは分かる。服装は白いタンクトップの上に水色の長袖パーカーを羽織っていて紺色のジーンズを履いている。外に出る時は青地に白いラインの入ったスニーカーを履く。身長は170センチ後半で優より若干高い。

能力/人の心を読む力

備考/一人称は俺、二人称はお前または〜さん


名前/瀬文 優

読み/せぶみ ゆう

性別/男

年齢/17歳

学年/高等部二年生

性格/大人しいどころかまず話せない。常時落ち着いた態度を取るがツッコミポジションでは無くボケはスルーする。筆談をするが後輩や翔以外の同級生にも敬語。翔だけに何か言いたい時は筆談せず相手任せ。几帳面で言われた事はすぐメモするがそれをメモした紙を失くす事が多々ある。パーカーのポケットの絆創膏や包帯など色んな物が入っていて四次元ポケット状態になっている。翔のブラコンにウンザリ気味。

容姿/耳の下辺りまでの長さで切っている青味がかった黒髪。目は鮮やかな青色。見た目はほとんど翔と同じだがいつも無表情なのでどちらかは分かる。服装も翔と同じく白いタンクトップの上に水色のパーカーだがジーンズの色は黒。外に出る時は青地に黒いラインが入ったスニーカーを履く。身長は170センチ前半で翔より若干低い。

能力/気体を操る力

備考/一人称は僕、二人称は貴方または〜さん

5:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 15:49

ーpfの説明ー

名前/洋名、和名どちらもOK

読み/名前の読み方。洋名の場合は空欄で

性別/男または女

年齢/6歳から18歳まで

学年/初等部一年生から高等部三年生まで

性格/出来るだけ詳しく

容姿/出来るだけ詳しく。制服は無いので私服で

能力/人と被ってもOKですがチートは禁止です

備考/一人称、二人称など

6:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 15:57

ー学校内の説明ー

本校舎の一階
・初等部一年生〜三年生の教室
・職員室
・校長室

本校舎の二階
・初等部四年生〜六年生の教室
・放送室
・用務員室

本校舎の三階
・中等部一年生〜三年生の教室
・視聴覚室
・備品室

別校舎の一階
・食堂
・売店
・家庭科室

別校舎の二階
・高等部一年生〜三年生の教室
・図書室
・理科室

別校舎の三階
・能力訓練室
※個人の自由で使う超能力の訓練室

校舎外
・体育館
・中庭
・女子寮
・男子寮

7:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 15:58

ー余白ー
【レス禁解除です、参加よろしくお願いします】

8:雨&◆rk:2016/01/05(火) 16:00

【参加希望です!】

9:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 16:08

>>8

【ありがとうございます、pfお願いします】

10:雨&◆rk:2016/01/05(火) 16:33

名前/坂上 李衣奈

読み/さかうえ りいな

性別/女

年齢/17歳

学年/高等部一年

性格/普段はおしとやかな振る舞いをするが、本当のところを言うと能力を使って立ち入り禁止ところなどに入ったり少し悪(?)。学校側ではおしとやかに振る舞いを見せて優等生ぶっているので少し悪い事をしても気づかれない。悪く言えば能力の悪用だろう。正しい事に能力を使う事もあるが、ほとんどは色々な組織の中に出入りしたりするために使っている。女子寮の自分の部屋ではインターネットを使ってネトゲに熱中している。※何度も言いますが、学校側ではとてもいい子ぶっています。はい、悪い子です。でも根はとてもいい子なので。(色々な組織に出入りしているのは情報集めのためです。そのため結構な物知りさん。)

容姿/明るい茶色の髪の毛を耳より上の位置で赤いリボンを使い、ツインテールにしている。ツインテールにしている時は、肘くらいまでの長さ。瞳の色は黒。白いブラウスに赤いリボン、紺色のブレザー。スカートは赤色と黒色が使われている物。制服が無いのは知っているが、学校に行っている感が感じられ無いなどという理由でこんな服装になった。白い靴下を履いていて、ロファー。

能力/テレポート

備考/一人称「私」二人称「〜さん」「〜様」(←キャラ的に…お嬢様が〜様?なんていうような感じです。)「呼び捨て」「お前」「あんた」など、、、、

【不備等ありますか?】

11:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 16:41

>>10

【不備ありません。初回投下お願いします】

12:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/05(火) 16:53

>>11

【ありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ
>>主様
能力訓練室って、訓練室の中だけ場所が変わったり、訓練室の中の物を壊してもまた再生したり…みたいな感じなんでしょうか?頭悪くてすみません!私の言っている意味がわからなかったらごめんなさい!】


うー、学校は息苦しいですの…。

(人がたくさんいる本校舎を離れて別校舎の能力訓練室に行く途中にため息まじりに上記を述べて「ストレスはお肌によくないですの…」なんて自分の頬をさすって

>>All様

13:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 16:58

>>12

【説明不足ですいません;訓練室は外観は普通の教室の机と椅子が無い感じをイメージしてくだされば幸いです。場所が変わったりはしませんが能力で壁や床は壊れません。】

>>12

翔/
坂上ちゃーん!!ちょっと迷子見てないー!?
(廊下を全力疾走して来て相手のそばに行きかなり焦った様子で上記を言い

14:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/05(火) 17:06

>>13

【了解です!質問に答えてくれてありがとうございました!】


迷子…ですか?

(全力疾走して自分のそばまで来た上にかなり焦った様子で迷子を見てない?なんて聞かれたので首を傾げて「迷子ってあのいつも一緒にいる方の事ですか?」と言いつつ相手の方をポンポンと叩き落ち着いてください、と告げて

15:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 17:08

>>14
翔/
そ、そうだ!落ち着こう!!一旦落ち着こう俺!!
(慌てたまま一度落ち着こうと深呼吸してから「そう!優が迷子!」と続けて

16:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/05(火) 17:18

>>15

その、優様は見ていませんよ。私も探したいところですが…騒がしいところに行くのはちょっと…

(絶対に騒がしいところにはいきたくないようで、「テレポートで静かなところとかなら探してもいいのですが、なんではぐれたんですか?迷子なのは優様ではなく翔様なのではないですか?」相手の行動などを見て、思った事を言って

17:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 17:31

>>16

翔/
ま、まさか俺の方が迷子か!?そう言えば気づいたら優居なかったし俺が迷子かも知れん!
(相手の言葉に驚いたように上記を言い「考えたら俺は方向音痴だった!忘れてた!」と続けて

18:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/05(火) 17:35

>>17

…。

(相手が俺は方向音痴だった、俺の方が迷子か!?なんて言っているものだからくすくすと笑って「すっごく面倒ですが、優様のところまでお連れします。少しの間目を閉じていただけませんか?」と相手に言って

19:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 17:37

>>18

翔/
りょーかい!!
(ひとしきり慌てた後相手の言葉に上記を答えて目を瞑り

20:◆RI:2016/01/05(火) 17:55

【参加希望ですー!】

21:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 18:03

>>20

【ありがとうございます、pfお願いします】

22:◆eI:2016/01/05(火) 20:03

【参加希望です!】

23:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 20:21

>>22

【ありがとうございます、pfお願いします】

24:古野 誠◆RI:2016/01/05(火) 20:40


名前/古野 誠

読み/ふるの まこと

性別/男

年齢/18歳

学年/高等部3年生

性格/普段の姿と、怒った時のギャップが激しい。 いつもは冷静で他人にも優しいが、怒った時はとにかく痛めつけないと気が済まないタイプ。

容姿/銀髪のショートウルフで目は黒い、学校ではいつも制服をきっちり着ていて、オフの日は白のTシャツに黒のジャンパー、下はジーンズを履いて紺のスニーカーを履いている。

能力/物を浮かす力

備考/一人称は俺、二人称はお前または〜さん

【不備ありますか?】

25:翔、優◆/I:2016/01/05(火) 20:44

>>24

【不備ありません。初回投下お願いします】

26:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/05(火) 22:46

>>19

……。

(相手が目を閉じたのを確認して相手の腕を優しくつかみ、優のいる場所までテレポートして「翔様、目を開けていいですよ。」と言い、相手の腕から手をゆっくりと離して

【>>主様あれ…これって確定ロルになるんでしょうか……⁉︎そうだったらごめんなさい!なんか、まだよくわからなくて……( ; ; )】

27:◆eI:2016/01/06(水) 06:04


名前/  木下 愛

読み/  きのした あい

性別/  女、

年齢/  15歳、

学年/  中等部三年生、

性格/  いたって真面目、それでいて明るい性格。他人優先主義者であるためか、優しさ( お人好し、)も兼ね備えており、人に好かれやすい性格でもある。 真面目、ということもあってか、勉強も運動も、ほぼ上の方。しかし、能力が全く出来ないらしく、出来ても数秒立てば戻ってしまうため、基本訓練室にいる。甘いもの( 特に和菓子、)に目がなく、和菓子があればなんだってする。動物が大好き。

容姿/ 薄いピンク( 桜色、)をした髪は、黒髪ボブでナチュラルパッつん。元々内向きの髪はそのまま。目の色は桜色。光があるが、怒るとハイライトが消え、若干黒くみえる。二重で若干タレ目。服装は白いトップス、その上にワインレッド色(?)のカーディガン。下は薄いベージュ色のスカート。丈は膝辺りまでの服装。柄物を好まないのか、無地( シンプル、)のものが多い。靴はブーツだったり、ヒールだったり。身長145cm。

能力/  動物になれる能力( 鳥や猫、熊やリスなど、小さいのから大きいものまで出来る、でも、性格で記した通り、数秒立てば戻ってしまう。)

備考/  一人称『 私、』  二人称『 ( 年上には、)〜先輩、〜さん、( 年下には、) 〜さん、〜ちゃん、〜くん。  貴方、』


>>22のものです!不備ありましたらいってください!、】

 

28:枯澤 伸一◆mE:2016/01/06(水) 09:26

【参加希望です】

29:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 10:03

>>26

【大丈夫だと思いますよ】
翔/
おー、さんきゅ!
(目を開けて優を発見し嬉しそうに上記を言い「優ー!!兄ちゃん到着したぞー!」と大声で言って

優/
………
(翔の声にめんどくさそうに振り返って相手に気づけばメモに何か書き出して


>>27
【不備ありません。初回投下お願いします】

>>28
【ありがとうございます、pfお願いします】

30:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 11:37

>>29

【よ、よかったです……。質問ばっかりですみません(・_・;】


……迷子様を送り届けるなんて、私もずいぶんお人好しになってしまったのですわね…。

(二人を交互に見た後、少しため息をついて上記を呟いて、内心、相手に会う前までは能力をたくさん使って情報集めをしていたため二人をテレポートさせる余裕はほとんどなかったがこのままだとずっと迷子のままでありそうだったため送ったが、少し能力を使いすぎたみたいで、その場に座り込んで「…はぁ。なんか情けない…。」なんてため息ついてこれでは能力訓練室に行く必要がなくなったなあなんて考えて

31:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 11:58

>>30

優/
『すいません、ありがとうございます』
(紙に上記を書いて相手に見せようと差し出し頭を下げて

32:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 12:12

>>31

……ん?

(相手が差し出した紙を見て「いやいや、全然大丈夫ですわ。あの、とても失礼なのはわかっています、話せないのですか…?」と失礼なのは承知のうえで相手に聞いて

33:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 12:23

>>32

翔/
あー、優は生まれつきだから!
(相手の言葉に慌てたように上記を言い「なー?優ー?」と優の肩に寄りかかって

優/
………
(頷きながらも迷惑そうな顔で翔を押しのけて

34:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 12:29

>>33

そ、そうなのですか。あの、お二人は仲がいいのですか?悪いのですか?

(座ったまま二人のじゃれ合い(?)を見つつ上記を述べて

35:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 12:48

>>34

翔/
そりゃ双子だし仲良いって!
(優の背中をバシバシと叩きながら楽しそうに上記を言い

優/
『嘘つけ。ただの腐れ縁』
(メモに上記を書いて翔の顔に叩きつけて

36:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 13:15

>>35

…お互いの意見ばらばら……。

(二人の事を見て言って「翔様、優様!お二人はとても仲がいいんですわね。」なんて笑顔で言い、「私も兄弟が欲しかったですわ〜。」なんて言って

37:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 13:33

>>36

優/
『それならこの馬鹿あげます』
(上記を書いたメモを見せて翔を指差して

翔/
酷い!とうとう反抗期来ちゃったのか!?
(メモを見てショックを受けたような顔で上記を言い

38:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 13:44

>>37

え⁉︎そんな事言わずにですね?私騒がしいの苦手ですし……。

(ニコニコしながらも「少しは落ち着いてくださいな。優様も、あまり突き離さないであげて下さい。余計騒がしく……ではなく、双子なんですから!」なんてごまかすかのような笑みで言い

39:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 13:50

>>38

翔/
俺今うるさいとか思われてる感じ!?
(上記を言いながらも全く静かにする様子もなく未だギャーギャーと喚いていて

優/
『分かってるなら黙れば良い。人の気持ち読めるなら静かにして」
(上記を書いたメモを再度翔に叩きつけて

40:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 14:03

>>39

うるさいなんてこれっぽっちも思っていませんわ。ただ少し黙ってほしいなあなんて思っているだけですわ。

(翔が静かにする様子を全く見せないのを見て上記を笑顔で言い、終いには「優様の通りですわ。…あれ?人の気持ち、読めるなら静かにして……⁉︎え、そんな能力持っていらっしゃるのですか⁉︎」なんて驚いて

41:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 14:09

>>40

翔/
俺人の心読めちゃう系だから!
(腰に手を当てて自慢げに上記を言い

優/
『こいつの能力は読心なんですよ』
(翔の説明を補足しようと上記を書いたメモを見せて

42:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 14:17

>>41

……私はてっきり一人だけ騒がしくなってしまう能力とばかり思っていたのですが間違いだったのですね?

(自慢げな相手にニヤリと笑って見せて「そういえばどこかでお見かけした事があると思ったらあのデータに乗っていた人ですの……。」なんてボソッとつぶやいて

43:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 14:20

>>42

優/
『ある意味正解です』
(真顔で上記を書いたメモを見せて

翔/
二人して俺への当たり強くない!?
(静かになるどころか更にうるさくなっていて「っつか坂上ちゃんそういう系のデータ盗んじゃったの!?ダメじゃん!」と続けて

44:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 14:29

>>43

やっぱり私は正解だった!
(とドヤ顔して「そ、そういう系のデータなんて盗んでいません!」相手の言葉に即座に反応して、「た、ただ調べたい事があったのですこし学校を抜け出してちょこちょこっとデータを見ただけなのです!盗むなんて人聞きの悪い!」とたいして内容的には変わっていないが、反論(?)して

45:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 14:31

>>44

翔/
そうか!なら仕方ないな!
(相手の言っている言葉の意味を分かっておらず知ったかぶって頷きながら上記を言い

優/
『あまり弁解になって無いです』
(翔のテンションの上がりに睨むように見て上記を書いたメモを見せて

46:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 14:35

>>45

翔様は絶対に何もわかっていないと思うのですが……。

(と翔を見て上記を述べて優が睨んでいるのを見れば「優様!少しお顔が怖くなっていますわ!少し落ち着いて下さい‼︎」なんて優の肩にそっと手を置いて

47:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 14:48

>>46

優/
……
(相手の言葉を聞かずメモに何も書かないで拳を握り翔に拳骨して

翔/
いった!?何、やっぱ反抗期入っちゃった!?
(頭を抑えて涙目で上記を言い

48:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 14:50

>>47

……っ!優様⁉︎

(反抗期吐いちゃった!?なんて言っている翔から目を離して優に目を向けて「優様!喧嘩は良くないですわ!」なんて言って

49:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 15:03

>>48

翔/
優はいっつもこんなんだからなー;ツンデレなんだよなー?w
(頭をさすりながらも面白そうに笑って上記を言い

優/
『うるさい』
(むすっとした顔で上記を書いたメモを翔に見せて

50:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 15:10

>>49

ツンデレっていうか……なんて言うか。

(二人のやりとりを見ながらそう言って「お二人は何かご用事などなかったのですか?」と二人に聞いて

51:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 15:15

>>50

翔/
職員室行こうとしたらはぐれた!
(何故か自慢げに親指を立てて上記を言い

52:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 15:18

>>51

職員室……⁉︎何かしでかしたんですか?

(相手の性格などからしてそう考えるのが妥当だろうと考えて上記を述べて

53:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 15:39

>>52

翔/
いやいやいや!会のまとめ提出するだけ!
(手をぶんぶんと振って相手の言葉を否定して

優/
『こいつ一応生徒会の書記ですよ』
(翔を指差しながら上記を書いたメモを見せて

54:   木下 愛   ◆S42:2016/01/06(水) 15:57





【  参加許可有り難う御座います!!初回投下しますね! 】


>>おーるさま、


あぁ、また失敗してしまいました・・・。

(  とある日の昼休み、能力訓練室にて。今日も、何かの動物へ姿を変え、能力をもう少し伸ばせるようにと訓練していて。つい先程、小さな小鳥へと姿を変えれば、たった15秒程で元に戻ってしまい。しかも、丁度宙を飛んでいたため地面に叩き落され。強打した箇所をさすりつつ、唸っては悔しそうに呟き。 )


 

55:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 17:27

>>54

翔/
入りまーすよー!ってありゃ、先客?
(勢いよく訓練室のドアを開け上記を言い相手を見て首を傾げ

優/
……
(翔の後ろについて入ってくるも相手を見てメモに何か書き出して

56:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 18:22

>>53

へぇー、生徒会だったのね……。

(こんな奴が……なんで生徒会⁉︎絶対向いていない。と思う、が決して表には出さず、「翔様、騒がしいのに……よくそれで生徒会に入れましたね!尊敬します。」と笑顔で言うも、言っていることは大嘘で


>>54

……大丈夫ですか?

(無駄にテレポートをしてドアを開けずに中に入り、相手の目の前に立って上記を述べて「あなたの能力、面白いのですわね。」と笑顔で言って

57:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 18:39

>>56

翔/
今頭の中で超バカにしてるよな!?
(ショックを受けたような表情で上記を言い「優〜、坂上ちゃん酷いんだけどー」と優に絡んで

優/
『こんなやつでも書記になれるんですよ』
(呆れ顔で翔を押しのけて上記を書いたメモを見せて

58:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 19:01

>>57

……もっと適切な生徒がいたと思いますわ。……もしかしてアニメと何よく出てくるバカだけど強いみたいなキャラなんですわね⁉︎そうなんですわね⁉︎

(翔を指差して一人で何やら話を進めていて「そ、それと私はひどくありませんわ!」なんて一生懸命否定して「これでも表向きではとてもいい子で優秀な生徒なのですわよ!」なんてない胸を張ってドヤ顔して

59:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 19:05

>>58

優/
『残念ながらこいつは読心が出来るだけでたいして強くも無い馬鹿です』
(肘で軽く翔を小突きながら上記を書いたメモを見せて

翔/
色々と酷い……;;っつか表向きって言葉が怖い!女の本性怖い!!
(再度うるさくなってギャーギャーと大声で上記を言い

60:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 19:11

>>59

強いっていうか、私たちより地位が高いっていうか……;

(うーん、と言葉にしずらいなぁなんて考えて翔の言葉を聞くと笑顔で「翔・さ・ま♪今、なんとおっしゃいましたか?女の本性ではなく、テレポーターの本性ですわ。勘違いなさらないでくださいね?学校側ではいい子にしていないと色々と困りますのよ?」と翔に言って

61:古野 誠◆RI:2016/01/06(水) 19:39

【初回絡み文投下します!】

【中庭】
全く…気をつけるんだぞ、猫。
(中庭で散歩をしていると木の上で震えている猫を見つけて、降りれなくなったのだろうと考えては超能力を使って猫を助け、軽く猫の頭を撫でて上記を言い)

>>all

62:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 19:45

>>60

翔/
俺は良い子にせず楽々と生活してるけどなー
(相手の言葉に首をぐーっと傾げて上記を言い

優/
『先生に追いかけ回されてた事は楽々と生活してるに入るの?』
(呆れ顔で上記を書いたメモを翔に見せて

63:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 19:46

>>61

優/
……『すいません、少し良いですか?』
(うろうろと中庭に入ってきて相手をみれば近づいて上記を書いたメモを見せて

64:古野 誠◆RI:2016/01/06(水) 20:03

ん…んぉ、構わないが、俺に何の用だ?
(相手の近づく気配を感じれば、
その方向を見て相手を認識し
メモを見て返答をして)
>>63

65:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 20:05

>>64

優/
『兄が迷子なのですが僕に似た人を見ませんでしたか?』
(メモにペンを走らせ上記を書いて相手に見せ

66:古野 誠◆RI:2016/01/06(水) 20:14

あ、兄が迷子…?
(メモを見て“兄が”迷子という事に少し
驚いて、少し思い出そうとするも)
いや、見ていないが…よければ、
探すのを手伝おうか?
(と、困っている人はほっとけないのか、
手伝おうかと相手に聞いて)
>>65

67:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 20:16

>>66

優/
『ありがとうございます、助かります』
(若干驚いたような顔で上記を書いたメモを見せ頭を下げて

68:古野 誠◆RI:2016/01/06(水) 21:08

いやいや、いいさ。
兄とは一緒に行動していたのか?
もしそうならどの辺りで逸れたか
教えて欲しい。
(メモを見て、構わないという事を伝え、
相手に兄と一緒に行動してたのか聞いて
そうならどこで逸れたかも聞いて)
>>67

69:翔、優◆/I:2016/01/06(水) 21:17

>>68

優/
『職員室に集合するはずだったのですが迷って現在地が分からないとメールが来ました』
(メモにペンを走らせて上記を書いたメモを見せ

70:古野 誠◆RI:2016/01/06(水) 21:52

あぁそれなら近くに目印になる所が
あるか、聞いてくれないか?
(メモを見てメールを使えるなら
相手の近くに目印になるものが
わかるかもしれないと考えて
上記を頼んでみて)
>>69

71:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/06(水) 22:51

>>61

お優しいのですわね。

(テレポートして相手の後ろまで来たため物音は一切させずに近づき、後ろから声をかけてニコニコ微笑んで


>>62

そんなに先生に追いかけ回されてるのですか……⁉︎翔様は見た感じからしてそんなオーラが漂っている気がしますわ。

(翔の頭からすーっと爪先に流れるようにして相手を見て上記を述べて「優様はそれの巻き込まれ役ということですわね⁉︎」なんて優に言って

72:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 12:02

>>70

優/
『さっき聞きましたが廊下が見えるなどと馬鹿な返答がありました』
(呆れたような顔で上記を書いたメモを見せて

>>71

優/
『むしろ捕まえる側ですけどね』
(再度翔を小突いて上記を書いたメモを見せて

翔/
巻き込んではないぞ!そもそも優は追いかけ回す方だしな!
(何故か自信満々といった様子で上記を言い

73:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/07(木) 12:09

>>72

結局巻き込まれていますね。

(あはは、と苦笑いしながら言って「あ、あの私が色々と悪いことをしているのは先生方には言わないでいただけませんか?学校でその辺を失敗したら面倒なのですわ。」何て言ってさらに念を押すように「私まだ、この学校を出るわけにはいかないのですわ!」何て言って

74:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 12:18

>>73

優/
『まず話せない僕がどうやって先生方に言えと?』
(無表情で上記を書いたメモを見せて

翔/
俺チクリは苦手だしなー、優が言わねえなら俺もそうする
(面白そうに笑って上記を言い「優はまず言えないしなー?w」と優をからかう様に突ついて

75:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/07(木) 12:41

>>74

そ、そうですか。よかったですわ。

(ほっと表情が緩んで笑顔になり、「翔様はあまり悠様をからかうのはやめた方がいいですよ、いつかこてんぱんに……もうこてんぱんにやられてますね…。」何て苦笑いして

76:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 12:43

>>75

翔/
この前ボコボコにされた!反省はしない!
(何故か親指を立てて自慢げに上記を言い

優/
『いつか窒息させてやる』
(ムッとした顔で上記を書いたメモを翔に叩きつけ

77:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/07(木) 12:48

>>76

は、反省はしないのですわね……;;

(翔の言葉を聞いて笑い、優の書いたメモを見れば「窒息……⁉︎」なんて驚いて

78:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 12:53

>>77

翔/
こいつ部屋の中真空にしようとしたりするんだよな;
(軽く優をつつきながら上記を言い

79:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/07(木) 12:56

>>78

へ⁉︎……それってどういう意味なんですの?

(首を傾げつつ相手に聞いて、「あ、べつに企業秘密的なアレだったらいいんですよ⁉︎」なんて笑って

80:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 13:34

>>79

翔/
あれだよあれ!爆発させたり空気無くしたり!
(上手く説明できずいつものテンションで上記を言い

優/
『僕の力は気体全般を操ることができるんですよ』
(翔の説明に呆れた顔で上記を書いた紙を見せて

81:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/07(木) 14:01

>>80

気体を操る……?

(翔の話も見に入れているが「それ、説明になっていない……」何て苦笑いして続けて「えっ⁉︎爆発⁉︎」なんて驚いて

82:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 14:04

>>81

優/
『今この場に火があれば軽い爆発は起こせます。原理の説明はいりますか?』
(翔のつついて来る手をはたき落とし上記を書いたメモを見せて

翔/
いや、説明はいい!お前の話は長い!!
(優のメモを見て慌て説明を止めようと上記を言い

83:坂上 李衣奈&◆rk:2016/01/07(木) 14:09

>>82

原理はいいですわ。これでも少しは頭いいのですわよ?

(何てドヤ顔して言い、「…それより翔様、職員室にはいかなくてよろしいのですか?」と言って首を傾げて

84:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 14:13

>>83

翔/
やっべそうだった!!優のプリント提出しとくわ!!じゃあな!!
(相手の言葉に慌て出して優が持っていたプリントを取って早口で上記を言い走って行って

優/
………
(呆れたような顔で翔を見て

85:古野 誠◆RI:2016/01/07(木) 19:21

廊下が見えるって…そんなのどこの階も同じだろうが…(こちらも少し呆れたような顔をして言って)
まぁ…もしかしたら廊下の窓から見えるかもしれないな、ちょっと見てこようか?
(そう言うと、能力を使って少し自分自身を浮かせながら言って)
>>72

86:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 19:22

>>85

優/
『ありがとうございます。お願いします』
(上記を書いたメモを見せてまた深々と頭を下げて

87:◆ys:2016/01/07(木) 19:32

名前/ユマ
読み/
性別/女
年齢/16
学年/高等部2年生

性格/とても優しく、少しマイペース。自分から動く事が少なく地味な印象を与える。いつもニコニコ笑っている。基本的に真面目だけれど真面目すぎず、ちゃっかり者な一面も。環境適応能力が高いというか、八方美人というか。何も考えていないようで色々考えている。
ある程度勉学には真面目にはげんでいるものの体力面は微妙、後述の理由もあり体育の授業は休むことも。好きな物は本(特に推理小説)と音楽。小さい子も好きだが恋愛的には年上の方が好みだったり。

容姿/白のボブカットの髪は首が出るくらいで少し内巻き。日常生活に問題ないので前髪は長め。殆ど見せない瞳は元々黒だったが今は汚く白濁している。ちょっとだけ太眉気味。身長164センチ、スタイルには恵まれている方。
冬場はセーターにストール、裾の長いスカートにタイツ。どれも白か灰、黒とあまり派手な色は好まない。

能力/指で触れた、耳で聴いたあらゆる「言語」の意味がわかる。辞書のようなものではなく翻訳に近い。精度は少し微妙。

備考/一人称は私、二人称はあなた、〜さん等。誰に対しても敬語。10歳の頃病気により視力を失い盲目になった。

【参加希望です!】

88:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 19:37

>>87

【不備ありません、初回投下お願いします】

89:古野 誠◆RI:2016/01/07(木) 19:43

さてと、職員室に行くと言ってたから…
本校舎の方にいるかな?
(そう言うと、宙に浮いて
本校舎の廊下の窓を一階、
二階、三階へと続いて見ていって)
>>86

90:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 20:03

>>89

翔/
んー……
(三階にて相手に気づかず廊下をウロウロと歩き回っていて

91:   木下 愛   ◆eI:2016/01/07(木) 20:32





>>55  :  翔さん、優さん、


え、あ・・・すみません?

(  もう一度、能力を使おうと立ち上がれば、勢いよくドアが開いたため少し驚き、肩をびくりと震わせ。そして暫しの沈黙。焦ったように相手を見、オドオドとした様子で立ち尽くしていれば、何故か口から謝罪の言葉が飛び出て。)




>>56  :  李衣奈さん、


・・・はい、何とか。

(  暫し、強打したところを押さえ、立とうと顔をあげては、音もなく目の前に現れる相手。いきなりのことに動揺するが、言葉を投げ掛けてもらえば、少し間があくもしっかりと答え。 笑顔で、自分の能力のことを初めて面白い、なんて言ってもらい、嬉しかったらしく、此方も笑みを浮かべて。)

ありがとうございます。

 

92:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 20:37

>>91

優/
『すいません、良かったら訓練室の隅を使わせて頂きたいのですが』
(翔の頭を軽くはたいて上記を書いたメモを見せて

翔/
痛っ!?
(頭を抑えて抗議するように上記を言い

93:   木下 愛   ◆eI:2016/01/07(木) 20:42



>>92  :  翔さん、優さん、


えっ、隅で宜しいのですか?

( メモをまじまじと見つめては顔を上げ、相手二人を交互に見つつ、最終的に優を見ては何だか悪い気がしたのか聞いてみて。その隣で抗議するようにする翔を見ては『 大丈夫ですか?、』なんて一応言葉をかけ。 )

 

94:古野 誠◆RI:2016/01/07(木) 20:46

お、いたいた。
(三階の窓からコンコンと叩いてから窓を開けて)
こんにちは、あんたの弟が探してたぞ。
(とひとまず挨拶をしてから用件を伝えて。)
>>90

95:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 20:47

>>93

翔/
だいじょぶだいじょぶーw後俺らはこじんまりした力だから端っこで充分!
(大丈夫だと伝えるため手をひらひらと振ってから親指を立て上記を言い

優/
『おかしい頭が少しはマシになったんじゃない?』
(上記を書いたメモを翔の顔に勢いよく叩きつけ

96:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 20:49

>>94

翔/
うえぃ!?びっくりしたー……ってマジか!
(一度相手に驚いて奇声をあげるも弟という言葉に反応して嬉しそうにし「どこどこ?下?」と窓枠から身を乗り出すように下を見て

97:古野 誠◆RI:2016/01/07(木) 20:55

今は中庭にいる、ほらあそこ。
(そう言うと中庭の方に指を指して)
一緒に行くか? 因みに俺の能力は物を
浮かす力だ。
人も浮かす事も出来るから、
このまま一直線にいけるぞ。
(と言ったあとにどうする?と付け足して言って。)
>>

98:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 20:59

>>97

翔/
いや、あいつの力で行ける
(窓枠に登って上記を言い下を見て優に向かって「飛び降りるから頼むぞー!」と言って

優/
……
(またかとでも言いたげな顔で頷いて

99:古野 誠◆RI:2016/01/07(木) 21:05

そうか、それじゃあいいか。
(そう言うと、一足先に中庭の方に戻り、
能力を解除して地に足をつけ)
じゃあ、兄の事は頼んだぞ。
(優の方を見て上記を言って。)
>>98

100:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 21:08

>>99

優/
『今能力解除したらあいつ死にますかね』
(真顔で上記を書いたメモを見せて

翔/
ちょっとちょっとー!?メモ俺にも見えちゃったんですけど優くーん!?
(三階の窓から降りて下にクッションがある様な着地をして上記を言い

101:古野 誠◆RI:2016/01/07(木) 21:30

【坂上本体様すいません! レス見逃してました!!】
うぉっ、まぁ困ってるやつを見てほっとけないタイプでね。
(相手が急に現れたのを見て少し驚き、優しいと言われれば上記のような返答をして)
>>71

まぁ死ぬだろうな、運が良ければ重傷で済むだろうが。 やれやれ、やっと再開か。
(なんて軽い口調で話しては相手が降りたのを見ては、やれやれと呟いて)

>>100

102:翔、優◆/I:2016/01/07(木) 21:34

>>101

翔/
何か怖え……;っつか優!兄ちゃん生還!!
(ボソッとつぶやいた後優の方を向いて上記を言い

優/
『お手数お掛けしました』
(相手に上記を書いたメモを見せながら片手で翔を小突いて

103:古野 誠◆RI:2016/01/07(木) 21:49

いやいや、困ってる時はお互い様だ。
(にこりと微笑みながらまた困った事があったら言ってくれ。と言って)
…しかし、目印がないかと聞いて
廊下があるという返答には思わず
驚いてしまったよ。
(ふとメールの事を思い出して、少し笑いながら言って)
>>102

104:枯澤 伸零/枯澤 伸一◆mE:2016/01/07(木) 21:58

>>28の者です、遅れてすいません】

名前:枯澤 伸零

読み:からさわ しんれい

性別:男

年齢:17

学年:高等部三年

性格:明るくなくいつも暗い、ネガティブ
人と会話するのが苦手であまり人と関わら
ないようにしている。面倒臭がり屋で行動
を少ししかしない、猫と鳥が好きで猫と鳥
のためなら素早く行動する。ドSで下衆だけど弟と好きな人には優しくする、性格は悪いがノリがいいためクラスでは好かれているが他のクラスからは嫌われている。何故か弟の伸一を一(いち)と数字名で呼ぶ、野球が大好き。勉強が得意だが運動は苦手

容姿:黒いボサボサな跳ねている髪に暗い
アメジストのだるそうなあまり開いてない目首と手に何かに殴られたかのような黒い痣があるが隠さない、理由は人を遠ざけるため
服はいつもジャージかパーカーで色は全部黒に青いラインが入ってる。いつも野球ボールをポケットに入れている

能力:人や動物の心に入る

備考:一人称は僕、怒ると俺
二人称はアンタ、呼び捨て

名前:枯澤 伸一

読み:からさわ しんいち

性別:男

年齢:16

学年:高等部一年

性格:とても明るく元気でうるさい
勉強が得意な兄とは違い運動が得意
思ったことをすぐ行動で表すので先生達
からは問題児扱いをされている
他のクラスからは人気者だがクラスでは
嫌われていて虐められている
いつも笑っていて面白いことをすぐに言う
ムードメーカー、バスケが好きでいつも
バスケットボールを持っている
兄の伸零を数字名の零(ぜろ)と呼ぶ

容姿:兄と同じ黒いボサボサの跳ねている髪に兄とは反対の明るいトパーズのぱっちり
とした大きな目。服はいつも腕まくりしているシャツと赤いネクタイと黒いズボン
時々裸足でで歩くことがある
おでこと足に締められたような黒い痣がある包帯で巻くがいつも少しほどくで垂れる

能力:インターネットや電波の波に入る

備考:一人称は俺、弱った時は僕
二人称はキミ、あだ名

105:ユマ◆ys:2016/01/07(木) 22:41

>>88
【許可ありがとうございます!】

……あ、あれ…?

(鞄を落としてしまって、手探りで荷物を探す。教科書ノートは見つかったものの、筆箱だけ見つからず。)

106:   木下 愛   ◆eI:2016/01/08(金) 05:15





>>95  :  翔さん、優さん、


へぇ。どういった能力なのですか?

(  相手の仕草を見るなり、此方も少しは安心したのか、普通に話せていて。翔の顔面に叩きつけられたメモ書きを見ては、仲がいいのか悪いのか分からないものの、そんな悪意は感じられなかったのか、気づけばクスクスと笑みを溢していて。)




>>105  :  ユマさん、


 大丈夫ですか?

(  相手が鞄を落とすのを目撃していたのか、どうやら鉛筆を先に拾っていたようで。鉛筆を探す相手の手元を取っては、取り合えず鉛筆握らせ。筆箱か何かに入れて渡そうと思ったものの、肝心の筆箱が見当たらずにいて。 )

 

107:ユマ◆ys:2016/01/08(金) 09:50

>>106

あ、ありがとうございます……

恐らくその辺にあると思うんですけど…
(拾ってもらった鉛筆、筆箱という置き場がない今やり場に困りとりあえずポケットへ。広く手を伸ばしても手に触るものは無く…目が見える愛なら、ユマの足元に落ちている長方形の筆箱が見つけられるか)

108:翔、優◆/I:2016/01/08(金) 11:27

>>103

翔/
だって本当の事だろー?
(不思議そうに首をかしげて上記を言い

優/
………
(呆れたような顔で翔を見て

>>104

【不備ありません、初回投下お願いします】

>>106

翔/
俺のが読心でー、優のが気体操作!
(優の肩をポンポンと叩きながら上記を言い

優/
……
(不機嫌そうに翔の手を払って

109:翔、優◆/I:2016/01/08(金) 12:20

>>105

翔/
ん、探してんのこれ?
(通りかかったところで相手に気づき筆箱を相手の手の方に近づけて上記を言い

110:古野 誠◆RI:2016/01/08(金) 20:00

いや確かにそうだが…もっと分かりやすい
目印がなかったのかい?
三階だったから…中等部の教室があるとか。
(もしくは視聴覚室があるとか、など
色々例を出して聞いてみて)
>>108

111:翔、優◆/I:2016/01/08(金) 20:03

>>110

翔/
しちょーかくしつって読むのか!あの教室の看板!
(相手の言葉に納得したように上記を言い「通りで中等部生が多いはずだ!」と続け

優/
『すいません、こいつ馬鹿なんです』
(呆れ顔で上記を書いたメモを見せて

112:古野 誠◆RI:2016/01/08(金) 20:13

お、お前、学年いくつだ?
(翔の言葉に驚き、
優のメモを見て更にえぇと驚いて
学年はいくつなのか聞いてみて)
>>111

113:翔、優◆/I:2016/01/08(金) 20:17

>>112

翔/
高等部一年!留年中だけど歳は優と一緒!
(優の肩をポンポンと叩いて上記を言い

優/
『こいつは一年留年してるんで実質兄のくせに僕より一年下なんですよ』
(翔の手を片手ではたき落としながら上記を書いたメモを見せて

114:   木下 愛   ◆eI:2016/01/09(土) 06:40





>>107  :  ユマさん、


うぅん・・・あっ、ありました!

(  ふと相手の足元を見れば長方形の形をした筆箱のようなものを見つけ、手にとっては鉛筆を入れ始め。全て入れ終われば相手に手渡し。)

 


>>108  :  翔さん、優さん、


読心に、気体操作・・・!楽しそうな能力ですね!!


(  能力のことを聞けば、どれも小説等に出て来そうなもの。小説好きの愛にとってはかなり羨ましいらしく、目を輝かせては楽しそうに言い。)

 

115:枯澤 伸零/枯澤 伸一◆mE:2016/01/09(土) 10:32

>>108

【ありがとうございました、初回出しますね】

>>ALL

零:はぁ…マジでどこ行ったんだ……?

一:皆の電波使って探そっか?

(どうやら野球ボールを探しているらしく
草原をガサガサと探していて、上記を零がぽつりと言うとそれに反応した一が上記を言い、名案だと一は思うが零に却下される)

116:   木下 愛   ◆eI:2016/01/09(土) 10:50





>>115  :  伸零さん、伸一さん、


【  絡みます!、 】


あのー、どうしたんですか?

(  外でスケッチをしていれば、何処からか飛んでくる野球ボール。持ち主を探す途中、何やら探し物をする二人の人影を見つけ、もしやと思いボール片手に話しかけ。)

 

117:枯澤 伸零/枯澤 伸一◆mE:2016/01/09(土) 11:10

>>116

一:あ、それ!ボール!

零:違うかもしれないだろ、えっと……
ボールが何処かに飛んでしまって…探し
てたんです……

(目を輝かせる一に零が軽くチョップして
目線を落としながら相手に説明する)

118:   木下 愛   ◆eI:2016/01/09(土) 11:21





>>117  :  伸零さん、伸一さん、


このボールですかね?飛んできたものなんですけど・・・違いますかね?


(  手に持っているボールを差し出し、首をかしげつつ聞いてみて。)

 

119:ユマ◆ys:2016/01/09(土) 14:20

>>109
あ、ありがとうございます!

…えーと、お名前は…?
(受け取った筆箱は確かに自分の物のようで。鞄にしまって立ち上がれば名前を聞いて。顔で人を識別できないので、声と名前を結びつけると覚えやすいので)


>>114

あ…よ、良かった…

ありがとうございます。お名前を聞いても…?
(見つかった筆箱に安堵の息を漏らして。名前を聞きながら手を握ろうと手を彷徨わせて。)

120:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 15:40

>>114

翔/
いやいや、俺のはともかくこっちの優のは怖いぞ?
(優の肩をべしべしと叩いて上記を言い「部屋の中真空にしたり色々されるしなー」と続け

優/
『主にお前のせい』
(翔の手を払いながら上記を書いたメモを翔に見せて

>>119

翔/
瀬文翔!で、もう一人居るけどこっちは瀬文優!
(楽しそうに名を名乗って優の頭をポンポンと軽く叩いて上記を言い

優/
………
(不機嫌そうに翔の手を払って

121:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 15:42

>>115

翔/
おーい!!弟がボール取っちゃったんだけどお前らのやつー?
(ボールを片手に遠くから大声で上記を言い

122:枯澤零/一◆O2:2016/01/09(土) 16:03

>>118

一:これ零のだー!

零:……本当だ、僕の…ありがと…

(相手のボールをみると上記を言いながら
そーっとボールを相手から貰い)

>>121

一:あれ多分零のだよ!行ってくる!

零:おい待て馬鹿……!

(上記を言うと零が止めにかかるが一の全身はノイズのようにかけて行き手遅れになる
一方一は電波の中にいて翔の近くにある
放送用の拡声器の前にまたノイズが出て
一がそこから出てきてありがと!と笑顔で
言い)

123:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 16:08

>>122

翔/
うえぃ!?ちょっと心臓止まっちゃうだろー!
(一瞬驚いて妙な奇声をあげるも面白そうに上記を言い「なー、優ー?兄ちゃんの心臓止まったら泣いてくれよなー?」と優の肩を叩いて

優/
『うるさい。さっさとボール返せば良いのに』
(翔の手をはたき落として上記を書いたメモを翔の顔に叩きつけ

124:   木下 愛   ◆eI:2016/01/09(土) 16:10





>>119  :  ユマさん、


木下愛と言います。お好きなように呼んでください。

(  何となく相手の手を握っては、にこりと微笑み。優しい声色で言っては『 貴方の名前も教えてください。』なんて言い。)


>>120  :  翔さん、優さん、


とても楽しそうじゃないですか!羨ましいです。

(  どのようなことが起こるのか聞けば楽しげに笑い。メモ書きを見るなり、クスクスと笑い出し。ふと自分の能力も紹介しなくては、と思ったのか、えぇと、なんてオドオドしては下記言い。)


えっと・・・私は、動物になれる能力です!   

 

125:  木下 愛  ◆eI:2016/01/09(土) 16:16





>>122  :  伸零さん、伸一さん、


いえいえっ。見つかってよかったです。

(  ボールを受けとる相手、しかし、そーっと取る取り方に少し違和感を感じ。それを隠すように微笑浮かべて。)

 

126:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 16:17

>>124

翔/
おお、かっけえ!
(相手の言葉を聞いて子供っぽく笑って上記を言い「優あれだな!何とかってやつだよな!」と優に聞いて

優/
『アニマルカフカスの事言ってるなら正解』
(呆れた様な顔で翔を見て上記を書いたメモを見せて

127:参加希望T:2016/01/09(土) 16:34

【/いきなりですが、スレ参加希望です!
PF提出致しますね、】



名前/結城 桜

読み/ゆうき さくら

性別/女

年齢/16

学年/高等部1年生

性格/
かなり天邪鬼で、例えば好きだと思っている相手に嫌いだと言ってしまったり、皆と居たいのに独りで良いと言ってしまったりと、感情表現が特に苦手。そのため、落ち込むことも度々で、よく本を持って裏庭へ逃避している。読書量が膨大なためか、本人としては不本意ながらも、どんどん空想世界が豊かになっているらしい。人付き合いが苦手で、初めて話す人に対してはド緊張してしまう。仲良くなると天邪鬼発動。結構損する性格。実は料理におけるスペシャリスト。

容姿/
胸の辺りまで黒髪が伸びており、目は薄桃色。瞳孔は濃桃色をしており、能力が発動する時には桜の形を象る。ブカブカのグレーのトレーナーとジーンズのショートパンツ、黒のニーハイソックス、桃色のラインの入った白いスニーカー。首には金のネックレスを着けており、経緯はよく覚えていないが大切なものらしい。

能力/
目が合った相手を眠らせ、一時的に相手の精神を自分の空想世界に閉じ込める。その世界が楽しい夢なのか、はたまた悪夢なのかは、相手に対する桜の印象で決まる。また、僅かな範囲であれば、現実世界の一帯を空想世界のような環境にすることも可能。

備考/一人称「私」二人称は人による。

128:  木下 愛  ◆eI:2016/01/09(土) 16:43





>>126  :  翔さん、優さん、

でもまだ・・・上手く使いこなせなくてですね、さっきも失敗して・・・。

(  子供のような笑みの相手に、此方も微笑みかけるが、途中目の伏せては、少し悔しそうに呟いていき。先程打った箇所も青く、アザになっていて。)


 

129:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 16:47

>>127

【不備ありません、初回投下お願いします】

>>128

優/
……『これどうぞ』
(上記を書いたメモを見せて湿布をポケットから取り差し出して

130:枯澤零/一◆O2:2016/01/09(土) 16:52

>>123

一:心臓止まっちゃうの!?救急車呼ぼっか!?

零:いや…止まって…ないから…やめろ……

(ノイズで119とでて一が心配そうに言うと
後ろから荒い息をしながら零がツッコミを
いれて)

>>125

一:零はヒトが苦手なんだ!ごめんね!

零:うるさい…お前だって実はヒトが苦手なクセに………

(一が笑いながら言うと零が一を睨みながら言う、それにギクッと一が反応して零よりは大丈夫だもんと言い)

131:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 17:02

>>130

優/
『何ならこの場で息の根止めてやって下さい』
(真顔で上記を書いたメモを見せて

翔/
優ー?最近兄ちゃんへの当たり強くないかなー;;
(微妙な苦笑いを浮かべて上記を言い

132:ユマ◆ys:2016/01/09(土) 17:10

>>120
瀬文、翔さん…と、優さん。私はユマといいます

ありがとうございました、では、また。
(聞かれてはいないものの一応名乗って、授業もあるのて壁つたいに歩き出して。)


>>124
木下、愛さん。ありがとうございます

…私ですか?私はユマといいます。カタカナで「ユマ」です。
(感謝の気持ちで手を握ったはいいもののどうしたものかとおろおろして)

133:結城 桜/◆eo:2016/01/09(土) 17:13


【/参加許可感謝です、では、早速投下させていただきますね!】


美味しい紅茶と、お菓子と、綺麗な花畑…やっぱり一人は落ち着くなぁ、一人は…。

(なんて、自分に言い聞かせるように独り言を呟きつつ、空想世界の環境に変えた裏庭にてティータイムを楽しんでいれば、自分の言葉が反って感傷に浸らせる結果となり、淀んだ雰囲気を発していて)



>>ALL様

134:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 17:19

>>132

翔/
危ねえから送って行こうか?何年の人?
(相手の肩をポンポンと軽く叩いて上記を言い

>>133

翔/
優ー!中庭かー!?
(中庭にきて大声で上記を言い

135:ユマ◆ys:2016/01/09(土) 17:23

>>133

あ、あれ…?

裏庭ってこんな感じでしたっけ…?
(一休みしようかと思って裏庭に来たものの、地面を踏んだ感じが普段と違い違和感を感じて。少なくとも普段テーブルがある辺りに歩き出す。空想世界になっているのであるかは分からず)

136:枯澤零/一◆O2:2016/01/09(土) 17:23

>>131

一:社会から消すことならできるよー!

零:撲殺なら俺も消せるけど……

(ノイズからいろんな情報が飛び出て一が上記を言いながら翔の秘密情報を取り出し
零はどこからか鉄製のバッドを取り出して
上記を言い)

137:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 17:25

>>136

翔/
怖えw死ぬなら優に殺されたいわーw
(冗談っぽく笑って上記を言い

優/
『じゃあ部屋帰って窒息させてやる』
(上記を書いたメモを翔に叩きつけ

138:枯澤零/一◆O2:2016/01/09(土) 17:38

>>137

零:窒息ってことは首締めるのか……

一:伸零黙って

(聞かれない様に小声で上記を言い合い、一の表情は冷たくなり零の顔も苦痛の顔になるがすぐに戻り二人とも面白いねと
笑顔で言い)

139:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 17:50

>>138

優/
『この留年野郎と一緒にしないで下さい』
(不機嫌そうな顔で上記を書いたメモを見せて

翔/
その呼び方俺の心にクリティカルヒットしてるんだけど;;
(優に寄りかかりながら上記を言い「最近兄ちゃんへの扱い酷くなーい?ねえねえ」と絡み出して

140:結城 桜/◆eo:2016/01/09(土) 17:59



>>134


!!

(相手の声に体をビクンと強ばらせれば、今までの淀んだ雰囲気が嘘のように姿勢を整え、相手を一瞥し「こっ、此処には私一人だ」なんて、多少声が裏返りつつ述べて)

【/絡み感謝です、!】


>>135


…っうわ、!

(周囲を見ずにどんよりとしていたため、いきなり相手が現れたように感じ、驚き上記の声を上げれば、その動揺につられるようにして空想世界の景色が霞み、机を含めた元の景色が霞む隙間から見え隠れして)

【/絡み感謝です、!】

141:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 18:02

>>140

翔/
おお、そうか!じゃあ俺に似た顔のやつ見てないか?
(相手の言葉に納得したように頷き上記を言い

142:結城 桜/◆eo:2016/01/09(土) 18:03

>

143:  木下 愛  ◆eI:2016/01/09(土) 18:05





>>129  :  優さん、


ありがとうございますっ!

( 差し出された湿布を受けとれば、頭を下げて。早速痛むところに貼ればよし!とでも言うかのように腕を振り。)

ちょっと、能力使ってみます!今ならちゃんとできる気がするので!

 

>>130  :  伸零さん、伸一さん、

・・・そうなんですか。

(  人が苦手、と聞けば何故か聞きたくなったものの、何とか踏みと止まり。)


>>  :  ユマさん、

ユマさん、これから宜しくお願いします!

(  ニコニコしたまま、手を握ったまま言えば、此方もこの手をどうしようかと迷い。そっと離し。)

 

144:結城 桜/◆eo:2016/01/09(土) 18:08

>>142
の誤爆申し訳ございません!】


>>141


君に似た顔?さぁ…だが、言われてみれば何処かで見た気もするな。

(顎を手で軽く持ちつつ、首を傾けて考える仕草をとれば相手をじっと見つめて考えに耽り

145:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 18:09

>>143

翔/
じゃあ端っこで見る!行くぞ優!
(訓練室の隅まで優を引っ張りながら上記を言い

優/
………
(翔の手を払って隅に座り

146:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 18:10

>>144

マジか!どこ行った?
(驚いたような顔で嬉しそうに上記を言い

147:結城 桜/◆eo:2016/01/09(土) 18:21


>>146


たっ、確か…あの木の方に歩いていったぞ

(相手の反応に若干驚いたようで体を退け反らせば、空想世界から少し離れた場所の老木をや指差して)

148:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 18:23

>>147

翔/
また木登りか!!もー、危ないからやめろっつったのに;
(木の方に歩きながら上記をぼやき「優ー!!」と大声で言い

優/
………
(木のてっぺん近くから下を見て嫌そうな顔をして

149:枯澤零/一◆O2:2016/01/09(土) 18:36

>>139

一:あはは!面白い!漫才みたい!

零:……ねぇねぇ、アンタらの名前と能力
教えてくれない?

(一が腹を抑えながら笑うと零が上記を言いながら翔をじーっと見つめて)

>>143

零:……何も聞かないんだね…

一:他の人は皆聞いてきたよね!

(人が苦手という点に何故聞かないのかと
疑問を持ちながら上記を言う)

150:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 18:53

>>149

翔/
俺が瀬文翔でー、こっちの無口くんが瀬文優!
(優の頭をポンポンと軽く叩いて上記を言い「能力の方は優がよろしく〜」と続け

優/
『このバカが読心能力で僕は気体操作です』
(人任せにするなとでも言いたげな不機嫌そうな顔で翔の手をはたき落とし上記を書いたメモを見せて

151:  木下 愛  ◆eI:2016/01/09(土) 18:55



>>145  :  翔さん、優さん、


でっ、では行きますっ!

(  相手二人が隅に行くのを見届けては、深く息を吐き。軽くジャンプしてはそのまま空中で回り。白い煙が出つつ、徐々に何かしらの動物へと変わっていき。煙が消えて見えるのは完全に小鳥姿の愛。今日は珍しく、数分もそのまま能力を使えていて。相手二人の前まで飛んでいけば『 できました!、』なんていい。)


>>149  :  伸零さん、伸一さん、


気になりますよ?でも、あまり聞かない方がいいと思ったので。


(  正直に思いを伝えた後、苦笑してみて。気をそらすかのようにスケッチブックに目線を落とせば、ペラペラとページを捲って行き。)

 

152:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 18:57

>>151

翔/
おお!すげえ!!
(目を輝かせてぱちぱちと拍手しながら上記を言い

優/
……
(無表情で乾いた拍手をして

153:結城 桜/◆eo:2016/01/09(土) 20:00



>>148

やはり言わない方が良かったか…?

(先程から話していた明るい方と木に登っている方とを交互に見れば、木に居る方へ向かって申し訳無さげに両手を合わせて)

154:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 20:06

>>153

優/
……
(恨めしげな目で相手を見てから木を降りて来て

翔/
お前なー、俺に兄っぽい事させんな!後怪我するから木登るなって!
(降りて来た優を見て説教のように上記を言い

155:古野 誠◆RI:2016/01/09(土) 20:19

そ、そうか…大変だな。
(相手が留年の高1という事を聞いて
苦笑いしながら優の方を見て大変だなといって)>>113

156:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 20:23

>>155

優/
『しかもこいつ成績以前に出席日数足りなくて留年したんですよ』
(翔の方を指して上記を書いたメモを見せて

翔/
だって可愛い弟に危機があったら休むだろー!
(横からギャーギャーと上記を反論して

157:古野 誠◆RI:2016/01/09(土) 20:42

出席もあまりしてなかったのか…
って危機? もしかして何かあったのか?
(出席日数による留年と聞いてやれやれ
と呟いた時翔の「危機」という言葉に
反応して翔の方を向いて何があったのか
と聞いて)
>>156

158:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 20:47

>>157

翔/
いやー、その辺のヤンキーに絡まれた優助けようとして逆に返り討ちにあっちゃってさーw入院しちゃった訳だよw
(ケラケラと面白そうに笑って上記を言い

優/
『笑い事じゃない』
(翔の頭をぺしっと叩いて上記を書いたメモを翔に見せて

159:  木下 愛  ◆eI:2016/01/09(土) 20:51





>>152  :  翔さん、優さん、


初めてです!こんなに長くいられるの!

(  飛び回りつつ、嬉しそうな声色で。一人は乾いたものだったが、拍手を貰えば嬉しかったらしく、より一層高い位置で飛び。しかし、ここで能力が尽き、元の姿に戻ってしまい。空中で能力を使おうとするも、出来るわけがなく、落ちていき。)

 

160:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 20:54

>>159

翔/
あ、優!エアバック準備!
(相手の動きに慌てて優に上記を言い

優/
……
(相手の落ちる位置に空気のクッションを作って

161:ユマ◆ys:2016/01/09(土) 20:55

>>134
わ……

……ええと、2年生です…物理室に行きたいのですが…
(突然肩を叩かれたので思いっきりびっくりして。ちょっと落ち着いてから振り向いて、行きたい場所を伝えて)

>>140
ひぁあっ!?

…ど、どなたでしょうか…?
(びっくりした声、違和感の正体は彼女だと思って話しかける。自分は目が見えないため景色が変わっている事に気づくことができず)

>>143
………。

よろしくお願いします。では、私は行きますね?
(自然と離れた手、両手を体の前で合わせて。特に用もないので、僅かばかり小首傾げ手を振り、階段を上っていこうとして)

162:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 20:59

>>161

翔/
お、じゃあ優と同学年じゃん!
(嬉しそうに上記を言い「じゃあ優が送ってく……のは無理か。話せないし」と続け

優/
……
(翔を無視して相手の前に行き服の袖を引っ張って理科室に行こうとして

163:参加希望です、!:2016/01/09(土) 21:16


>>154


…も、申し訳ない…

(眉を軽く下げ、伏せ目に呟けば居心地が悪く感じたようで、突如目の前の空想世界の景色が紫がかり、重たいグレーの曇天が広がり、花がゆっくりと萎れながら花びらを落としていっては「これ以上私が居ても邪魔したようだし、帰るとしようか」と、景色はそのままに置いて立ち上がって)




>>161


何方って…。

(一度落ち着こうと景色を普段の景色に戻せば、持っていたティーカップをベンチに置いて相手に近付き、「…もしかして、目が見えないの…?」と、ゆっくりと相手の指先に指を合わせては「それは…突然大声を出して、驚かせて悪かったな、」と、どう接して良いのか分からないようで、ぽつり、ぽつりと言葉を紡いで

164:結城 桜/◆eo:2016/01/09(土) 21:17



【/度々申し訳ございません、先程の>>163ですが、結城の発言です、!】

165:翔、優◆/I:2016/01/09(土) 21:19

>>163

翔/
あ!せめてそこの空間直してから退場してくれ!
(相手の様子に大声で上記を言い「それ放置しとくと先生に怒られる;」と苦笑いを浮かべて

166:  木下 愛  ◆eI:2016/01/09(土) 22:09





>>160  :  翔さん、優さん、

っ・・・あれ?なんか・・・なんかあります。

(  再び叩きつけられるのかと身構え、衝撃を待っていたものの、来たのはふわっとしたようなクッションのようなもの。不思議そうにつついたりしては、おぉ、なんて歓声あげて。)

 

>>161  :  ユマさん、


あっひき止めてしまいすみませんでした。


( 去ろうとする相手に、謝罪しては此方も目的地へと移動しようとして。しかし、相手が階段の登ろうとするのを見るなり心配したのか、見届けてから行こうと決めて。)

 

167:ユマ◆ys:2016/01/09(土) 23:16

>>162
……?話せない、というのは…優さんの事でしょうか?

お……
(もう一人、という優が一言も話さないことから話せない人なのかという推論は立つものの確証はないので確認して。と裾を引かれると、それは恐らく優だ、と考えて素直になれ従ってついていって)

>>163
ああ、はい私目が見えないんです…

大丈夫です、よくある事なので気にしないでください
(申し訳なさそうな桜に、大丈夫と笑顔で答えて。「よければ、相席してもいいですか?」すぐそこに椅子かベンチとテーブルがあるのは分かっているので、そこに座らせて貰えばと思って)

>>166
大丈夫ですよ。ではまた

(危なげなく階段を上っていく。と、最上段で踏み外して「わぁっ!?」とこけて。今度は荷物を落としたりしないで、立ち上がって)

168:枯澤 伸零/一◆mE:2016/01/10(日) 08:54

>>150

零:ふーん……僕は枯澤 伸零、人、もしくは動物の心に入る能力

一:俺は枯澤 伸一!インターネットや電波の波に入ることができるんだ!

(零が静かに喋ると反対に一は元気良く喋る、零は何もしないが一は能力を見せたいようで。零が翔と優にスマホを見せると
一がその場から消えてスマホの中に)

>>151

零:スケッチ……ブック…

一:見せて見せてー!

(零はその場からじーっとスケッチブックを見つめるが一は愛の近くに来て顔を
覗かせる)

169:翔、優◆/I:2016/01/10(日) 12:16

>>166

翔/
優のやつが間に合った
(座ったまま笑って上記を言い「それ降りないとすぐ消えるから気をつけてー」と続け

>>167

翔/
そ!優は話せないし筆談だからユマちゃんとはコミュニケーション取りにくいかも
(後について行きながら上記を言い

>>168

翔/
おお!何かよく分からんけどかっこいい!!
(目を輝かせて子供っぽく笑い上記を言い

優/
……
(特に反応せず無表情で見ていて

170:古野 誠◆RI:2016/01/10(日) 12:37

ヤンキーにか…大変だったな。
(全くどうして未だにヤンキーとかがいるのかねと呟きながら言って)

そういえば、名前を言っていなかったな、
高等部3年、古野 誠だ。
これからも会う機会があるだろうし、
よろしくな。
(とにこりと微笑みながら2人に言って)

171:古野 誠◆RI:2016/01/10(日) 12:38

【安価入れ忘れました、すいません】
>>158

172:翔、優◆/I:2016/01/10(日) 12:41

>>170

翔/
あ、俺は瀬文翔!こっちの無口くんが瀬文優!
(優の肩をポンポンと叩いて上記を言い「よろしく〜」と笑って続け

優/
『先輩だろ敬語使え』
(相手に向けて一度頭を下げて上記を書いたメモを翔に見せて

173:古野 誠◆RI:2016/01/10(日) 22:07

はは、タメ語で全然大丈夫だ。
あまり固すぎても話しづらいからな。
だから気軽に話して大丈夫だぞ。
(そう言って2人に微笑みながら言って)
>>172

174:翔、優◆/I:2016/01/11(月) 10:35

>>173

翔/
ほら本人が言ってんだから大丈夫だろ?もー、優は固いからーw
(優の頭をぐしゃぐしゃと撫でて上記を言い

優/
『翔は敬語の使い方知らないからだろ』
(翔の手をはたき落として上記を書いたメモを見せて


書き込む 最新10 サイトマップ