実在した人物、ペク・クァンヒョン

葉っぱ天国 > フリートーク > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:匿名さん:2016/08/26(金) 21:29

主人公は朝鮮王朝後期の獣医出身の医者・白光R(ペク・クァンヒョン、
1625〜1697)。
この時代は腫物により命を落とす人が多く、王様や権力者も例外ではなかった。
クァンヒョンは動物の治療に使う技術が人間にも役立つことを知り、賎民ながら医者になることを決意。クァンヒョンの出生の秘密に絡んだ陰謀、馬医出身に対する周りの偏見など多くの障壁が立ちはだかるが、医女カン・ジニョンらの応援もあり医者として成長していく。
貴賎の分け隔てなく生命を尊ぶ心、全力で治療に取り組む情熱、既成概念に囚われない柔軟な発想により、クァンヒョンは朝鮮王朝時代に初めて外科手術を試みることになる。やがて御医に抜擢されるが、患者がいればどこにでも出向き、最後まで諦めない

2:匿名さん:2016/08/26(金) 22:36

馬医好きな人、居る?


書き込む 最新10 サイトマップ