リクエスト系BL小説

葉っぱ天国 > 腐女子 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ゆうな 76r9r96−6−6:2011/11/19(土) 14:09 ID:Yg6

皆さんがリクエストしてくれたキャラで
黒子のバスケのBLを書きます。リクエスト方法は以下のとおり
1受けキャラと攻めキャラの名前を書いて下さい
2H系じゃないほうがいいかH系のほうがいいか書いて下さい
3短編がいいか長編がいいかを書いて下さい
基本、キャラ達が高校生なので爽やかな感じで書いていきたいと
思います。どんどんリクエストしてください。

2:サンプル小説 5yw7「70おうぇ:2011/11/20(日) 00:07 ID:Yg6

1黄瀬×青峰 2非H 3短編
 
―眩しい君へ

かなわない生まれてはじめてそう思った。ボールがネットへはまっていく。
ゴールを決めて笑った青峰っちの顔を見てるとなんとはなしに自分も
笑顔になれた。
 いくら練習してもコピーしようと思っても青峰っちだけのは上手く
出来ない。いつでも青峰っちは俺の雲の上のような存在の人だった。
いくら手を伸ばしても遠くて遠くて届かない。
「もう一回っす!」
また勝負に負けた俺はバスケットボールを持ったままそう叫ぶ。
呆れたように笑う青峰っちの顔を見てると何時間練習しても疲れない
ような気がした。青峰っち、きっと、いつか俺はあなたと同じ
位置に立ちます。それでいつかあなたを超えてそれで・・・
そこからはもう何も言えない。なんでだろう。なんでそんなにこの人に
こだわってしまうんだろう。なんでそんなに同じ位置にいたくなるんだろう。
―好きだから?
頭の中で声がして赤面した。
「どうした、顔赤ーぞ」
ごめん、のぞき込まないでください。今は・・・まだ。
不思議そうに俺を見る青峰っちににこりと笑って言った。
「何か、変なものに感染したみたいっす」

3:ゆうな y568^¥84^4:2011/11/21(月) 19:31 ID:Yg6

サンプル2
水戸部×小金井 非H 短編

小学校のころからずっと水戸部と一緒だった。家が近いせいもあってかいつも一緒に遊んで一緒に
家に帰って・・・けれど、いつも一緒にいるのに水戸部は一言も言葉を話してはくれなかった。
水戸部の家族によると三歳くらいになったころから急に言葉を発しなくなったそうだ。医者にみせても
治らず結局、十五年経った今でも水戸部は何も言わないままだ。一言でもいいから水戸部の声が
聴きたかった。小さな声でもいいから俺の名前を呼んでほしい言葉に応えてほしい。
「水戸部・・・」名前を呼んでみる。振り向いた水戸部の顔があまりにも優しいから何か泣きたくなった。
暖かい笑顔、大きな体、静かな何も発せられない口。
「もしも・・・もしも喋れるようになったら何が言いたい?」
残酷なことを聞いた。水戸部は微笑んだまま何かじっと宙を見てかんがえていた。
「何、言ってほしいと思う?」じっと優しげな眼を見つめる。数秒後、水戸部の大きな手が俺の背中に
回された。少しずつ伝わってくる体温。じっと眼をとじて言った。
「・・・ある意味、正解」

4:サンプル3 y568^¥84^4:2011/11/22(火) 18:33 ID:Yg6

赤司×木吉
小さい頃から周りには誰もいなかった。親は生きているけれどたまに
食事を置いていくだけでほとんど顔を合わせたこともない。愛とか絆とな
そんな言葉、ひとりぼっちのぼくには全然縁がなかった。親も他人。
殺そうが何しようがちっとも悲しくないだろうって。
 そんなはちゃめちゃなぼくの前に現れたのが木吉さんだった。
笑顔が眩しくて何より大きくて・・・優しい。あなたくらいですよ、
ぼくのことを怖がらずにただ笑顔で迎えてくれたのは素直に
「お前のバスケすげーな」って褒めてくれたのは。
甘え方を知らないぼくをただ抱きしめてくれたのは。
知らなかった抱きしめられるとゆっくりとあなたの体温が伝わってくること
ぼくの体までもが暖かくなること。よく分からないけれど、これは
愛なんですか?木吉さん。
何も言わずにぼくの体に触れる大きい手がただ、好き。

5:ゆうな y568^¥84^4:2011/11/22(火) 18:34 ID:Yg6

誰か来て欲しい。ってか黒バスってそんなにマイナーなのかな。
おい、誰か話そうよ。もういっそ黒バスじゃなくていいからさ

6:サンプル4 45w78w5l99.。−t−6:2011/11/27(日) 07:54 ID:Yg6

黒子×火神

「分かんねーなー」静かな図書室に火神クンの声が響く。もうこれで十回目だ。
「頑張って下さい。この前みたいに×点をとられたら今度こそ部活停止になりますよ」
「おい、なんで点数のとこ伏せたんだ」「火神クンのプライドを守ってあげるためです」
「・・・いや、なんかなぁ」
響いては止まる鉛筆の音。
「おい、これなんだ・・・この、受け身とか連体形とか言うやつ」
「どれですか」
顔を近づけると火神クンの髪がわずかにあたって胸が動く。どくりと音をたてる

7:ルカーナ:2012/01/12(木) 14:54 ID:Y/2

すみません、リズム天国ゴールドはだめですか?


書き込む 最新10 サイトマップ