わがまま娘、拡大中。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:市柏 みのり:2012/03/28(水) 14:15 ID:KNM

プロローグ


佐々竹 学。
現役大学生の2年生であり、漫画同好会の会長を務める。
ただ今夕方の6時。
「じゃあ今日の集会は以上、打ち上げなどは各個人でやってください。
 解散っ」
ここは秋葉原のアニメ専門店「神の楽園アニメンション」。
1階と2階がアニメのグッツが置いてある、
3階からはマンションみたいに部屋がたくさんあり
完全予約制でいつも集会をする時は利用する。
「学さんは飲みに行きますか?近所のカラオケで打ち上げするんですが」
後輩の俊吉が誘いに来た、が俺はこの後あの人と待ち合わせしている。
「ごめん、また今度」
「それ何度目っすか?また彼女さんっすか?」
「まぁまぁそんな感じ」
♪〜・・・・。
着信音がズボンのポケットから聞こえてくる。
「はい、もしもし?」
「もぉーーーーーーーーっ遅いっ遅すぎ!
 何時まであたしを待たす気でいんの!?
 ふざけんなっ!!」
綺麗な声が暴言を吐いている。
そう俺の彼女だ。
「待ってて。
 すぐに行くからっ」
「早くしなさいよ、今どこにいんの!?」
ピッ。
俺は彼女が話しているのに電話を切った。
「じゃあ明後日もここに集合っ!」
「あっっっ、はい」


俺は走った。
駅まで。
途中でおばさんのようなメイドさんに
声をかけられたが無視した。
そして15分後、到着。
「はぁはぁ・・・ごめん桐谷ぁはあはぁ」
「同好会で遅れたの?」
「まぁねっ」
「もう行かないで」
「へ!?」
「同好会」
「ええええええええええええええええええええええっ」


書き込む 最新10 サイトマップ