FTXだけど何か質問ある?

葉っぱ天国 > ○○だけど質問ある? > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1:すみっこ:2017/07/13(木) 23:23


チキンで豆腐メンタルなので
中傷以外ならうけつけます
|ω・`)チラ

意味は
検索すれば簡単に見つかりますよ

2:サク:2017/07/14(金) 06:14

質問スレだからきちんと意味も書いてからスレ立てて下さい。検索するしないじゃなく。

3:すみっこ:2017/07/14(金) 08:44

サクさん
すみません、そうですよね
突発的に立ててしまったので
ちょっと書きます
わざわざ書いてくださってありがとうございます。

4:すみっこ:2017/07/14(金) 08:52

失礼しました。
説明下手くそなのでQ&Aの
わかりやすくまとめて
書き出して応えておられた居られた方のを引用させていただきました
m(_ _)m



【FTX:Female to X】
・FTXとは、<女性から中性へ>という造語。(性同一性障害では無い)
・身体は女性
・心は中性(男性にも女性にも当てはまらないのを望む)
・身体が女性であることに違和感は無い(嫌悪感はある人もいる)
・身体を男性化させる事は望まない
・社会的に女性として扱われることに違和感は無い(嫌悪感はある人もいる)

5:匿名希望:2017/07/14(金) 12:56

要するにただの女性ということですね。
心の微妙な違いでいちいち言葉作ってたらキリないですよね。
しょうもないですね。

6:匿名希望:2017/07/14(金) 15:04

質問
>>5のように少しだけだったとしても肉体と精神の性の差に悩む人をしょうもないと片付けるような人をどう思う?
ちなみに私はクズだと思うな。
こういう人がいるから所謂セクシャルマイノリティに分類される人はいつまでも苦しい思いをしなければいけないんだろうなって思うと腹立つよね

7:すみっこ:2017/07/14(金) 17:58

5の匿名さん
自分もですが、自分の体や心のことを
本当に悩んでいる方はたくさんおられます。
私は私
性別なんて記号だと
肉体なんて所詮そんなものそう思うとしても
男女平等と呼ばれる
世の中ではありますが
男は女はとか
そういう風潮が完全に消えたわけではない
ただでさえ自分のこの違和感に
嫌悪を抱いているのに

このような概念があることで
私は私でいていいんだと
私だけじゃないんだと
救われる方はたくさんおられるんですよ

8:すみっこ:2017/07/14(金) 18:09

6の匿名希望さん

私的には
5のような方がまわり多いことで余計に
Xを持っている
悩まれている方を増やしたり
余計悩ませたりしているのではないかと思います

本当に差などなければ
いちいち
深く苦しむ方なんてきっと居られない
乗り越えていかれる方
凄くおられるんじゃないかなと私は思うので


質問の答えですが
腹が立つというよりかは
価値観は人それぞれと思っても
やっぱり心のやり場がなくてつらいです

9:ニコッダ(´・&◆gU:2017/07/14(金) 19:23

豆腐メンタルは、一緒だよ…

私の場合は、自分が言う言葉が強いんだけど、その言葉を言われると傷つくというただひたすらざまぁって思われるような奴かな?

10:すみっこ:2017/07/14(金) 20:09

9のニコッダ(´・&◆gUさん

なんかもう、言われた時に怒りとかいろいろ通りすぎて悲しいというか何か感情になってしまうんですよね

前まで凄く怒りの感情の方が強かったんですけど
こういう事に関しては
なんかそういう感情を抱えすぎて疲れてしまったというか
ああ、何だそうか
でもこういう方がいるのはわかりきっている
感じ方なんてそれぞれだしって
失望に似た気持ちなのかもしれません

それに
私だけじゃないってわかるから
なおさらどろどろとした感覚を感じずにすんでいるのかもです

11:すみっこ:2017/07/14(金) 20:10

↑なんか
私の受け取り方が違っていて
コメの応えになってなかったらすみません

12:匿名希望:2017/07/15(土) 09:44

平等を求めるとか分かって欲しいとか、不可能なことを求めるから疲れるんだよ。
不可能なことを訴えているうちは何かに対しての言い訳にもなるしね。
時間の無駄であることをどこかで気が付いているんでしょうけどね。

状況を受け入れて、その条件でどうするかを考える方がよっぽどいい。
誰の人生でも何かしらの制限は必ずかかっていますからね。

13:すみっこ:2017/07/15(土) 14:08

12の匿名希望さん
そうですね…
最近その事ばかりに
とらわれても仕方がないなって思い始めてはいます

自分の心は自分のものだけど
それと同じように
誰かの心もその方のものだから…。

いろいろ受け入れて
その上で自分はどう生きるのか
難しく考えずに肩の力を抜いて
前を向く努力をしてみようと思います

14:匿名:2017/07/16(日) 00:47

初めまして。
純粋な興味からの質問になってしまいますが、家以外でお手洗いはどうなさっていますか?また、多目的トイレがあるところで入る勇気はありますか?

15:久夜:2017/07/16(日) 01:29

14の匿名さん
お手洗いは女性用ですね
それについては自分自身
肉体は女性なのでそれについてはなるべく
考えないようにしてます。
あとホルモン等、治療を受けているわけではないので
いくら嫌悪はあっても
どうしても性別の概念が必要なときは
なるべく馴染む努力をしてます



男性用に入ってもそれはそれで相手側に気まずい思いをさせると思うので
(私自身が抵抗なくても)


多目的トイレは
場所によって使いますね
体の不自由な方優先というのはよく思うのでその辺は時と場合で


ただトイレは個室だからいいんですけど
温泉や更衣室などはさすがに抵抗あって
風呂は貸し切り
服はなるべく目の届かないぐらい角で着替えるか
誰もいないうちに着替えます

16:すみっこ:2017/07/16(日) 01:33


すみません。もう一個のハンネ使ってました
久夜自分です(;^_^A

17:ゆき:2017/07/16(日) 18:31

>>14です。ハンネ固定失礼します。

お答えありがとうございます。
トランスだと別ですがXの方だとやはり体の性別通りのお手洗いを使っている方が多いみたいですね。
多目的トイレは難しいですよね…なんか最近「LGBTトイレ」とかいうさらに訳のわからないものができたりしているみたいですが。

そして何度もすみません、もう少し質問させていいでしょうか。
・カムはどのくらいしていますか?
・まだ今は性別役割分担意識、と言われるようなものが残っていますが、それを踏まえた上ですみっこさんは周りからどう扱ってほしいと思いますか?

答えにくければ大丈夫です。相変わらずただの興味からきている質問ですし…。
よろしくお願い致します。

18:すみっこ:2017/07/16(日) 20:19

ゆきさん

そうですね
やっぱり違和感はあるけれど
認識的に固定されてないというか
中間な感覚もしくはどっちでもないよって
感じがあるので
それなら肉体がこれだからになるんだと思います。
お手洗いはまだ
大衆浴場とちがって個室として一つ一つ空間があって
まわりを意識するものという感覚がないんだと思います。

ですね…
どちらかというと
車いすの方だったり、肉体的に不自由な方
の事を考えることの方が
多いので
LGBT用については自分のまわりにはないのであれですが
あれは配慮されてるのかちょっと複雑な気持ちがありますね
もちろんその方によってそのほうが気を使わなくて楽って方もいなくはないと思いますが
抵抗感の度合いは人それぞれなので

私的にはそれならコンビニとかにあるような個室の普通に男性でも女性でも使えるトイレで良くないかなって思いますね


質問についてですが
カムについては
信頼を置ける親友と
あと自分が精神的な疾患を持っているので
心療内科の先生だけは嫌悪感だったり違和感があるということ
恋愛的な対象がどちらとも当てはまることがあるということは言ってます
あと
母には自分の事というふうには言わずにふわっとマイノリティーの話、話題に出したりしてます。

今のところ
たまたま良い人に巡りあえてたのか
それで嫌われたり差別的な感覚を受けたことはないですよ

他の
家族や親戚については
考え方、価値観的なものだったり
見た目的な意味で
ナベシャツを着て
メンズ服(ズボンはサイズがないのでレディースですけど)きることや髪をベリショにすることは
私のファッションの好みや性格としての個性と捉えてるみたいですね
ただ
恋愛的な話はしてないので
そこはまた違う領域だと思うんですけど


なんというか
性別的な意識で見られるのは嫌というか苦手ですね。

確かに肉体的な意味では女性ですし
性認識が偏っている訳じゃないと思うんです
でも
だからといって
男尊女卑、女尊男卑みたいなのは
嫌いですし
肉体的な差でできることできない事は
実際にありますし甘えなきゃいけない時もありますが
考え方、価値観そのものを押し付けられるのが
苦手です
男だから女だからこういう
好みなんだろ
扱いするんだろされたいんだろ
って
レッテルみたいに貼られたり
っていうよりは
私という一人の人として付き合ってください
と思うみたいな

19:すみっこ:2017/07/16(日) 20:26

長々とわかりにくい
感じだったらすみません

なんというか
特別にこうしてほしいと望んでいるわけではなくて
私を私として見られたいなって思います

第一印象はや見た感じについてはその方の印象なので
あれですけど
人として付き合っていくうえでわかってくださる方がおられるならそれでいいと思っています。

20:ゆき:2017/07/18(火) 00:04

丁寧な返信ありがとうございます。
LGBTトイレについてはばれるのが怖い、などという事情も合わさり中々難しそうですよね…。たしかにコンビニとかのトイレは1番楽かもしれません。でもシスの人からすると異性と同じトイレを使うのに抵抗がある人が多い気もします…。

カムについて、差別的な対応などにあったことがないということで安心しました。「きもい」などとあからさまな嫌悪感を向けてくる人がたまにいますからね。すみっこさんがいい親友をお持ちなんだと思います。
いやあ、でも親友にカムかあ…すごい勇気です…私だったら逆に関係が崩れるのが嫌でためらってしまいそう…
ナベシャツまでファッションの範囲に入るとは…。髪とかはまだしもナベシャツって買うのにも家族への言い訳とか面倒くさそうですよね。

性別の話、私と似たような考えで嬉しいです。性別なんてたまたま1つ決められただけで、そんなのに縛られず「自分らしく」生きれたら幸せですよね。
好みについては最近「小さい頃から性別によって与えられるおもちゃが違うことで好みが自然と分かれるのではないか」と思い始めました。そうすると生まれつき性差は意外とないんじゃないのかな、とか。
まあ体の構造は違うわけですしよくわかりませんが…。

とりあえず私のよくわからない質問にお付き合い頂きありがとうございました。
トランスやXの知り合いは何人もいますが一対一でここまでしっかり話したことはなく貴重な経験でした。…まだまだお聞きしたいことはありますが流石にそろそろ退散しますね笑
今後もたまにこのスレ覗かせて頂きますのでよろしくお願いします〜

21:久夜:2017/07/18(火) 10:03

ゆきさん
難しい問題ですよね
嫌悪感や不安感もまた一人ひとりちがうものがありますからね

そうですね
自分は恵まれていたのだと思います。
改めて大事にしなければと思いました。

勇気と思い切りは確かに必要だと思います。
嫌われるかもしれない、失うかもしれない
確かにそういう葛藤はありました
それよりも
でも信頼に置ける人だから大切だと思うから余計に話したくてその思いが高まって
という感じですかね

いちお
私の場合ですが
購入する前に母にだけは話してるんですよ
メンズ服着てても
体系的に気になるから買おうと思ってる?みたいな軽い感じで
男装する方の中でもただ単にキャラクターのコスプレしたいって方の需要もありますし
そういうのと
あと着用するときの注意や健康的なものとかちゃんと調べて問題ないということも
伝えました
私のお金だし
健康に問題ないならいいよって言われました。
他の家族はしれっと普通に洗濯してますし
とりあえずよくわからないけど
補正下着とかあるし
その中の一つだろうくらいしか
思ってないんじゃないかと思います

そうですね
やっぱり性別というものに
縛られるのは苦しくてつらいです
疑問を抱かず平気な方もいる、
たまたま
私は好きどころか理不尽に感じて
受け入れられないこともたくさんある
私はずっとそれで悩んでたのですがきっと
大事なのは性別という概念じゃなくて
自分らしさというものなのだろうなと
思うようになりました
自分らしく生きることができれば
きっと肉体なんてどうだっていい
そういう気持ちでいると
荷物が少しだけ軽くなりましたよ

それは
あるんじゃないかなと私は思います。
私上二人が兄の3人兄妹の末っ子で
小さい頃兄に遊んでもらってましたから
自然に兄と同じゲームやカードとかを欲しがってましたし
女の子と遊ぶことがなかったわけじゃないですけど
機会としては人見知りで友達が少ないのもあってか兄とばかり遊んでたので
あと小さい時は異性と遊ぶことに特に疑問を思わなかったから
普通にお友達はお友達って感じで
あったら一緒に遊ぶ男の子もいましたね。
たまたまお人形とかよりはそっちに目がいってたみたいですね
動物やキャラクター系の
ぬいぐるみは可愛いし肌触りも良くて
好きでしたけど

こちらこそ
私も誰かと
こういう話をする事ってなかなかないので
いろいろお話ができて嬉しかったです。
ありがとうございます(*´∇`*)

了解です(*´ω`)ゞ
たまにみてて
また話したくなった時は気が向いた時にでも
話しかけてくださればと思います。

22:すみっこ:2017/07/18(火) 10:06

↑またハンネが久夜になってました
失礼しました

久夜=すみっこ
せっかくわけたのに
特定される苦笑


書き込む 最新10 サイトマップ