怪談投稿場

葉っぱ天国 > 怪談 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:巡回:2015/07/22(水) 20:35

ふらっときて投稿してきます






怪談・噂などを多分投稿するので、気になったら覗いてって下さい。








誰でも怪談話など投稿してOKですので気軽に利用してください。

2:巡回:2015/07/22(水) 21:52


語り部というのは得難い才能だと思う。
彼らが話し始めると、それまで見てきた世界が別のものになる。
例えば、俺などが同じように話しても、
語り部のように人々を怖がらせたり楽しませたりはできないだろう。 俺より五歳上の従姉妹にも語り部の資格があった。
従姉妹は手を変え品を変え様々な話をしてくれた。

俺にとってそれは非日常的な娯楽だった。
今は……もうそれを聞けなくなってしまったけれど。

従姉妹のようには上手くはできないが、 これから話すのは彼女から聞いた中でもっとも印象に残っているうちのひとつ。
中学三年の初夏、従姉妹は力無く抜け殻同然になっていた。

普段は俺が催促せずとも、
心霊スポットや怪しげな場所に連れて行ってくれるのだが、
その頃は頼んでも気のない返事をするだけだった。
俺が新しく仕入れて来た話も、おざなりに聞き流すばかり。
顔色は悪く、目の下には隈ができていた。

ある日理由を訊ねた俺に、従姉妹はこんな話をしてくれた。
春頃から、従姉妹は頻繁にある夢を見るようになったそうだ。

それは夢というより記憶で、幼い頃の従姉妹が、その当時よく通っていた公園の砂場でひとり遊ぶ光景を見るのだった。

やがて何度も夢を見るうちにひとりではないことに気づいた。

砂場から目線を上げると、そこに女が立っている。
淡いピンクの服を着た、黒いロングヘアの女が従姉妹を見つめ立っていた。女に気づいた次の夜、夢は舞台を変えた。

少し大きくなった、小学校に入ったばかりの授業参観の光景。
後ろに沢山並んだ親たちの中に自分の母親もいるはずだった。

教師にあてられ正解した従姉妹は誇らしさを胸に後ろを振り返った。
だがそこにいたのは母親ではなく、公園で従姉妹を見つめていた女だった。

次の夢は小学校高学年の頃の運動会だった。
従姉妹はクラス対抗リレーに出場していた。
スタートと位置に立ち、走ってくるクラスメートを待った。
もうすぐやってくる。腰を落として身構え、後方を見た。
走ってきたのは公園にいた女だった。


両手足を滅茶苦茶に振りながら凄いスピードで近づいてくる。

従姉妹は恐怖を感じ慌てて逃げ出した。

一瞬女の顔が見えた。

真っ白な肌に、どぎつい赤の口紅を塗りたくりニタニタ笑っていた。

翌日の夜、従姉妹は寝る前から予感を抱いていた。
今日も夢であの女に会うのではないか。それは殆ど確信に近かった。

そして、その通りになった。
夢の中で従姉妹は中学生になっていた。
記憶にある通り、吹奏楽部の練習に参加していた。

顧問のピアノに合わせて、トロンボーンを構えた。
深く息を吸い込んだまま、従姉妹は凍り付いた。

ピアノの前に座っていたのはあの女だった。

狂ったように鍵盤を叩き、顔だけは従姉妹を凝視していた。
女の顔ははっきり見て取れた。

異様に白い肌、細い目、高い鼻筋。
真っ赤な口紅が塗られた唇を大きく広げニタニタ笑っていた。

3:巡回:2015/07/22(水) 21:53



そこから覗くのは八重歯で、口紅だろうか赤く染まっている。

不揃いな黒いロングヘアが女の動きに合わせ激しく揺れた。

汗だくで目覚め、従姉妹はあることに気づいた。

私は夢の中で成長過程を辿っている。

始めは幼い頃、次は小学生、今は中学生だった。

もしかして、女は私の記憶を追ってきているのではないか。

その仮説は正しかった。眠るごとに夢の従姉妹は成長し、
女は必ずどこかに現れた。

あるときは見上げた階段の上から、
あるときは電車の向かいの席で、あるときは教室の隣りの席から。

従姉妹はここに至ってもうひとつの法則に気がついた。

女との距離がどんどん縮まっている。

いまではもう女の三白眼も、
歯と歯の間で糸を引く唾液もはっきりと見えるようになった。

従姉妹はなるべく眠らないように、コーヒーを何杯も飲み徹夜した。

しかしすぐ限界がくる。女は、昼に見る一瞬の白昼夢にも現れた。



そして、とうとう現実に追いついた。





そこまで話すと、従姉妹はうなだれるように俯き黙った。




黒い髪がぱさりと顔を覆い隠す。






すっかり聞き入っていた俺は、早く続きを知りたくて急かした。


催促する俺を上目遣いで見て、従姉妹はゆっくりと笑った。







「だから現実に追いついたって言ったでしょう」










そう言ってにやりとした従姉妹の口元は、八重歯が生えていた。









…いつから従姉妹が八重歯だったのか、俺には自信がなかった。

4:ムクロ:2015/07/24(金) 16:14

これぐらいの季節……八月くらいかな。
夜になると田舎では蛙がうるさいんだよ。でもね、たまに聞こえない日があるの。

そういう日はあまりない。むしろ、ないと可笑しい。
けれど、去年…いや、一昨年だったかな。蛙の声が聞こえない日があったの。
いつもよりは良いかなって感じでいつものように寝たんだけどね、なぜかすぐ起きちゃうんだ。
その時は「いつもと違うからかな?」って思ったんだ。

そしてまた眠りにつこうとした。
また起きるだろうけど、眠らなきゃ。明日はラジオ体操があるんだ…ってね。
けれど、今度はなかなか眠れない。
暑いからなのかな?
でも、その夜はそんなに暑くなかったの。
むしろ涼しいくらい。

ベッドの枕を置いてある側を壁につけてるんだけど、ねっころがって上を見ると、窓の外が少し見えるんだ。
いつもカーテンはしめないの。暗すぎるから。
眠れない時とか暇な時は上を見て、斜めだけど少しだけ見える窓の外を見て眠くなるのを待つんだよ。

だから、そうした。

今日はそうして眠くなるのをまつようにした。
でも、見えたのは星とか空とかじゃない。
目。二つの目。目しかない。星のかわりに目がある。爛々と光る、黄色い目!
ずっと私を見てる。目がそらせない。
そしたら、窓を叩く音がひびいた!
ドンドンドンって!

そしたら、地べたを裸足でペタペタと走るような音が聞こえてくる。しかも外から!
ビュウビュウと風の音がする。
私はずっと目を見ている。
怖いのに怖いのに何も出来ない。
目の前がチカチカしている。太陽を直視した後のように。

あぁ、怖い。怖い。

でもね、不思議なことに、気がついたら寝ていたの。
起きたのは昼で、お母さんに心配された。
とくに心配される理由はないはずなのに。土日はいつも昼まで寝てるし。

だからお母さんに聞いたの。どうして心配するのって。

そしたらこう言われた。

「昨日蛙がなかなかったからよ」

蛙がなかないと何かあるのかな?
そう思ってまた聞いてみた。

「だって、蛙がなかないと、誰が帰れって言えるの?」




すいません。実はこれ、私意味分かりません。けど、なんか怖かったので書き込みました。なんかのサイトで見たものなんですが……。

5:本当は怖い匿名さん:2015/08/28(金) 02:39

これは俺が小さい頃体験した話。

当時俺は4~5歳位でさ、いつもは母と風呂入ってたんだけどその日だけ何故か母が俺より先に風呂あがっちゃったんだ。

それで俺の家の風呂のドアって立て付けの悪い引き戸でさ、常に開けっぱなしにしてたんだ。

まあここまではいいんだ、問題はここからだ。
俺が浴槽に入った途端な、脱衣所の方から視線感じるんだよ…だから思いきって俺は脱衣所の方をバッと振り返った。

そこにはな…頭がはげててセーラー服着たおっちゃんが立ってたんだよ。
土足のうえに真顔だったよ。

俺は怖くて怖くてついお母さんを呼んで、まあそこから覚えてない。
以上俺が体験した怖い話でした。
日本語不自由ですまん、おわる。

6:カコ:2015/09/01(火) 16:34

人形の話
友達の家に人形が置いてあるの。
その人形可愛くて、私も来るたびに
見つめてたっけ。
その時、あることに気づいたの。
この人形、生きてるって。
髪の毛も少し伸びてたから話しかけてみたの。
ねぇ、お名前は?
マリア。
応えた。私は不思議と怖くなかった。
私のことわかる?
わかる、友達、カコ
そう応えた。
だから、少しの間この子を学校に連れてくことにした。
みんな大切にした。
ある日一人の女の子が気づいた。
髪の毛が伸びてるって。
そんなの階段のオチ。そう思う?
でも違う。
ある男子が呪ってみろよって言ったの。
そしたら、階段から落ちて、足の骨を折ったの。
ある女の子は、オーディションに合格したいって。
そしたら、少しのところまで行ったのにそこで落ちた。
私は、友達が欲しかった。もっともっと。
だから、私と友達になって。そういったの。
そしたら、手を握ってくれた。
今はいないの。学校にいるよ。
マリア、私のお友達に紹介したいな。
ここの掲示板にも、紛れ込んでるかも、ね。


書き込む 最新10 サイトマップ