雨上がり、夕闇に咲く 

葉っぱ天国 > オリキャラなりきり > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1: 雨 ◆Wywv.:2017/09/04(月) 17:52




カメラに写した君の後ろ姿と、水溜りに映った僕の影。
      ふたり、名前もつけられないような、( >>2-4 )


 

2: 雨 ◆Wywv.:2017/09/04(月) 17:54




  →? ストーカーと少女、ひとつ屋根の下にて。
 曖昧で奇妙な関係の中、ゆるりと過ぎていく日常の話。


  / 非募集スレ。

  ○ ロルは形式長さ問わず。
    相手の苦手ロルは回避しつつ、な感じで。

  ○ シリアスなのかほのぼのなのかわからない。
    多分、その合間を行くような感じ。


 

3: 雨 ◆Wywv.:2017/09/04(月) 17:55




 「 なんでこう、思った通りに行かないんだろうね 」

  鳴海 諒(なるみ あき、)/ ♂、20y

 ストーカーであることを差し引けばどこにでもいるような普通の人。面倒見もよく気配りも出来、優しいお兄さんのような雰囲気を纏う。しかし感情の起伏が少ないため実態がいまいちよくわからない。自分について語りたがらず人のこともあんまり聞こうとしない。が、内に秘めた想いは強いのかも。世の中のほとんどのことに興味がなさそう。それ故か、大抵のことはなんでも許せる。良くいえば寛容。さらりと嘘をつくことは多々。面倒くさいことは自主的に行わないが、必要に迫られた場合のみやる。基本的に都合のいいことしかしない。それでも不運なのか不器用なのか、良い結果はついてこない。多分苦労人気質。

 最近染め直したばっかりの暗めのブラウンの髪は、程よい長さが保たれている。前髪は伸びっぱなしのため右に流し気味。これといった手入れはしていないにも関わらず寝癖はひとつもない。ぼんやりとした強い意思のなさそうな瞳は黒、やや切れ長であり、どこか鋭さも感じられる。表情は基本的には変わりなし。嘘っぽい笑みをたまに浮かべるのみで、心から笑ったことなんて少年時代以降一度もないそうな。服装はシャツにパーカーにジーンズとか。四季は一切関係なし。身長は170cm台後半。

 一人称は俺、二人称は君。人をあまり名前で呼ばない。キッチンとトイレ、あとは和室とリビングっぽい部屋があるだけのアパートにてひとりぐらし。自宅近くの大学に通う三年生。法学部。学校に行く以外は特にすることがないため家でごろごろしてたりお散歩してたり。友人関係が希薄。なににも興味を持てずに生きてるだけみたいな毎日を過ごしてるときに現れたのが家出少女ちゃん。なんとなく雰囲気に惹かれただけで、外見が好みだとか恋心があったりとかはないそうな。ただなんとなく見てるだけで、自分から接触しようとか考えたこともない。


 

4:   ◆Lv.E:2017/09/05(火) 04:18



  「 やりたいようにできるのが、一番いいんだけどさ 」

 名前 / 泡深 莉緒 ( あわみ りお )

 性別 / 女の子。
 年齢 / 12歳、小学6年生。誕生日は5月そこら。

 性格 / あまり目立つようなこともなく、みんなの中心に立つようなこともない集団の端っこにいるような子。友達がいないわけでもなく、感情が薄いわけでもなく一見ちょっとしっかり真面目な普通の子だが人との線引きはしっかりしているようで人に深入りせず依存することもない、どこか諦めたような、悟っているような大人っぽさを感じさせる不思議な雰囲気を持っているため、ほんの少し浮いているようにも見えたり。また気づいているのに気づいていないふりが得意なようで、それを隠し通すためなら嘘も吐く。素直な言葉をはっきりとぶつけられるが、人に頼ることはできず「助けて」の一言が言えず抱え込んでしまう。ルールに忠実で面白く無い子のように見えたりするが時々!?ってなるような思い切った行動をするので行動力と度胸は結構持ち合わせてる。 勉強はそこそこ。運動もまあまあ。

 容姿 / 傷んだ様子もなく、大切にされている印象の地毛はさらりとした色素の薄い胡桃色。成長したら一層の事思い切ってカラフルに赤や金に染めようと考えている。目の上すれすれでくるん、と内側にカールした毛先の揃えられた前髪と耳にかける仕草が目立つ、肩にギリギリつかない程度の、これまた綺麗に毛先がぴしっと揃った髪の毛はうまいこと内側にカールしていて。色々感情の詰まっているような程よく釣った目。瞳は紺色。目の下にホクロが斜めにふたつ。あまり大きく開かない薄い唇。服装はユニ○ロやG○、しま○らなんかでささっと買ってきたようなものが多め。最近だと赤と白のボーダーの半袖にクリーム色のショートパンツ、黒い膝下までのスパッツなんか。家出した時もその服装だった。身長は151糎。まだ伸びしろはある。 ちなみにランドセルは赤。

 備考 / 一人称は私。二人称は君とかあなたとか、くん、ちゃん、さん以外にも呼び捨てとかしてみたり。家出をしたのは親に将来を決められたこと。彼女には自分なりのやりたいことがあったけど否定をされ色々考えた結果家出。計画的なものだったので10000円程度のお金と服をもう1日分とか水とかは一応持ってた。性格柄ストーカーさんにストーカーされてたのは実はちょっと気づいてた。なので養ってくれるかもしれないとダメ元で訪問。お家を知ってたのは…なぜでしょうかね。計画してた割に学校のこととかはあまり考えてなかったり。軽度の自傷癖 ( 爪や指の皮、口内の肉を噛む、瘡蓋を剥がす のみ ) が有。自覚しているし尚コンプレックスなので指摘はしないでほしい。また重度の高所恐怖症のためかなり高い坂は怖くて降りられなかったり、ベランダも二階が限界。 至って健康で好き嫌いはほとんどしないがイカはアレルギーがあるので食べられない。



5: 泡深 莉緒 ◆Lv.E:2017/09/05(火) 04:49


 ( / スレ立てお疲れ様です…!家出少女ちゃん訪問前から初回を書かせていただきましたが絡みにくければほいほいと書き直しますので~)



 ( ショーケースのガラスに映った自分と目が合えば、どこか恥ずかしくなって微笑む。几帳面に組まれたタイルの溝を踏まないように歩いた。線を踏んでしまうと、意味のない悔しさで胸がいっぱいになった。縞々の横断歩道を無事渡りきろうとすると、歩道との溝の水溜りから雨水が跳ねて足元をじわりと靴下まで濡らす。じめじめとしていて、やけに気味が悪い。雨が上がりに畳んだ傘からはまだ水滴が落ちていて、彼女が歩いた道を続くように痕をつけた。雨上がりの虹も見えていなかったし、まだ灰色の雲がかかってる。もう時期また降り出すろう。そうなる前に早く目的地に行かなくちゃ。と歩を進めた。雨上がりの世界は少し綺麗に映るが、別に遊びに行くわけでもなく、絶賛家出中だった。さっき、ぼんやりと家を出て。特に当てもなくふらふらする中、なんとなく頼れそうな心当たりがぽつりと。面識がある人物でもなく、とりあえず衣食住を頂けて、欲を言うなら自分を元の世界から隔離してくれればそれでいい。もしかしたら一人の人間を更にの犯罪者にしてしまうのではないかと若干の不安はあるが、そこの所はきっとうまくやってくれる気がする。何かあったら何食わぬ顔で家に帰ればいい、きっと帰れないけど。実は知っていた目的地に立つと、2、3回とノックをして。もしかしたらこの時間はいないかもしれないな、なんてもやもやとした不安を寄せながら一言。 )

    
      もしもーし、




6: 鳴海 諒 ◆Wywv.:2017/09/21(木) 18:06




( / 初回投下ありがとうございます、返信遅くなってしまい申し訳ないです〜!すごく絡みやすい初回なので無問題です……! )


( 先程まで降っていた雨は、いつの間にか止んでいたようだ。薄暗い雲の切れ目から、ほんの少しだけ晴れ間が覗いている。色とりどりの花ように咲き乱れていた傘たちも姿を消していた。自分ひとりだけがまだ傘をさしていることに気が付いて、水滴が飛び散らないよう気を配りながらそっと閉じる。建物の間から見える景色は酷く濁っていて、街全体が薄暗いなにかに覆われているようにも見えた。この分だと、雨はまた降ってきそうだ。傘はさしたままでもよかったのではないだろうか。傘を開くというような同じ動作を何度も繰り返すのは、最もとは言わないまでも苦手なことだ。人生もそれと似たものだと思う。毎日毎日同じことの繰り返し、いっそやめたくなってくる。だから、諦めたような振りをして変化を期待してしまっているのだ。あの子を尾けている理由も、きっとそれだ。空ばかり見上げていたら、足元の水溜りに気が付かず、片足を突っ込んでしまった。こういう変化は、いらない。顔をしかめては、水溜りの原因である雲を恨めしげに睨む。雨が再び降り出す前に、帰ってしまおう。水に濡れて少し重くなった足で、いつもの道を歩いていく。錆び付いたアパートの外階段を上りきった先には、いつもと違う光景が待っていた。自分を知るはずのない少女が、何故か、間違いなく自分の家部屋の前に立っているのだ。戸惑いは隠したまま、優しいお兄さんの仮面を被って、少女の顔を覗き込んだ。 )

俺の家に、なにか用かな


 >>5 莉緒


 


書き込む 最新10 サイトマップ