恋愛小説@クローバー☆

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:クローバー:2010/06/29(火) 21:24

初めまして!
クローバーです!
えっと、これから、恋愛小説を作っていきます!
なので、駄作のストーリーになりますww

注意事項←ww

@1 本物の小説本みたいにわ書かないので、『/////』という表現など、
  擬人(?)みたいな感じのことを使っていきますので、
  あまり、気にせずに見てくれると、嬉しいです☆

@2 部活とかで掲示板に行けず、小説を書けない日があるので、
  そのときわ、たまに来てくださいww
  いつでも、駄作小説を見てってくださいww

@3 でも、中傷とかそういうコメントわやめてください><;
  頑張れなくなるので;((おいおいww


あ、そうそう、クローバーわ
日記のとこで『中1の日常生活』ってやつで日記やってます!
あ、そして、『占いを作ろう!』ってとこで、小説をやってます!
ジャニーズ一色で染まってますww
それと、たまに、裏系(エロww)がリクで入ってたりするので、
2つとも無理だったら、見なくていいですww((あ、でも、もしかしたら、ここでも使うかも;;
それでわ、そろそろ書きたいと思います!
楽しいコメントをくれるとめっちゃ頑張れます!
それでわ(/・ω・)/

2:クローバー:2010/06/29(火) 21:41

タイトル『好きになったその理由・・・・。』(短編)


私、高橋翔。名前男みたいでしょww

でも、この名前好きなの。

なぜだか分かる?






それわね、私の彼氏の名前も高橋翔なの!

不思議だよねぇ!

私生まれて良かった☆

翔(女)「翔〜、遅くなったぁ((汗」

翔(男)「おう!」

翔が走ってきたよ!

ギュ。。。。。

翔(女)「しょ・・・・・う//////」

翔(男)「ずっと・・・・待ってたんだよ・・・・?」

翔(女)「ゴメン・・・。授業長引いちゃって・・・。」

私、焦ってて・・・ww

翔(男)「そっかぁ。ねぇ、今日どこ行く?」

翔(女)「え、もう帰るけど・・・ww」

翔(男)「覚えてねぇの?」

翔(女)「覚えてるよ。今日わ”私達の記念日”でしょ?」

翔(男)「覚えてくれてたんだ・・・!」

翔(女)「忘れるわけないし・・・ww今日、翔の家に帰るわっ!」

翔(男)「まじで?」

翔(女)「うん、久しぶりに翔ん家泊まりに行きたいし。」

翔(男)「いいよ!どうぞ、泊まりに行ってね!」

翔(女)「うん!」



翔・・・・カッコイイでしょ?

だから、私、”高橋翔”の名前が好きなんだ。−終わりww



どうでしたか?
駄作でスミマセン;
上手になるためにわ、どうすれば!?
アドバイスちょーだいっ!ww
長編わストーリー忘れたりするから、短編わ作りやすい☆
あ、日記も見てね☆
『中1の日常生活』だよぉ☆
それでわ(/・ω・)/

リク、感想、アドバイス待ってます!

中傷・悪口コメわ待ってません!ww
なので、しないでください!((アドバイスならok☆ww

3:☆綾☆:2010/06/29(火) 22:09

あま〜い恋好きだよ
これからも期待してまってます☆

4:全自動SS投下機械 ◆Z0k2:2010/06/30(水) 20:42

台本・ネットスラング・三点リーダ
恐らく数々の人はこれらについて胸中で突っ込みを入れながらこれを見てるんでしょう。
この不良品もそのうちの一人。だけどもだっけっど。
同姓同名カップルという発想自体は凄く良いと思います。正直この発想は無かった。

後は、
「元々この名前は(男っぽいやらでいじめられていたから)好きじゃなかった」「一人で悲しんでいる所に彼氏が現れて慰めてくれた」
「そこから彼氏と付き合うようになった」
と、もっと細かい設定を考えていれば良かったのではないかなと思います。このままだと読み応えといいますか。
駄菓子で例えるなら麦チョコ一粒食べておしまい、みたいな。とにかく物足りなかったです。

もう一つ。
最後に「カッコイイでしょ?」と主人公が独白する部分がありますが、この短い掛け合いの中で彼氏をカッコイイと思う要素が何一つ無かったのが残念でした…
「記念日を忘れていたふりをして、実はプレゼントを用意していた」なんていうツンデレチックな場所があればよかったかもしれません。

思わず塩を舐めたくなるような甘い甘い色恋沙汰は決してこの不良品、嫌いではありません。
応援しています。

5:クローバー:2010/06/30(水) 22:10

綾→ありがとぉ!
駄作なのに、そんな声をありがとう!
うん、これからも、頑張る!

全自動SS投下機械さん→えぇー、突っ込みあるとわ思いますが、
この発想なかったんだ!!
そんな、なんか、ありがとうございます!ww

そっかぁ、細かく書いた方が、皆見やすくなるのかー。
物足りない感があったかぁー。
ウチもそんな気わしてたけど、
そのアドバイスをくれたので、次わもっと細かくして、
長くしていきます!ありがとうございます!

あ、でも、『カッコイイでしょ?』ていうか、
主人公が思うまま言ってるので、
それわなくても伝わっていると嬉しいというか、
主人公わ喜ぶと思います((笑
でも、それが分かりずらかったと思うので、
そういうことをどんどん書いていきます!
おぉ、それいい考え!
確かに、それあれば良かった!
いやぁ、本当に勉強になった!
ありがとうございます!

不良品・・・ww
いや、いいですww
どうせ、ウチのわ駄作で終わっちゃいますからww
この不良品、嫌いじゃないって・・・ww
それ、結局フォローしてるの?ww
あ、はいww
応援ありがとうございます!ww

6:クローバー:2010/07/03(土) 21:02

タイトル『邪魔するやつわ・・・。』(前編)

私、キスマイの玉森裕太の妹の玉森由奈です。

彼氏わ同じくキスマイの北山宏光。

最近わみっくんファンが増えてきたけど、

私わそんなこと気にしないし。

喧嘩上等みたいな((笑

女子「ちょっとあなた!」

由奈「はい。」

出た。邪魔するやつら。

ファン1「あんた邪魔。」

由奈「スミマセンね。邪魔で。でも、そういうあなたこそ、私達の邪魔してんじゃないの?」

ファン2「あんたなんか消えてしまえば?」

由奈「はい。無理です。あなた達みたいな私達を邪魔してるやつこそ消えてください。」

ファン3「あ、そういえば、みっくん、『あのクズなんかいなくなればいいのに・・・。』って言ってたよ?」

由奈「・・・・、へぇ。そう。でも、みっくん、人のことクズって言わないし。ていうか、そんなこと本人にストレートに言う人だし。」

女子「そんな・・・。」

ふふふ。どうだ?

3VS1でかかってきても、結局私わ勝つ。いやぁ、強いなぁ☆((ナルシだなぁww

もうかかってこなければいいけど・・・ww((えぇー!?ww

ファン2「あんたね・・・。」

ゴッ

由奈「ぐっ・・・。あんた暴力でかかってくるの卑怯よ!」

ファン2「何が卑怯よ!?あなただって、酷い言葉で責めるの卑怯よ!!」

由奈「でも、暴力で解決できると思わないで!!」

ファン3「うっせぇ!!このクソババァ!」

由奈「もぉぉぉ!!!イラついた!もう、こうなったら、何がなんでもあんた達をいためつけっ・・・・。」

ドサッ

女子「キャハハハハッ!!!」

ファン1「邪魔なんだよ!」

ファン2「邪魔。どっか行けば?天国にでも逝く?」

ファン3「えぇ〜?地獄にしようよ!」

ファン2「そうだね!あんたにわ地獄がお似合いよ!」

ファン1「そうそう。」

ファン3「あ、ほら、死神が呼んでるよ?おいでおいでって。」

女子「キャハハハハハッ」

ダメッ・・・。意識が遠退く・・・。

誰か・・・。

??「誰?」

女子「キャハハハ・・・・。へっ?」

えっ・・・。誰・・・?−続き☆

中途半端に終わってすみません;
今回わみっくんいませんが、後編にわみっくん出していきます!
勝手に、みっくん出してスミマセン;
でも、これからもジャニ出していくと思う・・・orz

7:クローバー:2010/07/05(月) 21:26

タイトル『邪魔するやつわ・・・・。』(中編)

誰なの・・・・?

みっくんなの・・・・?

「由奈!」

みっくんだ!

あの愛しのみっくん!

宏光「由奈大丈夫?」

由奈「みっくん・・・・。大丈夫よ・・・。ありがと・・・。」

フラッ

宏光「由奈?由奈!」

裕太「北光どうした?」

宏光「玉ちゃん、由奈が・・・。まさか、君達なんか由奈殴ったりしなかった?」

ファン1「い、いいえ!そんなことするわけないですよ〜((汗」

ファン3「う、うん、そうそう!そうだよ〜((汗」

ファン2「ごめんなさい。私達が由奈さん殴りました。」

ファン1・3「おい、言うなよ〜。」

ファン2「だって、みっくんとかに嘘わ言いたくないし、こういうときわ本当のこと言ったほうがいいと思う。」

裕太「君いい子」

ファン2「ありがとうございます/////」

ファン1・3「(ムカツク・・・・。)っ・・・。もういい!」

ダッ

宏光「待て!」

ファン1・3「ビクッ!」

宏光「ほらっ、大事な仲間を見捨ててどうすんの?それに、あの子が言ってたの正しい。嘘わいけないよ?」

裕太「そう。さぁ、君達、もう逃げられない。俺らに逃げようともう出来ない。本当のことを言ったら、胸のモヤモヤが消えるよ?」

宏光「さぁ。」

ファン1・3「っ・・・・!ごめんなさい!私達、由奈が憎くて、いじめてました!すみません!」

宏光・裕太「ふぅ・・・。」

宏光「いいよ。んじゃ、3人で家帰りな?大丈夫、親や警察に何にも言わないから。これわ、俺たちとメンバーだけの秘密ってことで!」

裕太「じゃ!」

3人「はい!本当にスミマセンでしたぁ!」

裕太「ばいばい!」

由奈・・・・大丈夫かな・・・・?−続く。

またまた駄作です!
次の後編で終わりかな?
ていうか、次後編になるのかなーww
それでわ(/・ω・)/

8:きなこ ◆SPvw:2010/07/06(火) 23:20

「喧嘩上等みたいな((笑」
てゆーのが面白かったです(*^怐O*)

9:友宇希:2010/07/12(月) 20:10

かぎかっこの前に名前は書いてあるので読みやすいです!!
かぎかっこだけでも読みやすいようにしてみては?
↑無駄口叩いてすみません(ノд`@)

10:なー ◆.2Og:2010/07/30(金) 14:11

うーん、出来ればせめて「わ」と「は」の区別だけはしておいてください。
本物の小説ようには書かないと最初のところには書いてありますが、
最低限の文章の書き方はわきまえたほうが良いと思います。
私なりの視点で思った事なのであなたがどうするかは自由ですが、はっきり言わせてください。
読みづらいです。
それにやたらと平仮名が多いし、それに付け加え
この「は」と「わ」の区別がなってないとなると、どこで区切ればいいのかがわかりにくいです。
いくら本物っぽくしないとはいえ、ここはきちんとしておいたほうが良いと思います。
友達と気軽に打ってるメールではないのだし・・・。
駄文というより乱文に見えます。
何かしらの用語を使うのは勝手ですが、「わ」と「は」の区別だけは
はっきりさせたほうが良いです。
個人的な意見なので、あなたが取り入れるかどうかは勝手ですが、
小説っぽい書き方じゃなくてもこれだけは守ったほうが良いです。

11:クローバー:2010/08/02(月) 19:53

きなこさん→そうですか!?ありがとうございます!
そう言ってくれると、嬉しいです!何か、読みづらいとこあったら、言ってください!

友宇希さん→読みやすかったですか?ありがとうございます!
あ、はい!そう言ってくれるとホント助かります!アドバイスありがとうございます!
無駄口じゃありません!アドバイスわホントに役に立つので!

なー◆20gさん→はい!区別しときます!
ほぅほぅ・・・。そうですね!
でも、これ癖ですww
他のとこでも、小説やってるんですけど、そこでも「わ」を使っちゃうんですww
なんか、友達使ってるからこういう系でもいいのかな?なんて、思ってたんですww
なので、ここでわ「わ」と「は」の区別しときます!
いや、それ分かりますww自分でも変だし、読みづらいもんww
なんでこんな文なんだろうって。そう思いながらも書いてる自分って・・・・wwってなるんですww
平仮名が多いのわ、それだけみぃわバカだってことです((笑
ていうか、平仮名のやつわ漢字になんて出来ないし、
他の言葉なんてバカだから思いつかないし・・・。
なので、それわちょっと・・・。ってことですww
それわ、もぉしかたないですww
はい、でも「わ」と「は」の区別わちゃんとしておきますので!
乱文・・・ww
区別わはっきりしますとも!ww
守りますよ♪
なんか、たくさんのアドバイスありがとうございます!
でも、平仮名だけわどうしても直せません・・・;;
そこだけわ許してくださいww


コメくれた人、返事遅れてスミマセン;;
アドバイスありがとうございます!

それでわ(/・ω・)/

12:クローバー:2010/08/02(月) 20:33

『邪魔するやつは・・・・。』(後編)

3人が帰った後・・・。

由奈「んぁ・・・あいつら帰ったね・・・。」

あれ?由奈起きた?なんで?

宏光「良かった・・・。」

裕太「もしかして、フリしてたの・・・・?」

由奈「何?もしかして、気ぃ失ったと思った?」

宏光・裕太「うん。」

由奈「あははwwウチを嘗めないでww確かに、気、失いそうになったけど、みっくんが来たから、
元気出ちゃって☆だから、気失ったフリしちゃいましたぁ☆」

宏光「なんだぁ。心配しちゃった((泣」

由奈「あれ?泣いちゃった?泣くな!みっくんはもう24歳だろっ!・・・童顔だがなww」

宏光「・・・。」

裕太「(ヤバイwwキタミツ、襲うかも・・・・((汗)あはは((笑」

由奈「俺様みっくん、弱気はあんまよくないよww」

宏光「ふぅーん。そんなこと言っていいんだ?」

由奈「何?みっくん。俺様になったねww」

宏光「・・・家来い。」

裕太「(あ、ヤバッ・・・!)んじゃ、俺、家帰ってるわ^^;」

由奈「うん。んじゃ、行こっか!」

宏光「ニヤ))あぁ・・・。」

由奈・・・。この後、俺の部屋で・・・・どうするか、分かってないみたいだな・・・?

in宏光の部屋−

由奈「みっくん、さっきはどうしたの?様子ちょっと変だったけど・・・。」

ドサッ

由奈「キャッ/////」

宏光「お前が『童顔』とか、『俺様』とか言うからだろ?ww」

ちゅっ・・・。

由奈「ん・・・/////」

くちゅ

由奈「ん・・・はぁ/////」

宏光「覚悟しろよ・・・・?」

これから、誰にも邪魔されない・・・。

邪魔するやつは、由奈と俺らの前から見えないようにしてやるから・・・。

由奈をぜってぇ、離さねぇーし。

愛してるから・・・。−終わり

13:クローバー:2010/08/02(月) 20:36

やぁ!おは・こんにち・こんばんわ(・ω・)ノ
お疲れ様です!
よくぞ、ウチの読みづらい文を読んでくださいました!ww
どうでしたか?
てか、作るのめっちゃ遅くてスミマセン;;
てか、これからあんま来れないかもです;;
スミマセン;;
コメくれた人もありがとうございます!
ちょっと裏入りましたね;;最後の方に裏入りましたww
ドSみっくん☆太好き☆みっくん☆
・・・・はい((笑
それでわ(/・ω・)/

14:しずか:2011/12/15(木) 22:46

しずかでーすよろしく!
さっそくとっても読みやすかったです♪
これからもよろしく!


書き込む 最新10 サイトマップ