☆恋愛小説☆

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ユッピン♪:2011/12/02(金) 14:52

またまたユッピン♪です!!
知ってる人もいると思います!!
よろしくお願いします^^

ここでは私が恋愛小説を書きたいと思います!!
感想、アドバイス、リクエストはたくさんください!!

あと、ルールは守ってください!!

では、よろしくお願いします!!

2:ユッピン♪:2011/12/02(金) 15:27

<第1話>

私、小橋春香(こばし はるか)高校1年生!!
友達は大橋美香(おおはし みか)!!
美香「ねぇ、春香!!
好きな人とかいないの?」
ある日美香が聞いてきた。
<好きな人>
その言葉を聞いただけで嫌になる。
春香「まだいないよ〜!!
てかいるわけないっ!!
いい男なんていないし!!」
私はキッパリとそう言った。
美香は……いるのかな?
美香「そっかぁ〜………
……私は……でき…ちゃった(////)」
ええええええ!?!?!?
美香が頬を赤くして言った。
好きな人!!?
春香「ええ!?
美香に好きな人!?
ダレダレ!?」
美香に好かれるだなんてうらやましいって思ってもいい。
美香は学校では可愛いで有名だ。
中学生の人、同じ学年の人、なんと先輩にも告られたことがある。
でも美香は私と同じで男には興味がなく、<ごめんなさい>と言い続けてきた。
その美香に好きな人だなんて!!
美香「い、今は紹介できないんだけど……
私が大切なストラップなくしちゃって探していた時に……」
<……何してんの?
探し物なら手伝う。
あんたはよけてろ。>
美香「そう言ってくれて私、いいですって断ったんだけど<俺が好きでやってるんだ>って言ったの。
そして本当に見つけちゃって。
お礼を言ったら……<もうなくすなよ>
って言って笑って……私、その笑顔を見て一瞬で好きになっちゃったの……」
美香が語り終えた。
私は聞いた。
春香「へー……
で、名前は?」
そして美香は顔を赤くしながら言う。
美香「宮野…奏多(みやの かなた)くん……」
春香「…頑張ってね、美香!!
ところでどこに住んでいるの?」
美香「えっと……それは……
……わかんないなぁ……」
美香がそう言った時だ。
キーンコーンカーンコーン……
春香&美香「あっ。」
チャイムとともに先生がはいってきた。
先生「ほら、座れー」
みんな席に着いた。
先生「えーっと……転校生を紹介する。」
ガラッ!!
???「……宮野奏多です。
よろしくお願いします」
<宮野奏多>!?
私はあわてて美香の方を見た。
美香は顔を赤く染めている。
ほっ……本人!?

        続く☆

3:ユッピン♪:2011/12/02(金) 15:28

なんか変……でしたかね?(°^°;;)

感想くれる人いませんかー!?

4:mi:2011/12/02(金) 17:24

またかきはじめたんだ〜こっちもよませてもらうね!

5:momo:2011/12/02(金) 17:26

いえ ぜんぜんへんじゃありませんよ とっても続きが気になります

6:ユッピン♪:2011/12/02(金) 17:29

mi、momo、見てくれてありがとぉ!!><
感激です(;□;)

続きはもう少しまってね><

なんかお話しよーよ!!

7:mi:2011/12/02(金) 17:49

いいよ〜♪

8:ユッピン♪:2011/12/02(金) 17:51

miはどうしてこのサイトにきたの?
<小説掲示板@葉っぱ天国>って検索したの?

9:ユッピン♪:2011/12/02(金) 17:52

miはどうしてこのサイトにきたの?
<小説掲示板@葉っぱ天国>って検索したの?

10:ユッピン♪:2011/12/02(金) 17:54

間違えて2回書き込んじゃった
ごめん!!

11:ユッピン♪:2011/12/02(金) 17:57

mi、いない(°v°)??

12:パンダ:2011/12/02(金) 18:03

ここにも侵入(≧▽≦)ゞ

13:mi:2011/12/02(金) 18:05

9<別段深い理由はないよ??
前のチャットトモダチがそんなこといってたな〜ってきただけ
いなかったけど・・・・・ 

14:ユッピン♪:2011/12/02(金) 18:30

パンダ、きてくれてありかとう♪♪^^

今日のご飯は牛丼だつた!!
大好物だよ〜☆
みんなはなんだった??

15:momo:2011/12/02(金) 18:44

わたしはシチューです 海の幸の❤ おいしかったです♪ わたしはあやかし緋扇ーもうひとつのものがたりー
に書きこんだら偶然きちゃったんです そしたら面白っくって…
ユッピン♪さん 書くの頑張ってください 楽しみにしています 

16:ユッピン♪:2011/12/02(金) 19:18

momo、ありがとう!!
あとユッピン♪でいいから!!
タメokだよ♪
私もいいよね?
てか勝手にタメになってるけど……
ま、そーゆーことでよろしく♪♪

17:mi:2011/12/02(金) 19:43

miもシチューだった^^

18:ユッピン♪:2011/12/02(金) 20:33

シチューかぁ〜………
私はあんまりシチューは好き…じゃないなぁ〜!!
カレーは大好きなんだけどねw^^

続きは明日書くのでお楽しみに☆

19:ユッピン♪:2011/12/03(土) 08:35

続き今日書きます!!
もう少しまってぇぇ〜〜><

20:ユッピン♪:2011/12/03(土) 09:09

<第2話>

ほっ……本人!?
私は美香の方を向き、<宮野奏多>を指差した。
すると美香は小さくうなずいた。
やっぱりっ……!!
美香の隣……開いてる!!
私は立った。
ガタッ!!
春香「先生!!美香の隣が開いています!!」
先生「お?そうか。
じゃあ宮野、あそこに座れ。」
奏多「……………」
美香は頬を赤くしている。
やっぱり嬉しいんだよね…!!
だけど………
ガタンッ。
春香「え?」
先生「別にそこに座んなくてもいいんだぞ?
ま、でもお前がそこに座るなら……
じゃ、もう授業始めるぞ。」
宮野奏多はもう一つ開いている私の隣の席に座った。
奏多「あんた名前は?」
小声で聞いてきた。
春香「春香だけど……なんで!?」
奏多「あ?……お前の隣がよかったから。」
美香……傷ついた顔してる……
春香「どうしよう……!?」

宮野奏多のこの一つの行動で、まさか起きるとは思わなかった。
あんなことが。

          続く☆

21:ユッピン♪:2011/12/03(土) 09:10

書けた……疲れたっ!!
第3話は多分明日か今日の夕方……です

22:ユッピン♪:2011/12/03(土) 09:32

今頃ですが私は「あやかし緋扇」で検索して、「あやかし緋扇〜もう一つの物語〜」
ってやつがあって、面白そうと思い、見るとこの掲示板にたどり着きました!!
そしてもう3つ、スレッドをたてました!!
全部見てくれたら嬉しいです♪
<好きです鈴木くん!!〜中学生 秘密の物語〜>

<オリジナル☆恋物語>
と、ここ、
<☆恋愛小説☆>
です!!^^

以上!!

23:パンダ:2011/12/03(土) 10:02

やっぱり、書くの上手いねぇ(・ω・)/

24:ユッピン♪:2011/12/03(土) 10:04

そんなことはない><
でもパンダ、ありがとう^^

25:ユッピン♪:2011/12/03(土) 17:22

続きは明日書くねー☆

26:ユッピン♪:2011/12/04(日) 14:33

ー帰り道ー
美香「……………」
美香と私の間はずっと沈黙だ。
美香……怒ってるよね。
私は汗が少したれた。
そして口をゆっくりと開く。
春香「美香……ごめんね?
えっと……宮野…奏多(?)くんの隣が……
わ、私……で……」
私は謝りながらギュッと手を握った。
美香……なんていうかな……
美香「ん、大丈夫。
だって春香が席を決めたわけじゃないじゃん!!
奏多くんが自分で座ったんだし!!
気にしなくていいよ?
私の隣あいてるって言ってくれて……ありがと。」
美香は私に怒らなかった。
それどころか<ありがと>と、お礼を言ってくれた。
……よかった……………

ー次の日ー
奏多「はよー」
クラスの女子「宮野くん♪♪おはよー!!♪♪」
学校に行くと宮野奏多はもうクラスのみんなととけこんでいる。
それどころか……モテている……
美香「ハァ……やっぱりモテてる………」
美香がポツリと言った。
そうだよね……
好きな人があんなにモテたらちょっと切ないよね………
春香「大丈夫だよ、美香っ!!
私、応援してるからさっ!!」
私は大きな声でそう言った。
するとその声に気づいて<あの人>が振り返った。
奏多「おっ、はよー、春香。
それと……え〜〜っと…………
……あ、大橋さん!!」
クラスがざわつく。
そして声が聞こえてきた。
クラスの女子「調子にのってるよねぇ!!」
クラスの女子「となりだからって名前覚えられちゃってさぁ……」
クラスの女子「意味わかんないし。
美香は名字だったんだよ?
あいつだけ名前とか……」
はぁぁぁ!?!?
文句あるなら宮野奏多に言えばいいじゃんか!!(\△/)/
奏多「あ、そうだ春香。
俺転校してきていきなり数学のノート忘れたからさ、見せてくんね?
じゃ、頼むな!!」
宮野奏多はいきなりそう言って教室をでていった。
またクラスがざわめいた。
うわ、めんどくさー……(\△/;;)
クラスの女子「ちょっとあんた調子にのりすぎ!!
宮野くんは隣だからそう言ってるだけなんだからね!?
美香可愛そうじゃん!!
ほら、こいつなんてほっといてきなよ!!」
そう美香にむかって言った。
そういえば美香はずっとうつむいたままだった。
それより……!!!!!
春香「なに!?
私を名前で呼んだのも教科書を見せてほしいって言ったのも宮野奏多じゃないの!!
文句ならあいつに言ってよね!!
そして私は調子になんかのってないわ!!
あと美香は私の友達!!!
あんたたちに言われたからってそっちに行くわけないっ!!!」
私は強く言った。
昨日だって怒ってなかったんだ。
美香ならわかってくれる。
そう思ったけど……
スッー……。
美香は私から離れ、女子の方に行ってしまった。
クラスの女子「ほら、やっぱり美香もいやだってさ!!
何が友達よ?
バーカ。」
え……美香っ……!?
……そんなー……………

          続く☆

27:ユッピン♪:2011/12/04(日) 16:40

今日と明日は忙しくてこれません!!
ごめんなさい><

28:パンダ:2011/12/05(月) 17:51

美香…かわいそうだけどひどいよ!!

29:momo:2011/12/05(月) 18:14

ユッピン♪ためokだよーヨロシク 美香… ひどいなー春香傷つくよね〜 わたしの本名が晴香だから親しみがwww

30:ユッピン♪:2011/12/05(月) 18:24

勉強とか全部終わったからきたよー☆

続きはもう少しまってね♪♪

31:ユッピン♪:2011/12/05(月) 19:17

なんで………?
私達、友達だよね?
ずっとともだ………
美香「……ずっとあんたのことうざかったのよ。
なんで……なんで春香なの!?
っ………応援するとかいいながらあんたも………
宮野くんのこと好きなんでしょ!?
……言っとくけど先に裏切ったのはあんたなんだからね。」
冷たい言葉を私に突きつけて、美香はクラスの女子のところに行った。
私だけを残してー……
キーンコーンカーンコーン…………

〜3時間目 数学〜
奏多「な、さっき言ったけど見せてくれよ」
小声で宮野奏多が私に言う。
春香「……勝手にどーぞ…………」
私と宮野奏多が喋っただけでクラスのみんなと……美香に冷たい視線をあびさせられる。
なんでこんなことになっちゃったんだろ………
奏多「……………」
キーンコーンカーンコーン………

ー昼休みー
私は誰もいない屋上に行く。
すぐにあふれてきそうな涙をこらえながら。
春香「〜〜っ!!!」
私はついにこらえていた涙を流す。
うざかったの?
美香はずっと私のことがうざかったの?
…でも信じてよ………
私は本当に応援しようと思って………
ガチャッ………
奏多「春香………ここにいた。」
宮野奏多!?
なんでここに……?
私は声もださずにただ宮野奏多を見つめた。
そして私の涙に気づいた。
奏多「なんかあったのか!?」
私が顔を隠そうとすると私の手をつかんで私の顔をジッと見た。
ドキンッー………
春香「やっ……なんでも……ないっ……!!
はなしてっ…………!!!」
顔が赤くなる。
なにこれなにこれなにこれ!?
ドキンッってなに!?
私……どうしちゃったの!?
奏多「……そうか………」
グイッ!!!!
チュッー……
…………
宮野奏多は無理やり私の唇をうばった。
奏多「……好きだ。
いきなりこんなことして……ごめん。」
ガチャッ……バタンッ!!!
そう言い残すと宮野奏多は屋上からでていった。
春香「っ………!!!!」
なんでキスするの!?
私が……好き!?
うそだうそだうそだっ……!!!!
でも……キス……いやじゃなかった……
私……もしかして…………

          続く☆

32:ユッピン♪:2011/12/05(月) 19:19

ヤバい、変になった!!
みなさんごめんなさい><

33:パンダ:2011/12/05(月) 19:40

変になんかなってないよ
上手だよ\(^_^)/

34:ユッピン♪:2011/12/05(月) 20:06

そうかな!?
ありがと、パンダ!!^^

35:ユッピン♪:2011/12/06(火) 16:03

続き今日書きます!!
もう少しまってね^^

36:ユッピン♪:2011/12/06(火) 16:33

……私……宮野奏多が……?
私がそう思った時、後ろの方で……
ガタッ!!!
音がした。
私は驚いて後ろを見る。
???「っ……!!」
え………
なんでここに!?
まさか見られた!?
春香「美香っ!!!」
私が大きな声で言うと美香は走って逃げた。
私も追いかけた。
春香「まって……まって、美香!!
っ……ごめんっ!!!」
私がそう言っても美香は止まらない。
そして階段をおりようとした美香をやっとつかまえた。
春香「美香っ……美香ごめんっ!!でもあれはっ……!!」
私が言っている時に美香が振り向いた。
美香「言い訳なんて聞きたくないっ……!!
離してっ!!!」
そして美香は私の手をふりほどき、逃げていった……
どうしよう………
私、宮野奏多が好き。
でも美香も宮野奏多が好き。
どうしたらいいの………

         続く☆

37:しずか:2011/12/06(火) 16:55

しずかでーす
よろしく

38:しずか:2011/12/06(火) 16:57

ストーリーおもしろすぎです!
これから、どうなるかきになります!

39:ユッピン♪:2011/12/06(火) 17:57

しずかさん、ありがとぉございます!!><

タメでいいですか?

40:ユッピン♪:2011/12/07(水) 17:34

キーンコーンカーンコーン…………
〜放課後〜
私は美香とも宮野奏多とは<あれから>一言も喋っていない。
私だけの足音が聞こえる。
コツ、コツ、コツ、コツ………
誰か……誰かこの迷いから助けて……?
自分のことなのに何をしたらいいのかわからない。
何を思えばいいかわからないー……
???「……はーるかっ。」
いきなり私に声をかけてきたので私はビクッとなった。
ゆっくりとふりかえると……
春香「宮野奏多……?」
私が言うと宮野奏多はニッと笑った。
そして言った。
奏多「宮野でも奏多でも好きな呼び方していーよ?
……さっきはあんなことして……ごめんな?」
<あんなこと>って……キ、キス……だよね………
謝るためにきたのかな……?
そして私はゆっくりと答える。
春香「き、気にしないで……?
み、み、み、宮野くん………」
私は思い切って<宮野くん>と呼ぶと宮野<んはフッと笑った。
奏多「ははっ、<宮野<ん>か……
ま、いっか……
……てか本当にごめん。
嫌だっただろ?」
え………?
嫌だった?
私……嫌だったっけ……………?

          続く☆

41:ユッピン♪:2011/12/08(木) 15:53

続きはまってね!!

42:ユッピン♪:2011/12/08(木) 17:20

春香「わ、私、嫌じゃなかった!!」
大きな声で言うと宮野くんは驚いている。
……あ!!つい声にだしちゃったよぉ!!
でも……私、今何て……言った……?
心臓が鳴り響く。
春香「ごごごごごごごご、ごめんっ!!!
じゃあねっ!!!」
私は恥ずかしくてさっさと帰ろうとしたけど……
ギュッ……!!
後ろから私を抱きしめてきた。
え……えええええええ!?!?
なにこれなにこれ!?
ウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソウソ!!!!!!
宮野くん……!?
やばい………!!
これじゃあ心臓何個あっても足りないよ……
奏多「……ご、ごめんっ!!!」
急に宮野くんは私から離れた。
心臓の音が聞こえちゃうよっ……!!
春香「ぜ、全然大丈夫だから謝らなくていいよ!?
謝らなくて……(////)」
私はあまりにも顔が赤くなり、言葉を失った。
その姿を見て宮野くんが見つめてきた。
春香「え……あっ……(////)」
ドックン、ドックン、ドックン………
鼓動がいつもより速くなる。
そして宮野くんは私の顔をよせた。
あー…………
優しくキスをしてきた。
なんでっ……
なん……で……………!?
春香「どうしてキスするの……?(////)」
私が聞くと宮野くんが真剣な顔をした。
そして大きな声で言う。
奏多「好きだからだよっ……!!!」
……え…………………?

          続く☆

43:ユッピン♪:2011/12/09(金) 15:10

今後悔したこと。
<オリジナル☆恋物語>
ってとこにこの話も書けばよかった……

44:ユッピン♪:2011/12/09(金) 18:17

春香「う……嘘だ……」
疑うように私は言う。
宮野くんは真剣な顔をして言う。
奏多「……嘘じゃない。」
絶対嘘だっ!!
宮野くんが私を好きになるわけないっ……!!
私は口をひらく。
春香「嘘だっ!!!!
私だけが宮野くんを好きなの……!!」
奏多「え……」
私……今何て言っ……た…………
どうしよう。宮野くんに言っちゃった!!
絶対ふられるっ……!!
私が目をギュッと閉じると宮野くんが言った。
奏多「も、もう一度言ってくれ!!!」
え………?
も、もう一度?
言うの……?
私、言うの……?
ふるのにどうして聞くの?
それでも私は言った。
春香「す…好……き……」
もしかして……笑う気?
私をバカにしたくてもう一度って言ってって言ったの?
そう思っていたけど思いがけない言葉が返ってきた。
奏多「なんだ………
……俺だけが好きだと思った。(////)」
宮野くんは顔を赤くしてそう言った。
夢……?
これは夢なの?
だってこんなに都合いいことがおこるわけな………
奏多「いっとくけど本当に好きだからな…!!(////)」
もうそれからは私は何を言ったかわからない。
ただただ、泣いて宮野くんに抱きついていた。
宮野くんは最初は焦っていたけど、少したつと抱きしめ返してくれた。
私の心は幸せでいっぱいだった。
あとのことも考えずに………

         続く☆

45:ユッピン♪:2011/12/09(金) 18:20

ちょっと変になってしまった……
ごめんね、みんな!!><

46:ユッピン♪:2011/12/10(土) 10:38

続きは今日かけるかな………??

47:ユッピン♪:2011/12/10(土) 11:03

続きは昼過ぎます……

48:mi:2011/12/10(土) 11:28

わかった^^miの小説消えちゃったから新しいの作ったんだ!!
今まで 1 自信作!!よんでみてね〜^^

49:ユッピン♪:2011/12/10(土) 13:03

もう少しで書き込みま〜す♪

50:ユッピン♪:2011/12/10(土) 13:25

〜朝 学校〜
???「ねぇねぇ聞いた!?
春香のやつと宮野くん付き合ってんだって!!」
???「ええ!?いつから!?」
???「昨日かららしいよ!!
やだぁ〜〜っ!!宮野くん〜!!」
???「遊びに決まってるよね!!
調子にのりやがって…………!!
あとでシメてやろうよ………」
ザワザワザワザワ…………

春香「(////)ドキドキ。」
宮野くんとあれから付き合うことになっちゃった……
顔あわせるの恥ずかしいかも…(////)
ガラッ!!
教室に足を踏み入れるといつもと違う気がした。
……ん?
クラスの女子「!!!!!」
私が入ってきた途端にクラスの女子達がざわつく。
え?何……この空気……………
みんな恨みをもった顔で見つめてきた。
クラスの女子「……おはよう。」
でもいつの間にかみんな笑顔だ。
あれ………?気のせいかな……
それどころか私のことをみんな無視していたのに挨拶もしてくれた。
……宮野くんはまだ来てないな……
そう思っていた時だ。
クラスの女子「春香……ごめんっ!!
私達、間違えてた!!!隣を決めたのは春香じゃないのに………
本当にごめんっ!!!」
え……!?
いきなり頭を下げられた。
わかってくれた……?
みんなわかってくれた……!!
美香「……ごめん……春香……!!
私達、友達なのにあんなことしちゃって……」
美香まで頭を下げた。
みんなと仲直りできた。
こんな嬉しいことなんてないよっ……
春香「いいの……ありがとう。
もう頭を上げて?」
私は笑顔でそう言った。
するとクラスの女子と美香は言った。
クラスの女子「ありがとう、春香。
そうだ!!あとで中庭にきてくれない?
仲直りの印ってことでいっぱいはなしたいから♪」
<仲直り>ー……
私は嬉しくなった。
よかった、誤解が解けて……
春香「うんっ!!」

         続く☆

51:ユッピン♪:2011/12/10(土) 13:26

ちょっと(いやかなり)変。

52:ユッピン♪:2011/12/10(土) 16:05

……やっぱり変だから感想はないかな!?(°^°;;)

53:nana:2011/12/10(土) 17:45

ユッピン♪ここにも来ちゃいました♪
変じゃないよ〜  私はこの話、好き〜〜
ユッピン♪これからもがんばれ〜♪

54:ユッピン♪:2011/12/10(土) 19:55

nana、ありがとう〜〜!!!><
うん、頑張る♪♪

55:ユッピン♪:2011/12/11(日) 13:18

続きもう少しで〜〜す♪♪

56:ユッピン♪:2011/12/11(日) 13:54

〜放課後 中庭〜
春香「〜〜♪♪」
鼻歌を歌いながら歩いてきた私。
そして暗闇に引き込もうとしている人達。
クラスの女子「…あ、春香!!
きてくれてありがとう♪♪」
ニコッと笑って私にお礼を言う。
私もニコッと笑う。
春香「お礼なんかいいよ♪♪」
ニコニコと笑っている。
そしてクラスの女子が言う
クラスの女子「春香さ、宮野くんと付き合ってるの??」
明るく聞いてきたので明るく返す。
春香「うん、付き合ってる♪」
そしてクラスの女子の誰かが合図をした。
そして美香が前にでる。
バシャアアアアッ!!!!!
隠し持っていたバケツに入っている水を美香が私にぶっかける。
クラスの女子「あ、何してんのぉ、美香ぁ!!
ごめんねぇ、美香、手ぇすべったんだってぇ!!」
ポタッ、ポタッ、ポタッ………
水が流れ落ちる。
美香「ごめん、春香っ!!
手がすべっちゃったの!!」
前に手をあわせて美香が言う。
春香「っ……わ、私、宮野くんと別れるからもうこんなことしないでっ……!!」
大きな声で言って美香にしがみつく。
クラスの女子「フフフ……アハハハ………………
キャーーーーッハハハハハハハッ!!!」
笑い声が響く。
私は顔を上げてニコッと笑う。
春香「……とでも言ってほしいわけ?」
クラスの女子「アハハハハハハハ……
…………!?」
笑い声が一瞬にして消えた。
みんな驚いた顔で見てくる。
春香「何が仲直りよ?
そんな嘘通じないってのに!!
あんたたちなんか信じてるわけないじゃない。
なにが仲直りよ?
バーカ。
…って私の時も言ってなかった?
<何が友達よ?
バーカ。>
って言ったの忘れただなんて言わせないわよ。
どう?気分は。
最高にいい気分?」
そして私はフッと笑って去ろうと思った。
もう信じない。
あんな人達なんか信じないっ……!!
本当はあんなこと言うのすごくつらかった。
<バカ>って言うのが。
笑ってバカにするのがつらかった。
そして友達だった人に水をかけられたあと笑って顔を上げるのはつらかった。
全部全部つらかった。
でも、こうでもしないとっ……!!
その時、後ろから声が聞こえた。
クラスの女子「うるさいっ……
うるさいうるさいうるさいっ!!!!!
クズで弱いくせに偉そうなこと言うなぁぁっ!!!!!」
ガンッ!!!!!!!

ー一方 奏多ー
奏多「用事あるってどっか行ってから帰ってこねーな……
先帰ったのか?てかどこ行ったんだ?」

宮野……く……ん……………

         続く☆

57:ユッピン♪:2011/12/11(日) 14:18

どうでしたかぁ!?
感想ください><

58:パンダ:2011/12/11(日) 15:02

まさか、春香が気づいてたとわ…

59:nana:2011/12/11(日) 15:24

クラスの女子、ひどいことするね〜

60:ユッピン♪:2011/12/11(日) 16:11

パンダ、nana、感想ありがとう^^
nana>女の嫉妬(?)は怖いんだよww

61:ユッピン♪:2011/12/11(日) 19:43

続きは明日書くね^^

62:ユッピン♪:2011/12/12(月) 15:56

続きはもう少しまってっ!!><

63:nana:2011/12/12(月) 17:02

いくらでも待つ〜♪
頑張ってユッピン♪

64:ユッピン♪:2011/12/12(月) 18:41

nana>ありがと♪^^

ではいきます!!
少し短いです……(;△;)

キーンコーンカーンコーン…………
奏多「……先帰ったか…………」

クラスの女子「ねぇやばいよどうする!?」
クラスの女子「わ、私やってないし!!」
クラスの女子「私でもないわよ!!あんたでしょ!?」
あ、みんなの声がする………
わた……し……どう……なっ…たの……?
ここ……は……ど…………こ……?
頭が痛いっ………
美香「ケンカしてる場合じゃないって!!
やばいからもう行こう!?」
美香の声………?
もう……行くって………どういうこと……?
クラスの女子「う、うん行こっ!!」
バタバタバタッ………
みんなが走っていく音。
ここはどこ?目をひらこうにもひらけない。
動けない。
そしてやっと目をひらいた。
春香「………え?」
そこはー………

         続く☆

65:ユッピン♪:2011/12/12(月) 18:42

nana>ありがと♪^^

ではいきます!!
少し短いです……(;△;)

キーンコーンカーンコーン…………
奏多「……先帰ったか…………」

クラスの女子「ねぇやばいよどうする!?」
クラスの女子「わ、私やってないし!!」
クラスの女子「私でもないわよ!!あんたでしょ!?」
あ、みんなの声がする………
わた……し……どう……なっ…たの……?
ここ……は……ど…………こ……?
頭が痛いっ………
美香「ケンカしてる場合じゃないって!!
やばいからもう行こう!?」
美香の声………?
もう……行くって………どういうこと……?
クラスの女子「う、うん行こっ!!」
バタバタバタッ………
みんなが走っていく音。
ここはどこ?目をひらこうにもひらけない。
動けない。
そしてやっと目をひらいた。
春香「………え?」
そこはー………

         続く☆

66:ユッピン♪:2011/12/12(月) 18:45

続きは明日か今日です!!
あと間違えて2つ書き込んじゃった><

実は春香がいる場所、まだ決めてないんだよねww
でもなんでかな、色々な物語すぐ思いつくんだ!!
私は思ったりしたことは、自分がこういう立場になったら……という気持ちで考えるよ☆>v•
じゃ、感想お願いします☆

67:りっこ:2011/12/12(月) 20:28

罪をお互いになすりつけあう・・・これが人間の弱さだよね・・・

68:パンダ:2011/12/12(月) 23:50

自分はやってないかぁ
よく、言っちゃうかも…

69:ユッピン♪:2011/12/13(火) 15:21

りっこ&パンダ>うん、私もそう思う!!
あとごめん!!続きは今日は無理!!><

70:姫雨:2011/12/13(火) 18:14

いれてください^^
ユッピンsのお話すごくうまくておもしろいです!

71:ユッピン♪:2011/12/13(火) 18:29

姫雨s、ありがとうございます!!^^
タメでいいですか??
私はokです!!
<姫雨>って呼ばせてもらうね♪

72:姫雨:2011/12/13(火) 18:52

ゆっぴんsタメ&呼び捨てOKですよ^^
私もユッピンって呼んでいいですか?

73:ユッピン♪:2011/12/13(火) 18:58

全然ok♪
よろしく、姫雨♪♪

続きは明日になります……

74:姫雨:2011/12/13(火) 19:50


楽しみにしてるねっ!

75:ユッピン♪:2011/12/14(水) 19:07

姫雨、みんな、楽しみにしてるとこ悪いんだけど事情があって今日は書けない><(小説)
本当にごめんっっ!!!><

76:ユッピン♪:2011/12/15(木) 13:51

春香「え………」
周りを見ると体育倉庫だった。
なんで体育倉庫に……?
どうしよう、全然思い出せない。
ズキッ!!!!!
頭が痛む。
春香「いっ………
……ってここ……どこ?」
私どこにいるんだろう……
何ここ………こんな場所知らない……
バンッ!!!!!
???「春香っ!!!」
その時、一人の男子が入ってきた。
……誰、この人………
奏多「よかった……心配した。大丈夫か?」
そして私をぎゅっと抱きしめた。
え……なんで……誰……!?
春香って誰!?
私は春香じゃないっ!!!
私の名前は……私の名前は……………
春香「あ………………」
私、なんていう名前だったっけ?

          続く☆

77:パンダ:2011/12/15(木) 16:55

何?記憶喪失?

78:ユッピン♪:2011/12/15(木) 17:23

Yes。
ってネタバラしちゃった(^^;;)
ごめん!!

79:nana:2011/12/15(木) 17:27

記憶喪失になっちゃたんだ!

続きが楽しみ〜♪

80:ユッピン♪:2011/12/15(木) 19:27

もういいや!!
バラしちゃえっ!!
nana、そうだよ!!
続き楽しみにしててね(^^)

81:しずか:2011/12/15(木) 20:45

あ〜あ はやく、みたい

82:nana:2011/12/15(木) 20:48

楽しみにしてるね〜♪
頑張ってね〜♪ユッピン♪

83:しずか:2011/12/15(木) 22:14

がんばれ!
ユッピン!

84:しずか:2011/12/15(木) 22:15

頑張れユッピン!

85:しずか:2011/12/15(木) 22:21

頑張れユッピン!
応援しています♪

86:ユッピン♪:2011/12/16(金) 15:26

nana&しずか>ありがとう(^^)

87:ユッピン♪:2011/12/16(金) 20:53

続きは明日か明後日!!

88:姫雨:2011/12/16(金) 21:07

ゆっぴん続きちょー楽しみ♪
これからもがんばってね^^

89:しずか:2011/12/16(金) 22:04

nanaさきよみすぎ!
楽しみにまとうよ♪
ゆっぴんがんば♪

90:nana:2011/12/16(金) 22:55

じゃあ楽しみにまってる〜

ユッピン♪頑張ってね〜

91:ユッピン♪:2011/12/17(土) 10:18

みんなありがとぉぉ〜〜!!><

92:ユッピン♪:2011/12/17(土) 11:32

続きはもう少し(^^)

93:ユッピン♪:2011/12/17(土) 11:43

春香「私、なんていう名前……?」
どうしよう、思い出せない。
私、誰だっけ。この世にいたっけ。
そして目の前にいる男の人は誰……?
奏多「え……春香!?」
え……?春香って誰?
私じゃないよね。
私の後ろとかに誰かいたっけ。
春香「…あなた、誰?」
私が言うと男の人は驚いている。
そして一瞬、傷ついた顔をした。
奏多「俺は……奏多だよっ……!!
宮野奏多だよ…!!覚えてないのか!?
春香っ……!!!!」
この人は必死で私に伝えているけど全然わかんない。
思い出せない。私、誰なの……!?
ズキンッ……!!
春香「いっ……!!」
また頭が痛んだ。
痛いっ……痛いっ……痛いっ……!!
頭をカナヅチでたたかれたみたい。
奏多「お、おい、春香っ!!!!!」
グラッ……
バタンッ!!!!!

         続く☆

94:nana:2011/12/17(土) 12:13

続きがすごく気になる〜
続きは、いつになる???????

95:ユッピン♪:2011/12/17(土) 12:43

感想、ありがとう!!(^^)

続きは明日か明後日!!
明日になる確率70%
明後日になる確率30%
だよ☆

96:パンダ:2011/12/17(土) 12:54

頑張れ!!春香!!思い出して!!

97:ユッピン♪:2011/12/17(土) 13:05

パンダ>そのとおりだ!!(^^)ww

98:momo:2011/12/17(土) 13:56

思い出してー春香!がんばれがんばれ春香

99:ユッピン♪:2011/12/17(土) 14:46

momo>応援団……?(°^°;;)

100:ユッピン♪:2011/12/17(土) 14:46

100GET

101:ユッピン♪:2011/12/17(土) 19:08

誰かいない??(/△\;;)

102:nana:2011/12/17(土) 19:13

100GETおめでと〜

103:モコモコ:2011/12/17(土) 19:14

はいっていい・・・かな・・・?

104:ユッピン♪:2011/12/17(土) 19:16

nana→ありがとうww(^^)

モコモコs→初めまして!!
入っていいですよ。大歓迎です(^^)
タメ&呼び捨てでいい??

105:パンダ:2011/12/17(土) 19:26

100getおめでとうv(^-^)v

106:ユッピン♪:2011/12/17(土) 20:04

ありがと^^

107:ユッピン♪:2011/12/18(日) 09:32

続きは昼過ぎるから!!

108:パンダ:2011/12/18(日) 12:12

もぅ、昼過ぎてるぞ!!(≧▽≦)ゞ

109:ユッピン♪:2011/12/18(日) 17:26

パンダ>ごめん!!><

???「春香っ!!春香ぁぁっ!!!」
???「春香……っ!!!」
あれ……誰の声だろ………
私はゆっくりと目を開けた。
春香「ん…………」
目の前には大人の女の人と男の人。
それに……さっき見た高校生ぐらいの男の人。
みんな知らない……………誰だろ……
???「春香ぁっ!!!よかった………
……覚えてないでしょ?お医者さんから聞いたわ。
強く頭を打って……記憶喪失らしいの……」
見知らぬ女の人が説明する。
記憶……喪失…………?
だから私は何も覚えてないの………?
???「私はあなたのお母さんよ。
そしてあなたは小橋春香。」
私の……お母さん………?
じゃあ隣にいるのはお父さん…………?
そして私は……小橋……春香……?
奏多「俺は、お前の彼氏だよ……
わかるか………?」
彼氏………?
私、彼氏いたんだ………
この人は確かさっき名前言ってたな……
宮野……奏多………さん。
春香「……ごめんなさい、思い出せないです……」
春香の母「いいのよ。記憶喪失だからしょうがないの………
覚えてないならこれから色々教えてあげるわ。
いつか思い出せると思うから………」
いつか……思い出せる………………
じゃあそれまではこの人達と生きていこう……

          続く☆

110:パンダ:2011/12/18(日) 17:37

あやまるんじゃない(^_^)v
頑張れ!!!!!!!!!春香!!!!!!!!!

111:ユッピン♪:2011/12/18(日) 17:52

私も思う〜〜(^^)
今回も見てくれてありがと♪

112:ユッピン♪:2011/12/18(日) 17:58

あっ。111だって〜!!↑↑
1が3つそろってる!!(°△°)/

113:nana:2011/12/18(日) 18:07

私も『頑張れ!!春香!!』と思う〜♪

続き書くの頑張れ〜ユッピン♪

114:ユッピン♪:2011/12/18(日) 18:45

nana、ありがとぉ〜♪♪

115:ユッピン♪:2011/12/19(月) 17:49

続きは明日か明後日で〜す♪
ちょっと毎日書いてたので疲れちゃって(^^;;)
ごめんね、みんなぁっ!!><

116:ユッピン♪:2011/12/20(火) 09:47

春香「………私は春……香………」
だんだん私は名前を覚えてきた。
彼氏が宮野奏多さん。
お母さんが小橋明日香(こばし あすか)。
お父さんが小橋晃(こばし あきら)……
まだ病院にいる。
記憶が戻ったら退院出来るらしい。
奏多「はーるか?何考えてんだよ。
ほら、ご飯食べろ。」
そういえば今はご飯の時間だった……
春香「あ、は、はい。」
覚えてないから緊張するな………
そう思っていると、宮野奏多さんが笑った。
奏多「はははっ……!!!
敬語じゃなくていいって(^^)
本当に愛いな、春香は。」
可愛い!?
なにこれ、ドキドキするっ!!!!(////)
名前よばれただけでもドキドキするなんて……
春香「か、からかわないで下さい、宮野…さん。」
奏多「彼氏って言ってるだろ?
奏多でいいって」
か、奏多!?
いきなり呼び捨ては恥ずかしい…(////)
春香「か、か、か、か、奏多……さん(////)」
あっ!!<さん>づけしちゃった………
奏多「だからさんづけしなくていいって(^^)」
そうして奏多さんはニコッと笑った。
キュウウウン……………
胸が鳴る。
これが………もしかして………
その時だ。
ズキンッ!!!!
頭が痛くなる。
ちょうどお見舞いにきたお母さんとお父さんが言う。
そして奏多さんも。
春香のお母さん「は、春香っ!?」
春香のお父さん「大丈夫か!?」
奏多「春香ぁぁっ………!!!!!!」
目の前が真っ暗になった。

          続く☆

117:nana:2011/12/20(火) 17:22

え・・・
春香どうなったの〜

続きがきになる♪

118:ユッピン♪:2011/12/20(火) 17:24

nana、感想ありがとう♪♪
それは多分、次回でわかる!

119:しずか:2011/12/21(水) 14:56

次回でいろんなことが
判明しそうだね♪早く見た〜イ
頑張れユッピン♪

120:ユッピン♪:2011/12/21(水) 15:36

感想ありがとう、しずか!!!(^^)
続きは今日か明日です(^^)

121:ユッピン♪:2011/12/21(水) 15:53

あ、続き今日書けそう……(°△°)/
もう少しまってねぇ♪(^3^)ノ

122:nana:2011/12/21(水) 16:05

ユッピン♪頑張って!!

続きたのしみにしてるね♪

123:♪リボン♪:2011/12/21(水) 16:16

ユッピンきたおー

124:ユッピン♪:2011/12/21(水) 16:31

nana>ありがと♪

リボン>来てくれたの!?
ありがとう!!!!(^^)
小説はどうだったかな???
やっぱりリボンにはかなわないよね><
あ、よかったら<オリジナル☆恋物語>
ってやつも見てね(^^)

125:♪リボン♪:2011/12/21(水) 16:59

実はまだここの小説は、読んでないんだ・・・
オリジナルは、読んでたけど・・・

126:ユッピン♪:2011/12/21(水) 17:04

あ、そうなんだ。

あとリボンがたてたスレッド、<とんでもない初恋>ってやつ見たんだけど……
私がここで書いてる話とかぶった。
好きな人を聞いたりしたとことか……
おんなじ人を好きになってるとか……
ちょっとショボン↓↓(/△\)

127:momo:2011/12/21(水) 17:07

おひさー
春香どうなったのーうーん、続きが気になる…
99のときのユッピン♪わたしの頭の中のイメージはそれだったのーー

128:ユッピン♪:2011/12/21(水) 17:19

momo→あ、本当??(^^)

続き↓↓

看護師「先生、急いでくださいっ!!」

ーそしてー
先生が見終わると
<異常はないと思う>
と言って病室をでた。
奏多「……春香、大丈夫か?」
春香が目を覚ますと奏多が聞いた。
春香「あ、お母さん、お父さんっ!!
どうしたの?そんな心配な顔をして。」
奏多「…………え?」
さっきと違う春香に奏多は驚いた。
春香の母と父も驚いている。
春香「あれ………あなた誰?
お母さん、お父さん、なんでかな。
高校生の時の記憶がない。
ていうか私、高校生になったの?」
どうしたんだろう、お父さんもお母さんも驚いて。
春香のお母さん「……あなたはもう高校生になったのよ!?」
そうなんだ……………
でも記憶が………
高校生のことが思い出せない。
奏多「っ…………!!!!」
奏多は悔しそうな顔をした。
当たり前だ。
     また春香の記憶から消されてしまったから。

         続く☆

129:パンダ:2011/12/21(水) 18:07

かわいそう…奏多…
でも、あとちょっと!春香!!頑張れ!!!

130:momo:2011/12/21(水) 18:16

またきえちゃったのかあー
でもがんばれー春香!

131:ユッピン♪:2011/12/21(水) 18:37

感想ありがとう!!!!
続きは明日書けると思う(^^)

132:ユッピン♪:2011/12/22(木) 11:44

続きはもう少しでぇ〜す♪

133:ユッピン♪:2011/12/22(木) 13:07

病院の先生「……どうやら高校生の記憶だけが消えてしまったみたいですね……」
奏多「くそっ…………!!!」
なんでまた忘れるんだよ……?
どうしてよりによって高校生の記憶だけねぇんだよ?
病院の先生「……きっと思い出したくないことがあるからだと思います。」
春香のお母さん「そんなっ………」
春香のお父さん「でも私達のことは思い出してくれたな…」
〜病室〜
私どうしちゃったんだろ…………
なんで高校生のこと覚えてないのかな。
その時…………
ガラッ!!
奏多「はーるかっ。大丈夫か?」
あ、さっきの人……………
………ズキンッ!!!!!!
春香「いっ!!」
頭に一瞬思い浮かんだ。
私、前にもこの人に<はーるかっ>って
名前を呼ばれたことがある…………?
でも思い出せない。
でもすぐに頭の痛みはなくなった。
変だなぁ………………
奏多「お前、俺の名前覚えてるか?」
名前…………覚えてない。
誰だっけぇ…………
ズキンッ!!!!!
また痛みがきた。
そしてまた一瞬、頭の中に浮かんだ。
<俺の名前は宮野奏多。>
そして痛みが消えた。
奏多「俺の名前は…………」
この……人の名前……は………………
私は口を開いてその人の方を見る。
奏多&春香「宮野奏多。」
奏多「え………?お前、俺の名前…………」
驚いた顔で見てくる。
ああ、なんとなく頭に思い浮かんできた。
私、前にもこの人と会ったことある………

          続く☆

134:パンダ:2011/12/22(木) 13:50

あとちょっと!!
頑張れ!春香!!!!!!

135:ユッピン♪:2011/12/22(木) 15:09

だよね、だよねっ!!!><
感想ありがとう!!

136:ユッピン♪:2011/12/22(木) 18:05

続きは明日です!!(>v<)

137:ユッピン♪:2011/12/23(金) 11:56

続きはもう少しまってぇぇ!!><

138:ユッピン♪:2011/12/24(土) 09:27

昨日小説書けなくてごめん><

今日の私↓↓↓↓↓↓↓↓
今から勉強→でかける→帰ってくる→続きを書く
と、いうふうになりま〜す!!

139:ユッピン♪:2011/12/24(土) 16:30

ドキン、ドキン、ドキン……………
私、この人に会ったことがある……?
奏多「え……春香!?覚えてるのか!?」
私の肩をつかみ叫ぶ。
ズキン、ズキン、ズキンッ………
どうしよう、思い出そうとすると頭が痛くなる。
<はーるかっ。>
頭?中で声が聞こえた。
この人と……同じ声……………?
<春香。>
何度も名前を呼んでいる。
……………どうしよう………………
涙が止まらない。

         続く☆

140:ユッピン♪:2011/12/24(土) 16:56

うっわ、短いね……(°^°;;)
ごめん……………!!!><

ところで春香、もう少しで思い出せそうな予感でしょぉ(^^)

141:ユッピン♪:2011/12/24(土) 20:40

やっぱり変かな><

142:パンダ:2011/12/25(日) 00:15

短くても、ユッピンは上手だからOK♪

143:ユッピン♪:2011/12/25(日) 11:21

ありがとう、パンダぁ!!(;△;)

144:ユッピン♪:2011/12/25(日) 16:19

奏多「は、春香っ!!覚えてるのか!?」
宮野奏多って人は私の肩をつかんで必死に聞く。
覚えてないっ……!!!!
なのになんでさっきから涙が止まらないの?
春香「私っ……はっ………………」
ド、クンッ。
心臓がなった。
ギュウウウウウウウウ………………
すると私の胸が激しく痛んだ。
な……にが……起こって……るの!?
痛い。痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!
苦しいよぉ…………
何?この痛み。
痛くて痛くてたまらない。
奏多「春香!!!!」
宮野奏多って人は慌ててボタンを押す。
ビーッビーッビーッ
何度もグイグイと押した。
そのボタンを押すと看護師さんが来てくれる。
春香「痛……いっ…………」
痛い………なんでこんなに痛いの?
私……どうしちゃったの?
奏多「っ…………………
………………もう苦しんでほしくないんだ。
ごめん、春香。
俺が痛みを変わってあげられればいいのにっ………!!!」
強く言った。
ごめん…………なさい………………………
あ……この人とは……………付き合っていて………
付き合ってるのがバレて…………………
いじめ……られて…………………
クラスの女子になにかで頭を打たれて……
記憶が………………………………
あ、思い……出せた…………?
でも……意識が……遠の……く……………

          続く☆

145:パンダ:2011/12/25(日) 18:42

思い出せたのにぃ(;_;)
大丈夫かなぁ?春香

146:メル:2011/12/25(日) 19:08

はじめましてメルです
よろしくおねがいします

147:ユッピン♪:2011/12/25(日) 19:15

パンダ>それは次回でわかると思う!!

メルs>初めまして!!
タメ&呼び捨てでいいですか??

148:ユッピン♪:2011/12/26(月) 10:00

続きはちょっと遅くなる><

149:ユッピン♪:2011/12/26(月) 17:40

書き込みエラー連発ぅぅ〜〜〜〜><
書く気なくした………

150:ユッピン♪:2011/12/26(月) 19:19

続きは明後日かなぁ??

151:ユッピン♪:2011/12/27(火) 08:43

誰かいない?(;△;)
もう誰も来てくれないのかなぁ〜?(;^;)

152:メル:2011/12/27(火) 11:19

タメでいいですよ〜
いつも続きたのしみです♪
続きがんばってください

153:ユッピン♪:2011/12/27(火) 12:09

メル>ありがとう〜♪♪
ねぇ、メルって<カイル>?

154:ゆい:2011/12/27(火) 21:53

ユッピンさん!ゆいです!やっぱり小説おもしろいです

155:メル:2011/12/28(水) 10:03

ユッピンさん・・・ そうですよ カイルですよ
なぜわかったんですか? すごいです

156:ユア:2012/01/29(日) 23:07 ID:kr6

勝手にごめんなさい
でも、書かないんですか?
気になって!
応援してます

157:UME!!:2012/04/10(火) 00:01 ID:mHQ

入れて〜(ÓwÒ)
おもしろそうだな〜って思うトコって、
いつもユッピン♪だよ☆
かんぺきだぁ〜(òvó)dグッジョブww

158:おっこ kuromomomajosan@yahoo.co.jp:2012/04/19(木) 20:23 ID:GiI

いれてくださ〜い♪
いつもユッピン♪さんの小説見てます!
小説がんばって!

159:・・・。 ・・・?:2013/02/07(木) 17:44 ID:hSE

がんばって下さい

160:りり:2013/02/07(木) 17:53 ID:KXo

りりです。


ユッピンさん、覚えてますか?

相変わらず、小説、上手ですね^^

書き方変わりました?

161:夏菜子:2013/12/07(土) 21:54 ID:W.k

入れてくださいっ!
私、ユッピン♪さんのファンです⭐︎


書き込む 最新10 サイトマップ