〜アイツと私の物語〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:+。・GUMI+。・:2011/07/09(土) 21:17

どうも、GUMIと言うものです^^
初めて恋愛小説というものを書かせてもらいます!
まだまだ初心者の私ですが、あたたかく見守っていただけたら
嬉しいです!!

さてこの物語は、バカな男子に恋をもうしないと心で誓った女子の物語です。
二人はどう言う関係なのか、二人の運命なのか、そんな所が見所です^^

2:+。・GUMI+。・:2011/07/09(土) 21:34

プロローグ 〜始まり〜

私が、アイツと初めてあったのは小5の時。
隣のクラスに転校生が来た。
私はそこまで興味も無くて、その時は顔も見なかった。
アイツの顔をはっきりと見たのは親友の夏実と帰る時だった。
そこに、着いてきたのがアイツだった。
人見知りが結構激しい私はそん時は、大人しかった。
アイツの第一印象は、小柄でちょっと怖い感じがした。
でも、意外と楽しい奴だなぁ。
最初はその位しか思わなかった。

3:+。・GUMI+。・:2011/07/10(日) 21:03

2章 〜桜舞う季節に〜

6年生になった私は、クラスが書かれている廊下へ向かっていた。
夏実と同じクラスがいいな・・・・・
そんなことを考えながら見に行った。
結局の所同じクラスじゃなかった。
しかも、生憎違う階だし。
ちょっとガックリして教室に行ったけど、
新しいクラスでも、馴染めばいいし
そんな事私には関係ない。
どうせ、夏実とは一緒に帰るし。
教室に入ると、5年の時同じクラスだった子も何人かいた。
わたしはそんな子たちと喋ってその日を終えた。

4:みどりっこ kokuriko:2012/02/14(火) 20:05 ID:fFQ

もう小説はかかないのですか


書き込む 最新10 サイトマップ