アイツとあたし

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:奈々子:2012/04/02(月) 08:05 ID:qsE

プロローグ


あたしの名前は姫野 萌みんなから萌様と呼ばれている
そうあたしは姫野財閥この町では
超有名な超お嬢様
そんなあたしでも恋ぐらいはする

「萌ー!」
この聞き慣れた声まさか!
「涼ー!」
彼は高野 涼あたしのおさななじみ小さい時からいつも一緒なんだ
だからあたしが涼の事意識しているつもりなんだけど…

2:奈々子:2012/04/02(月) 14:07 ID:qsE

「萌、またお前中間テストで満点1位かよ」
ああ、この前の中間テスト…
「それがどうかしたの?」
「あのさぁ萌、もうちょっと明るく接してよー」

学校
「萌様! おはようございます」
またいつもの毎日
「みんな! おはよう、いつもありがとう!」
ちょっと明るく言ってみたけどこれでいいのかな?
でもちょー恥ずかしい!!!
「可愛いです!いつもの萌様と違ってとても可愛らしいですぅ」
「そ…そう」
「ええ、とっても」
「友恵ちゃーん」
「萌ちゃん」
この子の名前は高野 友恵私の一番の親友
前に誓ったんだ「ずっと親友でいよう」って

3:奈々子:2012/04/02(月) 19:24 ID:qsE

「友恵ちゃん、はい!これ頼まれていたもの」
「ええー本当に良いの?」
私は「良いよ」なんて言わずに
笑顔で「良いよ」と返した
友恵ちゃんは笑顔で「ありがとう」と
返してくれた
これが本当の親友だと
今初めて分かった


書き込む 最新10 サイトマップ