bad end night

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:匿名さん:2012/01/26(木) 18:00 ID:i-RWw

ボカロの曲です!次からか書きます!

2:+鬼姫+:2012/01/26(木) 18:01 ID:ktM

ボカロ!!!!!!誰のきょく?

3:匿名さん:2012/01/26(木) 21:38 ID:i-RM.

ミク、リン、レン、グミ、がくぽ、カイト、メイコだよ!

4:匿名さん:2012/01/26(木) 22:46 ID:i-Zs.

深い深い森の奥…


私は色褪せた手紙を持って森に迷い込んでしまった。
「怖いなぁ」

さらに奥に進む。

するとそこには…


古びた洋館があった…


コンコン
壊れかけたドアを叩く
「あの…だれか…いませんか?」
「おや、お嬢さん、お困りですか?」
ビクッ

紫色の髪の執事がいた。
「あの…これ…」と、手紙を見せる。
「あぁ、お客様でしたか。中にお入りください。わざわざご苦労様です」
と執事は言い、中に入る
「ヨウコソ!」と八歳くらいの黄色い髪の子が出てきた。
「不思議ノ館ヘ!」と黄色い髪の男の子も出てきた。
「歓迎しちゃいますよ!」とメイドの人がお茶を持ってやって来る。

「お客様かい?」
「これはご主人様。」
「おかえりなさいませ」
「オカエリー」
「オカエリー!」
「あら、お父様、おかえりなさい。」
お嬢様らしき人が来た
「あぁ、ただいま。それにしても会えたのは何かの縁だな。」
「「ナラ、パーティーパーティー!」」
と、二人が言う。
「歓迎しましょ♪」と歌を歌う
「じゃあご馳走の支度を。」
「かしこまりました。」


こうして、私の悪夢が始まった


書き込む 最新10 サイトマップ