スタークイーン〜星の輝き〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ARISU:2011/04/25(月) 17:50

初めまして。宜しくお願いします
小学生なので文章力があまり無いのですが宜しくお願いします!
+*--〜プロローグ〜--*+
あなたは知ってる?億万の星が輝いていることを。
あなたは知ってる?私達が過ごしているこの時間の中で宇宙はもっと大きくなること。たくさんの不思議がふえること。

2:ARISU:2011/04/25(月) 18:07

みんなは知ってた?太陽って熱くてとても人間が住めそうに無いこと。
私は、高橋 香菜。
小学3年生。家には大きな天文台があっていつでも星が見られるの
お父さんは、星に詳しくてお仕事の合間をぬって星のこと、宇宙のことを教えてもらっている。
薄い紫と濃い紫が混ざり合ったカーテン。
周りを金で飾っている絨毯。こげ茶色のテーブルには沢山の本が乗っている。
私は、そんなお父さんの部屋が大好き!
星好きなお父さんに似合う部屋。私は、星もお父さんも大好き!
ー4月27日ー
おはようございま〜す!
私は、元気に学校の先生に挨拶した。
いつもと変わらない日常。そう、そう思っていた……………………

ー6時間目ー
プルルルルルルルルルルル ガチャッ
職員室に一本の電話が来た。
それは、私宛ての電話………………………
はい、もしもし………………………………「あのね、香菜。落ち着いて聞いて。」
何?
お母さんの声が私の耳に響いた。どうやら凄く大変な様子だった。
「お、お父さんが…………………」
お父さんが…………?
まさかとは、思っていたけど一応聞いてみた。事故じゃないと信じて


書き込む 最新10 サイトマップ