恋愛小説好きな人来て♪

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:菜那 広島:2012/02/12(日) 15:36 ID:usw

これでスレが2つ目になる菜那です!
守ってほしいことは
1、ケンカやぼうごんはやめて!
2、タメ&呼び捨てあり☆
3、何年せいか教えて♪
この3ッつを守ってください!
言い忘れてたけど書くのは私・・時々しか書かないから
皆さんも書いてください!
ではスタ−トです☆

2:*彼方*:2012/02/15(水) 20:13 ID:1rg

好きでーす!!!(恋愛小説)

あ、彼方のスレにも来てね〜
「ぼっちさん。」だよ!!!
あずにゃんは彼方だからね!!!
よろ☆

ちなみに、小6で、11歳!
よろしくね、菜那!!
彼方の事は、「かなかな」って、よんでちょーだい☆
あ、あずにゃんでもいいけど♪
とりあえず、よろしく☆

3:あい:2012/02/16(木) 17:18 ID:CrY

私も好きでーす。よろしく^^
私も小6で、12歳だよ。

4:菜那 広島:2012/02/17(金) 16:35 ID:usw

いや―こんなに来てくれるとは・・
ホンマうれしい☆
後で小説書くね♪

5:*彼方*:2012/02/18(土) 00:09 ID:6wo

うん!
小説、書いてね!?

6:あい:2012/02/18(土) 08:14 ID:CrY

私もスレ書いててそこでの名前は亜香音だよ
オリジナル小説よかったらきてね!

7:菜那 広島:2012/02/18(土) 10:42 ID:usw

分かったあい☆
行くね☆じゃあ小説書くね♪
「いってきマース☆」
うち坂本亜柚璃
ぴちぴちの中学1年生や☆
うちは全く男に興味ない・・
未来のうちはどんなんやろ♪
「あーゆーり♪」
「ああ・・加奈か・・」
「なによその反応・・」
「まーええやないか☆」
「よくない!いきなりだけど好きな人できた?」
「めっっッチャいきなりやないの!
まあ・・いいか☆うちな・・まだできへんのよ・・」
「ふーん☆そうなんだ☆あたしはできた☆」
「へーーって・・できたん!?誰なん!?」
「ウフフフフフ☆それは・・
松本・・春樹君☆」
「へ――・・あのモテモテくん・・
えーやないか☆」
「でしょ♪春樹くんと一緒のクラスになったらなーー」
「じゃあ・・それかなえてあげよっか☆」
「え・・いいの☆・・よっ!金持ち&9頭身美女☆」
「イ・・イヤー―☆じゃあお父様に頼んでくるね♪」
「うん!」
「もしもしお父様。加奈を松本春樹って人と一緒のクラスにしてあげて。」
「うむ分かった。それと・・お父様と言うな」
「あ・・はい。」
ガチャ・・
「これでオッケイ!いこ!加奈!」
「うん!」
感想ちょうだい☆
続きは後で☆

8:☆ユキリン☆ sakurasaku5062@i、softbark、jp:2012/02/18(土) 10:49 ID:77Q

小説見たけど、すごいねっ(^O^)早く続き見たいな☆

9:菜那 広島:2012/02/18(土) 17:09 ID:usw

☆ユキリン☆来てくれたんだ☆
ありがと♪☆ユキリン☆が来たので続き書きまーす☆
キーンコーンカーンコーン
「えー1年生の諸君。よくここの学校に来てくれた。
金持ちの子や貧乏の子もいるだろう。だがこの学校に来てくれたことを
私は誇りに思っている。みなさん中学時代を楽しく過ごしましょう!」
「はい!」
「そうゆうことなので皆さんクラスにかいりましょう。」
「はい!」
タタタタタタ
「あんまり長くなかったね☆
小学の時と大違いやな」
「そうだね」
「そこ。しゃべるな。」
「は・・はい」
ガラ・・・
「え―今日からここのクラスの先生になった船頭達磨だ。
よろしく」
「はーい」
「では、授業を始める。国語の教科書をだせ。」
「ウイーっす☆」
放課後
「あーゆーり☆一緒にかえろ☆」
「うん♪」
5分後・・
「でな―こんなことがあったんや☆」
「なになに☆」
「えーとなー・・」
ドンッ
「すっすみません」
「いや・・うち前みんとあるいとったから・・
ごめんなー・・」
「い・・いえ」
「あーー春樹君!」
「おーよーみたら春樹やないか☆はっ!
ごめんな―☆ようじ思い出したは☆
加奈!2人でかえとってーな♪」
「え・・い・・いいけど」
「そうか☆加奈。がんばれ☆春樹君と2人に
なるチャンスや☆」
「う・・うん・・ありがと!」
「じゃあーね☆」
「ま・・まってください」
グイッ
途中だけど感想ちょうだい☆

10:☆ユキリン☆ sakurasaku5062@i、softbark、jp:2012/02/18(土) 18:34 ID:77Q

やっぱりすごいね☆☆菜那(⌒▽⌒)
菜那の作る小説は、早く続きが、見たくなっちゃう( ̄▽ ̄)

11:☆ユキリン☆ sakurasaku5062@i、softbark、jp:2012/02/18(土) 18:42 ID:77Q

やっぱりすごいね☆☆菜那(⌒▽⌒)
菜那の作る小説は、早く続きが、見たくなっちゃう( ̄▽ ̄)

12:菜那 広島:2012/02/18(土) 20:09 ID:usw

ありがと☆ユキリン☆
めちゃくちゃうれしい♪
今、キゲンがいいので続き書きマース☆
春樹目線
グイッ
僕は亜柚璃さんを抱きしめてしまった。
止めた理由は・・亜柚璃さんが好きだから・・
「っっっっっやめーや(////)」
「やめません・・ぼくはあなたのことが好きだから・・」
「なっっっっ(////)」
「ごっごメン・・亜柚璃・・先帰るね・・」
「ちょっ・・加奈!は・・春樹・・はなして・・
お願い(涙)」
短いけど終るね☆

13:☆ユキリン☆ sakurasaku5062@i、softbark、jp:2012/02/18(土) 20:31 ID:77Q

なんだか、三角関係って、オモシロイ!!!
菜那、やっぱり天才!!!(^∇^)

14:菜那 広島:2012/02/19(日) 19:02 ID:usw

あんがと☆
続き書くね☆
「す・・すみません!
泣かせるつもりはなかったんだすけど・・」
「も・・もういい・・
加奈追いかけるの手伝って―な・・・」
「は・・はい!」
加奈目線
タタタタタタタ・・
そ・・そんな・・
春樹君はあゆりのことが好きだったなんて・・
てっきりわたしかと・・
1か月前・・
「キャッ!」
「かわいいね―☆姉ちゃん☆
一緒に遊ぼうよ☆」
「無・・無理です・・き・・今日はじゅくがあるので・・」
「なんだと!」
シュッ・・
バコ・・
「あ・・アにき!」
「は・・春樹君!」
「大丈夫ですか?加奈さん」
「ウ・・うん!」
「てめえ――覚えてろ!」
ダダダダだっだ・・
「あ・・ありがと春樹君!」
「いえ・・かなさんのためですから♪」
ドキッ
これがあたしの初恋だった・・
な・・なのに・・でも・・春樹君は
あゆりのことが好きだから・・
私・・勝ち目ないじゃん・・もう諦めよう・・
そして春樹君を応援しよ・・
「加奈ーーー」
「加奈さーん」
あっ・・あゆりだ・・あやまろう・・
「加奈・・ごめん!傷ついたよねえ・・ごめんね・・」
「もういいの・・私・・春樹君のこと応援することにしたんだ・・」
「あ・・ありがと・・加奈!」
「あゆり!」
ギュっ
これで私たちは仲直りができた・・
感想頂戴☆
続きは後で☆


書き込む 最新10 サイトマップ