「怪談」とはちょっと違うけど…

葉っぱ天国 > 怪談 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:リトルウェアハウス弘恵:2019/12/24(火) 14:38

この↓曲「薄気味悪くて怖い!」と思いません?…

https://www.youtube.com/watch?v=T_xFpjlrF38

2:本当は怖い匿名さん:2019/12/26(木) 08:56

勝手に載せるのは著作権侵害かとw

3:【書きようによって、笑い話が怪談になる】:2020/09/25(金) 06:15


遠藤周作による怪談──

「時計は12時に止まる」

時計が超高級品だった時代。
とある時計メーカーの小僧が多額の売掛金の請求書を持って販売店に行った。

初めてのことで要領を得ないものの、受付だと思ったところに請求書を差し出し、受付印をもらうことはできた。

しかし、現金の支払いが遅いので小僧が催促すると、

番頭は「その請求書には出納印が捺してある。もうウチは支払っている」と言った。
つまり、受付印ではなかったのだ。

豪商である時計店は、印鑑ひとつを物的証拠として、弱小メーカーの小僧の言い分など取り合わない。
売掛金は踏み倒された。

小僧はどうしようもなく、手ぶらで帰る途中、自ら命を絶つ。

やがて、豪商から買った時計はすべて真夜中の12時ちょうどに止まるようになる。

小僧の恨みとの噂が広がり、時計が売れなくなった販売店は廃業を余儀なくされる。

後味の悪い怪談だ。

この話、よく考えると無茶苦茶だ。

ファミレスでたとえてみよう。

食事を終えた客が、レジに自分の三文判が捺してある伝票を見せて、
「オレは支払いが済んだ請求書にはこの印鑑を捺すことにしている。つまり、オレはもう払った。それでいいよな」
と言っているようなものだ。

こう書くと笑い話にしかならない。

こんな時、小僧ならぬファミレス店長は、
「わたくしどもは、お代を頂戴したらレシートをお渡ししています。恐れ入りますが、レシートを確認させていただけますか」
と言うだろう。

そして、レシートなんか捨てた、と言う客を警察につき出すだろう。

★★★★★★


新着レス 最新50 フォロー ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき一行モード