イジメ小説

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:涼華:2010/01/31(日) 17:15


初めまして

涼華と言います

私は イジメられてました

イジメ小説を読んで

少しでもイジメのつらさを

分かってもらえれば 幸いです

私が 書くのは

イジメの中でも 最も酷い

性的イジメについてです

性的イジメは 

イジメと言うより 犯罪です

絶対に イジメは行わないでください

2:性的イジメ:2010/01/31(日) 19:12


私は 性的なイジメにあっている…

私は 親を事故で亡くし

親戚の家へと引っ越した

だから 中学校も転校することになった

私は地味だった

そのせいで 前の学校で 友達はいなかった

だから 転校できて良かった

自分を変えれるチャンスだから

ダサい眼鏡をやめ コンタクトにした

スカートも短くした

ボサボサだった髪も

きちんと手入れしてサラサラにした

ダイエットもした

これで 友達もできて

楽しい毎日をおくれると思っていた

この時は…

〜転校初日〜

キーン コーン カーン コーン

「おい チャイムなったぞ 
席につけ〜」

コソコソ

<おい あれ誰だよ?>

<はぁ? 誰って誰のことだよ?>

<あそこにいる奴だよ>

<あぁ 転校生じゃねぇの?
つぅか それ以外ねぇだろ>

「今日から このクラスの生徒になる
柴田 優花さんだ」

ザワザワ

<えぇ〜>

<ねぇ 転校生だって>

<ほぉら オレの言ったとおりだろ>












 

3:性的イジメ:2010/01/31(日) 19:45

「えっと 神奈川から転校してきた
柴田 優花です 宜しくお願いします」

「じゃあ あの後ろの席についてくれ」

「はい」

この時はまだ これから地獄が始まるなんて 思ってもいなかった…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その日の放課後…

「ねぇ 柴田さんだっけ」

同じクラスの男 数人に話しかけられた

「うん そうだけど…」

戸惑いながらも 私は答えた

「柴田さんって 可愛いよねぇ
スタイルいいし…」

「だよなぁ オレも 結構好み」

そんなこと言われた事なかったから 嬉しかった

この時は…

「柴田さん オレん家 来ない?」

「えっ? でも…」

今思えば この時 はっきり断れば良かったんだ

そうすれば あんなことにならずに 済んだのに…

「いいでしょ 柴田さん
行くよ」

4:性的イジメ:2010/01/31(日) 21:04

「う うん…」

行くつもりは なかった

だけど さっき

「可愛い」とか「好み」とか言われて

浮かれてた

だから つい誘いにのってしまった…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20分後 山中の家についた…

「ここがオレん家 いいよ 入って
巽たちも入れよ」

「おぅ そういやぁ オレ
陸斗ん家 来んの初めてだわ」

「あっ オレも 初めてだ
いつも 元哉ん家で遊んでるもんな」

「そういやぁ オレん家ばっかだったな」

「あっ ゴメン 柴田さん
気にしないで さぁ 早く入って」

「うん…  おじゃまします」

私は 家の中に入った

「山中くん 1人で住んでるの?」

中には誰も居なかったので 私は聞いた

「1人じゃねぇよ 親父と住んでる
でも 今 単身赴任中なんだよ
だから 1人暮らしみたいなもん」

「そう…なんだ…」

「だからぁ… オレらとお前以外 誰もいねぇよ」

(えっ それは… どうゆう意味ですか?)

「きゃっ」

山中は そう言うと 私を壁に押しつけた

「ちょ なにすんの…」

5:性的イジメ:2010/02/01(月) 08:53

すると 三浦がハサミを持って私の方へ近づいてきた

(私…殺される!?)

そう思い 目をつぶった

でも違った

ハサミで… 服を切られた

「や…めて… 助…けて…」

私は 恐怖で震えながらも 途切れ 途切れ 声を出した

「黙れ…  言っとくけど…
誰も助けてなんかくれねぇよ」

カシャ

私の裸写真を 河野に撮られた

「ねぇ 柴田さん
君は今日から オレらの… 奴隷」

「えっ」

「言う事聞かなかったら
この写真ばらまくからね」

そう言われて私は 

なんの抵抗もできなくなった

「じゃあ さっそく…」

6:& ◆Vo/k:2010/02/01(月) 09:55

Watasinosukinahitoha iwamasadesu
<訳> ワタシノスキナヒトハ イワマサデス

Kokuhakusurukadukamayottemasu
<訳> コクハクスルカドウカマヨッテマス

7:性的イジメ:2010/02/01(月) 10:15

そう言うと 私の手をつかみ

山中はベットの方へと私を引っぱった

そして ベットに押しつけられた

「離…して…よ」

ものすごい力で押しつけられて

ほとんど身動きができない状態だ

「黙れ 奴隷」

三浦 河野もこっちへ来る

「おい 陸斗 次オレなぁ」

「んじゃあ オレ最後でいいわ…」

(次? 最後?
この人たちは いったい
何をしようとしているの?)

「何…するの…」

「言ったろ… 奴隷は黙れって…」

8:涼華:2010/02/01(月) 10:20

小説は途中ですが 読んでくださってますか?

良ければ感想ください☆

※6のような意味不明のコメント

荒らし は止めてください

9:匿名さん:2010/02/01(月) 12:12

読んでいて思ったのが、まず脇役と主役の区別がついていない。
作者には登場人物の顔や背丈がわかっても、読者からしたらキャラクターがのっぺらぼうです。
主要人物の容姿ははっきりと書いてください。
今の段階で言うとレイプの主犯の容姿を。
その取り巻きがレイプ被害者を続けて襲うときには、名字ではなく、【続けて二人が私を襲う】などにしたほうがいいです。
ついでに官能気味の小説なので板違いの可能性が有り、かつ作者が18歳未満ならばアダルト板へ行けないのでこの小説を葉っぱ天国で書くのをやめ、哀島や野いちごに行くべきでしょう。

10:涼華:2010/02/01(月) 12:16

では 他の小説を書きます

11:涼華:2010/02/01(月) 12:25

やっぱ やめます

あまり 思いつかないし…

匿名さん アドバイス有難う御座いました

では さようなら…

12:匿名さん:2013/02/24(日) 19:52 ID:Ifw

私、最近オ ナニーするのが日課になったんです。。。。最初ゎ痛かったけど、だんだん慣れて気持ちよくなりました!このレスを6つ違うスレに張ると【    】の中に、私がビデオでとったオ ナニーシーンが見れます♪本当に出来ました!ちなみに超エロいです。。。見る時は後ろにお母さんなどがいないか注意してからみたほうが良いかも。。。!

13:美生:2013/02/25(月) 22:38 ID:fTM

こんにちは
わたしはみおといいます
山中  などではなく少年Aなどに
すれば分かりやすくなると思います!

14:希子:2013/02/25(月) 22:49 ID:fTM

しょうせつかきま〜す♪

私、浅岡 愛里(13)
ごく普通な中学1年です!
でも今日から最悪な日々が始まります

〜朝〜
おっは〜♪とさけびながら教室にはいる
みんな  し〜ん
なにみんなで?私の次に入って来た子
にはみんなあいさつをかわしている。
私は、変だなぁとおもいながらも 
スルーしてしまった。

15:きこ:2013/02/26(火) 22:33 ID:fTM

続きです。
放課後私は呼び出され屋上にきました
おいっきもいんだよ!
びりぃ〜!きゃぁ〜!服を破られました。
パシャッきゃあぁ
打ちきりにします!

16: ◆FYG. hoge:2013/02/26(火) 22:46 ID:R96

葉っぱでは官能小説は禁止となっております
これ以上このスレを上げないで下さい

17:ヒナカ:2013/04/16(火) 20:19 ID:BhU

そいつマジでサイテー

18:}[ hoge:2013/04/17(水) 16:49 ID:toA

上げちゃダメだよ

19:あはははははははははははははははははははははははははははは:2013/05/26(日) 13:42 ID:mLs

「……ッウ…アッ…ク」
「なにお前 もうイきそうなわけ?」
「ハァ…ハッ……ハァ…」
「…っち」
「おい、そろそろ帰ろうぜ」
「まっ…待って せ、せめて…」
「“イかせて” ヤなこった」
「自分の手でイきな……あぁ、縛ったまま
 だったね」
「ねぇ…お願い……早く…っ」
「おい!早くしろ!」
「…ああ わかってる 今行く」
「…!!お願い!待って!待ってぇ!!」
「じゃあな〜 頑張って」
「うぅうう…待っ…………てぇ……」

「おい これからどうする?」
「せっかく見つけたのに また捨てちまう  のか?」 
「…ふん 惜しいなら戻ってイかせてこ
 いよ」
「ジョーダン!俺あーゆーのタイプじゃ
 ねぇ」
「ロリコン」
「……うっせえ」
「ロリコンロリコンロリコンロリコン」
「だぁああぁっもう!!テメエ!」
「うるさい これからどーする」
「あ?!女なんてどっからでもつれてこ
 れんだろーが!」
「女の“子”だろ?」
「シねよ お前」

「うう…っ……誰か………」
一人虚しく呟いてはみるものの、こんな時間だ。誰もこんな薄暗い公園通らないだろう。
「あうぅ…誰か…っ イかせてよぉっ…」
あの3人組の所為で、イきたくてもイけないのだ。媚薬かなんかの類だろう。
「誰か…………」
「…あの……大丈夫ですか?」

20:神楽:2013/06/03(月) 18:20 ID:lGg

いじめかぁ つづきがきになるぜ


書き込む 最新10 サイトマップ