推理小説のようなそーでないような小説

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:きなこ:2010/02/10(水) 14:15

初めましてきなこと言います♪
小説書こうと思います!!
文章力が終わってますがよろしくww
アドバイス&感想書いてくれると嬉しいです^^

2:きなこ:2010/02/10(水) 14:28

人物
岡部まどか
ちんちくりん少女
一応主人公。
幽霊研究会の会長
早瀬清香
幽霊研究会にいながらも非科学的な事が大嫌い
住野淳
幽霊研究会部員。まどかに淡い恋心抱いているとかなんとか。
リリアン
謎の少女
この間転校してきた
フランス人。金持ち
山田晃
生徒会長様
●○*○●
幽霊研究会に謎のメッセージを残していった

3:きなこ:2010/02/10(水) 14:52

最近おかしな事がよく起こる。
淳「幽霊研究会だもんな」
清香「そんな非科学的な事があるわけないじゃない!!」
まどか「あるんだよ!だってバスケ部の人たちはインフルエンザで全国決勝の試合中止だし書道部の人たちはこの前の掃除の時に文鎮の箱が手に落ちてきて複雑骨折したしその他の部とかも色々あったんだよ!」
清「呪われてんじゃない(嘲笑)」
ま「嘲笑ってヒドイ…」――その時――
「きゃああぁぁ!!!」
一同「!!?」
ま「もしかしてまた…!」
淳「とりあえず見に行こう!!」
私達が部室を出たとき黒い物体が中に入ったような…

廊下に女子生徒が倒れていた。
清「気のせいよ。それより貴方大丈夫?」
生徒「は、はい…いたたた…」
淳「保健室行こ!名前は?」
生徒「リリアン…です」ま「リリアンだったの!?どうしたの?」
リリアン「まどかちゃん…」
清「事象を聞くから早く保健室へ!」
★保健室★
ま「で、なんであんな所で倒れてたの?」
リ「大きなカラスみないなのがのしかかってきて…なんか倒れてて…」
カラス………
ま「清香。カラスって黒色だよね」
清「当たり前じゃないか。何を今さら」
もしかして――
あの時の―――

4:匿名さん:2010/02/11(木) 00:30

匿名で失礼します。
http://ha10.net/test/i.cgi/novel/1243570192/に愚痴に見えるようでアドバイスになっているものがあります。
そこで書かれているキャラクターがのっぺらぼうについて少し考えてみるとより良い作品になると思います。
またどこかに移動したときに★○○★で示すのではなく、○△(キャラクター)を○○(場所)に運んだ。
○○に行った
○○に連れていったなどと使い分けるともっと面白い作品になると思います。

5:匿名さん:2010/02/11(木) 00:44

もう二点
「呪われてるんじゃないの?(嘲笑)」
「嘲笑ってひどい」
というシーンがありましたね。

「呪われてるんじゃない?」
彼女は嘲け笑うようにまどかに言った。
「それは酷いよ。」
と私は反論をした。
のように情景や背景を織り交ぜながら描くと読者を置いてきぼりにしません。
会話文のみで進ませるのは絵のない漫画です。
びっくりマークやクエスチョンマークの多様はやめたほうがいいでしょう。
私の感想とアドバイスはこのくらいです。

6:きなこ:2010/02/14(日) 13:40

ありがとうございます!!!

7:きなこ:2010/02/19(金) 18:48

ああなんか私には不可能と言うことがわかりました
閉じます
アドしてくれた人本当にありがとうございました


書き込む 最新10 サイトマップ