体験談、まってます。

葉っぱ天国 > 怪談 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:初:2012/10/10(水) 18:33

ここは、怪談屋敷―――
カラスがカーカー鳴いて、空も薄暗い・・・・
夜しか空かない不思議な屋敷・・・
幽霊たちが、みなさんを待ってますよ・・・

2:みゆき:2012/10/13(土) 15:19

私の怪談(体験話)です…
『耳を』
私は夜、家でピアノの練習をしてまし
た。すると…
「ギュッ」
耳を引っ張られました。
弟の仕業だと思い、私は放っておきま
した。
「ギュッ」
二回目です。
「やめて」
私はそう言いながらピアノを弾いてい
ました。
「ギュウウッ」
痛い!
頭にきた私は、
「いい加減にしいや!」
と後ろを向き怒鳴りました。
でも…
「嘘…」
後ろどころか、部屋には私以外誰もい
ませんでした。
「どどどど」
階段から音が聞こえました。
「あんた、私の耳引っ張ったやろ!?」
弟を問い詰めました。
「ううん。それどころか、上にも行っ
てないよ。」
この言葉を聞いて確信しました。
この世の生物ではない物が、部屋にい
たということを…

3:セト :2012/10/13(土) 22:10

私が今日体験した怖い話を紹介します
   『いない』
私は、今日友達の家で
早いハロゥインパーティをしていました

その時
鍵がなくて(自転車の)

歩いて帰りました
少し薄暗くて

不気味でした
私は帰り道本屋さんによりました

ほしかった本を買い
道を歩いて帰りました

すると後ろから
「セトちゃん」って呼ばれて

友達かなぁって思って、後ろを振り返ると
誰もいないんです

私は生まれつき霊感があり幽霊などは慣れていたのですが
すごく寒気がして早歩きで帰りました

何度も何度も後ろから肩をトントンと叩かれたり
「セトちゃん」って呼ばれたりして嫌でした

家にやっと着いたとき
お母さんも誰もいませんでした

家で、何えなくパソコンをしていると
お母さんの声がしたので

後ろを振り返ったら
貞子のような不気味な目をした

女の人が私を見ていたんです
そしてこうつぶやきました「この子も違ういない・・・・」

と、それだけを言うとスゥッと消えていきました

4:初:2012/10/21(日) 18:54

皆様、あいがとうございます。
とっても怖〜いお話ですね・・・
ふふふっ・・・
でも、たりない。もっと怖いお話をちょ〜だ〜い・・・ふふふっ
ごめんなさいね。こうゆう性格なの。
私を一つ、話そうかしら・・・

私じゃないけど、ある日家族から聞いたの・・・
こんな不思議なことがあったんだって・・・

『階段』
蒸し暑い夏の夜、暑くて起きた。
時間はまだ1:35分。もう一回寝るか。
でも、なかなか寝付けない。

ミシッ

?何の音だ?
せっかく寝付けたのに・・・・イラッと来た。

ミシッ ミシッ

もう・・・何なんだよ・・・
でも、その時だけだった・・・
朝家族に聞いてみたら・・・・・・
『え?何のこと?』とてもウソだと思えないくらい真剣な顔だった。

以上です。うちの父は霊感が強いんですよね。
たまに、『今、呼んだか?』『夜、誰かトイレいったろ』
とか・・・
しかも、私のことを2回見るんです。
この世の物でわない物を見るような顔で―――


書き込む 最新10 サイトマップ