プリパラのオリキャラその13

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 18:47

13です。
荒らし入らない
なりすまし入らない
以上のルールが守れる方は参加OKです!よろしくお願いします♪

2:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 21:53

【Part13おめでと〜😊】

3:一華◆J2:2016/01/30(土) 21:54

【新スレおめでとです!
バレンタインの日入試二日前なんスけど(泣)】

一華「バレンタインか〜…。瑠璃ちゃんと理沙に友チョコでしょ?後は…」
瑠璃「一華さんにチョコレート…渡せるかな……」
理沙「別にバレンタインとか、きょーみねーし」
レイチェル「…バレンタイン?」
理沙「レイチェルは知らなくて良い」
真由「リア充のイベントだよね…。
まぁ私は渡す相手いるけど」
理沙「爆発しろ真由」
真由「?友チョコだよ?」


ゆうひ「バレンタインか…。(私はチョコ作る側じゃないしな…)」
友達「ゆうひ、お前チョコ一杯もらえんだろ?くれ」
ゆうひ「…冗談言うな」

4: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 21:54

【 新スレおめでとう(((o(*゚▽゚*)o)))
カッコいいよねそふぃ😆 返信したらキャラ紹介する】

キセツ「ただ渡すだけじゃつまんないじゃんか、
雰囲気が大切だよ!」
>初音

5:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 21:56

【そふぃにハマってきた😊元からだけどw】

初音「雰囲気ねぇ…。」
瑠花「雰囲気!つまり初音ならナルシストでボクっ娘だから一人称変えてイメージチェンジとか!」
初音「あんたは何処から出てきた」
>>キセツ

6: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 21:57

【まずは私のキャラから ふわりは
知っての通り、緑風ふわりだからね←】


青春キセツ (あおはる きせつ)

「何色キセツ?」が口癖ではちゃめちゃな元気っ子アイドル
自分を低く評価している

チャームカラー 水色
ブランド「フォーチュンパーティーリズ」
ランク きらきら研究生

7:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 21:57

めい「確かにふいんきって大事だもんね。」
キセツ、初音

8:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 21:58

【新スレおめでとうございます】
めい「チョコ作る数が多いよ〜。」
キセツ、初音

9: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 21:59

【 私は知っての通りふわりとひびきにハマってま((】

キセツ「おぉ?君は瑠花ちゃんだよね、よろしく!
急に出てきたねえ、びっくりしたよ!というかだよねだよね!
雰囲気は大切!」
>初音、瑠花

10: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 22:01

キセツ「だよね、たいへんだったら無理しなくていいからね!」
>めい

11:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:04

【キャラ紹介しますね】
森山めい(もりやまめい)
語尾のないアイドル
お節介焼きで優しく元気な子
悲しい過去を持つ
チャームカラーピンク
ブランド名「プリンセスセイン」

12: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 22:06

【 リトルだよ 】

目覚め前「これ‥なぁに‥?」

目覚め後『みんなの笑顔が私の宝物なんだ』

リトル

捨てられたプリチケの想いが集まってできたボーカルドール
目覚め前はあまり笑わず全てが分からなかったがまりぃ達と出会い
友達に興味を持つが自我が生まれたことで一度停止するも皆の歌のおかげで
目覚めた。目覚め後は友達や笑顔の素敵さに気づき優しく笑顔の華を咲かせれる
アイドルになりたいと思うように。
ブランド 『 マリオネットミュークラウン 』
チャームカラー 『 ラブリー 』
ランク 『神“ えいえんのアイドル”』

13:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:06

めい「大丈夫!お世話になった人たち全員にチョコあげたいから!」
キセツ

14:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 22:07

【私も〜、一部のキャラだけねw

リリアン
元ボーカルドール
一時期自分がボーカルドールだということに悲しく思い、眠りについたが
みんなのおかげで人間として眠りから覚めた

林堂初音
超自分大好きナルシスト
ナルシストだけど意外にフレンドリー。
元々パリコレで活躍しているモデルでファッションセンスは抜群
何処か男っぽいが女

村田クレハ
悪戯大好き、だまし討ち大好き
女に見られがちだが実が男で怪盗として皆のプリチケを奪っていたことがあった
前の学校では完全に不良だった。雪葉という妹がいる

上記の三人以外のキャラで自己紹介見たいキャラ居たら言ってね〜
居ないだろうけどw】

15:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:07

めい「まりぃさん私の歌詞見せてもらっていいですか?」
まりぃさん

16:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 22:09

【はいっOKですよ。ぜひよろしくお願いします】
めい

17:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 22:09

初音「僕にはチョコ作らなくて良いよ」
>>めい

【ひびふわ神だからしょうがな((】

初音「僕が一人称変える!?雰囲気変える!?
はっ、変なこと言うな」←
>>キセツ

18:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 22:09

【今度はクレハの自己紹介文で誤字った😭】

19:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:10

めい「すいません。ランク書き忘れたのでここにランク書いときます。」
アイドルランクひっぱりだこアイドルです。

20:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 22:10

【キナシオ実現させたいです】

21:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:11

めい「ありがとうございます。」
まりぃ

22:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:12

めい「そうですか。」
初音先輩

23: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 22:19

【 ちょっと途中送信した、リトルのキャラ代わりに紹介するね
まとめるよ 】

目覚め前「これ‥なぁに‥?」

目覚め後『みんなの笑顔が私の宝物なんだ』

リトル

捨てられたプリチケの想いが集まってできたボーカルドール
目覚め前はあまり笑わず全てが分からなかったがまりぃ達と出会い
友達に興味を持つが自我が生まれたことで一度停止するも皆の歌のおかげで
目覚めた。目覚め後は友達や笑顔の素敵さに気づき優しく笑顔の華を咲かせれる
アイドルになりたいと思うように。
ブランド 『 マリオネットミュークラウン 』
チャームカラー 『 ラブリー 』
ランク 『神“ えいえんのアイドル”』

ファンの前「ふふ、ありがとう これからもよろしくね」
友達の前「はあ、疲れる。面倒臭い、もうなんでもいいから飴食べたい」

春巳 ココル( はるみ ここる )
14歳
リトルのライブに憧れアイドルに 猫かぶりでファンの前では優しいお姉さん
慣れた人の前ではクールで冷たい
ブランド『 ココフラワーガーデン 』
ランク『 トップ み〜んなのアイドル』
チャームカラー『 緑 』


「ユユは努力アイドルユユ!」
「ご、ごめんユユ!ユユ、足引っ張っちゃって‥」

沙頃ユユ ( さころ ゆゆ )
11歳
語尾アイドルでダンスも歌も平均。自分を下に見ている
小さい頃からライブをしていたがあることをきっかけに神ランクだったランクを自らリセットした
ブランド『 キャンディーアラモードレオ 』
ランク『 メジャー おおいそがしアイドル』
チャームカラー『 水色 』

「もふもふ〜‥みんな、もふもふ‥」
「ふふ、私の歌を聴かないと怒る‥からね?」
網様ルネ ( あみさま るね )
14歳
赤ちゃんの頃からアイドルをしており神アイドルでもあった
雑誌やテレビに引っ張りだこだったが、システムエラーで
ランクがリセットされた
ブランド『 ベイビーモンスターレコード 』
ランク『 デビュー ひよっこアイドル』
チャームカラー『 紫 』

「ミーミ!ミミとルルは可愛いアイドル!」
「ミ、ミミ‥すごい‥でも負けないやい!」
沙頃ミミ
8歳
ユユの妹。おちゃめさんで人を笑わせるのが得意
ブランド『 フォーチュンパーティー 』
ランク『 研究生 きらきら研究生』
チャームカラー『 水色 』

「ミミのあとをついてくだけだから‥」
「ミミったら‥」
沙頃ルル
8歳
ユユの妹でミミの双子の妹
大人しくいつもびくびくしている 少し天然ちゃん
ブランド『フォーチュンパーティー』
ランク『研究生 きらきら研究生』
チャームカラー『 水色』

24:ゆいぽん◆F.:2016/01/30(土) 22:21

【もう一回紹介分書きますね】
夏野まりぃ
泣き虫だけど前向き
水崎なつき
おっとりでマイペース。まりぃに憧れてアイドルになった。
ベリー
ツンデレで生意気。上から目線
アミー
ベリーの妹。ベリーとは正反対で優しい。
モミジ
バタフライドール。元々はえりなのマネージャー。「秋色」が口癖
えりな
モミジのアイドル
澪南香織
幽霊キャラ。暗そうに見えるが明るい
未來音色
不思議キャラ。素も大人しい
奈々
アミーのファン。語尾に「なな」が付く
白木ゆい
まりぃの幼なじみ。まりぃと同様、泣き虫だけど前向き
ルウリ
ルイが作った液体から生まれたボーカルドール。元気で明るい
ネーナ
プリパラのベンチでルウリが拾った子供。素直
白玉ゆあん
みかんの妹。みかんと同様、天使キャラ。姉に負けない食いしん坊
山本まみ
実験が好きな少女。何でも実験
小花
大阪出身で関西弁で喋る。
シンリー
百恵と里香にいじめられ魔王になってプリパラを破壊しようとした。
セリア・ルージュ
中二病。闇の支配者という設定
アリア・ルージュ
セリアの妹。ゲームが好き。いつでもどこでもゲーム。リュウのことが気になっている。

25: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 22:23

【 ひびふわは神的存在だから仕方ないよね、でもあじみ先生もう可愛((】

キセツ「変えてみなよ、‥例えば
『僕、キセツっていうんだ!とーっても可愛いアイドルなんだよ
僕と会ったらとっても可愛い青春キセツ様だ!って言ってね〜?
これからもよろしくねの春色キセツ!』‥みたいな」
>初音


【 キナシオ😍 いいよね、見てみたい 】

26: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 22:26

キセツ「‥あはは!ありがとう、めい。私もめいのために
精一杯の愛を込めたチョコを作っちゃおうかなーっ!」←?
>めい

27:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 22:34

【うう…別のキャラの自己紹介も出して良い……?😭】

28:一華◆J2:2016/01/30(土) 22:37

【こっちもキャラ紹介します!
名字とかブランドとか変わってるところあると思いますがこっちが本当です←

これからも追加すると思いますけどね←】

「またライブに来てくれなかったら悪戯するよ!」
春瀬一華/はるせいちか
フレンドリーで知らない人でも普通に話しかける。
その為誰とでも仲良くなれるような女の子。ただライブでは小悪魔。沙希に憧れている
チャームはキュート、ブランドは基本的になんでも。ランクは神、ファンタジスタアイドル。

「私姫って柄じゃないのにさ…」
初姫理沙/はつひめりさ
THEツンデレと言った感じで言葉はキツいが仲間思い、よく照れて赤面する。
面倒見の良い姉御肌。瑠璃とは従姉妹。また無駄に交友関係が広い。
チャームはクール、ブランドはロッキングハート。ランクはメジャー、せんばつアイドル

「一華さん…今日もカッコいい」
藍井瑠璃/あおいるり
人見知りで心配性。周りに馴染めない事が悩みの引っ込み思案な子。何か過去持ち。
一華と人魚に凄く憧れを抱いている。理沙とは従姉妹。自分を下に見る癖有。
チャームはキュート、ブランドはブルーマーメイド。ランクはデビュー、新人アイドル

「一華には負けない。」
春瀬華南/はるせかなん
一華の双子の姉だが一方的に双子の妹を嫌っている。
少し上から目線だが実は仲間思い。プリパラでは女神(ヴィーナス)キャラ。
チャームはキュート、ブランドはブリティッシュピンク。ランクはトップ、カリスマアイドル。

「白石真由、頑張ります」
白石真由/しらいしまゆ
おとなしめで和風。習い事はお茶、華道などで家は着付け教室。さらに京都出身。
理沙とコントラストというユニットで活動中。ブランクはあるが人一倍努力家
チャームはポップ、ブランドはティースタイル。ランクはメジャー、ひっぱりだこアイドル。

「レイチェル…楽しい」
レイチェル
ボーカルドールで神ランクになったり成功したアイドルのファンへの感謝の気持ちから生まれた。才能を持っている。
その為ファンに感謝の気持ちを届けたいと強く思っている。ちょっと不思議ちゃん。
チャームはキュート、ブランドはエンジェリックメロディー。ランクは神、キセキのアイドル。

「俺、寝たいんだけど」
相澤ゆうひ/あいざわ
外では男のフリをしているボーイッシュな女の子。秘密があるが詳しくは語りたがらない。
また心は女の子なため少し苦悩しているところも。プリパラでは俺女だと想われている。
チャームはクール、ブランドはナイトサンシャイン。ランクはトップ、こくみんてきアイドル。

「血が飲みたい…」
希咲愛瑠/きざきあいる
吸血鬼キャラの女の子。少し上から目線で血が好物。ただ高貴なるものなので日光やにんにくは苦手じゃないらしい。
外では引っ込み思案で自分が吸血鬼アイドルの愛瑠である事は一部の人しか知らない。
チャームはクール、ブランドはブラッドヴァンパイア。ランクはメジャー、おおいそがしアイドル。

29:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:39

めい「ありがとう。わたしも背いっぱいおいしいチョコ作る。それで聞きたかったんだけど、甘めのチョコと苦めのチョコどっちがいい?」
キセツ

30: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 22:43

>>27
【オッケーだよ😉 】

キセツ「私はね、甘いのがいい!」
>めい

んーとね、お風呂入りたい気分だから入ってくる!
黄緑キセツ、シュッと入ってシュッと出てくるよ!

31:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:44

めい「分った甘いチョコ作っておくよ。」
キセツ

32:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:46

めい「ベリーアミーチョコ作るから甘いチョコと苦めのチョコどっちがいい?」
ベリー、アミー

33:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:46

めい「みぃチョコ作るから甘めのチョコと苦めのチョコどっちがいい?」
みぃ

34:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:50

めい「千凛、メルシュ、ころね、キナさんチョコ作るから甘いチョコと苦いチョコどっちがいい?」
千凛、メルシュ、キナさん、ころね

35:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:52

めい「いおり、あいり、まりあチョコ作りたいから甘めと苦めのチョコどっちがいい?」
いおり、あいり、まりあ

36:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 22:52

リーエ
昔ノノカが作ったボーカルドール
夜空ティン
双子の妹。元気で明るい。「カラフル」が口癖
夜空クル
双子の姉。ティンを心配していて心配性だが落ち着いている。
春ノ瀬ゆりあ
自由人。のんびり屋
春ノ瀬みお
若者言葉を使う
千凛
人見知りで優しい。だが怒ると怖く言葉が乱暴になる。キラパラから来た
キナ
シオンのファン。シオンに憧れてアイドルになった。キラパラから来た。シオンに似てる
メルシュ
実は男でウィ・トゥ・スマイルのオーナー
キヴァル
キラパラのボーカルドール。古くなったプリチケから生まれた。

37:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:53

めい「ゆうりさんとひびきさんチョコを作りたいので甘いチョコと苦いチョコどちらにしますか?」
ゆうりさん、ひびきさん

38:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 22:54

【暇だから追加書くw

四ノ宮優愛
小学二年生とは思えないほど頭がよく、何もかもが完璧
大人顔負けの知性…(違う、それはパクリ←)
少し厳しい性格だけど妹の優希のために一生懸命
両親は他界しているが何故か銃などが使えるという変わったところがある
優希を利用してプリパラを破壊しようとしていた

四ノ宮優希
優愛とは双子で妹
心臓病で生まれつき体が弱い。たまに呼吸困難で色々大変になり倒れたりすることがある
めちゃくちゃ引っ込み思案だけど人懐っこい一面もある
小学二年生なのにも関わらず、怒ると怖い
運動はあまり得意じゃないが、勉強は得意。学校にはたまに行く

小野寺ユリエ
芸歴10年以上でベテラン
ファンからは「ユリエ様」と呼ばれている。
誰よりも大人っぽいが、リリアン達よりも少し年下
通っている学校は私立でかなり有名

藤崎瑠花(元の名字忘れた←)
プリパラではスイーツ王国の姫
セレパラではスイーツ王国が行方不明←
外の世界ではケーキ屋の娘で学校も有名だが、いつもサボっている。いわゆるサボリ魔
頼れる姐御肌な感じだけど、その優しさを喧嘩で使ってしまうことがある

かなり雑…ごめんよ…】

39:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:55

めい「美花、えりなチョコ作るから甘いチョコにがいちょこどっちがいい?」
美花、えりな

40:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 22:55

ベリー「あたしは苦め」
アミー「甘いの」
キナ「どちらでも構わん」
ころね「私は甘いの!」
メルシュ「どちらでもいいよ」
千凛「あ、甘いのでお願いします」
めい

41:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 22:56

初音「嫌だね。
生意気過ぎるキャラも好きじゃない…てか、様付けって」
>>キセツ

42:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 22:56

美花「苦いので」
えりな「甘いので」
美花、えりな「お願いします」
めい

43:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:57

めい「優稀、優愛、ユリエ、瑠花チョコ作るから甘いチョコ苦いチョコどっちがいい?」
優稀、優愛、ゆりえ、瑠花

44:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 22:59

瑠花「私チョコいらない」
優希「私は甘いのでお願いします」
優愛「ビターで」
ユリエ「苦いチョコが良いわ」
>>めい

45:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 22:59

めい「分った。美花苦めで相談なんだけどカカオ何%入れるそれとも普通のビターチョコ?」
美花、えりな

46:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:00

【でもキナとシオンどっちも1人でやったらつまらないから誰かにシオンやって欲しい。わがまま言ってごめんなさい】

47:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:01

美花「普通のビターチョコでお願い」
めい

48:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:02

めい「分った瑠花はチョコなしで優愛は甘いチョコ優稀とゆりえがビターねビターで相談カカオ何%入れるそれとも普通のビターチョコ?」
瑠花、優愛、優稀ゆりえ

49:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:02

めい「わかった。」
美花

50:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:03

ユリエ「普通にビターで」
優愛「はい、私もビターで」
>>めい

51:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:03

めい「ベリーどのくらいカカオ入れるそれとも入ってない方のビターチョコ」
ベリー

52:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:04

めい「分った。」
優愛、ゆりえ

53:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:05

モニカ「……ミーニャ…バレンタインって何…」
ミーニャ「バレンタイン?ああ、バレンタインは下らない日みゃ!
あんなのモニカには関係無いみゃ!」
モニカ「………」(うなづき

54:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:05

ベリー「別にあんたの好きなようにしていいよ」
めい

55:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:06

めい「分った。」
ベリー

56:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:07

優愛「わざわざチョコ作ってくれてありがとうございます」
ユリエ「あら…、もう時間になってたわ。私これからドラマの撮影だから
じゃあね」
>>めい

57: 青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:09

キセツ「ありがと、めい!あ、ちなみにめいはどっち?
甘い派?苦い派?」
>めい

キセツ「初音にぴったりだと思ったんだけど‥じゃあ‥
『わっ、私‥初音‥こ、怖がりで臆病だけど精一杯頑張ります‥っ
よ、よろし、よろしくお願いします‥』‥みたいなのは?
>初音

58:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:10

初音「な、なんであんたが僕の本性知ってんのさ!?
あ、いやなんでもない…」
>>キセツ

59:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:12

キセツ「ん?このキャラも初音にぴったりなんじゃない〜?
表と裏がある!みたいな」(気づいていない様子
>初音

60:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:13

初音「何で本性でクレハにチョコ渡さないといけないんだよ…」(小声で言い
>>キセツ

61:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:14

キセツ「聞こえなかったから〜‥Onemoaplease」←(もう一度言って
>初音

62:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:15

めい「よし!これからチョコを作るためにビターチョコとホワイトチョコとミルクチョコをたくさん買ってきた。これを別々に溶かしていこう!まずはビターチョコを溶かしてその隣にホワイトチョコまた隣にミルクチョコを溶かします」
十分経過〜
よし!あとはいろいろな型に流し込んで飾りつけを乗っけて冷蔵庫で一日を置いておきます。
一日経過〜
固まったチョコを取り出して人数分の袋に入れてラッピングすれば完成!
あとはみんなに持っていくだけだね。

63:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:15

初音「もう言わない。多分」←
>>キセツ

64:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:16

キヴァル「………バレンタインって何だろう…?」
ミサル「バレンタインとは男の人にチョコをあげる日サル。でもキヴァルにはまだ早いサル」
キヴァル「……チョコって何?」
ミサル「茶色のお菓子サル」
キヴァル「茶色のお菓子………」
ファン「あれ?キヴァル様だ!」
キヴァル「………」
ファン「私キヴァル様にチョコあげようかな?キヴァル様可愛いもんね」
ゆい「わあ〜もうすっかり人気者だ」
まりぃ「だね」

65:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:16

キセツ「‥なんで、言ってよ!」
>初音

66:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:16

めい「私は甘い派ミルクチョコ。」
キセツ

67:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:16

初音「言ったら嫌なんだよ…」
>>キセツ

68:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:17

キセツ「オッケー!その味に合わせて作るね」
>めい

キセツ「誰にも言わないから教えてよ〜!おーねーがーいーっ」
>初音

69:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:17

めい「優愛ゆりえバイバイ!」
ゆりえ、優愛

70:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:18

めい「キセツ作ってきちゃった!てへ。」
キセツ

71:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:18

キナ「そういえばシオンさんは何をしているのであろうか。シオンさ〜ん!」
シオンを探している。
シオン

72:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:19

キセツ「わ、もう作ってくれたの?ありがとうめい!」
>めい

73:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:19

初音「パプリカ学園第2091条!
なんでも教えてと言ってはいけない!
はい、違反チケット」←
>>キセツ

74:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:20

めい「キウァル甘いチョコだとホワイトチョコとミルクチョコ苦いチョコはビターチョコにしたけどどっちにする?」
キウァル

75:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:20

キナ「めい、シオン見なかったか?」
めい

76:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:21

キセツ「うわ!なんだ〜‥違反チケットを貼るのは
南委員長だけだぞ!だって気になるんだよ〜 人間には欲があるんだから
教えてくれてもいいでしょう!」
>初音

77:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:21

モニカ「ミーニャ…モニカ…チョコ………欲しい…」
ミーニャ「何言ってるみゃ!
モニカがチョコ何て似合わないみゃ!」
モニカ「……」

78:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:22

【 んーと、良かったら私がシオンなりきろうか?
下手だけど 】

79:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:22

キヴァル「………甘いミルクチョコって何?苦いビターチョコって何?」
めい

80:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:22

めい「ベリーアミーチョコ作ってきたよ。ベリーはビターチョコアミーミルクチョコとホワイトチョコどっちがいい?」
ベリー、アミー

81:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:22

初音「一回みれぃが学校休んだから僕が代わりで
風紀委員長代理になったんだよ
絶対教えないから!」
>>キセツ

82:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:23

78
【いいのですか?すみません、私がわがまま言って。よろしくお願いします】

83:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:24

めい「ビターチョコは苦い味のチョコのことで種類もいっぱいあるミルクチョコは茶色甘めのチョコレートホワイトチョコが白い甘めのチョコレートだよ。」
キウァル

84:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:25

アミー「ミルクにしようかな、ありがとう」
めい

85:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:25

キセツ「く、これは逆らえない‥っ
ちぇっ 知りたかっただけなのに!‥まあいいや〜」
>初音

>>82
【 大丈夫ですよ☺️ 】

シオン「‥イゴ?あれは‥テレビで見た
正真正銘本物のキナではないか 」
>キナ

86:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:25

めい「シオンさん見てないけど?」
キナ

87:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:26

キヴァル「そうなんだ………ホワイトチョコにする……」
めい

88:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:26

めい「キナさんいたシオンさんがいた!」
キナさん

89:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:27

めい「分ったキウァルにはホワイトチョコね!」
キウァル

90:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:27

キナ「シオンさん!?こんにちは、会えて嬉しいです!」
シオン

91:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:27

初音「はい、僕の勝ち〜
逆らえないからね〜。
まぁクレハの頭脳に敵う奴はいないだろうけど…」(ボソッ
>>キセツ

92:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:28

キナ「ああ」
めい

93:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:28

シオン「む、私もだ。テレビでお前のライブを見てから
胸の高鳴りが止まらないんだ とはいえ、少し私に似ているな」
>キナ

94:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:28

めい「分った。はい!アミーにはミルクチョコ。それとどういたしまして。」
アミー

95:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:29

キセツ「え、何って言ったの?ワンモ‥じゃなかった
なんだよ〜!春色キセツって知れたら嬉しかったのに 」
>初音

96:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:30

初音「嬉しいじゃないよ!僕が嬉しくないからね!?」
>>キセツ

97:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:30

めい「キセツチョコ甘いチョコだとミルクとホワイトチョコがあって苦いのだとビターがあるけどどれにする?」
キセツ

98:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:31

キナ「はい、元々こういう性格なので。よく言われるんです」
シオン

99:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:32

キセツ「私が知れたら、私は嬉しい、秘密を暴露した事で
心がすっきりした初音も嬉しい、一石二鳥じゃんか!」←
>初音

キセツ「私はミルク〜♪ ミルクが一番甘いからね!」
>めい

100:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:33

シオン「ふむ‥では 一緒に言うぞ。私の後に続けて言え
レッツイゴー! 」
>キナ

101:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:33

初音「僕の本性暴いて何が楽しいのさ…」
>>キセツ

102:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:33

めい「千凛メルシュころねチョコ持ってきたよ。ミルクとホワイトビターチョコがあるけどどれがいい?」
千凛メルシュころね

103:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:34

キナ「レッツイゴー!」
シオン

104:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:35

キセツ「本性?ああ!初音はキャラ作ってるんだね
初音の本性知りたっ‥なんて思ってない、でもさぁ〜
自分のことを一番知ってくれてる人がいるだけでもアイドルとして
変わるものなんだよ?初音で言えばクレハとか」
>初音

105:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:35

めい「分ったキセツにはミルクチョコね!」
キセツ

106:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:36

シオン「うむ、さすがだ。いろいろと調べてはいたが
やはりキナのことをまだよく知らないのだ。
好きな食べ物はなんだ?」
>キナ

107:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:36

キセツ「ありがと、めい!」
>めい

108:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:36

千凛「私はミルクチョコでお願いします」
メルシュ「迷うな〜う〜ん」
ころね「ホワイトチョコ〜!!」
めい

109:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:36

初音「このナルシストな性格が僕の本性だよ✨
ああ…僕はいつでも裏表が無く美しい…(人の話を地味にスルーして
>>キセツ

110:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:36

めい「クレハさんチョコ作ってきたんですがビターとホワイトミルクチョコの中で一つ選んでください。」
くれは

111:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:37

キナ「豆大福です」
シオン

112:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:38

クレハ「えっ、ちょっと待ってよ〜
今女子制服無いのにこのタイミングでチョコ!?
よーし、めいちゃんに罰ゲームね!」(笑顔で
>>めい

113:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:39

めい「分ったメルシュと千凛はミルクチョコころねはホワイトチョコね!」
メルシュ、ころね、千凛

114:緑風 ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:39

キセツ「‥‥なんか怪しいぞー‥」
>初音

シオン「む、私と同じじゃないか、気が合うな」
>キナ

115:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:39

めい「あの罰ゲームって何するんですか?」
クレハ

116:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:40

初音「なっ、なんだよ……
怪しくないよ」
>>キセツ

117:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:41

クレハ「んー、頭にタバスコぶっかけか、一週間ずっと男装!
どっちが良い〜?」
>>めい

118:緑風 ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:41

キセツ「キャラ作ってるのになんでそのキャラが本性なの〜?
ねえ、なんでーなんで〜?」
>初音

119:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:42

初音「なっ、うるさいなー!
ナルシストなのが本性なの〜!」
>>キセツ

120:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:42

めい「じゃあ一週間男装します。」
クレハ

121:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:43

キナ「はい、そうですね」
微笑んだ。
キナ「シオンさんは誕生日はいつですか?」
シオン

122:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:43

クレハ「オッケー、はいウィッグとパプリカ学園の男子制服!」
>>めい

123:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:44

めい「美花えりなチョコ作ってきたよ!ミルクビターホワイトチョコどの味にする?」
美花、えりな

124:緑風 ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:44

キセツ「ふーん‥?ねえ、本当に?本当なの?」
>初音

シオン「私は1月5、15(イゴ)の日だ」
>キナ

125:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:45

めい「ありがとう。少し着替えてくる。」
クレハ

126:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:46

めい「クレハさん着替え終わりました!」
クレハ

127:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:46

初音「本当だよ!本当だからね!」

>>キセツ

クレハ「(でもブレザーとか色々破けてるんだよね…。色々と恥をかいたりして)
オッケー!」
>>めい

128:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:47

めい「それじゃあがんばります。」
クレハ

129:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:48

クレハ「男装にあってるよー!」
>>めい

130:緑風 ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:48

キセツ「‥なら‥いいけどさ〜‥
でも!嘘ついてたとしたら容赦しないからね」
>初音

131:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:49

めい「キセツ初音先輩クレハ先輩に男装教えてもらって男装してきました!」
キセツ初音先輩

132:めい◆Q8I:2016/01/30(土) 23:49

めい「ありがとうございます。」
クレハ

133:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:50

初音「うん、大丈夫
容赦……あの時のクレハの罰ゲームよりもやばい奴はないから…」←
>>キセツ

初音「お前クレハにチョコあげたんかーい!」(高速で突っ込み)←
>>めい

134:緑風 ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:50

キセツ「あ、めっゲホッゲホッ‥‥な、なにその格好!
男装?ちょっとレア写真!」(写真撮り
>めい

135:いおり◆gA:2016/01/30(土) 23:51

ゆり「流石にまだシオンお姉ちゃん見たいなアイドルになるにはちょっとまだ遠いな〜。頑張ってライブしないと」

136:緑風 ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:51

キセツ「クレハの罰ゲーム?あはは!そんなたいしたことないって!多分
やざくないしやばくない、みんなやばい奴ではないからね!」
>初音

137:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:53

初音「僕が1ヶ月間…
クレハの家に同居したりさ…、もう色々…同居何て嫌がらせだろ!
僕のプリチケが醤油漬けにされたりさ!」
>>キセツ

138:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:54

キナ「そうなのですか、私は1月6日です。シオンさんの1日後ですね」
シオン

139:緑風 ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:54

キセツ「プリチケが醤油漬け?新しい食べ物になりそうな予感!
同居だって?楽しそうじゃんか!」
>初音

140:緑風 ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:55

シオン「やはり近いな。もしかすると私とキナは
神に導かれた者同士なのかもしれぬ」
>キナ

141:未玖流◆cc:2016/01/30(土) 23:56

初音「プリチケは食べ物じゃない!
何考えてんねや!←
同居なんて…よりにもよって寝室もクレハと一緒…ふざけてんだろ!」
>>キセツ

142:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:57

キナ「そうかもしれませんね!」
シオン
千凛「ありがとうございます、めいさん」
メルシュ「ありがとう」
ころね「ありがとね」
めい

143:まりぃ◆F.:2016/01/30(土) 23:58

アリア「はっ!べ、別にあげるつもりなんてないよ?リュウくんにチョコをあげるつもりなんて……」
赤くなった。
キセツ

144:緑風 ふわり◆VY:2016/01/30(土) 23:59

キセツ「プリチケを醤油漬けって、クレハは何考えてんねん!
そのまま初音に食べさすつもりかーっ!
えらいいいやんか、同居生活。初音はんとクレハはんの仲が深まるでー?」
(なぜか関西弁)
>クレハ

シオン「ここであったが100年目だ。少し歩こうではないか」
>キナ

145:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:01

クレハ「えー?醤油漬けでそのまま保管してー…」
初音「あんたも何処から来た」
クレハ「今来た」
初音「…」
>>キセツ

146:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:01

キセツ「‥君、青春してるね?」(にやり
>アリア

>>144

地味に安価を間違えたね!
>クレハ←のところは>初音←だからね!

147:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:01

めい「はい!あげたら頭にタバスコをぶっかけるのと一週間男装どっちがいいというので男装にしました。」
初音先輩

148:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:02

めい「どういたしまして。」
ころね、千凛、メルシュ

149:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:03

キセツ「ここであったが100年目だーっ!
クレハ、ちょっとこっちこい!」(クレハの胸元掴み引きずって
>クレハ、初音

150:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:03

クレハ「え、なになに〜?キセツどうしたの〜?」
>>キセツ

151:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:04

キセツ「あのねえ‥バレンタインデーの日あいてる?」
>クレハ

152:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:04

めい「クレハさんいつからいたんですか―!」
クレハ初音先輩キセツ

153:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:05

クレハ「バレンタインの日?
わかんないや〜。どうして?」
>>キセツ

クレハ「あはは〜、今来たの〜
本当男装似合ってるねー?」(ニヤけながら

>>めい

154:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:06

キセツ「さあ?いきなり現れたんだよね 」
>めい

キセツ「かくかくしかじか 乙女の事情だよ 」
>クレハ

155:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:08

クレハ「乙女の事情?
はっ、下らな…」←
>>キセツ

156:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:09

キセツ「‥クレハなめてると怒られるぞ!(私に)
くだらないはいいとして、クレハ、気になってる人は?どう?いるの?」
>クレハ

157:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:11

クレハ「えー、僕は気になってる人とかいないけど」

>>キセツ

158:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:12

キセツ「‥じゃあ、一緒にいて楽しいって思う人は?
いないはなしで」←
>クレハ

159:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:13

クレハ「うーん、雪葉とか?」
>>キセツ

160:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:15

キナ「はい」
シオン

161:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:15

キセツ「‥じゃ、じゃあ!可愛いって思う人は誰!(いがいと難しいぞ
この人‥)」
>クレハ

162:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:16

クレハ「同じクラスのそふぃかな?」
>>キセツ

163:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:18

シオン「キナ、お主はなぜアイドルを始めたのだ?」
>キナ

キセツ(‥違うよ君そこは普通‥)
「あ!じゃあ、ナルシストって思う人は?」
>クレハ

164:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:19

クレハ「同じ学校のドロシーかな!」

>>キセツ

165:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:20

めい「そうなんだ。ほめてくれてありがとうございました。」
キセツ、クレハ

166:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:20

キセツ(‥‥‥)
「もっともっとナルシストなのは?」
>クレハ

167:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:21

めい「ドロシー先輩ってなんか憧れます。」
クレハキセツ

168:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:21

キナ「そ、それは……シオンさんに憧れてアイドルになったのです。シオンさんみたいに全力投球で頑張ろうとアイドルになったのです」
赤くなった。
シオン

169:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:21

クレハ「国立リラン女学院っていう学校に居る花絵って子とかかな!」
>>キセツ

170:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:22

めい「なるほど。」
クレハキセツ

171:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:23

千凛「めいさんドロシーさんって毒舌な所とかが可愛いですよね。憧れます」
めい

172:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:24

キセツ「ドロシーちゃんとは話したことないけど可愛いよねえ」
>めい

シオン「‥私に?それはありがたい。私を慕っていてくれたとは
感謝感激だ キナ、お主なかなかの能力を持っておる。
私をこえる、なにかを‥な」
>キナ

キセツ「‥鏡よ鏡、世界で一番美しいのはだーあれ!!」
>クレハ

173:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:25

クレハ「やっぱり雪葉〜!美しさと可愛さ全部あるよ〜!」

>>キセツ

174:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:26

千凛「あら?キナさんとシオンさん」
キナ「千凛か。どうした」
千凛「いえ、仲良さそうだなと思って……」
キナ「そうか」
シオン

175:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:26

キセツ「ああもうちっがーう!じゃあ一番話しやすいのは! その雪葉って子
いがいで!」
>クレハ

176:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:27

シオン「む?お主は‥確か千凛といったな
イゴよろしく!私とキナはさっき会ったばかりだが
話が合うのだ すぐに打ち解けることができた 」
>キナ、千凛

177:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:28

クレハ「えーっと、流音先生が話やすいかな〜」
>>キセツ

178:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:29

キセツ「先生なし!クレハ、君の隣にいつもいる人といえば誰!」
>クレハ

179:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:30

クレハ「そふぃだよ!」(笑顔で

>>キセツ

180:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:31

キナ「本当に話が合うんだ」
千凛「そうなのですか、よろしくお願いしますね。キナさんと仲良くしてくださいね」
シオン

181:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:32

キセツ「‥違う‥違うよ‥君ちょっと間違ってるって!
君の隣にいつもいるのといったら私が知る限りでは←
初音でしょー!!」
>クレハ

シオン「うむ、勿論。千凛、お主とも仲良くしたいぞ」
>キナ、千凛

182:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:33

めい「シオンさん初めましてめいといいます。よろしくお願いします。」
シオン

183:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:34

クレハ「え、初音?」

>>キセツ

184:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:35

めい「まぁクレハさんの隣は初音先輩のイメージが強いです。」
クレハ、キセツ

185:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:35

シオン「めい、知っておるぞ。確かミミフラワーの‥」
>めい

キセツ「そう初音!初音がいっちばんクレハのことわかってる」
>クレハ

186:いおり◆gA:2016/01/31(日) 00:37

ゆり「あ、キナとシオンお姉ちゃんだ。めいちゃんと千凛ちゃんもいる」
キナ、シオン、めい、千凛

187:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:37

クレハ「そんなにイメージ強いのか…」
>>めい

クレハ「そうかな?雪葉が一番私のこと分かってるような分かってないような〜…」
>>キセツ

188:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:38

千凛「そ、そんな……ありがとうございます」
シオン

189:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:38

シオン「む‥ゆりではないか セレパラでは久しぶりに会うな」
>ゆり

キセツ「雪葉ちゃんは放っておいて!
初音は言えないだけで一番いっちばんクレハのこと分かってんの!」
>クレハ

190:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:39

めい「はい!私ミミフラワーのメンバーでいたんです。それにお話ししませんでしたが、プリパラや、セレパラでもいましたよ。」
シオン

191:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:39

シオン「皆仲良し、皆が平等 それが本来のプリパラ
だからな」
>千凛

192:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:39

シオン「なに?そうなのか。それは読めなかったぞ‥」
>めい

193:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:40

クレハ「初音とはユニットも組んでるけど、初音の本業はモデルで私はアイドルだから
あんまりセレパラ内で会うことは無いんだよね〜、学校でもそんなに会わないし…」

>>キセツ

194:いおり◆gA:2016/01/31(日) 00:42

ゆり「そうだね。セレパラでは久しぶりだね」
シオン

195:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:42

めい「そうなんですか。私多分その頃色々とねたまれた時期だと思います。」
シオン

196:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:43

キセツ「遠距離恋あっ‥じゃない。
とにかく離れてても糸で繋がってる、あろまちゃんとみかんちゃんみたいな
関係なのがクレハと初音!わかった?反論させないからね?」

>クレハ

【 ごめん、会計とか弟達そろそろ寝かさないとだから落ちるね
お相手感謝☺️ 】

197:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:43

めい「ゆりさんお久しぶりです。」
ゆり

198:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:44

クレハ「………ふふ…」(少しバカにした感じで笑い

>>キセツ

【了解!
お相手ありがとう😊】

199:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:44

キナ「ゆり」
千凛「ゆりさん、こんにちは」
ゆり

200:いおり◆gA:2016/01/31(日) 00:47

ゆり「久しぶり。めいちゃん」
めい

ゆり「シオンお姉ちゃんと一緒だったんだね」
キナ、千凛

201:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:47

シオン「調子はどうだ?ゆり」
>ゆり

シオン「ねたまれた‥どういういみだ?」
>めい

キセツ「なっ‥何笑ってんだ!怒るぞ?暴れんぞ?
狂うよ私!」
>クレハ

【 寝てた =私一人だけで暗い暗いリビングに〜♪← 】

202:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:49

クレハ「いや、何でもないよ?
また怪盗として動こうかな〜って思ってね」
>>キセツ

【何それ、超ホラ〜♪←】

203:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:50

キナ「ああ」
千凛「はい」
ゆり
千凛「はい」
シオン

204:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:51

キセツ「‥なにそれ。怪盗って
プリパラ初心者なんだよ私〜 デビューもしてないしさ
クレハはひびきちゃんみたいな怪盗やってたってこと?」
>クレハ

【 視線の先には何かいる〜♪ ヤベェ超怖いんだけど← 】

205:いおり◆gA:2016/01/31(日) 00:51

ゆり「うーん。全然…シオンお姉ちゃんみたいな感じのアイドルになれないよ」
シオン

206:あじみ◆cc:2016/01/31(日) 00:52

クレハ「まぁ、そんな感じ〜!
人のプリチケ奪ったり〜、ライブでトラブル起こしたり〜!」

>>キセツ

【それはもしやの幽霊〜♪怖いっすね←】

207:いおり◆gA:2016/01/31(日) 00:52

ゆり「仲良くなれてよかった」
キナ、千凛

208:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:53

シオン「うむ、千凛はなにが好きなのだ?」
>千凛

209:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:55

めい「まぁ私が本気だして相手が先輩だったんですけど勝ってしまってそれが気にくわなかったらしくてそれで妬まれたんです。」
シオン

210:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:55

シオン「何も私のようなアイドルにならなければいけないという
決まりなどない。ゆりはゆりらしいアイドルになればいいのだ」
>ゆり

キセツ「‥いがいとヤバイことやってるねクレハ‥
まあ私はプリチケも1枚しかないしライブはまだやんないし
危険はないからいいや」
>クレハ

【 昨日写真を撮ったらオーブがうつってたんです(真顔)
証拠はありますよ、なんなら載せますから信じてください←?】

211:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:55

キナ「うむ、そうだな」
千凛「はい」
【キナはシオンの前では敬語で話すけどみんなの前ではシオンみたいな話し方で話します】
ゆり

212:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 00:55

シオン「‥それは災難だったな‥だが、お主は実力者
妬まれるのも無理はないだろう‥」
>めい

213:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 00:56

めい『ゆりさんお久しぶりです。」
ゆりさん

214:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:56

【怖い!】
キナ「ゆり、シオンさんの言う通り自分らしいアイドルになればよい」
シオン、ゆり

215:いおり◆gA:2016/01/31(日) 00:57

ゆり「私らしい…アイドルね。
もちろん、私もシオンお姉ちゃんを越えるようなアイドルになって見せるよ」
シオン

216:咲恋◆cc:2016/01/31(日) 00:57

クレハ「悪戯大好きだからね〜
あはは!」
>>キセツ

【おっ、載せて載せて〜!←】

217:いおり◆gA:2016/01/31(日) 00:58

ゆり「うん!あっ、今ので、私たちのライブでするメイキングドラマ浮かんだよ!」
キナ

218:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 00:59

キナ「何だ?」
ゆり

219:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 01:01

【でしょ!】
シオン「ああ、その通りだ」
>キナ

シオン「ふっその時まで待っているぞ」
>ゆり

キセツ「悪戯ってレベルじゃあないと思うな‥」
>クレハ

http://ha10.net/up/data/img/6252.jpg
奥の白いやつね】

220:咲恋◆cc:2016/01/31(日) 01:02

クレハ「悪戯と〜、だまし討ちと〜、あはは!他にもいろいろ〜!」

>>キセツ

【わーお、凄い!きれい〜!←】

221:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 01:03

【ここ香織にぴったり。名前は幽霊の家とか】
キナ「はい」
シオン

222:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:03

ゆり「えっとね、私達らしいアイドルを目指したいというよりなりたいというおもいをメイキングドラマにしたいけどどうかな?」
キナ

223:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 01:04

キセツ「あ、あはは‥って話から逸れてるっ‥今はバレンタインデーの話してるんだから‥」(小声
>クレハ

【ねー!綺麗でしょ?!←】

224:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:05

ゆり「もちろん!その時は全力で勝負しようね」
シオン

225:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 01:05

キナ「うむ、それはなかなかいい提案だ」
ゆり

226:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:05

めい「まぁそれがげいいんでプリパラ内で虐めうけたんですけどね。暴力や水がかったりまぁそれで自分が劣ってるような感じにしたんですけど、うまくごまかしがきかなくて。自分に実力があることもわかってるんです。それでも色々と努力をしていきました。でも、私は、いじめが怖くなってプリパラを休業したんですよ。セレパラになってからまた活動したんです。もう妬まれないようにしよう。って思ったんですけど、あまりにも辛くなってしまって本気だして精っぱい頑張ろうと決めました。」
シオン

227:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:07

ゆり「でしょ!」
キナ

228:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 01:07

【 香織は幽霊キャラなんだよね、確かにぴったりかも!】

シオン「キナ、お主の歌声聴かせていただきたい」
>キナ

229:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:07

めい「確かに私もいいと思いますよ。」
ゆりさん

230:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:08

ゆり「ありがとう、めいちゃん」
めい

231:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:08

めい「キナさん歌ってみてください。」
キナさん

232:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 01:09

キナ「もちろんです!不撓不屈、絶対に諦めません!前進離島なライブをやってみせます!ゆり、頑張ろう」
ゆり、シオン

233:緑風 ふわり◆VY:2016/01/31(日) 01:09

シオン「ああ!望むところだ!」
>ゆり

シオン「そんなことが‥だがな、めい。
いつでも本気だ。努力は必ず、そして努力した分
いや、その倍本気を出せ それが今のめいにできることだ」
>めい

234:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:09

めい「いいんですよ。本当に思ったことを言っただけですので。」
ゆりさん

235:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:09

ゆり「おぅ!もちろん」
キナ

236:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 01:10

キナ「ああ」
めい
【もし香織は後ろにいたらどうします?】

237:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:11

ゆり「それまで、頑張るよ」
シオン

238:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:11

ゆり「そうだね」
めい

239:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 01:12

キナ「シオンさん、私が完璧なアイドルになったら私とも対決してくれますか?」
シオン

240:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:12

めい「確かにシオンさんの言うとうりです。それにもっと頑張って梓真に人を信じさせてあげれるようにしてあげられるようにしなきゃ。」
シオン

241:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:15

【怖いですよ!】
めい「ゆりさん応援してます。」
ゆり

242:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:15

ゆり「ありがとう!」
めい

243:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:16

めい「どういたしまして。」
ゆり

244:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 01:16

【ライブどちらがしますか?それといおりさんの曲も作詞していいですか?】

245:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:20

ゆり「頑張るね」
めい

【ライブお願いしますっ!
もちろんいおりちゃん達の曲作詞していいですよ!】

246:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:20

めい「がんばってください。」
ゆり

247:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:22

ゆり「うん」
めい

248:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:24

めい「いいんです。」
ゆりさん

249:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 01:24

【了解しました】
キナ「では行くぞ」
「キナさんはアゲハスターコーデね!星の蝶をイメージしたコーデ」

アゲハスターコーデ!へへへっ

250:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:28

ゆり「うん!」

「ゆりちゃんはスノーアゲハコーデね!雪と蝶をイメージしたコーデが可愛い」

スノーアゲハコーデ!イゴッ

251:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:29

ゆり「そうだ、パキろっ!」
めい

252:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:31

めい「はい!パキリましょう。」
ゆりさん

253:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:31

ゆり「サンキュー」
パキり
めい

254:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:38

めい「ありがとうございます。」
パキリ
ゆり

255:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:40

ゆり「いえいえ。」
めい

256:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:45

めい「ゆりさんライブ頑張ってください。」
ゆりさん

257:いおり◆gA:2016/01/31(日) 01:47

ゆり「うん」
めい

258:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 01:55

めい「がんばれ」
ゆりさん

259:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 02:03

めが姉ぇ「新しいアイドルチーム、ロッキーアゲハのライブが始まりま〜す」
ファン「キャー!ゆりちゃ〜ん!キナ様〜!!かっこいい〜!頑張って〜!」
ゆり「私たちのライブ楽しんで行ってね!」
キナ「では行くぞ」

キナ
私たちはロックなアゲハ
ゆり
ギターを弾いてイゴよろしく!

メイキングドラマ!スイッチオン!

ゆり「私たちはあの人みたいになるんだ」
キナ「ああ」
キナとゆりはギターを持って蝶のように飛んだ。

あの人を目指す蝶よ!ロッキーアゲハ!

エアリーチェーンジ!サイリウムエアリー!

キナとゆりはギターを持って蝶の羽が生えた。
そして会場を飛び回った。

ゆり
ロックでイケてる私たち
キナ
ギターを持って
キナ、ゆり
ロッキーアゲハ

ファン「キャー!ロッキーアゲハサイコー!かっこいい〜!」
キナ「ライブ盛り上がったな」
ゆり

260:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 07:59

めい「キナさん、ゆりさんとっても素敵なライブでした。」
キナさん、ゆりさん

261:いおり◆gA:2016/01/31(日) 08:03

ゆり「そうだね!」
キナ

ゆり「サンキュー。めいちゃん」
めい

262:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 08:35

めい「どういたしまして。ゆりさん」
ゆりさん

263:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 08:56

めい「シオンさん全力のライブがんばってください。」
シオンさん

264:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 09:42

めい「まりぃさんプリパラ小説にリクエストしておきました。」
まりぃ

265:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 11:16

めい「ふわりさんお久しぶりです。」
ふわり

266:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 11:20

めい「まりぃさん>>264のことは忘れてくださいただのミスです。」
まりぃ

267:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 12:40

めい「リズ奈津久しぶり〜」
リズ、奈津

268:一華◆J2:2016/01/31(日) 12:59

理沙「うちもそろそろ本気出すか。
ロック魂はうちのがあるって証明する!」
レイチェル「レイチェル、ロックも素敵だと想う!
理沙ファイトだよっ!」
真由「私も頑張るね。理沙とユニット組んでる者として」
理沙「よっし、んじゃコントラスト、GO!」

めが姉ぇ「理沙ちゃんはスタッズダメージコーデね!パンクでカッコいいわ!」
理沙「スタッズダメージコーデ!いくよっ」
めが姉ぇ「真由ちゃんはスタッズ着物コーデね。パンクなファッションに和風をプラス!可愛さも滲み出ているわ!」
真由「スタッズ着物コーデ!ふふっ」

ファン「コントラストだ!カッコ可愛い!真由ちゃんも理沙ちゃんも似合ってるよ!」
真由「ありがとう、がんばります。」
理沙「今回は真由も一緒にロック魂見せるからね!宜しく!」

真由
真逆の私達だけど心は繋がってる♪
理沙
ロックな衣装に身を包めばなんだかもうノリノリで♪
真由&理沙
ロックな音を奏でようカッコよく強い音色を♪

真由&理沙「メイキングドラマスイッチオン!」
真由と理沙はカッコいいダンスのレッスンをしていて。
真由「たまにはクールにいくのもいいね」
真由がニコリと理沙に笑いかけ
理沙「当然っしょ!?」
理沙はイジワルな笑みを返せばレッスンルームがステージに変わってファンのペンライトが綺麗に紫色に輝いて。

ロックな私達で!サイリウムダンス!


真由&理沙「ゴールドエアリー!」
クールエアリーの金色verを出せばファンの上を飛び回って


ファン「流石コントラスト!ゴールドエアリーもカッコいい!」
ファン「真由ちゃんのクール姿ってはじめて見たけど似合ってるよ!」
真由「私達も良いライブが出来たかな?」
理沙「真由、ロックだったよ」
真由「ありがとう…!」

269:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 13:01

モニカ「………ミーニャ…皆…ライブキラキラ…」
ミーニャ「何言ってるみゃ!モニカ以上に素敵なライブを出来るやつなんていないみゃ!」
モニカ「……」

270:一華◆J2:2016/01/31(日) 13:09

ファン「もうコントラストを越えられるアイドルなんていないよね!」
ファン「コントラスト最高!」

理沙「…うち、もっともっとロックを極める。」
真由「理沙、カッコいいもんね…。
理沙とユニット組むのがなんだか申し訳なくなっちゃった」
理沙「何言ってんの真由。コントラストは無敵だろ?
真由は真由らしくやればいい。うちに合わせてロックなライブする必要はないよ」
真由「(けど…いいのかな……)」

271:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 13:25

めい「あの、コントラストのみなさん初めまして私ミミフラワーのメンバーでめいといいます。さっきのライブ見ました!とってもキラキラしていて、かっこいいと思いました!」
理沙、真由

272:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 13:43

キナ「ありがとな」
ベリー「めい、ちょっとあんたと話したいことがあるの」
めい

273:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 13:47

めい「いいよ!でも、話ってなに?」
ベリー

274:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 13:50

ベリー「あたしとライブ対決しなさい!あたしとライブ対決して本当にあなたはセレパラ歌劇団にふさわしいのか実力を見せてみなさい」
めい

275:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 13:52

めい「分った!そのライブ対決受けて立つよ!それでセレパラ歌劇にふさわしい実力があるか証明してみせる!」
ベリー

276:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 13:56

ベリー「手加減しないわよ」
めい

277:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 13:57

めい「いいよ!手加減なんてしなくても、私も本気で行くからさ!」
ベリー

278:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 13:58

ベリー「あたしだっていつでも本気よ?じゃあライブ行って来るわ」
めい

279:一華◆J2:2016/01/31(日) 13:59

理沙「めいっていうのね。うちは理沙。宜しく。」
真由「白石真由です。カッコいいなんて、嬉しいな。」
理沙「コントラスト、覚えときな。神ユニットになるからね」
真由「ふふっ」
めい

280:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 14:00

めい「うん!ライブいってらっしゃい!」
ベリー

281:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 14:01

めい「うん!コントラスト覚えておくね。理沙と、真由よろしくね!」
真由、理沙

282:一華◆J2:2016/01/31(日) 14:12

真由「うん、よろしくねっ!
プリパラで友達が出来たのなんて、何年ぶりだろ…」
理沙「めい、これからよろしく。
あんたもいいライバルになりそうね」

283:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 14:16

めい「そうだね!私たちいいライバルになりそう!私もプリパラで十立ちできたのは久しぶりだよ!」
理沙、真由

284:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:19

「ベリー様はセレブリティゴシックコーデね!セレブだけどゴシックなコーデがステキね」

セレブリティゴシックコーデ!フフっ

ファン「キャー!!ベリー様〜!」
ベリー「ベリー様の歌声、聴かせてあげる」
ファン「キャー!ステキ〜!」

月夜に光る 私の姿
並んでいる 隣の影

メイキングドラマ!スイッチオン!

ベリーと馬は翼が生えて天へ登って行った。

進め!エンジェルベリーフォース!スペシャル!

エアリーチェーンジ!ゴールデンクイーンエアリー!

道ができ扉が出て来た。
ベリーは扉の中へ入って行った。

プリンセスドラマ!スイッチオン!

ベリーはブルーベリーやストロベリーに乗って大きくしてたくさんのベリーを降らせた。

あなたにプレゼント!スマイルプリンセスベリー!

響け!クイーンボイス!

コーデがゴールデンに輝いた。

心に光る月夜を 皆に見せてあげる

まだまだ会場を高く飛んだ。

ベリー「早くスマイル見せなさいよ」

鳴らせ!心の鐘!クイーンベル〜!

ファン「………キャー!!ベリー様サイコー!ステキ〜!すごい!美しい〜!!」
めが姉ぇ「すごい声援です!」
キヴァル「ライブ……キラキラ……クイーン……キラキラ」

285:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 14:19

モニカ「…皆キラキラ…してる……」

286:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:22

ベリー「次はあんたの番よ」
めい

287:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 14:24

モニカ「……」(ベリーのライブを見て

288:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:24

キヴァルはまたモニカを見つめた。
キヴァル「……誰?」
モニカ

289:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 14:25

めい「ベリーのライブ凄い声援だったよ!私も見ててすごいと思った!」
ベリー

290:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 14:25

ミーニャ「モニカ!そこで何してるみゃ!ってまたあんた!?」
>>キヴァル

291:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:26

ベリー「まあ当然よ、あたしはクイーンなんだから」
めい

292:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 14:26

めい「分った!サイコ―のライブにしてくる!」
ベリー

293:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:27

キヴァル「……ライブ……キラキラ……」
モニカ、ミーニャ

294:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 14:28

ミーニャ「…でもモニカを超えるキラキラなライブを出来る奴はいないみゃ!
モニカ!別のところに行くみゃ!」
モニカ「……」
>>キヴァル

295:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:32

ミサル「ちょっと何サル?その言い方は!キヴァル気にすることないサルよ」
キヴァル「………」←うなずく
ミーニャ

296:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 14:33

ミーニャ「みゃ〜!モニカ〜!
早く行くみゃ!」
モニカ「……」(キヴァルをじっと見て
>>キヴァル、ミサル

297:一華◆J2:2016/01/31(日) 14:35

理沙「お互いランク上げとか頑張ろっか。
ライバルの印にパキる?」
真由「ライバルの印って…。私は友達の印にパキりたいな
めいちゃん、これからよろしくね。」
めい

【すいません、ちょっと勉強します←
落ちませんけど返レス遅くなるかもしれません。】

298:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:36

ミサル「ならこっちからもお断りサル!キヴァル〜こんな人たちといないでどっか別の場所に行くサル!」
キヴァル「……」←こっちも相手を見つめる
モニカ、ミーニャ

299:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 14:38

モニカ「…ミーニャ…話したい……」
ミーニャ「みゃ!?……そっちが良いのかは分からないけど
モニカはキヴァルとお話したいみたいだみゃ」
モニカ「……」
>>キヴァル、ミサル

300:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:41

ミサル「別に私はいいサルよ?」
キヴァル「………ありがとう………キラパラ……キラキラ……」
モニカ、ミーニャ

301:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 14:42

モニカ「……キラキラ…皆…キラキラ…?」

>>キヴァル

302:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:42

キヴァル「セレパラも………キラキラ」
モニカ

303:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 14:43

キヴァル「キヴァル……ボーカルドール……」
モニカ

304:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 14:46

モニカ「……ボーカルドール…友達…キラキラ…?」
>>キヴァル

305:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 14:57

「めいちゃんは、エンジェルプリンセスコーデね!天使のような感じがかわいいわよ!」
エンジェルプリンセスコーデ!ニコッ
ファン「キャー!めいちゃ〜ん頑張って〜!」
めい「みんなの声援に応えてあげられるように全力で完璧なライブにするね!」
ファン「キャ〜!めいちゃ〜ん可愛い〜!」

完璧になるために、辛いこともあるけど
それでも、頑張るのは、君の笑顔が見たいから!
メイキングドラマ!スイッチオン!
めいの周りには花畑が広がっているそこにはらせん階段があっためいはそのらせん階段をのぼる!
駆け上がれ!フラワーロード
エアリーチェーンジ!プラチナエンジェルエアリー!
らせん階段の道が出てその先の扉が出てきた。
めいはその扉に入っていった!
プリンセスドラマ!スイッチオン!
めいの背中に天使の羽が生えたそして、天空の城まで飛んでいく!
エンジェルヘブンキャッスル!
届け!エンジェルボイス
コーデがキラキラ輝いている
みんなに幸せのおすそわけ!
どんどん!高く飛んでいく!
めい「みんなを、幸せにしてあげる!」
届け!幸せの鐘!エンジェルハッピーベル〜!
ファン「キャ〜!めいちゃんのライブすご〜い!本物の天使みたい!」
めい「ありがとう!みんなの声援にこたえる以上に完璧なライブが出来ました!」
ファン「めいちゃんの声届いたよ〜!」
めい「ありがとう!みんなの声援もちゃんと届いたよ!ありがとうございました!」

306:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 14:58

めい「ベル!ライブ終わったよ!次は結果発表だね!」
ベル

307:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:01

めい「うん!ライバルと友達としてパキロ!」
真由、理沙

308:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:03

【ベリーです】
ベリー「まあ、なかなかのライブだったわ。あたしほどじゃないけど」
めい

309:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:03

モニカ「……」(めいのライブを見て

310:一華◆J2:2016/01/31(日) 15:04

真由「うん!パキるのも久しぶりだな〜…。」
理沙「はい。これでライバルね。
絶対負けないから。」
真由「理沙、今から勝負する訳じゃないんだからさ…。
今は友達、ね?」
理沙「…まぁ、友達としても、よろしく…」(照れて
めい

311:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:05

めが姉ぇ「では結果発表です。勝者は………2人共引き分けです」
めい

312:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:05

めい「ベリー!ライブ見てたんだ!ありがとう!」
ベリー

313:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:06

モニカ「………キラキラ…」

314:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:06

キヴァル「……うん」
モニカ

315:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:07

めい「えっ!引き分け!」
めが姉

316:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:07

ミーニャ「おっと、モニカはそろそろ時間だみゃ
お話できて楽しかったみたいだみゃ」
モニカ「バイバイ……」
>>キヴァル

317:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:08

めい「私もパキルの久し振りかも!まぁライバルと友達としてよろしく!」
理沙、真由

318:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:09

ベリー「まあ実力だけは認めてあげるわ。ちゃんとセレパラ歌劇団について行けるならあなたを出すわ。その変わり、誰かにやめてもらわなきゃいけないけどね。あたしはやめるつもりはないわよ?」
めい

319:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:10

めい「ありがとう!ちゃんと私はセレパラ歌劇団についていけるよ!」
ベリー

320:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:11

めが姉ぇ「どちらも素晴らしいライブだったので引き分けで〜す」
めい

321:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:13

キヴァル「……ばいばい……」
モニカ、ミーニャ
ベリー「じゃあ、あなたをセレパラ歌劇団に投票を出すわ。感謝しなさい」
めい

322:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:13

めい「分りました!なんかこんなこと初めてだったからびっくり!」
ベリー

323:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:14

めい「ベリーありがとう!」
ベリー

324:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:15

ベリー「またライブ対決する時は手加減しないわよ?」
めい

325:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:17

めい「私も、手は抜かないから!」
ベリー

326:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:18

めい「千凛あのね私ベリーとライブ対決をして結果が引き分けでセレパラ歌劇に入れるかもしれない!」
千凛

327:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:21

千凛「そうなのですか、よかったですね」←爽やかスマイル
「が、頑張ってくださいね」
めい

328:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:22

めい「うん!頑張る!」
めい

329:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:23

リルア「わーお…また来たら…今度はセレパラデスカ〜…」

330:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:23

めい「うんがんばるね!」
千凛

331:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:24

めい「あのあなたは誰ですか?」
リルア

332:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:25

リルア「おお〜、知らないうちに知らないアイドル!
私はプリパリからキマシタ!リルア・ロゼルだよ!」
>>めい

333:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:26

千凛「はいっ」
めい
【昨日キセツさんが出した写真をここに出してちょっと遊んでみようかな】
セレパラタウン
香織「わあ〜!ここ少し古そうな家!」
音色「でも香織のイメージに合ってるよ」
香織「この家、使おうかな」

334:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:27

めい「プリパラから来たんだ!私はめいよろしくね!」
リルア

335:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:28

【プリパラじゃなくてプリパリです!】

リルア「へー…リリアンみたいなダサい新人アイドルかしら…」(小声
>>めい

336:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:30

めい「ちがうよ!私新人アイドルじゃないよ!それに、リリアンはださくないよ!」
リルア

337:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:30

香織と音色は中に入った。
音色「暗いね」
香織「でも私にぴったりかも!誰か肝試しとかでここに来る人いるかな〜いるなら少し驚かせちゃおう」
音色「少しじゃないよね?」

338:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:30

めい「みくるごめん!」
みくる

339:一華◆J2:2016/01/31(日) 15:30

真由「そうなんだ。私復帰したのも最近だからさ…」
理沙「うん。ま、瑠璃たちとも会ったら仲良くしてあげてよ」
めい

【新キャラ増やそうかな…】
初姫沙那/はつひめさな
理沙の妹。多少男勝りでやっぱりロック大好き。
敬語は苦手な様子で年上にもタメ口。
チャーム、クール、ブランドはロッキングハート、ランクメジャー、おなじみアイドル

340:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:31

リルア「何言ってるんデスカ〜!
リリアンがダサいわけないじゃないデス!」
>>めい

341:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:32

【リルア「リリアンがダサいわけないじゃん!」です】

342:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:32

香織「ここは幽霊の家って名付けよう」
音色「いいね」

343:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:33

めい「分った!あったら仲良くするね!」
真由、理沙

344:一華◆J2:2016/01/31(日) 15:35

真由「うん、よろしくね」
理沙「あと沙那の事m…」
沙那「姉貴。」
理沙「沙那…」
めい

345:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:36

めい「あれ?さっき小声でリリアンみたいなダサい新人アイドルかしらとか言ってなかったけ?私耳がいいから小声で言ったことが聞こえて。リルアって猫かぶりなの?」
リルア

346:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:36

キヴァルは幽霊の家に立った。
キヴァル「…?」
ミサル「キヴァル〜!何してるサルか?」
キヴァル「……」
ミサル「何か、ここ怪しいサル。別の所に行くサル!」
キヴァルは瞬間移動してキラパラに来た。

347:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:37

リルア「猫かぶり?なんデスカ?それ
リルアは猫かぶりじゃないデース!」
>>めい

348:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:37

めい「えっと、理沙、真由その子は誰?」
理沙、真由、沙耶

349:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:38

香織「誰か来るかな〜」
みんな

350:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:40

めい「えっと猫かぶりっていうのは、自分を良い人に見せる感じ!アイドルで言うキャラみたいなもんかな?リルアってリリアンに嫉妬してたりするの?」
リルア

351:一華◆J2:2016/01/31(日) 15:40

真由「えっと…理沙の妹だよ。」
理沙「性格に難ありのね」
沙那「…姉貴うざい。
初姫沙那。仲良くしてもしなくてもいい。」
めい

352:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:41

リルア「リリアンはプリパリで会った良きライバルデース!
猫かぶりじゃないデス!」
>>めい

353:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:41

めい「そうなんだ。私はめいよろしく!」
沙織

354:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:42

ルウリ「リリアン何してるのかな〜」
『ヤッホー!リリアン』
と送った。
リリアン

355:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:42

めい「まぁさっきのは聞き間違えだったのかな、ごめんね。」
リルア

356:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:44

リリアン「メール?」(『ルウリ〜!どうしたの?』と打ち送信して
>>ルウリ

リルア「(めいって奴耳良すぎかよ…)で、では仕事があるのでバイバイデース!」
>>めい

357:一華◆J2:2016/01/31(日) 15:44

沙那「仲良くすんの?めんどくさいな…」
理沙「…おい」
真由「さっき仲良くしてもしなくてもいいって」
沙那「そう言えば基本的にしない方を選択するからね〜」
理沙「…だからお前は回りに敵を作るんだよ」
沙那「かんけーねーし。」
めい

358:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:45

めい「うん!バイバイ」
リルア

359:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:47

古川イルル
怖いもの好きで幽霊に興味がある。怖い話や怖い情報も持って来る。
外見、香織にそっくりで髪型の色は白
アイドル研究生

360:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:48

めい「まぁまぁ、私は仲良くできたらいいなってだけだから。」
理沙、真由沙那

361:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 15:49

ルウリ「帰って来た」
『ただ何してるのかな?って思って。プリパリ楽しい?』
と返信した。
リリアン

362:一華◆J2:2016/01/31(日) 15:51

理沙「いや、こいつムカつくでしょ?
友達なんなくたっていいよ。」
真由「さっき沙那ちゃんの事もよろしくって言いかけてたよね?」
理沙「真由黙れ」
沙那「姉貴に言われたから仲良くするのならいらないから。
仲良くすんのもめんどくさいし」
理沙「沙那ふざけんな」
めい

363:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:53

リリアン「えーっと…」(『私も不思議な赤ちゃんを見つけたの。キララって名前にしたんだ』と打ち
>>ルウリ

364:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:55

めい「リリアンさんにメールしてみよう!リルアって子が気になるから!」
『リリアンさん今日リルアって子が来ました!どんな子ですか?あの子なんか裏がありそうな子だと思ったので聞いてみました。』
と送った
リリアンさん

365:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 15:57

リリアン「ん……?」
(『えっと…リルアはプリパリでの大会で連勝して、プリパラでの大会でも優勝した私のライバルだよ。ちょっと小悪魔なんだ〜』と打ち
>>めい

366:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 15:57

めい「私は、自分から、沙那の友達になりたいと思う!」
沙那

367:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 16:00

イルルは幽霊の家を見た。
イルル「わ〜!これはまさに幽霊がいそうな家!」
???「入れ……入れ……」
イルル「キャー!!入れと言われて入らないわけには行かないしこの家、少し興味ある〜!入ろ〜!」
イルルは中に入った。
音色「いらっしゃい………」
イルル「ど〜も!私は古川イルルと申します!ここに幽霊が出るんですよね?」
音色「……幽霊?そんなものは存在しない………ここに存在するのは光だけ……」
イルル「とにかく入らせてください」
音色「分かりました……」
香織はこっそり見つからないようにイルルについて行った。
イルル「やっぱり怖いな。でも楽しい!」
すると音がした。
イルル「きゃあ!幽霊の足音!?」
イルルは歩いて行った。
いきなり止まった。
イルル「わあ〜」
イルルは壁に飾ってある絵を見た。
後ろから香織が来てイルルの肩をつついた。
イルルは後ろを見た。
後ろには誰もいなかった。
そしてイルルがまた絵の方を見るとまた香織が来て肩をつついた。
イルルは後ろを見た。
誰もいなかった。
また絵の方を見た。
香織が肩をつついた。
イルル「もう何!」
イルルは後ろを向いた。
すると後ろには香織がいた。
イルル「きゃあ〜!!!」

368:一華◆J2:2016/01/31(日) 16:00

沙那「でもめんどくせー」
真由「…」
理沙「…」
沙那「んじゃ。」
めい

369:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 16:01

めい「そうなんだ。」
(『そうなんだ。それなら納得』)
と打ち
リリアン

370:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 16:02

めい「うん。バイバイ。」
沙那

371:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 16:03

ルウリ「どんな子だろう」
『そうなんだ!?今度会ってみたいな〜』
と返信した。
リリアン
ルウリ「これ、この前のめいって子だ」
『こんにちは、ルウリだよ』
と送った。
めい

372:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 16:03

めい「理沙の妹って捻くれてるんだね。」
理沙、真由

373:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 16:03

リリアン「あはは……」(『それじゃあ、私今から仕事だから。じゃあね!』と打ち
>>めい

374:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 16:04

リリアン「キララも元気だな〜…」
(『キララはネーナに負けないほど元気なんだよ!じゃあ、今から仕事だから。じゃあね!』と送信して
>>ルウリ

375:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 16:05

めい「あっ!ルウリからメールが来た!」
『こんにちはめいだよ。」
と返信した。
ルウリ

376:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 16:06

めい「もう仕事の時間なんだ。」
『そうなんだ。じゃあね。」
と送る
リリアン

377:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 16:07

香織「私は地獄に落ちた幽霊………いじめられ封印され………人々から恨まれている……私も恨んでいる………今こそ復讐の時………う・ら・め・し・や〜!!!」
香織はイルルに近づいた。
イルル「きゃあ〜!!!やめて〜!!!楽しいけど怖い〜!」
イルルは幽霊の家を出た。
イルル「はあはあ……怖かった〜……でも楽しかった〜!また行きたい!」

378:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 16:08

『じゃあね〜頑張ってね』
と返信した。
ルウリ「リリアン頑張ってるな〜」
リリアン
『よろしくね』
と返信した。
めい

379:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 16:11

めい「あっ!返信が来た!」
『こちらこそよろしく。それと、仕事に行かなきゃいけないから、またね。」
と返信する。
ルウリ

380:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 16:11

幽霊の家
香織「大成功だね!」
音色「うん」

イルル「誰かに話そ〜と」
歩き続けた。

381:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 16:14

ルウリ「めいも頑張ってる〜」
『うん、じゃあね。仕事頑張ってね』
と返信した。
めい
イルル「こうなればインターネットに……」
イルルは写真を載せて
『めっちゃ怖かった!本物の幽霊がいた』
と書き込んだ。

382:青春キセツ ふわり◆VY:2016/01/31(日) 16:17

【 ども!ふわりです このスレのセレパラ歌劇団の
イメージ画像、というか「セレパラ歌劇団」に入ってる皆さんの
集合イメージ画像絵を描いてるんですが
まりぃとベリー、アリスのイメージがなかなか湧かなくて
よろしければ、容姿を教えてもらってもいいでしょうか?
リトルとひびきは下手ですが下手、ですが「下手」ですが←
描けました 】

383:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 16:21

めい「ルウリも頑張ってるんだ!」
『仕事がんばってくるね』
と返信
ルウリ
めい「あれ?インターネットの投稿にうっわ怖いな〜!でもこれ絶対人だなきっと!」
めいはこの投稿に返信を打った
『多分これ人です!きっとアロマちゃんのようなタイプの人がいたんだと思います。」
イルル

384:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 16:36

イルル「帰って来た」
『そうなのかな?ぜひ行ってみてね。セレパラタウンにあります』
めい
【色付きでもどちらでもいいです。まりぃは金髪のツインテールでぱっちり目で目の瞳がピンク。可愛いラブリーな感じですね。
ベリーは茶色のストレートロングヘアでツリ目で目の瞳はオレンジです】

385:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 16:42

めい「よし行ってみよう!」
『場所教えてくれてありがとうございます』
と打つ
イルル

386:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 16:46

めい「セレパラタウンにある幽霊屋敷かぁなにがいるんだろう?」
香織、音色

387:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 16:50

???「入れ……入れ……」
めい

388:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 17:04

めい「入れか入ってみよう。」
???

389:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 17:12

音色「いらっしゃい……」
めい

390:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 17:17

めい「初めましてめいといいます。ここに幽霊がいるっていう投稿を見て来ました。」
音色

391:未玖流◆cc:2016/01/31(日) 17:23

http://ha10.net/up/data/img/6284.jpg
ちょっとイメージと違う感じになったけど初音のイメ画だよ〜下手です☺️】

392:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 17:27

めい「初音さんのイメ画】うまいと思います。」
みくる

393:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 17:27

【そんなことないです、可愛いですよ】
音色「幽霊?そんなものは存在しない存在するのは光だけ……さあ上がって行きなさい……」
めい

394:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 17:27

めい「はい。ありがとうございます。」
音色

395:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 17:32

すると急に音がした。
めい

396:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 17:32

めい「なにかいそう。」

397:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 17:34

めい「音色さん以外に人いませんか?」
音色

398:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 17:34

奥には絵があった。
めい

399:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 17:35

音色「知らない……見てない……」
めい

400:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 17:47

めい「そうですか。奥にある絵きれいですね。」
音色

401:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 17:57

音色はいなくなった。
後ろから香織が来てめいの肩をつついた。
めい

402:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 18:00

めい「やっぱり人がいたんですね。分ってますよ香織さん!」
香織

403:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 18:03

香織「気づいていたのか………なかなかの者………私は封印され、地獄に落ちた幽霊………封印は説かれた………私はあなたを恨んでいる………今こそ復讐の時だ………う・ら・め・し・や〜!!!」
香織はめいに近づいた。
めい

404:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 18:04

めい「そんなことじゃ驚きませんよ。第一人だってこと分ってます。アロマちゃんのようなタイプの人ですね。」
香織

405:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 18:07

香織は素に戻った。
香織「ちょっと驚かせようと思ったけど失敗かぁ〜ごめんね」
めい

406:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 18:09

めい「いいですよ。私ただイルルという人がここに幽霊がいるっていうのを書いてあったんで来ただけです。」
香織

407:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 18:11

香織「あははっ私、幽霊キャラなんだ。お願いがあるの。ここの家、怖かったってことにしてくれないかな?人を驚かせたいからさ怖かったってことにしてて」
めい

408:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 18:13

めい「いいよ!それと、音色さん呼んで私とパキロわたしはめいよろしく!」
香織、音色

409:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 18:15

香織「よろしくね!私は香織」
音色「よろしく、呼び捨てでいいよ」
香織「私も!」
めい

410:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 18:18

めい「こちらこそ、香織、音色、よろしくね。」
香織、音色

411:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 18:21

香織、音色「うん」
めい
キヴァル「キヴァル………ライブ………する………」
ミサル「頑張るサル!キヴァルは誰よりも輝いているサル!キヴァルは天使サル!」
キヴァル「……うん……」

412:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 18:23

イルル「超怖かった〜」

413:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 18:26

めい「それじゃわたしもう行くからまたね。」
香織、音色

414:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 18:28

めい「あの子がイルルかなぁあの、イルルちゃんですか?」
イルル

415:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 18:32

イルル「あれ?まさか君がめい?そうだよ、私がイルル」
めい

416:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 18:49

「キヴァルちゃんはキラキラスイートコーデね!可愛くて甘めなコーデがキラキラしてるわね」

キラキラスイートコーデ!キラキラ………

ファン「キャー!キヴァル様〜!可愛い〜!」
キヴァル「ライブ………キラキラ……」

キラキラ輝くための毎日
月曜日に歌を歌い
火曜日にリズムに乗って
水曜日はランウェイして
木曜日はステージに立ち
金曜日はまだ練習
土曜日は寝て
日曜日に出かける
輝くためには諦めるわけには行かないの

メイキングドラマ……スイッチオ〜ン

キラキラ白鳥パラダイス〜

キラキラな花をあなたに!キラキラミラクルフラワー!

エアリーチェーンジ!ゴールデンキラキラエアリー!

道ができて扉が出た。
キヴァルは扉に入った。

プリンセスドラマ!スイッチオ〜ン

キラキラエンジェルプリンセス〜!プリンセス〜!プリンセス〜!

響け!キラキラボイス!

コーデが黄金に輝いた。

私の歌が届けばいいな
輝くために

ファン「キャー!!キヴァル様すご〜い!可愛い〜!キラキラ〜!」
キヴァル「ライブ………キラキラ………」
ミサル「キヴァルには誰も持っていない力があるサル。さすがキヴァルサル」

417:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 19:22

めい「そうわたしがめいだよ。よろしく。プリパラタウンにはお化けキャラの女の子がいたんだ、でも結構怖かったよ。」
イルル

418:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 19:29

めい「キウァルすごいよキラキラしてるショーだった!」
キウァル

419:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 19:35

イルル「でしょ?私も怖かった〜、よろしくね」
めい

420:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 19:35

めい「うん!こちらこそよろしくね!」
イルル

421:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 19:36

キヴァル「……ありがとう……ライブ………めい………キラキラ………」
めい

422:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 19:40

めい「どういたしまして。キウァルすっごくキラキラしてたよ!」
キウァル

423:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 19:47

キヴァル「……」
微笑んだ。
キヴァルは瞬間移動して消えた。
めい

424:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 19:53

めい「消えちゃったでも、いいや。また会おうキウァル!」
キウァル

425:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 20:00

セリア「お前がめいか、我はセリアである。闇の支配者だ!お前はなかなかの力を持っている。その力を利用してプリパラいや世界を支配してやる!さあ、お前の魂は我のものだ!我の下部になるがよい!」
めい

426:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 20:26

めい「いいよ!よろしくねセリア」
セリア

427:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 20:27

梓「壊す…セレパラなんて…壊す……
梓真、それがあんたの願いでしょ?」
彼方「(梓…苦しそう。私に出来る事は…ないのかな、やっぱり)」
梓「やっぱり返事してくれないのね、梓真…。
もう傷つきたくない……か。」
彼方「あず、さ……。」

リアン「すいません。ルミナスライトの活動、途中で抜けてしまって。
ワタシは正気に戻りました」
聖華「私も。このメンバーがやっぱりしっくりくるわね。」
風架「心配してたんだからね!?」
リリアナ「ルミナス…奇跡が起こりました」
チカセ「シャイニー…」
桜「ふふっ」

428:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 20:32

めい「梓もうやめて!」

429:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 20:33

シンリー「彼方さんはどうしたいの?」
彼方

430:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 20:37

セリア「やはりあいつは能力を持っておる。我の下部にふさわしい」
めい

431:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 20:37

梓「なんで止めにくる訳!?
ふざけないでよ、私は梓真の為に、梓真の為にっ…」
彼方「梓…(梓真の本当の願い……伝えてもきっと分かって貰えないよね…)」
梓「梓真をこのまま殻に閉じ込めたくないの!
此処に復讐すれば、気が晴れて梓真が私の変わりに出てきてくれるかもしれないじゃない!」
めい

432:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 20:38

シンリー「梓さん!本当は破壊したくないんでしょ?」

433:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 20:39

彼方「私は…梓真も、梓も大好きだから…。
二人が幸せになれる未来が欲しい、かな。
けど絶対にそんな未来は来ないから……」
シンリー

434:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 20:41

シンリー「そんなことないよ!破壊なんてやめればみんな幸せになれる!」
彼方

435:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 20:41

めい「梓なんで苦しそうなの確かにあなたは辛い思いをしたよ!家族からもプリパラでも、学校でも辛い思いをして居場所もなくて人も信じられなくなるほどに辛い思いをしてきたんだよね。でも、もう大丈夫だよもうあなたを苦しめるものは何もないんだよ!私も彼方も絶対裏切らないよ!私の友達も絶対に裏切らない!だから、もう苦しまないで!」

436:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 20:44

めい「だって!梓は私の友達だから!友達が苦しんでる姿は見てられないから!だから、止めにきたの!」

437:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 20:46

梓「本当は破壊したくない?心から破壊したいって想ってるに決まってる!
梓真のためには、破壊が一番なのよ…」
彼方「…破壊を止めたら、梓が幸せになれないと思う。
梓は…梓は、梓真を守るために生まれたんだもん」
シンリー

梓「それを私に言って何になるの?酷い目を受けたのは私じゃなくて梓真よ。
破壊して、梓真が帰ってきたら言ってあげなさいよ」
彼方「私は…」
めい

438:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 20:46

めい「彼方梓真の本当の願いを言ってあげようよ!伝えようよ!でないと梓が苦しい思いをしたままだよ!」
彼方

439:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 20:49

めい「でも、梓と梓真は一緒なんでしょ人格が違うだけで彼方から聞いたの梓は梓真のもう一人の自分なんだって!だからどっちも梓真なんだよ!だから言ったの!」

440:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 20:49

シンリー「そうだよ!梓真さんだって本当はこんなこと思ってないはず!」
めい、梓、彼方

441:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 20:51

彼方「言ってもさ…あの時言われた言葉を梓に伝えたとしてもさ…。
絶対梓は信じないよ。梓真の心の傷は深いから…。
全て恨んでると想ってもしょうがない……」
梓「っ…でも、梓真と私は違う!
私は梓真みたいに優しい心も持ってない。この世界に梓真を傷つけた恨みしかないっっ!」(涙を零し
めい、シンリー

442:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 20:54

めい「梓確かに辛いめにあったのは梓真でそのあとにあなたが生まれてきた彼女を守るために!でも一緒しょ!梓と彼女は、だから、梓と梓真どっちも私の友達だもん!だから、破壊をしようとする梓を止めたいの梓真のために!」

443:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 20:54

シンリー「そんなことないよ!泣かないで」

444:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 20:55

めい「そんなことない!梓にだって優しい心はあるよ!あなただけの優しさがきっとあるよ!」

445:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 20:56

めい「彼方梓真の心の傷は深くても伝えなきゃ今ならきっと伝わるよ!」
彼方

446:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 21:00

梓「…友達?勝手に私の事そんな風に想わないでよ…。
梓真の為に…梓真は破壊を望んでるのに…?」
彼方「…梓真の本当の願いは…セレパラを否、プリパラを壊すことなんかじゃない」
梓「…もうっ、分かんないよ…
私…今まで、梓真の為にって理由つけて勝手な事やってたの…
やっぱり、私のやってきた事は全て無駄ってことじゃない!」(号泣
めい、シンリー

447:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:03

シンリー「自分を信じて!」

448:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:03

めい「無駄なんかじゃない!梓が今までやってきたことは無駄なんかじゃない!梓真のために今までやってきたことは梓の優しさだよ!梓だけの優しさだよ!だから、泣かないでよ梓!」

449:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:05

シンリー「私も無駄じゃないと思う、ううん無駄じゃない」

450:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 21:06

梓「(私…無駄な事して梓真を困らせてたのかな…
ねぇ梓真。私…私は……)」
梓真「(…さ、梓…)」
梓「(あず、ま…!?)」
梓真「(今まで、私の為にありがとう。梓は私の大事な友達…いや、家族だよ。
私…もう大丈夫だから。彼方も、めいちゃんもシンリーさんも味方になってくれた。一人ぼっちじゃないから。……ね?)」
梓「(…あず、ま……
かわろっか。それが私達の幸せ…二人の、幸せだよね。)」

梓「…信じる。梓真の為にやって来た事は無駄じゃない。
……今まで、ありがとね。二人とも、幸せになって。」(涙を袖で拭い微笑み
彼方「梓…もしかして……っ!」
めい、シンリー

451:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:08

めい「あの、あなたが梓真さん?」
梓真

452:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:09

シンリー「梓さん……」

453:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:10

めい「まさか!梓消えちゃったの!」

454:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 21:10

彼方「梓、今までありがとう……
梓の事も梓真の事も、私は一生大好きだよ…」
梓「……本当に、ありがとう皆さん。」(梓が倒れて
彼方「梓!?」
めい、シンリー

455:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:11

シンリー「梓さん!?大丈夫!?」

456:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:11

めい「梓!起きてよ梓!梓ーーーーーーー!」

457:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 21:13

彼方「梓…梓!?」
梓真「…かな、た…?」
彼方「梓…じゃない、梓真!?」
梓真「迷惑かけてごめんなさい、急に倒れたりとか…。情けない。
本当にありがとうございます。梓の事…止めてくれたんでしょ?」
彼方「…梓真……久しぶり…」
梓真「小学2年以来かもね、彼方。ふふっ」
めい、シンリー

458:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:15

めい「あなたが、梓真さんですか。」
梓真

459:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 21:18

梓真「はい、今まで迷惑かけてごめんなさい。
元はと言えば私が弱くて、殻になんて閉じこもったのが原因だしね…」
彼方「私が虐められてたのも原因ではあるけど……。
ごめんね、めいさん、シンリーさん。私からもお礼を言わせて。ありがとうございます。」
めい、シンリー

460:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:20

夏帆(かほ)
悪のアイドル。ブラックパラダイス、略してブラパラの社長。いろんな人をブラパラに連れて行こうとする。ブラパラに来た人はみんな夏帆に操られる。シンリーとの秘密が………
外見、三つ編みを輪っかにして2つ結び。髪の色は紫。目の瞳は黒

461:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:22

シンリー「いえいえ、お礼なんていいんだよ」
梓真
夏帆「シンリー………あいつは消さなきゃ」

462:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:23

めい「いいんです。梓だってあなたのためにやったわけですから。それよりも、梓真さんよろしくおねがいします!」
梓真

463:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:23

夏帆「消してやる……」

464:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 21:24

(プリパラの外のお城
???「むーつまんなーい!
なんで人格交代したのよーーー!!」
執事「お嬢様…どうされましたか?」
???「折角楽しかったのにさ!プリパラ否、セレパラを壊すあ・そ・び!
ねぇ、今度はアンタが遊びにつきあってよね!」
執事「かしこまりました」
???「あんた達もね!エリカさん、ユカさん!」
エリカ「あはは!えぇ、楽しくなってきたわ」
ユカ「人格の話は聞いたからね…
今の梓真なら潰せる…あはは!」
???「あと楽しそうだから私もやるね!悪の組織的な感じで面白いでしょ?」


梓真「いや、でも梓の為に色々やってくれたんでしょ…。
本当にありがとう。これからよろしくね!」
シンリー、めい

465:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:25

シンリー「あっ私もよろしくお願いします」
梓真
シンリー「そういえば、あなたはめいさんですよね?」
めい

466:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:25

めい「あの、初めまして、めいといいます。あなたは誰ですか?」
夏帆

467:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:26

めい「うんそうだけど。どうしたの?」
シンリー

468:沙希◆woM:2016/01/31(日) 21:30

【すいません、ちょっと覗いたら驚いた事があって…。
うちのキャラの中に暁夏帆っていうキャラいるんですよね(笑)
被るのは別にOKなのでいいんですけどね♪】

沙希:このプリチケは……?(図書館で床に落ちているプリチケを拾って

469:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:33

めい「梓真さんよろしくお願いします。あと、彼方もよろしく。」
彼方、梓真

470:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:35

夏帆「ただ破壊するのもつまらん。人々をブラパラに連れて行き、プリパラを地獄に落とす……そしてあいつを……」
美花「誰かしら」
夏帆は美花を見た。
夏帆「あいつは使えそうだ。あいつをブラパラに連れて行ってみよう」
夏帆は美花に近づいた。
夏帆「私は夏帆です」
美花「夏帆っていうんだ、よろしくね」
夏帆「今からあなたをステキな所に連れて行きましょう」
美花「私を?ステキな所ってどんな所?」
夏帆「花がいっぱいでとても楽しい」
美花「花がいっぱいあるのね、行くわ」
美花は夏帆に近づいた。
夏帆は手を出して穴をを出し美花と落ちて行った。
美花「きゃあ〜!!」
暗闇だった。
美花「暗い所ね。あれ?扉がある」
美花は扉を開いた。
美花の目にハイライトがなくなった。
美花「夏帆様の逢瀬の通りに〜私は夏帆様の言うことを何でも聞きます」
夏帆「成功」

471:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 21:36

彼方「うん、改めて宜しくね!」
梓真「こちらこそ宜しくお願いします。」(微笑み
めい

【すいません、アニメ見てきます←
好きなアニメが更新されていたのDAw】

472:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:36

【あっ!すみません、名前変えます。美穂にします】

473:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:37

めい「美花さん!早くみんなに知らせないと!」
みんな!

474:沙希◆woM:2016/01/31(日) 21:39

>>472
すいません、ありがとうございます…。
なんか>>468の文章嫌味っぽくてごめんなさい、なんていえばいいのかちょいパニックになってたみたいで…】

475:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:40

めい「大変なの!ブラパラの人がセレパラに来て名前は美穂っていう人!ブラパラに私の友達が操られちゃった!だから何か言われても断ってじゃないと操られちゃうから!」
梓真、彼方、シンリー

476:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:43

めい「ベリー!アミー!千凛!メルシュ!ころね!大変ブラパラの人がセレパラに来てるのそれで、美花さんが、操られちゃった!とりあえず何を言われても断ること!それと、美穂っていう人に注意!」
ベリー!アミー!千凛!メルシュ!ころね!

477:さくあ◆X.:2016/01/31(日) 21:44

梓真「ブラパラ…?聞いた事ないけど……。
けど、私と梓、顔合わせて話した事ないから…。もし合わせてあげるとか言われたら多分着いて行くと思う」
彼方「流石梓真…w
私は梓と梓真が二人になって、周りにいて欲しいかも。二人とも私の恩人で最高の友達だし。
って、そうじゃなかったね。分かった、気を付けるよ」

478:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:46

めい「ありがとう!」
梓真、彼方

479:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:47

美花「美穂様の言うことは何でも聞きます」
美穂「これはいい。では次のブラパラに来させる人を探そう」
今度はキラパラに来た。
ルウリとネーナが通った。
美穂「あいつらにしよう。ねえ君たち」
ルウリとネーナに近づいた。
ルウリ「きゃあ!来ないで!」
美穂「ステキな場所へ行かない?」
ルウリ、ネーナ「ステキな場所?」
美穂「そうさ、とても楽しい所さ」
ネーナ「絶対に行かない!もうママ以外は誰にもついて行かない!」
ルウリ「またネーナを攫うつもり?」
美穂は手を出して煙に閉じ込めた。
ルウリ「これって私の魔法じゃない!」
暗闇だった。
ネーナ「ママ怖い」
ルウリ「大丈夫よ、ママが守るから。あれ?扉がある」
ネーナ「絶対開けたらダメ!怖い!」
ルウリ「大丈夫、私はこういうのには惑わされない!」
美穂がルウリとネーナの背中を押して扉の中に入った。
ルウリ「ここどこ?」
美穂「ブラパラへようこそ」
ルウリとネーナの目にハイライトがなくなった。
ルウリ「美穂様の逢瀬の通りに〜ほらネーナも言いなさい!」
ネーナ「何でも言うことを聞きます」
美穂「これで3人目だ」

480:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:48

めい「初音さん、クレハさん、キセツさん大変です!ブラパラの人がセレパラに来ました!それで、美花さんが操られました!とりあえず、美穂さんという人にはきお付けてください!最後に何か言うかもしれませんけどついて行かないでください!操られます!」
初音、クレハ、キセツ

481:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:50

シンリー、アミー「うん!ついて行かない!」
千凛「わ、分かりました」
ベリー「言われなくても分かってるわよ、幼稚じゃないんだから」
ころね「うん!」
めい

482:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:51

めい「えりな!大変美花がブラパラの人に連れてかれたあと被害は二人に増えて三人になった!美穂という人とにはきおつけてください。」
えりな

483:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:51

めい「ありがとう!」

484:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:53

えりな「うん!美穂?」
めい

485:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:54

めい「一華さん!理沙!真由!沙那大変!ブラパラの人がセレパラにいる!美穂という人には要注意!操られ人が三名いる!」
一華さん、沙那、理沙、真由

486:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:55

めい「ブラパラの社長の名前です!美花さんも操られています!謎の扉に要注意です!」
えりな

487:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 21:57

めい「いおり、あいり、まりあ、大変!ブラパラの人がセレパラにいる!きおつけて」
いおり、あいり、まりあ

488:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 21:58

えりな「美花は騙されやすいからな〜分かった」
めい

489:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:00

めい「優愛、優稀、瑠花さんたいへんです!ブラパラの人がセレパラに来ていて!操られた人もいるのできおつけてください!」
優愛、優希、瑠花

490:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:01

めい「みぃ大変ブラパラの人がセレパラにいるだからきおつけて!」
みぃ

491:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:03

めい「シオンさん!ゆり!キナさん大変です!ブラパラの人がセレパラに来てます!きおつけてください」
シオン、ゆり、キナさん

492:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:05

今度は空からセレパラに来た。
まりぃを見つけた。
まりぃを手で空に浮かせた。
まりぃ「きゃあ!何これ浮いてる!?」
ゆい「まりぃ!?」
美穂「ちょうどいい」
ゆいも一緒に連れて行って空へ上がって行った。
まりぃ、ゆい「きゃあ〜!!」
暗闇に入った。
まりぃ「何?この扉」
ゆい「まりぃダメだよ!全くまりぃは何でも扉を開けたがる。この間だってそう、入るなと書いてあるのに入る。もう今度からは絶対に開けないで!」
まりぃ「分かってるよ」
ゆい「本当?」
美穂「え〜いこいつらも私がいないと中に入れないか」
美穂が扉を開けて風で吸い込まれそうになった。
ゆい「今度は吸い込まれないんだから!」
まりぃ、ゆい「きゃあ!」
風が強くなって吸い込まれた。
まりぃ「ここどこ?」
ゆい「さあ」
まりぃとゆいの目にハイライトが消えた。
まりぃ、ゆい「美穂様〜」
美穂「どんどん増えていく。面白くなって来た」

493:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:06

キナ「うむ、分かった」
めい

494:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:08

めい「よろしくおねがいします!」
キナさん

495:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:10

美穂「これで5人だ」

496:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:10

めい「こうなったら!美穂さん!もうこんなことやめてください!それと、操った人たちお元に戻してください!」
美穂さん

497:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:11

美穂「………」←聞こえないふりをして
めい

498:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:12

めい「みんなにメールしよう!」
『みんな、私は美穂という人と話をしてくる。今操られている人数は五人だよ!もうこれ以上増えないためにはなしをつけてくる。』
みんな

499:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:13

めい「美穂さん!聞こえないふりしてるのバレバレですよ!操った人を返してもらいます!」
美穂

500:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:14

美穂はスマホを取り出してめいのメールを消して消えて行った。
千凛「めいさん大丈夫ですか?わ、私も行きます」
めい

501:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:17

めい「消される前にメールを打たなければ!」
『みんな!大至急来てこのままじゃブラパラに支配されちゃう!あとメールは相手が消している可能性があるけどとどいた人は早く来て!」
みんな

502:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:18

今度はまみを連れて行った。
まみ「美穂様〜」
みれぃとらぁらも連れて行った。
みれぃ、らぁら「美穂様〜」
リーエを連れて行った。
リーエ「……美穂様〜」

503:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:18

めい「美穂さん!あなたの思いどうりにはさせません!」
美穂さん

504:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:19

美穂「うるさい、あの扉に入ればお前も操られるぞ」
めい

505:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:20

めい「みんなにメールをしなきゃ!」
『みんなみれぃとらぁらさんとまみさんが操られました」
と送る
みんな

506:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:21

めい「絶対あなたの好きなようにはさせません!」
美穂さん

507:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:22

美穂は絶対にブラパラから出られないように魔法で閉めて出れなくした。

508:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:25

めい「美穂さんそんなことしても無駄ですよ!貴方にセレパラは渡さない!」
美穂さん

509:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:27

めい「今の現状も報告しなくては!」
『みんな今このセレパラからは出れないようにされてる!」
とみんない送る
みんな

510:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:27

美穂はめいを無視して他のアイドルたちを浮かばせてブラパラに連れて行った。
めい

511:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:29

めい「待ちなさいみんなは渡さないわ」
めいは、みんなのいるところに飛び込んだ!
美穂

512:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:30

千凛「おい、お前!勝手なことをしたら許さねーぞ!」
美穂「うるさい……」
めい

513:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:32

美穂「だが遅い」
空へと消えて行ってブラパラに行った。
他のアイドルたち「美穂様〜」
めい

514:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:33

めい「そんな!みんなが操られてしまった!だけど、私はあきらめないわ!」
美穂

515:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:35

めい「千凛どうする美穂をどうやって止めようか?」
千凛

516:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:37

千凛「お前何をするつもりだ!」
美穂「いきなり口が悪くなりましたね〜千凛さん」
千凛「カンケーねぇだろう!」

517:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:39

めい「美穂さんいったいなにするつもりなんですか!」
美穂

518:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:39

千凛「あー!マジでムカつくぜ!いい加減にしやがれ!こっちが聞きてーよ」
めい

519:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:41

めい「同感です!久々にキレちまったぜ!」
千凛

520:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:45

千凛「あっごめんなさい……わ、私怒ると言葉が乱暴になるのです」
めい

521:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:46

???「おい!めい!変われ!お前じゃ無理だ!」
めい「そんな!私がやる!だから引っ込んでて!」
???安心しろよ!俺に任せておけ!」
めい「分りました!」
せいら「おい!またせてわるかったぜ千凛」
千凛

522:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:48

千凛「大丈夫です」
せいら

523:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:48

めい「あのいいんです!私もこういう状況になると裏が出てくるので!」
千凛

524:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:48

せいら「それはよかったぜ!」
千凛

525:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 22:49

せいら「おい!そこのお前!今回の目的について言え!」
美穂

526:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:52

美穂「邪魔だな」
美穂は台風を起こした。
千凛「何すんだよ!いい加減にしやがれ!」
美穂「邪魔する方が悪い」
めい、せいら

527:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 22:55

美穂「お前たちに言う必要はない!邪魔だ」
めい、せいら

528:めい◆Q8I:2016/01/31(日) 23:01

せいら「アぁ〜もう少し素直だったら俺の女にしてやってもよかったのによ残念だぜ!」
めい「せいら!そんなこと言ってる暇ないでしょ!美穂さんを止めなきゃ!」
せいら「分ってるよ!だから悪いな眠っててくれ。」
せいらは、美穂の腹を殴ると気絶させてしまった!
めい「早く変わってください!」
せいら「分ったから!せかすな!」
めい「千凛美穂さんは気絶させえおきました!」
千凛

529:まりぃ◆F.:2016/01/31(日) 23:23

美穂は目を開けた。
美穂「甘い!」
美穂は雷を呼んで雷を起こした。
めい、せいら

530:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:06

めい「美穂さん!なんで、セレパラを狙ったんですか!お嬢様に言われたんですか!セレパラを壊す遊びとやらに。」
美穂さん

531:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 16:08

【部活なかったので少し帰り早かったです〜。ただいま〜】

初音「今日は何しよう〜…」
クレハ「だね〜…ちょっと暇〜…」

532:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:09

【新キャラ紹介です。】
名前立花せいら
俺様系アイドルアイドルランクひっぱりだこアイドル
性別女
性格俺様
ブランド名「クールデビル」

533:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:10

めい「初音さん!クレハさん!助けてください!」
クレハ、初音

534:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 16:13

初音「は?めいどうしたの?」
>>めい

535:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:16

めい「今セレパラのアイドルたちがブラパラの人たちに操られていて、今3人しか残ってないんです。それと今ブラパラの人といます。どうにか助けてください!」
初音

536:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 16:18

美穂「うるさい、お前には関係ない。私はただ壊したいだけだ!何ならお前もブラパラに連れて行って操ってやろう」
めい

537:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:20

めい「ふざけないで!ただ壊したいだけで壊すなんて!そんなこと絶対にさせない!それに絶対に私は操られたりなんかしない!」
美穂

538:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 16:23

初音「えー、僕あんまり人を助ける趣味とかないしー…」
>>めい

539:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:25

めい「お願いします!本当にピンチなんです!」
初音

540:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 16:25

初音「自分でどうにかしといて」

>>めい

541:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:29

めい「分りました自分で何とかします!」
初音先輩

542:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 16:30

初音「おっけー。そんじゃ、クレハと出かけますか〜、じゃね〜」
>>めい

543:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 16:32

美穂「やっぱやめた。あんたを連れて行っても何もならないからな」
美穂は嵐を呼んでめいを吹き飛ばした。
めい

544:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:32

めい「それじゃいってらしゃ〜い!」
初音

545:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:34

めい「きゃ〜!」
めいは吹き飛ばされたそしてしりもちをついた。
美穂さん

546:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 16:34

モニカ「………」(めいと美穂を見て

547:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 16:35

美穂「邪魔をするからだ」
美穂はめいを暗闇に閉じ込めて鍵を閉めた。
美穂「そこから出ることはできないからな」
めい

548:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:40

めい「閉じ込められたか!」
めいは大人しくすることにした。
美穂

549:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 16:42

美穂「これで邪魔することはできないだろう」
美穂はブラパラに連れて行く人を探した。
めい
美穂「ん?あいつはいいな」
美穂はせいらを浮かばせた。
せいら

550:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 16:48

キヴァル「キラキラ輝くための毎日
月曜日に歌を歌い
火曜日にリズムに乗って
水曜日はランウェイして
木曜日はステージに立ち
金曜日はまた練習
土曜日は寝て
日曜日に出かける
輝くためには諦めるわけには行かないの〜♪」
ミサル「キヴァルの歌声はサイコーサル。誰よりも美しいサル」
キヴァル「……」

551:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:48

めい「閉じ込められた!けど、まだ、せいらがいる!せいらにメールをしよう!」
『せいらさん敵につかまりました助けてください!」
と送った
せいら
せいら「めいからメールだ!敵につかまったから助けて!たっくあいつはしょうがねえなぁ!おい千凛!あいつを助けに行くぞ!」
千凛

552:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:49

せいら「おい!美穂!めいの居場所を言え!」
美穂

553:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 16:50

千凛「はい!」
美穂「無駄だと言っているではないか、しつこいやつらだ」
美穂は千凛とせいらを浮かばせた。
千凛「きゃあ!」
せいら

554:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 16:52

美穂「教えるわけないだろう!」
せいら

555:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:52

せいら「くそっ!めいを待たせられねって時に!」
浮かされているためせいらと千凛に打つすべがない!
美穂

556:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 16:54

せいら「そうかよ!大体場所は分ってんだ!ブラパラで一番暗い場所!扉の前に閉じ込めてきたんだろ!」
美穂

557:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 16:54

美穂は千凛とせいらを浮かばせてブラパラに連れて行った。
暗闇に行った。
千凛「何なんだよ、あいつ!つーか、ここどこだよ!」
せいら

558:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 16:56

美穂「私が閉じ込めたのは檻だ」
せいら

559:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 17:13

せいら「おちつけ!ここはブラパラの入り口だ!もしかしたら、めいもいるかもしれねぇ!」
千凛
めい「あっ千凛とせいらの声だ!」
千凛

560:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 17:14

せいら「おい!千凛今すぐ檻に行くぞ!」
千凛

561:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 17:15

美穂「ならライブして連れて行ってやる」

「美穂さんはダークムーンコーデね!闇の月をイメージしたコーデね」

ダークムーンコーデ!ふんっ

みんな「あれ?あの子誰だろう」
美穂の目が黒く光った。
美穂「セレパラの愚かな者たちよ、セレパラ、キラパラを闇の世界にしてやろう」

黒い闇を見せてやろう
幸せを絶望に変える

メイキングドラマ!スイッチオン!

美穂は扉を開けてブラパラに行った。

闇の世界へ!レッツゴーブラパラ!
みんなは浮かんでブラパラに行った。

エアリーチェーンジ!ダークエアリー!

さあ案内しよう
ワクワクだな

みんな「キャー!!美穂様〜!サイコーです!」
美穂「成功」

562:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 17:16

千凛「は、はい!」
せいら

563:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 17:44

アリアが歩いていた。
美穂がアリアを見た。
美穂「あいつも役に立ちそうだ」
アリアはゲームをしながら歩いている。
アリア「リュウくんかっこよかった」
美穂「そこの君」
アリア「私?」
美穂「好きな人がいるんだよね?」
アリア「関係ないでしょ?」
美穂「私には分かる。君の好きな人もブラパラにいる」
アリア「騙されないよ!」
美穂「本当のことなのに……君の好きな人悲しむよ」
アリア「(リュウくん……)」
美穂「さあおいで」
暗闇になった。
アリア「扉だ」
アリアは扉を開けた。
アリア「リュウくん?どこ?リュウくん?」
アリアは周りを見渡した。
アリア「そんな……」
アリアの目にハイライトがなくなった。
アリア「美穂様〜」

564:妃雪◆rw:2016/02/01(月) 18:15

自宅
奈津「…やっぱり梨花、可愛いなぁ……」
(梨花のライブDVDを鑑賞していて

ドリパラ
リズ「ラブリードリームマジック!うふっ」
(ライブしていて

セレパラ
梨花「…ティナ、大変だけど頑張ろうね!」
ティナ「ピィ!」
梨花「ふふっ」


ティナ
梨花の外のペット。つい最近セレパラにも連れてきた。梨花の大切な相棒。
容姿は小さなドラゴンっぽい鳥。色は水色。相当珍しい動物らしい。

565:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 18:21

美穂「梨花か、あいつも使えそうだ」
美穂は梨花を浮かばせてブラパラに連れて行った。
梨花

566:そふぃ◆Qg:2016/02/01(月) 18:22

クレハ「戻って来た〜。お出かけ楽しかったね!」
初音「だね〜!僕の新しい服も買えたし…」

567:妃雪◆rw:2016/02/01(月) 18:23

ティナ「ピィ!」
梨花「え、浮いてる…!?
……自分の命がかかった戦いを勝ち抜いた私を、なめないで下さい!」
ティナ「ピ!」(氷のような息を吐いて
梨花「ティナありがとう…。」
美穂

568:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 18:25

美穂「あいつは後にしよう」
梨花
美穂はクレハと初音を浮かばせた。
初音、クレハ

569:そふぃ◆Qg:2016/02/01(月) 18:26

初音「うわっ、何これ」
クレハ「ええ〜…私以外にも超能力使える人いるんだ〜」
初音「そりゃ、居るでしょ」
クレハ「これがブラパラってやつ?」
>>美穂

570:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 18:27

暗闇になり、扉があった。
初音、クレハ

571:そふぃ◆Qg:2016/02/01(月) 18:28

初音「扉?ま、いっかとりあえず誰かが来るまで待機しよ〜」
クレハ「だね〜。めいからブラパラについては聞いてるし」
>>美穂

572:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 18:59

【プリパラ見てました。ガァルルとあろまの対決面白かった】
美穂「私がいなければダメなのか!」
美穂は扉を開けて風を起こして2人を吸い込んだ。
クレハ、初音

573:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 19:21

【私もプリパラ見てました〜。ひびきの幼少期可愛い…】

初音「うええ……」
クレハ「吸い込まれたくないよ〜…」
初音「あっ、ちょっと!クレハ、あれ使ってよ!」
クレハ「あっ、そうだね!」(超能力を使ってテレポートして

>>美穂

574:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 19:23

美穂「何っ!どこへ消えた」
クレハ、初音

575:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 19:35

初音「な、なんとか逃げ切れた…ブラパラってやつ怖いね〜」
クレハ「超能力使うの久しぶりだな〜」

576:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 19:45

美穂はブラパラに帰った。
美穂「おい、ルウリ」
ルウリ「はい何でしょうか、美穂様」
美穂「ちょっと来い」
ルウリ「はっ」
美穂とルウリはプリパリに出た。
美穂「リリアンとか言うやつにメールをしろ」
ルウリ「はっ」
『ヤッホー!リリアン』
と送った。
リリアン

577:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 19:47

リリアン「ん?なんだろ〜…」(『ルウリ〜、どうかした…?』で送信して

>>ルウリ

578:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 19:50

ルウリは
『私もプリパリに来たんだ〜リリアンと出かけたくてさ〜一緒に出かけない?』
と返信した。
リリアン

579:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 19:51

リリアン「……」(『ごめんね…。今日もまた仕事なんだ。また今度ね』と送信して
>>ルウリ

580:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 19:54

美穂「失敗か」
ルウリ「いいえ、まだチャンスはあります」
ルウリはリリアンのいる所に入って行った。

581:妃雪◆rw:2016/02/01(月) 20:33

梨花「…けどなんだったんだろ。
取り合えずリズさん達に電話して…」
(ケータイを出せば固まり
梨花「葉月さん…セレパラデビューか…」

草花 葉月(くさはな はづき)
奈津の彼氏の妹であり梨花よりは年上で、リズ奈津よりは下。
案外素直でスポーツマン。植物は好きらしく案外詳しい。
チャームはポップ、ブランドはフラワーリーフ。

582:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 20:45

せいら「よし!こうなればあいつの居場所を誰かに伝えるしかない!」
せいらはめいの知ってそうな人にメールをした。
『初めましてせいらといいます。めいがブラパラの奴につかまって檻に入れられてしまいました。俺らもあいつの所に来ます。でも、あいつの所に早く行けるような力のある奴はどうか助けてください!」
と送った。
初音、クレハ

583:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 20:46

めい「千凛来てくれたんだね!」
千凛

584:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 20:49

千凛「めいさん大丈夫ですか!?」
めい

585:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 20:51

初音「メール?」
クレハ「……」
初音「く、クレハ…どうする…?」
クレハ「あ、私助けに行って来るよ!」(テレポートして
初音「えっあ、ちょ!?」
>>せいら

586:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 20:51

めい「私は大丈夫だよ!ただ出れないだけ。せいらもありがとう!」
せいら「おれいなんていらねぇっての!俺はただ今までの過ちを償いたいだけだ。」
千凛

587:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 20:53

せいら「おっ!誰か来てくれるみたいだぜ!」
『めいを助けに来ていただいてありがとうございます。めいは出れないだけでひどいこともされた様子もありません。」
と送った
初音

588:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 20:55

クレハ「やっほー。君がせいら?」(せいらの場所に来て

>>せいら

589:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/01(月) 20:58

【 セレパラ歌劇団描けたから載せるよ
http://ha10.net/up/data/img/6329.jpg
はい、画質悪いけどね笑
アリスは一応イメージで まりぃとベリーはその通りに描いてみたけど
イメージと違ったらごめんなさい🙇 】

590:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 20:58

美穂はセレパラに出た。
キナがいた。
美穂「そこの君」
キナ「私か?」
美穂「君しかいない。君の望む所へ連れて行こう」
キナ「望む所?悪いが私は望む所などない」
美穂「あるんだよな〜」
キナ「お前のことはめいに聞いている。連れて行こうとしても無駄だ」
美穂はキナを浮かばせた。
キナ「わあ!何をする!」
美穂はキナをブラパラに連れて行った。
暗闇に来た。
キナ「扉?」
美穂はキナを扉を開けて抱えた。
キナ「何をする!」
キナを扉の中に投げた。
キナ「わあっ!」
キナの目もハイライトがなくなった。
キナ「美穂殿」

591:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:02

千凛「すぐに出します」
千凛は檻にパンチをした。
(カン!)
千凛「いたた」
めい

592:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:03

せいら「そうだ!俺がせいら!頼むめいを檻から出してくれ!」
クレハ

593:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:04

めい「千凛大丈夫!」
千凛

594:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:04

美穂「あいつは許さない!シンリー倒してやる」

595:妃雪◆rw:2016/02/01(月) 21:05

【補足、草花葉月はセレパラやドリパラに来ると名前が変わってリーフになります。】

セレパラ
リーフ「デビューライブ…やりたいな」
奈津「葉月ちゃん!デビューライブかー…」
リーフ「今はリーフですよ、奈津さん。」
リズ「ドリパラのライブ終わったから来たけど…
リーフデビューすんの?あたしがかけあってあげようか?」
リーフ「そっか、今ライブトップ以上じゃないと出来ないんでしたね。」
奈津「大丈夫!リーフちゃんのライブ許可なら直ぐに出ると思うよ!」
リーフ「はいっ!」
〜数十分後〜
奈津「OKだって〜!」
リーフ「よし…初ライブ、頑張ります!」

596:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 21:06

クレハ「はーい。めいはどこにいるの〜?」

>>せいら

597:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:06

千凛「はい平気です」
めい

598:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:07

ルウリ「リリア〜ンどこ?」
リリアン

599:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:07

めい「シンリーにメールを打とう」
めいはシンリーにメールを打った!
『シンリー美穂さんにきおつけて!狙われてるから!」
と送った

600:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:14

せいら「檻の中だよ。」
クレハ

601:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:15

めい「クレハさ〜ん私は檻の中にいますよ〜!」
クレハ

602:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:15

めい「よかった!」
千凛

603:妃雪◆rw:2016/02/01(月) 21:20

めが姉ぇ「リーフちゃんはフラワーシャーベットコーデね!
お花がふんだんに散りばめられた衣装が可愛いわ!」
リーフ「フラワーシャーベットコーデ!えへっ」

客「リーフっていうんだ…可愛い!ライブ期待してるね!」
リーフ「はい、頑張ります!」

楽しみだけれどちょっと怖いけれど
今踏みなれてた大地を蹴るよ♪
誰かが夢見て誰もが見上げたあの鳥のようになれたらって
体よりも心軽やかに広げて♪

リーフ「メイキングドラマ、スイッチオン!」

リーフ「きゃっ」
リーフは緑色の羽を生やしていて、風が吹けばその羽が千切れそうなくらい揺れて。
ただ嬉しそうに笑えば、風の流れに乗って空を飛び。
風を切って飛びながらリーフは風を起して草木を揺らせて何もない所に着地して草を生やし

輝く風よ揺れる草よ!フラワーストリームっ!

ほら何処までも飛んでダンスを踊るように
重力なんてもう忘れちゃったね♪
この空は生まれ変われる世界
もっと自由になれるから♪

リーフ「ゴールドフラワーエアリー!あははっ」
(花の形をした金色の羽を出し空から観客に手を振って
リーフ「ありがと〜!」

空のキャンバス落書きをするようにその心解き放って♪

(大歓声)
客「ゴールドフラワー…エアリー…
始めて見たよ…。凄い!」
奈津「リーフちゃん…想像以上なんだけど!」
リズ「あたしたちに追いつくのも、遅くはないかも」

604:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:25

めい「リズと奈津にもメールしないと!」
『リズ奈津!今誰かと一緒にいるならライブ終わりに外に出たらブラパラの人がいて私はつかまりました!そして美穂という人は自分が望むものをというってきますがそれでもダメなときは浮かせていきますだからきおつけて!それと今セレパラからは出られません!」
と打つ
リズ、奈津

605:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 21:29

クレハ「ああ〜、あれね」(超能力で檻を壊して

>>めい

606:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:31

めい「ありがとう!クレハさん!」
クレハさん

607:妃雪◆rw:2016/02/01(月) 21:32

リーフ「あー、楽しかったー!
もう私もメジャーアイドルかー…」
リズ「まさか一気にメジャーまで上がるとか想像してなかった」
奈津「あれ、メール?」
リズ「あたしにも届いてるけど…めいだ。
…美穂って聞いた事ないな」
奈津「望むものって…今私には何もないしね。」
リーフ「ていうか捕まったって!助けに行きましょうよ!」
奈津「そうだね!梨花は忙しいだろうから、三人で!」
めい

608:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 21:34

クレハ「でも…私が超能力を持ってるの知ってるのは初音とさっきの人だけ…
このことは絶対に内緒ね?」
>>めい

609:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:38

めい「そうだ今の状況を三人に伝えなきゃ!」
『今私は檻の外にいます!友達に助けてもらったんだ!でも今はブラパラの檻の前にいる!けどきおつけてほとんどのアイドルは、操られちゃって!まだ残ってる人も少数の人数だと思う!」
と送った
リズ奈津リーフ

610:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:38

めい「分った!」
クレハ

611:珠菜◆cc:2016/02/01(月) 21:39

クレハ「じゃあせいら?とめい連れて逃げるか〜」(二人を連れてテレポートして
>>めい、せいら

612:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:41

めい「分った!千凛私の手につかまって!」
せいら「分ったぜ!」
クレハ

613:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:43

千凛「はい!」
めい

614:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:45

美穂「キナお前は誰かに変身できるんだろう」
キナ「うむ、そうだ」
美穂「では………」
キナ「うむ、分かった」

615:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:45

めい「よし!脱出!」
千凛

616:妃雪◆rw:2016/02/01(月) 21:46

奈津「操られるって……とりあえず、檻の前にでも行って見よう!」
リズ「ああもう!ドリパラならフェザーとかエアリーだして一瞬なのに!」
リーフ「嘆いてる暇はないと想いますよ。行きましょう!
お兄ちゃん達みたいな事になったら大変ですし!」
リズ「そうね、パパッと行っちゃいましょう!」
奈津「プリズムフェザー!
……あれ、出せちゃった…」
リズ「!?奈津凄い…
プリズムフェザー!あ…」
リーフ「フラワーフェザー!行きましょう!」
奈津『宛名:めいちゃん
件名:
本文:今行くからね、待っててね!』(送信
めい

617:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:47

千凛「めいさんが無事でよかったです。はい、脱出しましょう!」
めい

618:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:49

めい「よしとりあえず脱出できたことを伝えてをこう!」
『脱出成功!今向うから!」
リズ奈津リーフ

619:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:50

めい「千凛これから集団で行動できるようにまだ操られてない人たちを救助しに行く!」
千凛

620:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:51


美穂「せいらを連れて行こう。キナいいな?」
めい(キナ)「うむ」
美穂「ではせいらを探せ」
せいら

621:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:55

なつき「めいさん!まりぃ様がいないのです!」
めい

622:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:55

めい「千凛、クレハさんもしかしたらキナさんが私にふんしている可能性があります!だからきおつけてください!」
千凛、クレハ

623:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:56

めい「なつきさん!あなたはまだ操られてはいないようね。もしかしたらまりぃさんは操られてしまった可能性がある!」
なつき

624:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:57

千凛「はい」
めい

625:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 21:58

めい「じゃあ行ってくる!」

626:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 21:59

なつき「そんな……こんなことするなんて許せません!」
櫻子「なつき殿〜!大丈夫でございまするか?」
なつき「はい」
櫻子「私たちで止めましょう!」
なつき「はい!」
めい

627:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:01

美穂「せいらはいないか。せいら!!」
せいら

628:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:03

めい「待って!貴方たち二人だけじゃだめよ!私と行動して!今は集団でいることが大事なのよ!それに、美穂は不思議な力を持っている!」
なつき

629:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:03

せいら「そんなに呼ばなくてももう来てるぜ!美穂」
美穂

630:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:04

なつき、櫻子「分かりました」
めい

631:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:05

めい「今は操られてはいない人たちを探さなくちゃ!思い当たる人のところに行く!」
なつき

632:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:06

めい「リズ!奈津!リーフ!来たよ〜!」
リズ、奈津、リーフ

633:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:06

めい(キナ)が美穂にヒモで縛られている。
めい(キナ)「きゃ〜!!せいら〜!」
美穂「ブラパラに来なければこの小娘は終わりだ」
せいら

634:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:08

せいら「あのなぁ。こんなことしても、俺は騙されねぇぞ!キナだろ?」
キナ、美穂

635:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:19

美穂「キナもうよい」
キナは元の姿に戻った。
美穂「よく気づいたな。私はあいつを消すために……」
せいら
回想
小学生の時
シンリーが走って来た。
美穂「シンリーまた泣いてる」
シンリー「百恵さんと里香さんにまたいじめられた〜!!」
シンリーは泣いた。
美穂「シンリー大丈夫?」
シンリー「もう、なんで助けてくれなかったの?あんたが助けなかったおかげで私がいじめられたじゃん!」
百恵「そんな弱虫を庇ってどうすんの?」
里香「ていうかさ、美穂もダサくない?」
百恵「もしかして弱虫シンリーといるからダサいのかな?」
美穂は泣いた。
放課後
シンリー「美穂なんか大嫌い!美穂なんかあっち行け!美穂なんか友達じゃない!」
「私に感情をぶつけられて………」
現在
美穂「私だって辛かった!シンリーが来てからは毎日シンリーと一緒にいじめを受けていた」

636:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:19

めい「もしかして!千凛にメールしなくちゃ!」
『千凛せいら千凛の所にいる?」
と送る

637:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:21

せいら「ならシンリーだけつぶせばいいじゃねぇか!」
美穂

638:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:22

『はい!キナさんがめいさんに変身してました』
と送った。
めい

639:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:22

せいら「めいにメールだな」
『めい。今美穂の所にいる実際の敵は美穂じゃねぇシンリーだ!」
めい「えっ!今いくから待ってなさい」

640:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:24

美穂「大体悪いのはプリパラだ!プリパラのせいで……」
シンリー「……」
せいら

641:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:24

めい「よし今いるメンバーで行くか!なつきさん私と一緒に友達のところに行きますけどいいですか?」
なつき

642:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:25

せいら「プリパラのせいじゃねぇだろ!悪いのはシンリーじゃねぇのか!」
美穂

643:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:25

なつき「はい!」
櫻子「わたくしもお供いたしまする」
めい

644:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:26

めい「今来たよ!シンリー!なんで?友達を見捨てるようなことしたの!シンリーこそ!美穂と友達なんかじゃない!」
シンリー

645:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:26

めい「よし!行くよ!」
なつき

646:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:29

美穂「プリパラで私はシンリーとチームを組んでいた」
回想
シンリーと美穂のライブが終わった。
百恵「見てよ、あのダサいライブ、超ウケる〜!!」
里香「ホントだ〜あはははっ」
「私をバカにして……」
シンリー「リーダーだよね?しっかりしてくださいよ!」
美穂「そんな私に言われたって……」
現在
美穂「だからプリパラを破壊するんだ。セレパラも同じさ」
せいら

647:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:32

せいら「そんなことねぇ!そんなの、シンリーと百恵ってやつと里香ってやつのせいじゃねぇか!そもそもチームくむ奴じたい間違ってるぜ!あんな奴じゃなくてめいみたいなまっすぐな奴と組めばよかったのに!」
美穂

648:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:32

めい「みんな来たよ!」
みんな

649:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:33

シンリー「百恵さんと里香さんにいじめられて美穂が私をプロデュースしてくれたんだけどいじめられて………つい怒ってしまったの。美穂、ごめん!あの時は私が悪かった!」
美穂「謝ったってもう遅い!消えて!」
めい

650:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:38

めい「美穂さん待って!シンリーは誤ってるじゃない!でも確かに時期的には遅すぎるよね!てことで消す以外に何かしたら!例えばみんなを操られるのを解除する代わりにシンリーを操るってのはどう!」
美穂さん

651:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:40

百恵「実は本人はそう言うけどシンリーは悪くないの!美穂も私と里香の友達で実は一緒にシンリーをいじめようって言ってたの」
里香「そう!」
回想
シンリーがいない時
百恵「美穂すごい演技だった。このままシンリーをいじめよう」
美穂「うん、いいよ。シンリーをいじめるの面白いよね」
里香「シンリーって本当ダサいよね〜」
百恵「そうそう」
美穂「ダサすぎでしょ」
百恵、里香、美穂「あはははっあはははっあはははっあはははっ」
現在
百恵「悪いのはシンリーじゃない」
せいら、めい

652:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:42

美穂「うるさい!お前には関係ない」
めい

653:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 22:46

美穂「あんたたちに私の何が分かるって言うの?私の気持ちも分からないくせに適当なこと言わないでよ!プリパラ大嫌い!みんなみんな大嫌い!プリパラなんて消えちゃえばいいんだ!邪魔しないでよ!」
美穂は消えて行った。
めい、せいら

654:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 22:59

めい「あのさ。シンリーと美穂の言うことが食い違ってるからうまくわかんないんだよね。美穂はシンリーが悪いって言って。」
せいら「それで、今美穂が悪いってことになってるのか?」
めい「そいいうことだね!でもこうなったらどっちもじゃない!それは、里香さんたちも入ります!」
里香、百恵

655:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 23:00

めい「待って!美穂さん!」
せいら「待て!美穂!」
美穂

656:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 23:01

百恵「私たちがいじめたのは確かよ、でもシンリーは悪くない」
里香「シンリー!?」
シンリー「美穂……ごめんね」
めい、せいら

657:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 23:03

めい「まぁ今回はシンリーと美穂どっちもお互いをいじめあってたってことになるよね!だから!私が美穂さん見つけてくる!」
シンリー、百恵、里香

658:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 23:04

ブラパラタウン
美穂「あの人たちに邪魔はさせない。私の気持ち分からないくせに」
美穂は泣き出した。
美穂「シンリー……」

659:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 23:06

めい「美穂さん!見つけましたよ!とりあえず逃げないで聞いてください!私も、あなたと同じような経験をしています!」

660:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 23:07

せいら「そうだ!あいつもお前と同じ経験をしてる!なぜならめいをいじめていたのがおれだからだ!」
美穂

661:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 23:12

美穂「どうやってブラパラに来た!なんで操られない!なんでいじめていたのにめいを助ける!意味不明」
めい、せいら

662:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 23:19

セリア「破壊されたら支配できぬではないか、破壊などさせん!」

663:めい◆Q8I:2016/02/01(月) 23:21

めい「だって!私は美穂と仲良くなりたい助けたいって気持ちできたの!そりゃぁ虐めてた人と仲良くするのは嫌だったけどでも、私にしたことを反省してくれたからそれで許せるの。」
せいら「そりゃぁいじめてきた奴を助けるのは意味不明だと思うぜ!でも、俺がずっとめいにしたことは許されないでも俺はめいの助けになることをしてめいが傷ついた分の傷をいやせたらいいなという思いでめいの助けをしてるんだ!」
美穂

664:まりぃ◆F.:2016/02/01(月) 23:28

美穂「ウソだ!私と仲良くなりたいなんて思ってないはずだ!私とあんたたちは敵なんだから!」
操られているみんなが来た。
みんな「美穂様大丈夫ですか?美穂様に余計なこと言わないで!」
美穂「掛かれー!!」
操られているみんなはめいとせいらに飛びかかった。
美穂は泣いている。
めい、せいら

665:ゆいぽん◆F.:2016/02/01(月) 23:46

【せいらちゃんの曲作ってみました。下手ですがプリパラのオリキャラのキャラソンに見に来てください】

666:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 13:49

めい「そんなことない!私は本当に友達人なりたくて来たの!もうこれ以上泣いてほしくない!」
せいら「そうだ!めいはお前みたいなやつを見るとほっとけない性格なんだよ!俺は別に友達になるきはねぇけどめいの立会人としてきたんだ!」
美穂

667:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 16:47

美穂「(本当にそうなの?そうは思えないけど信じてみよう)やめろ!」
みんなは攻撃をやめた。
美穂「友達って分からなかった。シンリーにヒドいこと言われて正直、演じるの辛かった。こんな私と……本当に友達になってくれるの?」
めい、せいら

668:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 16:51

めい「うん!友達になろう!美穂!」
せいら「俺からもな友達になろうぜ美穂!」
美穂

669:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 16:54

美穂「じゃあもう私、人をいじめない。シンリーに謝ったら許してくれるかな?」
めい、せいら

670:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 16:57

めい「うん!きっと許してくれるよ!」
せいら「そうだぜきっと許してくれるぜ!」
美穂

671:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 17:19

美穂「でもブラパラはどうしよう……」
めい、せいら

672:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 17:25

めい「よし!ここライブ会場にする!」
せいら「はぁ!ライブ会場にすんのかここお!」
めい「うんライブ会場にしてみんなが歌って踊れる場所を作る!」
美穂

673:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 17:28

美穂「いいね、そうしよう。私はシンリーに謝って来る」
美穂は消えてセレパラに出た。
シンリー「美穂〜」
美穂「シンリー」
美穂は空から降りて来た。
美穂「シンリーごめんね、もう私はいじめない」
シンリー「ううん私の方こそごめんね」
美穂「また改めてチーム組もう?」
シンリー「もちろん!」
めい、せいら

674:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 17:31

めい「よし!これで解決!」
せいら「これで解決したな!」
美穂

675:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 17:43

美穂「うん!あっブラパラが別の場所にされたらこの能力は消えてしまう。でもいいの」
めい、せいら

676:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 17:45

めい「そうだね!」
せいら「そうだな!」
【ここでせいらにかんしてお知らせです!】
せいらはこの会が終わってからはでばんはないです!

677:ゆいぽん◆F.:2016/02/02(火) 17:49

【分かりました。ですがライブだけでもしてくれたら嬉しいです】

678:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 17:50

【分りましたちょくちょくせいらだけのかいをしてみようと思います!】

679:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 17:52

操られたみんなは元に戻った。
まりぃ「私たち何してたんだろう」
ゆい「さあ?」
めい、せいら

680:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 17:54

アミー「エンメロに入ってくれる人〜!」

681:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 17:58

めい「みんな元に戻ったんだね!みんなブラパラに操られてたんだよ。まぁもう解決したけど。」
せいら「まぁ俺とめいの二人の活躍があってこそだ!」
みんな

682:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 17:59

まりぃ「そうだね、ありがとう」
美穂「めい、せいらライブして」
めい、せいら

683:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 18:01

めい「OKやるよせいら!」
せいら「おうよ!久しぶりに二人でライブするか!」
美穂

684:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:02

みんな「頑張ってね!」
めい、せいら

685:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 18:07

めい「うんがんばってくる!」
せいら「あぁがんばってくるな!」
めい「めが姉せいらと一緒にライブします!」
めが姉

686:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:13

高橋美音香(たかはし みねか)
あじみの様に背が低くて子供っぽいが実は音楽の先生。音楽を感じ取れることができる。9歳か8歳に間違えられるが29歳らしい。うるさい
外見、オレンジ色のサイドツインテールでリボンを付けている。目の瞳は緑色
チャーム、ラブリー
ブランド、トゥインクルリボン

687:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:14

めが姉ぇ「かしこまりました〜」
めい、せいら

688:珠菜◆cc:2016/02/02(火) 18:16

〜莉音と流音の家〜

流音「莉音は大学行きたいの?」
莉音「あ、私は……大学に行きたくない…」
流音「……!そ、そっか、まだ時間は少しあるからじっくり考えてね」

689:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:26

美音香「ここがセレパラ!!高級な音を感じるタンバリンっ」
美音香ははしゃぎ回った。
ベリー「何あの電波うるさい」
美音香「セレパラもプリパラもステキな所トランペット!」
ベリー「はあ?意味不明……」

690:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:29

まりぃ「そういえば明日節分だね」
ゆい「うん!」
まりぃ「そうだ!私たちでセレパラ節分大会を作ろうよ」
ゆい「いいね私は賛成だよ」

691:珠菜◆cc:2016/02/02(火) 18:29

瑠花「モカは〜ん?どこや〜?ちょっと嬉しい情報があるんやけど〜…」
>>モカ

692:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:30

モカ「瑠花!どうしたモカ?」
瑠花

693:珠菜◆cc:2016/02/02(火) 18:32

瑠花「愛美はん?がここに今日ここに戻ってくるらしいんや〜
アイドル修行で来るらしいよ〜」

>>モカ

694:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:35

あじみ「アミー!」
アミー「あじみ先生!」
あじみは昔のひびきお嬢様の絵を見せた。
アミー「わあっ可愛い!」
あじみ「実はこの子昔のひびきダ・ウィンチ!」
アミー「ウソ!これひびきなの?」
あじみ「らしいノワール」
アミー「本当だ、どことなくひびきに似てる」

695:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:37

モカ「それは本当モカ!?ありがとうモカ、愛美を探して来るモカ!」
モカはダッシュで愛美を探しに向かった。
愛美、瑠花

696:珠菜◆cc:2016/02/02(火) 18:38

瑠花「…ったく…どんだけ愛美に会いたかったんだか…」
愛美「にゃはは〜!あれ〜?プリパラTVが無いダ・ヴィンチ〜?」(走って城に行き
>>モカ

697:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:40

モカ「あっ!愛美〜!」
愛美
ころね「やっぱりここもステキね」

698:珠菜◆cc:2016/02/02(火) 18:41

愛美「ええ〜〜!!セレパラって何!?」(モカに気付かず
>>モカ

699:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:42

モカは愛美の目の前に行った。
モカ「愛美〜」
愛美

700:珠菜◆cc:2016/02/02(火) 18:43

愛美「えーっと、君の名前は何ダ・ヴィンチ?」(完全に忘れていて
>>モカ

701:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:45

モカ「そ、そんな〜……ほら君のマネージャーのモカだモカ」
愛美

702:珠菜◆cc:2016/02/02(火) 18:47

愛美「んー、モカ?あっ、思い出したのダ・ヴィンチ!」
>>モカ

703:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 18:54

噴水
キヴァル「キラキラ輝くための毎日
月曜日に歌を歌い
火曜日にリズムに乗って
水曜日はランウェイして〜♪」
美音香「何か噴水から美しい歌声が聞こえるタンバリンっ天使の歌声トランペット」
ミサル「さすがキヴァル天使みたいサル」
キヴァル「………」
みんな「セレパラ節分大会が開かれるらしいよ〜
楽しみ〜
鬼か投げる人か決めるんだって
チャームが光るのかな?」
チャームが光った。
チャーム「あなたは鬼です
あなたは投げる人です」
みんな「私は鬼かぁ〜
私は投げる人だ」
ベリー「なんでクイーンのあたしが鬼なのよ!」
アミー「似合ってるよ〜」
ベリー「うるさい!」
まりぃ「私たちは投げる人だね」
ゆい「うん」
ルウリ「私は鬼みたい」
ネーナ「ネーナな投げる人ー!」
キヴァル「ミサル……」
ミサル「何サル?」
キヴァル「節分って何…?」
ミサル「節分……そんなのキヴァルにはまだ早いサル!」
キヴァル「………」
みんな

704:かれん◆PM:2016/02/02(火) 21:25

アリス「アリスは投げる人……よーしがんばろっ
節分についても学んだし」

705:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 21:37

まりぃ「アリス!アリスも出るんだ」
ゆい「私たちも投げる人だよ、頑張ろうね」
アリス

706:そふぃ◆WQg:2016/02/02(火) 21:39

モニカ「……」
ミーニャ「節分なんて下らないみゃ。モニカはクリスマスとかの方がお似合いみゃ!」

707:かれん◆PM:2016/02/02(火) 21:39

アリス「あっまりぃ、ゆい!もちろん!」

〉まりぃ、ゆい

708:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 21:43

まりぃ、ゆい「よろしくね」
アリス
美音香「学校に行くタンバリンっ」
美音香はプリパラゲートに向かい外に出た。

709:そふぃ◆WQg:2016/02/02(火) 21:45

流音「あら……?美音香先生
相変わらず元気に音楽の先生をしてますね」
>>美音香

710:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 21:46

ミサル「キヴァル!キヴァルはサイコーなアイドルサル!キヴァルより素晴らしいライブをできる人はいないサル」
ファン「あれ?キヴァル様だ〜!可愛い〜!天使みたい!」
キヴァル「……」

711:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 21:49

美音香「流音だタンバリンっうん!今から学校に行く所トランペット!宿題はちゃんとしてるトライアングルっ?」
流音

712:そふぃ◆WQg:2016/02/02(火) 21:52

【ああ、すみません!他の人に言ってませんでしたね…流音はパプリカ学園の小学部の先生です!
ど忘れしてました…】

流音「あはは……。私今から莉音のために楽譜を買いに行くんです
また先生として頑張ってくださいね。」

>>美音香

713:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 22:16

美音香「もちろんトランペット!」
流音

714:まりぃ◆F.:2016/02/02(火) 22:44

奈々「やった〜!投げる人なな!アミー様と一緒なな!アミー様頑張ろうなな」
アミー「うん!」

715:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 23:06

めい「行くよせいら!」
せいら「サイコ―のライブぬするぞめい!」
「めいちゃんはエンジェルプリンセスコーデ天使みたいでかわいいわ!」
エンジェルプリンセスコーデえへ
「せいらちゃんはクールデビルコーデね悪魔みたいでカッコイイ!」
クールデビルコーデ!イエイ!
めい「みんな〜!今日は来てくれてありがとう!」
せいら「サイコ―のライブにしてやるから覚悟しとけ!」
ファン「めいやん天使みたいでかわいい!せいらちゃん悪魔みたいでカッコイイ!」
せいら
黒い翼すべてを闇に染める!
めい
白い翼すべてを包み込む!
メイキングドラマスイッチオン!
めいは天使の羽をせいらは悪魔の羽を羽ばたかせたそして海上に黒と白の羽が舞った!
デビエンフライパーティー!
エアリーチェーンジ!
めい「プラチナエンジェルエアリー!」
せいら「プラチナデビルエアリー!」
めい「すべての人に幸せお!」
せいら「響け幸せの鐘!」
二人で「デビエンベル〜!」
めい「エンジェルボイス!」
せいら「デビルボイス!」
ファン「キャ〜!二人とも息ぴったり!」
せいら
お互い違う者同士
めい
だからこそ高めあえる!
ファン「キャ〜!めいちゃ〜ん!サイコ〜!」
ファン2「せいらちゃん〜!カッコイイ!」
めい「みんなありがとう!」
せいら「みんなサンキュー!」

716:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 23:11

めい「アジミ先生!」
アジミ先生!

717:めい◆Q8I:2016/02/02(火) 23:51

【返信遅れてすいません!塾に行って遅れました!】

718:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 07:00

めい「千凛今日はセレパラ節分大会だね!」
千凛

719:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 07:03

めい「みんなライブ終わったよ〜!」
せいら「気分良かったぜ!」
みんな

720:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 13:09

【風邪で休んでました。今は落ち着きました】
美穂「2人共すごかった」
シンリー「だね」
めい、せいら

721:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 14:03

【セレパラ節分大会は夕方から始めます】
千凛「はい、めいさんは出るのですか?」
めい

722:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:01

【ありがとうございます】
めい「うん出ようと思う!」
千凛

723:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:02

めい「美穂シンリーありがとう!」
せいら「ありがとうだぜ!あっ俺そろそろ帰るから!またな!」
美穂、シンリー

724:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 15:09

美穂、シンリー「うん!」
せいら
千凛「めいさんは投げる人なのですか?それとも鬼なのですか?私は投げる人です」
めい

725:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 15:13

美穂「めい、ごめん。みんなを操ったりして……」
めい

726:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:14

めい「投げる人がいいかな!」
千凛
せいら「じゃあまたな!」
シンリー美穂

727:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:15

めい「いいんだよ別に起こってないし。それになんかほっておけなかったから!」
美穂

728:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 15:22

チャーム「あなたは投げる人です」
美穂「うん」
めい

729:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:26

めい「美穂私たちいい友達になれそう!」
美穂

730:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:27

めい「千凛!投げる人だよ!」
千凛

731:かれん◆PM:2016/02/03(水) 15:37

アリス「アリス、節分初めて………」

732:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:39

めい「よし!節分始めるよ〜!」

733:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 15:40

???「華麗なアイドルになるため……特別にプリパラティーチャーを用意させて貰った…。
節分の日でもレッスンよ〜!」

734:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 15:41

千凛「そ、そうなのですか?頑張りましょうね」
アリス

735:かれん◆PM:2016/02/03(水) 15:42

アリス「うん頑張ろう!」

〉千凛

736:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 15:44

千凛「めいさんも」←爽やかスマイル
めい
【節分大会は4時30分から始めます】

737:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:46

めい「そうだね頑張ろう!」
千凛

738:のえる◆:2016/02/03(水) 15:46

【久しぶり〜
もう13!って言ってもわかんないか……1の初めの頃にいた珠梨亜と珠梨奈だよ

羽月 珠梨亜 はづき しゅりあ
ドロシーみたいな感じ
珠梨奈を守るいいお姉さん

羽月 珠梨奈 しゅりな
レオナみたいな感じ
珠梨亜のフォローが得意!

ユア
パンダ 2人の良い理解者
2人のユニット ツインスター

えっとライブしてから絡んでね
あとは今までプリパリにいたって事で!
まりぃ、アリス!お久しぶり!】

739:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 15:46

???「節分ね…。あそこに居るのは有名なアイドル…、あっちにもこっちにも…!?」

740:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:48

めい「あなたもここのアイドルなんだね!私めいよろしく!」
???

741:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 15:49

【久しぶりです】
まりぃ「しゅりあん、しゅりなん久しぶり〜!」
まりぃは2人に抱き付いて来た。
しゅりあ、しゅりな

742:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 15:50

???「何を言っているの?私はまだアイドルじゃないわ。
えー…私の名前は名前はレモーネ!」
>>めい

743:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:52

めい「そうなんだ!レモーネよろしく!」
レモーネ

744:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 15:53

レモーネ「えーっと…ティーチャーさんは何処かしら…?
私は先生を探して来るので…ではまた会えたら良いですね」(探しに行き
>>めい

745:のえる◆:2016/02/03(水) 15:53

めがねぇ「珠梨亜さんはクールミューズコーデね」
珠梨亜「クールミューズコーデうふふっ」

めがねぇ「珠梨奈さんはラブリーミューズコーデね」
珠梨奈「ラブリーミューズコーデえへっ」

めがねぇ「帰ってきたツインスター!」
珠梨亜「まっどこでだろうと輝くだけ!後、私はセレパラ反対派だからね」
珠梨奈「みんなお久しぶりです また会えて嬉しい」(微笑む)

2人♪自由になりたいと願う 2人の少女の物語〜♪

2人「メイキングドラマスイッチオン!」
珠梨亜「ようこそ神殿へ!」
珠梨奈「あなたの願い叶えます」

2人「奇跡のドリームミューズ
エアリーチェーンジ

プリズムエアリー」

珠梨亜「うふふっ」
珠梨奈「あははっ」

珠梨奈「みんなの願い 鐘の音に乗せて」
珠梨亜「響け!プリズムベル!」

ゴーンゴーンゴーン

ファン「きゃーーーーーーーツインスターやっぱり最高!」


楽屋
珠梨奈「まりぃちゃんとアリスちゃん成長してるし会いたい!」
珠梨亜「そうね」

746:のえる◆gw:2016/02/03(水) 15:54

珠梨奈「まりぃちゃん!会いたかった……」
珠梨亜「どう?成長したでしょ?」

〉まりぃ

747:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:55

めい「そうだね!レモーネ」
レモーネ

748:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 15:56

レモーネ「珠梨奈様と珠梨亜様…凄いですわ…!かっこいい…!可愛い…!」
>>珠梨奈、珠梨亜

749:かれん◆PM:2016/02/03(水) 15:56

アリス「2人とも……お久しぶり!」

〉珠梨亜、珠梨奈

750:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 15:57

レモーネ「先生〜…どこかしら?」

751:のえる◆gw:2016/02/03(水) 15:58

珠梨亜「あっありがとう」(顔が赤くなる)
珠梨奈「ありがとうございます!でも珠梨亜のお陰だから」

〉レモーネ

752:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 15:58

めい「千凛!ここに先生っていたっけ?さっき新人の子に会ったんだけどね先生探してるからって言ってい無くなっちゃったけど。」
千凛

753:のえる◆gw:2016/02/03(水) 15:59

珠梨奈「あっアリスちゃん!久しぶり!」
珠梨亜「成長してるわね」(微笑む)

〉アリス

754:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 15:59

美音香「ライブするタンバリンっ」
美音香は走って行った。
「美音香ちゃんはドリームミュージックコーデね!夢の音楽、奏でて!」

ドリームミュージックコーデ!きゃははっ

ファン「キャー!!美音香ちゃ〜ん!」
美音香「ライブやるタンバリン!楽しんで行ってドラム!」

あなたの夢のミュージック
奏でるよ
あなたの心を読み取って(今日はどんな音楽を?)
音楽は楽しむもの(そうそう!楽しむもの)
夢のタンバリン叩いて(パンパン!)
元気に(奏でて!)
みんなで(大きな声で!)
歌っちゃおう!
ハイハイ!まだ終わりじゃない
(諦めたらダメ!ダメ!)

メイキングドラマ!スイッチオ〜ン!

美音香はいろんな楽器を弾いた。
美音香は指揮者で楽器が音を奏でた。

スペシャルキラキラミュージック!タンバリンっ

サイリウムチェーンジ!

さあみんなで音楽を
奏でましょう!(奏でよう!)
楽しいオーケストラの始まり(早く行こう!)
楽しい祭り!楽しんじゃえっ

ファン「キャー!!美音ちゃんサイコー!」
ベリー「中毒になる曲で電波……あの子は苦手だわ」

755:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 15:59

レモーネ「お二人ならトップを目指せますよ
では、また会えたら良いですね!」(微笑み
>>珠梨奈、珠梨亜

756:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:00

めい「すごかったよ二人のライブ!」
珠梨亜、珠理奈

757:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:02

まりぃ「うん!2人共すごいライブだった!そういえば今日セレパラ節分大会があるんだ〜2人は出るの?」
珠梨亜、珠梨奈

758:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:02

千凛「先生?見てないです」
めい

759:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:02

珠梨奈「あっ実は神アイドルなんです
こう見えても……はい会えたらいいですね」(ちょっともじもじしながら)

〉レモーネ

珠梨亜「まっプリパリで頑張っていたから
の、前にセレパラからプリパラに戻すんだから
あらっめいだよね?私は珠梨亜、よろしくね」

〉めい

760:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:04

珠梨奈「あっはい
さっきチャームが光って……投げる方でした」
珠梨亜「投げる方!それよりまりぃ、成長したわね」

〉まりぃ

761:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:04

美音香は走ってめいの所に来た。
めいとぶつかった。
めい

762:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 16:04

ユリエ「遅くないかしら?早くしなさいよ…。もうすぐ時間なのに」
初音「そうだよー…。せっかく時間空いてるんだからさー…早く来て〜…」
莉音「ま、まあまあ…セレパラに来たのは初めてらしいからしょうがないじゃないですか…」
レモーネ「おっ、遅れてすみません!」

763:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:05

まりぃ「うん、ありがとう!」
珠梨亜、珠梨奈

764:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:06

めい「そうだよ!珠梨亜よろしく!」
珠梨亜

765:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:07

珠梨亜「そういえば……セレパラからプリパラに戻そうと思うんだけど……
まりぃはセレパラ歌劇団だったでしょ?どう思う?」
珠梨奈「私は元のプリパラに戻したい側です」

〉まりぃ

766:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:07

珠梨亜「ええっもちろん
あと、貴方はプリパラに戻したい側?セレパラから」

〉めい

767:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:09

めい「きゃ!もうなに〜?あれ君はライブしてた 美音香だよね!初めましてめいだよ!よろしく!」
美音香

768:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 16:09

レモーネ「あら神アイドルでしたのね…。私もまだまだアイドルファンとして未熟…」

>>珠梨奈

769:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:10

珠梨奈「いえっ私の方がまだまだ未熟で
あまり他のアイドルの事、わからないので
これから勉強していくつもりなんです」

〉レモーネ

770:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:11

めい「私はまだ決めてないんだ!セレパラも楽しいしプリパラも楽しかっただからまだ決められないの!」
珠里亜

771:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 16:11

レモーネ「貴方の方が立派です。
これからもアイドルがんばってくださいね。では私はレッスンがあるので」
>>珠梨奈

772:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:12

珠梨亜「そう……よし仲間を見つけなくちゃ!
でもセレパラもセレパラで良いとこあるもの 確かに決められないわね」

〉めい

773:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:12

珠梨奈「はい レッスン頑張ってください」(微笑む)

〉レモーネ

774:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:13

めい「だよね!ここに先生なんていないよね!」
千凛

775:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:14

まりぃ「私は分からない」
珠梨亜、珠梨奈

776:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:15

めい「そうなんだ!実はね前ブラパラの所ねライブ会場になったから好きに使っていいよ!それと今エンメロっていうアイドルチームメンバー募集があるから行ってみたら?」
珠梨亜

777:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:15

珠梨亜「まりぃもなら仲間を見つけなくてわね
絶対絶対 あの時いなかったけど勝って友達と努力を認めさせてあげるんだから!」

〉まりぃ

778:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:17

珠梨亜「ありがとう
エンメロ……今ははいいわ でもいつか入るかも」

〉めい

779:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 16:19

ユリエ「じゃあ、まずは自己紹介からしようかしら
私は小野寺ユリエ。演技などを担当するわ」
レモーネ(ユリエ様…!私立セリーネ女学院の中等部2年…!ああ、すごい……!)

初音「僕は林堂初音!
パリコレモデルでファッションを担当するよ!ファッションセンスも高めないと!」
レモーネ(初音ちゃん…!可愛い……!たまにクールで…、ファッションセンス、スタイル抜群!)

莉音「えっ、えっと……あ、あああ……私は三野莉音ですっ!
こ、ここここ高校三年生…で…歌を担当します……よ、よろしくお願いします…」
レモーネ(莉音ちゃん!流音ちゃんの妹で歌唱力は完璧…!私よりも凄い年上…)

780:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:19

めい「そっか。私も決めてみようかな!セレパラか、プリパラか!」
珠梨亜

781:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:21

珠梨奈「はい まだ決心はつかなくてもいつかきっと決まります」
珠梨亜「珠梨奈……確かにそうね ちょっとセレパラも見てみようかしら?」

〉めい

782:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:21

めい「ユリエ!初音!莉音!レモーネもいたんだね!」
ユリエ、初音、莉音、レモーネ

783:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 16:22

ユリエ「あら、めいじゃない。今は忙しいから
話とかは後で良いかしら?」

>>めい

784:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:22

めい「ありがとう!珠梨奈!もう少し考えてみるね」
珠梨奈、珠梨亜

785:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:23

めい「いいよ!」
ユリエ

786:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 16:25

レモーネ「ってええ…!?
もう時間…まだ自己紹介しかしてないのに…。すみません!レッスンは明日で良いですか?」
ユリエ「まぁ、仕方ないわね。明日よ」
初音「明日は絶対にレッスンだからね?」
莉音「よ、よよ…よろしくお願いしますね…」
レモーネ「はい!では、また明日ですわ」

787:のえる◆gw:2016/02/03(水) 16:25

珠梨奈「いえ 私達はセレパラを堪能してきますので
では」(ぺこりとお辞儀をし)

〉めい

【落ちます。お相手サンキューです】

788:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:30

【了解です!こちらこそサンキューです!】
めい「うん!セレパラ楽しんできてね!」
珠梨奈、珠梨亜

789:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:31

めい「みんな〜セレパラ節分大会開始だよ〜!」
みんな

790:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:33

【そろそろ節分大会始めます】
まりぃ「みなさ〜ん!節分大会が始めま〜す」
ゆい「鬼と投げる人と別れてください!投げる人は机に置いてある豆を取ってください」
みんなは別れた。まりぃとゆいも豆を取って投げる人に入った。

791:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:35

まりぃ「分かったよ」
珠梨亜

792:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:37

めい「私も早く行こうかな!」

793:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 16:39

【 今更だけど入る〜 】

キセツ「 おぉ?なんだ、光ってる 」
チャーム「あなたは投げる人です あなたは投げる人です 」

キセツ「投げるって‥何を投げるんだ? 」

794:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:40

美音香「ごめんなサイダー!許してタンバリンっ私は美音香だヴァイオリン!よろしくね!」
美音香はめいをじっと見つめた。
美音香「君からキレイな音色が聞こえるトランペット!」
めい

795:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:41

ゆい「豆をだよ」
キセツ

796:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:41

めい「キセツ!豆を投げるの!今日はセレパラ節分大会だよ!」
キセツ

797:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 16:43

キセツ「君、ゆいちゃんだっけ?」
>ゆい

キセツ「へ〜‥セレパラで節分か!面白そう!
私は豆を投げればいいんだね?鬼は誰なのかなあ」
>めい

798:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:43

めい「大丈夫だよ!それより君凄いね音色が聞こえるなんて!」
美音香

799:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:46

ゆい「うん!私はゆいだよ、よろしくね。もうそろそろ一回戦始まるから豆を持って投げる人の所に行ってね」
キセツ
【鬼のみんなは自分で鬼のお面を作っています。ベリーは美しく美人のような鬼←鬼と言えるのか?ルウリは可愛いぱっちり目の鬼です】

800:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 16:48

キセツ「春色キセツ!楽しみだなあ りょかいっ」(投げる人の所行き
>ゆい

【 了解で〜す 】

801:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:48

めい「鬼はベリーとかかなぁあとは分らない!」
キセツ

802:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:48

美音香「いろんな音楽を感じてギターからね!(感じて来たからね!)」
めい

803:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 16:48

キセツ「わからないんかい!ベリーちゃんとは話したことないんだよなあ
追いかけてきたらぶつけまくる〜 」
>めい

804:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 16:50

ユリエ「節分って…何やってるんだか…。」
初音「僕は節分とかあんまり興味ないな。でも豆って健康に良いから…」
ユリエ「あんたの話は良いから」
初音「はい。すみません」←

805:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:51

まりぃ「ではこれより豆まき一回戦を始めます!」
ゆい「よ〜いスタート!」
投げる人は鬼に豆を投げた。
投げる人たち「鬼は外〜福は内〜」
鬼たち「ぎゃ〜!」
アミー「鬼は外〜福は内〜」
ベリー「なんであたしが鬼なのよ!あたしは鬼じゃないわ!」
ネーナ「鬼は外〜!福は内〜!」
ルウリ「きゃっ」
みんな

806:いおり◆gA:2016/02/03(水) 16:54

ゆり「楽しそうだな」
いおり「私たちも参加すればよかったね」
まりあ「そうだね〜」

807:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 16:55

キセツ「わーい、鬼は外ー 」←棒読みでベリーに投げつけ
>ベリー、他の皆

キセツ「おっ、は つ ね ー!やんないの?豆投げ!」
>初音、ユリエ

808:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:56

【いおりさんたちも参加できるようになっています。鬼か投げる人かチャームに喋らせて入ってOKです】

809:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 16:56

めい「ルウリベリー!鬼は外〜福は内〜ってね!」
みんな

810:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 16:57

初音「豆投げとか下らな…。僕の美しさはもっと他のところで出さないと!」
ユリエ「あんたの美しさはどうでも良いけど
私も節分とかあんまり興味無い。子供っぽいし」
>>キセツ

811:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:57

ベリー「だから鬼じゃないわよ!クイーンよ!」
ベリーはキセツを追いかけた。
キセツ

812:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 16:59

キセツ「私は節分自体知らなかった! けど鬼ごっこみたいなものじゃんか
2人もやろうよ!」
>初音、ユリエ

キセツ「鬼は‥外ー!あはは!これが節分か〜
楽しいじゃんかー!」逃げて
>ベリー

813:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 16:59

キナ「節分?興味ない」

814:いおり◆gA:2016/02/03(水) 16:59

チャーム「あなたは投げる人です」
いおり「私とゆりとアヤとあいりは投げる人か」
チャーム「あなたは鬼です」
まりあ「私、りな、アイカ、れいなは鬼か」

815:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:00

ベリー「きゃあ!」
キセツ
ルウリ「わあっ!」
めい
ゆいは笛を鳴らした。
ゆい「一回戦終了〜」

816:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:00

初音「豆を投げるような時間があるならレッスンの方がマシ!」
>>キセツ

817:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:01

めい「キセツ!一人だけずるい!私も混ぜろ〜!アミーいこ〜!」
アミー、キセツ

818:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:02

キセツ「ええ?もう終わりなの〜 早いなあ 」
>ベリー、ゆい

キセツ「んー‥デビューもしてない私だからあんまりわかんないや」
>初音

819:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:03

めい「キセツ!二回戦あるかもだよ!」
キセツ

820:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:03

初音「今日はクレハもいないし凄い暇。そこら辺を一周してこようかな…。じゃあね」
>>キセツ

821:いおり◆gA:2016/02/03(水) 17:03

ゆり「なんで私が…ライブしたかったのに…」
いおり「いいじゃん、たまには」

まりあ、りな「お面完成っと」

822:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:04

ゆい「では二回戦を始めます!よ〜いスタート!」
ベリーはキセツを追いかけた。
キセツ
奈々「なな!なな!」
奈々は投げた。
イルル「私は鬼〜」
イルルはめいを追いかけた。
めい

823:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:04

アリス「豆投げればいいんだよね?」

824:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:05

キセツ「イェーイ!テンション春あげ〜 」
>めい

キセツ「‥ちょっと待った‥ところでクレハとはどうだい?」( にこり )
>初音

825:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:06

キセツ「え、ちょっと待って、顔怖いよ!ベリーちゃん!」
豆をぶつけて
>ベリー

キセツ「おぉ!アリスも投げるんだ?キセツさんと同じ!」
>アリス

826:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:06

まりぃ「そうだよ」
ネーナ「アリスお姉ちゃんっ行くよ!」
アリス

827:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:06

初音「は?クレハとはどうだい?って意味不〜…いきなりどうしたのさ…」
>>キセツ

828:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:07

めい「きゃ〜!イルルは鬼なんだね!」
めいはイルルから逃げた
イルル

829:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:07

キセツ「初音クレハに恋してるんでしょ〜?
最近はど?ってこと あんま話せてなかったし〜 」
>初音

830:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:07

アリス「うん頑張ろうねキセツ♪」

〉キセツ

アリス「あっねーなって、まりぃ!行こ行こ」

〉まりぃ、ネーナ

831:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:08

【訂正 アリス「あっねーなって、まりぃ!」です】

832:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:08

めい「鬼は〜外福は〜内」
イルルに向かって豆を投げた!
イルル

833:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:08

まりぃはいおりに豆を投げた。
いおり

834:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:08

キセツ「がんばろ!節分とかわかんないや 小学校行ってなかったからなあ
でも!豆をぶつける遊びだってことはわかったよ 」
>アリス

835:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:09

初音「こ、恋……!?してるわけ無いじゃん……
クレハは家庭の事情で最近学校に来てないから僕もあんまりわかんない…」
>>キセツ

836:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:09

めい「いおりも鬼なのか〜!」
まりぃと混じってめいも豆を投げた。
いおり

837:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:10

アリス「アリスも節分初めてだから
本でみて習ったの」

〉キセツ

838:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:11

キセツ「学校か〜‥クレハはパプリカ学園にいるんだよね
一度行ったことあるけどあの時は走ってプリパラに逃げたからなあ私
‥と、いうか!クレハ男、初音女なんだからお似合いだと思うよ?」
>初音

839:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:11

イルル「きゃっ」
めい
セリア「黒く丸い魂で我の下部になるがよい!」

840:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:12

キセツ「あはは、‥ココルちゃんと投げたかったな〜」
>アリス

841:ルーシィ◆gA:2016/02/03(水) 17:12

いおり「きゃー!」
逃げて
めい、まりぃ
ゆり「鬼は外〜!福は内〜!」
ベリーに豆を投げて
ベリー

842:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:13

初音「お似合いねぇ…。
アイドルが恋愛なんておかしいよ…」
>>キセツ

843:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:13

キセツ「でもでもでも!巷で噂のアイドルも恋愛騒動起こしたとか
あるらしいよ」(小声)
>初音

844:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:14

アリス「ココルは?今日、どうしたの?」

〉キセツ

845:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:15

めい「いおり!待て〜!」
いおりを追いかける!
いおり

846:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:15

初音「そんなの言われても何とも思わないわ…。」
ヒカリ「クレハ……?」
初音「はあ!?!?ヒカリはいつからそこにいたんだよ…」
ヒカリ「今…来た…」
>>キセツ

847:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:16

めい「セリア!豆投げよう!」
セリア

848:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:16

キセツ「最近はココル体調悪くて、ユユはバレーボールだし
ルネ先輩はプリパラエンザにかかって。リトルはプランスで
アイドルやってる、リトルなんかわかんないけどプランスで有名な
マネージャーにスカウトされたらしくって〜」
>アリス

849:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:17

アリス「ヘッヘェーみんな、大変なんだね……」

〉キセツ

850:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:17

キセツ「ん?おお!淡色キセツ!ってことでだれ?」
>初音、ヒカリ

851:ルーシィ◆gA:2016/02/03(水) 17:18

いおり「待たないよ!」
逃げて
めい

852:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:19

キセツ「私はデビューもしてないから暇なんだけどね!
リトルはセレパラ歌劇団の仕事がある時だけこっちに帰ってきてるんだ〜」
>アリス

853:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:19

アリス「あっいおりだ
えい」

(豆を投げる)

〉いおり

854:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:19

ヒカリ「妹……」
初音「ヒカリは超天才なんだよ!いつもは無口だけど」
>>キセツ

855:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:20

めい「待て〜!」
いおりを追いかける!
いおり

856:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:20

アリス「リトルも頑張ってるな〜
最近、アリスはレッスンとライブ、ちょっとの仕事だけだから……
キセツはまだデビューしないの?」

〉キセツ

857:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:20

キセツ「‥よくわからないけどすごいんだね!つまりは
金色キセツ?無口でもオーラがあるからいいじゃんか!」
>初音、ヒカリ

858:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:21

キセツ「んー?デビューはしようと思ってるけど‥
あ、そうだ!せっかくだし今日デビューライブしよっかな
節分の日!」
>アリス

859:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:21

ヒカリ「妹…っ!」
初音「妹以外にもちゃんと言ってよ…。ヒカリはクレハの義理の妹なんだよ」
>>キセツ

860:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:21

アリス「いいんじゃないかな?キセツのライブ見に行くね!」

〉キセツ

861:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:21

めい「私も豆投げる!」
いおり煮豆を投げた!
いおり

862:まりぃ◆NI:2016/02/03(水) 17:22

ベリー「こら!」
ゆり

863:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:22

めい「私もキセツのデビューライブ見に行こう!」
キセツ

864:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:23

キセツ「ヒカリンはクレハの義理妹か!今日のキセツは何色キセツ?
の青春キセツ!よろしくね ヒカリン!」
>初音、ヒカリ

キセツ「じゃあ‥エントリー行ってくる〜!」
>アリス

865:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:24

キセツ「めいも来てくれるの?わーい!ありがとう!」
>めい

866:ルーシィ◆gA:2016/02/03(水) 17:24

ゆり「油断大敵♪」
ベリー

いおり「きゃー!」
逃げ回り
めい

867:かれん◆PM:2016/02/03(水) 17:24

アリス「いってらっしゃい」

(微笑む)

〉キセツ

868:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:24

まりぃ「二回戦終了〜」
みんな

869:のえる◆gw:2016/02/03(水) 17:26

システム室
珠梨奈「ここ何処?あれっドリームシアターの模型?
ひびきさんとベリーさん、それにリトルさんやアリスちゃん、まりぃちゃんの
お人形がある……」

870:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:26

アリス「アリス、全く投げてなかった」

871:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:27

ヒカリ「ヒカリン……」
初音「ヒカリンって…あだ名…」
>>キセツ

872:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:27

キセツ「やっぱり‥これ面白いからこの大会終わってから行く!」

>アリス

873:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:28

ひびき「君は……(羽月珠梨奈。 確か、今日帰ってきたとかいう……)
こんな所で何してるんだい?」

〉〉珠梨奈

874:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:28

キセツ「ヒカリンっていうとね、もっと君と仲良くなれるからさ!
あ、そうだ 初音もつけてあげよっか?はつねこ、とか!」
>初音、ヒカリ

875:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:29

アリス「そうだね!」

〉キセツ

876:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:29

めい「いいの!キセツのデビューライブどんなふうになるか気になる!」
キセツ

877:のえる◆gw:2016/02/03(水) 17:30

珠梨奈「ごっごめんなさい
システム室だと知らなくて……」(涙目になり)

〉ひびき

878:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:30

キセツ「春色キセツ、みんなの笑顔を春色にさせるライブするから」
>アリス

キセツ「あはは!期待に裏切らないようにしないとだ 」
>めい

879:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:32

ひびき「仕方ないな……君は神アイドルだっけ?
もし、今のセレパラ歌劇団から1人抜けたら
入らないか?(どんな反応をするかな?)」
( 怪しい笑みを浮かべ )

〉〉珠梨奈

880:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:32

アリス「春色……絶対なるよ!」

〉キセツ

881:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:33

めい「システム室に行かなきゃ!」
ヒビキ、珠梨奈

882:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:34

キセツ「アリスとかリトルとかひびきみたいな金色キセツは無理だけど
笑顔を春色にするのならできるもんね!
アリスにそういわれるとなんだかできる気がするよ!」
>アリス

883:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:34

初音「はつねこ!?そんなあだ名いらないから!」
ヒカリ「はつねこ…」
>>キセツ

884:のえる◆gw:2016/02/03(水) 17:34

珠梨奈「ええっと……あのその……」(顔が赤くなる)

〉ひびき

885:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:35

キセツ「ヒカリンははつねこってあだ名どう思う?
可愛いじゃんか!」
>初音、ヒカリ

886:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:35

めい「ちょっと待った!」
めいはシステム室に入ってきた!
ひびきさん、珠梨奈

887:のえる◆gw:2016/02/03(水) 17:35

珠梨奈「めっめいさん!」

〉めい

888:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:36

ヒカリ「面白いのかしこまっ…」
初音「面白いとか嫌なんだけど!?」
>>キセツ

889:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:36

ひびき「クスッ(面白い反応……)」

〉〉珠梨奈

ひびき「!!!なんだ君か」

〉〉めい

890:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:37

アリス「ううん金色にできるよ」

〉キセツ

891:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:37

キセツ「かしこま!面白いなら〜‥これに決めた!
はつねこが嫌がるならやめるけど、でもこれファンにウケると思うよ?」
>初音、ヒカリ

892:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:37

アリス「キセツなら」

〉キセツ

893:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:37

ゆい「では最終戦行きます!よ〜いスタート!」
ネーナ「楽し〜い!」
ルウリ「きゃあ!」
みんな

894:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:38

キセツ「‥うー‥!歌いたくて仕方ない!ライブ
行ってくるね!」
>アリス

895:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:38

めい「ひびきさん初めましてめいといいます!あの、私をセレパラ歌劇団に入れてください!」
ひびきさん!

896:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:38

初音「僕は嫌だよ!ファンは僕のあるがままを楽しみにしているんだよ!」
>>キセツ

897:のえる◆gw:2016/02/03(水) 17:38

珠梨奈「あのっ……どうしたんですか?」

〉ひびき

898:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:38

だだっと走ったがキキッと止まり

キセツ「む!?最終戦‥だと‥?イェーイ!」
豆を投げ始めて

899:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:38

めい「ごめんね!珠梨奈私セレパラ歌劇団に入りたいの!」
珠梨奈

900:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:39

アミー「ちょっとトイレ!」
アミーは去ってひびきの所に向かった。
アミー「ひびき!」
ひびき

901:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:39

キセツ「僕のあるがまま‥キャラ作ってるんじゃないの〜?」
>初音

902:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:39

めい「アッアミー!なんでここにいるの!」
アミー

903:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:39

ひびき「いやっなんでもない」

〉〉珠梨奈

ひびき「君ランクは?」

〉〉めい

904:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:40

初音「ナルシストなのが僕のあるがままさ✨」
>>キセツ

905:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:40

ひびき「今度は君か……」
( ため息をつき )

〉〉アミー

906:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:40

キセツ「は‥‥」☆が頭にぶつかり←
>初音

907:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:41

初音「は…ってなんだよ!?反応薄く無い!?」

>>キセツ

908:ルーシィ◆gA:2016/02/03(水) 17:41

いおり「私たちもセレパラ歌劇団に入りたいな…」
まりあ「はは。神アイドルだもんねー。どっちでもいいけど」

909:のえる◆gw:2016/02/03(水) 17:41

珠梨奈「あっあの……私……」

〉〉ひびき

910:青春キセツ ふわり◆VY:2016/02/03(水) 17:42

キセツ「いっや〜?なんでもない」
>初音


【 ちょっとリトルにiPad貸すわ〜 】

911:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:42

めい「メジャーランクです。ひっぱりだこアイドルの所にいます!でも結構ライブとかしいたんですけど、今のランクまだわからないんですよね。」
ひびきさん

912:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:42

アミー「ひびきに伝えたいことがあるの」
めい
アミー「ひびき!あなたには負けない!努力は必要ってことを証明してみせる!私たちとライブ対決しなさい!」
ひびき

913:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:42

ユリエ「なんか…アミーとめいがあっちに行ってるの見かけたんだんだけど…」
>>アミー、めい

914:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:42

【り】

915:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:43

初音「ってもうそろそろファッションショーの練習の時間だ
じゃあね!」

916:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:44

めい「そうなの!私はセレパラ歌劇に入りたくてひびきさんに会いに来た!」
アミー

917:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:44

ひびき「歓迎するよ セレパラ歌劇団は絶対負けない!」

〉〉アミー

ひびき「まぁまぁだな…もう1つ天才チームを作ろうか……」
( 考え )

〉〉めい

ひびき「珠梨奈 どうしたんだい?」

〉〉珠梨奈

918:珠梨奈◆gw:2016/02/03(水) 17:46

珠梨亜「珠梨奈!行くよっ!!珠梨奈に手を出したら許さないから」
珠梨奈「あっ珠梨亜 でっでは」

〉ひびき

【落ちます お相手サンキューです】

919: リトル◆DE:2016/02/03(水) 17:46

【お久〜】

リトル「久しぶりのみんな‥元気かな?」(自分の部屋の外にいて


ココル「ゲホッゲホッ‥‥うえぇ‥」
ルネ「あ‥ココルちゃんもお風邪なの‥」

920:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:46

アミー「私たちの努力を見せてあげる!もし私たちに負けたらそのままでいい、でも勝ったらプリパラに戻させてもらうわ!」
ひびき

921:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:47

めい「もう一つの天才チーム?」
ひびきさん

922:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:47

ユリエ「ってひびきさん……?皆もここに居るし…」

>>ひびき

923:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:47

【サンキュー】
ひびき「羽月珠梨亜……気は強いが使えそうだ……
また今度ゆっくりと話そう」

〉〉ツインスター

924:ルーシィ◆gA:2016/02/03(水) 17:48

いおり「私たちが誘われるはずないもんねー。」
まりあ「確かに、神アイドルだけど、誘われないね」
あいり「そうだね〜」

925:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:48

めい「ユリエ!ユリエも来たんだ!」
ユリエ

926:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:48

アリス「リトル〜久しぶり〜」

(抱きつく)

〉リトル

927:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:48

ユリエ「あんたとアミーがここに来てるの見たから…ついて来ちゃった…」
>>めい

928:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:49

キヴァル「………」
リトルを見つめた。
リトル

929: リトル◆DE:2016/02/03(水) 17:49

リトル「わ‥アリスだ!ふふ、久しぶりのアリスだ
久しぶり!あれ‥少し背高くなった?」(抱きしめ返し微笑み

>アリス

930: リトル◆DE:2016/02/03(水) 17:50

リトル「あ‥こんにちは、小さなアイドルさん」(相手を見て微笑み
>キヴァル

931:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:50

めい「私はセレパラ歌劇に入りたくてひびきさんの姿が見えたからシステム室まで走ってきたんだけどまぁまぁってところなんだよね。アイドルランクが。」
ユリエ

932:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:50

ひびき「ああっもちろんだ
リトル、アリス準備はいいか?ライブ対決だ」

〉〉リトル、アリス、アミー

ひびき「ユリエ……か」

〉〉ユリエ

ひびき「ああっ考え中だ でもセレパラ歌劇団は満員で入れない」

〉〉めい

933:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:51

アリス「そうかな?リトルも成長してるよ!」

(微笑み)

〉リトル

アリス「あっひびき!うんもちろん いつでもオッケー」

〉ひびき

934:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:52

ユリエ「あんたランクなに?」
>>めい

ユリエ「あっ、あの…この間のセレパラ歌劇団のライブすごかったです…!」
>>ひびき

935: リトル◆DE:2016/02/03(水) 17:52

リトル「ひびきちゃん‥アミーと‥うん、わかった
頑張る! アリス、ひびきちゃん、アミーも頑張ろうね」

>ひびき、アリス、アミー

936:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:52

アミー「今じゃないわ!スプドリの時よ!スプドリでライブ対決だからね?」
ひびき

937:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:53

めい「そうですか。でも、もう一つの天才チームできたら入りに来ます!それとひびきさん!エンメロにはきおつけてください」
ひびきさん

938:ルーシィ◆gA:2016/02/03(水) 17:53

いおり「何?めいたちがいる」
まりあ、あいり「本当だ」
めい、ユリエ

939: リトル◆DE:2016/02/03(水) 17:53

リトル「久しぶりに来たけど、アリスに会えてよかった!
実はね‥マフラーを編んでみたの なかなか会えなくてプレゼント
渡せてなかったから‥」(白色のマフラーを渡して
>アリス

940:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:54

キヴァル「……こんにちは……」
リトル

941:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:54

ユリエ「あら、いおり達?」
>>いおり、まりあ、あいり

942:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:54

ひびき「ああっもちろん」

〉〉アリス、リトル

ひびき「スプドリはセレパラ歌劇団しか参加できない」
( 笑みを浮かべ )

〉〉アミー

943:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:54

めい「いおり!あいり!まりあ!来たんだ!」
あいり!いおり、まりあ

944: リトル◆DE:2016/02/03(水) 17:54

リトル「私はリトル、名前は?」

>キヴァル

945: リトル◆DE:2016/02/03(水) 17:55

リトル「ふふ、久しぶりのライブだ 」

>アリス、ひびき

946:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:55

アリス「ありがとうリトル 頑張ろうね
あっリトルにプレゼント これピンクダイヤのティアラ」

(ティアラを渡す)

〉リトル

アリス「うんひびきも頑張ろうね」

〉ひびき

947:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:55

アミー「めいちゃん!私はひびきに勝ってプリパラに戻すわ!努力は必要だって教えてあげるの。絶対負けない」
めい

948:ルーシィ◆gA:2016/02/03(水) 17:56

いおり、まりあ、あいり「うん。」
ユリエ

あいり、まりあ、いおり「私たちももセレパラ歌劇団に入りたいから…」

949:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:56

アリス「リトルと一緒にライブ……久々だ」

〉リトル

950:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:56

キヴァル「……キヴァル……」
リトル

951:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:56

ユリエ(はあ…皆の方が凄いもん…。私は…)

952: リトル◆DE:2016/02/03(水) 17:57

リトル「うん ‥わあ、綺麗‥ありがとう、私 マフラーって
初めて編んだから上手にできてないかもしれないけれど‥」

(早速ヘッドフォンクラウンを外してティアラをつけてみて)

「どうかな?」
>アリス

953:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 17:57

めい「そうなんだ!がんばってね!私もひびきさんの作る新しい天声チームに入れるように頑張る!」
アミー

954:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:57

ひびき「もう1つ天才チームができたら考えておく
エンメロ?ああっ大丈夫だ」

〉〉めい、ユリエ、いおり

955: リトル◆DE:2016/02/03(水) 17:58

リトル「忙しくてチームでライブ、できてなかったから楽しみ!」

>アリス

リトル「キヴァルちゃん!よろしくね、久しぶりにここにきたから
キヴァルちゃんの事あまり知らなくて」

>キヴァル

956:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 17:58

アミー「うん!私はめいちゃんにも負けないよ?」
めい
ゆい「最終戦終了〜」
まりぃ「これでセレパラ節分大会を終わります」
みんな

957:アリス◆PM:2016/02/03(水) 17:59

アリス「可愛い!似合うー
アリスもつけてみたんだけど マフラー
あったかい………リトルの愛がこもってるね」

〉リトル

958:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 17:59

ユリエ「……天才チームがもう一つ…!
エンメロに負けないでください!応援してます!」
>>ひびき

959:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 17:59

ひびき「ありがとう」
( 微笑み )

〉ユリエ

960:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 18:00

キヴァル「あなた……キラキラ……キヴァル……ボーカルドール……」
リトル

961:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 18:00

ひびき「どうする?今からするか?」

〉〉アミー

962:ルーシィ◆gA:2016/02/03(水) 18:01

いおり「…!?天才チーム…がもうひとつ。入れるように努力しないと」
ひびき

963:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 18:01

ユリエ「でっ、では…!お邪魔しました…
これからミュージカルの練習があるので!」(走ってその場から離れ
>>ひびき

964: リトル◆DE:2016/02/03(水) 18:02

リトル「そうかな?アリスも可愛い!
リトルの愛?愛‥愛ってよくわからないの ファンの子の笑顔のことかな
アリスは愛を知ってるの?」

>アリス

リトル「リトルはキラキラではないかなぁ キヴァルちゃんも私も
ボーカルドール!同じだね 」

>キヴァル

965:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:02

めい「はい!」
ひびきさん

966:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 18:02

ひびき「実は君は候補だったんだ
もしつくるなら君は絶対だ」

〉〉いおり

ひびき「頑張れ」

〉〉ユリエ

967:アリス◆PM:2016/02/03(水) 18:03

アリス「アリスはなんとなくなら…
ありがとうリトル たぶん愛はそんな感じと思う」

〉リトル

968:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:03

めい「それでは私も練習があるのでしつれいします」
(そのばからはなれる)
ひびきさん

969:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 18:04

リリアン「あれ……?オフだからまたちょっと来たんだけど…。皆何してるんだろう……?」

970:いおり◆gA:2016/02/03(水) 18:04

いおり「え!?
候補だったって本当?」
ひびき

971:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:04

【上記のかっこの中に書いてあるのは】
その場からはなれるです!

972:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 18:05

ひびき「ああっ本当だ」

〉〉いおり

ひびき「練習頑張れ」

〉〉めい

973: リトル◆DE:2016/02/03(水) 18:05

リトル「愛こそ 奇跡さ♪ ってベリーの歌パート。
愛は、奇跡なんだってことは勉強したよ ファンの子の笑顔は
どんなに疲れてても疲れがすぐ吹き飛んじゃうくらい素敵な宝物!」

>アリス

974:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 18:05

みれぃ「エンメロ頑張るぷりよ!セレパラ歌劇団なんかに負けないでぷりっ」
アミー「うん!」
まみ「何がセレパラ歌劇団よ、絶対負けないわ。実験のために」
アミー「ええ」

975:いおり◆gA:2016/02/03(水) 18:06

いおり「嬉しい…」
(微笑み)
ひびき

976:珠菜◆cc:2016/02/03(水) 18:06

リリアン「えーっと……、ユニット作りに来たんだけど…。
リルア達いないか…」

977:アリス◆PM:2016/02/03(水) 18:06

アリス「あっベリーのパートのとこ
あったね じゃあファンの子の笑顔がリトルにとっての
愛………とか?
アリスは愛もリトルもみんなも宝物!
アリス、宝物がいっぱいだ」

(微笑む)

〉リトル

978:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 18:07

ひびき「じゃあ僕は失礼するよ」

〉〉いおり

979:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:07

めい「ありがとうございます!もっと私のパフォーマンスに磨きをかけないと!誰もが手に届かなくなるくらいの!私の力をもっと高めなきゃ!だって私は天才域に張ったアイドルだから!」
ひびきさん

980:いおり◆gA:2016/02/03(水) 18:08

いおり「うん。ライブ頑張って。応援してるよ」
ひびき

981:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:08

【13終わりが近いので14の制作お願いします!」
まりぃ

982:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:09

めい「ライブ頑張ってください!」
ひびきさん

983:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 18:09

ひびき「期待してるよ」

〉〉めい

ひびき「ありがとういおり」

〉〉いおり

984: リトル◆DE:2016/02/03(水) 18:09

リトル「ふふ、リトルは、ファンの子の笑顔を愛してるんだ
なんだかわかった気がする 宝物がいっぱいなのは良い事なんだ!
みんなに会いたいな まりぃもココルもリリアンも
沙希も‥みんなとあって話したいな 」

>アリス

985:いおり◆gA:2016/02/03(水) 18:10

いおり「どういたしまして」
(微笑み)
ひびき

986:ひびき◆P2:2016/02/03(水) 18:10

ひびき「エスコートシネマコーデ」

♪〜♪〜♪〜♪〜

アリス ♪なんて綺麗あの雲まるで綿菓子ね♪
ひびき♪君の歌声が飛んでいく♪

♪音楽はなんて素晴らしい♪

まりぃ♪不可能を可能に変えてみせるさ♪
ひびき♪君の歌なら全て叶うさ♪

♪スパイはチャンス逃さない 瞳に映した 秘密を手にして
ミッションクリア♪

リトル♪遥か銀河超えていく それは歌のフォース♪
ひびき♪宇宙♪

♪未来 開いていく スターロマンス 希望のビッグバン♪

ベリー♪愛こそ♪
ひびき♪奇跡さ♪

♪思いの歌は重なるよ♪

♪響きあうから きっと心に 響いていくね きっとあなたに♪

みんな「エアリーチェーンジ
ゴールドエアリー」

リトル、ベリー「みんなの願い鐘の音に乗せて」
まりぃ、アリス「果てしない高みを目指して」
ひびき「響け!革命の鐘」

ゴーンゴーンゴーン

ファン「キャーーーーーーーーーーーー」

987:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:10

めい「ありがとうございます!それではさようなら!」
(走ってその場からレッスン室へと向かった!」
ひびきさん

988:アリス◆PM:2016/02/03(水) 18:11

【落ちるね お相手ありがとう
久しぶりに会えて楽しかったよ(*^o^*)】

989:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:11

めい「やっぱり!セレパラ歌劇団は凄い!」

990:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 18:12

アミー「私は仕事があるの」
ひびき
???「セレパラ歌劇団……悪くはないね」
みらら
天才好きの少女。ファッションセンスはなく天才だけを愛している。ベリーと一緒の幼稚園で昔からのベリーのライバル。強気
外見、長い三つ編みで色はパープル。目の瞳はオレンジ

991: リトル◆DE:2016/02/03(水) 18:12

リトル「ぶとうかいパールコーデ!あは 」


リトル「みんな、ありがとう〜!みんなの笑顔、
みんなと歌えて嬉しかった」

992:いおり◆gA:2016/02/03(水) 18:12

いおり「すごい…さすが…ひびき達」

993: リトル◆DE:2016/02/03(水) 18:13

>>988


【 了解っ 私も楽しかったよ(*^◯^*)
お相手ありがとう(*^_^*) 】

994:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 18:15

みらら「久しぶりじゃない」
ベリー「あんたはみらら!」
みらら「まだアイドルクイーンとか言ってんの?笑っちゃう」
ベリー「はあ?あたしはアイドルクイーンだし」
みらら「アイドルクイーンだって、笑っちゃう!」
ベリー「バカにしないでくれる?」

995:アリス◆PM:2016/02/03(水) 18:15

アリス「ぶどうかいシネマコーデふふっ

みんな〜ありがとう
またライブ見に来てね

【本当に落ちるね】

996:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:16

レッスン室の中
めい「もっと!もっと!私は頑張るみんなが届かなくなるくらい!」

997:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 18:17

【すみません建ててくれてありがとうございます】

998: リトル◆DE:2016/02/03(水) 18:17

リトル「あ‥ベリーだ、ベリ〜!」
遠くから2人を見ていて走って2人に近づき

>ベリー、みらら

【 アリス、了解だよ 】

999:めい◆Q8I:2016/02/03(水) 18:18

【いいんです!終わりそうだと思ってたのででも14のこと書き忘れちゃいました」
まりぃ

1000:まりぃ◆F.:2016/02/03(水) 18:19

ベリー「リトル!何よ」
みらら「リトルはベリーと比べて天才だからベリーよりはマシよね」
ベリー「どういう意味よ!」
リトル

1001:1001:Over 1000 Thread

このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。


書き込む 最新10 サイトマップ