募集中♪

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:saki:2009/06/06(土) 22:43

だれでもいいので、

読みたい小説の
ジャンルを募集してます★

できれば、サスペンス以外で
おねがいします!

できれば、早くつくります♪
連続系になるとおもいますが、おねがいします!

2:めけ ◆gsa2:2009/06/06(土) 23:08

べたべたに甘くないラブストーリー

3:saki:2009/06/07(日) 16:06

わかりました★
がんばってかきますね!

・・・・・・
25人目の彼氏
・・・・・・

私はこれといって彼氏はいない。
違う、作ろうとしないだけなのだ。

そもそも、恋愛ってなんだ!?
お互いが好きである事なのか・・・?

私、小野寺亜紀の隣の席にいる
男子は小金崎瞬。
こいつは私の24人目の彼氏だ。
だが、うっとしぃやつなのだ。
友達は、「良いなぁ★」とか「カッコイイ」言ってうらやしがるが、
実際はこの結果で全くよくないのだ。
てか、どこがカッコイイ!?
10文字以内で説明してほしい。

それに毎日必ず、教科書とノートを忘れる。
おかげで、1日でも授業で隣に居ない日が
ない。
365日分の1日もないのだ。
ルーズリーフも一ヶ月でなくなる。
私の出費はもう合計何円になるのか・・・。

とにかくだ!
私は彼氏はいる。
だが、男が嫌い。

だから、自分の彼氏は嫌い。

また、別れてしまうのだ。

これで24回目。


これはあらすじです。
続きがみたいのならば、ここまでの感想ください。
では!

4:もち:2009/06/07(日) 17:19

25人目のひと気になります!
続きお願いします

5:匿名さん hoge:2009/06/07(日) 17:34

>>3みたいに「続き読みたいなら感想書け」というのはどうかと思いますよ
まだプロローグ程度なのに条件付きでわざわざ感想を書かせるなんてちょっと不愉快な気持ちがあります
まだあまり進んでいないのに感想を求めても薄っぺらな言葉しかこないと思います
せっかく上手な設定で出来ているのに勿体無いです

6:saki:2009/06/07(日) 21:41

:匿名さん,そぅですよね。

もちさん!続きかきます!
よかった:匿名さんもみてください。

私の彼氏は小金崎瞬。
だが彼氏しゃない。
ただ私の彼氏役なだけ。

そもそも男が嫌いな自分が
本当の彼氏を作るもんじゃぁない。

じゃぁ、どぅしているか?
私の人生って変なんだ。
私は男に近づく事が苦手だから、めったに
自分からは近寄らない。
なのに、逆に男から近づいてくる。
生きてきて、18年間。
23人も彼氏役になった人がいる。
長い彼氏役は2年ぐらいだった。

今回の24人目も彼氏役。

役である限り最後は役を辞めてしまう。

だが今回の彼氏役は少し違った。




続きは1時間後★

7:めけ ◆gsa2:2009/06/07(日) 21:43

やった。採用だ。
とりあえず、その骨組みで話を進めていいかどうかってことなのか?
だとしたらYes!Go ahead.
じゃんじゃん いっちゃってください。
タイプミスなんだとは思うが、「うらやしがる」→「うらやましがる」が適当かと思いやす。

8:saki:2009/06/08(月) 00:25

めけさん。
あれはタイプミスです★

では、続き、、、、、、

第1章
・・・・・・・・
24人目の彼氏役
・・・・・・・・

「小野寺ぁ、小野寺!」

「はぁい・・。」

私は重たい瞼を動かすと、前には担任が立っていた。

「おまえはもぅ上級生だし試験も近いんだ。
寝る暇があるなら、黒板をみろ!」
そぅ言うと、担任は黒板の前に戻った。

「また、怒られてやぁんの★」
隣では小金崎瞬がケラケラ笑ってる。

「どぅして起こしてくれなかったの!?」
少し怒り気味に言う私に対して瞬は、
「だってさぁ、亜紀ちょぅー気持ち良さそぅに
寝てるのに、邪魔したら悪いじゃん♪
それに俺!亜紀の寝顔見るの楽しかったし★」
と、小声で言い返してきた。

「ウザ・・・。」
私も小声で言い返した。
もちろん瞬には、聞こえないよぅに。

キーンコーンカーンコーン・・・
チャイムが鳴った。

その3秒後にわたしは、伸びをしたしたせいか
眠気は飛んだ。
だがそのすぐ横に、瞬が立っていた。

続く・・・・・・。

9:saki:2009/06/08(月) 00:26

「亜紀!お願いだ!
またルーズリーフ貸してくれ!」
手のひらを合わせて必死に頼んでいる。

「またぁ!?
あんたはいったい私から何枚
取って行く気なのよ!」
いい加減私はあきれてる。

「まじで!この通り!」
そぅいうと瞬は正座をしだした。
きっと、ルーズリーフは正座をさせる効果が
あるよぅだ。

「残念でした!今日はもぅ切らしたの!
だから品切れ。
あぁ、あと私はもう帰るから。」
ちょっとSになる私★

「えぇぇぇぇぇえ!またぁぁぁぁぁあ!?
最近亜紀、早退が多いヨォ・・・。」
瞬は嘆いている。

「帰るのは自由でしょ!
それに、ルーズリーフがなくても
机に書いとけば良いじゃん。」
私は帰宅の準備しながらいうと・・・。

「ならルーズリーフ買っといて!」
と言い出した。

「はぃはい。んじゃぁねぇ★」
と私は適当に返して、教室を後にした。

「ばぃばぁい!♪」
瞬は大きく手を振って見送っていた。
もちろん、窓からも・・・。

「しつこッ」
これが本当の私なんだ。
今回はどぅやって別れよぅか・・・。

私は結局ルーズリーフも買わずに家に
帰ってしまった。
別れ方を考えていたために。


続く・・・・。

10:saki:2009/06/09(火) 17:52

皆は別れるだろぅ・・・。
キッパリ言う。
自然消滅。

私はいままで23回振ってきているのだが、
振るのはもぅ飽きてしまった。
最近はそろそろ振られてみたいと、
思っている。
しかし24人目の彼氏、小金崎瞬は
今までの彼氏役とは違い、
少しうっとしぃ。
「別れよ」なんて言った所で、
「まったまたぁ★嘘はいけませんよぉ♪」とかいって
おちょくられるのが、目に見えている。

〜♪
メールのよぅだ。
誰から?といわれれば、
やっぱ瞬しかない。

画面を見ると
「ルーズリーフかった?ヽ(●´w`○)ノ」
なんて気の抜けた絵文字なんだ・・・。

「ゴメン。明日は広告の紙使え。」 送信・・・
あえて絵文字なし。

「えぇ(´Д`。)!買うっていったじゃんっ!」
また絵文字つき。

「リサイクル出来るからいいじゃん!エコだよ。
じゃ、おやすみ( ̄┏Д┓ ̄°*) 」 送信・・・
最後ぐらい絵文字を使ってやる。

「( ;∀;) カナシイナー
おやすみ。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ」
何がカナシイナーだよ・・・。
こっちが悲しぃからなっ!

・・・・
別れる方法を考え1時間が経った。

「っあ!何で早く気付かなかったんだよぉ!
私の馬鹿!」
そぅなのだ。私はやっと見つけたのだ。
瞬が彼氏役を辞めてくれる方法を。
勝算は70%である。
別れられるか続行かは私次第である。

そして私はやっと寝れた。
時計の針は1時を回っていた。


書き込む 最新10 サイトマップ