「小説の体操」で創作能力を極めようぜ、なスレ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:無人:2009/07/21(火) 12:43 ID:IWY

このスレをご覧の人は「小説の体操」を知ってるだろうか?
(知らない人は>>2-5参照)
それをやるスレ。

と言うのも、小説の体操で出来た「おはなし」は他人に見てもらってナンボなのです。
評価する際も辛口でいいと思います。

【ルール】
・他人の「おはなし」を評価するのはおk。ただしコテハンで評価すること。
・発表者はコテハンでなくてもよい。
・「おはなし」にはタイトルをつけること。
・一日一話、一レスでもおk。
(しかし、いっぺんに「おはなし」を発表する際、字数制限がかからない限り1レスにすること)




このスレを立てる際の参考ページ
ttp://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-244.html
の>271-287

2:無人:2009/07/21(火) 12:44 ID:IWY

(完全コピペです。AAずれについてはご理解お願いします)



 『カードを使った<おはなし>作り』とは?(物語の体操より引用)

まず適当に厚紙か何かを切って、24枚のカードを作ります。
そして、そのカードに下記の文字を書いていってください。

┏━━┳━━┳━━┳━━┳━━┓
┃意志┃清楚┃理性┃秩序┃知恵┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫
┃誓約┃善良┃節度┃至誠┃生命┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫
┃寛容┃解放┃調和┃創造┃信頼┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫
┃公式┃変化┃結合┃厳格┃勇気┃
┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛
┃幸運┃庇護┃治癒┃慈愛┃
┗━━┻━━┻━━┻━━┛

3:無人:2009/07/21(火) 12:44 ID:IWY

そしてそれをシャッフルしたのち、文字を見ないように、以下の配置に並べてください。
逆さまでもかまいません。
         ┏━┓
         ┃  ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃
┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
         ┏━┓
         ┃  ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛

4:無人:2009/07/21(火) 12:45 ID:IWY

実はこの配置は、このような体系を示しています。
         ┏━┓
         ┃4 ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃3 ┃┃1 ┃┃2 ┃┃6 ┃
┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃  ┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
         ┏━┓
         ┃5 ┃
         ┃  ┃
         ┗━┛
1:主人公の現在
2:主人公の近い未来
3:主人公の過去
4:援助者
5:敵対者
6:結末(目的)

5:無人:2009/07/21(火) 12:45 ID:IWY

カードの単語は、その体系の状態を示しています。
逆さまに配置してしまった場合は、その単語の逆の状態を示しています。
例えば、選んだカードが

「1:創造」「2:解放(逆さま)」「3:厳格(逆さま)」「4:慈愛」「5:秩序」「6:生命」

だった場合、

主人公は以前は【厳格(逆さま)】で、今は【創造】の状態にある。
その後【解放(逆さま)】の状態を経て、最終的に【生命】の状態に行き着く。
その時援助してくれるのは【慈愛】であり、敵対するものは【秩序】である。

という物語の展開に結びつけることが出来ます。
あとは、そこに適当な世界観やキャラクターを当てはめていくだけで
<おはなし>が作れちゃうのです。

大事なのは、カードの単語を見ないで、ランダムで配置すること。
与えられた物語の「状態」だけでいかに
物語そのものを思いつくことが出来るか、
が重要なのです。

6:無人:2009/07/21(火) 13:02 ID:IWY

そんなわけで発表。
言い訳すると、1以外全部コピペなので、>>5の内容的な参考になったりはしないです。

タイトル「男の下克上」
1幸運の逆
2結合
3過去
4仲間
5生命の逆
6信頼
親に溺愛され【慈愛】ダメ人間となってしまった主人公【幸運の逆】は
単純作業の仕事しかもらえない友人【解放の逆】と共に仕事をすることを余儀なくされる【結合】
だがある日、ライバル社の社長が死に【生命の逆】これはチャンスと察した主人公は
会社で仲間を増やしたし、ライバル者に恩を売る行動に出たのである【信頼】

タイトル「神世界の事情」
1治癒の逆
2清楚
3生命
4変化の逆
5幸運の逆
6創造
絶対神により生命を与えられた神ルシファス【生命】は、その美貌と多才さが故に
不幸の神アルネス【幸運の逆】に地上に落とされ、ひん死になる【治癒の逆】。
他の神は誰一人として気づかなかった【変化の逆】ルシファスは復讐しようと
思わなかったが【清楚】新しい生命の「人間」を創り、天に昇るためのものを創らせようとしたのである【創造】

7:ミングル:2009/07/29(水) 22:36

小説の体操、ですか・・・
知らなかったです。
試してみようかな?

受験生なのであまり来れないですが、来た時はよろしくお願いします!


書き込む 最新10 サイトマップ