菜那のオリジナル小説♪

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:菜那 広島:2012/02/09(木) 09:59 ID:usw

こんにちわっす☆
いつもハイテンションな菜那です☆
はじめて・・なんと・・
このスレを作りました!
か・・感激(涙)
守ってほしいことは
1、悪口はやめてください
2、ばかにしないでください
3、小説は書かないでください
では、スタートです♪

2:菜那 広島:2012/02/09(木) 10:30 ID:usw

まず・・
登場人物を書きマース☆
主人公
永沢秋(ながさわあき)14歳、中2
性格・・明るく、元気、天然
特技・・運動、勉強、料理
髪、スタイル、モテ度・・ボブで髪の色は茶色。ネコ耳をつけている。
スタイル抜群。背は160あり、足が長い。
モテ度は、めちゃくちゃモテる。
いちよ・・すきなひといる
スポーツ抜群。
赤川鉄馬(あかがわてつま)14歳、中2
性格・・クール、しっかり者(顔はかわいい)
特技・・運動、勉強
髪、スタイル、モテ度・・前髪はピンでとめている。茶色の髪。
スタイルはあんまよくない。
背は154で、体重はみんなと変わらない。
あだ名は、「ちび」
秋よりモテる☆
秋とは幼幼なじみ。
こんくらいかな♪

3:菜那 広島:2012/02/09(木) 10:33 ID:usw

秋は女で鉄馬は男☆

4:ルーナ:2012/02/09(木) 18:04 ID:ZH6

菜那〜☆きたおー(^^)

5:菜那 広島:2012/02/09(木) 20:03 ID:usw

きてくれてありがとウ♪
マジでうれしい(涙)
あ・・忘れてた・・
小説書くね☆
キーンコーンカーンコーン
「やばい遅刻――(汗)」
ガラ・・・
「おーーおせーぞ。秋」
「しょうがないっしょ。先生」
「ま・・それは置いといて・・ホームルムするぞ」
「どうしたんすか。なななんか事件でもあったんすか!?」
「いや・・ない・・が人間はいる。入ってこい」
「はい」
入ってきたやつは前髪をピンでとめている。男・・アれ後ろに女が・・ま・・いっか
こいつ明らかに・・モテる・・だって「キャー――」「なんかかわいくない!?」「タイプ」
とか聞こえてくるから・・・だ・・
「え――こいつは・・誰だっけ?」
シ――――ン
「・・・あ・・おれは「すとーーぷ。先生が生徒の名前忘れてどうする!」
「亜――すまんすまん。鉄馬って名前だったような・・」
「も〜いい!」
「俺も、もういい!鉄馬あのネコ耳のところえ座れ」
「なにその言い方!」
「@::*+/@/・」:「。、」¥^」これ今ケンカチュー
「ああのやめてくださいっ!」
「ああ(怒)・・ってだれ」
そこにいたのは心の弱い子犬みたいなおんなのこだった・・
途中だけど感想下せえーー
おねがいだーー

6:ルーナ:2012/02/09(木) 20:15 ID:ZH6

心の弱い子犬みたいな女の子?
‥‥‥って誰!? 2人転校生?

7:菜那 広島:2012/02/10(金) 09:46 ID:usw

そうなんよ☆
続き書くね☆
「ああ(怒)・・ってだれ」
「あ・・私ですか・・私は「おお!秋川名子!どこに行ってた♪」
「え・・ずっと・・机の後ろに・・隠れてました・・」
「はあ・・そうだ!お前人見知りの人の隣に座れ☆
お☆いいやつがいるぞ♪あっこに座れ☆」
「あ・・はい・・」
名子の隣の子は、めちゃくちゃ地味の男
タイプじゃないな・・・・
「で・・鉄馬はあのネコ耳のところ㋓座れ」
「はい」
「はーーいでわ・・メイドカフェをする。いきなりだな!はははは
俺の姉ちゃんが風邪でさ――。1週間だけ代わりにしてくれってゆうからさーー」
「はーい。却下。」
「私も却下」
「僕も」
「はーい。みんなそんなこと言わない!金出すから・・」
「にゃーーイ♪あたししまーす♪」
「俺も」
「ジャー決まり♪今日からするぞ♪着替えろーー」
「はーーーい」
これであたしが・・・・・・・・・きっかけになったのだ。
・は言葉が入るよ♪ちなみに言葉が入るのは9個入る♪
それより感想ちょうだい♪

8:菜那 広島:2012/02/10(金) 09:47 ID:usw

間違えた・・10こだった。

9:姫ちん♪ ◆F4eo:2012/02/11(土) 16:34 ID:0pE

菜那ちゃん♪

10:飛鳥:2012/02/11(土) 18:06 ID:x8Y

菜那さん、始めまして。いろんなスレに、
顔を、出している飛鳥です。タメ&呼び捨て
していい?私は、していいよ!これから、
よろしく★

11:菜那 広島:2012/02/11(土) 19:49 ID:usw

いいよ♪(タメ&呼び捨て)
姫ちんsと飛鳥これからよろしく!
続きはもうちょっとしてから書くね♪

12:リオカ:2012/02/11(土) 20:55 ID:2bE

菜那さん。
ありがとー。お礼に来たよー。

13:菜那 広島:2012/02/12(日) 08:31 ID:usw

いや――こんなに来てくれて感激(涙)
そゆうことで・・
小説書きマース☆
新しいの書きます☆
登場人物
安藤美紀(高1)
地味でおとなしい
眼鏡をかけていて三つ編みをしている
だが眼鏡と三つ編みをほどけば超美少女。この時だけモテる。
スポーツと料理が一番できる。・・まあなんでもできる・・
赤水勇気
明るくドSで女子に人気
ネコ耳を付けてをりかわいい女だけかわいがる
でも美紀だけ顔が赤くなる・・
スポーツ万能
秋葉奈美
勇気の幼なじみ
美人でスタイル抜群
だが、美紀よりは美人ではない
ボブで黄色の髪
勉強ならできる
このくらいっす☆
小説は後から書くね☆

14:菜那 広島:2012/02/12(日) 08:33 ID:usw

書くの忘れてたけどみんな高校い年生だからね☆

15:菜那 広島:2012/02/12(日) 08:35 ID:usw

高校1年生だった・・
ごめんね・・

16:モコモコ:2012/02/12(日) 08:51 ID:DCo

来てみたよ!菜那!!

17:菜那 広島:2012/02/12(日) 11:42 ID:usw

モコモコありがと!
小説書くね☆
「ねーねー聞いて―今日さー転校生来るらしいよ」
「うっそーー・・男?」
「違うんだって・・女」
「はあ・・違うんだ・・でもそんなの来なくても勇気君がいるもんね」
「そうだね――あ噂をすれば・・勇気くーん」
タタタタタタタ・・・
「ここですか・・うちがいく学校チューもんは・・
楽しみになってきたわ☆」
こうしてうちの勇気とのがっこうせいかつがはじまった・・
途中じゃが感想おくれ
この後続き書くから☆

18:菜那 広島:2012/02/12(日) 12:04 ID:usw

続き書くね☆
「あれここどこやろ・・迷ってしもうた」
どうする・・うち・・もうホームルーム始まるわ・・
どーうーすーるー
ドン・・
「いったーあ・・す・すいません・・」
「あーこちっこそごめん・・」
ワ・・イケメンさん・・あ・・そうだ
「あ・・あの・・ここどこですか・・」
「あ――ここか・・地下・・」
「地・・地下ですか!?」
ふふつうないやろ・・地下なんか・・
「ああ・・そうだ・・」
「あのもういっこいいですか・・職員室どこですか・・」
「・・俺についてこい」
「は・・はい・・」
5分後・・・・
「ここだ・・」
「あ・・ありがとうございました」
「い・・いや・・こっちこそありがと・・」
「では・・」
コンコン・・
「入れ」
「失礼します」
「お前か転校してきたやつは・・」
「は・・はい」
「まーおまえは・・・・・・」
「はい」
ガラ(教室)
「おい・・みんな今日は転校生がいる・・入ってこい・・」
「はい」
とちゅだけどかんそうください

19:菜那 広島:2012/02/12(日) 13:35 ID:usw

「まーおまえは・・・・・・・」
のとこは長いので省略してるので
続きがあるとゆうことね☆

20:菜那 広島:2012/02/12(日) 13:56 ID:usw

じゃあ・・続き書くね☆
あそうだ♪小説書くのを私だけじゃなくてもいいことにします!
話戻って書きマース☆
「え―こいつは安藤美紀という・・地味だがみんな仲良くやるんだぞって・・
勇気!寝るな!」
「にゃい!俺は元気で話を聞いていま・・・ぐーーぐーー」
「だから寝るな――!あ・・安藤さんはあのいま寝ている奴の隣に行ってください(怒)」
「は・・は・・い」
「せんせー安藤さんが怖がってます!」
「あーごめんごめん・・じゃあ授業始めるか☆」
「はい!」
勇気くんはずーとねていました・・
放課後・・
「勇気!起きて〜☆」
「なんだよ・・って里見!」
里美は俺の彼女なんだけど・・すきじゃない・・
てかタイプでもないのに付き合ってる・・だり・・
「勇気♪一緒にかえろ♪」
「あーごめん・・」
「わかった・・アしたね・・」
「あーほんとごめんな」
これがきっかけで俺たちはわかれた・・よっしゃ―☆
きり悪いけど終るね♪

21:菜那 広島:2012/02/12(日) 14:23 ID:usw

続き書くね☆あ・・そうだ美紀の性格なんだけど明るくします☆
なんかかえてばっかでごめん・・

「うは――・・おなかすいた・・」
ジュージュー
コトコト
「できた――☆いっただきまーす」
「ごちそうさま・・さ・・着替えるか」
うちの服装は・・今冬やからセーター着てマフラー巻いてスカート短めにして
眼鏡はつけて今日はくくらないという格好です☆
「よっしゃ!これでばっちりや!ほんじゃいってきます」
とことことこ・・
「ねえねえそこの姉ちゃん☆一緒に遊ぼうよ♪」
「え・・」
な・・なんぱ・・は・・はじめてや・・こんなん・・
「ねえねえ」
「ご・・ごめんなさい」
「なんだとこの野郎!女だからって殴られないと思うなよ!」
パシッ
「ああ?女だからってなぐらんと思うなよ!」
バコ!
「あ・・アにき!」
「お覚えてろ・・」
「いや・・無理やな・・おぼえられへん」
「名なんだと・・まあケンカはやめといて兄貴を助けないと!」
「そ・・そうだな」
バタバタバタ・・
「よわ・・」
「きゃ・・やめてください・・」
「ん?だれや・・」
かんそうください♪
お願い☆

22:姫ちん♪ ◆F4eo:2012/02/12(日) 14:35 ID:rf2

小説かいたよ♪
ナンパかぁ〜♪失敗したらなぐんのかい!

23:菜那 広島:2012/02/12(日) 15:07 ID:usw

そうなんだよ〜☆
ひどいっしょ・・

24:サァ〜ヤ:2012/02/12(日) 20:57 ID:ZH6

菜那さん、来ました☆

25:菜那 広島:2012/02/13(月) 19:32 ID:usw

ありがとうございます(涙)
いまからチョコつくってくるんで
すぐに来れないとゆうことで☆
バイビ――☆

26:菜那:2012/03/03(土) 22:01 ID:usw

おひさーー^^
続きかくよーー^^
「キャア!」
おお!あ・・あいつは・・学校2位の美人・・
奈美ではないか!憧れなんだ――^^(1位は美紀なんですけど・・)
早速!
「おい!なにやっとんや!その美少女に!」
「はあ?こういうやつが狙われるんだよ!」
シュッ!
「あ?誰にそんなこと言ってんだよ!」
バコ!
「アニキ!」
「おっ!覚えてろ!」
「はいはい・・分かった分かった☆」
「あ・・ありがと!助けてくれて!」
「いえいえ☆」
「ねえ・・友達になろ!」
「え!いいの!なるなる!」
「さっそくなんだけど・・相談に乗ってくれない?」
「ウ!うん!」
「あのね・・私実は・・」
途中だけど感想頂戴!
今度は・・ラブラブモード・・
全開で行くよ!

27:菜那:2012/03/24(土) 10:58 ID:usw

だーれかいる?


書き込む 最新10 サイトマップ