オリキャラになりきってオリキャラの過去を話すスレ

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:暗黒物質◆cI:2016/05/07(土) 21:28 ID:s4k

スレタイとおり
注意点は名前をオリキャラの名前にするだけ
それではスタート

2:紅葉◆cI:2016/05/07(土) 23:54 ID:s4k

夕暮れ時に紅い紅葉を見ると私が辿ってきた過去を思い出すな…
申し遅れた、私は紅葉(モミジ)
折角だから私の過去を聞いてくれぬか?
人と話すのは少し苦手で分かりづらいと思うが…
それでも大丈夫なのであれば…

時は今を遡り、平安時代
秋の優しい風が吹く中、とある貴族の家で私は生まれた
母曰く、私の名は母の好きな紅葉の木から取ったらしい
紅葉の葉の様に美しい女に、皆から愛される女になってほしいという意味を込め、私に名付けたと
それから3年、私が3歳になったとき、私は両親から私たち一族の話を聞かせてもらった
私たち一族は、一人一人、不思議な能力を2つ持っていると言う話だ
私の能力はまだ1つしか分かっていない
紅葉(こうよう)を操る能力だ
私は、この能力を嬉しく思った
なぜなら母にいつでも紅葉を見せてあげれるからだ
母に私の能力を見せた
母は喜んでくれた
私も嬉しかった
もっと綺麗な紅葉を母にみせてあげたいと思い、私は能力を上げていった
とある日の昼下がり、能力を上げているとき、私はふと思った
私のもう1つの能力はなんなのか
少し気にはなったが、あまり気にしなかった
そのまま能力を上げる特訓をしていると
思い出したくも無い悲劇が起きた
誰かが私の家に火を放っち、大火事になった
幸いにも私は逃げられたが、両親が殺されてしまった
私は絶望した
住む場所も無くなり、両親も居なくなった
まだ幼い私にはとても辛い出来事だった
その場で、泣き崩れたが、泣いてばかりではどうにもならないと思い、旅に出る事を決意した
街を離れ、山奥へ入り、黙々と旅を続けた
だが、旅の途中、私は疲れて、倒れてしまった

目が覚めると、私はとある民家にいた
「やっと目が覚めた?3日も起きなかったからもしかしたら…って思ったけど大丈夫だったみたいだね」
声のする方に視線を向けると、私と同じ位の年齢の男子がいた
「ごめん、名前言わないとね。僕はタケル、君は?」
「……モミジ…」
「モミジちゃん?可愛い名前だね!」
「あの……助けてくれて…ありがとう…」
「当たり前の事をしたまでだよ!そういえばモミジちゃんは何処から来たの?家は?」
「……いえ…焼かれた……」
「……それじゃあ親は?」
「いない……殺された……」
話していると涙がこみ上げてきた。
「モミジちゃん!泣かないで!」
「うん…」
「家が無いなら此処に住むといいよ!お父さんとお母さんもきっと歓迎してくれるよ」
「ありがとう……」
そして私はタケルという男の家に住む事になった

それから長い年月が経ち、タケルと私は結婚した
ずっと一緒、山へ狩りに行くときも、隣の村へ行く時も、ずっと一緒だった.…が…
タケルが病気を患い、53歳という歳で他界してしまった
それから毎日、私はタケルの墓参りへ行った
だが、墓へ行く道中、私は村の人にこんな事を言われた
「あいつ、実は化け物なんじゃ無いか?」
「タケルは歳をとっているのに彼奴はまだ若いままだ」
「彼奴と一緒に居ると生気を吸われるのか?!」
ちがう!私はそんな事はしない!
そう思い、墓の近くにある川の水面を見た
すると、10代位の姿で私の成長は止まっていた
「嘘…何で…嗚呼、気持ち悪い…気持ち悪い!」
私は駆けて家へ帰り、刃物で腹を刺した
血が噴き出し、しっかり痛みもかんじた
だが
傷口は閉じ、痛みも無くなった
その時、私はおもった
私の2つ目の能力…それは不老不死だったという事だと
その後も何度か自殺を図ったが、やはり無理だった
村人からの嫌がらせも多発していった
我慢の限界が来た私はこうおもった
「私が死ぬのではなく、周りの愚かな人間共を殺せばいい」と
私は家にあった刀を手に取り、村人を一人残らず殺していった
住む場所がまた無くなった私はまた旅に出る事にした
だが、他の村にも私の噂が広まっていた
私は、武家の子供に変装し、姿を晦ました
そして私は、人間は信用出来ない、殺してしまえ。という考えをいつの間にかもってしまっていた
何度も人を切りつづけ、長い月日が経ち
私は何時しか生きる亡霊と果てた

3:紅葉◆cI:2016/05/07(土) 23:55 ID:s4k

そして時は平成
私はとある廃寺へ住み着いた
そこへ選ばれし魔導士と名乗る少女が来て、勝負を挑んできた
名は未来、人間如きに私が負けるはず無いと思っていたが
少女は一瞬の隙も見せずに攻撃して来た
ついには少女に追い詰められた
「クッ…殺せ!」
私はそういったが(そもそも死なないが)
少女は私に、
「過去に辛い事でもあったのか?」
と声をかけた
「なぜわかった…」
私は少女に問いかけた
「戦ってれば分かるよ。相手の思ってる事なんて」
その一言を聞いて、私は何故か泣きそうになった
「何かあれば私を頼れ。いつでも助けてやるよ」
その言葉で私は改心した
タケルも昔、似たような事を言っていたのを思い出した
「じゃあ此処に住むといいよ」
タケルのその言葉が頭を過ぎった
私は大切な事を忘れていた
タケルが死んだ後、人間は信用出来ないと思っていた
タケルの事を忘れていた
唯一信用出来た相手の事を…
私は泣き少女に抱きついた
「ゔっ…ありがとうっ…」
その後、私は少女と共に人や妖怪達をを助ける活動を行っている。

あの時未来が来なければ私はどうなっていたのだろう…
最後まで話を聞いてくれて有難うな

4:手羽先:2016/05/08(日) 08:23 ID:8rA

【参加よろしいでしょうか】

5:匿名さん:2016/05/08(日) 15:31 ID:yrI

【参加いいですか?】

6:匿名さん:2016/05/08(日) 15:44 ID:1vk

【参加させてもらえますか?】

7:暗黒物質◆cI:2016/05/09(月) 18:18 ID:s4k

勝手に参加okですよ

8:美琴:2016/05/10(火) 00:02 ID:yrI

【入ります…過去って早速語っていいんでしょうか】

9:マイナ◆lQ:2016/05/10(火) 00:03 ID:sag

【ありがとうございます…】
こんばんはー…なんてな、最強ではない悪魔のマイナだ。
いまでも怨みの火を見るとついあの時のことをおもいだしてしまう。
ま、別にもう気にはしてないが
俺…私と姉さんは生まれながらにして悪魔だった。
それも外の世界で言うきりなんちゃら教って奴等が集う田舎町で
そりゃあはじめは親も隠しはしたさ、我が子が悪魔だって知れたら、魔女扱いだ。
ある日、近くの集落同士の紛争が起きて私たちの町も戦場と化した。
寝ても覚めても地獄の日々がはじまった。
そんなときだ、いもしない神に念じれば助かる。紛争は終わる。そう信じたバカ共が
町の娘全員が禊をするよう命じた。まあ、そこでボロがでちまった。
わたしと姉さんの背には小さいが、悪魔特有の翼が生えていた。
そしてバカ共は私らを指差し『悪魔だ!魔女の手先だ!』って喚きだした。
親は『我が子に悪魔が取り憑いた!』とかを言い出して、結局私らは殺されることになった。
ま、ウザかったかし、生まれつき悪魔の力は持ってたから大体を姉さんがぶち殺したけどな。
は?方法まで知りたいのか…?悪魔特有の翼と尻尾をうまく使って首をちょんぱってな
バカ共はひいって震え上がって土下座、許してくれってな。
わたし的には殺したかったが、姉さんがやめろっつったからやめた。
そしたら、次の瞬間にバカ共の一人がわたしに何かをぶっかけやがった。
紛い物なんかじゃない、本物の聖水だ。
わたしは激痛に耐えられず、じたばたと暴れた。
それを見た姉さんが、わたしに駆け寄ってきてくれて
『大丈夫ですから、待っててください』
って言ってくれたのが最後に見た姉さんの生き生きとした姿。
わたしの処置が終わったと同時に、姉さんはバカ共によって
銀の槍で突かれた。何度も何度も槍を刺されまくって、姉さんの背はぐちゃぐちゃになってた。
『コノウラ…ハラサデオクベキカ?』
私の脳内に廻ってきた言葉、私はカッと目を見開くと
今の俺の能力である、怨みを炎にかえる力を解放した。
バカ共はこの世に存在しないほどの熱を持つ、怨みでできた炎に焼かれ、死んでいった。
それからしばらくして、姉さんに駆け寄り意識や鼓動を確認した。
そのときは大丈夫だった、しばらくすると、姉さんが目を開いて私に微笑み…
『生きて』だけ残して生き耐えてしまった。
私は怨みを持った全ての人間たちを、怨みの炎を使い、灰にした。


…と、ここまでだ。
俺はいまでも姉さんのことが忘れられない。
それだけだ、じゃあな

10:暗黒物質◆cI:2016/05/10(火) 00:24 ID:s4k

>>8
okですよ

11:美琴:2016/05/10(火) 01:15 ID:yrI

【ありがとうございます!】
…え?どうして私の右目がないのかって?そんなこと聞きたいの?人の傷口をえぐるようなものって考えなかったの?
…まあいいわ。話してあげる。
昔ね?ここに来る前の学校で私、いじめられてたの。
芋虫食わせられたり体に薬品かけられたり…まあ散々なものね。
そんな中クラスでの人気者の子が私に告白したのよ。まったく迷惑な話よね。加速するじゃない。
ま、その日体育館裏に呼び出されたわけね。
そしたら急にあの子達私の右目に手を伸ばして___
ぐちゃっ
ってわけよ。そりゃもう痛かったわ。目に激痛が走って血が流れて指を…思い出すだけでも痛いわね。
いっそ叫べでもしたらよかったのかしら。でも口を塞がれてたの。
まあそんなわけで右目がなくなったってこと。
事実はもみくちゃにされて私が自分でやったってことになったわね。
え?親に言えなかったのか?あのねえ、言えたらとっくに言ってたわよ。
なんかあの親私が生まれたから父親が逃げただお前は疫病者だとかなんとかいってろくに飯も食わせてくれないの。
暴力ふるってさ?
痛かったわよ。よくあんな者に耐えてたわ。
…なんて。過去のことのように言ってるけどね。これ全部現在進行型よ。
あ、親が呼んでるわ。

12:暗黒物質◆cI:2016/05/21(土) 23:54 ID:s4k

>>1に追記
オリカビやオリ棒など、オリジナル要素が有れば
何でもokです
(二時創作っぽくなっても)


書き込む 最新10 サイトマップ