ネイルちゃんの恋!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:優梨愛:2012/01/09(月) 11:01

はじめまして〜
優梨愛(ゆりあ)と申します!

ルール
1、荒らしとかはやめてね。
2、悪口とかもやめてね。
3、私の書いたやつの感想とかアドバイスとか(もうちょっと〜したほうがいいとか)
大募集!!!!!!
ヨロシクネ
(/≧∀≦/)はじまり〜

2:優梨愛:2012/01/09(月) 11:14

私、横永綺羅(よこながきら)中2!
通称問題児です![自慢かっ!]
なぜかといいますと………
私は毎日家にあるネイルをつけてくるんです。
だめっていうんですけど……かわいいし、ネイル
大好きなんですよぉ!!!!!
最近のお気に入りは桜色のネイルなんです。
早速つけて学校に登校〜

「おはよう!菜々っ」
「はよ……ってまたつけてきたのぉ!?ネイル」
「−うんっ!だってかわいいんだもんっ!」
「そうかいそうかい」
この子は菊池菜々美。私の親友で超頭いい。
偏差値?とかいうやつが67あるんだって。なのになんでこんなへんなあたしと一緒にいてくれるのか
よくわかんない
なんか菜々美によると私とは波長が合うんだって

「はい、ではホームルームをはじめる。今日は……代表は横永」
「えっ!私〜?」
「そうだ。ってまたお前はネイルしてきたのか!」
「あ、先生やっと覚えてくれたね。ネイルって言葉っ!」
「「「ワハハハハハっ」」」
皆にもニコニコ。先生もおこってるけどちょっと笑ってる。
そんな毎日パヤパヤだった私、横永綺羅の話ー

3:香奈:2012/01/09(月) 19:07

こんばんわぁ)))o^D^o
なんか面白くなりそうだねっ♪楽しみだよ

4:優梨愛:2012/01/09(月) 19:23

ありがとう!香奈さん。これからもコメよろしくね。
タメと呼び捨てでいい?

5:ゆず:2012/01/09(月) 22:42

優梨愛OKだよ^ ^~
うちもタメ&呼びお願いしまっす♪

6:優梨愛:2012/01/10(火) 21:23

ゆずヨロ〜!
次はもちっとだよっ!
まっててね〜
あ!2人に質問!
2人とも性的な事って大丈夫?////

7:優梨愛:2012/01/10(火) 22:36

綺「ねっ、菜々って好きなコとかいる?」
菜「いや、全く。男子って馬鹿っぽいんだもん」
綺「うひょ!いつもクールだねぇ」
菜「そういう綺羅はいんの?」
綺「ぐふふふふふ、居るわよ」
菜「え〜!だれだれ??」
綺「B組の上村君」
菜「ひえー!あいつ恐いって有名じゃんか」
綺「あの笑顔がいいのよっ!!」
菜「ふぅーん、そっか、ま、私は応援するわよ。あ、ここでね、バイバーイ」
綺「うん、またねぇ〜」

次の日
私は図書委員だったので菜々に断ってから、図書室に来た。今日のネイルは季節外れのひまわり色。
うちの学校の図書室は意外にきちんとしてる。公立なのにね。
(あぁ〜!!!上村君だぁ!)
そっか、上村君も図書委員だったっけ?
綺「あの………上村君?」
上「なに」
うう、恐い!菜々よりこえー!!
綺「あの…………C組の…………」
上「ああ、横永綺羅だろ?」
綺「知ってるの!?!?しかもフルネ」
上「は?フルネ?なんだそれ。」
綺「フルネームの略語」
上「プッ、なんだそれ??」
ああ!笑ってくれたぁ!爽やかな笑顔!
綺「あの………上村君…よろしくね」
上「おう、上村でいいよ」
綺「うん!!!」
やったあ!少し縮まったかな?距離。

8:ゆず:2012/01/11(水) 00:20

優梨愛 大丈夫だよぉ( )o'3'o)///

続きがんばれ〜♪

ぁあ−!!!!ごめん優梨愛。香奈ってうちだ!!!
ちがう掲示板で香奈って使ってたから。間違えた(>×<:;)

9:姫ちん♪ ◆F4eo:2012/01/11(水) 16:52

ちわ〜っす!!入れてー!
あ、あたしも少しなら性的なこと大丈夫だお!

10:優梨愛:2012/01/11(水) 21:54

8>いいよいいよぉ!!大丈夫っ!
9>姫ちん4649!優梨愛ってよんでねっ!

11:優梨愛:2012/01/11(水) 22:10

帰り道
私は菜々と校門で待ち合わせっ!
しばらく待つと、無効の方から菜々が見えてきた。
綺「おー!菜………菜々??!!」
ななななんと、あんだけ男子嫌いの菜々が男子と楽しそうに話して、こちらに向かってきているではないか!
菜「あ、綺羅だ。じゃ、あたし、こっちだから」
??「お、そうですか。ではまた」
綺「……………あのー菜々さん?あの子だれ?」
ショージキ言ってあんまかっこよくない人。がり勉君みたいだ。
菜「あ、あいつ?A組の吉田。たまたま帰りにしゃべってただけ。」
綺「うそ!頭いいの?あのこ」
菜「あたしよりは下。」
………っおいっ!菜々もしやナルシー?
菜「ねえ、さっきっから気持ち悪いほどの笑みを浮かべている綺羅さん、どうかしたの?」
綺「うん!あのねっ、上村と少し仲良くなれたんだぁ!」
菜「よかったじゃんか。応援してるよ」
やっぱり菜々はいい子だわぁ!!!

次の日
上「おう!横永!」
綺「よ、よお!上村!」
今日は当番の子が休んで代わりに私が図書委員で働くことになった。
いつもなら、「面倒くさい!」って菜々に怒られてるけど、上村がいると知って、一目散に来た。
上「お前、なんだそれ?」
綺「あ、これ、ネイル!かわいいでしょ?」
上「そうでもないけど………」
綺「なんだってぇ!?!?」
上「いえいえ!すみませんすみません!!」
やっぱり私、上村といると楽しい!ずっと一緒にいたい!!!!

菜「ええぇぇぇ!もう上村君に告白ぅ????」
綺「なっ!////、菜々、声がでかーい!!!」
菜「ごめんごめん。でも、自信は?」
綺「あんまないけど、あたって砕けろだよ!」
菜「そっか、私、告白だけはなんにもしてあげられないから、あんたが頑張るのよ!」
綺「はいっ!」

12:優梨愛:2012/01/11(水) 22:16

ぁぁぁ!ごめん、書込みミス発見!
3行目の無効の方→向こうの方

13:みゅ:2012/01/11(水) 23:07

シナリオ書きかよwww

14:ゆず:2012/01/12(木) 00:30

優梨愛がんばって〜@^o^@
面白いよ♪

15:優梨愛:2012/01/12(木) 21:35

14>ありがとう!頑張る
13>シナリオ書きって何?
でも、なんかありがちな小説だね。
次は少しびっくりするような感じの書いてみます!

16:ゆず:2012/01/12(木) 23:30

うちも気になってた。シナリオって…?
おぉ!!!じゃあ次回は見逃せないな^ ^

17:優梨愛:2012/01/14(土) 13:01

???「あ、あの!好きですっ!」
綺「………はい?」
私、横永綺羅、上村君に告白に行く途中、同じクラスの渡良瀬訓に呼び出され、
行ってみたら・・・告白されてしまいました!!
人生で2度目に告白されました!!(告白した回数は15回くらいですが)
綺「えーっと……状況がのみこめないんですが………」
渡「だから、オレは横長さんが前から好きだったんです!付き合っていただけませんか?」
げげげげげ!
たった今私も告白しにいくところだったのですが……
綺「ご、ごめんなさい!」
渡「そうですよね…さ、さよならっ!」
渡良瀬君はそういって去っていきました。
どどどうして?こんな私を?
綺「うーん………」
そう思っているうちに上村に告白できないで一日が過ぎていっちゃいました

短くてごめん!

18:ゆず:2012/01/14(土) 14:43

告白がんばれ〜

19:優梨愛:2012/01/14(土) 20:38

いつもいつもありがとう!ゆず(泣)
続きかくねん♪

20:優梨愛:2012/01/14(土) 20:46

綺「はぁ〜あ」
菜「どしたの綺羅さん」
なんだか今日、いつも以上に悲しい日です。
上村君に告白できなかったこともあるけど、渡良瀬君を
フッた時のあの顔が忘れられない!
私、ひどい事したなあ…
菜「元気だしてよぉ、私がテストで点数が悪かった時の顔じゃ〜ん」
綺「えええ!菜々でもそんな時あるんだねェ」
菜「うん。でも、ホント、どしたの?上村君に告白は?出来た?」
綺「ううん。告白しに行く途中に告白された」
菜「だ、誰から!?!?」
綺「渡良瀬君………」
菜「あの子??ヤンキーっぽいあの子!?」
綺「私も…きらいではないけど………」
菜「はぁ、恋する乙女は大変だな。」

21:優梨愛:2012/01/14(土) 21:01

放課後―
上「ごめん。オレ彼女いるんだよな・・・・」
横永綺羅、16回目に振られました・・・・
でも!私は手段があります!

タッタッタッタッタ………
綺「あ、あのぉ、渡良瀬君!!!」
渡「よ、横永………さん!」
綺「あの………付き合ってください!」
渡「へ!?」
渡良瀬君に私は全てを話した。
渡良瀬君は上村の代わりか……ってちょっと悲しそうだけど
オッケーしてくれました。
渡「じゃあ。これからは綺羅って呼ぶな。」
綺「うん/////」
渡「どうしたのか?」
綺「いや…男の子に綺羅って呼ばれたことなかったからさ・・
  ていうか渡良瀬君って下の名前何???」
渡「彰だよ」
綺「じゃあ…彰…………」
彰「ハハハっ!恥ずかしがるなよぉ。かわいいケド」
綺「えっ………今なん………」
チュッ………
えっ////いきなり…………

ファーストキス…………しちゃいました・・・・・・・

22:ゆず:2012/01/14(土) 21:44

きゃあー!!!/////
ファーストキスがヤンキーかっ(笑)
ふられちゃったのか・・・。

23:優梨愛:2012/01/14(土) 21:57

だねだね〜[自分が書いたんだろっ]
じゃあ続きかきまーす!

24:優梨愛:2012/01/15(日) 10:12

綺「はぁ〜」
横永綺羅、いきなりファーストキスを奪われました。
もう、サイアク。あいつ、変態だったんですっ!!!
聞いてくれますか???

ファーストキス事件があった次の日の朝
綺「フぁ〜あ、寝み〜!!!」
菜「うるさいなあ、これであくび12回目だよ(笑)」
綺「数えてたの!?」
菜「うん、まあね。」
??「綺羅〜!!」
振り返ると、彰の姿が。
菜「あ、彼氏できたんだ!よかったねえ綺羅。じゃ、あとは2人でごゆっくり♪」
綺「あ、ちょ、菜々!!」
彰「いいじゃんべ・つ・に♪」
うわ、やっぱチャラいわぁ〜
するとなんと彰は校庭の隅っこに私を引っ張って行った。
綺「な、何するき!?」
彰「大丈夫…」
チュッ、またキス〜!?!?
ビクっ!
綺「ちっょと彰ぁ〜ふぇぁぅ、あああちょっ………」
い、いきなりディープ!?!?
綺「はぁはぁ、もういい。」
彰「な、なんだよ。」
タッタタタタタタタタタタタタ!!!!!!!!!!!
私は大急ぎで教室に向かった。

それから彰と話はしてない。いや、したくない。
彰が話しかけてきても、私はガン無視した。

25:ゆず:2012/01/15(日) 12:52

あれまぁ。さすがにディープはちょっと…。
つき合って次の日でしょ!?変態だあー!アワワワ

26:優梨愛:2012/01/15(日) 21:17

綺「あの!悪いんだけど!別れてくれる!?」
彰「はぁ!?!?ちょ、おい…綺羅………」
綺「綺羅って呼ぶのもやめて!アンタなんか大っ嫌い!このド変態野郎!!!!!!!!」

菜「う!キモ!分かれてよかったねェ、綺羅」
綺「ほんっとだよね。もうサイアク」
菜「あ、そうそ。上村君、別れたらしいよ。彼女と」
綺「え!まじで」

27:匿名さん:2012/01/15(日) 21:31

綺「てか、上村って誰と付き合ってたの!?」
菜「A組の百浦優那。あの超美人とだよ。もったいない」
百浦優那は4月に転入してきた子。スタイル抜群で、超美人&かわいい。雑誌のモデルもやった事あるモテモテ女子。その上、女子にも性格いいから、人気の子。
綺「へぇ、でもなんで!?」
菜「噂によると、百浦が他校の男子とデートしてるところを上村が見たんだって。」
綺「え………そんな………」
かわいそうすぎる。上村…………

放課後に、私は図書室にいった。上村が居残りで仕事をしているのを知っていたから。
綺「よぉ!上村。」
上「あ………横永…………」
今日のネイルの色は、薄い青。
上「お前………またそれ………なんだっけ。ネイル?」
綺「ピンポーン!大正解なり〜!」
上「ハハッやっぱな。オレのカンはすごいんだぜ。」
ニコリと笑う上村。でも、前のような………私の好きな笑顔ではない。
綺「あのさ………私、まだあなたのことが好きなんだ………///」
上村がピタっと止まった。
上「ごめん。オレ、もう彼女とか作んないようにしたんだ。」
綺「……ッ私はっ!百浦さんのようにあなたを裏切ったりしないよ」
上「え………………」
綺「私も今まで信じてた相手に裏切られたことがあって………すごくすごく悲しかった、あなたの辛さは良くわかる!だから………付き合ってくれないかな/////」
上「………………」

黙る上村。いったい答えは!?!
続く……

28:優梨愛:2012/01/15(日) 21:32

27の匿名さんは私です!
名前書き忘れて………ごめんね

29:ゆず:2012/01/15(日) 22:55

答えは!?答えは!?あああ!
はやく読みたい

30:優梨愛:2012/01/17(火) 21:23 ID:etc

上「…………………っつ、返事明日でいいかな」
綺「う、うん!全然!いつでもいいよ!私、どうせ暇人だしぃ(笑)」
上「そっか。じゃあ、また」


書き込む 最新10 サイトマップ