大人なんだから、ちゃんとしなきゃだめなんだよ!

葉っぱ天国 > コピペ > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:コピペ:2008/03/12(水) 23:45

俺が結婚したのは20歳の頃だった。妻は21歳、学生結婚だった。
二年程貧乏しながら幸せに暮らしていたが、ある時妊娠が発覚。
俺は飛び上がる程嬉しくて一人ではしゃいでいた。
「無茶はしないで」という妻の言葉も無視して次の日には退学届けを提出。
叔父さんの経営している会社にコネで入れてもらった。
とにかくやる気満々で、働きまくって子供を元気に育てるんだ!ってなもんだった。
今考えても単純だったと思う。

けどそんな幸せも長くは続かなかった。
その後しばらくして、交通事故で妻がお腹の子と一緒に死んだのだ。
この辺りは本当に今でも良く思い出せない。
何やら言う医者につかみかかって殴り飛ばしてしまったこと、
妻を轢いた車の運転手の弁護士を殴り飛ばしたことはうっすら覚えている。
無茶苦茶だった。
それでも何とか葬式をすませ、手続きなんかもこなし、何日か実家で休んだ後家に戻った。

それからは日付の感覚もなく、ただ呆然としていた。
テレビも見ず、ただ、米を炊いて食う、それだけの毎日だった。
自分が鬱なのだとか、落ち込んでいるのだとか、そういう思考もなかった。
自分でも状況がよくわかっていなかったのだと思う。
何となく、カッターで指先を軽く切っては治るまで放置する、とかいう
今思うとほとんど病気のような事を繰り返していた。
突然夜中に意味もなく涙がぼろぼろ出てきたりもした。
死のうという事すら思いつかなかった。

2:コピペ:2008/03/12(水) 23:46

当時のことを友人や親に聞くと、様子伺いの電話などには
きちんと受け答えしていたというのだがあまり覚えていない。
おそらくそんなこんなで半年は生活していたと思う。

そんなある日、夢を見た。
どんな夢だったかはほとんど覚えていない。
とにかくひたすら謝っていたように思う。
ふと目が覚めて、「あぁ・・・何か悪夢をみたな」と身体を起こすと、
目の前の光景に心臓が止まるかと思った。

目の前に小さな女の子がちょこんと座って俺を見ていた。
「なんだこれは、夢か?まだ夢か?」
そう思いながら自分の心臓の鼓動で視線がぐらつくのを感じた。
とっさに水子の霊だと思った。
死んだ俺の子が化けて出たんだと。
その時が、はじめて自分の妻と子供が死んだとちゃんと認識した時だったように思う。
その子が、「大人なんだから、ちゃんとしなきゃだめなんだよ!」と俺を叱りつけた。
もう混乱に継ぐ混乱だ。
汗なんかダラダラ出て、心臓麻痺で死ぬんじゃないかと思った

3:コピペ:2008/03/12(水) 23:46

その時、部屋のドアから大慌てで隣の部屋の奥さんが入ってきた。
「すみません!この子勝手にはいっちゃって・・・」
そこでやっと現状を把握した。
よくよく見れば、この子は隣の家の子供で、
妻がいた頃は何度も会話を交わしたことのある子だった。
ドアを開けっ放しにして寝ていた所に入ってきた実在の人間だ。
幽霊じゃない。
「ああ、違うのか」と思った瞬間、
何だか目の前の幕がはがれたような感じで、俺はその子にしがみついて号泣していた。
「すいません」と「ありがとうございます」を意味不明に連発していたと思う。

後から聞いた話では、そこの一家は引き篭もっていた俺のことを心配してくれており、
何度も夫婦で何をしてあげたらいいか、と相談していたらしい。
その相談を一人娘のその子は聞いていて、
落ち込んだ大人を励ましてやろうと活を入れにきたらしい。
すごいやつだ。

とにかく、その日がきっかけで俺はカウンセリングに通い、
二ヶ月程で何とか職場復帰することができた。
届けも出さず休んでいた俺を休職扱いにしてくれていた叔父には本当に感謝している。
隣の夫婦とも仲良くなり、寝起きの悪い旦那を起こしてくれ、とか言う無理のある理由で
毎朝家に呼ばれ、朝飯をご馳走になった。
とにかくもう俺の周りの人間が神級に良い人達だった。
俺は救われたし、妻と子供の死をちゃんと悲しむことができた。

4:コピペ:2008/03/12(水) 23:46

で、その娘さんが先月結婚した。(すでにその隣室の親子はマイホームを建て
引っ越していったが未だに仲良くしてもらってる。)
親戚が少ないから、とか言う理由で式にまで俺が呼ばれ、
親族紹介のあとその子と話す時間があった。
俺とその子は口が悪い感じの関係で(15も年が離れているのに)、
その日もあまりにも綺麗になったその子に動揺して
「オメーもまだ18才なのに結婚しちゃってもったいないな」
などと俺が言うと笑いながら
「寂しいのか、あんた?w」などと言いやがるので
「寂しいよ!」と言ってしまった。
「俺は昔、お前に助けてもらった。お前のお父さんとお母さんにも助けてもらった。
だからお前のこと大好きだ。だから寂しい!」
とまくし立てるとまた号泣していた。
30過ぎたおっさんがヒックヒック言いながら花嫁の前で号泣だ、かなり恥ずかしい。
気づくとその子も大泣きだ。
新郎側はびっくりしただろうな。
親以外のおっさんと新婦が大泣きしてるんだから。

俺は今でも結局独り身だが、その子が困ったら何が何でも助けてやろうと思っている。
恥ずかしいのでその子には言わないけどな。
もう俺にとってはあの子は自分の娘みたいなものなのだ。
俺の二人目の子供だ。
本当に、ありがとう、ありがとう。いつまでも幸せにな。

5:コピペ:2008/03/18(火) 15:16

給料=我慢料
社会人とはどんなに理不尽な事でも我慢して、頑張れる人だ。

金があるほうが強い。
貧乏はするものじゃないぜ。だからといって贅沢もするものじゃないが。

矛盾してるかな?

まあ世の中矛盾な人間ばかりですよ。

6:コピペ:2008/05/31(土) 12:43

「ちょっと待て!それはホントに必要か?」

■大衆の浪費を刺激する10の戦略■

1.捨てさせる・・・・・100円ライターや、1000円時計など
2.無駄遣いさせる・・・大きめの角砂糖やちょっと押しただけでスーッと出て、もとに戻らないエアゾール式容器など。
3.贈り物にさせる・・・ヴァレンタインセールや父の日セールなど
4.蓄えさせる・・・・・洋酒ビンや全集本など
5.抱き合わせ商品にする・・・カメラの連写ケースなど
6.きっかけを与える・・・読書週間や虫歯予防デーなど
7.単能化させる・・・・・専用ビタミン剤や、七色ウィークパンティーなど
8.セカンドとして持たせる・・・セカンド・ハウスやセカンド・カーなど
9.予備を持たせる・・・・タイヤ・電球などのスペア性のものやフィルムなどストック性のもの
10.旧式にさせる・・・・まだ使えても旧式だと思わせる

■消費十か条■

必要なときにだけ使え
大切にしろ、捨てるな
無駄使いをやめろ
季節感を楽しもう
贈り物などするな必要なものだけ単体で買え
最小限の消費ですら、計画を持ってあたれ
流行?何それw
無駄買いするな、よく考えろ
最新式?ペイできるか旧式のものと比較しろ

7:コピペ:2008/08/29(金) 00:06

1日2時間2ちゃんすると1年で730時間(30日)2ちゃんをしたことになる
1日4時間2ちゃんすると1年で1460時間(60日)2ちゃんをしたことになる
1日6時間2ちゃんすると1年で2190時間(91日)2ちゃんをしたことになる
1日8時間2ちゃんすると1年で2920時間(121日)2ちゃんをしたことになる
1日10時間2ちゃんすると1年で3650時間(152日)2ちゃんをしたことになる
1日12時間2ちゃんすると1年で4380時間(182日)2ちゃんをしたことになる
1日14時間2ちゃんすると1年で5110時間(212日)2ちゃんをしたことになる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ∧_∧
    ( ´・ω・`)     ∧_∧
    /     \   (    ) ……
.__| |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ ………      \|   (    )
  |     ヽ           \/     ヽ.
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | |
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./

8:コピペ:2008/08/29(金) 00:15

我が家の猫は帰宅する父を玄関で出迎えるのが日課だった
今日も夕方の定時になると玄関先にお座りしていた
でもな・・・もう待ってても親父は帰ってこないんだよ
スーツに毛が付くのもかまわずオマエを抱き上げてくれることはないんだよ
会社帰りのお土産の焼き鳥ももう味わえないんだよ
もう・・・やめろよ


親父は定年退職でずっと家にいるだろうが

9:コピペ:2008/09/03(水) 22:24

小学生:突然魔族の血が覚醒、しかし神の血も受け継いでたため正義側に
中学生:学校をテロリストが占拠、自由に動けるのは屋上で昼寝していた俺だけ!
高校生:各クラスで一番かわいい子を集めてハーレム作成。文化祭でバンド演奏
大学生:自然災害、隕石の衝突などで地球終了間近、終末をあの子と一緒にどう過ごす?
社会人:通勤電車の窓から見える屋根の上に忍者を走らす。

これらの妄想をが全くした事無い奴は今後どんな人生を歩もうと
満たされる事はなく、悶々とした人生になる。

10:コピペ:2008/09/03(水) 22:30

生きるという意味は自分の確実な死が判るのと同時
私は末期癌ということに最近気付いた。手遅れらしい。今は体ダルいくらいしか自覚症状が無いのに。
直ぐに入院しなければと言われたが、出れる見込みが無い所なんか行きたくない。
遅くとも今月中に入院してくれと言われてる。そうしないと私が辛くなるらしい。
今以上の辛さは無いってのに。
妻にもまだ言ってない。なんて言えばいいのが。なんか癌で末期らしいよって言えばいいのか。
言えるわけがない。
子供も二人いて、上は5歳、下は3歳。こんな状況で死ねるわけがない。でも死んじゃうんだってさ。
2ちゃんにバカスレやあほレスしてた頃は、日々の不安のようなものはあったが、
死の恐怖はなかった。あるわけがない。
また、その瞬間の貴重さにも気付いてなかった。

死にたくない。

11:コピペ:2008/09/12(金) 22:50

浄土真宗系のできかたって、いかにも日本的だと思うんだよなー。
仏教開祖のお釈迦様が、当時の日本の思想的エリートが導き出したこの結論を見たら
モニタに茶を噴くのは間違いないと思う。w

比叡山で修行した法然。→浄土宗
「ぶっちゃけ悟って仏になるの、俺ごときでは無理(←このへんが日本人的謙遜)
働いてる一般人なんかもっと無理。今の仏教は金と暇のある金持ちにしか役立つ可能性がない。
でも安心しる。阿弥陀様って偉いお方が、自分が十分にレベルうpしたら
おまいらも引っ張り上げてやんよ、ていってる。これはそこに張るしかないっしょ。
はらたいらさんどころじゃないよ。「あみださまに、全部」 さあ何度でもいいつづけよう」

親鸞→浄土真宗
「法然さまはおおむね正しいけど、阿弥陀様なめすぎ。
念仏言った回数で差別するような方じゃねえはずだよ(←このへんが日本人的舶来びいき)
心に思うだけで、修行とか、戒律とか自分をどうにかする必要もないよ。
だから俺なんか結婚だってしちゃうもんね。ただ阿弥陀様に乗ればいいのさ」

おまけ 一遍→時宗
「おまーも阿弥陀様なめすぎ。あの方は信者だろうと何だろうと、一切区別しないの。
つまり俺たちは阿弥陀様のおかげで勝ち組。もう決まってんの。(←日本人的暴走)
だから感謝の踊りを踊ろうぜ、let's dance!」

12:コピペ:2008/09/14(日) 00:05

変化球のように曲がりくねった乳房の海岸線は、太平洋を思い浮かばせる。 少し触れただけで津波が起こりそうな乳房は海賊の精神を奮い立たせる

13:コピペ:2008/09/17(水) 00:24

世界に一つだけの花

学校や会社で出会った いろんな女を見てきた
人それぞれタイプはあるけど 誰もみんな(俺には)冷たいね
この中で誰が一番だなんて 品定めしたわけじゃないのにね
みんなの目が訝しげに グサッと僕に突き刺さる

どうして僕ら孤男は どうしてこうも嫌われる
みんな仲良くしてるその中で 孤独に成り下がる

そうさ僕らは 社会に踏みにじられた花
一人ひとり 悪い過去を持つ
その煩悩を振り払うことだけに
一生懸命に なればいい

小さい事や大きな事
一つとして笑えることはないから
オンリーワンなんて生易しいものじゃない
もっともっと残酷な ロンリーワン

14:コピペ:2008/10/05(日) 12:32

 |                              |
 | 今 ・  こ  ・  .基 俺 そ そ 聞 小 .     |
 | 頃 ・  の  ・  本 が の し  く  学 .      |
 | 俺 ・  言  ・  的 思 結 て と  校.       |
 | を 過 葉 い に  う 果 最 こ  の    テ  |
 | 笑 去 .に え は .に 得 期 ろ  性    ィ . |
 | っ に 騙  い .譲  、 た に に  教   ッ  |
 | て 戦 さ  え り  精 人 勝 よ  育 . .  シ . |
 | い っ れ .お 合 子 生 ち る  で. . . .ュ |
 | る た 続 先 い 達 が 残  と  、      .|
 | の 精 け に   .は  、 っ 莫 自 .   . |
 | か 子 た ど    戦 こ  た 大 分  .     |
 |    た の う    っ の の な  が      |
 |    ち が ぞ    て 有 が  数 昔      |
 |      俺 !    い  り 俺  の  、      |
 |      だ      な  様 様 精 精 .      |
 |      と      .い    だ 子 子.  .   |
 |      思      の    と  と だ  .     |
 |      う       で    い 戦 っ.  .   .|
 |      方      は    う  っ た.       |
 |      が      な    事 た 事 .    .|
 |      自      い    だ ら  を      |
 |      然      か       し. 知       |
 |      だ              い .っ       |
 |                      . た       |
 |                              |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

15:コピペ:2008/11/07(金) 14:19

転校先の小学校でガキ大将というか喧嘩っぱやい問題児が居た。
俺とはクラスが違っていたし、家の方向も違っていたので
あまり接点は無く話をしたことも無かった。

ある日の学校帰り、そいつ(A君)とその取り巻きが突っかかってきた。
最初は無視してやり過ごそうとしたが、殴ってきたのでこちらも応酬。
1対3で負けそうになったがAを集中的に殴り、まぁ引き分け

その翌日、Aの母親が学校に乗り込んできた。
後日知ったのだがAの母親も、今で言うモンペと言うかDQN系
俺が教務室に呼ばれ「Aを殴ったのだから謝りなさい」と言う話になったが
納得のいかない俺は、腹に力を込めて大声で謝った。

「A君を泣かせてごめんなさい」
「弱いものいじめをA君にしてごめんなさい」
「A君が『もう止めて』って泣きながら言っているのに止めないでごめんなさい」
「A君が・・・」
ってところでAが再び殴りかかってきたので、この件はチャラになったが
『Aは喧嘩に負けて泣いた』と言う噂が流れ、以降Aは大人しくなった。

16:コピペ:2009/02/07(土) 00:23

(ロシアの外交)
Level1:ドル売りをほのめかす
Level2:NATOを牽制する
Level3:ウクライナを脅す
Level4:欧州向けガスのパイプラインを停止させる
Level5:核ミサイルの発射スイッチに手を伸ばす

(日本の外交)
Level1:見守る
Level2:注視する
Level3:遺憾に思う
Level4:遺憾の意を表明する
Level5:話し合う

17:コピペ:2009/04/07(火) 13:34

りんごの木の枝に1匹のいも虫が住んでいました。
ある嵐の晩、枝が折れいもむしはりんごに
掴まったまま木の下の川に落ちてしまいました。
「ぼくは、いずれ食べ物が無くなるか、干からびて
死んでしまうんだろうな」
そう思うと、いもむしはとても悲しくなりました。
「でも、あと1日だけ、とりあえず今日だけ生きてみよう」
そう思ったいもむしは、足元のりんごを
かじり始めました。りんごの船が転覆しないように
気をつけて


とうとうりんごも皮一枚を残すのみとなりました。
これ以上かじったら穴が開いて沈んでしまうでしょう。
「これで、ぼくのできることはもう何もないな」
そうつぶやいていもむしはじっと横になりました。



数日後、りんごの船から1匹の美しい蝶が飛び立ちました。

18:コピペ:2009/04/07(火) 13:51

新人が入ってきた。47歳。警備業界では珍しくはない。
定年を迎えて、入ってくる新人も多いからだ。まぁ、新人は立たせておくのが一番いい。
無線を持たせて何か分からないことがあったら、連絡して来いと言って、ビルの外で立哨させておいた。
折りしも、外は小雪がちらついていた。
長時間ただ立っていると、色々なことを考える。夕飯は何を喰おうか?
今度の休みは何をするか?今までの人生。これからの将来。色々なことが頭を過ぎる。
契約先の人がヒョイと顔を出して、
「外に立っている新人さん、泣いているよ。具合が悪いじゃないの?」と言ってきた。
「何だ?」と思って見に行くと、本当に立ちながら泣いている。
通行人は泣きながら立っている警備員を呆れながら通り過ぎて行く人、怪訝な顔をする人、
笑う人、反応は様々だった。
「どうした?」と声を掛けると、やや間があってようやく振り絞るような声で一言。
「つらいです。」
よくよく話を聞くと、立っている間に今までの人生を振り返り、
何で俺はここまで堕ちてしまったのか?何で今、こんな所で罰ゲームのようなことをやっていなければならないのか?
そんなことを考えていたら、涙が溢れて止まらなくなってしまったそうだ。
結局、彼はやめた。

19:コピペ:2009/07/24(金) 13:53

先週電車に乗ったら、3歳くらいの男の子とそのお母さんが立っていた。
そしたらその男の子が、前に立っていた25歳くらいの女の人のスカートを、
「たぁ!」と言って、右手でまくり上げた。
ピンクのパンツが丸見え。
「す、すいません!」お母さんは平謝り。周りの男達は皆ニッコリしていた。
駅に着いてスイーツ風の女の子三人組が入ってきた。三人ともフワフワなスカートを履いている。
例の男の子がその子達をジッと見ている。
座ってたオッサンが(お?またやるのか?)という表情で身を乗り出す。
右側にいる、携帯をいじってるサラリーマンの親指は静止している。
「上手くやってくれ・・・」
男達のその願いが通じたのか、その男の子は再び「たぁ!」と言いながら、
一人の女の子のスカートをまくり上げた。
白いパンツが丸見え。
期待を裏切らず、プレッシャーにも負けない度量を持った少年。将来が楽しみだ。

20:コピペ:2010/01/28(木) 14:06

    ∩_∩     
   / \ /\   
  |  (゚)=(゚) |    人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
  |  ●_●  |   <  どうでもいいが誰にも迷惑かけずに死ねよな >
 /        ヽ  < 家族にもだぞ                    >
 | 〃 ------ ヾ |   YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
 \__二__ノ 
            

  ∩  ∩
  | | | |
  | |__| |
 / 一 ー\   人人人人人人人人人人人
/  (・) (・)  | <そんな自殺方法あるの?>
|    ○     |  YYYYYYYYYYYYYYYY    
\__  ─  __ノ


    ∩_∩     
   / \ /\   
  |  (^)=(^) |    人人人人人人人人人人
  |  ●_●  |   < 生きろってことだよ   >
 / //   ///ヽ  <言わせんな恥ずかしい>
 | 〃 ------ ヾ |   YYYYYYYYYYYYYY
 \__二__ノ

21:コピペ:2010/02/09(火) 09:22

片方の手のひらを指先でこすってみ

指先がチンコの感覚で手のひらがマンコの感覚らしい


書き込む 最新10 サイトマップ