・・・『いじめ』なんか!・・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:リボン:2011/12/17(土) 10:09

どうもリボンです!
初めて小説を書きます!
コメントくれたら嬉しいです

↓(主な登場人物)↓

春星 桜 (はるせい さくら)主人公 いじめられっ子。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮澤 真理亜 (みやざわ まりあ)桜をいじめている
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
久野 葉月 (くの はづき)真理亜といじめ仲間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
八並 愛佳 (やなみ あいか)桜と親友

!ルール!
・悪口はやめてください
・荒らしは来ないでください

2:モコモコ:2011/12/17(土) 11:12

初めまして!私いじめ系の小説好きです!
どんどん書いて下さい!

3:モコモコ:2011/12/17(土) 11:13

初めまして!私いじめ系の小説好きです!
どんどん書いて下さい!

4:リボン:2011/12/17(土) 13:52

第一話 いじめられっ子桜

パシャァァ
桜『・・・。』
桜に大量な水がかかった。
真理亜『うふふっ!なに?無言?』
真理亜はえらそうに言った
桜『もうやめてよ!』
葉月『は?やめるわけないじゃない』
意地悪そうに葉月は、にらんだ

愛佳『も、もうやめてあげてよ!』
愛佳は怖そうに真理亜たちに言った。
桜『もういいよ・・・。愛佳私の事は構わないで』
愛佳は涙を流しながらどこかへ行ってしまった。

真理亜『あーら親友にも裏切られたの?』
桜『ち、違う!』
桜わ真剣に言った。
桜『もういいからやめてよ・・・。』
真理亜『はぁ?あの事を私は今でも忘れないわ!
このくそ桜』
ばこん!
真理亜は桜をけり飛ばした。
桜『キャぁぁッぁ』
どかん
桜は机にぶつかった

そう・・・真理亜が言っているあの事とは・・・
スゴイ大事件だったのです。

5:リボン:2011/12/17(土) 13:53

モコモコs
ありがとうございます!
読んでくれると嬉しいです

6:ユッピン♪:2011/12/17(土) 13:55

面白いです!!
リボンさん、頑張ってください!!
続き楽しみにしてます(^^)

7:モコモコ:2011/12/17(土) 15:11

次が気になる〜

8:@:2011/12/17(土) 15:17

今日の6時ぐらいに書きます

9:☆りぼん☆:2011/12/17(土) 15:17

@は、わたしです

10:☆りぼん☆:2011/12/17(土) 15:39

ユッピンs
どうもありがとうございます!
こんな下手れ小説に来てくれて・・・
またコメントください♪

モコモコs
コメント待たしてくれてどうもありがたいです!
続きを楽しみにしていてくださいね

11:ユッピン♪:2011/12/17(土) 16:05

ヘタじゃないです!!(^^)
これからも頑張ってください!!
続き楽しみにしてます(^^)

12:☆りぼん☆:2011/12/17(土) 16:06

じゃ いまかきます!

13:☆りぼん☆:2011/12/17(土) 16:15

第2話 大事件とは
1年前のこと
桜『それでねそれでね〜』
愛佳『うんうん!』
愛佳と桜は急な階段で歩きながらしゃべっていた。
桜『あとでテニス場行かない?』
愛佳『うんそうしましょう』
桜は調子に乗ってかばんをラケットのように振り回していた。


ばたばたばたばたごろん
葉月『真理亜!!!!!!!』
葉月は叫んだ
真理亜は階段の下で倒れこんでいた
頭からは、血が出ていた。
桜は驚いた。なぜなら自分のかばんが当たったかもしれないからだ。
真理亜は意識はあった。
そして桜をにらみ返した。
桜はゾクッとした。
真理亜(桜めぇ・・・許さない・・・いじめてやる・・・)

桜『だからズット謝ってるじゃない!』
真理亜『はぁ?人の恨み・痛みが判らないくせに
よくそんなこと言えるな?』
葉月『あ!良いとこにバットがある!』
桜『いやぁぁぁそれはいやぁぁ』

14:しずか:2011/12/17(土) 17:02

しずかでーすよろしく!
さっそく、このストーリおもしろーい
でもわたしは、「いじめ」にあったことがないので
本当の怖さがわからないけど怖いと思う{^・^}

15:☆りぼん☆:2011/12/17(土) 18:18

しずかs
はい、実は私もいじめられたことないんで・・・
でもそのいじめられてる気持ちと
いじめている気持ちになって書いています!
またコメントください

16:☆りぼん☆:2011/12/17(土) 18:30

第3話 心のケガ

ぱんぱん
真理亜が怖い顔して
バットを持ち地面を叩いた
桜『も、もうやめて・・くださ・・イ』
桜の目は、涙でいっぱいだった
手にはロープで巻かれ
足もロープで巻かれていた。
真理亜『はぁ?あんたばかぁ?やめるわけないじゃん!』
葉月『あははは〜ちょーうける!真理亜わル〜い』

そして真理亜は、バットを振り上げたその時だった!
ばこぉんっっっ!!!

桜(あれ?い、いたくない・・・な、なんで?)
桜は、目を開けた。驚きの衝撃だった
桜の頭は、真っ白。なぜなら愛佳が血だらけだからだ。

桜『あ、愛佳・・・・』
桜は、ロープをちぎった。
すぐ愛佳のもとに駆け出した。
桜『愛佳!愛佳!』
桜は必死に言った。
愛佳は、息をしていた。
愛佳『さ、桜ちゃん・・・だ・・・い・・じょう・・・ぶ?』
愛佳は、いたいのを我慢して言った。
真理亜『な、なんで愛佳が?』
葉月『に、逃げよう!』
ふたりは、バットを投げどこかへ走りさって言った
桜はけがをしてないが大きなけがをしてしまった。
心のけがをしてしまった。いじめられている悲しい心より
より深い傷が出来てしまった。

桜は愛佳を、おぶって病院に駆け出した。
桜が待合室で待っていた。
診察室のドアが開いた。

愛佳が出て来た。頭に包帯を巻いて。

17:ユッピン♪:2011/12/17(土) 19:03

面白かった!!
続き楽しみ!!^^
頑張って♪

18:モコモコ:2011/12/17(土) 19:17

私、いじめられてるから、
桜とかの気持ちが分かる〜

19:nana:2011/12/17(土) 19:43

こんばんは♪nanaといいます〜
ユッピン♪さんは私のこと知ってるよね♪
いじめ系の話好きなんです!
これからよろしくお願いします♪♪

20:しずか:2011/12/17(土) 19:48

リボン、イジメル気持ちいじめられる気持ちになってがんばれ!

21:☆りぼん☆:2011/12/17(土) 22:19

ユッピンs
ありがとうございます!
明日か明後日書きますので
楽しみに待って下さい!コメントいつもありがとう!

モコモコs
いじめられてたんですか・・・
でも桜ちゃんの気持ちが判るなんて素敵です
人の気持ちがわかる人はすごいね!

nanas
はじめまして!
りぼんです!よろしく!これからもどんどん
書きますので見て行って下さい!

しずかs
そんな感動的なコメントありがとうございます。
私も頑張るのでしずかsも
勉強やいろんなことを頑張ってください!

22:☆りぼん☆:2011/12/17(土) 22:32

第四話 いじめの日々
愛佳『桜ちゃん!おはよう』
愛佳は、何もなかったように私にニコニコした顔で
あいさつした。私は、胸が痛かった。
桜『・・・おはよう。』
桜は、少ししんぱいそうな顔して言った。
愛佳『昨日のことは心配しないでね・・・』
愛佳は、ほほ笑んだ。
桜『で、でも・・・』
愛佳『何言ってるの?私からた助けたんじゃない
自業自得よ!』
愛佳は、やさしく言った。
桜『うん・・・』
下駄箱に言ってシューズをはき替えた。
何やら紙が落ちて来た。
桜は紙を開いた
(桜へ 死ね ぶす きえろ 学校くんな
うざい バカ のちま真理亜・葉月より)
桜『・・・・。』
愛佳『大丈夫?』
桜『うん・・・慣れてる・・』
教室に入った。
机にも引出しにも死ねやブスなどかかれていた。
桜(もういや・・・死にたい・・・しにたい・・・
そうだ!屋上から飛び降りよう)
桜は屋上に駆け出した

23:しずか:2011/12/17(土) 22:40

勉強、頑張ります!
リボンさんも、がんばって小説をかいてください!つづきまってます!!

24:nana:2011/12/17(土) 22:46

桜 かわいそう・・・・

本当に飛び降りるのかすごくきになります〜
続き書くの頑張って下さい〜

25:ユッピン♪:2011/12/18(日) 09:38

りぼんs、タメ&呼び捨てでいいでしょうか?
あと続きとっても楽しみです!!
頑張ってください!!(^^)

26:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 12:14

>しずかs
ハイ頑張ります!
小説も勉強もがんばります!

>nanas
続きをお楽しみ♪
桜ちゃんどうなるんでしょうね・・・

>ユッピンs
Ok!です。
続き頑張ります!

27:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 12:39

第五話 生きるか 死ぬか

桜『ハぁ…はぁ…はぁ』
桜の息はキレていた。
バタァン
桜は屋上のドアを開けた。
桜『みんなさようなら・・・これで私も楽になれる』
桜は目をつぶった。
そして屋上から・・・



                    飛び降りた。

ぷーぷーぷー
桜(あれ?コ、ココは?)
桜はパッと目を開けた
病室だった。頭には、包帯。
左手と右足は骨折。

なんで?なんで?死にたかったのに・・・。
桜のお母さん『桜なんで飛び降りようとしたの?』
桜のお母さんは、泣きながら言った

桜『う、ううん足が滑っただけよ!』
桜のお母さん『もう!心配させて・・・』
桜はいじめられてることを言わず嘘をついた。
さくらは1ヶ月病室で入院した。

28:nana:2011/12/18(日) 13:20

桜 飛び降りたんだぁ
リボンさん続き楽しみにしてます!

29:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 13:26

>nanas
はい・・・飛び降りました・・・
いじめとは相当つらいもんだと思います・・・
続き今書きます!

30:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 13:36

第六話 苦しみ

キーンコーンカーンコーン
真理亜『あーらもう担任したの?』
真理亜が言った。
桜『・・・。』
桜は、下を向いて無言のままだった。
真理亜『あんた屋上から飛び降りたんでしょ?バカみたい!
だからって私のせいにしないでよぉ?』
葉月『私たち退屈だったわあんたいなかったんだもの』
ふたりは、いやがらせのように攻めた。
愛佳『ちょ、ちょと二人とも!』
葉月『うるさいわね!』
葉月は愛佳をけった。
桜『もう、けらないでよ愛佳を』
桜は、涙をこらえながら二人に言った。
真理亜『あーもうこな話はおしまい。ずいぶんあんた入院中
休んだからもういいわよネいじめても』
葉月『私たちあんたが入院中 計画立てたの・・・』
桜『な、なんのよ?』
桜の胸はずきずきした。
真理亜『当然あんたのいじめよ!すごいでしょ?
ウふふふっおほっほっほ〜』
葉月『良い気まだわ! マジ受けるし』
愛佳『な、なんの計画なのよ?』
愛佳は、手をぐっと握り見め言った。
桜は、怖かった。またあんなひどいいじめが始まるのが。
真理亜『うふっその計画は・・・』

31:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 15:04

第七話 計画

真理亜『うふっ その計画は・・・』
真理亜はあやしい顔して言った。
葉月『真理亜〜言っちゃだめよ〜』
真理亜『そうね〜言ったらなにするかわからないわ』
葉月と真理亜はにやにやと笑った。
桜は全身体が震え顔が真っ青になった。
愛佳『大丈夫だよ・・・私が守るから・・・』
愛佳はやさしく言った。でも本当は、愛かも怖くて仕方が
なかった。
キーンコーンカーンコーン
桜『次ぎ体育だよ愛佳行こう・・・』
愛佳『うん』
真理亜・葉月『ンフフふっ』

先生『じゃあ今日は跳び箱をするぞ―
マットとたび箱を出せー』
そして準備が終わった。そして体育も終わった。
そして今日は桜が跳び箱をかたずける日だった。
この学校はかたずけ当番というのがある。そして今日は桜というわけだ。
そして倉庫でかたずけが終わった時


バンッ  ガチャ・・・
桜『え?な、なんだろうさっきの』
そしてでようと思ったが外からカギがかかっていた。
真理亜『放課後に出してあげるわ〜』
葉月『も〜う真理亜ってホントわル〜い』
二人は、笑いながら体育館を出た。

桜は暗闇の中一人で泣いていた。
お腹もすいてる。給食もまだ食べずに
暗闇の中放課後がくるのを待った。
キーンコーンカーンコーン
桜『あ!下校のチャイム!』
ガチャッ
桜『あ、あいた!』
桜は安心した。だが、
葉月『まだこれで終わると思った?』
真理亜『次ぎは、あんたを殴るわ』
葉月『あ〜ちょ〜ストレス発散になる〜』
ばこんっ  どんっ  がんっ 
桜の顔や体は傷と血でいっぱいになった。
真理亜『さ―て次わ〜』

32:ユッピン♪:2011/12/18(日) 17:32

うわっ……本当にいじめって怖っ!!><

でもりぼん、すごいね!!
面白い!!続き楽しみ^^

33:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 17:56

>ユッピンs
いじめって怖いですよね・・・
この小説を作ったわけは、世の中には
こんないじめがある。その気持ちになって
読んでほしいと思ったからです。
続き近いうちに書いときます!

34:ユッピン♪:2011/12/18(日) 18:00

うん、頑張れりぼん!!
続き楽しみにしてる♪

あとりぼんもタメ&呼び捨てでいいんだよ??(°^°)

35:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 18:03

あ!わすれてたww

じゃあ今書きます!

36:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 18:16

第八話 

真理亜『次ぎは、ね・・・』
葉月『続きは、明日にしない?』
真理亜『そうね〜あ!そうだぁ〜』
真理亜たちは、また何かたくらんだ。
桜『も、もういいからっ』

真理亜『私おなかすいたわ〜コンビニで
アイスとサンドイッチとお茶買って〜』
葉月『私もおなかすいた〜ピーチジュースと
パンとゼリー買って〜』

桜『い、いやだぁーー』
桜は泣き叫んだ。桜の今持っているお金は、
3000円葉月と真理亜が頼んだもので
1000円は、絶対する。
真理亜『さ、コンビに行くわよ!』
結局コンビニにつれて行かれた。
店員『サンドイッチ183円ピーチジュース120円お茶95円
ゼリー147円メロンパン152円チョコアイス200円で
802円でーす。』
桜『・・・。』
桜は、黙って1000円をレジにおいた。
店員『1000円で198円のお釣りです。
ありがとうございました―』
真理亜『じゃ、また明日〜』
葉月『明日お楽しみにしててね〜』
真理亜と葉月は薄暗い電灯の中食べ物を食べながら
かえって行った
桜の手にはくしゃくしゃのレシートと198円のご銭が
握りしめてあった。

37:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 18:19

桜ちゃんたちは
中学2年の14歳です。

38:☆りぼん☆:2011/12/18(日) 18:32

小学生お絵描き掲示板と調べてみてください!
桜ちゃんたちを書いてます!
パフェでいます!

ツインテールが桜ちゃん
パーマが真理亜
ストレートが愛佳ちゃん
横でくくってるのが葉月

39:ユッピン♪:2011/12/19(月) 15:44

りぼん、今日続き書けそう??(°v°)

40:♪リボン♪:2011/12/19(月) 17:12

うん書ける!

41:♪リボン♪:2011/12/19(月) 17:25

第九話 学校なんか!

チュンチュンチュ
スズメが鳴いて朝を迎えた。
桜『もう朝か・・・』
桜はため息をついて言った。
桜(学校休みたいな・・・・熱でも出たらいいのに・・・)
そして桜はベットから降りた。
桜はフッと頭に思いついた。
桜(今は、冬。カイロがあったはず・・・)
そして桜は、引出しをごそごそ探した。
桜『あった―』
桜はカイロを脇にあてて体温計で測った。
ピピーピピーピピー
体温計の音が鳴った。38度4分
桜(よしこれで学校が休める!)
そして階段を降りリビングに駆け付けた。
桜『おかぁさ・・・ん ごほぉ  ごほぉ熱が出た見たい・・・』
桜は嘘のせきを出ししんどそうに言った。
桜のお母さん『で、何度だったの?』
桜『38度4分・・・・ごホッ』
桜のお母さん『じゃあ今日は、学校に休みなさい
お母さんは、仕事だけどご飯は、自分で作ってね
じゃあ行って来ます〜』
そう言って桜のお母さんは仕事に言った。
桜は、すごくうれしかった。

その頃学校では・・・
真理亜『あ〜ら桜休みぃ〜?』
真理亜は、言った。
葉月『昨日あんなに元気だったのにねェ〜ずる休みじゃなぁ〜い?』
愛佳『桜ちゃんは、そ、そんなことしないヨ!』
愛佳は、必死に桜をかばった。
真理亜『そ・う・だ!お見まいいかなぁ〜い?』
真理亜は、悪そうな顔して葉月を見た。
葉月『そうね〜言ってみましょうか?愛佳は、どうすんの?』
愛佳『私は塾があるから良い・・・・』
愛佳は怖かったので嘘をついてしまった。
葉月『じゃあ真理亜放課後公演の前集合ね〜』
真理亜『分かったわ〜』

42:ユッピン♪:2011/12/19(月) 17:47

面白かったよ、りぼん!!^^
続き楽しみぃ♪

43:♪リボン♪:2011/12/19(月) 18:08

ユッピン
ありがとっ!今日のうち時間があると書くね!
いつもコメありがとね!

44:ユッピン♪:2011/12/19(月) 18:32

いえいえ(^^)

あと私もスレッドたててるんだぁ!!
好きです鈴木くん!!〜中学生 秘密の物語〜
ってやつと
オリジナル☆恋物語
ってやつと
☆恋愛小説☆
ってやつだよ!!
よかったらみにきてね(^^)

45:♪リボン♪:2011/12/20(火) 19:13

今日は、忙しいから明日書きます^^

46:ユッピン♪:2011/12/20(火) 19:18

楽しみにしてるね、りぼん♪

47:しずか:2011/12/21(水) 14:39

リボンさん、とってもおもしろいです!
でも、こんなに、リアルに、小説を
書けるなんてすごいですね♪
応援しています

48:♪リボン♪:2011/12/21(水) 15:02

>ユッピン
ありがとうね!いつも(≧人≦)
またコメントくれると嬉しいよ❤

>しずかs
ありがとうございます!
リアルなんて気のせいですヨ!応援ありがとうございます♫

49:ユッピン♪:2011/12/21(水) 15:41

続きが楽しみ!!!
リボン、うますぎてかなわないんだけど…
よかったら私の小説も見にきてね♪(^^)
あとしずかと同じでリアルに小説書けるなんてすごいって思う!!!
これからも頑張れ、リボン♪
続きは今日書けるんだよね???

50:♪リボン♪:2011/12/21(水) 16:04

ユッピン
うん見に行くよ!ユッピンの小説
今から描こうと思ってる^^

51:♪リボン♪:2011/12/21(水) 16:15

第10話 嘘
真理亜『葉月〜遅いわよ』
真理亜は、葉月に手を振った。
葉月は、息をはぁはぁいいながら真理亜のもとへ走った。
葉月『ごめん真理亜〜』
真理亜『じゃあ行くわよ』

ピンポーン ピンポーン
桜『宅配かな?ま、パジャマのままでいっか・・・印鑑印鑑』
桜の部屋は、散らかしっぱなし。マンガや、お菓子などがそこらじゅう投げてある。
桜『ハーイ』
桜は、叫んだ。
ぎっぃぃぃぃ
桜『!』
コトンゴロゴロ印鑑が落ちた。目の前には、
葉月と真理亜がいた。
桜は、熱さまし―トもマスクもしてない。
とうとうばれてしまった。
真理亜『あ、あんた!ずる休みしたわね!』
葉月『良いじゃん真理亜〜もっといじめてやろうじゃない!』
二人は、すごくカンカンに怒っていた。
桜『良いじゃない!!!!!』
桜は、目を閉じて叫んだ。
桜『私毎日毎日いじめられてばっかでいやなのよ!真理亜と葉月には、判らないでしょ!
だから休んだのよ!もう学校なんて行きたくないのよ!』

桜は、涙を流して言った。
真理亜『ほぉういい度胸じゃない・・』
バタァン!!!!!!!!!!!
ドアが閉まった。真理亜と葉月は桜の家の中へ入ったのだ。
桜『キャぁぁぁぁぁぁぁッぁぁ』

52:♪リボン♪:2011/12/22(木) 17:06

第十一話 もういやだ

葉月『さぁ〜最初は何にしようかしら』
真理亜『うふふっそうねぇ〜』
葉月『一発けり入れましょうか』
二人は、すごくあやしげな顔で桜を見た。
桜は、ぶるぶる震えていた。顔も青ざめていた。
桜(いやっいやっもういたいのは、いや・・・)
桜の口には、ガムテープが張られ 机のイスにロープで巻いて身動きもできない状態だった。
真理亜『オラァッ』
バコン ズトン

葉月と真理亜は、石ころを蹴るようにいや、壁にひびがいくぐらい桜をけった。
桜『んッんんん!!!』
桜は、痛みに耐えた。傷だらけで血もにじんでいた。
葉月『次ぎは、なにする?』
真理亜『そうだ!続きは、明日よ』
葉月『なんでぇ?』
真理亜『ごにょごにょ』
真理亜は、葉月の耳にこしょこしょといった。
葉月『Ok!いいアイディアよ』
二人は、にこにこした。
葉月『あぁ!こんなとこに5000円札が!』
葉月は、桜の勉強机に向かった。
真理亜『ホントだ!じゃあ遠慮なく使わせてもらうわ!』
桜『んんっんん!』
桜は、必死にもがいた。
真理亜『はいはいハサミでロープ切るから黙りな』
葉月『じゃあね〜』

二人は、にこにこしながら帰って言った。

53:♪リボン♪:2011/12/23(金) 09:28

なんか最近人気ないな・・・・

54:ユッピン♪:2011/12/23(金) 11:59

リボン、久しぶりぃ〜〜♪
真理亜と葉月こわ〜〜(°w°;;;)
続き楽しみにしてるね☆

55:モコモコ:2011/12/23(金) 13:49

♪リボン♪>>あなたは神か!!!!
だって、話が、現実と同じだもん!
すごい!すごいよ!
楽しみにしてるからね!

56:ヒナ:2011/12/23(金) 14:47

なんか喋り言葉に「じゃあね〜」
とか「さぁ〜」とか「そうねぇ〜」とかばっかりですね。
私が言いたいのは〜←これはいらないと思います。

♪リボン♪さんが書いているもの↓↓
「じゃあね〜」
「そうねぇ〜」
「さぁ〜」

なおしたら↓↓
「じゃあね!!」
「そうねぇ……」
「さぁ!!」

もう少しびっくりマークや……←を使ったらいいと思います。

57:♪リボン♪:2011/12/23(金) 17:39

>56
小説は、ビックリマークはあまり使わないと思いますが
ケチ付けるのなら見ないでください
ヒナ来ないで。迷惑
いちいち私の小説にけち付けないでくれますか?

みんなに報告
ヒナは、する―して

58:♪リボン♪:2011/12/23(金) 17:40

〜使うなと言ってますが
悪そうに言ってるというのがつたわるとおもうが

59:ユッピン♪:2011/12/23(金) 18:01

え……スルーしていいの?(°^°;;)

60:ヒナ:2011/12/23(金) 18:04

ケチつけた訳じゃないんですけど。
迷惑ってなんですか?
アドバイスは禁止ってことですか?

61:ユッピン♪:2011/12/23(金) 18:09

え……アドバイスはやめた方がいい?
でも前から気になってたこと言うね。
どんなふうにやったとか
どんなふうな気持ちになったかはすごく良くわかるんだけど……
どんな景色か、とかを書いたらいいと思うんだ。
例えば、私は静かで音も響かないような場所にいる。
とか!!
今の文章は適当(><;;)

62:パンダ:2011/12/23(金) 20:56

ハッキリ言うと…
文字変換ミス多すぎじゃないですかね。

63:○ミカン○:2011/12/23(金) 21:27

び、微妙ですかね。。。
!だって?だって使いますよ。
使わない方が違うと思いますよ(^^)
それと、大きく纏めて『面白くない』
というアドバイスを否定するのは可笑しい。
何故ならそれを受け止めないと小説が面白くないままですから。
面白くないと言うアドバイスがあるということは
その小説は完璧じゃないからです。
まぁ、完璧は無いですから完璧の上の完璧を
目指して頑張って下さい。

 皆様の幸せを信じて。
        
           ミカン

64:リカ:2011/12/24(土) 09:23

63>同感。

65:双葉 舞:2011/12/24(土) 13:00

>>27
行間にどきどきしました。
私の小説でも参考に使っています。

66:♪リボン♪:2011/12/26(月) 13:03

ぎゃぁぁぁぁぁみんな誤解誤解!!!!!!!!

大変失礼いたしました
わたしがマイコプラズマ肺炎というのにかかって寝込んでいた時
姉が勝手に私のスレで荒らして・・・

>57は姉のりぼんです
すみません・・・最近よくこんなことするんです・・・・
今は、だいぶ肺炎は、治ってきたので小説が、書けます!セキは、出てますが・・・

>56は、私的には、良いと思いますが
ヒナsはヒナsの考えを持っている。
でも私は、私の考えを持っているちがいますか?
みんなの考え方は、違うと思います。
だっておんなじ脳じゃないから。
直したらとか書いてますけどそれがヒナsの考え方です。
リボンsがかいてるものとかいてありますが
それが私の考えなんです。
久世という物は、誰にでもあるということです。

>60それは、姉に・・・
アドバイスきんしとは、言ってませんが
アドバイスは、余りやってほしくないですね・・・・
悪魔でも個人の考えです。

>61面白いとかいいながら気にしてたんだね
アドバイスはやめた方がいいなんて言ったかな?
思い込みじゃないですか?まあ、違うと思うけど・・・

>62人は、間違えることは、誰にでもあります。
パンダsだって間違えることないの?

>63あの・・・誰が評価して下さいなんか・・・(−m−|||)
今私が描いた「>56は、私的・・・・・』をよんでください
私は、私のやり方があるんで 
ミカンsもミカンsのやり方があるでしょ?
それとおんなじ

>65どうもありがとうございます

67:☆ぶどう☆:2011/12/26(月) 13:18


私りぼんのリアともです!

人によって考え方はちがうよ

だからやさしく言うもんだと思います!
これは私の考えです!

あと、ヒナsがアドバイス言うとみんなしていうのをどうかとおもいますが・・・

ヒナsがアドバイス言う前に個人で言ったらどうですか?

それと、りぼんはりぼんで、いけないけど、
皆さんもきつい言葉みたいにアドバイスしてるからいけないと思います

68:ユッピン♪:2011/12/26(月) 13:52

リボン、でも面白いってのは本当。
本当に本当に面白いからね。
今までのこと私は嘘ついてないよ。
でもリボンが傷ついてしまったなら……ごめんね。
くるなって言うならもう来ないからハッキリ言って。

69:☆りぼん☆:2011/12/26(月) 13:57

傷ついてなんかないよ
面白いなら良かったよ
ユッピンはうそついてないヨきっnと

あやまらなくていいよ
またこの小説来て

70:☆りぼん☆:2011/12/26(月) 13:57

傷ついてなんかないよ
面白いなら良かったよ
ユッピンはうそついてないヨきっnと

あやまらなくていいよ
またこの小説来て

71:☆りぼん☆:2011/12/26(月) 17:09

あ!ぶどう!
たしかに私もぶどうと同感

72:☆りぼん☆:2011/12/26(月) 17:09

あ!ぶどう!
たしかに私もぶどうと同感

73:☆りぼん☆:2011/12/26(月) 19:46

第12話 

おはよぉー  おはよぉー
みんなは、何時もハイテンションで朝を迎えていた。
桜は、なんでみんな朝から元気なんだろうと桜は、いつも思う。
葉月『あ!桜だぁ〜』
葉月は桜に指差した。桜はきずいていた。
桜(・・・・。どうしよう・・・今日もまたいじめが始まるんだ)
桜は、ため息をついて心の中で思った。
真理亜『桜!今日お弁当一緒に食べない?』
真理亜は、にこにこしながら桜に話しかけた。

桜は、何かたくらんでるのだろうと思った。
桜『どうせまた何かたくらんでるんでしょ・・・?』
葉月『何言ってるの桜?勘違いしないでよね!』
また葉月も真理亜と一緒でにこにこして言った。
真理亜『だって私たち友達でしょ?』
桜『え!?・・・で、でも・・・』
桜は少し迷った。これは、演技なのか?演技では、ないのか?
桜『ウ、ウン・・・』

桜は冷や汗が出た。正直言って嬉しかった。

74:ユッピン♪:2011/12/26(月) 20:06

うん、バッチリ☆
面白かった(^^)
真理亜と葉月どういうつもりだ!?(°^°;)
演技なのかな……!?
桜、危ないよ………
やられちゃうかも………(°^°;;)

75:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 08:03

>ユッピン
あ、ありがとーーーー(≧A≦)ノ
でも私の小説はへたへた真理亜と葉月演技?演技じゃない?
どっちなんだろ〜(=m=。?)
桜はどうなるんだ?

76:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 08:16

第13話 転校生

キーンコーンカーンコーン
チャイムの音が鳴った。
先生『これからホームルームを始める。入ってきなさい』
何やら転校生が来たようだ。ガラガラっと教室のドアが開いた。
転校生は女の子だ。黒板にチョークで名前を書いた。
転校生は、前を向いてしゃべった。

転校生『南田千夏(みなみだ ちなつ)です。宜しく。』
転校生は、ショートカットで 目は、大きくクールな雰囲気だった。
先生『では・・・』
先生は開いている席を見まわした。
先生『では、真理亜さんの隣に』
千夏『ハイ・・・。』
千夏は、その席の方へと歩いて行った。
席は、一番後ろから2番目の窓際だった。
真理亜『宜しく。』
真理亜は、手を差し伸べた。
千夏は、すました顔で窓の方を見た。
真理亜(なに?無視?なにこいつ〜)

真理亜は、腹が立った。
キーンコーンカーンコーン
授業が終わるチャイムが鳴った。
桜『真理亜〜』
桜は、真理亜の方へと駆け付けた』
葉月『あ!桜・・・・』
真理亜『ちょうどいいところに・・・・ふふっ』

77:ユッピン♪:2011/12/27(火) 08:19

うっわぁ〜、やっぱりなんかたくらんでる……(°^°;;)

78:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 08:59

だよね〜
ふふふっ(−言−)

79:ユッピン♪:2011/12/27(火) 09:06

リボンのその顔文字なんか怖い……(°^°;;)

80:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 09:06

www

81:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 09:07

ねね〜ゆっぴん

82:ユッピン♪:2011/12/27(火) 09:10

なぁ〜にぃ〜??(°v°?)

83:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 09:17

かわいいチャットって検索してそこ来て〜

84:ユッピン♪:2011/12/27(火) 09:39

正直言うとあんたの小説面白くない。

85:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 10:19

うんきみユッピンじゃない

86:ユッピン♪:2011/12/27(火) 10:36

リボン>Yes。

84>なりきりはやめて下さい。
私はそんなふうに思ったことありません。

87:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 10:41

>84偽ユッピン

やめてくれます?そんなことして面白いですか?
偽なんかしてさー人が嫌がるだけだよ?
てか君の方が面白くないし
そんなことばっかりしてさ天罰くるよ?
誰がユッピンになってるのか知らないけど
もし小説書いてるんなら君の小説が面白くないんだよ
偽にあんたという資格なんかないんだよ
もうこのスレ来ないでくれる?
迷惑偽なんかしてもらったら迷惑みんなが混乱する
ユッピンが困るんだよ。

88:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 10:43

>86ユッピン
だとおもったよ(^^)
ホントのユッピンだったらず―んとくるww
ユッピンてホントいい人だよ
私も前他の掲示板で小説書いてたけど
こんなユッピンみたいにやさしい人はいなかったヨ!
ありがとう!何時も見てくれて

89:ユッピン♪:2011/12/27(火) 10:54

リボン>>どういたしまして!!
なんか照れる……(////)ww

偽ユッピン♪s>>もう私のマネはやめて下さい。
何度も言いますが私はそんなこと思いません!!(\△/)/
思ったことありません!!
ルールで荒らしは来ないで下さいって書いてますよ!!
ルールはちゃんと読みましょう(\w/)/

90:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 11:03

第13話 

真理亜『桜〜千夏呼んで来てくれない?』
桜『うんいいけど・・・』
桜は、千夏を見つけに行った。
千夏『なに?何のよう私にこんなとこ呼びだしたさ』
ここは、薄暗ーいひんやりとした体育館倉庫だった。
桜は、なんかあやしいと思ったけど真理亜を信じた。
葉月『桜〜とうとうこの日が来たよ?』
桜『え?』
桜は、何なに?と思いつつ頭をかしげた

真理亜『あなたのいじめを代わりに千夏にするの』
千夏『どういうこと?』
葉月『だってさっきあんた真理亜を無視したでしょ?』
真理亜『だから桜のいじめをなくして 真理亜をいじめるの』
葉月『さー桜 あんたが千夏といっしょにいじめられるか 
桜は、このまま一生いじめられないかどっちを選ぶ?』

千夏『桜!私は構わないよ!桜』
桜『・・・。』
真理亜『さぁどっち?』
桜『私は・・・私は・・・!』

91:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 11:06

上ミス
真理亜『だから桜のいじめをなくして真理亜をいじめるの』
じゃなくて            ↑↑↑←ここは、『千夏』

92:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 11:07

またミス
真理亜をいじめるのじゃなくて
千夏をいじめるのです

93:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 11:09

>ユッピン
ぎゃぁぁっぁ
ユッピンサイコー
ありがとう!

たしかにルールで荒らしと悪口きんしってかいてある!
ちゃんとよめぇぇぇ

94:りぼん ◆lSlQ:2011/12/27(火) 11:53

こn

95:りぼん ◆nuuE:2011/12/27(火) 11:59

ユッピン
成りすまし防止方法みつけた

名前を書いて
半角で名前の横に『#』←をやる
その#の横に好きな記号を入れる!

(例)
ユッピン#♪
ユッピン#あいうえお

96:りぼん#:2011/12/27(火) 12:00

説明わからなかったら言って

97:りぼん ◆nuuE:2011/12/27(火) 14:39

こn

98:とあ☆:2011/12/27(火) 14:44

こn

99:りぼん ◆nuuE:2011/12/27(火) 14:46

だれもいない・・・

100:りぼん ◆nuuE:2011/12/27(火) 14:46

100おめ*
とあsこn

101:☆りぼん☆:2011/12/27(火) 15:01

第14話

桜『私は・・・私は・・・』
桜は、目を閉じ言った
桜『千夏ちゃんといじめられる方がましです!』
桜は、手を握り締めさけんだ。
ひやんとしてた倉庫も明るくなったような気がしたと
桜は、思った。
千夏『桜!私はだいじょうなの!今なら間に合うから』
千夏は、涙を我慢し桜の背中を見つめた。
真理亜『ハイしゅうりょーう』
葉月『じゃ!いじめは、明日開始よ!』
真理亜『じゃ〜ね〜』
千夏と桜は、目を合わせ座りこんだ。
桜『千夏ちゃんごめんね・・・。』
千夏『何言ってんの?私が悪いの』
桜と千夏は、真剣に言った。
桜は空が見えない倉庫の天井を見て言った。
桜『このいじめいつ終わるんだろうね・・・。』
千夏『それは、分かんないな』
千夏も天井を見上げて言った。
桜『死ぬまでかな・・・』
千夏『え?』
千夏は、心臓がドキッとした。
桜『嘘に決まってるよ・・・キット神様が助けてくれるよ』
千夏『そうだね・・・』
二人は、暗い倉庫から出て歩いて校舎へと向かった。
キーンコーンカーンコーン
愛佳『桜ちゃーん千夏ちゃーん』
愛佳は、お弁当を持っている二人に手を振った。
千夏『あのこ誰?』
愛佳『私は八並 愛佳宜しく!』
千夏『う…うん』
千夏は、恥ずかしげに言った。
桜『はよく食べようよ―』
愛佳『はいはい〜』
三人は、仲良く屋上のベンチでランチタイムを過ごした。
昼休みのチャイムが鳴った。
愛佳『じゃあ私テニスの大会がもう少しだから部活練習
してくるよ』
桜『うん』
桜と千夏は、廊下を何の目的もなく歩いていた。
真理亜&葉月『これは、これは、どうも〜お二人さん』
千夏『今度は何の用事よ!』
葉月『ふふっ』

102:☆りぼん☆:2011/12/28(水) 08:29

第15話
真理亜『お・し・ら・せぇ〜』
真理亜は、ウインクいて言った。
葉月『いじめは明日開始って言ったけどもう我慢できないわけ―』
葉月は、上から目線のような言葉遣いをした。

もちろん二人は、おびえていた。

また何が起こるのか?痛い目にあわされるのか?

千夏『はぁ?約束は、約束だ!』
千夏は、桜の腕を持ち素早く走って行った。

桜『わっわぁちょっちょっと千夏ちゃん?』
二人は、校舎の裏の木の陰に隠れた。
そよ風が吹き気がゆらゆら揺れて原っぱだった。

千夏『だって約束は、約束でしょ?』
桜『う、うん!』
桜は、にこにことうなずいた。』

千夏『シィーー』
千夏は、突然言った。
千夏『誰か来る・・・』

真理亜『ちっどこに行ったのよ』
真理亜は、舌打ちした。
葉月『知らないよ!』
二人は、何か持っていた。

桜『あっち行ったよ・・・』
千夏『ふぅーーー・・・・』
千夏は、一安心と思ったがその時!

バコォン真理亜が、千夏のお腹に殴り付けた。
桜『キャァァ!』
千夏『さ・・くら・・・は・・やく・・に、にげ…てェ・・』

桜『やだよぉやだよぉ』
真理亜&葉月『ふふっ』
バコォン
葉月が桜のお腹にけりを入れた。
桜『や・・・・やぁぁ・・・ウっ』
二人は、唸り気を失った。

103:モコモコ:2011/12/30(金) 16:09

何度見ても桜が可哀想。スクールカウンセラーに相談して欲しい。

104:みどりっこ kokuriko:2012/02/14(火) 20:21 ID:fFQ

もうかきこみないんですよね

105:リサ(・(ェ)・):2012/02/15(水) 15:30 ID:pxc

今日初めから読みました
真理亜と葉月…ひどいですね


書き込む 最新10 サイトマップ