桜舞うあの頃あなたと出会って・・・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:亜紗華:2012/03/17(土) 19:53 ID:0Ow

初めて小説を書かきます!!!
  〜見て下さる方へ〜
1 悪口やナリはやめてください
2 感想を言ってほしいです
3 改善したほうがいい所があったなら
  アドバイスしてください
 
見たくない方は「小説掲示板」をクリック!!
             ⇖
緊張していますがどうか温かい目で見守ってくださいm(__)m

2:亜紗華:2012/03/17(土) 20:21 ID:0Ow

恋愛ものを書こうと思っています
初めて書くのでドキドキします!!
   
      ☆プロローグ☆
私の名前は楠本美沙。

普通の高校生 だったあなたと出会うまで・・・・


ねぇ・・ 優

あの日

あなたと出会っていなかったら

今の私はどうなっていただろうか?

あなたは私に

俺と出会っていなかったら君は

こんなに辛く 寂しい思いをしなくてすんだだろうか?

って言ったよね

私は辛くも寂しくないよ

そりゃあ少しは 辛いし寂しけど

あなたに出会えた事に感謝から・・・

それにあなたとの思い出は

私の胸に詰まっているから

たとえ世界中の誰もがあなたを忘れても

私はいつまでも忘れない


ありがとう

大好き

ううん

愛してる

これからもずっと

永遠に・・・・・・・

3:こっこ:2012/03/17(土) 20:32 ID:M.U

あさか〜!!来たよ☆

4:亜紗華:2012/03/17(土) 20:44 ID:0Ow

こっこ〜〜〜

5:亜紗華:2012/03/17(土) 22:49 ID:0Ow

桜舞う4月

ついに花の女子高校生!!

がんばったよ・・・

本当毎日死に物狂いで

勉強したんだから!!

   だってあれは去年の7月の時
      ○o。.
   <坂橋第一中学校> キーンコン カーンコーン

田中先生『これで授業を終わる』

   鈴『起ー立 (ガタっ)
        礼っ』

田中先生『あー楠本は後で職員室来い』

  美沙「えーー早くお昼ご飯食べたいのにっ」

田中先生『つべこべい言わずに絶対来い』

そう言って先生は出てっいった

   鈴『美沙ぁー絶対進路の事だよ』

  美沙「うゎーー私定期テスト赤点だったからなぁ

     職員室行かなきゃ あーお昼ご飯が」

   鈴『行ってら^^
     急がないとお弁当あたしが食べちゃうんだからねー』

  美沙「えーーー早く行かなきゃっ」

 鈴ちゃんに取られないように早く行かないとヤバい

 よーし全力で走ってやる

   鈴『美沙ってどんだけご飯が食べたいのよ』

 鈴ちゃんが笑ってるなんで??

 〖どて〗

    痛っい〜〜〜

   鈴「ちょっ 美沙大丈ー夫?」

  美沙「だ、大丈夫」
   
    もうついてないなー

  

   <職員室前>
    
 〖コンコン〗

  美沙「失礼します」

 えっと田中先生はわ・・・

 いたいた

  美沙「先生来ました。 あっなるべく話終わらして下さい
    
     ご飯食べらなくなるんで。」

田中先生『ご飯なんかどうでもいいんだ。』

  美沙「ご飯は大切ですぅ!
     ご飯を一食でもないと私力が出ないんです。」

田中先生『お前がご飯を食べる事好きなのは分かっている。

     がそれより大切なのはお前の進路だ。

     このままだと志望校に受からんぞ!』

  美沙「そ、そんな〜

     先生助けてくださーい」

田中先生『受かりたいならもっと勉強しろ』

  美沙「勉強ですか・・・

     分かりました。もっとがんばります!!」
   
  美沙「失礼しました」
 
 〖ガラガラ〗

勉強かぁ〜 ハァ

  美沙「鈴ちゃーん」 

   鈴『どうだった??』

  美沙「もっと勉強しろって・・・

     鈴ちゃん助けて」

    鈴『助けてった言われても

      こればっかりはねぇ

      まっがんばって!。応援してるから』

  美沙「まっがんばって!。
 
     って言われても・・・」

    鈴『がんばって勉強しないと一緒の高校行けなくなるよ』

  美沙「やだ!がんばる」 
    ○o。. 
って感じで勉強がんばった・・・

 勉強 勉強 勉強で辛かった

でもそのおかげで受かったんだよ 高校!!!

高校生活をエンジョイしてやるんだから

   母『美沙ーー 早くいつまでしたくいてるの
 
     入学式遅れるわよーー』

  美沙「今行くーーー」

やばーこんな語ってる暇なっかたんだ!!



 ここで止めます・・・
 だんだんぐだぐだになっていってる気がしている
 こんな話でも暖かく見守ってね♪

   


書き込む 最新10 サイトマップ