家庭教師ヒットマンリボーン 〜二次創作小説〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:チェリー ◆LUDE:2010/08/04(水) 00:41

日頃よくアニメや漫画で目にするリボーン。
そのキャラを自分でうごかしちゃいましょう!!!!

☆荒らしなし
☆キャラ崩壊なし(なるべく)
☆恋愛、バトル有り!!!
☆オリキャラなし
☆小説は3回まで書き込んでよし!!!

リボーン好きのあなたっ!!!
お待ちしてます☆^^

では私から・・・

ここはいつもと同じ平凡な並森。
・・・なんかではなく、
その10年後の世界である。
ミルフィオーレとボンゴレの戦争の絶えない時代のこと・・。
「こらっ!!!沢田!!!修行に集中しろっ!!!」
いつもの怒声がこだまする。
「いっつつつ・・・・」沢田・・・ことツナは今日も修行にはげんでいた。
「まだまだだね・・・」立ち去ろうとするスーツ姿の男。
もちろん、その男の名は雲雀恭弥だ。
雲のボックス兵器をしまい、足早に立ち去る。
「ま・・・待ってください!!雲雀さん!!」
ツナの声も雲雀にとどくわけもなく・・・


はい。ここからよろしくお願いします^^

2:りりか☆:2010/08/21(土) 19:19

「待ってくださいって・・・ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」
なんと、追いかけた先で急に雲雀が死んだのだった。
「い、一体どうして・・・俺、ファミリーも守れないんじゃボス失格だぁ〜」
そういうと、ツナも壁に頭を幾度も打ち付けて自殺したのである。


--------END☆


・・・でもうよくね?wスレ伸びてないし・・・

3:桐:2010/08/24(火) 15:36

END続き

獄「じゅ、十代目ぇえぇえええ!!」
山「?死体ごっこなのな?」

卒倒した雲雀と頭から血を流すツナを交互に見つめる二人。
すると、ピクッ…ピクピクッと雲雀の指が動きだしたではないか。

雲「…冗談だよ、さわd……あれ?」
獄「てめ…ってめぇなぁ…ってめぇのくだらねぇ冗談のせいで十代目が他界されちまったじゃねぇか!!!!」
山「?死体ごっこじゃないのな?」
獄「てめぇは一回黙れ野球バカ!!!」

ぎゃーぎゃーやってる3人。
その影に近づく赤ん坊の影。

?「うるせーぞ、おまえら」
獄「リボーンさん!聞いてください!!!十代目がっ十代目が…!!」

じっとツナを見つめるリボーン。そして、獄寺にこう言い放った。

リ「獄寺。テメーはボンゴレ基地にツナつれてけ。こいつは死ぬ気の炎の特殊退室だ。設定上どーこーすりゃイケんだろ」

めちゃくちゃなリボーンの提案によりツナを助ける物語が始まった…

4:匿名さん:2010/08/24(火) 19:30

リ「いや待て。どーこーすりゃイケんなら放っておくか」

END

5:クロス:2010/08/24(火) 19:44

ここは使ってないスレだよ他に似たようなのあるでしょ?

6:あえてあげるお!!:2010/11/04(木) 20:39

   _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人_
-''":::::::::::::`''>   ゆっくりしていってね!!!   <
ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´


書き込む 最新10 サイトマップ