嘘つきの恋

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:さいころ:2011/06/28(火) 20:36

初めて書くので、下手ですが…
よろしくです。

2:すばる:2011/06/28(火) 20:42

はじめまして
僕も最近書き始めましたww
お互いがんばりましょう^^

3:さいころ:2011/06/28(火) 20:51

私の言葉は、大体が嘘だった。
今思うと、どこからそうなったのかも判らないほど、私は前から嘘をついて、自分を守っていた。

中2、6月末。

私はずっと、堂々としていたふりをしていた。


スカートを短くしてみたり、髪を下ろして登校したり、私は少し、はみ出て居たかった。


そんなふうにしていたけど、実は一人は怖いと知った。


移動教室とか、着替えの時間とかトイレ…
何気ないことが、私には恐怖で、いつも誰かと一緒にいた。


ずっと小学校の時から仲のいい、美穂。

くっついてくる、大人しい実佳。

あたしたち三人は、いつも一緒だった。


美穂に好きな人ができるのは、もう数え切れないほど。

それに対して実佳は、一人の人が好きだった。

今はクラスも離れて話さなくなり、気持ちも冷めてきたと言っていたが。


あたしもそれなりに惚れっぽいほうで、隣の席、同じ委員会なんかになって、ちょっと話したりしたら「スキ」って思うことも屡々。

美穂と好きな人がかぶった、なんてこともあったが、あたしは気持ちを隠し、美穂の応援をした。

理由は簡単、
"友情"の形を壊したくなかったから。

正直に自分の気持ちを述べることで、
この保っている関係が壊れてしまうんじゃないかと、不安だった。

4:さいころ:2011/06/28(火) 20:54

かきこありがとです。
私もすばるさんの小説読んでみますね♪
がんばりましょぅ!!

5:すばる:2011/06/28(火) 21:15

えっとww僕の書いてるのはしょうみラノベなので
あまりおもしろくないですよwww^^;

6:さいころ:2011/06/28(火) 22:01

ラノベたまに読むので
大丈夫です!!
結構楽しいお話ですね♪続きが気になる…♪

私のはどちらかというと実体験なんで ォ

7:さいころ:2011/06/28(火) 22:05

つづき〜♪


でも、あたしにもやっぱり限界があるわけで…


隠しきれなくなったとき、形を変えて、伝える結果になってしまった。

8:さいころ:2011/06/28(火) 22:19

「結衣子〜!!!!おはよ!!」
朝から元気だな…美穂は…。
つられてテンションが上がる気がした。

あたしは五組、
美穂は一組。

クラスが違っても、仲良くしてられるのは嬉しい…。


窓から身を乗り出して、彼氏とプリクラとった!とノロケる美穂。

あたしは美穂の彼氏には興味なかった。

実佳も、良かったね!と喜んでいた。

あたしと実佳と美穂の話題は、最近美穂の彼氏の事ばっかり。


あたしはそれなりに告白された経験もある。
決して遅れてるわけじゃない。
ただ。…あたしは告白されても、好きじゃない人と付き合うなんて無理だと思った。


ふつふつと、言葉で言い表せない気持ちがこみ上げる。

あたしは美穂の肩にもたれかかった。


「……彼氏できた。」

気がついた時には、あたしはそうつぶやいていた。

「え?!!うっそ結衣子!!!!そーゆー事は先にいってよぉ!!!おめでと!!」

あたしの言葉を信じて、きゃっきゃとはしゃぐ美穂。
実佳にもそれを言い、二人で舞い上がっている。


でも、なんの根拠もなしにこんなこと言ったんじゃない。


あたしは最近、軽い出会い系にハマっていて、そこで高校二年の男子と知り合ってメールしてた。

冗談で
「好き」「愛してる!」なんて送りあうほど、打ち解けていた。


とても離れているとこに住んでて、会ったことなんかない。
最初にメールしたのはあたしのほう。

なんか寂しかったからかな…。

9:さいころ:2011/06/28(火) 22:24


美穂と実佳には、「同じ習い事で知り合った」って言った。

メール友達の男子とは、写メ交換もしたから…それを見せれば納得してくれるだろうな。


あたしは得意な気分になりつつ、どこかぽっかり穴が空いたような気持ちになった。

なんでこんな嘘ついちゃったんだろ…?
あたし、バカだなぁ…。

このままこのからの真実を突き通していかなくちゃいけない。

鎖を巻いたのは、あたし自身なんだから…
この手で、終わりにしなきゃ…。

10:すばる:2011/06/28(火) 22:30

小説を書いてて思ったこと・・・
けっこう時間かかるwww

11:さいころ:2011/06/29(水) 19:37

たしかにォ大変ですよねォ
ある程度文まとめて書かないと、話が続かない!!

12:さいころ:2011/06/29(水) 19:42

次の日。
なんだか気分が重かった。
どうしたらバレないかなぁとか
現実味あるように話せるかなとか、しょうもないことを考えた。

教室に入ると、いつもの楽しそうな笑い声が聞こえた。

あたしは別にこの雰囲気が嫌いなわけじゃない。
ただ、馴染めないだけ…
人と深く関わるのが苦手なあたしは、いつのまにか"上辺だけの付き合い"を覚えていた。

13:さいころ:2011/06/30(木) 23:08

「そぅいえば…結衣子の彼氏って、なんて名前???」

きたぁ。
名前かぁ…前のメル友の名前、使お。

「ぇっと!雄介、っていうの♪」

「へー雄介ねぇ♪違う学校だよね?何中?」

やべっ
高校の名前ゆったら調べられる=バレる!!!!

「ぇっと!!!定時制高校いってんの、だからバイトしてて…あんまり会えないんだぁ」

とっさにまた嘘がでる。
繰り返していくたび、私は私から遠ざかっていくような気がした。


「そっかぁ、じゃぁ習い事の日しか会えないんだね…今度写真みせてね!!」

一番厄介な…。
まあ、一枚だけあるから…それでいっか…

「プリクラとかもとるよね♪それでいいよ」

嘘…

それは無理…

「ぅ、うん…今度ね」

適当に返事をし、私はこの話題が消えるのを待った。

14:さいころ:2011/07/03(日) 19:21

暑い。。
暑い熱い厚い篤いあついあちいっ!!!!!

あたしばかじゃん本当に…。

ばかばかしい。

でも夏の空気は好き。
暑いのは死ぬほど嫌いだけど…。

15:さいころ:2011/07/03(日) 19:24

雄介かぁ…。
あたしのバーチャル彼氏………
こうやって聞くと
なんか響き良いな…。


友達がけーたい覗き込むときは、メル友の名前を編集して、雄介にかえる。

あたし、無駄にプロじゃんか…。
自分が嫌になるよ…

16:匿名さん:2011/07/05(火) 17:54

おもしろい♪

17:優海茉莉:2011/07/09(土) 11:28

すーーごくおもしろい♪

あたしもかいていいですか?

18:優海茉莉:2011/07/09(土) 11:39

かきますね・・。迷惑ならぜんぜんいってください。

題名「この気持ちに名前を」

主人公・中島 璃琴(なかじま りこ)です。

そのほか・1・谷矢 誠(たにや まこと)
     2・雨野 透夜(あめや とうや)
です。

次からかきまーす★

19:優海茉莉:2011/07/10(日) 00:53

エピローグ

この関係が壊れてほしくないの。

だから。あたしこの気持ちに気付かないふり。
してたの。

どっちも大事。

どっちも好き?。



どっちも傷つけたくない。

ずるいってわかってる。

でも。でもーーーー・・・・・


ねぇ。神様?

もし。もしもこの関係を崩さないといけないときがくる。

そのときはこの気持ちに名前を。

ください。

そして。あたしに勇気をくださいーーー・・・・

20:さいころ:2011/07/18(月) 13:47

ありがとです☆
皆さんもお話どんどん書いてくださぃ♪

21:さいころ:2011/07/18(月) 13:54

「結衣子!!!!」
「なに!!??」

びっくりしたあたしはマック○バリュで半額になった抹茶オレが鼻に入る感覚を覚えた。

「おめー彼氏いんの??!!そうゆう報告はちゃんとしろよ!!!!!」

はぁ!!!???

どこでそんな情報が漏れた???!!!

今度は抹茶オレが器官に入ってむせる。

「がはっ…げふぉっな!!!誰から聞い…げっほ」

「ちょ…むせすぎ、大丈夫???」

友達があたしを気遣う。まぁ確かにやばいむせかただけど!!!

22:しずか:2011/12/17(土) 09:01

しずかでーすよろしく♪
嘘つくとあとがたいへんですねー
おもしろかったです♪


書き込む 最新10 サイトマップ