小難しい人々

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:NAKAHARA ◆hfAA:2010/01/15(金) 19:25

「あの、済みません。ここら辺にコンビニってありますか?」
と見知らぬ女性から声を掛けられた小泉章は、一瞬自分に言っているのか分からなかった。周りを見渡しても誰も居なかったので小泉章は自分だと分かった。
「コンビニですか・・・」
小泉章は呟き、相手の顔を見た。年齢は20代にも見えるし、30代にも見えた。きっと、化粧が上手だからだろうなと小泉章は思った。
「はい」
「近くには無いですね」
「あ、そうですか」
「何かコンビニに用があるんですか?」
「ええ、ちょっとね」
女はそう言うと、直ぐさまその場を去っていた。小泉章はその時、別段何とも思わなかったが後々考えてみると少し様子が可笑しかったようにも思える節があった。


書き込む 最新10 サイトマップ