実際に自分が体験した怖い話を(ノ*・ω・)ノシクヨロォ

葉っぱ天国 > 怪談 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:& ◆/Jf.:2012/08/29(水) 18:42

私が体験した、本当に怖い出来事です。
私が3年生くらいの頃、姉と一緒にお風呂に入っていました。
私が頭を洗っていると、小さな窓から、手が、「ドンドンドンドン」
と、叩いていました。私と姉は、すぐに出て、母に聞きました。でも、
母の仕業ではありませんでした。私は、9人家族、全員に聞いて
みたけれど、全員違いました。あの手は何だったのでしょうか。
とてつもなく怖かったです。(‥)コワカッテン

2:鏡時:2012/08/30(木) 10:03

何かちゃおに載ってた話と似てる。

(パクリって言ってるわけじゃありませんよ?)

何か勝手に入ってすみませんね

3:モナ:2012/09/01(土) 11:40

確かにちゃおと一緒の事みたい

4:八重桜 ◆0OUE:2012/09/01(土) 12:20

はじめましちぇ

この前ちょっとビビった事があったんですよ…

1人2で階の部屋でくつろいでたら
「1階に降りてこい〜」
って言われて扇風機の電源消してから降りたけど…
もう一回2階の部屋に入ったら…扇風機が……
ついてたんです……
2階には俺以外、誰も居なかったのに……

5:匿名さん hoge:2012/09/01(土) 12:20

>>2-3
前に別のスレが、それでかなり荒れたから出来ればそういうレスは控えていただきたい

6:あや:2012/09/01(土) 13:39

いれて!
うちが顔洗ってたら助けてって聞こえたそれは上からきこえたの!いってみたら女の人が飛び降りてた!
こわかったよ!

7:鏡時:2012/09/01(土) 19:10

あや様

勇気あるなぁ…w

私だったらその「助けて」って声聞いた時点でリビング行ってガクガクブルブルしてるわw

8:あや:2012/09/02(日) 08:25

女の人けっこーかわいかったよ!

9:あや:2012/09/02(日) 08:28

うち生首もみたことあるし!
最近金縛りが続いてる!

10:あや:2012/09/02(日) 08:30

6の話
うちのことにらんでた!

11:八重桜 ◆0OUE:2012/09/02(日) 13:27

俺、金縛りなったことないんだけど…
怖いの?

12:あや:2012/09/02(日) 13:56

うーん
あつい!

13:八重桜 ◆0OUE:2012/09/02(日) 20:35

そうなんや〜
怖そうだな〜(одо;)

14:匿名さん:2012/09/02(日) 20:59

林間学校の時俺のバンガローは公衆トイレから近く
大きい方のトイレに入った場合
バンガローからドアの開閉の音が聞こえた

当時僕はいつまでも寝られず夜な夜なトイレに行った
すると40代ほどの男の人が入ってきた
僕はその人に挨拶をするとその人も挨拶を返し
大きい方のトイレに入っていった

僕は用を足してすぐバンガローに戻った
その夜僕は寝られなかった

しばらくたったがドアの開閉音は聞こえない

あのおじさんまだ出てこないのか なげぇなww
そう思いながら僕は本を手に取り読みながらその晩を過ごした

しかしいつまでたってもドアの開閉音は聞こえなかった

翌朝
再びトイレに行くと
やはり男性の入ったトイレのドアはしまったままだった

僕はさすがにまずいと思いノックしてみた返事はない
上からのぞいて見るとやはり誰もいない

僕は気がついた
あの人は霊でこの中で成仏したのだと

15:八重桜 ◆0OUE:2012/09/03(月) 05:49

怖っ!怖っ!怖怖怖っ!!!

16:あや:2012/09/03(月) 06:38

うちは夜はあいさつしないようにしよ

17:匿名希望:2012/09/29(土) 11:40

私はトイレに入ってたら(ドアちゃんと閉めてた)いきなりドアが「キー…」って開きました!

その時家には私と兄と母がいて、兄は部屋で宿題、母はパソコンしてました。

聞いてもずっとここにいたっていうので、寒気がしました。

母に話すと、ちょうどその日はひいおばあちゃんの死んだ日から100日あたりだったそうです。

18:たりゅ:2012/09/29(土) 18:47

私、今猫を飼っています。
二年程前、つまり私が三年生の頃です。

マンションの一緒の階の人が亡くなりました。
その初七日ぐらいにうちの猫が玄関によくいるようになりました。

そして玄関の方を向いては「ニャアァァ」
私は猫に「こら。」と注意しました。

そして、お父さんが言っていました。
「この階の人が亡くなりはってん」


うちのねこは、何かが見えていたのかも知れません。

19:Mii:2012/10/04(木) 23:13

動物園の近くで火の玉見た(夜ね)近に
動物の墓があるから多分あれは死んだ
動物の魂だったんだろう…

20:Mii:2012/10/04(木) 23:15

僕の家は2階建てで高さもあるんだけど2階の窓から女が覗いていた…

21:姫♪ ◆NLsI:2012/10/07(日) 18:31

葬儀会場の前を通ったら柱に白い女性の顔が。
二度目は見えなかった。

22:八重桜 ◆4epQ:2012/10/07(日) 20:33

前、風呂入ってたら
風呂の天井がバタバタなってた
上の部屋には誰もいないし…
ネズミとかもいないし…

途中でその音は消えたけど

そいえば、その時に風呂場に蜘蛛がいた

23:クマ :2012/10/08(月) 16:02

この前一人で留守番してた

自分の部屋で小説読んでると

「クマ←本名じゃない帰ってきたよ」

って声がして

したから聞こえてきたから

一階に降りたら

誰もいなかった

私霊感があるから

辺りを見回してると

全身白色のワンピースを着た女の人が

私のほうを見て

「ニヤリ」って嗤った

でも、あんまり怖くなかった

次の日もお母さんが買い物に夕方行ったから

一人で寝ていた

「クマ起きなさい」

って声がしたから起きたら私の隣にその女の人が寝ていた

私はそういうの、初経験だったから

少しだけ怖かった

家の隣がお寺だから

直ぐ成仏してもらった

後から聞くと

女の人子供がいて

私と同じ名前で

私みたいに留守番よくしてて

火事で私と同姓同名のあんなの子が死んだらしい

その恩直人自分を恨んで私のとこに来たらしい

     たぶん、13年前の話

24:クマ :2012/10/08(月) 16:12

うちも書いていい?

25:うにゃ ◆4AUw:2012/10/09(火) 20:19

>>24
既に書いてるよね。


実際に自分が体験した奴かぁ…
多分他のスレでも書いたけど、シンセンでとある人がビルから飛び降り自殺しようとしていたから
それを写真で撮ったら…

まぁ、8体くらいいたかな。
ビルっていうか、アパート?なんだけど…窓からぼやーってした感じの人が。
姉上いわく8体以上いるだろこれ、らしいけど(笑。

いまだにその写真消せずにIphoneに残ってるゼ…

26:王音 ◆5F.I:2012/10/17(水) 15:08

怖くはないですけどね、はい。



僕の母はとても偉い人や芸能関係の友達が多い分、やっぱりいろんな話を知っているんです。

実は僕の母の友達の社長が、電車のホームで飛び降り自殺をしたらしいんですよ。
母は葬式の日は急用で行けなかったとか…あと、母はよくその電車を利用するらしいんですね。

僕も母と一緒に出掛けるために、家族三人でその電車を利用したんですよ(母子家庭で、あと1人は妹)

僕は面白半分でその社長が飛び降りた場所に母を呼び、写真を撮ったんですよ。 そしたらぐちゃぐちゃ血達磨みたいなのが、母にまとわりつくように写ってて…

勿論神社でお祓いもしてデータも燃やしてもらって、今ではどうでも良いんですけど子供心では怖かったです。はい←

27:香恋:2012/11/18(日) 13:00

うわー
皆怖い話いっぱい持ってますね。そう言えば私も・・・・。
4月24日の夜7時に起きた話です。妹と二人でへやにいました。
すると、天井から「クククククッ」と声がするんです。私と妹は
急いで母のいる部屋へ。母は「ネズミでもいるんじゃない?」と言ってました。
私と妹は「えっ!?違うよ、だって声だったもん!」母は「ネズミでしょ。」すると、また
クククククククククククククッ・・・・。耳を澄まして聴いてみると、なんだ。ネズミが走ってる
音だったんだ・・・。少し怖かったです

28:まー:2012/12/04(火) 23:47

何か、皆さんの話凄いですね…
ついでに私の話も。

それは、私が幼稚園にも入ってない頃のこと。
アニメみたいなボロアパートで、2階に住んでたおばあさんが
ウサギのぬいぐるみをくれた。
最初の内はとっても嬉しくて、しつこい位に引っ張り回して遊んでた。

その内、ウサギのぬいぐるみをくれたおばあさんは、
アパートから居なくなった。
それから新しい住人さんがそこへやって来た。

そしていつか私は、ウサギのぬいぐるみで遊ぶ事に飽きてしまっていて、
ぬいぐるみを無くしてしまっていた。

これが、原因だったのかも知れない。

ぬいぐるみを無くしてからのとある夜、風が強かった。
お婆ちゃん子だった私は、子守唄なんて歌ってもらいながら
大人しく寝ようとした。
その時、嘘みたいな音量で、ドアがドスドスと音を立てた。
でも、風の音だと思い、そのままぐっすりと眠った。

翌日、引っ越して来ていた住人さんが来て早々に亡くなった。

偶然かな、と思った。
でも、違った。

幻覚だったのかも知れない。
その日の昼、車で出掛けて帰りに見かけた事故現場。
救急車、パトカー、たくさんのランプ。
赤信号で私だけが見た、担架に乗せられ血だらけになっているそのおばあさんは、

紛れもなく、あのおばあさんだった。


書き込む 最新10 サイトマップ