瑠璃の小説!!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:瑠璃:2012/01/14(土) 11:48

ルール♪

楽しく面白く小説書きますっ
タメ&よびすてokです!
感想欲しいです!

2:瑠璃:2012/01/14(土) 12:13

頃は6月
私は学校にいた。
校則をみる。
「…ふう」
「華月様ーー」
たくさんの女の子たちが叫ぶ。
「…皆さん、おはようございます」
「華月様!今回のピアノコンクール辞退ってどういうことですか?!」
「言葉の通りよ、今回は辞退させてもらいます」
「なんで・・・」
私はふっと笑う。
「気分が乗らないだけよ、では皆さん」
私は校訓のまえから去る。
角を曲がると、
「どういうことだ」
「・・・盗み聞き?斗真」
「いや、あいつらの声が大きいだけだ。で、辞退するのか」
「ええ」
「なんで、あのコンクールは毎回出てるはずじゃ…」
「家で話すから」
私は強引に話を終わらす。
…ちゃんとした理由があるのよ

ここは令嬢・御曹司…
そんな人たちが通う学園。
赤花高等学園
この学園に通う
私、花ノ宮華月
この学園ではトップらしく
赤花高等学園ではボディーガードがつけれる
ボディーガードは一人につき一人つけれるのだが…
私は違う
木梨斗真
黒井蓮
五十嵐太陽
小田雄太
この4人が私のボディーガードだ

そんなこんなで始まる

3:瑠璃:2012/01/14(土) 12:14

ルールに追加
荒らし・悪口禁止!

4:ゆず:2012/01/14(土) 12:38

がんばれ〜(^_-)-☆

5:ゆず:2012/01/14(土) 12:44

がんばれ〜楽しみだよお♪

6:瑠璃:2012/01/14(土) 13:03

ゆず
ありがとーーー゚(゚´Д`゚)゚

7:瑠璃:2012/01/14(土) 13:11

「ただいま・・・」
「おかえり、華月」
億の部屋から雄太が出てくる。
雄太は柔道が出来て、いつも大会で優勝している。
いつもは練習しているのに・・・
「練習は?」
「今日は練習試合だったんだけどなー…体調不良でなしになったって。ま、久しぶりの休みだ」
「それは災難ね。でも休みじゃないわ。ボディーガードの仕事があるもの」
雄太はキョトンとする。
「ははっそうだな」
雄太は笑う。
ボディーガードの中で一番冷静なのは雄太と言っていい。
「蓮は?」
雄太の顔色が変わる。
「それが・・・」

題名は
「ボディーガードご健在!?」
です!

8:桃:2012/01/14(土) 13:32

えっと・・。

桃です。瑠璃来ても良かったかな???

9:瑠璃:2012/01/14(土) 13:43

いいよ〜
てか来てくれて嬉しい(*´∀`*)

10:桃:2012/01/14(土) 14:12

ありがとう☆

11:瑠璃:2012/01/14(土) 14:14

ボディーガードご健在?!

「華月」
「太陽!?」
太陽
やんちゃで忙しい奴
うるさくて本当に困ってる。
太陽は左肩にはしごを持っていた。
「それ、どうしたの?」
「電球を変えたんだよ!ったく…」
「蓮は?」
太陽と雄太に聞く。
すると太陽はめんどく誘うに答える。
「あいつならトイレにこもってる。ちょーキモかった」
「はあ…やっぱり…言っておくべきだったわ」
失敗
蓮に言わないと…って思っていたのに…
「どうせあのことで落ち込んでるんだろ?」
「ええ…。蓮がいけないのよ…手を出すから」
とにかく、
「蓮はどこのトイレにいるの?」
太陽に聞く。
「あそこだよ、華月の部屋の近くの…」
「あそこね…」
「なあ華月」
雄太があたしを呼び止める。
「斗真は?」
「・・・まだ庭にいると思うわ」
「そうか・・・」
「何かあるの?」
私は不思議そうに聞く。
「いや、見当たらないと思って」
「そう、じゃあ蓮がかえってきたら家の中に入れてあげて」
「わかった」
続く

12:瑠璃:2012/01/14(土) 14:15

めんどく誘う・・・めんどくさそう

間違えてごめん!

13:ゆず:2012/01/14(土) 14:36

ボディーガードか。うちにも2・3人ほしいな

14:瑠璃:2012/01/14(土) 14:41

うん!
でもあたしは1人だけでいいかな・・・
たくさんいたらちょっと堅苦しい気分になるかも(笑)
まあ…あたしにボディーガードがつくなんてありえないけど(;´∀`)

15:瑠璃:2012/01/14(土) 16:51

「華月、コンクール辞退するらしいな」
「あいか変わらず情報網が早いわね」
「違え、もう学園ではその話がもちきりなんだよ」
もう広まったの・・・
そんなこと話しているとトイレについた。

「えーーーと・・・

   女子トイレかしら   」

「男子トイレだろ」
そ、そうよね
蓮はそこまで変態じゃないわよね…
「蓮、出てきなさい」
警察っぽく言ってみる。
ふふ、言って見たかったのよね
「無駄な抵抗はやめなさい!」
メガホンを使って雰囲気を出してみる。
これこそ刑事ドラマの鉄板・・・
「華月、話がずれてんぞ」
・・・この雰囲気にひたっていたのに
チッ
「蓮茶番は終わりよ。それに・・・なんだって言うの?ただ〈メイド〉全員をクビにしたからって」
そう
私はメイドをクビにした
しかも全員
「あなたが悪いのよ、あんなことするから」
〜あんなこと、メモリーズ〜
4/23
「まいちゃ〜ん、メアドお・し・え・て♥」
メイドに強要する。
2日後このメイドは辞めた。
4/31
「ひなみちゃん♥俺とデートしよ♥」
屋敷内でナンパ。
次の日、このメイドは辞めた。
5/14
「付き合ってよ〜」
メイドにボディータッチ。
・・・言うまでもない

「お前をセクハラで逮捕する!!」
「てかここまで辞めていったのにへこたれねえって逆にすげぇ・・・」
「そこ!!褒めない!」
「ありがと〜ん」
「「さっさと出てこい蓮!!」」
それから蓮は素直に出てきた。
・・・女子トイレから
続く

16:なな:2012/01/14(土) 23:28

瑠璃ちゃん  来たよ!けど・・・私も入れてもらっていいかな?

ボディーガード4人とか、うはうはだねw
面白いよ♪頑張ってね☆

17:瑠璃:2012/01/15(日) 00:31

なな
きてくれてありがとう!!
もちろんOKだよ♪

18:なな:2012/01/15(日) 00:40

ありがと〜^^
よろしくね♪

19:あい:2012/01/15(日) 11:48

来たよ!
入っていい?

20:瑠璃:2012/01/15(日) 12:32

あい
いいよ〜(*´∀`*)

21:瑠璃:2012/01/15(日) 18:01

蓮をあの部屋へ(強引に)連れていく。
ガチャ
「あー、華月きたぁ」
「…優歌、来てたんだ」
優歌
大手化粧会社の令嬢。
ちょっとギャルっぽい子。
でも・・・
今回の事件に関して必要不可欠。
「これ、持ってきたよ〜」
ドサッと資料を机におく。
「ありがとう」
「優歌ちゃん♥今度デー」
「雄太」
私が言うと雄太は蓮を背おいなげ。
そのまま首をしめる。
「・・・よし、斗真もそろったし、今回の事件に関して言うわね」
「また、やるのか?」
雄太が聞く。
ふう、と私はため息をはく。
「何言っているの。一刻も早く事件を解決しないと…被害者が増えるばかりじゃない」
「でも」
「刃向かうの?・・・それより、蓮の顔が黄土色に変わってるわよ」
雄太はハッとして蓮を見る。
私が行った通り蓮の顔は変色していた。
「きゃー♥そんなこと・・・。ちょっと〜」なんて笑いながらつぶやいてる。
・・・怖。
蓮はほっといて、
「今回の事件は―――・・・」
私は慎重に言った。
続く☆

22:なな:2012/01/15(日) 18:08

やばいねw
背おいなげwww
続き楽しみ♪

23:瑠璃:2012/01/17(火) 19:19 ID:rls

「今回の事件は――」

固唾を飲む。
「この人よ」
「・・・は?」
太陽が呆れたように言う。
失礼すぎる。
「柳瀬紗奈、ピアノコンクールの・・・」
「あ〜万年2位のかわいい子でしょ〜?」
「…合ってるけど、話を進めるわよ」
このままだとどんどん話がそれそうだわ…
「最近、たくさん賞をとっているらしいの。この情報は蓮からだから」
「褒め称えて〜ん♥」
「調子にのるな」
雄太がもう一度首をしめる。
本人は「やだ〜俺こういう系じゃないから〜ほら〜Bから始まる…」蓮の口を塞げ、雄太よ。
誰もお前に愛を込めて抱きしめてない。
勘違いしすぎよ。
「で、賞をとっていることをひがみたい訳じゃないの」
「ホントかよ…」
太陽が言う。
んー?どこからか文句が☆
今からクビにしましょーか☆
「もう黙ってて!…私が言いたいのは、なんでこんな凄い情報を私は知らないのかってこと」
みんな、首をかしげる。
…これだから、アホが。
「私はいろいろなコンクールに出てるのよ?なんで私は気付かなかったの?
 ―――答えは一つよ、柳瀬紗奈が私を避けてコンクールに出てるからよ」
「ちょっと待てよ。もしかしたら賞を狙って華月を避けたんじゃねぇの?」
「――そんなのありえないわ。じゃあ聞くわ。なんで急に賞がとれるようになったのかしら?
 もちろん私以外にも上手い人はそこらじゅうにうじゃうじゃいるわよ。それなのに何回も賞がとれてる」
張り詰めた空気になる。
蓮は除くけど。
あいつは真剣ってことばを知らないらしい。
「まあ、事件が起こるかはわからない。けど怒る可能性は――90%」
「マジか」
「マジよ、太陽」
私は目を鋭くさせる。
「柳瀬紗奈は何かしら隠してる。私を避けるくらい。もしかしたら見られてはいけないものがあるのかもね」
「さすが、勘がさえてる」
「ありがとう…ってあんたたち、そんな関係だったのね…」
私は目を見開く。
なぜなら―――
そこには上半身全裸になった雄太と蓮がいたから。
う…紫のオーラがみえるわ…
私…触れてはいけないものに触れてしまったわ…
どうしましょ、あら、どうしましょう
主として見送るのが…
「華月違う!!」
「いいのよ…私は見送ることにしたから…ああそんな趣味があったなんて…お母さん悲しわっ」
嘘泣きをする私。
気分はマダムだ。
「これは蓮が破いたんだ!」
「・・・そんなのわかってるわ…ってええええ!!何やっているのよ!」
「やーん、怒んないで〜」
「怒るわ!何やっちゃってるの!!はたからみたら○Lだわ!」
「そうだから〜」
「マジか!!」
おっと…
言葉が少々悪く…
こほん
「話を続けるわよ」
続く

24:瑠璃:2012/01/17(火) 19:33 ID:rls

少々騒ぎすぎた。
「それよりよ。華月、いつまでお嬢様言葉使うんだ?」
この男は…!
「斗真?何言ってるのかしら?うふふ、病院いかないと…」
「男、華月は?」
「優歌!!」
このアマ…!!
そうです
化けの皮を剥がしましょう。
私、花ノ宮華月は
裏の顔、表の顔があるのです。
はたからみたらお嬢様。
喋り出すと…
男っぽい喋り方になります…
さっき、蓮とのやりとりでばれそうになって・・・怖かったし
ま、このことを知ってるのはボディーガード4人と、優歌だけ。
「少しでも読んでる方に可愛い可愛いお嬢様に見せようと思ったのに…くぅっ大失敗だ!」
「お前の顔がな」
「黙れこの野郎」
太陽うううう
こいつマジ一言おおい!!

25:なな:2012/01/17(火) 20:24 ID:SW6

面白い☆
「〜だわ」とか、「〜よ」・・・はまる〜>v<www

26:瑠璃:2012/01/17(火) 20:47 ID:2ZA

「もう太陽はほっといて、話をはじめるわよ」
(お嬢様の口調でいきます)
「蓮、あんたは聞き込み、斗真は私と行動して、雄太と太陽は出番待ちで(いわゆるお留守番)」
「どうするんだよ」
私はふふ、といかにもお嬢様らしく笑う。
(これでさっきのことはばんかいできたに違いない)
「潜入捜査開始よ!!」
「優歌は?」
・・・
「あらやだ、忘れてたわけじゃないのよー、おほほ…」
「…」
何その冷たい目つき
私がかわいそうな人みたいじゃない!
「優歌は柳瀬紗奈を引き続きしらべて」
「あいあいさー」
「じゃあらためて…
  潜入捜査開始よっ」
続く

27:なな:2012/01/17(火) 22:40 ID:SW6

www
続き頑張れ〜^^

28:瑠璃:2012/01/18(水) 23:40 ID:rls

inボディーガード仮眠室(別の名、寮っぽいもの)
雄太視点
「潜入捜査って…なんだ?」
太陽が聞く。
「なに〜潜入捜査もしらないのか〜太陽くんは」
「はあ!?」
「動揺しちゃってるねえ〜」
太陽のほっぺたをツンツンして遊ぶ蓮。
太陽は蓮の手をハエトリみたく叩いた。
「痛いじゃん。なに〜俺と雄太の仲に入りてぇのか?あ?うむ、うけいれてあげよう、君もこれからB」
雄太が蓮の口を塞ぐ。
こいつは…口を開けばそういうことを言い始めて…
「苦しいじゃねえの」
「お前、こりないな」
「そういう人間だから〜キャハっ」
可愛く言ってもダメなもんはだめだ。
…斗真、前髪いじってねぇで俺を助けろ。
あああ、太陽、それは斗真が大切にしているブラシ…
あ、斗真が太陽に素早いキックをかました…
太陽悶絶
…お前ら何歳だ
「俺もうだめだわ」
未来がみえねぇよ
続く

29:瑠璃:2012/01/18(水) 23:59 ID:rls

私は一部始終見ていた
あ、家政婦はみた、的な
私、あれ好きなのよね〜
…と、そんなこと考えていたらいけない
蓮、いつまで電話しているの?今月の電話料金〈ピー〉円だったわ…
斗真、あなたの考えていることがわからないわ。前髪ばっかりいじって…ああ、私はどうすればいいの
太陽、いつまで寝ているの?あと、潜入そうちゃ…くそ、噛んだ
雄太、いつもありがとう、感謝しているわ。…でも蓮とは本当に○L関係なの?私…夜も眠れないぐらい気になって…って違う
「あいつどうする?」
「とりあえずビデオカメラに収めましょ」
「それいいな」
「…蓮、太陽」
こいつら滅
「せっかくきてやったのに!ジェンガ持ってきたのに!!ふざけんなお前ら!」
「ジェンガ?…いいじゃねえか!あれスリル満点でいいよな」
「あ、わかる?わかっちゃう?太陽よ。あのドキドキ感ヤバいよね!たまんないよね!…っておい!話を流すな!」
「で、華月は何しにきたんだよ」
斗真がきく。
…まともな質問じゃないか、おい。
「作戦について、さ・く・せ・ん」
「2回もいわなくてもきこえてるっつーの」
「あああ、太陽黙れ!!」
せっかく話の流れが変わったっつーのに!
このKYが!!
「華月、話そう。な?落ち着け」
「ありがとう、ああもう。雄太の優しさで涙ポロリだよ」
「そ、そうか」
ちょっと動揺気味な雄太
…なんでだよ
ま、いいか
「本題に入るから…ちゃんと聞きなさい」
続く

30:瑠璃:2012/01/19(木) 15:56 ID:rls

「私と斗真はこの音美高等学院に潜入するから…。この高校、寮制なの」
「なんかエロ〜い」
「黙れ蓮」
あいつは無視だ無視
どこがエロいんじゃ、オラ
私にミッチリ教えろよ、オイ
「で、蓮と優歌は聞き込み。蓮は吹奏楽部に聞いてきてくれない?」
「わーった」
「雄太と太陽は出番待ちで」
「なんでだよ!なんで俺がでびゃん待ち…」
はい
噛みました
しっかり噛みました
顔を真っ赤に染めます、太陽くん
ダンゴムシのように丸まります、太陽くん
「じゃあ、明日から」
私はそう言い部屋を出た。
……しまった
ジェンガ忘れた


蓮視点
「絵里ちゃんじゃ〜ん」
「きゃっ、蓮くん!」
顔を赤める彼女。
確かこの子はナンパ247人目…
「ここに○○ちゃんっていねぇ?」
「え〜他の子のこと考えてるの〜?」
「違うしーそんなところも可愛いな、絵里ちゃん」
パチンとウインク。
すると絵里ちゃんはすぐに○○ちゃんを指さす。
「あの子だよ〜。ピアノが上手なの〜」
ほう…
案外かわい子ちゃんじゃねぇか。
「ありがと、絵里ちゃん」
「バイバイ〜」
よし、これでなんとかオジョー様に叱られねぇな


音美高等学院
「私、雛森華月と言います」
「同じく転入生、木梨斗真」
・・・いた
柳瀬紗奈
続くっ

31:なな:2012/01/19(木) 17:06 ID:SW6

面白かったよw
私蓮のキャラ好きかもw

32:瑠璃:2012/01/19(木) 17:42 ID:rls

ほんと〜?
あたしは主人公の華月と太陽が言い合うところが好きだよー
書いててワクワクする☆

33:瑠璃:2012/01/19(木) 18:22 ID:rls

「じゃああそこに座って」
担任に言われる。
言われた席に座る。
隣は斗真。
・・・椅子が硬いわ
「大丈夫なのかよ」
・・・うるさいわね
「心配なんだけど」
・・・こっちのセリフだ
私が答えないことにいらついたのか斗真は肘でツンツンしてきた。
くそ、調子に乗りやがって!
ツンツン
ツン♪ツン♪
ツーンツンッ♪
このやろおおおお!!
リズムに合わせやがって!(怒)
リズム○国か!?
ちなみに私はアイドルが好きだけど?
猿だけどなんだこの野郎!!!
ブーブー
携帯のバイブだ
なにかしら?(急にお嬢様口調に変わる)
From太陽
・・・太陽か
メールを開く。
『ジェンガなぅ』
貴様ああああっっ
それ私のジェンガだしいいい!
あーーーっもう!
集中できない!!
続くっ

34:瑠璃:2012/01/19(木) 18:56 ID:rls

「華月」
イライラしているところ、斗真が話しかけてくる。
「なに」
「あれが…柳瀬紗奈だ」
斗真が目線で伝える。
目線の先は…柳瀬紗奈がいた。
黒髪でショート。姿勢はピシッとしてていかにもピアノやってますって感じ
※偏見はいけません
「では、これから30分間頑張ってください」
担任が言い終わる。
え!?
「おい…動いたぞ」
「…チッ、斗真は追いかけて。私は女子に聞き込みしてくる」
「わかった」
斗真は教室を出る。
…ふー
それより、何を頑張るのかしら?
「すいません」
女子のカタマリに入る。
「えっ…ああ。雛森さん」
(華月は偽名を使っています)
「今はなんの時間なの?」
「ああ…今は練習する時間かな。簡単にいえばコンクールのために…とか」
そいういことね
さすが音美高等学院
手のこったやり方ね…
「で、みなさんはなにをやっているのですか?」
「おまじないのはなしよ」
縦巻きカールの子が言う。
「おまじない?」
「ええ。夜12時にチョコを食べて、願い事をいうの」
おまじないなんて…あほらしい
私は非現実的なことは信じないのよ
「ねえっ、雛森さん!あなたが楽器を弾く所みてみたいわ!」
おい、縦巻き。
勝手に決めるな
「いいわねっ」
そして女子よ、賛成するな
「じゃあ音楽U室が開いているんじゃない?」
「そうね。じゃあ行きましょう!」
どうしよう!
話が進んでいく!!
続く

35:なな:2012/01/19(木) 21:50 ID:SW6

www
今さら?だけど、瑠璃の小説って笑える単語がいっぱい出てくるねwww
良いと思うっ^^d

ピアノやってる人って姿勢いいよねぇ!(^^)!
私長い曲弾いてると肩こるwww
続き頑張ってね♪

36:瑠璃:2012/01/22(日) 14:20 ID:rls

最近
更新止まってた…スンマセン
書くよっ(;゚Д゚)

37:瑠璃:2012/01/22(日) 14:31 ID:rls

とりあえず音楽U室についたお嬢様軍団。
「あら…先客がいるわ」
縦巻きが言う。
「あれは…柳瀬さんと木梨くんではない?」
斗真と…柳瀬紗奈?
一応中に入る。
―音楽U室―
バイオリン
ピアノ2台
そんなに広くないためたくさん楽器は置けない
人もそんなに入れない
なぜか、ほこりくさい。きったね…
メモ帳に書き込んでいく私。
「雛森さん?」
おおおおおっとと
「すみません、今までの道を書いていたの。迷子にならないように…おほほほ…」
こんなのみられたら…
―――ヤバいな、うん
危険を察知できるようになった華月であった。
「皆さん練習しましょ」
縦巻きが言う。
するとみんなは動き出す。
…よし、斗真の方へ
そろり、そろり足を動かす。
「と、斗真」
「なんだよ。ムーンウォークの練習かよ」
「違ぇよ」
どこがだ!
どうしたらそう見える!?
「柳瀬紗奈は…」
私は小声で聞く。
すると…
「それがな―――」
続く

38:なな:2012/01/22(日) 15:07 ID:SW6

やばいwww
華月の裏表すごいねwww
続き頑張ってね♪

39:瑠璃:2012/01/22(日) 15:08 ID:rls

ありがとうっ(T▽T)
あ、あやかし緋扇に蓮&太陽コンビ出してみたヨ☆
見に来てほしいっっ

40:瑠璃:2012/01/22(日) 19:08 ID:rls

「それがな―――一度もピアノをひかねぇ」
「どういうこと…」
「ずっとあの椅子に座ったままなんだ…意味分かんねぇ」
「――なんで…」
「それに…この教室にくる前に…準備室で止まってたんだ」
なんのために―――…
柳瀬紗奈…
この事件は奥深いものだと改めて知ることになる


あれからチャイムがなってピアノを弾くことをまぬがれた。
私はあの準備室に来ていた。
メモ帳を持って。
特に変わった物はないわ
開いているのかしら――?
ドアノブをひねる。
きぃ…
「ひ、開いた…」
びっくりしながら中に入る。
そこでピアノを見つけた。
ずいぶん使ってないのね…
ほこりをかぶってるわね…
「…花ノ宮華月」
「!?」
後ろから話しかけられる。
私の名前――――!?
ここの学校で知ってるのは…
斗真だけ…
これは誰?!
続く

41:瑠璃:2012/01/22(日) 19:19 ID:rls

「誰!」
雄太から習った回し蹴りをする。

かわされる
「・・・え、雄太?」
そこで気づく。
「危ないぞ…華月」
「どうして!」
「ちょっと嫌な情報が流れてな」
嫌な情報…
その瞬間、寒気がした
「これが送られてきたらしい。この高校に」
雄太が私に紙を見せる。
えーと…
『柳瀬紗奈、今すぐピアノをやめろ
  やめなければ、死を』
「なにこれ…っ」
「ちょっとヤバイな…と思ってな」
雄太はうつむく。
ヤバいどころじゃないわよ…
「それより…華月。こんなところに来てなにしてるんだ?」
「柳瀬紗奈がここで意味深な行動をとったから調べてるの」
「そうか…でももうすぐ寮に戻る時間だ。あんまり怪しまれる行動は――」
「「とらない方が身のため」」
声が重なる。
雄太はきょとんとしている。
「何年あんたと付き合ってると思ってるの。そんなことわかるわ」
「・・・華月にはかなわないな」
「当たり前よ」
ふふん、と笑う。
こいつらと過ごした日々はもう…
8年たった
ひょんなことで切れる関係じゃない。
「じゃあ戻るか」
「ええそうね」
私と雄太は準備室を後にした。
続く

42:瑠璃:2012/01/22(日) 19:29 ID:rls

「きゃああああっ」

寮に響く叫び声。
何事?!
声がした方に走っていくとそこには―――
柳瀬紗奈が泡を吹いて倒れていた。
「ちょっとどいて!」
叫んだ女子をはねのける。
私は息をしているか、脈はあるか…調べた。
が、結果は死んでいた。


「本当になるとはな」
「びっくりしたよ…」
雄太と斗真も寮に来た。
あのあと、斗真とも合流し、寮に帰った。
寮は男子・女子別れててそこで私たちは別れた。
帰って寮長に部屋を教えてもらって自分の部屋に行こうとしたら…
叫び声が聞こえた。
「・・・亡くなった柳瀬紗奈のためにも…ちゃんと事件解決するわよ!」
「おう!」
「ああ」
まずは…
「雄太。太陽にこれを調べてもらって。蓮には聞き込みをさせて。優歌は薬物を調べてもらって」
「ああ、わかった」
続く

43:瑠璃:2012/01/22(日) 20:56 ID:rls

あれから数分経った。
生徒は自宅で待機。先生方にも安全第一として自宅に帰ってもらった。
刑事はすぐに寮にかけつけた。
柳瀬紗奈の両親もかけつけた。
そしてわかったことは……
「薬がわかったわ」
優歌から情報が入る。
「薬はアコニチン。食べると嘔吐、下痢、呼吸困難などになり死に至る。経皮呼吸・経粘膜吸収され
 経口から摂取後数分で死亡する即効性がある。解毒剤はない。テドロドトキシンなどアコニチン
 とは逆にナトリウムチャンネルを阻害する化合物はアコニチンの作用を抑制するが
 それ自信も毒であるため、いずれにせよ死に至る―――らしいわ」
優歌から送られてきた(メール)情報を読む。
「ってことは被害者の柳瀬紗奈は薬物により死んだんだな…」
「そういうことになるわね…」
「ちょいちょいちょーい!」
私と斗真の間に割り込む。
スーツを着たおっさんだ。
「君たちね〜薬を調べてくれて嬉しいけどね〜この事件に関与しちゃいけないよ〜
 一応君たちも部外者だからね?分かったら出てってもらえるかな〜?」
部外者…ね
「すいません。自己紹介が遅れました」
「いやいや…自己紹介すりゃいいってもんじゃなくてね」
すっと背筋を伸ばす。
おっさんなんて無視無視。
「私、花ノ宮華月です。おわかりになって?」
にこり、微笑むとおっさんは驚いた顔をした。
「き…君たち…花ノ宮さんの…!」
「はい。だから関与していいですよね?部外者じゃないですよね?ん?オラ、聞いてんのか?」
「はいいいっ!聞いてます!!」
敬礼をするおっさん。
最初からそうしろよ。
私と斗真はポケットから白い手袋を出した。
続く

44:瑠璃:2012/01/22(日) 21:31 ID:rls

警察庁長官
それは―――
簡単に言えば警察中で一番偉い人
その娘が―――
花ノ宮華月


「あの〜お父様はなんと…」
「お父さん?好きにしろって言ってるわ」
「そ、そうですか〜」
さっきのおっさんがいろいろ話しかけてくる。
うるさいっつーの。
しかもそのお腹、気持ち悪い。
タプンタプンに揺れるお腹はいかにもデブってことがわかる。
「あ…このCD…」
「え?」
「バッハね」
「ばっは?」
「…わからないんでしょう?」
小馬鹿にする。
この中年ヤローが知ってるわけない。
「いいえ。私も聞きますよ。ぶっはでしたよね」
「バッハですけど」
もう嫌だ
このデブおっさん。
知ってるふりしちゃってさ。醜い。
「もって帰っていいかしら」
「えっ」
「いけないかしら。それとも―――ダメだと言うのかしら、え?」
「いいえっ!滅相もございません!!」
よし、これも証拠に…
「華月」
斗真に手招きされる。
斗真はキッチンで何かを見ている。
「何?」
「これ見てみろよ」
「え……」
なにこれ…
続く

45:瑠璃:2012/01/22(日) 21:54 ID:rls

キッチンの流しには―――
チョコのついたボウルがたくさんあった。
床にチョコが飛び散った形跡もある。
なんで…今は春。
バレンタインじゃないのに…
「意味わかんねー」
チョコを触る斗真。
「…もう固まってる…随分前に作られたか?」
「あ…」
私はひらめく。
そういえば…お嬢様軍団が言ってた…
チョコを食べて…願い事を…っていうおまじない…
「柳瀬紗奈は…チョコのおまじないをしようとしていた?」
「は?」
「ん〜でも理由がわかんない!斗真だったらどうする!?」
「だから意味分かんねぇっつの」
キレた斗真。
そ、そうよね…
今思っていたことを斗真に話す。
―――・・・・
「そういうことか…でも手作りチョコだろ?どうやって薬を摂取したんだよ
 あの薬は口に入れないと死にいたらないんだろ?」
「だーかーらああっわかんないって言ってんの!」
頭をかきむしる私。
…わかんない。
なんで柳瀬紗奈があんな行動をとったか…
ああ
お父さんなら、どうしたんだろう?
お母さんだったら…どうしたんだろう?
でも…答えてくれる人はいない。
続く

46:瑠璃:2012/01/22(日) 21:55 ID:rls

キッチンの流しには―――
チョコのついたボウルがたくさんあった。
床にチョコが飛び散った形跡もある。
なんで…今は春。
バレンタインじゃないのに…
「意味わかんねー」
チョコを触る斗真。
「…もう固まってる…随分前に作られたか?」
「あ…」
私はひらめく。
そういえば…お嬢様軍団が言ってた…
チョコを食べて…願い事を…っていうおまじない…
「柳瀬紗奈は…チョコのおまじないをしようとしていた?」
「は?」
「ん〜でも理由がわかんない!斗真だったらどうする!?」
「だから意味分かんねぇっつの」
キレた斗真。
そ、そうよね…
今思っていたことを斗真に話す。
―――…
「そういうことか…でも手作りチョコだろ?どうやって薬を摂取したんだよ
 あの薬は口に入れないと死にいたらないんだろ?」
「だーかーらああっわかんないって言ってんの!」
頭をかきむしる私。
…わかんない。
なんで柳瀬紗奈があんな行動をとったか…
ああ
お父さんなら、どうしたんだろう?
お母さんだったら…どうしたんだろう?
でも…答えてくれる人はいない。
続く

47:瑠璃:2012/01/23(月) 17:05 ID:rls

「じゃあ持ち帰るわ」
バッハのCDを片手に持ち振る。
「はいっ、お父様に今後もよろしくといっておいてください!」
…ちゃっかり
いい子ぶるのか
「名前は?」
「金井一(かないはじめ)と申します!!」
「そう。じゃあその腹をどうにかへっこませることが出来たらお父様に言ってあげる」
「ええ!?」
わたしはフッと笑い部屋を出た。
……ぼよんぼよんだったわ


私は自宅にいた。
寮は立ち入り禁止になっていて入れなかった。
「よ〜オジョー様。久しぶりじゃねえの」
「うるさい。そのチョコどけて」
「これはな〜椎名ちゃんから…」
自慢するな!!
あああっ
ムカつくムカつくムカつく…
「なんだよそのCD」
今度は太陽か
「バッハよ」
「ぶっは?」
「死」
なんで金井刑事と同じこと言うの!?
おかげであのおざましい腹を思い出し…
これ以上言わないでおこう
身のためだ…
「…気分転換に聞いてみようかしら…」
私はCDを聞くことにした。
♪〜♪〜♪
これは…小フーガ ト単調ね…
次は…ヒッカータとフーガ…
独立性が強くてお気に入りなのよ、これ
「なにこれ」
蓮がCDに触れようとする。
ハッ
「そんな汚い手で触らないで!チョコをとってきなさい!」
蓮の指先にはべっちょりチョコがついていた
「いや〜溶けてたんだもん☆」
ぺろり、指を舐める蓮。
洗ってきなさいよ、汚い
菌が体内に入る…わ…よ…
「あっ!!」
私はおもわず叫ぶ。
「ちょっと〜ビックリすんじゃんよ〜」
「―――黙って蓮、私、真相がわかったわっ」
「マジか〜じゃあ車を出してあげんよ」
「ありがとう」
ニコリ、蓮に笑う。
よし、これで事件解決よ!
続く

48:なな:2012/01/23(月) 22:57 ID:SW6

面白かったよ☆
お腹ぼよんぼよんwww
いるよねぇ〜www
そーいう子www
続き楽しみだなッ♪

49:瑠璃:2012/01/24(火) 17:31 ID:rls

なな
ありがとう〜
金井刑事はあたしのお気に入りに入ってます♪

50:瑠璃:2012/01/26(木) 23:29 ID:rls

金井刑事のお腹…
ある人がモデルです(笑)

51:なな:2012/01/27(金) 17:05 ID:SW6

????
誰??www

52:瑠璃:2012/01/27(金) 18:46 ID:2ZA

ふふふ♪
誰でしょう??
今は非公開にしときますー

53:なな:2012/01/27(金) 19:18 ID:SW6

了解しやしたっ(^^ゞ

54:瑠璃:2012/01/28(土) 16:47 ID:rls

ついた…
「失礼いたします」
バンッ!!
「きゃあっ」
…やっぱり
「藤堂美里(とうどうみさと)…あんたが犯人ね」
「…!!」
図星…かしら
「い、いい加減なこと言わないで」
「あなたは…柳瀬紗奈のいとこであって…なりすましていた…」
「ち、違うわよ!」
「じゃあ…そのウィッグは何かしら?」
短い髪の藤堂美里には…必要のないウィッグ。
「柳瀬紗奈は…髪が長かったわね?」
「そ、それは…」
「あら、動揺しているのね」
クスリ、笑うと…
藤堂美里は近くにあった果物ナイフを握り締めた。
え…ちょ…
「そ、そんなことしたら私の顔が大惨事になるわよ!…そしたら整形しなきゃいけないじゃない!!」
「きえええええっ」
―――ヤバい!!
目をつむった。
……
………カンッ!
え?
痛くない…
目を開けると、
「斗真…雄太…太陽…蓮」
なんでここに…
蓮は、いたけど…
「オジョー様が一人で突っ走るとなぁ〜」
「危なすぎんだよ」
「華月、無茶するなよ?俺が背おいなげで…」
「ジェンガ貸してもらったしなー」
……
アホじゃないの…
私は投げ飛ばされたナイフをとる。
危ないわね
「ありがとう、みんな…でももっと早くきなさいよ!!」
私は叫ぶ。
ああ、
なんでこんなに優しいのよ
―――涙が出るじゃない
私はさっと涙を拭う。
「私のボディガードでしょ?!」
ニカッと私は笑う。
「…お強いのね〜」
「フッ」
「そうだな」
「うっせー」
…クソ
私らしくない
「これから私の華麗な推理を話すから……耳の穴かっぽじって聞きなさい!!!」
続く♪

55:なな:2012/01/28(土) 22:58 ID:SW6

面白かったよー☆
続き楽しみ〜♪
なんか、私の感想って一定のことしか言ってないよね・・・
ごめんね(汗)

56:瑠璃:2012/01/28(土) 23:18 ID:rls

いやいや!!
めーーーっちゃ嬉しいから!!!
今回の感想もありがとう(*´∀`*)

57:瑠璃:2012/01/29(日) 13:22 ID:rls

最終話

「私の名推理…耳の穴かっぽじって聞きなさい!!」
私は藤堂美里に指をさす。
―――決まった…
「まず、どうして柳瀬紗奈が賞をとれるようになったか、答えは簡単。あなたがなりすましてコンクールに
 出ていたからよ」
「っ」
「あなたは吹奏楽部でピアノが上手い…これは蓮情報よ」
「はは〜ん」
ニヤニヤする蓮。
藤堂美里はハッとする。
―――あの時の!!
「気づいたようね…」
蓮は前、吹奏楽部に聞き込みをしに行った。
その時点でなぜ賞がとれていたのか解決していたのよ
「なぜ柳瀬紗奈があなたにコンクールへ出てもらっていたか……
 ―――柳瀬紗奈がピアノを弾けない体になってしまったから…ね」
ビクリ、藤堂美里は体を揺らす。
「あの日…柳瀬紗奈は準備室で止まった……ピアノを見ていたから。音楽U室でも…
 柳瀬紗奈はピアノを見つめたまま。なざなら…弾けないから」
「…!」
「そこで起きたのが…殺人予告。あなたが送ったものね」
私は鋭い目付きになる。
「その日、あなたは柳瀬紗奈に会い―――バッハのCDを渡した…毒つきの」
「!」
「は!?」
太陽と雄太が驚く。
蓮と斗真は…推理の途中で気づいたみたい。
「柳瀬紗奈は深夜…おまじないをした。手作りチョコを作って…願い事をする」
「でもそれじゃあ死なないんじゃあ?」
太陽が聞く。
「そうね…けど違う。柳瀬紗奈は…CDの輪っか部分を触って…毒が指についた。
 その指で…チョコを食べたの。もちろん、それだけじゃあ死なない。じゃあどうすれば――?
 そんなの簡単。溶けたチョコがついた指を舐めたのよ、柳瀬紗奈は」
「くっ…」
「藤堂美里は柳瀬紗奈がおまじないをすることを知っていた…だからチャンスと思ったのね」
私は一通り、推理し終える。
「…金の欲望に負けたのね。なりすましのかわりの…金に。言われていたのでしょう?
 代わりにやってくれたら…これくらいお金をあげるから…って」
「!!」
「でも柳瀬紗奈はその約束を破った…お金をくれなかったのね」
「ふ…ううううっ」
藤堂美里は泣き出した。
「でも殺人はいけないわ!!」
私の叫び声が響き―――…
推理は終わった


「花ノ宮さん!」
「金井刑事…」
「あの…CDを…」
おずおずと手を出す金井刑事。
顔がげっそりしている―――…ダイエットしたのね
「はい……と、お父様に言っとくわよ」
CDを渡し、告げる。
すると金井刑事はニパアと笑った。
――――気持ち悪
「じゃあ」
「はいっ」
金井刑事の前を去り、ボディガードの元に変える。
「お疲れさん」
「斗真…」
「お父さんに言うなんて……出来るのか?」
「―――禁句よ」
私はそう言い、車に乗る。
ボディガード4人と
お嬢様を乗っけた車は
闇夜に消えていった……

終わり☆

58:なな:2012/01/29(日) 16:18 ID:SW6

おもしろかった!!!
私は絶対わかんないなぁ(誰が犯人で、どういうふうに殺害したか・・・とか)

59:瑠璃:2012/01/30(月) 20:49 ID:rls

ななありがとう♥
「ボディガードご健在!?」
はまだ続くよ☆
第1章が半分終わったところ(´∀`*)
次は番外編を書く(;・∀・)
みんなはなそっで言ってた未来と陵を出させて♥

60:瑠璃:2012/01/30(月) 21:26 ID:rls

番外編

「よーよーオジョー様」
「…ああ、暑苦しい!離れろ!!」
「いやーんお怖いのね〜」
何がいやん、じゃ
お前は乙女か
青春パラダイスのピチピチJKか!!?
「これよぉ、もらって〜」
ピラピラ紙を揺らす蓮。
…なにこれ
「茜部プールの招待券よ〜ん」
「ぷ、ぷぷぷプール?!」
「そうよー、興奮すんじゃねえ」
はあはあ息を荒らげる私を見る蓮。
蓮の瞳には汚いものが写っているのだろうが
この際無視
「いくのか〜?」
「いくいく!」
「じゃあボディガード大集合じゃねえか」
ああ
楽しみ
待ってて、私のプールさん
私が今GOするから!!



「未来さん」
「熱い…」
「プー」
「行く!!」
プから始まる言葉なんてあれだけしかないじゃん!
この熱いなか…あれでしょ?!
まさかのプリンとかなしだからな!!
「茜部プールです…行くんですよね」
「うん。絶対いく」
「じゃあ明日迎えにいきます」
「わかった…ってん?」
あたしは…誰といくの?
陵と―――
あたしと―――
……あとは?
「陵…あとは誰がくるの?」
「え?あ……二人きりです」
顔を赤めて言う陵。

二人きり―――?!
続く☆

61:なな:2012/01/31(火) 04:11 ID:SW6

いいねっ!!!いいねっ!!!キャハーーー(>v<)

了解しやしたっ(^^ゞ
楽しみにしてやすwww
やばい・・・だんだん眠気が・・・
おやすみ!(^^)!

62:華月:2012/01/31(火) 15:57 ID:rls

私の日記

1月31日(火)
天気:晴れ
温度:とりあえず寒い

題名:華月が日記をはーじめました〜♪
内容:


始めました


―――何書けばいいんだ?

優歌に進められてはじめました

63:Tよう:2012/01/31(火) 15:58 ID:rls

おめーのネーミングセンスを疑う

64:華月:2012/01/31(火) 15:59 ID:rls

まさか…
太陽か!?

なななななんでいるんだ!!

65:R:2012/01/31(火) 16:00 ID:rls

オジョー様よ
本名だしちゃいけねーのわかってんのか??

66:華月:2012/01/31(火) 16:01 ID:rls

嘘だろ おい!!
てかどこでやってんだよ!?

RもTようもどこにいんだよ!!

67:R:2012/01/31(火) 16:02 ID:rls

えーと…
プリンセスラ≪ピー≫ホ

68:華月:2012/01/31(火) 16:03 ID:rls

放送禁止用語がでました

69:R:2012/01/31(火) 16:04 ID:rls

だから名前を変えろって言ってんのによ〜

70:Kづき:2012/01/31(火) 16:04 ID:rls

ハッΣ(゚д゚lll)

71:Tよう:2012/01/31(火) 16:05 ID:rls

俺公園で

72:Kづき:2012/01/31(火) 16:07 ID:rls

プッ=3

73:Tよう:2012/01/31(火) 16:08 ID:rls

今からナイフ買ってくる

74:Kづき:2012/01/31(火) 16:09 ID:rls

ちょーーー!!!
ま、ままって!!
ジェンガ貸してあげたじゃん!!
許して!!

75:R:2012/01/31(火) 16:10 ID:rls

いや〜
何かごちゃごちゃしてんじゃねえかww

76:Kづき:2012/01/31(火) 16:11 ID:rls

ああ救世主!!
私を助けてくだせえ!!!

77:R:2012/01/31(火) 16:11 ID:rls

無理だわ〜
俺、神様じゃねえからさ〜(≧∇≦)

78:Kづき:2012/01/31(火) 16:13 ID:rls

なんでその顔文字!?
超ムカツクんですけど!!(怒)

79:Tよう:2012/01/31(火) 16:14 ID:rls

あ〜
もう着いたわ
おめー手遅れだわ

80:Kづき:2012/01/31(火) 16:15 ID:rls

悪魔が帰ってきたああああ!!!

81:瑠璃:2012/01/31(火) 16:16 ID:rls

今日の日記強制終了

―――終わり―――

82:瑠璃:2012/01/31(火) 17:24 ID:rls

華月→もうアホとしか言いようがないオジョー様
蓮→面白い…たまにまともなことが言えるCHARA男
斗真→前髪をいじくるのはやめましょう 以上
雄太→BLなのかハッキリした方が身のため。そのうち噂になるよ☆
太陽→精神年齢小学生以下。おバカな少年

83:瑠璃:2012/01/31(火) 17:43 ID:rls

私の日記

1月31日(火)
天気:もう暗い
温度:寒いな おい

題名:チョコを作ってみた


このまえおまじないとかやってたじゃん?
まあ私は信じないけどさ
とにかく
チョコが食べたくて作ってみた訳よ


コメント↓↓↓(書きたかったらどーぞ)

84:Tよう:2012/01/31(火) 17:44 ID:rls

あれは各兵器だ
チョコなんて呼べるもんじゃねえ

85:R:2012/01/31(火) 17:44 ID:rls

そうです
今すぐ廃棄をおすすめします

86:Kづき:2012/01/31(火) 17:45 ID:rls

死・死・死

87:Yた:2012/01/31(火) 17:45 ID:rls

お前ら…イジメか?

88:Kづき:2012/01/31(火) 17:46 ID:rls

ゆゆゆYた!!
ああ
私をかばってくれるのね!!(感動)

89:Tよう:2012/01/31(火) 17:47 ID:rls

じゃあ食ってみろ
あれがチョコっていうなら
おめーの頭はおかしいな

90:Yた:2012/01/31(火) 17:48 ID:rls

そこまで言われて食えねえよ…

91:Kづき:2012/01/31(火) 17:49 ID:rls

なんで!?
食べてよ!!
今ならサービスたっくさんしちゃうよ!?
てかどこにいるのさ!!

92:ユッピン♪:2012/01/31(火) 17:49 ID:4qM

つい、見入ってしまったぁぁ!!!!
面白い〜〜〜!!!!!
犯人全然分かんねぇww
ナイフむけるって……(°△°|||)怖っ!!
さーすが、お嬢様ww事件解決☆
番外編には陵&未来も出るのか〜……
楽しみ(^^♪)/
また来てもいいかな!?><

93:R:2012/01/31(火) 17:50 ID:rls

Yたくんは今マッハで扉から出ていきました
やはりあれは各兵器と呼べるでしょう

94:瑠璃:2012/01/31(火) 17:52 ID:rls

ユッピン♪ありがとう!!
もうバカ丸出しの日記&小説してますけど(笑)
小説はあたし担当
日記は華月担当ってことで(笑)
コメントは自由に書いていいらしいよ(華月情報)

95:なな:2012/01/31(火) 17:52 ID:SW6

瑠璃ちゃん・・・来たけど・・・なにこれ。
怖いし。

96:瑠璃:2012/01/31(火) 17:53 ID:rls

えへへ…(;・∀・)
やってしまいました(-_-;)
ダメかな〜
これは…m(_ _)m←なぜこの顔もじ

97:瑠璃:2012/01/31(火) 17:54 ID:rls

ダメならやめる

98:瑠璃:2012/01/31(火) 17:54 ID:rls

ただ単にやってみたかっただけ
いやだったら言って

99:瑠璃:2012/01/31(火) 18:01 ID:rls

おおおっ
もうすぐ100だあー☆

100:瑠璃:2012/01/31(火) 18:01 ID:rls

100ヽ(*´∀`)ノ


なないる?
返事ほしいな

101:瑠璃:2012/01/31(火) 18:04 ID:rls

ユッピン♪OKですよ〜(*´∀`*)

102:ユッピン♪:2012/01/31(火) 18:05 ID:VzU

100おめ〜(^^♪)/

103:瑠璃:2012/01/31(火) 18:11 ID:rls

ありがとう(*´∀`*)
ユッピン♪はあんな日記みたいなのは嫌かなあ…

104:瑠璃:2012/01/31(火) 18:21 ID:rls

ななはもう来てくれんのかな…
落ち込むなあ…
はあ(何回目だこのため息)

105:瑠璃:2012/01/31(火) 18:32 ID:rls

はあ

106:なな:2012/01/31(火) 18:34 ID:SW6

いるいるいるいるいる!!!!!
来る来る来る来る来る!!!!!
あれはなんだったの???
なんか、ナイフがどーとかこーとか・・・?

107:なな:2012/01/31(火) 18:34 ID:SW6

あっ!!!
100おめぇ〜〜〜^^

108:瑠璃:2012/01/31(火) 18:43 ID:rls

ななありがと!!
じゃあ…
説明いたします


藤堂は柳瀬のいとこ
もともとピアノがひけた藤堂
ある事故がきっかけで柳瀬はピアノがひけなくなった
そこで柳瀬は考える
藤堂になりすまして、賞を貰えればいい、と
金はあげるから、といい藤堂を騙す
が、柳瀬は一銭もあげなかった
藤堂の怒りは爆発し、殺害に発展
もともとCDを借りるつもりだった柳瀬
そこで藤堂は思いつく
CDの輪っか部分に毒を塗ればあいつの指につく
柳瀬は今日、おまじないをする
前から…指を舐める癖のあった柳瀬は藤堂の思惑通りになってしまった


華月にバレ、果物用ナイフをとった藤堂
そこでボディガード参上
ナイフを蹴り飛ばし、危機を乗り越える←ここが足りなかったか、文に…
推理をして見事、事件解決☆



でした☆

109:なな:2012/01/31(火) 18:56 ID:SW6

わざわざご説明ありがとうございます><
なんかホントにごめん><

110:瑠璃:2012/01/31(火) 19:02 ID:rls

いやいや…
あたしの文がおかしかったんですよ
あほ丸出しの文だから☆

111:華月:2012/01/31(火) 20:53 ID:rls

私の日記

1月31日(火)
天気:もう深夜じゃないか
温度:暖房いれて快適です

題名:チョコを食え馬鹿やろう


<コメント>↓↓↓※気軽に入っちゃってください

112:Yた:2012/01/31(火) 20:54 ID:rls

全力で逃げます

113:R:2012/01/31(火) 20:54 ID:rls

それが最善だと思います

114:Tよう:2012/01/31(火) 20:55 ID:rls

よーし
<Kづき手作りチョコ廃棄隊>集合!!

115:Kづき:2012/01/31(火) 20:56 ID:rls

させねえよ!?
てかなんだ!その部隊!!

116:トーマクン:2012/01/31(火) 20:57 ID:rls

俺、その部隊に入る

117:Kづき:2012/01/31(火) 20:58 ID:rls

ああああもう!!
は!?
トーマクンって絶対Tまだろ!!
おいコラ!!ボディガード全員が部隊に入ったよ!!(怒)

118:R:2012/01/31(火) 20:59 ID:rls

いや〜
いいことじゃねえかww
(笑)(笑)(笑)(笑)

119:Kづき:2012/01/31(火) 21:00 ID:rls

↑↑↑
死んでください

120:R:2012/01/31(火) 21:00 ID:rls

↑↑↑
無理です

121:親友:2012/01/31(火) 21:01 ID:rls

みんな、Kづきをいじめないでください

122:Kづき:2012/01/31(火) 21:02 ID:rls

あああっ
なんて優しいの!!私の親友!!

おわびにチョコあげる!!!

123:親友:2012/01/31(火) 21:03 ID:rls

全力で拒否します

124:匿名さん:2012/01/31(火) 21:03 ID:rls

日記
―――終了―――

125:なな:2012/01/31(火) 21:09 ID:SW6

最後のオチ最高!!!www><

今日はこれで堕ちます☆
ばいばい^m^

126:瑠璃:2012/01/31(火) 21:10 ID:rls

バイバーイ♪
コメントの中に入ってあげてくださいっお願いします(華月から)
また来てね(o・・o)/~

127:瑠璃:2012/01/31(火) 21:26 ID:rls

茜部プール

「…いやーんっお姉さんのお胸がぁ〜」
「おおっ」
ボコッ
私は二人を殴る。
そして手に持っていたビデオカメラも。
これは盗撮だ!!
警察いきじゃね!?
「痛いじゃねえか〜傷が出来たらどうすんだよー」
「名医よびます」
話は終わる。
蓮は反抗してこなかった。
「それよりよーその水着なんだよ」
「太陽、いいところに気づいたなはははは」
「キモイから、その笑い方」
カッチーン
ムカついた、怒りゲージ飛び抜けた。
MAX超えた。
「ビキニなんて似合わねー」
「うっせえチビ!!」
「チビじゃねえええ!!黙れクソ女!!」
言い合いをする。
そこで―――
君たちに会った。


「…陵」
「はい。どうしましたか?」
―――水着、変?
ってなんできかねえんだよあたし!!
花柄のビキニ。
…あたしに似合わないな
「あ…水着、とっても似合っています」
「な…な…」
かあああっと顔を赤めてしまう。
なんで心の声が読めたんだ…
そこで君たちにあった
―――ドンッ
「うわ!」
背中があたる。
「すいません…おい!太陽!!」
…でかい人
「チッ…」
ちょっと待て
こいつ今、舌打ちした…
「ごめんなさいね〜」
「ってなんで蓮が言うんだよ!!」
怒る失礼な男(太陽)
―――あっ
「あんた…!」
「およ?」
「京都にいたナンパ男…!なんでここにいるの!?」
「……ああ、君ね。で隣があのおっかねーお兄ちゃんね」
納得するナンパ男(蓮)
「どういうこと?蓮、太陽…」

―――ここで君に会った

続く☆

128:なな:2012/02/01(水) 17:53 ID:SW6

来たっぁぁぁぁぁぁぁ><♡
陵&未来ぅぅぅぅ♡
蓮最高www
面白かったよ〜^^
続き頑張ってね☆

129:瑠璃:2012/02/01(水) 17:56 ID:rls

ななありがとっ(´(ェ)`)
頑張るぜ(`・∀・´)/

130:ユッピン♪:2012/02/01(水) 17:56 ID:m.w

!!!!!(///////)
やはりここでも陵&未来は……ラブい!!
未来ならスクール水着着そうwww

131:俺様:2012/02/01(水) 17:59 ID:rls

俺様のダイアリー

2月1日(水)
天気:んなもんしらね
温度:あーさみさみ、こたつぬっくぬく…

題名:みんなでこの日記を支配しちゃおう☆


てかさーいい加減にこの日記の名前、変えよーぜ
ねーみんセンス0女はよこいや

132:Kづき:2012/02/01(水) 18:00 ID:rls

もうどこからつっこんだらいいのかわかんないんですけど!!!
てか支配なんかすんな!!させるか!!!

133:R:2012/02/01(水) 18:01 ID:rls

ね〜
ネーミングセンス0女っていいあだ名じゃねえの
よし
次からお前、センス0女な

134:Kづき:2012/02/01(水) 18:02 ID:rls

ぶっ殺す☆

135:T様:2012/02/01(水) 18:03 ID:rls

お前の顔ウケるwww
俺の顔サイコー

136:Kづき:2012/02/01(水) 18:04 ID:rls

(°∀°)=3プッ
名医を紹介するよ

137:Tよう:2012/02/01(水) 18:05 ID:rls

(゚Д゚)<死ね

138:Kづき:2012/02/01(水) 18:05 ID:rls

↑↑↑
お前がな

139:Tよう:2012/02/01(水) 18:06 ID:rls

↑↑↑
お前はもう死んでいる

140:Kづき:2012/02/01(水) 18:07 ID:rls

だーーー!!!!
もう許さん!!!
表にでろこの野郎!!!!!

141:トーマくん:2012/02/01(水) 18:08 ID:rls

てか家で話せばよくね?

142:R:2012/02/01(水) 18:08 ID:rls

ごもっともな意見です

143:匿名:2012/02/01(水) 18:09 ID:rls

―――日記終了―――

144:なな:2012/02/01(水) 20:11 ID:SW6

瑠璃ちゃん〜^^
やっぱちょっと怖いかも・・・www
でも〜面白いwww

145:瑠璃:2012/02/01(水) 22:14 ID:rls

そうかな〜(´▽`*)アハハ
誰かがコメントの中に入れればいいんだけど〜

146:なな:2012/02/01(水) 22:22 ID:SW6

ごめんごめん・・・
みたときにはもう終わってて・・・シュン(´。∩。`)  (←これきっもーーー)WWW

今日はもうおちますなっ><
ばいばい<^!^>

147:瑠璃:2012/02/01(水) 22:40 ID:rls

きもくないしーーーッ(”;)
そうだな…
話すスピードが早いんだな、うむ
こんどから遅くしてみる!!
アドバイス(?)ありがとう(^^♪

148:瑠璃:2012/02/01(水) 22:41 ID:rls


ななバイバイ(^o^)/

149:なな:2012/02/02(木) 16:24 ID:SW6

来たよ!!!
えっ・・・???(゜-゜)
なんか・・・ごめんよ・・・><
これからはなるべく入れるようにしますw
名前は…(入るときの!!!)
ぢゃあ「まこと」で入ろうかな?www恥ずいね☆///

150:瑠璃:2012/02/02(木) 18:50 ID:rls

いいよーー(・∀・)オッケー!
華月たちは…
うん、また喧嘩しだすかもwww
そこの中に入っちゃって!!(笑)

151:瑠璃:2012/02/02(木) 18:51 ID:rls

いいよー♪(・∀・)オッケー!
華月たちは…
うん、また喧嘩しだすかもwww
そこの中に入っちゃって!!(笑)

152:瑠璃:2012/02/02(木) 18:52 ID:rls

上エラー(T_T)

153:瑠璃:2012/02/02(木) 21:26 ID:rls

オジョー様&ボディメン☆

2月2日(木)
天気:雪だったなー
温度:超絶寒い

題名:変えてみました

いや…
あのさ
あいつらがうるさいからさ
ウザイからさ(-_-;)
変えてみた☆
オジョー様は私で
ボディメンはボディガード+イケメンにしてみた☆

<コメント>↓↓↓※気軽に入っちゃってください

154:Kづき:2012/02/02(木) 21:28 ID:rls

ぎゃあああああ
作者に乗っ取られたああああ!!!!Σ(゚Д゚|||)

155:Tさん:2012/02/02(木) 21:28 ID:rls

いいじゃねえか
お前よりネーミングセンスいいと思うぞ☆

156:トーマくん:2012/02/02(木) 21:29 ID:rls

( ゚ー゚)( 。_。)

157:Kづき:2012/02/02(木) 21:30 ID:rls

え?
どゆこと??

158:トーマくん:2012/02/02(木) 21:30 ID:rls

うんっていみだ、ねーみんぐせんすいいとおもう

159:R:2012/02/02(木) 21:31 ID:rls

漢字変換しましょう

160:匿名:2012/02/02(木) 21:33 ID:rls

―――日記終了―――

161:なな:2012/02/02(木) 22:25 ID:SW6

ちきしょーーー><
また乗り遅れてしまった・・・・
ごめんよTへT

162:瑠璃:2012/02/02(木) 22:46 ID:rls

なないいよぅ〜☆
多分、次は入れると思う!!

163:Kづき:2012/02/02(木) 22:49 ID:rls

オジョー様&ボディメン☆

2が2日(火)
天気:もう暗い
温度:こたつはあったかいですね☆

題名:無題


皆さん

もうすぐバレンタインですね

<コメント>↓↓↓※気軽に入っちゃってください

164:Tよう:2012/02/02(木) 22:50 ID:rls

うわあああ
悪魔の儀式!!!!

165:R:2012/02/02(木) 22:50 ID:rls

Kづきは今、出かけてる

166:Tよう:2012/02/02(木) 22:51 ID:rls

お、おっし
<Kづき手作りチョコ廃棄隊>集合!!

167:トーマ:2012/02/02(木) 22:52 ID:rls

(^o^)/

168:R:2012/02/02(木) 22:52 ID:rls

お前ってさ、ふざけてるわけ??

169:トーマ:2012/02/02(木) 22:53 ID:rls

もうちょっと隊員あつめようぜ

170:R:2012/02/02(木) 22:53 ID:rls

無視か

171:Tよう:2012/02/02(木) 23:24 ID:rls

隊員募集中

172:まこと:2012/02/03(金) 06:49 ID:SW6

俺却下

173:なな:2012/02/03(金) 06:50 ID:SW6

↑???
入れた〜=v=  のかな?

174:Kづき:2012/02/03(金) 17:43 ID:rls

まことの言うとおりだあああっ
お前らなにちゃっかり隊員募集しちゃってるわけ!?
ねえ、は!?
聞いてんのかオラ!!!

175:Tよう:2012/02/03(金) 17:44 ID:rls

ひとまず退散
みなさんさよなら(^ _ ^)/~~

176:Kづき:2012/02/03(金) 17:45 ID:rls

お前がしきってんじゃねええええ!!!

177:匿名:2012/02/03(金) 17:45 ID:rls

―――日記終了―――

178:なな:2012/02/03(金) 18:02 ID:SW6

あっ!!!
やった!!!
念願が叶ったぜ☆

179:瑠璃:2012/02/03(金) 18:09 ID:rls

なな〜
次の日記ではまーさーかーのっ
新キャラでちゃう!?
で書く………らしい(華月情報)
そのときも入れたら入ってくださいな♪

180:瑠璃:2012/02/03(金) 18:20 ID:rls

「―――あら…」

未来視点
そこには…美人さんがいた。
…だれこれ!?
人間!?
あたし…隣にならびたくない
「こんにちわ」
「あ…こんにちわ」
ニコリと微笑む笑顔はあたしじゃ到底敵わない。
「えと…太陽がなにか」
「えっ…と」
「あー…華月、太陽がその人にぶつかったらしいんだ…蓮は知り合いなんだよな?」
「知り合いじゃねえよ〜ナンパ…」
「蓮よ、黙れ」
…蓮っていうナンパ男が美人さんに睨まれてる
「すみません、私のボディガードが」
「ボディガード?」
この人お嬢様…?
「私、花ノ宮華月といいます…なんとお詫びをしたら…」
「いいえ、しなくていいです。あたしは唐沢未来で…」
「神山陵です」
陵が答える。
―――こいつら何もの?
陵が警戒しているのがわかる…
続く☆

181:なな:2012/02/03(金) 19:42 ID:SW6

ナイスっ!!!華月!!!
ツッコミ最高!!!

182:なな:2012/02/03(金) 22:48 ID:SW6

瑠璃ちゃん・・・
やっちゃった・・・・

あやかし緋扇のやつ・・・・
1000をとってしまった・・・・・
どぉぉしよぉぉぉ><
マジごめん!マジごめん!マジごめん!マジごめん!マジごめん!マジごめん!

183:なな:2012/02/03(金) 22:50 ID:SW6

私最低だぁぁぁぁ(T_T)

184:瑠璃:2012/02/03(金) 23:02 ID:rls

さ、最低じゃないっすよ(;゚Д゚)!

ななは優しいし!!←サラっと口説いてんな

別にいいよ^^
次は気を付けてくれれば♪
この話はしゅーりょーっ
新しいの作ったから来てね☆

185:なな:2012/02/03(金) 23:04 ID:SW6

うううっ・・・・
や!!!でも!!!本当にごめんなさい。

次からはめっちゃ、め〜っちゃ気をつけます><

今すぐ行きます!!!

186:瑠璃:2012/02/03(金) 23:05 ID:rls

来てきて☆

187:瑠璃:2012/02/04(土) 13:27 ID:rls

華月視点
―――非常にいらついています
蓮、なんでナンパ?あと太陽、なぜ止めなかった。
怒りゲージはとっくにMAXを超えていた。
それに…
なんなんだこのカップル!!(未来と陵のこと)
イチャイチャしたくてプールに来たのか!!
あー
そうですよ!!
私にゃー彼氏いませんけど!!!
――――虚しくなった
「ふふ、ふふふふふ」
「華月、こえーぞ、あと頭イかれて」
「いつもよ」
ここは否定せず。
イかれてねぇよ
あとで覚えてろ、斗真
「あのー…失礼していいですか」
メガネの男の子が話す。
確か名前は神山陵。
「ええ、どうぞ」
私はにっこり笑う
さっさと去れや、リア充野郎共が
そのとき

「きゃああああ!!!」

更衣室から悲鳴が聞こえた

続く✿

188:瑠璃:2012/02/04(土) 16:01 ID:rls

引き続き華月視点
「きゃあああ!!!」
悲鳴が聞こえる。
私はすぐ行こうとした。
―――が隣は蓮
「…そこで待ってて」
「何いってんだよ、悲鳴が聞こえたろ?ほら!いこーZE!!」
「目が輝いていますけど」
もう絶対、こいつ更衣室に行きたいだけだろ
「僕も行きます」
「―――神山くん?危ないから待っててくれる?」
「いえ。大丈夫ですから」
―――強情だな
「じゃあついてきて」
私は更衣室に向かった。
声からして女子更衣室。



「どいて!!」
「どけよ〜」
私と蓮は野次馬を突き飛ばして中に進む。
そして、やっと目標地点までたどり着いた。
「―――華月さん!!」
「…金井警部」
いつもどおりお腹をぶるんぶるん揺らす金井刑事。
―――水着姿だった。
見てはいけないものを見た気分だ。
それは置いといて、
「どういった状況で?……それと
 
 このプールの扉を閉めること!!犯人はまだ近くにいるわ!!!」

続く☆

189:なな:2012/02/04(土) 17:27 ID:SW6

wwww
金井警部最高!!!

190:瑠璃:2012/02/05(日) 13:40 ID:rls

金井刑事の水着姿、
拝みたいですか??
一瞬「おえっ」
ってなるかもよwww

191:なな:2012/02/05(日) 17:24 ID:SW6

うん・・・・・・
3秒直視したら失明〜・・・なんちゃってwアハ

192:瑠璃:2012/02/05(日) 21:32 ID:rls

いいえ
気絶しますwww

193:瑠璃:2012/02/05(日) 21:53 ID:rls

「はい!!」
金井刑事は走っていく。
今見えた、倒れている人が。
男だ。
―――これは…
「外傷がねえな」
「蓮!!」
「ってことは…首でも締められたか?」
「物騒だわ」
「意見を言っただけじゃねえのよ〜」
ポリポリ頭を掻く蓮。
…周りに保護者がいたらどーすんだ
「…跡はないから締められたわけじゃない」
「心臓麻痺か?」
「かもしれないわね…」
「いえ、違いますよ」
隣から聞こえる声。
蓮でも斗真でも太陽でも雄太でもない
―――神山 陵だった
「胸のあたりをみてください」
「え?」
私は胸を見る。
…あれ?
「なに、これ…」
「ペースメーカーって知ってますか?」
「へ?」
間抜けな声を出してしまう。
「心臓の補佐をする機械ですよ」
「え…そうなの?―――あっ!そういうことね
 犯人はこの人がペースメーカーを使っていると気づかず…電気を流してしまった」
「そうです。そして…流れた途端、機能が止まった」
「―――共に心臓も止まった」
私はニヤリ、笑う。

194:瑠璃:2012/02/05(日) 22:13 ID:rls

「…でも、誰が犯人かしら」
「―――それは…」
「ごめんなさいね…攻めるつもりはないの」
私は謝る。
「いえ、気にしていませんから」
そこに、
「な〜な〜ビデオ返して〜今撮る」
「プールに沈んでしまえ」
無性にイラッときた。
蓮って状況わかんないわけ!?
「陵!!」
さっきの女の子が中に入ってくる。
「ひっ…」
その子は息を飲む。
ま、こんな反応でしょ
「下がって」
「は、はい…」
「未来さん」
男は女のそばに行く。
あ、今もイラッときた。
いや、ムカついた。
「なー返して〜」
「…うるさいな!!!」
しつこいな!!
「でも、中を消してからね」
「チッ」

舌打ち聞こえましたけど
クビにしましょうか
私はデータを消そうとする。
―――そこで気づく
「これ…被害者よ」
「お?」
蓮も見入る。
「ほら、これ」
私は指をさした。
…間違いないわ
「おー、ほんとだ。こいつ彼女もちかよ〜」
「…」
「無言かよ」
男の隣には女
でも女は若くて…男と年齢差を感じる。
「!!」
「…更衣室に入っていったな〜」
―――見えた
「事件解決を急ぐわよ!!」
続く☆

195:華月:2012/02/06(月) 16:19 ID:rls

オジョー様&ボディメン☆

2月6日(月)
天気:雨
温度:寒いです

題名:無題

蓮が女の子禁断症状が出て大変なんだって
知るか、って話だよね
でもメイドが居なくなって家事が大変なんだよね
―――てことで男のメイドを雇ってみた☆

コメント↓↓↓※気軽に入っちゃってください

196:Tよう:2012/02/06(月) 16:20 ID:rls

てめ!!
ふざけんな!!
なんだあのむさくるしい奴らは!!!
二度見しちまったじゃねえーか!!

197:Yた:2012/02/06(月) 16:21 ID:rls

な、華月
なんでもかんでもメイドにすりゃいいってもんじゃないんだぞ?
もう高校生なんだからわかろうな?

198:Kづき:2012/02/06(月) 16:22 ID:rls

いじめか、これは

199:R:2012/02/06(月) 16:24 ID:rls

…今、俺の部屋にメイド服を着た男が…

200:トーマクン:2012/02/06(月) 16:25 ID:rls

―――誰だこいつ、ゆきじ?
俺の隣に突っ立ってる

201:Kづき:2012/02/06(月) 16:26 ID:rls

あああああ!!
トーマクンダメだって!!!
そいつ、新キャラだよ!!

202:Tよう:2012/02/06(月) 16:27 ID:rls


いきなり?

203:Yた:2012/02/06(月) 16:28 ID:rls

ん?
この人特別校舎にいないやつだな
普通化か?

204:Kづき:2012/02/06(月) 16:28 ID:rls

わーーーー!!!
もうネタバレだ!!!

205:匿名:2012/02/06(月) 16:29 ID:rls

―――強制終了―――

206:なな:2012/02/06(月) 17:27 ID:SW6

面白かったよー^^

あぁ・・・はいれなかったなぁ〜=3=
次は頑張ってはいれるよーにするね☆

207:瑠璃:2012/02/06(月) 17:50 ID:rls

なな、まことを小説に出していい?

208:なな:2012/02/06(月) 22:36 ID:SW6

okok!!!
okよぉ〜^^

209:瑠璃:2012/02/06(月) 23:11 ID:rls

ななありがと〜!!

210:瑠璃:2012/02/06(月) 23:12 ID:rls

じゃ、出しちゃいます!!

まことってどんなキャラなのか…外見なのか…

うむ…悩む
まさかの無口キャラか??

211:なな:2012/02/08(水) 22:06 ID:SW6

まこともかっこいいんだぜ☆
でも…やっぱ・・・本命はぁ♡   陵様でござんす☆

212:瑠璃:2012/02/08(水) 22:24 ID:rls

ですよねwww

カッコイイ=陵♥

ですから☆

213:なな:2012/02/08(水) 23:23 ID:SW6

ビバ同感!!!

214:瑠璃:2012/02/08(水) 23:26 ID:rls

yes!!

215:なな:2012/02/12(日) 23:36 ID:SW6

瑠璃ちゃーーーーん・・・?
あやかし緋扇の新しいスレどーいう名前?

216:瑠璃:2012/02/12(日) 23:47 ID:rls

好きなだけ書き込め!大好きやでこの野郎!
ってやつ!!

217:なな:2012/02/13(月) 00:12 ID:SW6

了解した!

218:なな:2012/02/23(木) 21:00 ID:SW6

あ〜・・・暇・・・
相棒がいない。
なんと言う屈辱。
just9時!
無駄な書き込みすまぬ><

219:瑠璃:2012/02/26(日) 17:58 ID:rls

相棒!おるで〜(^^♪

220:なな:2012/02/27(月) 00:53 ID:SW6

おったぁ!!!!

ちょっとおきまして・・・w

一安心(#^.^#)

寝るっ!

おやすみぃ〜・・・

って誰もいないからいいやっ☆

221:瑠璃:2012/03/01(木) 19:14 ID:rls

桜舞うを書きます〜!!
ではでは↓↓

222:瑠璃:2012/03/01(木) 19:24 ID:rls

「桜舞う」

……なわけないか。
私と海は卒業式に初めて会ったはずだし。
違うな、うん。
「桜華さん…どういうことですか」
「…別に」

「説明してください!!」
真剣だ。なんか怒ってるし。
説明はめんどい。
けど、言わないと―――めんどくさいことになりそう…
「わたしね、命を狙われてんだ」
「―――え」
「じゃ」
そう言って私はそこを立ち上がった。
なんで辛いことをリピートさせるかな。こっちが辛い思いになるっつーの!
わかって聞いてんのかっての!!


ピリ、ピリリリリ…
「うるさいっつの!!」
バンッ!目覚まし時計を叩く。
あー、壊れた。マジ最悪。
時は去って休日。
inmyhouse。
「桜華」
下から声。お父さんだ。
多分そこにはお母さんは居ないのだろう。
話の内容はだいたいわかる。
階段を降りると予想したとおりお父さんしかいなかった。
「百合は会社に行った」
私の心を察したのかお父さんはそう言った。
「これ、今月分」
どさり、封筒を机に落とす。
「これだけあればたりるだろう?」
「ん、ありがと」
机にあるお金の入った封筒をとる。
その封筒はズッシリ重く。受け取る自分は罪悪感に満ちる。
いつからだろう。
こんな風にお金だけ受け取って、独りでご飯を食べて暮らしているのは。
続く☆

223:なな:2012/03/01(木) 22:01 ID:SW6

かなしっ!!!


お久だねぇ〜〜^^

面白いなぁ〜♡

224:なな☆:2012/03/21(水) 18:26 ID:SW6

私名前に☆つけることになったからよろしくね〜^^

225:アーナ:2012/03/22(木) 11:31 ID:S6w

入れてください〜

226:ゆきみ♪:2012/03/28(水) 23:07 ID:fT6

こんばんわ〜^^

「ボディーガードご健在?!」
すごくおもしろかったです><
読みながら少し笑ったりしてしまうほどおもしろかったです☆
なかなかこんな面白い話書くのは難しいと思うので頑張ってください><
応援してます☆

すごく続きが楽しみなので書いてください!!
お願いします!!

227:瑠璃:2012/03/29(木) 15:02 ID:rls

ゆきみさんありがとうございます!
また書けたら書きます!!
それまで待っていてください…すみません(汗)

228:ゆきみ♪:2012/03/30(金) 20:06 ID:fT6

はい^^
楽しみにしてます☆


書き込む 最新10 サイトマップ