いじめ―希望の未来―

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:奈々子:2012/04/02(月) 17:31 ID:qsE

プロローグ


昨日まで仲のよかった友達に、
突然いじめられたら、

あなたならどうしますか?

そして、仲のよい友達がクラスで
いじめの対象になってしまったら…。

あなたならどうしますか?

2:奈々子:2012/04/02(月) 18:09 ID:qsE

第一話―いじめの始まり―

「いってきまーす!!」
私の名前は、石山 鈴鹿私の性格は、めちゃめちゃ明るい子で学校で
有名
「友美ちゃん!」
「あ、鈴鹿ちゃん、おはよう」
「おはよう」
彼女は垂井 友美ちょっと地味だけど本当は結構優しい子

3:奈々子:2012/04/02(月) 18:15 ID:qsE

私の親友は友美ちゃんだけ!
そう思ってたこの日になるまでは、

4:奈々子:2012/04/02(月) 18:40 ID:qsE

「いつも楽しいね!友美ちゃんと中学校に行くのがね
毎日行こうね」
私の一言で友美ちゃんの顔の表情が変わった
「…え……う……うん」
学校
ガラッ
「おはよう!!!」
一瞬クラスがシーンと
静まった…

5:奈々子:2012/04/02(月) 18:52 ID:qsE

あ…れ…みんな……どうしたの?
また、シーンと静まったクラスがまたざわめいた
そうだ!友美!友美ちゃんはどこ!?
ハッと目についたのは友美ちゃん
他の人とお喋りしている
私は、友美ちゃんの元へ行った
「友美ちゃん、ねぇ聞いてる?」
と聞いた

6:奈々子:2012/04/02(月) 19:12 ID:qsE

私が友美ちゃんの肩に手を置くと
バシッ
「…え?」
「はぁ?え?じゃねーよこのブス!」
え?この声は
舞子ちゃん
中西 舞子いじめグループのリーダーだ
「ねぇ、友美ちゃん聞いていないの?」
「聞いてないわよ」
これは、友美ちゃんの声
泣いてる何で?

7:奈々子:2012/04/03(火) 09:01 ID:qsE

「いじめるのが嫌なら嫌って言えば良いじゃない」
「分かった言うよ」
友美ちゃん分かってくれたんだ!
「私、はっきり言う私は、石山 鈴鹿をいじめるのがとても楽しいです、
まだまだいじめがいがあると思います」
「え?」


私は確信したもう一人ぼっちなんだと

8:匿名さん:2012/04/03(火) 10:58 ID:qsE

私は家に帰る途中ずっと考えていた
どうして皆がいじめるのだろう?
こんな事お母さんにだけは知られたくない!
それになんで友美ちゃんまで
おかしい
と考えながら
一人でトボトボと歩いてる
「ただいま」
「お帰り」
部屋の中に入ると
「鈴鹿ー、ちょっと来て」
「なあにお母さん」
私はいじめられている事が
ばれたのかと思った…

9:匿名さん:2012/04/03(火) 14:00 ID:qsE

「なあに」
私はハッと目に付いた、テーブルには殴り書きのノート、破られた答案用紙

10:奈々子:2012/04/03(火) 14:08 ID:qsE

「鈴鹿!これは何?まさかいじめられているの?」
「ううん……私がいじめられてるわけないじゃん」

11:奈々子:2012/04/03(火) 15:59 ID:qsE

「本当かしら、鈴鹿はこんな事しないのに」
ばれた!どうしよう、今ここでいじめられているなんて言ったら
何で言わなかったの!なんて言われるのはだいたい予想がつく
「お母さん……」
「何?」」
「私、一週間前から………いじめ…られて…いるの」
何で泣いているの私ただいじめられている事言っただけなのに
「何もそんな泣かなくていいお母さんが
学校に言ってあげるから…」
「……う…ん…」
でも、お母さんが学校に言っても何も変わらないことは
分かっているのに
でもそれを皆に知られたらただでは済まない事だろう…

12:奈々子:2012/04/03(火) 16:10 ID:qsE

今日は学校には行きたくないな……

学校
「鈴鹿!」
振り向いた瞬間舞子と他の子もいる
友美ちゃんはいなかった
「ああ、友美、友美も一緒にいじめることに決めたの」
ひどい友美ちゃんにも手を出すなんて!
「そうそう、アイツいつもトロいもんただ騙したまでよ」
「ひどい、何でそんな事出来るの?アンタの神経どうなってんの!?」
あ、言っちゃった
「連れて来な!」
「何処に行かせるの?あんたを待ってる友美のとこさ
体育倉庫で死んでもらうよ」

13:奈々子:2012/04/04(水) 08:29 ID:qsE

「ちょっと皆聞いていじめられている事ばれちゃったよ
皆生徒指導室にきてって言われているよ友美以外の人」
え、お母さんだよかった死なずにすんだ私、友美の所に行かなくちゃ
「友美ー友美ー!」
「んーんーんー!」
友美友美友美!
「ふぁーやっと助かった」
友美がそう言ってた
「友美」
バシッ
えなんで

14:奈々子:2012/04/05(木) 19:51 ID:qsE

第二話―仲直り―

バシッ
え、何で?
「友美」
バタバタバタッ
友美は、走って私から逃げるように走り去っていった…………
ガチャ
「ただいま……」
「あ…れ…お母さん」
そこには、置手紙があった
『今日、北海道の結婚式に行って来ます
三日後の夜には帰れると思うので
ヨロシク』
ああ確かお母さん言っていたなそんな事

15:暇の美結:2012/04/06(金) 08:40 ID:HeM

見ましたwww
おもしろい!!
あの・・・これからも感想書いていい?

16:奈々子:2012/04/06(金) 19:03 ID:qsE

いいですよ
どんどん来てください
私小説書いた事がないから下手だと思います

これは私が本当に体験したお話です
どうぞヨロシク

17:奈々子:2012/04/06(金) 19:36 ID:qsE

学校

「友美…話を聞いて今日の放課後体育倉庫の前で
待っているから」
ちゃんと、伝える事は伝えた
後は友美が来てくれるのを待っていれば
放課後
はぁーー
寒い
でも友美来るの待ってなきゃ

18:りかっち ◆LSh6:2012/04/07(土) 10:18 ID:sgc

面白い!うちのなんかよりも全然いいじゃん!

続きが楽しみ!

19:奈々子:2012/04/07(土) 10:23 ID:qsE

ありがとう
では続きを書くね

20:奈々子:2012/04/07(土) 10:35 ID:qsE

私は友美が来てくれるのを待ってた
ブルブル震えながら待ってた
友美は影でこっそり隠れていたのは知っていた
「友美……」
友美だよね
「鈴鹿今までゴメン」
誤らなくてもいいのに
「アレから他の子にいじめられてる?」
「ううんいじめられてないみんな私に誤りに来てくれたよ」
「私、友美に悪い事したから…」
「え、何で私いじめたのに…」
「私、友美の気持ちを全部知っていればよかった」
「友美の事ちゃんと知っていればこんな事にならなかったのに」
「鈴鹿こんな事まで考えてくれたの」
「うぁぁぁぁぁぁぁ!!」
「ごめんね鈴鹿」
「ごめんね友美」

一年後
「私達は元の仲良しになっていました」

21:りかっち ◆LSh6:2012/04/07(土) 11:00 ID:sgc

ちゃんと仲直りできたんだね!

面白いね!

22:奈々子:2012/04/07(土) 11:11 ID:qsE

鈴鹿はいじめられ
友美はいじめて
でも仲直りをして
いじめても何の意味もない事を知り
友情のそれ以上の友情を手に入れたそうです
友美と鈴鹿は一緒に暮らしている
友美にも鈴鹿にも女の子の子供がいる
友美の子供は千春名前の意味は誰にも教えなかった
鈴鹿の子供は綾名前の意味は誰にも教えない
千春と綾は絶対に喧嘩しない
それだけ仲が良いみたい

23:あみりん☆:2012/04/09(月) 21:48 ID:cUs

奈々子さん天才です!
こんな小説がかけるなんて

24:奈々子:2012/04/10(火) 22:00 ID:qsE

ありがとう
これで終わりではないんです
お楽しみに

25:彼方:2012/04/10(火) 23:43 ID:xq2

奈々子さん、面白いです!
ただ、7の
「私は確信したもう一人ぼっちなんだと」
が私のいじめ小説 信じたい。あなたを と
似ている?てか、一人って漢字が違うだけで
同じだったので、少し不愉快になりましたが
奈々子さんの小説は面白いので
頑張って書いて、更新して下さいね!

26:奈々子:2012/04/13(金) 16:00 ID:qsE

綾と千春が一緒に学校に行く

学校
私達は4年生もういじめるって事が楽しいと思う年頃かな♪

「みんなーレッツショータイム♪」
ショータイムとはいじめようって言う意味
私もいじめないと逆に綾からいじめられるんだ
でも、いじめるのって楽しい
お母さんからいじめられるって怖いって聞いたけどどんなのかな
「あはははははははははははははははははははははははは!」
これでいつもの毎日が終わる


書き込む 最新10 サイトマップ