恋が実る瞬間。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:綺姫:2009/09/22(火) 15:18

初めて恋をした。
小学3年生の時。
〜第一章〜
甘酸っぱすぎた果実

登場人物・・・幸川 瞳
      双子・・・歌野 李雫
           歌野 美雪
      モテル男・・・星埜 レン


それでは、スターd!

瞳「あたしさ、いらないと思うんだよね。歌野双子って」
慶「それは、お前が美雪たちに嫉妬してるからだろ」
瞳「そんなわけないじゃん」
慶「だって美雪カワイイもん。」
歌野双子「「何〜?あっ瞳ちゃん」」
あ〜本当にムカつく・・・。
歌野双子は、超美少女姉妹。

瞳「あたしは、あなたたちが嫌いなのよ・・」

つづく

2:綺姫:2009/09/28(月) 11:36

瞳「歌野〜ちゃんと掃除やってよ〜」
歌野双子「すいません‣‣‣」
また 瞳の意地悪がはじまった。。。
つずく

3:櫻香:2009/09/29(火) 18:51

ききちゃ!!
小説かいてるんだ!!ぅちもかぃてるから
見れたらみて!!

4:暖媛:2009/10/08(木) 23:54

櫻香≫うんありがd!! 

5:綺姫LOVE& ◆etIw:2009/10/09(金) 00:01

ごめん↑のは、あたしです!!

小説書きますね^^

美雪「瞳さん・・・あたし・・・瞳さんがとても・・・好きなんですよ?」
季雫「あたしも・・・瞳さんが好き」
瞳「歌野双子・・・ごめん、ありがとう」
歌野双子「今日から、あたし達友達だよ」
瞳の心は、涙と愛でいっぱいになった……。

6:綺李菜:2009/10/09(金) 12:58

あたし…何でいじめようと思ったんだろう…歌野双子を…

―――――――――――――――――
モテル男・レンが 瞳に恋をする・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回、見逃し、厳禁!!

7:綺李菜:2009/10/09(金) 20:31

レン「瞳ちゃ」
瞳「?」
レン「ひしゃしぶり」
瞳「き…きゃああああああああああああ」

瞳は、おもわず声をあげた。

レンってあの有名な…しかもあたしと
……
知り合い??!
どうしよ…

8:綺李菜:2009/10/09(金) 22:50

今日一気に小説書きます(笑)省略されてると思うので、クリックしてくださいね☆

あたしとレンは、知り合いなのー・・・?
瞳「レンくん何」
レン「瞳ちゃてほんまにかわいいなぁ」
いっ…いきなり何?
ドキドキ………
あ・・・れ?この「ドキドキ」何?
あたしおかしいのかなぁ・・・(-_-;)
その時ー…!
ガラっ

…何?

美雪「いいとこ、おじゃまします…あのね」
季雫「ニュース!だよ」
ドタバタ…
瞳「に・・・ニュースって?」
歌野双子「「先生が…大変なの 熱でてて・・・」」
瞳「うそっ?あんなに元気な先生が」
レン「そりゃ大変や。」
頭がクラッとした。
そして、その頃から意識がー・・・。
歌野双子「瞳ちゃん?大丈夫」
レン「(すくっ…)今ラクにしてあげるから」
レンにお姫様だっこしてもらい、保健室に運ばれー・・・。
意識は、なかった。
つづく
皆様の感想、(コメント)などお待ちしております。

9:匿名さん:2009/10/10(土) 12:38

…?
会話文だけで状況がわからないんだが…?

10:綺李菜:2009/10/10(土) 22:37

アドバイス、ありがdございます(^−^)
状況も書いていきますね!(^^)!

11:綺李菜:2009/10/10(土) 22:47

小説の続き書きます

そして、瞳が目を覚ました(さました)。
あ…れ?
レン?何でこんなとこにいるの?
瞳は、意識を失い、記憶消失状態になっていた。
レン「瞳 起きたか?」
瞳「うんありがとう。それよりここどこ?」
レン「保健室」
ま・・・さか・・・。
保健室まで運んでくれたの?

この質問、してもいいのかな?
なんだか質問したらいけないような気がして・・・。

次の日。

歌野双子「昨日は、大丈夫だった?瞳
     あたしらは、先生を保健室まで運んだよ」
瞳「ありがとう.0.」
?「ちょっと!」

えー・・・・・・

いきなり、誰?

次回、ライバル登場?瞳、ピンチ―――つづく

12:綺李菜:2009/10/11(日) 20:55

                     




瞳「何ですか」
?「あんた 昨日、保健室までレン様にお姫様だっこしてもらっていたところ、あたし観たのよ!」
瞳「え…何のことでしょう」
とぼけたふりをする。
やっぱり・・・だったんだ・・・。
そうだったんだ・・・。
レンが保健室まで運んでくれたんだ・・・。
?「あたしは、羅陶 聖佳(らとう せいか)」

―羅陶聖佳とは…―つづく

13:姫埜UωU☆:2009/10/17(土) 18:19

名前変えました!!「姫埜(ひめの)」です!!

小説、書きます。
聖佳「レ〜ンくん〜」
羅陶聖佳は、レンに摺り寄って(すりよって)甘えた声を出した。
レン「ごめん!!瞳ちゃとこ行って来る」
聖佳「え〜?」
レンは、こちらへ、向かってくる。
 レンー…あたし、レンが好きなのかもしれない…
〜次回、瞳が、レンに、告白??絶対、見逃すな!!〜

14:姫埜UωU☆:2009/10/17(土) 18:29

瞳「…」
レン「…」
タタッタタ……
リン「ちょっと!!レン〜!!あたしの存在忘れないでよ〜!!」
わ…リンちゃんって、超美人!!!
リン「瞳ちゃん、おはよう。」
瞳「お・・・おはようございます」
リン「タメ語でいいよ♪あたしと、友達にならない?」
瞳「よ…喜んで…タメで…」
その時!羅陶聖佳が邪魔を…
どさくさに、まぎれて、レンが、あたしに抱きついてきた。。。
レンが小さな声で…
「瞳が好き」
といった。
そ…それは、あたしのセリフ!!
先に言われちゃった。。。
どさくさに、まぎれて、あたしも、
「レンが好き」
そう、言った―…

つずく

15:*姫埜UωU♪:2009/10/17(土) 21:00

レン「え?今なんて…」
瞳「内緒♪」
レン「チェー・・」
リン「2人共loveloveだねっ」
瞳「リン…?」
リン「も〜2人共すっかりあたしの存在忘れて…」
聖佳「こいつらムカつく…」
聖佳は、ひそっと呟いた(つぶやいた)。

聖佳は、みんなムカつくけど、リンをとくに許せない、
と思っていた。
波乱の幕開け―…
聖佳vs瞳・リン・レン
〜次回、とんでもない事が起きる?〜
つづく

16:*姫埜UωU♪:2009/10/18(日) 12:49

リン「痛ッ」
瞳「リン…どうしたの?」
リン「さっき、足を踏みつけられた…」
レン「リン…誰に踏みつけられた…」
リン「なんとか聖佳って言う人…」
瞳・レン「え」
リン「どうしたの?2人共…」
瞳は、羅陶聖佳を知っている。だから戸惑ったのだ。
何でリンに攻撃(こうげき)を・・・?
瞳は、不安になってきた。なぜなら、、、
次は、瞳の番だと、、、解っていたから。。。
〜次回、羅陶聖佳が大麻を吸って可笑しく(おかしく)なっちゃう?〜
つづく

17:*姫埜UωU♪:2009/10/18(日) 18:32

聖佳「リン〜あたしゃ、あんたのことが嫌いだよー」
リン「はぁ…」
そして、ふらふらと、聖佳は、知らない男に近寄ってそして、
「あたしぃ〜あんたのことが好き〜」と言い出す。
聖佳がおかしい状態なのは、大麻を吸ってるからだ。と、
すぐに瞳は、解った。
だから、リンに嫌がらせなんかを―…。
だから、あたしに悪口を………。
レン「何か気分転換(きぶんてんかん)しに、駅前のアイス屋でも行くか。」
えっ‣・・・アイス・・・?
瞳「行きたいっ!!アイス・・・」
リン「あたしとも行きたい〜」
「じゃあ、3人で行こうか。」
とレンが言った時―…。。。
歌野双子が、
「あの・・・あたし達もおじゃましちゃって
 いいですか?」
と、訪ねてきた。
3人は、即答で、
「いいよ」
と答えた。
〜次回、またまた、羅陶聖佳の企み(たくらみ)がー…?〜
続く

18:*姫埜UωU♪:2009/10/18(日) 19:03

聖佳は、新たなる・・・作戦を…

リン「あたしわ、イチゴトリプルアイスで」
瞳「あたしわ、トリプルスイートアイスセット」
季雫「あたしわ、マンゴーアイス」
美雪「あたしわ、チョコアイス。」
そこに、聖佳が現れた。
聖佳「じゃあ、レン様の奢り(おごり)で♪」
え・・・?何で……聖佳が…?
みんなは、一瞬ざわめいて
そして、シーンとなった。
〜次回、季雫の彼氏が登場?〜
つづく

P,S  このサイトの無断転載を禁じます。
無断転載をした場合、警察に訴えます。

19:匿名さん:2009/10/18(日) 19:20

ギャル文字などではなくきちんとした日本語を使ったほうがいい。
×あたしわ
〇あたしは

それと
このサイトを無断転載した場合警察に訴えますというのは不特定多数に対する脅迫が成立する可能性があります。
なので、
本文を無断転載した場合は然るべき機関に調査をお願いし、告訴いたします。
に変えたほうが良いよ。

ついでに警察って言っちゃダメダメ。
著作権は親告罪。しかも民法だし。版権が絡む場合は民法、商法だから警察は介入出来ないよ。
一つ勉強になったね。

20:*姫埜UωU♪:2009/10/18(日) 20:01

アドバイスは、嬉しいですが、そういうギャル風に作っているんですよ。
後、転載は、したらダメということです。

21:匿名さん:2009/10/18(日) 20:14

転載をしたらダメという内容はわかるんですが、「このサイト」を「無断転載」したら「警察に訴えます」
というのが、不特定多数に対する脅迫が成立する可能性があるから今後はこのような事を書かないほうが良いという注意です。

22:匿名さん:2009/10/18(日) 20:17

それか著作権を放棄していないので無断転載はおやめくださいのほうがいいよ。
よかれと思ってやったことで自分が逮捕されたなんてことになったら嫌でしょう?

23:*姫埜UωU♪:2009/10/18(日) 20:26

またまたアドバイスありがとう♪
「無断転載は、おやめ下さい。」にします!
ご迷惑お掛けして申し訳ありません。
そして、あなたは、誰ですか?私は、ひめの(姫埜)と申します。

24:*姫埜UωU♪:2009/10/18(日) 20:42

小説を書きます。
季雫「あれ…?沢伽彼方(さわだかなた)にすごく似ている…」
リン「どうしたの?季雫(きしあ)ちゃん…」
瞳「…?」
瞳は、状況を理解できなかった。
彼方「季雫〜!」
 季雫の顔は、真っ赤になった。
美雪「アイス…食べないの?」
どうやら食べないらしい…
レン「瞳の頬っぺにアイス付いてる〜」
瞳「キャッ…ちょっと…」
ペロッ…
レンが…レンが…
ほっぺ舐めた〜!
普通の中学生がやるコト?
もう…小学生じゃないんだよ?
そう…ライバルが全く居なかったあの頃とは…。。。
〜次回、またまたライバル登場?どうやら、そのライバル、美雪のライバル―…?〜
続く
次回の物語を少し公開。します
美雪の新・ライバルは、中3の宮間琴音(みやまことね)
ちなみに、美雪達は、中2。不安が押し寄せてくるー・・・。

25:姫埜UωU☆:2009/10/19(月) 14:40

琴音「初めまして。宮間琴音です。美雪さん、いきなりだけど話しがあるの。」
美雪「えっ…何でしょう?」
琴音「あたし…美雪さんと彼方さんが付き合ってるのは、知ってる…でも、
   生意気だけど、彼方さんがあたし、好きなの」
エ…

続く

今日は、学校が休みなので、小説を書かせていただきました。
でわ

26:子猫大好き:2009/10/20(火) 14:50

話が全体的にまとまっていない
もう少しまとめるべき
まとめれないのなら書かないほうがいい

27:匿名さん:2009/10/20(火) 16:33

>>1は色んな内容を沢山書いてるからどれかに専念すべきかな

28:匿名さん ◆E2Ts:2009/10/20(火) 19:28

>>27いや、むしろアイデアはいいんだから、専念というよりはたくさん書いたほうがいいと思うんだ。
まとめる力なんて、大体小説読むか、書く回数重ねればつくんだし。

まぁ、スレをたくさん立てなければいい話だが。

29:匿名さん:2009/10/20(火) 19:53

>>28
まず一つ一つを丁寧に持っていって柱を作り肉付けしていく形だといいと思ってね
一気に何個も何個も取り入れると隙間は出来るものだから

30:姫埜UωU☆:2009/10/23(金) 22:25

26≫もう、小説を書くのを辞めます!!
確かに、あたしに小説の話しをまとめる力は、ありません!!

31:わんこ:2009/10/23(金) 23:27

姫埜さん、
私は姫埜さんの小説読みたいと思います。
みんなアドバイスとか書いてあるのは
ちゃんと姫埜さんの小説を読んでるのだから言えることであると思います。
私はたとえ(失礼ですが)姫埜さんの文章が読めにくかったり、
うまくまとめていなくても
話はおもしろいので読みたいと思います。

でも「書かないほうがいい」って言うのは失礼だと思います。
その文章で傷つく人がいるのだから。

32:匿名さん:2009/10/24(土) 16:54

#26#の発言は失礼だと思います

33:姫埜UωU☆:2009/10/24(土) 21:30

31s≫いろいろ書いてくれてありがとうございます^^
   読みにくい文章あったら、読み仮名つけますので。ありがとうございます。。。
    また、小説、書こうと思います!!

34:姫埜UωU☆:2009/10/24(土) 22:04

琴音「美雪さん」
美雪「失礼ですが、私は、琴音さんに、彼方を絶対(ぜったい)に負けません」
琴音は、こちらを睨みつけた。

すいませんが、今日は、ここまで。時間がないので…

35:姫埜UωU☆ & ◆TBmk:2009/10/25(日) 10:23

 その琴音の恐い顔を見ても、
 「負けないから。」
  と言って美雪は、立ち去った…。
  偶然(ぐうぜん)、季雫(きしあ)と遭遇した。
  季雫「美雪姉ちゃん…?」
  美雪「季雫?」
 久しぶりに会話をした。
 一方…

瞳「キャ〜ッてやめてって!!」
冗談みたいに、レンとリンと居る時間がすっごく楽しい…
心からそう思えた。
リン「わっ」
その幸せが、一瞬(いっしゅん)にして消えた…
その、幸せを壊した(こわした)のは、羅陶聖佳…
まだ、リンに恨みがあるみたい…
つづく――――――――――――――――
〜次回、リンに更なる(さらなる)事件がー・・・?〜

36:匿名さん:2009/10/25(日) 10:44

余計なこと言うようだけどさ、一回最初からまとめてみたらどうかな

37:姫埜UωU☆  & ◆Jslw:2009/10/25(日) 11:15

!!まとめられてないんだ…ショック‣・

38:姫埜UωU☆  & ◆Jslw:2009/10/25(日) 11:22

…リンは、すごく哀しそうな顔をした。
瞳「リン…??」
羅陶・・聖佳こいつのせいなもしれない。

39:匿名さん:2009/10/25(日) 11:40

>>37
いや、言葉を付け足すと>>26辺りが言うようにまとまってない部分が多すぎるから流れを上手く繋がるように書き直したらどうかなってこと
自分がつかんだ流れは大まかに
主人公が双子を嫌いで双子は主人公好きで仲良くなってアイドル出てきて好きになってライバル出てきて告白して
って感じだったんだけど、見る限り設定は面白いからあとは丁寧に視点を書けばいいなと

40:姫埜UωU☆  & ◆Jslw:2009/10/25(日) 12:07

そういうことですか!!ありがとうございます!!!

41:姫埜UωU☆  & ◆Jslw:2009/10/30(金) 22:33

今日で、最終回にしたいと思います。まとめは、後ほどします。
瞳「リン?…わっ」
大声が出てしまった。あんな美人なリンに、顔の頬っぺたから
すーと、血が出ていた。
レン「…リン…」
レンは、大丈夫か、と言って慌てて(あわてて)、タオルで血を拭く。
その日、直接 瞳が聖佳に会ってお話することに。
瞳「羅陶さん。リンに暴力をふるうのは、やめてもらえませんか。」
レン「大切な仲間なので」
美雪「私たちからもお願いします。」
季雫「お願いします。」
聖佳「アンタたちがそこまで言うのなら…」
これで、リンは、大丈夫。
明日は、レンとデートの約束があった。
しかし…
公園で待ち合わせをしていると、なんとそこにレンと美人な女がいる…
瞳は、その場から逃げた。そして、レンにメールを送った。
♪〜私たち、別れよう。〜♪
この一文を送ると、
♪〜公園のを見たのか?〜♪と返された。そのメールの返信には、「うん」と送った。これで、レンとも
もうお別れだ・・そう思うと瞳は、悲しくなってきた。
〜最終回〜[完結]

42:姫埜UωU☆  & ◆Jslw:2009/10/30(金) 22:42

まとめ・・・
最初、双子をライバルだと思って、意地悪した。でも、2人は、優しかった。
有名な、男と恋人になる。そして、協力ライバルが、出現する。
美人のリンと、友達になる。リンは、優しい。
最後、瞳とレンは、別れる。公園のことが、原困(げんいん)だ。
まとめは、これで終わり。また、読み返したり、してください…♪

43:・ω・結姫 & ◆Jslw:2009/10/31(土) 19:05

短編ー…。
その後の、瞳たちのぉ㋩なし
瞳は…19歳になった。
男と付き合うのが、まるで当たり前になっていた。
レンは…女癖が悪く、いっそ女のほうに浮気されていた。
美雪は…彼方と付き合って幸せな日々を過ごしていた。
季雫は…男と付き合い、そして来年には、子供もデキる予定。
そして…リンは、パリへ行った。新しい生活を過ごす為。
瞳は、今日も男と付き合う予定がある―…。
レンのことは、覚えていない。
寧ろ(むしろ)、レンがまだ、瞳に
未練がタラタラなのだった。
≪刊≫

44:・ω・結姫 & ◆Jslw:2009/10/31(土) 21:47

このスレは、もっと書きます。
1000まで、いきたいので^^✌
みなさんも、どんどん書き込んでくださいね♪
では、さっそく小説をかきます!!

題名は…「片方のカケラ」です。
登場人物… 秘口 欠片(ひぐち かけら)
      亥賀垢 鈴(いかく すず)
      籍当 嗄聯(せきとう かれん)
今回は、珍しく、男のコが、主人公です!!
欠片クンです!!♂
すずは、♀です。

45:・ω・結姫 & ◆Jslw:2009/10/31(土) 21:50

あと、嗄聯(かれん)は、♂(笑)

46:匿名:2009/10/31(土) 22:49

貴方の小説は文章にまとまりがないの。
だから名前に読みがなつけても分法が間違ってれば読みにくくなる。
それと素人が増してや下手なやつが小説書くときにたような名前にするとごちゃごちゃになるときがある。
小猫大好きさんが小説書かないほうがいいといったのは酷い言い方だけど私もそう思う
もう少し工夫したら?

後他人の意見に便乗して人を叩くの止めたら?
そんなに楽しい?
いいたい方には言わせてむかつくなら削除人に頼んでレスを消去してもらえば??

47:匿名:2009/10/31(土) 22:58

今思ったら「片方のカケラ」って
似たような題名の携帯小説にあるよね??
ずっと前で貴方は無断で動かしたら警察に訴えるとか言ってたけど
この類で訴えられるケースもあるんだよねー
その携帯小説の名前忘れたけど一度読んでみて同じ表現使わないようにしたほうがいいとおもうよ
まぁあんたが告訴されようとされまいが関係ないけど

48:・ω・結姫 & ◆Jslw:2009/11/01(日) 09:10

46≫人を叩く??意味がわかりません。
  似たような、小説の題名は、腐るほどありますよ
  

49:・ω・結姫 & ◆Jslw:2009/11/01(日) 09:10

46≫人を叩く??意味がわかりません。
  似たような、小説の題名は、腐るほどありますよ
  

50:・ω・結姫 & ◆Jslw:2009/11/01(日) 09:54

僕は…秘口欠片。16才。
実は…30才くらいまでしか生きられない…。
だから、生きてるうちに少しでもいろんなことがしたい。
1分でも…1秒でも…。
つつく

51:・ω・結姫 & ◆Jslw:2009/11/01(日) 12:00

…僕は、鈴を好きになる…
鈴「かーけらっ」
明るい声。
綺麗な体。
僕は、鈴を好きになる。

52:・ω・結姫 & ◆Jslw:2009/11/01(日) 12:00

…僕は、鈴を好きになる…
鈴「かーけらっ」
明るい声。
綺麗な体。
僕は、鈴を好きになる。
大好きに…なる。

53:・ω・結姫 & ◆Jslw:2009/11/01(日) 13:08

そう…僕の初恋だ。
「鈴…来年もいっしょにいられるといいな」
「何?急に…」
鈴は、知っている。
僕が、癌の病気のことを。
来年には、「死ぬ」と医者に
告知されているのに…。
鈴を好きになってしまった。

54:匿名さん:2009/11/01(日) 14:36

ちょっと、叩くとかは、失礼だろ
このすれ主は、正しい。

55:匿名:2009/11/02(月) 11:16

だーかーらー
54みたいなのを叩くって言うの
むかつくならほっとけばいいじゃん
それに<<46はスレヌシを特定して言ってるわけではないと思うよ?
小説書くんならそんくらい文章見ただけで理解しようよ。
54も正しく理解できないのなら書き込まないほうがいいと思いますよ。

56:匿名:2009/11/02(月) 11:20

あのさぁ〜何回も同じ発言する意味が分かんなぁ〜ぃ
一回読めば理解できますけどぉー?
理解できないと思ったのぉ??
最低じゃぁ〜ん
此処まで見くびられるとかww
大体ここの小説意味わかんないもん
まとまりないし、何時何時漢字に振り仮名振ってるし。
他の人が言いたいのはそんな事じゃないのわかんないのかねぇーーーーー
簡単に言えば
あんたの小説は文法がおかしい。まとまってない
わかった?
つまり振り仮名振ってもまとまりとかがないから意味わかんないの

57:匿名:2009/11/03(火) 15:56

てかぁ〜おもったんだけどー
小猫大好きさんが言った様にぃ小説書かない方ががいいんじゃなぁ〜い?
どうせまとまりなくて下手なんだしぃ
人の意見最後には逆切れしてぇ取り入れてないしぃ
はっきり言ってあんたの小説クズだからwww
保育園児のほうがもっといいの作れるしぃwwwwwwwww

58:匿名:2009/11/04(水) 14:46

まだこんなスレあったんだぁ〜他でも乱立てしているみたいだけどキモイよー?
目立ちたいのー??

59:匿名:2009/11/04(水) 16:23

乱立て禁止
乱立ては他の人の迷惑にも繋がります

60:停止しました。。。 停止:停止

真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ


書き込む 最新10 サイトマップ