オリジナル・夢小説

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:直:2009/11/08(日) 23:14

あくまでも自己満足だけどw

2:直:2009/11/08(日) 23:37

〜〜〜すけっとだんす〜〜〜


『んじゃぁボッスン、私このプリント職員室に持っていくから先に玄関で待ってて〜』

ボ「OK〜」

ボッスンは私の彼氏。 毎日一緒に帰る…一日の中で一番幸せなんだ。

ボッスンに先に行くように伝えて私も職員室に向かう。


『失礼しました〜』

プリントを出し終え、職員室を出て廊下を歩いていたとき、隣のクラスの男友達に話しかけられた。

男「今から帰るのか?」

『そ〜だよ〜。そっちはまだ部活?頑張ってね〜』

など雑談を交わし、ふとボッスンが玄関にいるのが見えた。

『あ、ヤバイ; ごめんね、急いでたんだった!』

私は足早にその場を去った。

そして玄関に行き靴を履き替える。

『ごめんねボッスン〜遅れちゃって』

軽くお詫びを申した。

いつもなら流してくれるのに…

ボ「…さっきの男…誰だよ?」

『え?』

さっきの男?…あぁ。あの人。

『隣のクラスの人だよ?』

ボ「随分楽しそうだったじゃねぇか。
俺よりあっちの方が良いんじゃねぇの?」

……なるほど。

『なに?ボッスンまさかヤキモチ妬いてるの?』

私は聞いてみた。

するとボッスンは顔を真っ赤にして…

ボ「な、何だよ!悪いかよっ…ば、バーカバーカ!」

その瞬間、全てのものが愛しく思えた。


私は顔を赤くして怒るボッスンの手を取り

『君だけだよ』

と言って微笑みかけるのだった。
                END

駄文ですいません;

3:匿名さん:2009/11/09(月) 17:00

夢小説ならサイト作るのをお薦め
じゃないと盗作とか起こるかもしれないし、専用サイト作った方が同じ趣味の人に見てもらえるよ

4:匿名さん:2009/11/09(月) 17:28

>>3夢小説って意味違くね?

5:匿名さん:2009/11/09(月) 18:48

>>4
夢小説ってつまりはドリーム小説だろ?
あってるくね?
あれ?

6:匿名さん:2009/11/13(金) 19:36

>>5スマンあってた。
盗作はさておき、夢小説はここで作れるのだろうか。いまさらだが楽しみだ。


書き込む 最新10 サイトマップ